TOP

シンジ(24)「久しぶり」

もしもあの時貞本エヴァでシンジのサルベージがうまく行かなかったら

アスカ「fly me to the moonをデュエット?」ミサト「そうよ」

シンジ「綾波っ!綾波っ…!」レイ「碇君!碇君…っ!」

シンジ「最近、綾波の様子がおかしいんだ・・・」

シンジ「北斗の拳って知ってる?」

アスカ「ん?コネメガネからメール……?」

シンジ「アスカは僕のこと、好き?」

シンジ「朝だよ、アスカ」 アスカ「ねむい…」

シンジ「アスカのカラダが気になって眠れない……」

シンジ「ミサトさんっ!ミサトさんっ…!」ミサト「ただいま」

アスカ「ねえ、シンジ。キスしよっか」

カヲル「さあ、君の素顔を僕に見せて」アスカ「……」

青葉「俺、アイドルになろうと思う」マヤ「は?」

シンジ「綾波っていつでも理知的で、かっこいいよね」

ゲンドウ「……冬月。レイを起こしてくれ」レイ「っうぇ~いwwwww」

ゲンドウ「やるなら早くしろ、でなければ帰れ」

シンジ「綾波が強すぎる」

シンジ「アスカがメンヘラなんてもんじゃない」

シンジ「はい、まず綾波さんを見てみますと」ムクムク

シンジ「アスカに『アスカの身体を好きにしていい券』もらっちゃった」

綾波「碇君は私の奴隷よ」 シンジ「えっ……?」

レイ「碇君…ぽかぽかするにはどうしたらいいの?」

シンジ「アスカって空気も読めないの?」

碇ユイ「そろそろ、シンジの正妻を決めようと思います」

ミサト「ネルフ本部の全機能が停止ですって!?」リツコ「ありえないわ!!」

レイ「あなたは死なないわ。私が守るもの」シンジ「マジで!?」

リツコ「LCLにマ○コの匂いを加えてみた」【一応R-18】

ゲンドウ「エヴァに乗れ、帰れ!」

アスカ「ママに触らないで!」シンジ「ママ?」レイ「碇君///」

ゲンドウ「シンジ、乗るなら早くしろ、でなければ」シンジ「わかったよ父さん!」

カヲル「今、彼氏はいるのかい?」アスカ「いるといえばいるけど上手くいってない」

ゲンドウ「ゲッターに乗れ。でなければ帰れ!」

アスカ「じゃんけんよ」 シンジ「パー出すよ」

シンジ「カヲル君をノーマルにするスイッチ?」

シンジ「僕は碇シンジ。ごく普通の中学生です」

アスカ「乗るなら早くしなさい!」

レイ「ここは……どこ?……」

もしもあの時綾波レイの怪我が本編より少しだけ軽かったら

もしもヱヴァ「破」のあと「来い!」がクセになっていたら

ゲンドウ「久しぶりだな、シンジ」 シンジ「父さん!」俺「おっさん!」

「碇シンジの日常」

シンジ「ヱヴァ」ミサト「エバー」シンジ「ヴンダー」ミサト「……」

もしもヱヴァ「破」のあと初号機の中でも14年たっていたら

ゲンドウ「……出撃」シンジ「分かったよ父さん!」

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
最新記事
新着コメント
QRコード
QRコード
解析タグ
ブログパーツ
ツヴァイ料金
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ

ページトップへ

© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ
多重債務