TOP

花子「新しい!」貞子「生活!」メリー「なの!」

1: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:15:40.46 ID:S4U2UQtS0

男:なぜか都市伝説の方々に命を狙われ続ける一般男性。部署異動した。

メリー:一殺30万の都市伝説生活から年棒2千万の勝ち組生活へ。

貞子:男の姉の下でメイド修行中。

花子:芸能事務所に入り、歌って踊れるYouTuberになるためレッスンに明け暮れている。

隣人:男の部屋のリフォームが完了したので隣の部屋の住民に戻った隣人さん。部署異動して男の部下に。

姉:人外じみた動きをする人間。本職のメイド。彼氏募集中。

社長:一年の3割を出張に費やす社長。雇ってください。

スマホ:多分今までの話の中のMVP。

トイレ:ワープゾーン。

モニター:出入り口。

壁:壁紙を張り替えたときに隣人の趣味で赤色にされた。



2: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:16:36.85 ID:S4U2UQtS0

【赤い部屋】

隣人(先輩と出会ってから3年目。私は二回目の部署異動で先輩の下へと帰ってきました!ついでに合鍵ももらいました!)

隣人「せーんぱーい!おっはようございまーす!あっさでっすよー!おっきてくださーい!」

隣人(このやりとり、まるで新婚さんのよう!)

貞子(残念ですね!それはすでに私が通った道です!)

隣人(メイド研修生は職場に帰れ)

貞子(研修場所から発信していますが?)

隣人(同じ都市伝説だからって何の説明も無しにテレパシーを使っていいと思うな!)

男「」

おっさん「心臓マッサージ!心臓マッサージ!ああもう!なんで現実で会う前に死ぬんだよ!」

隣人「・・・・・・」

おっさん「都市伝説法28条とか勘弁だぞ!せめてコンビニまで来いよ!」

隣人「・・・・・・」

おっさん「よ、よし。心臓は動き出した。じゃあ、あとは、人工呼吸?」

隣人「市ネ」



3: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:17:11.82 ID:S4U2UQtS0

男(・・・・・・よく見た天上だ)

隣人「あ、先輩。起きましたか」

男「隣人。今回は俺なんで入院してるんだ?」

隣人「『夢の結末』っていう都市伝説に・・・・・・襲われる前に心筋梗塞で意識を失っていたらしいです」

男「マジかよ」

隣人「おそらく夢の中での出来事がショックで心臓が止まったんじゃないかと思ってます」

男「えっと、その都市伝説は?」

隣人「骨も残さず溶かしました」

男「だからうちの姉ちゃんみたいなことすんなって!」

隣人「先輩の敵は私の敵!死すべし!」

男「守ってくれる意思はありがたいんだけどさぁ・・・・・・」



4: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:18:15.87 ID:S4U2UQtS0

隣人「とりあえず、すでに社長には連絡してますんで。しばらくは身を休めてください」

男「わかったけど・・・・・・なんでこんなに襲われるんだろうな」

隣人「あ、それ次期社長から聞いたんですけど、先輩って生命力が異様に低いらしいです」

男「はい?」

隣人「次期社長の彼女さんが占い師らしくて、いつ占っても死相が見えるらしくって」

男「死相・・・・・・」

隣人「むしろなんで今まで生きて来れたのか不思議なぐらいだそうですよ」

男「俺、そんなに命がやばいのか」

隣人「お姉さんも度々先輩の事を都市伝説から守ってるって聞いてますし」

男「ん?でも都市伝説から狙われるのと生命力とか関係なくないか?」

隣人「あー、都市伝説とか命を奪う怪談系って死にそうな奴しか狙わないんですよ。これ一部にしか知らされていないんですけど」

男「なんでだ?」

隣人「生命力にあふれてるやつを殺すと死神から目を付けられるそうで」

男「都市伝説界隈もたいへんなんだな」

隣人「なんで先輩の生命力がこんなに低いのかは・・・・・・ちょっとわからないです」

男「ふしぎだな。人より体力はあるつもりなんだが」

隣人「あ、生命力って肉体は関係ないんで。魂だけなんで」

男「・・・・・・鍛えても無駄ってことか」

隣人「お姉さんぐらいに強くなれば余裕で都市伝説ぐらい跳ね除け・・・・・・でも先輩襲われなくても死ぬしなぁ」

男「自分の心臓の弱さを実感してるところだからやめてくれ」



5: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:19:15.84 ID:S4U2UQtS0

隣人(花子さんは収録のために山奥へ。貞子さんはメイド研修でアマゾン川へ。メリーさんは打ち合わせのために仕事場に宿泊中)

隣人(つまり!一歩抜きんでるには今がチャンス!この間を活かして先輩へ猛アタックするしかない!)

隣人(先輩の入院の期間に合わせて有休はとりました!この入院生活中がチャンス!甲斐甲斐しく世話をして、先輩のハートをいただいちゃいます!)

隣人(・・・・・・気を抜いたら物理的にハートをもらうことになりそうなんで注意しましょう)

男「てか、隣人の仕事は?」

隣人「私有休とりました。先輩の看病のためです」

男「いや、入院してるから俺の看病は看護師さんが・・・・・・」

隣人「私が!お世話!するんです!ナースさんにも色々教わりました!尿瓶とか!尿瓶とか!尿瓶とか!」

男「落ち着け。変態に片足突っ込んでるぞ」

隣人「頭の先からつま先まで私がお世話しますから!先輩はどうぞベッドで横になってくつろいでください!」

男「けが人でもないし普通に動けるんだが」

隣人「いいから!」

男(ここ1年で分かったこと。こいつは押しがメチャクチャ強い。基本的に引かない。そこがめんどくさい)

男(・・・・・・悪い子じゃないんだけどな。ぶっちゃけ見た目は割と好みだし)



6: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:19:56.57 ID:S4U2UQtS0

隣人「・・・・・・どうしよう」

隣人(結局あの後何事もなく普通に先輩は退院してしまった。うん、特別怪我とかはなかったし。お世話とか何もできてないです)

隣人「・・・・・・自意識過剰、だったのかな」

隣人(人として生きるって決めてからも、この赤い目はずっとコンプレックスだった。先輩はそんな私の瞳をきれいだって褒めてくれた)

隣人「・・・・・・いわゆるビジネストーク、だったのかも」

隣人(なんだか、全部が不安になってくる。先輩にとって、私はただの後輩にしか過ぎないんでしょうか)

隣人(・・・・・・いや、実際にそうですよね。先輩の事をストーカーしてたのは私だし、先輩は私が隣に住んでるってことすら知りませんでしたし)

隣人「まあ、隠してたのは私ですが」

隣人(・・・・・・このままで、終わってたまるものですか。先輩が私の事をどう思っていようとも、私は先輩の事が好き)

隣人「この想いだけは誰にも負けない。その自信はある。だから、絶対に負けない!」

花子「・・・・・・」

隣人「とはいえ、合法的な手段で先輩を虜にするには・・・・・・」

花子「あのー・・・・・・」

隣人「はひゃいっ!?は、花子さん!?いつから!?」

花子「『どうしよう』のとこからかな」

隣人「最初からじゃないですか!」



7: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:20:39.34 ID:S4U2UQtS0

花子「ゴハンできたから呼びに来たんだけど、なんかごめんね?」

隣人「あああ、なんでこんな独り言を言ってるところを母親に見られたような気分を味わってるんですか・・・・・・」

花子「ほら、私貞子とかメリーと違ってトイレからトイレに移動するってことでわかりにくいから、ね?気付かないのも仕方ないよ」

隣人「せめて玄関から入ってくれれば・・・・・・」

花子「オートロックだから鍵閉まってるし」

隣人「ああもう!高い防犯意識のバカー!」

花子「私らにとっては関係ないのが救いだよね」

隣人「関係ないから今こんなことになってるんですよー!」



8: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:21:29.50 ID:S4U2UQtS0

メリー「あ、やっと来たの。遅いの」

花子「いろいろあったんだよ、いろいろ」

隣人「改めて私たち都市伝説の力の理不尽さがわかりましたよ・・・・・・」

男「気になったんだが、おまえら前の会社を辞めたりしてないのか?」

隣人「辞めましたよ」

メリー「辞表は叩きつけてきたの」

花子「辞めまーすってメールは送った」

貞子「郵送で退職願を出しましたけど」

男「それでも能力は残るんだな」

メリー「私は生まれつきみたいなものだしなの」

貞子「私も似たような感じです。死んでますけど」

花子「私もだねー。死んでるけど」

隣人「赤い部屋の方は先天的、S県月宮の方は後天的ですけど両方残ってますね。不思議ですけど」



9: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:22:19.96 ID:S4U2UQtS0

隣人(メリーさん達も帰ってきていつもの日々が戻ってきました。私はご飯時だけ先輩のお部屋にお邪魔させてもらってる感じです)

隣人「・・・・・・ずるーい!あの三人だけずるいー!私も先輩と同じお部屋で過ごしたいー!同じベッドで眠りたいー!」

隣人(まああの三人と違ってそもそも私は養われる必要がなかったから仕方ないといえば仕方ないですが・・・・・・)

隣人「それにしてもあの三人はびっくりすぐほどアクションを起こしませんね。私が言えた話ではありませんが」

隣人(環境が一新されたことで向こうはその環境に馴染むのが大変で色恋にまで意識を向けている余裕がないんでしょうか)

隣人「・・・・・・それか、もしくは今の状況を壊したくないとか」

隣人(見ていたから知っています。隣の部屋の住人たちはみんな仲がいい。表面的に、ではなくもっと底の部分で)

隣人(私と違って、彼女たちは都市伝説に成る前は想像もできないような地獄を見てきたはず。あの三人のトラウマは計り知れない)

隣人「・・・・・・誰か一人が抜きんでると、残り2人のトラウマが発動してしまう?」

隣人(だからあの3人は互いに動けないのでは・・・・・・)

隣人(そうすると、私が先輩にアプローチをすることはあの心地よい環境を壊してしまうこと、なんでしょうか・・・・・・?)



10: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:23:21.36 ID:S4U2UQtS0

隣人(拝啓、先輩、社長。助けてください。私は今――)

次期社長「御社への志望理由としては3つあり――」

隣人(次期社長の新卒採用の面接をしています)

隣人(いやいやいや、あなた結構な頻度で会社に来てましたよね!?就活の時期とは言っても面接とかなしに顔パスで通りますよね!?私も話したことありますし!)

隣人(なんで新卒3年目の私にこんな大物の相手を任せているんですか!?理路整然と話すし志望理由も素晴らしいの一言に尽きるし!)

隣人(経験豊富だから話の引き出しにも事欠かないし!何を質問しても言葉に詰まることなく個性がありつつもきれいな返答がきますし!)

隣人(社長もなんで私を人事課に配属したんですか!?先輩、助けて・・・・・・)



11: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:28:10.67 ID:S4U2UQtS0

隣人「はぁぁぁぁ~・・・・・・」

男「よっ、お疲れ」

隣人「あ、先輩。ミルクコーヒー・・・・・・先輩、よく私の好きな奴覚えてましたね」

男「まあな。で、どうだった?次期社長の面接は」

隣人「どうだったもなにも緊張しましたよ!なんでこっちがガチガチにならないといけないんですか!?」

男「まあそれは仕方ない。俺たちにとっても馴染みのある子だとはいえ、まさか就活の場に来るとは思ってなかったからなぁ。俺も履歴書が送られてきたときには驚いたよ」

隣人「ってことは先輩、あらかじめ知ってたんですね!?」

男「そりゃな。課長も慌ててたけど、どこか納得してたよ。あの子ならこういうことするってな」

隣人「先輩たちはなんでそんなに落ち着いてるんですか・・・・・・」

男「隣人は夜勤だからあんまり会ってなかったか?あの子は誠実で公平性を大事にする子なんだ」

隣人「いや、それは見ればわかりますけど・・・・・・」

男「勤続30年の部長に聞いたら、あの子は5歳のころからここに来て実質勤続17年だってさ。うちの業務のことは全部知り尽くしてるよ。社長がいろいろ連れまわしてるし」

隣人「それだったらなおさら就活とかいらないじゃないですか。顔パスで通りますよ。みんな大歓迎ですよ」

男「そりゃそうだけどな。それじゃあ他の奴が納得しないだろって」

隣人「え?」



12: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:29:51.66 ID:S4U2UQtS0

男「実際、社長から次期社長にそういう話はしてたらしいんだ。就活とか面倒な手続き踏まなくても全部やっとくよって。ただ、あの子はそれを拒否したらしい」

隣人「えっ!?なんでっ!?みんな納得しますよ!?あー次期社長がやっと正式に入ってくれたかーってなりますよ!?」

男「みんなそのつもりだったんだけどな。ただ、社長に直談判したらしい。『そんな裏口入学のようなことはしない。正面から堂々と入って見せる』って」

隣人「えー・・・・・でも、落とすに落とせないじゃないですか、そんなの」

男「続きがあるんだ。『そうじゃないと、今の社長のようにみんなが付いていきたいと思う人間にはなれない。次期社長として見据えてくれているならなおさらだ』ってな」

隣人「うー、それを聞くと確かにそうですかね・・・・・・」

男「あと、あの子今のバイト先からも経営者にならないかって話を持ち掛けられているらしい」

隣人「なんですか彼。優秀にもほどがありませんか」

男「新卒の就活ってのは企業が学生を選ぶのと同時に、学生側が企業を選ぶ場所なんだ。だからこそ俺たちは学生に対して平等に、そして真摯に接さなくちゃいけない」

男「そうじゃないと、学生側が選んでくれないぞってな。これ全部部長の受け売りだけど」

隣人「そう、ですね。私は就活とかしたことないんでそういうのよくわかりませんでしたけど、そっか。どっちにも選ぶ権利があるんだ」

男「まああの子なら問題なく採用されるだろ。実際面接してても何の問題もなく終わっただろ?」

隣人「はい。正直非の打ち所がありませんでした」

男「実力もあるからなぁ。業務知り尽くしてるから業界研究とかそんなレベルじゃないくらいの分析もかけてくるし。俺も説明会で質疑応答されたときは気が気じゃなかったよ」

隣人「どんな質問されたんですか?」

男「説明会で説明しきれなかったこと全般。多分あの場にいた他の学生はうちについて詳しく知り尽くしてしまっただろう」

隣人「知ってるのによく聞いてきますね」

男「向こうからしたらちゃんと説明できるか試してたんじゃないのか?まあ部長が対応してくれたからなんとかなったけど・・・・・・俺一人だとヤバかったな」

隣人「・・・・・・偉い人の考えることってよくわからないなぁ」



13: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:30:27.50 ID:S4U2UQtS0

隣人(選択肢がある人ってすごいと思う。余裕があるから)

隣人(次期社長みたいな人だったらどこでも選り取り見取りだろうし、そりゃわざわざ選別みたいなことするよね)

隣人(・・・・・・先輩も、そうなのかな)

隣人「先輩にとって、私は選択肢のうちの一つに過ぎないんでしょうか」

隣人「それとも、そもそも選択肢に入っていないんでしょうか」

隣人「栓パいは、棉詩の琴は堂トモ面っていナい・・・・・・?」

隣人「・・・・・・宣杯、お兄ちゃん、先輩」

隣人「・・・・・・エへへ」

メリー「こらー」ガツッ

隣人「ひゃぐっ!?」



14: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:31:26.66 ID:S4U2UQtS0

メリー「自分の世界に入り込むななのー。お前がそれやると面倒なことになるのー」

隣人「め、メリーさん?いつのまに・・・・・・」

メリー「夕飯時なのに来ないから心配してきたの。カバンに電話入れっぱなしだから気付かれなかっただけなの」

隣人「あ、すいません」

メリー「まったく、死体でも幼女でも人形でもないくせに贅沢言い過ぎなの」

隣人「え?」

メリー「貞子なんか裸エプロンでも汚いとか言われて終わってるの。そんな程度でへこむななの」

隣人「え、先輩酷くないですか?」

メリー「あいつ多分性欲が薄いの。理由はわからないけど」

隣人「性欲が薄いって、別に先輩はごく一般的な性癖ですし・・・・・・」

メリー「お前がなんでそれを知ってるかは聞かないでおいてやるの」

隣人「・・・・・・あっ」

メリー「ん?」

隣人「先輩、もしかして生命力が小さいから性欲が薄いんじゃ・・・・・・?」

メリー「え?アイツの生命力が小さい?」

隣人「だから都市伝説に狙われやすいんですって。この前も狙われて心臓止まってましたし」

メリー「あー・・・・・・」

隣人「そう考えると、どうにかして先輩の生命力を大きくすることが最優先なんでしょうかね」

メリー「わからんの。姉の言うことを真に受けると小さい頃からそうらしいしなの」

隣人「もしかして生まれつきそうだとしたら、難しいですかね」

メリー「そもそも生命力を大きくする方法を知らないからなんとも言えないの。それよりも夕飯だからさっさと来いなの」

隣人「あ、はい」



15: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:32:23.04 ID:S4U2UQtS0

隣人「社長~、助けてくださ~い」

社長「え、なんですか?どうしましたか?」

隣人「次期社長の採用面接とか先輩のこととかいろいろあってもう頭の中ぐちゃぐちゃなんですよ~!」

社長「ああー・・・・・・男くんに関する話はともかくとして、大甥の担当は次回から部長ちゃんがしますから大丈夫ですよ」

隣人「ほんとですか?ほんとにあの重圧から解放してもらえるんですか?」

社長「はい、大丈夫ですよ。・・・・・・しかしまさか正面からくるとは」

隣人「それですよそれぇ!次期社長の内定なんか最初から決まってるようなものなんですからこんなことしなくていいじゃないですか!」

社長「人事課の人たちは割とそう言ってますよね。私はすんなり入ってくれるとは思ってませんでしたが・・・・・・」

隣人「なんかもう一個?行先があるんでしたっけ?」

社長「多分、それがなくても」

隣人「え、なんで?」

社長「そういう不正が嫌いなんですよね、彼。基本的になんでも正面突破しようとしたりして。それを貫き通せるところがかっこいいんですよね」

隣人「あの、社長?」

社長「まあそう言うわけですから採用人事の中でも一番手の部長ちゃんにお願いしてるわけです。彼女もまた立場だとかそういったもので判断しませんから」

隣人「あの人、貫禄ありますもんね」



16: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:33:26.04 ID:S4U2UQtS0

社長「それで、男君のことはどうしたんですか?」

隣人「あっ、えーっとですね、先輩の生命力が小さいから大きくしてあげたいなという話でして」

社長「んー、注ぎ込めばいいんじゃないですか?」

隣人「それができたら苦労しませんって」

社長「できますよ?」

隣人「へっ?」

社長「こう、魔力を生命力に変換して注入すればわりかしなんとかなります。ただ、器がそもそも小さいとかだとどうしようもないですけど」

隣人「生命力の器・・・・・・そんなものが?」

社長「はい。あとはそうですね、これは私の師匠から聞いた話ですけど、禁呪の生命リンクを使えばなんとかなるという話もあります」

隣人「生命リンクって、それ言ってよかったんですか?」

社長「言ったところで出来る人は限られてますしね。やり方も知らないとできないですし」

隣人「なるほど。ちなみにどんな人ができるんですか?」

社長「えっと、どうでしたっけ。確か種族が違うことが大前提で、あとは性別も違ってる必要がありまして」

隣人「それで、やり方は?」

社長「えーっと、うろ覚えですけどキスがどうとか言ってたような・・・・・・まあお互いの生命力をつなげるバイパスさえ作ってしまえばいいので、アドリブで何とかなるって師匠は言ってましたけど」

隣人「なるほど、ありがとうございます」

社長「いえいえ。悩みが解決できるなら・・・・・・あれ?」

隣人「先輩っ!今行きますからねっ!」フッ

社長「あっ!い、行っちゃった・・・・・・こ、これってあれですよね?隣人ちゃんが実行しちゃう流れですよね?」

社長「・・・・・・えーと、資料は多分社長室に置いてあったから・・・・・・念のため隠しておきましょう。お姉ちゃんの家あたりに」



17: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:34:10.77 ID:S4U2UQtS0

隣人「せーんぱーい!キスしましょー!」

男「断る」

隣人「えっ!?」

男「えっ?」

貞子「何を言ってるんですか隣人さん!私だってまだ・・・・・・あ、やりましたね。人工呼吸で」

花子「なんならおっさんともやってたのよね?いいじゃん、別に」

隣人「あれは未遂で止めました!代わりに私がしました!」

男「緊急事態下の行動と意識があるうちのキスを一緒くたにするな!」

メリー「てか、いきなりどうしたの?お前も貞子みたいに性欲に頭が支配され始めたの?」

隣人「ちーがーいーまーすー!先輩の生命力を増強する方法が見つかったんですー!」

男「えっ?まじでそんな方法があるのか?」

貞子「男さんの生命力?」

隣人「はい!なんでも、生命リンクの禁呪を使えばどうとか」

男「却下」

メリー「あほかなの」

隣人「なんでですかー!?」



18: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:34:37.11 ID:S4U2UQtS0

男「禁呪ってついてる時点で使っていいもんじゃないだろ」

メリー「生命リンクってのも名前がヤバいの。多分片方が死んだらもう片方もってやつなの」

花子「どこぞのお空の世界みたいな話だよね」

貞子「生命リンク・・・・・・それはゾンビでもできるんでしょうか?」

メリー「やろうとすんななの。だいたい、それはなんのためにやるの?」

隣人「だって先輩の生命力が強くなれば性欲も・・・・・・あっ、えっと、今のは聞かなかったことに」

男「できるわけないだろ」

メリー「貞子と一緒に頭冷やせなの」

貞子「えっ、私もですか?」

花子「むしろなんで逃れられると思ったし」



19: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:35:24.42 ID:S4U2UQtS0

隣人「・・・・・・追い出されちゃいましたね」

貞子「一晩反省していろとのことでしたのでまあいいでしょう。それよりも、ですよ」

隣人「はい!先輩とリンクする方法ですね!」

貞子「いや、それは別にどうでもよくて」

隣人「えっ?」

貞子「隣人さんが本気で誘惑すれば多分男さん手を出しますよ」

隣人「えっ?えっ?」

貞子「誘惑っていうか、むしろ自分から迫れって話でして。私の場合冗談めいてるってのがあるからまともに相手してくれませんが、隣人さんはそうじゃないでしょう」

隣人「あの、貞子さん?」

貞子「はい、なんですか?」

隣人「あの、その、そんな敵に塩を送るようなこと・・・・・・」

貞子「別にそんなつもりはありませんよ。もともと養ってもらえる立場を維持するための手段みたいなところがありましたし。ちゃんとした収入がある今となってはそこまでこだわりはないですね」

隣人「ええっ!?」

貞子「もちろん求められたらいつでもこの体を差し出しますよ?でも男さんは私の身体を求めてくれないので。残念ですが待つしかありません」

隣人「あ、あの、それだったら、その、私まるで独り相撲してたみたいな」

貞子「あ、もしかして私たち三人がライバルだと思ってました?」

隣人「そうですよっ!」

貞子「それは誤解です。そもそも私たちはスタートラインにすら立っていませんから」

隣人「えっ?」



20: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:36:06.76 ID:S4U2UQtS0

貞子「確かに私たち三人とも男さんのことは好きですよ。身体を求められたら喜んで差し出しますし、死ねと言われれば死ねます。そんなレベルです」

隣人「それでも、スタートラインに立っていないんですか?」

貞子「はい。だって元々の立場が殺す殺されるの関係だったわけですよ?そして養う養われるの関係に移行したわけです。こんなので色恋なんてできるわけがないじゃないですか」

隣人「で、でも!」

貞子「そうですね、言うなれば疑似的な家族です。そんな関係を私たちは楽しんでいるんです。だから、それ以上は望んでいない」

貞子「でも、隣人さんは違いますよね。男さんとは会社の先輩後輩という立場から入って、別に貸し借りがあるわけでもない。部屋の件はリフォームが終わった時点で清算済みですしね」

隣人「・・・・・・」

花子「ただあまりにもストーカー気質だから基本的に自分から行けないんでしょ?だから燻ってる」

隣人「花子さんまで・・・・・・」

花子「『赤い部屋』ってそういうやつだしね。S県月宮もあれは拒絶されてるし・・・・・・っと、それはともかく。とりあえず当たって砕けろ、話しはそっからでしょ」

隣人「で、でも、そんなこと・・・・・・」

花子「あんたは尊敬する大好きな先輩からのアドバイスすらも聞けないって言うの?」

隣人「いや、花子さん達は別に」

花子「maleにそう言われたんでしょ」

隣人「!」



21: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:37:04.63 ID:S4U2UQtS0

貞子「まあ我々からの話はこれくらいにしておきましょう。あとは自分で決めることです」

花子「そだね。あ、貞子はちゃんと一晩頭冷やして置けってメリーが言ってたから」

貞子「え?私戻れないんですか?」

隣人「・・・・・・ありがとう、ございます。私、やってみます」

貞子「はい、がんばってください。ところで布団を一式貸していただけるとありがたいのですが」

隣人「私の部屋に来客用の布団はありませんよ?」

貞子「・・・・・・」

隣人「・・・・・・」

貞子「ベッド借りますね!」バサッ

隣人「あっ、ちょっと!それ私の!」

貞子「アドバイス代だと思ってくださーい」

隣人「こ、ら、どきなさいよ・・・・・!」ググググググ

貞子「い、や、で、す・・・・・・・私は、柔らかくて暖かいベッドで眠る・・・・・・!」ググググググ

ミシッ

貞子「ん?」

隣人「どかないと、溶かしますよ・・・・・・!」

ミシミシッ

貞子「あ、あの、ちょっとヤバい音が」

隣人「どおりゃあああああああ!!!!」

バキッ

隣人「・・・・・・」

貞子「・・・・・・」

隣人「うわああああああああああああああ!私のベッドがあああああああああああああああ!!!!!」

貞子「ああ、えーっと、はい。これは私が悪いですね。ちゃんと弁償しますから落ち着いてください」

メリー「貞子ー、布団持って来てやったのー。感謝しろなのー・・・・・お?」

隣人「ベッド、ベッド・・・・・・おきにいりの・・・・・・初任給で買った・・・・・・」

メリー「・・・・・・おまえら本当にめんどくさいの」



22: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:37:45.39 ID:S4U2UQtS0

隣人「・・・・・・当たって砕けろ、か」

隣人「うん、そうだよね。自分で何も言わずに、察して欲しいだけだとか、そんなのずるいよね」

隣人「他の三人も、ああは言ってるけど心のどこかでは先輩の事を恋愛的な意味で好きなはず」

隣人「・・・・・・そんな三人が背中を押してくれているのに、私ばっかりが逃げてはいられない」

隣人(今なら、次期社長の気持ちのなんとなくわかる気がします。ちゃんと正面から堂々といかないと、他の人が納得できない)

隣人(そして何より、自分が納得できない)

隣人「・・・・・・うん。がんばろう。私だってあのアザラシ製菓の社員なんです。こんなところで二の足を踏んでられません!」



23: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:38:16.97 ID:S4U2UQtS0

隣人「先輩、話があります!」

男「ん?」

隣人(メリーさん、貞子さん、花子さんに背中を押されてついにこの日が来ました。先輩に、私の想いを伝える日が!)

隣人「せ、せせせ、先輩っ!ほ、本日はお日柄もよく」

男「いきなり他人行儀だな」

隣人「わ、わわた、わたわた、わたしとっ!」

隣人「私と子作りしてくださいっ!」

男「は?」

メリー「あほかなの!行き過ぎなの!」スパーン!

貞子「はい、一回退散ですね」

花子「男、そのままそこで待機」

男「あ、はい」

男(女子たちの仲がよろしくて何よりだけど、ちょっと疎外感。俺が家主なのに)



24: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:38:44.62 ID:S4U2UQtS0

メリー「はい、復唱。まずはお付き合いから」

隣人「まずはお付き合いから」

貞子「結婚云々は後の話」

隣人「け、結婚だなんて・・・・・・まだはやいですよ」

花子「初手で子作りを迫ってたやつが名にそんな純情ぶってんの?」

隣人「き、緊張しただけなんです!緊張しただけですから!ちょっと頭の中がバグって過程が飛んじゃっただけですから!」

メリー「よーし、わかったの。男ー、テイク2行くからそのまま待機なのー。トイレとか大丈夫なのー?」

男「大丈夫だけどそれ同じ室内でやる話か?」



25: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:39:28.13 ID:S4U2UQtS0

貞子「はい、テイク2スタートです。隣人さんが話しかけるところから」

隣人「は、はひっ!」

男「あんまり緊張すんなよ」

隣人「ほ、本日はお日柄もよく!」

男「うん、いい天気だな。外に出かけたいぐらいの快晴だ」

隣人「ああーっと、ええーっと、そ、そのっ!」

男「うんうん、落ち着いてな。一回深呼吸して」

隣人「は、はい!すーっ、はーっ、すーっ、はーっ・・・・・・よし!」

隣人「せ、先輩っ!あなたといると、月がきれいですね!」

男「・・・・・・今昼間だけど」

隣人「はえっ!?ああ、ええーと、今のはですね、その、ま、毎朝私が作った味噌汁を飲んでください!」

男「貞子さんの仕事を奪わないでやってくれ。朝食は今貞子さんが張り切ってるんだから」

隣人「ああーと、ええーと、そのっ、そのっ、そのっ!」

隣人「先輩の子種で私を孕ませてくださいっ!」

メリー「はい、もっかい退散なの。男、もうちょっと待ってほしいの」

男「お、おう」

男(もうこれ3回目やる必要なくね?)



26: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:40:03.81 ID:S4U2UQtS0

メリー「はい、復唱。穿った表現は使わない」

隣人「穿った表現は使わない」

貞子「まっすぐ思いをぶつける」

隣人「まっすぐ思いをぶつける」

花子「すぐ孕みたがらない」

隣人「すぐ孕みたがらない」

メリー「よし、大丈夫なの?今度はちゃんと行けるの?」

隣人「い、行けます!はい!」

メリー「じゃあ、ゴーなの!」

隣人「はいっ!」



27: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:40:54.11 ID:S4U2UQtS0

貞子「テイク3です、どうぞ」

男「うん」

隣人「せ、しぇしぇしぇんぱいっ!」

男「隣人、落ち着け」

隣人「本日はお日柄もよく」

男「さっきと同じパターンになってる。落ち着け」

隣人「ああーっと、ええーっと、そ、そのっ、あのっ、あれですっ!」

男「・・・・・・隣人。俺と、結婚を前提にお付き合いしてください」

隣人「はいっ!結婚を前提にお付き合い・・・・・・えええええっっっ!?!?!?!?」

男「・・・・・・俺自身も隣人のことが異性として好きなんだ。だから、これが俺の本心だ」

隣人「ああああっと、ええええっと、そのっっっっ!!!!」

男「どうだ?」

隣人「ごめんなさいいーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!」フッ

男「・・・・・・え?」

花子「・・・・・・あいつ!ワープで逃げやがった!」

男「お、俺、ふら、れた?」

貞子「振られましたね」

メリー「しかも告白してこようした相手に振られたの」

男「・・・・・・」ドシャァッ

貞子「あああっ!男さんが真っ白に!」

花子「ちなみに、振られたの人生で何回目?」

男「さ、3回目・・・・・・」

花子「成功回数は?」

男「ゼロ・・・・・・」

メリー「・・・・・・まあ、どんまいなの」



28: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:41:43.84 ID:S4U2UQtS0

隣人「社長ーっ!社長ーーーっ!どうしましょうーっ!私、私、先輩に告白されちゃいましたーーーーっ!」

社長『わ、わかったから落ち着いてください、ね?よかったじゃないですか。私も応援していた身として喜ばしい限りですよ』

隣人「で、でもっ、わ、私っ!頭が真っ白になってっ、お断りしちゃってっっっ!」

社長『・・・・・・はい?』

隣人「ごめんなさいって言って逃げてきちゃって、そのっ、あのっ、ええっとっ!」

社長『はー・・・・・・。こればっかりは私が口出しすることでもありませんからどうとも言えませんが、一つアドバイスをするのならば早く訂正をしに行った方がいいですよ』

隣人「で、でもっ!私今っ、先輩の顔真っすぐ見れませんっ!今も顔から火がでそうでっ!」

社長『言い訳してる暇があったらぐずぐずしてないでさっさと行きなさい。じゃないと、二度と伝えられないかもしれないんだから』

隣人「しゃ、社長?」

社長『これ以上は言いません。勝手にしなさい』ピッ

ツーツーツー

隣人「えっ、しゃ、社長?で、でも、私・・・・・・」

隣人「・・・・・・先輩、お兄ちゃん、先輩」

隣人「仙、牌・・・・・・鬼イちゃん・・・・・・だめっ!」

隣人「いちいち曇るな、いちいち昂るな。自分から逃げるな。先輩から逃げるな」

隣人「いつまでも社長に、先輩に、みんなに甘えるな。行け、自分で。立て。足を動かせ。行けっ!」ダッ



29: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:42:17.24 ID:S4U2UQtS0

ガチャガチャ

隣人「・・・・・・」

ガチャガチャ

隣人(合鍵、部屋に忘れてきた)



30: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:43:27.55 ID:S4U2UQtS0

メリー「えー、紆余曲折あったけどとりあえず交際開始おめでとうなの」

隣人「ありがとうございます」

男「ありがとう」

貞子「今日は私が研修で学んだメイド料理のフルコースですよ!たくさん食べてくださいね!」

花子「アマゾンのメイド研修で学んだメイド料理・・・・・・?」

メリー「ワニとか使いそうなの。それはそれで気になるの」

貞子「まあ使えなくもないですが、メイド料理の基本はどんな食材でも素早く丁寧においしく仕上げることです。ですからアマゾンでは現地でとった食材をその日の内においしく食べられるように処理をしてですね」

男「まあその話は後で食べながらゆっくり聞こう。てか、隣人はいいのか?」

隣人「なにがですか?」

男「こう、恋人が他の女と同棲してて」

隣人「今更ですよ。私にとってもお三方は恩人ですし、先輩の家族みたいなものなら私の家族みたいなものです!」

男「・・・・・・あと、先輩って呼び方はなんとかならないのか?」

隣人「あー、えーっと、お、おおおお、男、さん・・・・・・だ、だめですっ!むず痒いですっ!全身がむかむかしますっ!」

男「ひでぇ」

メリー「諦めろなの。私らが好きなだけ呼んでやるから我慢しろなの」

男「いや、お前らに呼んでほしいわけじゃないからな?」

メリー「ひどいの。死んで詫びるしかないの。死ねなの」

男「貞子さーん、メリーさんの分は虫料理のフルコースにしてやってくれー」

貞子「わかりましたー」

メリー「謝るの!謝るからそれは勘弁なの!私が長野県民みたいに虫ばっか食えないの!」

男「長野県民に謝れ」

隣人「だめですよー、先輩ー。メリーといちゃいちゃしてたらー」

男「別にいちゃついてるつもりはないんだが」

花子「あー、だめなんだー。彼女いるのに他の女といちゃつくなんてひどい男ー」

隣人「私とももっといちゃつきましょう!ほら!えーっと、先輩死ね!」

男「・・・・・・ごめん、割とショックだわ」

隣人「ごめんなさいっ!これは違うなって思いました!先輩死なないでー!」

To be continued...



31: ◆GiMcqKsVbQ 2020/06/07(日) 21:46:49.17 ID:S4U2UQtS0

完結編第一話、【赤い部屋】をお送りしました。
ちょっとリアルの方が忙しかったり息抜きしてたりで遅くなりました。このスレはこのまま使います。
次回は【トイレの花子さん】です。書き溜めたら投稿します。男君は死にます。
メリーちゃんまだ泣かない。

前回までのお話。ホントは>>1に貼る予定だったけど貼り忘れてた。

メリー「もしもし、私メリーさん」男「ひいいぃっ!」バタッ

貞子「来ーるー♪きっと来るー♪」男「うぐっ」バタッ

花子「きゃーっ!」男「うわっ!?」ガンッ

隣人「あのー?」男「んー?」ゴクゴク

【都市伝説】姉「ババアうざい」



元スレ
花子「新しい!」貞子「生活!」メリー「なの!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591532140/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (4)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年06月08日 10:35
          • 始めの頃は面白かったんだがなあ・・・どうしてこうなった
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年06月08日 10:39
          • 俺は嫌いじゃないよ、こういうドタバタ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年06月08日 10:45
          • ちょっと増やし過ぎだと思う
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年06月08日 18:46
          • いい加減しつこい

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ