TOP

演劇部の部長(♀)「仕方がないから、キミは私がもらってあげよう。」

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 01:52:28.894 ID:Lk0e1Gh40

部長「構わないだろう?どうせろくにもらわれるあてもないんだろうから。それなら私が名乗り出ようという話さ。」

部長「大事にするよ?それはもう、どんなものよりもさ。まるでエリックがクリスティーヌにそうしたように……たくさん可愛がってあげよう。」

部長「さあ、私の手を取って。そうしたら最後、キミは私の所有物になる。キチは人ではなくなる。キミは物になる。宝物だよ。この世で最も大事な宝物になるんだ。」

部長「覚悟があるのなら、ほら…………跪いて、手の甲にそっと優しいキスを…。」

部長「…………駄目だな。ああ、まるで駄目だ。こんなものではいけない。私が求めていたのはこんなものではないんだよ○○くん。」

部長「いや、悪くはなかったとも。私の抑えきれない異常性がそこはかとなく匂った。決して悪いものではなかったんだが……いや、悪いか。」

部長「まず突拍子がない。私の言わんとしていることの信憑性というか、説得力がいまいち欠ける。いきなり愛してるだなんだと言われてもバックボーンを理解していなければ私は単に妄想癖と支配欲の激しい狂人になってしまう。まあ狂人自体は悪くないんだが。」

部長「だがこれではいけない。私は誰の目にも明らかな狂気的で純粋な悲恋を皆さんにお楽しみいただかなくてはならないんだ。そうでなくては、キミをもらう資格なんて私にはない。」

部長「私は全生徒の前でキミに愛を伝え、皆さんの心を、支持を、圧倒的熱量の支持を浴びせられながらキミをもらわなくてはならない。そうでなくては、キミにも失礼だからね。」

部長「もちろん、キミの心を掌握するのは容易い。でもね、どうせだったら一生に残る告白劇にしたいんだよ。それこそ、キミが他の女に惚れるたびにズキズキと痛む治らない傷跡のように。」

部長「私という存在を皆さんに、そして何よりキミの心に刻み付ける。怯えなくちゃいけないんだよ、キミは、私の愛情に。呑まれて、溺れて、死ななくちゃいけないんだよ。」

部長「……なるほど……死ななくちゃいけない、か…………おおお……なんだか、思いついたかもしれないぞっ。すまんそこで待っていてくれ、少し時間をくれ。すぐに書き上げるから。」

部長「そうさ、これが終わったらまた予行練習だよ。今度こそ、今度こそキミをあっと驚かせてみせるよっ。だからそこで、ただ指を咥えて待っていてくれっ。私の脳に虹がかかることを!」



2:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 01:52:54.066 ID:Lk0e1Gh40

みたいなね



3:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 01:53:59.293 ID:EJsmiOWO0

長文は最初と最後の1文ずつ読めばだいたい分かるって国語のセンセーが言ってたよ



6:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 01:55:15.900 ID:Lk0e1Gh40

俺それやったら現国のテストごっちゃごちゃになったぞ
誰だろうなそんな適当なこと言い出したの



11:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 01:58:46.026 ID:hAe6IR8X0

演劇部なら下手くそな演技で過剰に愛を叫んでから嘘っぽいですよとか言われちゃって私もまだまだだなぁーと笑いつつ帰ってから明日の告白を必死こいて考えてるみたいのでよろしく



16:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 02:14:24.327 ID:Lk0e1Gh40

部長「しかしこうして音楽室の窓から眺める世の景色は素晴らしいね。人が生きている。」

部長「私は学校が好きなんだよ。思春期の若者たちはみな悩み苦しみ苛立ちながらもなんとか耐えて生きている。」

部長「付け加えて、なんとも青臭い。大人にはない不器用さというのかな、下手な生き方をしている子たちばかりだ。そんな人々の群像劇、これに勝る芸術はないよね。」

部長「そして私も、キミも、その群像劇の登場人物のひとりに過ぎない。今っぽい言い方をすれば、体験型とでも言い換えれば伝わりやすいのかな。そんなもの、いかほどの価値があるのか想像もつかない。」

部長「このいつまでも続きそうで、それでいてどこか一瞬で終わる思春期から目を逸らしているような……ひどい矛盾を抱えてる若者が、私は愛しいよ。」

部長「キミにも、この感覚をキミにも分かってもらえれば嬉しいんだが……まあ、分からないほうがいいのかもしれないな。その方が美しい。」

部長「……それでもなおキミに理解を求めてしまう私も、不器用な人間なんだろうな。そうだとすれば、私も少しは私を好きになれそうだ。」

部長「でもね、私が私を好きになるには、いくらかキミの力が必要みたいなんだ。それは、いつまで続くのか分からない。卒業までに答えを見つけるのか、それとも死ぬまで分からないのか。……ふふっ。」

部長「……私はいま、“理解したくないな”と思ってしまったよ。求道するのなら、答えを見つけてこそだと思うんだけどね……はははっ、やはり私も矛盾を抱えているんだな。」

部長「だったらなおのこと、はやくミを手に入れないとな。私がキミをこの手のひらに乗せて……握ったり、開いたり……楽しそうだ。」

部長「大丈夫だよ。ちゃんと可愛がるから。一生手放さないように、そのときは糸でも通そうか?……なーんてね、ふふふっ。」



17:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 02:15:03.393 ID:pSUAUlQA0

男装してるイメージなんだけど違う?



18:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 02:15:54.734 ID:Lk0e1Gh40

俺は黒タイツがいいな!



24:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 02:27:47.563 ID:lM3dzzpT0

放課後のグラウンドでの部活動の賑わいを録音して、部長にあげたら喜んで毎日聴いてくれそう



25:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 02:30:41.190 ID:Lk0e1Gh40

>>24
「こういうのは生で聞くからいいんだよ。」とか言ってるけど卒業して数年後には大切な思い出として時折聴いて当時を懐かしんでそう



30:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 02:41:28.573 ID:lM3dzzpT0

告白劇はいつやるんだろうか
新年度初めに体育館でする部活紹介でやった日には、一年中それでいじられそうな気がするし、行事があるたびに何度もさせられそうな感じだ



31:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 02:42:08.701 ID:Lk0e1Gh40

部長さんとは末永い関係になるのがいいのか高校限りの付き合いがいいのか



32:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 02:44:12.801 ID:xtofavEPd

○○君は高校限りの付き合いのつもりだけど部長さんは末永いお付き合いをするつもり的なすれ違いとかいいと思います



33:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 02:44:36.057 ID:lM3dzzpT0

末永い関係になるのも、高校限りの付き合いになるのも、どっちも魅力的だと部長は考えていそう

だったら高校限りの付き合いをずっと続けられたらいいよね。卒業式に心中してようやく得られる結末な気がするけど



34:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 02:52:46.517 ID:Lk0e1Gh40

でも仮に本当にもらわれちゃうことになったらなんかそのままどこか異空間へ連れていかれそう

「これでようやく……本当の意味でキミを愛することができる。長かったよ。……いや、あっという間だったのかもね。」

「どちらにせよ、これからは時間なんていう概念は意味をなさなくなる。寂しいことだけれど、それでキミが幸せになれるのなら……私は…。」

とか言って
そんで10年後の同窓会で「そんなこともあったなぁ」「連絡つかなかったけどなにしてんだろうなー」みたいなちょっとオカルティックな語り草になりそう



35:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 02:54:18.774 ID:lM3dzzpT0

好きな人を嫌いになったとき、今までわからなかったすべてのことがわかるようになる。
って部長は思ってそう
矛盾が青春ならば、青春の終わりを告げる悲恋によって、矛盾もまた解消されるだろうと



36:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 02:58:56.499 ID:Lk0e1Gh40

でも進んで嫌いになろうとはせず自然に嫌いになっていくのをただただ待ってそう
自然に湧き上がる感情に身を任せようという方針だけどいつまで経ってもその時が来ないという不具合



37:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 03:11:06.717 ID:lM3dzzpT0

>>34
学校の七不思議になっていたい


 その学校では、深夜の来訪者のためだけに公演される舞台がある。
 青春の中で迷える少年少女たちが、親にも先生にも黙って肝試しのために学校へやって来たという後ろめたさを感じながら、今は廃部になって使われなくなった演劇部の元部室に入ると、帳は上がる。
 内容は肝試しにやって来た子どもたちと同じ年頃の二人の恋愛譚だ。月明かりも射し込まない暗い部屋で亡霊が踊っている。観客は不思議と逃げる気分にはならず、ずっと夢見心地だ。
 これを見た子どもたちは、最後には一つの訓戒を抱いて部室を後にするという。
 そして残された亡霊の二人は、またいつかやって来るであろう迷い人のためにいつ終わるかも知れない練習を仲睦まじく続けている。

みたいなみたいな



38:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 03:12:35.698 ID:lM3dzzpT0

下校の途中で、二人でクレープを買い食いしてるときにふと「これは嫌いにはなれないな」って部長に思われたい



39:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 03:16:08.712 ID:Lk0e1Gh40

甘いもの大好きとかいう時折垣間見える女の子っぽい部長も好き



44:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 03:55:17.304 ID:lM3dzzpT0

部長「さっきからどうもキミは暇そうにしているね。部室にやって来たなら部活動に専念しないとダメじゃないか」

部長「……と、部長の役割に則ればそう叱るべきなんだろうけど、いつもキミと雑談をしてばかりの私が言ったところで説得力がないよね」

部長「だから、そうだな。その暇を少し私にくれないか? 退屈にはさせないよ」

部長「……そう言ってくれると思ってたよ」

部長「では早速だけど、キミは学校の七不思議を知っているよね。キミの小学校にはあったかい? あいにく私の母校にはなかったけれど、ここはそうではないようだよ」

部長「夕暮れ時に、遠くの教室から友達の笑い声が聞こえてくることがある。それにつられて、ドアの前までやって来て、小さな窓から中を覗くけど、誰もいない」

部長「けれども笑い声はまだ続いている。ただし耳をよく澄ませてみると、和気あいあいというより、声音は乾いていて、喉を痛めているのに無理して笑っているように思える」

部長「もしも中の様子が気になってドアに手をかけてしまったら、突然ドアが開いて、本来向こうにあるはずの教室ではないどこか異世界へととてつもない力で引きずり込まれるという」

部長「そしてその人は二度と外へ出ることはできない」

部長「あの笑い声は、すでに引きずり込まれた人々が、寂しさのあまり誰かを自分と同じにするために誘い込むための餌だったみたいだ」

部長「……これが私たちの学校に語られる七不思議の第一、「笑い声」だよ」

部長「だからもしも、放課後の校舎で聞き覚えがある笑い声がしても無視しないとダメだよ。キミは素直に私と帰るべきなんだからね」

部長「ふふふ、この怪談のいいところはこうしてキミを独占するのに利用できるところだね」



46:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 04:26:24.628 ID:lM3dzzpT0

部長「話を続けようか」

部長「次は七不思議の第二、「痣の持ち主」だ」

部長「この学校には生徒が何百人もいるけれど、そのうちの一人に、背中に血の染みたような痣があるという」

部長「痣の持ち主は、いずれ卒業することになるが、すると必ず、入れ替わりで入ってくる新入生の中の一人に、まったく同じ位置で、まったく同じ形状の痣の持ち主がいる」

部長「別に彼ら彼女らは血縁でなければ、幼い頃に同じ環境で育ってもいない。それぞれ痣を背負うことになった事情も違う。共通点らしい共通点がないんだ」

部長「そうであるにも関わらず、学校には必ず痣の持ち主がいて、途切れることなくすでに数十年も経過しているという」

部長「風の噂で聞くには、学校が建てられる前はここに宗教施設があって、その神様が、お気に入りの子どもに対して、さながら唾をつけるように痣をつけては、毎年学校に通わせるようにしているらしい」

部長「そして学校に通っている間、その一代は神様から大いに幸運を賜ることができるとのことだよ」

部長「ちなみに、昔の地図を見てみると本当にここには宗教施設があったみたいだね。キミも確認してみるといい。http://ktgis.net/kjmapw/index.html」



49:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 04:54:14.877 ID:lM3dzzpT0

部長と一緒に合宿兼お泊まり会兼お喋り祭りをしたい
深夜には部室にベッドをひいて、その上に座りながら携帯の薄明かりの中で延々駄弁っていたい
すると話の流れで、屋上で星を見ることになってなぜか部室にある望遠鏡を持っていって一緒に肩を寄せあいながらどれがなんの星かを指さして当てていきたい



53:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 05:08:10.913 ID:lM3dzzpT0

1984とか聖書とかジャンル関係なしに引用してそう



54:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 05:48:19.268 ID:lM3dzzpT0

部長「……」

部長「……もう大分、夜も更けてきたね。今日は合宿に来てくれてありがとう。もちろんキミが誘いを断るなんて思っていなかったけどね」

部長「それにしても夜の学校は雰囲気が出る。教室から顔を出し、廊下の向こうを覆っている暗闇を見つめるだけで、背筋に薄ら寒い感覚が走るよ」

部長「そうだね、せっかくだ。怪談におあつらえ向きの舞台が整っているようだし、七不思議の話でもしようか」

部長「……ああ、単に夜の学校というシチュエーションだけを指しておあつらえ向きと言っているわけじゃないよ」

部長「この部室自体が、ある七不思議の現場でもあるからこそ、おあつらえ向きと言いたいんだ」

部長「それが七不思議の第三、「使うと廃部になる部室」だよ」

部長「……」

部長「……まあ、あまり怖くはないね。いや怖くはあるな、別の意味でだが」

部長「この部室を拠点とした部活は数年もすれば必ず潰れて、それからまた新しい部がやって来ては潰れてが繰り返されているらしいね」

部長「私たちの演劇部の前は、ここは推理小説研究部で、さらにその前は天文部だったんだよ」

部長「だから本棚に館シリーズが並んでいたり、その隣の大きな箱の中には望遠鏡があったりするんだけど、奥を探せばより古い部活の名残があるかもしれないな」

部長「まるで地層だ。ちなみに私の七不思議の知識は、昔あったオカルト研究会がまとめた資料によるものだけど、物置きが地層なら古いものを引っ張り出す私はさながら土をかき混ぜるミミズと言ったところかな」

部長「……そういえば話が変わるけど、今日の夜空は晴れているね」

部長「前に望遠鏡をメンテナンスしてからしばらく経つけど、問題はないはずだから……」

部長「今から、星を見に行かないか?」

部長「春だからおぼろがかかっているだろうけど、そういうのも乙というやつだろうしね」

部長「ほら、私は箱のこっち側を持つからキミはそっちを持ってくれ」

部長「屋上の鍵なら大丈夫だよ。それも偶然この部室から発掘したからさ」



55:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/14(火) 06:00:17.383 ID:lM3dzzpT0

改めて思うけど
部長に、自分に対する告白の相談をされるのってすっごい素敵だと思う



元スレ
演劇部の部長(♀)「仕方がないから、キミは私がもらってあげよう。」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1557766348/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (5)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年05月15日 03:05
          • キミくんいきなりキチ扱いされてかわいそうです(´;ω;`)
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年05月15日 05:04
          • 久々に見た気がする
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年05月15日 21:38
          • 5 痣を痔と読み違えてえれぇ事になった
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年05月17日 00:10
          • なんかちがう
            何人目?
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年05月18日 02:03
          • はぁ~好き

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • ガヴリール「仮面ライダージオウ?」
        • ガヴリール「仮面ライダージオウ?」
        • 【モバマス】猫垣楓「猫になっちゃいましたにゃん」 モバP「えぇ……めっちゃ落ち着いてる……」
        • 【モバマス】猫垣楓「猫になっちゃいましたにゃん」 モバP「えぇ……めっちゃ落ち着いてる……」
        • 【一人ぼっちの〇〇生活】アル「つけ忘れた・・・」
        • 【シャニマス】P「ぶつかって落とした夏葉のバッグからタバコの箱が出てきた…」
        • 【モバマス】佐藤心「ついにソロ曲だぞ☆」千川ちひろ「おめでとうございます」
        • 女「君はロックなんか聴かない」
        • モバP「加蓮、ちょっと今いいか?」
        • モバP「加蓮、ちょっと今いいか?」
        • GAYS GONE[DAYS GONE SS]
        • 【デレマス】たわいもない少女達の休み時間
        • 【デレマス】たわいもない少女達の休み時間
        • 【アイマス】やよい「ピコピコプラネッツのガチャガチャ?」
        • (´・ω・`)「ぼくがADHD………?」
        • 【るろうに剣心】志々雄「この包帯には全財力の五分の三をつぎ込んだ」方治「何やってんですか!?」
        • 【モバマス】高垣楓「風向き良し」
        • 【モバマス】高垣楓「風向き良し」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ