TOP

勇者「姫を助けに行くぞ!」女戦士(私が姫なんだけどね……)

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 20:21:03.890 ID:491g0XRH0

悪魔「クックック……一人で出歩くとは不用意だったな、姫よ」

姫「キャーッ!」

悪魔「魔王様がお前を欲しがっている。ついてきてもらおう!」ガシッ

姫「いたっ!」

悪魔「さあ、魔王様のいる山へ――」バッサバッサ…

姫「ふんっ!」ドズッ

悪魔「ぐえっ!?(ひ、肘打ち……!?)」



2:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 20:24:09.200 ID:491g0XRH0

悪魔「うぐううっ……!」

姫「私が姫だからって油断してたから、思い切り入っちゃったわね」

姫「おととい来なさーい!」

悪魔「うぐぐぐ……くそぉ……! こんなの聞いてない……」バッサバッサ

姫「あー、スッキリした。さ、お城に帰ろっと」



…………

……



3:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 20:27:04.103 ID:491g0XRH0

国王「大変だ……! 魔王から『姫をさらった』という手紙が送られてきた!」

国王「頼む、勇者よ! 我が娘を取り戻してくれ!」

勇者「分かりました」

勇者「姫は美しく、国民みんなの憧れの存在……必ず救い出してみせます!」

国王「ありがとう、勇者よ」



姫(ゲ!? なぜか、私さらわれたことになってる……)

姫(魔王め……手紙出すのが早すぎるのよ!)

姫(これで無事に出ていったら、おかしなことになっちゃうじゃない!)



5:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 20:30:16.243 ID:491g0XRH0

国王「誰か、お供をつけようか?」

勇者「いえ、魔物相手なら少数精鋭の方が都合がいいです」

国王「それもそうか。並みの兵士では足手まといにしかならんしな」

勇者「最近、なかなか腕の立つ女戦士と知り合いましてね」

勇者「二人で姫を取り戻してきますよ」



姫(その女戦士ってのは……私!)

姫(お父様や城のみんなに内緒でやってる、私の仮の姿!)

姫(バレたら怒られる上、剣を振るうのも禁止されちゃうだろうから、絶対バレるわけにはいかない!)

姫(こうなったら急いで着替えないと!)



7:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 20:33:03.651 ID:491g0XRH0

勇者「お、いたいた」

女戦士「!」

勇者「実はさ……」

女戦士「姫がさらわれて、魔王を倒しに行くんでしょ? 行ってあげるわ」

勇者「……やけに耳が早いな。まだなにもいってないのに」

女戦士「そ、そうかな?」

女戦士(なにしろ当事者なもんで)



11:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 20:36:23.675 ID:491g0XRH0

勇者「姫は美しく、気高く、国民みんなの人気者だ。俺にとっても憧れの人だ」

女戦士「……」カァ…

勇者「お前なんかと違ってな」

女戦士「……」ムカッ

勇者「魔王なんかには渡さない! 絶対助け出すんだ!」

女戦士「おー……」

勇者「もっとやる気出せよ! 姫になにかあったらどうする!」

女戦士(なにもないからやる気なんか出ないっての)

女戦士(それにしてもさぁ、多少メイク変えてるとはいえ、顔同じなのになんで気づかないの?)

女戦士(ま、いいか。その方が都合いいし)



12:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 20:39:11.348 ID:491g0XRH0

一方、その頃――

魔王「なにぃ!? 姫をさらうのに失敗した!?」

悪魔「は、はい……。肘打ち喰らっちゃって」

魔王「バカ! もう姫はさらったって手紙送っちゃったぞ! これじゃワシがバカみたいじゃないか!」

魔王「バカのせいでワシまでバカだ! ダブルバカだ!」

悪魔「申し訳ありません……」

部下「魔王様!」ババッ

魔王「なんだ?」

部下「この≪魔王の山≫に、勇者ともう一人が来て、『姫を取り戻す!』と暴れています!」

魔王「は? なんで……?」



14:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 20:42:17.316 ID:491g0XRH0

魔王「まぁいい……姫をさらう目的の一つは“勇者をおびき出して倒す”ことでもあるからな」

魔王「ワシの手下どもに伝えろ! 勇者を全力で迎撃しろとな!」

部下「ははっ!」

魔王「それにしても……勇者はともかく“もう一人”というのは誰だ?」

悪魔「誰でしょう……?」

魔王「お前は本当に使えんな!」

悪魔「す、すみません!」



16:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 20:45:40.929 ID:491g0XRH0

勇者「オラァッ!」ザシュッ!

女戦士「せやっ!」ズバッ!

魔物A「むぎゅう……」

魔物B「強すぎる……」

勇者「下っ端の魔物じゃ俺らの相手にならんぜ! なぁ?」

女戦士「そうね」

女戦士(このままだと……姫がいない魔王城に突入することになっちゃう。どうしよう……)



17:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 20:48:20.659 ID:491g0XRH0

ドラゴン「ここから先へは通さんぞ!」ズシン

勇者「ちっ、手強いのが出てきたな!」

ドラゴン「カァッ!!!」ゴォワァァァァァッ

勇者「うおっ!」

女戦士「きゃっ!」

ドラゴン「どうだ! 俺様の炎は!」

勇者「あの炎を喰らったらひとたまりもないな……」

勇者「俺が引きつけるから、お前はドラゴンを切りつけてくれ!」

女戦士「分かった!」



18:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 20:51:12.140 ID:491g0XRH0

勇者「行くぞ!」バッ

女戦士「うん!」バッ

ドラゴン「むっ! まず勇者をやってやる!」ゴワァァァァァッ

勇者「おっとぉ!」ババッ

勇者「今だ!」

女戦士「こっちよ! たあああっ!」ズバッ!

ドラゴン「グアアアアッ……!」ズン…

勇者「よっしゃー! よくやった!」

女戦士「イェーイ!」

女戦士(やっぱり戦うって楽しい~!)



20:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 20:54:32.900 ID:491g0XRH0

勇者「もうすぐ魔王のいる城だな」

女戦士「うん」

女戦士(そろそろ離脱して、姫にならないと……)

女戦士「うっ!」ガクッ

勇者「どうした?」

女戦士「さっきの戦いで足を痛めちゃって……引き返すからここからは一人で行ってくれる?」

女戦士(こうやって勇者と離れて、急いで魔王城に向かおう!)



22:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 20:57:18.342 ID:491g0XRH0

勇者「引き返すんなら、俺もついていくよ」

女戦士「え、なんで!? まさか一人じゃ怖いの……?」

勇者「そうじゃねえよ。一人じゃお前が危ないだろ」

女戦士「一人で平気だって……」

勇者「姫みたいにさらわれたらどうする」

女戦士(さらわれに行くんだって!)

勇者「魔物を甘く見るな。せめて安全なところまでついていくよ」

女戦士(なんでこういう時に限って優しいのよ!)



23:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 21:00:30.481 ID:491g0XRH0

女戦士「あ、やっぱり治った!」スクッ

勇者「え?」

女戦士「もうへっちゃら! やっぱり引き返すのなし!」ピョンピョン

勇者「大丈夫かよ」

女戦士「大丈夫大丈夫! さ、魔王城にレッツゴー!」

女戦士(全然大丈夫じゃない……どうしよう)



24:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 21:04:08.562 ID:491g0XRH0

魔王城――

バァンッ!

勇者「魔物ども、覚悟しろォ!」

悪魔「クックック……」

勇者「お前は……魔王の腹心の部下!」

女戦士(ゲ、こいつは!)

悪魔「お前たちは魔王様に会えん……なぜならここで俺に倒されるからだ」

勇者「そうはいかない! 姫は絶対返してもらう!」

悪魔「姫?」



25:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 21:07:33.264 ID:491g0XRH0

悪魔「お前は何か勘違いしてるようだが、俺は姫をさらっては――」

女戦士「……」

悪魔「あれ?」

女戦士「……!」ギクッ

悪魔(どう見ても……こいつ、姫だよな。雰囲気は違うけど顔同じだし)

悪魔「姫ならすぐそこに――」

女戦士「……」ギヌロッ!

悪魔「ひっ!?」

勇者「?」



27:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 21:10:14.118 ID:491g0XRH0

女戦士「ちょっといい?」ガシッ

悪魔「わっ!」

女戦士「さっきはどうも、悪魔さん」

悪魔「えへへ……どうも」

女戦士「言うべきことは一つだけ。私が姫だってバラしたら……コロす」

悪魔「は、はい……」

女戦士「分かったら、戦闘始めましょうか」ニコッ

勇者(二人で何を話してるんだ……?)



28:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 21:13:26.914 ID:491g0XRH0

勇者「でやーっ!」

悪魔「キエーッ!」

ガキンッ! キンッ!

勇者「だああっ!」

ズバッ!

悪魔「ぐはぁぁぁ……! 参ったぁ……!」ドサッ

勇者「腹心だけあって、なかなか手強かったな」

勇者「――ってあれ? 女戦士!? どこ行った!?」

勇者(今更捜してられないし……魔王のところに行くしかない!)



30:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 21:16:54.500 ID:491g0XRH0

勇者「魔王ッ!」

魔王「やっと来たか……勇者よ」

勇者「麗しき姫をさらった罪……あまりに重い! 今日は徹底的に成敗してやる!」

魔王「ふん、なにをいっておる」

魔王「さらおうとしたのは事実だが……姫をさらってなどいんぞ。間抜けな部下がしくじったせいでな」

勇者「? なにをいって――」

姫「勇者様! 私はさらわれてますわ!」ババッ

魔王「!?」

勇者「ほらな! さらってるじゃねえか!」



31:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 21:20:11.408 ID:491g0XRH0

魔王(あれ……? ワシは姫をさらってないよな? さらってたっけ? え、年かな……)

魔王「まあいい! ワシは姫をさらってたようだ!」

勇者「なにが“ようだ”だ、ふざけんな!」

魔王「ええい、今日こそ決着をつけてくれるわ!」

勇者「望むところだ……来い!」チャキッ

姫(マジな顔するとかっこいいのよね、こいつ。応援したくなっちゃう)

姫「頑張って……勇者様!」

勇者「はぁい」ニコッ

魔王「どこを見てる!」バキッ!

勇者「ぶげっ!」

姫(なにやってんのバカ!)



32:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 21:23:23.697 ID:491g0XRH0

勇者「はーっ!」

魔王「かあああっ!」

キィンッ! バリバリッ! ザシュッ! ドカッ!

ズガガガッ! ドゴォンッ! ズガァンッ!

姫「……」

姫(すごい戦い……! あ~、混ざりたい! 武者震いしちゃう!)ブルブル…

勇者(姫が震えてる……! よほど怖かったに違いない……!)



34:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 21:26:11.284 ID:491g0XRH0

勇者「勇者斬ッ!」ズシャッ!

魔王「がふっ……!」

魔王「うぐぐ……おのれ!」ヨロッ…

勇者「今だッ! だああああああっ!」

ザシュッ……!

魔王「ぐはぁっ!」

魔王「あぐぐぐ……またしても……無念……!」ドサッ…

勇者「ふん! ちったぁ反省するんだな!」



36:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 21:29:21.692 ID:491g0XRH0

勇者「姫……!」

姫「勇者様……!」

姫「助けて下さってありがとうございます!」

勇者「勇者として当然の務めを果たしたまでさ」

姫「私、怖かった……!」

勇者「そうだろう……。こんな魔物の巣窟に捕われてたんだからね」

勇者「二度とこんな目にはあわせないよ!」

姫(ホント……こういう時はかっこいいんだから)

姫(いい機会だわ……ここらで私の気持ちを伝えちゃおう!)



37:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 21:32:47.758 ID:491g0XRH0

姫「勇者様……」

勇者「なんだい?」

姫「私、前から勇者様が好きでした」

勇者「え」

姫「私と……ぜひ男女の交際をして下さいませ!」

勇者「……!」

姫(あんたが私を好きなのは知ってる……さぁ、イエスといえ! いうのだ!)

勇者「……姫」



38:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 21:35:26.772 ID:491g0XRH0

勇者「それは……できない」

姫「え」

姫「な、なんで……? どうしてなの……?」

勇者「なぜなら、俺は……他に好きな人がいるから……」

姫(は……?)

姫(話が……違う……なんだこれ……)

姫(バカ……な……)ガクッ

勇者「姫!? 姫、しっかりしてくれ!」



39:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 21:38:33.822 ID:491g0XRH0

……

……

勇者「あ!」

女戦士「……」

勇者「お前、どこ行ってたんだよ! 急にいなくなりやがって! 魔王とタイマンするはめになったんだぞ!」

女戦士「うるさい! バカ!」

勇者「な、なんだよ……怒りたいのはこっちの方――」

女戦士「ふん!」



41:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 21:41:18.199 ID:491g0XRH0

女戦士「……話は変わるけど」

勇者「?」

女戦士「あんたの好きな人って誰なのよ?」

勇者「は? なんだよいきなり?」

女戦士「いいから答えなさいよ! 答えなきゃこの場で決闘よ!」

勇者(なんだ、このド迫力は……)

女戦士「……」

勇者(答えなきゃマジで斬りかかってきそうな勢いだな……)

勇者「いいだろう、答えてやるよ」



43:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 21:44:08.663 ID:491g0XRH0

勇者「お前だよ」

女戦士「は?」

勇者「俺はお前のことが好きなんだよ!」

女戦士「……」

勇者「こうやって肩並べて戦える女なんて……初めて出会ったしさ……。だから出会った時から……」

女戦士「なぁんだ、そうだったの~」ニヒヒヒ

勇者(急に機嫌がよくなった……)



45:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 21:47:16.672 ID:491g0XRH0

勇者「好きといえば、実は俺、さっき姫を傷つけてしまったんだ」

女戦士「ふうん」

勇者「すぐ謝りに行かないと……」

女戦士「は!? いや、行かんでいい! 行かんでいい!」

勇者「なんでだよ?」

女戦士「姫は全然傷ついてないから!」

勇者「なんでお前に分かるんだよ!」

女戦士(本人だからだよ!)

勇者「やっぱり行ってくる! 城にいるはずだし!」

女戦士「ちょっ!」

女戦士(あ~……めんどくせえ!)



47:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 21:50:13.212 ID:491g0XRH0

勇者「姫……!」

姫「ハァ、ハァ……あっ、勇者様!」

勇者「なんだか息が荒いね」

姫「ちょっと走ったもので。オホホホホ……」

勇者「あの、先ほどは申し訳ないことを……!」

姫「いえいえ、お気になさらず……ぜーんぜん気にしてません」

勇者(本当に気にしてないっぽいな。女性は強いな……)

勇者「それでは、一緒に戦ってくれた仲間のもとに戻るので」

姫「えっ(もうかよ!)」



49:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 21:53:16.683 ID:491g0XRH0

勇者「姫、気にしてなかったよ!」

女戦士「ゼェ、ゼェ、ゼェ……そう、よかったわね」

勇者「なんでそんなに疲れてるんだよ」

女戦士「さっきから……色々と忙しくて……」

勇者「そうだ、今日は一緒にメシ食わないか? 俺がおごるよ」

女戦士「別にいいけど」



50:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/10/28(水) 21:56:28.734 ID:491g0XRH0

勇者「そうだ! いっそ姫を誘って、三人で……」

女戦士「わぁぁぁぁっ! 二人でいい! 二人で! 余計なことすんな!」

勇者「ご飯は二人より三人のが楽しくないか?」

女戦士「楽しくない! 全然楽しくない! 二人きり最高ッ!」

女戦士(姫と女戦士がイコールってのをバラすのはもう少し後にしたいんだけど……)

女戦士(それまで私の体が持つかなぁ……)







~おわり~



元スレ
勇者「姫を助けに行くぞ!」女戦士(私が姫なんだけどね……)
https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1603884063/
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 今週の人気記事
  • 先週の人気記事
  • 先々週の人気記事

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (16)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年10月29日 11:36
          • 勇者「魔王倒して姫様と結婚するのたのしみだなー」相棒(実は姫)「え?」

            これのパクリ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年11月01日 04:52
          • >>1
            中途半端に終わったあんなのよりはずっとマシや
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年10月29日 11:42
          • 面白いとは思ったが先人がいたか。そりゃそうか
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年10月29日 11:51
          • まああっちはネタだしだけで中途半端に終わってたし姫のキャラも違うからパクりとは思わんけど
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年10月29日 12:16
          • まあパクりかどうか以前にこの話は糞つまんねえわ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年10月29日 13:18
          • すごい…涙が止まらないよ、花粉症で(ブタクサ)
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年10月29日 22:38
          • 5 素直に面白いけどね
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年10月31日 01:44
          • 普通に良かったよね
            パクリって話もネタ出しされてたを完成させたってだけみたいだし
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年10月31日 22:29
          • 秘め
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年11月02日 03:50
          • 小さい劇団がドタバタコメディとして演じてるのが頭に浮かんだ
            着替えの工夫とかで実験的な劇になりそう
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年11月02日 11:44
          • パーマンみたいな話だな
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年11月03日 10:03
          • こういうのいいよね
            大好き
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年11月06日 17:45
          • クラウザーさんの女バージョン
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年11月09日 19:04
          • 他にも発想ええけど中途半端にエタったの完結させてってええんやで
            寧ろして
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年11月13日 04:04
          • 5 姫がエヴァのアスカみたいで可愛い。
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年11月17日 01:20
          • 別に普通に面白かった
            短いけど

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        最新記事
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ