憂「命の叫びが銀河に響く」

uptv0071571


1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/29(土) 00:18:06.14 ID:VKdWXsc90
創世記以降最大にして最悪で脳内でその名前出すのも嫌になるくらいのトンでも野郎は

ユダだとかA級戦犯だとか超凶悪殺人鬼とかそんなんじゃなくって

まるで砂場のお城でも崩すみたいにへらへら笑いながら世界の調律ブチ壊してる名前さえ無い

ネームレス・ワン

いや ワンじゃないか 沢山いるんだ 煎餅布団のダニの様に


腐った卵みたいにのっぺらぼうなそいつは大した特徴も無いし見た目には平平凡凡な不細工マネキンだけど

殻の中身は硫黄臭で詰まってて汚い臭いかったるいうざったいもんだから私はそいつの脳髄の底の底の底まで

深夜通販で外人がジョーク交えて褒めちぎってる高性能ミキサーに掛けてミックスジュースにしてやるんだ

神に刃を向け 神を傷付ける

濃縮還元100%ギュッと絞りました天然素材とびっきりの禁忌を皆様にお届けします

ざけんな


お姉ちゃんが傷と泥だらけになって帰ってきたその日は

私は調度破滅的かつ壊滅的な39度の発熱に襲われて学校を休んでいた


2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/29(土) 00:20:17.99 ID:VKdWXsc90
必死こいて作った超特製お姉ちゃん列伝(ブルーレイ)をリピート再生で96時間ぶっ続けで観てたら

私は意識がホワイトアウト雪見大福みたいに真っ白けになって消失していくのを感じた

精神は肉体を凌駕するけどそれが故に肉体に無理をさせすぎちゃってもう限界ギリギリ大ピンチ

いつもの日課であるお姉ちゃん朝ごはんやお姉ちゃん弁当を作ることもできず

何より同じ校舎内 お姉ちゃんと同じ空気を吸うことが出来る時間が減少してしまった

あぁお姉ちゃんお姉ちゃん早く会いたいよぅ とか思いながらお姉ちゃん列伝観ようかと思うんだけど

そのディスクはお姉ちゃんが「憂は寝てなきゃダメー」とか言って取りあげてしまったので

仕方なく私はテレビでやっている『世界アスリート大全』とか『天元突破グレンラガン』のDVDを見ながら

小学生サッカーと対戦するブラジル代表のゴールキーパーくらいに暇かつ寂しい時間を潰すことにする




ワールド・レコードを叩き出す瞬間や宇宙に喧嘩売る映像をぼぉっと観つつ

脳はお姉ちゃんのことに全力だった



3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/29(土) 00:22:02.54 ID:yDorFn960
なんぞこれwww


 
この記事の続きを読む

澪「もう卒業・・・か」

viploader2d658579


1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/29(土) 00:53:47.44 ID:a+zMicrC0
綺麗に片付いた部屋。

その入り口でぽかんと立ち尽くす。もうこの部屋が使われることはないかもしれないな。

物置にでもなるのだろうか。

ぼんやりしながら、すっきりとした家具の無い部屋に入ってみた。

物音一つしない。何も無いし、何も聞こえない。ただの空室。




何度も遊びに来たこの部屋がこんなに殺風景になってしまうとは。

部屋の主が明るすぎた分、物悲しく感じる。




これからはもうこの部屋に来ることもないだろう。




二ヶ月前のあの日から、今日まで早かったと感慨に浸る。




3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/29(土) 00:55:19.66 ID:a+zMicrC0
―――――――――――――――――――――――

二ヶ月前。


唯「うう~、裏切られたぁ」

梓「まさか先輩が二番目くるとは、意外です」

澪「だよな、私もそう思う」

紬「結婚しても私たちのこと、忘れないでね……」

律「なーに言ってんの!当たり前だろー」


卒業してから5人は別々の道を歩いていた。
唯は音大、私と律は普通の大学、ムギや梓は親の手伝いをしている。
たまに5人集まってこの喫茶店に来るときは、いつも気軽な話で盛り上がっていた。

だが今日は気軽な話ではない。それが律の報告だった。



この記事の続きを読む

長門「謎かけする・・・」

169


1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/29(土) 08:05:03.24 ID:V4kOUXPW0
長門とかけまして


この記事の続きを読む

城島「太一、真実はいつもひとつやで」


1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/25(火) 22:28:23.77 ID:8ozSkjjF0
国分「何言ってんの」

松岡「太一君、目ぇ合わせない方がいいよ」

山口「最近暑くなってきたからね」

長瀬「リーダー今なんて言ったの?」

城島「そんな事どうでもええねん、事件や」



この記事の続きを読む

唯「和ちゃん駄目だよぅ…」

viploader2d658582


1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/05/22(土) 20:21:51.58 ID:wZx/cXgB0
梅雨に入り朝の登校時にギー太を守るためにビショビショに濡れた時の話です。
着替がなかった私はさわちゃん先生が作ってくれたメイド服を着ていましたが、
和ちゃんは気を使ってくれて他のクラスからジャージを借りてきてくれました。
教室で着替えるのがちょっと恥ずかしかった私は部室に着替に行くことにしました。
心配した和ちゃんもさわちゃん先生にお願いして付いて来てくれることになりました。
でも、それが和ちゃんと私の危険な情事になるだなんて…


2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/05/22(土) 20:23:16.37 ID:wZx/cXgB0
私は和ちゃんと部室に向かいました。
和ちゃんは「もう、早く着替えないとホームルーム終わっちゃうわよ!」と言っていました。
この時はいつも通りの和ちゃんでした。私は和ちゃんに急かされるように部室に向かいました。
部室に入ると私は部屋の電気を付けようとしました。でも、和ちゃんは着替えるだけだから
このままでも良いんじゃないと言ってきたので、部屋の電気を付けずに奥まで進みました。
私がメイド服のエプロンを外して、背中のファスナーを下ろすのに手こずっていると、
和ちゃんが「仕方ないわねぇ」と良い背中のファスナーを下ろすのを手伝ってくれました。



この記事の続きを読む

憂(23)「お姉ちゃん、いい加減働こうよぉ・・・」

vljiko020254

4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/17(月) 19:27:16.90 ID:lk/Ton2K0


憂「おねえちゃん……」

唯「え~だって働いたらギー太といる時間が減っちゃうし」

憂「でもおねえちゃんもう24歳だよ?」

唯「24歳ならまだあと倍以上生きられるから大丈夫だよ!」

憂「そういう意問題じゃないよぉ……働きながらだって音楽続けれるし」

唯「でも武道館行くにはもっと頑張んなきゃ!」

憂「澪さんとかは働きながらやってるんでしょ?」

唯「働いたら負けかなって思ってる」キリッ


5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/17(月) 19:34:15.06 ID:2b7xmIeb0
うぜぇwwwww




この記事の続きを読む

唯「クーラー……メタルクーラー……」

6a01347ee81cd7860b0137a4a9277b860c


1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/25(火) 18:19:12.60 ID:i0J6B9GLP
唯「冷蔵庫は壊れない」


この記事の続きを読む

澪「さるゆめ!」

10mai449411


1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/05/22(土) 23:48:02.87 ID:h10efu5h0
私は駅のホームに立っていた。天気は最高に良く、出かけるには
絶好の日よりだ。気候だって、ちょうど良い。
けれど、めまいがするほど太陽がまぶしいのは何故だろう。

私は一体どこにいこうとしているのだろう。
何で今日、出かけようと考えたのだろう。よく分からない。
多分、歌詞を考えるためにちょっと遠出でもしようと思ったのだろう。

しばらく待つと、電車が来た。見たこともない形で一両だけしかないけれど、
そういう電車が来ることもあるのだろうと、それに乗り込んだ。


2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/22(土) 23:49:26.91 ID:F/jfP++00
俺「お嬢さん、一人?」


この記事の続きを読む

唯「Pocky Games」

112_20091219064510


1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/23(日) 08:13:02.99 ID:DXDMZQiz0
【PM5:02】

「よし、ウ……」

「あ、澪~。今日ご飯あげた?」

「え?今週は唯が当ば……」

「ウノチェーーック!!んで私はこれであがりーっと。ほら早くカード引けよ澪」

「んなっ…!ず、ずるいぞ律!」

「あっ、私ウノあがり~」

「私もこれであがりです」

「ほほーう?て事は罰ゲームは澪とムギか~!」

「澪ちゃん、よろしくね」

「や、やり直し!もっかいやり直そうよぉ~…」


2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/05/23(日) 08:17:27.82 ID:0WkQb7we0
ほぉ・・・


この記事の続きを読む

唯「けいおん……?」

pic2d262046


1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/06/03(木) 21:50:48.52 ID:3QXrZ3qSO


「先生さようならー!」

「はいさようなら~」



私ももう「先生」なんて呼ばれるようになっちゃったか…

この廊下も、

この階段も、

あの頃と一緒だね

ギシギシ

ちょっとおじいちゃんになっちゃったみたいだけど

ガラガラガラ

「おじゃましまーす」



2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/06/03(木) 21:54:22.74 ID:7M1D7hnwO
おじいちゃん…?



この記事の続きを読む

ゲンドウ「ネルフに行きたくない」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/04(木) 02:03:08.92 ID:ZezC6ZRkO

冬月「………は?」

ゲンドウ「だから行きたくない」

冬月「碇、お前は自分が何を言ってるのか分かっているのか?」

冬月「こんな時にもし使徒が襲来したら…」

ゲンドウ「ミサ……いや、葛城君に任せて下さい」

冬月「碇?碇?」

ツーツーツー

冬月「…………」




この記事の続きを読む

唯「憂の泣きそうな顔って可愛すぎるよね!」


1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/31(月) 21:53:22.50 ID:L9qNPATi0
1254

2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/31(月) 21:54:14.54 ID:keWlWACT0
AAにすると急に80年代のかほりがするな


この記事の続きを読む

唯「あ、あずにゃんが紐パン履いてる・・・!」

pic2d262198

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/21(金) 10:38:50.35 ID:tnXn4Mwr0
唯「どういうことなの…。」

唯「あ、あずにゃん、それ…。」

梓「あ、唯先輩、その、今着替え中なので向こうむいててもらえますか?」

唯「なんで紐パンツなんて履いてるの?あずにゃん…。」



3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/21(金) 10:39:38.71 ID:InqmXETB0
1257

この記事の続きを読む

ハルヒ「最近、キョンが格好イイ///」

155_20100130231758

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 23:04:42.18 ID:r1sIqfT0P
ハルヒ「…ねえ」

キョン「ん、どうした?」

ハルヒ「最近あんた背伸びた?」

キョン「え、ああ。この前測ったら4cmくらい伸びたな」

ハルヒ「ふーん…」

ハルヒ「あとなんかガタイ良くなったわよね」

キョン「そうか?」

この記事の続きを読む

女「私はいつまで相談相手なのかしら」


1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/17(月) 16:37:07.92 ID:T58rGYsv0
女「いくつか問題を出します」

男「ん?何?」

女「ここはどこでしょう」

男「どこって…写真部の部室だろう?」

女「正解。では私とあなたはどういう関係でしょう」

男「部活仲間…?」

女「正解です。では主にどのような活動をしているでしょう」

男「俺の恋愛相談を女さんに聞いてもらってる。写真部として失格であるとは思う」

女「はあ…正解」

男「どうしたのさ急に」


この記事の続きを読む

唯「あーあ、付き合ってみたいなー…」

anime20ch53966


1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/18(火) 00:39:03.06 ID:xwTxtPaj0
唯「」ボー…

律「よう唯ー…唯?」

唯「…んぁ、りっちゃん」

律「なぁにボーっとしてんだよ!おはよ」

唯「うん…」

律「…」

ガラッ

澪「ったく律、走るの速すぎ…」

律「なんか唯が変だ」

澪「…?」



この記事の続きを読む

律「あれ唯だよな?」

pic2d262307


1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/17(月) 22:26:07.97 ID:QMCBZLzt0
先生「ここは重要だから覚えおけよー」

唯「……」カチカチ

唯「ふふっ」カチカチ

先生「ん?平沢!聞いてるのか!」

唯「ふえっ!す、すみません」

クスクス

律(また怒られてる)

先生「ったく……じゃあ授業を続けるぞ」

唯「……」コソコソ

律(またいじりだした……何やってんだ?唯のやつ)


2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/17(月) 22:31:39.73 ID:QMCBZLzt0
放課後


律「よーし!部活いこうぜー部活!」

紬「いきましょ、唯ちゃん」

唯「あ、悪いんだけど今日ちょっと早めに上がらせてもらっていい?」

澪「え?また?」

唯「ごめん、ちょっと用事頼まれててさ」

律「んーわかった。了解」

唯「ありがとー」

紬「それじゃ早く部室に行って練習しましょう」



4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/17(月) 22:36:07.22 ID:QMCBZLzt0
音楽室

澪「……うん、今のはよかったな」

唯「……」ソワソワ

律「んじゃもう一回合わせよう」

唯「あ、ごめん!そろそろいいかな?」

梓「え?」

律「ん?ああ、もう時間か。行っていいよ」

唯「ありがとう!それじゃ皆また明日ね!」バタン

梓「唯先輩またですか?」

紬「唯ちゃん今日も用事があるんだって」


5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/17(月) 22:36:53.53 ID:+z5d9crM0
とてつもなく嫌な予感がする


この記事の続きを読む

キョン「ヤンデレの女の子達に愛されすぎて夜も眠れん……」

vlanime021916

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/18(火) 00:29:14.36 ID:ROa+Ipy+0
事の発端は、1通のメールだった。


この記事の続きを読む

唯「らぶれす!」

47_20091217224904

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/05/16(日) 20:15:09.28 ID:V+kigXBP0
こんばんは、みんなのあずにゃんこと、中野梓です。

この春、私はめでたく桜ケ丘女子高校に入学することができました。
ぴかぴかの一年生です。

さて、今日は体育館で新入生歓迎の出しものとして、各部活が発表を行う催しがあるようです。
文化部や運動部の人たちが次々に舞台に上がり、自分達の部活のアピールをするのですが、何となく退屈です。



この記事の続きを読む

美琴「しっかりと手、つないでてよね?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/16(日) 11:53:59.77 ID:WZ6RDLS10

美琴「今日もアイツに会えなかったな…」

今年、常盤台中学3年に進学した御坂美琴は、
桜舞い散る遊歩道でがっくりと肩を落としながらそうつぶやいた。
アイツとはもちろん上条当麻のことであり、
彼を探して街中を出歩くことは美琴にとってもはや日課になりつつあった。
しかし、ここ数日は上条に会える機会が無く、美琴は悶々とした日々を送っていた。

美琴「いつもの公園にもいないし、ホントにどこで油売ってんのかしら」




この記事の続きを読む

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ
© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ