TOP

男「お祖母ちゃんは死ぬ事が嬉しいと言ってたよ」

1:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:03:26 ID:jq55jXf2


息子「…………」

息子「……いきなり何?」

男「ん……何となく、な」

男「何となく、お前を見てたら思い出したんだ」

男「俺のお祖母ちゃんの死に際を」

息子「…………」

男「そう……ちょうど今のお前と同じで、俺が中学生の時だったな」

男「お祖母ちゃん、ガンが見つかって、もう手遅れって診断だった」

息子「…………」

息子「変わった人だったの?」



2:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:04:45 ID:jq55jXf2


男「いや」

男「その時まで、俺は普通のお祖母ちゃんだと思ってた」

息子「ふうん……」

男「優しくて、時には厳しくて」

男「でも最後はいつもよしよしって頭を撫でてくれる」

男「そんな人だった」

息子「…………」

男「……もう先も長くないし」

男「最後の入院の前に家族一同で集まって……」

男「ああ、後で知ったんだけど遺産相続とか、そんな話をしたらしい」

息子「……そりゃ死ぬのが嬉しくなるだろうね」

男「ははは」

男「…………」



3:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:05:26 ID:jq55jXf2


男「で、俺は……そんな話には入れないわけで」

男「他の親戚の子供とはちょっと年が離れてた事もあって」

男「お祖母ちゃんの様子を見に、部屋へ行ったんだ」

息子「…………」

男「ちょうど今くらいの寒い季節だった」

男「お祖母ちゃんは一人、コタツでみかん食べながら」

男「TV見てたんだ」

息子「…………」

男「一応お祖母ちゃんの病気の事は知ってたんだけど」

男「とても先が長くない様には見えなくて、不思議に思った」

息子「…………」



4:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:06:05 ID:jq55jXf2


息子「その時に死ぬのが嬉しいって聞いたの?」

男「いや」

男「その時は……ちょっと世間話をした」

息子「…………」

男「たまたまTVで自殺者が、とか」

男「虐待が、とか、孤独死が、とか」

男「まあ暗い話題を取り上げていたんだ」

息子「…………」

男「俺はコタツに入って、気の滅入る話ばかりだねって」

男「お祖母ちゃんに言ったんだ」

息子「…………」

息子「……それで?」



5:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:06:51 ID:jq55jXf2


男「そしたらお祖母ちゃん」

男「きっと、戦争を経験してないからだろうね」

男「って返してきたんだ」

息子「えっ?」

息子「どういう事?」

男「俺もお前と同じ疑問を抱いて、どういう事か尋ねてみた」

息子「…………」

男「戦時中は今とは比べ物にならないくらい死が身近にあった」

男「だからこそ安易に死に繋がる事はやらなかったし出来なかった」

男「そんな事を言ったんだ」

息子「…………」

息子「……そうなの……かな?」



6:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:07:56 ID:jq55jXf2


男「実のところ、俺も疑問に思った」

息子「なんだよ、それ」

男「人間なんて弱い存在だしな」

男「戦争中だろうが平和な世の中だろうが」

男「自殺したりした人は居るだろって」

男「そんな事を考えた」

息子「俺もそう思う」

男「……けど」

男「お祖母ちゃんは戦争中がどんなものか」

男「ちょっとだけ言ってくれた」

息子「…………」



7:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:08:37 ID:jq55jXf2


男「お前も歴史で知ってるだろうが」

男「戦争末期、日本のいたるところで米軍から無差別空襲されたりした」

息子「…………」

男「お祖母ちゃんは生きながら火に焼かれる人」

男「逃げ惑い転んで人々から踏み潰される人」

男「そういった人たちをほぼ毎週、酷い時は毎日見たりしたんだそうだ」

息子「……ふうん」

男「あれだけ人が死ぬところを見ていたら」

男「逆に生きて、生き抜いて、生き残ってやるって」

男「そうった気持ちの方が強くなったんだってさ」

息子「…………」



8:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:09:24 ID:jq55jXf2


男「俺はそれを聞いたら……何も言えなくなった」

男「お祖母ちゃんが経験した事は」

男「今の俺じゃ絶対知る事が出来ない事だからな」

息子「…………」

男「俺はもう一つ聞いた」

男「戦争はあった方がいいって事なの?」

男「って」

息子「…………」

息子「お祖母ちゃんは何て?」

男「無い方が良いに決まってる」

息子「…………」



9:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:10:20 ID:jq55jXf2


男「……でも戦う事を捨ててはいけない」

男「それは、あの戦争で命を落とした全ての人たちを侮辱している」

男「とも付け加えた」

息子「…………」

男「お前はどう思う?」

息子「…………」

息子「……難しいけど」

息子「俺もお祖母ちゃんと同じ意見かな……」

男「……そうか」

息子「…………」

男「…………」



10:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:11:19 ID:jq55jXf2


息子「お祖母ちゃん……生き抜いてやるって人だったのに」

息子「どうして死ぬ事が嬉しいって言ったんだろう?」

男「…………」

男「あれは……いよいよ春の足音が聞こえて」

男「暖かくなってきた頃だったな」

息子「…………」

男「お祖母ちゃん……もう見る影も無くガリガリに痩せて」

男「生きて、話が出来るのが不思議なくらいの状態になってた」

息子「…………」

男「いよいよ危ないって、家族を呼んで……」

男「その場に居たみんなに向かって」

男「死ぬ事が嬉しいって言ったんだ」

息子「…………」



11:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:12:41 ID:jq55jXf2


息子「……お祖母ちゃん」

息子「やっぱり治療が苦しかったりしたの?」

男「違うな」

息子「え?」

男「その後、お祖母ちゃん」

男「これであの人に会いに行けるって、続けたんだよ」

息子「……は? あの人?」

男「実はさ」

男「お祖母ちゃん、両思いの人が居たんだけど」

男「特攻隊に出撃して添い遂げる事が出来なかったんだそうだ」

息子「……はあ!?」



12:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:13:34 ID:jq55jXf2


男「ははは」

息子「え……いや、笑うとこ?ここ?」

息子「お爺ちゃんとか、複雑じゃないの?それ」

男「…………」

男「お爺ちゃん……その時」

男「分かっている、向こうで幸せにな、って」

男「お祖母ちゃんの手を握って泣きながら、そう言ったんだ」

息子「…………」

男「もちろん俺のお袋、親父、親戚の連中も唖然として聞いてたよ」

息子「そりゃそうだ……」

男「お祖母ちゃん……その夜に息を引き取って」

男「お葬式が済んだ後、お爺ちゃんが詳しい話しをしてくれた」

息子「…………」



13:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:15:11 ID:jq55jXf2


男「お祖母ちゃんと両想いだった特攻隊の人との事は」

男「お爺ちゃん、承知の上で結婚したんだって」

息子「……今度はお祖母ちゃんがおかしい様な」

男「その辺の事は……きっと複雑でいろんな事情があったのかもしれない」

男「でもお爺ちゃんは、そんなお祖母ちゃんの事が大好きで」

男「一緒になれた事は人生最大の幸せだったって言ってたよ」

息子「…………」

男「お爺ちゃん、お祖母ちゃんから」

男「ちゃんと幸せはもらった」

男「一番では無かったけど、愛してもくれた」

男「だから、自分は不幸なんかじゃないって」

男「最後に締めくくってた」

息子「…………」



14:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:16:11 ID:jq55jXf2


男「――俺」

男「今なら、お祖母ちゃんの気持ち」

男「分かったかも知れない」

息子「えっ……」

男「本当は……分かるのは、もっと先で……良かったのにな」

息子「…………」

息子「……お母さんと」

息子「同じって事……?」

男「…………」

息子「どうなの?」

男「…………」



15:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:17:29 ID:jq55jXf2


男「なあ……息子」

息子「うん……」

男「死ぬのって……怖いよな」

息子「うん……」

男「母さん……きっと……怖かっただろうな」

息子「うん……うん……」

男「事故だったから……最後の言葉……聞けないけど」

男「……母さん……母さんは……っ……」

息子「うっんっ……うんっ……」



16:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:18:31 ID:jq55jXf2




そこからは……言葉にならなかった。
妻は、俺と息子の幸せを第一に考えてくれる
そんな人だ。

俺は息子にそう言うつもりだった。

でも少し違うと思う。
妻は……もし最後にひとこと言うのなら……
自分の事は気にせず誰かと幸せを見つけて欲しい
そんな事を言ってくれる人だと

俺は……何故か祖母とのやり取りを思い出して
そう思ってしまった。


.



17:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:19:43 ID:jq55jXf2




こんな事……分かりたくなかった。
でも分かってしまった。

妻は……もう帰って来ない。

どうすればいいのか、見当もつかない。
君が居ない日常に
君の声が聞こえない毎日に
君以外の誰かとの幸せなんて
見つけたいと思わない。

俺は……俺は……

…………


.



18:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:20:31 ID:jq55jXf2


―――――――――――







     数年後








.



19:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:21:38 ID:jq55jXf2


―――――――――――

息子「ただいまー」

男「お帰り」

男「遅かったじゃないか」

息子「ごめん」

息子「サークルの付き合いでさ……」

息子「時間は気にしてたんだけど」

男「……まあ済んだ事はしょうがない」

男「でも、遅くなるなら連絡を入れてくれ」

息子「はいはい」

男「まったく……」



20:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:22:38 ID:jq55jXf2


男「ところで、この前紹介してくれた娘さん」

男「あの子とはどうなんだ?」

息子「んー煮え切らない感じ」

男「なんだそれ……」

息子「可愛いのは可愛いんだけど」

息子「どうも地雷女みたいな気がしてさぁ……」

男「えり好みしてるのか?」

息子「そりゃ父さんの方だろ」

男「なっ……」

息子「俺や母さんの事は気にしないでいいんだぜ?」

息子「良い人だと思うけどな、女さん」

男「…………」



21:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:23:50 ID:jq55jXf2


男「……いい人だとは思う」

男「でも……俺は」

男「妻と彼女をきっと比べてしまいそうな気がする」

男「そんなの……彼女に失礼だ」

息子「…………」

息子「……いつだったかさ」

息子「お爺さん……いや、俺から見たら曽祖父さんになるけど」

息子「女さん……同じなんじゃないかな」

男「!」

息子「…………」

男「ま……まさか!」

男「いくら何でも……」



22:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:24:48 ID:jq55jXf2


息子「きっと……さ」

息子「父さんのお祖母ちゃんも……」

息子「今の父さんと同じ気持ちだったんじゃないだろうか?」

男「!!」

息子「…………」

息子「……なぁ~んて」

息子「父さんのお祖母ちゃんを見た事無い俺が言える事じゃないけど」

男「…………」

息子「…………」

息子「……さて、疲れたから寝ますわ」

男「あ、ああ……」

男「お休み」



23:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:25:36 ID:jq55jXf2


     パタン

男「…………」

男「…………」


    ――ちゃんと幸せはもらった――

 ――1番では無かったけど、愛してもくれた――

  ――だから、自分は不幸なんかじゃない――


男「…………」

男「…………」



24:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:26:17 ID:jq55jXf2






明日、彼女に会いに行こう。

そして、話しをしよう。

俺は……そう思った。





     おしまい



25:以下、名無しが深夜にお送りします 2020/02/01(土) 02:28:05 ID:jq55jXf2

何故かこんなお話を思いついたので形にしてみました。



元スレ
男「お祖母ちゃんは死ぬ事が嬉しいと言ってたよ」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1580490206/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (6)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年02月01日 13:23
          • 好きよ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年02月01日 14:08
          • 5 ええやん………個人の感想は違うけれど

            ワイとしてはええと思うで
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年02月01日 16:06
          • 最近なかなか見ないタイプのss
            深い話だった。
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年02月02日 01:31
          • 個人的には、もっとコメがついてもいいんじゃないかってくらいには、いい話、いや、ssだったな。
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年02月02日 04:30
          • 良い
            久しぶりに良いSS読ませてもらった
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年02月03日 20:30
          • すごく久しぶりにまともなものを見た気がする

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 彡(゚)(゚);「あぶない!」(´゚ω゚`;)「うわあああ!」
        • 彡(゚)(゚);「あぶない!」(´゚ω゚`;)「うわあああ!」
        • 【アイマス】春香「プロデューサーさん!」男「えっ?」
        • いじめっ子「昔お前いじめてたよな...本当にごめん」彡(^)(^)「何言ってんねや もうええんやで」
        • バーン「ハドラーよ、2020夏アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020夏アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020夏アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020夏アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020夏アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020夏アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020夏アニメのオススメは何だ?」
        • 暴走族の総長「俺の女になれや」優等生JK「私、不良の男の人とか嫌いなので無理です」
        • 男「ゲームでどんな名前をつけてた?」
        • J( 'ー`)し「ワイは結婚しないんか?」彡(゚)(゚)(キタ!!)
        • 幼じょりーん「じょじょのきみょうなぼうけん」
        • 幼じょりーん「じょじょのきみょうなぼうけん」
        • 幼じょりーん「じょじょのきみょうなぼうけん」
        • オレ「ライターで火つけるか」ボッ エルフ♀「詠唱無しで火炎魔法を炸裂させるだと…!?」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ