TOP

文芸部部長(♀)「このまま世界が壊れてしまえばいいのにって、そう思うことありません?」

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/09(月) 03:08:16.569 ID:0bjyQ1Tg0

部長「だって、これだけの風が吹いているんですから。もしかしたら、寝て目が覚めたときには世界は荒廃して、何もなくなっていて……」

部長「もしもそうだったら、素敵だなって……そう思うこと、たまにありませんか?」

部長「……さあ、どうなんでしょうか。私のこれは、破滅願望と言っていいのでしょうか?ごく当然の、思いつきだと思うんですがねぇ…。」

部長「…………仮にね、○○くん。仮に私の妄想通りに、この世界が崩壊したとしても、キミは生きていてくれたらいいなって、そう思うんですよ。」

部長「だって、キミは私の友人ですから。友人がいなくなって嬉しい人間なんていませんよ。キミだけは、特別です。」

部長「だから約束してください。もし世界が壊れてしまっても、キミは絶対に生き残ってください。どんなことをしてもいいから、必ず生存してください。」

部長「私も、きっと必ず生き残ってみせますから。そうしたらまた、ここに集まりましょう。……一緒に本でも読みながら、ゆっくりと……何にも縛られない時間を、ふたりで過ごしましょう…。」

部長「…………ふふ、どうしたんですか?いやだな、妄想だって言ったじゃありませんか。壊れませんよ、私たちの世界は。……すぐにはね。」



2:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/09(月) 03:08:26.263 ID:0bjyQ1Tg0

みたいなのどうよ



3:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/09(月) 03:08:56.868 ID:2X5whVvU0

そんなに吹いてないよ風



5:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/09(月) 03:10:38.322 ID:0bjyQ1Tg0

>>3
嘘だろ
海沿いだからこんなすげぇことになってんのか?



11:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/09(月) 03:27:04.027 ID:0bjyQ1Tg0

部長「しかし……外は本当に凄い音ですね。吹きすさぶ風の音、打ち付ける雨の音……時折通る、消防車のサイレンの音…。」

部長「非日常感っていうんでしょうか……不謹慎かもしれませんが、少しわくわくしますね。ふふっ。」

部長「私たちが下校するときにも、まだ嵐は止まないのでしょうか。もしそうだったとしたら、帰れませんよね。」

部長「そうしたら、私たちはこのままこの部室で夜を明かすことになるのでしょうか。……ね、○○くん?」

部長「若い男女が学び舎で……この薄暗い密室で夜を明かすなんて……とっても官能的で、いいですよね。」

部長「……ふふ、へんな○○くん。私はただ、思ったことをそのまま口にしただけですよ。」

部長「…………○○くん。私は、キミのことが好きですよ。」

部長「ふふふっ……さあ?それが、どういう“好き”なのか、私でもよく分からないんです。」

部長「でも、それはあまり大した問題ではないようにも思えます。私はキミのことが大好きです。きっと、キミのためなら大抵のことは出来ますよ。……試してみます?」

部長「そうですねぇ…………それなら、こうしましょう。本当にこのまま私たちがここで夜を明かすことになったなら、私はキミの望むことをなんでもしますよ。」

部長「仮に、キミが私とセ○クスをしたいと言えば、私はそれに従って大人しく組み敷かれてあげましょう。……もしもキミに死ねと言われれば、キミ目の前で首を掻き切ってみせますよ。」

部長「それくらいには、キミのことが好きです。…………爽快ですよ。よくやく言いたいことが言えた。伝えることができた。」

部長「……人の愛情というのは、きっとあらかじめ分量が定められていると思うんです。守りたい人が沢山できれば、その分量から見合った量を分け与えるんです。」

部長「しかし……もしその守りたい人が、この世界でたったひとりしかいないとしたら…………私の持つ愛情すべてを、その人に捧げることになる。」

部長「少なくとも今の時点で私の守りたい人は…………キミひとりだけですよ、○○くん。」

部長「でも、それも今のうちだけかもしれません。この学校を卒業して、社会に出て……様々な人と出会い、いろんな経験をすれば、きっと私にもひとり、もうひとりと守りたい人が増えるかもしれません。もしかしたら、キミが除外されることにもなるかも。」

部長「そうなったときキミは、私に対してどんな感情を抱くのでしょうね?……それはそれで、とても興味深いですね。ふふふっ。」



12:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/09(月) 03:36:58.648 ID:0NOicUmd0

じゃあ恥を忍んでママになってとお願いしようかな



18:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/09(月) 04:01:22.335 ID:0bjyQ1Tg0

>>12
部長「ママ…………というと、それはキミの母親になってほしいと、そういうことですか?」

部長「……ふ……ふふっ……あはははっ…。……いやぁ、いきなり何を言い出すかと思えば、ふふふっ……そうですか、ママにねぇ…。」

部長「ええ、もちろん構いませんよ。私もしっかりキミのママになれるように、頑張りますからね。」

部長「……それがキミの望む私の役割なら、永遠に…………いや……。」



14:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/09(月) 03:52:05.230 ID:4xz4ykXdd

文芸部の活動で二人だけ遅くまで残ってたら、台風が凄くて帰れなくなったやつ
学校から家には電話してもらってて非常用のマットレスや食べ物も用意してもらってるけど
やることがなくてずっと二人で会話してるとかだったらすてき



16:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/09(月) 03:53:27.528 ID:0bjyQ1Tg0

部長「……それにしても、ついぞこの文芸部に新入部員は来ませんでしたね。」

部長「まあ、このご時世にわざわざ堅苦しい活字を読みにくる時代錯誤的な人間はいませんか。そもそも、勧誘すらまともにしませんでしたからね。」

部長「でも、そのおかげで私はキミを独占できている…。…………ふふふ、人聞きの悪いことを言わないでください。わざとじゃありませんよ、偶然です。」

部長「でも、偶然が私に味方してくれてよかった。そう思えば、この世界もまだまだ捨てたものでもないのかも、と思えます。」

部長「……私にはね、○○くん。幼少の頃から自分の心の中に、“理想の世界”というものを作り続けてきたんです。」

部長「今のこの世界とはまったく違う、私が望む世界の形……それを昔から自分の心の中で、連綿と作り上げているんです。」

部長「そこでは命の形も、秩序も、言葉も何もかも、すべてが違う…………もしもこの世界の人が私の“理想”を垣間見たら、狂っていると言うかもしれません。」

部長「でもね……そんななかでも、いくつか“こちら”と変わらないものもあるんですよ。そのうちのひとつが……○○くん、キミです。」

部長「いつからか、キミは私にとっていなくてはならない存在になっていった。だから私は無意識のうちに、“理想”にキミを招待したのでしょう。」

部長「私にとって“理想”は、なくてはならない存在。そこにキミも存在しているということは、キミもまたやはりいてもらわなくては困るものなんですね。」

部長「……キミがこの世界にいるから、きっと私は“理想の世界”を、まだ理想として存在させられている。キミがいるから、私はまだこの世界に愛想を尽かせないでいられる。」

部長「キミの存在は……大きいですね、やはり。文芸部なんていう枠組みにこだわるのも、きっとそういったことが原因なんでしょうか?」

部長「…………つくづく思いますよ。この部室にいるのが、私とキミだけでよかった、って。きっとそれ以外は、雑味でしかないから。」



元スレ
文芸部部長(♀)「このまま世界が壊れてしまえばいいのにって、そう思うことありません?」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1567966096/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (6)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年09月09日 12:03
          • モニカかなにか?
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年09月09日 12:14
          • ジャスト モニカ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年09月09日 15:12
          • モニカやん
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年09月09日 17:27
          • 怖い可愛い。こわいい。
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年09月09日 21:32
          • かわいさ通り越してオシャレ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年09月10日 11:02
          • これセリフだけ羅列してるから早口でしゃべってるように見えて無理

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 【シンフォギアXV】マリア「切歌の変身バンクエロすぎ問題」
        • 【安価】彡;(゚)(゚)  「あかん・・・腹が痛い」
        • 俺「暇だ..>>6(就職)するか」家族「!?」
        • 彡(゚)(゚) 「ワイが>>2(ゴミ)やと?!」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 【デレマス】ロマツア水戸黄門
        • 【ゼロワン】福添准「美食家なヒューマギア?馬鹿馬鹿しい」
        • 【うちの娘。】ラティナ「大きい方が好き?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「ワイが……仮面ライダー!?」ヒロイン「そうよ」
        • 死後俺「うっ…ここは?」係員「はい、以上で底辺シミュレーターは終了です」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 【変好き】紗雪「根本的な事を忘れていたわ・・・」
        • 暗殺者(♀)「よう。こんな夜更けになにをしているんだ?」
        • 男「へぇ~、課長ってスト2がお好きなんですか」女上司「ファイッ」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ