TOP

貞子「私、VTuberになりたいんです!」

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 16:46:16.523 ID:6B4EgFCS0

男「うっわ、なんかスパムメール来た。なんだ?」

『超えっちな呪いのビデオ!あなただけに配信中!』

男「めちゃくちゃ怪しいなオイ」

男「っちゅーか、えっちなビデオでいいだろ。なんで呪いって書いてんだよ。怪しさ増すだけじゃん」

男「はいはい。こんなのはスルースルー……ん?」

男「添付ファイル? こういうのって怪しいサイトのURLじゃねぇのか?」

男「形式は……mp4だな」

男「ってことは間違いなく動画ファイルか……」

男「流石にmp4データからパソコンがバグるとかねぇだろうし……開いてみっか」

ポチッ



9:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 16:49:57.059 ID:6B4EgFCS0

貞子「はいどうも~☆」

男「……」タブ消去

男「井戸? 井戸だったよな?」

男「今の完全にネットでよく見る呪いのビデオの背景だったよな?」

男「……あぁ、なるほど。 そういうコンセプトのAVなのか」

貞子「なんで閉じるんですか?」ヌイッ

男「うわっっっっ!!!!」

貞子「"うわっ"はやめてくださいよ"うわっ"は。まるで幽霊みたいじゃないですか。 そういう扱い、いじめっていうんですよ」

男「え? は? 今、画面から出てきたか?」

貞子「えぇ、そうですけど……どうかしました? まるで幽霊でも見たかのような顔をしてますよ?」

男「いや、その、あー……」

男「お前、幽霊だろ」

貞子「そうでした」エヘヘ

男「えへへちゃうねん」



12:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 16:54:00.007 ID:6B4EgFCS0

貞子「女子会しません?」

男「そもそも俺は女子じゃないんだが?」

貞子「私、VTuberになりたいんですよぅ!」

男「は? 俺は女子じゃないんだが?」

貞子「ツッコミどころ、頑なにそこなんですか……」

男「あー、もうわかったわかった。 Vtuberがなんだって?」

貞子「いやぁ~そのぉ~、流石に私も怖がられる時代はもう終わったっていうか~。そろそろ愛されたいなぁ~、なんて~?」

男「そっかー。そろそろ切っていい?」

貞子「通話かな?」

男「いや、電源だけど」

貞子「電源を切っても無駄ですよ。 私は幽霊なので」

男「じゃあどこ切ればいいの? 首?」

貞子「幽霊より怖いこと言うのやめません?」



13:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 16:57:41.602 ID:6B4EgFCS0

貞子「まぁ細かい話は置いておきまして。 私はかまちょがしたいんですよ。 かまちょ」

貞子「Vtuberってなんか深夜とかでもバンバンかまって貰えてるじゃないですか」

貞子「何より、怖がらせるより愛される方が承認欲求満たせそうだなぁって」

貞子「それにほら、中の人とかあんまり関係なさそうですし。 おっさんでもいいなら幽霊でもよくないですか?」

男「お前今世界中のVTuberに喧嘩売ってるぞ」

貞子「えへへっ」

男「えへへちゃうねん」



14:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 17:00:51.757 ID:6B4EgFCS0

貞子「とはいえやっぱり配信活動をするためには本拠地が必要なんですよ」

貞子「そこで、あなたのパソコンに住まわせていただきたいなぁ~、なんて」

男「俺にメリットがないだろ」

貞子「そうですか?」

貞子「あなた、今、"自分の状況"がわかっていらっしゃいます?」

男「あー……変な女に絡まれてる」

貞子「うふふ、あながち間違いじゃないですね」

男「こういうときは、素直に逃げるのが当然だろ?」

男「逃げないにせよヤバい人間……じゃねぇな。幽霊には関わらないのが得策じゃないか?」

貞子「私が幽霊じゃなくて人間だったら確かにそうだったかもしれませんね」

貞子「でも残念、私は幽霊です!」

貞子「──こういうとき、幽霊が獲物を逃がさないのも当然ではないでしょうか?」

男「……脅迫か?」

貞子「そう取っていただいても構いません」

貞子「幽霊に脅迫罪は適用されませんからね」ニコッ



17:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 17:03:59.499 ID:6B4EgFCS0

男「……ちょっと考えさせてくれ」

幽霊「考えるまでもなく、あなたの選択肢は一択のはずです。……あ、自殺志願者の方でしたか?」

男「……あー、もー!わかったわかった!、パソコンを貸してやりゃいいんだろ?」

貞子「はい! 物分かりが良くて助かります」ニコリ

男「代わりに俺からも条件を出させてくれ」

貞子「へぇ、そう来ますか。いいですよ。この状況で条件を出す勇気に免じて聞いてはあげましょう」

男「俺の命は見逃せ」

貞子「何を条件に出すのかと思いきや、なんだ、ただの命乞いですか。 案外つまらない提案ですね」

貞子「いいですよ。最初っからそのつもりでしたし」

男「あと投げ銭は全部俺のもんな」

貞子「意外とがめついですね」



18:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 17:06:24.109 ID:6B4EgFCS0

貞子「というわけで」

貞子「『ドキドキ☆彡さだこたんVTuberプロデュース大作戦!』の開始をここに宣言します!」

パッパラー

男「今の音どっから出た!?」

貞子「そのへんです」

男「どのへん?」

貞子「こほん。 とりあえずですね! 私はみんなに推されたいわけです!」

男「承認欲求とか言ってたもんな」

貞子「手始めに挨拶を考えたんで聴いてもらってもいいですか?」

男「やってみろ」

貞子「はいどうも~☆」

男「寄せるな寄せるな!パイオニアに寄せるな!最初の挨拶から気になってたけど寄せてるだろ絶対!」

貞子「スーパーインテリジェンス幽霊、貞子です!」

男「全力で寄せるな!」

貞子「寄せても谷間できないんですよ。 喧嘩売ってるんですか?」

男「胸の話はしてない!」

貞子「一瞬で何の話か理解するのやめてもらっていいですか?」

男「理不尽!」



20:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 17:11:50.827 ID:6B4EgFCS0

貞子「パイオニアパイオニアうるさいですね。 そんなにオリジナリティが大事なんですか!?」

男「オリジナリティが大事というよりもパクリがダメだな」

貞子「いやでも権利関係とかで消されて転生したVtuberとかもいますよね」

男「消されちゃダメだから言ってんだよ!」

貞子「まぁもとより私は消えてるようなものですが」

男「……はぁ。 消えてる存在が承認なんて求めんなよな、全く」

貞子「そうは言っても、私は現にここに"います"からね。 存在するのかどうかは怪しい話ですが」

男「っていうかなんでVTuberとか知ってるんだ? 詳しすぎないか?」

貞子「そりゃあ幽霊だって時代と共に発展しますとも。 井戸の中にスマホありますし……」

男「めっちゃ現代的だなオイ」

貞子「ふふっ。冗談です」

貞子「私、時折色んな人に憑いてるんですが、マルチディスプレイの人なんかもいらっしゃるんですよ」

貞子「そういう人に当たったときにこっそり他の画面を見たりしてるんです」

貞子「なので、エ口漫画とかエ口動画にも詳しいですよ」

男「なのでじゃないんだよ」

貞子「八尺様のエ口漫画を読んでる人を見たときは流石に引きましたね。友達が出てるAVで抜いてる人を見たときの気分でした」

男「広告で見るやつやめろ。全くどういう気分かわからない例えもやめろ」



22:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 17:19:49.338 ID:6B4EgFCS0

貞子「とりあえず、私の完璧なキャラクタープランニングは発表させていただきましたが……」

男「そのプランニング、穴しかなくない?」

貞子「本当に文句ばっかですね。 じゃあどこから改善したらいいと思うんですか?」

男「あー……」

男「ちょっと……改善点が多すぎて……何から挙げたらいいかわからないな……」

貞子「無能!」

男「お互い様だと思う」

貞子「さだこちゃんはやる気を失ってしまいました、あなたのせいです。あーあ」

男「助かる。……っていうかマジで現代社会に馴染んでんな?」

貞子「スーパーインテリジェンス幽霊ですからね」

男「それ、パクリじゃなくて公式設定なの?」

貞子「むぅ。水掛け論ですねぇ。 とりあえずできることから始めましょう!

貞子「早速、私のチャンネルでも作りますか」

男「その必要はないぞ」

貞子「へ?」

男「俺、ときどき自作の動画を上げてるチャンネルがあってな。そこを使ってもらう」

貞子「え~。 私のプレミアム感がない~」ブーブー

男「収益化の問題とかあるんだよ。チャンネル登録者が既にそこそこ稼げてる俺のチャンネルじゃないとスパチャ申請できねぇんだ」

貞子「本当にがめつい人ですね!まったく!」

男「お前に言われたくはないな」



23:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 17:24:11.917 ID:6B4EgFCS0

貞子「ちなみに、何の動画上げてるんですか?」

男「ボカロ曲にPV描いてみたとか、そういうやつだよ」

男「好きなボカロ曲の動画を気が向いたときに描いてるんだ」

貞子「へぇ、絵、描けるんですか」

男「まぁ、人並みには」

貞子「ふむふむ。 それは朗報です。 私のアバター絵師は問題ありませんね」

男「へ?お前、そのまま出るんじゃないの?」

貞子「本気で言ってます?」

男「いやだってお前画面の中にいるじゃん」

貞子「いやいや、私がこのまま出たらホラーでBANされますよ」

男「大丈夫だぞ、そのままでも十分かわいい」グッ

貞子「その"描くのめんどくさいからとりあえず持ち上げとこう"みたいな持ち上げ方やめてもらえます?」

男「お前って心も読めるの?」

貞子「心は読めないですが、今肯定されたということは十分伝わりました」



24:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 17:28:52.740 ID:6B4EgFCS0

男「ダメか……」

貞子「ダメです」ベーッ

男「わぁーった、わかったよ。 どうせスパチャの申請期間もあるんだ。 描いてやるよ」

貞子「わーい」

男「一応描くんなら希望くらいは聞いてやる。 どんなイメージの絵がいいんだ?」

貞子「とびきりかわいくてとびきりキュートなのでお願いします。 愛嬌もあるといいですね」

男「実質かわいくしろしか言ってねぇぞこいつ」

貞子「可愛いだけでホイホイ釣られるのがオタクでは?」

男「オタクのことナメきってんな?」

貞子「何か間違ってます?」

男「何も間違ってない」

貞子「じゃあいいじゃないですか」

男「ちげぇんだよ! オタクっつーのはさぁ!」

貞子「あの、すみません。 その話、長くなります?」

男「突然常識人ぶるのやめない?」



26:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 17:32:28.889 ID:6B4EgFCS0

貞子「とりあえず"ガワ"さえできたら完璧ってことでいいですか?」

男「よくないね、うん」

貞子「何が足りないというんですか! 私単体で完璧だというのに、そこにバーチャル肉体までつけたらもう、その、鬼にガトリングですよ!」

男「とりあえず強そうにしたらいいってもんじゃないと思う」

男「まず名前とかどうすんだ? 貞子で行くのか?」

貞子「『さだこたん』で。 ひらがなで『たん』までつけて、『さだこたん』で」

男「オタサーの姫か? オタサーの姫になりたいのか?」

貞子「所詮、オタクをはべらせるコンテンツなんで大差ないでしょう」

男「おっとこいつ、オタクどころかVtuberというコンテンツへのリスペクトも完璧に足りてないな?」



28:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 17:36:08.522 ID:6B4EgFCS0

男「お前は……」

貞子「さだこたんです」

男「……貞子は──」

貞子「さだこたんです」

男「……なぁ」

貞子「さだこたんです」

男「……さだこたんは」

貞子「オタクきっも」ワラ

男「オァァァァァァァァアアアアアアアアアアアアア!!!!!!」ガッシャーン!

貞子「やめてください!!!! ディスプレイを机に伏せるのはやめてください!!!!」

貞子「私!!!!暗闇恐怖症なんです!!!!怖いです!!!!怖いです!!!!」

男「暗闇恐怖症の幽霊がいるかよぉおぉおおおお!!!!!!」

貞子「やめてください!!!!腕立て伏せみたいになってる!!!!」

貞子「あ!!無理だこれ!!!!起き上がれない!!!!!!」

貞子「ちょっと!!上から押さえてるでしょう!!!!起き上がれない!!!!

貞子「貞子ディスプレイ!起き上がれない!私腕立て伏せ5回しかできない腕力なんですよ!?かよわい女の子なんですよ!?」

貞子「女の子いじめて楽しいですか!?!?」

男「ふはははははははは!!!!!!」



30:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 17:38:00.227 ID:6B4EgFCS0

貞子「──というわけでですね」

男「すみませんでした」

貞子「呪いポイントが3上がりました」

男「何そのポイント」

貞子「察してください」

男「はい」

貞子「今後このようなことはないように気をつけてください」

男「はい」

貞子「そもそも女の子にこんなことしていいと思ってるんですか?」

男「はい」

貞子「はいじゃないです」



31:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 17:44:07.255 ID:6B4EgFCS0

男「おま──

貞子「さだこたんです」

男「こほん。 さだこたんは特技とかないのか?」

貞子「特技、ですか? なぜそんなことを? お見合いですか? お断りですけど?」

男「とりあえずフるのやめない?」

男「ほら、VTuberにもFPSが上手かったり、話がおもしろかったり、歌が上手かったりと特徴があるやつが多いだろ」

貞子「ふむ。なるほど。確かにそうかもしれません。 特技──というよりは特徴でしょうか」

男「あぁー……確かに特徴とも言えるかもな。 何にせよ強みが欲しいところだ」

貞子「それなら、私には"幽霊"という最強のアイデンティティがあるじゃないですか」

男「それもそうなんだが……"幽霊Youtuber"ってだけならいっぱいいそうなんだよなぁ」

貞子「なんと。 私以外にも社会進出している幽霊の方々が?」

男「いや、だいたいただの設定だろうけど……」

貞子「だいたい? ははぁ、さてはあなた、時を止めるAVの1割は本物だと思ってるタイプですね?」クスクス

男「ほんと現代社会に馴染んでんなさだこたん」

貞子「ここで話してる私だって、ただのSkypeのライブ通話かもしれないですしね」

男「画面から飛び出てるよね?

貞子「3Dです」

男「思いっきりそのへん触ってるよね? さっきの腕立て伏せは一体何?」

貞子「先週アップデートされたんですよ。Skype」

男「すげぇなSkype」



32:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 17:48:18.803 ID:6B4EgFCS0

貞子「むぅ。 特技と言えば……そうですね。 面白い話なら多少できなくはないですよ」

男「まぁ襲った人間の中には面白いやつもいそうだしな」

貞子「いやそういうのではなくてですね」

貞子「井戸の横のアリの巣を1ヶ月眺めてたときの話なんですけど……」

男「小学生かな? 暇を極めた小学生かな?」

男「そもそもあの井戸の空間、他の生物いんのか?」

貞子「いやまぁ、そりゃあ、いますよ。 田舎ですし、たまに熊とか出ますよ」

男「現実にあるの? 現実のものなの? あの井戸は?」

貞子「最近は暑いんで井戸に風鈴つけてるんですけど、風鈴ってクマ除けにもなるんですよ。 ウケる」

男「貞子もウケるとか言うのか……」

貞子「さだこたんです」

男「その謎のこだわりは何なんだよ……」



33:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 17:51:52.435 ID:6B4EgFCS0

男「普通に襲った人間もそこそこいるだろ? そっち方面で面白い話のひとつやふたつあるだろ」

貞子「うーん。 そう言われてもですねぇ」

貞子「襲うときなんて逃げた先で命乞いをするか諦めるかしかないのでパターンは決まってるんですよねぇ」

男「さっき、ディスプレイから観察することもあるって言ってたが、そんときの中には何かなかったのか?」

貞子「え~……う~ん……」

男「そんな考えるものなのか……」

貞子「年齢別で分けて男性のオカズの傾向をメモってますけど、その統計データの発表でもします?」

男「おもしろそうだけど絶対BANされそうだな!うん!」

男「……? 待てよ?」

男「貞子……さだこたんは俺の、そのー。データもあるのか?」

貞子「ありますよ」シレーッ

男「即答かよ」

男「今すぐ消してくれ」

貞子「ふふっ。嘘です。ありません。 基本的に私はメールが届いてからパソコンの中に潜伏するんです」

貞子「大抵の人は怪しがってメールに添付された動画ファイルなんて開きませんよ」

貞子「──ですが、あなたは違いました。 長らく幽霊をしてますが、あなたみたいな人はとても珍しいですよ」

男「好奇心旺盛でいいだろ?」

貞子「物は言いようですね。 不用心の間違いでは?」



35:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 17:55:11.935 ID:6B4EgFCS0

男「まぁ、とりあえず、だ。 俺はさだこたんのモデルを作ってやる」

貞子「ふふん。 作らせてあげますとも」

男「なんで得意げなの?」

貞子「一重に私の魅力の賜物だからです」

男「脅迫だよね? 俺、脅迫されてたよね?」

貞子「まぁまぁ、よろしくお願いしますね」ウィンク

男「……」ハァーッ

男「まぁ、さだこたんは俺がモデルを作ってる間にキャラの確立でもしておいてくれ」

貞子「アリの観察でも進めておけばいいですか?」

男「その方向性はいらないな……」

貞子「このパソコン、パワーポイント入ってますか?」

男「オカズの統計データもプレゼンテーションにまとめなくていいぞ」



36:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 17:57:53.209 ID:6B4EgFCS0

~三週間後~

男「おーい」ディスプレイコンコン

男「……? 寝てるのか?」

ティルルルン♪

男「!?」

貞子「襲い来るオタクたちには絶対負けない!☆彡」

貞子「きょーじんっ! むてきっ! さいきょーっ!」

貞子「幽霊系魔法少女ぉ~~~うっ! マジカル☆さだこたん! さんっじょーぅ☆彡」ピースッ

キュールルルン♪

男「……」

貞子「……」

男「……」

貞子「……きゅーるるん!☆彡」ウィンクパチパチ

男「……」プツン

貞子「ちょっと待ってください」



38:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:00:48.271 ID:6B4EgFCS0

男「とりあえずお前が迷走してるのはわかった」

貞子「冷静に考えてみてください」

貞子「──幽霊系魔法少女、新しくないですか?」

貞子「もうこれ""世界""獲れますよ」

男「どっからその自信が湧いてくるのか知りたいわ お前が冷静に考えろ」

貞子「お前じゃないです!」

男「あぁ、はいはい、さだこた──」

貞子「私のことは今日からマジカル☆さだこたんとお呼びください!」

男「さだこたんの時点で相当キツいのにさらにハードル上げるのやめてくんないかなぁ!?!?」

男「まぁとりあえずその方向性は考え直しとけ。 な?」

貞子「知ってますか?呪いって"のろい"だけじゃなくて"まじない"とも読むんですよ」

男「だから何!?」

貞子「ふぇぇ~!マジカル☆さだこたんのおまじないを喰っらえぇ~!☆彡」

男「非常に物騒! まず言動だけ魔法少女なのに服装がいつものままなのが物騒さを隠しきれてない!」



39:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:05:40.374 ID:6B4EgFCS0

男「とりあえずほら、キャラデザできたんだよ」

貞子「ほほぅ!! できましたか!? 私の変身後の姿!!!!」

男「突然仕様書に要素書き足すのやめてくれませんか?」

貞子「ふふっ。 冗談です」

貞子「──魔法少女じゃなくたって、これもある意味でひとつの変身なのかもしれませんが」

男「……こほん、とりあえず、こんな感じだ」スッ

貞子「ほうほう、ふむふむ、なるほどなるほど。──こういうのが好みなんですか?」

男「」ブフォ

男「ま、まぁ、その、幽霊少女っぽいだろ?」

貞子「黒髪ロングが?」

男「お前も黒髪ロングだろ」

貞子「でもこの絵の前髪はぱっつんです」マエガミクルクル

男「それはオタクの好みだ。 オタクは得てして前髪ぱっつんの女の子が好きなんだよ」

貞子「では、この白いワンピースは?」

男「オタクの好みだな」

貞子「この麦わら帽子は?」

男「それもオタクの好みだ」

貞子「ふむ、なるほど」

貞子「質問を変えます」

男「ん?」

貞子「男さんは、オタクなんですか?」

男「」ブフォ



40:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:08:42.844 ID:6B4EgFCS0

男「さぁ、どうだろうな。そもそもどこからがオタクなのか……」

貞子「……ふふっ。そういう定義から入るところがいかにもオタクっぽいです」

男「……そうかい」プイッ

貞子「まぁまぁ、そう拗ねないでくださいよ。良いと思いますよ。オタク。

貞子「私も最近アニメ観てますしね。ネットフリックスで」

男「お前俺のPCめっちゃ活用してんな」

貞子「お前じゃないです。マジカル☆さだこたんです」

男「勘弁してください」

貞子「ふふっ。 オタクの好み、ですか」

男「どうしたんだよ」

貞子「いえ。なんでもないです。 このマジカル☆さだこたんで……いえ、私達二人で、そこらへんのオタクをけちょんけちょんに釣り上げちゃいましょうね!」

男「いい話……なのか? これ」



41:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:13:50.705 ID:6B4EgFCS0

男「とりあえず俺はこの絵が動くように調整をしておく。 それが終わったら晴れ舞台だ」

貞子「いよいよ私のデビューというわけですね!」

男「そうだな。……Live2Dの設定は俺の表情でちゃんと動くようにしときゃあいいのか?」

貞子「らいぶつーでー? なんですかそれ?」

男「えーっと、この絵がさだこたんの表情に合わせて動くようになるソフトのことだ」

男「でも幽霊ってカメラに映らないんだろ?」

男「とりあえず俺の表情に合わせて動けるように調整しておけばさだこたんの方で合わせられるか?」

貞子「さぁ?」

男「えぇ……」

貞子「まぁ、でも、やってみましょう。 他に策もないでしょう?」

貞子「大丈夫です。上手くいきますよ。 気持ち程度ですがおまじないをしてあげます」

男「呪われそうなんだが」

貞子「のろいも、まじないも、誰かの願いを叶えるためにあるんですよ」

男「それが、幽霊でもか?」

貞子「さぁ? どうでしょう?」

貞子「まぁ、つべこべ言わないでください! いきますよ! もえもえ~っ!きゅんっ!」ハート

男「それが……おまじない……?」

貞子「えぇ、まぁ。 男の人ってこういうのが好きなんでしょう?」

男「……今夜はオムライスにするか」

貞子「はて? 何故でしょう?」

男「とりあえずさだこたんが毒されてるってことはよくわかったよ」



42:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:14:59.112 ID:6B4EgFCS0

~1週間後~

さだこたん「ね?大丈夫だったでしょう?」ニコニコ

男「おぉ……。我ながら、ちょっと感動するな」

さだこたん「かわいいですか?かわいいですか?」ブンブン

男「Live2Dだから仕方ないんだが、横にしか動けないのシュールだな」

さだこたん「確かにちょっと動きづらいですね」ブンブン

男「だんだん100均で売ってる太陽光で揺れる花のやつに見えてきた」

さだこたん「なんですかそれ」ブンブン

男「愛嬌のある動きだなぁって話だよ」

さだこたん「とりあえずそれ以外の意味であることは把握しました」



43:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:17:26.846 ID:6B4EgFCS0

男「とりあえず、そんだけ動けんなら放送するぶんには問題ねぇだろ」

さだこたん「えっへん」

男「めっちゃドヤ顔だけどほぼ俺の功績だからな??????」

さだこたん「失礼な。私だって、ただPrimeビデオやNetflixを観てるだけの生活だったわけではありません」

男「ほう、何してたんだ?」

さだこたん「アリの観察をしていました」

男「その方向性まだ捨ててなかったかー!そっかー!」

さだこたん「魔法の練習もしてました」

男「完全に小学生の日常だよね。もう。アリ観察してかめはめ破の練習する男子小学生だよね。もう」

さだこたん「……!」

男「その"かめはめ波の練習もしとけばよかった"って表情やめて」

さだこたん「パワーポイントがないぶん魔法の練習に打ち込めると思ったのに……」

男「どう転んでも生産性のない選択肢すぎない?」



44:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:19:13.758 ID:6B4EgFCS0

さだこたん「とにかく、今の私に死角はありません!」ピョンピョン

男「むしろ見えてるものがねぇよ……」

さだこたん「ついでにTwitterで宣伝もしておきました。注目度もバッチリです」グッ

男「それだけでよかったな……」

男「おぉ、確かに注目度バッチリだな。 500リツイートもされてるじゃん。上出来だ。えらいぞ」ナデナデ

さだこたん「あの、男さん」

男「ん?」

さだこたん「何ディスプレイ撫でまわしてるんですか。キモいですよ」

男「え、いや、お前を褒めてやろうと思ってだな……」

さだこたん「私とディスプレイは別です。思い上がらないでください」

男「お、おう……そうか……」

さだこたん「あと彼女でもない女の頭を撫でようとする男はナチュラルにキモいです。思い上がらないでください」

男「なんでディスプレイ撫でただけで俺こんなに袋叩きにされてんの?」

さだこたん「そもそもどこから目線で"上出来だ"とか言ってるんですか?」

男「まだ殴られることある??????」



45:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:21:21.267 ID:6B4EgFCS0

~当日~

さだこたん「緊張してきました……」ドキドキ

さだこたん「大人数の前で何かを話すことってないですからね……」

男「呪いのビデオ試写会とかなさそうだもんな……」

男「まぁ、大丈夫──かどうかはわからないが、どうせVTuberの初放送なんてたかが知れてっから!気にすんな!」

さだこたん「あ、めちゃめちゃハードル下がってきました」

男「なんでだよ。 いや言った俺が言うのもなんだけど、なんでだよ」

さだこたん「ふっふっふ、泥船に乗ったつもりで見ててください。 私の勇姿を!」

男「元よりそのつもりなんだよなぁ……」



46:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:22:27.162 ID:6B4EgFCS0

-----
【幽霊VTuber】さだこたん初放送!【#1】

さだこたん「レディースエーンジェントルメーン」

さだこたん「ドゥルルルルルルルルル」
------

男「いやドラムロールのSEくらい用意しとけよ」

-----

さだこたん「クル……キットクル……」

-----

男「アイデンティティの発揮の仕方が雑い」

-----

さだこたん「はいどうも~☆ 私の名前はぁ~!まじかる☆さだこたん!きゅーるるん!」

-----

男「パイオニアをパクるなつったよなぁー!」

男「魔法少女も最後まで捨てきれなかったかー! そっかー! 魔法の練習してたらしいもんなー!」



47:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:23:50.728 ID:6B4EgFCS0

『うわきっつwwww』

『モデルはかわいいけど中の人もかわいい』

『幽霊なんですか?魔法少女なんですか?』

さだこたん「あ、幽霊系魔法少女です。普段はゴーストバスターやってます」

-----

男「同胞討ちじゃねぇか!」

男「あー。こういうのって最初は運営が投げ銭してたりするらしいし、俺もちょっと投げてみるか」

-----

『投げ銭200円: はじめまして!もっと自己紹介が聞きたいです!好きな食べ物とかありますか!』

さだこたん「あ、投げ銭ありがとうございます。次の投げ銭の方は200円スタートです」

-----

男「オークションじゃねぇんだよなぁ……」

-----

さだこたん「好きな食べ物ですか?うーん。アリですかね」

さだこたん「そうそう、私、アリを自家栽培してるんですけど──」

-----

男「アリ、食ってたのか……自家栽培だったのか……」



48:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:26:29.299 ID:6B4EgFCS0

────
──


さだこたん「って感じで男性のおかずの統計発表は以上ですかねーワラ」

-----

男「パワーポイントないのに手書きで資料作ってたんだ……」

男「"ワラ"って口に出す人、イキってる中学生男子以外にもいたんだ……」

-----

さだこたん「そろそろ話題もなくなってきたので初放送はこれくらいにしようかなぁと思いますぅ~!」

さだこたん「みんな~!また聴いて、くれるかな?」

さだこたん「いいとm」

-----

男「ついに芸能界のネタまで堂々とパクりだしたぞ!」

男「いいともまで自分で言うんかい!途中で切れるんかい!」

男「ツッコミどころが渋滞しすぎだろ……」



49:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:30:10.243 ID:6B4EgFCS0

さだこたん「……ふぅ。おつかれさまでした」

男「おつかれ。 まぁ、あー……」

さだこたん「男さん」

男「あ?」

さだこたん「私、楽しかったです! とってもとっても、楽しかったです!」

男「……ふっ、ふはは。 あっはっはっは!」

さだこたん「むむ? どうかしましたか?」

男「いいや、めっちゃ楽しそうだったからさ。 やってよかったなーって思っちまって」

男「脅迫されてやってたのにな。 おかしいなーって、自分で笑っちまった」

男「そんだけ楽しそうなら、うん、よかったな」

男「やって……Vtuberになって、よかったな」

さだこたん「……ところで男さんのツッコミ、アレ誰に言ってたんですか?」

男「お前だよ」

さだこたん「反応できないのに、いじわるですね」

男「いつのまにか、ツッコむのが癖みたいになっちまってたな」

さだこたん「もう一ヶ月くらい一緒にいますからねぇ」

男「アリが主食とか知らなかったけどな」

さだこたん「主食じゃないです。好物です。間違えないでください」

男「ごめん、それ何か変わる?」

さだこ「主食はクマです」

男「クマも食ってたの!?」



50:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:31:12.828 ID:6B4EgFCS0

貞子「──男さん」

ドンッガラガシャン



51:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:33:29.357 ID:6B4EgFCS0

──

貞子「──男さん、私、何をしているかわかりますか?」

男「……床ドン?」

貞子「ふふっ。 幸せ者ですね」

男「えぇ、おかげさまで」

男「……画面から、出れたんだな」

貞子「そりゃあ、出れないと呪い殺せませんからね」

貞子「──そうです。これはのろいです。 まじないじゃなくて、のろいです」ナデナデ

男「恋人でもない人の頭を撫でるのは、気持ち悪いんじゃなかったのか?」

貞子「ふふっ。やだなぁ。 女の子は許されるんですよ」

男「横暴だな。 ついでに、女は約束を破っても許されるのか?」

貞子「はて、何のことでしょう」カチャリ



52:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:36:15.595 ID:6B4EgFCS0

男「呪殺って、内側からヤられるイメージがあったが、現代だとハサミで刺し殺すのか?えらく物理的だな」

貞子「一般的な呪殺ならばおっしゃるとおり内側からじわじわ、なのかもしれませんね」

貞子「ですけど、私の場合、私そのものが呪いですから」

貞子「私自身が呪いという手段である以上、私の取る手段は問われません」

男「ごめん、今頭回ってねぇから何言ってんのかいまいちわかんねぇや。 どうやら脳の容量のほとんどが走馬灯に使われてるらしい」

貞子「それは残念です」

男「──ここ最近の日常は、楽しくなかったのか?」

貞子「楽しかったですよ。 あなたとのバカみたいな会話も、アリの観察も、放送も」

男「アリの観察と俺との会話を並べられるのは癪だな、おまけに"バカみたいな"なんて形容までつけられちまった」

貞子「──でも私は"呪い"なんです。そういう風にできてるんです」

貞子「呪いのビデオの結末は、いつだってバッドエンドなんですから」



53:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:40:11.518 ID:6B4EgFCS0

男「よくある話、だな」

貞子「……へ?」

男「こういう展開、ごまんと見てきた」

男「いいや、断言しよう。この世のオタクは皆、ごまんと見てきている」

男「見飽きた、ありふれたバッドエンドだ」

貞子「……そうですね。そうかもしれません」

貞子「ありふれてるがゆえに、ありふれた呪いが私にはかかっているんでしょう」

男「貞子──さだこたんは、その呪いを自分で受け入れてるのか?」

貞子「受け入れるも何も、それが私で、私自身で──私の、いちぶで、」

男「どうせこんなことだろうと思って俺はずっと考えてた。 絵を描きながら、絵を動かしながら、考えてた」

男「俺が生き残る方法と、さだこたんが呪いから解き放たれる方法を」

男「考えて、考えて、やっと出た結論はひとつだった」

男「死ぬ前の最後のプレゼントになるかもしれない。まぁ、給料だと思って受け取ってくれよ」

男(俺は、もしものときのために部屋の片隅に置いておいたひとつの袋を彼女に差し出した)

男「どう転んだって、今日が来たらお祝いにこれをあげるつもりだったんだ」

男「──"さだこたん"」



54:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:43:06.968 ID:6B4EgFCS0

貞子「何かと思えば、命乞いの賄賂ですか」

男「そう思ってくれて構わない」

男「でも、そうだな。死ぬんだとしても、最後にそれを着てくれれば、嬉しいな」

貞子「着る……?」

貞子(男さんから差し出された袋。)

貞子(何の変哲もない、焦げ茶色の、紙袋。)

貞子(その中には、"白いワンピース"と"麦わら帽子"が入っていました。)

貞子(そう、それはまるで、オタク好みの洋服で──)

貞子(画面のむこうにいる、かわいらしい"わたし"のような、おようふく、でした)



55:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:46:32.710 ID:6B4EgFCS0

貞子「なんで……」

男「せめて、着てから刺してくれよ。買うのはずかしかったんだぜ、それ」

男「あぁ、でも返り血を浴びるのはもったいないか?」

男「真っ白、だもんな」

貞子「なんで……」

貞子「なんで、こんなものを……なんで、わたしに、贈り物なんて……」

男「もちろん、俺なりに生き残るためのひとつの手段でもある」

男「でもそれ以上に、楽しかったし、投げ銭を独り占めするのも申し訳なくなったんだよ」

男「だから、必要なくたって、さだこたんにそれを贈るつもりだった」

男「まぁ、今日の放送は俺が投げた200円しか投げ銭、なかったけど……」

貞子「……」

貞子(私は、手に握った洋服を見ながら、泣きそうになる自分を必死に抑えました)

貞子(胸の中が空っぽでいっぱいでした。いろいろな感情が湧き出て、何も考えられませんでした)

貞子「後ろを、向いていてください」

男「幽霊にも恥じらいがあるんだな」

貞子「刺しますよ」



56:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:52:43.762 ID:6B4EgFCS0

貞子「……もう、いいですよ」

男「……うん、似合ってる」

貞子「あ、その……ありがとうございます」

男「あとは、そう。"前髪が長くて照れ顔が見れない"のが残念だ」

貞子「こんなこと、何の意味も……」

男「そうだな。これだけじゃ、何の意味もない」

貞子「"これだけじゃ"……?」

男「様々なアニメやゲームであちがちな話だ」

男「幽霊ってのは、認知の間違いから生まれる存在らしい。幻覚や錯覚のようなものだな」

貞子「は?いやでも私は今、こうやって──」

男「例えば、ビニール袋を犬だと思って追いかける人がいるらしい。これもひとつの認知の間違いだな」

男「そこにある違いなんて犬と認識しているか、幽霊と認識しているかの差でしか」

貞子「男さん……?」

男「俺はさだこたんを見て確信した。確かにさだこたんはここにいる。いや、"貞子はここにいる"」

男「存在するはずのないものを俺は認知している。つまり、俺の認知もまた間違ってたんだ」

男「つまるところ、"多くの人間が認知を間違っていた場合、それは真実となる"ということ」

男「それが超常現象なんだよ」

貞子「あの……その……めっちゃ早口で言ってそう、ですね……」

男「ふふっ、はははっ。 そうだな。それでこそ、お前だよ。さだこたん」

貞子「……?」

男「とにも、かくにも、俺がやるべきことは、俺にできることはもう、ひとつだけだった」



57:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:53:36.111 ID:6B4EgFCS0

男「チェックメイトだ。」

男(俺は、"貞子"が着替えるとき、床に落としたハサミを、高く掲げた)

男(──そして、"貞子"の前髪を、ひと思いに切った)



58:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:56:32.855 ID:6B4EgFCS0

男「照れ顔かと思ったら、もうほとんど泣き顔じゃねぇか」

さだこたん「ふぁ!?ふぇ!?ふぇええええええ!?」

さだこたん「わわわわわわわ私、今、どうなってます!?!?急に!!!!急に世界がクリアにぃいいいいい!!!!」

男「かわいいぞ」

さだこたん(そう言う男さんと直に目が合い、私は、とっさに自分の足元を見ます)

さだこたん(私の足元には、私が。私の一部が。私の前髪が、散乱していました)

さだこたん「ふんぎゃあああああああああああ!!!!!!!!!!!!」

男「流石に近所の人に通報されそうだからもう少し控えめに叫んでくれない?

男「というかさだこたんの声って周りに聞こえてるのか?」

さだこたん「なんですか!嫌がらせですか!さっきまで良い人だと思って悲しかったのに!もう殺します!呪い殺します!死んでも呪いますからね!」ポカポカ

男「おぉ、こわいこわい」

さだこたん(私が、男さんを睨みつけたときでした)

さだこたん(男さんの向こうにあった姿見に映った私と、目が合いました)

さだこたん(そして、私は男さんがしようとしたことの全てを理解しました)

さだこたん("白いワンピース"に、"麦わら帽子"──)

さだこたん(──そして、"前髪ぱっつん"の、女の子)

さだこたん(わたしの前髪は、まさに、そう。最後の1ピースでした)

さだこたん(今の私は、まるで、生き写したかのように、画面の中の私と)

さだこたん("さだこたん"と、瓜二つだったのです)



59:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:58:55.792 ID:6B4EgFCS0

男「おい、そこの幽霊!」

男「俺から提案がひとつある!」

「……はい」

男「幽霊なんてやめて……」

男「俺のVTuberの魂になってくれないか!」

男(全てが賭けだ。放送の再生数は200ちょっとだった。Twitterのフォロワーだって500ちょっとのまま動きやしなかった)

男(きっと彼女を。 "マジカル☆さだこたん"を認知している人間なんて100人もいないのかもしれない)

男(それでも、せめて二人が。 俺と、何より彼女自身が。彼女のことを"VTuber"として認識できれば)

男(幽霊ではなく、"VTuberのひとつの魂"として、認知できてさえいれば)

男(彼女という存在に対する人類の認知は変えられるのではないか。歪められるのではないか。そう思ったのだ)

男(俺の目に映った"魂"は、泣きながら、笑いながら……あるいは少し、照れながら、告げる)

「よろしく……お願いします……っ!」



60:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 18:59:58.994 ID:6B4EgFCS0

ひょんなことから家に同居人が住み着いた。

なんてことはない。パソコンを点けると、ぴょこっと顔を出す話し相手だ。

彼女は時折、生放送を通じて視聴者から世の中のことをいろいろと教えてもらっているらしい。

最初の放送では俺が投げ銭した200円しか入らなかった彼女だが、今では固定ファンもいるらしく、時折その金で何かを買ってやっている。

そうだな……、たとえば先月はアリの栽培キットだった。

先月から、俺のパソコンデスクの上にはアリの栽培キットが飾られている。

彼女の放送や、アリの栽培キットを見ながら俺は思うのだ。

『彼女の一人目のファンは他ならぬ俺なのだ』と。

オタクとは、そういうものなのだ。



61:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/24(火) 19:02:50.604 ID:6B4EgFCS0

以上です。
去年の夏くらいに書き溜めてたやつをちょこちょこ書き換えながらの投下でした。
コロナウイルス中の暇つぶしにでも読んでくれたら嬉しいです。

一応昔いろいろ書いてたりしたのでTwitterも宣伝させてください。
https://twitter.com/429_snowdrop

最後まで読んでくださった方々、ありがとうございました。
またなんか書いてたら適当にお付き合いください。
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)



元スレ
貞子「私、VTuberになりたいんです!」
https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1585035976/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (5)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年03月24日 23:07
          • 貞子はYoutuberとAV女優ならどっちがやばいんだろうか
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年03月25日 01:15
          • 総選恐の政見放送で「私の持ち味はアメリカ進出も果たしたフットワーク!」とか言ってたから、AV女優はヤバいと思う。それと同じ時期にツイッターで萌えキャラ化してたから、ポンコツお姉さん系YouTuberで受けそうだからどのみちヤバいんじゃね?
            ちなみにかよこ?かやこ?は「地域密着型」でインスタグラムで心暖まる?親子の写真あげてたが、貞子に「引きこもりの地縛霊」と貶されとった
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年03月26日 01:00
          • 貞子は美女(公式)
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年03月28日 16:12
          • 貞子はふたなりの美少女やぞ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年03月28日 18:57
          • 白いワンピに麦わら帽子‥?


            お前それどちらかといえば八尺様ではry

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【安価・コンマ】武内P「前川みくのクイズ$ミリオネア」 みく「にゃあ!」
        • 【安価・コンマ】武内P「前川みくのクイズ$ミリオネア」 みく「にゃあ!」
        • 【安価・コンマ】武内P「前川みくのクイズ$ミリオネア」 みく「にゃあ!」
        • 【安価・コンマ】武内P「前川みくのクイズ$ミリオネア」 みく「にゃあ!」
        • 【安価・コンマ】武内P「前川みくのクイズ$ミリオネア」 みく「にゃあ!」
        • 【安価・コンマ】武内P「前川みくのクイズ$ミリオネア」 みく「にゃあ!」
        • 【安価・コンマ】武内P「前川みくのクイズ$ミリオネア」 みく「にゃあ!」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ