TOP

綾波「碇君は私の奴隷よ」 シンジ「えっ……?」

レイ「碇君…ぽかぽかするにはどうしたらいいの?」

シンジ「アスカって空気も読めないの?」

碇ユイ「そろそろ、シンジの正妻を決めようと思います」

ミサト「ネルフ本部の全機能が停止ですって!?」リツコ「ありえないわ!!」

レイ「あなたは死なないわ。私が守るもの」シンジ「マジで!?」

リツコ「LCLにマ○コの匂いを加えてみた」【一応R-18】

ゲンドウ「エヴァに乗れ、帰れ!」

アスカ「ママに触らないで!」シンジ「ママ?」レイ「碇君///」

ゲンドウ「シンジ、乗るなら早くしろ、でなければ」シンジ「わかったよ父さん!」

カヲル「今、彼氏はいるのかい?」アスカ「いるといえばいるけど上手くいってない」

ゲンドウ「ゲッターに乗れ。でなければ帰れ!」

アスカ「じゃんけんよ」 シンジ「パー出すよ」

シンジ「カヲル君をノーマルにするスイッチ?」

シンジ「僕は碇シンジ。ごく普通の中学生です」

アスカ「乗るなら早くしなさい!」

レイ「ここは……どこ?……」

もしもあの時綾波レイの怪我が本編より少しだけ軽かったら

もしもヱヴァ「破」のあと「来い!」がクセになっていたら

ゲンドウ「久しぶりだな、シンジ」 シンジ「父さん!」俺「おっさん!」

「碇シンジの日常」

シンジ「ヱヴァ」ミサト「エバー」シンジ「ヴンダー」ミサト「……」

もしもヱヴァ「破」のあと初号機の中でも14年たっていたら

ゲンドウ「……出撃」シンジ「分かったよ父さん!」

ゲンドウ「乗るなら早く乗れ。乗らないなら帰れ」シンジ「んんん!」ミチミチミチ

シンジ「アスカってオ○ニーしたことあるの?」アスカ「オ○ニー?」

レイ「碇くん、あれとって」シンジ「はい」ミサト「……」

アスカ「(嘘、私変態だったんだ……)」クチュ

アスカ「(・ω・)」

アスカ「(つ・ω・)つ」

アスカ「ここから出しなさいよ!変態!!私をどうするつもりよ!?」

シンジ「ミサトさん?最近多くないですか?」

シンジ「ゼロさん!」 アスカ「ゼロ!」 ウルトラマンゼロ「おう!」完結編

リツコ「…メールが過去に送られているですって?」

シンジ「綾波、もう舐めなくていいから」

アスカ「バカシンジがちっちゃくなった」

アスカ「シンジ私をオカズにオ○ニーばっかりしてんじゃないわよ!」

アスカ「あ゛ー! あ゛ー!」 シンジ「どうしたの?」

シンジ「記憶喪失……ですか」

カヲル「食らえ!イケメンビーィム!」

アスカ「『シンジに一回だけ何でも命令できる券』貰っちゃった」

ゲンドウ「久しぶりだな、キタキタオヤジ」

シンジ「綾波を……返せ!!」下痢ブバッ ブリュブリュッ ブブババッ

シンジ「ラジオ?」レイ「……パーソナリティ」マリ「アゲイン!」

アスカ「今夜はここで寝るわよ」

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
最新記事
新着コメント
QRコード
QRコード
解析タグ
ブログパーツ
ツヴァイ料金
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ

ページトップへ

© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
多重債務