TOP

【艦これ】龍驤「まだ、足りないもの」その7【安価】

1: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 19:21:40.57 ID:oqrabuN9O

注意
欠損表現、安価有り


前スレ
【艦これ】龍驤「まだ、足りないもの」その6【安価】



2: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 19:33:15.97 ID:oqrabuN9O

登場人物の簡易まとめです

駆逐艦
・暁
・雷
・電
・響
・清霜
・霞
・黒潮
・不知火
・卯月
・朝霜
・叢雲
・皐月
・陽炎
・漣
・潮
・S朝潮


軽巡
・阿武隈
・多摩
・夕張
・神通
・川内
・龍田
・天龍
・北上

重巡
・加古
・羽黒
・那智

潜水艦
・伊401
・伊168
・伊8
・伊58
・呂500
・伊19
・伊26
・伊13
・伊14

戦艦
・金剛
・ガングート
・長門
・榛名


空母
・雲龍
・天城
・葛城
・加賀
・瑞鶴
・翔鶴
・隼鷹
・飛鷹
・千歳
・龍驤


その他
・秋津洲
・明石
・レ級
・駆逐棲姫
・提督


ここに挙げている以外のキャラも出てきますので、よろしくお願いします



5: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 19:51:02.79 ID:DByF/LDj0

ーー

龍驤「今日は久しぶりに新しい子が来るんやったね」


提督「…大井や伊168達潜水艦のケアもあったからな」


龍驤「それもなんとか落ち着いたし、受け入れられる態勢になったからね」


提督「…助けを求めたりここが必要な艦娘がいるなら、ちゃんと受け入れてやらないとな」


龍驤「もうすぐ来ると思うから、後は到着を待っとこか~」


下1~3高コンマ 鎮守府に来た艦娘の名前とその状態など



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 19:52:52.30 ID:7hUReuy9o

春雨
キス魔、淫乱ピンク状態



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 19:53:17.85 ID:QKPXYVpfO

愛宕
男性恐怖症



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 19:53:40.37 ID:RjQfZqd30

伊26



10: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 20:08:21.47 ID:DByF/LDj0

ガチャ……


龍驤「ん…?どないしたん?入ってきてもええで?」


愛宕「そこに提督は居ますよね…?」


提督「…後ろを向いていれば大丈夫か?」


愛宕「本当はダメだけど…頑張るわ」


龍驤「ほな入ってきてもらえる?司令官は後ろ向いてるで~」


愛宕「ありがとう…」



11: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 20:11:41.44 ID:DByF/LDj0

龍驤「重巡愛宕。ウチらの鎮守府には重巡が少ないから来てくれるだけでかなり助かるで!」


愛宕「戦果には期待してもらっても大丈夫よ。でも…」


提督「…俺がいる限りは実力が出せないか?」


愛宕「……」


龍驤「愛宕?」


愛宕「ごめんなさい…ちょっと……」


龍驤「男性恐怖症なぁ…愛宕のはどのレベルなん?どこまでやったら大丈夫なん?」


愛宕「安価」


下1~3高コンマ 愛宕の台詞を



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 20:12:34.25 ID:nbGJRzYto

ホントは声も無理



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 20:12:43.19 ID:9XTvYaKio

声を聞くくらいならなんとか



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 20:13:05.49 ID:RjQfZqd30

違う部屋でスピーカーごしなら会話できます…



15: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 20:23:43.58 ID:DByF/LDj0

愛宕「違う部屋でスピーカー越しなら会話できます…」


提督「…なら俺からの指示は誰かから伝えてもらうようにしよう」


龍驤「それがええね。もし何か緊急で伝えたいことがあるんやったら第三者を挟めばいけるね」


愛宕「ぅ……ぉえっ…」


龍驤「大丈夫か?」


愛宕「ごめ…な……直接声…聞くと…うぇ…」プルプル


龍驤「ほな一旦医務室行こか。司令官、連れて行ってくるで」


提督「……」コクリ



16: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 20:31:07.06 ID:DByF/LDj0

ーー医務室

愛宕「着任早々吐くなんて…やっぱり私ダメね……」


北上「少しずつ治していけばいいんだって~いきなり治ることなんて無いんだしさ」


龍驤「北上、憲兵さんにもちゃんと言うといてな?」


北上「了解~無闇にウロチョロするなって伝えとくよー」


愛宕「ふぅ……大分楽になったわ。ありがとう二人共」


龍驤「これくらいどうって事無いで。これからしんどなったら医務室か千歳さんの所があるから覚えときよ?」


愛宕「ええ、そうしておくわ」


北上「愛宕さん、楽になったんなら質問いい?なんで男性恐怖症になったのかは置いといて、なんでここに来ようと思ったの?この鎮守府が事情のある艦娘を受け入れてるって言ってもさ、提督男じゃん?」


愛宕「安価」


下1~3高コンマ 愛宕の台詞を



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 20:33:33.55 ID:LEko/Bv/0

ここの提督なら男性でも酷いことはしない、艦娘を最大限尊重してくれると幹部から聞いた
ちょっとでもこの状態を克服したい



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 20:38:57.38 ID:nbGJRzYto

前の提督は良くしてくれたのに申し訳なくて…どうしても克服したいの



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 20:55:01.91 ID:Aza5tlKh0

同じ症状だった艦娘が治ったという噂を聞いて



20: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 21:20:14.88 ID:DByF/LDj0

愛宕「私だって男の人が居る所になんて死んでも来たくなかったわ。でも同じ症状だった艦娘が治ったという噂を聞いたの」


北上「それは龍田さんのことだね」


愛宕「龍田は私よりも酷かったらしいじゃない。それなのに提督とは普通に話しているんでしょ?」


龍驤「そうやね、ここに来た時の龍田は凄かったわ……でも今は元気にしてるで」


愛宕「その龍田に会わせてもらえる?どうしても話しをしてみたいの」


北上「わかった、部屋にいるはずだから呼んできてあげるよ~」



21: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 21:24:28.11 ID:DByF/LDj0

ーー


龍田「失礼するわねぇ~」ガチャ


愛宕「貴女が……」


龍田「うふふ~いきなり医務室行きなんて、貴女も相当なのね~」


愛宕「私は龍田よりは軽いわ。でも貴女はそんなに元気そうにしてる……何故なの?」


愛宕「本当にここに来たから男性恐怖症がマシになったっていうの?」


龍田「安価」


下1~3高コンマ 龍田の台詞を



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 21:25:41.21 ID:dxbeSHl10

天龍ちゃんがいたから



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 21:26:38.90 ID:LEko/Bv/0

本当よ?た・だ・し。提督限定みたいなものよ。



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 21:27:24.59 ID:nbGJRzYto

貴女に本当に治す気があればね~



25: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 21:48:11.14 ID:DByF/LDj0

龍田「本当よ~?」


愛宕「本当に…………」


龍田「た・だ・し、提督限定みたいなものね~」


龍田「ここには憲兵さんが居るのは知ってるわよね?」


愛宕「そんな話しはしてたわね」


龍田「この前も見ちゃって……少し取り乱しちゃったわ~」


愛宕「そうだったの…」



26: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 21:51:31.50 ID:DByF/LDj0

龍田「でもね、ただ姿を見るだけなら大丈夫なの。その時見た姿が北上と………」


龍田「……はっ、はっ、はっ、はっ…ひ…ひぃ……」


愛宕「ちょっと、大丈夫?」


龍田「…ごめんなさい。思い出すと……」


愛宕「北上と憲兵さんはそういう関係なのね。気をつけておくわ」


龍田「提督は…龍驤さんと漣と付き合ってるから…気をつけて…」


愛宕「……十分気をつけるわ」



27: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 21:55:29.23 ID:DByF/LDj0

愛宕「提督のことが大丈夫になったのはどうしてなの?」


龍田「やっぱり恩があるのが大きいわね~こんな私を大事に育ててくれたの。私ね、素質が5だったのよ?」


愛宕「5!?そこから改二になったっていうの!?」


龍田「うふふふふ…」


愛宕「信じられないけど、嘘を言ってる訳では無さそうね…」


龍田「貴女も今に感じると思うわ~この鎮守府の心地良さを。ここでは誰も自分のことを蔑む人は居ないし、全員が味方なの」


龍田「今は…ゆっくりしてるがいいと思うわ~」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 21:57:52.74 ID:OECh4eDy0

千代田が愛宕に話をする



29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 22:00:03.39 ID:Aza5tlKh0

金剛が愛宕に施設の場所や用途、気を付けることを 教える



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 22:00:16.10 ID:UhFXKdCqO

千歳さんが軽いカウンセリングも兼ねて挨拶に来る



33: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 22:08:59.79 ID:DByF/LDj0

千代田は居ないので再安価です

下1~3高コンマ お願いします



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 22:09:45.85 ID:7hUReuy9o

千歳さんとカウンセリング



35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 22:10:13.25 ID:Aza5tlKh0

金剛が愛宕に施設の場所や用途、艦娘ごとに接する際気を付ける所を教える



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 22:13:16.37 ID:WCMwo5qjO

千歳と霞で診察
霞は愛宕用の薬の為



37: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 22:20:58.79 ID:DByF/LDj0

ーー診療所


千歳「龍田より症状は軽いといっても、提督の声を聞いて気分が悪くなるなら結構進んでるみたいね」


愛宕「町で男の人とすれ違うだけでもダメなのよ…」


千歳「わかったわ、まずは軽くカウンセリングからね」


愛宕「それは前の鎮守府でもやったけど、本当に効果があるの?」


千歳「効果が出る人も居るし、勿論出ない人も居るわよ」


愛宕「龍田はどうだったの?」


千歳「ごめんなさい、あの子が一番辛かった時はまだここに居なかったのよ。今はカウンセリングの効果はあるみたいだけど、当時はわからないわ」


愛宕「そう……」


千歳「愛宕、嫌な事は答えなくていいし考えなくていいわ。だから私とお話ししましょう」


愛宕「お願い……」


下1~3高コンマ カウンセリングの内容やその他起こったこと等



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 22:23:53.83 ID:RjQfZqd30

前の鎮守府で毎日男性ささやきボイスCDを聞かされてトラウマになった



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 22:24:39.05 ID:wOtA5GOu0

愛宕が思い返してる内にパニックになってしまい昔の事を断片的に呟きだした



40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 22:27:14.27 ID:LEko/Bv/0

思い出そうとすると記憶に思考にロックがかかり吐き気を催す



42: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 22:44:17.75 ID:DByF/LDj0

ーー

千歳「……そんな理由があったの」


愛宕「男の人が怖くなったのはそのトラウマのせいなのよ…」


千歳「それは誰でもおかしくなると思うわ。毎日毎日男性のささやきボイスを聞かされてたなんて…」


愛宕「やり方も異常だったの。隣の部屋が空いてたのをいいことに壁の中に再生装置を埋め込むなんて……」


千歳「そこまでしたら普通事件として報道されるはず。それが無かったってことは犯人は…」


愛宕「やめて、あの男は提督なんかじゃない……」ガタガタ


千歳「……そうね」



43: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 22:48:58.10 ID:DByF/LDj0

愛宕「あの男の部屋は酷かったわ。私の私物や下着が変な液体にまみれてて…」


愛宕「壁一面に私の写真が貼り付けられてるのを見て………私はおかしくなってしまったの」


千歳「入院期間は長くはなかったんでしょ?」


愛宕「それでも……男の人はもう受け付けられなかった。あの男が居た鎮守府で出撃するのは無理だったの」


千歳「…辛かったのね」


愛宕「それでも私はそれを理由にドロップアウトなんてしたくなかったの!私は艦娘なのよ!」


千歳「愛宕は強いのね」


愛宕「……強くなんてないわ」



44: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 22:52:25.56 ID:DByF/LDj0

千歳「でも安心して、ここではそんな心配も無いし、皆んな受け入れてくれるわ」


愛宕「龍田もそう言ってたわね」


千歳「…今日はこれくらいにしておきましょう。ベッドはいつでも用意してあるから、不安になったらいつでも来てね?」


愛宕「そう言ってくれたら凄く心強いわぁ…」


千歳「愛宕、頑張らなくてもいいから自分のペースでゆっくりやっていきましょう」


愛宕「ありがとう…」



下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 22:54:32.93 ID:DhWvejNiO

みんなで温かく愛宕の歓迎会
そしてこっそり愛宕を狙う影
それは紛れもなくヤツさ



46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 22:55:48.06 ID:7hUReuy9o

皐月襲来



47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 22:56:05.28 ID:WCMwo5qjO

演習場で現在の実力確認



48: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 23:17:56.94 ID:DByF/LDj0

ーー

「歓迎会、楽しそうにしているなぁ…」


「僕と引き剥がされて悲しんでいるかと思ったけど、元気そうで良かったよ」


「愛宕の新しい部屋も確認できたし……今夜会いに行くからね」


「君は僕だけのものなんだ。他の誰かになんて渡さない」


「待っててね愛宕……僕が救ってみせるから…」



49:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 23:22:32.35 ID:nbGJRzYto

(アカン)



50: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 23:28:00.72 ID:DByF/LDj0

憲兵「全く、どこから侵入したんだ?」


「誰だ!」


憲兵「それはこっちの台詞だ。ま、誰かは分かり切ったことだがな」


「何故ここに居る!?」


憲兵「歓迎会か何が知らないが俺には俺の任務がある。警備が手薄になるとでも思っていたか?」


「クソ憲兵が……!」


憲兵「鎮守府内に関係者以外が立ち入り。大人しく捕まってもらおうか?抵抗すれば痛い目を見るぞ?」


「……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



51:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 23:29:41.35 ID:RjQfZqd30

弱くてすぐ捕まり愛宕に正義の鉄槌で裁かれる



52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 23:30:19.51 ID:Aza5tlKh0

怪しい人物、発砲して鎮守府内に逃走及び潜伏



53:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 23:30:39.15 ID:9XTvYaKio

憲兵さんに捉えられた不届き者は明石特性のGPSをつけてつまみ出される



54: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 23:41:07.83 ID:DByF/LDj0

「……」


憲兵「どうした、早くこっちに来い。来ないならこっちから拘束するぞ?」


「…………」


憲兵「痛い目に遭ってもらいたくは無かったが仕方ない。強制的に…」


「…痛い目に会うのはお前だ」スッ


憲兵「な!!」



55: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 23:44:37.45 ID:DByF/LDj0

パァン


龍驤「ん?何か音鳴った?」


漣「なんか乾いた音でしたな」もぐもぐ


黒潮「食べながら喋るのは行儀悪いでー」もぐもぐもぐもぐ


雲龍「相変わらず凄い量を食べてるわね」


龍驤「工廠組を含めて皆んなおるはずやし、なんか気になるな…」


漣「別室にいるご主人様と伊13さんに確認してみましょう」ピピピッ




56: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 23:47:14.47 ID:DByF/LDj0

ーー

提督「あぁ、その音ならこっちにも聞こえた」


伊13「演習場の方からしました…」


提督「装備や施設に何かあった可能性がある。念の為に確認してもらえるか?」


漣『ガッテンです!』


提督「心配する必要は無いと思うが、万が一ということがあるからな」


伊13「私……あの音は何処で聞いたような…」



57: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/02(日) 23:53:03.94 ID:DByF/LDj0

ーー

漣「不幸中の幸いか、緊急放送をする手間は省けましたね」


提督「犯人は複数犯の可能性もある。全員艤装を装備した状態で鎮守府内を捜索してくれ」


漣「大丈夫です!既に連絡済みです!」


提督「…憲兵の様子はどうだ?」


漣「出血が酷いみたいです。犯人は憲兵が防弾チョッキを着ているのをわかって、脚を狙った可能性もあります」


提督「…今は先生に任せるしかないな」


漣「ここでの応急処置が終われば大きな病院に搬送すると言ってました」


提督「犯人の狙いは分からない。全力で警戒して捜索を」


漣「……ご主人様は私が死んでも守りますからね」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



58:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 23:53:27.76 ID:DhWvejNiO

発砲までして気づかれないと思ったか?
他の艦娘ならともかく特務艦からは逃げられないからな



59:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 23:55:28.22 ID:f0iD5eCDO

爆弾を抱えて武器庫に籠城して愛宕を連れてこいと叫んでる



60:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 23:57:36.60 ID:LEko/Bv/0

愛宕の部屋にいた
マイハニー、待ってたよ。と言わんばかりに愛宕の部屋に侵入していた



62: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/03(月) 00:08:13.50 ID:smj7/ORW0

ーー

「この部屋に愛宕が……やっと会えるんだね…」


「変な男達が僕のことを連れて行った時はどうなるかと思ったけど、こうやって会う為のイベントだったんだね」


「大丈夫。今度は逃がさないように拳銃の他にスタンガン、手錠も持ってきてるから完璧だよ」ジャラッ


「さぁ……会いに来たよ愛宕!!」ガチャ


ゴスッ


「!!??」



63: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/03(月) 00:11:40.47 ID:smj7/ORW0

「な…なにが起こ……」フラフラ


朝霜「何って、顎に一発くれてやっただけだ」


「お前……が…!」


朝霜「サイレンサーも付けねぇで発砲して気付かねえと思ったか?」


「が……ぐぅ……!」


朝霜「ま、あたいならサイレンサー付いててもわかるけどな。特務艦舐めんなよ?」


「……!」スッ


朝霜「やめとけ、この距離でも当たんねぇよ」



64: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/03(月) 00:16:17.07 ID:smj7/ORW0

朝霜「あたいは憲兵とは違うぜ?なんならもっと近付いてやろうか?」ズイッ


「やめろ……近付く……な…!」カチャ


朝霜「……はぁ…脅すなら安全装置くらい解除しろよ…」


「ぐ……?」チラッ


朝霜「オラぁ!!」ドゴッ


「ガッ!…………」ドサッ


朝霜「バーカ、こんな近距離で相手から目逸らしてんじゃねぇよ」



65: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/03(月) 00:19:06.18 ID:smj7/ORW0

漣「朝霜!犯人は…!」


朝霜「思った通り愛宕のストーカーだ。いや、捕まってた提督って言った方がいいか?」


漣「単独犯ということですね?」


朝霜「間違いねぇな。スクランブルは解除していいぜ」


漣「はあ…よかった……」


朝霜「おい、このことはちゃんと司令に報告するからな?」


漣「……はい」


朝霜「こんだけ活躍すりゃご褒美もんだろ!司令、期待してるからな!!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



66:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/03(月) 00:21:38.99 ID:9WBzHTlfo

膝の上で撫でてもらえた
朝霜は違うそうじゃないと



67:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/03(月) 00:22:39.49 ID:S6XYxLxDO

また脱走してストーカー提督が現れる
しかし愛宕ではなく朝霜へ



68:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/03(月) 00:22:51.22 ID:z4kqBjIF0

犯人、朝霜の足をつかんで転ばせて、愛宕への執着心による気合いで起き上がる



72: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/09/03(月) 00:34:49.80 ID:smj7/ORW0

ーー後日

龍驤「司令官、朝霜のことやけど…」


提督「朝霜は表彰と昇進が決まった。しかもただの昇進では無く特務艦と役職を兼任するそうだ」ナデナデ


漣「鎮守府に侵入し、憲兵を襲った武装した犯人を単独で捕まえたわけですからね。当然といえば当然です」


龍驤「そうや…だから我慢するしかないんや…朝霜が司令官の膝の上で撫でられてんのを…!」


朝霜「……」


漣「龍驤さんは強い女です!頑張って耐えてください!」


龍驤「ぎぃ……!」ギリギリ


朝霜「なぁ司令…」


提督「なんだ?」


朝霜「こうじゃねぇ…こうじゃねえんだよぉ……」


提督「朝霜には助けられた。これは俺からの最大のご褒美だ」ナデナデ


朝霜「首絞めるとか…ブン殴ってくれるとか…あたいはそれが欲しかった……」


ーー



98: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/16(火) 20:06:47.82 ID:lYN2OFBv0

ーー

愛宕「ここの艦隊の話は聞いたけど、実際に見て回るのが早いみたいね」


愛宕「私は提督…男の人とはまだ喋れないし、ここにいる艦娘から直接聞いた方がいいはずよ」


愛宕「龍田の症状が良くなった。書類を見る限り彼女は出撃どころか人前で話すことはできない程重症だったはず」


愛宕「ここの艦隊なら私も…きっと……」


愛宕「うん、希望はあるはず。後は私次第ね」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



99:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 20:09:07.44 ID:eCKEB9eoo

工廠を覗いてみる



100:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 20:09:32.35 ID:JJJPy/0w0

愛宕
演習の見学をする



101:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 20:09:54.68 ID:cpNqL37oO

重巡組と話す



103: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/16(火) 20:32:36.31 ID:lYN2OFBv0

ーー


加古「それであたし達と話がしたいって訳ね」


那智「私はここに来て日は浅いが、それでも知っていることはある」


羽黒「私は…この鎮守府に教えられたことが…たくさんあります…」


加古「それを言うならあたしもだね。こうやって重巡の前で話せる機会なんて一生無いと思ってたからね」


那智「私もここで学んだ事は多いな」


愛宕「やっぱりそうなのね…」



104: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/16(火) 20:39:51.59 ID:lYN2OFBv0

羽黒「私はここに来て…よかったと思ってます…」


那智「ここにいる奴らは全員そう思ってるだろう」


加古「間違い無いね。断言できるよ」


愛宕「そこまで言い切れるのね…」


那智「貴様は私達になにを聞きたかったんだ?」


羽黒「私達に答えられることなら…お答えします…」


愛宕「安価」


下1~3高コンマ 愛宕の台詞などを



105:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 20:45:16.48 ID:dL9lbFnDO

異性経験…男性とお付き合いした事はありますか?



106:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 20:45:18.43 ID:eCKEB9eoo

いえ、なんだかずっと会ってなかった気がしたので



107:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 20:46:43.43 ID:skNhYTpJO

>>105



108: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/16(火) 21:01:25.65 ID:lYN2OFBv0

愛宕「異性経験…男性とお付き合いした事はあるの?」


那智「私は無いな」


加古「あたしも無いね~」


羽黒「私は…その……」


那智「そうか、羽黒は経験があるんだったな」


加古「へぇ~その割には下の毛の処理とかさ…」


羽黒「やめて下さい!私のは剃っても逆効果なんですよ!」


愛宕「知らなくてもいい情報まで教えてもらったわね…」



109: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/16(火) 21:03:11.80 ID:lYN2OFBv0

那智「それで、異性経験のある羽黒に何の質問がある?」


加古「羽黒は包み隠さず答えてよね~」


羽黒「うぅ…わかりました…」


愛宕「そんな難しい質問じゃないわ。ただ…」


下1~3高コンマ 愛宕の質問内容など



110:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 21:15:27.59 ID:RVJEUu7fo

どうやったら男性と話せるようになるかしら



111:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 21:19:27.83 ID:eCKEB9eoo

相手の受け入れられない所があったらどうする



112:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 21:21:24.44 ID:JJJPy/0w0

男性について考えるとあの男の影がちらつくの
羽黒は過去の男性がちらつくこととか無いの?



113: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/16(火) 21:46:58.82 ID:+RcXOCtYO

愛宕「相手の受け入れられない所があったら、どうしていたのかを聞きたかったのよ」


羽黒「最初は…受け入れない所なんてなかったです…でも…別れる直前は…嫌な部分とか…そういう所しか見えなくなるんです…」


那智「恋は盲目とは良く言ったものだ」


加古「恋愛ってさ、好きになったら負けっていうけど本当そうなんだね」


羽黒「はい……」


愛宕「そう、そうなのね…」



114: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/16(火) 21:51:37.14 ID:+RcXOCtYO

那智「この質問の意図はなんだったんだ?」


愛宕「男性恐怖症を乗り換えるには、ここの提督を好きになる所から始めようと思ったの」


愛宕「私の中で提督の評価は最低よ。性格は立派かもしれないけど、男ってだけでダメなの」


加古「だから経験者の羽黒の話を参考にしようとねぇ~」


羽黒「考えは悪くありませんが…司令官さんの事を好きとか…人前で言わない方がいいですよ…」


愛宕「どうしてなの?」


龍驤「誰がどこで話聞いとるかわからんからなぁ」キィィ


加古「う…げ…!!」


龍驤「安価」


下1~3高コンマ 龍驤の台詞などを



115:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 21:54:00.81 ID:JJJPy/0w0

惚れられるのは困るけど……でもそういうことなら協力するで!



116:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 21:54:04.44 ID:dL9lbFnDO

治すのはええけど司令官を使うのはアカン
本気になられたら困る



117:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 21:54:48.11 ID:kK3e/4yAo

嫌われるよりは司令官も喜ぶからええよ
ただウチから司令官を奪う気なら……もぐで?



119: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/16(火) 22:48:53.63 ID:lYN2OFBv0

龍驤「惚れられるのはちょっち困るけど……そういうことなら協力するで!」


羽黒「龍驤さんの機嫌がよくて良かった…」


龍驤「アホ、ウチも事情くらいわかっとるわ」


加古「マジで焦ったぁ…」


那智「しかし協力とは言ってもどうするんだ?愛宕は男を見るだけでもダメなんだぞ?」


龍驤「ウチに考えがあるねん。愛宕、ちょっち着いてきてくれる?」


愛宕「なにをされるのかしら…」



120: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/16(火) 22:59:29.78 ID:lYN2OFBv0

加古「龍驤さん、それってあたし達もついていっていい?」


龍驤「ええけど、なんでなん?」


那智「私と加古は異性経験が無い。男が欲しいとは思わないが、こういうのを知っていて損は無いだろう」


龍驤「なるほどなぁ、それやったらええよ」


羽黒「私も…お願いします…」


龍驤「ええで、ほな重巡皆んなで行こか~」


下1~3高コンマ 龍驤の向かった先ややることなどを



121:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 23:01:35.53 ID:dL9lbFnDO

バーチャルで男性経験を積む
つまり乙女ゲーム



122:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 23:02:37.95 ID:eCKEB9eoo

工廠
モザイク掛け司令官映像で訓練
最初は判別できないほど荒く、徐々にモザイク薄くして慣らしていく



123:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 23:10:10.67 ID:kK3e/4yAo

テイトクプラス(VR乙女ゲー)の最新版をプレイさせる



124: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/16(火) 23:25:05.47 ID:lYN2OFBv0

工廠


龍驤「どうや?これやったら司令官ってわからんやろ?」


羽黒「凄いモザイクですね…」


加古「この個室みたいなのってどうなってんの?」


秋津洲「廃棄予定のロッカーを改造したかも!」


陽炎「ガラスも余ったやつとかを組み合わせたのよ。だから余計にこんな見にくいってわけ」


愛宕「これなら大丈夫だけど、本当に提督が入ってるのよね?」


龍驤「司令官~声出したるのはあれやから、適当に手でも振ったって~」


提督「……」スッ


那智「確かに、入ってるようだな」



125: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/16(火) 23:27:04.82 ID:lYN2OFBv0

龍驤「このロッカーはガラスが減らせるようになってるらしいねん。今の状態やとこんなに近くてもいけるわな?」


愛宕「そうね、これなら大丈夫よ」


龍驤「ならこっからガラスを減らしていこ!二人とも、先ずは一枚減らしたって~」


秋津洲「お任せかも!」


愛宕「これは本当に効果があるのかしら…」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



126:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 23:31:54.91 ID:EREL5Qw90

輪郭がはっきりしてくるとともに顔色が悪くなっていく



127:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 23:33:05.31 ID:wMKgdlvF0

ガラスが残り半分のところで限界に



128:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 23:33:13.56 ID:O47vyT+Y0

ガラスが途中で割れてしまい提督と目があい吐き気を催す愛宕



130: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/16(火) 23:53:56.44 ID:lYN2OFBv0

ーー


愛宕「うえ……ぅ…」


龍驤「もう限界みたいやな。ここまでにしとこか」


羽黒「大丈夫ですか?医務室まで案内しましょうか?」


愛宕「…………」プルプル


加古「おいおい、そんなになるまで頑張んなくてもいいんだぞ?」


那智「ここまでしてもらってすぐに体調が悪くなったとは言い辛かったんじゃないか?」


陽炎「輪郭が出た時点でダメなんて相当ね」


秋津洲「医務室が間に合わないならバケツがここにあるかも!」


龍驤「愛宕、ここに出したらええで」


愛宕「…」コクリ



131: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 00:02:28.38 ID:Sb4PboIF0

愛宕「げぼ……ぇ…ぅ……っ…」


愛宕「ぉえ…………」ガクガクガクガク


那智「おい、これはマズくないか?」


羽黒「痙攣してるじゃないですか…!」


加古「あたし北上呼んでくる!」


龍驤「いや、千歳の方がええかもしれん。今やったら霞も一緒におるはずや」


加古「わかった!」ダダダッ


龍驤「大丈夫か愛宕?何も心配せんでええんやで?」


愛宕「安価」


下1~3高コンマ 愛宕の台詞などを



132:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 00:04:03.89 ID:x0v7xCIT0

no title



133:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 00:09:05.22 ID:pDXD9DHZO

こ゛め゛ん゛な゛さ゛い゛…

こ゛れ゛い゛し゛ょ゛う゛は゛む゛り゛よ゛……



134:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 00:10:56.23 ID:Uhi5Wjuc0

情けないわ‥うぉえぇ



135: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 00:20:25.66 ID:Sb4PboIF0

すいません自分の端末だとA Aが見えないです


再安価 下2 お願いします



136:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 00:22:45.56 ID:zI6EVFpn0

ごめんなさい
踏み台



137:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 00:22:53.14 ID:0pH2/j2wo

>>134



139: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 00:37:05.45 ID:Sb4PboIF0

愛宕「情けないわ‥うぉえぇ……」


龍驤「大丈夫や、少しずつ頑張ったらええ。今日ここまで頑張れたのは誇りやで」


愛宕「随分と…汚い誇りね……ぅえ…」


那智「これくらい可愛いものだ。義足を忘れたからといって地面を這う軽空母もいるんだぞ?」


龍驤「う……また見られとったんかいな」


提督「龍驤…」


龍驤「ごめんて…あの時キミ仕事中やったし……」


羽黒「龍驤さんこそ…私達を頼って下さい…」


龍驤「ほんまにごめん…」


加古「はい!千歳呼んできたよ!」


千歳「話は来る途中で聞いたわ。後は任せて」


愛宕「ふぅ…ふぅ……この調子で大丈夫なの…?」


ーー



148: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 19:14:40.45 ID:USC6BtAS0

ーー


漣「提督、朝からお楽しみといかないか?」ニタァ


提督「……お前は漣の中の深海棲艦だな」


漣「ほう、流石に二回目となるとわかるようだな」


提督「漣はそんな変な笑顔はしない」


漣「はっ、一度騙されたくせによくそんなことが言えたな」


提督「……」


漣「どうせ以前の時は『たまっていた』んだろう?男というものは単純だ」



149: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 19:20:49.89 ID:USC6BtAS0

漣「と、今日は提督を責めるのが目的じゃない。少し厄介なことになったんだ」


漣「提督、昨日の深夜に停電があったのは知っているな?」


提督「もちろんだ。停電といってもすぐに予備電力に切り替わったから、数十秒しか電気は消えていない」


提督「夜のうちに停電が直ったことも知っている。それがどうした?」


漣「実はな、その時に漣は部屋で映画を観ていたんだ。前に駆逐艦の間で流行っていた映画の続きだとか言っていたな」


提督「あぁ、あのホラー映画だな」


漣「漣は最初はいつもの調子で見ていたんだ。王道キタコレ!とか言いながらな」


漣「ところが途中から無言で見続けいた。どうやら漣はかなりの恐怖を感じていたようだ」


提督「あの漣が怖がる程の内容なのか…」



150: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 19:29:29.36 ID:USC6BtAS0

漣「心拍数が高まり恐怖感も最高潮になった。そして最も怖かったであろうシーンに差し掛かった時、鎮守府が停電したんだ」


漣「漣は恐怖で気絶、精神世界に転がるように入ってきたんだ」


提督「漣が気絶…」


漣「漣はビビりまくっていたな。精神世界でも取り乱し様が凄かったぞ」


漣「映画が変なトラウマになっても困る。私は漣を抱き締めて宥めていたんだ」


漣「そうだ、最初はやましい気持ちなんてなかったんだが…………魔が差したんだ」


提督「お前、まさか……」


漣「すまん、漣を精神世界でぐちゃぐちゃに犯してしまった」


提督「おい……」


漣「いやぁ興奮したぞ。途中で我に帰った漣を無理矢理…たまらなかった」


提督「そんな報告は聞きたいはない…」



151: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 19:35:18.32 ID:MXccIDpxO

漣「それだけで済めばよかったんだが、漣が精神世界に引きこもってしまったんだ」


提督「それでお前が表に出てきているということか」


漣「提督、なんとかして漣を表に引っ張ってこれないか?」


提督「俺に会いに行けということだな」


漣「こっちの世界へ来る方法は…覚えてるな?」ニタァ


提督「…不本意だが仕方ない。漣の部屋に行くぞ」


漣「くくく…精々楽しもうじゃないか」


提督「……」


下1~3 精神世界での出来事や漣の様子などを



152:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 19:46:27.52 ID:EzuREjrdO

「あたしはもうお嫁にいけません…」
と絵を描いてた



153:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 19:47:39.40 ID:xKEU5zKL0

白黒の漣人形にひたすら腹パンしていた



154:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 19:49:22.14 ID:hpcAIq8DO

精神世界で禅を組んで修行していた



155: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 19:54:32.38 ID:USC6BtAS0

ーー


提督(漣は…あそこか)


漣(…)


提督(漣、迎えに来たぞ)


漣(ご主人様…漣はもうお嫁に行けません…)


提督(そんな事は無い)


漣(漣は汚されてしまったんです…)


提督(現実世界では何も起こっていない。ここでの出来事なんて気にしなくていい)


漣(違うんです…そうじゃないんですよ…)



156: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 19:57:11.33 ID:USC6BtAS0

漣(重巡棲姫に襲われた時……不覚にも感じてしまったんです…)


漣(アイツは漣の一部です。気持ち良くて当然なのかもしれませんが、漣はそれが許せないんです)


漣(ご主人様というものがありながら……漣は体を許してしまったんです)


提督(あれは不可抗力だ。俺は何も気にしない)


漣(漣が気にするんです!今日はもう帰って下さい!!)


提督(簡単には聞き入れてくれないか…)


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



157:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 20:02:11.04 ID:hpcAIq8DO


元はと言えば漣がホラー映画なんかで気絶したのが原因です
精神世界と言えば修行
ここで特訓していきます



158:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 20:02:48.91 ID:lgizsom8O

深海組の協力で龍驤も漣の精神世界へ



159:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 20:03:24.90 ID:OTjWfeU60

一回現実世界に戻る提督
横にいつの間にか早霜がいる
早霜を探す幹部さんの声が聞こえる



160: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 20:08:16.74 ID:USC6BtAS0

龍驤(司令官、苦労してるみたいやね)


提督(龍驤?)


レ級(あたしが手伝ってやって龍驤を連れてきたんだ)


提督(そうか…ありがとうレ級に龍驤)


龍驤(事情は重巡棲姫から聞いてるで。ウチも漣を引っ張りだすのに協力するわ)


提督(俺だけではダメだった。龍驤が居てくれるなら心強いな)


龍驤(よっしゃ、ウチに任しとき!)



161: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 20:10:35.82 ID:USC6BtAS0

龍驤(漣、大変やったなぁ)


漣(龍驤さん……)


龍驤(ウチも司令官も気にしてないで。せやから一緒に帰ろ?)


漣(……)


龍驤(漣は何も悪くないねん。悪いのは全部アイツやから今度懲らしめたったらええねん!)


龍驤(漣がおらんかったら寂しいわ。だからな、そこから出てきてくれへん?)


漣(……)


下1~3高コンマ 漣の台詞やその他起こったことなどを



162:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 20:13:17.44 ID:xQqa8MWvO

龍驤がみみうちで
大丈夫やで、ウチも朝霜に襲われると思った時若干濡らしてもうたしと



163:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 20:16:09.34 ID:OTjWfeU60

表に出ている重巡棲姫を引っ張ってきて龍驤と漣で仕置き



164:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 20:16:51.99 ID:hpcAIq8DO

わかりました…でも少しの間待ってください
なんかまだここに居ないといけない気がするんです



165: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 20:27:30.35 ID:USC6BtAS0

漣(わかりました…でも少しの間待ってください。なんかまだここに居ないといけない気がするんです)


龍驤(今日中には戻ってきてくれるんやね?)


漣(はい、間違いなく)


龍驤(わかった、ほな司令官に伝えてくるわな)


漣(苦労かけてしまってすいません…)


龍驤(漣のためやったらこんなもん苦労にも入れへんって)



166: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 20:30:48.18 ID:USC6BtAS0

レ級(どうだ?説得できたか?)


龍驤(うまくいったで、今日中には戻ってきてくれるって約束してくれたわ)


提督(流石は龍驤だな…俺だけでは無理だった)


龍驤(ウチと漣が特殊な関係っていうのもあるからや。気にせんでええで)


レ級(よし、なら帰るか。もうここには用は無いだろう?)


龍驤(それなんやけど…ちょっち相談があるねん。このまま漣と二人っきりにしてくれへん?)



167: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 20:34:21.22 ID:USC6BtAS0

レ級(提督は離れても問題は無いが龍驤だけは無理だ。あたしが離れた瞬間に龍驤も離れることになる)


龍驤(そうなんか…)


レ級(だがあたしが引っ込む事は可能だ。ここに重巡棲姫が居ないのと同じような事はできる)


龍驤(何を話してたかわからんってこと?)


レ級(そうだ。ここに龍驤と漣の二人だけという状況は作れるぞ)


龍驤(わかった、司令官先に戻っといてくれる?二人だけで話したいことがあんねん)


提督(…わかった。俺は先に戻ってる)


龍驤(ありがとうな司令官)



168: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 20:36:28.62 ID:USC6BtAS0

ーー


漣(……)


龍驤(漣、また会いにきたで)


漣(帰ったんじゃなかったんですか…?)


龍驤(うん、司令官達は帰ったよ。今ここにおるのはウチらだけや)


漣(そうなんですか……それで、漣に何の用事で?もう帰るとは約束しましたよ?)


龍驤(安価)


下1~3高コンマ 龍驤の台詞などを



169:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 20:37:37.08 ID:wf/CMYwyO

>>162



170:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 20:40:51.01 ID:OTjWfeU60

漣の体に影響が及ばないよう気を付けて重巡棲姫をするならうちも手伝う



171:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 20:42:09.24 ID:FfpPxg+QO

何の映画を見てたん?



172: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 20:52:49.18 ID:USC6BtAS0

龍驤(どんな映画見て気絶してしもうたん?それがちょっち気になったんよ)


漣(あれです、ガングートさんがトイレに行けなくなった原因の映画の続編です)


龍驤(あぁ~第六駆逐隊の子らが流行らせたやつか)


漣(あれはそこそこ怖いくらいだったんですが…いやぁ油断しました。続きがあそこまで怖いなんて思ってませんでしたもん)


龍驤(気絶してしもうたのは停電もあったんやろうけど、それにしても怖かったんやな)


漣(そうですね、最怖映画と言っても過言ではありません)



173: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 20:57:30.66 ID:USC6BtAS0

龍驤(それでな、ちょっとだけ内容教えてくれへん?)


漣(ネタバレしろってことですか?)


龍驤(内容が知りたいんやなくてな、漣が怖がるんやったらウチ…漏らすんちゃうかと心配やねん)


漣(あぁ…龍驤さんってちょっと緩いですもんね…)


龍驤(それは司令官のせいや!っていうか潮吹くのは漣もやろ!)


漣(漣は気絶しても漏らしませんでした~~!)


龍驤(う、ぐぐ……)


漣(見ないようにしていてもウッカリということがあります。仕方ないですね…特別ですよ?)


龍驤(助かるわぁ…)


漣(いいですか、まず前作で死んでいたはずの…)


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



174:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 21:00:03.17 ID:ZChEnAS80

魔が差した漣、良いところで辞めてしまい
続きが気になって仕方ない龍驤



175:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 21:01:00.39 ID:OTjWfeU60

思い出しながら話していたため、精神世界にそのホラー映画で出てきた怖いやつが登場
あまりの怖さに一日中提督のそばから離れない龍驤と漣



176:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 21:01:14.29 ID:xKEU5zKL0

>>174+精神世界からでたあとこっそり一人で見てみる龍驤



178: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 21:15:14.48 ID:USC6BtAS0

ーー

漣(……それで、アイツは復活したんです)


龍驤(ほなまた無差別に人を襲うわけや)


漣(基本的な流れは前作と一緒なんですけど、演出面もパワーアップしてますし、何よりあのピエ口の不気味さが凄いんです)


漣(多分ですけどあれ顔にペイントしてます。前は明らか仮面でしたけど、今回はまるで表情が違うんです)


龍驤(おお…話聞いてるだけでも怖いわ)


漣(後ろを振り向いたらいるだろこれ!っていうシーンがあるんですけど、アイツは居ないんです。え…と思って画面見てたら上から……)


ギギィィィィィィィィィィィィ!!


漣、龍驤(~~!!!!)



179: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 21:20:12.90 ID:USC6BtAS0

ーー


龍驤、漣「「うわあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」」ガバッ


提督「な、なんだ?どうしたんだ!?」


レ級「痛っ…間に居たあたしを吹き飛ばす程…何があったんだ…?」


漣「あば、あばばばばばばばばばばばば!!」


龍驤「いいいいいい今!上にあ、アイツが!!」


提督「なんだ?ここには誰も居ないぞ?」


レ級「精神世界ではイメージしたものが現れることがある。あの様子だと何か想像したんだろ」



180: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 21:22:16.90 ID:USC6BtAS0

龍驤「こ……わ…!」


提督「龍驤がこうなるのは珍しいな」


漣「ごめんさないご主人様、暫く抱きしめてていいですか?」


提督「それくらいなら構わないぞ」


龍驤「あかん、ウチもや……」


提督「む…これでは仕事にならないんだが…」


漣「無理です……ご主人様…」


龍驤「ウチも…離れられへんわ……」


提督「……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



181:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 21:23:35.25 ID:hpcAIq8DO

それから少しして駆逐艦の間でピエ口の目撃談が



182:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 21:25:36.83 ID:Zcdt2mPUO

幹部が早霜にどうしてわざと組織に捕まっていたのか問い質す



183:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 21:27:06.15 ID:zkfkIhTro

がんちゃんも続編に挑戦して無事気絶



184: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 21:30:46.78 ID:USC6BtAS0

今はできれば鎮守府内での出来事でお願いします

再安価 下1~3高コンマ お願いします



185:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 21:31:58.83 ID:zkfkIhTro

>>183



186:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 21:33:15.10 ID:hpcAIq8DO

>>181



187:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 21:34:30.49 ID:lhQy4zbfO

伊14、ガングートが件の映画を見る
そういえばこの鎮守府にはテレビは談話室?にしか無かったんだよね



189: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 21:46:05.76 ID:MXccIDpxO

ーー執務室


響「司令官、漣はここに居るかい?」ガチャ


漣、龍驤「…………」


響「二人が司令官に抱きついてるね。真っ昼間からこれはどうなのかな」


提督「俺が言い出したことじゃない」


響「不健全な理由じゃないならいいさ。それより漣、あれを貸して欲しいんだ」


漣「あれ…とは……」


響「例のDVDだよ、もう見たんだろう?」


漣「あれは早く持っていって下さい!プレイヤーの中に入ったままです!!」


響「…?わかった、じゃあ借りていくよ」バタン


漣「あんなの近くに置いてるだけで…おぉ怖い…」


龍驤「わかる…わかるで……」



190: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 21:49:45.39 ID:MXccIDpxO

ーー響の部屋


ガングート「なぜ私も一緒に見なければいけないのだ!」


響「たまたまガングートが鎮守府に居る時に見たいと思っただけさ」


ガングート「猫の世話で私を誘い込んで…!真の目的はこれか!」


響「どうだろうね。それじゃあ再生するよ」


ガングート「大丈夫だ…私は戦艦ガングート…作りものの恐怖など…!」ぶつぶつ



191: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 21:52:35.63 ID:MXccIDpxO

ーー

ギギィィィィィィィィィィィィ!!


響「」ビクッ


響「……いやぁ今のシーンは怖かったね。どう?ガングート?」


ガングート「」


響「あれ?ひょっとして気絶しちゃったのかい?」


ガングート「」


響「怖がるとは思ったけど、まさか気絶までするとは思わなかったな。ほらガングート、起きて」ゆさゆさ


ガングート「」


響「こんな所を誰かに見られたらどうするのさ。今なら私しか居ないんだから早く起きて」ゆさゆさ


ガングート「」


響「……」



192: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 22:08:54.18 ID:MXccIDpxO

響「ガングート起きて、映画はまだ続いているよ」ぺしぺし


ガングート「」


響「……ガングート!起きるんだ!!」


ガングート「」


響「…こういう時はまずボルシチを一口食べよう。うん…私が作っただけはあるねとても美味しい」


響「…………」


ガングート「」


響「……千歳さーーーん!!」ダダダッ


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



193:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 22:12:26.28 ID:0pH2/j2wo

ガンちゃんは何とか一命をとりとめたが響を避ける様に
仲直りしたい響が提督達を頼ってきたのでお灸据えてから方法を考えて上げる



194:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 22:12:47.82 ID:hpcAIq8DO

流行ってるそのホラー映画の内容が人によって違っていると噂に



195:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 22:13:27.47 ID:1u6QWubvO

千歳の気付けで意識を取り戻すがまた一人じゃ寝れなくなっちゃったので孫さんにぴったりくっつくようになった



196: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 22:27:50.39 ID:MXccIDpxO

ーー医務室


千歳「大丈夫よ、心臓は一瞬止まっただけみたいね」


霞「AEDもあったし、ショック性の心停止ならそこまで心配しなくてもいいでしょ」


北上「でもまぁ響は要反省だね」


響「ごめんなさい……こんなつもりじゃなくて…」ガクガク


ガングート「それくらいにしといてやってくれ。ちっこいのは死に敏感なんだ」


北上「被害者のガングートがそう言うならいいけどさ~」


ガングート「ちっこいの、私は気にしていない。だから考え過ぎる前に霞や千歳を頼るんだぞ?」


響「うん…」



197: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 22:32:09.87 ID:MXccIDpxO

ガングート「しかしあの場面は怖かったな。半分食い散らかされた死体が動き出して…」


響「…え?」


ガングート「なんだ?一緒に見てただろう?あの主人公の男が廃墟の扉を開けた次の瞬間だ」


響「そのシーンは…上からピエ口が降ってくるシーンのはずだよ」


ガングート「なに?」


北上「ちょっとちょっと、なんで同じ映画見てたのに会話が噛み合わないのさ」


千歳「そのシーンが怖くてガングートは気絶したのよね?」


ガングート「そうだ、見間違えるはずがない」


響「私も見間違えは無いと思うよ、一番怖かったのはそこだし」


霞「漣に聞くのが早いわよ。元の持ち主なんでしょ?」


北上「それが間違いないね。内線で聞くからちょっとお待ちを~っと」ピピピ…



198: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 22:35:52.92 ID:MXccIDpxO

ーー


北上「ん……ありがと」ピッ


霞「ちょっと、何顔色悪くしてるのよ」


北上「……漣に聞いたらそのシーンは主人公が後ろを振り向いて、何も居なくて安心した瞬間ピエ口が落ちてきたって」


響「それは無いよ、扉を開けた瞬間ピエ口が上から降ってきたはずさ」


ガングート「だから死体が動いたはずだと言ってるじゃないか」


千歳「ねぇ…………これって…」


北上「考えたくないけど………本物?」


霞「手に入れてきたのが漣っていうのがまたそれっぽいのよね」


響「どういうことだい?このDVDに偽物でもあるのかい?」



199: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 22:40:53.63 ID:MXccIDpxO

北上「あの、さ……響は呪いのビデオのホラー…知らない?」


響「聞いたことはあるよ。怨念が込められたビデオがばら撒かれて、それを見てしまった人は一週間後に死んでしまうんだ」


響「その内容はわからない。何せ見た人が全員死んでしまったからね。でもその呪いから逃れる為に…は…………!」


響「ちょ…ちょっと待って………」ガタガタ


ガングート「おいおいおいおい…!!」


北上「そのビデオは元になった事件があるんだ。呪いを振り撒いた人物が…」


ガングート「そんな事はどうでもいい!!私達は…呪われたのか!?」


霞「かもしれないわね。人によって映画の内容が異なるなんて聞いたことないわよ」


ガングート「……」ガクッ


北上「あ、また気絶した」


響「どどどどどどどどうすればばば…」


千歳「とにかく落ち着いて、ね?」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



200:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 22:45:32.73 ID:zkfkIhTro

重巡棲姫の仕業だった



201:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 22:47:23.73 ID:OTjWfeU60

怖くなって医務室から出た響
何故か夜になっており、提督たちのいる建物に一切明かりが点っていないことに気づく
響たち以外人の気配もない



202:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 22:50:16.45 ID:qLYPDTvaO

医務室を設置した建物から出られなくなった



203: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 23:00:42.09 ID:MXccIDpxO

響「う……うわぁぁぁぁぁぁぁ!!」バタンッ


千歳「あ、響…!」


響「怖い怖い怖い怖い怖い…!」ダダダッ


響「そうだ!ここは一旦電の部屋に…!!」


響「あ…あれ……?なんでこんなに暗いの…?」


響「まだ夜じゃなかったはず…なんで……こんな真っ暗に…」



204: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 23:02:58.73 ID:MXccIDpxO

響「おかしい…なんで明かりが付いてないんだ…」


響「それどころか人の気配さえ……」


響「これは…いや、一旦医務室に戻ろう」


響「………あれ?鎮守府ってこんな構造だっけ…」


響「……食堂だ!こういう時は食堂に行けばいいんだ!!」



205: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 23:05:08.26 ID:MXccIDpxO

ーー食堂


響「誰も…居ない……間宮さんさえも…」


響「なんだ…ここは一体どこなんだ?」


響「まさか…呪い………」


響「う…………嘘だ…!」


響「こんなのは現実じゃない!私は今夢を見てるんだ」


重巡棲姫「そうだ、ここは現実の世界じゃない」ぬっ


響「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」



206: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 23:15:44.82 ID:Sb4PboIF0

ーー

重巡棲姫「耳がどうにかなるかと思ったぞ」キーン


響「びっくりするよ…いきなり話しかけられるんだもん…」


重巡棲姫「やれやれ。ところで私の説明はわかってくれたか?」


響「うん…ここは私の精神世界なんだね」


重巡棲姫「そうだ、お前の方が映画を見て気絶して倒れたんだ」


響「そんなことになっていたなんてね…」



208: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 23:21:50.24 ID:Sb4PboIF0

重巡棲姫「気絶で済めば良かったんだが、心臓が止まったのもお前だ」


響「…私は今どうなっているんだい?」


重巡棲姫「病院だ。心臓マッサージでは無理で、AEDとかいう機械を使ってようやくお前の心臓が動いた」


重巡棲姫「その後病院に運ばれて、検査で異常は無かったらしいが丸一日経っても起きない。心配した電達が漣を通して私に様子を見てきてくれと頼まれた」


響「駆逐棲姫やレ級ではダメだったのかい?」


重巡棲姫「映画の内容を知ってる私の方が都合が良いだろうという判断だ」


響「なるほど……」



210: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 23:26:12.05 ID:Sb4PboIF0

重巡棲姫「体に問題が無いのに起きないのは精神がおかしいからだ。お前は想像の中の鎮守府で一生囚われる所だったぞ」


響「危ないところだったんだね…」


重巡棲姫「正直私も響の世界で迷っていた。だがこうやって会えたということは連れ戻せる条件を満たしたということだ」


響「早く帰ろう、暁達が心配しているだろうし」


重巡棲姫「あぁ、あの三人は食事も満足にとれていない。早く帰って安心させてやれ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



211:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 23:29:38.72 ID:uaPHJK1oO

目覚めた響に抱き付く他の第六駆逐隊の面々



212:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 23:30:27.30 ID:hpcAIq8DO

?「精神世界なのは本当だけどそいつは重巡棲姫じゃないわ」
鈴の音と共に重巡?が炎に包まれ泥になり燃え尽きる
もう大丈夫よ、明けない夜は無いんだからと聞こえた気がして目が覚めるとそこは自室でDVDは跡形も無かった



213:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 23:31:09.64 ID:GC3WpyzLO

戻ろうとしたところで想像の中の鎮守府の扉が叩かれる
響が前に所属していた鎮守府の司令官が響を呼ぶ声が扉の向こうから聞こえる



215: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 23:41:44.76 ID:MXccIDpxO

ーー

漣「ふぅ…」


暁「ねぇ!?響はどうだったの!?」


雷「漣だけ起きたってことはまさか…」


漣「大丈夫です、無事に連れ戻せたみたいですよ」


響「う…うぅん……」


電「響ちゃん!!」


響「あ…暁…雷…電……」


電「よかった…本当によかったのです!!」ダキッ



216: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 23:46:51.01 ID:MXccIDpxO

暁「どれだけ私達が心配したと思ってるのよ、もう!」


雷「ホラー映画で死んじゃうなんてあり得ないわ!」


響「ごめん…みんな…」


電「響ちゃん…響ちゃん……」


響「もう大丈夫…だから…」


暁「…勝手に死ぬなんて許さないわよ」ギュッ


雷「私達は四人で第六駆逐隊よ。響が死んじゃったら私達も後を追うから」ギュッ


響「それは…ダメだ…」


雷「ならこんな事はもうしないで。わかった?」


響「うん…ホラー映画は…こりごりだよ…」



217: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/17(水) 23:51:03.65 ID:MXccIDpxO

漣「第六駆逐隊の絆は素晴らしいですなぁ。我ら第七駆逐隊は漣と潮のみ…ちょっと羨ましいです」


漣「朧と曙の代わりと言ってはなんですが、ご主人様と龍驤さんが漣にはいます。それだけで充分過ぎるでしょう」


響「ごめん…みんなごめんよ…」


暁「ばか…響のばか……」グスッ


電「あ…泣いてるのです…」グスグスッ


雷「そういう電だって…ぐす…」


漣「漣はお邪魔のようです。後は四人で仲睦まじく過ごしてくだされ…っと」バタン


ーー



226: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 19:30:36.49 ID:11E6dGi00

ーー


漣「ご主人様、漣にお手紙とはどんな内容なのでしょうか?」


提督「ある集まりに参加しないかという誘いの手紙だな」


漣「漣が?一体なんの集会なのですか?」


龍驤「自分で見た方が早いと思うで」


漣「確かにそうですな。ええっとなになに……」


漣「『第七駆逐隊の集い』……ほうほう」


提督「艦娘には~型や~戦隊が存在する。その中に第七駆逐隊というグループもある」


龍驤「全部の鎮守府で皆んなが揃うわけちゃうからな。ほんなら艦娘同士で集まったらええやんって考えらしいわ」



227: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 19:37:56.31 ID:11E6dGi00

提督「この活動は金剛が所属している団体が支援している。やましい目的は無いだろう」


龍驤「ウチらの鎮守府では第七駆逐隊が揃うんかは確定できん。ちょっとした息抜きと思って行ってけぇへん?」


提督「もちろん潮も連れて行ってやってくれ」


漣「心遣いは有り難いのですが、どこまで喋っていいんでしょう?潮っぱいの正体や漣の四肢が治ったとかは絶対言えませんよね?」


龍驤「それは周りに合わせたらええわよ。多分男の話題になったら漣の話ばっかり聞かれるで?」


漣「でしょうなぁ…一度逃げた男の元に戻ってるんですもん」


提督「真面目な話はする必要が無いんだ。楽しんでくればいい」


漣「七駆への憧れは確かにあります。ここはご主人様のお言葉に甘えさせてもらいます!」



228: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 19:42:52.99 ID:11E6dGi00

ーー当日


潮「漣ちゃん、ここだよね?」


漣「らしいですな。受け付けがあそこにあります」


潮「これからどうすればいいんだろう?」


漣「漣達が座るテーブルが指定されているそうです。事前に出した紙を参考にして、七駆が一つのテーブルに揃うようになっているらしいです」


潮「朧ちゃんと曙ちゃん…どんな子なんだろう」


漣「曙の話はよく聞きますが、朧はどうなんでしょう」


潮「楽しみだけど、ちょっと不安もあるかなぁ」


漣「大丈夫ですって気楽に行きましょう」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



229:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 19:44:44.89 ID:sOd24zjDO

曙はよく知られる曙とは違い穏やかな雰囲気
朧は何故かロングヘアの読書少女



230:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 19:45:55.63 ID:nAJk1HeLO

曙、何故か全身に包帯を巻いている
朧はまだ来ていないようだ



231:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 19:46:05.63 ID:zv+M8ST50

曙と朧はどちらもエース級の戦果を挙げている艦娘だった



234: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 19:56:28.24 ID:STZu8Ao7O

ーー

漣「これはまた個性的ですなぁ……」


曙「私もびっくりしたわ。ロングヘアの朧なんて滅多に見ないもの」


潮「朧ちゃんもそうだけど、曙ちゃんも…」


漣「よく見かける曙とは全然違いますな。凄く穏やかです」


朧「……」


漣「あの~朧さん?我々のところはもう集合しましたよ?」


朧「あ、ごめん。この本面白くて」


曙「やっと本を読むのをやめてくれたわね。私が話しかけてもずっと本読んでるんだもの」


朧「ごめんなさい、暇があったらずっと読書してるの」



235: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 20:00:16.79 ID:STZu8Ao7O

曙「そんな朧の読書をやめさせるなんて、貴女結構やるわね。もしかして秘書艦とかしてる?」


漣「ええまぁ。日替わりで二日に一度くらいのペースでやってます」


朧「だから話し方も丁寧なんだ」


潮「漣ちゃんは秘書艦としても優秀だけど、出撃も頑張ってるんだよ!」


曙「そうか、二人は一緒の鎮守府なのよね。ならそっちの話から聞かせてよ」


朧「私も聞きたい」


漣「そうですか。じゃあ……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



236:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 20:02:49.91 ID:LD+QzuHWo

漣、潮の話に全然鬼畜カニバエ口感が無くて驚いてる朧曙



237:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 20:04:13.30 ID:wW39ASrF0

例の噂の鎮守府の艦娘だと知ってびっくりするも話を聞いて噂通りの鎮守部では無さそうねと言う曙
朧は潮を見て潮の鎮守府の名前を呟いて頭をかしげている



238:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 20:08:14.24 ID:9s/KPT/fO

意気投合して仲良くお喋り



239: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 20:14:25.25 ID:11E6dGi00

ーー

漣「……まぁこんなところですかね」


曙「……」


潮「あの…どうしたの?」


朧「二人はあの鎮守府から来てるって聞いて、どんな地獄の様子を話すかと思ってたら全然違うんだもん」


曙「まさか洗脳されてる?鬼畜カニバエ口鎮守府っていうくらいなんだからそれくらいしてても不思議じゃないわよね?」


朧「あ…!」


漣「いやいや違いますから。その噂がデタラメなんですよ」


潮「私達の話は全部本当だよ?」


曙「信じられないわ……」



240: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 20:18:33.11 ID:11E6dGi00

朧「私も信じられない。だって周りの鎮守府では変なことしたら鬼畜カニバエ口鎮守府送りだよって言われてるような所なんだよ?」


漣「うちの鎮守府どんな扱いなんすか……」


潮「懲罰より酷い扱いなんだ…」


曙「だって鬼畜にカニバリズムにエ口よ?この世の地獄としか思えないわよ」


漣「地獄どころか漣は天国だと思ってます」


朧「じゃああの噂も嘘なの?」


潮「それってどんな噂?」


朧「安価」


下1~3高コンマ 朧の台詞などを



241:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 20:19:49.63 ID:lNEMBubuo

誰構わず胸を揉む変態がいるって



242:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 20:22:45.21 ID:wW39ASrF0

艦娘を食べる艦娘が隠れているって噂



243:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 20:24:43.29 ID:UDC6OyyiO

鬼軍曹が現在所属しているって



245: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 20:32:11.60 ID:11E6dGi00

朧「誰構わず胸を揉む変態がいるっていう噂」


潮「それは……」


漣「あのですねぇ…」


曙「ほら、やっぱり噂通りなのよ!」


朧「やっぱり二人は洗脳されてる…」


漣「違いますって!彼女は胸を揉む以外は完璧なんですよ!」


潮「そうだよ!練度も駆逐艦で最大なんだよ!?」


曙「なら余計に悪いわよ!逆らったら実力行使!って脅してるようなものじゃない!」


潮「う…!」



246: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 20:35:24.03 ID:11E6dGi00

朧「ねぇ二人とも、私達でよかったら相談に乗るよ?」


曙「そうよ、所属は違うけど私達は第七駆逐隊よ」


漣「いや、だからぁ…!」


朧「きっと外ではそう言えって脅されてるんだよ。うん、ここでの話は誰にも話さない」


曙「せめてここでは力を抜いて楽しんでいったらいいわ」


潮「漣ちゃん…」


漣「ダメだ……噂を消すことは…もはや不可能…」ガクッ


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



247:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 20:37:46.67 ID:LD+QzuHWo


そっちの鎮守府はどーなんです?
それぞれのご主人様とちゅっちゅしてるんです?



248:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 20:37:59.01 ID:wW39ASrF0

ビンゴゲームが始まる
進行は金剛がやっている



249:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 20:40:47.37 ID:ZXPAQWmW0

漣 そうまで言うなら今度うちの鎮守府に遊びに来るといいです



250: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 20:45:47.23 ID:11E6dGi00

漣「じゃあもう話題を変えます。そっちの鎮守府はどーなんです?それぞれのご主人様とちゅっちゅしてるんですか?」


曙「もう少し言葉を濁してもいいのに…」


朧「でも表現としてはよくわかるよね」


潮「ちなみに私は…まだ…そういうのは…」


曙「きっとまだ鬼提督の好みじゃないのね」


朧「やっぱり脚を引きちぎらないと興奮しないのも噂通りなんだね」


漣「もう……やだ…」



251: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 20:47:35.36 ID:11E6dGi00

曙「……と、こっちが聞かれてるんだったわよね」


朧「質問されたんだからちゃんと答えないと」


潮「あ、でも…答えられる範囲でいいからね?」


漣「それはそうです、無理のない範囲で教えて下さい」


曙、朧「安価」


下1~3高コンマ どちらかの台詞などを



252:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 20:48:18.07 ID:sOd24zjDO


さっき所属とは言ったけど実はあたしは今は鎮守府に所属してないの
言ってみればフリーの艦娘かな?依頼とかで助っ人してるの

と語る曙の長袖からちらりと火傷の痕が見えた

(下部分は拾うかはお任せします)



253:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 20:50:50.93 ID:wW39ASrF0


毎朝髪の毛を梳かしてもらっている



254:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 20:51:29.79 ID:lXgjTVY50


出撃以外図書室にこもってるし、報告するときぐらいしか会わない



255: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 20:56:13.97 ID:11E6dGi00

朧「私は毎朝髪の毛を梳かしてもらっているの」


漣「髪を触らせているんですか?それって本番より後にすることですぜ?」


曙「乙女の髪は~ってやつよね」


朧「うん……その話は知ってる」


潮「え!じゃあ……!」


朧「でも付き合ってはいないよ。髪を梳かしてもらってるだけ」


漣「そんなの絶対脈ありじゃないっすか~!」


曙「私もそう思うわ。告白はしないの?」


朧「無理だよ…私、普通の朧と違うし、秘書艦でもないし」



256: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 21:00:16.72 ID:11E6dGi00

朧「下手なことをして今の関係が崩れるのが嫌なんだ。私は髪を触ってもらえるだけで凄く嬉しいし」


潮「でも…」


漣「その人のことは朧は好きではないんですか?」


朧「……好き」


曙「なら気持ちを伝えてもいいと思うけど、関係が壊れそうっていうのもわかるわ」


漣「気持ちが本物なら壊れるどころか逆に強まります。万が一壊れてしまっても、いくらでも再構築はできますよ」


朧「なんで…言い切れるの?」



258: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 21:04:57.13 ID:11E6dGi00

漣「いいですか?漣の鎮守府は鬼畜鎮守府でないということは頭に入れておいて下さい」


漣「実は私はご主人様にフラれて、その腹いせで鎮守府を捨てたんです」


曙「捨てたって……!」


漣「書類まで偽装して、徹底的にやってやりましたよ。でもご主人様は私を探し続けていたんです」


漣「それから暫くたって漣は見つけられて…現在に至るわけです」


朧「提督との関係は…?」


漣「漣は彼女というポジションです。ですがご主人様は漣と正妻さん以外に女はいらないと言ってくれました」


漣「漣の事情が特殊過ぎるのは理解してます。ですがこんな話でも何か参考になればと思ってさせて頂きました」


漣「やらない後悔よりやる後悔。漣の考えはそんな感じです」


朧「安価」


下1~3高コンマ 朧の台詞などを



259:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 21:09:05.58 ID:lXgjTVY50

正妻って…漣は愛人ってこと?やっぱりエ口提督なんだ



260:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 21:10:49.95 ID:u1589PyaO

提督、幹部職で忙しくて所謂オネエなんだけれど、うん、頑張ってみる!



261:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 21:14:06.31 ID:LD+QzuHWo

言葉の重みが違うね……
うん頑張ってみる



262: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 21:34:08.50 ID:11E6dGi00

朧「提督、幹部職で忙しくて所謂オネエなんだけれど…うん、頑張ってみる!」


曙、潮「へぇっ!?」


漣「その、オネエということは……恋愛対象は男?」


朧「うん。前に付き合ってた男の人の写真見たことあるから」


曙「……貴女が励ましたんだから責任取りなさいよ」ひそひそ


漣「いやだって、まさかオネエだとは…」ひそひそ


潮「大丈夫!私は応援するよ!」


朧「ありがとう、潮」



263: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 21:44:06.44 ID:STZu8Ao7O

金剛「さぁ~盛り上がってきたところで、ミニゲームのコーナーデース!」


曙「なに?変な格好した金剛さんが出てきたわ」


潮「あれって…」


漣「多分うちにいる金剛さんですな。役職から降ろされてヒラになったんで、こういう地味な仕事をしてるんですよ」


金剛「皆さんのテーブルの下に、カードが四枚張り付いているはずデース!まずはそれを確認して下サーイ!」


漣「あ、ほんとにありますよ」


曙「一人一枚ずつってことね」


金剛「景品はそれなりのものを用意しているので期待して下サーイ!それではミニゲームのビンゴを始めマース!」


朧「こういうことしてくれるのって、いいよね」


潮「ちゃんと盛り上がるように考えてくれてるってわかるもんね」


金剛「サァ~~それでは最初の番号は…!」


下1~3高コンマ ミニゲームの結果などを



264:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 21:46:40.80 ID:LD+QzuHWo

朧にテーマパークペアチケが当たる



265:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 21:47:12.73 ID:5mFUcHaRO

潮が一番抜け
景品は潮(重巡)のサイズにピッタリの服



266:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 21:47:17.35 ID:TA8W23Gp0

朧が一番最初にビンゴ
ペア温泉旅行券
をゲット



267: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 21:59:15.58 ID:STZu8Ao7O

ーー

朧「あ、揃った…」


漣「早っ!ほぼストレートじゃねぇですか!」


金剛「おめでとうございマース!商品はテーマパークペアチケットデース!」


潮「そこってデートスポットで有名な所だよ!」


曙「敷地内にある池が告白する所で有名なのよね」


漣「朧殿、これは提督を誘えということですな」


朧「うん……!頑張ってみる!」


潮「まだ景品はあるみたいだから、引き続き頑張ろう!」


曙「負けてられないわね!」



268: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 22:02:59.25 ID:STZu8Ao7O

ーー


漣「結局漣は参加賞でしたか…」


曙「私は高級しおりだったわ。これを機に読書でも始めようかしら?」


朧「潮は服だったけどサイズが全然違うね。重巡の人なら着れそうかもね」


潮「う、うん……重巡の私にサイズがぴったりなのは言えないなぁ」ボソッ


漣「いやぁしかし今日は楽しかったですな。たまにはこういうのもありですよ!」


曙「ねぇ、またこの四人で集まらない?番号も交換したし、日にちを合わせてさ」


潮「私もまた会いたい!」


漣「漣も賛成ですな」


朧「私も……こんなに喋ったのは久しぶりだから」



269: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 22:07:04.92 ID:STZu8Ao7O

漣「漣は秘書艦をやることが多いので、日にちの調整は早いうちからできます。月一くらいを目処に集まるというのはどうでしょう?」


曙「悪くないわね」


漣「何処かに行く時は場所もここにしますか。ちょうど各鎮守府の間くらいにありますからね」


朧「うん…今日は皆んなありがとう」


潮「それはこっちの台詞だよ!」


漣「朧殿はデートの結果、教えて下さいね?その結果によっては臨時集会も有りということで!」


曙「残念会にならないように、頑張りなさいよ」


朧「精一杯、頑張ってみる!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



270:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 22:08:41.65 ID:lXgjTVY50

翌日曙が異動してきて気まずくなる



271:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 22:10:08.00 ID:sOd24zjDO

別れ際曙の長袖からちらりと火傷の痕を見つける漣
しかしそれを聞く間もなく行ってしまった



272:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 22:12:14.35 ID:XLSiZJIUo

朧、カマ幹部にアタックし、撃沈



274: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 22:25:59.04 ID:STZu8Ao7O

曙「じゃ、また会いましょう」


朧「さよなら、またね」


潮「うん!また今度ね!」


漣「……あれは…曙の服の袖から一瞬見えたのは…火傷の痕…」


漣「ガングートさんと同じような……」


金剛「へーイ二人トモ~!今日は楽しんでくれましたカー?」


潮「金剛さん!凄く楽しかったです!」


金剛「それなら私もベリーハッピーデース!」



275: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 22:28:48.64 ID:STZu8Ao7O

潮「この企画は金剛さんが考えたんですか?」


金剛「ハイ!提案から会場の確保まで全て自分でやってマース!」


潮「凄い…!」


金剛「これも私達の団体の仕事デース!またヒラ役員から頑張っていきマスよ!」


潮「この調子ならすぐに役職に戻れますよ!」


漣「金剛さん、少しよろしいですか?」


金剛「ハーイ、なんでしょう?」


漣「今日来てた艦娘達の鎮守府って全部分かってますよね?」


金剛「もちろんデース!」



276: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 22:33:45.42 ID:STZu8Ao7O

漣「なら私達のテーブルにいた曙について少し調べて欲しいんです」


金剛「……何かありましたカ?」


漣「袖から火傷の痕が見えたんです」


潮「火傷くらいならしちゃうこともあるんじゃない?」


漣「少しの火傷ならそうでしょう。でもちらっと見ただけでも腕全体にあるような大きさの火傷でしたよあれは」


金剛「艤装を付けていての炎上なら、入渠すれば治りマス。しかし火傷の痕が残るとなると、艤装を付けていなかったということになります」


漣「事故ならばしょうがないです。でも嫌な想像をしてしまったんですよ。提督が絡んでいたり…とか」


潮「でも…こうやって一人でここまで来てるんだよ?」


漣「だから念のためです。金剛さんならすぐにできますよね?」


金剛「はい、すぐに調べおきマスよ!」


漣「どうかお願いします。漣もこの嫌な感じがただの思い過ごしであることを祈っています」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



277:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 22:35:32.43 ID:lXgjTVY50

油をかけられたことがある



278:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 22:36:27.72 ID:lNEMBubuo

駆逐艦ながら厨房担当らしい



279:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 22:37:07.29 ID:wW39ASrF0

調査していたら曙にばれたので後日4名+金剛で集まる
数年前に火災現場に取り残された子供を救った時に出来た火傷らしい 艤装は非番だったので着けていなかった
救った子供にデレデレしている曙



281: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 22:59:20.88 ID:STZu8Ao7O

ーー後日


金剛「漣、例の件ですがわかったことがありマス」


漣「どうでしたか?」


金剛「わかったことは、曙は駆逐艦ながら厨房担当らしいデス」


漣「厨房…火傷はそのせいだと?」


金剛「私はその痕を見ていないのでなんとも言えまセン。漣は見たんデスよね?」


漣「ほんの一瞬ですが見えたんです。でもあれが料理でできた火傷なのかまでは判断できません」


金剛「油を零すなど、原因は考えようと思えばいくらでも考えられマス」


漣「うぅ~~ん…その鎮守府に悪い噂は無いんですか?」


金剛「それはあまりあてになりまセン。被害に遭っているのが一人だけなら噂にもなりませんカら」


漣「……分かりました。わざわざ調べてもらってありがとうございます」



282: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 23:02:05.78 ID:STZu8Ao7O

金剛「曙のことはこれからどうしますか?」


漣「実は今度あの四人で集まる予定なんです。朧の結果発表という目的ですね」


漣「そこで様子を見てみたいと思います。気付かれないようにコソコソとするのは得意なんですよ」


金剛「ならこの事は潮にも黙っていましょう。彼女は正直過ぎマス」


漣「いざとなったら全てブチまけます。なんとか頑張ってみますよ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



283:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 23:04:53.27 ID:TA8W23Gp0

後日、集まった時に思いきって聞いてみる漣

提督の趣味のファイヤーダンスに付き合った結果、上手くできず、練習してたときにこけてしまい、火が腕に落ちてきて怪我をしたらしい



284:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 23:05:46.74 ID:wW39ASrF0

朧、関係は平行線らしいがまだまだとフンスフンス
その話の流れで曙の恋愛関係を聞くと
数年前に火災現場に取り残された子供を救った時に火傷が出来た 艤装は非番だったので着けていなかった
その子供の話になるとデレデレし始める曙



285:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 23:06:22.52 ID:sOd24zjDO

後でわかった事だがその曙はその鎮守府の正式な艦娘ではなくコックとして雇われているらしい



290: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 23:27:47.32 ID:/wdJCrsA0

ーー当日


潮「そっか…途中で雨が降っちゃったんだね」


朧「天気予報だとギリギリ持つはずだったんだけど、急にザーッときたの」


朧「このままじゃお肌に悪いわ!って屋内に走っていっちゃって…その日はお開きになっちゃったんだ」


潮「告白までいけなかったんだ…」


朧「でも、告白するって決めたから頑張る!」ふんす


潮「応援してるよ朧ちゃん!」


漣「……」


潮「どうしたの、漣ちゃん?」


漣「あ、いえ……そうだ。そういえば曙に恋愛の話を振ってなかったと思いまして」


曙「私?」


漣「はい、よければ教えてくれませんか?」



291: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 23:31:05.64 ID:/wdJCrsA0

曙「漣みたいに特別な人がいるわけじゃないけど、定期的に手紙が送られてくるわ」


潮「それってラブレター?」


曙「……どうかしら」


漣「曙~ここまできて話さないのはどうっすか?」


朧「私も聞きたいな」


曙「……仕方ないわね。漣もあんな話しをしてくれたし、私も話すわ」



292: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 23:36:35.13 ID:/wdJCrsA0

曙「ちょうど一年くらい前かしら。たまたま非番で出かけてた時に火事に遭遇したのよ」


曙「よりによってそこは親が居ない子ども達がいる施設で、何人か逃げ遅れてるみたいだったの」


曙「それを見た瞬間、私は燃えている施設に飛び込んでいったわ」


潮「躊躇わなかったの?」


曙「そんな事を考えてる余裕なんてなかったわ。あの場で命を救えるのは私だけだった」


朧「皆んな助かった?」


曙「ええ、逃げ遅れていたのは四人で、全員助けることができたわ」


漣「凄い……」



293: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 23:46:24.97 ID:/wdJCrsA0

曙「三人は小さい子だったから一度に運べたんだけど、残ってた一人はそうはいかなかった」


曙「一番最後まで残ってたのがそこの卒業生…っていえばいいのかしら?昔お世話になりましたってその施設に挨拶に来てたみたいなの」


曙「彼は他の子を全員逃してから自分も逃げようとしてたみたいだけど、自分も含めて逃げ遅れてたのよ」


曙「まぁでも私が運ぶから大人しくしててって運んでたら……燃える柱がこっちに倒れてきたの」


曙「今思えば最初から艤装を展開するべきだったのよ。でもその時にそんな余裕なんてなかった」


曙「そうね……貴女達になら見せてもいいわね」スッ


朧「うあ……っ!」


曙「これはその時に彼を守った火傷の痕よ。右腕だけでよく済んだものだってお医者さんに言われたわ」


潮「熱くなかった?」


曙「あの時はそんな事を考える余裕なんて無いの。この人を救いたいって気持ちしかなかったわ」



294: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/18(木) 23:49:42.84 ID:/wdJCrsA0

曙「で、手紙を送ってくるのはその彼。あの時はお世話になりました~とか、色々よ」


朧「凄い…私だとまず通報して……とても中に助けに行くなんて無理だよ」


潮「私も…いきなりは……」


曙「そうね、なんであの時燃える施設に飛び込んだのか私もわからない。でも結果として命が救えたんだからこれでいいと思ってるわ」


曙「どう?こんなものでいい?」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞などを



295:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 23:52:23.99 ID:sOd24zjDO

そのニュース見ました
目撃者の話では誰も怪我人が出なかったとか
炎が避けて通ったように見えたと



296:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 23:54:04.05 ID:LD+QzuHWo

艦むすかくあるべし!ですなあ



297:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 23:56:54.07 ID:OjzWgxxAO

>>295
救助に向かった曙が火傷しているのに周りの人は気付かなかったのかな

安価は
曙が無事に生きていてこうして友達になれたことを嬉しく思う



298: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/19(金) 00:05:26.94 ID:BxSDZFwOO

漣「そのニュース見ました。目撃者の話では誰も怪我人が出なかったとか、炎が避けて通ったように見えただとか」


朧「え、でも曙は火傷してるんでしょ?」


曙「名乗り出なかったのよ」


潮「ええ!?」


漣「感謝状を送ろうにも本人が拒否したとも聞きました」


曙「だって紙切れが欲しくてあんなことをしたんじゃないもの。名乗り出なかったのになんで私だってバレたのか、そっちの方が気になったわ」


朧「いや、それは病院に行ったんだったらわかるでしょ?」


曙「……盲点だったわ」


朧「えぇ…」



299: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/19(金) 00:09:43.66 ID:BxSDZFwOO

潮「漣ちゃん、そのニュースは前から知ってたの?」


漣「そうですね、以前から知ってました」


潮「じゃあ出かける前に金剛さんとコソコソ話してたのは何?何か曙ちゃんのことを話してたんでしょ?」


漣「聞こえてましたか、実は…」


曙「まさか…私がプロポーズされたの知ってるの!?」


漣「へ?」


潮「え!?」


朧「うそ!?」


曙「あ……!今のなし!今のは聞かなかったことにして!」


漣「いやいやいやいや、爆弾発言しといて無しはねぇですよ」


潮「一体どういうことなの?」


曙「う…………」



302: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/19(金) 00:16:00.29 ID:3/xRr0sD0

曙「彼……大学生で……卒業して…就職したら……結婚…しようって…」


朧「うわぁ…!」


潮「おめでとう曙ちゃん!」


曙「まだ早いわよ!まだ仮よ仮!」


漣「でもそのプロポーズは受けたんですよね?」


曙「う……うぅぅぅぅ~~!」


朧「顔真っ赤だ」


漣「茹でダコみたいですな」


潮「恥ずかしがらなくていいよ!とっても素敵なことだもん!」


曙「ここまで…全部言うつもりはなかったのに…!」



303: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/19(金) 00:18:46.53 ID:3/xRr0sD0

漣「まぁでもその助けた男の人と親密な仲なんだろうなと思ってました」


曙「なんで!?」


朧「だって助けた男の人のこと、途中から彼って言ってたもん」


潮「それに顔が…デレデレっていうか…幸せそうだったから」


漣「これでも空気読んで黙ってたんですぜ、お嬢」


朧「よかったね曙」


曙「安価」


下1~3高コンマ 曙の台詞などを



304:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 00:21:05.79 ID:NIYXaLXlo

ぅぁぁぁもうやだ……(顔から火が出る位(比喩)真っ赤)



305:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 00:21:32.43 ID:NaGfDOZl0

そんなんじゃないし!(頬膨らませ)



306:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 00:22:19.35 ID:2LesPwfK0

曙が話題を自分から逸らそうと潮に気になる人とかいないのか聞く
潮は記憶にある提督のことを思い出してしゅんとした顔をする



307: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/19(金) 00:27:34.76 ID:3/xRr0sD0

曙「ぅぁぁぁもうやだ……」カァァァ


朧「まだ顔が赤くなるんだ」


漣「顔から火が出るとはまさにこのことですな」


潮「お幸せにね、曙ちゃん!」


曙「だから…まだ早いってぇ……」


漣「うんうん、不幸な曙なんてどこにもいなかったんです。曙にはぜひ幸せになって欲しいですなぁ」


ーー



328: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 19:07:16.77 ID:JTWV+z7B0

ーー


伊58「急に連絡が来たから何事かと思ったでちよ」


雲龍「提督と龍驤さん達が揉めてるの。このままじゃ仕事にならないと思ったから連絡したのよ」


伊58「はぁ…ランチが定休日だからわざわざ来てあげたんでちよ?」


雲龍「えぇ、それを知ってて貴女に連絡したわ」


伊58「……はいはい、提督代理で仕事をしてあげるでち」


雲龍「ありがとう伊58。後は頼むわね」


伊58「ちょっと待つでち、流石に一人でなんか無理でちよ?雲龍が臨時秘書艦じゃないんでちか?」


雲龍「私はこれから出撃なのよ。でも秘書艦は用意してあるから大丈夫よ」



329: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 19:10:43.48 ID:JTWV+z7B0

S朝潮「私が臨時秘書艦としてお手伝いさせてもらいます!」


伊58「…なるほど、朝潮に仕事を覚えさせたかったんでちね」


雲龍「それは考え過ぎかもしれないわよ。じゃあ私は行ってくるわね」ガチャ


伊58「全く…人使いが荒いでち」


S朝潮「すいません、朝から龍驤さんと漣さんと司令官で色々あったみたいなんです」


伊58「どうせあのノータリンが一人責められてるんでち。今日は何があったんでちか?」


S朝潮「安価」


下1~3高コンマ S朝潮の台詞などを



330:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 19:13:45.40 ID:BVpMJRq+o

龍驤会に行った龍驤が七駆会に輪をかけてクソみたいな反応されたんで正式に抗議入れようと言うのを提督がなだめてる



331:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 19:14:51.20 ID:BhBd8gzS0

最高の上司でも女関係はノータリン

安価は何も言わずに夜に鎮守府を出て朝に帰ってきたこと



332:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 19:15:16.74 ID:i/2O79OJo

そろそろ一人で寝て起きれるようになろうと言ったら揉めてしまった



337: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 19:22:34.46 ID:JTWV+z7B0

S朝潮「そろそろ一人で寝て起きれるようになろうと言ったら揉めてしまったそうなんです」


伊58「はぁぁぁ……あの男はいつも一言少ないんでちよ。そんな言い方したら誤解するに決まってるでち」


S朝潮「詳細を聞いていなくてもわかるんですか?」


伊58「わかるでちよ。提督は龍驤さんと一緒に寝るのが負担になってるんじゃないかと思ってそう言ったんでち」


伊58「龍驤さんは夜中に一人でトイレにも行けないんでち。そんな言い方されたら捨てられたんじゃないかと思って取り乱すのが目に見えてるでち」


S朝潮「凄い…ほとんど合ってます」



338: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 19:26:48.93 ID:JTWV+z7B0

伊58「漣はそんな提督を見てプッツン来た感じでちかね。漣は突っ走る癖があるでち」


伊58「ま、提督にはいいお灸でちよ。仕事がひと段落したら様子を見に行ってやるでち」


S朝潮「私の一言だけで何があったか全部わかるなんて…」


伊58「ここのことはわかるんでち。最近来た艦娘はわからんでちけど、昔から居るのは手に取るようにわかるでち」


S朝潮「……流石です」


伊58「褒めても何も出ないでち。ほら、こっちは仕事するでちよ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



339:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 19:28:47.28 ID:wwB4/JRDO

龍驤と漣で実家に帰らせていただきますな雰囲気
提督はひたすらオロオロ



340:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 19:31:11.44 ID:d36XLQcMO

朝霜が間に入ってなだめてる



341:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 19:31:54.02 ID:WPBBrKBA0

簀巻きにして逆さ吊りにされた提督が食堂で晒し者にされていた
さらにアホとかかれたプラカードが貼り付けられていた



342: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 19:37:25.96 ID:JTWV+z7B0

すいません、思い付きません


再安価 下1~3高コンマ お願いします



343:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 19:39:03.83 ID:BVpMJRq+o

執務室から追い出され途方に暮れる提督



344:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 19:39:48.35 ID:WPBBrKBA0

仕事が一段落したので様子を見に行ったら>>341



345:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 19:43:19.37 ID:wwB4/JRDO

最初は泣いてた龍驤も怒りも出てきて漣と共にボイコット
提督はひたすら狼狽えるばかり
そんな姿が更に2人に油を注ぐ



347: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 19:48:11.01 ID:JTWV+z7B0

提督「はぁ…………」ガチャ


伊58「お、ノータリンの社長出勤でち」


S朝潮「あんなに落ち込んだ司令官を見るのは初めてかもしれません…」


提督「伊58……?なぜ…執務室に…?」


伊58「誰かさんが嫁と彼女と揉めてるから、こうやってごーやが代わりに仕事してあげてるんでち」


提督「そうか……そして朝潮は臨時秘書艦か…ありがとう」


S朝潮「司令官…大丈夫ですか?」


提督「いや…部屋を追い出されたところだ……」



348: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 19:51:09.65 ID:JTWV+z7B0

伊58「いつもなら漣が間に入ってくれるでちけど、今回のは漣も怒るでちよ」


提督「そうだな…俺は本当に…ダメな男だ……」


伊58「提督は上司としては完璧でち。でも女関係がダメ過ぎるんでち。女心も学ぶべきでちね」


S朝潮「司令官……ご愁傷様です」


提督「あぁ……」



349: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 19:55:23.58 ID:JTWV+z7B0

伊58「提督が来たことだから、ごーやが漣と龍驤さんの様子を見てきてあげるでち」


提督「そうしてくれると…助かる……」


伊58「情け無い男でち…ほら、さっさとここに座って仕事してるでち」


提督「あぁ……」


S朝潮「伊58さん、私も行きましょうか?」


伊58「いいでち、朝潮はダメ男の仕事の補佐をしててくだち」ガチャ


S朝潮「少し言い過ぎかと思いましたが…伊58さんだからこんな事が言えるんですね」


下1~3高コンマ 龍驤と漣の様子などを



350:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 19:57:01.55 ID:ovpuKIYb0

漣にマッサージ
され至福の龍驤



351:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 19:57:30.97 ID:wwB4/JRDO

漣に抱き付いて泣いてる龍驤とそれを慰める漣

もうウチには漣しかおらへんなぁ
私が養いますとか言ってる



352:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 20:00:59.50 ID:TuqaaaKgo

提督が戻ってきたら許すつもり
談笑中



353: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 20:08:26.90 ID:JTWV+z7B0

ーー

龍驤「漣……ウチはもう要らんのかなぁ…」


龍驤「一人で何もできへんのは…司令官も分かってくれてるはずやのに……」


龍驤「うぅ…うあぁぁぁぁぁ……」


漣「よしよし、大丈夫ですから。龍驤さんには漣が居ますからね」


龍驤「ほんまぁ……?ぐす…」


漣「はい、その気になったら龍驤さん一人くらい養えます」


龍驤「それは…頼もしいわ………ぅぐ…」


漣「漣は龍驤さんの味方ですから、安心して下さい」



354: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 20:11:43.19 ID:JTWV+z7B0

龍驤「司令官……漣…漣………」


漣「今この場にいるのは漣です。ここにはあんな男は居ませんよ」


龍驤「う…うぅぅぅぅ………」


漣「……龍驤さん、こっち向いてくれますか?」


龍驤「ぐす……ん…?」


漣「嫌だったら嫌って言って下さい。服、脱がします」


龍驤「ぁ…………」


漣「心も体も漣が癒してあげますからね……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



355:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 20:13:00.52 ID:ovpuKIYb0

二人で部屋の掃除に励む



356:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 20:13:58.17 ID:BVpMJRq+o

(コイツ重巡だな!)
そこまででち!



357:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 20:14:51.03 ID:BhBd8gzS0

伊58「提督にもお前達にも呆れちゃうでちね」



358: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 20:22:34.28 ID:JTWV+z7B0

ーー

伊58「ごーやでち。龍驤さん、入るでちよ」ガチャ


漣「伊58さん、なぜここに?」


伊58「臨時の提督として仕事してたでち、二人が提督と喧嘩してたからでちよ」


龍驤「そっか……また迷惑かけてしもうたね」


伊58「ほんと、いい迷惑でち」


漣「漣からも謝罪させて下さい」


伊58「で、二人は何してたでち?わざわざ着替えまでして」


漣「何って部屋の掃除ですよ。心を落ち着かせる効果がありますならね」



359: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 20:25:34.16 ID:JTWV+z7B0

龍驤「漣に着替えさせてもらったし、ウチも掃除してるんやで!」


伊58「体を動かすのは悪くないことでち」


漣「部屋も多少散らかってましたし、これを機に捨てるものは捨てちゃいましょう」


龍驤「そうやね、うん」


伊58(提督を追い出した時点である程度満足したみたいでちね。後は放っておいてもよさそうでち)


漣「あ……龍驤さん、この際だからアレ、開けちゃいませんか?」


龍驤「せやな、ええ機会やしぶち開けたろ!」


伊58「何をしようとしてるんでち?」



360: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 20:28:43.15 ID:JTWV+z7B0

漣「ご主人様の金庫ですよ!開けてる所は見たことありませんが、きっと色々入ってますぜ!」


龍驤「これくらいやっても今日は許されるはずや!」


伊58「ほどほどにしておいた方がいいでちよ。それより暗証番号わかるんでちか?」


漣「ご主人様のことです、漣と龍驤さんの誕生日を足すか引くかすれば……」


龍驤「ほんまに空いたやん…」


漣「あの人の考えそうなことです。それでは拝見といきますか!」


伊58(余計なものが出てこないことを祈るしかないでちね……)



下1~3高コンマ 金庫の中にあったものなどを



361:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 20:29:42.60 ID:wwB4/JRDO

猫耳メイド服二人分



362:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 20:30:29.31 ID:BNmy9rOqO

猫耳メイド服三人分



363:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 20:30:42.97 ID:BhBd8gzS0

鎮守府発足時から撮り続けてきた集合写真の数々



368: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 20:42:39.89 ID:JTWV+z7B0

漣「これ……いつもの集合写真…」


伊58「執務室にも置いてるやつでちよね」


龍驤「そうや、写真立ての中に入ってるねん。新しい写真を撮る度に中身は入れ替えて、古い写真は全部司令官の机に入ってる」


伊58「古い写真もあるでちね。ごーや達が写ってる写真もあるでちよ」


漣「でもなんでわざわざ金庫に入れてるんでしょう?写真なんてどれも同じのはずです」



369: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 20:45:32.49 ID:JTWV+z7B0

龍驤「あ、これ……」


漣「どうしましたか?……あ」


伊58「これ、裏に提督が何か書いてあるんでちね」


伊58「撮った人数だったりどういう状況か…細かく書いてるでち」


伊58「…それだけじゃないみたいでち。メモというかメッセージみたいなのも書いてあるでち」


伊58「日記じゃないけど、提督が何を思っているのかが事細かに書いてあるでちよ」


下1~3高コンマ 写真の裏に書いてあったことなどを



370:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 20:49:38.73 ID:BZoNK/1hO

鎮守府は漣と始まる!
初めての正規空母雲龍着任!
伊58着任!頼りにさせてもらうぞ!
龍驤!元気そうな艦娘だ!
とテンション高めに書かれている



371:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 20:51:08.70 ID:BVpMJRq+o

新しく来た子の前の鎮守府での出来事、初めてこちらに来たときの様子、対応で気をつける事メモなどで半分
もう半分は写真撮った時の龍驤の症状や出来事について(裏面の余白が足りなくなるほど)



372:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 20:56:32.29 ID:RW+/squw0

いいなあ……ペチャパイ



373: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 21:11:08.01 ID:JTWV+z7B0

漣「『鎮守府は漣と始まる!』『初めての正規空母雲龍着任! 』……」


龍驤「『龍驤!元気そうな艦娘だ! ……一目惚れしたのは黙っておこう』…」


伊58「『伊58着任!頼りにさせてもらうぞ! 』ご丁寧にごーやの写真までメッセージがあるでち」


伊58「これは提督個人というより、鎮守府の宝でちね。この写真を見れば色々わかるでち」


伊58「知らない艦娘はこれを見れば全部わかりそうでち。『期待の重巡那智!彼女の実力は間違い無し!』ほうほう、立て続けに重巡が着任したんでちね」


伊58「これを書いてる提督の顔は簡単に想像できるでち。きっと嬉しそうに書いてるんでちよ」



374: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 21:14:38.85 ID:JTWV+z7B0

伊58「これは金庫に入れておくものでちね。もし何かあっても、この写真は無事でち」


伊58「この写真は財産でち。人数が増えていく度に新しく撮っていって……」


伊58「提督はやっぱり理想の上司でち。こんな人の所に着任できてごーやは幸せでち」


伊58「二人もこんな提督に愛してもらってるんだから、ちゃんと幸せにならなきゃいけないでちよ?」


伊58「少しくらい間違えることもあるでち。その時は叱ってやればいいんでち」


伊58「でも喧嘩したままなんて、悲しいことはやめてくだち」


龍驤、漣「安価」


下1~3高コンマ どちらかの台詞などを



375:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 21:16:28.25 ID:wwB4/JRDO

龍驤「行くで漣…
漣「はい!

<ごめんなぁ司令官!
<ご主人様ごめんなさい!



376:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 21:16:59.14 ID:BVpMJRq+o

無言で提督を探しに行く二人
一方提督は誰かに慰められてる所で……



377:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 21:18:00.92 ID:BhBd8gzS0

二人とも泣き出したので伊58が頭を抱き締めて撫でる



379: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 21:29:45.40 ID:JTWV+z7B0

龍驤「ひっぐ……司令官…」


伊58「龍驤さん、こっちに……」


漣「…………」ボロボロボロボロ


伊58「漣も泣くとは想定外でち。二人とも、こっちに来るでち」


龍驤「ぅ…ぐすっ………」


漣「……」


伊58「提督のことは嫌いにならないでくだち。少し女心がわかってないだけなんでち」ギュッ


龍驤「ひっ……ぅん…」


漣「……ぁ…い……」



380: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 21:39:22.24 ID:JTWV+z7B0

伊58「提督に怒るなとは言わないでち。でも提督のことも考えて怒ってくだち」


伊58「何気ない言葉で傷付いてしまうことがあるのは、二人ともよくわかってるでち?」


龍驤「うん…うん………」


漣「……」コクリ


伊58「龍驤さんは提督を頼ればいいんでち。あの男が龍驤さんを見捨てるわけないないんでちよ?」


龍驤「そう…やんな……ぐす…」


伊58「漣は辛いことがあるなら提督にすぐ相談するでち。今日みたいに色々溜めててプッツンなんてよくないでちよ?」


漣「………ぃ…」


伊58「ここには提督も居ないでち。好きなだけ泣いてスッキリしていったらいいでちよ」ナデナデ


龍驤「ぁりが…と………」


漣「…………」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



381:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 21:41:47.35 ID:RW+/squw0

提督は……ちょうど
近所の灯台にいた



382:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 21:42:13.29 ID:BVpMJRq+o

誰から入れ知恵されたのか、提督がプレゼント持ってきてドアをノック



383:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 21:42:53.11 ID:lPbnGCVK0

工廠で新装備の実験



384:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 21:42:56.19 ID:z19y9NhOO

写真を金庫に片付けているゴーヤが、ふと葛城が着任した時の写真の裏を見ると「葛城 素質:error」と書かれており写真を破ってしまう



385: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 21:52:53.22 ID:JTWV+z7B0

仕事中なので鎮守府の外には出ないで下さい

再安価 下1~3高コンマ お願いします



386:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 21:54:18.82 ID:BVpMJRq+o

>>384



387:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 21:55:16.34 ID:MVdxXIDHO

朝霜に言葉が足りねえんだからと呆れられてS朝潮にも全くですと言われてる提督



388:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 21:56:41.80 ID:i/2O79OJo

提督が食堂で朝潮に怒られてる



390:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 21:59:35.74 ID:wwB4/JRDO

errorっていうのは測定不能?それとも素質無し?



391:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 22:04:11.26 ID:BhBd8gzS0

>>390
最初のスレで練度が一区切りついていたって話があったから、素質無しということはないですね
私は素質を計るとerrorしかはじき出されないという感じで書きましたがそこのとらえ方は>>1に任せてもよいでしょうか?



392: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 22:07:28.23 ID:LuQddIVMO

ーー

伊58「龍驤さんと漣は提督の所に行ったみたいでちね。ほんっと、世話が焼けるでち」


伊58「さて、ごーやはもう帰ってもよさそうだし片付けをして帰るでち」


伊58「写真は順番通りになってたから、一番下に漣のを……ん?なんでちかこの写真」


伊58「これだけ違う写真……?葛城が一人だけ写ってるみたいでちね」


伊58「なんで葛城のなんでち?裏にはなんて書いてるん……」ピラッ


『葛城 素質:error』


伊58「……!!」



393: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 22:10:14.53 ID:LuQddIVMO

ーー

伊58「はぁっ、はぁっ、はぁ…」


雲龍「伊58、何鎮守府の中を走ってるの?」


伊58「雲龍……!ちょっとこっち来るでち!!」


雲龍「え、ちょっと…出撃から帰ってきたところなのよ?」


伊58「いいから早く来るでち!」


雲龍「そんなに焦ってどうしたっていうのかしら」



395: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 22:15:45.91 ID:LuQddIVMO

雲龍「なに?どうしたのよ伊58」


伊58「これ!見るでち!」スッ


雲龍「葛城の写真?これがどうかしたの?」


伊58「裏を見るでち!」


雲龍「裏?何か書いてあるっていうの?」ピラッ


雲龍「…………」


伊58「アレ、使ったんでちか」


雲龍「…何のことかしら」


伊58「トボけないでくだち!Hトリガーは副作用が酷いから封印しようって約束したでち!」


伊58「これを使ったら確かにその時は強くなるんでち。でも素質がエラーになってるってことはアレを使った証拠なんでち!!」


雲龍「……葛城は使ってないわ」


伊58「じゃあなんで素質がエラーって書いてあるでち!……ちょっと待ってくだち。葛城はって言ったでちか?」


雲龍「……えぇ」



396: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 22:20:43.93 ID:LuQddIVMO

雲龍「葛城が使ったのはEトリガー。改良版で素質が少し変になるだけで副作用はほとんど無いの」


伊58「じゃあ……Hトリガーを使ったのは…」


雲龍「…私よ」


伊58「何をしてるんでちか!!どれくらい前に使ったんでち!?」


雲龍「……結構前ね。でも海上で倒れてから副作用は出てないわよ」


伊58「そんなの気分が悪いのを黙ってたらいいだけの話でち!!なんの為にあの時話し合ったんでちか!!」


雲龍「……」


伊58「行くでちよ」


雲龍「…どこに?」


伊58「病院に決まってるでち!拒否権はないでちよ!!」


雲龍「…こんな形でバレるなんて」


下1~3高コンマ 雲龍の診断結果などを



397:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 22:22:43.66 ID:i/2O79OJo

雲龍と一体化したナニカのおかけで体に異常は出ておらず検査の結果は正常



398:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 22:23:03.23 ID:lPbnGCVK0

いつ命に関わる副作用が出てもおかしくない時限爆弾を抱えた状態



399:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 22:23:58.49 ID:wwB4/JRDO

もし次にそれを使ったら生存確率10%と言われる



401: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 22:40:37.43 ID:LuQddIVMO

ーー


伊58「……異常が無くてとりあえずよかったとは言っておくでち」


雲龍「ありがとう」


伊58「なんでちか…雲龍の体を守ったものって…」


雲龍「私もよくわかっていないの。アレが天城の腕を腐らせたのは間違い無いわ。でも今度は私の傷を塞いでくれたり、副作用から守ってくれていたのね」


伊58「でももしそれがなかったらとんでもないことになってたかもしれないんでちよ!?」


雲龍「……そうね」


伊58「雲龍は見たはずでち、血を吐き片目の視力を失った伊168を!それを見てもあのトリガーを使ったんでちか!?」


雲龍「あの時の判断は間違っていなかったわ。例え沈んでも提督や皆んなを守れるならそれでいいと思った」


伊58「…もう一回言ってみろ。ただじゃおかないでち」


雲龍「……」



402: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 22:44:19.26 ID:LuQddIVMO

伊58「そんなことをして提督が喜ぶと思ったんでちか?」


雲龍「……いいえ」


伊58「じゃあなんでそんな事を言ったぁ!」


雲龍「私はまだまだ提督に恩を返せてないの。それくらいの覚悟があるって話よ」


伊58「覚悟はするだけのものだ!死ぬ為の言い訳じゃない!!」


雲龍「……」


伊58「もうわかったでち。一度雲龍とはしっっっかりと話し合う必要があるみたいでちね。ついてこいでち」


雲龍「…どこに連れてかれるの」


伊58「ごーやのお店でち。さっさと行くでちよ」


雲龍「…はい」


下1~3高コンマ BAR海底での出来事などを



403:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 22:47:34.72 ID:lPbnGCVK0

伊58が仲間や絆の大切さを説いて説教するが
逆に伊58が込み上げて来て泣き出す



404:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 22:47:55.43 ID:wwB4/JRDO

飲みながらの議論で次第に支離滅裂に
そして2人まとめて余所でやれとろーちゃん爆発



405:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 22:49:33.66 ID:MVdxXIDHO

>>403+雲龍が胸を貸して慰めて何が目的だったのかよくわからないけどまあいいかという感じに



407: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 23:00:18.68 ID:LuQddIVMO

ーーBAR海底


呂500「まだ明るいけどお酒飲むんですかって?」


伊58「飲まないとやってられないでち!カクテルにしなくてもいいから適当に出してくだち!」


呂500「わ、わかりましたって!」


雲龍「言い方が乱暴よ、もう少し優しく言ってあげればいいのに」


伊58「誰のせいで荒れてると思ってるんでちか!!」


雲龍「それとそれとは関係ないわよ」


伊58「ほんとに…雲龍だけは……!!」


呂500「お酒、ここに置いておきますって…」コトッ



408: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 23:13:00.17 ID:JT4aeq/60

伊58「………ぷはぁっ!」


伊58「…雲龍の考えは立派でち。艦娘として何も間違っていないでち」


伊58「でもごーや達はあの提督の元で戦っているんでち。あの鎮守府でそんなことをして喜ばれると思ってるんでちか?」


伊58「仲間を大切に……何よりも……」


伊58「提督も……皆んなのことを…見てくれてて………」


伊58「ぐす…………」



409: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 23:20:45.99 ID:JT4aeq/60

伊58「う~~~~!」プルプル


呂500「でっち、泣いてます…」


雲龍「伊58ほど私達のことを気にかけてくれる艦娘は居ないわ。鎮守府に居ないのにずっと私達のことを心配して」


雲龍「伊58は鎮守府がおかしくなる前もその後も知ってる。だから遠くない場所から見守ってくれているのよね」


呂500「ここの場所にこだわったのはそういう理由です。ここなら鎮守府から遠くありませんって。だから狭くても我慢してます」


雲龍「そんな貴女の忠告は無視できないわね。わかった、もう無茶はしないわ」


伊58「分かれば…い……ひ…ぇぐ……!」


呂500「雲龍さんもよかったら一杯どうぞですって」


雲龍「そうね、いただくわ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



410:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 23:22:49.80 ID:wwB4/JRDO

雲龍
むしろあの子…漣には知られないようにしないといくらでも使いそうだけれど
提督が喜ぶ喜ばない関係無しに必要となったら身を引いたり168の時のようにね…



411:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 23:24:18.34 ID:i/2O79OJo

泣き上戸だった58を二人でよしよししながら飲んで夜が更けていく



412:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 23:24:55.71 ID:BhBd8gzS0

雲龍
夕張



415: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 23:43:40.72 ID:JT4aeq/60

雲龍「トリガーは漣には知られないようにしないと、いくらでも使いそうね。」


雲龍「提督が喜ぶ喜ばない関係無しに、必要となったら身を引いたり伊168の時のようにね」


呂500「それは間違いありませんって。絶対に教えたらいけません」


雲龍「葛城が持っていたトリガーは多摩が持っているわ。彼女なら安心して任せられるわね」


呂500「雲龍さん、もう無茶はやめて下さいって」


雲龍「わかってるわ」


伊58「うぁ~~~~……」



416: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/20(土) 23:47:16.15 ID:JT4aeq/60

ーー


伊58「ぐぅ……」


呂500「でっち、寝ちゃいました。この後バーがあるのに…」


雲龍「呂500ではできないの?」


呂500「カクテルを作るの凄く難しいです。今日は臨時休業にするしかありませんって」


雲龍「それは申し訳ないわ。私で良かったら手伝うわよ?」


呂500「雲龍はカクテル作れましたか?」


雲龍「簡単なものならね。呂500、店を開ける準備をしましょう」


呂500「わかりましたって!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



417:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 23:49:03.11 ID:YJyD5Oi00

普段と違う美人バーテンがいると常連ネットワークでそこそこ繁盛



418:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 23:49:41.94 ID:BhBd8gzS0

葛城と秋津洲と夕張が、夕張の使っていた艤装から回収した機関部を持ってBar海底に来る
雲龍からHトリガーを貰いに来た



419:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 23:49:55.78 ID:i/2O79OJo

美人のバーテンが増えたと人が集まって満員御礼



420: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 00:02:19.89 ID:8GG3WQhO0

ーー


秋津洲「本当にここに居たかも」


葛城「雲龍姉、探したんだからね!」


呂500「皆さんどうしましたかって?」


夕張「雲龍さん、あのトリガー持ってますよね?」


雲龍「あれは渡さないわよ」


秋津洲「こっちの話を聞いて欲しいかも!」


葛城「これ、夕張さんが使っていたよくわからない艤装の機関部。これとトリガーが反応するってわかったんだって!」


夕張「もしかしたらトリガーとこの機関部はセットで使うものだったかもしれないんです!」


雲龍「…そう」



421: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 00:08:09.49 ID:8GG3WQhO0

夕張「そもそもHトリガーもどういうものかわかっていないんです。設計図だけが手に入って、試しに作ってみたらあれができました」


秋津洲「きっとその設計図には続きがあったかも!」


葛城「お願い雲龍姉!データを少しとるだけらしいから!」


夕張「何も海に出ようとしてるんじゃないんです!ただ強くなれる可能性があるなら…!」


雲龍「安価」


下1~3高コンマ 雲龍の台詞やその他起こったことなどを



422:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 00:09:00.40 ID:04qZ/XGDO

ふたつを合わせたところ起動に生体認証が必要になってしまった
ある特定の艦娘専用だったようだ



423:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 00:09:30.09 ID:mSELrX9KO

帰りなさい
これはそんなものじゃないわ



424:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 00:10:28.53 ID:t+WiJOr+o

ダメよ
トリガーについては提督とここでダウンしてる潜水艦と話をつけてからにしなさい



426: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 00:17:20.24 ID:8GG3WQhO0

雲龍「ダメよ。トリガーについては提督とここでダウンしてる潜水艦と話をつけてからにしなさい」


夕張「へ?ダウンしてる?」


葛城「…うわ!伊58がなんで地面に寝てるの!?」


伊58「うぅん…」


呂500「起きた時に面倒だと思いましたって」


夕張「伊58ちゃんを説得するのは骨が折れそうね…」


秋津洲「提督も許可をくれそうに無いかも」


葛城「今は諦めるしか無いってことね」


ーー



438: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 19:40:35.76 ID:8GG3WQhO0

ーー


夕張「提督、どうしても許可はいただけませんか?」


提督「無理だ。あのトリガーの使用許可は出せない」


夕張「誰でも強くなれる可能性があるんですよ!?」


提督「俺は力を求めていない。なにより副作用が大き過ぎる」


夕張「実験に成功すれば副作用も無くなるはずなんです!」


提督「必ず成功する保証が無いうえに、皆んなを危険に晒すわけにはいかない。もちろん夕張もその中に入っているからな」


夕張「でも……!」


提督「ダメなものはダメだ。引き続き二つのトリガーは雲龍と多摩に預かっていてもらう」


夕張「……」



439: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 19:45:07.01 ID:8GG3WQhO0

ーー工廠


北上「だから言ったじゃん、提督が許可くれるわけないって」


夕張「私は何度でも交渉するつもりです!」


秋津洲「あたしも手伝うかも!」


陽炎「なんでそんなに例の艤装に拘るの?」


明石「どどどどどうして…つつつつ強くなりたい…の…?」


秋津洲「あの艤装が完成すればあたしも大活躍できるかも。そしたら出撃でも役に立てるかも!」


夕張「出撃の無い日は工廠組は何も出来ないんです。演習に参加しても足手まといになるだけです」


北上「提督はそんなの気にしてないっていうのにさ~」


夕張「私が気にしてるんです」



440: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 19:50:30.32 ID:8GG3WQhO0

陽炎「どうしても艤装を作りたいのが二人に葛城さんを加えた三人なのよね?」


秋津洲「葛城さんは強さを求めてるかも。早く龍驤さんの助けになりたいって毎日のように言ってるかも」


夕張「あの艤装は凄いんです。皆んなの目撃情報を合わせると、主砲が左と右でそれぞれ11門ずつ。魚雷に至っては推定120門の艤装なんですよ!?」


明石「ああああああり得ない…」


北上「そんなのコントロールできるわけないじゃん」


夕張「でも私は使いこなしていたんです!私と会敵した皆さんが証拠です!」


北上「それは…まぁね……」



441: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 19:55:29.93 ID:8GG3WQhO0

秋津洲「対空装備が全く無かったのは気になったかもだけど、多分いくらでもつけられるはずかも!」


夕張「そもそも魚雷の装備自体が後付けのような位置にあったらしいんです。ということはあの艤装はデフォルトでは主砲のみ。つまり装備する艦種によってはいくらでも強くなれるんですよ!」


北上「興奮してるのはわかるけど、少し落ち着こ?」


秋津洲「夕張!こうなったら二人だけで作るかも!」


夕張「やるしかないわね。陽炎、艤装金色にしてもいいから手伝って!」


陽炎「そう言われたら手伝いたくなるわね」


明石「どどどどどどどう…しますか?」


北上「とりあえずは様子見かな。ヤバくなったら止める方向でいけばいいよ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



442:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 19:56:52.57 ID:kcZXcarl0

伊168が前に使ったトリガーを持ってくる



443:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 19:57:05.45 ID:04qZ/XGDO

設計図のあった辺りに古い覚え書きを見つける
艤装の改良案やデメリットの解消方法などが書かれている
名前は掠れていて辛うじて月という字だけが読めた



444:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 19:57:37.74 ID:FKxOt+OZo

なんとなくそれっぽいものはできる



447: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 20:13:57.00 ID:8GG3WQhO0

ーー


秋津洲「……どうかも!?」


夕張「それっぽいのはできましたけど…」


陽炎「ただ主砲を無茶苦茶乗せただけの艤装にも見えるわね」


秋津洲「多分これを着けてもまともに動けないかも」


夕張「あの時の私はこれにプラスであり得ない数の魚雷と対空砲を積んでたのよね?」


陽炎「そうみたいね。どう考えても動くとは考えられないけど…」


秋津洲「とにかくデフォルト状態で動けないなら、話にならないかも」


夕張「そうなのよね……」



449: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 20:18:02.32 ID:8GG3WQhO0

陽炎「やっぱり動かすにはトリガーが必要みたいね」


秋津洲「そもそもあのトリガーはどうやって使うものかも?」


夕張「補強増設ができる箇所に挿すものなんです」


陽炎「じゃあ補強増設を既にしてあったら挿すことはできないの?」


夕張「できます。補強増設自体、拡張性があるんです」


秋津洲「この艤装……本当は何本挿さるようにできてるかも?」


夕張「わかりません…」



450: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 20:23:18.47 ID:8GG3WQhO0

陽炎「ねぇ、この艤装の下側って綺麗過ぎると思わない?」


秋津洲「それは思ったかもだけど、誰も見てなかったから作りようがなかったかも」


夕張「いっても下側なんで、そんなに重要な役割があるとは思えません」


陽炎「そう?私が少し思ったのが、このスペース全部にトリガーが挿さるんじゃないのって思ったのよ」


秋津洲「下側全部!?そんな数のトリガーを挿したら起動した瞬間に死んじゃうかも!!」


夕張「でも挿すのが改良版のトリガーや、全く副作用の無いものなら……」


秋津洲「まさか……?」


陽炎「これは私の手に負えない代物かもしれないわね」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



451:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:25:56.98 ID:ICMMtOT00

下側全部にトリガー挿すも
過積載で沈没しそうな葛城



452:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:25:58.73 ID:04qZ/XGDO

艤装をよく見ると生体認証スロットがある
どうやら特定の艦娘専用に設計された物らしい
設計図通りに作った夕張は気付いてなかった



453:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:26:10.57 ID:kcZXcarl0

葛城が顔を出しにきて、艤装を難なくと装備する
トリガーも無いのに何故……?となる工廠組



459: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 20:41:27.13 ID:8GG3WQhO0

ーー演習場


葛城「無理無理無理無理!少しでも進もうとしたら沈んじゃう!」ギギギ


秋津洲「やっぱり無理だったかも…」


夕張「いえ!これが本物のトリガーなら動けるはずなんです!」


秋津洲「そんなこと言ってもトリガーを使う許可は出てないかも。今使ってるのもレプリカで効果が無いやつかも」


葛城「下側にびっしりトリガー…これが全部本物なら動けはすると思うけど……もう無理!重過ぎ!」ガシャン


秋津洲「あたし達にできるのはここまでかも。残念だけど仕方ないかも」


葛城「簡単に強くなろうなんて無茶だったのね…」



460: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 20:47:10.87 ID:8GG3WQhO0

葛城「二人には無駄な作業させちゃったことになったわね。本当にごめんなさい」


秋津洲「気にしないで欲しいかも!陽炎も手伝ってくれたし、技術を高める練習だも思えばよかったかも!」


葛城「そう言ってくれるなら良かったわ…」


夕張「……この艤装は工廠の隅にでもしまっておきます」


秋津洲「そうして欲しいかも!主砲も廃棄予定の単装砲しか使ってないから、別に問題ないかも!」


葛城「じゃ、私は走り込みでも行ってこようかな」


秋津洲「葛城も頑張るかも!」


夕張「………………」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



461:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:48:09.22 ID:kcZXcarl0

幹部さんが、葛城の素質:errorについて提督から調査をお願いされたので、その話に詳しいと言ってきた早霜を連れて鎮守府に来る。
早霜曰く、一度だけ建造されたことのある艦娘『八島』の素質はerrorと出た。
幹部さんはそんな話は聞いたことがないと驚く。



462:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:49:22.93 ID:FKxOt+OZo

葛城は基本に戻ってずいかがたちと訓練



463:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:49:58.64 ID:t+WiJOr+o

夕張がゴーヤを説得しにbar海底に
そこに168もいて逆にやめるよう説得される、流れから168過去パート



465: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 21:05:56.25 ID:8GG3WQhO0

ーー


葛城「もう一回お願いします!」


瑞鶴「これで最後よ!一発で決めなさい!」


葛城「はいっ!」ビシュッ


加賀「……命中ね」


葛城「やった…!」


瑞鶴「よくやったわ葛城!」


葛城「この感覚を忘れない為にももう一度…!」


瑞鶴「ダメよ、また無茶をして倒れたいの?」


加賀「ここまでにしておきなさい葛城」


葛城「…わかりました」



466: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 21:10:25.22 ID:8GG3WQhO0

瑞鶴「いい調子で上達してるわね。このままならいつか追い抜かれちゃうかもしれないわ」


加賀「そうならないように私達も努力しないといけないわね」


葛城「練度を上げるには地道な訓練しかありません。裏技を使おうとしても無理でしたから…」


加賀「裏技?気になるわね」


瑞鶴「まさか変なことでもしようとしてたの?」


葛城「違います!夕張さんが大暴れしたあの時の艤装を再現しようとしてたんです」


加賀「あぁ……凄かったらしいわね」


瑞鶴「でも夕張は血を吐きながら使ってたんでしょ?絶対まともな艤装じゃないわよ」


葛城「はい…試しにつけてみたんですが、進むこともできませんでした」



467: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 21:14:38.54 ID:8GG3WQhO0

加賀「その艤装が再現できたというの?」


葛城「完全では無かったんですが、想像で作ったのを試してみて……でも、全然だったんです」


加賀「あれは夢か何かだと思いなさい。手に余る力は代償がつきものなのよ」


葛城「はい…」


瑞鶴「ねぇ葛城、その艤装は今どこにあるの?」


葛城「どうしようも無いから工廠の隅に置いてあるみたいです。それがどうかしたんですか?」


瑞鶴「…少しね。ねぇ、これから工廠に行ってもいいかしら?」


加賀「もちろんよ」


葛城「私もついていきます!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



468:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 21:17:52.53 ID:04qZ/XGDO

夕張とその艤装が消えていた



469:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 21:17:58.54 ID:kcZXcarl0

夕張が機関部を無理矢理抉じ開けて、中にあった黒い球体を取り出したところだった



470:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 21:19:10.30 ID:t+WiJOr+o

幹部さんが偽装を接収するところだった



471: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 21:37:19.97 ID:8GG3WQhO0

ーー工廠


加賀「瑞鶴、その艤装が何かあるの?」


瑞鶴「艤装というよりどこか一部。凄く嫌な予感がするの」


葛城「瑞鶴さんって変なの感じたりするんですか?」


加賀「頻繁じゃないけど、たまにこんな感じのことを言う時があるわね」


瑞鶴「冷たいような…暗いような…負の感情が集まったような…とにかく嫌なものがあるかもしれないの」


葛城「私にはわかりませんけど……あ、夕張さんが居るみたいですね」


夕張「……」



472: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 21:45:46.50 ID:8GG3WQhO0

加賀「夕張、何をしているの?」


夕張「……」ブツブツブツブツ


葛城「夕張さん?」


瑞鶴「…夕張をそこから引き剥がして!」


葛城「え…?」


加賀「貴女、何をしているの?」


夕張「…」ベキベキ


葛城「この間作った艤装を壊してるんですか!?」


瑞鶴「加賀!夕張を止めて!早く!」


葛城「え、え……?」


夕張「……」スッ


加賀「あれは……黒い球…?」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



473:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 21:46:33.65 ID:04qZ/XGDO

その核を下手に弄るとこの鎮守府が崩壊しますよ
と気配も無くそこに現れた三日月
最終的に自分にしか扱えない青い艤装を開発した後本営から脱走、今や追われる身だが本人はまるで気にせず今に至る

そのコアは破壊しなければいけません、渡してくださいと



474:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 21:49:47.75 ID:9CImVMVSO

夕張「鉄の海域に蔓延る別世界の奴らを消し去る為に葛城の器を使って艦娘八島を顕現させるんですね」



475:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 21:50:33.06 ID:t+WiJOr+o

夕張と富士さんの精神世界へ
富士「あんまりむちゃやってると貴女ごと連れて行かないといけなくなるんだけど」



477: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 22:03:16.28 ID:8GG3WQhO0

夕張「鉄の海域に蔓延る奴らを消し去る為に…葛城の器を使って艦娘八島を顕現させるんですね…」ギョロッ


葛城「夕張さん…?」


加賀「この子目が…!」


夕張「さぁ早く…器はここに…」


瑞鶴「…夕張、ごめんなさい!!」バキッ


夕張「ぐえっ……!!」バタン


加賀「…手加減無しで叩いたわね」


瑞鶴「だってこうしないと…」


夕張「」カランっ


葛城「あ、夕張さんが何か落としたみたいです」


加賀「これは何?玩具にも見えるわね」


葛城「これは……トリガー………」



478: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 22:08:15.54 ID:8GG3WQhO0

ーー医務室


夕張「あれ……私…」


提督「ここがどこだかわかるか?」


夕張「提督……?ここは……鎮守府の…医務室…」


提督「自分が何をしていたか覚えているか?」


夕張「私は……何を……」


夕張「……あの艤装を…使えるように…しようと……」


夕張「でも…トリガーが…足らなかったから……新しく……」


提督「…そうだ。夕張は俺が許可を出していないにもかかわらず新しくトリガーを作り、恐らくその副作用で錯乱していたんだ」


夕張「あ………」


提督「あの艤装を壊したことも覚えていないのか?」


夕張「……はい。トリガーを挿して艤装を付けようとした所までは覚えています」


提督「…俺が何を言いたいかわかるか?」


夕張「……すいませんでした」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞や行動などを



479:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 22:11:20.56 ID:znFMw+fg0

夕張、一時的に工廠出入り禁止



480:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 22:12:18.73 ID:t+WiJOr+o

夕張を殴ろうと振り上げた手は力なく落ち、かわりに抱きしめて
あんな、あんな艦娘をただの道具にする物なんか使ってはダメなんだ…
分かってくれよ……もう誰も、誰も傷ついて欲しくないんだ…



481:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 22:13:31.29 ID:DzRyca6no

許可を出すまで謹慎 



483: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 22:40:32.88 ID:8GG3WQhO0

提督「…」スッ


夕張(叩かれる……!)グッ


提督「……夕張」ダキッ


夕張「あ…提督、なんで…抱きしめて…」


提督「艦娘をただの道具にするあんな物を使ってはダメなんだ…分かってくれよ……もう誰にも傷ついて欲しくないんだ…」


夕張「……伊168ちゃんのことですね」


提督「初めてトリガーを使った彼女はとんでもないことになってしまったんだろう?」


夕張「伊168ちゃんが使ったのはHトリガーよりも更に初期のものでした。得られる力は凄かったですけど、その分副作用も……」



484: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 22:51:47.93 ID:8GG3WQhO0

ーーーー


伊19「本当に大丈夫なの?」


夕張「保証はできません。闇サイトというかまともでは無い所で入手してきた情報なんです。それらしく作ることは成功しましたが…」


伊168「私がやるわ」


伊8「伊168…」


伊168「このままじゃ全員死ぬのよ。司令官はまだおかしいままだし、皆んなは狂ってる」


伊168「私達しか出撃はできないの。その中で効率が少しでもよくなるかもしれないっていうなら、やる」


夕張「…使い方は説明した通りです」


伊168「やってわるわ。ハザード…オン……!」



485: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 22:57:28.64 ID:8GG3WQhO0

ーー

伊19「凄いのね伊168!大活躍だったの!」


伊8「この調子でいけば…もしかしたらいけるかもです…!」


伊168「……」


伊58「伊168?どうしたでちか?」


U511「様子が…おかしい…」


伊168「……」スッ


夕張「ちょっと伊168ちゃん!出撃が終わったんなら入渠しないと!」


伊168「……」


伊8「なんですか、その目……」


伊26「目から光が消えてる…」



486: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 22:59:51.24 ID:8GG3WQhO0

夕張「どうしちゃったの伊168ちゃん!?」


伊168「……」


伊8「もしかして、トリガーは強くなる代わりに心が…?」


伊19「そんなのダメなの!早くトリガーを外すの!!」


伊168「……」


伊58「出撃しようとしてるでち!」


U511「止めないと…!」



487: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 23:04:12.02 ID:8GG3WQhO0

伊19「伊168!いい加減にするの!」


伊168「……!!」ペタン


伊26「しゃがみこんじゃった?」


伊168「ぅ…え……!げぼ……っ!」ビシャっ


伊26「ひ!!血、血が!!」


伊8「血を吐きながら出撃しようと…!」


伊58「伊168を止めるでち!!」


伊19「この……!いい加減にしてー!!」バチン


伊168「」ベシャっ


夕張「あ……あぁぁぁぁぁぁぁ~!!」



488: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 23:09:38.29 ID:8GG3WQhO0

ーーーー


夕張「伊168ちゃんが倒れたその後に、正気に戻った提督が戻ってきてくれたんです」


提督「潜水艦の皆んなからトリガーの話を聞いて、それは使ってはいけないと確信した」


夕張「トリガーは…私達を兵器に近付ける装置なんでしょうね」


提督「だから使って欲しく無かったんだ……夕張、俺が悪いのはわかっている。俺の心が強ければ、そんな事態を招くことなんて無かった」


提督「夕張を追い詰めてしまった俺を許してくれ…そしてもう…変な力には頼らないでくれ…」


夕張「安価」


下1~3高コンマ 夕張の台詞や行動などを



489:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 23:13:50.32 ID:DLH5R0RPO

提督のせいじゃないんです

これは、私や秋津洲、陽炎……技術者の意地をかけた闘いなんです。
危険すぎる真似はしません……でも、この艤装は諦めません



490:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 23:18:44.28 ID:kcZXcarl0

始まりの艦娘に消されていた記憶が戻る夕張
あの時相手の手を掴まなかった代わりに、今をしっかり掴みとろうと夕張の抱き締めに力が入る



491:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 23:19:46.14 ID:JqdQAC/JO

>>490



493: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 23:35:46.11 ID:8GG3WQhO0

夕張「提督のせいじゃないんです。これは、私や秋津洲、陽炎……技術者の意地をかけた闘いなんです」


夕張「危険すぎる真似はしません……でも、あの艤装は諦めません」


提督「だが、あの艤装はトリガーありきで動くものなんだろう?」


夕張「副作用の無いトリガーを作ればいいんです。私にならできる気がするんです!」


提督「……そうか」


夕張「大丈夫です、絶対に危険なことはもうしません。約束します」



494: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 23:39:01.47 ID:8GG3WQhO0

提督「……」


夕張「提督こそいつまでもあの事を考え過ぎです。もういいって言ってるじゃないですか」


提督「だが…全て俺のせいなんだ」


夕張「ここにいる全員、事情はわかってます。急に恋人があんなことになったら、落ち込むのも当然です」


夕張「じゃあ…提督も一つ約束して下さい。私はもう危険なことをしないと約束しました」


提督「俺は…何を……?」


夕張「安価」


下1~3高コンマ 夕張の台詞や行動などを



495:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 23:40:55.59 ID:04qZ/XGDO

私達をもう少し信じてください
あまり過保護だとかえって嫌われますよ



496:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 23:42:59.87 ID:kcZXcarl0

私が死んでも絶対に気に病まないでください



497:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 23:43:42.20 ID:znFMw+fg0

皆を悲しませるようなことをしない事



500: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/21(日) 23:54:42.71 ID:8GG3WQhO0

夕張「私が死んでも絶対に気に病まないでください」


提督「…………」


提督「……まさか、夕張…」


夕張「少し……無茶をし過ぎたかもしれません」


提督「もう…トリガーを……!」


夕張「私は自分で試してもいないものを誰かに勧めたりしません」


夕張「初期のトリガーにH、Eトリガー。それに今日使ったトリガー以外にもいくつも作っていたんです」


夕張「ガタが来ちゃったのかも、しれませんね…」


提督「そんな……夕張…?」



501: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 00:03:02.46 ID:OcNH8MdB0

夕張「葛城さんの練度がエラーって出た時に気付かれたらどうしようかと思ってました」


提督「なぜ黙っていたんだ…!」


夕張「私は一人の艦娘を殺しているんです。のうのうと生きているのがおかしいんですよ」


提督「あれは…事故だ。夕張は悪くない」


夕張「私の手記が出てきたんです。私の記憶からは都合良く消されてましたが、そこには全部書いてありました」


夕張「落ちようとしたあの子の手をわざと取らなかった。それは殺したも同じことなんです」


提督「…それに書いてあることが事実とは限らない。それに夕張がそう思い込もうとしていただけかもしれないじゃないか」


夕張「……もう遅いんです。とにかく、さっき言ったことは絶対に約束して下さいね」


提督「そんなこと…約束できるはずがないだろう……」


ーー



512: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 20:00:16.63 ID:OcNH8MdB0

ーー


秋津洲「夕張の検査結果はいつわかるかも?」


北上「もうすぐだと思う。提督から電話がかかってくるはずだからね」


明石「しししし心配…です…」


陽炎「なーんかコソコソしてるとは思ったけど、まさか自分を実験台にしてたとはね…」


北上「あたしも気付くチャンスはあったんだよ。でもどうせドローンの改造か何かをしてると思って気付かないフリをしてた」


秋津洲「その結果がこれかも…」


陽炎「辛いわね」



513: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 20:03:37.75 ID:OcNH8MdB0

明石「ゆゆゆゆゆ夕張さんは…ええええ演習すら…しししししてませんでした…」


秋津洲「あたしでさえ、たまにやってるのに…」


北上「演習に出たら色々とバレるのがわかってて、ずっと工廠に引きこもってたんだよ」


陽炎「……気付く方が無理よ」


北上「そんなことない!気付こうと思えば気付けたんだよ!!」


明石「おおおおお落ち着いて……」


北上「……」


ピピピピピピ…


秋津洲「あ、電話…」


北上「…提督からだ。もしもし……」


下1~3高コンマ 電話の内容などを



514:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 20:05:45.85 ID:aVBxVK160

夢遊病だ



515:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 20:06:46.72 ID:Wm4Z7eVR0

入院、絶対安静
生きていることが不思議なレベルで身体が弱っている



516:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 20:07:42.11 ID:DLmWBCfp0

極めて健康
だが命を消費したというなら突然死してもおかしくないだろう
と言われた



518: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 20:27:17.75 ID:OcNH8MdB0

北上「……夢遊病?」


提督『現時点ではその症状があると言われた』


北上「体は?その……健康被害的なのは…」


提督『まだ検査待ちだ。病院の好意で先に心療内科の先生に診てもらったんだ』


北上「じゃあまだ大事な所はわかってないんだ…」


提督『そんなに心配なら北上も来るか?今からでも間に合うはずだ』


北上「……わかった、あたしもそっちに行く」



519: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 20:33:02.47 ID:OcNH8MdB0

ーー病院


北上「……ここか」


北上「覚悟……決めた方がいいかもね」


北上「もちろん何もないかもしれない。夢遊病だけで済む可能性もある」


北上「……ふぅ」


北上「提督、夕張…入るよ」ガチャ


下1~3高コンマ 病室の中の様子やその他起こったことなどを



520:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 20:37:10.04 ID:lwmosur1O

虚ろな目で窓の外を見たまま身じろぎもしない夕張



521:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 20:37:16.07 ID:wDGABQJGO

いつもどおりの夕張がいる



522:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 20:37:55.28 ID:jb05+M4Lo

提督に夕張メロンあーんされてる夕張
検査の結果は>>515
入院、絶対安静
生きていることが不思議なレベルで身体が弱っている



524: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 20:47:10.75 ID:OcNH8MdB0

提督「ほら、夕張…」


夕張「あーーん…ん~~!やっぱりメロンは夕張ですよね!」


北上「…これはどういう状況?」


夕張「北上さん!いやぁ提督が食べたいものでもないかって言われたので、メロンをリクエストしたんです!」


提督「ちょうど売店に売ってたから…な」


夕張「そしてせっかくなのであーんして食べさせてもらってたんですよ!」


北上「……」


夕張「あの…北上さん?」



525: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 20:54:34.18 ID:OcNH8MdB0

北上「提督…夕張はどうだったの?」


提督「絶対安静だ。生きていることが不思議なレベルで身体が弱っていると言われた」


北上「……夕張、それって自分で食べれないから食べさせてもらってるんじゃないの?」


夕張「うぇ!いえ、そのぉ………」


北上「死なないの…?それが最後の晩餐とか…言わないで……」


夕張「…私は安静だと言われました」


提督「このまま夕張は入院になる。現時点で言えることはさっきのことしかない」


北上「安価」


下1~3高コンマ 北上の台詞などを



526:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 20:57:59.76 ID:wDGABQJGO

なにか困ったことがあったら何でも言ってね
あたしも支えてもらったし



527:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 21:03:50.69 ID:BCuaCU04O

脱走とか考えたらただじゃおかないよ

まさかあたしがこんなこと言う日が来るなんて



528:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 21:04:56.80 ID:DLmWBCfp0

嫌だ……嫌だなぁ……と言いながら麦茶にストローを挿して持ってくる



529: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 21:21:51.19 ID:OcNH8MdB0

北上「嫌だ…嫌だなぁ……」スッ


夕張「あの、それは…?」


北上「麦茶。ストローは挿してあるから」


夕張「はい…ありがとうございます…?」


提督「夕張、なんでも言ってくれよ。とにかく自分で動こうとはしないでくれ」


夕張「あ……そういう…」


北上「…自分の立場わかってる?」


夕張「いえ、実感が無いというのが一番です…」


提督「感覚が麻痺してるのかもしれない。辛い時は俺たちがいるからな」



530: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 21:24:26.56 ID:OcNH8MdB0

北上「提督、これから毎日夕張のお世話をしてあげないとね」


提督「そうだな、日替わりで誰かが来るように手配しよう」


夕張「いえいえ!ここは病院なんですから皆さんに手間をかけさせては…!」


北上「なに言ってんのさ!」


提督「そうだ、夕張は何も考えずにゆっくり寝ていてくれ」


夕張「私は元気なのに…過保護過ぎるのも困りますよ?」



下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



531:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 21:27:31.93 ID:V+dc+qaDO

そのまま放っておけばいずれ彼女は死にますよ
と気配無く見慣れない艦娘、三日月が現れる
最終的に自分にしか扱えない青い艤装「神無」を開発して本営から脱走、今や追われる身だが本人はまるで気にしていない



532:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 21:29:21.15 ID:p9zm4XlqO

みんながお見舞いに来る



533:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 21:29:53.65 ID:aVBxVK160

「もう鎮守府に帰りたい」
と月に向かって祈る夕張



538: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 21:36:11.56 ID:OcNH8MdB0

すいません詰め込み過ぎです

再安価 下1~3高コンマ お願いします



539:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 21:38:27.37 ID:V2NRHM5vo

空腹や疲労などのネガティブな感覚を感じにくくなっていく
放っておくと倒れるまで動いてる



540:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 21:39:52.36 ID:jb05+M4Lo

朝霜
お前…アイツを追い出したか?
何か分かるか?

なお、何も分からん夕張



541:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 21:40:03.08 ID:p9zm4XlqO

>>532



544: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 21:47:43.66 ID:OcNH8MdB0

ーー


「夕張さん、ご飯の時間ですよ」


夕張「え、もう?」


「お昼ですから。お腹は空いてませんか?」


夕張「はい、空腹感が全くないので…」


「貴女の体調から言えばお腹はいつでも空いてるようなものなのに…不思議ね…」



545: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 21:51:49.71 ID:OcNH8MdB0

ーー


漣「こるぁーー!!何してんですかアンタは!!」


夕張「う、漣ちゃんに見つかった……」


漣「あのねぇ!貴女は絶対!安静!わかる?動いちゃダメなの!!ドゥーユーアンダースタン!?」


夕張「だって、暇で暇で仕方ないんですもん。だからお散歩くらい…」


漣「ただのお散歩ならその工具とかはいりませんよねぇ~~?」


夕張「う……」


漣「夕張さん、ブチ切れますよ?とっとと病室に戻って下さい」


夕張「ごめんなさい……」



546: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 21:57:10.71 ID:OcNH8MdB0

ーー

提督「また病室を抜け出したのか…」


漣「自分が死の一歩前に居るって自覚が無いみたいなんですよ」


提督「普通ならまともに歩ける状態では無いと聞いている。それなのに夕張は…」


漣「恐らくですけどトリガーの副作用かと思います。空腹や疲労感を感じなくなっているんですよ」


提督「味はわかるようだから、ごく一部のことが分からないという状況か」


漣「このままならいいんですけど、治療のお陰でもし副作用が抜けてしまったら…夕張さんはかなり苦しむことになります」


提督「そうならない為にも、夕張を動かなさいように工夫しなければいけないか…」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



547:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 21:58:00.94 ID:8zTyfsPdo

>>540
朝霜
お前…アイツを追い出したか?
何か分かるか?

なお、何も分からん夕張



548:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 21:59:29.24 ID:jb05+M4Lo

荒療治だが仕方ない
イムヤ、工廠組に「夕張が死んだら後追いしてあげる……」と脅すよう頼む



549:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 22:00:00.72 ID:DLmWBCfp0

夕張がこっそり病室を抜け出すと、階段付近で何人かに虐められているように見える男の子を見つける



550: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 22:09:55.87 ID:OcNH8MdB0

ーー病院


朝霜「よぉ夕張、病状の割に元気そうだな」


夕張「これは珍しいお客さんが来てくれましたね。元気そうで意外でしたか?」


朝霜「まぁな。それより夕張、ちょっといいか?」


夕張「はい…?」


朝霜「お前…アイツを追い出したか?何か分かるか?」


夕張「アイツ?追い出す?なんの話ですか?」


朝霜「…トボけてるわけじゃなさそうだな」


夕張「トボけるもなにも、何を言ってるかわからないんですもん」



551: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 22:12:25.90 ID:OcNH8MdB0

朝霜「お前は確かに追い出してんだ。もしかして記憶ごと持っていかれた…?」ぶつぶつ


夕張「…ひょっとして何かのプレイですか?そういうのはお断りなんですけど…」


朝霜「違ぇよ……いいだろ、お前は知る権利がある。あたいが教えやるよ」


朝霜「あたい達の中にいる艦娘の話をな」


夕張「……?」


下1~3高コンマ 話を聞いた夕張の反応などを



552:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 22:15:38.68 ID:DLmWBCfp0

朝霜が話そうとすると病室内に入ってきた烏に襲われて有耶無耶になる



553:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 22:15:52.07 ID:V+dc+qaDO

じゃああの艤装の黒い球は何なのか解りますか?



554:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 22:17:31.66 ID:p9zm4XlqO

なにか会話したとこをぼんやり思い出す



555: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 22:25:04.38 ID:OcNH8MdB0

朝霜「あたい達の中には……」


クァーーーー!


朝霜「う!?」


夕張「あ、窓が開けっ放しだったんでカラスが入ってきちゃいましたね」


朝霜「なんだよ、迷惑な鳥だな」


カッ……クァ~~~~!


朝霜「なんであたいに襲いかかってくんだよぉ!」


夕張「何か邪悪なものを察知したとか?」


朝霜「や…やってらんねぇーー!」バタン


夕張「慌てて帰っちゃいましたね。もしかして鳥が苦手とか?」


クァっ


夕張「あ、カラスさんは帰らないんですね…」



556: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 22:27:27.84 ID:OcNH8MdB0

ジーーー


夕張「なんでこっちを見てるんだろう…もしかして敵を追い払ったからご褒美でもくれって?」


ジーーーーー


夕張「うーん…何かあったかな……」ゴソゴソ


夕張「…食べ残したメロンはどうでしょう?もしくはメロンパンとか」


夕張「カラスの好物ってなんなんだろう……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



557:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 22:28:41.90 ID:p9zm4XlqO

同じカラスがちょいちょい餌をもらいに来るようになる



558:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 22:31:26.30 ID:V+dc+qaDO

よく見ると烏は精巧な機械で「まだその時じゃないんですよ」と女の子の声で喋り飛び去っていった



559:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 22:36:48.42 ID:iPuDJkO7O

カラス「メロンが食べたいものだ」と男らしい声



560: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 22:47:33.19 ID:OcNH8MdB0

ーー


クァーーーーー!


龍驤「これがそのカラスかいな」


夕張「そうなんです。一回餌をあげてからちょくちょく来るようになっちゃったんです」


龍驤「ふてぶてしい顔しとるなぁ…」


カッ…!


龍驤「なんやねんコイツ!」


夕張「すいません、私以外に懐こうとしないみたいで」


龍驤「そうみたいやな。しかしカラスを餌付けるっていうのも中々凄いことやで」


夕張「あはは…」



561: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 22:52:59.34 ID:OcNH8MdB0

龍驤「夕張、早く帰ってきたいかもしれんけど我慢やで」


夕張「皆さんにそう言われてます。出撃どころか走ったりするのも禁止だって」


龍驤「当たり前や!ほんまに、ちゃんと休んどいてや?」


夕張「はぁい…」


龍驤「アンタ、よーここ来るんやったら夕張見張っといてや」


クァ~~~~


夕張「返事してる…?まさか、たまたまですよね」


龍驤「周りが心配してんのに本人がこれやもんな。ほんまに……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



562:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 22:55:46.24 ID:V+dc+qaDO

よく見ると烏の片目が深海棲艦のような目をしている



563:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 22:57:18.48 ID:Iq1ANdy00

体が弱っていることを自覚する



564:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 22:58:09.18 ID:DLmWBCfp0

葛城が見舞い品を装って黒い玉を持ってくる
二人とも人差し指を唇に当てて内緒のポーズをして笑う



565: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 23:10:56.16 ID:OcNH8MdB0

ーー


夕張「はぁ、はぁ、はぁ……」


提督「先生、夕張の様子はどうなんでしょうか?」


「良くはなってきています。ただその影響で本人が病状を自覚し始めてしまったんです」


提督「恐れていたことが……」


「彼女は苦しそうにはしていますが、数値は全て良くなってきているんです。後は彼女の精神力もありますね」


提督「頑張ってくれ、夕張……」


夕張「う…ぅぅ……はぁっ……」



566: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 23:16:39.44 ID:OcNH8MdB0

夕張(息をするのも辛い…歩くことなんて…絶対無理……)


夕張(私……このまま死ぬのかな…)


夕張「うぐ………!!く、苦し……」


夕張「はぁ…はぁっ………!」


夕張「死ぬ……死んじゃう………!」


夕張「私はまだ…何も………!」


クァー……


夕張「心配……してくれてるの…」


夕張「ありがとう…でも……私は…」


夕張「はぁ…はぁ…はぁ………」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



567:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 23:19:25.74 ID:jb05+M4Lo

夢か現か烏が人語で励ましてくれる
夕張は快方に向かう



568:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 23:20:25.48 ID:SqBhtmcM0

始まりの艦娘が悪の道に引きずり込もうと誘惑する



569:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 23:21:14.94 ID:p9zm4XlqO

意識が遠のきそうになる度カラスがキラキラした物を持ってきて刺激をして目覚めさせてくれる



571: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 23:32:30.50 ID:OcNH8MdB0

夕張(あぁ…意識が……私は…もう……)


カァーーーー


夕張「……」


キラキラキラキラ


夕張「あの…眩しい……」


クァ~~~~


夕張「ぅわ……また…増えた…」


夕張「陽炎ちゃんのより…タチが悪い…キラキラして…目にくる……」


夕張「うぅ…………」


カァーーーー!



572: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/22(月) 23:45:05.82 ID:OcNH8MdB0

ーー

提督「少しはマシになったか?」


夕張「おかげさまで…死ぬほど辛いようなことはもうありません」


提督「自分がどれだけ酷い状態だったか、やっと理解できただろう?」


夕張「はい…まさか呼吸をするだけでも辛いだなんて」


提督「医者によれば夕張の精神力が強かったのも回復に向かった原因だと言っていた」


夕張「それなんですけど、実は何度か気絶というか……意識が遠のきそうになったんです。でもその度にこの子が…」


カァァ~


提督「夕張が餌付けたカラスか」


夕張「この子は命の恩人と言ってもいいかもしれません。退院したら鎮守府まで来てもいいですよ?」


クァーーー


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



573:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 23:48:21.79 ID:Iq1ANdy00

陽炎が最近物がよくなくなると騒ぐ



574:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 23:49:01.37 ID:V+dc+qaDO

烏が窓から飛び立つ
追いかけて見ると見慣れない艦娘、三日月の腕に止まって一鳴き

どうやら峠は越せたようで良かったですね



575:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 23:50:50.75 ID:jb05+M4Lo

提督にもつつくこうげき!
こうかはばつぐんだ!



576: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 00:04:18.53 ID:hVmHliBg0

ーー


陽炎「あれ~また無くなってる…」


秋津洲「今度は何をなくしたかも?」


陽炎「アクセサリー。金色メッキにしようとしてたのに…」


秋津洲「なんでもかんでも金色にすればいいってもんじゃないかも」


明石「あああああれは…ももも元々…き、キラキラしてました…」


陽炎「私は金色がいいのよ!もう~どこに行っちゃったの~~!?」


秋津洲「そういえば最近この辺りでカラスを良くみかけるようになったかも。まさかそのカラスが持っていってるかも?」


明石「ままままさか…それは…無いよ…」


秋津洲「うーーん…そういうことにしておくかも!」


ーー



584: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 19:41:27.05 ID:hVmHliBg0

ーー


漣「秘書艦の仕事は朝潮氏に任せて、我々は皆さんのフォローにまわりましょう」


漣「夕張さんの件で少し嫌な雰囲気が艦隊に流れています。敏感な子がここには多いですからね」


龍驤「考えたくないけど、夕張に万が一のことがあったら艦隊はとんでもないことになるかもしれんからね」


漣「あの時と同じ……あえて『悲劇』と表現させてもらいます。悲劇がもう一度起こってしまえば今度こそこの鎮守府は終わりです」


龍驤「今では支配海域もそこそこ広がっとる。半分以上ダウンしてしもうたらあっという間にやられてしまうやろな」


漣「だからこそ、あんな悲劇はもう起こしちゃいけないんです!」



585: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 19:43:45.63 ID:hVmHliBg0

漣「漣は主に駆逐艦を。龍驤さんは空母の皆さんを最優先で話を聞いてあげたりして下さい」


龍驤「よっしゃ、任せとき」


漣「本来なら龍驤さんもフォローされる側なのはわかっています。ですが今はそうも言ってられないんです……」


龍驤「大丈夫や、全部わかっとるで」


漣「ありがとうございます……」



586: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 19:48:52.71 ID:QrMWBfG0O

漣「あとこれは漣と龍驤さんの共通注意事項として、朝潮のことは気にかけてあげて下さい」


龍驤「慣れへん秘書艦の仕事やからか?」


漣「違います、朝潮は適度にご主人様に依存させておかないといけないということです。以前朝潮がご主人様に抱かれたいと言っていたのを覚えてますか?」


龍驤「あれか…」


漣「あの時漣は朝潮の肩を持ちました。普通なら拒否しますが、朝潮は特別なんです」


漣「朝潮の手錠が外れた時、何が起こるのかわかりますか?」


龍驤「多分…島風提督に復讐したいとは思っとるやろうね」


漣「漣はズバリ朝潮は殺すつもりでいるんだと踏んでます」り



587: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 19:52:28.01 ID:QrMWBfG0O

漣「だからこそ、ご主人様に懐いてもらわないと困るんです。朝潮が変なことをすればご主人様に迷惑がかかると自覚してもらえたらいいんです」


龍驤「なるほどなぁ…」


漣「まだご主人様に抱いてもらいたいと思ってるかはわかりませんが、うまく着地点を見つけておきます。それまではどんどんご主人様に甘えさせましょう」


龍驤「本人の居らんところでコソコソするのは嫌いなんやけど…」


漣「こればっかりは仕方ありません。何よりもこの鎮守府のためなんですから」



588: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 19:55:04.24 ID:QrMWBfG0O

S朝潮「…………」


S朝潮「…部屋の外で聞き耳を立てるつもりはありませんでした」


S朝潮「ただ秘書艦の仕事でわからないところがあったので、それを聞きにきただけなんです」


S朝潮「…………」


S朝潮「私は…こんな風に思われていたんですね……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



589:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 19:56:47.82 ID:7qr1AI+c0

秘書艦仕事の勉強を
まじめにしようと考える



590:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 19:57:33.23 ID:R/wEtRsDO

自分の復讐かここの司令官かどちらを優先するか悩む朝潮
強い憎悪はまだ消えない



591:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 19:57:43.19 ID:n8S1+71Yo

気持ちの整理を着けに、島風提督の鎮守府に行く(もちろん誰か同伴で)



593: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 20:12:05.67 ID:hVmHliBg0

ーー執務室


S朝潮(どう思われていようが、私は自分にできることをするだけです)


S朝潮(龍驤さんと漣に秘書艦を任せられたんです。まじめに仕事をしましょう)


提督「……」


S朝潮「司令官、次はこの書類です」


提督「…そうか」


S朝潮(ちょこちょこ秘書艦の仕事はしていました。大きなミスもしないはずです)



594: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 20:18:07.61 ID:hVmHliBg0

提督「……」


S朝潮「これは司令官のサインがあればいい書類です。一応全てに目を通しておいて下さい」


提督「……」


S朝潮「どうしましたか司令官?」


提督「朝潮、何かあったのか?」


S朝潮「え…」


提督「いつもと表情が違うような気がしてな。無理でもしてないか?」


S朝潮「安価」


下1~3高コンマ S朝潮の台詞などを



595:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 20:19:27.86 ID:KDpzcK7dO

気のせいでは?



596:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 20:22:18.35 ID:R/wEtRsDO

いつもと違う…?では普段はどう見えているんですか?



597:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 20:24:01.26 ID:r/uhJr2N0

私も成長しようとしてるんです



599: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 20:33:07.40 ID:hVmHliBg0

S朝潮「気のせいじゃないですか?」


提督「朝潮がそう言うんだったらそれでいいんだが…」


S朝潮「それよりも早く次の書類をお願いします。秘書艦を代わった途端効率が下がったなんて言われたくありせんからね」


提督「…そうか」


S朝潮「さぁ、仕事はまだまだありますからね」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



600:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 20:35:07.16 ID:cYM2gbaC0

元『熊野』が雲龍への謝罪をしに来る
雲龍出撃中なので帰ってくるまで待つ間三人で会話



601:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 20:35:30.96 ID:R/wEtRsDO

幹部から最近深海棲艦による艦娘への精神ハッキング攻撃が増えてきたらしいと



602:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 20:41:53.51 ID:r/uhJr2N0

なんかいつのまにか朝潮が提督の真横まで移動して仕事していた



603: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 20:49:58.01 ID:hVmHliBg0

ーー

幹部「やぁ、今日は朝潮君が秘書艦かい」


提督「彼女は頑張ってくれていますよ」


幹部「それは良かった。まだ不自由なことが多いだろうが、もう少し我慢して欲しい」


S朝潮「はい、わかっています」


提督「それで幹部さん、今日は何の用ですか?駆逐棲姫を迎えに来たんですか?」


幹部「それもあるが、今日は提督君に知っておいて欲しいことがあってそれを教えにきたんだ」



604: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 20:56:54.48 ID:hVmHliBg0

幹部「最近深海棲艦による艦娘への精神攻撃が増えてきたらしいんだ」


提督「精神…攻撃」


幹部「君達は特に精神攻撃には気をつけないといけないからね」


提督「…そうですね」


S朝潮「注意をしてもらえるのは有り難いですが、精神攻撃を防ぐ手段はあるんですか?」


幹部「安価」


下1~3高コンマ 幹部の台詞などを



605:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 20:59:45.86 ID:n8S1+71Yo

本営でも開発中なんだがなかなか進まなくてね…
現在は個人の精神力頼みだよ



606:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 21:02:49.49 ID:r/uhJr2N0

試作品だが、この脳波を遮断する鉄仮面で防ぐことができる



607:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 21:04:41.38 ID:cYM2gbaC0

ここからは遠い場所だが、鉄の海域周辺に近づかないことだ
あの場所から此方に抜け出した未確認深海棲艦数体 への対処は元帥自ら指揮している



609: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 21:14:22.07 ID:hVmHliBg0

幹部「本営でも開発中なんだがなかなか進まなくてね…現在は個人の精神力頼みだよ」


S朝潮「ほんとに注意をしにきただけなんですね」


提督「それでも知ってると知らないとでは大間違いだ。ありがとうございます幹部さん」


幹部「対処法まで教えられたら良かったんだが…すまない」


駆逐棲姫「パパ、一緒に帰るのか?」ガチャ


幹部「……後で帰ろう。まだ少しやることがあるんだ」



610: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 21:17:08.66 ID:hVmHliBg0

S朝潮「駆逐棲姫……そうだ、彼女に聞いてみてはどうですか?」


幹部「そうか、クキ君に聞くのが早いかもしれない」


駆逐棲姫「なんだ?なんの話なんだ?」


提督「最近深海棲艦が精神攻撃を多用してくるらしいんだ。何か防ぐ手段があるなら教えてくれないか?」


幹部「道具が有効だというのなら、それを教えて欲しい」


駆逐棲姫「安価」


下1~3高コンマ 駆逐棲姫の台詞などを



611:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 21:20:21.00 ID:R/wEtRsDO

とりあえず接近を許さない事くらいしかない
だが上位の深海には目を合わせただけで攻勢をかけるやつもいる



612:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 21:21:03.33 ID:yygfAGkPo

心の芯だな
何事にも揺らがない心の芯があれば大丈夫だ



613:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 21:22:57.68 ID:KwuK97st0

知らない



614: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 21:32:16.42 ID:hVmHliBg0

駆逐棲姫「とりあえず接近を許さない事くらいしかないな」


提督「やはりそうか…」


駆逐棲姫「だが上位の深海棲艦には目を合わせただけで攻勢をかけるやつもいる。心も強く持たないといけない」


S朝潮「心を鍛えることは難しいです。実質的な対策としては近付かないということですね」


駆逐棲姫「そうなるな。十分気をつけろ」


幹部「大本営にはちゃんと働いてもらいたいが、今はそれどころでは無さそうなのが辛い所だ」


提督「何かあったんですか?」



615: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 21:38:56.83 ID:hVmHliBg0

幹部「どうやら大本営は新型兵器を作ろうとしているんだ。艦娘では無理だった高火力の凄まじい兵器をね」


提督「それは……」


幹部「あぁ、『核』を使用した兵器の可能性がある」


駆逐棲姫「人間はまた過ちを繰り返そうとしているのか」


幹部「詳細は私も何も知らない。知っていることと言えばいくつか案があること、名称はYと呼ばれていることだけだ」


提督「…傀儡の件はどうなったんでしょう?」


幹部「それだよ。大本営は自分達に協力しようとしない深海棲艦の巣や基地をその兵器で破壊したがっているようなんだ」


提督「自分達に有利な深海棲艦を残すために、ピンポイントで攻撃を仕掛けたい。だからこそ兵器を…」


幹部「そういうことだろうね……」



616: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 21:43:50.19 ID:hVmHliBg0

S朝潮「……」


幹部「開発を邪魔したい所だが、下手をすればこちらが消されてしまう。開発の失敗を祈っておこう」


駆逐棲姫「パパ、無茶はしないでくれよ」


幹部「わかっているさ。妻を残して死ぬことはできないからね」


提督「自分もこの話は忘れておいた方がいいですね」


幹部「そうだね、ここだけの話…いや、私が喋ったことは全て忘れてくれ」


提督「はい、わかりました」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



617:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 21:46:17.90 ID:n8S1+71Yo

レ級や重巡にも精神攻撃対策について聞いてみる



618:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 21:51:18.22 ID:jC2SyXuG0

>>617



619:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 21:56:57.24 ID:cYM2gbaC0

S「なぜ深海棲艦は今まで精神攻撃?を多用しなかったのでしょうか?そんな事をされれば此方は開戦直後に全滅しているはずです」



620: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 22:01:18.57 ID:hVmHliBg0

ーー

漣「なるほど、それで漣の中の深海棲艦に話を聞きたいということですね」


レ級「あたしも同じ理由か」


S朝潮「司令官は皆さんの心配をしています。何か対策があるなら教えて欲しいんです」


漣「聞くのは聞いてみますが、そこまで期待はしないで下さいね?」


S朝潮「はい、わかっています」


レ級「クキはなんて言ってたんだ?」


S朝潮「近付かないことと、心を強く持つことが大事だと言ってました」


レ級「なるほどねぇ」



621: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 22:04:19.22 ID:hVmHliBg0

漣「クキ氏が知らなくてレ級が知ってることがあるんですか?」


レ級「当たり前だ、クキはあたしが守ってたからな。あたし達の世界は弱肉強食だし、艦娘から狙われることも避けたかったからな」


漣「壮絶…ですな」


レ級「クキの為なら死んでもいいと思ってたからな。これくらい普通だ」


漣「……そろそろ聞いてみますね。もしもし?話は聞いてましたよね?」


レ級「あたしも何か知ってたっけなぁ…うーん……」


下1~3高コンマ どちらかの台詞や行動などを



622:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 22:06:17.02 ID:R/wEtRsDO

レ級
そうだなあ…あたしの古い知り合いなら何か分かるかもしれないけど



623:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 22:09:28.07 ID:cYM2gbaC0

レ級
昔、精神攻撃を仕掛けた深海棲艦が逆に心を壊されて再起不能となったことがあったな
仕掛けられた奴からは消えない怒りを感じた



624:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 22:11:27.11 ID:jC2SyXuG0

レ級
以前死の淵から生還した深海棲艦がいたっけな



627: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 22:23:14.51 ID:hVmHliBg0

レ級「そういや前に死の淵から生還した深海棲艦がいたっけな」


S朝潮「それが今回の件と何か関係が?」


レ級「その生還した方法が艦娘の精神を使ったって言ってたんだよ」


S朝潮「使った…」


レ級「そいつが言うには艦娘から精神を引っ張ってきて自分に入れて、強制的に自分のものにするらしい」


S朝潮「……」


レ級「確か艦娘を丸ごと食べてもいいって言ってたな。でもマズイから精神だけで十分だってな」


レ級「中に入れた艦娘の精神は治療に使う。一時的に命が二つになるみたいなものだな」


S朝潮「エグい……です…ね」


レ級「艦娘を襲うのはどうかと思ったが、深海棲艦の間では普通だぞ。弱い者のコアを食べれば能力は上がるし、傷が回復する。それが艦娘の精神でもできるってことだ」



628: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 22:27:49.51 ID:hVmHliBg0

漣「こちらは特に情報はありませんでした。それよりレ級氏の話が気になりますね」


レ級「艦娘に精神攻撃を仕掛けるってことは弱ってきている奴が多いんだな。強い奴は傷の治りも早い、艦娘を求めてウロウロする必要も無い」


漣「これは本当に…深海棲艦が絶滅する日は近付いているんですな」


レ級「これでも遅いくらいだろ。あたし達は共食いする上に艦娘に攻撃される。生き残っていくのはごく僅かな上位種だけだ」


S朝潮「…為になる話をありがとうございました」


レ級「こんな話で良かったらいくらでもしてやるよ」


漣「漣はお役に立てずにすいません…」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



629:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 22:32:03.79 ID:cYM2gbaC0

1日だけ大本営の建造ドックが使用できなくなる
その後深海棲艦による艦娘への精神攻撃発生件数が一切無くなる



630:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 22:32:21.76 ID:R/wEtRsDO

重巡
(おそらくは逆も可能なのだろうか…深海の精神を持った艦娘も紛れているのかもしれない…こんな事まだ言えないが)



631:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 22:34:28.69 ID:yygfAGkPo

逆に深海棲艦との戦闘経験が多い艦娘に聞いてみる



632: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 22:45:41.50 ID:hVmHliBg0

ーー

幹部「うぅん…昨日のは結局なんだったんだ?」


駆逐棲姫「どうしたパパ?」


幹部「ふむ、実は昨日大本営の建造ドックが使用できなくなっていたそうなんだ」


駆逐棲姫「それは大変なことじゃないのか?」


幹部「大変どころか事件だよ。だがそれが今日になったら直っていたそうなんだ」


駆逐棲姫「調子が悪かっただけじゃないか?」


幹部「今までそんなことは無かったんだがね…」



633: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 22:52:19.57 ID:hVmHliBg0

駆逐棲姫「それより気をつけた方がいいことがある。お姉ちゃんに聞いたんだが、私達の仲間で艦娘の精神を取り込む奴がいるそうだ」


幹部「最近出てきた精神攻撃を仕掛けてくる深海棲艦のことだね」


駆逐棲姫「それだけじゃない、取り込むことができるなら逆もできるんだ」


幹部「艦娘の精神を深海棲艦が乗っ取る…」


駆逐棲姫「艦娘の中にもう混じってるかもしれないな」


幹部「そんなことが……ふぅ…」


駆逐棲姫「難しい話はここまでにしよう。そろそろお風呂から出たい」


幹部「おっと逆上せてしまうのはよくない。この話はまた今度にしよう」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



634:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 22:55:00.77 ID:n8S1+71Yo

クキ、今日は腋春巻きにしよう
よーし、パパ張り切っちゃうぞー



635:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 22:55:58.36 ID:jjLSFAV4O

イムヤの精神世界に富士さん再び
艦娘誕生以来味わった初めての屈辱だ
私の最高厚の装甲が破られるなんて一度もなかった
と愚痴を言っている



636:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 22:56:11.26 ID:R/wEtRsDO

観測部隊から緊急入電
深海棲艦の大発生を観測
それは丁度建造ドックが停止していた時間帯だった



637: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 23:08:37.92 ID:hVmHliBg0

ーー

幹部「クキ、今日は腋春巻きにしよう。パパ張り切っちゃうぞー!」


駆逐棲姫「パパ、春巻きは巻くものだろう?どうやって腋で巻くんだ?」


幹部「見ていたらわかるさ。クキ、腋をあげてくれるかい?」


駆逐棲姫「よし、いつものだな」スッ


幹部「ここに具材は用意してある。あとは私に任せておいてくれ」



638: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 23:15:54.51 ID:hVmHliBg0

幹部「クキ君は腋を広げたまま横になってくれるかい?」


駆逐棲姫「こうだな」ごろん


幹部「うむ。まずはクキ君の腋に具材を置いていく」


駆逐棲姫「ん……」


幹部「よし、こんなものだろう。あとはソースをかけて…完成だ!」


駆逐棲姫「これで完成?春巻きの皮は?」


幹部「クキ君、その状態で腋を閉じてくれるかい?」


駆逐棲姫「こうか…?」


幹部「これこそ私が求めた春巻きだ!ぬぉーー!」


駆逐棲姫「ぁ……ん…腋…舐めないでぇ……」


幹部「クキ君の腋で巻く春巻き…おぉぉ……!」


駆逐棲姫「これは…いつもより変態…すぎる…んぁ……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



639:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 23:16:53.30 ID:R/wEtRsDO

憲兵がなだれ込んできて幹部を拘束
嫌疑は深海棲艦との内通という体とついでに未成年?との淫行も
ついに失脚させにかかってきた



640:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 23:18:51.29 ID:cYM2gbaC0

始まりの艦娘が一人思考する
艦娘の体の防御は出来ても心は難しいわ 誰か礎が必要ね



641:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 23:19:17.43 ID:SCzahThNO

>>635
イムヤの精神世界に富士さん再び
艦娘誕生以来味わった初めての屈辱だ
私の最高厚の装甲が破られるなんて一度もなかった
と愚痴を言っている



642: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 23:32:44.12 ID:hVmHliBg0

ーー

伊168「あれ……前にもこの景色…見たような…」


「私の装甲が破られるなんて一度もなかったのに……」ぶつぶつ


伊168「アンタは誰?そもそもここはどこなの?」


「同じことばかり説明するのは飽きたのよ。自分で考えて」


伊168「なによ!私も来たくてここに来てるんじゃないのよ!」


「うるさいわね…説明するから黙りなさい。ここは貴女の精神世界。そして私は艦娘のコアよ」


伊168「……そうだ、アンタとは前に話したのよ。深海棲艦にならないかって言ったわよね!」


「そんな話忘れたわよ。何人の中に私がいると思ってるの?」


伊168「意味のわからないことばっかり言わないで!」



643: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 23:39:51.75 ID:hVmHliBg0

「もう私一人だけじゃ抑えられない……あの子の力を借りるしか無いのかしら」


伊168「さっきからなんなのよ!?そもそもなんで私の中でぶつぶつ言ってるの!?」


「貴女の中で考えている私がいるだけよ。他の艦娘の中の私は眠ったり、今まさに感情を……ふふふ…」


伊168「なによ突然笑い出して、気持ち悪いわね」


「力を借りようにも、あの子は彼岸に行ってしまった。此岸に連れ戻すには器が…」


「……ふふふ、ねぇ貴女。今仲間の誰かが死にかけたりしてない?」


伊168「はぁ!?なんでそれを答えないといけないのよ!」


「大人しく従っておいた方がいいわよ?貴女はどうなるかわからないわよ?」


伊168「安価」


下1~3高コンマ 伊168の台詞などを



644:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 23:41:28.71 ID:jC2SyXuG0

「拒否するわ」
富士が168の精神を乗っ取る



645:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 23:42:40.11 ID:n8S1+71Yo

そんな脅しに屈しないから

相手「そう…別を当たるわ…」



646:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 23:43:09.49 ID:R/wEtRsDO

詳しく説明しなさいよ



649: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 23:52:54.38 ID:hVmHliBg0

伊168「拒否するわ!私にそんな脅しなんか通用しないわよ!」


「残念ね…私は警告したわよ?」ゾゾゾ


伊168「な…なに……この嫌な感じは…」


「貴女の体、頂くわね」


伊168「や、やめ……!」


「残念、もう遅いわ」


伊168「あぁぁぁぁぁぁーーー!!」



650: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/23(火) 23:57:30.95 ID:hVmHliBg0

ーー

伊168「…」ガバッ


伊168「ひ……きひひひひひひ」


伊168「伊号潜水艦…伊168……狭心症でリハビリ中…」


伊168「そして…衰弱した夕張が入院している…」


伊168「最高の状況じゃない…きひひひひ…」


伊168「後は夕張の息の根を止めて、彼岸に連れて行ってあの子…八島を回収ね」


伊168「この子、あまり強くないのね。入れ替わりも数日も保たないわ。なら明日、決着をつけましょう」


伊168「素直に教えればよかったのに…愚かな潜水艦ね…きひひ」


ーー



660: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 19:09:42.59 ID:57+/aFHh0

ーー


呂500「いむや!何処に行きますかって?」


伊168「…夕張さんのお見舞いよ」


呂500「やっぱり心配ですよねって。夕張さんとろーちゃん達は辛い時もずっと一緒でした」


伊168「今日の練習……リハビリは休むわ。だからそのことを提督に…」


呂500「だったらろーちゃんも一緒に行きますって!」


伊168「でも……」


呂500「いむやが心配なのもあります。一人で行動するのはよくありませんって!」


伊168「予定通りとはいかないわね。まぁこれも誤差だと思いましょう」


呂500「いむや……?何かいつもと違う感じがします…」



661: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 19:13:27.64 ID:57+/aFHh0

ーー病院


伊168「夕張の病室はどこだったかしら?」


呂500「ろーちゃん覚えてますって!ついてきて下さいって!」


伊168「状態が悪そうなら楽に殺せるでしょうけど、元気なら厄介ね。この呂500も仕留めなきゃいけないし…」


伊168「そうよ、夕張と二人っきりになれればいいのよ。そうしたら一瞬で終わるわね」


呂500「…ここです!夕張さんはここに居ますって」


伊168「そう…失礼するわよ、夕張」ガチャ


下1~3高コンマ 夕張の状態や部屋の状況などを



662:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 19:18:25.57 ID:QX2R05IW0

烏が伊168に頬擦りしたりしてくる
夕張嫉妬



663:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 19:19:55.23 ID:ofQ0YXQDO

やっぱり来ましたね
相変わらずやり方が陰湿ですね、そんなだから私に恨みを買うんです
表に出てきたらすぐに判るんですよ?富士?
と夕張のベッドの前に三日月が立っていた



664:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 19:20:53.98 ID:WBTUxbwmo

先制攻撃烏の突撃



666: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 19:26:06.13 ID:57+/aFHh0

伊168「ゆうば……」


カァーーーーーー!


伊168「ぐぇっ!!」ドゴッ


夕張「あぁもう!突撃したらダメだって言ってるのにー!」


呂500「なにが起こりましたかって!?」


夕張「入院してる間にカラスが私に懐いちゃったの。私以外の人を見ると突撃しちゃうのよ…」


クァーーーーー!


呂500「ナワバリを取られると思ってますか?」


夕張「そうかもしれないわね…」



667: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 19:29:11.13 ID:57+/aFHh0

夕張「伊168ちゃん大丈夫?」


呂500「凄い勢いでぶつかられてましたって」


伊168「へ…平気よ……」グググっ


夕張「もう、伊168ちゃんは体調が良くないんですよ?いくらカラスだからって怪我しちゃうかもしれないんです!」


カァ~~


呂500「まるで気にしてませんって」


夕張「カラスって躾けられないのかしら…」


伊168(いきなり出鼻を挫かれたけど…今日中に夕張は……!)


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



668:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 19:32:12.42 ID:ofQ0YXQDO

>>663



669:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 19:32:39.65 ID:QX2R05IW0

夕張
そうだ!この烏凄いんですよ!ノートパソコン使えるんです!
と言って使わせてみると『富士×八島』と大量の文字列が記載される



670:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 19:34:08.55 ID:ZeUHmYQcO

烏の追撃
伊168が大破状態になってあえなく撤退



673: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 19:45:45.13 ID:57+/aFHh0

夕張「そうだ、このカラス凄いんですよ!ノートパソコン使えるんです!」


呂500「本当ですか!?」


夕張「私がパソコンを使ってたら覗き込んできて、試しに触らせてみたら…とにかく見てみて下さい!」


カァっ……カカ…


呂500「凄いです!ダブルクリックまでしてます!」


夕張「ノートパソコンについてる簡易パッドを使いこなしてるのよ。知能が高いってレベルじゃないわ」


クァ……ククカ…


呂500「何かのファイルを開きましたって!」


夕張「メモ帳ね。文字列というか、何かを書き込んでれみたいなの」



675: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 19:54:24.61 ID:57+/aFHh0

呂500「タイトルは…富士×八島?」


伊168「え!ちょっと見せて…!」


夕張「あ、伊168ちゃん…」


八島に後ろから抱き付かれて戸惑っているうちに、スカートの中に手を入れられ、パンツを下ろされてしまい、さらには上着まで脱がされていました。気付いたら私は胸と股間を露出していたのです。

「あぁ、八島…こんなのって…」
「うふふ、富士の富士山…可愛いわよ…」

彼女は私の胸に合わせて指を這わせ、形を確かめたかと思うと一気に鷲掴みにしたのです。私は思わず声を上げしまい……


伊168「ななな、なんてものを書いてるのよこの鳥は!!」わなわな


夕張「これ絶対飼われてたカラスですよ。前の持ち主の趣味がよくわかります」


呂500「百合小説ばっかり見てたから、書けるようになっちゃいましたか?」


夕張「私はそう思ってるわ。カラスって頭いいのね」


呂500「本当に凄いですって!」


カァ~~~~


伊168「この……!」わなわな


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



676:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 19:56:00.07 ID:FKwMmffA0

夕張と二人きりになった後見舞いの果物を切るためのナイフで背中を一突き



677:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 19:56:51.31 ID:ofQ0YXQDO

>>663
+立っていたを後から現れたに変更



678:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 19:57:48.20 ID:K9IZX0ei0

隣の部屋から弥生が来た



682: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 20:13:53.21 ID:57+/aFHh0

三日月「やっぱり来ましたね、始まりの艦娘さん。相変わらずやり方が陰湿ですね、そんなだから…」


カァーーーーーー!


三日月「ぐぇぇっ!」


呂500「あ、また体当たりされましたって」


伊168「今のは…?」


夕張「艤装なんかを開発してる三日月さんです。ここの病院に知り合いが入院してるとか何とかって言ってましたね」


呂500「駆逐艦なのに工作艦なんですか?」


夕張「艤装展開中は怪我をしなくなったのは三日月さんのお陰とは聞きました」


呂500「それって凄いことですって!」



683: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 20:16:44.81 ID:57+/aFHh0

三日月「そう、私は……」


クァーーー!!


三日月「ぅぐっ!!」ドゴォ


呂500「あ、二回目ですって」


夕張「カラスさん!ダメですって!!」


三日月「き…今日のところは…出直すわ……」ふらふら


夕張「ああ、帰っちゃった…もっと色々話を聞きたかったのに…」


呂500「また今度謝りましょうって」


伊168「あの子…私のこと……?いや、それよりこのカラス…?」


カァ~~~~


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



684:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 20:18:31.36 ID:+Cb8SZWe0

動揺してうっかり口を滑らせてしまい、取り繕おうとするもドツボにはまる伊168(富士)さん



685:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 20:18:45.77 ID:aqll4wwEO

カラスが何度も何度も夕張をガードする



686:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 20:19:26.30 ID:WBTUxbwmo

カラスが富士inイムヤの胸をツンツン
夕張、教育に悪いのでろーちゃんを帰らせる



688: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 20:28:11.26 ID:57+/aFHh0

伊168(鳥のことなんて気にしてられないわ。とにかく夕張の魂を彼岸に送らないと…)


呂500「~~」


夕張「~~」


伊168(潜水艦と夕張が話してる…今なら夕張は隙だらけね。首でも折れば……)


カァーーーー!


伊168「ぅごっ!!」


呂500「あ、またいむやが突撃されましたって」


夕張「もう~~~~!いい加減にして下さい!」


伊168(な、なんで……!こんなタイミング良く…!)ピクピク



689: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 20:30:50.54 ID:57+/aFHh0

ーー


伊168「う……」ボロっ


呂500「いむやはカラスに突撃され続けてましたって」


夕張「今日は機嫌が悪いのかしら…本当にごめんね伊168ちゃん」


伊168「い、いいわよ……」


呂500「でもろーちゃんに来ないのが不思議ですって」


夕張「相性とかあるんですかね?」


カァ~~~~


伊168(この鳥がいる以上は無理ね…なら夕張がトイレか何かでこの部屋を出た隙に…)



690: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 20:33:14.22 ID:57+/aFHh0

「夕張さん、検査の結果を報告しますのでこちらまで来て下さい」


夕張「はーい。じゃあ二人、そういうことだから行ってくるわね」


呂500「またお見舞いに来ますって!」


伊168「…そうね」


伊168(絶好の機会ね。部屋から出るんだったら階段から突き落としすのが早そうね。万が一生きてても首を絞めれば問題無いわ)


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



691:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 20:33:42.54 ID:+Cb8SZWe0

入れ替わりに第六駆逐隊とお見舞いに来たレ級に感づかれる



692:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 20:34:44.50 ID:FKwMmffA0

夕張と揉みあいになり一緒に窓から落ちる



693:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 20:34:45.74 ID:ofQ0YXQDO

イムヤの身体の調子がちょっと悪くなって看護師呼ばれてそれどころじゃなくなる



696: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 20:41:16.76 ID:57+/aFHh0

夕張「~~」


伊168(潜水艦は撒いたしあとは夕張をつけるだけ。ふふふ、そのままこっちに来なさい)


伊168(この階段を下り始めたら後ろから思いっきり押してやれば、とりあえずは怪我を負わせることはできるわね)


伊168(それでトドメをさせなくても、弱らせればそれでいいのよ)


夕張「……」


伊168(階段を下り始めた…今よ!!)ダダダダダっ



697: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 20:46:45.45 ID:57+/aFHh0

ドクン


伊168(ぐぁ!?な…に……!この…息苦しさ…は……!)


ドクンドクンッ


伊168(ダメ…!立って…られ……ない……!)べしゃ


夕張「ん、なんですか?……伊168ちゃん!?」


伊168「は、はひ…はっ、はっ、はっ、はっ……!」


夕張「この症状は狭心症…!また悪化しちゃったんですか!?」


伊168「ひ、ひ、ひ…ひぃ……!」


夕張「走ったらしない限りは大丈夫だったはずなのに…!看護師さん!誰でもいいから来て下さい!!」


伊168「こ……こんな…はず…じゃ……!」


夕張「いいから喋らないで!誰か!誰かぁ~!」


伊168「う……!!」プルプル


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



698:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 20:48:05.52 ID:TgJs4c4xO

イムヤ覚醒



699:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 20:48:32.47 ID:QX2R05IW0

気合で夕張を道連れにして階段から落ちて両名死亡



700:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 20:48:54.41 ID:FKwMmffA0

168の応急処置が終わって夕張におんぶしてもらってるところを168が注射を刺す



702: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 20:54:09.81 ID:57+/aFHh0

伊168「しまった……!今ので…この子を抑えられなく…!」


夕張「伊168ちゃん?どうしたの?」


伊168「仕方ない…わね……貴女を…彼岸に連れていくのは…諦める…わ…」


夕張「なにを…?」


伊168「代わりの器は…いくらでも…いるのよ……」ガクッ


夕張「伊168ちゃん!?しっかりして伊168ちゃん!!」


伊168「……」



704: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 20:56:59.11 ID:57+/aFHh0

夕張「伊168ちゃん!伊168ちゃん!!」


伊168「っ……あれ…ここは…?」


夕張「よかった……!伊168ちゃん!!」ガバっ


伊168「あ、ちょ……え?夕張さん?」


夕張「よかった、戻ってきてくれて…!」


伊168「え?なんで私病院にいるの?鎮守府は?」


三日月「それは私から説明します」


夕張「三日月さん…」


伊168「……?」



706: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 21:03:55.45 ID:57+/aFHh0

ーー

三日月「……理解してもらえましたか?」


夕張「始まりの艦娘…目には見えないコア…」


伊168「普通なら信じられないけど、今日の私の記憶が無いのが信じる証拠になるわね」


三日月「始まりの艦娘は伊168さんの体を使って夕張さんを殺すつもりだったんです」


夕張「どうして…」


三日月「彼岸、つまりあの世にいるもう一人の始まりの艦娘を連れ戻そうとしてたみたいなんです」


伊168「連れ戻すのに夕張さんを殺さなきゃいけなかったの?」


三日月「魂の入る器が必要になります。その器として死に近かった夕張さんが選ばれたんです」


伊168「なにそれ、体調が悪かったなら誰でも良かったってわけ?」


三日月「そうなりますね」



707: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 21:11:41.52 ID:57+/aFHh0

夕張「そもそも、どうして魂を引っ張ってくる必要があったんですか?」


三日月「簡単に説明します。大本営の建造ドックは始まりの艦娘によって実質的に鍵がかけられている状態なんです」


三日月「ですがつい先日、大本営は一日だけその鍵を開けることに成功したんです。そのことについて始まりの艦娘は危機感を覚えたそうなんです」


伊168「どうして?艦娘の数が増えるのが始まりの艦娘にとって不都合なの?」


三日月「いえ…彼女は艦娘が増え過ぎることを阻止したいと考えているんです」


夕張「どうして?」


三日月「このまま私達艦娘が無限に増やすことができるとしたらどうなりますか?私達は完全に兵器として扱われるようになりませんか?」


伊168「……」


三日月「大本営に対する嫌がらせの部分もあるらしいですが、彼女の根本的な考えはそうらしいです」


夕張「じゃあ始まりの艦娘さんは、正義の味方…?」


伊168「そんなはず無いわ、だったら夕張さんを殺そうだなんて思うはずないもの」



708: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 21:14:37.37 ID:57+/aFHh0

三日月「私も全てわかっているわけではありません。でも彼女の考え方なら、大勢の命を救う為には多少の犠牲は仕方ないと思っているかも…」


夕張「…そもそも、この話を三日月さんはどうやって知ったんですか?」


三日月「自分の中にいる始まりの艦娘と交渉したんです。こちらは今言った情報を教えてもらいました」


伊168「じゃあ三日月は始まりの艦娘に何をしたっていうの?」


三日月「安価」


下1~3高コンマ 三日月の台詞や行動などを



709:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 21:16:16.05 ID:QX2R05IW0

建造ドックに皆を喰わせました



710:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 21:17:13.38 ID:CBzIB7e2o

忘れました…いや覚えていないというべきですね
きっと記憶を取られたんだと思います



711:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 21:17:37.68 ID:X5ZuRJONO

会話する人全員に私が艤装の開発に携わったと偽物の記憶を植え付けられるようになりました



716: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 21:28:18.43 ID:57+/aFHh0

三日月「会話する人全員に私が艤装の開発に携わったという、偽りの記憶を残すことです」


夕張「じゃあ新型の艤装は三日月さんが設計したんじゃないの?」


三日月「…彼女を通して設計図を書きました。あれは私以外のアイデアなんです」


伊168「なんでそんなことを?」


三日月「その方が彼女にとって都合が良いからです。それに私は……」


夕張「三日月…さん?」


三日月「……」


伊168「どうしたの?急に喋らなくなっちゃったけど…」


三日月「…ここからは私が直接話してあげるわ」ニヤッ


伊168「貴女……!」



717: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 21:34:19.70 ID:UjJScI8qO

三日月「潜水艦、貴女はまず体を直しなさい。私があんなことになるなんて予想外よ」


伊168「貴女に言われる筋合いは無いわ!」


夕張「今三日月さんは?」


三日月「眠ってるわ。意識も無いのよ」


伊168「どうして…!」


三日月「そういう約束なの。私が器を借りる時は三日月の意識は一切表に出さないっていうね」


夕張「…私達に何を伝えようとしてるんですか?」


三日月「安価」


下1~3高コンマ 三日月の台詞などを



718:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 21:34:27.18 ID:WBTUxbwmo

(三日月とは思えないほど悪い笑みしてそう)



719:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 21:35:33.53 ID:FKwMmffA0

大本営がもうすぐアレを完成させるわ



720:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 21:35:47.06 ID:+Cb8SZWe0

…大本営の連中を止めなさい

貴女達、このままだとただの人形にされるわよ



725: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 21:42:15.15 ID:UjJScI8qO

三日月「大本営がもうすぐアレを完成させるわ。それを多くの艦娘に知って欲しいのよ」


伊168「アレ?」


夕張「もしかして、新型兵器の…」


三日月「そうよ、アレが完成するとこの国…世界が終わりに向かってしまうわ」


夕張「それほどの兵器が…」


伊168「私達が知ったところでどうしようもできないわよ?」


三日月「わかってるわ。多くの艦娘にこの事実を知ってもらうのが私の目的なの」



726: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 21:44:23.03 ID:UjJScI8qO

夕張「本当にそれだけが目的なんですか?それだけの為にこんなことをしてるんじゃないですよね?」


三日月「……わかったわ」スッ


伊168「え?何…を……」ドサッ


夕張「伊168ちゃ……ん…」ドサッ


三日月「……」ドサッ


伊168「……」


夕張「……」



727: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 21:48:08.62 ID:57+/aFHh0

ーー

夕張「ここは……」


「ここは貴女達の精神世界よ。口に出すより見てもらった方が早いからこうしたの」


伊168「そうか、私達の中に貴女がいるなら、同時に同じことを見せたり喋りかけたりすることができる…」


三日月「あの…?」


「特別に器の貴女も見せてあげる。私…艦娘として生まれることができなかった私の目的を」



728: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 21:51:48.98 ID:57+/aFHh0

「私が見せているこの景色はどこだかわかる?」


夕張「海底…ですか?」


「そうよ。どこかはわかる?」


伊168「そんなのわかるはずないじゃない」


三日月「いえ、見て下さいあれ……」


夕張「あれは…沈んだ戦艦?」


「これは大和。ということはどこかわかるわね?」


伊168「鹿児島の南西…沖縄の近く」


「そう、その通りよ」



729: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 21:56:07.12 ID:57+/aFHh0

「貴女達はここに理想郷があるのは知ってる?」


伊168「理想郷ってエルドラドとか架空の話でしょ?現実に存在するわけないじゃない」


三日月「話は聞いたことがあります。鹿児島とか沖縄には全ての魂が還る場所があるって…」


「そう、その理想郷の名前はニルヤカナイ。魂が行き着く場所」


夕張「それがどうしたんですか?」


「私は……全ての艦娘をこのニルヤカナイに導こうとしてるの」


伊168「なんですって!?」



730: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 22:05:02.71 ID:UjJScI8qO

伊168「そんなの私達に死ねってことじゃない!そんなの死んでもごめんよ!」


「なら生きたままなら別にいいってことよね?」


伊168「無理なことは言わないで!そんなのはこの世に存在しないの!」


「本当にそう思っているの?」


三日月「な、なにを…?」


「世界への扉を開くには三つの条件があるの。場所、物、力。この三つが集まれば扉は開くのよ」


「貴女達は見たことが無い?異国で石の柱が円状に並んでいたり、石を積み上げた不自然なモニュメント」


夕張「あ…あぁぁー!!」


伊168「面白い冗談ね。なら今でもそこには扉が無いと貴女が言ったことと矛盾するんじゃない?」


「いいえ、力が存在していないから扉は開かないのよ。貴女達が知っているところでも、力さえあれば扉が開く場所はまだあるわ」



731: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 22:10:04.52 ID:UjJScI8qO

三日月「じゃあ貴女が歪んだ感情を集めていたのはその為!」


「そうよ、場所はここ。物は沈んだ大和。そして力は歪んだ感情。この三つが全てここに集まれば扉が開くの」


伊168「…そんなのおとぎ話よ!貴女の妄想に過ぎないわ!」


「ふふふふ…もう一度既に…扉は開いだことがあるって言ったら…どうする?」


夕張「まさか!?」


「ふふふ…うふふふふ……」


「今日はここまでね……また貴女達の中から…見守ってるわ…」


夕張「あ、ちょっと!まだ聞きたい話が……!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



732:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 22:11:36.50 ID:QX2R05IW0

富士
「(艤装展開中の欠損何て一度もこの世界では起こったことがない。やっぱりこの娘達は平行世界から来たのね。誰の手引きかしら……?)」



733:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 22:11:39.45 ID:+Cb8SZWe0

龍驤&漣に信用されていないことを知って傷心の朝潮に目をつける富士



734:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 22:11:47.32 ID:WBTUxbwmo

じゃあね……私以外の手に掛かって死んじゃだめよ……



737: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 22:23:42.64 ID:UjJScI8qO

「……帰ったわね」


「それにしても…艤装展開中の欠損が一度もこの世界では起こったことがない。三日月に怪我をしない艤装を作らせても、まるで意味が無かった。やっぱりこの娘達は平行世界から来たのかしら?一体誰の手引きで…?」


「三日月にはそれは不可能。時を超える装置を作れてもあの子しか移動できない」


「これだけの大人数を…一体どうやって…」


「…私を追い出した艦娘が関係しているのなら、その周りを調べる必要があるわね」


「扉を開こうにも、まだまだ感情は足りない。あの兵器だけは絶対に完成させないわよ…」



738: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 22:26:37.80 ID:UjJScI8qO

ーー


夕張「う……」ビクッ


伊168「ん…」


三日月「あの…皆さん……」


伊168「同じ夢を同時に見た…はあり得ないわよね」


夕張「じゃあやっぱり今のは…」


三日月「そういうことなんだと思います…」


伊168「なんで私達にあんなものを見せて、教えたのかしら…」


夕張「……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



739:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 22:27:01.60 ID:uWrcqvA8O

赤城「そこまでです始まりの艦娘さん…。
   ようやくここまで来たんです、私と提督の理想郷をやらせはしませんよ…?」



740:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 22:27:50.18 ID:+Cb8SZWe0

とりあえず提督に報告



741:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 22:29:34.35 ID:ofQ0YXQDO

三日月
私の中の彼女はまた少し考え方が違うようなんです
本来なら何も教えずに気付いたらそうなっていたように計らうはずです



748: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 22:37:37.21 ID:UjJScI8qO

再安価

下1~3高コンマ お願いします



749:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 22:38:01.39 ID:+Cb8SZWe0

>>740



750:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 22:38:24.47 ID:pPbHTMawO

武蔵朝霜伝翔鶴の追い出したつよつよ艦娘会議



751:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 22:39:20.04 ID:FKwMmffA0

幹部の元カノの女幹部登場
幹部といがみ合いながらも信頼してる
提督と面識とあるようで「あの子も相変わらずね」と笑う



756: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 22:50:09.04 ID:UjJScI8qO

ーー鉄の海域近郊


翔鶴「あら、珍しいお客さんね」


朝霜「今日は遊びに来たんじゃねぇんだ。大本営が作ろうとしてるヤツ、知ってるだろ?」


翔鶴「…ええ。あんなものがもし完成してしまったら、とんでもないことになってしまうわ」


朝霜「どうにかして邪魔できねぇか?」


翔鶴「そうしたいのは山々だけど、私では無理よ。貴女こそなんとかできるんじゃないの?」


朝霜「無理だ、あたいの権限はそこまでねぇ。どうやって兵器の情報を知ったのか拘束されるのがオチだな」


翔鶴「そうなのね……」



757: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 22:56:24.32 ID:UjJScI8qO

朝霜「大本営はアレが完成したら真っ先に鉄の海域に向けて撃つ。そうなりゃ一気に深海棲艦は弱体化する」


翔鶴「深海棲艦との戦いに終わりが見えてきた頃に、謎の傀儡軍が襲ってくる」


朝霜「すると今度は艦娘と深海棲艦と傀儡の三つ巴……大本営の描く通りに事が進んじまう」


翔鶴「表面上の平和は保たれるかもしれない。でもこのままだとこの国はまた破滅の道を歩むことになるわ」


朝霜「新型兵器をおもちゃにして各国に喧嘩を売るのは目に見えてんだよ…!」


翔鶴「この国は世界から恨まれる国になるでしょうね」


朝霜「そんなことさせるかよっ!」



759: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 23:00:25.18 ID:UjJScI8qO

朝霜「このままだとまた大勢死ぬ。救えなかった命はあたいの体に刻んだ奴らだけで十分だ!」


翔鶴「私も生き残った者の責任を果たさないといけないわ」


朝霜「だが現状はどうすることもできねぇ。武蔵に暴れさそうとしたが、アイツは最終兵器だ。ここで使っちまったらもう切り札が無くなる」


翔鶴「切り札を切るのは今では無いものね」


朝霜「なんとしてでも…アレは作らせちゃいけねぇんだ!!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



760:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 23:02:17.52 ID:WBTUxbwmo

朝霜
不本意だが…富士を追い出した艦むすを増やすか…?



761:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 23:02:40.86 ID:ofQ0YXQDO

大本営の艦娘(深海棲艦)が秘密裏に阻止しようと暗躍している



762:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 23:04:33.34 ID:QX2R05IW0

伝説の翔鶴
未確認深海棲艦が大量に攻めてきたので顔に翁能面をつけてこれらを轟沈



764: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 23:12:20.00 ID:UjJScI8qO

ーー足りないもの鎮守府


幹部「提督君、レ級君を貸してはくれないか?」


提督「またいきなりですね…理由はなんなんですか?」


幹部「先日話した新兵器Yについての話なんだが、どうやらスパイが大本営に紛れているそうなんだ」


提督「内通者がいるということなんですね」


幹部「兵器のパーツの一つを作っていた工場が破壊された。その場所を知っているのは大本営のごく限られた人物だ」


幹部「どうやって破壊したのかはまだわかっていないが、場所をリークしたのは間違いなく身内にいる」


提督「それで、なぜレ級なんですか?」


幹部「彼女なら深海棲艦が艦娘にいるかどうかわかるんだろう?その力を借りたいんだ」


提督「…内通者は深海棲艦なんですか?」


幹部「そうとしか考えられないだろう?」



765: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 23:16:17.63 ID:UjJScI8qO

幹部「謎の組織が動き出す条件は深海棲艦の弱体化だ、むしろ兵器が完成することを歓迎するだろう。だから、兵器が完成すれば困るのは深海棲艦側だけじゃないかい?」


提督「……そう考えられますね」


幹部「私はそのスパイに協力できればと思っている。その為にはまず誰が内通者であるかを特定する作業が必要だ」


提督「それでレ級の力を借りたいと…」


幹部「頼む、提督君からも協力するように言ってくれないか!?」


提督「まずは本人に聞いてみます。話はそれからです」


下1~3高コンマ 話を聞いたレ級の反応などを



766:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 23:18:37.95 ID:QX2R05IW0

雷の服を借りて似ているだろ?と乗り気



767:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 23:19:08.23 ID:WBTUxbwmo

条件がある。護衛をつけろ
…私じゃないクキと提督と…おっさん、アンタもだ
近頃イヤーな雰囲気だし用心するに越したことは無い



768:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 23:19:33.13 ID:Vp3hxSU2O

深海棲艦側も既に手を打っていた



771: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 23:32:13.18 ID:UjJScI8qO

ーー

レ級「やってやるぜ、協力してやる」


幹部「ありがとうレ級君!」


提督「本当にいいのか?」


レ級「むしろあたしくらいしか居ないだろ?漣は組織に捕まってたし、クキは怪しすぎるだろ」


幹部「本当に感謝するよレ級君!これで糸口を見つけられるかもしれない!」



772: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 23:34:54.54 ID:UjJScI8qO

レ級「まぁ協力はするが、その前にオッサンに聞きたいことがある」


幹部「私にかい?」


レ級「お前はなんで大本営の邪魔がしたいんだ?」


幹部「そんなの決まってるじゃ…」


レ級「よそいきの答えはいいんだよ。オッサンの本音を聞かせろ。お前はスパイを捕まえた方が自分の為になるはずだ」


レ級「なぜ危険を犯してまでこんなのとをしようとする?」


幹部「安価」


下1~3高コンマ 幹部の台詞などを



773:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 23:37:28.24 ID:ofQ0YXQDO

ぶっちゃけると私は大本営が嫌いだ



774:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 23:38:39.95 ID:WBTUxbwmo

クキくんの親戚かも知れない者を殺したくない
それにこれから仲良くしたい相手を殴るなんて出来ないだろう



775:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 23:39:36.78 ID:P4NN9TqrO

今の異常な状態の大本営を放置できない



776: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/24(水) 23:48:46.51 ID:UjJScI8qO

幹部「クキ君の親戚かも知れない者を殺したくない。それにこれから仲良くしたい相手を殴るなんて出来ないだろう?」


幹部「私は本気で深海棲艦との和解を考えているし、クキ君……私の妻が悲しむ顔は見たくないんだ」


レ級「あたし達に親戚も何も無い。でもオッサンがクキを泣かせたくないってんならいいだろ」


提督「…無茶はするんじゃないぞ」


レ級「わかってるよ、下手なことすると暁が悲しむからな」


ーー



794: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 14:54:04.89 ID:BUlXF+d40

長文を書いてくれたので、少しだけお答えします

>>785さんの言っているところで訂正したい所は足りないもの鎮守府の場所です。
鎮守府は関東や本州の東の方を想定してました。旅行で行った温泉街は箱根辺りに行ってます

ガングートは所属していた鎮守府の艦娘に見送られたくなかったので、遠路はるばる単独で鎮守府に向かいます。しかし東北地方辺りで燃料を使い果たし、動けなくなったところを潜水艦達に助けてもらいました


あと鉄の海域からの脱出時に吹雪が吹きましたが、普段から吹雪いている描写が無かったのと、雪が積もっている様子はなかったですよね?北方水姫は居ましたが、それだけです。
安価でどうなるかはわかりませんが、まだ鉄の海域の位置が確定するような表現はしてないはずです。してたらごめんなさい


残りの部分で矛盾が出ている部分も大丈夫なはずですが、自分の考えていたオチというか確信部分を書いた時、なんだよそれは!!と言われそうなのが少し怖いです

どうかハードルは低く低くお願いします



797: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 19:44:28.84 ID:VaLHymOs0

ーー


暁「ねぇレ級、本当に幹部さんについて行くの?」


レ級「あたしにしかできないからな。それに遠くから見るだけだから変なことには巻き込まれないだろ」


暁「それでも心配なの。もしレ級に何かあったら…」


レ級「大丈夫だ、もしもがあるなら大暴れしてやる。これでも深海棲艦なんだぞ?」


暁「違うのよ、レ級が危ない目に遭うかもしれないって思うと……」


レ級「暁?」


暁「ぅ………え……」ブルブル


レ級「どうしたんだ暁?大丈夫か?」


暁「……レ級…」


レ級「待ってろ、千歳を呼んでくるからな」


暁「う…………」



798: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 19:48:36.58 ID:VaLHymOs0

千歳「暁ちゃんはストレスが原因の胃腸炎ね」


レ級「暁…」


暁「行かないで…レ級……」


千歳「ストレスの原因は多分レ級ね。幹部さんのお手伝い、暁ちゃんはかなり心配してるわよ」


レ級「ここまで…あたしのことを……」


暁「行かないで…ずっと…側に……」


千歳「…行くの?」


レ級「こんな状態の暁を残してなんか行きたくない。でもあたしが動かないと、代わりは居ないんだ」


暁「やだ……やだぁ……」


レ級「大丈夫だ。暁、あたしを信じて待っててくれ」ガチャ


暁「あぁ…あぁぁぁぁ………」



799: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 19:52:38.03 ID:VaLHymOs0

幹部「準備はできたかい、レ級君?」


レ級「…あぁ」


幹部「これから私は大本営に定例報告に向かう。レ級君はその間にある会議室を見張っていてくれ」


幹部「そこでは新兵器についての会議が極秘で行われている。とても中に入ることはできない」


幹部「もちろんチャンスがあれば覗いてもいいが、安全策も勿論考えてある。会議が終わって中から出てきた人物達をチェックして欲しいんだ」


幹部「君なら一瞬でも見れば分かるんだろう?なんとかその隙に深海側のスパイを見つけてくれ!」


レ級「…やってやるさ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



800:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 19:56:46.28 ID:pQsZzArN0

スパイは幹部の一人とその護衛の初月(防空棲姫)



801:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 19:58:13.49 ID:f0lXKfOIo

レ級
……おイィ?全員深海入ってんぞ?



802:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 19:59:43.76 ID:YKGSkWwDO

1人の大本営幹部付きの艦娘、綾波がレ級に僅かに反応を見せた



807: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 20:04:44.08 ID:VaLHymOs0

ーー大本営


レ級(オッサンは報告に行って、あたしはあの会議室を見張ってる。あたしはオッサンの護衛艦で、ここで迷子になった設定らしい)


レ級(あまりウロウロしていると怪しまれるから、会議室がギリギリ見えるここでじっと待ってる)


レ級(あたしが来た時からあそこの扉は開いてないが…まさかもう終わったわけじゃないよな?)


レ級(確かめようにも無闇に近付くのは……)


…………ガチャ


レ級(ん…!扉が開いた!中から人が出てくる!)



808: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 20:10:03.57 ID:VaLHymOs0

レ級(今のタイミングなら同じ直線上に居ても怪しまれない!全員見える位置に…!)


…………


レ級(よし、上手くいった。これならもう少し近付ける…いや、すれ違った方が確実だ。護衛艦のバッジは…よし、見える位置に付けてある。これなら怪しまれない)


…………


レ級(この中に…深海棲艦が……?)


綾波「……」ピクッ


レ級(ん、今のは…………あいつか。一瞬反応したってことは向こうも気付いたな)


レ級(あいつも誰かの護衛艦か。どうする?接触できるならしておきたいが……)


レ級(オッサンはまだ戻ってこない……どうする?)


下1~3高コンマ レ級の行動などを



809:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 20:11:44.39 ID:f0lXKfOIo

べつの会議室を聞く体で話しかける



810:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 20:12:45.25 ID:2KYQTV9k0

迷いましたか?と綾波から接触される



811:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 20:25:40.50 ID:QCQyKDm00

庭の池に潜んで
提督を観察する



812: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 20:29:08.24 ID:VaLHymOs0

海に面していても池はないと思います


再安価 下1~3高コンマ お願いします



813:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 20:30:01.03 ID:2KYQTV9k0

>>810



814:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 20:31:05.49 ID:f0lXKfOIo

>>810
からの綾波に空き会議室に引っ張り込まれる



815:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 20:31:58.08 ID:ThWP6oOxO

なんか綾波が近寄りながらすごく見てくる



817: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 20:39:20.28 ID:VaLHymOs0

綾波「そこの雷ちゃん、迷ってしまったんですか?」


レ級「あ……はい」


綾波「バッジを見る限りは誰かの護衛艦みたいですね。司令官、案内してくるんで少し待ってて下さい!」


レ級「…ありがとうございます」


綾波「さ、綾波についてきて下さい!」



818: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 20:41:35.28 ID:VaLHymOs0

レ級(これは好都合だ。こいつと二人っきりになれるとはな)


綾波「……」


レ級(何と話しかけるのが正解だ?向こうもあたしの正体は気付いているはずだし…)


綾波「…こっちです」グイッ


レ級「な、なんだ急に…?」


ガチャ


レ級「ここは空室か。なるほど、お前もあたしに話があるみたいだな?」


綾波「安価」


下1~3高コンマ 綾波の台詞などを



819:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 20:44:47.03 ID:YKGSkWwDO

援軍…ではないですよね貴女
何者ですかと瞬時に首にナイフを突き付けられる



820:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 20:46:03.36 ID:QCQyKDm00

さっきから、変な雰囲気で……



821:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 20:47:26.44 ID:ThWP6oOxO

独特の雰囲気な雷ちゃんで可愛いですね、一目惚れしちゃいました



822: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 20:53:41.14 ID:VaLHymOs0

綾波「独特の雰囲気な雷ちゃんで可愛いですね。綾波、一目惚れしちゃいました」


レ級「はぁ!?」


綾波「ここなら誰も来ませんし、ゆっくり楽しみましょう?」


レ級「待て!あたしはそんなことをする為について来たんじゃない!」


綾波「もう遅いですよ、綾波からは逃げられないんです!」グググッ


レ級「くっ……!」



824: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 20:57:39.56 ID:VaLHymOs0

レ級(これくらいの力なら無理矢理解ける。でもそうするとコイツは無傷では済まない…)


綾波「はぁはぁはぁはぁ…この雷ちゃん、イイ…」じゅるっ


レ級(コイツの中には深海棲艦がいるはず…いや、そのものかもしれない)


綾波「えへ、えへへへへへへ……」


レ級(コイツは私に気付いていないのか!?それとも知っててわざと…?)


綾波「ダメじゃないですかぁ~こんな短いスカート…綾波、発情しちゃいますぅ~~!」ゴソゴソ


レ級「……安価」


下1~3高コンマ レ級の台詞や行動などを



825:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 21:01:58.59 ID:AtGHvVYMo

こんなところじゃ嫌だと待ったをかけてみる



826:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 21:03:31.49 ID:QCQyKDm00

憎たらしい駆逐艦だな



827:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 21:03:55.81 ID:YKGSkWwDO

お前…!いつの間にナイフを…!?

気付いたら首に突き付けられていた



828: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 21:07:44.85 ID:VaLHymOs0

レ級「おい…やめろ…!」


綾波「そうですか…楽しい時間はここまでですね」ギラッ


レ級「お前…!いつの間にナイフを…!? 」


綾波「動かないで下さい。首筋にナイフを突き立てられてる時点でわかりますよね?」


レ級「……」


綾波「私達の援軍では無さそうですよね。大本営の犬ですか?」


レ級「……」


綾波「答えなさい。殺されてもいいんですか?」ギラッ



829: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 21:14:28.19 ID:VaLHymOs0

レ級「わかった……お前は姫でも鬼でも無いな?」


綾波「は?何を言ってるんですか?」


レ級「こんなのあたしには脅しでもなんでも無いんだよ。あーーーーん」


綾波「ナイフに自分から顔を!?」


レ級「いっ………ぎ…っと」バキン


綾波「ナ…ナイフを…噛み砕いた!?!?」


レ級「尻尾も無いし元の艤装も出せないが、あたしは戦艦レ級だぞ?」ニヤァ


綾波「へ…へぇぇぇぇぇ……」ヘナヘナ


レ級「お前はコイツに寄生してるのか?それとも完全に艦娘の意識は無いのか?」


綾波「ど…どうかコアは……食べないで下さい…!!」


レ級「わかってる。こっちはそのつもりは無い。だがこっちの話は聞いてもらうぞ?」


綾波「はい……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



830:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 21:15:32.73 ID:cnOGyVZd0

そのあまりにも堂々とした強さにハートを射止められた綾波



831:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 21:17:39.49 ID:QCQyKDm00

三日月が逆にレ級のコアを食べた



832:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 21:22:45.36 ID:f0lXKfOIo

精神体何で実体は無いんですぅ
お願いします見逃して下さい何でもしますから!



833: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 21:27:10.62 ID:VaLHymOs0

ーー

レ級「……ってわけであたし達はお前の味方だ。兵器の工場の場所を知らせたのも知ってるんだぞ?」


綾波「素敵……」


レ級「お前話聞いてたか?」


綾波「もちろん聞いてました。でもそれより、貴女に夢中になってしまったんです」


綾波「今まで強い艦娘はそれなりに見てきましたが、貴女のように堂々とした強さは見たことがありません」


綾波「なんて素敵な…私と同胞とは思えない…」ウットリ


レ級「…ややこしいことになりそうだな」



834: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 21:30:05.84 ID:VaLHymOs0

綾波「貴女…レ級様のおっしゃってることはわかりました。私でよければ協力致します」


レ級「本当か!?」


綾波「ただしその条件として…レ級様を抱かせて下さい」


レ級「ふざけるな!あたしにはもう暁という大事な存在がいる!」


綾波「じゃあ私は協力しません」


レ級「…困るのはお前もだぞ!?」


綾波「関係ありません。今ここでレ級様を抱けないなら生き残っても意味がありませんから」


レ級「ぐ……!」


綾波「ね?ね?レ級様、先っぽだけでいいんです。だから私と…」


レ級「安価」


下1~3高コンマ レ級の台詞や行動などを



835:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 21:32:04.32 ID:f0lXKfOIo

断る!
暁は裏切れない



836:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 21:35:56.19 ID:YIHXheTP0

綾波、こらえきれずルパンダイブからのレ級キック



837:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 21:36:11.63 ID:ThWP6oOxO

ちょっと待て、先っぽって何の先っぽだよ



838: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 21:44:10.49 ID:+tMR/VYBO

レ級「ちょっと待て、先っぽって何の先っぽだよ」


綾波「その気になってくれたんですね!綾波の単装砲、見て下さい!」ぼろん


レ級「な……ぁ…!?」


綾波「サイズは人間の男並ですが、きっとレ級様を満足させてみせます!」


レ級「ちょちょちょっと待て!なんでお前がそんなの生やしてんだよ!?」


綾波「え……?もしかしてレ級様、これの生やし方知らないんですか?」


レ級「知るわけないだろ!というより生えるわけがない!」


綾波「あら……」



839: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 21:53:40.98 ID:VaLHymOs0

レ級「ど、どうやって…!?」


綾波「簡単ですよ、陰核に気を集中……いえ、これを教えるのも条件の一つにします」


レ級「なんだと!」


綾波「さぁどうしますか?私がレ級様を抱いていいなら協力しますし、これの生やし方を教えます」


レ級「ぐぅ……!」


綾波「チャンスは一度だけです。さぁどうしますかレ級様ぁ……」


レ級「安価」


下1~3高コンマ レ級の台詞や行動などを



840:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 21:57:32.01 ID:f0lXKfOIo

だめだだめだだめだ!



841:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 22:00:30.50 ID:cnOGyVZd0

(これを会得できればいつもやられっぱなしの私でも暁を満足させられるか?!)

ゴクリと生唾を飲む



842:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 22:02:26.76 ID:YIHXheTP0

今はいてるパンツで我慢してくれ



843: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 22:12:27.50 ID:kEJ4jIkx0

妥協案は無しで、イエスかノーかの答えに寄って下さい


再安価 下1~3高コンマ お願いします



844:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 22:14:20.48 ID:f0lXKfOIo

できない相談だな!



845:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 22:20:23.19 ID:I7F+w20rO

あたしは絶対に暁を裏切らないっ!



846:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 22:20:27.07 ID:cnOGyVZd0

いや、やはり駄目だ!この私は最愛の暁のモノだ!



848: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 22:26:27.16 ID:+tMR/VYBO

レ級「できない相談だな!あたしは暁を裏切ることはしない!」


綾波「残念ですね……お話はここまでです」スッ


レ級「あ、おい!」


綾波「惜しいことをしてしまいましたね、レ級様。あ、ちなみに『コレ』はコツを掴むというか、方法を知ってないと生やすことはできません」


レ級「兵器の話はいいのか!?」


綾波「私は私で勝手に動きます。そっちこそ協力するとは言っても、本当は私が居ないと話にならないんですよね?」


レ級「うぐ…!」



849: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 22:30:37.72 ID:+tMR/VYBO

レ級「あたしは……!」


綾波「はい、レ級様は無闇に他の生物を傷付けるような存在ではありません。私は全てわかった上で話していたんです」


レ級「……!」


綾波「……うふふ。綾波はこれで失礼します。もう会うことは無いかもしれませんが……ね」


綾波「貴女達は何をしようとしているのかは知りませんが、精々頑張って下さい。では……」


レ級「……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



850:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 22:31:55.17 ID:AtGHvVYMo

ま、待ってくれ…



851:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 22:32:45.39 ID:YKGSkWwDO

突然綾波の右手が勝手に動いて自分の首を締め付ける
あ…ごめんなさい!調子に乗ってごめんなさい!だから食べないで…と怯え出す



852:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 22:44:03.39 ID:YIHXheTP0

どうにか情報だけでも……



853: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 22:50:50.62 ID:+tMR/VYBO

レ級「どうにか情報だけでも……」


綾波「仕方ありませんね…私のをしゃぶってくれるなら少しだけヒントをあげます」


レ級「……」


綾波「意味はわかりますよね?それともやっぱり無理なんですか?」


レ級「あたしは…暁……大事な…」


綾波(うふふふふ…もう少しで堕ちそうですね。この調子で追い込めば…)


(そこまでにしてあげて下さい。これ以上は綾波が許しません)


綾波「な…!ぅぐ………!」


レ級「なんだ…?いきなり自分で自分の首を絞め始めたぞ…?」



854: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 22:55:30.93 ID:+tMR/VYBO

綾波「ごべ…ん…なさ……!!」ギリギリ


綾波「い…!ぎぎぎぎ……!!」


レ級「右手が自分の首を絞めて、左手でそれを剥がそうとしてる。でも右手の力が強過ぎて剥がれそうにもない……」


綾波「……げほっ!ごぼっ…がはっ!!」


レ級「お、解放されたか。おいお前、これはどういうことだ?」


綾波「ぞれ…は……」


レ級「どうやら右手はあたしの味方みたいだな?二対一だがどうする?」


綾波「お話…させて……いただきます…」



855: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 23:02:47.54 ID:+tMR/VYBO

ーー

レ級「お前の宿主の名前は綾波で、右手は支配しきれなかった?」


綾波「はい…彼女が沈みかけている所を私が寄生したんですが、私の力が弱くて完全には乗っ取ることはできなかったんです」


綾波「普通なら意識も無くなるはずなのに、中途半端に残ってしまって……だからさっきみたいに首を絞めてきたりするんです」


レ級「ははぁ…お前はスパイをやりたくてやってるんじゃないな?」


綾波「はい…綾波に……脅されて…」


レ級「なるほど、よーーーくわかった」


綾波「で、でも!今ではちゃんと深海の為に動いてます!同胞が殺されるのは嫌なのはレ級様も同じですよね!?」


レ級「それはそうだが、嫌々やってる奴と一緒にされたくは無いな」スッ


綾波「ひぃ……!」


レ級「散々あたしを揺さぶってくれたな?無闇に傷付けはしないが、理由があるならあたしはブン殴るからな?」


綾波「ひ、ひ、ひぃ……!!」ガタガタ


レ級「…覚悟しろよ?」


綾波「!!!!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



856:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 23:17:56.13 ID:ThWP6oOxO

綾波が脅すのはやめるけど教えないものは教えません
一方的なのはフェアじゃないと



857:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 23:19:16.62 ID:cnOGyVZd0

顔面へ力一杯、渾身の一撃の寸止めパンチをするレ級

本当に殴られると思ってしまった綾波は腰が抜けて少し漏らしてしまうほどの恐怖を覚え逆らわないようにしようと心に誓った



858:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 23:22:55.01 ID:f0lXKfOIo

適度に傷めつけ、服従させた



859: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 23:29:56.66 ID:+tMR/VYBO

レ級「フンっ!!!」ゴォォォっ


綾波「ひ………へ、へぇぇぇ」ペタン


レ級「今日のところは寸止めで勘弁しておいてやる。だが次に逆らったら…わかるな?」


綾波「は、はひ…………」チョロっ


レ級「…ん?」


綾波「ここここ怖すぎて…おおおオシッコ…ち、ちびっちゃいました…」チョロチョロ…


レ級「はぁ……それで今までよくやれてたな?」


綾波「ナ、ナイフで脅すの…効果的……」


レ級「とりあえずパンツは脱げ。いつまでもここにいるのはヤバいから一旦出るぞ」


綾波「も、漏らしたパンツは……」


レ級「そんなの知るか!自分でなんとかしろ!」


綾波「はひぃ!!」



860: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 23:35:02.30 ID:+tMR/VYBO

「遅いぞ綾波、一体何をしていた?」


綾波「ごめんなさい、あの子の護衛対象が中々見つからなくて…」スタスタ


レ級「アイツ結局ノーパンで行きやがった」


幹部「レ級君、綾波君が深海棲艦の内通者なのは間違い無いんだね?」


レ級「あぁ、連絡先も聞いた。それに細かい話は今した通りだ」


幹部「右腕のみ支配できなかったという話は興味深いが、今は欲張る必要は無い。この情報を持って帰って作成会議だ」


レ級「しかしスパイが本当に居るとはなぁ…オッサンの考えは間違ってなかったってわけか」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



861:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 23:37:51.55 ID:YIHXheTP0

綾波が拷問にあう



862:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 23:40:37.86 ID:YKGSkWwDO

帰還して報告



863:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 23:41:06.38 ID:f0lXKfOIo

帰って来たレ級に抱き着く暁
ひとしきりちゅっちゅした後に「他の女のにおいがする……」



864: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 23:51:14.04 ID:BUlXF+d40

ーー足りないもの鎮守府


提督「スパイとコンタクトが取れて何よりです」


龍驤「それより無事に帰ってきてくれたことが嬉しいわ」


幹部「少しでも危険を感じたら撤退するつもりだったんだが、レ級君がよく頑張ってくれたよ」


龍驤「ほんまによう頑張ってくれたわ。ありがとうなレ級!」


レ級「……」そわそわ


提督「…どうしたんだ?落ち着きが無いようだが?」



865: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/25(木) 23:53:56.07 ID:BUlXF+d40

レ級「もういいか?暁の所に行きたいんだ」


龍驤「暁、えらい心配しとったからなぁ。早く行って安心させたり、ええでな?」


提督「そうだな、レ級の姿を見れば暁の体調も良くなるだろう」


レ級「よし!じゃああたしは行くからな!」ガチャ


レ級「…あたしは暁が止めるのを無視して出て行ったんだ。ちゃんと帰ってきたって報告して安心させてやらないとな!」


下1~3高コンマ 暁の様子などを



866:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 23:55:00.58 ID:eOGF8XXl0

隠し撮りしたレ級の動画を延々とリピートしていた



867:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 23:58:01.74 ID:YIHXheTP0

入った瞬間抱き着く



868:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 23:58:28.05 ID:f0lXKfOIo

無事なレ級をみてはらはら泣く暁
自分の判断は間違ってなかったと強く暁を抱きしめるレ級



869: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/26(金) 00:08:18.62 ID:C+NPKj850

ーー医務室


レ級「暁……」


暁「レ級!!」ダッ


レ級「おっ!いきなり抱きついてきたら危ないだろ!?」


暁「レ級、レ級、レ級……!」ギュッ


レ級「……ただいま暁」


暁「私凄く心配したのよ…!もう帰ってこないんじゃないかって……!」


レ級「…ごめんな暁。止めてくれたのに、それを振り切って行っちゃって」


暁「もう二度と私の側から離れないでぇ……!レ級が居なくなったら…私……!!」グスッ


レ級「……わかった、もう暁の側から離れない」


暁「うぅぅぅぅぅ…ぐす…」


レ級(ハッキリ言ってあたしは深海棲艦がどうなっても構わない。でも見殺しにしたら暁が嫌な気持ちになるから協力してるだけだ)


レ級(あたしは暁というかけがえのない存在を手に入れた。暁を守るためならなんだってしてやる)


ーー



882: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 19:14:01.06 ID:vAq+eQQd0

ーー


綾波「いきなり呼び出すのはやめて下さいよ!誤魔化すの色々と大変なんですからね!」


レ級「そっちの都合は聞いてない。あたしが来いって言ったらお前は来るしかないんだ」


綾波「うぅぅぅ……!」


レ級「今日はお前に聞きたいことがあって呼び出したんだ」


綾波「…なんですか」


レ級「アレの生やし方を教えろ」


綾波「アレってその……あれですよね」


レ級「人間の男に生えてるモノだ。変に誤魔化そうとするなよ?」


綾波「…………」



883: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 19:18:15.65 ID:vAq+eQQd0

綾波「……ごめんなさいレ級様!!」土下座


レ級「あぁ?」


綾波「実はその…生やす為には条件があって……レ級様では無理なんです!!」


レ級「ほう…あたしに嘘をついたんだな?」


綾波「ごめんなさい~~!あの時はレ級様を揺さぶるのに必死だったんですーー!」


レ級「チッ……」


綾波「ごめんなさい!ごめんなさい!」


レ級「…ちなみにその条件ってなんだよ」


綾波「それは私みたいな存在であることが条件なんです。艦娘の体に深海棲艦が寄生してないと、アレは生やせません」


レ級「ほう…」


綾波「レ級様は純粋な深海棲艦ですよね?だから無理だって言ったんです」



884: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 19:21:17.78 ID:vAq+eQQd0

レ級「確かにあたしじゃ無理だな。だけど少し待ってろ」


綾波「へ…?」


レ級「この鎮守府にはお前みたいなのが居るんだ。そいつなら生やせるんだよな?」


綾波「まさか本当に居るんですか!?」


レ級「漣って奴だ。そいつはお前と同じだぞ」


綾波「なら…大丈夫です……」


レ級「言ったな?漣を呼んでくるから待ってろ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



885:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 19:22:49.68 ID:I4E9vbVa0

漣が生やすと性欲が爆発して綾波レ級をメロメロにする



886:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 19:25:13.18 ID:MxBqYWkVo

とっておきみたいなニセモノじゃなくてホンモノが生えるとは!
と驚く



887:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 19:25:58.94 ID:8ljd/nkqO

漣さん、感動



889: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 19:31:12.55 ID:vAq+eQQd0

ーー


漣「呼び出されたと思ったらち○ぽを生やせって、何の冗談です?」


レ級「あたしはこの目で見たんだ。だから試してみてくれ」


漣「胡散臭ぇ……でもレ級氏が見たというなら確実なんでしょう」


綾波「本当に居る…しかも私よりも強い……」ガクッ


レ級「漣の中に居るのは姫級だな。どうやってもお前じゃ勝てないから変なことは考えるなよ」


綾波「レ級様の前で変なことなんて考えられませんよ!」



890: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 19:36:25.57 ID:vAq+eQQd0

綾波「ええっと漣……さん。陰核は弱いですか?」


漣「ク○ちゃんですな。漣はそこまで弱くないですぞ」


綾波「なら大丈夫です。やり方、自分で陰核を擦りながらイメージするんです」


漣「イメージ………」


綾波「私の場合は綾波の男のを想像しました。漣さんは身近な男の人は居ますか?」


漣「それが居るんですよねぇ……」


綾波「ならできます。試しにここでやってみて下さい」


漣「流石に後ろは向きますよ?興味もありますし、少しだけ……」



891: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 19:39:09.65 ID:vAq+eQQd0

ーー


漣「お!おおおお!」ビンッ


レ級「本当に生えた…!」


綾波「慣れてきたら擦らなくても意識を集中させるだけで……ん」ムクムク


綾波「この通り、自由に生やせます」


漣「とっておきみたいな偽物じゃなくて本物が生えるとは!これは感動ですぞ~~!」


レ級「随分と簡単にできたようだが、何か気をつけることは無いのか?」


綾波「安価」


下1~3高コンマ 綾波の台詞や行動などを



892:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 19:42:35.97 ID:1bCkLGHK0

人間の男性のそれと比べて遥かに強い
精力も射精量も並の男を遥かに上回るので一度火が付くと止まらなくなる



893:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 19:43:47.23 ID:uyqu9CyiO

子種の生命力がハンパないので下手に中◯しすると妊娠確定



894:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 19:47:45.35 ID:I4E9vbVa0

>>892



897: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 20:00:30.19 ID:vAq+eQQd0

綾波「人間の男性のそれと比べて遥かに強いんです。精力も射精量も並の男を遥かに上回るので一度火が付くと止まらなります」


漣「射精ってことは相手は妊娠するんですか?」


綾波「今のところ妊娠させたことはありません。でもセイエキを飲ませたら苦いって言ってたので、多分精子は入ってると思います」


レ級「これがあたしに生えたら暁と楽しめたのになぁ」


漣「そうですね、レ級氏こそ生えるべきでしたよね。漣が生えた所で龍驤さんの2穴プレイをご主人様とするくらいです」


レ級「それでも十分面白いと思うぞ」


漣「そうかもしれませんが、やっぱりそこまで利点が……いや、ちょっと待って下さいよ。これを使えば…」


漣「すいません失礼させてもらいます。大至急確認したいことができましたゆえ…」ガチャ


レ級「慌てて出ていったな」


綾波「じゃあ私ばこれで……」


レ級「まだ用事はある。お前はここに居ろ」


綾波「うぅぅぅぅぅ…!」



898: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 20:04:27.12 ID:vAq+eQQd0

漣「漣はご主人様と龍驤さん以外にコレを使う相手は探すつもりはありません」


漣「でも、この見た目ご主人様のマラを欲しがっている艦娘はここにいるじゃないですか!」


漣「朝潮ならこれで納得してくれるはず…!」


漣「朝潮はご主人様のがいいと何度も言ってました。朝潮の気持ちは漣もわかるんです」


漣「これなら意味は一緒です!きっと喜んでくれます!」


漣「朝潮は今執務室で仕事中。早くこれを知らせてあげましょう!」


下1~3高コンマ 執務室の様子や朝潮の状況などを



899:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 20:06:49.04 ID:M3H4AGeDo

バリバリ仕事中
S朝潮も真面目に頑張って近づき難い
自分の考えを多少冷静になり反駁しつつこの場は去る



900:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 20:07:15.97 ID:ZX+BSvpZ0

S朝潮
漣のを見てフラッシュバックを起こす



901:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 20:07:48.89 ID:MxBqYWkVo

真面目に仕事してる



907: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 20:18:46.93 ID:vAq+eQQd0

ーー執務室


漣「朝潮!ご主人様!ビッグニュースです!」ガチャ


提督「そんなに慌ててどうしたんだ?」


S朝潮「スカートの中に何かを入れてますか?」


漣「そうです!このスカートの中に重大なモノがあるんです!」


提督「…俺のモノの形をしたバイブならもう知ってるぞ」


S朝潮「私の為に作ってくれているんですよね」


漣「そんな偽物じゃないんです!ここにあるのはまさしくご主人様のモノですよ!」



908: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 20:23:42.64 ID:vAq+eQQd0

提督「…どういうことだ?」


漣「実物を見てもらった方が早いですな!これを見て下さい!」ガバッ


S朝潮「!!」


提督「な…!?」


漣「漣にご主人様のモノが生えるようになったんです!正確にはご主人様のを再現した形になりますが、ほぼ100パーセントの精度です!」


提督「い、一体どうやって……?」


漣「例の綾波の入れ知恵です!漣のような存在ならできるそうなんです!」


提督「深海棲艦に寄生されている艦娘…」


漣「そうです!ご理解が早くて助かります!」



909: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 20:27:00.28 ID:vAq+eQQd0

漣「これを朝潮の為に使えないかと思って、出来てすぐにここに来たんですよ!」


提督「確かにバイブよりはいい……か?」


漣「この通りビクンビクン動くので、絶対感覚はいいですって!」ピクピク


提督「俺のを動かさないでくれ…いや、俺のでは無いんだが……」


漣「細いことはいいんです!ね、朝潮?これはどうですか!?」


S朝潮「ヒッ…!!」


漣「あれ……?」


S朝潮「ア…が………ガ…ガ…ッ!」ブルブル


提督「まずい…!」



910: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 20:32:05.04 ID:vAq+eQQd0

S朝潮「やめてやめてやめてやめてやめてやめてやめて…!」


S朝潮「もう…私は……!」


S朝潮「あぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!あ…あぁぁ!?」


提督「漣、後ろを向くかそれを隠せ!」


漣「しまった……フラッシュバック!」スッ


S朝潮「ぅぎゃああああああああああああああ!!」


S朝潮「ヒッ!はひ…っ!い……!!」ビクンビクン


提督「まずい…痙攣まで……」


漣「大急ぎで千歳さんを呼んできます!」


千歳「ねぇ、今の叫び声ってここから?」ガチャ


漣「ナイスタイミングです!朝潮の介抱をお願いします!!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



911:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 20:33:54.18 ID:I4E9vbVa0

朝潮が同じモノを持ってる提督を殺そうとする



912:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 20:33:58.11 ID:8ljd/nkqO

しゅんと反省してうなだれてるけど股のはビンビンで上向きな漣



913:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 20:34:52.34 ID:wNz+s/9DO

朝潮
だ…大丈夫です…あまりにも突然だったので…と落ち着いた



915: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 20:50:06.01 ID:vAq+eQQd0

千歳「朝潮ちゃんしっかりして!ここは大丈夫なのよ!」


S朝潮「だ…大丈夫です…あまりにも突然だったので……」


提督「なんとか持ち直してくれたか…」


S朝潮「心配をかけてしまってすいませ…コヒュ…ひゅ……」


千歳「呼吸音がおかしいわ。念の為に医務室に運んでおいた方がいいわね」


提督「そうしてくれ、頼む」


S朝潮「いえ…仕事を……」


漣「千歳さん、漣が運んでいきます。こうなったのも漣の責任なので」


提督「朝潮、今は休め。それが仕事だ」


S朝潮「は…ひっ………」



916: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 20:55:50.05 ID:vAq+eQQd0

ーー医務室


漣「すいませんでした。バイブを見て何も無かったので大丈夫だと思ってしまったんです」


S朝潮「いえ…突然で驚いただけですから…」


漣「…何が違いましたか?」


S朝潮「ピクピクと動いて…本物で……バイブは…動かないじゃ……うぇっ……」


漣「ごめんなさい、もう喋らなくても大丈夫です」


S朝潮「……司令官の股の上に座っている時に、ネコミミをつけていると司令官のがピクピクと反応するんです。それで気持ち悪くなったことは無いんです。ズボンの上からなら大丈夫だったのに…」


漣「まだ早過ぎたんですね……この度は本当に失礼しました」


S朝潮「私の為にと…してくれたことが嬉しいです…こんな…私の為に……」


漣「ごめんなさい、ごめんなさい……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



917:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 20:59:14.71 ID:I4E9vbVa0

漣がおっぱい星人に試してみる
初々しい反応で思わず初体験



918:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 20:59:48.08 ID:8ljd/nkqO

>>912



919:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 21:00:04.71 ID:ZX+BSvpZ0

葛城
梓弓が壊れる



920: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 21:03:15.22 ID:vAq+eQQd0

これは混ぜれない


再安価下1~3高コンマ お願いします



921:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 21:03:38.05 ID:ZX+BSvpZ0

>>919



922:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 21:04:04.55 ID:edsg7STDO

漣がエ口自撮り写真を用意してみる



923:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 21:04:38.74 ID:rmmxEX600

提督と話し合い



926: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 21:13:11.30 ID:vAq+eQQd0

ーー


提督「……漣に俺のが生えた理由はわかった」


漣「それを朝潮に見せてしまったのは軽率でした。申し訳ございません」


提督「いや、朝潮のことを考えての行動だ。バイブの件でも漣が陽炎や秋津洲に働きかけてくれたのも知ってる。頭ごなしに怒ることはできない」


漣「でも…」


提督「確かにいきなり見せたのはまずかった。だが悪い所と言えばそれくらいだろう?」


漣「……ご主人様は漣の性格をよくご存知かと」


提督「何か罰をくれということだな」


漣「そうじゃないと漣は納得できません。漣のせいで朝潮はフラバったんですよ」



927: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 21:15:28.34 ID:vAq+eQQd0

提督「自分が悪いことは、たとえ相手が許したとしても罰を受けるべき。それが漣の考えだな」


漣「その通りです。許したって言葉だけで許されるなら裁判も警察も無いんですよ」


提督「朝潮はいいと言っているから罰を与えるのは俺になる。それでもいいんだな?」


漣「ご主人様は朝潮の上司です。全く関係の無い他人では無いんです」


提督「わかった、なら漣には……安価」


下1~3高コンマ 漣への罰の内容などを



928:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 21:16:25.53 ID:wNz+s/9DO

1週間のお預け



929:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 21:16:57.31 ID:ZX+BSvpZ0

一週おあずけ



930:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 21:17:09.49 ID:T2QmkK3U0

一週間だけ食堂で働かす



931: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 21:38:40.84 ID:vAq+eQQd0

提督「一週間のお預けだ」


漣「…!」


提督「どういう意味かはわかるな?」


漣「はい…厳しい罰を…ありがとうございます…」


提督「言っておくが俺は一週間毎日龍驤を抱くわけじゃない。あくまで漣が一週間お預けなだけなのはわかってくれよ」


漣「ご主人様の優しさはわかっています。この一週間は辛いものになりますが、それは漣のせいです」


提督「ならこれでこの話は終了だ、いいな?」


漣「…はい」



932: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 21:43:03.54 ID:vAq+eQQd0

ーー数日後


漣「フーー!フーーーッ!」


漣「あ……ぐぅぅぅ…!」


重巡棲姫(漣、頭の中がどピンクだぞ)


漣(いつもの漣なら耐えれるのに…なんで…!)


重巡棲姫(やはりアレが影響してるんだろう。自分で擦ってアレを生やした時は、セイエキを出さないと興奮が収まらないらしいじゃないか)


漣(その話を聞いた時は…既に漣が罰をもらった後でした…うぐ…!)


重巡棲姫(かなり辛そうだな。平気か?)


漣(何も無いところで…腰を…振っちゃう…!)カクカク



933: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 21:46:04.83 ID:vAq+eQQd0

重巡棲姫(自分で処理するのはいいんじゃないのか?)


漣(ダメです…!漣は一週間お預けなんです…!)


重巡棲姫(だがこの状態だと一週間も持たないぞ?まだ数日でこれなんだろ?)


漣(それでも…!ご主人様から言われたから……!)


重巡棲姫(壁に向かって腰を振っているより自分で処理した方が絶対いいと思うがな…)


漣(頭…おかしくなる…!でも……耐えるんですよ…!!)


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



934:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 21:47:40.78 ID:I4E9vbVa0

皐月「漣の処理…手伝ってあげるよ」



935:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 21:48:10.24 ID:8ljd/nkqO

6日目
頭がまっピンクになって会う娘みんなの胸やら尻やらを常に目で追ってる状態に



936:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 21:48:18.60 ID:T2QmkK3U0

電が百合の相手になると言い出す



938: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 22:05:11.85 ID:qcb67Pu+O

皐月「漣、凄く辛そうだね」


漣「皐月………」


皐月「全部聞いてるよ。大変なんだね」


漣「全部って…どこまで……」


皐月「朝潮にアレを見せてお預けされてる所まで、全部知ってるよ」


漣「漣が…悪いんです……」


皐月「漣の処理、手伝ってあげるよ」


漣「ダメです…お預けをくらってる最中なんです…」


皐月「それはさ、漣が司令官にってことだよね?なら僕が漣をしちゃうのはいいよね?」


漣「ダメ…!ダメなんです……!」



939: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 22:11:37.07 ID:qcb67Pu+O

皐月「下着ぐしょぐしょにしておいてそれは無いよ」


漣「あっダメ!触ろうとしないで……!」


皐月「本当にダメなの?僕は司令官じゃないんだよ?」


漣「そ…そもそも…なんで漣を…?もしかして…漣に恋愛感情が…?」


皐月「ううん、僕が好きなのはオッパイだけ。でもね、ずっと気にしてることがあったんだ」


皐月「僕…オッパイが好きすぎてずっと処女なんじゃないかって不安だったの」


皐月「司令官にこんなこと頼めないし…ね?一回だけでいいからさ?」


漣「ダメ……!漣は…ご主人様を裏切れない…!」


皐月「だから、僕は漣の手伝ってあげるだけなんだよ?限界が来て他の誰かを襲っちゃったらそれこそ手遅れだよ?」


漣「……!!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



940:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 22:13:28.99 ID:/IpjqxV4o

乳首でいかせる



941:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 22:13:45.84 ID:K8y0GmkN0

漣の信念をなめるなぁ!

懲罰房へと走り去り、空いてる房にはいりセルフ投獄



942:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 22:13:56.93 ID:wNz+s/9DO

誘惑を振り切り1週間耐えきる漣
しかし解禁された途端限界を超えた漣に提督は襲われる



945: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 22:19:03.83 ID:qcb67Pu+O

皐月「しょうがないなぁ、じゃ……」スッ


漣「あ……!や、め…!」


皐月「僕はいつも通りオッパイを触ってるだけだよ?何も問題ないよね?」ふにふに


漣「ひ…!ひぃ……!」


皐月「凄い、いつもより体温も高いね。これは揉みがいがあるなー」


漣「~~~~!」


皐月「声にならないくらい気持ちいい?オッパイ好きとしては嬉しいな~」


漣「や…め……!こ、れ…以上…は……!」



947: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 22:23:59.52 ID:qcb67Pu+O

皐月「漣のココ、立ってるでしょ?オッパイ触っててもわかるんだよ?」


漣「い………!それだけは…!触らないで……!」


皐月「んーー…ダ~メ」ツン


漣「い…!ぐぅ………!」ガクガク


皐月「軽く触っただけなのにイっちゃったの?」


漣「は、はひ!ひぃ……!ひっ…!」


皐月「ね?もう一回イっちゃったら後は同じだよね?アレ生やしてさ、僕と楽しもうよ」ボソボソ


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞や行動などを



948:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 22:24:59.41 ID:S2JvDpDWO

一理あると思って皐月に頼んだら♂の性欲に目覚めてしまった漣



949:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 22:25:15.28 ID:I4E9vbVa0

私に火をつけたら手加減しませんよ



950:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 22:26:27.26 ID:wNz+s/9DO

やっぱり無理です、ご主人様は裏切れません



953: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 22:39:29.94 ID:qcb67Pu+O

漣「ですよ…ね……一回…イっちゃったら…もう…同じですよね…」


皐月「そうだよ!ここからだと僕の部屋が近いし、こっちに来る?」


漣「……はい」


皐月「やった!じゃあ早く行こう行こう!」


漣「そうです…これは事故です…決して漣の意思では……無い…」


漣「大丈夫…ご主人様は…裏切って…ない……」



954: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 22:45:58.05 ID:qcb67Pu+O

ーー

漣「…皐月氏、タバコって持ってませんか?」


皐月「んぅ~タバコは無いなぁ。吸いたいなら天城さんなら持ってるよ?」


漣「吸いたいわけじゃなくて、その…行為をした後の匂い消しにはタバコがいいと聞いたので…」


皐月「だから~これはエッチじゃなくて漣の処理を手伝ってあげただけ!」


漣「……」


皐月「割り切れない?」


漣「性欲が収まって冷静になると…漣は…とんでも無いこと…」


皐月「大丈夫だよ、アレが生えたせいで漣は悪くないから」


漣「全部…あんなモノが生えてしまったから…」



955: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 22:50:46.92 ID:qcb67Pu+O

皐月「途中から漣も気持ち良くなってたよね?僕初めてなのに凄く気持ち良かったもん!」


漣「それは…」


皐月「漣に生えてるのって見た目は司令官のなんだよね?司令官は龍驤さんと漣と愛し合ってるから入る隙間は無いけど、実は司令官のことを好きな子って多いんだよ?」


皐月「だから、そんな子を喜ばせあげるのもいいんじゃないかと思うんだ」


漣「ダメです!今日のは事故なんです!今日だけの話なんです!」


皐月「そう……ま、無理はしなくていいとは言っておくよ!またオッパイ揉ませてね!」


漣「……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったことなどを



956:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 22:51:59.30 ID:wNz+s/9DO

罪悪感に耐えきれず提督にまた土下座する漣



957:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 22:52:52.64 ID:/IpjqxV4o

提督に素直に報告、追加の罰則を乞う漣
提督は罰としてヤッてた様子を詳しく話せと



958:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 22:53:49.33 ID:UeREwFVb0

駆逐艦がローテで隠れて漣の性欲処理をするようになる



959: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 23:05:11.57 ID:qcb67Pu+O

ーー夜

提督「……」


漣「ご主人様……いいですか…?」


提督「まだ一週間経っていないぞ?それとも別の用か?」


漣「はい…漣は……やってしまいました…」


提督「…何をだ?」


漣「我慢…できずに……皐月と…ヤってしまったんです…」


提督「……」


漣「ごめんなさい……漣は…ご主人様を…裏切りました…」



960: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 23:09:34.07 ID:qcb67Pu+O

漣「言い訳をさせてもらえるなら…アレが生えたせいで…頭の中が…」


提督「…レ級に聞いた。自分で大きくした場合は抜かないと興奮しっぱなしだそうだな」


漣「ごめんな…さ……い…」


提督「…実はな、その話を聞いて一週間お預けは厳しいだろうと、明日にでも漣を部屋に呼ぶつもりだったんだ」


漣「あぁぁぁぁぁ……あと…一日だった…もう少し我慢できていたら…」


提督「いや、この事を言ってなかった俺も悪い。今回のは事情が事情だろう」


漣「駄目です…こんな漣を許さないで下さい…!」



961: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 23:12:12.52 ID:qcb67Pu+O

提督「そうだな、じゃあ追加の罰として皐月との情事をここで語ってもらおうか」


漣「……ここでですか?」


提督「そうだ、何をやってどういうことをしたのか。全部だな」


漣「それは……かなりの罰ですな…」


提督「そうすれば俺も水に流そう。さぁ漣、覚悟は良いか?」


漣「…全てお話します」


下1~3高コンマ 漣の話の内容やその他起こったことなどを



962:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 23:15:06.67 ID:UeREwFVb0

皐月が提督に話をしに来る



963:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 23:15:30.51 ID:wNz+s/9DO

話を聞き終わった提督が皐月にされた事を全部させろと



964:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 23:15:35.65 ID:MxBqYWkVo

最初はおっかなびっくりで本当にいいのかという気持ちがあったけど始めてしまうと治まるまで一心不乱に腰を振ってしまった



965: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 23:30:27.94 ID:qcb67Pu+O

皐月「司令官、夜遅いけど少しいいかな?」ガチャ


漣「あ……」


皐月「あ、漣……もしかして…」


漣「はい、全てをご主人様に打ち明けました。ですが皐月は悪くありませんよ」


皐月「ううん…僕も司令官に謝ろうと思ってやって来たんだ」


提督「皐月がか?」


皐月「そもそも僕が変なことを言ったり、オッパイを触らなかったらこうはならなかったから。司令官、漣を誘惑してごめんなさい」


提督「…なんで誘惑しようと思ったんだ?」



966: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 23:36:53.93 ID:qcb67Pu+O

漣「漣には処女なのはちょっと…みたいな話をしましたよね?」


皐月「それもあるけど、本当は別の理由があったんだ」


皐月「漣、司令官の事は好きだけど入る隙は無い~って話、したよね?」


漣「聞きましたね」


皐月「あれはね、僕もその中に入ってるんだよ」


漣「え…」


皐月「漣に生えたのがただのおち○ちんなら、あんなことは言わないよ。司令官のがそっくりそのまま生えたって聞いて……」


漣「じゃあ皐月は…」


皐月「こんな僕を温かく迎えてくれたんだもん、好きにならない理由は無いよ。でも龍驤さんも漣もいるからずっと黙ってたんだ」


皐月「オッパイが大好きなのは本当だけど、それに負けないくらい司令官も好き。でもその司令官に嫌われたくないと思って、全部話そうって思って来たの」


皐月「……こんな僕でごめんなさい。でもせめて漣は許してあげて!」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞や行動などを



967:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 23:39:23.18 ID:K8y0GmkN0

だが断る



968:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 23:39:44.66 ID:ZX+BSvpZ0

話してくれてありがとう
でもこたえられなくてごめんな
と言い、皐月を抱き締める



969:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/27(土) 23:39:59.69 ID:/IpjqxV4o

お前の気持ちに答えてやる事は出来ない
だけどありがとうな、こんな俺を思ってくれて(なでなで)



971: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 23:52:48.98 ID:qcb67Pu+O

提督「皐月の気持ちに応える事は出来ない。だけどありがとうな、こんな俺を思ってくれて」なでなで


皐月「そんな司令官だから…大好きなんだよ」


漣「あ……」


皐月「大丈夫!漣と龍驤さんに勝てるとは思わないし、それより二人に幸せになって欲しいっていうのが大きいから!」


提督「俺が愛せるのは両手分、漣と龍驤だけなんだ。これだけはわかって欲しい」


皐月「もう~わかってるって!寂しい時は皆んなのオッパイを揉みまくるからさ!」


漣「それはそれでどうなんでしょう…」


提督「皐月が誰かの胸を揉むのはいつも通りじゃないか。挨拶代わりに揉んでいるぞ」



972: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/27(土) 23:56:17.67 ID:qcb67Pu+O

皐月「司令官、せっかくだから一つ言っておいてもいいかな?」


提督「…なんだ?」


皐月「この鎮守府には僕みたいな子が何人もいる筈なんだ。それでね、その子達の為に漣を貸してあげたらどう?」


漣「へぇ…!?」


皐月「僕は一回だけでも司令官のと繋がれたってだけで大満足なんだ。きっと同じような考えの子がいる!」


皐月「そうすればストレス解消にもなると思うし…どう?漣と司令官がよければって話なんだけど…」


提督、漣「安価」


下1~3高コンマ どちらかの台詞などを



973:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/28(日) 00:02:22.53 ID:CpSlHGNH0

漣「喜んで!」



974:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/28(日) 00:02:50.37 ID:jvVtbm9P0

提督
それは何か俺が嫌だな……



975:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/28(日) 00:03:05.39 ID:rDmSskHVo


独占してるんだから還元しなきゃですね



977: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/28(日) 00:10:16.29 ID:RhykG85O0

漣「喜んで!」


皐月、提督「ええ…」


漣「な、なんで聞いてきた皐月氏まで引いてるんですか!?」


皐月「だってさぁ…即答しちゃうんだもん…」


提督「漣…自分の下半身を見てみろ」


漣「へ?…………あ」


提督「想像しただけで大きくするとはな…」


皐月「もうソレ使いこなしてるね」


提督「俺のだからそれがどれくらい興奮しているかも分かる。相当だな……」


漣「だ…だって……漣はオスの悦びを知ってしまったのです…」


ーー



978: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/10/28(日) 00:12:29.58 ID:RhykG85O0

このスレはここまでです


また次スレでお願いします



元スレ
【艦これ】龍驤「まだ、足りないもの」その7【安価】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1535883700/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (5)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月20日 18:31
          • 安価に対し詰め込みすぎって言うの草
            安価に文句言うなってわけじゃなくって反応がおもろいわwww
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月20日 19:04
          • 最後の最後にどでかいもんぶち込んできたなw
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月20日 19:41
          • シリーズ続いてて、これもう作者が書き「足りない」だけなのでは
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月21日 05:53
          • ※3
            作者がオチつけられずにダラダラやってるだけよ
            んで、固定の安価取りが好きにやってるだけ
            他の艦これSSも最近は新規が立たない、本スレの管理人の怠慢に嫌気したか
            他所に移ったか知らんけどな
            どんな内容でもオチつけられずに話をたたみきらないのは駄目だわ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月21日 21:03
          • ハーメルンとか投稿速報みたいなサイトは活発だと思うんだけどなぁ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • ガヴリール「仮面ライダージオウ?」
        • ガヴリール「仮面ライダージオウ?」
        • 【モバマス】猫垣楓「猫になっちゃいましたにゃん」 モバP「えぇ……めっちゃ落ち着いてる……」
        • 【モバマス】猫垣楓「猫になっちゃいましたにゃん」 モバP「えぇ……めっちゃ落ち着いてる……」
        • 【一人ぼっちの〇〇生活】アル「つけ忘れた・・・」
        • 【シャニマス】P「ぶつかって落とした夏葉のバッグからタバコの箱が出てきた…」
        • 【モバマス】佐藤心「ついにソロ曲だぞ☆」千川ちひろ「おめでとうございます」
        • 女「君はロックなんか聴かない」
        • モバP「加蓮、ちょっと今いいか?」
        • モバP「加蓮、ちょっと今いいか?」
        • GAYS GONE[DAYS GONE SS]
        • 【デレマス】たわいもない少女達の休み時間
        • 【デレマス】たわいもない少女達の休み時間
        • 【アイマス】やよい「ピコピコプラネッツのガチャガチャ?」
        • (´・ω・`)「ぼくがADHD………?」
        • 【るろうに剣心】志々雄「この包帯には全財力の五分の三をつぎ込んだ」方治「何やってんですか!?」
        • 【モバマス】高垣楓「風向き良し」
        • 【モバマス】高垣楓「風向き良し」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ