TOP

【艦これ】特型駆逐艦「吹雪」始末記

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/13(日) 18:39:22.09 ID:2n1Kx1cE0

「はじめまして吹雪です。よろしくお願い致します」

私を救出した艦隊の人たちは顔を見合わせていた。あれれ?もしかして?

「ウチの鎮守府、吹雪ちゃんはもういるんだよなー、とりあえず一緒に来て」

そうですか、残念です・・・私はトボトボと艦隊の最後尾についていきました。

艦隊の皆さんは全員まだレベル10ほどですが、仲良く楽しそうにおしゃべりしています。

あーあ、ダブってなければ私も皆さんと一緒に楽しくやっていけたのに。

鎮守府でお会いした司令官さんは想像してた以上にステキな人でした。

でも、その隣にいるのはもう一人の私、吹雪改ちゃんでした。

「今日の解体任務は終わらせちゃったから、今晩は泊まっていきなさい。明日解体して町まで送ってあげるから」

ダブってる艦娘はいらないと言われて放り出されるかと思っていましたが、親切な司令官さんは泊まっていくようにすすめてくれました。



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/13(日) 18:40:54.85 ID:2n1Kx1cE0

 私が泊まる部屋は吹雪改ちゃんが準備してくれました、私と同じでよく気が利く娘です。

倉庫からマットレスと毛布を運び出し、空き部屋に持ち込み寝床を作ります。

明日の解体が不安なことを伝えると、吹雪改ちゃんは笑ってはげましてくれました。

「私も解体されたことはないけど、予防接種くらいの痛さよ。解体されると艦娘の記憶がなくなって普通の女の子になっちゃうの」

記憶なくなっちゃうのは、ちょっと残念です、吹雪改ちゃんのことも忘れちゃうのかな。

「就職や住むとこは鎮守府支援機構の人が用意してくれるし、記憶はなくなっても戦争いかなくても済むんだから」

そうですよね、鎮守府で一緒に戦いたいとは思いましたけど、普通の女の子に戻れるのもいいことですよね。

「いいなあ、私も普通の女の子にもどりたいなあ、うらやましいな」

吹雪改ちゃんはこういってましたが、本心ではないのはわかっています。

 私はさっき会った司令官さんについて聞いてみました、途端に吹雪改ちゃんは饒舌に語りだします。

司令官さんのかっこよさ、優しさ、仕事をしてる姿がステキなことなど話し出したら止まりません。

聞けば吹雪改ちゃんは初期艦として鎮守府に配属され、司令官さんと二人三脚でこの鎮守府を作り上げてきたとのことです。

まだ、二ヶ月ほどしか経ってないようですが、これから鎮守府を大きく育てていくんだと気合が入ってます。

司令官さんのためならと語る吹雪改ちゃんは正に恋する少女そのものでした。

いいなあ、私もこんな恋がしてみたい、尊敬する人を支えて一緒にお仕事できたら、どんなに素晴らしいだろう。

 私の心中を察したのか、一時間ほどでおしゃべりは終わり、吹雪改ちゃんは部屋を出て行きました。

部屋に置いてあった本を読んだり、テレビをみたりして時間を潰し、消灯時間に横になりましたが眠れません。

明日になったら記憶がなくなって、新しい人生を歩むことになる。

戦争するよりはずっといいけど、私はどうなっちゃうんだろう。



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/13(日) 18:41:44.25 ID:2n1Kx1cE0

 いくら考えてもしかたがないということはわかっています、気分転換に散歩することにします。

寝静まった鎮守府のなかを探検していきます、食堂、工廠、建造ドック、管理棟。

この鎮守府は、まだ出来たばかりで建物も少なく、一時間もかからず回り終えました。

 夜風にあたって少し気分が落ち着いた私は駆逐艦寮に戻ってきました。

足音を忍ばせて部屋が並ぶ廊下を歩いていたときに、「吹雪」のネームプレートがありました。

ドアにはわずかに隙間があり、気になった私はドアの隙間から部屋の中を覗いてみました。

ベッドの上でスースーと寝息を立てる吹雪改ちゃんを起こさないように部屋の中を観察します。

やはり同じ艦娘です、部屋の趣味も私服の趣味も完全に同じでした。

机の上の小物や、ベッドにおいてあるぬいぐるみ、どれもこれも欲しくなるものばかりです。

私が吹雪改ちゃんより先にこの鎮守府に来てたら、この部屋に住んでいたのは私だったのにな。

なんだか切なくなりドアを閉めようとした時に気がつきました、ベッド脇のテーブルに小さな錠前がついた腕輪がありました。

これは、もしかして・・・誤解体を防止する腕輪でした、これを付けてると解体されなくなる便利アイテムです。

私の頭の中で何かひらめくものがありました、いけないことです。

でも、私はその思いつきをやってみたくてたまらなくなりました。

寝る前の吹雪改ちゃんも普通の女の子にもどれるのがうらやましいと言ってましたよね。

私は部屋に忍び込み、誤解体防止腕輪を手首にはめ、目覚まし時計のタイマーを解除しました。

これは危険な賭けです、でも成功すればステキな司令官さんとずっと一緒に・・・

もしばれたら・・・その時は解体されちゃうだけです、どっちにしても同じことです。

 私はそっとドアを閉めて、吹雪の部屋を後にした。

真夜中ですけど、まだまだやることはたくさんあります、明日の準備をしないといけません。

私は夜明けまでの数時間を準備に使いました、寝不足になりますがしかたありません。

全てがうまくいけば明日の夜はゆっくり眠れるはずです、自分の計画を信じてがんばります。



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/13(日) 18:42:58.09 ID:2n1Kx1cE0

「司令官、おはようございます!今日も一日がんばりましょう」

私の挨拶に提督はまぶしいほどの笑顔で応えてくれました。

私の計画がうまくいけば、司令官さんの笑顔は私のものです。

この計画はスピードが命です、手順をあわてずひとつずつ確実にこなさなければいけません。

「司令官、遠征は昨日と同じ編成でだしておきました、今日は工廠任務から先に終わらせましょう」

私は朝が弱いほうです、誰かに起こしてもらうか、目覚まし時計がないと起きられません。

目覚まし時計は止めておきましたが、誰かが吹雪改を起こしに行くかもしれません。

先回りして、仲の良い睦月ちゃんと如月ちゃんを起こして、遠征に行ってもらいました。

吹雪改ちゃんが自分でおきたら私の負け、起きなければ私の勝ちです。

 開発レシピに悩む提督を急かし、10・10・30・10のケチケチレシピで開発開始です。

開発はゴミしかできませんでした、でも、そんなのはどうでもいいです、早く早く。

落ち込む司令官さんをはげまし、建造任務にとりかかります。

新しい艦娘が来るといいなという司令官さんに、私がいるじゃないですかと返しておきます。

そうですよ、他の艦娘に浮気したら許しませんから。

建造した艦娘はダブりでした、ほっとした私は次の任務の準備をします、急いで急いで。

 三回の開発は時間が止まっているように感じました、私の焦りが司令官さんに気がつかれないか心配です。

三回目の開発で長10cm高角砲ができました、良い兆候です、あとで私の装備にもらおうかな。

次は三隻の建造です、急ぎたいですが司令官さんに怪しまれてはいけません。

ダブった艦娘がきたら私の近代化改修に使わせてもらっていいですかと確認しておきます。

吹雪は改修MAXだろと司令官さんに言われ冷や汗をかいてしまいます。

そうでした、この鎮守府の吹雪は司令官さんのお気に入り、すでに改修MAXになってるのは当然のことでした。

適当にごまかして、三隻建造に取りかかります。

ゴーンゴーンと建造の音が鎮守府中に響き渡り、吹雪改ちゃんが起きてこないか心配になります。

一隻、二隻、三隻。やっと建造が終わりました、心の中でガッツポーズを決めます。



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/13(日) 18:43:47.59 ID:2n1Kx1cE0

 いよいよ解体任務です、仕事を開始してから1時間も経っていないのに、こんなに長く感じたことはありません。

提督に建造でダブった艦娘と昨日海域ドロップした艦娘を解体することを告げます。

吹雪改ちゃん、ごめんなさい、心の中で謝りながら工廠に解体依頼書をメール送信します。

 ここからが肝心です、私は咳払いをして声の調子を整えます。

受話器をとり、工廠へ電話をかけます、明石さん早くでてください。

「もしもし、お疲れ様です吹雪です、解体する吹雪ちゃんなんですけど私の部屋で寝ちゃってます・・・

 はい、はい、昨日の夜話し込んじゃって・・・そうなんですよ・・・

 解体怖がってましたからやさしくしてあげてくださいね、お願いします」

これで明石さんが吹雪改ちゃんの部屋に行って、吹雪改を連れ出すはずです。

私は気分を変えるために、司令官さんにお茶を淹れます。

私も一緒に熱いお茶をいただき、少し気分が落ち着いたような気がします。

そろそろ、明石さんが吹雪改の部屋に到着してるはずです、うまく連れ出せたかな。

 執務室の窓からパジャマ姿で引きずられていく吹雪改の姿がみえました。

「違います!私じゃないです!はなしてください!」

かすかに聞こえる声をごまかすべく、書類ファイルを机にドンと置きます。

もう少し、あと少しで入れ替わりが成功しちゃいます。



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/13(日) 18:44:50.07 ID:2n1Kx1cE0

 演習艦隊の編成に悩む提督を横目で見ながら、かたわらの端末を操作します。

艦娘名簿を表示させ、レベルソートで並び替えました。

吹雪改の名前が最上段に表示され、私は心の中で秒数をカウントします。

工廠について解体されるまで後どれくらいかな、2~3分かな。

きっと今頃、明石さん相手に必死になって騒いでいるに違いない。

もしかして、暴れたりしてるかもしれない。

でも力は明石さんのほうが強いはず、押さえつけて解体装置に吹雪改を押し込んで、スイッチを押して・・・

工廠から吹雪改の悲鳴が聞こえたような気がした。

気のせいだ、ここまで声が聞こえるはずないじゃない、冷静にならなきゃ。

 私は意識してゆっくりと端末を操作し、名簿の再読み込みを行いました。

名簿の一番上から吹雪改の名前は消えていました。

私はゴクリと唾を飲み込み、今度は着任順で名簿を並び替えて確認しました。

間違いありません、吹雪改の名前はありません。

私は賭けに勝ったんです。

私がこの鎮守府の吹雪になりました。

「司令官!演習の旗艦は私にやらせてください!吹雪、がんばります!」

司令官さんはいきなりの申し出に驚いていましたが、快くOKしてくれました。

がんばってレベルをあげて、早く改装しないと!

特型駆逐艦、吹雪型一番艦、吹雪!いきます!司令官!見ていてください!


END



元スレ
【艦これ】特型駆逐艦「吹雪」始末記
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1570959561/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (18)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年10月13日 20:57
          • なかなかに怖くて面白かった
            艦これは5年以上やってないが
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年10月13日 22:37
          • この入れ替わった吹雪ちゃんが二人目だとは限らないよね……
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年10月13日 22:50
          • ヒョエー
            うちの鎮守府確認してきマッシュ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年10月13日 22:57
          • うちは殆ど死んでいるさんとこの艤装だけがドロップする説を信じてるんで…
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年10月13日 23:33
          • >>4
            艤装だけドロップするなら沈んだ時どうするんだろ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年10月13日 23:42
          • 改とそれ以外を気にしない辺り、提督ダメじゃね?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年10月14日 00:19
          • 始末記ってそういう意味か。こえーよ…
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年10月14日 01:49
          • 短くて良い
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年10月14日 08:05
          • さすがに改と新規艦が入れ替わったら秒でばれるだろ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年10月14日 08:30
          • 改じゃなくてもレベルで気付く
            逆に気付かない提督は無能
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年10月14日 12:28
          • 削除🔒をつけ忘れれてデイリー解体された防空駆逐艦がいてだな……
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年10月14日 20:31
          • >>11
            初月RTAの話は止めろ、俺に効く
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年10月14日 13:35
          • その後、再びダブった吹雪が「今度は騙し打ちのようなことはしないでね…」なんて言ってきたら、累ヶ淵感があってよろしい
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年10月14日 15:08
          • 誕生、黒吹雪
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年10月14日 17:36
          • 綾波「たぶん貴女は三人目だから」
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年10月15日 04:53
          • 2 読みやすいし面白かった
            でもこういう後味が悪い作品は個人的にNG
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年10月15日 08:59
          • 提督「またやっちぁったかぁー! 君で6人目だよ」
          • 18. 以下、VIPにかわりましてブッキーがお送りします
          • 2019年10月15日 10:44
          • 多分これが一番早いと思います。

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • アラーム「ピンポロパンポンピンポロパンポン」カチッ 俺「スヌーズを5分後にセット」
        • 痴漢「(ククク…)」JK「(やだ…痴漢!?)」
        • 美少女「ぐへへ、>>4(おまんま)してやるぅ」俺「ウワーッ、やめろーッ」
        • 美少女「ぐへへ、>>4(おまんま)してやるぅ」俺「ウワーッ、やめろーッ」
        • 【アズールレーン】 黒青の空
        • 女の子「ちょっと待てよ」
        • 🐸「魔王・・・・ッ!!!」 😈「ほぅ・・あのときのカエルか」
        • 【マギレコ】環いろは「桜子ちゃんが二人になっちゃった?!」
        • 女の子「そろそろ期末かー」
        • 【冴えカノ】倫也「別れてくれ、恵」 恵「はいはい」
        • 【まちカドまぞく】シャミ子「桃、千代田桃……千代田……千代田優子」 カキカキ
        • 【まちカドまぞく】シャミ子「桃、千代田桃……千代田……千代田優子」 カキカキ
        • 【モバマス】パブロフの肇【山紫水明】
        • 【モバマス】白雪千夜「足りすぎている」
        • 【とある】御坂「何でアンタがいんのよ…!」 初春「…へ?」
        • 【まどマギ】ほむら「遊戯王をしましょう」マミ「いいわよ!」
        • 勇者(♀)「よかったね、またボクに守ってもらえてさぁ。」
        • 妹「>>4しよっか」俺「えっっ」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ