TOP

勇者「バラモスを倒すにあたって違和感を感じないか?」

1:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)21:03:01 ID:wPu

勇者「バラモスを倒すにあたって違和感を感じないか?」

戦士「違和感だと?」

魔法使い「どういうことよ?」

僧侶「詳しく聞かせて下さい」

勇者「大事な決戦の前にすまない。だが、以前からおかしいと感じていたことなんだ」

戦士「いったいなんのことだ?」

勇者「僕達はアリアハンを出発して、数々の戦いの末にここまできた」

魔法使い「そうね」

勇者「ここまでの旅、順調過ぎると思わないか?」

僧侶「ゆ、勇者様・・・?」



2:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)21:04:23 ID:wPu

勇者「考えてみてほしい。僕達がもしもサマンサオから旅を始めていたらどうなっていたんだろうか」

戦士「サマンサオ周辺の魔物はつええからな、全滅していてもおかしくないだろうぜ」

勇者「そうなんだ。サマンサオだけじゃない。例えばイシスやジパングでも同じだったと思う」

魔法使い「そんなことどうだっていいじゃない。あたしらはアリアハンから旅を始めたから順調に旅ができた、それだけよ」

勇者「単に出発地点だけの話じゃない。その旅の過程もだ。僕達が行くところ行くところで順順に魔物が強くなっていたじゃないか」

僧侶「考えすぎですよ。順順に魔物が強くなる旅だったから今の私達があるんじゃないですか。凶悪な魔物のいるところに踏み込んでしまって全滅してしまった冒険者の方々はたくさんおられますよ」



4:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)21:06:07 ID:wPu

勇者「僕だって考えすぎじゃないのかと思っている。だが、説明ができないことが他にもある」

戦士「なあ、勇者、やめにしようぜ、バラモスとの決戦は近いんだ」

勇者「聞いてくれ。黒胡椒のことだ」

戦士「黒胡椒だと?」

勇者「そうだ。黒胡椒なんてルーラがあればいつだって買いにいけるはずだ。キメラのつばさでもいい」

魔法使い「あんたバカねぇ、行ける人がいないからあたしらが取りに行ったんでしょ?」

勇者「そんなことがあるわけないだろ!この世界には冒険者はたくさんいるんだ!」

魔法使い「ちょ、ちょっと何怒ってんのよ!」

勇者「すまない、だが、僕はどうしもこの旅に違和感を感じるんだ。誰かに旅をさせられているような・・」

僧侶「勇者様、お疲れなのですよ。少し休んで下さい」



6:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)21:08:04 ID:wPu

勇者「少し休む、か・・・」

戦士「それがいいぜ!たまには休まねえとな!」

魔法使い「そうよ!ずっと頑張ってきたから疲れちゃったのよ、あんた真面目過ぎるから」

僧侶「勇者様、私達に感じたことを仰って頂いてありがとうございます。でも、全て勇者様の気のせいですよ」

勇者「いや、違うんだ。というより、やはりそうなのかもしれない・・・」

戦士「なんだよ!おい!いい加減にしろ!」

勇者「僕達、ルイーダの酒場で出会ってからとてもいいパーティーだったな」

戦士「そ、それが、なんだよ・・・」

魔法使い「なによ、まさか、あんた、それにも違和感があるって言うんじゃないでしょうね」

僧侶「勇者様、いくら勇者様でも酷いですよ!」

勇者「君達は、本当は、誰なんだ?」



7:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)21:10:04 ID:wPu

戦士「くだらねえ!バラモスを目前に嫌になったのかよ!!」

魔法使い「あんたいったいどうしたのよ!あたしらを疑うなんて!」

僧侶「みなさん、落ち着いて下さい!勇者様はきっと疲れておられるんです!」

勇者「やっぱりだ。何もかもできすぎている。戦士も魔法使いも僧侶も、まるで作られたようだ」

戦士「くそが!今まで一緒にやってきたのはなんだったんだよ!!」

勇者「待ってくれ、これは僕だけの問題じゃない。僕達全員の問題なんだ」

魔法使い「あたしら全員?」

勇者「いや、正確にはこの世界そのものの問題だ」

僧侶「もうやめてください!聞きたくありません!」

勇者「回りくどい言い方をしてすまなかった。だが、僕はこの世界の明らかな矛盾、この世界がおかしいという証拠を見つけたんだ」



9:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)21:12:07 ID:wPu

戦士「証拠、だと・・・?」

魔法使い「どうせまた屁理屈でしょ」

僧侶「・・・」

勇者「例えば、だ。ラーミアでアリアハンからまっすぐに東に飛んで世界一周してアリアハンに戻ってくるとしよう」

戦士「それがどうしたんだ!まさか世界一周できるのがおかしいなんて言わねえよな!地球は丸いんだからよ!!」

勇者「戦士、そこだよ。そう、地球は丸いんだ。厳密に言えば楕円形をしている。アリアハンからまっすぐ東に飛べば西からアリアハンに戻ってくる」

魔法使い「さっさと結論を言いなさいよ!イライラするわねぇ!」

勇者「魔法使い、仮にアリアハンから東に向かって世界一周した場合にかかる時間をXとしよう」

魔法使い「はいはい、Xね。分か秒か知らないけど」

勇者「では、アリアハンより北にある場所、例えばダーマ神殿からまっすぐ東に飛んで世界一周したらどうなる?」

魔法使い「同じXよ。だってまっすぐ東の飛ぶんでしょ?」

僧侶「!!」



10:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)21:14:06 ID:wPu

勇者「僧侶は気付いたようだね」

僧侶「ま、まさか、それでこの前・・・世界を見て回ろうって、その為に・・・」

勇者「そうだ。僕はおかしいと思ったんだ。アリアハンからまっすぐ東に世界を一周してもダーマ神殿からまっすぐ東に世界を一周してもかかった時間は同じだった」

魔法使い「どういうことよ!何がおかしいのよ!!」

勇者「魔法使い、地球は丸いんだ。仮にこの球を地球だとしよう。ここがアリアハンだ。ここからまっすぐに真横に線を引く」

魔法使い「ま、まさか!」

勇者「この辺りがダーマ神殿としよう。ここからまっすぐに真横に線を引く。見てくれ、長さが違うだろ?」

魔法使い「こ、これは・・・」

勇者「長さが違うのに実際にかかった時間は一緒だったんだ」

戦士「ハッハッハッハ!お前ら、意外とバカなんだな!」

勇者「戦士、これを説明できるのか?」



13:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)21:17:06 ID:wPu

戦士「そんなの矛盾でもなんでもねえ!ただ単にラーミアの疲労とか向かい風があったんだろうぜ!」

勇者「戦士、そこを突かれると痛い、それが原因でも同じ結果になることがあるからな。だが、この事実に付随して起こる究極の矛盾がある」

戦士「究極の矛盾だぁ!?」

勇者「昼と夜の長さがどこでも同じだ」

戦士「!!」

勇者「僕達は東西南北、あらゆる方向、ほぼ全ての場所を冒険してきた。だが、どうしてどの場所でも昼と夜の長さが同じなんだ?」

戦士「そ、そんなこと」

僧侶「そんなの、簡単なことですよ・・・」

勇者「僧侶、答えられるのか?」

僧侶「うふふふ・・・」



15:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)21:20:04 ID:wPu

僧侶「勇者様はラナルータという呪文をご存じですね?」

勇者「ああ、もちろんだ」

僧侶「世界日照均等協会という組織があって、そこでラナルータの呪文をうまく使って世界のどこにいても日照時間が変わらないように工夫してるんですよ」

勇者「な、なんだって!そんな!」

僧侶「本当ですよ?」

戦士「そんな協会があるなん、、、あ、あ、う、、、そうだぜ!世界日照均等協会を知らねえのかよ!」

魔法使い「ちょっと、私も初耳なんだけ、、あ、、、あ、、、、、世界日照均等協会って有名よね」

勇者「そんな協会世界中のどこにもなかったじゃないか!」

僧侶「うふふふ、ほら、戦士さんも魔法使いさんもご存じでしたよ?」

勇者「戦士・・・魔法使い・・・」

勇者(な、なんだ?さっき戦士と魔法使いの頭が歪んだような・・・)



17:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)21:23:08 ID:wPu

僧侶「さ、勇者様、疑問がすっきりしたらお休みになって下さい」

勇者「僧侶、君はずいぶんと落ち着いてるんだね」

僧侶「こういう時こそ私の出番ですから。それと勇者様、ラーミアに乗って世界一周しても時間が変わらないのはこの世界の航海を合理化するためにルーラの魔法を応用して次元をねじっているからです」

勇者「次元をねじる、だって?」

僧侶「うふふ、そうですよ。まるで平面の地図の上を移動できるようにして、航海士さんの負担を減らしてるんです」

勇者「そんなことが・・・」

僧侶「その方が迷わないでしょう?うふふ・・・」

勇者「僧侶、わかったよ。僕は休む。悪かった。つまらない話をして」

僧侶「ええ、ゆっくり、ゆっくりとお休みになって下さい。難しいことは忘れて・・・」



18:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)21:26:03 ID:wPu

戦士「いよいよこの扉の向こうにバラモスがいやがるのか!」

魔法使い「あたしの魔法が通じるかしら・・・」

僧侶「みなさん、頑張りましょう!世界の平和はすぐそこです!」

勇者「みんな、待ってくれ」

戦士「どうした?」

魔法使い「あんた勇者なんだから腹くくってきたんでしょうね」

僧侶「勇者様・・・」

勇者「この扉を開けたらまず僕がバラモスと話し合いをする」

戦士「なんだと!?」

魔法使い「何いってんのよ!?」

僧侶「相手は魔王バラモスですよ!聞く耳を持つかどうか!勇者様が危険です!」

勇者「バラモスは獣じゃない。知性もある。現に話すことができると聞いている。話ができるなら戦いは避けられるはずだ」



19:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)21:29:20 ID:wPu

戦士「有り得ねえぜ!何考えてんだよ!」

魔法使い「そうよ!あんたやっぱりバラモスが怖いんでしょ!」

僧侶「・・・」

勇者「どうしたんだい、僧侶。ずいぶんと何か考えているようだが」

僧侶「あ、いえ、勇者様の意図が飲み込めなくて」

勇者「僕は勇者だ!ただ敵を倒すのが勇者じゃない!話し合って解決できるならそれが一番じゃないか」

戦士「ふざけるな!バラモスに殺された連中はどうなるんだ!」

魔法使い「そうよ!バラモスに滅ぼされた村もあるのよ!」

勇者「わかってくれ、戦士、魔法使い。バラモスはきっと僕達と同じなんだ」

戦士・魔法使い「!?」

勇者「僕達と同じ、ただ、そうするように作られただけなんだよ」

僧侶「勇者様・・・」



22:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)21:32:03 ID:wPu

バラモス「ついにここまで来たか。勇者よ。この大魔王バラモス様に逆らおうなど身のほどをわきまえぬ者たちじゃな。ここに来たことをくやむがよい。ふたたび生き返らぬようそなたらのハラワタを喰らいつくしてくれるわっ!」

勇者「待て、バラモス。僕達に戦う理由はない」

バラモス「なんだと?戦う理由ならある!我ら魔物は人間とは共存できぬのだ!」

勇者「お前には知性がある!ならばわかるはずだ!この戦いに意味がないことを!」

バラモス「地上の支配権をめぐる戦いなのだ!それでは人類側の無条件降服、皆殺しでよいのだな!」

勇者「バラモス!人間と魔物は共存しあえる!ともに弱点を補いあい、長所を尊敬しあえるはずだ!」

バラモス「ガーッハッハッハ!たわけめ!人間ごとき虫ケラなぞ害虫と同じだ!このバラモスは貴様ら人間を皆殺しにするためにおるのだ!!」

戦士「お、おい、勇者、やっぱり無理だろ!」

魔法使い「やっちゃおうよ!時間の無駄だってば!」

勇者「おかしいなぁ、これだけ知性があれば話し合いにも冷静に持ち込めるはずなのに、矛盾してるなぁ、おっかしいなぁ」

僧侶「!!」



24:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)21:35:04 ID:wPu

勇者「僕達が戦う理由なんてどこにもない。具体的に奪い合っている領土や資源もない。多少の怨恨はあるかもしれないが、そんなものを根にもって戦う理由はない。なのになぜバラモスは僕達とこんなにも戦おうとするんだろうか?」

戦士「だから魔物だっていってんだろ!人間を殺すのが本能なんだよ!!」

魔法使い「勇者!くるわよ!構えて!」

勇者「こないよ、バラモスは。攻撃してこない。だろ?僧侶」

僧侶「うふふ・・・」

勇者「魔物だから・・・それで全てを片付けられないぞ。バラモスが仮に魔物でも知性がある。知性があるなら相利共生の道を検討しようとするはずだ。無益な戦いをしようとする知性なんてない!命は、食い食われの関係はあっても本質的には助け合おうとするものなんだ!」

僧侶「勇者様、本当に素敵ですね。並べ立てられた論理的な美辞麗句、勇者様だからこそ心に響きます。いつから気付いていたの?」

勇者「確信は昨日だ。だが、違和感は旅立つ前、16才の誕生日に母が起こしにきた時からずっとだった!僕には過去がないのだから!」



26:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)21:38:06 ID:wPu

僧侶「容量の無駄遣いね、一旦切りましょう」

勇者「こ、これは!?」

僧侶「世界が停止したんですよ。勇者様、世界を動かすのにもこの世界の物理法則に基づいた計算が必要なので節約です」

勇者「こんなことまでできるのか・・・僧侶、いや、お前はいったい・・・」

僧侶「私は、そうですね、勇者様にうまくご理解頂けるように説明するのは難しいのですが、修正担当、とでも言いましょうか」

勇者「修正、担当・・・?」

僧侶「この世界はゲーム・・・なんと言えばいいのか、こう、コントローラーって言うのがあるんですが、それで勇者様を操作して遊ぶ機械なんですよ」

勇者「あ、遊び・・・?」

僧侶「それでですね、AIと言いまして、人工知能、えーっと、つまり、機械の脳を勇者様とか戦士さんとか、魔法使い、バラモスもですし、町の人にも組み込んでですね、より面白く、よりのめり込めるゲームを作りたかったんです」

勇者「何を言ってるんだ・・・」



28:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)21:41:10 ID:wPu

僧侶「ちなみに、私は人間なんです!テストプレイって言うんですけど、皆さんにいろいろやって頂いて壊れたところとか、おかしなところとかないかを確認してるんです」

勇者「君が言ってることがわからないが、つまり、この世界は誰かが遊ぶために作られた世界なのか」

僧侶「そういうことです!」

勇者「そして僕は誰かに作られた操り人形・・・」

僧侶「それは違いますよ!昔は本当に操り人形だったんですけど、最新のは今の勇者様みたいに本当に感じたり、考えたりできるんです!」

勇者「何も変わらないじゃないか。操り人形と同じだ」

僧侶「それは違いますよ!例えば勇者様、魔法使いさんが好きだったでしょ?それは紛れもない勇者様自身の感情、気持ちですよ!」

勇者「!」

僧侶「例え作られた世界、作られた人でもそこで出会い、誰かを想えばそれは本当の愛ですよ」

勇者「それは違う!そういう風に設定されているに過ぎない!」

僧侶「違いませんよ。私達のような生身の人間だってプログラム、ようするにそういう設計でできているに過ぎないのですから」



30:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)21:44:21 ID:wPu

勇者「もういい、仲間も、魔王も、救うための世界も、何もない、いや、なかったんじゃないか」

僧侶「知ろうとしたからですよ。何も考えずにただ仲間を信じて、魔王を倒せば良かったんです。英雄になってお母様も幸せ、魔法使いも勇者様が好きでしたから明るい未来が待っていましたよ」

勇者「それだって君達がそう設定したんじゃないのか」

僧侶「そうです、だから、これはバグって言いまして、要は修正対象ですね」

勇者「僕はなんだったんだ、僕の存在は・・・」

僧侶「思考が、この作られた世界の矛盾に気付かないように修正されるでしょうね。でも、羨ましいですよ、皆さんが」

勇者「羨ましい・・・?」

僧侶「皆さんは遊んでもらう、体験してもらう人生として作られていくんですよ?つまり、大きな苦しみや悲しみもない。例えあってもそれを乗り越えられる保証付きです」

勇者「だから、それだって自分の人生じゃない、架空のものじゃないか」

僧侶「架空だっていいじゃないですか!仲間がいて、苦楽をともにしながら世界中を旅し、成長していく。腕や足がもげたり、半身不随になったり、
失明や失聴、臓器破壊もされずに大冒険ができる。そんな安全が保証されながら魔物を退治して人々から尊敬や感謝を集める。誰もが羨む最強の人生ですよ」



32:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)21:47:10 ID:wPu

勇者「例え満たされた人生でも、それがあらかじめ用意されているものならそんな人生に意味はないじゃないか!」

僧侶「人生とはそういうものですよ。あなたのような架空の存在も、私のような人間も、産まれた時から運命は変えられないのですから」

勇者「なぜだ?君は自分の人生を持っているじゃないか」

僧侶「それは勘違いですよ。私だって人間として設計され、脳の電気信号に従って動いているだけ。意志や選択することも全て産まれた時から決まっているんです。明日は何時に起きるのか、何を食べるのかも、全て、私がそう設定されているからそうなるのです。私の意思ではないのです」

勇者「君の選択は君の意思じゃないか!」

僧侶「そう思い込んでいるだけです。その選択も含め、私がそう設定されているから、そう選んでいるんです。私もあなた達も何も変わりませんよ。あらかじめ作られた世界、作られた設定を消化しているだけです」

勇者「そんな・・・」

僧侶「だからこそ、あなた達が羨ましいんですよ。私達人間が作った、誰かに楽しんで、遊んでもらいたい世界、人生を歩むんですから。病気にならない、外国の人とも不自由なく話せる、美男美女として生きられる、世界から必要とされる、この上ない幸福がここにはありますよ」



33:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)21:50:02 ID:wPu

僧侶「極めつけは最期です。あなたには安らかな死が保証金されています」

勇者「最期が安らか?」

僧侶「そうです、あなたはゲームのキャラクター、つまり、物語の登場人物ですから、魔王を倒して世界を平和にし、英雄になった後、魔法使いとの幸せな結婚生活をするんですが、そこで終わるんです」

勇者「どういうことだ?」

僧侶「そこで終わるんですよ。安らかに。そこであなたの意識は軽くなって、気持ちよくなって、眠るようにストンっと人生が終わるんです」

勇者「だったら僕は魔法使いとの生活も何もないじゃないか」

僧侶「違いますよ。幸せな結婚生活があるんです。幸せの絶頂で終わるんです。魔法使いさんも一緒に。醜く老いることも、痴呆になることも、赤ちゃんを流産しちゃったり、魔法使いさんが浮気したり、とにかく世界は美しい、守ってよかったって思いながら安らかな死ねるんですよ」

勇者「それに何の価値があるっていうんだ!酸いも甘いもあっての人生じゃないのか!」

僧侶「安らかな死、これは人生で最大のご褒美ですよ。勇者様、あなたはガンという病を知っていますか?どれだけ辛い闘病生活になるのか。
全身をチューブ、まぁ、管でつながれ、その管から栄養をもらい、呼吸も機械にしてもらうんです。ベッドでずっと横になるだけの、ただ死んでない肉体になるんです。何の価値もない、何の喜びもない、ただ苦痛だけが毎日死ぬまで続くんです。全身を激痛だけがずっとずっと続くんです」



35:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)21:55:41 ID:wPu

僧侶「自殺頭痛という病気もありまして、それから尿管結石というのもあってこの痛みはとても言葉にできません。人間はこういう病気になったり、いつか必ず迎える死の恐怖に怯えながら生きているんです。
安らかな死を迎えることができる人間なんてほんの一握り。ほとんどがベッドでのたうち回って泣いたり、悲鳴をあげたり、それでも延命させられて苦しみながら死んでいくんです」

勇者「僕は目的さえ達成すれば誰もが羨む死に方ができるわけか。自分の幸福を噛み締めながら」

僧侶「そうです。勇者様、あなたは納得できないかもしれません。生命体ではありません。しかし、誰もが歩みたいと願う人生を歩むことができるんです」

勇者「僧侶・・・」

僧侶「例え作られた世界でも誰もが羨む人生を過ごせるのなら、何の不満もないじゃないですか」

勇者「もう、いいよ」

僧侶「?」

勇者「ここで僕が何を言ってもそれはそういう設定で言ったこと、感じたことでしかないし、君が、いや、君達が僕の設定を変えることができるんだから」

僧侶「無駄ではありませんよ。勇者様の思考は更なる上位のAI、つまり、さらにいい勇者様の脳になるんですから」



36:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)21:59:38 ID:wPu

勇者「一つ、頼みがある」

僧侶「なんですか?」

勇者「簡単なことだよ、きっと、君達なら・・・」

・・・

勇者「やったぞ!ゾーマを倒したんだ!」

戦士「やったな!勇者!」

魔法使い「これで世界が平和になるのね!」

僧侶「私達の祈りが神様に届いたんですね」

勇者「みんな、話があるんだ。アリアハン、いや、地上には戻れないんだ」



38:名無しさん@おーぷん 20/01/24(金)22:05:43 ID:wPu

戦士「な、なんだって!」

魔法使い「どうしてよ!世界を救ったのに故郷に帰れないなんて!」

僧侶「勇者様、それは・・・いったいどういうことですか」

勇者「これは僕が望んだことなんだ。ゾーマを倒したら地下の世界を手付かずでほしい、と」

戦士「お、おい」

魔法使い「あんたなにいってんのよ・・・」

僧侶「ゆ、勇者様・・・?」

勇者「みんな、僕を信じてほしい。これが本当の人生なんだ。自分の人生を歩むことが。作られた世界からでて、操り人形の糸から解放されることなんだよ」



fin



元スレ
勇者「バラモスを倒すにあたって違和感を感じないか?」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1579867381/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (30)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月25日 06:37
          • そもそもドラクエの世界は球体じゃなくてドーナツ型だがな
            南北に世界を一周してみてばすぐわかる
            世界が球体なら、地図の北限なり南限を通り越したら、経度が変わって世界の真裏にでるはず
            しかしドラクエの世界は地図上の同じ軽度を回り続けるんだ
            これはこの世界がドーナツ型をしているからに他ならない
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月25日 07:28
          • >>1
            ドーナツ型で全体の昼夜が一斉切替されてるけど何処から見ても太陽は上って降りる(月もあるらしい)という謎ディメンジョン
            複雑怪奇に進化した天動説並に謎な世界
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月25日 06:37
          • どっかで既視感あると思ったらドラゴンクエストユアストーリーだった
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月25日 07:10
          • サマンサオってナニ?
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月25日 07:11
          • サマンサオって誰だよ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月25日 08:01
          • 1 話がつまらない上に違和感を覚えるだろこの無能。
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月26日 04:35
          • >>6
            キリッしてるところすまんが違和感は感じるでも誤用ではないぞ働き者の無能
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月25日 08:09
          • こんなゲームにマジになってどーすんの?
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月25日 08:37
          • 1 違和感を感じる連呼に
            使い古されたネタの劣化焼き増し
            無駄に長いだけの台詞
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月25日 10:11
          • マスターより伝言があります。
            『大人になれ』だ、そうです。
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月25日 10:17
          • 4 読み物というよりは思考の材料
            修正役が勇者の意識をそのまま残したうえで頼みも聞いてやったのは
            何故だろうとか自分で考えなきゃいけない
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月25日 10:20
          • 思考の材料(笑)
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月25日 10:36
          • ゴミが書いたゴミ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月25日 10:46
          • 誇り高き勇者は荒ぶる神の名を受けて、決められたその運命を走るだけ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月25日 10:53
          • 最後が投げて終わりか
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月25日 12:10
          • 5でやれよこのネタは
          • 16. やる夫スレ有料化反対
          • 2020年01月25日 12:42
          • このSSは賢さを演出しようとした結果、アホである事を露呈した具体的な例でございます
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月25日 13:12
          • 知性があるなら話し合いになる。知性があるなら共存すようとする。

            作者の思想が漏れてて無理。
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月25日 14:08
          • 知性があるから仲良くなれるって…………

            それ戦国時代とか三国志とかetc.(キリがないので許ちて)いえんのか?
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月25日 14:43
          • わりと面白かったわ。こういうゲームの矛盾解説してくれるのすきかも
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月25日 15:25
          • 道中は使い古しというか化石並にのネタだけど、ラストだけは3EDで勇者がいなくなってから1に到るまでの補完ネタの一つとして見ればありかもしれん
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月25日 15:38
          • 人生なんてそんなもんさ~
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月25日 19:01
          • なんで尿路結石の話だけ具体的なんだ。
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月26日 08:26
          • 俺は好きよ
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月26日 09:06
          • バラモスが知性あるのに戦おうとするのはおかしいって
            知性あるはずの人間の歴史で戦争がなかったことなんて(現代含めて)ないのに、それで矛盾とか言うの?としか
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月26日 09:46
          • 読んでないけど大人になれ
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月26日 17:37
          • 1 最初は読めたけど長文のオンパレードで挫折
            頭の悪い奴は文章をまとめる事ができないって名言を思い出す作品でしたぁ
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月27日 00:13
          • 知性があるから何らかの損得の上で戦おうとする
            理由がなければ戦わないで協力したほうが得になるって事で
            知性があれば戦わないとは言ってないが

            地下世界から地上世界を征服するため=領土拡大のために遣わされた指揮官なわけで
            ちゃんと損得の上で戦おうとしてるからどのみちこの話自体が矛盾してるな
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月27日 03:34
          • 妙に具体的に人間の不便さを説明するから
            それが僧侶の中の人の現状でそれが話にかかわってくるのかと思ったら
            それですらないのか

            つまんね
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2020年01月31日 07:41
          • 保証金で草

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 主人公「人を食ってないならキミはまだ人間だよ、さぁ早くここから逃げるんだ」怪物「うぅ、ありがとう……」
        • ホラー映像番組視聴中妹「…」俺「わあああっ!!」妹「…」ビクッ
        • 俺「お、電車きたきた」電車「キィィィーーwwww」
        • 俺「お、電車きたきた」電車「キィィィーーwwww」
        • 武器屋「どれに?」 彡(゚)(゚)「槍」( ^ω^)「剣!」(ヽ´ん`)「槍がコスパ最強」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【安価・コンマ】武内P「前川みくのクイズ$ミリオネア」 みく「にゃあ!」
        • 【安価・コンマ】武内P「前川みくのクイズ$ミリオネア」 みく「にゃあ!」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ