TOP

無価値な男「僕は人から必要とされる人間になりたい」無価値な女「私もそう思う」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/18(火) 20:41:27.70 ID:kXabp11vO

「行ってきます」

独り言を口にし、玄関の扉を閉め、施錠した。

数歩進み、振り返ると、立派な一戸建てだ。
この高級住宅地の中でも、その広い敷地面積と、洒落た外観は群を抜いていた。
つまり、周囲よりも資産価値が高い家だ。

母親の恋人の稼ぎが良いことが、よくわかる。

「あれ、髪型変えた?」
「暑くなってきたから、切っちゃった」

登校して、教室に入ると、女子高生達の華やかな会話がそこかしこで聞き取れた。
自分の席に着きながら、無意識に髪に触れる。

実は私も、2週間ほど前に髪を切った。
とはいえ、3センチほど。
もともとそこまで伸ばしてはおらず、見た目の印象は然程変わってはいない。

だから、誰にも気づかれなかった。

なんてことは、ただの言い訳に過ぎず。
ただ単純に、自分は目立たない人間だから。
それが理由で、それが私の個性だった。

「……まあ、いいんだけどさ」

溜息交じりに独りごちる。
そして、すぐに自省する。
そうしなければ、堕落してしまうから。

このままでは、良くない。
良いわけがない。
そんなんじゃ、この先やっていけない。

価値のない人間になんて、なりたくなかった。



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/18(火) 20:43:11.76 ID:kXabp11vO

「どうかしたの? 朝から溜息なんて吐いて」

ブルーな気分に浸っていると。
美しい声音が、耳に届いた。
振り返ると、清楚な美人が座っていた。

「何か、悩みごと?」
「あ、いや……別に、そんなんじゃないよ」

思わず見惚れてしまってから。
愛想笑いを浮かべて、茶を濁した。
まったく、朝から心臓に悪い。
いや、眼福だけれども。
同性が見惚れるほどの美貌。
それが、彼女の個性である。
とはいえ、それは彼女の価値ではない。
彼女の価値はもっと偉大なものだ。

こんな無価値な私に親しく話しかけくれる。

さっきは私の髪の長さの変化に誰も気づかないと言ったけれど、それには語弊があった。
彼女だけは、違った。
彼女だけは、気づいてくれた。
故に、この美人さんはただの美人ではなく。

私にとって、とても価値ある美人さんなのだ。

「それならいいけど……」
「心配しなくても、へーきへーき!」

ヘラヘラして、誤魔化して。
なんとか疑いの眼差しから逃れると。
美人は視線を下げ、物憂げな溜息を零した。

「そっちこそ、どうかしたの?」
「……なんでもないわ」
「とてもそうは見えないんだけど……」

うーむ。どうも、気になる。
美人が物憂げだと、こうも気を惹くものか。
無価値な私とは、えらい違いだ。

改めて、顔面偏差値の格差を、思い知った。



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/18(火) 20:45:06.00 ID:kXabp11vO

「何か悩みがあるなら聞くよ?」
「でも、迷惑になるかも知れないし……」
「そんなの気にしなくていいよ!」

我ながら、かなり食い気味だったと思う。
なんとかして、美人さんの力になりたかった。
それは、もちろん善意であるが、本心は。

そうすることで、自分の価値を上げたかった。

彼女に必要とされたい。
彼女の役に立ちたい。
彼女に認められたい。

そうした浅ましい願望が根底に含まれていた。

「お願い、悩みを聞かせて!」

一生のお願いとばかりに手を合わせて拝むと。

「わ、わかったから、拝まないでよ! もぅ」

有難や有難や。
どうやらこの美人さんは押しに弱いらしい。
案外、ガードが甘い。
なんだか、心配になってしまう。

「実はね……」

そして、その心配はすぐに現実のものとなる。



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/18(火) 20:46:10.91 ID:kXabp11vO

「ただいま」
「あ、お父さん。おかえり~」

場面は変わって、下校後。
私はいつも通り、父親のアパートへ向かった。
そこで夕飯を作り、父親が仕事から帰宅してから、一緒に食べる。それが日常である。

両親が離婚してから、ずっとそうしてきた。

「遅くなってすまん」
「遅くまでお疲れ様。ご飯、出来てるから」

クタクタになった父親を労う。
遅くまで残業しても、稼ぎは悪い。
そんな父親は、母親にとって無価値だった。

だから、母親に見限られ、捨てられた。

「美味しいよ」
「ありがと」

美味い美味いと、父親は私の料理を食べる。
美味しい以外の感想を貰ったことはない。
それでも、満面の笑みから、本心だとわかる。

「どうかしたのか?」
「えっ?」

食後。
2人で皿を洗っていると、不意に尋ねられた。
首を傾げると、父親は皿を洗いながら笑った。

「これでも父親だ。娘が何か悩んでいることくらいはわかる。もし良かったら、話を聞くよ」

悩んでいる素振りを見せたつもりはなかった。
父親の勘とは、存外鋭いものらしい。
しかしまあ、隠す必要もないので、話そう。

「今日、後ろの席の子から頼まれてさ……」
「ほう? どんな頼みごとだ?」
「クラスの男子とデートすることになった」

さらりと打ち明けると。
父親は大いに取り乱し。
デートに役立つ助言は、一切、貰えなかった。



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/18(火) 20:47:44.77 ID:kXabp11vO

「……流石に早く来すぎたか」

週末。
待ち合わせ場所の駅前にて。
集合時刻の30分前に現地に到着。
周囲を見渡すも、敵影及び友軍の姿なし。
どうやら、私が一番乗りの模様。
まるで、一番乗り気みたいに思われる。
それは困る。恥ずかしい。

「とりあえず、時間を潰そう」

とはいえ、どのように時間を潰すべきか。
友達と遊びに行く機会なんてほとんどない。
だって、友達なんて居ないから。
だから、時間の潰し方すら、知らない。

「本屋で立ち読み……いや、他の客に迷惑か」

無価値な私には矜持があった。
それは有害な存在にだけはならないこと。
無価値でも、無害でありたい。
いや、無価値だからこそ、無害であるべきだ。
何故なら無害ならば、迫害されることはない。
そうやって、校内に蔓延る虐めを免れてきた。

「となると、喫茶店でコーヒーでも……」
「あの、すみません」
「はひっ!?」

頭の中に警告音が鳴り響く。
いきなりロックオンされた。
周囲に敵影はなかったのに。

背後から響いた声は男の声。
父親ではないようだ。
知らない男から声をかけられた。
そんな経験は未だ嘗てなく。
混乱しながら振り向くと、そこには。

「待ち合わせ場所、ここで合ってますよね?」
「えっ?」
「今日のデートの付き添いの方ですよね?」
「えっ? えっ?」
「自分も、友達の付き添いで来ました」

なるほど。
ようやく、理解した。
彼が、今日のデートの付き添い君か。
クラスメイトの筈なのに、覚えがない。

印象に残らない顔立ちと、雰囲気。
その理由は色素の薄さにあると思われる。
茶色がかった髪と、瞳。そして白い肌。
唯一の特徴である眼鏡も、地味な代物。

まるで、男子バージョンの私みたいだ。
なんだか、親近感を覚えてしまう。
ちなみに、私も付き添いなので立場は同じ。

しかし、彼の置かれている立場は複雑だった。



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/18(火) 20:49:25.90 ID:kXabp11vO

「とりあえず、喫茶店にでも入りませんか?」
「あ、はい」

くそ。主導権を奪われた。
まあ、別にいいんだけどね。
私は素直に、彼の後に続いて、店内に入った。

「どれにします?」
「それが、メニューを見てもわからなくて」
「あはは……実は僕も同じく、困ってます」

どうやら、彼も私と同じく慣れていない様子。
またしても、親近感を覚えてしまう。
思わず苦笑いをすると、彼も苦笑で返した。

結局、無難にカフェオレを2人で注文。
それをひたすら、黙々と、飲む。
なんだか気まずくて、口を開いた。

「あの……」
「はい、なんですか?」
「その……初めまして」
「一応、クラスメイトですよね?」
「あ、そうだった」

何を言っているのやら。
自分の言動のおかしさに笑うと。
彼も噴き出すようにして笑って。

なんだか、気が合う人だと感じた、その時。

「あっ! 居た!」

店の入り口から聞き覚えのある声が響いて。
パタパタとこちらに駆け寄る、美人さん。
その後ろから、やたら髪型が決まっているスポーツ万能そうなイケメンの男子が入店。

ようやく、主役である御二方の、お出ましだ。



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/18(火) 20:50:39.05 ID:kXabp11vO

「もう。待ち合わせの時間、過ぎてるわよ」
「ごめん、ついうっかり」

指摘されて時計を見ると、5分オーバー。

「お詫びにご馳走するから」
「それなら、許してあげる」

ああ、良かった。
コーヒー1杯でその笑顔を見れるなら。
私は何杯だって、ご馳走してあげよう。
そんな思いから、つい財布の紐を緩めると。

「僕も半分出しますよ」
「えっ? いいの?」
「遅刻の共犯ですから」

共犯の付き添い君が、折半を申し出てくれた。
意外と優しくて、気遣いが出来るようだ。
そんな彼に、すかさずイケメン君が物申す。

「いや、お前は俺に奢れよ」
「なんですか? カツアゲですか? 怖いなぁ」
「ひ、人聞き悪いこと言うなよ!?」
「だったら、自分で払って下さいよ」

なんとも男子高校生らしい会話だ。
そのやり取りを見て、私と美人さんは笑った。
デートの滑り出しとしては、上々だろう。



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/18(火) 20:52:18.27 ID:kXabp11vO

「ところで、あの2人、どう思います?」
「えっ?」

あれから電車で遊園地に向かい。
美人さんとイケメン君に付き従い。
しばらく、2人のデートを見守って。

不意に、付き添い君に、そう尋ねられた。

「お似合いだとは、思うよ」
「ですよね。本当にお似合いのおふたりです」

見たままの印象を述べると。
彼は頷いて、異論はないらしい。
しかしながら、それは困るのだ。
それを受け入れて貰っては、困るのだ。

「あの子、綺麗だよね」
「はい、とても綺麗ですね」
「とっても美人で、すっごく良い子なんだよ」
「ええ、そうらしいですね」

私の後ろの席の女の子は、美人だ。
しかも、すごく良い子。
同性の私から見ても、魅力的に思える。
ならば、付き添い君にだって、そう映る筈だ。

「あなたもあの子と付き合いたいって思う?」

何気なく、尋ねたつもりだった。
しかし、それを聞いた、その瞬間。
夕暮れの遊園地に冷たい風が吹いた気がした。

「……彼女は、僕の友人の好きな人ですよ?」

こちらに向けられた付き添い君の視線は。
印象の薄い彼のものとは、思えぬほど。
鋭利に尖り、私を射抜き、身動きが取れない。
眼鏡の奥の茶色い瞳に、怒りが見て取れた。

「横取りすることは……とても、悪いことです」

そんな正論を真正面から諭されて。
私は頷くことしか、出来なかった。
何ひとつとして、言い返せなかった。

『無価値であっても、無害であるべき』

彼も、その矜持を、持ち合わせているらしい。



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/18(火) 20:54:28.88 ID:kXabp11vO

「……とはいえ」

まるで、ひと息つくように。
おもむろに眼鏡を外して拭きながら。
彼は話題を変えた。変えて、くれた。
そのことに、私は心から安堵する。

あのまま、彼が怒ったまま。
何も言わずに黙りこくって。
あの、冷めた目をし続けていたら。

きっと私は、泣いてしまっていただろう。

あの瞬間。
彼にとって、私は敵だった。
友達の女に手を出せと、そう口にしたのだ。
怒らない方がおかしい。

私は彼にとって、有害だった。

そのことに遅まきながら、気づく。
そして、彼がそれを赦したことも伝わった。
だから私は安堵した。安心した。

緊張の糸が切れて、結局、私は泣いた。

「……ご、ごめん、なさい」
「別に、もう怒ってませんよ。それよりも」

とにかく、謝ろうとしたのだが。
彼は強引に話題を変更しようとする。
それもまた、彼の優しさのように思えたので。
私は涙を引っ込めて、素直にそれに従う。

「……何?」
「あなたは、このままで良いのですか?」

なんのことだろうと思いつつ。
なんとなく、予感はしていた。
彼もまた、現状を良しとしていないのだと。

どうやら、私と同じ悩みを抱えているらしい。



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/18(火) 20:55:44.71 ID:kXabp11vO

「僕は人から必要とされる人間になりたい」

それは、決意がこもった、宣言。
いや、願いなのかもしれない。
切実な願望であると、そう思えた。

何故ならば、私もまた、そう願っているから。

「私もそう思う」
「だったら、話は簡単です」

同じ願いを抱いていると打ち明けると、彼は。

「互いに互いが必要な関係になれば解決です」

そんな、わけのわからないことを、口にした。

「それは、具体的には、どんな関係?」
「だから、僕とあなたが付き合えば……」
「それは、ダメ」

遊園地に、今一度、冷たい風が、吹き荒れた。



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/18(火) 20:57:31.74 ID:kXabp11vO

「……なるほど、そういうことですか」

拒絶の意志を視線に込めると。
彼は事情を察したようで、苦笑した。
わかってくれたならば、臨戦態勢を解く。

「難儀な立場ですね」
「それはお互い様」
「しかし、僕の友人は報われないなぁ」

私が美人さんから頼まれたこと。
それは、このデートの付き添い。
そして私が付き添うことによって。
人数合わせで、彼を呼び出す口実が出来た。

イケメン君は美人さんのことが好き。
しかし、美人さんには既に好きな人が居た。
それでもイケメン君はデートに誘い続けた。
押しに弱い美人さんは、渋々それを承諾。
そして、それを利用して奇策に打って出た。

全ては、イケメン君の友人を呼ぶため。
美人さんの想い人を、呼び寄せるため。
そのために、私はこの場に居合わせている。

その思い人こそ、彼。付き添い君である。

つまり、美人さんは付き添い君が好きなのだ。
初めは、その理由がわからなかった。
印象に残らず、パッとしない男子。
彼の何処が良いのかと、そう思った。
しかし、接してみると、その良さがわかった。

無価値であっても、無害で、優しい良い人。

それこそが、付き添い君の、価値なのだ。



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/18(火) 20:59:23.33 ID:kXabp11vO

「私はもう二度と、有害にはなりたくない」

必要とされたい。
価値ある人間になりたい。
それは、切実な願いだ。

しかし、同じくらい、矜持を大切にしたい。

「それについては、僕も同意見です」
「だから、ごめんなさい」

だから、あなたとは付き合えない。
気が合うと、思った。
優しさに、救われた。
お互いに必要な関係になりたいと思えた。

しかし、その願望は、有害だ。

私の後ろの席に座る、美人さん。
こんな私を気にかけてくれる、良い人。
かけがえのない大切な友人の、想い人。

それを横取りすることは、悪だ。

「……とはいえ」

またそれか。
また話を逸らすつもりか。
先程は、それで救われた。
けれど、今回は話を逸らすつもりはない。
これは、逸らしてはいけない話題だ。

「そう睨まないで下さいよ」
「私を怒らせないで」
「怒らせるつもりなんてありません」
「あなたを……嫌いに、なりたくない」

懇願すると、彼は困ったように笑って。

「……もう、どうしようもないでしょう?」

その、諦めたような口調が、酷く気に障った。



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/18(火) 21:01:26.32 ID:kXabp11vO

「それは、どういう意味?」
「誰かにとっての有害にならないと、僕らの願いは生涯、叶わないという意味です」
「嫌だ」

なんだそれは。
話にならない。
それでは、本末転倒だ。

仮に、そうして私が彼と付き合っても。
美人さんと私は、敵対関係になる。
私はかけがえのない友人を失うのだ。

「人ごとだと思って、勝手なこと言わないで」
「でも、事実ですよね?」
「あなたって、最低。見損なった」

まるで、定型文のやり取りだ。
こうして、彼は私に嫌われた。
そんな流れが、出来上がった。

「さよなら……ありがとう」
「はい、どういたしまして。それでは、また」

まだデートの最中だけど、私は帰る。
こうして喧嘩別れするのが、最良だろう。
そのように、付き添い君が誘導してくれた。
仕方ないので、美人さんにはあとで謝ろう。

同じ人を好きになって、ごめんなさい、と。

そうして私は美人さんと敵対する。
せめて裏でコソコソせずに堂々と。
彼女にとっての有害となることで。
無価値な自分を、変えてみせよう。


【無価値の矜持】


FIN



元スレ
無価値な男「僕は人から必要とされる人間になりたい」無価値な女「私もそう思う」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560858087/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (6)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年06月19日 06:42
          • この世に無価値なものなんてほとんどないのさ。
            それを証明するために東にも西にも吠えちゃうよー せーのっ
            ふぉーーん!ふぉーーーーーん!
            ふぉーーーーーん!!!
            ふぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉん
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年06月19日 06:59
          • ワイの内臓ボロッボロ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年06月19日 07:18
          • 価値がないとダメだというなら、他人に迷惑かけるしかないじゃないか

          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年06月19日 07:40
          • 隣人の人の名前知らないし

            卒業した学校ぐらいは覚えてるけど、先生や校長先生の名前知らないし

            名前も記憶に残らないなら
            5文字~10文字?の価値さえ残らないなら

            今までの内閣陣営が何をしてきてくれたのかもよくわからないし、知らない

            終わり
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年06月19日 14:08
          • 価値のある人間だって殆どは替えの効く消耗品に過ぎないから別に価値なくても変わらない様な気もする。
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年06月19日 16:45
          • 金以外の価値なんて、目には見えないもの

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • アラーム「ピンポロパンポンピンポロパンポン」カチッ 俺「スヌーズを5分後にセット」
        • 痴漢「(ククク…)」JK「(やだ…痴漢!?)」
        • 美少女「ぐへへ、>>4(おまんま)してやるぅ」俺「ウワーッ、やめろーッ」
        • 美少女「ぐへへ、>>4(おまんま)してやるぅ」俺「ウワーッ、やめろーッ」
        • 【アズールレーン】 黒青の空
        • 女の子「ちょっと待てよ」
        • 🐸「魔王・・・・ッ!!!」 😈「ほぅ・・あのときのカエルか」
        • 【マギレコ】環いろは「桜子ちゃんが二人になっちゃった?!」
        • 女の子「そろそろ期末かー」
        • 【冴えカノ】倫也「別れてくれ、恵」 恵「はいはい」
        • 【まちカドまぞく】シャミ子「桃、千代田桃……千代田……千代田優子」 カキカキ
        • 【まちカドまぞく】シャミ子「桃、千代田桃……千代田……千代田優子」 カキカキ
        • 【モバマス】パブロフの肇【山紫水明】
        • 【モバマス】白雪千夜「足りすぎている」
        • 【とある】御坂「何でアンタがいんのよ…!」 初春「…へ?」
        • 【まどマギ】ほむら「遊戯王をしましょう」マミ「いいわよ!」
        • 勇者(♀)「よかったね、またボクに守ってもらえてさぁ。」
        • 妹「>>4しよっか」俺「えっっ」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ