TOP

喪黒福造「あなたは、どうしても男の機能を回復させたいんですね?」 IT企業社長「それが私の一番の願いですよ!!」

喪黒福造「あなたを拘置所から脱獄させてあげますよ」 死刑囚「ほ、本気でそんなことを言ってるんですか!?」

喪黒福造「強くなるために、ボクシングを習ってみたらどうですか?」 法科大学院生「嫌ですよ!!」

喪黒福造「まずは、一人暮らしでも始めてみたらどうです?」 女性ニート「一人暮らしですか……」

喪黒福造「このスプレーを使えば、劣化した声を改善できますよ」 ベテラン女性声優「その効果、本物ですよね?」

喪黒福造「ご覧ください、これはダイヤモンド製造機なのです」 脚本家「い、石ころが本当にダイヤになっている……!!」

喪黒福造「至高の味のラーメンはすでに存在していますよ」 雑誌編集者「どこにあるんですか、それ!?」

喪黒福造「ほう、推理小説に登場する名探偵のように事件を解決してみたいのですか」

喪黒福造「あなたの心のスキマを埋める一番いい方法は、結婚をすることですよ」 グラビアアイドル「今の彼と結婚するんですか?」

喪黒福造「なぜなら、この車は完全な自動運転車なのです」 自動車会社社員「自動運転だって!?」

喪黒福造「この森は、昆虫の楽園なのですよ」 カメラマン「昆虫の楽園……」

喪黒福造「たまには、宝くじを買ってみるのもいいでしょう」 派遣会社正社員「全く、いきなり何を言い出すかと思えば……」

喪黒福造「サンタクロースになって、世界中の子供たちにプレゼントを配ってみませんか?」 衣料品企業創業者「バ、バカバカしい……」

喪黒福造「なぜなら、これは仮面パーティーなのです」 会社員「仮面パーティー!?」

喪黒福造「たまには、山の中で過ごすのも悪くはありませんよ」 女性アナウンサー「つまり、山ガールになれと……」

喪黒福造「社長、例の牧場で超良血馬が手に入りますよ」 ベンチャー起業家「もしも、その馬が手に入れば……」

喪黒福造「先生の交響曲第9番は、悪魔に捧げる特別な音楽となるのです」 作曲家「悪魔に捧げる音楽!?」

喪黒福造「着きましたよ、ここはロボットサーカスです」 スポーツライター「ロボットサーカス?」

喪黒福造「今こそ、鳥人間コンテストへの出場を目指してみませんか?」 窓際社員「えっ、いきなり何を言い出すんですか?」

喪黒福造「この鏡を使用すれば、あなたは役と完璧に同化することができます」 舞台俳優「これを使えば俺は……」

喪黒福造「菊を育てるというのは、あなたのいい趣味になるはずですよ」 老人男性「菊を育てる……」

喪黒福造「まさに、ここは夢のパチンコホールなのです」 元会社員「そ、その話がもしも本当ならば……」

喪黒福造「このブローチを使えば、あなたは辛い教育実習を乗り切れますよ」 教育実習生「今の話、本当なんですか!?」

喪黒福造「あなたもジビエ料理の奥深さを味わってみませんか?」 作家「喪黒さん、何だか興味が湧いてきましたよ……」

喪黒福造「そろそろ優等生キャラをやめて、本能に正直な生き方をしてみませんか?」 ハーフ女性タレント「……分かりました」

喪黒福造「このブレスレットを使えば、あなたはスーパーヒーローに変身できますよ」 大学生「ハハハハハ!!」

喪黒福造「ゴブモンGOをやれば、あなたのニート生活も解消されますよ」 ニート「ゴブモンGOでニート脱却!?」

喪黒福造「落語とロックを融合し、新境地を切り開いてみたらどうですか?」 落語家「そ、その手があったか!!」

喪黒福造「要するに、あなたは京都へ左遷されたんですよね?」 公共放送アナウンサー「まあ、喪黒さんの見立て通りですよ」

喪黒福造「このタロットカードをあなたにプレゼントしますよ」 女子大生「えっ、いいんですか?」

喪黒福造「警察や暴力団の追跡から逃亡を果たし、別人になってみませんか?」 詐欺師「なるほど、別人になるんですか」

喪黒福造「この青汁はダイエットにも効果があるんですよ」 ベテラン投手「そ、そうなんですか!?」

喪黒福造「奥様と円満な形で離婚するのが、あなたのお望みなんですね?」 エコノミスト「その通りです」

喪黒福造「何なら、中国で本格的な料理修業をしてみませんか?」 中国人料理人「えっ、私が中国に行くんですか!?」

喪黒福造「いっそのこと、病気になって入院生活を送ってみたらどうです?」 大企業課長「いや、さすがにそれは……」

喪黒福造「引きこもりの娘さんを、何とかして立ち直らせたいでしょう?」 中学校校長「それに越したことはありませんよ」

喪黒福造「この温泉で湯治をすれば、あなたの薬物中毒は確実に治りますよ」 女優「ここですか……」

喪黒福造「あなたも記者ならば、一級品のスクープを手にしてみたいでしょう?」 新聞記者「そうに決まってますよ!!」

喪黒福造「例えば、エアロビクスでもなさってみたらどうです?」 専業主婦「エアロビ……ですか」

喪黒福造「不動産会社を経営し、マンションオーナーとして暮らすのはどうですか?」 フリーター「俺のために、わざわざそこまで……」

喪黒福造「あなたは伝説の怪盗として、世間の注目の的になれますよ」 女性公務員「何だか、わくわくしてきました……」

喪黒福造「この黒酢を飲み続ければ、あなたは見違えるように若くなれますよ」 司会者「うーーん、悪くはなさそうですね……」

喪黒福造「一度でもいいから、あなたは燃えるような大恋愛を経験すべきなのです!」 女性ジャーナリスト「そうですか……」

喪黒福造「小さくなった身体で、プチ四駆に乗ってレースをしましょう!」 大学講師「ゆ、夢の光景だ……」

喪黒福造「マグロ漁船に乗って、遠洋漁業を体験してみるのはどうです?」 演歌歌手「仕方ありませんね……」

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
画像・動画
  • 美少女委員長「俺さん、実は私>>4」俺「えっ」
  • 【安価】彡(^)(^)「サンタさんにお願いするで!」
  • 【安価】彡(^)(^)「サンタさんにお願いするで!」
  • 【安価】彡(^)(^)「サンタさんにお願いするで!」
  • 【安価】彡(^)(^)「サンタさんにお願いするで!」
  • 【安価】彡(^)(^)「サンタさんにお願いするで!」
  • 【安価】彡(^)(^)「サンタさんにお願いするで!」
  • 【安価】彡(^)(^)「サンタさんにお願いするで!」
  • 【ファンキル】レーヴァテイン「マスターの子供を産みたい」【ファントムオブキル】
  • 【ファンキル】レーヴァテイン「マスターの子供を産みたい」【ファントムオブキル】
  • 喜多見柚「冬がはじまるよっ」
  • 喜多見柚「冬がはじまるよっ」
  • ワイ「ここがおんJか……」ドアヒラキー
  • 武内P「笑顔です……変身ッ!」
  • 武内P「笑顔です……変身ッ!」
  • 武内P「笑顔です……変身ッ!」
  • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
  • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
新着コメント
最新記事
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ
© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ