TOP

【けいおん】梓「たまには私から抱きついて唯先輩を困らせてやるです!」唯「どんとこいです!」フンス

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/27(土) 21:23:13.085 ID:7Su2EVYV0

みたいなのはどうじゃろ



7:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/27(土) 21:37:42.401 ID:O15RNGpX0

梓「本当に抱きつきますよ、ギュッってしてやりますよ!」

唯「かもん!」

梓「……本当の本当ですよ! 唯先輩がどぎまぎしちゃう位強烈なのを」

唯「えい」ギュッ

梓「!? な、何するんですか唯先輩!?!?」

唯「えー、だってあずにゃんが焦らすんだもん」



10:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/27(土) 21:48:17.157 ID:O15RNGpX0

唯「100数えるまでにしてくれるなら離したげる」

梓「約束します! しますから離してぇ//」

唯「はいっ」パッ

梓「ふぅ、いきなりは心臓に悪いです……//」

唯「いーち、にーい」

梓(ひとまず、一旦心を落ち着けて……)

唯「さんからひゃく!」

梓「うにゃあっ!?!?」



11:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/27(土) 21:57:32.938 ID:O15RNGpX0

唯「おあずけなんて酷いよあずにゃん……」

梓「約束を破る方が悪いんです、今日はもう店じまいです」

唯「そんなぁ。しくしくしく......」

梓「泣いたってダメです。唯先輩が悪いんですから」



12:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/27(土) 22:06:24.657 ID:O15RNGpX0

ダメだ、やっぱ即興って難しいわ



13:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/27(土) 22:07:52.300 ID:7Su2EVYV0

がんばれ



14:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/27(土) 22:12:46.939 ID:O15RNGpX0

よくじつ!

唯「あっずーにゃん!」

梓「ストップです唯先輩!」

唯「人は急には止まれないっ」ドサッ

梓「あっ、ごめんなさい……」



15:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/27(土) 22:15:35.670 ID:O15RNGpX0

唯「急にどうしたのあずにゃん」

梓「あれから唯先輩を困らせる方法を寝ずに考えてきたのです」

唯「しっかり寝なくちゃ身体壊しちゃうよ」

梓「そして、一晩考えた末に辿り着いた結論。それは……」



梓「単純な攻めではダメだということです!」



16:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/27(土) 22:25:43.553 ID:O15RNGpX0

梓「手を繋ぐとかハグするとか、その程度の単純な攻めでは唯先輩の心を動かせないのです!」

唯「ほうほう」

梓「なんでそんな他人事なんですか……。だから手の込んだアプローチで、唯先輩をぎゃふんと言わせてやるのです!」

唯「単純なアプローチも出来なかったのに?」

梓「そ、それとこれとは話が別です!」



17:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/27(土) 22:30:35.255 ID:O15RNGpX0

梓「とにかく、何がなんでも唯先輩を困らせてやるです!」

唯「ばっちこいです!」フンス

唯「ところで、今から何をするの?」

梓「ちょっと待ってください、カバンに作戦ノートがあるので」

唯「りちぎだねえ」



20:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/27(土) 22:50:13.308 ID:O15RNGpX0



梓「作戦その1『無反応』!」

梓「唯先輩に何をされても一切反応しない作戦です!」

唯「えー、無視は悲しいよお」

梓「じゃあおしゃべりはありとします」

唯「よかったあ」



22:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/27(土) 22:55:47.345 ID:O15RNGpX0

唯「じゃあ早速、ぎゅー」ダキッ

梓「……」

唯「あったかあったか」ナデナデ

梓「…………」

唯「あったか~あったか~、って夏なのにここまでしちゃ溶けちゃうよっ!」

梓(セルフツッコミ……でもこれは中々良い兆候じゃ?)



23:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/27(土) 23:04:11.324 ID:O15RNGpX0

唯「……」

梓(唯先輩の動きが固まってる……! やることがなくてどうしたらいいか困ってるんだ!)

唯「あずにゃん、ノーリアクションじゃ寂しいよ。何か言ってよ~」

梓「ダメです。思わず反応してしまうようなことでもしなきゃ動きません」

梓(何が来ても良いように心構えしてるから、そんなことないだろうけど)

唯「あっムギちゃん。今日のおやつはたい焼き?」

梓「そんな罠には引っかかりません!」

唯「むぅ……」



24:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/27(土) 23:13:04.899 ID:O15RNGpX0

唯「うーん……」

梓(唯先輩が考えてる……! 初めの作戦がこんなにも上手くいくなんて!)

唯「……」

梓「もう打つ手はありませんよ。何があっても動じませんから!」

唯「……」

梓「だから唯先輩、降参は早めに……」

唯「…………」コテッ

梓(ね、寝てる!?)



25:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/27(土) 23:19:14.364 ID:O15RNGpX0

唯「すぅ、すぅ……」

梓(ゆ、唯先輩の吐息が、髪の毛がうなじをくすぐって……!)

梓(お、落ち着け私。当の唯先輩は寝てるんだから、冷静に脱出すれば……)

梓「……普段と違って腕も挟まれるから、出られない」

梓(ど、どうしたら……!)

ガチャ

律「ういっす~」

澪「あ、開いてる。唯か梓、先に来てたの……っ!?」



26:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/27(土) 23:23:14.789 ID:O15RNGpX0

梓「せ、先輩方!?」

澪「あ、ご、ごめん梓っ!? こういうデリカシーの無いことをするつもりは……!」

梓「ちが、そういうんじゃありませんからっ!?」

律「そうだぞ澪。大方いつもみたいに、唯が強引に抱きついてただけだろ」

澪「な、なんだそれだけか......」

梓(あぁ、律先輩が冷静でよかった……)

紬「それは違うわ二人とも!」

澪、律、梓「!?」



27:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/27(土) 23:27:48.154 ID:O15RNGpX0

紬「梓ちゃんの腕の収まり具合を見て頂戴。綺麗に唯ちゃんの腕の中に入ってる」

紬「強引に抱きついたなら腕が外に出てたり、収まりが悪くなってるはず!」

紬「唯ちゃんが眠っているこの状況を鑑みるに……」



梓『いつもつっけんとしちゃってすみません。皆の前じゃ素直になれなくて……』

唯『良いんだよ。それがあずにゃんの可愛いところなんだから』

梓『……せめて、誰もいない今くらいは、私の身体でよかったら好きに使ってください』

唯『ふふ、ありがとう、あずにゃん』



紬「……という優しい時間が流れていたに違いないわ!」

梓「違いしかありませんよ!?!?!?」



28:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/27(土) 23:36:19.415 ID:O15RNGpX0

律「そ、そうだったのか……。何か悪いことしちゃったな……」

澪「素直になれないのは辛いもんな……ごめん」

梓「二人ともなんで丸め込まれちゃってるんですか!? 誤解です! 最早誤解を飛び出して六階です!?」

紬「今日はおいとましましょう。二人の時間は誰にも邪魔させちゃいけないわ」

澪「そうだな。じゃ、また明日」

律「唯が起きたらよろしく行っといてくれ」

梓「あっ、そんな、待ってください! 誤解なんです、誤解なんですってばぁ~!!」



29:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/27(土) 23:41:38.448 ID:O15RNGpX0

梓「作戦その2『ロマンチックな台詞』です!」

梓「唯先輩だって女の子なんですから、心がキュンとくるような言葉を囁かれたら、まごついてしまうにきまってます!」

梓「さぁやってやるです! 私と同じ位恥ずかしい目に合わせてやるです!」

唯(起きたら趣旨とあずにゃんの余裕とが変わってた……)



30:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/27(土) 23:46:49.041 ID:O15RNGpX0

梓「はい、唯先輩」

唯「何これ、ノート?」

梓「ロマンチックな台詞はシチュエーションが大事なんです。だから唯先輩にも一役してもらいます」

唯「おぉ、文字がびっしり……」



31:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/27(土) 23:55:04.316 ID:O15RNGpX0

梓『……この列車を乗れば、もう二度と会えないのですね』

唯『……私、あずにゃんのこと毎日思い出すよ。たとえこれから他の誰かを好きになったって……』

梓『ごめんなさい、唯先輩。私のことは、もう思い出さないでほしいのです』

梓『思い出されるためには、忘れられなくてはならないことが、私には悲しいのです』

唯『……あずにゃん』

梓『さようなら。もう二度と、お目にかかることはないでしょう』

梓『……でも、少しだけ、あなたのものになれて、幸せでした』

……

唯「いやだぁ、あずにゃんどこにも行かないでぇ~!!」

梓「ただのお芝居になんでそこまで感情移入するんですか!?」



32:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/28(日) 00:03:54.922 ID:Nc4VkAbL0

唯『お義母さん、私が娘さんを貰うこと、おうちでは反対なのですか?』

梓(裏声)『いいえ。私たちはただあなたおひとり、愛情さえお持ちならば、それで結構でございます』

唯『……! ありがとうございます!』



梓『……そうですか、母も心憎いことをおっしゃりますね』

唯『どうです、もう少し交際してみますか?』

梓『……ふふっ。いいえ、もう、たくさん、知りましたから』

……

唯「あずにゃん、これってどこから引用してきたの?」

梓「家にあった文学全集ですけど」

唯「だからちょっと古臭かったんだ……」



33:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/28(日) 00:14:34.366 ID:Nc4VkAbL0

梓「うぅ、ロマンチックな台詞作戦もダメでしたか……」

唯「ダメって言うか、チョイスが悪かったっていうか……」

梓「じゃあ唯先輩はどんな台詞が言われたかったんですか?」

唯「えーっとねぇ」



34:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/28(日) 00:21:37.441 ID:Nc4VkAbL0

唯「シンプルに『唯先輩大好きだニャン♡』かなっ! 勿論ネコミミ猫手つきで!」

梓「そんな恥ずかしいこと絶対やりませんよ!? っていうかそれのどこがいいんですか!?」

唯「えー、絶対イチコロなのに……こうやってちょっと手を絡める感じにして」

唯『あずにゃん、大好きっ♡』

梓「っ……///」

梓(か、可愛い……!/// 心臓がキュンキュン、って止まらない……!)

梓(で、でもここでそれを認めるのは……)

唯「……あずにゃん、ダメ?」チラッ

梓「」ボフッ



35:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/28(日) 00:25:27.692 ID:Nc4VkAbL0

なかのけ!



梓(唯先輩、可愛かったなぁ……)ポーー

梓「って、ほんとは違うんです!」

梓「うぅ、私が唯先輩を困らせたいのに……」

梓「こうなったら、今日も夜通しで作戦を考えてやるです!」



36:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/28(日) 00:27:52.576 ID:Nc4VkAbL0

うしみつ!



梓(ダメだ、どの作戦も上手くいきそうにない……)

梓(こんなに時間をかけたのに、何もアイデアが浮かばない……)

梓「んん……」ゴシゴシ

梓(ダメ、まだ眠る訳には……)



38:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/28(日) 00:30:25.973 ID:Nc4VkAbL0

ピピピピッ

梓(37.2℃……。大分熱は引いてきた方、だよね)

梓(流石に二日続けて徹夜は身体壊しちゃうよね)

梓(バカなことしたなぁ……)

ピーンポーン

梓(誰か来たみたい)



39:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/28(日) 00:34:26.686 ID:Nc4VkAbL0

唯「あずにゃん、大丈夫!?」

梓「唯先輩……そんなに慌てふためかなくても」

唯「だってだって、昨日まであんなに元気だったのにいきなり休んじゃうんだもん!」

唯「大変なことになっちゃったかと思って心配したよ……」

梓(……唯先輩、スゴく困った顔してる……)

梓(……私、意地になってやりすぎちゃったんだな)



40:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/28(日) 00:42:38.566 ID:Nc4VkAbL0

梓「唯先輩……ごめんなさい」

唯「唯先輩が許すには条件があります」

梓「なんですか?」

唯「今日私が帰るまで、ずっと素直になってください」

梓「……困りますよぉ」

唯「じゃあ、これでおあいこだね」

梓「……ふふ。ありがとうございます、唯先輩」



41:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/28(日) 00:48:23.827 ID:Nc4VkAbL0

唯「ささ、あずにゃんや。ここにおいで。私のおなか枕は柔らかいよ」

梓「はい。お邪魔します……」ポフッ

唯「あったか~あったか~」ナデナデ

梓(唯先輩のお腹、あったかくて良い匂いがする……)

梓(……)ギュッ

唯「わふっ、あ、あずにゃん?」

梓「素直になってって、言われましたから……」

梓(紅潮していく顔を見せないよう、私は一層唯先輩の懐に潜りこんだ)

唯「……あずにゃん」

梓(唯先輩が、ちょっと困ったようなトーンで笑った)



おしまい



42:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/28(日) 00:49:16.215 ID:Nc4VkAbL0

即興なので描写不足が多々あると思うけど申し訳ない……
でも書いててスゴく楽しかったです。スレ主さんありがとうございました!!



元スレ
梓「たまには私から抱きついて唯先輩を困らせてやるです!」唯「どんとこいです!」フンス
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1564230193/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (5)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年07月28日 13:18
          • 湿度が上がっちゃうじゃん?(しっとり)
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年07月28日 17:59
          • けいおんとか懐かし過ぎて涙でますよ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年07月28日 21:26
          • 懐かしさを覚える
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年07月29日 10:15
          • 覚えていますか、手と手が触れ合った時
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年07月31日 18:43
          • 厳しいわね

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【シンフォギアXV】マリア「切歌の変身バンクエロすぎ問題」
        • 【安価】彡;(゚)(゚)  「あかん・・・腹が痛い」
        • 俺「暇だ..>>6(就職)するか」家族「!?」
        • 彡(゚)(゚) 「ワイが>>2(ゴミ)やと?!」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 【デレマス】ロマツア水戸黄門
        • 【ゼロワン】福添准「美食家なヒューマギア?馬鹿馬鹿しい」
        • 【うちの娘。】ラティナ「大きい方が好き?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「ワイが……仮面ライダー!?」ヒロイン「そうよ」
        • 死後俺「うっ…ここは?」係員「はい、以上で底辺シミュレーターは終了です」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 【変好き】紗雪「根本的な事を忘れていたわ・・・」
        • 暗殺者(♀)「よう。こんな夜更けになにをしているんだ?」
        • 男「へぇ~、課長ってスト2がお好きなんですか」女上司「ファイッ」
        • 【天気の子】ほだか「ヒナさん!俺たちは大丈夫だ!」ヒナ「ねえ…何が大丈夫なの…?」 ほだか「えっ…」
        • 女「すいません…カレー作りすぎちゃって……!」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ