TOP

【五等分の花嫁SS】四葉「Lemon」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/01(木) 20:16:47.13 ID:Pv9aFlZa0

夢ならばどれほど良かったでしょう。
未だにあなたのことを夢に見る。



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/01(木) 20:17:48.52 ID:Pv9aFlZa0

〈公園〉


四葉「………………」ギィギィ


降り続ける雨は、まるで私の心の中そのものだった。
やむことのない雨は少しずつ体を濡らし、ゆっくりとぬくもりを奪っていく。ホントなら傘をさすかお家に帰るかしないといけないところですが、私はそのどちらも選ばなかった。
ただ淡々と、誰もいない公園でブランコをこぎ続けている。

原因ははっきりしていた。


──上杉さんだ。



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/01(木) 20:18:56.90 ID:Pv9aFlZa0

四葉「………………」

一花「やっぱり、ここにいた」

四葉「………………」

一花「こんなところで傘もささずにいたら風邪ひくよ」


ゆっくりと歩み寄ってきた彼女は、私のすぐ目の前で歩みを止めた。
一花は私がその場を離れようとしないことを察したのか、目線を合わせるよう腰を落とした。



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/01(木) 20:19:55.29 ID:Pv9aFlZa0

四葉「一花」

一花「急に飛び出して行っちゃったから、みんな心配してるよ」

四葉「……やっぱり、こうなっちゃったか」


上杉さんが結婚してから、もう三年も経つ。
それぞれの道を歩み出して、ようやくみんなの予定が合った今日は11月23日。
そう、勤労感謝の日だ。


一花「嫌なことでもあった?」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/01(木) 20:21:47.65 ID:Pv9aFlZa0

私は首を横に振る。
嫌なことがあったわけじゃない。ただ惨めになっただけ。上杉さんと五月が幸せそうにしている姿を、傍で見ていることに耐えられなくなっただけ。来年の頭には新しい命が生まれることを、みんなが祝福している中、私だけ素直に祝うことができなかった。
ただそれだけ。
高校生のときのように分厚い仮面を被って、純真無垢を装った哀れなピエ口を演じられなくなっただけなんだ。


一花「なら、どうして? せっかく久しぶりの家族団欒だったのに」

四葉「一花、ごめん。私はあそこには戻れない」

一花「……もしかして、フータロー君のこと?」

四葉「……べ、別にそんなこと!」

一花「図星、なんだね。相変わらず嘘が下手だなー、四葉は」
 

一花はにこりと柔和に微笑んだ。今世間を最も賑わせている女優として、大きな成功を収めている一花なら、私の立場になったとしても人を惹きつける笑顔を浮かべることができるのかもしれない。でも、今の私には無理だ。到底できっこない。



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/01(木) 20:23:28.22 ID:Pv9aFlZa0

一花「はい、これ四葉の。ないよりはマシでしょ」


そう言って一花は手に持っていたもう1本の傘を広げ、差し出してきた。
手に力が入らなかったせいか、一度取り損ねた。一花は落ちた傘を拾い上げて、今度は直接手渡してくれた。


四葉「……ありがとう」

一花「どういたしまして」


一花は隣のブランコに座り、街の方を眺めた。
雨が降っていても、この場所なら街の様子がうかがえる。米粒みたいに小さな光だけど、その小さな光一つ一つに家庭があって、家族がいる。
 それを確かめることができるこの場所が、私は好きだった。


でも、今は昔とは違う──


家族という括りは鎖みたいに私を締め付け、離さない。
彼を忘れられないまま未練たらたらな状態で、誘われるがままこの街に帰ってきたのはやはり失敗だった。



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/01(木) 20:24:42.98 ID:Pv9aFlZa0

一花「やっぱり、まだ諦めきれてない?」

四葉「そんなことは……ない、と思う」

一花「まあ無理もないよ。私だってフータロー君に会うと、まだちょっとドキッとするし」

四葉「一花もそうなの!?」

一花「ははーん、やっぱりねー。未練があるわけだ」

 
一花は意地悪そうに口角を上げ、こちらを覗き込もうとした。その姿は長女でありガキ大将だった一花そのものだ。成人しても、根っこのところはあの頃と変わらない。



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/01(木) 20:27:29.00 ID:Pv9aFlZa0

四葉「い、いや……これはその…言葉のあやというやつで……」

一花「こんなとこでまで嘘つかなくていいよ」

四葉「うっ、ううっ……」

一花「どうせアレでしょ? 久しぶりにフータロー君からお誘いがきた! これはもしかするとワンチャンあるかな──とか期待してホイホイ帰ってみたら、みんな集まってるじゃん! あれ? 私って家族団欒のために呼ばれただけで、女としては意識すらされてないんじゃない? みたいなとこかな」

四葉「……はい」

一花「で、二人のお熱いとこ見せつけられて、意気消沈! 私なんかただの負け犬なんだ、盛り上げ役でしかないんだ──って感じで一人落ち込んでた……ということでいい?」

四葉「……間違いございません」

一花「おっけー。お姉ちゃんは正直者が好きだよ」


完全に見透かされていた。
完膚なきまでに、一分の隙もなく、ぐうの音も出ないぐらいまるっと見通されていたことで、私は更に肩を落とした。
一花がこれだけ悟っているのなら、二乃は当然見抜いてるだろう。三玖はテレビに夢中になっていたけれど、あれで気が回る子だから事態を察して大方の検討はつけるはず。みんなの様子を見て五月も状況を把握するだろうし、上杉さんは私がいなくなっただけで、ある程度のことは察するはずだ。



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/01(木) 20:30:13.10 ID:Pv9aFlZa0

ああ、我ながらなんてバカなことしちゃったんだろう。
これじゃあ、恥ずかし過ぎてみんなに合わせる顔がない。


四葉「ねえ、一花」

一花「ん?」

四葉「一花はさ、あの日から──夢を見たりする?」

一花「あの日って、いつ?」

四葉「上杉さんと五月が結婚した日」

一花「ああ……」


そう言って一花は口元に手を当て、ちょっとだけ考え込んだ。
眉間にしわを浮かべ、眉根をひそめてはいたものの、すぐにいつもの一花に戻った。



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/01(木) 20:31:15.32 ID:Pv9aFlZa0

一花「最初は、ちょっとだけ……あった」

四葉「!!??」

一花「とはいっても、あの時期は仕事的にも大事なとこだったから、割とすぐに切り替えはできたけど」

四葉「どんな夢だった!?」

一花「えっ? うーん、それは……ないしょ」

四葉「そっか……そうだよね。一花だって、上杉さんのこと好きだったんだもん。簡単に話したりなんか、できるはずないかー」

一花「あはは、ごめん。でも、フータロー君の夢を見たってことは確かだよ。それも一度や二度じゃなくて、何度も──」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/01(木) 20:32:32.93 ID:Pv9aFlZa0

一花の気持ちを聞いて、私は思わず息を飲んだ。
そうだ。上杉さんを心の底から好きだったのは、なにも私だけじゃない。姉妹みんなが彼の事を想い、今日に至るまでそれぞれ愛の形を示してきたはずだ。
平等じゃなくても、決して不公平ではなかった。
ただ、勇気が足りなかったんだ。
自分を曝け出して、彼の心に踏み込もうとする──強い勇気が。


四葉「……そっか。私は、今も夢に見るよ。上杉さんと幸せになってる夢。朝目が覚めたら隣にいて、一緒に朝ご飯を食べて、どうでもいいことでわーって笑いながら話をして、一緒に出かけて色々な場所に行って、最後はぎゅっと抱きしめてキスをしてくれる……まるで妄想みたいな夢を、毎晩のように──もうどうやっても叶うことはないのにね」

一花「………………」


一花はなにも言わなかった。
その告白がどういう意味を持つのか、よくわかっていたのだと思う。



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/01(木) 20:34:05.92 ID:Pv9aFlZa0

四葉「あの日から、ずっと息苦しいんだ……別に呼吸がしにくいわけじゃないよ。体の調子は悪くない。なのに、胸のここらへんが…ずっと痛くて苦しい」


私は自分の胸の左側あたりに手を当てた。
脈拍は正常で、心臓はこうしている間も当たり前みたいに体中に血液を運んでる。だけど、何故だろう。一秒後には急に全部止まってしまいそうな、奇妙な重苦しさがあった。


四葉「五月には悪いけど、今日……上杉さんの手を握ろうとしたんだ。でも、ダメだった。手を伸ばすどころか、震えを抑えるだけで精一杯……昔はあんなに傍にいたのに、まるでどこか遠いとこに行っちゃったみたいで──笑っちゃうよ、まるで嘘みたいでしょ」

一花「…………」


一花はなにも言わなかった。ただ無言のまま、じっと私を見つめていた。
目は口ほどに物を言うということわざがあるけれど、あれはきっと本当なのだろう。言葉に出さなくても、目の前にいる私の姉は全てを悟っていた。一花も同じ想いで、彼のことを見ていたはずなのに、どうして我慢ができる。



どうして────上杉さんを諦められるのだろう。



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/01(木) 20:35:28.79 ID:Pv9aFlZa0

一花「四葉は、フータロー君のことを忘れたい?」

四葉「忘れたいけど、忘れないよ……どうやっても頭の中から消えない。この街から離れて、高校のときのことはぜーんぶ忘れて、別のことに集中しようともしてみた。仕事と生活にさえ追われていれば、いつかはあの日のことも泡みたいに消えてなくなってくれるだろうって……そう思ってた」

一花「でも、そうはならなかった。だから、今日この街に帰って来たんでしょ」


私は静かに頷いた。


一花「それはもう、無理ってことだよ」

四葉「っ!?」

一花「あれから三年が経って、その間ずっと忘れようって努力しても忘れられないなら……もうこの先ずっと忘れられないんじゃないかな」

四葉「でも、それじゃあっ!」



一花「いいんじゃん、それで」





14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/01(木) 20:36:56.23 ID:Pv9aFlZa0

一花は私の言葉を遮るよう、はっきりと口にした。
声には有無を言わせない迫力があり、私はちょっとたじろいでしまった。


一花「忘れられないなら、ずっと覚えていればいいじゃん。私たちにとって……フータロー君と過ごした日々は、かけがえのない青春だったはず。なら、ずっと忘れずに胸の内に残しておくのだって、一つの選択肢だと思わない?」

四葉「けど、それは──」


忘れないということは、ずっと想い続けるということ。

今日のような日は、これから先一度や二度じゃないはずだ。
ひょっとしたことで、胸の傷が痛むこともあるだろう。笑顔でいることに苦痛を感じて、逃げ出したくなるときだってあるかもしれない。そんなとき、私はまた二人を傷つけてしまう。

大好きな人たちに、つらい思いをさせてしまう。

それだけはどうしても嫌だった。



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/01(木) 20:38:49.02 ID:Pv9aFlZa0

四葉「無理だよ。だって、みんなの前で昔みたいに笑っていられる自信がないもん」

一花「自信か。難しいね」

四葉「うん」

一花「じゃあ、笑わなくっていいよ」

四葉「……えっ?」

一花「無理して笑おうとするから、苦しくなる。別にいつもニコニコしてなくたっていいんじゃない? ほら、私たち五つ子なんだから、一人ぐらいムスッとしてたって誰かが笑ってればカバーできるって」

 
滅茶苦茶な理屈だった。
全員同じ顔をしているわけなのだから不可能ではないし、喜怒哀楽を五つ子全員でカバーしたら確かにちょっとユニークかな。



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/01(木) 20:40:09.14 ID:Pv9aFlZa0

四葉「いや、さすがにそれは無理じゃない?」


ほんのちょっとだけ想像して、すぐに無理だと気がついた。
だって、私たちはみんな同じ顔をしているけど──それでも違いはあるから。
きっと今の上杉さんなら一瞬で見抜いてしまうから。


一花「ダメもとで言ってみたけど、やっぱ無理かー」

四葉「ぷっ……ふふふ、あはははっ!」

一花「いきなりどうしたの!?」

四葉「だって、一花ってば……なんか昔の上杉さんみたいなこと言ってるんだもん」

一花「えっ、マジ!? 私、フータロー君みたいになってた!? うわー、なんか軽くショック」


露骨に落ち込みながら肩を落とす一花を見て、私はけらけらと声を上げて笑った。
こんなに笑うのは久しぶりだったので、顔がつりそうになりもしたけれど、何故か嫌な気はしなかった。
傘をかざすのを忘れていたせいで、雨が再び体を濡らしていても、あまり不快じゃなかった。



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/01(木) 20:42:26.60 ID:Pv9aFlZa0

四葉「さすが今話題の演技派女優! 無意識で想い人を演じるなんて、中々できることじゃないですよー」

一花「はあ!? 別に真似とかしてないし! すっごい落ち込んでたから、気をきかせただけだって!」

四葉「まあまあ。今回はそういうことにしといてあげるから」

一花「……なんで慰められてた方がマウント取ってるのかな」

四葉「まあまあ。細かいことは気にしないで」

一花「なんだかなー。どうも丸め込まれた気がしてならないんだけど」


一花はしきりに首を傾げてぶつぶつと呟いていたけど、声が小さくてなにを言ってるか聞き取ることはできなかった。
そうこうしてる内に次第に雨脚は弱くなっていき、傘が必要ないくらいの雨量になった。どうやら先ほどのはにわか雨だったらしい。
ほっとした半面、せっかく一花が用意してくれた傘も必要なくなったせいか、少し寂しくなった。


今度、雨が降ったら──またこの傘を使おう。


今日のことを思い出せれば、きっと寂しくない。



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/01(木) 20:43:38.05 ID:Pv9aFlZa0

四葉「……雨、やんだね」

一花「あっ、ホントだ。にわか雨だったのかな?」

四葉「天気予報だと一日続くって出てたよー」

一花「ふーん。じゃあ、また降り出すかも」

四葉「ううん。今日はもう降らないよ」

一花「どうして? 予報だと一日続くって出てたんでしょ?」

四葉「なんとなくわかるんだ。だから大丈夫、もう心配ないよ」


そう言って、私はブランコから勢いよく立ち上がった。
見上げると、空には半分の月が浮かんでいる。じーっと眺めていると、それは果実のような形をしていた。
苦いようで、どこかすっぱい思い出──
忘れることのできない記憶は、口の中にレモンみたいな匂いを残していた。


風太郎「おーい。こんなとこでなにやってんだ、お前らー」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/01(木) 20:45:34.60 ID:Pv9aFlZa0

公園の入口から、聞き慣れた声がする。
薄い月明りに照らされて、びしょ濡れになった彼の姿が見えた。おそらく、傘もささずにずっと私たちのことを探し回っていたんだろう。
いつも下している前髪を上げた姿は、あの日と全く変わらない。

約束を交わした遠いあの日は──今もこんなに眩しい。

どんな風に謝ろうかな、なんてことを考えながら。
私はゆっくりと光に向かって歩き出した。



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/01(木) 20:50:02.70 ID:Pv9aFlZa0

終わりです。もし読んでくれた方がいたならありがとうございます。
四葉の仮面が剥がれる日を切望している毎日です。
毎週水曜が楽しみです。

それじゃあ、依頼出してきます。



元スレ
【五等分の花嫁SS】四葉「Lemon」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1564658206/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (10)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年08月01日 22:25
          • できれば四葉と結ばれてほしいと願ってますが、なかなか面白いssでした
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年08月01日 22:29
          • プータロー働けよ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年08月01日 22:39
          • 一花、金貸してくれ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年08月02日 15:26
          • >>3
            濡れるッ!
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年08月01日 23:55
          • ごじょじょはどうやってフータローを攻略したんだ…?
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年08月02日 00:24
          • この野郎
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年08月02日 01:27
          • 夢ならばどれほど
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年08月02日 02:24
          • よかったでしょう
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年08月02日 03:16
          • 米津かと思ったら米津だった
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年08月04日 11:34
          • いつきは一番難易度ハードやろ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 家出少女「なんでもするので泊めてください」俺「>>4(就職)」
        • キモオタデブ男「彼女欲しいからマッチングアプリ使うことにしたお。まずはプロフィール画像が必要みたいだから>>3にするお」
        • キモオタデブ男「彼女欲しいからマッチングアプリ使うことにしたお。まずはプロフィール画像が必要みたいだから>>3にするお」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ