TOP

アスカ「シンジの察しが良すぎる」【エヴァ】

2: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 11:24:42.93 ID:3K2uHWd20

アスカ(最近シンジの様子が変だ)

シンジ「あ、ただいまアスカ。先帰ってたんだ」

アスカ「うん、ちょっとね」

アスカ(普段いる分にはこの変化はわからないだろう)

アスカ(しかし、この男ほんのちょっとした瞬間に)

アスカ(…喉が渇いたなぁ)

シンジ「あれ、アスカ喉乾いてる?プァンタ出すよ」

アスカ「あ、ありがと」



3: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 11:26:16.41 ID:3K2uHWd20

アスカ(このように何となく思ったことを以心伝心しているかのように汲み取ってくれる)

アスカ(正直不可解すぎる)

アスカ(でも、悪い気はしない)

シンジ「はい、グレープ」コトッ

アスカ「悪いわね、頼んでもないのになんで分かるのよ」クイッ

シンジ「んー、これだけ一緒に住んでれば何となく分かるようになってくるかな?」クイッ

アスカ(シンジにはこちらの考えを読んでいるような素振りはない)

アスカ(この私が嘘をついていることを見破れないなんて、シンクロ率を一桁に落とすくらいありえないこと)



4: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 11:27:56.28 ID:3K2uHWd20

シンジ「そうだ、今日の夕飯はジャーマンポテトを作ろうと思うんだけど、ドイツだとどんな風なの?」

アスカ「そんなに日本のとかわんないわよ。ジャガイモが皮付きかそうでないかくらい」

シンジ「へぇ、皮付きでやるんだ」

アスカ「食感にメリハリがついて美味しいのよ」

シンジ「それ気になるな、今日はそうしよう。あ、そろそろ冷えてきたね。窓閉めようか」ガラガラ

アスカ「ええ、ありがと」

アスカ(最早、こちらが深く思わなくても深層心理中の感覚さえ理解している)



5: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 11:28:43.89 ID:3K2uHWd20

アスカ(つい先日まであんなに鈍感な朴念仁だったのに)

アスカ(今や私が気がつかない私の事まで気にしてくれる)

アスカ「………」

アスカ「悪くないわね」ボソッ

シンジ「何が悪くないの?」

アスカ「シンジには関係ない。夕飯作って」

シンジ「はいはい。今日の味噌汁はワカメと豆腐だよ。アスカ好きでしょ?」

アスカ「楽しみにしといてあげる」

アスカ(……悪くはないわ)

アスカ(でも、一体どうして急に…?)

シンジ「フンフンフフーン」コトコト



6: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 11:31:18.46 ID:3K2uHWd20

………翌日、in学校

トウジ「アカン!数学の宿題やるの忘れとった!」

ケンスケ「手の甲に書いておいて忘れるのはもうどうしようもないね」

トウジ「そないなこと言わんでさ、見せてよ」

ケンスケ「かと言って俺もそんなに今回のはよく出来てないし…」

シンジ「おはよう」スタスタ

アスカ「まーた鈴原は課題忘れてるのね」トコトコ

ケンスケ「おはよう碇、式波」

トウジ「ハン!オノレに何言われても何も思わへんからな」



7: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 11:32:48.63 ID:3K2uHWd20

シンジ「はい、トウジ」スッ

ケンスケ「へ?」

トウジ「数学のノート…センセ、なんでワシが数学の宿題やってへんのわかったねん」

シンジ「え?まぁ、なんとなくかな。朝から焦るってことは午前中の宿題だし、その中で宿題あったのは数学と理科だろ?」

シンジ「その中でトウジが忘れそうな方って言ったら数学しかないかなって」

ケンスケ「碇、凄く察しがいいな」

シンジ「僕も最近そう思うんだよね」

トウジ「ちょっと納得いかんが、ホンマに感謝しかへん」フカブカー

シンジ「先生に没収はされないでよね」

アスカ「………」



8: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 11:35:13.33 ID:3K2uHWd20

アスカ(このように、察しがいいのは私に対してだけじゃない)

アスカ(文字通り誰に対しても察しがいいのだ)

アスカ(今日も登校中に見た目ではわからない具合に道に迷っていた人にシンジから道を教えていた)

アスカ(シンジは前から人は良かったけど、ここまで察しがいい人間ではお世辞にもなかった)

ヒカリ「おはよー!」

アスカ「…なんか気に入らないわね」

ヒカリ「ん…?あ、アスカ?」

アスカ「ん、んーん、考え事。おはよ、ヒカリ」

ヒカリ「困ってるなら、なんでも相談してね?」

アスカ「ありがと、ヒカリー」ギュー

ヒカリ「わっ!」ギュー

シンジ「本当に2人って仲良いよね」

ケンスケ「俺たちもあそこまでではないけど、似たようなもんだろ」



9: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 11:36:38.70 ID:3K2uHWd20

アスカ「ちょっと相田!私たちの関係を3バカと同じにしないでよ!」

トウジ「なんやとぉ!?」

シンジ「まぁまぁ、落ち着いてトウジ」

ケンスケ「どうどう」

トウジ「ワシャ馬か!」

綾波「…おはよう、碇君」テコテコ

シンジ「おはよう綾波。…あれ、綾波髪切った?」

アスカ「っ!?」

ケンスケ「え、そうかな?変わらないように見えるけど」

トウジ「見えるも何も、変わっとらんやん?」

綾波「…切ったわ。前髪と襟足を、3ミリほど」

ヒカリ「本当に?」

ケンスケ「よく気付いたな」

シンジ「普段とは違う感じがしたからね」

アスカ「………」

アスカ(やっぱりおかしい)



10: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 11:42:34.45 ID:3K2uHWd20

………inネルフ 本部

アスカ「…というわけなのよ」

リツコ「…………」

アスカ「ちょっとリツコ、聞いてる?」

リツコ「え、ええ、ちょっと考え事を」

アスカ「急にそんな変化、普通するかしら」

リツコ「思春期の少年の経験は私にはないから分かりかねるわ」

アスカ「まさかリツコ…シンジに変なもの飲ませてないでしょうね?」

リツコ「まさか」

アスカ「本当に?」

リツコ「神に誓って」

アスカ「………ならいいけど」



15: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:13:40.14 ID:3K2uHWd20

マヤ「失礼します、赤木博士、シンクロテストが始まりますよ」

リツコ「そう、すぐ行くわ、アスカはどうする?」

アスカ「暇だし見に行くわ」スッ

リツコ「じゃあ行きましょ」スッ

マヤ「そういえばシンジ君なんですけど」テクテク

アスカ「シンジがどうしたのよ」トコトコ

マヤ「私、昨日シャンプー変えたんですよ」テクテク

マヤ「そしたらシンジ君」テクテク

シンジ『あれ、マヤさんシャンプーか香水変えました?フローラルでいいと思いますよ!』

マヤ「って言ってきたんです。私、そんなに匂ってました…?」テクテク

アスカ「………リツコ?」トコトコ

リツコ「神に誓ったって言ったじゃない」スタスタ



16: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:14:45.26 ID:3K2uHWd20

ウィーン

ミサト「あら、意外と早かったじゃない」

リツコ「迷う道がないもの。始めましょ」

日向「了解です、シンクロテスト、開始します」

ミサト「…そういえばさ、聞いてよ。昨日の夜、シンジ君が私の好きなもの作ってくれてさぁー!」

リツコ「貴女、まだシンジ君にご飯作らせてるのね」

ミサト「え、あ、いやーははは…だって私の方が帰るの遅いし…シンジ君も楽しいっていってくれるし…」

ミサト「ってその話はよくってね、最近彼察しが良いのよねぇー。昨日も、なんとなく『さっぱりしたものが食べたいなー』って独り言言ったら夕飯に大根おろしハンバーグが出てきたのよー」

マヤ「葛城一佐もそう思いますか?私もそうなんですよ」

日向「僕もそう思います。メガネ変えたんですけど、最初に気付いてくれたのはシンジ君でした」

ミサト「言われてみれば…変わってるのそれ?」

日向「何を言いますか。上の部分のフレームがなくなってるでしょう」

アスカ「言われてみれば…」

リツコ「別にメガネのフレームなんてどうでも良いのよ」

日向「僕のアイデンティティが…」

青葉「僕も髪切ったのを気付かれましてね。数センチしか切ってないのに、よく分かるものですね」

アスカ「今日学校でエコヒイキが髪を数ミリ単位で切ってたのを指摘してたわ」

日向「ミリ単位でも気付くのか彼!?」



17: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:19:56.01 ID:3K2uHWd20

リツコ「おしゃべりはその辺にしなさい、マヤ、どう?」

マヤ「はい、シンジ君もレイもパルス安定、数値出ます」

マヤ「レイは…平均値59.2%です」

リツコ「可もなく不可もなくってところね。シンジ君は?」

マヤ「出ました…平均値127.0%です!」

ミサト「」ブーーッ

アスカ「」

日向「」

青葉「何かの間違いだろ…?」

リツコ「」



18: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:21:19.99 ID:3K2uHWd20

………in司令室

リツコ「…以上が今日のテスト結果になります」

冬月「」

ゲンドウ「…初号機パイロットの平均値135.6%というのは間違いないんだな?」

リツコ「私も最初は計測機の故障を疑いましたが、零号機パイロットの際も念のため実験した弍号機パイロットの際も普段と特別変わらない数値を出していたので間違いないかと」

リツコ「…やはり、あの薬の効果ですかね」

冬月「経過は順調のようだな」

リツコ「しかし、一つ気になることを言っていました」

ゲンドウ「何かね」

リツコ「『なんだか、初号機の気持ちが分かった気がしたんです。何を考えてるのか、何を求めてるのかが。初号機とは今繋がってないし、初号機に心なんてないのに』と言っていました」

冬月「」

ゲンドウ「」



19: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:23:15.58 ID:3K2uHWd20

リツコ「初号機に心があるかどうかは私には分かりませんが、もしあるとすればあの薬の作用の範囲内だということになります」

ゲンドウ「……そうか、分かった。今後もあの薬は秘密裏に生産するように」

リツコ「分かりました」スタスタ

ゲンドウ「………」

冬月「……どうするつもりだね。初号機の中のユイ君に近づいてしまえば、彼は一足早く覚醒してしまうのではないか?」

ゲンドウ「シナリオ変更の許容範囲内だ。四体目の手筈も整っている」

冬月「アメリカの参号機か四号機かはたまたmark6か。彼らが日本への輸送を許すかね」

ゲンドウ「いずれにせよ、どれかが日本に来ることになる」

冬月「そうか」

ゲンドウ「………」



20: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:26:48.58 ID:3K2uHWd20

冬月「………碇」

ゲンドウ「何だ」

冬月「息子との確執を戻すために薬に頼るのはどうかと思うぞ」

ゲンドウ「…………バレていたのか」

冬月「お前の考えていることは読めないがな、感覚で何となく分かるようになったわい」

ゲンドウ「………すみません」

冬月「何、私はユイ君にもう一度会いたいが、それ以前にお前も1人の父親だったということだ」

ゲンドウ「…………」

冬月「ゼーレの老人への説明は任せたぞ」スタスタ

ゲンドウ「………………シンジ………」

ゲンドウ「…赤木博士、聞こえるか」

リツコ『はい』

ゲンドウ「シンジをここへ」

リツコ『…了解しました』



21: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:28:52.20 ID:3K2uHWd20

………in地上層

アスカ「」ムッスーーーー

シンジ「ご、ごめんてアスカ、あれは何かの計測機のバグだよ」

アスカ「」ムッスーーーー

シンジ「今日の夕飯はアスカの好きなのにするからさ、機嫌直してよ」

アスカ「」ムッスーーーー

シンジ「参ったな………」

ミサト「アースカ、明日頑張ればいいじゃない。そりゃシンちゃんだって今まで頑張ってきたんだもの、成果が出る日だって来るわよ」

アスカ「」ムッスーーーーーーーー

レイ「…………」テコテコ

ミサト「あ、レイ、お疲れ様」

レイ「はい」



22: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:31:21.32 ID:3K2uHWd20

アスカ「………どうやったのよ」

シンジ「え、あ、何か初号機に対してどうしたらいいのかが頭に流れ込んできたんだよ」

アスカ「………何それ」

アスカ(普通にボソッとした声も拾われるから地味にこれはこれで楽ね)

シンジ「僕だって今までこんな経験ないし、分かんないよ」

アスカ「そうでしょうね。あるとしたら今まで散々手を抜いてきたってことなんだから」スッ

シンジ「あ、アスカ!」

アスカ「…………何よ」

シンジ「…………その」

アスカ「…………」



23: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:34:37.41 ID:3K2uHWd20

シンジ「……悔しかったら抜いてみろよ」

アスカ「……何ですって?」

シンジ「聞こえないなら何度でも言ってやるよ。僕に負けて悔しいなら、次のテストで抜いてみろよ!!」

アスカ「はぁぁぁぁ!?アンタよくも言ってくれたわねぇ!?」

シンジ「事実だろ!?自分のベストスコアが僕に負けて悔しいから拗ねてるんだろ!本当に悔しいなら、拗ねてる時間を最大限に活用しようとしてみろよ!!!」

ミサト「し、シンジ君、その辺にしといてあげたら?」オロオロ

レイ「喧嘩は…ダメ…」オロオロ

シンジ/アスカ「「2人は黙ってて!!!」」

ミサト「」ビクッ

レイ「」ビクッ



24: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:36:30.00 ID:3K2uHWd20

シンジ「いい?僕は今まで心なんてないと思ってたエヴァを人として感じられたんだ。エヴァを戦闘機同様に見てるアスカには到底無理だろうね!!」

アスカ「なぁんですってぇ!?エヴァは戦闘機でしょぉ!?」

シンジ「戦闘機ならシンクロなんてどうやってやってるんだよ!!エヴァは人造だけど、人間なんだよ!!」

アスカ「~~~~~っ!!!」ジタバタ

ミサト「これは…流石にアスカ分が悪いわね」

リツコ「無様ね」スタスタ

シンジ「あれ、リツコさん」

アスカ「ちょっとリツコ引っ込んでて!今シンジに積年の恨み辛みをぶつけようとしてるんだから!!」

リツコ「そのシンジ君がお呼ばれよ」

シンジ「誰に、ですか?」

リツコ「碇司令よ」

ミサト「!?」

アスカ「!?」

シンジ「!?」

レイ(取り敢えず驚いておこう)

レイ「!?」



25: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:39:46.28 ID:3K2uHWd20

………in司令室

シンジ「失礼します」ウィーン

ゲンドウ「来たか」

シンジ「呼ばれた理由は…何ですか、父さん」

ゲンドウ「…………」

シンジ「…………?」

冬月「薬に頼らないでしっかりと話さなければいけないんじゃないのか?」ボソッ

ゲンドウ「分かっている……」

ゲンドウ「シンジ……」

シンジ「はい」

ゲンドウ「今日はいい天気だな…」

シンジ「え…?あ、はい、そうですね。こんな日は洗濯物がよく乾きますよ」

ゲンドウ「………そうか」



26: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:41:30.65 ID:3K2uHWd20

シンジ「………あの、本題は…?」

冬月「碇」

ゲンドウ「分かっている、急かさないでくれ」

ゲンドウ「シンジ」

シンジ「………はい」

ゲンドウ「礼を言っていなかった、と思ってな」

シンジ「え?」

ゲンドウ「第八の使徒の際には言ったが、第四、第五、第六使徒もお前がいなければ、第三新東京は焼け野原だったろう」

ゲンドウ「改めて礼を言う」

冬月「私からも、礼を言わせてくれ」

シンジ「…………はい」

ゲンドウ「話はそれだけだ。下がって良い」

シンジ「…………はい」クルッスタスタ



27: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:43:53.61 ID:3K2uHWd20

冬月「碇」

ゲンドウ「今言おうとしていたのだ」

ゲンドウ「シンジ」

シンジ「はい」ピタッ

ゲンドウ「今度、食事に行こう。何が食べたい」

シンジ「…………父さんの料理が、食べてみたい…です」

冬月「…………」

ゲンドウ「………分かった、整い次第、追って連絡する。下がれ」

シンジ「はい…………」スタスタウィーン

ゲンドウ「…………」

冬月「ちゃんと、言えたじゃないか。薬に頼りもせずに、な」

ゲンドウ「…何故、シンジは私が言わんとしていることを汲み取ってはくれなかったのだろうか」

冬月「それはお前が口足らずだから以外の何物でもなかろう」

ゲンドウ「………そうですか」



28: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:45:18.63 ID:3K2uHWd20

冬月「察しが良いというのは、相手をある程度理解する必要がある」

冬月「何も言わずとも通じ合えるのは、何年何十年と共に過ごしたペアにこそ為せる技だ。つい先ほどまで疎遠だった2人には厳しいよ」

ゲンドウ「もっと強力な薬を開発すれば…」

冬月「いい加減にしないと、私も怒るぞ。あの言葉はお前の口から出た。お前の本心だろう」

冬月「お前は、自分の心にも薬を使って嘘をつくというのか」

ゲンドウ「………すみません」

冬月「分かれば良いのだ」

ゲンドウ「……時に、冬月先生」

冬月「何かね」

ゲンドウ「先生は、料理などやられますか?」

冬月「………教えを乞うのに良い人材を知っているよ」



29: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:47:25.75 ID:3K2uHWd20

日向「あ、シンジ君おつかれー。………あれ、シンジ君?」

…………

青葉「お疲れシンジ君。実はさ、次の髪型を考えてるんだけど……シンジ君?」


………in地上層

ミサト「あら、おかえりー、早かったのね」

アスカ「…………」

レイ「お帰りなさい」

リツコ「司令は何だって?」

シンジ「」ポケー

ミサト「………あれ、シンジ君?シンジくーん?」

リツコ「我此処にあらず、といったところかしら」

レイ「放心しているわ」



30: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:48:45.34 ID:3K2uHWd20

シンジ「」ポケー

シンジ「」ッハ‼

シンジ「あ、あれ、僕、いつのまに地上まで?」

ミサト「何言ってるのよー、自分で歩いてきてたじゃない」

リツコ「何かあったの?」

シンジ「父さんに………今までの礼を言われました」

ミサト「!?」

リツコ「!?」

レイ(ここも驚くのね)

レイ「!?」

アスカ「…………!?」

ミサト「な、何の礼……?」

シンジ「ここまでの使徒殲滅に対して…です」

リツコ「サードインパクトの前触れかしら……」

ミサト「物騒なこと言わないでよ…」



31: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:50:30.75 ID:3K2uHWd20

シンジ「それと……」

ミサト「何、まだ何かあるの?」

シンジ「今度食事に行かないか…って」

ミサト「」

リツコ「」

アスカ「」

レイ(ここは絶句すればいいのね)

レイ「」

シンジ「何というか……その……」

アスカ「…………ま、良かったんじゃない?」

シンジ「アスカ…」



32: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:51:36.84 ID:3K2uHWd20

アスカ「アンタら親子が不仲なのは私にはどーでもいいんだけどね」

アスカ「それでも…やっぱり、親は大切にするべきよ」

アスカ「……あと、さっきの口論だって私を傷つけないようにしないよう、考えてくれてたんでしょ」

アスカ「全く、察しは良いけど言葉選びはまだまだね!」

アスカ「…でも、やる気は出たわ」

シンジ「…………アスカ」

シンジ「………ありがとう」



33: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:53:31.45 ID:3K2uHWd20

アスカ「…………はー、それにしても、シンジ!!」

シンジ「は、はい!!」

アスカ「アンタがさっき言ってたこと、忘れてないでしょうね!!」

シンジ「………勿論だよ、今日もハンバーグにしようか?」

アスカ「ケーゼシュペッツレも付けてよね!」

ミサト「けーぜ…何?」

アスカ「ドイツのパスタ料理よ!」

シンジ「そうだ、リツコさんと綾波も一緒にどう?」

リツコ「シンジ君が作るなら行くわ」

レイ「私…お肉嫌いだから…」

シンジ「じゃあクローセも作るかな。このご時世のサラダ料理だけど、これだけでも結構お腹膨れるんだよ」

レイ「……行く」

シンジ「よし、今日は買うもの多そうだなぁ」

ミサト「荷物持ちくらい手伝うわよん♪」

リツコ「お邪魔する身だしね」

アスカ「ミサト!コスモスポーツ飛ばすわよ!!お腹すいた!!」

ミサト「よっしゃ!行くわよー!!」



34: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:54:30.30 ID:3K2uHWd20

レイ「………碇君」

シンジ「ん?」

レイ「碇司令との食事、ポカポカする?」

シンジ「………うん、今もポカポカだし、これからもっとポカポカするよ」

レイ「そう………良かった」

シンジ「そういえばリツコさん」

リツコ「何かしら」

シンジ「副司令が、薬がどうこう言ってたんですけど、僕の身体に何の薬が入ってるんですかね?」ニッコリ

アスカ「…………」キッ

リツコ「…………」メソラシ

アスカ「………リツコアンタ神に誓うって………」

リツコ「私、無神論者なの」メソラシ

アスカ「目ぇ見て言いなさいよ」



35: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:56:18.18 ID:3K2uHWd20

リツコ「でも、本来あの薬は察しを良くするため、というよりはシンクロ率向上のために作ったのよ。前者はあくまで副作用よ」

ミサト「まあそういう意味では実験成功なのね」

シンジ「……勿論、その薬を処方しているんですから父さんの本当の考えは分かってますよ。後者が副作用なのも、ね」

リツコ「参ったわ。誤魔化せないって辛いわね」

シンジ「さ、今日は腕がなるぞー!」

リツコ「謝るから食べられるものを出してね、シンジ君」



36: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:58:02.84 ID:3K2uHWd20

………後日、in葛城宅

ピンポーン

シンジ「アスカー、ミサトさーん、どっちか出てくださーい」

ミサト「zzzzzzzzzz」

アスカ「今いいところだから手放せなーい」ピコピコ

シンジ「全く…休日だからってだらけて……はーい」ガチャッ

???「……………」

シンジ「…………!?」ドタドタッ

ミサト「ん…なぁに~、何の音ぉ………?」ヨロヨロ

アスカ「どうしたのよシンジ、誰が来たって……!?」ドタドタッ

ミサト「どちら様ぁ~?」

ゲンドウ「………」

ミサト「い、いいいいいいい碇司令!?」

ゲンドウ「良い、今日は休日だ。ここにいるのは、1人の息子とその保護者、同級生、そして父親だけだ」

ミサト「は、はぁ……」

ゲンドウ「……シンジ」

シンジ「うん、何?父さん」

ゲンドウ「私に、料理を教えてくれないか」

シンジ「………うん、いいよ!」


終劇



37: ◆tr.t4dJfuU 2020/05/24(日) 12:59:26.69 ID:3K2uHWd20

果たして何人が見てくれるかわからないけど、自己満だからいいべ。
ほな。ノシ



元スレ
アスカ「シンジの察しが良すぎる」【エヴァ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590287018/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (41)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 15:52
          • 最高やん
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 16:02
          • 碇司令とシンジ君のイチャコラが見たかった
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 16:06
          • 素晴らしい!
            こういうのだけ載せればいいのですよ。
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 16:14
          • よっしゃ、これで未来も安泰だな!
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 16:18
          • こういうのもあっていい
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 16:35
          • 脳が補完された
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 17:04
          • 不器用過ぎるだろウドンゲwww
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 17:18
          • これでいいのだよ

            これで
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 17:57
          • これはいいゲンドウ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 18:03
          • 息子との関係を修復したいと悩む程度の親心が本編でもあればなぁ
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 18:08
          • ほっこりする…いや違うな。ポカポカする…
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 19:08
          • アスカのハンバーグ好きとシンジくんの料理得意設定、エヴァFF全盛時代を思い出すなあ
            そしていまだに式波っての見るとあ、惣流じゃないのねとなる
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月25日 00:52
          • >>12
            あれ、エヴァってスクエニだっけ?
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月25日 10:09
          • >>24
            ファンフィクションの略
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 19:16
          • あら^〜
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 19:29
          • ボソッとした声も拾えるのは対ツンデレだとクソ強いな
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 19:31
          • たまにある、ゲンドウが一番の萌えキャラになる良作
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 19:55
          • 久々に、SSらしいSSを読んだ気がする。
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 20:21
          • いつのかと思ったらつい最近! 素晴らしいな!
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 21:53
          • こういうのでいいんだよ
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 22:30
          • エヴァはスパロボや二次創作で救われまくってるな
            逆に言えば本編が・・・いや言うまい
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月25日 13:44
          • >>19
            むしろ、二次で救われるのがほぼ確なので一次で遠慮がなくなった感がある
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 22:52
          • ダメ親ゲンドウに説教出来る冬月先生カッコええ
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 23:16
          • ぽかぽかする
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月24日 23:33
          • こういうのでいいんだよおじさん「こういうのでいいんだよ」
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月25日 00:10
          • コメント見てるとどんだけエヴァファンが救済に飢えているのかがよくわかるw
            新劇場版のせいで、ほんとに付き合いの長いキャラになっちゃったからなー
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月25日 03:21
          • すき
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月25日 03:55
          • 5 やるじゃん
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月25日 08:03
          • アスカスレかと思ったらいつの間にかゲンドウに全部持っていかれてた
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月25日 09:10
          • この薬を全人類に飲ませれば、補完計画終わるんじゃね?
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月26日 06:02
          • >>28
            補完計画は他者を傷つけたり妬んだりってのを無くすためにってお題目だし、無理だと思うぞ。世の中どこまで傷つけて大丈夫か見極めながら傷つけてるwww、なんて言い出すのも居るし、察しが良くなっても性格が良くなる訳じゃあるまいよ
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月25日 13:11
          • 司令としてではなく親であるゲンドウは良作が多いよな。
            チルドレンがサンタを信じきっているも好き。
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月25日 16:24
          • 5 リツコ「神に誓って」

            リツコ「私、無神論者なの」

            笑うしかないwwww
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月25日 16:34
          • 5 ありがとう作者、心がポカポカした。

            シンジ君怒っちゃうのも楽しみにしてる
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月26日 21:43
          • ラストが美し過ぎてぽかぽかした
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月26日 21:46
          • やった!勝った!(何に)
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月27日 00:15
          • PSPのエヴァ2を想起させる良いSSだった
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月27日 00:28
          • 面白かった
            でも、現実のエヴァンゲリオンを見ると死屍累々で悲しくなる
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月27日 00:51
          • 新作も良かった。乙
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月28日 00:19
          • レイ(取り敢えず驚いておこう)

            レイ「!?」
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年05月30日 23:00
          • これはいいものを見た
            ゲンドウが親やってるのは大体名作

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • バーン「ハドラーよ、2020秋アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020秋アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020秋アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020秋アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020秋アニメのオススメは何だ?」
        • 彡(゚)(゚)「受験…?」
        • 彡(゚)(゚)「受験…?」
        • 彡(゚)(゚)「受験…?」
        • メカニックチーフ「こりゃあひでぇ・・・修理に2日はかかりますぜ!」 パイロット「駄目だ。12時間で何とかしろ」
        • メカニックチーフ「こりゃあひでぇ・・・修理に2日はかかりますぜ!」 パイロット「駄目だ。12時間で何とかしろ」
        • ワイ(98)「うっ…死ぬ…」バタン 上位世界の友達「人間世界体験ゲームおつかれ~w」
        • 母「月曜日から部屋にこもって何してるの!?」俺「>>4(VIPにスレ立て)だよクソババア!」
        • 美容師「今日どうします?」ぼく「前と同じ感じで」美容師「わかりました」
        • 同窓会女の子「ワイ君今なにやってるの?」宇宙飛行士ワイ「無職w」
        • 小学生の頃の俺、作文の時間「将来の夢。ぼくは普通の会社員になりたいです」
        • ルフィ「vtuberはおんもしれえなぁー!」
        • 【ミリマス】33分探偵ナンナン
        • 【ミリマス】33分探偵ナンナン
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ