TOP

【五等分の花嫁】四葉「安価で上杉さんを幸せにします!」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/06(金) 19:32:26.23 ID:yhiUUm4S0

原作に関しては10巻まで、アニメは一切見ていません。四葉推しです。よろしくお願いします。



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/06(金) 19:39:42.23 ID:yhiUUm4S0

四葉「三年生に進級してからというもの、上杉さんは私たちの進路や卒業のためにいつも以上に苦労されています… 私に出来ることなら何かしてあげて少しでも力になれればいいのですが、どうしましょうか… そうだ!安価下しましょう!あれなら上杉さんも喜ぶこと間違いなしです!」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/06(金) 19:42:06.05 ID:f2tOJ8O0o

添い寝



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/06(金) 19:46:43.77 ID:yhiUUm4S0

四葉「そうですね、最近は私たちのためのプリント作りや、自分のための勉強で毎日眠れていないはずです。きっと恥ずかしがるでしょうがゆっくり寝かせてあげましょう!上杉さんに何と言って呼び出しましょうか…安価下」

添い寝は確定



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/06(金) 19:49:17.77 ID:q26gv5N5o

正直に自分の名前を書いて手紙で呼び出す



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/06(金) 20:05:29.95 ID:yhiUUm4S0

上杉さんへ、最近色々と負担になって疲れていませんか。学校でたまたま、立ち眩みをしているのを見かけました。見たのは今回が初めてでしたが、もしかしたらずっと我慢をしていたんじゃないんですか?頑張ってくれるのは嬉しいですが、たまには私に頼ってくれませんか。放課後、おうちに来てくれると嬉しいです。

四葉「これを下駄箱に入れて、これで良し!きっと上杉さんなら来てくれるはずです!じゃあ家に帰って待ちましょう!上杉さんが来るまでどんな準備をしましょうか…安価下」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/06(金) 20:18:27.71 ID:yhiUUm4S0

あ、これには四葉って書いてあります。



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/06(金) 23:50:03.37 ID:8klDWdUno

アロマでも用意する



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 00:25:26.71 ID:FJ++WxJx0

四葉「そういえばこの前に二乃から癒し効果があるっていうアロマを貰ったんでした…いい機会なんで使ってしまいましょう!」

辺りに少しいい匂いのするアロマが漂った

四葉「あ!上杉さんが来ました!今は家に誰もいないので皆に囲まれてつかれる心配はないですね!」

ガチャ

四葉「上杉さーん!こんにちは。私の手紙見ていただいてどうもありがとうございます!」

風太郎「おう。その、何だ。俺の身体を気遣ってくれて嬉しい。ありがとうな。自分でも最近は色々と追いつめられていた感じはあった」

四葉「いえいえ、私たちが何かとご迷惑をかけていたので寧ろ申し訳ないばかりで」

風太郎「まぁ。そんなわけで今日は勉強を忘れて自分の身体を四葉に頼ろうと思う。よろしくな」

四葉「はい。では早速私の部屋に行きましょう!」

風太郎「いや、ちょっと待ってくれ。リビングじゃできないのか。ほら、お前も年頃の娘だろ?そういうことは軽々しく言わないほうがいい」

四葉「もしかして上杉さん私の部屋が汚いとか思ってますか!割と綺麗にはまとめているつもりですよー」

風太郎「そういう訳じゃなくてな…」

四葉「いいから行きましょう!それとも今日は私に任せてくれるんじゃなかったんですか?」

風太郎「! なら頼む。お前も俺を信頼してくれているんだな」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 00:45:53.04 ID:FJ++WxJx0

部屋に入る二人。

風太郎「自分で言うだけあってかなり綺麗だな。それになんかいい匂いもする」

四葉「そうでしょー。それにこの匂いは何でも疲れを取る効果があるらしいですよ!」

風太郎「そうなのか。お前がここまで気をつかってくれるなんて相当俺は追いつめられていたように見えていたんだな」

四葉「確かにそうですけど、いつも普段から私に頼ってください。上杉さんが倒れたら皆心配しますし、それに疲れたって実感した時にはもう遅いってときもありますから」

風太郎「ああ。本当にありがとうな。ところで部屋まで来て何をするんだ?このお香?を焚いていたっていう理由もわかるんだが」

四葉「唐突ですが上杉さん。人が一番疲れを解消させるには何が必要だと思いますか?」

風太郎「そうだな。食べることなんじゃないか。実際に食べて疲れを取ってる奴が周囲にいる」

四葉「確かにあの子なら効果は絶大かもしれませんが… 他ならなんでしょう?」

風太郎「風呂、運動、睡眠とかか?」

四葉「上杉さん大正解です!今日はその中で睡眠を用いて休養をしましょう!」

風太郎「え、つまり俺がお前のベッドで寝るのか?確かにベッドは相当気持ちいいし疲れは取れそうだ」

四葉「更に、今ならこの私!不肖四葉が添い寝しております!」

風太郎「それは流石にマズいんじゃないか。俺も一応男だ。信頼してくれるのは嬉しいんだが…」

四葉(どうしましょう…さっきまで乗り気だったのに急に悩んでいます…上手く上杉さんを説得しないと。そうだ、安価下はどうでしょうか)



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 01:00:58.52 ID:f2SAs7ENo

添い寝によるスキンシップは、オキシトシンの分泌を促します。
オキシトシンは、自律神経を整えストレスを緩和するホルモンで、幸せホルモンと呼ばれることもあります。
なんと記憶力や免疫力にも効果を発揮してくれるんだとか。2人で眠るだけでこんな効果が手に入ったら嬉しいですよね!!



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 01:02:09.59 ID:XEoYOAFI0

最近風太郎がいなくなってしまう夢をよく見るため実は自分もあまり眠れていない、起きたとき側にいて安心させてほしいと伝える



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 01:08:37.84 ID:FJ++WxJx0

>>11、12はどっちも拾います。次からは安価下1で行きます。範囲が分かりづらくて申し訳ありません。



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 01:11:32.00 ID:XEoYOAFI0

ああいや、自分が更新してなかっただけなので大丈夫ですよ



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 01:25:43.21 ID:FJ++WxJx0

四葉「そうです!添い寝によるスキンシップは、オキシトシンの分泌を促します。
オキシトシンは、自律神経を整えストレスを緩和するホルモンで、幸せホルモンと呼ばれることもあります。
なんと記憶力や免疫力にも効果を発揮してくれるんだとか。2人で眠るだけでこんな効果が手に入ったら嬉しいですよね!! 」(調べておいて良かった…)

風太郎「そうだったのか。そんなにいい物ならやってみたい気もしてきたが… 四葉、お前はどうなんだ。その、やっぱり男女が同じベッドというのは少しアレだろ」


四葉「私は全然嫌じゃありません。というか私は先程から言ってくれたような親切で良い人間なんかじゃないんです」

四葉「最近毎日寝るのが怖いんです。上杉さんが私から、私たちからいなくなってしまう夢を見てしまって。それも何度も。上杉さんが絶対そんなことしないって分かっているんです。実際毎日上杉さんにはよくして頂いてますし。でもどうしても寝るのが不安なんです。それで最近は寝不足で。だから貴方を気遣ったっていうのを建前に自分の不安を解消したかっただけなんです。起きたときに居たら安心できるだろうなって。本当にごめんなさい」

風太郎「四葉。自分をそんなに卑下しないでくれ。元はと言えば眠れないのも俺の原因だってあるかもしれないのに。自分が大変な時期だって言うのに人の事を心配できるのは心優しい。少なくとも俺が断言する」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 01:32:52.65 ID:FJ++WxJx0

四葉「じゃあ!」

風太郎「ああ、そうだな。一緒に寝よう。そして嫌な夢を見させないようにしたいな」

ベッドに入る二人。シングルなので狭い。色々と当たる。

四葉「そ、それでは電気を消しましょう!」カオマッカ

風太郎「そうだな。おやすみ」カオマッカ

やがて一人分の寝息が聞こえてくる。しかし、

「(寝れない)」

寝れなかったのはどっち?
安価下1



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 01:36:10.63 ID:hG9Na3Wso

ふーたろー



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 01:50:41.05 ID:FJ++WxJx0

風太郎「(あんなことは言ったが寝れるはずがない。同級生で可愛い女の子がすぐ横で寝ているのに寝れるはずがない。うん、寝れないのが普通だ)」

風太郎「(でも一瞬で四葉は寝たんだよな。俺が気にしすぎなのか。いや、違う。最近眠れていないと言っていた。今になってからだが四葉はどことなく無理をしていた感じがあった。生徒の体調も見抜けないようじゃ家庭教師失格だな)」

風太郎「(そんな四葉が気を遣ってくれたわけだし俺も早く寝たいな。よく考えれば昔三玖とも俺は寝たことがある。その時を思い出せば寝れるはず)」

四葉「んっ」ムニャムニャ

風太郎の胸に抱かれるかのように四葉は近づいてきた。

風太郎「(やばいやばい!間違いを起こしそうになってしまう。俺は誠実に行く。行かなければならない!)」

リボンも外して安心しきった顔の四葉が顔のすぐ近くに。

風太郎「(このままじゃ色々とマズイ。このままいくと俺の理性が死ぬ。でもどうすれば!安価下1」

ちなみに18禁ではないです。当たり前ですが。



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 01:55:45.19 ID:XEoYOAFI0

いっそ抱きしめてみる(錯乱)



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 02:06:57.35 ID:FJ++WxJx0

風太郎「(あーもう四葉可愛すぎる!今なら寝てるしこれくらいならいいよな…?)」

まずはやんわり抱きしめる。

風太郎「(女の子特有のいい匂いに、バスケや陸上の助っ人で引き締まった身体。でも全体的に柔らかい。そして落ち着く。)」

風太郎「(もう少し強く抱きしめてみよう。かなり深い眠りに入ってそうだし、だいじょうぶだろう)」

しっかり抱きしめる。身体は密着している。

風太郎「(あー、癒される。これは今日死んでもいいな。俺も結構眠くなってきた。)」ウトウト

風太郎「(大丈夫だよな?起きてないよな?)」

起きているかどうか。安価下1



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 02:41:07.80 ID:XEoYOAFI0

寝ている

30分経ってるしええかな、と思ったけど次の投稿までに他に来てたら下で



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 09:16:19.85 ID:FJ++WxJx0

四葉「うえすぎさん…」ムニャムニャ

風太郎「寝ている…よな?うん、寝ている。このまま寝たらなんか寝相が悪かったとか言って誤魔化せるかもしれない。俺も寝よう」

数時間後…

四葉「(悪夢なんか見ずにすっきり寝ることが出来ました!これも上杉さんと添い寝したおかげです!上杉さんはしっかり寝れたでしょうか?)」

抱きつかれている自分と抱き着いている風太郎を認識する。

四葉「え…これって!確かに安心感がありましたけど、こういう事だったんですね」

四葉「(さっきはつい声出しちゃったけど上杉さんは今もグッスリ寝ている…きっと相当疲れていたんだ。なら私の今回の事で少し疲れが解消されたかな?)」

四葉「(寝ているときの上杉さんはとってもかっこいいです!私の前でこんな無防備なところを出してくれるのもかなりなんか、いいですね)」

外を見る。辺りはかなり暗くなってる。

四葉「(どうしましょう…上杉さんをそろそろ起こさないと…でもこの寝顔も堪能したいし…うーん、安価下1ですね」

起こすか起こさないか。ちなみに起こさないでいるとコンマ50以上でこの光景を姉妹の誰かに目撃される。



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 10:12:14.24 ID:fM7k6quE0

うーん起こす



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 10:33:26.29 ID:FJ++WxJx0

四葉「(ここは流石に皆に誤解されそうですし…起こしておきましょう…)」

四葉「起きてくださーい!上杉さーん!もう夜ですよー!」

風太郎「あぁ、おはよう。結構寝てたみたいだな…て、ん?」

未だに抱き着いていることに気付く。

風太郎「違うんだ、四葉、これはあの、そのだな… 襲ってはいないから信じてくれ」

四葉「あ!ぜ、全然大丈夫ですよ!寧ろ暑くて寝れなかったとかなら迷惑にしかなってないので。私もさっき起きたんですけどどうですか?寝れましたか?」

風太郎「ああ。良く寝れた。多分相当深い眠りだったんだろう。頭もすっきりしているし目覚めもいい。ありがとうな。四葉は怖い夢、見なかったか?」

四葉「はい、おかげさまで。上杉さんのおかげだと思います。ありがとうございました!」

「(い、言えない。)」

風太郎「(実はちょっとムラっと来て抱きしめたことなんか!)」

四葉「(今起きたばっかりじゃなくて、ガッツリ上杉さんの寝顔を堪能していたことなんて!)」



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 10:43:50.67 ID:FJ++WxJx0

風太郎「と、とりあえず。時間も結構遅いし、俺は今日帰る。ありがとうな。これで明日から気持ちよく頑張れそうだ」

風太郎「(今この場で四葉といたら何かよくないことが起こりそうだし)」

四葉「はい。私も久しぶりによく眠れました。これも上杉さんのおかげです。ありがとうございました!」

四葉「(なんか私を避けている?もしかして添い寝が嫌だったとかでしょうか!不快な思いのまま帰らせてはまずいです。今日くらいは彼にとっての癒しにしないと… でももうすぐ皆帰ってきちゃうし… そうだ!)」

四葉「上杉さん。それで何ですけど、寝て少し体が暑くなったので夜風に当たりたいなと思っていまして。嫌なら構わないんですけど、ちょっと安価下1でも行ってみませんか?」



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 12:17:17.00 ID:fM7k6quE0

今日土曜日なのに人少ないな

公園



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 12:37:36.28 ID:FJ++WxJx0

四葉「あの時の公園に行きましょう!ここからだと距離的にもちょうどいいですし!」

風太郎「そうだな。そんなに時間がかからないし丁度よさそうだ」

ビュー

四葉「夜だからか風が結構冷たいですね…」プルプル

風太郎「(これってつまりそう言う事だよな?いいよな?寒いって言ってるしこれ以上のスキンシップしたし)」ギュ

四葉「う、上杉さん///」

風太郎「す、すまん。寒いなら温まるかと思って。らいはにやるようについ癖で」パッ

四葉「あっ…」ショボーン

四葉「い、嫌ではないんですよ!ただ、少しびっくりしただけというか寧ろありがたいんですが」

風太郎「なら」ギュ

四葉「///」



29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 12:53:20.67 ID:FJ++WxJx0

風太郎「着いたな」

ベンチに座る。

四葉「はい。今日は本当にありがとうございました。って言ってもほとんど寝ていただけなんですけどねー」シシシ

風太郎「こちらこそ。最初に手紙を見たときは一体何だと思ったが何だかんだ結構楽しかった」

四葉「(なんか上杉さん素敵です… でも私なんかじゃ絶対釣り合わないし今日のこれだけで満足するべきだよね)」

四葉「(でも、私の事を上杉さんは馬鹿だと思っているから。これくらいなら大丈夫なはず。)」

四葉「上杉さん。月が綺麗ですね」

風太郎「死んでもいいわ…」

四葉「! 何言ってるんですか上杉さん。そこはお前も綺麗だよとかそういう言葉がいいんですよ!」ハヤクチ

風太郎「四葉。お前は国語が得意だってことくらい俺にでもわかるんだ。だからその言葉の意味も分かった。その上で、そう言ったんだ」

四葉「そんな… い、今のは冗談です。四葉ジョーク。うまく騙されちゃいましたねー」

風太郎「そうか。ならどうして泣いてるんだ」



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 13:03:33.29 ID:FJ++WxJx0

四葉「え、そのこれは本当に違います。おかしいな。目にゴミでも入ったのかな」ポロポロ

風太郎「四葉!」ダキシメ

風太郎「俺はお前が好きだ。前に欲しいものについて聞いたな。俺はその欲しいものになれているか?本当はわかっていたんだ。あの時の娘が四葉だって。気付いたのは最近だがそうだろ?」

四葉「いいんですか?私は一花みたいに綺麗じゃない。二乃みたいに料理が出来るわけじゃないし三玖みたいに努力しているわけじゃない。五月もきっとあなたの事が好きです。それなのに、私でいいんですか?」

風太郎「他の誰でも無い四葉だから良いんだ。その優しさや明るさは皆には無い。寧ろ俺なんかに皆が好意を持ってくれていることの方が不思議なくらいだ。返事、いいよな?」

四葉「私は、私は!安価下1」

受けるか断るか。どっちにしろこれでラストです。



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 13:18:35.06 ID:fM7k6quE0

ヒャア我慢できねぇ

受ける



32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 13:30:42.20 ID:FJ++WxJx0

四葉「(一花、二乃、三玖、五月。ごめん。でも私、もうこの気持ちを抑えられない。)」

四葉「上杉さん、私もあなたの事が大好きです!今までずっと隠していました。初めて会った時から、ずっと、ずっと」

四葉「私多分ものすごく重い女だと思います。姉妹の誰かとでもきっと、耐えられません。今なら間に合います。フッてもらっても。でも、それでも私の事を受け入れてくれるなら。私にキ、キスしてください!」

風太郎「勿論だ」ブチュー

四葉「(あ、私今最高に幸せです。あの上杉さんに求められている。好きって気持ちがわかる。神様、私幸せになります」

そして、上杉さんのことをこれから絶対に幸せにします!



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/07(土) 13:33:21.47 ID:FJ++WxJx0

以上です。昨日の夜から今までありがとうございました。安価してくださった方、助かりました。
最後に、五等分の花嫁のSS皆書いて(懇願)



元スレ
四葉「安価で上杉さんを幸せにします!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1567765945/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (5)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年09月07日 16:41
          • 無料放送でAT-Xで6話を見てたワイにタイムリーな
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年09月07日 16:50
          • …原作十巻までならなぁ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年09月07日 18:03
          • 俺は人生グチャグチャになった一花を幸せにしてあげたいよ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年09月07日 18:41
          • 作者が四葉推しだから仕方ない

            ワイは二乃に幸せになってほしい
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年09月07日 23:17
          • ぶっちゃけ、五つ子の誰かと結ばれてもメン◯ラだからキツイわ。

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 【シンフォギアXV】マリア「切歌の変身バンクエロすぎ問題」
        • 【安価】彡;(゚)(゚)  「あかん・・・腹が痛い」
        • 俺「暇だ..>>6(就職)するか」家族「!?」
        • 彡(゚)(゚) 「ワイが>>2(ゴミ)やと?!」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 【デレマス】ロマツア水戸黄門
        • 【ゼロワン】福添准「美食家なヒューマギア?馬鹿馬鹿しい」
        • 【うちの娘。】ラティナ「大きい方が好き?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「ワイが……仮面ライダー!?」ヒロイン「そうよ」
        • 死後俺「うっ…ここは?」係員「はい、以上で底辺シミュレーターは終了です」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 【変好き】紗雪「根本的な事を忘れていたわ・・・」
        • 暗殺者(♀)「よう。こんな夜更けになにをしているんだ?」
        • 男「へぇ~、課長ってスト2がお好きなんですか」女上司「ファイッ」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ