TOP

魔王「くっ!勇者に追われて山奥の村に逃げ込むことになってしまった…」

勇者「魔王も倒したし引退して辺境でスローライフ送るぞ!」

記者「あなた方四人はまさに理想的な勇者パーティーですね!」

女魔法使い「体力を奪う魔法を使ったら、お腹が膨らんできちゃった……」

魔王「おい、王」王「魔王!何の様だ?」

魔法使い「究極の雷魔法“ブラックサンダー”を会得したぞ!」

勇者「僧侶、すぐ回復してくれ!」僧侶「MPが尽きてもう回復魔法が使えません!」勇者「アイテムでMP回復するんだ」僧侶「はい」ガサゴソ

隣人の女魔王「世界を征服しすぎちゃって……よかったら半分いかがですか?」

勇者「魔王を倒しに行ってくる!」村娘「絶対死なないでくれ!」

勇者(35)「あ、異世界から来た勇者です、よろしくお願いします」 女魔法使い「ええ…」

勇者「簡単に最強になれるクスリ!?」闇の商人「えぇ、そのとおりでございます」

魔王「あ、あの、新しく魔王として配属になった魔王(♀)です…」 魔王軍「…」

女魔王「お前に寄生してやる!」勇者「や、やめろぉぉぉぉぉ!!!」

魔王『ちょっと聖剣抜いてくる』

魔王「真実を教えてやろう。お前は私の息子だ……」俺「なに!?」魔王「ククク、結婚2年目に私の妻と妻の元旦那の間に出来た子供だ」

勇者「なんでお前ダメージうけたらすぐ後ろ下がんの?」戦士「…」

魔王「私と手を組めば世界の3分の二をやろう」勇者俺「そんなに?!」

女勇者「鋼鉄の剣、ほしいけど高いな…」武器屋「無料であげてもいいぞ」女勇者「!!」

老人「ワシの弟子がどいつもこいつも大物になりすぎて困る」

勇者「くそっ、バックアタックで全滅しかけるなんて情けない……!」

勇者「俺……本当は音楽をやりたかったんだ」

魔王「そして人間は…」 主人公「長くなりそうか?」

魔王「──勇者よ聞こえるか」 勇者「!? 魔王」 魔王「──マスクしないなら帰れ」

勇者「魔王を倒すなんざネットを使えば楽勝よ」

勇者「洞窟の宝箱一つ開け忘れた……後で回収すればいいか」村人「あの洞窟ならもう入れませんよ」

勇者「戦いの規模のインフレが止まらないんだが」

女騎士「くっ、殺せ!」オーク俺「>>3(えっ)」

武道家「勇者さんっ」戦士「おいらたちも一緒にっ!」僧侶「お供させてくださいっ」 勇者「えっ…」

女魔法使い「勇者の持ってる剣って、なんで龍が巻きついてるの」

勇者「お前もういいわ」 魔法使い「ここから出ていってください」 武闘家「弱者に要はない」 主人公「うう……」ダッ

勇者「俺が本物の勇者なの! 城でふんぞり返ってるあの野郎は偽者なの!」

勇者「クラウドファンディングで魔王を倒す資金を調達するぞ!」

女神「わたしは女神…普通はこんなことしないけど、特別に召喚されてあげるわ!」

勇者「冒険に出る前にマナー講師の指導を受けることになった」

勇者「あなたが伝説の風使いですね?」中年「痛風持ちだけどな」

魔王「勇者よ、貴様には究極の“絶望”を味わわせてやろう」勇者「なんだと……!?」

戦士「勇者パーティーに入れりゃ安泰だぜー!」魔法使い「おうよ!」

勇者「悪いんだけどさぁ……お前パーティーから追放するわw」

魔王「滅ぼされてから100年かかって蘇ったら勇者がまだ生きとったわ」

魔王「ぎゃああ!!」勇者「やった!魔王を倒した!」魔王「く……くく……これでお前が新魔王だ……」勇者「え?」

魔王♀「勇者ちゃんからかうの楽しい~w」勇者♀「ふざけないでください!」

魔王「ふははは!手始めに世界を滅ぼしてやろう!」俺「やれやれ…」

勇者「魔王封印するつもりがミスって殺してしまった。俺はもうダメかもしれない」

魔王「貴様らも自キャラの性別を選べるゲームで女を選んだがシナリオ共通で男キャラが変に馴れ馴れしくて萎えたことがあるだろう」

勇者(Lv2)「ハァハァ…今日の修行はこの辺にしておくか…」

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
新着コメント
最新記事
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ
© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ