TOP

ブルマ「頑張ってるわね、はいお茶」ナッパ「すんません頂きます」

男「今年こそサンタを捕まえる!」

教室に死体を隠して3ヶ月間、誰も気付かなかった話をしようと思う

長門「だりーな」

髪が伸びる日本人形って萌化させたら可愛くなりそうだよな

お嬢様「トイレ行きたいんだけど?早く口開けて」

まどか「ほむらちゃんが一人でたき火してる……?」

幼馴染「デュクシwwwwデュクシww」 男「はぁ…」

まどか「これからも私達…」杏子「ずっと友達だ!」

女「あ、あのね・・・男君、S●Xって・・・したことある?」男「」

長門「照れてない!」

セイバー「アーチャー陣営がおかしいと?」アイリ「ええ。なんか変」

続・兄「生意気な敬語妹がウザイので調教する」

キョン「長門だらけ」

永沢「藤木君……君は本当に卑怯だな……///」藤木「?」

まどか「私のお姉ちゃん属性が注目されないのはおかしいよ!」

幼女「ジングルベル♪ジングベル♪鈴が鳴る♪」

岡部「比翼恋理のダル・ルート……だと?」

兄「妹が生まれたぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!うわぁぁぁぁ!!!!」

杏子「おばあちゃん!駄菓子ちょうだい!」

ほむら「配給制の未来。完全管理社会。そしてまどかとの冒険」

兄「生意気な敬語妹がウザイので調教する」

妹「お兄ちゃん、ジャンプしてみて?」

シルシル「そういや最近『百合』ってはやってるじゃん?」

竜児「あれは…櫛枝?…なんで大河の家の方に…」

イカ娘「はぁ…」栄子(ん?)

キタロー「マヨナカテレビ……?」

番長「……影時間?」

セイバー「……………………」切嗣(セイバーがテレビ見てる)

小鷹「普通にしてればかわいいのに」こばと「ふぇ!?」ドキッ

心臓「はー疲れた、少し休もうかな」

衛宮士郎「何やってるんだセイバー」

魔王「俺を倒すんじゃなかったのか?」♀勇者「や、やめろ…っ!」

キョンシー「この道場もついに潰れたな」キョンシー「しゃーねーべ」

俺「あの、ここが隣人部ですか?」

凛「パソコンって何が出来るの?ただの箱でしょ?」セイバー「同意」

シンジ「いいじゃないですか!減るもんじゃなし!!」

夜空「休み時間はいつも憂鬱だ…」

幼馴染「もうっ!ちゃんとボクの方見て聞いてよっ」タユン

セイバー「き、切嗣とラブラブ大作戦、ですか……?」

コナン「写真見たけど大人の灰原も可愛いよな」 灰原「は、はあ?」

小鷹「小鳩を無視し続けたらどうなるか」

ハルヒ「宇宙人や未来人や超能力者と一緒に遊ぶことよ」

コナン「灰原は・・・俺のものだ!」 灰原「江戸川くん・・・」

上条・御坂「魔法学院・・・?」

はじめに

コメント、はてブなどなど
ありがとうございます(`・ω・´)

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
画像・動画
  • 【名探偵コナン】京極真「自分は高校生空手家、京極真」
  • 後輩女「へぇ…先輩、彼女さんとうまくいってないんですね」
  • 俺「デスノート…?>>4(燃や)してみるか」
  • 【異世界かるてっと2】シャルティア「納得いかないでありんす」
  • 【まちカドまぞく】良子「どうして私の名前は良子なの?」
  • 姫「俺さん、俺さーーーーん!カニクエいこ!!」 俺「ごめん…俺…」 姫「あ…31レベル…」
  • 俺「可愛いけどめっちゃ悪役っぽい顔してるよね」美少女「死にたいの?」
  • 俺「どこまで?」女の子「着いてきて」
  • 犬「ハッハッハッ」女の子「ちょっ…やだ…///」(犬が股間嗅ぎまくる)
  • 彡(゚)(゚)「よっしゃ転職したろ!」
  • 【シートン学園】スペランカーミユビ
  • 【仮面ライダー龍騎】シザース「ぐわあああああああ!!」ボルキャンサー「キシキシキシ」バリバリムシャムシャモグモグ
  • 【仮面ライダー龍騎】シザース「ぐわあああああああ!!」ボルキャンサー「キシキシキシ」バリバリムシャムシャモグモグ
  • 【仮面ライダー龍騎】シザース「ぐわあああああああ!!」ボルキャンサー「キシキシキシ」バリバリムシャムシャモグモグ
  • 【仮面ライダー龍騎】シザース「ぐわあああああああ!!」ボルキャンサー「キシキシキシ」バリバリムシャムシャモグモグ
  • 【仮面ライダー龍騎】シザース「ぐわあああああああ!!」ボルキャンサー「キシキシキシ」バリバリムシャムシャモグモグ
  • 妹「お兄ちゃん~」 俺(でた!コイツが俺をお兄ちゃんって呼ぶときは何か頼みごとがある時だ)
  • 妹「お兄ちゃん~」 俺(でた!コイツが俺をお兄ちゃんって呼ぶときは何か頼みごとがある時だ)
新着コメント
最新記事
読者登録
スポンサードリンク

  • ライブドアブログ
© 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ