TOP

ナナチ「いいか? オイラの言うことは絶対だぜ?」レグ「わ、わかった」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/27(月) 22:32:55.02 ID:hLTkM85AO

「おいてかないでぇぇええええっ!!!!」

アビスの深層に悲痛な叫びが響き渡る。

「リコォォォォォォオオオオオッ!!!!」

まだ声変わりもしていない、澄んだ声音。
彼は必死に少女の名を呼ぶが、返事はない。
少年の大切な宝物は沈黙したまま、動かない。

「うわぁあああああああああああん……!」

一緒にいこうと約束したのに。
リコは独り、先に行ってしまった。
取り残された自分は、独りぼっち。

寂しくて、悲しくて、怖くて。

「うわああああああああああああん!!!!」

広大な地下空間を震わせる、慟哭。
その嘆きがあまりにも、不憫で。
ポロポロと大粒の涙を流す少年が、可哀想で。

「……そいつ、まだいってないぜ?」

つい、声をかけてしまうのは、己の弱さか。
それとも、その身に残る人間性によるものか。
ナナチには、その感情すらも、罪に思えた。



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/27(月) 22:35:09.51 ID:hLTkM85AO

「き、君は、誰だ……?」
「オイラはナナチ。成れ果てさ」

簡潔すぎる自己紹介。
しかし、それ以上でも以下でもない。
それに、事は一刻を争う。

「あー……こりゃひでぇ」

横たわる少女の真っ青な顔色。
目は固く閉じられていて、意識はない。
何より、パンパンに膨れた腹部が、痛ましい。

「お、お願いだ、リコを助けてくれ!」
「わ、わかったから、くっつくなよぅ」

縋りつく少年を押しやってから。
とりあえず、場所を変える必要があると判断。
少年に向けて、肉体労働の指示を出す。

「その子を助けたかったら、オイラのアジトまで運びな。信用出来ないって言うなら……」
「わかった! リコを運べばいいんだな!?」

少年は疑うことなく、少女を背負う。
その素直さに、半ば呆れながらも。
ナナチは自分の住処に、彼らを案内した。



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/27(月) 22:36:20.58 ID:hLTkM85AO

「そこに寝かせな」
「ああ、わかった」

ナナチのベッドに、少女を寝かせた。
すぐ隣に、座り込み、彼女の手を握る少年。
そんな彼に、処置の前にいくつか質問をする。

「どうしてこうなったか心当たりはあるか?」
「リコは、その……拾い食いする癖があって」
「ははぁん。なるほどなぁ」

1発でビンゴだ。
ナナチをニヤリと口の端を曲げた。
その表情は、少しばかり意地悪に見えた。
ここでようやく少年はナナチについて尋ねた。

「君は何者なんだ?」
「だから、ナナチだってば」
「成り果てとは、どういう意味だ?」
「見ての通りさ」

ナナチは、成り果て。
元は人間で、今は違う。
アビスの呪いによって、変質した。

「まあ、喋るぬいぐるみだと思ってくれ」

今のナナチは。
まるでふわふわした、ぬいぐるみのような。
元人間だった。



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/27(月) 22:38:23.87 ID:hLTkM85AO

「どうしてそんな姿に……?」
「それを知ったら、助けたくなるぜ?」

意味深な回答をして、茶を濁す。
そんなことよりも、するべきことがある。
目の前の少女に視線を向け、ナナチは命じる。

「お前、この子を助けたいんだろ?」
「あ、ああ! 助けたい!」
「その為なら、なんでもするか?」
「もちろん! なんでもする!!」
「よぉし。それなら……」

ナナチは少年に必要なものを説明した。
それをなるべく、急いで集めるように。
そうしなければ、少女は助からないと話した。

「わかったか?」
「了解した!」
「よし。なら、行ってこい」
「行ってくる!」

全速力で飛び出す少年。
その背に、今更ながら質問を投げかける。
この手のやり取りは、ナナチは経験が少ない。

「そういやお前、名前は?」
「僕はレグ! その子はリコだ!」

少年の名はレグ。
そして少女の名はリコ。
ナナチは久しぶりに、他人と知り合った。



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/27(月) 22:39:41.76 ID:hLTkM85AO

「これでいいか!?」
「おー……ごくろう」

出来る限り急いで、レグは戻った。
担いだ荷物をナナチは確認して頷く。
レグはほっと安堵してから、尋ねる。

「なあ、ナナチ」
「ん? なんだ?」
「魚とか、一体何に使うんだ?」
「そいつはオイラの晩飯だよ」

まるで当たり前のようにそう言われて。
レグはキョトンと、首を傾げた。
言ってる意味が理解出来なくて、困惑する。

「ナナチの晩飯?」
「そうだ」
「それがリコを助ける為に必要なもの?」
「だってよぅ、オイラ、腹減ったし」

悪びれた様子もなく、開き直るナナチ。
これには流石に温厚なレグもカチンときた。
人の気も知らないで、晩飯だなんて。

「僕はリコを……!」
「あーはいはい。わかってるっての。それ!」
「うわっ!? ナ、ナナチ、一体何を……!?」

レグの怒りを受け流して。
ナナチは処置に取り掛かる。
まずは、リコのズボンを下着ごと、脱がせた。

「助けたいんだろ?」
「た、助けたい!」

赤面して目を逸らしつつ、レグは何度も頷いた。



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/27(月) 22:41:17.71 ID:hLTkM85AO

「いいか? オイラの言うことは絶対だぜ?」
「わ、わかった」

ナナチは言質を取った。
これで、あとから文句は言わせない。
その上で、処置の仕方を教えた。

「この薬を水と一緒に口に含め」
「了解した」

一切の逡巡もなく、薬と水を口に含むレグ。
内容物によってほっぺが膨らむ。
その顔がちょっと面白くて、ナナチは笑った。

「お前、いくらなんでも張り切りすぎだろ」
「むぅ!」

ケラケラ笑うナナチに腹を立てて。
抗議しようにも、言葉を発せない。
唸るレグを横目にナナチをひとしきり笑い。

「んじゃ、その薬をリコの尻にぶち込め」
「!」

あまりにも冷酷な、命令を下した。



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/27(月) 22:42:43.40 ID:hLTkM85AO

「っ? っっ?? っ????」

レグは目を白黒させて。
円らな瞳を右に左に泳がせる。
状況がわからず、困惑していた。

だって意味がわからないよ。
薬は今、自分の口の中にあって。
それをリコのお尻に入れるなんて。

だいたい、どうやって、そんなこと。

「だから、口で尻に注入すんだよ」
「?」
「お前、ちゅうって知ってっか?」
「??」
「ちゅーって、尻にその薬を入れんだよ」
「????」

ナナチは口をすぼめて説明した。
レグはなんとなく、理解してきた。
要するに、自分の口から、リコの尻に。

度 し 難 い 。

「っ!? むー! むー!」
「なんだよぅ。出来ねぇのか?」
「むぅ! むぅ!」
「んじゃあ、リコは助からねぇな」
「ッ……!」

それは困る。
レグはリコを助けたい。
その為ならば、なんでもしてみせる。

「出来るか?」
「……ッ」
「よぉし。良い子だ」

頷いたレグの目から零れた涙は、美しかった。



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/27(月) 22:44:35.86 ID:hLTkM85AO

「いいか、レグ。これは必要なことなんだ」

ナナチはレグに噛んで含めるように説明した。
リコの腹が今にも破裂寸前なこと。
その為には、薬を注入しないといけないこと。

その手段として最も効果的なのはこの方法だ。

「要するに、今のリコは重度の便秘だ」

ナナチはわかりやすく便秘と称した。
詳しく説明すると、長くなる。
拾い食いした毒が、便を硬くしたことや。
溜まった便によって、他の臓器が圧迫されて、このままでは命に関わることは、省略した。
言ってもわからないだろうし、言わなくとも、苦悶に喘ぐリコを見ればわかるだろう。

ともあれ、レグには選択肢などない。

「悪いが、オイラは手伝えねぇ」
「むぅ……」
「初めてのちゅうは、特別らしいからな」

そう言われて、レグはハッとする。
そう、これは特別なこと。特別な、儀式。
リコの初めてであり、レグの初めてでもある。

自分以外に、任せられる者は、いない。

「……ちょれー」

使命感に燃えたレグの耳には。

ナナチの嘲笑は。

届かない。



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/27(月) 22:46:57.61 ID:hLTkM85AO

「よし、そんじゃあ、やってみろ」

ナナチに促され、レグは一歩踏み出す。
正面には、意識のないリコ。
レグは彼女の尻穴を探すも、見当たらない。

当たり前だ。
尻穴は後ろについている。
このままでは、使命は果たせない。

「むぅ! むぅ!」
「なぁ~……わかったよぅ。しゃあねぇなぁ」

レグに催促されて、渋々ナナチは補助した。
リコをひっくり返して、尻を上に向ける。
ついでに腰を浮かせて突き出すような体勢に。

「よしっと。これでいいか?」
「ッ……!」

レグは驚愕していた。
白日の下に晒された、リコの尻穴。
その底知れぬ深淵は、まるで奈落。
極めて度し難い。度し難いのだが。
それはまさに、アヌ……もとい、アビスだった。

レグはこの美しい光景を一生忘れないと誓う。

「なあ、お前。さっきから見過ぎじゃね?」
「ッ!?」
「なにカチカチにしてんだよぅ」

ナナチはやはり、意地悪だと、レグは思った。



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/27(月) 22:48:42.21 ID:hLTkM85AO

「ひと息に、思い切ってやれ」
「っ……!」

そっと、口を尻に寄せて。
言われた通りに、レグは薬を注入した。
ひと息に、思いっきり。
そうでなければ、入っていかない。
それほどまでに、リコの便は硬かった。

「よぉーし、全部入ったな。もういいぜ」
「ぷはっ!」
「お前、なかなかやるじゃん。見直したぜ」

ポンポン肩を叩いて労うナナチに、詰め寄る。

「リコは! リコはこれで助かるのか!?」
「あ、ああ、助かるから、ちょっと離れて」
「僕は出来る限りのことをした!」
「わ、わかったから、口を洗って来いって」
「断る!」

口を洗う?
何を馬鹿なことを。
レグはもう二度と口を洗わない。
あの特別な儀式をこの先ずっと忘れない為に。

「なぁ~……まあ、どうでもいいけどよぅ」
「どうでもいいとはなんだ!?」
「それよりも、お前、なんともないか?」
「は?」

なんともないのかと、ナナチは問う。
質問の意味がわからず、レグは困る。
そんな彼に、ナナチは説明した。

「さっきの薬をお前は口に含んだよな?」
「だから、どうしたんだ?」
「だから、お前もたぶん、すぐに……」

ぎゅるるるるるるるるるるるるるるるるぅ~!

レグの腹から、不吉な音色が、響き渡った。



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/27(月) 22:50:05.96 ID:hLTkM85AO

「ぐっ……腹が……!」
「裏に河原があるから済ませてこいよ」

突然の腹痛に喘ぐレグ。
それもその筈、あの薬は強力な下剤だ。
リコの場合は便の硬化の為に浣腸として使用したが、内服薬としても充分な性能がある。

この世の全てを尻から吐き出す感覚。

下からだけでなく、上からも出そうだ。
それでもレグはえづきながらも、傍にいる。
リコの手を握り、その場を離れようとしない。

「おーい、そのままじゃ、漏れちまうぜ?」
「僕はどうなってもいい……!」
「いや、オイラの寝床がどうなるか考えろよ」

そんなことは、瑣末な問題だ。
大切なことは、リコの分娩に立ち会うこと。
その責任が、レグにはあった。

「なあ、頼むから漏らすなよぅ」
「おかまいなく」
「オイラが構うんだよぅ」
「間に合ってますので」
「間に合わなくなる前にしてこいよぅ」

ナナチが何を言っても、もはや無意味だった。



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/27(月) 22:52:58.86 ID:hLTkM85AO

「ぐぅっ!?」
「リコ!?」

あれから、どれだけ経っただろう。
レグには、何ヶ月にも、何年にも感じる。
しかし、実際にはほんの数分のことだ。
薬が効いて、リコは便意に悶えていた。

「これが、便意の力……!」

便意には、不思議な力がある。
時の流れすら歪ませる、強大なエネルギー。
もしかすると、力場が発生しているのかも。

それに苛まれながら、レグとリコは耐えた。

そこでふと、気づく。
耐える必要なんて、ない。
そうさ。それはそうだろう。
当たり前のことだ。

だって、出す為に処置をしたんだ。
その為に、初めてを奪い、初めてを捧げた。
その時の感触は、未だに唇に残っている。
そう、全ては、出す為に、やったことだ。

ならば、憂うことは何ひとつとして、ない。

「リコ! 出せ! 全部出すんだ!!」
「なぁっ!?」
「僕も……僕も一緒に、出すからっ!!」
「んなぁ~っ!?」

レグの決意……もとい、ケツ意に。
涙目で抗議の悲鳴をあげる、ナナチ。
その切実な叫びは、誰にも、届かない。



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/27(月) 22:55:47.32 ID:hLTkM85AO

「はぁ……はぁ……レグ……?」
「リコ! 僕はここだ! ここに居るよ!?」

まるで、悪夢にうなされているかのように。
リコはレグの名を呼び、その手を握る。
彼女の細い指を折らないように、優しく。
レグは握り返して、自分の存在を伝えた。

「レグ……私、もう……」
「大丈夫! 大丈夫だから!」
「レグ……怖いよ」
「大丈夫だ! 僕も一緒だから!」

今にも息を引き取るかのような状況。
しかし、既に命に別状はない状況だ。
そして、ナナチの住処は危機的状況だった。

「なあ! もういいだろ!? 河原に行けって!」
「おかまいなく」
「オイラが構うんだってばぁ!」
「間に合ってます」
「だから間に合わなくなるだろうがぁ~!」

うるさい外野はよそに、2人だけの世界に浸る。

「リコ、ずっと一緒だ」
「レグ……ありが、とう」

ぶりゅりゅりゅりゅりゅりゃりゅりゅぅ~!

「んなぁ~!」

便の音色と、ナナチの悲鳴が混ざり合う。
そのハーモニーを耳にして、自然と。
レグの広角が釣り上がり、愉悦が漏れ出た。

「フハッ!」

「なあああああああああああああっ!?!!」

「フハハハハハハハハハハハハハッ!!!!」

度し難いなと、レグは自嘲する。

ナナチの絶叫は、異質な嗤い声にかき消され。
住処は便で汚れて、使い物にならなくなった。
しかし、それによって、家を出る決心がつく。



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/27(月) 22:57:45.70 ID:hLTkM85AO

「ナナチ、本当にありがとう」
「元気になって、良かったな」
「ナナチのおかげだよ! ありがとう!」

レグに改めて礼を言われて。
回復したリコに感謝された。
慣れないことにナナチは戸惑う。

そして、心が痛んだ。

「あのよ、実は頼みがあんだけどよぅ」

2人の感謝を利用するようで、申し訳ない。
せっかくのハッピーエンドを台無しにして。
酷い願いを口にすることが、心苦しかった。

「オイラの宝物を救ってやってくれねぇか?」

それでも、こうして頼める相手が出来た。
だからナナチは、2人を頼り、懇願した。
これまではそんな相手はいなかったけれど。

「わかったよ、ナナチ!」
「僕達に出来ることなら、なんでもするよ」

つくづく、チョロい。
安請け合いなんてするもんじゃない。
だけど、本当に有難いと思えた。
涙が出るほど嬉しくて、ナナチは開き直る。

助けた相手に、助けを求めて何が悪い、と。


『メイド・イン・ア○ス』


FIN



元スレ
ナナチ「いいか? オイラの言うことは絶対だぜ?」レグ「わ、わかった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1558963975/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (10)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年05月28日 01:05
          • だと思ったよチクショウめ!
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年05月28日 02:04
          • 無駄に文章力ある
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年05月28日 05:38
          • 文章力と尻でフハるなって思っちまうわ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年05月28日 06:09
          • 今回は予想しやすかったな
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年05月28日 06:46
          • 5 度 し 難 い
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年05月28日 07:47
          • 久しぶりにみたな
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年05月28日 10:36
          • 案の定この人だったか
            安定の※ネタで実家のような安心感ある
            またギアスで書いてくんねーかなぁ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年05月28日 12:32
          • こりゃひでぇ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年05月29日 19:28
          • 白日の下に晒された、リコの尻穴。
            その底知れぬ深淵は、まるで奈落。
            極めて度し難い。度し難いのだが。
            それはまさに、アヌ……もとい、アビスだった

            なんでこんな頭の悪い文章思い付けるんだ(笑)
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年08月16日 07:01
          • この人天才かよ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【安価】彡(゚)(゚)「教習所に行くで」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「教習所に行くで」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「教習所に行くで」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「教習所に行くで」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「教習所に行くで」
        • 罪人「ワイ殺したら呪い殺したるで」役人「ほーん」
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 【シンフォギアXV】マリア「切歌の変身バンクエロすぎ問題」
        • 【安価】彡;(゚)(゚)  「あかん・・・腹が痛い」
        • 俺「暇だ..>>6(就職)するか」家族「!?」
        • 彡(゚)(゚) 「ワイが>>2(ゴミ)やと?!」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 【デレマス】ロマツア水戸黄門
        • 【ゼロワン】福添准「美食家なヒューマギア?馬鹿馬鹿しい」
        • 【うちの娘。】ラティナ「大きい方が好き?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「ワイが……仮面ライダー!?」ヒロイン「そうよ」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ