TOP

貴利矢「……神の命日」

1: ◆pYYJkGKpMM 2021/03/03(水) 17:30:41.92 ID:0MCtBXwG0

今日ゲンムVSレーザー公開日だと知ったので。
小説の前日譚的な感じです



2: ◆pYYJkGKpMM 2021/03/03(水) 17:31:53.48 ID:0MCtBXwG0

永夢「おはようございまー……あれ?貴利矢さんは?」

 やけに長い螺旋階段を上って『CR』――電脳救命センターに着いた僕は、いつもの面々から1人だけ欠けている人がいる事に気づいた。

飛彩「監察医なら休みだ。有休を取ったらしい」

 声がした方には飛彩さんがいた。あ、またコーヒーにたくさんスティックシュガー入れてる。無理して飲まなきゃいいのに。見てるこっちが胸焼けしてくる。

ポッピー「今日って何か特別な日だったっけ?」

パラド「さあな。今日は確か――」

 ポッピーの言葉にパラドが今日の日付を答える。この日付って……まさか。

永夢「今日ってまさか……」

パラド「永夢、何か心当たりでもあんのか?」

パラドが聞いてくる。他の2人も、なんとなく僕の方に視線が向いている気がする。

永夢「たぶん……」

 ――黎斗さんの命日だよ。

 そう答えると3人は、驚いたような、なんとなく納得したような微妙な顔をした。

 あの事件――『ゾンビクロニクル』を巡る事件から今日で1年。その時に黎斗さんは貴利矢さんに倒され、最後のライフが尽きて生涯を終えた。

飛彩「……監察医にも何か思うところがあったのだろうか」

ポッピー「どういう意味、ヒイロ?」

飛彩「あの壇黎斗とて尊い命を持っていた。監察医もドクターだ、命を奪うということをして平気でいられるはずがない。たとえそれが、自分を一度殺した相手でもな」

ポッピー「……そっか」

 なるほど。でも、あの2人には元々なにかあったような気がする。奇妙な友情のような、何かが――



3: ◆pYYJkGKpMM 2021/03/03(水) 17:33:19.60 ID:0MCtBXwG0

貴利矢「着いた着いた、ここか」

 わざわざ有休を取ってこんな所に来ちまった。そりゃ自分だって出来ればせっかくの有休なんだから、こんな所であんなヤツの墓参りなんかするよりも、カワイー女の子とデートにでも行きたい。

貴利矢「でもまぁ、仕方ないよな」

 仕方ない。だって、気付いたら墓参りに行く気になって、気付いたら休みを取っていて、気付いたらここに来たんだから。

 いろんな事を思い出す。あいつに騙されたこと、あいつに殺されたこと、あいつと殺し合いしたこと。そして……あいつに助けられたこと、あいつを殺したこと。

貴利矢「……柄にもなく辛気臭くなっちったか」

 持ってきた花を置いて一応手を合わせる。でも、花なんか置いたってあいつは何とも思わないかな。

貴利矢「これ、置いてくか」

 『神の恵みを授けよう』とかなんとか言ってあの時に渡されたプロトシャカリキスポーツガシャットとプロトジェットコンバットガシャット。

貴利矢「ま、これ元々お前のだしな。返してやるよ」

 こんな所に置いたら、誰かが玩具だと思って捨てしまうかもしれない。それでも構わない。だって、もうこれは必要ないと思いたいから。あいつの遺したゴッドマキシマムマイティXのデータで、ゲーム病に侵された人たちを戦わずに救える日が来ると信じたいから。

 でも、なんで自分は急に墓参りなんかに行こうと思ったのだろうか。しばらく考えてみると、1つの結論に辿り着いた。それは、自分の心の中にずっと引っかかっていたものだ。

 …………罪滅ぼし。



4: ◆pYYJkGKpMM 2021/03/03(水) 17:34:22.18 ID:0MCtBXwG0

 いくらあいつがクズ野郎でも、ドクターのお前にあいつを倒すことはできない――みたいなことを永夢に言った記憶がある。でも、結局のところ自分もドクターだったんだ。自分は1つの命を奪ってしまった。その事実は変えようがないし、変えようとも思わない。

 あれから時々考える事がある。あの時、あいつを殺さないで事件を解決することはできなかったのか、命が失われることが無くても良かったんじゃないのか……そんな事だ。

 あの事件があってから、自分の支援があって人の命が救われたところを見ると『良かった』『安心した』『死ななくて良かった』。心の中はそんな感情でいっぱいだったけど、隅っこの方にこういう感情がどうしても湧いて出た。

『でも自分は命を奪ったことがある』

 人に殺されるよりも、人を殺す方が大きなトラウマを持つということを初めて知った。どうしても頭の中にこびりついて離れない。隙あらばその事実を思い出させる。自分がドクターだから、なおさら。

―――――九条貴利矢。

 ……!?

 いや、ありえない。絶対にありえない。だってあいつはあの時、ライフが尽きて、自分が――

――――何を阿呆なことで悩んでいる。私はあの時ゲームを作った。そして君はそのゲームをクリアした。そのゲームのクリア条件が『私を倒す』ということだっただけだ。

 ゲームを……作った……クリアした……

――――私は誰にもクリアできないようなゲームを作ってしまったと思っていた。しかし、君があのゲームをクリアしてくれた。私は嬉しかった。私が作ったゲームをクリアしてくれて。ゲームはクリアされるためにあるのだからな。

 ……お前は、どこまでいってもゲームクリエイターなんだな。

――――当たり前だ。私は、これからもゲームクリエイターであり続ける。君たちもせいぜい私の作るゲームをクリアできるよう頑張るんだな。

 お前、まだなんか企んでるだろ……ははっ。

――――また会おう。君たちが新しいゲームをスタートするその時に…………

貴利矢「…………はっ」

 幻聴……だったのか?

 でも、幻聴と言うにはあれはあまりにもあいつだった。さっきのをあいつだと信じてみるのも、悪くないかな。

貴利矢「じゃあな、神。……いや」

 ――壇黎斗。

 そう言って自分は、今までいた場所に背を向けて歩き始めた。

貴利矢「あれ?」

 さっき置いてきたはずのガシャットが自分の懐にある。おかしいな、確かに置いてきたはず……

 多分、あいつがやったんだろう。まだ新しいゲームがあるってことか。全く、いつまで自分らに迷惑かけるつもりなんだか。

 いいぜ。どんなゲームでも、クリアしてやるよ。



5: ◆pYYJkGKpMM 2021/03/03(水) 17:35:24.73 ID:0MCtBXwG0

おしまい。
超絶早く終わってしまった。
まあ衝動書きだしね、仕方ないね



元スレ
貴利矢「……神の命日」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1614760241/ undefined
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 今週の人気記事
  • 先週の人気記事
  • 先々週の人気記事

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (2)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2021年03月04日 17:27
          • プロトガシャットなんて何も知らない人が起動したら即致死量のバグスターウィルスぶち込まれる危険物を道端に置くなとかそもそも消滅者は劇中でも死んだと扱われてないとかツッコミどころ多すぎ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2021年03月04日 18:22
          • 檀黎斗、な。壇黎斗じゃない。

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        最新記事
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ