TOP

ほむら「配給制の未来。完全管理社会。そしてまどかとの冒険」

兄「生意気な敬語妹がウザイので調教する」

妹「お兄ちゃん、ジャンプしてみて?」

シルシル「そういや最近『百合』ってはやってるじゃん?」

竜児「あれは…櫛枝?…なんで大河の家の方に…」

イカ娘「はぁ…」栄子(ん?)

キタロー「マヨナカテレビ……?」

番長「……影時間?」

セイバー「……………………」切嗣(セイバーがテレビ見てる)

小鷹「普通にしてればかわいいのに」こばと「ふぇ!?」ドキッ

心臓「はー疲れた、少し休もうかな」

衛宮士郎「何やってるんだセイバー」

魔王「俺を倒すんじゃなかったのか?」♀勇者「や、やめろ…っ!」

キョンシー「この道場もついに潰れたな」キョンシー「しゃーねーべ」

俺「あの、ここが隣人部ですか?」

凛「パソコンって何が出来るの?ただの箱でしょ?」セイバー「同意」

シンジ「いいじゃないですか!減るもんじゃなし!!」

夜空「休み時間はいつも憂鬱だ…」

幼馴染「もうっ!ちゃんとボクの方見て聞いてよっ」タユン

セイバー「き、切嗣とラブラブ大作戦、ですか……?」

コナン「写真見たけど大人の灰原も可愛いよな」 灰原「は、はあ?」

小鷹「小鳩を無視し続けたらどうなるか」

ハルヒ「宇宙人や未来人や超能力者と一緒に遊ぶことよ」

コナン「灰原は・・・俺のものだ!」 灰原「江戸川くん・・・」

上条・御坂「魔法学院・・・?」

テロリスト「この学校は俺達が支配した!」俺「!?」

シルシル「ねぇ、ピクちゃんってさぁ、カァレェシィいんの?」

藤木「えっ……デスノート?」

妹「お兄ちゃん、膝枕疲れたよぉ・・・」

アンガールズ田中「魔法少女ぉ?なにそれぇ?」

鶏「俺達、家畜、人間、鬼畜」鶏「飼畜な俺達マジ駆逐、Yes」

男「おい、イヌ」犬娘「...なに?」

ぽぷら「ええっ!杏子さん、お店やめちゃうの!?」

ほむら「まどかが老死したああああああああああああああああああ」

切嗣(どうしよう……女性のサーヴァントだ)セイバー「マスター?」

妹「お兄ちゃん、コレ……」兄「ん、一日お兄ちゃん券…?」

座敷あらし「タンスどーんwwちゃぶ台ドーンww」男「ふぇぇ」

先輩「我が部も廃部寸前だ」

マミ「しょうがないわね、私のブラを貸してあげる」 ほむら「……」

ほむら「まどかがガスパン遊びでイモムシになってしまった…」

永沢「死ねぇッ!藤木くんッ!!!」

男騎士 「こ、これで本当に姫様は見逃してくれるんだろうな…?」

娘「お腹がすいたので噛ませてください」男「赤ワインでも飲んでろ」

葛西善二郎「おいババア、火ィ貸してくれねーか?」サザエ「えっ」

QB「感情の研究をしたいんだ」

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
画像・動画
  • 【女子高生の無駄づかい】ヤマイ「今、拘束を解き放つ」
  • 敵炎使い(♀)「クッハハハハハァ!!燃えろぉ!燃え尽きろぉおおッ!!!」
  • 敵炎使い(♀)「クッハハハハハァ!!燃えろぉ!燃え尽きろぉおおッ!!!」
  • 敵炎使い(♀)「クッハハハハハァ!!燃えろぉ!燃え尽きろぉおおッ!!!」
  • ガン=カタを極めた俺「……」スナイパー「へっ…ガン=カタがなんだってんだ!こいつで貫いてやるぜ!」ズドン
  • ガン=カタを極めた俺「……」スナイパー「へっ…ガン=カタがなんだってんだ!こいつで貫いてやるぜ!」ズドン
  • ガン=カタを極めた俺「……」スナイパー「へっ…ガン=カタがなんだってんだ!こいつで貫いてやるぜ!」ズドン
  • ガン=カタを極めた俺「……」スナイパー「へっ…ガン=カタがなんだってんだ!こいつで貫いてやるぜ!」ズドン
  • いじめっ子A「おい女!バツゲームとして男に告白してこいよ?」女「はい………」
  • れんげ「にゃんぱすー」夏海「うるせえよ」
  • 【名探偵コナン】京極真「自分は高校生空手家、京極真」
  • 後輩女「へぇ…先輩、彼女さんとうまくいってないんですね」
  • 俺「デスノート…?>>4(燃や)してみるか」
  • 【異世界かるてっと2】シャルティア「納得いかないでありんす」
  • 【まちカドまぞく】良子「どうして私の名前は良子なの?」
  • 姫「俺さん、俺さーーーーん!カニクエいこ!!」 俺「ごめん…俺…」 姫「あ…31レベル…」
  • 俺「可愛いけどめっちゃ悪役っぽい顔してるよね」美少女「死にたいの?」
  • 俺「どこまで?」女の子「着いてきて」
新着コメント
最新記事
読者登録
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ
© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ