TOP

大本営「チキチキ!!無人島生き残りバトル~!」日本兵「おぉーっ!!」

オーク「女騎士警報!!女騎士警報!!」カンカンカン

幼馴染「男君、一緒に帰ろー♪」男「(すっげーブス……)」

不死鳥「自分の肉で作った焼き鳥うんめぇ~~~~~~!」

幼馴染「ちょっと付き合ってよ」男「告白か?」

スライム「全力で勇者を攻略する」

女「友が男だったらなー」 友「は?」

武術家「お前は卑怯だ!」幻術使い「なんでだよ!?」

ゾンビ「ヴァヴァァ」 日本兵「死を恐れぬ最強の武人だ……」

男「せっかくだし不思議な話をしましょう」

勇者「共に歩み、共に生きる」

魔王「勇者死ね・・・っと」カチャカチャ・・・ターンッ

男「エスカレーターの手すりに股間をこすりつけると気持ちいい」

女「はやく今月分の恋人料金払って」

女「私と一緒にいたら不幸になるよ」

女「誘拐するならちゃんと誘拐しなさいよ!」

僕「キットカットをあげよう」 JK「わぁいありがとう!センターがんばるね!」

夫「浮気してるだろ」妻「あなたこそ」

日本兵「ここはどこだ…?」 DQN「ツーカコレカラッショ」 日本兵「!!」

ニート「七つの大罪……?」

勇者「賢者。戦士に蘇生呪文かけてくれ」賢者「はい」

男「朝、目が覚めたら>>5になってたんだが?」

貞子「ぉぉぉぅん...」ハゲ「いらっしゃい」

魔王「おお勇者よ、死んでしまうとは情けない」

女騎士「警備というのも、ヒマなものだな」オーク「まったくだ」

妹「何してるの?」 兄「暇つぶし」プチッ 暇「ぎゃぁぁっ!?」

爺「こらー!!またお前らかー!!」

俺「疲れた」siri「どうかしました?」

勇者「喰らえ魔王ッ!」魔王「ホイミ!」

少女「なにこの数字?」男「HP(ヒットポイント)だよ」

妹 「お兄ちゃん! あたしのプリン勝手に食べたでしょう!」

兄「寒い」妹「こたつ入れば?」

魔王「勇者が弱すぎるからちょっと安価で協力してくれ」

男「とてつもない能力に目覚めた」

オニヤンマ♂「誰だお前?」

幼馴染「男がゾンビになった…? た、助けるからっ!」

男の娘「ボクを買いませんか?」

友「くすぐりフェチ推進委員会?」

少女「旅してます」 アルラウネ「ひゃっほう!」

不良「なんだテメェは!?」女「ウヒヒ……」

新魔王「貴様がドM勇者か?」ドM勇者「んほぉおおおっ! 気持ぢぃいいいっ!」

イケメン「へえ、最強を決めるトーナメントか……」

隣国の姫「ねえ、起きて」

奴隷少女「……ちょうきょう、し?」

女「サービスしますので一ヵ月だけでも新聞取ってください!」

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
画像・動画
  • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
  • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
  • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
  • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
  • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
  • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
  • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
  • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
  • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
  • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
  • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
  • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
  • 友「お前の彼女ってサバサバ系なんだって?」男(ていうかサバなんだけどね……)
  • 紙兎ロペ「シンデレラガールズ……すか?」アキラ先輩「最近ハマってんだよ」
  • 紙兎ロペ「シンデレラガールズ……すか?」アキラ先輩「最近ハマってんだよ」
  • 琴葉「おかえりなさい、あなた」
  • 琴葉「おかえりなさい、あなた」
  • 女「はじめてレンタル彼氏利用しちゃった…」どきどき
新着コメント
最新記事
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ
© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ