TOP

【艦これ】龍驤「まだ、足りないもの」その5【安価】

1: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/03(金) 21:10:46.52 ID:v03S9UrSO

注意
欠損表現、安価有り


前スレ
【艦これ】龍驤「まだ、足りないもの」その4【安価】


登場人物等は前スレを参考にして下さい



13: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/08(水) 18:49:24.24 ID:3gxnI6f20

ーー足りないもの鎮守府、懲罰房



長門 朝霜、少し話がある


朝霜「あたいはねぇ。とっとと消えろ」


長門 駆逐棲姫と話していたことについて聞きたいことがある


朝霜「あたい達の会話を盗み見してやがったのは見逃してやる。だから早く部屋に帰れ」


長門 始まりの艦娘は私達の敵でも味方でも無いが、気まぐれで助けることがあるということだな?


朝霜「…………」



14: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/08(水) 18:53:34.44 ID:3gxnI6f20

長門 私が一度沈んで、助かった理由がそれだというなら説明がつく


長門 なぜ喋れなくなったのかはわからないが、轟沈しても沈まなかった説明はつく


長門 朝霜、お前はまだ始まりの艦娘について知っていることがあるな?


長門 どんな些細なことでもいい。私に教えてくれ


長門 もう私の中に彼女は居ないだろう。だからせめて…


朝霜「安価」


下1~3高コンマ 朝霜の台詞、行動他



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 19:03:14.16 ID:zaEbFfPbo

あいつがいないのは、あたいが知ってる限りはやアンタ……あと島風提督の所武蔵もだな、ここまで言えばわかるだろ

(おかえりなさい)



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 19:08:34.42 ID:c5VRRbOLo

はじの艦娘がまだ自分の中にいるかいないかわからん奴は話にならん帰れ



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 19:09:00.01 ID:Tm6WDYKKO

言葉通り寄生虫みたいな奴だよ
我が物顔で居着いてたムカつくヤローだ



18: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/08(水) 19:41:38.72 ID:3gxnI6f20

朝霜「始まりの艦娘がまだ自分の中にいるかいないかわからねぇ奴は話になんねぇ。ガキはとっとと帰りな」


長門 それを教えて欲しいと言っているんだ


朝霜「うるせぇ!ブチ殺すぞ!!」


長門「……」


朝霜「何も知らねぇ奴が簡単に口に出してんじゃねぇよ……!」


朝霜「これが知れ渡ったらどうなるかわかってんのか!?アイツの気まぐれで艦娘が全滅するかもしんねぇんだぞ!?」



19: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/08(水) 19:48:56.76 ID:3gxnI6f20

朝霜「いいか長門、このことは忘れろ」


長門 だが…


朝霜「チッ…」ドゴッ


長門「!!」ガクッ


朝霜「言ってわからねぇ馬鹿は殴るしかねぇよな。この事は忘れろっつってんだろ」


長門 「……!」プルプル


朝霜「おい、これでも手加減してやってんだぞ?たかが腹パン一発で情けねぇ…」


朝霜「尚更そんな奴とは話すことは無ぇ。お前が消えねぇならあたいが消える。お前はここでへばってろ」スタスタ


長門 「…………!!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 19:51:36.10 ID:/rXXe3vgo

島風の暴走の報告が島風提督に届く



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 19:51:56.00 ID:MR+aszfU0

痛みにプルプルと震えながらも朝霜の前に立ちはだかる長門



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 19:54:31.26 ID:E1n9YPdfo

海域で気ままに暴れまわる武蔵(本人は遊んでるつもり)



23: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/08(水) 20:21:01.05 ID:3gxnI6f20

長門「……!」ブルブル


朝霜「あ?なんのつもりだ?」


長門「……」


朝霜「痛みで震えてるような奴に立ちはだかられてもなんとも思わねぇよ」


長門「……」


朝霜「はぁ……あたいは注意したからな?」



24: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/08(水) 20:24:34.41 ID:3gxnI6f20

朝霜「言ってもわからねぇ、殴ってもわかれねぇとなりゃ……わかるまで殴るしかねぇよな!!」


長門「……」


朝霜「ボコボコにされて泣きべそかくなよ?情けねぇよな、駆逐艦に好き放題殴られるんだぜ?」


長門「……」


朝霜「抵抗したきゃしてもいいぜ。ま、したところで意味ねぇけど……な!」ブンッ


長門「……!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 20:30:25.30 ID:E1n9YPdfo

長門が気づいたら自室



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 20:36:18.91 ID:AUodb8HLO

>>25
+本気でキレた朝霜を思い出して身が震える



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 20:37:08.68 ID:a/PoigdFo

どんなに殴られても倒れない長門に朝霜根負け



29: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/08(水) 20:47:53.73 ID:3gxnI6f20

ーー長門の部屋


長門「………………」ムクリ


長門(私は………ぅぐっ…!)


清霜『無理しないで』


長門(清霜……)


清霜『大丈夫?手は動かせる?』


長門『なんとかな…』


清霜『よかった。ならこうやって手話で話せるね』


長門『清霜がここまで運んでくれたのか?』


清霜『うん、長門さんを助けたのも清霜だよ』



30: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/08(水) 20:51:50.88 ID:3gxnI6f20

清霜『朝霜も酷いよね。無抵抗の長門さんを殴り続けるなんてさ』


長門『色々とあったんだ』


清霜『それにしても酷過ぎるよ。もし清霜が偶然通りかかってなかったら…』


長門『大丈夫だ。私はビッグセブンなんだからな』


清霜『長門さん、その変な7の手話…ビッグセブンって意味だってわかるの清霜くらいだよ?』


長門『目の前にいる人に伝わればいいんだ』


清霜『長門さんったら…』



31: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/08(水) 20:57:23.80 ID:3gxnI6f20

清霜『長門さん、まだ痛む?』


長門『少し…な』


清霜『じゃあ冷やすの新しくするね!』


清霜「え~っとお水お水っと…」


長門(清霜…こんな艦娘もいるんだ……朝霜だってきっと…譲れない何かがあったんだ)


長門(今回は私のアプローチの仕方が悪かった……次はよく考えて…朝霜に近付こう…)


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 21:00:13.46 ID:hrzoK25h0

夕雲の様子を幹部さんに確認したい神通



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 21:02:06.88 ID:55TF8w9+O

葛城が提督らから伝説の翔鶴についての土産話を聞く。



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 21:08:22.30 ID:E1n9YPdfo

>>22



35: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/08(水) 21:40:14.40 ID:SUEUfoeKO

ーー

葛城「提督!あの話聞かせて下さい!」


提督「…なんの話だ?」


葛城「伝説の翔鶴さんですよ!漣ちゃんがちらっと話してるのを聞いたんです!」


龍驤「漣のやつ…」


提督「まぁいいじゃないか。土産話しとして葛城にも話してやろう」


龍驤「司令官がそう言うんやったらええけど…」


葛城「すっごく気になるわ!早く教えて!」



36: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/08(水) 21:43:08.13 ID:SUEUfoeKO

葛城「……」


龍驤「ウチらもこれ以上のことは詳しくは知らんねん」


提督「…どこかの鎮守府に所属しているわけでも無いからな」


龍驤「ここから鉄の海域も遠いし、ウチらの中で知ってるのは朝霜だけやもんね」


提督「…とにかく俺達が知っているのはここまでだ」


龍驤「化け物練度で空を飛ぶ艦娘なんて、確かに伝説って呼ばれるのもわかるわな」


葛城「安価」


下1~3高コンマ 葛城の台詞、行動他



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 21:44:14.74 ID:AUodb8HLO

かっこいいなぁ…



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 21:46:25.13 ID:+x1m9xzU0

キ○ガイじみた艦娘ね



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 21:53:08.20 ID:a/PoigdFo

ほへ~



40: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/08(水) 22:13:43.15 ID:SUEUfoeKO

葛城「かっこいいなぁ…」


龍驤「確かにカッコ良さは感じるわな。まさに一匹狼って感じやね」


提督「だが一体彼女に何があったというのだろうか…」


龍驤「両手が無いっていうのは、なんとなくわからんでも無いけど…」


提督「なぜ空を飛ぼうと思ったのか…わからないことは多いな」


葛城「そうよ…だったら聞いてみたらいいのよ!」


龍驤「はぁ…?」



41: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/08(水) 22:15:29.41 ID:SUEUfoeKO

ーー

翔鶴「そんな理由で呼ばれたの……?」


葛城「翔鶴さんも同じ翔鶴として、気持ちとかわかるんじゃないんですか!?」


龍驤「そんな無茶苦茶な…」


提督「…せっかくここまで来てもらったんだ。一応聞いておくが、翔鶴はどう思う?」


翔鶴「安価」


下1~3高コンマ 翔鶴の台詞、行動他



42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 22:20:13.82 ID:E1n9YPdfo

飛ぶとか普通無理でしょう



43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 22:22:40.09 ID:zaEbFfPbo

当たり前ですが私にはとてもできませんね



44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 22:27:08.21 ID:VtQ5ql9R0

私も試してみようかしら



45: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/08(水) 22:41:38.09 ID:SUEUfoeKO

翔鶴「飛ぶとか普通無理でしょう…」


龍驤「まぁそう思うのが普通やんなぁ…」


翔鶴「そんな与太話信じられるわけありません」


葛城「そういえば……見たっていうのは朝霜だけなのよね?」


提督「だが嘘を言っているとは思わなかった」


龍驤「あのおばあちゃんの話もあるしな」



46: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/08(水) 22:45:20.25 ID:SUEUfoeKO

提督「両手が無く舌に印が結んである。これだけの材料が揃っているんだから嘘と判断するのは難しいな」


龍驤「多少大袈裟に言うてる可能性はあるけどあの朝霜やで?」


葛城「そうよね…あの子ド変態だけど変な嘘を言う子じゃないもの」


提督「だがこんな話に付き合ってもらってありがとう翔鶴」


龍驤「ほんまありがとうやで~」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 22:48:04.03 ID:hrzoK25h0

伝説の翔鶴について秋津洲に話す葛城、デバイスについて騙していたことを謝る



48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 22:49:12.32 ID:uyglPG34o

長門のことで朝霜に突っかかる清霜と仲裁する霞
ここの礼号駆逐組の絡みが見たい



49:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 22:51:15.79 ID:zaEbFfPbo

飛行翔鶴みたいにカッコよく戦場を駆ける妄想に浸りながら訓練する葛城
なお



50: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/08(水) 22:57:46.03 ID:SUEUfoeKO

ーー訓練所


葛城「伝説の翔鶴さんみたいに、私も強くなるわ!」


葛城「華麗に空を舞って、そこから艦載機を出す…」


葛城「それをイメージしながら…こう……」


多摩「葛城~魚雷いったにゃよ~」シュパー


葛城「へぇ……?」



51: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/08(水) 23:13:51.79 ID:da+rIkBj0

ーー

多摩「よそ見して大破とは情けないにゃ」


葛城「よそ見じゃないです!妄想してたんです!」


多摩「余計悪いにゃ…ほら、もう一回行くにゃ」


葛城「考えてみればその翔鶴さんとは練度がまるで違うのよね…」


葛城「なら……これを使ってみようかしら」オーバーザエボリューション


葛城「ハザードなトリガーの改良版で、ほとんど副作用が無い…」


葛城「ハザードの方は雲龍姉が持ってるし…試してみる価値はあるわよね」


多摩「葛城~なにしてるにゃ~」


葛城「やって…やるわ!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 23:16:37.73 ID:/rXXe3vgo

気持ちが空回りしすぎて散々な結果に



53:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 23:17:24.67 ID:hrzoK25h0

反応がない



54:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 23:17:48.41 ID:fDwqOk19o

多摩に見とがめられて没収される



55: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/08(水) 23:40:33.14 ID:da+rIkBj0

葛城「体が軽い!これなら……!」


多摩「まだまだにゃね」


葛城「いつのまに後ろに!」


多摩「急に動けるようになっても、頭がついていかなきゃ意味ないにゃ……っと」バシュッ


葛城「いやーー!」



56: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/08(水) 23:49:59.70 ID:da+rIkBj0

ーー

葛城「うぅ…なんで…」


多摩「体だけ動いても意味が無いんだにゃ。苦労せずに強くなる方法なんて無いにゃ」


葛城「訓練が嫌なわけじゃないの!でも私はもっと強くなりたいんです!」


多摩「焦るにゃ。強くなる為には日々の訓練にゃ」


多摩「覚えておくといいにゃ。一日訓練を怠れば、それを取り戻すのに三日はかかるんだにゃ」


葛城「私は訓練をサボったことなんて…!」


多摩「話は最後まで聞けにゃ。やり過ぎると取り戻すのに五日使うってオチがあるんだにゃ」


葛城「私は……」


多摩「悩んでるなら誰かに相談。訓練の相手なら多摩がいつでもしてやるにゃ」

多摩「だから葛城、間違った道にだけは進まないで欲しいにゃ」


葛城「安価」


下1~3高コンマ 葛城の台詞、行動他



57:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 23:53:32.81 ID:zaEbFfPbo

……ふふっわかりましたっ!
龍驤さんをいじめてた先輩みたいにならないように相談します!



58:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 23:55:23.63 ID:GEiLgQIa0

葛城、悩みすぎでなぜか発送が飛躍して悟りを開けばいいという考えに到りあーすぱわーならぬオーシャンパワー的な物を受信すると強くなると思い込んだプラシーボ効果でちょっと成果が出て喜ぶ



59:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 23:58:32.33 ID:hrzoK25h0

・・・・・・辛い



61: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 00:12:51.87 ID:3BtFMqsD0

葛城「……ふふっわかりましたっ!龍驤さんをいじめてた先輩みたいにならないように相談します!」


多摩「…誰から聞いた?」


葛城「バーテンダーさんに最初から全部聞きました!」


多摩「あの苦瓜…」


葛城「せっかくだからその話を先輩視点から聞かせて下さい!」


多摩「……断るにゃ」スタスタ


葛城「先輩~!」


多摩「ゴーヤも葛城もしょうがないにゃ…あとこのトリガーは多摩が預かっていた方が良さそうにゃね…」


ーー



62: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 00:15:00.03 ID:3BtFMqsD0

今日はまだ涼しいです


今年の夏はクーラー無しが確定して死にそうです、助けて太陽


コメント、ネタはお待ちしてます



63:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 00:20:25.54 ID:C49+mjbDO

お疲れ様です

エアコンあらあら…体調にお気をつけください
台風が過ぎ去った後がまた辛い



64:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 00:33:59.59 ID:qe0HjNyqo

おつ
うへえエアコン無し……脱水症状にならないようにね…



66:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 20:23:41.60 ID:11Wu85pvO

熱いよ、痛いよ、苦しいよ……なぜ、こんな に好きなのに……十代はなんでこんな仕打ち を……

……その時気づいたんだ
これが十代の愛の形なんだって

十代は好きだからボクを痛めつけ、苦しませ ているんだって
だってほら、ボクは苦しんでいる間、君のこ とを絶対忘れることはないからね



67:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 20:24:18.77 ID:11Wu85pvO

すまん
誤爆した



68: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 20:36:27.82 ID:FthCAQg5O


ーー


北上「球磨姉どう?かなりよくなってきてるんじゃない?」


球磨「おかげさまで楽になってきてるクマ」


北上「だよね~顔色も良くなってきてるもん」


球磨「この鎮守府の艦娘と提督には足を向けて寝れないクマ」


北上「大袈裟だって~でもまぁ、その内球磨姉も助ける側になると思うよ~」


球磨「そんなことないクマ。クマには何もできないクマ…」


北上「そんなこと無いって。出撃してくれるだけでもこっちは助かってるんだからさ」



69: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 20:39:34.47 ID:FthCAQg5O

北上「そういえば球磨姉はさ、なんか趣味とか無かったの?」


球磨「ずっとやってないクマ。そんなことをしてる暇があるなら大井の面倒を見てたクマ」


北上「今まではそうかもしんないけど、これからは自分の時間があるんだよ?」


北上「そうだな…球磨姉はさ、工廠近くにビニールハウスがあるの知ってるよね?」


球磨「提督と龍驤さんから言われて注意もされたクマ」


北上「そ、霞以外は近付くなってね。実はね、あそこでは毒草育ててるんだよ~」


球磨「毒草!?」



70: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 20:44:52.26 ID:FthCAQg5O

北上「トリカブトとか触るだけでヤバい奴とか、それはもうよりどりみどりだって」


球磨「なんでそんな危険なものを…クマ…」


北上「あれは元々霞の趣味なんだよ~毒飲んで死にかけるのが好きで好きで仕方ないってね」


球磨「……」


北上「でも霞はこの鎮守府に恩返しの為に薬の免許まで取って、あたし達に薬を作ってくれてる」


球磨「もしかして球磨が飲んでたのも…」


北上「そ、霞お手製のやつ。効果は間違いなかったでしょ?」


球磨「クマ…」


北上「普通なら霞の趣味なんて嫌われて蔑まれて終わりだよ。でもこの鎮守府では重宝される」


北上「何が役に立つかわからないし、球磨姉も私達に恩を感じてるならまた趣味を始めてみたら?」


球磨「安価」


下1~3高コンマ 球磨の趣味の内容等。無しも可



71:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 20:46:01.93 ID:f0Bm04ZB0

>>66(多分遊戯王GXのユベル)にちなんで

姉妹艦達の盗撮・使用済み下着の収集



72:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 20:47:48.49 ID:6uLnqYg40

危険生物(ヘビ、クモ等)の飼育



73:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 20:48:02.20 ID:knahmZqJO

>>71+>>72



76: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 20:55:17.41 ID:FthCAQg5O

球磨「大きい声では言えないクマが…北上になら言えるクマ。球磨は艦娘の盗撮とか使用済み下着の収集をしてたクマ…」


北上「うーわ……」


球磨「盗撮はペンに仕込んであるやつとか、盗撮したい艦娘の部屋にマルチタップのコンセント差しておいたり…クマ」


北上「ガチじゃん……」


球磨「自慢じゃないけどバレたことは無いクマ。普段見れない姿が見れてゾクゾクしたクマ」


北上「あのさ球磨姉、聞くの怖いんだけど…盗撮と下着を収集対象って同じ人?それとも何か艦種とか決めてやってたわけ……?」


球磨「安価」


下1~3高コンマ 球磨の台詞等



77:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 20:57:45.30 ID:zNV6L5Jh0

駆逐艦娘狙ってたクマ



78:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 20:59:04.53 ID:A4nBANoF0

北上以外から無差別クマ



79:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 21:12:23.39 ID:D+6zKzBVO

強いていうなら明らかに体調が悪そうなのに、無理してる艦娘を優先的に盗撮してたクマ



80: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 21:20:58.20 ID:FthCAQg5O

球磨「あの北上以外から無差別クマ」


北上「あぁ、うん…ならちょっと安心したよ…」


球磨「盗撮と下着ドロなんて何も役に立たないクマ…」


北上「ところがそうでも無いんだよね。一緒に工廠来てくれる?」


球磨「クマ……」



81: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 21:26:15.16 ID:FthCAQg5O

ーー工廠


北上「ちょうど夕張が居ないね。球磨姉、このパソコン見てみてよ」


球磨「鎮守府に一台はある共有のパソコンクマ」


北上「それで共有フォルダ見てくれる?外部からも見れるやつの方」


球磨「ええっと…これクマね」カチカチ


北上「動画ファイルがあるよね?」


球磨「……あるクマ」


北上「じゃあそれを開いてみよう~」



82: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 21:29:42.44 ID:FthCAQg5O

ーー

球磨「何だこれはクマ!?」


北上「それは龍驤さんと提督の夜の情事だね~」


球磨「なんでこんなものが共有フォルダに…」


北上「夕張ってパソコンのこと良くわかってないんだよね~自分が操作した時は自分しか見れないって思い込んでるんだよ~」


球磨「あり得ないクマ…」


北上「それで日々盗撮した提督と龍驤さん達の動画をコレクションして、楽しんでるだね~」


球磨「……」



83: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 21:32:29.21 ID:FthCAQg5O

北上「でさ球磨姉。次はこのDVD見てくれる?」


球磨「……見るクマ」


北上「………どう球磨姉?」


球磨「モザイクはかかってるけど、ここの提督と漣の情事クマ」


北上「そ、でもこれはちゃんとタイトルとかあったよね?」


球磨「十代少女の



84: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 21:34:18.48 ID:FthCAQg5O

ミス


北上「でさ球磨姉。次はこのDVD見てくれる?」


球磨「……見るクマ」


北上「………どう球磨姉?」


球磨「モザイクはかかってるけど、ここの提督と漣の情事クマ」


北上「そ、でもこれはちゃんとタイトルとかあったよね?」


球磨「コスプレ盗撮シリーズ~十代少女の淫夜その3……これはもしかして…」


北上「そうだよ、エ口DVDとして売り捌いてるんだ~」



87: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 21:39:32.09 ID:FthCAQg5O

北上「ここの子達のケアで色々買ったりとか鎮守府の設備整えたりしてるんだけど、全部が全部経費で落ちるわけじゃないんだよ」


北上「そういう時は全部提督がポケットマネーを出してくれてたんだ。結構な額にもかかわらずさ」


北上「あたし達はどうにかできないかと思って……これを思い付いたの」


球磨「モザイクをかけてたら、確かに艦娘とはわからないクマね」


北上「この作業に球磨姉も参加してくれるならかなり助かるんだけど…どう?」


球磨「安価」


下1~3高コンマ 球磨の台詞等



88:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 21:41:20.56 ID:6uLnqYg40

エ口は趣味 金儲けに使っちゃダメ



89:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 21:43:58.67 ID:uG7aIEnxo

人の事言えんくまけど流石にこれは…、



90:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 21:44:17.08 ID:ScBAtuEvo

何というか一線越えてるクマ



92: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 21:52:13.64 ID:FthCAQg5O

球磨「人の事言えんクマけど、流石にこれは…」


北上「……そんなにヤバいかな?」


球磨「相当だと思うクマ」


北上「でも売り上げは結構あるんだけどなぁ~」


球磨「そんな問題じゃないクマ」


北上「まぁさ、協力してくれる気になったら言ってよね~」


球磨「一応覚えておくクマ」



93: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 21:54:23.97 ID:FthCAQg5O

ーー

球磨「趣味…確かに自分の時間はここに来てからできたクマ」


球磨「盗撮と下着拝借……久しぶりにやってみるクマか…?」


球磨「とはいってもかなり腕は落ちているはずクマ。もしバレたら…」


球磨「ならここは簡単そうな艦娘でちょっと試してみるクマ」


球磨「ターゲットは……」


下1~3高コンマ 球磨のターゲットを



94:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 21:54:54.60 ID:A4nBANoF0

葛城



95:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 21:54:57.21 ID:C49+mjbDO

憲兵さん来ちゃう



96:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 21:55:21.11 ID:D+6zKzBVO

あぶぅ



97: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 22:02:37.12 ID:FthCAQg5O

ーー

葛城「よしっ!今日も訓練頑張るわよ!」


球磨「頑張ってるクマね。これ差し入れだクマ」


葛城「球磨さん!ありがとうございます!」


球磨「その調子ならもっと強くなれるクマ」


葛城「お世辞でもそう言ってくれて嬉しいです!さ、やるわよ~!」


球磨「…………」



98: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 22:04:24.16 ID:FthCAQg5O

ーー

葛城「いただきまーす!」


雲龍「今日もよく食べてるわね」


葛城「体が大事だからね!雲龍姉ももっと食べないと!」


雲龍「私は今日はこれから動くの。帰ってきたら沢山食べるわ」


球磨「…………」コソッ



99: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 22:06:56.34 ID:FthCAQg5O

ーー

球磨「盗撮は問題なさそうクマ。いいアングルで撮れてるクマ」


球磨「そうなると…次は下着だクマ」


球磨「使用済みの下着を収集するには限られたタイミングしか無いクマ。それを見極められるのか…」


球磨「これこそバレたら終わりクマ。慎重かつ大胆に……クマ」



下1~3高コンマ 球磨の下着ドロの結果等



100:sage 2018/08/09(木) 22:07:44.86 ID:MAVXjz1Y0

ランクS大勝利



101:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 22:08:34.41 ID:f0Bm04ZB0

葛城だけではなく雲龍と天城の下着も盗み出すプロの業



102:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 22:09:27.66 ID:D+6zKzBVO

>>100+>>101



103: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 22:18:03.85 ID:FthCAQg5O

ーー

球磨「まさかの大勝利クマ……」パンツ、ブラ


球磨「球磨の腕は落ちてなかったようだクマ。葛城は全く気付く気配が無かったクマ」


球磨「これは少しずつ再開していってもいいかもしれないクマね」


球磨「さて……球磨の手元には葛城の下着があるクマ…」


球磨「せっかくだし…いつも通り楽しんでみるクマ……」


下1~3高コンマ 葛城の下着の楽しみ方等



104:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 22:20:09.74 ID:Pv9p6lLiO

お吸い物



105:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 22:23:17.33 ID:D+6zKzBVO

自身に装着



106:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 22:24:27.90 ID:ScBAtuEvo

王道のくんかくんか



109: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 22:31:19.28 ID:FthCAQg5O

球磨「…まずはブラから匂ってみるクマ」クンクン


球磨「ふむ…やっぱり谷間が無いから汗の匂いはそこまでしないクマ。でもなんだか甘い香りがするクマ」


球磨「あぁ、うん……これ結構いいクマ…」


球磨「葛城の甘さは…砂糖みたいな甘さじゃなくて…ハチミツみたいに…トロッとした甘さクマ…」


球磨「ふぅ……中々堪能できたクマ。じゃあ次はメインディッシュにいくクマ!」



110: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 22:34:25.42 ID:FthCAQg5O

球磨「おほぉ……これは汗の匂いが凄いクマ…」


球磨「訓練を頑張ってたクマからね…おぉぉ…これは濃厚な…」


球磨「お、おぉぉ…………」ヒクヒク


球磨「こんな濃いメスの匂いをさせるとは…ここの艦娘を舐めてたクマ…」


球磨「これならアレが作れるクマ。北上にもおすそ分けしてみるクマ」



111: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 22:37:07.42 ID:FthCAQg5O

ーー

球磨「北上、お疲れ様クマ~」


北上「球磨姉じゃん、それって差し入れ?」


球磨「そうクマ。お吸い物を作ってきたクマよ~」


北上「ちょうど小腹が空いてたんだよね~ありがたく頂きまーす」ズズズッ


球磨「どうクマ?美味しいクマ?」


北上「…………球磨姉、これ何の出汁?」


球磨「それは葛城の下着でとった出汁クマ。いい出汁が出てると思うクマよ」


北上「安価」


下1~3高コンマ 北上の台詞、行動他



112:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 22:38:10.18 ID:D+6zKzBVO

そっかありがと、大井っちにもお裾分けしてくるね



113:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 22:40:00.08 ID:9iY1JA0RO

うん、やっぱり頭おかしいよ…



114:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 22:40:32.39 ID:f0Bm04ZB0

憲兵さんこの人です



115: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 22:46:35.23 ID:FthCAQg5O

北上「あぁ、うんちょっと待ってて……」ピピピ


球磨「誰に電話してるクマ…?」


北上「……直ぐ来てくれるそうだから待ってて」


球磨「よくわからないけど、北上がそう言うなら待つクマよ」



116: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 22:49:45.60 ID:FthCAQg5O

ーー

憲兵「どうした北上?」


北上「球磨姉改めて紹介するね。ここの憲兵さんであたしの彼氏」


球磨「それは知らなかったクマ。妹をよろしく頼むクマ」


憲兵「わざわざ俺を紹介するためだけに呼び出したのか?」


北上「ううん…このお吸い物ね、球磨姉が作ったらしいんだけど……葛城の下着で出汁取ったんだって…」


憲兵「はぁ!?」


球磨「自慢の一品クマ。憲兵もお一つどうクマ?」


憲兵「安価」


下1~3高コンマ 憲兵の台詞、行動他



117:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 22:52:05.89 ID:9iY1JA0RO

いや、そういう趣味はないので…



118:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 22:55:48.61 ID:uG7aIEnxo

いえ…自分は遠慮しておきます……



119:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 22:56:37.11 ID:8R8Cfvnao

へ、へんたいだー!



121: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 23:06:18.37 ID:FthCAQg5O

憲兵「いや、俺にはそういう趣味はないから…」


球磨「それは残念クマ。なら残りは球磨が楽しむクマ~」スタスタ


北上「あのさ憲兵……あれは…セーフなの…?」


憲兵「あんな特殊過ぎるのは前例が無い…というか相手にしたく無い…」


北上「ええ…仕事してよ……」


憲兵「俺にも出来ることと出来ないことがある…」


北上「あたしはひょっとしてとんでも無いのを目覚めさせちゃったのかな…」



122: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 23:09:19.78 ID:FthCAQg5O

ーー


球磨「お吸い物は堪能したし、いつもやってるみたいに葛城の下着を元に戻しておくクマ」


球磨「この作業までしっかりやり遂げて、初めて球磨のミッションは完了だクマ」


球磨「見つからないように…気づかれないように…」


球磨「スニーキングは得意クマっと…」


下1~3高コンマ 葛城の下着を無事返すことはできた等



123:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 23:11:39.36 ID:MESOsn8l0

なんとなく葛城が下着に違和感を覚える



124:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 23:12:38.34 ID:D+6zKzBVO

返せた
ついでにちゃっかり戦利品(他の下着)も手に入れてきた



125:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 23:13:56.95 ID:ScBAtuEvo

今度は何やらおっぱいに夢中になってた雲龍、皐月の下着をとった



126: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 23:19:40.89 ID:FthCAQg5O

ーー数日後


球磨「今日は雲龍と皐月の下着をダブルでとってきたクマ」スッ


球磨「雲龍は見るからに凄いクマ…スイカ入れか何かクマか?」ドォン…


球磨「皐月は可愛い下着クマ。標準的な駆逐艦パンツクマ」


球磨「さて、今日はどうやって楽しんでやるクマかな~」


下1~3高コンマ 下着の楽しみ方やその他感想等



127:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 23:20:46.00 ID:eQf1xy900

浸して凍らせてアイスにする



128:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 23:21:52.41 ID:uG7aIEnxo

雲龍ブラの器に雲龍パンツと皐月パンツの蒸し物を盛り付けていたたく



129:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 23:22:29.98 ID:D+6zKzBVO

>>127+かき氷のシロップをかけて召し上がる



131:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 23:25:21.07 ID:f0Bm04ZB0

絶対お腹壊すぞ…



132: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 23:27:29.32 ID:FthCAQg5O

ーー

球磨「今日は暑いから冷やして楽しむクマ」


球磨「どれどれ…うん、上手く凍ってるクマ」


球磨「あとはこれを手動のカキ氷機にセットして……」ガチャ


球磨「下着が削れるギリギリまで氷を削っていけば、完成クマ~」ゴリゴリ



133: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 23:30:10.55 ID:FthCAQg5O

球磨「できたクマ!」パパーン


球磨「雲龍方は練乳で、皐月の方はレモンにしたクマ」


球磨「とはいっても二つは作り過ぎたクマね。球磨は味見で半分満足しちゃったから…どうしようクマ…」


球磨「こうなったら誰かに食べさせてあげるクマ。北上は趣味が合わないみたいだから、それ以外の誰かがいいクマね~」


下1~3高コンマ おすそ分けの相手等



134:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 23:31:10.18 ID:f0Bm04ZB0

多摩と大井っち



135:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 23:32:01.54 ID:UQTTXljf0

ご本人たち



136:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 23:35:59.21 ID:A4nBANoF0

提督と龍驤



139: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 23:40:38.53 ID:FthCAQg5O

ーー

球磨「二人ともちょうどいいところに居たクマー」


皐月「球磨さん?」


雲龍「涼しそうなものを持ってるわね」


球磨「日頃頑張ってる二人に差し入れクマ。どうぞ食べてクマ」スッ


皐月「レモンと練乳だ。ちょうど僕達の色してるね」


雲龍「本当に食べていいの?」


球磨「遠慮せずに食べて欲しいクマー」


雲龍「それじゃあいただくわね」


皐月「いただきまーす!」


球磨「うんうん」


下1~3高コンマ どっちかの台詞や感想等



140:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 23:42:39.77 ID:eQf1xy900

味はともかく何故か入っている布が気になる



141:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 23:44:05.22 ID:ScBAtuEvo

なんというか…エグい?



142:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 23:45:32.13 ID:uG7aIEnxo

おいしー
けどこの噛み切れないものはなに?



143: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/09(木) 23:53:46.29 ID:FthCAQg5O

皐月「ん、また入ってた」


雲龍「味は美味しいんだけど、どうしてこんなに糸くずみたいなのが入ってるの?」


球磨「申し訳ないクマ…きっと機械を丹念に布で拭いたからだクマ…」


皐月「仕方ないよ!カキ氷機には刃がついてるし、布くらい引っ掛けちゃうって!」


雲龍「それに今時手動のカキ氷なんて珍しいもの。いつもより美味しい気がするわ」


球磨「そりゃそうクマ。使い古された脱ぎたて下着はいい味するクマ。古い下着特有の糸くずもいいアクセントクマ」ボソッ


皐月「ん?なんか言った?」


球磨「何もないクマよ~」


雲龍「美味しかったわ。また作ってくれる?」


皐月「僕もまた食べたい!」


球磨「もちろんクマー」


ーー



155: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/10(金) 20:58:33.73 ID:bbMKaE74O

ーー

卯月「司令官、うーちゃんに用事って何ぴょん?」


提督「…卯月に少し頼みたいことがある」


卯月「司令官の為ならなんでもやっちゃうっぴょん!出撃、遠征、なんでもこいっぴょん!」


提督「…そう言ってくれるのは助かる。しかし出撃に関することでは無いんだ」


卯月「それって司令官にしがみついてる龍驤さんが関係してるっぴょん?」


提督「…その通りだ」


龍驤「…………」ギュウゥゥ



156: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/10(金) 21:02:01.92 ID:bbMKaE74O

卯月「ひょっとしてまた例の夢見ちゃったっぴょん?」


提督「…そうらしい。朝からずっとこの状態なんだ」


卯月「龍驤さん大丈夫っぴょん?」


龍驤「…………」コクリ


卯月「相当キテるっぴょんね…」


提督「だがこれでも改善しているんだ。以前の龍驤なら即医務室行きか病院だからな」


卯月「ちゃんと薬を飲んでるおかげっぴょんね~」


提督「…俺は今日こんな状態だ。だから卯月に手伝って欲しいことがある」


卯月「なるほど~なんでも任せて欲しいっぴょん!」


提督「安価」


下1~3高コンマ 卯月への頼み事等



157:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 21:08:26.59 ID:B2QXpwUAO

会合にも出てこなくなってしまった百合提督の鎮守府への様子見



158:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 21:19:54.79 ID:Hs/QApkQ0

資材の管理計算(右上で勝手に計算してるあれ)



159:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 21:27:22.25 ID:SkynSY/mO

158の後157



160: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/10(金) 21:32:36.17 ID:bbMKaE74O

提督「資材の管理計算をして欲しいんだ」


卯月「うーちゃんにお任せっぴょん!でも龍驤さんみたいに早くはできないっぴょんよ?」


提督「問題無い。卯月なら俺より十分早いからな」


卯月「了解っぴょん!司令官はそのまま龍驤さんを癒してあげててっぴょん!」


提督「…そのつもりだ」


龍驤「ありがと………卯月……」ボソボソ


卯月「大船に乗った気持ちでいて欲しいっぴょん!」



161: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/10(金) 21:36:42.53 ID:bbMKaE74O

ーー


卯月「今日の遠征は全部でこれだけ…かかる燃料と弾薬を引くと……」カチャカチャ


卯月「あと出撃は…朝イチはこの艦隊が行って…あとの出撃はこうなってる…」


卯月「艤装の改修は魚雷と…対空砲…あと特殊装備の更新…」


卯月「えぇ~~っと…ここまでは合ってる……?あ、まだこれが残ってた…」


卯月「計算間違いは洒落にならないから…慎重に…慎重に……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



162:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 21:39:17.61 ID:WhWHY+dYO

村雲もお手伝いに



163:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 21:39:35.76 ID:4bzPZu380

スパコン並みにきっちり
計算されている書面に
驚いた提督



164:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 21:40:42.91 ID:5Xpl0vQDO

部屋に居ない卯月を探して叢雲が来た
そ~っと来た



165: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/10(金) 21:52:13.08 ID:fdXK4AI/0

卯月「……よし、二回目も確認オッケーっぴょん!」


卯月「思ったより早くできたし、司令官にご褒美でももらうっぴょん!」


叢雲「卯月…ここに居たのね……」ヌッ


卯月「ぬぉぉぉ!び、びっくりしたっぴょん…」


叢雲「今日は朝から不安定で…卯月の側に居ようと思ったら部屋に居ないし…探したわよ…」


卯月「そ、それはごめんっぴょん……」


叢雲「私の側に…居てくれるって言ったのに…」


卯月「ごめんなさい……でも急に仕事が入って…」



166: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/10(金) 21:57:53.02 ID:fdXK4AI/0

叢雲「あのね卯月…私にも理性があるの…なんでそんな格好…してるの…?」


卯月「格好?もしかしてこれっぴょん?」眼鏡


叢雲「そんなの見せられたら…我慢できないわよ!」ガバッ


卯月「うぉーーーー!」


叢雲「早く私を犯しなさいよ!私が泣き叫ぶくらいに!!」


卯月「叢雲!落ち着くっぴょん!」


叢雲「こっちは卯月様に触れてるだけでビチャビチャなのよ!ほら、触りなさい!!」グググッ


卯月「力…強っ……!!」


叢雲「卯月様卯月様卯月様卯月様卯月様卯月様卯月様ぁぁ~~~~!!」


卯月「……!!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



167:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 22:00:08.22 ID:4bzPZu380

叢雲に弥生がバックから組みつく



168:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 22:04:04.15 ID:WhWHY+dYO

だから弥生はこの鎮守府にはいないっつうの!

安価は「業雲には勝てなかったよ…」で



169:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 22:08:46.28 ID:4bzPZu380

>>168
えっ!? 卯月がいるからにゃ
睦月・如月・弥生もいるかと(T_T)

安価下



170:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 22:13:19.33 ID:BOo1FexCo

提督が戻ってきて止める



171: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/10(金) 22:14:03.68 ID:fdXK4AI/0

すいません睦月型は卯月皐月ぐらいしかいません

安価はあと下2まで範囲でお願いします



172:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 22:16:30.58 ID:Hs/QApkQ0

卯月覚醒



173:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 22:17:00.25 ID:4NZmuBvUo

神通教官、叢雲をシゴキに連行



175: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/10(金) 22:29:42.41 ID:fdXK4AI/0

卯月「う……うびゃあぁぁぁぁ!!」バッ


叢雲「きゃっ……」ドタッ


卯月「フー!フーッ!!純粋な力比べなら負けないっぴょん!!」


叢雲「……」


卯月「いくら叢雲が改二だからって、練度が全てじゃないっぴょん!」


叢雲「…………」


卯月「……乱暴してごめんっぴょん。仕事も終わったし二人だけでゆっくりするっぴょん」


叢雲「………………」


卯月「叢雲…?」



176: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/10(金) 22:35:21.98 ID:fdXK4AI/0

卯月「叢雲、なんで無視するっぴょん?」


叢雲「……」


卯月「そんなに怒ったっぴょん?でも襲いかかってきた叢雲もちょっとは悪いっぴょんよ?」


叢雲「……」


卯月「あれ……叢雲……」


卯月「ひょっとして……卯月が突き飛ばした時に…頭でも打ったっぴょん……?」


叢雲「……」


卯月「そんなことないっぴょんよね…?拗ねてるだけっぴょんよね…?」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



177:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 22:41:09.05 ID:OdAxbgTG0

卯月が油断した隙に組み敷き返す叢雲



178:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 22:44:08.48 ID:BOo1FexCo

一 転 攻 勢 叢 雲



179:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 22:46:30.94 ID:5Xpl0vQDO

ショックで幼児退行
卯月をママと呼ぶ



180: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/10(金) 22:59:18.13 ID:fdXK4AI/0

叢雲「ママ……?」


卯月「え…」


叢雲「どうしたのママ…?なんでそんな顔してるの…?」


卯月「そ……そん…な…」ヘナヘナ


卯月「卯月が…やってしまった………」


叢雲「ママぁ……」スリスリ


卯月「あぁぁ……なんで…そんなことは…するつもりは無かったのに…」


叢雲「安価」


下1~3高コンマ 叢雲の台詞やその他起こったこと等



181:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 23:01:49.09 ID:FUwmPsqP0

ふふ……冗談よ、こういうの楽しいわね……



182:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 23:02:53.09 ID:NfU3My9aO

……油断したわね!スキ有りよ!



183:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 23:04:33.15 ID:N7Aauyi1O

(このままフリをしてればいけそうね…)



184: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/10(金) 23:13:06.27 ID:fdXK4AI/0

叢雲(このまま幼児化したフリをしてればいけそうね…)


卯月「ごめんなさい…なんて償えばいいのか……」


叢雲「ママ……おっぱいちょうだい…」


卯月「…………」


叢雲(しまった…いきなりすぎたかしら…)


卯月「いいっぴょんよ…卯月のおっぱい…あげるっぴょん…」ゴソゴソ


叢雲(チョロいわね)



185: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/10(金) 23:24:45.57 ID:fdXK4AI/0

叢雲「ママ…ママ……」チュパ


卯月「うん…卯月が叢雲のママっぴょん……責任取るっぴょん…」


叢雲(ヤバ…卯月様のおっぱい超美味しい…)チュパチュパ


卯月「う…ぐす……」


叢雲(あ~~~~意識飛ぶ…吸ってるだけで何回絶頂できるかしら…)ビクビク


卯月「………それにしても…激しく吸うっぴょんね…」ピクッ


叢雲(あ"ぁぁぁぁ~~~~…)ビクンビクン


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



186:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 23:27:13.32 ID:FUwmPsqP0

堪能した叢雲、素に戻ってしまいバレる



187:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 23:29:03.87 ID:5Xpl0vQDO

皆が集まってきて大事に
演技だとは言い出せない雰囲気



188:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 23:29:55.29 ID:Hs/QApkQ0

一部始終夕張に盗撮されていた



189: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/10(金) 23:33:19.15 ID:fdXK4AI/0

ーー


漣「頭を打った衝撃で幼児退行ですか…」


卯月「はい…全ては卯月の責任です……」


北上「状況から言って突き飛ばしたのは悪いとは言えないよね」


夕張「運が悪かったとしか言えません…」


千歳「叢雲ちゃんは卯月ちゃんの側から離れようとしないのね」


卯月「はい……」


叢雲(いよいよマズいことになってきたわね…)



190: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/10(金) 23:37:54.30 ID:fdXK4AI/0

提督「こういう時は投薬治療が必要か?」


霞「薬じゃこれ以上悪くならないだけで、改善するとは言えないわね」


千歳「根気よくカウンセリングしか無いわ…」


叢雲(どうする?今更演技でしたなんて言えないわよ…このまま少しずつ良くなっていく方向でいくべきかしら…)


卯月「ごめんね叢雲……卯月がちゃんと面倒みるから…」ナデナデ


叢雲(あ、やば……卯月様の撫で撫で…浄化されるぅ……)


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



191:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 23:42:34.69 ID:BOo1FexCo

卯月と一緒だと悪影響だ、病院に隔離して治そうという流れになり、叢雲土下座で謝る



192:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 23:43:27.13 ID:N7Aauyi1O

赤ちゃん扱いの心地よさを知ってしまう



193:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 23:43:52.86 ID:NfU3My9aO

実は叢雲の演技を見抜いていた卯月



194: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/10(金) 23:46:47.42 ID:fdXK4AI/0

ーー夜


叢雲(結局言い出せずに日が終わっちゃうわ…どうしましょう…)


卯月「叢雲……もういいっぴょんよ…」


叢雲「ママ…?」


卯月「うーちゃんは最初から全部気付いてたっぴょん」


叢雲「…何言ってるのママ?」


卯月「子どもがあんな嫌らしく乳首吸うわけないっぴょんよ」


叢雲「……最初から気付いてたとはね」


卯月「うーちゃんの目は誤魔化せないっぴょん」



195: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/10(金) 23:52:25.28 ID:fdXK4AI/0

叢雲「じゃあなんで私の演技に乗ってくれたの?」


卯月「あの場に夕張をおびき出す為だっぴょん。こうしておけば盗撮の心配は無いっぴょん」


叢雲「卯月…様…?」


卯月「叢雲、覚悟するっぴょん?難しい仕事して久っ々にうーちゃんスイッチ入ったっぴょん」グイッ


叢雲「あぁん…」


卯月「痣できても今日なら誤魔化せるっぴょん。叢雲、声我慢するっぴょん」


叢雲「はい…卯月様……!」


卯月「気絶するまでイジメ倒してやる!このメスブタ!!」ドガッ


叢雲「あぁぁぁ…卯月様ぁ…」


ーー



213: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/11(土) 20:37:17.32 ID:jXcrS+Bh0

ーー


雲龍「漣、少しいいかしら」


漣「おろ?雲龍さんが漣に何か用だと言うのですか?」


雲龍「ええ、貴女の助けが必要なのよ」


漣「漣がお助けできることならば全力でお助けします!」


雲龍「頼もしいわね。なら私の話を聞いてちょうだい」



214: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/11(土) 20:41:49.04 ID:jXcrS+Bh0

雲龍「実はね、今年の夏に向けて去年の水着を出してみたのよ」


雲龍「そうしたら……入らなかったの」


漣「ぅわ~それって胸が大きくなった自慢乙な感じじゃ…」


雲龍「そうじゃないの。胸は去年と変わってなかったのよ」


漣「ほぇ?」


雲龍「下半身だけ……入らなくて…」


漣「あっ…察し…」


雲龍「漣、貴女太らない体質なのよね、私にアドバイスを頂戴」


漣「いやいや!これは漣の特殊体質が関係しててですね!」


雲龍「漣、私を助けて」ズイッ


漣「おぉう……雲龍さんが迫ってくるなんて久々ですな…迫力が違ぇ…」


雲龍「ふざけてないで、本気で助けて欲しいのよ」


漣「えぇーーう~ん…じゃあ…」


下1~3高コンマ 漣のアドバイス内容等



215:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 20:43:48.79 ID:aUqa/XuuO

ロデオマシーンとかどうですか



216:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 20:45:20.06 ID:r9/fyXUj0

エアロビクスをやりましょう



217:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 20:46:37.51 ID:lAGayqeCo

一緒に走ります?



218: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/11(土) 21:04:34.14 ID:jXcrS+Bh0

漣「ロデオマシーンとかどうですか?」


雲龍「本当にそれが効くのね?」ズイッ


漣「え、えぇ……」


雲龍「私は下半身だけ痩せたいの。その辺も大丈夫なのね?」


漣「間違いないとは思いますけど…」


雲龍「漣がロデオマシーンに乗っている所なんて見たことが無いのだけど、間違いは無いのね?」


漣「いやぁマスィーンには乗ったことはありませんが、ある意味本物の馬に乗ってますので……」


雲龍「それって…」



219: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/11(土) 21:09:34.69 ID:jXcrS+Bh0

漣「ご想像通りご主人様のことですぜ。騎乗位って凄く下半身を使うんですよ」


雲龍「確かにあれだけ動けば効果はありそうね」


漣「えぇっと……もしかして漣のDVD見てます?」


雲龍「特典映像まで持ってるわ」


漣「うわぁ…」


雲龍「アドバイスありがとう。早速試してみるわ」スタスタ


漣「そんなに太ってないのに…雲龍さんはある意味一番乙女なんですなぁ」


下1~3高コンマ 雲龍の向かった場所等



220:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 21:11:01.04 ID:K4pZeXWI0

乗馬体験のできるところ



221:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 21:11:21.87 ID:lAGayqeCo

街のスポーツジム



222:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 21:11:42.65 ID:dnKnKSav0

提督の所



224: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/11(土) 21:18:20.00 ID:jXcrS+Bh0

ーースポーツジム


雲龍「ここが一番近いのと、割引券を持ってたから来てみたわ」


雲龍「それしても色々あるのね。これは背筋を鍛えるもの。これはウェイトトレーニングね」


雲龍「説明によるとロデオマシーンもあるみたいだけど、せっかくだから沢山試してみましょう」


雲龍「下半身に効きそうなのはどれかしら…」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



225:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 21:20:05.87 ID:aUqa/XuuO

揺れる胸とお尻に周囲の視線が釘付け



226:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 21:21:36.32 ID:ghATPAM4O

運動前に計測
お腹周りを掴まれる



227:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 21:24:37.44 ID:K4pZeXWI0

ジムの人からプロポーションを羨まれる



229: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/11(土) 21:32:45.67 ID:jXcrS+Bh0

ーー

雲龍「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ…ルームランナーは悪くないわね」ぶるんぶるん


「おい、アレ見てみろよ…」

「Oh dynamite heaven」


雲龍「この機械は脚でも使えるのね。重りを踏んで…ぐう……」プルプル


(あの揺れる尻はまるで芸術だ…)


雲龍「こうして見ると下半身の運動になるものも多いのね。これは効果がありそうだわ」


「あの人の後ろをつけていくと天国が見れるってよ!」ヒソヒソ

「おい、声がでかい!」ヒソヒソ



230: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/11(土) 21:36:40.61 ID:jXcrS+Bh0

雲龍「こんなものかしら。次は別の割引券のあるジムに行ってみてもいいわね」


「ねぇお姉さん、この後時間ある?」


雲龍「私?」


「そう!よかったらお茶とかどう?お姉さんも運動して疲れてるでしょ?」


雲龍(ナンパかしら…そうか、私の体を見て声をかけてきたのね。ジムに来てるくらいだから体は鍛えてあるみたいだけど……)


「退屈させないからさ!ね?」


雲龍「安価」


下1~3高コンマ 雲龍の台詞やその他起こったこと等



231:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 21:37:51.26 ID:ghATPAM4O

ご馳走してくれるなら...



232:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 21:38:49.17 ID:nAPODpDDo

ごめんなさい。この後エステの予約があるの。



233:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 21:43:32.38 ID:HDsqCeK8o

皐月がお姉ちゃん迎えに来たよと



234: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/11(土) 21:48:46.45 ID:jXcrS+Bh0

皐月「お姉ちゃん、迎えに来たよ!」


雲龍「あら、わざわざ来てくれたの?」


「あ、ご家族と一緒で……なら失礼します…」


皐月「全く、雲龍さんに声をかけるなんて百年早いよ!」


雲龍「確かに普段なら断ってるわ。でも今日は少しいいかもって考えてたのよ」


皐月「雲龍さんが!?」


雲龍「ええ、激しい運動は下半身に効くらしいから」


皐月「……どういうこと?」


雲龍「私がここにいる理由から説明してあげるわね」



235: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/11(土) 21:53:46.63 ID:jXcrS+Bh0

ーー

皐月「下半身の運動の為にジムに来てたんだ…」


雲龍「訓練だと下半身だけ集中的にっていうのは無理だから」


皐月「だからってナンパされるのもどうかと思うな~」


雲龍「今の私ならやるわよ。下半身が太るなんて許せないの」


皐月「雲龍さんの目がマジだ…」


雲龍「じゃあね皐月、今夜は遅くなるかもしれないから」


皐月「待ってよ雲龍さ~ん!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



236:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 21:56:07.39 ID:v5x3pMqPO

トレーニング中の葛城に遭遇



237:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 21:57:13.67 ID:dnKnKSav0

スポーツジムに雲龍FC(という名のセフレ達)ができた




238:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 21:57:53.26 ID:hq8bz/R/o

皐月が後ろから抱きついて
「もっと自分を大事にして! 鎮守府(うち)はそういうのに緩い人多いから気にしないかもしれないけど、外から尻軽とか淫売とか思われると大変なんだから!」



241: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/11(土) 22:05:53.27 ID:jXcrS+Bh0

ーー後日


雲龍「提督、またジムに出かけてくるわね」


提督「あぁ、息抜きのつもりで楽しんでこい」


龍驤「気ぃつけて行ってきーや」


提督「…雲龍のやつ、余程ジムが気に入ったようだな」


龍驤「ほんまやね。休みの度にでかけてるみたいや」


皐月「司令官…雲龍さんを止めてあげて……」ギィィ


提督「皐月…?」


龍驤「えらい落ち込んどるな。また何かあったんが?」


皐月「僕のことじゃなくて…雲龍さんのことなの…」



242: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/11(土) 22:09:53.09 ID:jXcrS+Bh0

皐月「あのね…雲龍さんがいってるジムで…雲龍さんのファンクラブができてるの…」


龍驤「ジムでファンクラブって凄いな…」


提督「…雲龍なら不思議でもないな」


皐月「でもね…そのファンクラブの正体が…雲龍さんの…セフレの集まりなの…」


龍驤「はぁ!?」


提督「なぜそんなことになっている?」


皐月「あのね…雲龍さんは下半身が痩せたくてジムに行ってて…エッチも下半身に効果があるって…」


龍驤「それはちょっと…なぁ……」


皐月「お願い龍驤さん!雲龍さんを止めるのを手伝って!」


龍驤「うーん…手伝うのは手伝うけどや…」


提督「とにかく本人に話を聞いてみよう」


龍驤「そやね、まずはそこからや」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



243:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 22:12:51.73 ID:lAGayqeCo

踏んで貰う限定の健全なあつまりだった
艦娘に手を出す勇気の有る奴は居ないらしい



244:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 22:13:30.87 ID:rZII3aHqO

皆さんに悩みを打ち明けたらお尻を揉んでくれてるの
なんだかお尻が大きくなってるけどもう少し続ければ効果が出るって



245:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 22:15:23.54 ID:ng3EbXH4o

他の鎮守府の二航戦からお説教うけてる



247: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/11(土) 22:25:24.47 ID:jXcrS+Bh0

ーー

雲龍「呼び戻されたと思ったらそのことだったのね。あの人達に悩みを打ち明けたらお尻を揉んでくれてるのよ」


龍驤「尻を揉んでもらうっていうのもなぁ…」


雲龍「なんだかお尻が大きくなってるけど、もう少し続ければ効果が出るって皆んな言うの」


提督「…自分が艦娘だとは名乗っていないんだな?」


雲龍「ええ、名乗る必要が無いもの」


龍驤「ほんなら止めるまでのもんや無いか…?」


皐月「ダメだよ…いつか犯されちゃうよ…」



248: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/11(土) 22:28:33.86 ID:jXcrS+Bh0

雲龍「心配してくれてありがとう。でもこれくらい大丈夫よ」


提督「確かに雲龍なら男に囲まれた所で何も問題は無いだろうが…」


龍驤「でも薬でも盛られたらわからんわな」


雲龍「それは……そうね」


皐月「だからお願い雲龍さん…もうこんなことやめてよ…」


雲龍「安価」


下1~3高コンマ 雲龍の台詞、行動他



249:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 22:29:32.66 ID:ng3EbXH4o

皐月ちゃんのお願いならしょうがないわね…



250:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 22:30:22.92 ID:YmVOCIbjO

だったら他に良い方法がないか教えてちょうだい



251:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 22:30:34.25 ID:HDsqCeK8o

そうね…止めにしましょう。
揉んでもらうなら適任がいるしね



256: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/11(土) 22:42:42.60 ID:jXcrS+Bh0

雲龍「だったら他に良い方法がないか教えてちょうだい」


皐月「他……司令官なら安心だけど…」


龍驤「あ?」


皐月「だって!エッチすれば下半身って痩せるんでしょ!?」


龍驤「誰から聞いたそれ?」


雲龍「私よ。漣と提督のを見て凄く効果があるって漣本人から聞いたのよ」


龍驤「……アイツが原因か。ちょっと待っとき」バタン


雲龍「…まずいこと言ってしまったかしら」


提督「かもしれないな……」



257: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/11(土) 22:45:27.46 ID:jXcrS+Bh0

ーー

漣「ん~~んん~今日は~いい天気でぇ~」


龍驤「漣、ちょっとええか?」


漣「龍驤さん?」


龍驤「あのな、直ぐに済む用事やねん」


漣「でしたらどうぞ!漣は今日お暇ですゆえ~」


龍驤「安価」


下1~3高コンマ 龍驤の台詞、行動他



258:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 22:47:26.89 ID:HDsqCeK8o

じゃあちょいとついてきてや



259:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 22:47:51.82 ID:lAGayqeCo

龍驤のカマかけにDVDのことまで喋り盛大に自爆大破する漣氏



260:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 22:52:37.94 ID:gIe+2Fmh0

雲龍に何を言ったか、覚えとるか?



261: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/11(土) 22:58:46.83 ID:jXcrS+Bh0

龍驤「雲龍に何を言うたか、覚えとるか?」


漣「雲龍さん?ええっと任務についてなら毎日のように何か指示を出してますが…」


ドガッ


漣「」ビクッ


龍驤「そういうことを言うてるんやないんや」


漣「びっくり…しますねぇ……急に壁叩かないで下さいよぉ…」


龍驤「今から何日か前のことや。雲龍に余計なこと言うたやろ」


漣「何日か前…雲龍さんに……」



262: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/11(土) 23:01:26.66 ID:jXcrS+Bh0

漣「あ…………」


龍驤「思い当たることがあったか?」


漣「いや…!でも聞かれたからには正直に答えただけですよ!!」


龍驤「……」


漣「…雲龍さんは私とご主人様の秘め事を収めたDVDを見て漣に質問してきたんです。漣が変なことを吹き込んだんじゃありません!!」


漣「信じて下さい龍驤さん~~!!」


龍驤「安価」


下1~3高コンマ 龍驤の台詞、行動他



263:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 23:08:55.85 ID:HDsqCeK8o

でもヤったからって尻は小さくならんやろ
適当言ったらあかんで



264:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 23:11:28.64 ID:hq8bz/R/o

うーんこれはギルティ
一緒に雲龍に謝りにいくで



265:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 23:15:14.85 ID:rZII3aHqO

雲龍のお尻でかなってるやん…
どうすんの?



266: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/11(土) 23:23:02.67 ID:jXcrS+Bh0

龍驤「……わかった、そこまで言うんやったらほんまなんやろ」


漣「ほっ……」


龍驤「でもヤったからって尻は小さくならんやろ。適当言ったらあかんで」


漣「お尻が小さくなるなんて言ってません!下半身が痩せると言ったんです!」


龍驤「せやけど結果として雲龍の尻はデカなってるで?」


漣「うぐ……じゃあ責任を持って雲龍さんのお尻は痩せさせます!」


龍驤「それはええけど、どないするって言うん?」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞、行動他



267:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 23:27:52.66 ID:lAGayqeCo

神通ーズブートキャンプ(漣もケジメで入会)



268:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 23:31:03.50 ID:YmVOCIbjO

>>267+なぜか他の雲龍型達も参加



269:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 23:39:31.98 ID:I9YdBEma0

ネットで調べたダイエット方法を試してもらったりマッサージ屋でお尻を重点的にマッサージしてもらったりとかでなんとかなると思います



271: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/11(土) 23:49:57.34 ID:jXcrS+Bh0

漣「ネットで調べたダイエット方法を試してもらったり、マッサージ屋でお尻を重点的にマッサージしてもらったりとかでなんとかなると思います!」


龍驤「なんとかって…結局人頼みやん…」


漣「む……そんなこと言っちゃいますか」


龍驤「なんや…?」


漣「本当はとっておきがあったんですけど……この鎮守府の為に表に出さなかったんです」


漣「でもこれは解禁せよとのお告げだと解釈します!いざ雲龍さんの元へ!」ダダダッ


龍驤「いや~な予感しかせぇへんけど…大丈夫かいな…」



272: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/11(土) 23:59:14.19 ID:jXcrS+Bh0

ーー

漣「雲龍さん!」バターン


雲龍「そんなに急いでどうしたの?」


漣「下半身痩せする究極の方法を持って参りました!」


雲龍「そんなものがあるなら早く教えてくれればよかったのに」


漣「漣も迷ったんですが……これを解禁することに決めました!」スッ


雲龍「それって……」


漣「ベニバンこと擬似チ○ポです!雲龍さん、これで漣と究極のダイエット開始ですぞ!」


雲龍「安価」


下1~3高コンマ 雲龍の台詞、行動他



273:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 00:01:33.61 ID:bAjHy2WkO

ありがとう、早速貴女で試させてもらうわ



274:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 00:01:54.19 ID:iSrfDWzWO

同性愛者じゃないからお断りするわ でもsoxが1番痩せる事に変わりはないのね 良いことを知ったわ



275:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 00:02:08.72 ID:nxZ59avLO

皐月ちゃんが今の方が魅力的だって言ってくれたるの
確かに体幹も良くなったしこのままでもいいかもしれないわ



276: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 00:10:10.62 ID:/7Ij8wWN0

雲龍「皐月ちゃんが今の方が魅力的だって言ってくれたの。体幹も良くなったしこのままでもいいかもしれないって思ってきたの」


漣「そうだったんですか…」


雲龍「だからその装備は封印しておいて。また必要な時がくるはずだから」


漣「そうですね……」


雲龍「でも…魅力的なのはいいけど、結局水着は買わないといけないわね」


漣「それでしたら漣が買わせてもらいます!」


雲龍「本当にいいの?」


漣「はい!それくらいはさせて下せぇ!」


雲龍「それならまた今度、休みの日に買い物に行きましょう」


漣「雲龍さんと買い物キタコレですぞ!」


ーー



288: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 20:12:55.09 ID:/7Ij8wWN0

ーー


漣「はぐはぐさん、これからどちらへ?」


羽黒「ある鎮守府の艦娘さんに…聞き取りを行おうとしてるんです…」


漣「ほう…何かあったんですな?」


羽黒「はい…その艦娘さんは…いかがわしい映像作品に…出演している疑いが…あります…」


漣「ほう…」


羽黒「しかもその艦娘は駆逐艦なんです…シリーズを何本も出しているみたいで…」


羽黒「おまけにコスプレまでしてるんです…」


漣「あのぉ、それってもしかして……駆逐艦漣が出てるやつじゃありません?」



289: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 20:15:33.41 ID:/7Ij8wWN0

羽黒「漣ちゃん…知ってるんですか…?」


漣「えぇ…実は雲龍さんがそのDVDを持ってまして、見させてもらったんです。あ、これはオフレコでお願ぇします」


羽黒「雲龍さん…」


漣「で、漣も中身を見ましたがあれはガチの駆逐艦だと思いますね」


羽黒「漣ちゃんも…そう思いますか…」


漣「ええ、同じ艦娘としてピンとくるものがありやす」


羽黒「やっぱり…そうなんですね…」


漣「…………」



290: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 20:19:49.31 ID:/7Ij8wWN0

羽黒「ちなみに…その映像の漣ちゃんは…貴女じゃありませんよね…?」


漣「違いますって!はぐはぐも中身見たんですよね?あんな部屋鎮守府のどこにもないじゃないですか!」


羽黒「はい……」


漣「映ってた竿役もご主人様と体型が違いますって!」


羽黒「確かにそうかもしれません…」


漣「よって漣は無罪ですな!」


羽黒「はい…………」



291: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 20:21:55.16 ID:/7Ij8wWN0

漣「それで、これから誰に会いに行くんですか?」


羽黒「別の鎮守府の漣ちゃんなんですが…以前に同じようなことを…しているんです…」


漣「ほうほう、前科有りということですな」


羽黒「まだ確定はしていませんので…慎重にやってきます…」


漣「どうぞお気をつけて!」


羽黒「はい…行ってきます…」


漣「…………」



293: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 20:26:53.47 ID:/7Ij8wWN0

漣「……私とご主人様のDVDは加工に加工を重ねています」


漣「その加工の内容は部屋の内装を替えたり、ご主人様の体つきを替えたりと様々です」


漣「漣とご主人様が喋っている場面は全て音声を消して、不自然な所は後撮りで漣の喘ぎ声を足しています」


漣「さらにそのDVDの元データは漣の手元に存在しません。今はデータをDVDに焼いてくれる企業さんがあるんですぜ」


漣「……バレるはずが無いんです。その疑われている漣氏も無罪なのです」


漣「これも全て……ご主人様とこの鎮守府の為…」


漣「……お金は大事なんです」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



294:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 20:29:00.13 ID:yxN/Xx3BO

無実の漣と庇う7駆たち



295:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 20:29:21.44 ID:078CC2aT0

無事にばれて他の監査艦娘を連れてきて戻ってきて鎮守府一斉捜査をする羽黒



296:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 20:29:26.75 ID:ibXTsY3b0

アングラサイトで秘密裏に元のデータが取引されているとかいないとか



298:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 20:30:50.47 ID:zDdz1jYDO

やばい流れに



301: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 20:47:59.95 ID:/7Ij8wWN0

ーー

夕張「うぅん……」


漣「どうしましたかメロンさん?」


夕張「あのね漣ちゃん、例の件についてちょっとよくない情報があるの」


漣「……どの辺が良くないんですか?」


夕張「あのDVDの元データが闇サイトというか、そういう所で違法ダウンロードされてるみたいなの」


漣「それは…かなりマズイですな……」


夕張「この鎮守府で撮影されたものだって確定はされないと思うけど、多くの人に見られるのは良くないわよね」



302: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 20:55:52.44 ID:/7Ij8wWN0

漣「なんとかできないんですか?そのサイトを通報するとか…」


夕張「無理ね…一度ネットに出回ったものはもう止められないわ」


漣「むぅ……」


夕張「DVDを買った誰かがネットに流したのか、頼んでる企業から漏れたのかはわからないけど、しばらくは大人しくしてた方がいいと思うわ」


漣「そういうわけにはいきません。既に編集は終わっているものはバンバン発売していくつもりです」


夕張「でも…」


漣「大丈夫です。いざとなれば企業を替えていけばいいんですよ」


夕張「漣ちゃんがそう言うなら……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



303:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 20:57:49.18 ID:RP/eX0oBO

委託企業が倒産



304:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 20:58:42.36 ID:NxM6WdH20

↑+いつしか動画は消されていた



305:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 20:58:48.60 ID:r4iMrC7io

サイトや企業が謎の閉鎖・消滅する



308: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 21:09:21.05 ID:/7Ij8wWN0

ーー後日

夕張「漣ちゃん、これって……」


漣「あの企業が倒産…違法サイトが閉鎖…」


夕張「企業が潰れたのは偶然かもしれないけど、同じようなサイトも立て続けに閉鎖しちゃたの。これは偶然とは言えないんじゃない?」


漣「漣の動画をどうしても消したかった…?」


夕張「そうなると大本営が裏で絡んでてもおかしくないわね」


漣「あの映像の漣が駆逐艦漣だとわかったというんですか?」


夕張「そうとしか思えないわね。モザイクに特殊加工までしてるのに…」


漣「……わかる人にはわかるんでしょうか。雲龍さんもあれが漣だと見抜いていました」


夕張「そうなのね…」



309: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 21:12:40.62 ID:/7Ij8wWN0

夕張「ねぇ漣ちゃん、流石にもう潮時よ。これ以上は鎮守府にも影響が出るわ」


漣「……」


夕張「今までの売り上げはそれなりにあるから、ここでやめても損にはならないわよ?」


漣「…ご主人様に迷惑がかかる前に撤退ですか」


夕張「ええ。納得してくれるわよね?」


漣「…………はい」


夕張「よかった…!わかってくれて嬉しいわ!」


漣「…………」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



310:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 21:13:56.13 ID:WkTcpmq0o

艦娘倫理・生活向上機構から抜き打ち査察が



311:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 21:16:40.96 ID:NxM6WdH20

鎮守府への事実関係
問いただしが始まった



312:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 21:16:44.62 ID:zDdz1jYDO

幹部さんから漣に直通で連絡
「漣君、解っていると思うがほどほどにしておきたまえ、提督君には秘密にしておく、今回は上手く隠蔽できたが次もそうだとは限らない」



313: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 21:25:05.18 ID:/7Ij8wWN0

ーー


監査官「確かに、貴方は映像の男性とは随分と違いますね」


提督「わかっていただけてよかったです」


監査官「いえ、こちらも漣が所属している鎮守府には片っ端から聞き取りを行っていますので…」


提督「それは随分大変ですね」


監査官「ええ本当に……」


提督「この鎮守府には羽黒監査艦が居ます。それなのに大本営の監査官が動くということは、余程の案件なんですね」


監査官「だだの猥褻なDVDならここまで騒ぎません。実はあるものが映っているのが問題なんです」


提督「あるもの……?」



314: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 21:29:31.86 ID:/7Ij8wWN0

監査官「また映像をお見せする形で申し訳ないのですが…これを見てくれますか?」


提督「これは……」


監査官「一瞬モザイクがズレて背中が映っているんですが、これが何だか貴方はわかりますよね?」


提督「艦娘のハードポイント…」


監査官「それだけではありません、ハードポイントが一度潰れた跡も確認できます。こんなのが出回れば機密が漏れたのも同じです」


提督「…………」


監査官「一体何を考えてこんな映像をばら撒いたのか…」



315: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 21:32:18.98 ID:/7Ij8wWN0

提督「…この艦娘を見つけてどうするんですか?」


監査官「あまり大きな声では言えませんが、解体処分は免れないでしょう」


提督「……」


監査官「ま、貴方はそんな心配はありませんからご安心を。それでは一応漣さんにもお話しと、背中のハードポイントの確認をさせていただきます」


提督「そう…ですか……」


監査官「大丈夫ですよ、この映像みたいに変なことはしません。ハードポイントしか確認しませんから」


提督「……よろしくお願いします」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



316:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 21:34:49.95 ID:WkTcpmq0o

ヤバイヤバイヤバイとあたふたする関係者(提督龍驤バリ漣)をファインプレーで救う誰か(丸投げ)



317:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 21:35:29.37 ID:zDdz1jYDO

既に夕張に偽装してもらっていて大丈夫だった



318:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 21:35:35.15 ID:yxN/Xx3BO

明石のファインプレーでごまかす



321: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 21:41:17.18 ID:/7Ij8wWN0

ーー

龍驤「……アカン!漣のハードポイント確認する言うとる!」


夕張「ヤバイですよそれ…!せめて時間引き伸ばすように提督に言って下さい!」


龍驤「あの緊張しぃにそんなんできるかいな!世間話もまともにできんで!」


夕張「あああ~~~!こっちに来ちゃう~~!!」


漣「あの…漣が遠征に出るのは…」


龍驤「そんなん待つって言うに決まっとるやろ!」


夕張「向こうは大本営なんですよ!融通なんて利きません!」


漣「……」



322: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 21:47:25.12 ID:/7Ij8wWN0

龍驤「どうする…どうする!?」


夕張「どうするって言っても…ハードポイント潰すにしても時間ありません!」


龍驤「このタイミングで調子悪いなんて自白してるようなもんやで!」


漣「漣が…全て責任を…」


龍驤「アホ!そんなことして司令官が喜ぶ思っとんのか!」


夕張「また同じことを繰り返すんですか!?」


漣「…………」


龍驤「でも実際どうにかせな漣は…!」


羽黒「…私に任せて下さい」


漣「羽黒…さん……」



323: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 21:52:23.71 ID:/7Ij8wWN0

羽黒「監査官さん…こんにちは…」


監査官「羽黒監査艦。ご活躍はよく聞いてます」


羽黒「漣ちゃんの身体検査ですが…私がやってもいいですか…?」


監査官「羽黒監査艦がですか?しかし規則では…」


羽黒「実は漣ちゃんは…司令官さん以外の男性に裸を見せるのを…嫌がるんです…」


羽黒「ここに来る前に…色々あったみたいで…」


監査官「む……それは…」


羽黒「私と漣ちゃんは…同じ女です…ハードポイントの確認も…直ぐにできますよ…?この後…まだまだ聞き取りはあるんですよね…?」


監査官「……確かに。ここの提督さんが映像の男と違うとわかった以上、ここの漣さんに確認する優先度は低い…」



324: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 21:57:21.10 ID:/7Ij8wWN0

羽黒「漣ちゃんも…最終的には見せてくれると思いますが…時間はかなりかかります…」


羽黒「優先度の低いものに…時間をかける必要は…ありませんよね…?」


監査官「…その通りですね。なら漣さんの確認を任せられますか?」


羽黒「はい…お任せ下さい…」


監査官「そうだ、部屋の外で確認する様子を見ていたいんですが、それは可能ですか?」


羽黒「はい…でも漣ちゃんの視界に…入らないで下さいね…?」


監査官「わかった。それでは確認をお願いするよ」



325: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 21:59:54.77 ID:/7Ij8wWN0

ーー


龍驤「た、助かったで……」


夕張「羽黒さんが上手く視界を遮りながら、確認してくれるフリをしてくれたから…助かりました…」


龍驤「まさに九死に一生やね…」


夕張「同じことがあったら次は無理ですね…」


漣「あの…羽黒さん…この度はありがとうございました…」


羽黒「安価」


下1~3高コンマ 羽黒の台詞、行動他



326:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 22:01:03.82 ID:YpGHRDuJo

拳骨&お説教タイム



327:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 22:02:04.39 ID:ZFs+BQzVo

この後みっちりお説教です



328:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 22:02:04.78 ID:ibXTsY3b0

こんなことをした理由は何ですかと聞きながら壁に追い詰める



330: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 22:16:21.88 ID:/7Ij8wWN0

羽黒「……」スッ


漣「へ…?」


ゴッチーーーン!


夕張「うわ…重巡の拳骨…」


龍驤「しかもモロに入ったで…」


漣「~~~~~~!!」ゴロゴロ


羽黒「漣ちゃん!貴女のせいでとんでもないことになる所だったんですよ!!」


漣「あ"……あ"い…」ピクピク


羽黒「自分がどれだけ愚かなことをしたか反省しなさい!」


漣「十分に……反省…します……」



331: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 22:24:39.01 ID:/7Ij8wWN0

羽黒「そもそも漣ちゃんに隠し事は無理なんです!私は漣ちゃんと話してすぐにわかりました!」


漣「どういうことでしょう…?」


羽黒「先日他の鎮守府に聞き取りに行く時に漣ちゃんと会話しましたよね?」


漣「ええ、しましたね…」


羽黒「その時漣ちゃんは雲龍さんのDVDを見たと言ってましたよね?」


漣「はあ…」


羽黒「…なぜ問題の映像がDVDだとわかったんですか?私は映像としか言っていません」


漣「あ……」


羽黒「ダウンロード専用やDVD以外にも媒体があります。なぜDVDだと断言できたんですか?」


羽黒「それに雲龍さんと見たというなら、わざわざDVDを入れるところから再生したとは考えにくいです。パソコンで映像を再生したらそれがDVDなのかデータなのか普通わかりませんよね?」


漣「…………あの会話だけで…」


羽黒「私はこれでも監査艦なんです」



332: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 22:30:04.03 ID:/7Ij8wWN0

羽黒「あの会話で漣ちゃんがあの映像に出ているのだと確信しました。かなり加工されてはいましたが、改めて見たら動きの特徴なんか漣ちゃんそのものです」


漣「雲龍さんがわかったのはそこですね…」


羽黒「監査官が男の人だったから誤魔化せたんです。もし今日来た監査官が女の人だったら…」


羽黒「漣ちゃんは……解体されてたんですよ…?」ポロポロ


漣「羽黒…さん……」


羽黒「せっかく…この鎮守府に戻ってこれたのに…幸せになれたのに…それを…自分で壊そうとしたんですよ!?」


羽黒「司令官さん…この鎮守府のことを思うなら…こんなことは…二度とやめて下さい!!」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞、行動他



333:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 22:35:35.33 ID:zDdz1jYDO

ごめん…なさい…私はまた…馬鹿なことを…(ぼろ泣き)



334:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 22:38:44.32 ID:WkTcpmq0o

羽黒に抱き着いて謝りながら号泣



335:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 22:39:35.53 ID:ibXTsY3b0

監査官「怪しいと思ったんですよ、羽黒監査艦」



337:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 22:42:49.23 ID:YpGHRDuJo

やべえよ…やべえよ…



340: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 22:49:18.08 ID:/7Ij8wWN0

漣「はい…もう二度と…」


監査官「怪しいと思ったんですよ、羽黒監査艦」


羽黒「!!」


龍驤「な、アンタは!」


監査官「貴女は融通が利くような監査艦では無く、誰に対しても容赦が無いことで有名でした。そんな貴女がたかが駆逐艦に忖度する…これは怪しいと思ったんです」


夕張「だからって帰るフリまでして…!」


監査官「私は大本営の監査官なんです。誤魔化し方は何通りも見てますよ」



342: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 22:53:24.86 ID:/7Ij8wWN0

監査官「漣さん、あの映像に映っているのは貴女だと認めますね?」


漣「嫌……嫌だ!!」


監査官「嫌も何も無いんです。機密を漏らした罪は重いんですよ」


漣「ああ…あぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」


龍驤「な、なんとか…」


監査官「ならないに決まってるでしょう。羽黒監査艦もご同行願います」


羽黒「……」


夕張「そんな…」


監査官「さぁ早く。逃げることは許されませんよ」


羽黒「はい……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



343:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 22:54:06.75 ID:zDdz1jYDO

漣の中の重巡棲姫
「仕方ない…私が力を貸す、逃げるよ漣!」

爆発的なオーラと片目が輝く漣
整備士の所へ



344:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 22:54:55.08 ID:yxN/Xx3BO

帰投してきた雲龍が監査感を見て
あら、FCの方じゃないと



345:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 22:55:23.78 ID:QmwVeQW10

その時、監査官の端末が鳴る

「え?調査中止?!どういうことですか?!」



349: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 23:13:49.75 ID:/7Ij8wWN0

監査官「む、電話か……少し待つんだ」


漣「ひっぐ……ご主人様ぁ…もう離れたくないよぉ…」


羽黒「ごめんなさい…私の詰めが甘いせいで…」


龍驤「ううん…羽黒は悪くないで」


夕張「……いっそのこと一思いに…」ボソッ


監査官「なんですって!?」


羽黒「え……」


監査官「調査中止!?どういうことですか!?私は今対象と思われる駆逐艦を…!」


監査官「…………わかりました!!」ピッ


羽黒「あの…どういうことなんでしょう…?」



350: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 23:19:54.70 ID:/7Ij8wWN0

監査官「…件の艦娘、漣のことは解決した。我々監査官は直ちに帰投せよと報告が入った」


夕張「じゃあ漣ちゃんは…」


監査官「……納得がいかないが上の指示に従うのが我々の仕事だ。だが漣と羽黒監査艦のことは忘れないぞ」


羽黒「申し訳ありませんでした……」


監査官「……」スタスタ


龍驤「た…助かった……」


夕張「良かった!漣ちゃん!」ダキッ


漣「うぁぁぁ……ぐすっ…」



351: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 23:23:38.74 ID:/7Ij8wWN0

ーー


幹部「漣君は間一髪だったようだね」


提督「幹部さんの手助けがなければ危ない所でした…」


幹部「いや、お礼は私より妻に言ってくれ。彼女が先に気付いたんだ」


龍驤「クキがかいな?」


駆逐棲姫「そうだ。漣、お前体の中に深海のコアがいるな」


漣「ぐず……うぅん…」コクリ


駆逐棲姫「やっぱりな。映像見てすぐわかったぞ」


龍驤「あんなに加工されてる映像やのにわかるんか?」


駆逐棲姫「私達が見ればすぐにわかる」



353: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 23:29:51.62 ID:/7Ij8wWN0

駆逐棲姫「前々から漣のことは気になっていた。だからこんなことになってすぐお前のことを言ってるんだとわかったんだ」


幹部「妻から連絡を受けて、誤魔化す為に色々と準備をして……それでもギリギリだったみたいだね」


龍驤「ほんまに…あと五分遅かったら漣は…」


漣「う"う"う"……」


提督「…漣も俺達に打ち明けるのが遅過ぎたな」


龍驤「ほんまや、あんなギリギリにカミングアウトされても間に合わんって…」


漣「ごべんなざいぃ~~!!」


駆逐棲姫「なあ提督、その行動は漣らしくないか?」


提督「そうだな……何でも相談する漣らしい行動とは言えないな」



354: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 23:33:18.56 ID:/7Ij8wWN0

駆逐棲姫「おい漣、脱げ」


龍驤「はぁ!?」


幹部「私の目の前で…浮気…?」


駆逐棲姫「違う。コイツの中の私達と話してくる」


提督「…だがこの深海棲艦は友好らしいぞ?」


駆逐棲姫「そんなの本人のさじ加減一つだ。ほら、早く脱げ」


漣「えぐ……ぁい…」スルスル


駆逐棲姫「話が通じればいいんだがな…」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



355:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 23:34:44.53 ID:wOUPBXJI0

深海棲艦と性技で対決
クキの勝利



356:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 23:35:34.73 ID:YpGHRDuJo

存外漣の事が気に入ってしまったので独占したいと考えてる旨が伝えられる



357:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 23:36:14.31 ID:SeAKWpP60

めっちゃ謝られたしめっちゃ礼儀正しかった、お茶入れてくれた



361: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 23:49:15.08 ID:/7Ij8wWN0

ーー精神世界


駆逐棲姫「……つまりお前は漣を独占したいと考えていたんだな?」


重巡棲姫「ああ、支配できなくなったのは成り行きだが、思ったよりも漣のことが気に入ったんだ」


駆逐棲姫「だから問題を起こしてここから消えようとした」


重巡棲姫「そうだ。この鎮守府にいると提督と龍驤が漣を好き放題する。私は漣だけで良かったんだ」


駆逐棲姫「お前は漣の事を支配できない。だが意識には作用することはできるな?」


重巡棲姫「漣の意識に混ざって思考を偏らせたんだが……漣がここまで悲しむとは思わなかった」



362: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 23:54:17.85 ID:/7Ij8wWN0

駆逐棲姫「それだけ漣はこの鎮守府と提督達を愛しているんだ」


重巡棲姫「愛……私は感じたことが無い…」


駆逐棲姫「私もそうだった。だが今は人間に愛を毎日もらっている」


重巡棲姫「……それは気持ちいいのか?」


駆逐棲姫「気持ちいいとはまた違う。温かくて幸せなものだ」


重巡棲姫「…わからない」


駆逐棲姫「漣の中で大人しくしてればいい。そうすればその内わかる」


重巡棲姫「漣が好き放題されるのは不本意だが、漣が幸せになる為なら…我慢しよう」


駆逐棲姫「お前も人間と艦娘を信じてみればいいんだ」


重巡棲姫「…そうしてみるか」



363: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/12(日) 23:57:14.96 ID:/7Ij8wWN0

ーー


駆逐棲姫「ふぅ……」


幹部「どうだったクキ君?」


駆逐棲姫「やっぱり思った通りだった。漣の思考を偏らせたのはアイツが原因だった」


龍驤「なんでそんなことを…」


駆逐棲姫「漣のことを独占したかったらしい。でも間違いに気付いたからもうしないと言っていた」


漣「この子が……」


駆逐棲姫「漣、許してやってくれ。アイツは愛を知らない。だからこんなことになってしまったんだ」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞、行動他



364:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 23:58:24.61 ID:SeAKWpP60

なんとかして…外に出してあげたい



365:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 23:58:35.97 ID:zDdz1jYDO

私はもうひとりの私と仲良くしたいです
今までだって私が知らないだけでたくさん助けてもらってた気がします



366:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 23:59:33.34 ID:WkTcpmq0o

私も話してみたいなあ



369: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/13(月) 00:08:47.48 ID:Kz82T2RS0

漣「漣はもうひとりの私と仲良くしたいです…今までだって私が知らないだけでたくさん助けてもらってた気がします…」


駆逐棲姫「そうだ、お前が知らないだけで何度も助けられている」


漣「やっぱり……」


駆逐棲姫「お前が死にかけた時、手足を一度千切られた時。ソイツが居たから今のお前がある」


漣「今まで…ありがとうございます……」ナデナデ


駆逐棲姫「アイツはお前のことが好きだ。それだけは知っておいてやってくれ」


漣「はい……」



370: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/13(月) 00:12:55.91 ID:Kz82T2RS0

提督「…漣と深海棲艦は会話できるんじゃないのか?」


漣「こんなこと話したことありません…ましてや本音で話すことなんて…」


龍驤「ええ機会やからちゃんと話してみたらどうや?」


漣「でも…本音を話してくれるかどうか…」


駆逐棲艦「なら一人でアイツの所への行き方を教えてやろう。いいか、意識を集中してだな…」


漣「はい、はい……」


下1~3高コンマ 漣と重巡棲姫の会話内容等



371:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 00:15:07.07 ID:VkgO69pP0

提督の「夜の演習」の凄さなど大いに語らう



372:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 00:15:43.70 ID:lFcQtFy+0

重巡棲姫が何かに対する恐怖で体を震わせており、漣に早く帰るよう促す



373:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 00:18:24.64 ID:G/g3W8vS0

提督のよさがわからない重巡棲姫
提督のよさを説く漣



374: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/13(月) 00:24:31.01 ID:Kz82T2RS0

ーー

漣「ふぁっ!」ガバッ


駆逐棲姫「どうした漣?」


漣「あの子が…漣に早く帰れって言ったんです…何かに怯えていたようでしたが…」


駆逐棲姫「私が会いに行った時は普通だっだぞ?」


幹部「照れ隠しでは無いかね?今までの会話を全て聞いていたとしたら…」


漣「あ……そうなんですか?…………返事が無い。ただの屍のようだ」


龍驤「でもまぁなんとかなってよかったわ…幹部さんありがとうな」


提督「本当にありがとうございました」


幹部「君達の為なら多少の無茶はいくらでもするさ」


漣「いずれにせよこの子とは上手く付き合っていかなければいけませんね…」


駆逐棲姫「そうだな」


ーー



385: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/13(月) 20:40:30.36 ID:Kz82T2RS0

ーー


千歳「夕張さん今日はどうしましたか?」


夕張「私……人を…殺めようと……」


夕張「漣ちゃんが連れて行かれるって思ったら…気が付いたら工具を手に持ってて…」


夕張「それを…監査官の頭に…振り落とそうと……」


夕張「自分が何をしようとしていたのか…意識したら頭が真っ白になって……」


夕張「私は…………」


千歳「……大丈夫ですよ夕張さん」



386: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/13(月) 20:46:08.99 ID:Kz82T2RS0

千歳「通り魔みたいに誰でもいいってわけでも無いし、計画的に考えていたわけでも無いんですよね?」


夕張「でも……あの人を殺した後…どうやって誤魔化すとか…死体の隠し場所まで……思い付いてしまったんです…」


夕張「私は…こんな自分が………」


千歳「…夕張さん、そんな事を思ったのは初めてなの?」


夕張「……」


千歳「夕張さん……」


夕張「安価」


下1~3高コンマ 夕張の台詞、行動他



387:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 20:49:04.60 ID:xiBQ1Im60

怖いんです……私……
このまま本当に取り返しのつかないことをしそうで……



388:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 20:49:51.01 ID:e54evuW9o

初めてでは……ないんです……



389:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 20:50:52.50 ID:l6//zSh30

みんなが無事で何よりでした



390: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/13(月) 21:10:51.40 ID:Kz82T2RS0

夕張「怖いんです……私……このまま本当に取り返しのつかないことをしそうで……」


千歳「夕張さん、貴女は強い艦娘よ。この鎮守府が崩壊しかけた時も、貴女が居たからこうやって今の皆んながあるの」


夕張「ダメです…あの時とは違います……あの時は提督や龍驤さんを殺すという…選択肢が無かっただけなんです…」


夕張「もし選択肢にあったら……私は…間違いなく……」


夕張「うぅ……怖い…怖いんです……」


夕張「千歳さん!これは現実ですよね!?ここが夢で現実の私は監査官を殺してるんですよ!」


千歳「落ち着いて!こういう時は深呼吸を…!」


夕張「あ……うわあぁぁぁぁ!!」ダッ


千歳「ダメ!夕張戻ってきて!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



391:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:12:56.88 ID:lFcQtFy+0

古ぼけた記録に無い艤装を着けて単独無断出撃をする夕張



392:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:14:59.49 ID:+pgs4y6VO

工厰の隅で泣いているところを工厰組に発見される



393:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:15:03.82 ID:e54evuW9o

龍驤チョップで気付け



394: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/13(月) 21:24:55.21 ID:Kz82T2RS0

ーー

千歳「北上!こっちに夕張が来なかった……って、これは!」


北上「あいたたた……」


秋津洲「かも…」


明石「ゆゆゆゆゆ夕張さんが…ししししゅ出撃しちゃい…ました…」


千歳「一人で出て行ったっていうの!?」


北上「それに夕張の艤装じゃなくて、変な艤装付けてたね…」


秋津洲「あんな古そうな艤装記録にも無いかも!」



395: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/13(月) 21:29:08.36 ID:Kz82T2RS0

千歳「早く止めないと大変なことになるわ!」


北上「わかってる…スクランブルはかけたから…」


秋津洲「今遠征中の子達と出撃チームがそのまま向かってくれてるかも!」


明石「ぼぼ母港から…も…すすすす既に…おお追いかけて…ます…」


千歳「あの子急に錯乱し始めて…もしかしたら現実が夢だと思い込んでるかもしれないの。十分気をつけて!」


秋津洲「わかったかも!皆んなにそう伝えるかも!」


北上「そういうことならあたしも出ようかね…陽炎!囮役お願い!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



396:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:30:05.97 ID:shfqjNJVO

夕張が水鬼やら水姫やらと遊んだ(武蔵基準で)帰りの武蔵に出会った



397:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:31:49.89 ID:e54evuW9o

追いかけてきた皆は自分を沈めに来たと思って全力で抵抗する夕張
(古武装はスロット40あって艦娘への負担が危険すぎるから封印されてたやつ)



398:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:31:58.16 ID:xiBQ1Im60

夕張に始まりの艦娘が話しかけてくる



400: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/13(月) 21:47:23.03 ID:Kz82T2RS0

ーー海上


武蔵「きょうは水鬼と水姫とあそべてたのしかった!」


武蔵「ふたりどうじにあそぶのはたいへんだったけど、すごくおもしろかった!」


武蔵「きもすんだしかえろう。きょうのごはんなにかな~」


武蔵「幹部ってひとがきてから艦娘がふえて、ごはんもおいしくなった!」


武蔵「だからまいにちげんきいっぱい!」


武蔵「あしたはみなみのほうであそぼうかな!」


夕張「……」ザァァァ


武蔵「あれ?なんだろ?」



401: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/13(月) 21:49:50.65 ID:Kz82T2RS0

武蔵「めろんみたいなかみの艦娘だ。ひとりでなにしてるんだろ?」


武蔵「……あ!あいつもあそんできたかえりなのかな?」


武蔵「だったらたのしいおはなしとかできるかも!」


武蔵「おーーい!そこのめろんいろのひと~」


夕張「……!!」


武蔵「こっちにきづいた!こっちきて~いっしょにおはなししよ~!」


夕張「安価」


下1~3高コンマ 夕張の台詞、行動他



402:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:51:36.20 ID:zNri4zfpO

ヤバそうな雰囲気を感じて40ノット以上で逃げ去る



403:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:51:46.60 ID:lFcQtFy+0

夕張が攻撃してきて戦闘体制にはいるも双方一撃で大破
武蔵は大満足してフラフラしながら帰投
夕張は命を消費して全回復して進軍



404:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 21:52:16.64 ID:l6//zSh30

もうメロンって呼ぶのはやめて



409: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/13(月) 22:01:08.44 ID:Kz82T2RS0

夕張「もうメロンって呼ぶのはやめて!!」


武蔵「なんでだ?いろがめろんだもん!」


夕張「やめて!私が前の鎮守府でどれだけそれでイジられたことか…!」


武蔵「イジられた?イジメられてたのか!」


夕張「え?ええ、まぁ…そうとも言えるけど…」


武蔵「文月みたいなやつがいるんだな!わたしがやっつけてやる!」


夕張「良いわよもう…………」


武蔵「どうしたみどりいろ?」



410: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/13(月) 22:04:28.49 ID:Kz82T2RS0

夕張「その子は……怪我をして遠くに行ってしまったの」


武蔵「とおく?」


夕張「階段から落ちて……簡単には治らない怪我をして…」


武蔵「じごうじとくってやつだ!武蔵しってる!」


夕張「でも…その子が落ちた時に……私は…階段の上に居て…」


武蔵「おまえがおとしたのか!」


夕張「違う!!絶対に違う……はず…」


夕張「前後の事は…何も……覚えてない…」



411: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/13(月) 22:10:11.28 ID:Kz82T2RS0

夕張「監視カメラの映像でも…そこは死角になってて…私が落としたのかは…わからなかった…」


夕張「ショックでその時の事を忘れてたと思ってた…でも…今の私なら断言できる…」


夕張「あの子は…足を滑らせて落ちそうになって…手を伸ばした…」


夕張「たまたま階段の上に居た私は…その手を……」


夕張「お…おぉぉぉ……」


武蔵「なんだ?どうしたんだ?」


夕張「私はいざとなったら…人を殺そうとした…だから絶対…私はあの子の手を…わざと握らなかった!!」


夕張「私をイジめてた報いを受ければいいと!落ちるのを眺めた!!」


夕張「ああ……あ…私は……」


武蔵「なんだかわからないけど、うるさいからとりあえずつれてかえろ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



412:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 22:11:41.62 ID:VNHbOTn10

追いついた仲間に引き渡されるも暴れて大破



413:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 22:11:46.53 ID:Qj8t8F1AO

夕張、武蔵に連れられて島風提督鎮守府に



414:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 22:12:26.17 ID:lFcQtFy+0

抜け殻みたいになる



417: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/13(月) 22:38:52.51 ID:Kz82T2RS0

ーー


飛鷹「やっと追いついたと思ったら反撃してくるなんて…!」大破


清霜「しかもこの強さは何!?」大破


神通「こちら側をほとんど大破させるなんて…」大破


ガングート「私達が出撃終わりとは言え、夕張の強さは異常だ」


黒潮「これはあかんなぁ…」大破


夕張「フー!フーー!!偽物達め…!」


武蔵「なかまだといってたのに…けんかしてるのか?」



418: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/13(月) 22:41:29.04 ID:Kz82T2RS0

武蔵「いっぽうてきにこうげきしてたみどりいろがわるい!ちょっとこらしめてやる!」ザザッ


清霜「危ないっ!」


神通「いえ…あの武蔵さんなら…」


飛鷹「あの武蔵って例の武蔵よね……」


武蔵「やめろ~!」


夕張「あ…!」


下1~3高コンマ 武蔵と夕張の結果等



419:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 22:42:19.81 ID:lFcQtFy+0

双方一撃大破するも夕張は命を消費して大破状態から回復



420:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 22:42:39.79 ID:shfqjNJVO

武蔵が抱きしめて鎮圧



421:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 22:43:39.40 ID:gm4/Hb+Zo

武蔵が抑え込む



425: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/13(月) 22:52:57.35 ID:Kz82T2RS0

武蔵「うわー!」大破


夕張「ぅぐっ!!」大破


黒潮「お互いに一撃で大破してもうたなぁ」


ガングート「…いや、夕張の様子がおかしい」


神通「あれは…」


夕張「はぁ…はぁ……」中破


清霜「損傷が直っていく!」


夕張「はぁ…はぁ…はぁ……!」小破


飛鷹「その割にはなんだか苦しそうね…」


夕張「………!!」



426: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/13(月) 23:00:07.02 ID:Kz82T2RS0

夕張「げ……げぼっ…!」


黒潮「あ、吐いてもうた…」


清霜「違う…それだけじゃない!夕張さんは血を吐いてる!」


夕張「はぁーー…はぁーー…!」ギロッ


飛鷹「目からも血が出ててるわよ!」


神通「あの艤装が原因です…止めないと…!」


ガングート「私がやるしかないのか」


清霜「今動けるのはガングートさんだけなんです!」


飛鷹「頼むわ…なんとか夕張を…」


ガングート「止めるしかないだろう。任せておけ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



427:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 23:01:06.49 ID:NZCeSxpDO

止められない
そして艤装に導かれる様に鉄海域へと進む夕張



428:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 23:01:50.91 ID:shfqjNJVO

ガングートが時間を稼いでるうちに艤装という拘束具を外した武蔵が抑え込む



429:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 23:02:49.63 ID:e54evuW9o

ガンちゃんでも両大破どまり
そのときやっと目覚めた始まりの艦娘が艤装を抑えて止める



432: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/13(月) 23:13:28.84 ID:Kz82T2RS0

ーー

清霜「あぁっ!ガングートさんでも押されてる!」


神通「あの魚雷の数は異常です…!」


飛鷹「近付こうにもこの弾幕の中を…」


武蔵「……」


黒潮「武蔵はん離れとって。ウチら艤装が大破しとるんや」


武蔵「みんなはなれてて」バッ


黒潮「海の上で艤装解除なんてしたらあかん!溺れてまう!」


武蔵「へいき……ひさびさにキレちまったよ」



434: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/13(月) 23:27:55.11 ID:Kz82T2RS0

ガングート「この弾幕はおかしい。主砲に魚雷、対空砲…いくつ乗せている?」


ガングート「あの艤装は誰でも使えるが…相応の代償があるといったところか」


夕張「うぅ…げぼっ!」ビチャッ


ガングート「また吐いたな。早く止めてやらないとマズイが…」


武蔵「どけっ!」


ガングート「生身で何をするつもりだ!?それに貴様どうやって海上を移動している!?」


夕張「あ"あぁ…!?」


武蔵「……ハァッ!!」



435: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/13(月) 23:35:27.39 ID:Kz82T2RS0

その日、私は伝説を見ました。目の前の海が割れたのです。それはまるで海を割ったモーゼの如く…


神通「素手であんなことができるなんて…」


清霜「凄い…艤装が拘束具だったのかな……」


飛鷹「夕張の艤装は壊れたようね!」


黒潮「早く回収して夕張はんを治療や!」


ガングート「アイツ…私を巻き込むとは……」大破


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



436:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 23:36:03.28 ID:NZCeSxpDO

とある鎮守府が壊滅した原因になった悪魔の艤装のひとつだという事が判明した
例の設計図はその艤装のもの



437:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 23:37:05.08 ID:lFcQtFy+0

提督の代わりに鎮守府の運営をしていた際にその艤装を常用していたことが発覚



438:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 23:37:30.35 ID:e54evuW9o

夕張と始まりの艦娘対話パート



440: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/13(月) 23:53:49.79 ID:Kz82T2RS0

ーー

夕張「あれ、私は……」


「アナタ、随分無茶をしたのね」


夕張「貴女は…?」


「軽巡洋艦夕張の中にいるもの。ワタシはアナタの一部なのよ」


夕張「まさか漣ちゃんみたいに深海棲艦が私の中に!?」


「そんなものじゃないわ。ワタシは全ての艦娘の中に居るの」


夕張「全て?分身でもしてるっていうんですか?」


「違うわ。私の一部を艦娘に分け与えているの」


夕張「どういう…それにここはどこ…」


「やれやれ、こんなことをいつまで説明しないといけないのかしら」



441: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/14(火) 00:00:41.27 ID:c2oFgJh10

ーー


夕張「貴女がいるから…私達が存在できるんだなんて…」


「ワタシが艦娘のコア。アナタ達はワタシの一部が入っているの」


夕張「そんな…そんなこと……」


「さて、説明はもういいわよね。アナタはどの選択肢を受け入れる?」


夕張「選択……」


「いっておくけど、このままならアナタは死ぬわ」


夕張「……」


「まずは一つ。ワタシが出ていく代わりにアナタを助けてあげる」


「ワタシが出ていったらアナタに何が起こるかわからないけど…ネ」


夕張「それ…は…」



442: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/14(火) 00:05:05.39 ID:c2oFgJh10

「次の一つは見返りを貰う代わりにアナタを助けてあげる」


夕張「見返りと…いうのは…」


「アナタの感情よぉ」ニタァ


夕張「感情……」


「歪んでてドス黒い…立派に育ったドロドロの感情…」


「アナタは覚えがあるはずよ。階段の上から仲間を見殺したア、ナ、タ、は……」


夕張「あ………」


夕張「あぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」


「記憶に蓋をしても無駄。ワタシは全てを見てるの。あの時のアナタの感情…たまらないわぁ…」


夕張「やめて!やめてぇぇ!!」



443: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/14(火) 00:12:32.61 ID:c2oFgJh10

「歪んだ感情はエネルギーになって、力になる。これをワタシは集めてるのよ」


夕張「い…ぎぃぃ!!」


「うふふ…これを取ったらアナタはどうなっちゃうのかしら?」


夕張「……っ!!」


「…そろそろ時間ね。さよなら夕張ちゃん」


夕張「ま、待っ……!」


「富士の名において…………」


夕張「あ"あ"あ"~~~~!!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



444:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 00:14:21.94 ID:a3zNuPwDO

ここ数日の記憶と例の過去の記憶がすっぽり抜け落ちていた



445:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 00:14:26.46 ID:cInd/wjD0

夕張は助かるが始まりの艦娘が「近いうちにあなたの鎮守府を襲う」と予告する



446:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 00:15:18.86 ID:4l3XtDFIO

何処からともなく工厰組の仲間達が夕張を呼ぶ声がこえてくる



448: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/14(火) 00:30:08.48 ID:c2oFgJh10

ーー


千歳「短期的な記憶障害ね」


北上「血ぃ吐いて目から出血なんて…最悪の事態も覚悟したけどね」


夕張「すいません、色々迷惑をかけたみたいで…」


千歳「不思議と内臓も損傷が無かったし、あの艤装の副作用は記憶障害ということになるわね」


北上「あの艤装がなんなのか…現物が無いから調べようが無いね」


夕張「どこから持ってきたのか覚えていれば良かったんですけど…」


北上「仕方ないって。今はゆっくり休んどきな~」


夕張「私は…ここ数日間の記憶以外に、何か大切なことを忘れている気がする……」


ーー



474: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/14(火) 21:25:18.75 ID:OaIYX2VtO

ーー


伊14「……」モグモグ


隼鷹「なんだ~?何一人で飯食べてんだよー」


伊14「隼鷹さん!」


隼鷹「お前の姉貴はどうしたんだ?」


伊14「なんか体調悪そうでさ。起こすの悪いと思って」


隼鷹「だから一人飯か。でも残念ながらあたしに見つかっちまったな!」


伊14「ほんとにここって一人でご飯食べれないよね~」


隼鷹「この鎮守府には寂しくぼっち飯なんて存在しないってことさぁ」



475: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/14(火) 21:29:57.77 ID:OaIYX2VtO

伊14「うん、そういうのほんとに凄いと思う…」


隼鷹「そういやイヨは禁酒は順調かい?」


伊14「うん!霞からもらった薬が凄くってさ!みるみるお酒の量が減っていくの!」


隼鷹「そいつはよかったねぇ。その調子で頑張りな~」


伊14「…ね、隼鷹さん。隼鷹さんの時はどうやって治したの?」


隼鷹「あたしかい?」


伊14「確か隼鷹さんが来た時は霞はまだ居なかったんだよね?どうやってお酒を克服したの?」


隼鷹「安価」


下1~3高コンマ 隼鷹の台詞、行動他



476:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 21:32:06.91 ID:a3zNuPwDO

泥酔している自分の醜態を録画して観る



477:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 21:32:17.47 ID:pQf1p4msO

酒の代わりにジュース飲んで気を紛らわせてたんだけどね
いやーあの時は太った太った



478:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 21:34:14.68 ID:POGOGJOm0

不知火としゃべり倒して眠たくなったら寝るって感じだったな~
それを考慮して出撃時間を融通してくれた提督には感謝だね



480: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/14(火) 21:44:47.05 ID:c2oFgJh10

隼鷹「あたしがやったのは泥酔している自分の醜態を録画して観る…ってやつだね」


伊14「うわ…それは辛そう…」


隼鷹「ほんとだよ~めちゃくちゃ辛かった…その録画を見る度に酒の量は減って当然だよ~」


伊14「録画を見るのを止めようとは思わなかったの?」


隼鷹「……確かに見るのを逃げ出そうと思えば逃げれた。でもあたしはそうする気にはなれなかったね」


伊14「どうして?」


隼鷹「提督に申し訳ないからな~」


伊14「提督…」



481: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/14(火) 21:49:48.17 ID:c2oFgJh10

隼鷹「提督があたしを引き取った時は、真っ直ぐに歩けないような状態だったんだよ」


隼鷹「人の手を借りないと生活できないようなあたしを、提督は大事に大事にしてくれた。普通解体されてもおかしくないよ?」


隼鷹「皆んなにだって無視されてもおかしくないってのに…全員優しいんだもんな~」


隼鷹「そんな環境に居たらさ、嫌でも逃げ出すなんて選択肢は無くなるよ~だからイヨも困ったり悩んだりしたら、あたし達を頼りな!」


隼鷹「今度はあたしが助ける番!……なんてな~ちょっとカッコつけすぎか~!」


伊14「安価」


下1~3高コンマ 伊14の台詞、行動他



482:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 21:52:24.70 ID:qJnL1vWi0

「情けは人のためならず」
って……知ってるかしら?



483:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 21:52:34.94 ID:BquWA19T0

夕張に相談して自分の部屋にカメラをつける



484:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 21:52:53.84 ID:Q2O5QF/CO

なんか…そういうの良いですね



485: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/14(火) 22:04:15.69 ID:c2oFgJh10

ーー

夕張「イヨちゃん、カメラ設置していいのね?」


伊14「うん…隼鷹さんに教えてもらったこの方法なら効果あると思うんだ」


伊14「これならイヨにもできる!……はず」


夕張「隠し撮りとかカメラなら私の専門だけど…本当に置くわよ?」


伊14「うん、お願い!」


夕張「じゃあ早速今日から録画開始するわね」


伊14「イヨはどうなっちゃうんだろ…」


下1~3高コンマ 録画されていた伊14の醜態等



486:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 22:05:17.05 ID:pQf1p4msO

酔っ払って素っ裸で大股開いて寝てる



487:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 22:06:16.10 ID:qJnL1vWi0

一曲うなって音痴ぶりを披露した



488:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 22:07:04.77 ID:POGOGJOm0

楽しそうに笑ったりしていたが眠った後に何か呟いている



491: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/14(火) 22:27:38.61 ID:c2oFgJh10

ーー


伊13「ヒトミも…見るの…?」


伊14「お願い。姉貴にも見てもらった方が効果あると思うから」


伊13「イヨちゃんがそう言うなら…いいよ…」


伊14「どんな変な映像が映ってるんだろ…」



492: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/14(火) 22:31:55.20 ID:c2oFgJh10

伊14「何でイヨは笑ってるんだろ…」


伊13「テレビでも…見てるの…?」


伊14「覚えてないよぉ~」


伊13「あ…急に黙っちゃった…」


伊14「眠気の限界かなぁ。あ、やっぱりそうだ。ベッドに向かってる」


伊13「このまま大人しく…寝るのかな…」


伊14「一応寝てるとこも確認しとこ」


伊13「……あれ、イヨちゃん何かぶつぶつ言ってるよ」


伊14「え、嘘……」


伊13「音量上げて…ちゃんと聞いてみよう…」


下1~3高コンマ 寝ていた伊14の台詞等



493:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 22:34:11.63 ID:NqEDixu4o

ヒヒッ……死ーんだ死んだ……ヒトミも死んだー…



494:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 22:34:53.86 ID:a3zNuPwDO

何か異国の言葉で喋ってる、何て言ってるかは解らないし本人は日本語しか知らない



495:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 22:35:02.10 ID:5Zteoj6cO

お酒なんかに負けないからぁ負けてないからぁ



496: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/14(火) 22:47:13.20 ID:c2oFgJh10

伊14『…………』


伊14「…日本語じゃないねこれ」


伊13「何処の国の言葉…なんだろ…」


伊14「異国の言葉なんて習ったことないのにな~」


伊13「じゃあ…外国の言葉がわかる人…呼んでこよう…」



497: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/14(火) 22:50:35.97 ID:c2oFgJh10

ーー


響「それで私が呼ばれたんだね」


伊14「響ならロシアの言葉以外も少しわかるんでしよ?」


伊13「聞いてくれる…だけでいいから…」


響「仲間の為だからね。喜んで協力するさ」


伊14「じゃあ再生するよ~」


下1~3高コンマ 響が聞いた結果等



498:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 22:52:25.35 ID:NqEDixu4o

断片的に数をロシア語で言ってるが、他はロシア語ではないのでちょっとわからない



499:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 22:54:41.82 ID:gX1kkI9RO

ロシア語で誰かと戦況について会話しているような内容



500:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 22:54:54.25 ID:c2CLXUIPo

これはデタラメ語だね



501: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/14(火) 23:03:34.08 ID:c2oFgJh10

響「間違いない、これはロシア語だね」


伊14「マジかぁ~」


伊13「なんて…言ってるの…?」


響「誰かに戦況を報告している感じかな」


伊13「ここの状況を…教えてるの…?」


響「そうとも言えるけど、当たり障りの無い内容だからなんとも言えないね」


伊14「なんでロシア語なんだろ、習ったことないのに」



502: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/14(火) 23:07:15.81 ID:c2oFgJh10

伊13「その…会話してる誰かは…わからない…?」


響「声が小さくて…」


伊14「音量はこれで最大だよ~」


伊13「頑張って…聞き取れない…?」


伊14「わからないなら仕方ないけど、できるだけ頑張ってみて~」


響「わかった、やってみよう」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



503:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 23:10:08.79 ID:5Zteoj6cO

一方的に喋ってるだけ



504:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 23:10:44.28 ID:bx5hhACi0

実は色んな国籍の人格があることが判明



505:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 23:10:51.71 ID:NqEDixu4o

えーとこれは…ひめ、さま、かな?



507: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/14(火) 23:22:57.53 ID:c2oFgJh10

ーー

響「……うん、どうやら伊14は一方的に喋ってるだけみたいだね」


伊14「会話はしてないっていうの?」


響「正確に言えば会話をしてる風に喋ってるって感じだね」


伊13「なんでそんなこと…してるんだろう…」


響「そればっかりは私にはわからないな」


伊14「ドラマとか映画も見た覚えが無いのになぁー」



508: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/14(火) 23:25:38.16 ID:c2oFgJh10

響「私が言えることは伊14が話していた言語がロシア語ってだけだよ」


伊14「全部は解決しなかったか~でも!話してる言語がわかってよかったよ!」


伊13「ありがとう…響ちゃん…」


響「これくらいお安い御用さ」


伊14「なんでイヨはこんなことしてるんだろ。恥ずかしいことをしてくれてたら気を付けようってなるのに」


伊13「これじゃ…逆に気になっちゃうよね…」


伊14「うぅ~~ん…」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



509:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 23:26:46.57 ID:NqEDixu4o

映像の中の伊14「ヤァ 響ョ 失ゥコトノ 堪ェ難キ痛ミニモ モウ慣レタカイ?」



510:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 23:27:16.67 ID:a3zNuPwDO

突然女性の絶叫が響き渡りラップ音の後に録画した映像が消える
映像が消える前に一瞬だけ画面いっぱいに血塗れの顔が映る



511:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 23:27:18.55 ID:AO0jqKrA0

実は寝言の言語は日替わり、最早鎮守府内で解読しきれなくなった



513: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/14(火) 23:41:54.25 ID:c2oFgJh10

ピシッ、ミシミシ


伊14「ん?雨かな?」


伊13「予報だと晴れだけど…」


ザ、ザザーーーー


伊13「あれ…映像が…再生されたよ…」


伊14「リピート再生になってたのかな?今は関係ないから消して……」


アァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!



伊13、伊14「「!!」」



514: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/14(火) 23:48:21.39 ID:c2oFgJh10

伊14「何!?誰の声!?」


伊13「…見て!映像が!!」


ア……ァァァ…


伊14「ひっ!」


伊13「血濡れた…女の人が……」


伊14「ななななななななな……」


ブツッ


伊13「映像が…勝手に消えちゃった…」


伊14「なんで姉貴はそんなに冷静なのさ~!!」


伊13「だって…映像だから…」



515: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/14(火) 23:51:07.85 ID:c2oFgJh10

伊14「これってあれだよね!?心霊現象だよね!?イヨの部屋ってヤバいの!?」


伊13「部屋というより…イヨちゃんにじゃない…?」


伊14「イヨが!?」


伊13「うん…何か…覚えとかない…?」


伊14「恨まれるようなことはしてないよーー!」


伊13「ほんの些細なことかもしれないから…よく思い出してみて…」


伊14「う、うーん……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



516:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 23:52:27.18 ID:vQaxG7AqO

昔はよく写っててびっくりしてたんだけど、慣れてきちゃって編集の邪魔だし無視してたら映らなくなったのよね
驚いてくれないと幽霊も脅かしがいが無いのかな?
まあいたずらだけで悪さはしないから安心していいよ
と夕張が語る



517:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 23:52:36.99 ID:07MjiLmpO

夕張が録画したホラー映画が残ってただけだった



518:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 23:53:10.58 ID:c2CLXUIPo

陽炎が金ピカ除霊術を披露



522: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 00:05:46.68 ID:gNxL7tcj0

ーー


ガチャン


伊14「ひっ」


秋津洲「おっとと。工具落としちゃったかも」


伊14「はぁ…よかった……」


北上「相当参ってるね~」


陽炎「本当に何も覚えが無いの?」


伊14「無いよ!何も無いから困ってるの!」


明石「いいいいイヨちゃん…かか可哀想…」


伊14「あれから怖すぎて怖すぎて…もうお酒どころじゃないの~!」


北上「結果として禁酒には成功してるねぇ~」


伊14「こんなの嫌だーーー!」



523: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 00:12:47.38 ID:gNxL7tcj0

伊13「夕張さん…あのビデオって…前に何か映像入ってましたか…?」


夕張「あー…うん、多分入ってたかな。それが何かまで覚えて無いけど」


伊13「それって…ホラー映画とかじゃ…無かったですか…?」


夕張「……まさかイヨちゃんの幽霊騒ぎって…」


伊13「多分…その映画の一部が…残ってたと思います…」


夕張「うわ~…イヨちゃんに悪いことしちゃったな…」


伊13「でも…ネタバラシは…もう少し後で良さそうです…」


伊14「怖い怖い…姉貴!今日も一緒に寝てね!絶対だからね!」


伊13「うん…イヨちゃん…」


伊14「お酒を飲む時間があるなら早く寝たい!あぁぁ…まさかあの幽霊はお酒を飲むと見えるんじゃ…!」


夕張「効果があり過ぎるような気もしますけど…」


伊13「多分…大丈夫です…」


ーー



532: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 19:58:32.84 ID:gNxL7tcj0

ーー


龍驤「島風提督のとこの五月雨はどうなったんやろうな」


提督「…しばらく連絡もとっていなかったからな」


龍驤「今日はたまたま出かける用事があったし、ついでに様子見ていこうや」


提督「…そうだな」


龍驤「ウチらが知ってるのはもうすぐ五ヶ月目。16週や~って言うてた時やもんな」


提督「あれからどうなったんだろうか…」


龍驤「元気にしてるといいんやけどなぁ」



下1~3高コンマ 五月雨の様子やその他起こったこと等



533:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 20:02:31.23 ID:WIl55t3yo

あんまり言葉とか素行とか良くなってない



534:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 20:02:34.39 ID:Vt5fEbA30

武蔵を一人で大破させた軽巡がいると聞いてやっぱりそっちの鎮守府おかしいよ……と言われる



535:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 20:02:57.84 ID:BxFMltmFO

お嬢様口調も収まって五月雨の指には指輪が
島風提督も父親としての意識ができてる



538: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 20:27:14.49 ID:gNxL7tcj0

ーー

五月雨「お二人とは直接会うのは久しぶりですね」


龍驤「電話とかでは何度かあったけどなぁ。それより五月雨が別人みたいになっとるのに驚きや…」


五月雨「えへへ…やっぱりこの子に悪影響かなって思って…あと指輪をくれたのも原因かなって思ってます」キラッ


龍驤「ええなぁ……」


提督「…島風提督もなんだが目つきが違っているな」


島風提督「五月雨を見ていると嫌でも父親なんだと意識する。もう心構えはできた」


提督「それは頼もしい台詞だ」



539: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 20:29:51.98 ID:gNxL7tcj0

龍驤「五月雨の予定日はいつなん?」


五月雨「それが全くわからなくて…艦種によってはもう生まれてもおかしくないとは言われました」


提督「君のは五ヶ月や六ヶ月の腹の大きさではないからな」


島風提督「臨月かそれ以上の大きさに値すると言われた」


龍驤「体には十分気をつけや?ウチらに手伝えることとかあったら言うてくれていいで?」


五月雨「はい、そうさせてもらいます」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



540:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 20:31:04.59 ID:9EM4tqIQ0

五月雨に妊娠するためのコツを教わる龍驤



541:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 20:31:32.21 ID:GrDlnU+r0

直後に産気付いた五月雨

超安産で「てやんでぇ!てやんでぇ!」の産声と共に出産



542:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 20:32:19.01 ID:Vt5fEbA30

産気付く



546: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 20:43:16.51 ID:gNxL7tcj0

提督「そうだ島風提督、この間大本営からの監査官が…」


島風提督「その話なら……」


龍驤「なぁ五月雨、司令官らが真面目な話してる間に一つ聞いてもええ?」コソッ


五月雨「なんですか…?」ヒソヒソ


龍驤「単刀直入に聞くけどな、どうやって妊娠したん?」


五月雨「何言ってんだよお前…」


龍驤「コツとかあったら教えて欲しいねん…!!」


五月雨「そんなこと言われても…」


龍驤「頼むって五月雨ぇ…!」



547: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 20:45:41.03 ID:gNxL7tcj0

龍驤「ウチは司令官の子どもが欲しいねん…!」


五月雨「そんなこと言われても…避妊せずにやりましたとしか答えられません」


龍驤「そんなんわかってんねん!もっと他に無いん!?どんなプレイしてたとか逆算したらわかるやん!」


五月雨「うーん…」


龍驤「ほんの些細なことでもええねん!ウチに教えてぇやぁ…」


五月雨「安価」


下1~3高コンマ 五月雨の台詞、行動他



548:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 20:46:43.06 ID:Vt5fEbA30

日にちの計算や体を冷やさないこと



549:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 20:47:18.27 ID:WIl55t3yo

抜かず10発かなあ



550:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 20:47:26.76 ID:fQG16oLRO

とりあえず中に出されたら寝るときは足をあげて寝ろ
後、身体を暖めることを忘れるな



551: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 21:01:18.91 ID:gNxL7tcj0

五月雨「とりあえず中に出されたら寝るときは足をあげて寝て、身体を暖めることを忘れないで下さい」


龍驤「やっぱり基本が大事なんか…」


五月雨「そもそも龍驤さんは避妊してるんですよね?まずはそこからじゃないんですか?」


龍驤「いや、そうなんやけど……実はな、避妊薬飲んでるって嘘ついてるから、そこは大丈夫やねん」


五月雨「嘘ついてるって…マジかよ…」


龍驤「正確にはな、ヤる前にあそこに入れるタイプの避妊薬を仕込んでるフリしてんねん…」


五月雨「そこまでして……」


龍驤「当たり前やん…!司令官の子どもを妊娠できるんやったら死んでもええねん……!!」


五月雨「そんな大袈裟…いや、龍驤さんは事情が違うのか」


龍驤「病院の先生にはもし妊娠したら、出産はウチの命と引き換えや言われてるよ」


五月雨「……」



552: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 21:05:46.51 ID:gNxL7tcj0

龍驤「ウチみたいに欠損が激しいとなんもせんでも長生きはできへんって言われてる。せやったらせめて子どもは…司令官とウチが愛し合ってた証拠を残したいねん…!」


五月雨「…島風みたいに手足を治すつもりはねぇのか?」


龍驤「無い」


五月雨「……そうかよ」


龍驤「ありがとうな。でもウチはこの姿であり続けることがウチのアイデンティティやと思ってるし、全てやと思ってる」


龍驤「足をあげて寝て身体を暖める…か。アドバイスありがとうな五月雨」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



553:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 21:07:02.31 ID:qElFIhEDO

自分の事しか考えてないんだなアンタと五月雨ちょっと怒る
母親の居ない子供の気持ちはどうなる?



554:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 21:08:12.68 ID:BxFMltmFO

五月雨が
今こうなったからわかる、子ども産むだけ産んで死ぬのは無責任だぜって



555:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 21:08:24.90 ID:RClUNVgW0

胎教のために、クラシック
音楽を聴きたがる五月雨



558: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 21:23:22.66 ID:gNxL7tcj0

五月雨「…パパ少しいいか?あれを持ってきて欲しいんだよ」


島風提督「ん?あぁ…あれか?」


五月雨「胎教用のクラシックCDだ。頼めるか?」


島風提督「よし、ならすぐに持ってこよう」


五月雨「パパ……」ジッ


島風提督「…すまない提督。少しいいか?」


提督「俺か?……龍驤、少しの間待っていてくれ」


龍驤「ん……」



559: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 21:30:05.28 ID:gNxL7tcj0

五月雨「……よし行ったな。おい龍驤、さっきなんて言った?」


龍驤「ウチの命と引き換えでもいいから子どもは欲しいって…」


五月雨「ふざけんなよお前?残された提督と子どもはどうなるってんだよ?」グイッ


龍驤「……」


五月雨「お前は自分のことしか考えてねぇのか?あ?」


龍驤「………」


五月雨「こうなった俺ならわかる。産むだけ産んで死ぬのは無責任だ。子どもは産んで終わりじゃねぇんだよクソが」


龍驤「…………ひぐっ…」


五月雨「泣けば解決すんのかよ?あぁ!?」


龍驤「ぞんなごとい"われでもぉ~~!!」グスグス



560: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 21:36:58.01 ID:gNxL7tcj0

五月雨「ガキを作るなとは言わねぇよ。でも最初から諦めんなって話だ」


龍驤「でもぉーー!」


五月雨「おい龍驤、艦娘がどれくらいの確率で妊娠すんのか知ってんのかよ?」


龍驤「1パーセントも無いんやろ!!」


五月雨「そうだ。じゃあこの俺の腹はなんだ?」ボテッ


龍驤「それは…」


五月雨「1パーセントだろうがあり得なかろうが、俺は妊娠した。これが事実だ」


五月雨「この世に奇跡はある、俺が証拠だ。ただまぁ最初から諦めてる奴に奇跡は起こらねぇけどな」


五月雨「俺から言えることは一つだ。諦める前に行動しろってな」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



561:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 21:38:37.10 ID:fQG16oLRO

へこむ龍驤を慰めに来る島風



562:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 21:39:14.19 ID:RClUNVgW0

近所のお宮へ日参を始めた龍驤



563:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 21:40:27.12 ID:Vt5fEbA30

部屋の外で会話を聞いていた提督と島風提督
何か考えてはいるのかと話す



570: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 21:49:25.13 ID:gNxL7tcj0

再安価

ここから下1~3高コンマ



571:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 21:49:34.90 ID:k9QD+pXpO

>>561



572:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 21:50:04.77 ID:qElFIhEDO

>>566



573:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 21:50:08.73 ID:9EM4tqIQ0

>>563



576: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 22:04:04.98 ID:gNxL7tcj0

島風「五月雨、言い過ぎだよ」ガチャ


五月雨「島風か…」


龍驤「うぅ……ぐすっ…」


島風「五月雨の言ってることも正しいかもしれないけど、言い方ってあるでしょ?」


五月雨「けどよ…」


島風「それに乱暴な言葉使ってたらお腹の子に悪影響だよ?」


五月雨「……気をつけます」


島風「よしっ!」


龍驤「ごめんな…ウチが変なこと言うたのが悪いねん…」


島風「そんなことないよ!死んでもいいから子どもが欲しいっていう気持ちは私もわかるもん!」



577: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 22:12:26.37 ID:gNxL7tcj0

島風「なんで私じゃなくて五月雨なんだろうって何回も思ったもん」


島風「大っきくなっていくお腹を見てたらそんな気持ちは無くなっていったけど…私には龍驤さんの気持ちがわかる!」


島風「私の手足が無かった時、提督と愛し合えるなら命なんかいらないって思ったもん!」


龍驤「ぐす……」


島風「龍驤さん、二人でゆっくりお話しよ。五月雨が悪いわけじゃないけど、ちゃんと大人しくしててね!」


五月雨「…はい」


島風「いこ、龍驤さん!」


龍驤「ぅん……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



578:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 22:16:29.90 ID:Vt5fEbA30

島風「そっちの提督はあんな風になった私を引き取ってくれるくらい優しいから、きっと安全にできる方法とか考えてくれているんじゃないかな?確証が無いから話していないだけで。」



579:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 22:17:21.98 ID:BxFMltmFO

>>564
一方提督たちの会話
島風提督が島風と同じくらい五月雨を愛してしまっていると



580:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 22:18:13.58 ID:WIl55t3yo

島風提督鎮守府の他のメンバーの様子を



581: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 22:23:22.28 ID:gNxL7tcj0

ーー


提督「まだ帰らなくていいのか?」


島風提督「五月雨が龍驤と二人っきりにしてくれと訴えかけてきたからな。もう少し待つ」


提督「アイコンタクトでそこまでわかるようになったのか」


島風提督「そうだ…俺は……わかるようになった…なってしまったんだ…」


提督「どういう意味だ?」


島風提督「俺は…島風と同じくらい、五月雨を愛してしまっている…」


提督「本当に同じくらいか?」


島風提督「五月雨の方が…好きになっているかもしれない…」



582: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 22:27:16.05 ID:gNxL7tcj0

島風提督「俺は全てを投げ打ってでも島風を救おうとした。艦娘も……酷い目に合わせてしまった」


提督「そうだ。うちにいる朝潮はまだお前を恨んでいるだろう」


島風提督「そこまでしたのに……だ。俺という人間は…なんて小さいんだ…」


島風提督「生まれてくる子どもにも艦娘達にも…俺は…」


島風提督「どうすれば…いいというのだ……」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞等



583:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 22:30:14.60 ID:Vt5fEbA30

・・・・・・そういうことを相談できる相手は今までいなかったのか?



584:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 22:30:30.69 ID:kCbE6zAE0

夫として妻と子を愛することは正常、お前は正しいんだぞ



585:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 22:31:19.08 ID:qElFIhEDO

それでいいのさ
悩んで迷って後悔して…お前ならきっと良い父親、そして指揮官になる



587: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 22:42:09.60 ID:gNxL7tcj0

提督「夫として妻と子を愛することは正常、お前は正しいんだ」


島風提督「……そうなのか?」


提督「二人の女を愛することに自信が無いというなら俺を頼ればいい」


島風提督「む……そうかお前は龍驤と漣と関係を持っていたんだな」


提督「俺はどちらも愛している。胸を張って言えることだ」


島風提督「はっ…胸を張れることか?」


提督「あぁ、何も問題ない」


島風提督「随分と頼れる先輩だな……」


提督「…風評被害には慣れてるからな」


島風提督「そうだな、せっかくだから一つ聞いておくか…」


下1~3高コンマ 島風提督の質問内容等



588:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 22:43:40.06 ID:k9QD+pXpO

三人でヤる時はどんなプレイをしているのか



589:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 22:46:25.10 ID:kCbE6zAE0

喜んでくれる所作や行動



590:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 22:47:02.18 ID:WIl55t3yo

さらに言い寄ってくる子のかわし方



591: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 22:58:45.48 ID:gNxL7tcj0

島風提督「さらに言い寄ってくる子のかわし方はあるか?」


提督「…うちの場合は俺が何かする前に龍驤の粛清が入る」


島風提督「あぁ……」


提督「龍驤は怪我が原因で情緒不安定になるようになった。だがそもそも異常と言えるくらい独占欲が強いんだ」


島風提督「それが原因でそっちの鎮守府に厄介払いされたのか」


提督「それを俺が一目惚れしてしまって……だな。漣の事は相変わらず好きだったが…」


島風提督「そうか。しかしうちでは再現できないな。五月雨も島風もそこまで強くない。強さでいえば大鳳や長波が優っている」


提督「なら体の関係を断ち切る所からだな」


島風提督「今更か…かなり慎重にやらなければ……殺されるな」


提督「…命は大事にしてくれ」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



592:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 23:00:42.92 ID:/VLhqMC4O

例の組織の傀儡達が襲来



593:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 23:01:53.99 ID:gIFqcLQko

島風提督の子たちが来る



594:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 23:02:11.66 ID:9EM4tqIQ0

島風とすっきりした顔の龍驤が帰ってくる



595: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 23:17:25.04 ID:gNxL7tcj0

大鳳「提督!会いたくなったので来ちゃいました!」


長波「提督!二人っきりになろうぜ!」


伊400「しおんも会いにきちゃいました~」


摩耶「あたしも…さ。少し寂しかったし…」


提督「噂をすれば…だな」


大鳳「誰ですか貴方?提督以外の殿方は喋らないで下さい」


提督「……」


島風提督「武蔵達はどうした?」


摩耶「武蔵は遊びに出かけてて、大淀は寝込んでたな」


島風提督「またか…」


摩耶「側にいるのがこの面子だからな。ま、あたしもひとのこと言えねぇけど…」



596: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 23:22:07.45 ID:gNxL7tcj0

大鳳「そんなことはどうでもいいんです!提督、空き部屋にでも一緒にいきましょう!」


長波「あ?何言ってんだメンヘラ?」


伊400「大丈夫だよ、海に引きずり込めば…」


摩耶「あのさ提督、順番的にはあたしだよな?」


島風提督「ちょうどいいから言っておくか……よく聞くんだ。これから俺は島風と五月雨としか体の関係を持つつもりは…無い」


島風提督「俺はもう父親になる。こんな関係は終わらせたいんだ」


下1~3高コンマ 誰かの台詞、行動他



597:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 23:23:13.32 ID:/VLhqMC4O

伊400「…今、何と?」ハイライトオフ



598:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 23:23:43.70 ID:WIl55t3yo

伊400「今は、ね…大丈夫、わかってる…」



599:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 23:24:08.92 ID:GrDlnU+r0

殆どが動揺する中

摩耶「そっか……まぁいずれこうなる日が来る気はしてたぜ。でも、お前が好きなのはかわんねぇからな。いつでも頼れよ!」



602: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 23:35:19.58 ID:gNxL7tcj0

大鳳「なにを……言って…」


伊400「嘘だよね…?」


長波「提督がそんなこと言うなんて…これは夢だよな…」


摩耶「そっか……まぁいずれこうなる日が来る気はしてたぜ」


島風提督「すまない……」


摩耶「でもよ、お前が好きなのはかわんねぇからさ、あたしのことはいつでも頼れよ!」


島風提督「ありがとう摩耶…」


提督「摩耶は受け入れたようだが…他の艦娘はどうなる?」


下1~3高コンマ 三人の台詞や行動等



603:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 23:38:00.43 ID:kCbE6zAE0

無論この程度で止まるわけもなく…



604:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 23:38:14.84 ID:Vt5fEbA30

伊400がスイッチを押して五月雨を頭が割れるような痛みが襲う
伊400「じゃあ子供とかいらないから最後の愛人にして」



605:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 23:38:27.27 ID:9EM4tqIQ0

ハイライト消失



613: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 23:48:30.82 ID:gNxL7tcj0

伊400「……」スッ


摩耶「なんだそのスイッチ?」


島風提督「それは…!!やめろ!やめてくれ!」


伊400「やだ。提督がしおんの物にならないなら、もう何もいらない」カチッ


ギャアァァァァァァァァァァァァ!!


提督「この声は…!」


摩耶「テメェ!そのスイッチはぶっ壊したはずだろ!」


伊400「しおんが直したの。でもね、素人だから前より痛くなってるかもしれないね」


島風提督「やめてくれ!そんなことをしたら子どもが…!」


伊400「ならしおんを提督の女にして」


島風提督「それは……」


伊400「……」カチカチカチカチカチカチカチ


ウギャーーーーーーー!!


島風提督「伊400、もうやめてくれ!!」


伊400「やだ」



615: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/15(水) 23:55:10.05 ID:gNxL7tcj0

摩耶「テメェ…いい加減にしろよ!?」


伊400「なら力尽くでコレ奪ってみたら?」スッ


摩耶「クソが……!」


伊400「そうだよね、皆んなまとめてかかってきてもしおんに勝てるはずないもんね」


伊400「提督のことしか考えてないからこうなるんだよ?しおんはちゃんと全部考えてたの」


伊400「誰かが妊娠でもした時に、その子を人質にしてしおんは提督を貰う。完璧な作戦だよ」


摩耶「なんだよ…なんなんだよお前!」


伊400「こうしたのは提督なんだもん」


島風提督「……」


伊400「ね、提督?しおんのこと幸せにしてねぇ?」ニタァ


島風提督「安価」


下1~3高コンマ 島風提督の台詞やその他起こったこと等



616:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 23:55:59.60 ID:9EM4tqIQ0

龍驤「何してくれてんねんこのド阿呆!」

からの羅生門



617:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 23:56:06.44 ID:/VLhqMC4O

始まりの艦娘に目をつけられる伊400



618:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 23:56:27.98 ID:WIl55t3yo

島風の精密射撃でスイッチ破壊
島風「提督を苦しめるのは許さないよ!」



621: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 00:08:51.70 ID:JWLScMPY0

ドパァン

伊400「!?」


島風「提督を苦しめるのは許さないよ!」


伊400「な、あ…!スイッチだけ撃ち抜くなんて!」


龍驤「お前はやったらあかんことやってしもうた…報いは受けてもらうで!」


伊400「待っ……!」


龍驤「お前は待たんかった!!くらえ、羅生門っ!!」


伊400「ぉごっ………!」ドサッ


龍驤「ふんっ、よぅそんな練度で偉そうに言えたもんや」


提督「流石だな龍驤」


龍驤「こんなんに苦労するウチやないで」



625: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 00:13:31.20 ID:JWLScMPY0

龍驤「さて……次ばコイツらやな。ちょっとそこに並び」


摩耶「な、なんだよ…」


龍驤「…………」バシン、バシン、バシン


大鳳「あっ…」


長波「う……」


摩耶「ってぇ…!」


龍驤「…アンタら三人もおってなんで誰も止めんかった!いくら練度に差があるいうても何かできたはずやろ!!」


龍驤「そんなに五月雨と子どもが憎いんか!!お前らは島風提督の側に居る資格は無い!!」


龍驤「お前らは島風提督を不幸にするだけや!!とっととこの場から去れ!!」


下1~3高コンマ 誰かの台詞、行動他



626:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 00:13:59.13 ID:UyO5z3u80

伊400「私を選ばなかったこと、一生後悔すればいいよ」と自分を撃ち抜いて息絶える



627:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 00:14:01.85 ID:moR9MM4E0

>>624
多分ですけれどギャグ時空補正って話だと思います



628:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 00:14:31.11 ID:SEDwrcaDO

>>624
知ってる
それ書いたの自分だし
あくまでツッコミ技と思ってたけど



636: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 00:21:22.77 ID:JWLScMPY0

再安価


下1~3高コンマ



637:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 00:21:34.70 ID:8UOX8zGwO

ショックで五月雨が産気付く



638:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 00:22:37.87 ID:F20WGUMRo

五月雨が破水した



639:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 00:23:22.28 ID:UyO5z3u80

>>626



641: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 00:31:01.23 ID:JWLScMPY0

バタバタバタバタ…


提督「なんだ…?何か騒がしいぞ?」


龍驤「…さっきので五月雨が破水したんや」


島風提督「五月雨!!」バッ


島風「提督は早く来て!もう治療室に入ったから!」


島風提督「あぁ…!!」


摩耶「分娩室じゃなくて…治療室…?」


龍驤「五月雨はかなり危険な状態や。誰かさんが余計なことしたせいでな」


摩耶「ぁ…嘘だろ………」


大鳳「……」



642: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 00:36:25.05 ID:JWLScMPY0

龍驤「子どもが産まれたとして、満足に呼吸ができるかわからんし、五月雨もダメージを受けた状態での出産や。最悪二人共…死ぬ」


龍驤「そうなったら殺したのはアンタらっちゅうことになるな」


長波「……」


提督「子どもの状態は何もわからないのか?」


龍驤「頭が出てきたらわかるらしいけど、艦種によっては呼吸器官が発達してるかわからんって」


提督「…俺達も行くか」


龍驤「そやね。アンタらはそこで反省しとき。自分のやったことをよー考えるんやね」


摩耶「あたしは…………」



643: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 00:39:10.60 ID:JWLScMPY0

ーー

龍驤「司令官もう大丈夫やで」


提督「よいしょっ……と」


龍驤「こういう時はおんぶが一番早いわ。ありがとうな」


提督「五月雨と子どもはどうなった?」


龍驤「泣き声が聞こえれへんのが凄い不安や……」


提督「まだ産まれていないんだ、きっと…」


龍驤「うん、そうやんな……」


下1~3高コンマ 五月雨達の容態やその他起こったこと等



644:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 00:39:26.17 ID:d2aF5CPAO

母子共に要経過観察
だが、辛うじて二人とも異常箇所無し



645:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 00:39:30.72 ID:CGRkWEiMO

何とか母子共に無事出産
島風提督は五月雨の隣で涙を流しながら安堵する



646:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 00:40:05.94 ID:lT/LS9wxo

無事に出産する



649: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 00:52:57.38 ID:JWLScMPY0

ーー

島風提督「よく頑張ったな…」


五月雨「痛ぇ……もう嫌だ…」


提督「母子共に健康…本当によかった」


龍驤「それにしても大変やったなぁ五月雨」


五月雨「裂けるかと思った……めちゃくちゃ痛ぇ…」


島風「うわ~凄く可愛い…!あ!目元なんて五月雨そっくり!」


五月雨「んぇえ…よくわかんねぇよ…」


島風提督「間違いなく俺と五月雨と子どもだな」


五月雨「そいつはよかった……」



650: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 00:57:36.06 ID:JWLScMPY0

提督「結局この子の艦種はなんだったんだ?」


龍驤「アンノウン…まぁ多分護衛艦やろうな」


五月雨「ならこの子の名前は…さみだれ…だな…」


島風提督「そうなるな…いや、今は名前より無事に産んでくれただけで…」ポロポロ


五月雨「なに泣いてんだよ…お前は父親なんだから…シャキッとしろ…」


島風提督「五月雨…絶対に幸せにしてやるからな…」グスッ


五月雨「ま…せいぜい幸せにされてやるよ…」ニコッ



651: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 01:05:06.81 ID:JWLScMPY0

ーー病室外


摩耶「あたし達、何してんだろうな。五月雨の病室の外で…」


大鳳「……」


長波「……あたしは…」


摩耶「……もう提督の側には近寄れねぇだろうな」


長波「……」


大鳳「…あのキ○ガイが悪いのよ」


摩耶「そうだな。伊400を止めなかった大鳳もその仲間だ」


大鳳「アンタ…!」


摩耶「あたしも……その仲間だ…」グスッ


大鳳「……」


摩耶「練度で敵わねぇってわかってても…止めるのが普通だ…多分心の奥底で……五月雨と子どもが…死んでいいって…思ったんだ……」


摩耶「ほんと…あたし達って…最低だよな……」


長波「……」


摩耶「あたし達はここに居る資格はねぇ……帰ろうぜ…」


大鳳「……」


長波「提督…………」


ーー



675: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 21:45:15.85 ID:NnOsdj5RO

ーー

提督「……わかった、こちらでも引き続き捜索を続ける」ガチャ


漣「伊400はまだ見つからないんですか?」


提督「あぁ…五月雨が出産した日以来、どこにも居ないそうだ」


漣「鎮守府にも帰った痕跡が無いとなると少し厄介ですな」


提督「龍驤の打撃を受けたといっても気絶させただけだ。大したダメージでは無い」


漣「頭イってらっしゃる艦娘が行方不明…これはマズイですな」


提督「なんとしてでも見つけたい所だが…」



676: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 21:48:58.99 ID:NnOsdj5RO

漣「現在は島風提督及び幹部さん。そして我が鎮守府と二つの組織で探しているんですよね?」


提督「幹部さんが大ごとにしたくない、そして伊400に寛大な処分を下す為には俺達が見つけるしかないんだ」


漣「都合良く見つかってくれたらいいんですけど…ワンチャン…もう…」


提督「…その場合はせめて亡骸を回収したい」


漣「ほんと無事でいて下さいよ……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



677:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 21:50:43.79 ID:moR9MM4E0

少女電車に轢かれて死んだ駅でケッコンカッコカリの指輪をさすりながらしゃがみこんでいる伊



678:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 21:51:03.09 ID:QOc3zd13o

見つからない



679:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 21:52:48.92 ID:xk5oOOYPO

伊400は元組織の男のところへ行き着いていた



684: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 22:06:15.34 ID:NnOsdj5RO

ーー


伊400「……」


男「その子が漂流してきた艦娘かい?」


吹雪「はい、司令官」


神風「単艦で出撃後大破ってところかしら?」


旗風「でも…弾薬が消費されていません…」


ビスマルク「なら自殺か何かするつもりだったんじゃない?」


吹雪「そんな…」


男「うーん…結果的にそうなったって感じかな」


神風「どういうことなのよ?」



685: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 22:10:25.66 ID:NnOsdj5RO

男「ヤケになって暴れ回ろうとしたら、一撃でやられたってことだと思うよ」


旗風「抵抗…しなかったんですね…」


男「うん、だから結果的にそうなった…もうこの子は生きることを途中で諦めたんだよ」


ビスマルク「深海棲艦にやられたいだけやられて、ここに流れ着いたってわけね」


男「よくここまで来たと思うよ。海流的にここに何かが流れ着く確率は低いからね」


吹雪「どうしますか司令官?」


男「助けないって選択肢は無いね。とりあえずいつもの機械に入ってもらって治療しようか」


ビスマルク「了解!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



686:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 22:12:15.34 ID:moR9MM4E0

伊400「あの日、提督と五月雨ちゃんが緊急出撃命令なんて出さなければ、あの子は電車に轢かれなかっただろうにな……」



687:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 22:12:53.57 ID:QOc3zd13o

目覚めたい400、吹雪の姿をはじめに見たので自分が沈んだと勘違い



688:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 22:13:45.14 ID:zYYK1giu0

伊400深海化



689: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 22:25:38.10 ID:NnOsdj5RO

伊400「う……」


吹雪「気が付きましたか?」


伊400「深海棲艦………そうか…しおん…沈んだんだ…」


伊400「ふ…ふふ………」


伊400「あひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!」


伊400「これで!堂々とあのクズ共を沈められる!!全員ブッ殺してやる!!」


男「残念ながら君はまだ沈んでいないんだ」


伊400「あぁ!?」


ビスマルク「この子…沈む為にわざと……」


男「どうやらそうみたいだね」



690: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 22:31:32.36 ID:NnOsdj5RO

伊400「……チッ、助かってんのかよ」


ビスマルク「助けられてお礼も無いなんて随分ね」


伊400「黙れクソ戦艦、こっちは沈みてぇんだ。勝手に助けてんじゃねぇ!!」


男「そういう訳にはいかないよ」


吹雪「凄い性格ですね…私の知ってる伊400とは随分違います…」


伊400「こっちはクズ提督のせいでこうなってんだよ。おいお前ら!とっとと解放しろ!こうなったらこの姿のまま殺しに行く!!」


ビスマルク「穏やかじゃないわね…どうするの?」


男「安価」


下1~3高コンマ 男の台詞や行動等



691:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 22:31:34.84 ID:kuThYBzpo

うわぁだいぶキてるね伊400これ



692:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 22:33:41.57 ID:Jc+eL2gg0

とりあえずおとなしくなってもらおうかな



693:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 22:33:59.85 ID:lT/LS9wxo

危ないことはさせられないね



696: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 22:43:40.82 ID:NnOsdj5RO

男「危ないことはさせられないね。しばらくこの機械の中に居てもらおうか」


伊400「出せ!おいクズ共!!」


吹雪「すいません、そこから出す訳にはいきません」


ビスマルク「精々大人しくしてなさい」


伊400「うぁぁぁぁ~~~!!」ガタガタ


男「ごめんね…でも君の為だから」


伊400「しおんの為っていうならアイツらを殺させろーーー!!」


吹雪「この子に一体何があったんでしょうか?」


男「うん、話を聞いてみようか」



697: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 22:50:46.77 ID:NnOsdj5RO

ーー

吹雪「酷い……」


男「そんな鎮守府があるだなんてね」


ビスマルク「でもその提督は罪を償ったんでしょ?ならもう裁く人は居ないわ」


伊400「しおんが提督と幸せになる予定だったのに…!あのクズが!!あぁぁぁぁぁぁぁ!!」


男「五月雨君のことが余程ショックだったみたいだね」


吹雪「でも…どうしようもないですよ…」


ビスマルク「だからって放っておいたら大変なことになるわよ?」


男「安価」


下1~3高コンマ 男の台詞、行動他



698:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 22:53:19.93 ID:AoNFbre6O

…ちょっと待って、この前呂500君達が連れてきた島風君の鎮守府とよく似てるような…



699:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 22:53:46.45 ID:QOc3zd13o

しばらくうちで面倒を見よう
こんな状態でほっておくのはあぶない



700:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 22:54:59.34 ID:kfd3qZWSo

……どこかで聞いたことがあるなこの子の鎮守府…



703: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 23:08:56.00 ID:NnOsdj5RO

男「…ちょっと待って、この前呂500君達が連れてきた島風君の鎮守府の話とよく似てるような…」


伊400「ああ?じゃあお前らが島風を治した男達か?」


吹雪「こんな偶然…あるんですね…」


ビスマルク「何か既視感があると思ったら島風の鎮守府の話だったのね」


男「驚いたなぁ…」


伊400「お前らが余計なことするから提督は…!」


ビスマルク「あら?島風の治療と五月雨の妊娠は関係ないわよ?」


伊400「ぎぃぃ…!」



704: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 23:12:34.87 ID:NnOsdj5RO

男「君が鎮守府を悪く言い過ぎるから直ぐには気付かなかったよ」


吹雪「島風ちゃんの話とは随分と印象が違いましたからね」


伊400「どう話そうが事実は一つだ。クズ共に囲まれてんのも事実なんだよ!!」


ビスマルク「クズ共ねぇ…島風はそうは言ってなかったわよ?」


伊400「はぁ!?アイツ頭おかしいだろ!?」


男「そうだね、まぁ大鳳君のことはどっちもどっちみたいだけど…」


吹雪「大鳳さんがやばそうなのは良くわかりました…」


男「でもね、君の事は悪く言ってなかったんだ。君は…」


下1~3高コンマ 島風が伊400について言っていたこと等



705:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 23:14:37.05 ID:kfd3qZWSo

提督のために戻ってきてくれたと感謝していた



706:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 23:16:05.90 ID:Jc+eL2gg0

私や他の皆が熱くなった時でも、常に冷静な判断を下してくれる頼もしい存在



707:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 23:16:43.16 ID:moR9MM4E0

最前線戦隊のヤバい艦娘の中にいるのに大分まとも
提督が他の艦娘を怒っている時もそれに反論している声が聞こえていた



708: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 23:23:15.63 ID:NnOsdj5RO

吹雪「私や他の皆が熱くなった時でも、常に冷静な判断を下してくれる頼もしい存在って言ってました」


男「島風君達に信用されていたみたいだね」


伊400「だって…提督を守るためなら…」


ビスマルク「なんだ、貴女ただのツンデレじゃない」


伊400「違う!そんなんじゃない!」


ビスマルク「提督、この子構ってもらえなくなるから拗ねてるだけよ」


男「本当かい?」


吹雪「沈もうとするなんて凄い拗ね方ですね…」


伊400「勝手に決めつけるなーーー!!」ガタガタ


男「とにかく所属鎮守府がわかったんだ、呂500君に連絡しよう」


吹雪「はい、わかりました!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



709:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 23:23:42.39 ID:kfd3qZWSo

評価高いなあ



710:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 23:23:51.80 ID:SEDwrcaDO

?「お前の望み叶えてやろか?ウチらと来れば力をやる」とフード姿の小柄な謎の人物と傀儡の群

しおんが流れ着いたのが原因で位置バレした



711:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 23:26:47.10 ID:0l5uktZmO

島風がろーちゃん達とやってくる



716: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 23:37:14.92 ID:JWLScMPY0

再安価

下1~3高コンマ



717:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 23:37:35.63 ID:0l5uktZmO

>>711



718:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 23:37:44.28 ID:moR9MM4E0

装置の中で伊400が艤装を無理やり展開して刀を二本取り出して脱出



719:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/16(木) 23:38:12.88 ID:SEDwrcaDO

>>710



726: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 23:47:33.19 ID:NnOsdj5RO

ーー


伊400「退屈……さっさとここから出たい…」


吹雪「しおんちゃん!今機械開けますね!」ポチッ


伊400「…なんだ急に?」


吹雪「司令官のアジト…この場所がバレたんです!」


伊400「それって…島風が言ってた……」


吹雪「聞いてるなら話が早いです!このアジトは爆破するので、早く逃げて下さい!」


伊400「ば……!?」


吹雪「完璧な技術と機械が組織の手に渡ってしまったら終わりなんです!」


ビスマルク「吹雪!傀儡が更に増えたわ!」


吹雪「わかりました!さぁしおんちゃんは早く逃げて下さい!」


伊400「……」



727: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 23:50:05.84 ID:NnOsdj5RO

伊400「お前らは…どうするんだよ」


吹雪「なるべく多くの敵を倒してから逃げます!こっちの心配は大丈夫です!」


伊400「……」


吹雪「早く逃げて!爆破の範囲に巻き込んでしまいます!」


伊400「…わかった」


吹雪「ありがとうございます!逃げる方角は南です!間違えないで下さいね!」



728: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 23:52:45.93 ID:NnOsdj5RO

ーー

伊400「……なんだこれ…蟻みてぇにうじゃうじゃいやがる」


伊400「あれが…傀儡なのかよ……」


伊400「あいつら…本当に逃げれんのか…」


伊400「…………」


伊400「……クソっ!こんなの柄じゃねぇのに…!」


伊400「…あぁぁぁぁもう!!クソがぁぁぁ!!」



729: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 23:55:39.30 ID:NnOsdj5RO

ーー

ビスマルク「神風!押されてるわよ!」


神風「わかってます!」


旗風「うう…数が減らない…」


吹雪「うわぁぁぁぁぁぁっ!!」ドゴォォォ


ビスマルク「吹雪だけが実質的な戦力ね。これはちょっと……まずいわ」


神風「数が…!多過ぎて……!」


旗風「も…もう……」


ビスマルク「諦めたらそこで終わりよ!」


吹雪「吹き飛べぇぇぇぇぇ!!」ゴォォォォ



731: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/16(木) 23:59:25.93 ID:NnOsdj5RO

ビスマルク「!?魚雷音が…!」


神風「そんなに接近を許していたの!?」


旗風「いえ、違います…これは…味方の…」


伊400「お前ら!伏せろ!!」


ビスマルク「……!」


ドゴォォォン……


神風「凄い威力…」


吹雪「誰が援護を!?」


伊400「お前らはそのまま足止めしてろ!吹雪、こっちは水中から西の方をやる!」


吹雪「しおんちゃん!?逃げたんじゃないんですか!?」


伊400「うるせぇ!とにかく全員ぶっ飛ばすぞ!」


吹雪「……はい!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



732:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/17(金) 00:00:25.46 ID:BJ/t2mSP0

「奪い取って足りなくさせるのも好きなのよね」と始まりの艦娘が引きずり込もうとする



733:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/17(金) 00:00:48.97 ID:WoDl32XJ0

伊400「(富士・・・・・・この体くれてやるからこいつらを助けろ)」



734:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/17(金) 00:00:59.47 ID:BJ/t2mSP0

「奪い取って足りなくさせるのも好きなのよね」と始まりの艦娘が引きずり込もうとする



735:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/17(金) 00:01:10.75 ID:3Zxs12f2o

敵を倒してアジトは爆破
しおんは次のアジト探しへついていく



736:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/17(金) 00:01:22.93 ID:bsmKDRbuO

何とか逃げおおせる男達
しかし伊400が捕獲されてしまう



737:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/17(金) 00:01:50.91 ID:ERjY30EmO

レスしたいのはわかるけどエラーが出たら落ち着け



742: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/17(金) 00:16:25.68 ID:0uCScb/60

重要安価なので再安価
今日は調子悪いみたいですね


下1~3高コンマ



743:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/17(金) 00:17:11.99 ID:3Zxs12f2o

>>735



744:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/17(金) 00:17:14.45 ID:bsmKDRbuO

>>736



745:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/17(金) 00:17:22.83 ID:E7UbQQ1lo

爆破処理の準備が完了したので撤退してくれと男から通信がはいる



747: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/17(金) 00:31:29.07 ID:0uCScb/60

ーー


ズズズズズ…


伊400「ここから爆破が見えるって…どれだけ爆薬仕掛けてんだよ」


吹雪「これだけじゃ……ありませんっ!」シュパーー


伊400「げ……魚雷まで撃つのかよ」


ビスマルク「万が一にも漏洩してはいけないの」


神風「機械の欠片だって残してはいけません!」


旗風「爆発と吹雪さんの魚雷で…木っ端微塵です…」



748: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/17(金) 00:39:27.08 ID:0uCScb/60

男「今回はありがとう伊400君」カパッ


伊400「吹雪がドラム缶引っ張ってると思ったらお前だったのかよ…」


男「吹雪達だけじゃ奴らを退けられたかはわからない。本当に感謝するよ」


伊400「逆に今までよく耐えられたな?」


吹雪「今までは私と司令官だけでしたから…」


伊400「はっ、足手まといができたんで実力が発揮できませんでしたってか?」


旗風「ごめんなさい…」


男「なぁ伊400君。これから君はどうするんだい?」


伊400「どうって……」


男「もし鎮守府に戻るのが嫌だというなら、よければ着いてきてくれないかな?」


吹雪「司令官!?」


伊400「へぇ……お前達に着いていったらしおんに何かいいことでもあるっていうのか?」


男「安価」


下1~3高コンマ 男の台詞、行動他



749:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/17(金) 00:44:27.04 ID:73EMV6/go

これからどうするか、考える時間は必要だろう?
衣食住は面倒見てあげられるよ



750:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/17(金) 00:44:59.25 ID:HMzAKvFDO

過去は変えられない、だけど君はまだ生きている
君自身の未来を見つける手伝いをさせてくれ
君を助けた者の責任として



751:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/17(金) 00:47:57.23 ID:1HdvJ1500

何が得られるかは君次第さ
まぁ、考える、冷静になる時間は手にはいるとおもうよ



752: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/17(金) 00:56:52.79 ID:0uCScb/60

男「過去は変えられない、だけど君はまだ生きている。君自身の未来を見つける手伝いをさせてくれないかい?」


伊400「未来……」


男「それが君を助けた者の責任だと思ってるんだ」


伊400「責任なんて安っぽい言葉使うんじゃねぇよ」


吹雪「しおんちゃん……」


伊400「ま……お前らだけじゃ心配だから着いていってやるよ」


神風「伊400が味方になってくれるなら嬉しいわね」


旗風「戦力も…揃います…」


ビスマルク「ね、言ったでしょ?伊400ってただの構ってツンデレよ。素直に着いていきたいって言えばいいのに」ヒソヒソ


伊400「聞こえてんだよクソ戦艦!!」


男「あはは…」


吹雪「これからお願いしますね、しおんちゃん!」


ーー



785: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 19:40:00.30 ID:7L7SvRBr0

ーーBAR海底


伊8「こんにちは、久しぶりですね」ガチャ


伊58「…いらっしゃいませ、でち」


伊168「あ……」


漣「イムヤさんにハチさん!本日はご足労ありがとうございます!」


伊168「……騙したのね」


伊8「ごめんなさい。でもこうしないとイムヤは来てくれないと思ったから」


伊168「……」



786: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 19:42:59.58 ID:7L7SvRBr0

漣「ささ、どうぞこちらに座って下さい!」


伊168「……」


呂500「タヌキさんに餌やりますかって!」


伊8「その子にはまだ名前が付いていないんですね」


呂500「いい名前思い付きませんでしたって」


漣「一杯奢ります!イムヤさんはどんなお酒がお好きです?」


伊168「……」



787: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 19:49:18.24 ID:7L7SvRBr0

伊8「イムヤ…」


伊168「……」


漣「……ゴーヤさん、少し失礼します」


伊58「…でち」


漣「本来ならまっ先に貴女達に帰ってきたと報告をしなければいけませんでした。それを間接的に連絡だけで済ませるような形になって本当にすいませんでした」土下座


漣「イムヤさんに至っては…私のせいで…目を……」


漣「…今日は覚悟してここまできました。漣をボコボコにして気が済むならどうぞ満足するまで殴って下さい」


漣「許して下さいとはいいません。ですが…どうかご主人様の側にいることだけは…認めて下さい……」


伊168「安価」


下1~3高コンマ イムヤの台詞、行動他



788:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 19:51:48.06 ID:cNvxOMSvo

帰る



789:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 19:52:57.37 ID:8gANUZBRo

あなたと話す言葉はない
帰って



790:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 19:57:45.40 ID:Wq0teO0q0

ああいう状況だったから別に逃げても構わない
けれど嫌いよ



791: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 20:05:11.35 ID:7L7SvRBr0

伊168「ああいう状況だったから別に逃げても構わないけど…漣のことは嫌い」


漣「……」


伊168「司令官と仲良くするのに私の許可はいらないでしょ?勝手にしてればいいわ」


漣「ですが…」


伊168「帰って。漣のことは許すつもりは無いから」


漣「せめて…お話を…」


伊168「嫌。貴女が頭を下げても私の目は治らないの」


漣「……」


伊8「イムヤ、お話だけでも…ね?」


伊168「…今更何を話すって言うの?貴女が酷い目にあった話をされて同情でも誘うの?そんなのクズの考えね」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞、行動他



792:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 20:07:52.56 ID:VivMaUcf0

雷のいた鎮守府に、腕利きの
鍼灸師さんがいるんだそうよ



793:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 20:18:04.94 ID:T9MCW5/DO

なら…私の目を貰ってはくれませんか



794:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 20:29:35.83 ID:cNvxOMSvo

はっちゃん「イムヤやめて!」



796: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 20:41:42.73 ID:7L7SvRBr0

漣「私の目を…貰ってはくれませんか?」


伊168「!!」


漣「イムヤさんのは目の一部を移植すれば機能が回復するんですよね?」


伊8「そこまで調べてあるんですね」


漣「はい、全て調べています」


伊168「…それがどういう意味かわかって言ってるの?」


漣「全部わかっています」


伊168「……」



797: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 20:43:20.03 ID:7L7SvRBr0

漣「イムヤさんの為なら喜んで差し出します。だからどうか漣の目を貰って下さい!」


伊58「…どうするでちか?」


伊8「ここまで言ってるんだから…イムヤ…」


漣「お願いします!どうかお願いします!!」


伊168「安価」


下1~3高コンマ 伊168の台詞、行動他



798:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 20:44:05.82 ID:x0HRWq7GO

そこまで言うなら貰ってあげます



799:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 20:45:19.41 ID:pPf6bYr90

そこまでして直そうとは思ってません



800:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 20:45:27.83 ID:VivMaUcf0

犬みたいなことになるのは勘弁して



802:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 20:50:35.28 ID:PstBtk700

犬?



804:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 20:52:07.63 ID:ZelMe1LZO

誰か解説してくれない?



805:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 20:54:04.18 ID:8gANUZBRo

多分、私が目になりますって展開を想定して、(盲導)犬みたいな~って事じゃないかな
よく読んでなかったように思えるが



806: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 20:55:03.00 ID:7L7SvRBr0

伊168「……犬みたいなことになるのは勘弁して」ガチャ


漣「あぁ…そん……な…」


伊8「待って下さいイムヤ!」ガチャ


呂500「目をあげるって言ってもダメだなんて…」


伊58「これは漣も悪いでちね。イムヤはそこまでして治したいとは思ってないんでちよ」


漣「でも…漣にできることは…これくらいしか…」


伊58「その頭でよく考えるんでちね」


漣「……」



807: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 21:00:26.99 ID:7L7SvRBr0

ーー

伊8「待って下さいイムヤ!」


伊168「嫌よ!」


伊8「どうしてそこまで漣のことを…!」


伊168「伊8ならわかるでしょ!?私は目が欲しいんじゃないの!」


伊8「でも…!」


伊168「あんな奴の目を貰ったところで、眼帯とか義眼をこれ見よがしに見せられて、アイツの言いなりにされるだけよ!」


伊168「裏切られた次は犬になれって!?冗談じゃないわよ!!」


伊8「イムヤ……」


伊168「返して…あの幸せだった日々を返して!!司令官に褒めてもらって、楽しかった日常を!!」


伊168「私に返してよぉ~~~!!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



808:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 21:01:31.18 ID:cNvxOMSvo

イムヤ過去パート



809:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 21:02:03.18 ID:/x/jdfOyO

??「だったらあの漣って娘から奪ってしまえば良いのよ」



810:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 21:02:27.45 ID:PstBtk700

追いすがってくる漣



812: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 21:32:56.22 ID:7L7SvRBr0

漣「イムヤさん!!」


伊168「来ないで!それ以上私に近づくな!!」


漣「う……」


伊168「貴女には私の気持ちがわかるはずないのよ!毎日毎日やりたくもない料理や接客をして!」


伊8「……」


伊168「鳳翔さんには良くしてもらってるわ。でも私がやりたいのはこんなことじゃないの!」


伊168「私を出撃できる体に治してよぉ~~!!」


漣「…ごめんなさい……」



813: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 21:36:34.01 ID:7L7SvRBr0

伊168「…そうよね、貴女は謝ることしかできないわよね」


伊8「イムヤ、少し落ち着いて…」


伊168「もう二度と私の前に現れないで」


漣「……」


伊168「消えろって言ってるのよ!!」


漣「……はい」トボトボ


伊8「何もあそこまで言わなくてもいいんじゃないですか」


伊168「アイツだけは絶対に許さないのよ……!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



814:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 21:37:51.46 ID:aaHZoUUC0

始まりの艦娘が伊168をそそのかす



815:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 21:37:59.70 ID:8gANUZBRo

>>811



816:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 21:38:41.00 ID:/x/jdfOyO

イムヤの頭の中に深海へ誘う声が



820: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 22:02:54.03 ID:n8F5v9kLO

ーー


伊168「え…………あれ?ここどこ?なんで私ここに居るの?」


「うふふ…アナタのその感情…素敵だわ……」


伊168「誰!?」


「ここはアナタの精神世界。現実じゃないから安心するといいわ」


伊168「私は誰って聞いてるの!」


「やれやれ…この説明は本当に面倒くさいわ…」



821: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 22:07:11.80 ID:n8F5v9kLO

ーー


伊168「嘘よ!そんなの信じないわ!」


「信じるも何もこれが事実なのよ。だからアナタが見てきたことは全てワタシも見てるのよ」


「秘書艦に裏切られたこと…血を吐きながらでも出撃しようとしたこと。そしてそれを仲間に止められたことも全てね」


伊168「ぐ……」


「それよりアナタ、また出撃したいならいい方法があるわよ?」


伊168「……何よ」


「アナタのその歪んだ感情をワタシにくれるなら、アナタをもう一度海に出られるようにしてあげるわ」


伊168「……貴女にその感情をあげたらどうなるのよ」


「うふふふふ…沈むのと同じことが起きるわね」



822: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 22:10:03.49 ID:n8F5v9kLO

伊168「私に深海棲艦になれっていうの!?」


「そうすれば海で自由になれるのよ?」


伊168「バカらしい!もう変なことは言わないで!」


「あら……あの秘書艦が憎いんじゃなかったの?」


「この方法なら合法的にアイツを殺せるのよ?」


「今の姿のままじゃ、大好きな司令官に迷惑がかかってしまう。でも深海棲艦としてなら誰にも迷惑はかかないわよ?」


伊168「……」


「さぁ……ワタシに感情をちょうだい…」


伊168「安価」


下1~3高コンマ 伊168の台詞やその他起こったこと等



823:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 22:10:48.65 ID:31AUv0IzO

馬鹿にしないで



824:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 22:11:05.24 ID:Wq0teO0q0

伊168
「(夕張さん……!助けて!)」



825:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 22:11:36.10 ID:T9MCW5/DO

させるかよおぉぉぉ!と漣と重巡2人でイムヤの精神世界にダイブしてきた



827: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 22:24:10.48 ID:n8F5v9kLO

伊168「馬鹿にしないで、そんなことしても司令官に迷惑はかかるわよ」


「なら秘書艦はあのままでいいの?」


伊168「私には私の考えがあるのよ。貴女は私の一部だって言うなら黙って見てて」


「うふふ…ワタシが手を貸すまでも無く楽しいことになりそうね…」


伊168「黙っていれば私も見逃したのに…なんで今更私の前に現れたのよ!」


伊168「漣だけは……絶対に許さない!!」



828: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 22:28:40.81 ID:n8F5v9kLO

ーー後日、埠頭


漣「こんにちはイムヤさん」


伊168「時間ピッタリ…こういう所は変わってないのね」


漣「時間厳守は漣の性分ですから。それよりもこの前は無礼を…」


伊168「そのことはもういいのよ。それより急に呼び出して悪かったわね」


漣「いえいえ!ここからですと鎮守府も近いですし」


伊168「そう……」


漣「それでイムヤさん、漣に改めてお話というのは…?」


伊168「安価」


下1~3高コンマ 伊168の台詞、行動他



829:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 22:29:36.25 ID:aaHZoUUC0

既に毒を盛ってあるわ



830:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 22:31:46.04 ID:cNvxOMSvo

ちょっと海の上で話さない?



831:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 22:32:45.20 ID:Wq0teO0q0

私、あなたに殺されたことにするわ



835: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 22:52:00.79 ID:n8F5v9kLO

伊168「ねぇ……そういえばお土産のケーキは食べてくれた?」


漣「イムヤさんが来る前にケーキ屋さんからお届けされたものですね!ショートケーキの詰め合わせだったのでご主人様達と頂きました!」


伊168「漣はモンブランを食べたのよね」


漣「よくご存知で!あのラインナップなら漣は迷いなくモンブランを頂きます!」


伊168「やっぱり……ね」



836: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 22:56:50.26 ID:n8F5v9kLO

漣「それがどうかしたんですか?」


伊168「あのケーキね……実は私が作ったの」


漣「そうだったんですか!?いや~売り物と違い無いですって!流石は日々お料理をされているだけありますな!」


漣「あれ?じゃあなんでわざわざ店から届けられたような細工を?」


伊168「あのケーキ……一つだけ………毒を仕込んであったの」


漣「え……」



837: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 23:02:17.35 ID:n8F5v9kLO

伊168「私が作ったケーキは全部で九つ。その中で毒が入っているのは一つだけ」


伊168「全部足が早いケーキだから保存することはできない。だからその時執務室にいる艦娘とか、近くにいる艦娘で分けると思った」


伊168「もし今日漣が秘書艦じゃなかったり、近くにモンブランが好きな子が居たら解毒剤を飲ませようと思ってた」


伊168「確率は低いかもしれない。でも………漣はそのケーキを食べた」


漣「ぅ……ぐ…!!」


伊168「やっと効いてきたのね。元気にこっちに来るから他の誰かが食べたのかと思っちゃったわ」


漣「なん……で……!」


伊168「なんで…!?私を戦えなくした貴女が言う台詞なの!?」


漣「あ……ぐ…!」



838: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 23:07:33.48 ID:n8F5v9kLO

伊168「安心して、その毒は死ぬことは無いわ。素人が扱える薬なんてたかが知れてるから」


漣「はぁ……はぁっ…!」


伊168「でも……こうされたらどうかしら?」グイッ


漣「ぁ…………!」


伊168「そんな状態なら艤装も展開できないでしょ?」


漣「う………」


伊168「貴女はここで溺れ死ぬの。ここなら誰も偶然通りかかることも無いしね」


漣「……たすけ」


伊168「さよなら漣」ドボン


漣「………………!!」


伊168「……苦しみながら死になさい」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



839:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 23:07:43.80 ID:/x/jdfOyO

鬼の形相を浮かべた川内登場



840:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 23:08:27.23 ID:T9MCW5/DO

重巡棲姫「すまない漣、だけどお前を死なせる訳にはいかないんだ」
重巡棲姫が深海の侵食率を上げて毒を無効化



841:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 23:08:30.65 ID:Wq0teO0q0

伊8から連絡を受けた夕張が助けに来る



844: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 23:18:23.77 ID:n8F5v9kLO

漣「ご…ぼ………!」


伊168「死ね……死ね!!そのまま苦しんで死んでいけ!!」


バシュッ


伊168「何の音!?」


カッ…!!


伊168「照明弾…………!!」


ピカァァァ……


伊168「ぐぅ……何も見えない……!」



845: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 23:22:54.72 ID:n8F5v9kLO

伊168「うぅ……漣は…アイツは!?」


川内「私が助けたよ」


伊168「川内さん…!」


漣「げぼっ、ごぼ……」


川内「北上、後は頼んだよ」


北上「了解~多分海水飲んでるだけだと思うけど、よーく治療しておくよ」


霞「解毒剤も用意したわ。症状からみて使った毒も特定できたし」


伊168「北上さん…霞…!!」


川内「私達は全部見てたよ。何か言うことはある?」


伊168「……」



846: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 23:27:15.81 ID:n8F5v9kLO

川内「アンタ……自分が何したかわかってる?」


伊168「……」


川内「…答えろ!!」バシッ


伊168「……!」キッ


川内「…なんで殺すなんてことをしようとしたの!もっと他に方法はあったでしょ!?」


伊168「……無いわよ」


伊168「私はもう出撃ができない……そうなったのは…その原因を作ったのは漣」


伊168「あんな奴を許せというの!?私は毎日苦しんでるのに、なんでアイツだけ呑気に暮らしていられるのよ!」


伊168「私は司令官達の為に頑張っただけなのに!!」


下1~3高コンマ 誰かの台詞、行動他



847:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 23:29:56.29 ID:aaHZoUUC0

始まりの艦娘「皆の負の感情を増幅させて殺し合いをさせるのも面白いわね」



848:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 23:30:09.76 ID:cNvxOMSvo

北上
いやー漣が呑気にのほほん暮らしてたなんて冗談きついよー?



849:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 23:30:36.78 ID:Wq0teO0q0

川内「イムヤ……ううん、師匠。漣が死んじゃったら司令官悲しむよ……。どうしたのさ……。」



852: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 23:37:45.65 ID:n8F5v9kLO

川内「イムヤ……漣が死んじゃったらその提督は悲しむんだよ……どうしちゃったのさ…」


伊168「司令官が……」


伊19「全く……急いで駆け付けたらこんなことになってたのね」


伊26「イムヤちゃん…」


伊168「イク…ニム……」


伊8「間に合ってよかったです…」


伊168「…ハチが呼んだのね」


伊8「はい、お二人は私が呼びました」



853: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 23:40:05.67 ID:n8F5v9kLO

伊58「ゴーヤ達もいるでちよ」


呂500「はい……」


伊168「何よ…潜水艦勢揃いってわけ?」


伊58「それだけじゃないでちよ」


夕張「イムヤちゃん…」


伊168「夕張…さん……」


夕張「安価」


下1~3高コンマ 夕張の台詞、行動他



854:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 23:42:33.51 ID:cNvxOMSvo

拳振り上げて、力なくイムヤの頭に下ろして抱きしめ



855:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 23:42:36.92 ID:T9MCW5/DO

私と明石と秋津洲ちゃんと…今ならイムヤちゃんを治せるかもしれないわ



856:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 23:44:19.86 ID:LjpVeM8U0

ビンタ



860: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 23:51:22.45 ID:n8F5v9kLO

夕張「私と明石と秋津洲ちゃんと…今ならイムヤちゃんを治せるかもしれないの」


伊168「え……」


夕張「その為には長いリハビリが必要かもしれないの。我慢できる?」


伊168「今…更……私は漣を…殺そうと……」


夕張「イムヤちゃんはそんなことしてないわ。ね、川内?」


川内「そうだね、うっかり落ちて溺れてる漣を私が助けた時に、たまたま近くに居ただけだもんね」


伊168「あ……え…」



861: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/18(土) 23:55:38.58 ID:n8F5v9kLO

伊19「今日は伊168のリハビリ頑張れの会なの!」


伊26「ゴーヤのバーを貸し切ってね!」


伊58「な!そういうのは先に言っといてくだち!」


呂500「でっち?」


伊58「……そうでちよ」


夕張「イムヤちゃん、ここには貴女の敵はいないの。貴女がどれだけ道を間違えようとも、私達は手を引いてそこから連れ戻してあげる」


夕張「だからね…帰ってきていいのよ…イムヤちゃん……」


伊168「安価」


下1~3高コンマ 伊168の台詞、行動他



862:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 23:56:51.12 ID:PstBtk700

泣き崩れる



863:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 23:58:22.20 ID:Wq0teO0q0

伊168が泣きながら手を取ろうとしたとき背後から「残念ね・・・」と声が聞こえて震えが止まらなくなる



864:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 23:58:26.50 ID:aaHZoUUC0

でももう戻れない…さよなら



866: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 00:17:59.73 ID:T04H7ZO50

伊168「でも…もう戻れないわ……私は仲間を…手にかけてしまった…」


夕張「そんなことない!だからこの手をとって!!私の手を握って!!」


伊168「ぐ……!はぁっ……!」ブルブル


伊19「なんだか苦しそうにしてるの…」


霞「まさかアンタ自分でも薬飲んだの!?」


伊168「イムヤは…誰かを殺しておいて…のうのうと生きようとは…思わないもの…」


川内「なら続きはベッドで聞かせてもらうよ。早く治療を…」


伊168「照明弾で…相手の動きを止める…イムヤと一緒に考えた作戦だもんね…」


伊168「だからね…イムヤもそれ…思いついてたんだ…」


カッ……!


川内「閃光弾…!!」



867: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 00:20:32.60 ID:T04H7ZO50

伊58「何も見えないでち!」


呂500「イムヤはどうなりましたって!」


ドボン


伊26「…飛び込んだ音はしたよ!」


川内「なら視力が回復したらすぐにイムヤを回収するよ!」


ゴボ…ゴボゴボ……


伊19「ダメなの!沈んでいく音がするの!」


夕張「艤装も付けてなかったのに!?」


霞「まさか重りでも仕込んでたんじゃ……」


川内「マズイ……!!」



868: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 00:27:25.37 ID:T04H7ZO50

ーー

伊168(あ、そうだ……海の底からは…こんな景色が見えてたんだ…)


伊168(こうやって海の中に潜るの…久しぶりだし…)


伊168(綺麗…………)


伊168(…海の上はやっぱり…イムヤには眩し過ぎたよ……)


ゴボゴボ………


伊168(冷たい海の底が…私…イムヤのいる場所)


伊168(さよなら皆んな。さよなら司令官)


伊168(不幸は私が…全部水底に持っていくから…)


伊168(皆んな…幸せにね……)


下1~3高コンマ 伊168の結末等



869:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 00:29:05.12 ID:SMHuKfKno

深海率上げた漣が引き揚げる



870:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 00:29:13.97 ID:v2SxdhmDO

重巡棲姫の力を借りて無理矢理毒を無効化して半深海化した漣が戻ってきて海に飛び込んで助ける



871:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 00:29:14.18 ID:O0ZTCsbG0

例の羽を持った翔鶴が助ける



874: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 00:37:46.89 ID:T04H7ZO50

グイッ


伊168(え……何…まさか深海棲艦…?)


伊168(こんな水底まで来るなんて…潜水艦か深海棲艦しか……)


漣「!!!!」


伊168(…漣!?どうして…毒で苦しんで溺れかけて…それよりもどうやってこんな水底に!?)


グググッ……


伊168(私を浮上させようとしてる!?何キロの重りを付けてると思ってるの!?)



875: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 00:41:27.10 ID:T04H7ZO50

漣(ぎぎぎぎぎ…もっと力を貸して下さい…!)


重巡棲姫(これ以上はダメだ。漣の体に悪影響が出る)


漣(私の体ならどうなってもいいから!!)


重巡棲姫(ダメだ。漣は私の宿主なんだ。その宿主の死は私の死を意味する)


漣(御託はいいから力を貸せぇぇぇ!!)


重巡棲姫(…ギリギリまでだからな)


漣(うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!)



876: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 00:45:22.89 ID:T04H7ZO50

ーー

漣「ぶはぁっ!」


提督「漣っ!!」


漣「早く…!イムヤさんを……!!」


千歳「こっちは準備万端よ!」


伊19「イムヤ!しっかりするの!」


伊168「……」


伊26「うそ…まさか……」


伊168「……げほっ、ごほっ…」


呂500「よかったぁ…」



877: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 00:50:57.28 ID:T04H7ZO50

提督「二人とも無事なら良かったが…なんて無茶をしたんだ…」


漣「あの場で…漣しか…助けられなかった…シオイさんも…遠征で…」


漣「げぶ……おぇぇぇ…」


霞「もう喋らなくていいから大人しく治療されなさい!」


北上「毒はもういいって突然走り出して…まぁ焦ったよねぇ…」


提督「もう二度とこんなことはやめてくれ……!」ダキッ


漣「うへへ…ご主人様の…ハグ……」



878: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 00:52:56.95 ID:T04H7ZO50

伊168「漣……」フラフラ


漣「イムヤさん…間に合って…よかった…」


伊168「なんで私を……漣を殺そうとしたのに…」


伊168「あんな無茶までして……命を投げうってまで…」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞、行動他



879:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 00:55:22.57 ID:X43VlzKuo

もう逃げないって、そう決めましたから



880:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 00:56:31.05 ID:VLMI1bPB0

>>879+あなたが沈んだらみんなが悲しみます!



881:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 00:57:12.10 ID:30NsML01O

>>880



882: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 01:05:59.79 ID:T04H7ZO50

漣「もう逃げないって…そう決めましたから…」


伊168「……」


漣「どれだけ辛いことがあっても…皆さんとご主人様で乗り越えるんだって…」


伊168「漣…」


漣「ね……イムヤさん…」ニコッ


伊168「信じて…いいの…?」


漣「はい…といっても…説得力、ありませんかね…」


伊168「ううん……信じるわ…漣のこと…」


漣「ありがとう…ございます…」


伊168「でもその前に…ごめんなさ…」


漣「いえいえ…謝罪は…いりません…漣も…酷いことを…してしまいた…」


伊168「でも……」


漣「とりあえず今は…ゆっくりしませんか…?」


伊168「……うん」


漣「はぁ……なんとかなってよかったぁ…」


ーー



891: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 19:42:28.18 ID:T04H7ZO50

ーー


龍驤「具合はどうや?」


漣「いやぁ…数日はこのままみたいですねぇ…」


提督「全身麻痺とは…どれだけ無茶をしたんだ」


漣「漣の中にいるこの子から力を借りすぎたみたいで…」


龍驤「一歩間違ったらえらいことになってたんやで?」


漣「反省してます……」



893: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 19:49:28.56 ID:T04H7ZO50

伊168「安心して司令官。漣のことは私が面倒見ておくから!」


龍驤「付きっ切りで看病も大変なんやで?ましてや今の漣は全身が動けへんねん」


伊168「大丈夫。もし何かあったら千歳さんを呼ぶことになってるから」


提督「…本当に大丈夫なのかイムヤ?出撃の為のリハビリもやるんだろう?」


伊168「司令官の為なら頑張れるの!それに遠征ならできたんだし、きっとできるわ!」


漣「イムヤさん…この度はご迷惑を…」


伊168「それを言うなら私もよ。漣を殺しそうになった上に助けもらったんだもん。ちゃんとお礼はさせてね!」


龍驤「もう無理はしたらあかんで?」


提督「それだけが本当に心配だ。イムヤに次は無いんだ……」


伊168「そんな悲しそうな顔しないで。私なら大丈夫!」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



894:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 19:51:38.71 ID:v2SxdhmDO

他の艦娘がワラワラとお見舞いに来る



895:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 19:54:40.73 ID:Uc4RiJmo0

伊26「イムヤちゃん、心臓大丈夫かな・・・・・・?」



896:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 19:57:17.91 ID:SMHuKfKno

続々見舞いに来る娘たち



898: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 20:16:01.77 ID:T04H7ZO50

ーー

暁「漣、大丈夫なの?」


レ級「お見舞いというやつに来たぞ」


駆逐棲姫「顔色は良さそうだな」


漣「わざわざどうも…なんとかやってますゆえ…」


伊168「深海棲艦…!」


レ級「お前が例の潜水艦だな」


駆逐棲姫「私達に敵意は無いぞ」


伊168「そうだとわかっていても…やっぱり身構えちゃうわね」


漣「漣達には…見慣れた光景ですから…」



899: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 20:21:50.71 ID:T04H7ZO50

レ級「私と暁の話は聞いてるだろ?」


伊168「ええ…凄いわよね暁も」


暁「でもそれよりこの子の方が凄いわよ?」


駆逐棲姫「これ、パパに貰った」キラッ


伊168「指輪……まさか!?」


暁「幹部さんっていう人と結婚したのよ。割と最近の話ね」


伊168「あ…あり得ない……人間と深海棲艦が…」


駆逐棲姫「そんな事はないぞ。私にとっては龍驤や瑞鶴の方が信じられない」


レ級「あとは天城とかな」


暁「欠損があってあれだけ活躍するのも凄いわよね」



900: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 20:32:37.59 ID:T04H7ZO50

暁「さて…そろそろ次に行かせてもらうわね」


伊168「次…?」


レ級「響と電だ。アイツらも調子を崩したんだ」


伊168「あ……私のせいね…」


漣「でしょうなぁ…響は死に敏感ですし…電は引っ張られやすいですし…」


暁「雷が遠征だし、私がちゃんと面倒見てあげないとね!」


漣「流石は…お姉ちゃんですな…」


駆逐棲姫「じゃあな漣とイムヤ」


レ級「漣を頼んだぞ」


伊168「イムヤにお任せよ!」


下1~3高コンマ 次に来た人物等



901:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 20:33:45.74 ID:58kV3VEDO

ずいかが



902:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 20:35:07.30 ID:PGXj/uU40

蒼龍



903:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 20:35:30.88 ID:v2SxdhmDO




909: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 20:49:34.46 ID:T04H7ZO50

ーー

潮「漣ちゃん平気…?」


漣「潮っぱい…今日は触れませんな…」


伊168「貴女が……ねぇ、潮ちゃんの胸の副作用は無くなったの?」


漣「ええ…その代わりにある機能が追加されたんですよ…」


潮「機能って…私は家電じゃないよ…」


漣「イムヤさんに見せてあげたら…どうですか…?」


潮「あの…見たいですか…?」


伊168「見せてくれるなら見たいけど、いやらしいやつじゃないわよね?」


潮「違いますよ!!」


漣「まぁまぁ…百聞は一見にしかずです…」



910: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 20:53:45.28 ID:T04H7ZO50

潮「じゃあ……はい」バッ


伊168「はぁ…え…!?」


漣「あの艤装の主砲…わかりますか…?」


伊168「重巡の主砲よね…それより潮ちゃん…その体……」


漣「じゃあ次は…戦艦で…」


潮「はい……」バッ


伊168「な……!!」


漣「驚きましたか…?」


伊168「驚くも何も……体は成長するし…その度に艤装は代わっていくし…」


漣「これが潮ちゃんの…隠し機能なんですぞ…」


潮「普段は重巡として出撃してます…」


伊168「あ……あぁ…?」



911: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 20:56:58.96 ID:T04H7ZO50

漣「あまりのショックで…固まってしまいましたな…」


潮「普通ならあり得ないことだもんね…」


漣「重巡姿の潮っぱいも見慣れましたが…そういえば今日は駆逐の姿でしたね…」


潮「イムヤさんとは初めてだったから…」


漣「なるほど…」


潮「それじゃあ漣ちゃん元気にしててね…」


漣「ガッテンです…!」


下1~3高コンマ 次に来た人物やその他起こったこと等



912:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 20:58:28.66 ID:Uc4RiJmo0

黒潮と神通
黒潮が選んだゼリー類
それを羨ましそうに見る神通



913:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 20:58:50.83 ID:58kV3VEDO

ずいかが



914:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 20:59:45.11 ID:PGXj/uU40

加賀も潮の艤装を
見て凝り固まった



915: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 21:13:08.87 ID:T04H7ZO50

ーー

瑞鶴「どう漣?随分参ってるらしいじゃない」


漣「いやぁ…無茶をし過ぎました…」


加賀「私達が出撃している間にとんでもないことがあったのね」


伊168「貴女が瑞鶴さん…」


瑞鶴「はじめましてねイムヤ。この子は盲導犬の飛鳥よ」


飛鳥「……」


伊168「ゴールデンレトリバー…凄く大人しいのね」


加賀「盲導犬はそう躾られているのよ」



916: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 21:18:16.46 ID:T04H7ZO50

漣「イムヤさんは…お二人のことは知ってますか…?」


伊168「この二人は知ってるわ。いえ、瑞鶴さんと加賀さんというより百合提督が…」


瑞鶴「ああ…」


加賀「あの人は外でも迷惑をかけているの?」


伊168「ええっと…まぁ……うん…」


瑞鶴「もう嫌…迷惑だけはかけて欲しくないのに」


加賀「百合提督単体でというより、赤城さんも関係しているんじゃないんですか?」


伊168「そう……ね…」


漣「なにを…やらかしたというんでしょう…?」


伊168「安価」


下1~3高コンマ 伊168の台詞、行動他



917:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:26:45.66 ID:Uc4RiJmo0

赤城さんが鳳翔さんの所に家事を習いに時々来ているんだけれどあちらの提督、料理にうるさいらしくて鳳翔さんがそちらに力を傾けてて、イムヤとはっちゃんの負担が……



918:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:28:00.60 ID:v2SxdhmDO

よく赤城さんが百合提督を連れてご飯奢らせてたんだけど最近来なくなった



919:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:32:28.75 ID:yyw1SQhNo

ずいかがの良さを熱心に説く度にほっとかれる赤城さんの機嫌が悪くなるからヒヤヒヤしてた



920: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 21:40:55.89 ID:T04H7ZO50

伊168「百合提督と赤城さんは鳳翔さんのお店の常連なんだけど、来る度にずいかがの良さを熱心に説いてくるの」


加賀「あの人は…はぁ…」


伊168「その間ほっとかれる赤城さんの機嫌がどんどん悪くなるし…ヒヤヒヤしてたわ」


瑞鶴「ごめんなさいねイムヤちゃん…」


伊168「赤城さんのオーラと尻尾見て他のお客さんは逃げてっちゃうし…本当にいい迷惑だったわよ」


加賀「とうとうあの尻尾は艤装無しでも出るようになったのね」


瑞鶴「オーラ出てる時点でもうアレよ…」


漣「女の嫉妬は…怖いということですな…」



921: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 21:48:54.35 ID:T04H7ZO50

加賀「そもそも百合提督は何しにこの辺りまで来ていたのかしら?」


漣「あ…それは漣のせいかもです…お二人の秘め事というか…夜の情事の動画を…」


加賀「……」バッ


瑞鶴「無言で艤装展開はやめてあげて!」


伊168「漣は何をしてるの!?」


漣「色々あった時なんです…」


加賀「…………はぁ。もうこんなことはやめなさい」


漣「わかっています…もう二度としません…」


瑞鶴「もっと問いただしたい所だけど…また治った時によ~~~く話は聞かせてもらうわよ?」


漣「はい……」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



922:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:51:06.89 ID:8qEOv+XPO

翔鶴だけ見舞いに来なかった



923:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:51:40.11 ID:PGXj/uU40

多摩球磨を撮った百合動画が大好評!



924:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:51:58.04 ID:Uc4RiJmo0

長門with清霜、S朝潮、陽炎
伊168へのご挨拶と二人へのお見舞い



925: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 22:00:51.49 ID:T04H7ZO50

ーー

伊168「凄いわね、響とかを除いて全員お見舞いに来るなんて」


漣「この鎮守府は…一人でご飯も食べられないような鎮守府ですから…」


伊168「本当に……凄いわ…」


漣「あと一つ訂正するなら…翔鶴さんは…来てませんね…」


伊168「翔鶴さん?」


漣「出撃は無かったと思いますが…多分寝てるのではないですかね…」


伊168「他の子が皆んな来てたのに翔鶴さんだけ来ないなんて少し気になるわね」


漣「いいですよぉ…翔鶴さんにも都合があります…」


伊168「……漣、少し待っててちょうだいね」


漣「あ…これは余計なこと…言ってしまったやつかも…」



926: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 22:03:17.41 ID:T04H7ZO50

ーー

伊168「ここが翔鶴さんの部屋ね。ここに居るのは間違いないとは思うけど…」


伊168「お見舞いに来る子とこない子がいるならこんなことをしなくてもいいわ。でも一人だけ来ないなんて気になるわね」


伊168「漣と仲が悪いってことなのかしら。それとも他に何か理由が…」


伊168「とにかく話を聞いてみないことには始まらないわ」


伊168「翔鶴さん、失礼します」コンコン


下1~3高コンマ 翔鶴の様子やその他起こったこと等



927:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 22:04:26.27 ID:v2SxdhmDO

ほんとに寝てた



928:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 22:04:48.34 ID:O0ZTCsbG0

羽の翔鶴が天の声(天井裏から)で翔鶴に囁いていた



929:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 22:05:43.03 ID:SMHuKfKno

もぬけのから



932: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 22:19:27.89 ID:T04H7ZO50

翔鶴「……」


伊168「あ…本当に寝てたのね」


翔鶴「……ふごっ」


伊168「わかりやすいくらい爆睡してるわね……」


翔鶴「……」ズルッ


伊168「寝相が……もう…元に戻してあげるから…」


翔鶴「すぴー……」


伊168「……なんか腹立つわね。少しイタズラでもしてあげようかしら?」


伊168「これだけ寝てるなら気付くこともないでしょうし……」


下1~3高コンマ 伊168のイタズラ内容等



933:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 22:22:31.36 ID:SMHuKfKno

下着チェック



934:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 22:23:22.96 ID:Uc4RiJmo0

耳に息を吹きかける



935:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 22:23:56.03 ID:+un1xCX3O

鼻をつまむ



936: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 22:34:35.29 ID:T04H7ZO50

伊168「耳に息でも吹きかけてみましょうか」


伊168「耳に近づいて……ふ~」


翔鶴「あはんっ!」ビクン


伊168「うわ、凄いリアクション…」


翔鶴「は……うぅん…」


伊168「翔鶴さんって耳弱いのかしら?ならもう少し長めに…」


伊168「ふ~~~~…」


翔鶴「ぁ……はぁん……」クネクネ


伊168「うわわ…体くねらせてる……」



937: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 22:39:18.20 ID:T04H7ZO50

伊168「息を吹きかけただけでこうなるなんて…もし舐めたりでもしたらどうなるの?」


翔鶴「んん……」


伊168「……ちょっと。ちょっとだけ…」


伊168「……はむっ」


翔鶴「……!」ビクビク


伊168「ブルブル震えてる…なにこれ…凄く面白い…」


伊168「……もうちょっとだけ…」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



938:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 22:40:20.82 ID:v2SxdhmDO

寝ぼけた翔鶴に抱きつかれてキスされるイムヤ
なんかすっごいやつ



939:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 22:41:14.94 ID:SMHuKfKno

瑞鶴インザルーム



940:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 22:41:18.85 ID:+un1xCX3O

翔鶴が達しちゃって謎の充実感に包まれるイムヤ
の後>>938



942: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 22:51:45.26 ID:T04H7ZO50

ーー

瑞鶴「翔鶴姉、そろそろ起きなよ~」ガチャ


翔鶴「は……あぁん…!」ビクッ


瑞鶴「翔鶴姉!?どうしたの!?」


翔鶴「ああぁ…瑞鶴ぅ……?」


瑞鶴「大丈夫?凄く苦しそうな声だったわよ!?」


翔鶴「私…どうしたのかしら……」


瑞鶴「変な夢でも見てたの?それで魘されてたとか?」


翔鶴「さぁ……」



943: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 22:54:49.30 ID:T04H7ZO50

伊168(危なかった…!調子に乗ってやり過ぎたわね…)


伊168(誰かが入ってくる気配がして慌ててベッドの下に隠れたけど…なんとか隠し通せるかしら…)


飛鳥 ジーーー


伊168(飛鳥やめて!こっちを見ないで!瑞鶴さん達にバレちゃうから!)


瑞鶴「~~~~」


翔鶴「~~~~」


伊168(どうか気付かずに出ていって…!お願い…!)


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



944:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 22:56:02.22 ID:cdF4i0Rk0

空気をよんだ飛鳥、そっぽを向く

二人は部屋を出ていく



945:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 22:57:26.94 ID:mhLq2CCu0

正体不明の粘液(唾液)がついており何かが侵入したんじゃと騒ぎに



946:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 22:58:03.96 ID:8/I3aa9l0

飛鳥は黙っていたが瑞鶴が気配を察知する



949: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 23:03:42.28 ID:T04H7ZO50

瑞鶴「……もう翔鶴姉ったら、ずっと寝てるなんて」


翔鶴「寝るのはお肌にいいって聞いたから…」


瑞鶴「限度があるでしょ?もう、先に行って顔洗って!」


翔鶴「はぁい…」ガチャ


伊168(た…助かった……)


瑞鶴「さて…ベッドの下に居るのは誰かしら?」


伊168「!!」


瑞鶴「残念だったわね。私は目は見えないけど、その分色々と感覚が鋭いのよ」



950: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 23:06:55.00 ID:T04H7ZO50

伊168「……」


瑞鶴「息を殺しても無駄よ?私にはわかるんだから」


伊168(どうする!?瑞鶴さんは誰かが居ることはわかってるけど、私だとはわかっていない…)


瑞鶴「寝てる翔鶴姉にイタズラするなんて…お仕置きが必要ね!」


飛鳥「……」


伊168(どうする……どうするのイムヤ!!)


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



951:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 23:07:45.23 ID:O0ZTCsbG0

「わ、私は伊19なのー」と誤魔化す
瑞鶴何故か騙されてまんまと逃げおおせる



952:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 23:09:14.42 ID:Uc4RiJmo0

『私は寝ている翔鶴さんにイタズラしました』プラカードを首から下げて漣の所にトボトボ戻る伊168



953:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 23:09:43.26 ID:v2SxdhmDO

に…にゃーん

なんだ猫か



955: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 23:18:47.52 ID:T04H7ZO50

ーー


漣「イムヤさん…なにしてんですか…」


伊168「……」


漣「『私は寝ている翔鶴さんにイタズラしました』……エグい内容のプラカード下げてますな…」


伊168「…何も言わないで」


漣「それは…いつまで着けておくやつですか…?」


伊168「……今日中」


漣「ご愁傷様です……」



957: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 23:23:09.29 ID:T04H7ZO50

漣「まさか…イムヤさんが睡姦フェチだったなんて…」


伊168「やめて!そういうのじゃないの!」


漣「いやぁ…耳を舐め舐めしておいてその言い訳は…」


伊168「あれはほんのイタズラのつもりで……ちょっと待って、なんで漣が知ってるの?」


漣「あ……」


伊168「貴女は全員麻痺で動けないのよね?なんでさっきの出来事を知ってるの?」


漣「それは……」


伊168「この部屋まで瑞鶴さんの声が聞こえるわけないわよね?一体どういうことなの漣?」


漣「安価」


下1~3高コンマ 漣の台詞、行動他



958:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 23:24:36.37 ID:y/9AmPBeO

な、何のことがわかりませんなぁ…



959:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 23:26:06.26 ID:LBvsr0+WO

じ…実は……盗撮を……



960:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 23:26:08.11 ID:v2SxdhmDO

さっき翔鶴さんが来て話してくれました
翔鶴さん気付いてましたよ



961: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 23:31:29.45 ID:T04H7ZO50

漣「な、何のことがわかりませんなぁ…」


伊168「アンタ…まさか……」


漣「違います!体は本当に動きません!」


伊168「体はって言ったわね?」


漣「あ…う………」


伊168「どういうことか説明して!」


漣「うぅ…また墓穴掘っちまいました……」



962: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 23:35:38.39 ID:T04H7ZO50

ーー


伊168「ドローン飛ばして盗撮!?」


漣「この通り両手は元気に動きますので…夕張さん特製のドローンならちょちょいのちょいです…」わきわき


伊168「それで翔鶴さんの部屋を見てのね…」


漣「言い訳をさせてもらうなら…翔鶴さんがもし寝てなかったら喧嘩にでもなるんじゃないかと心配しまして…」


伊168「だからって盗撮する必要は無いわよね?瑞鶴さんに言えばいいんじゃないの?」


漣「ごもっともで……」


伊168「これは貴女もお仕置き案件じゃないの?」


漣「あの…本当に体は動きませんので…お手柔らかに…」


下1~3高コンマ この後の展開やその他起こったこと等



963:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 23:36:46.92 ID:cdF4i0Rk0

提督に報告よ!



964:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 23:36:49.54 ID:LBvsr0+WO

瑞鶴が翔鶴にチクった



965:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 23:37:23.91 ID:O0ZTCsbG0

ドローンにくくり付けられて飛ばされる



966: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 23:43:01.86 ID:T04H7ZO50

伊168「司令官に報告するわ!」


漣「あ…それは……」


提督「…漣、調子はどうだ?」ガチャ


伊168「ちょうどいい所に!司令官聞いて!」


龍驤「なんやいきなり?」


提督「それよりもそのプラカードは…」


伊168「これは気にしないで!」


龍驤「いや、寝てる翔鶴にイタズラって……アンタそっちなん?」


伊168「私のことは放っておいてって言ってるでしょ!」



967: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 23:45:14.74 ID:T04H7ZO50

伊168「漣ったらドローン使って盗撮してたのよ!」


提督「ドローン?」


龍驤「漣…手動くんか?」


漣「実は……両手だけ動くんです…」


伊168「私が翔鶴さんにイタズラしてるところも全部見てたっていうのよ!どう思う司令官!?」


提督「安価」


下1~3高コンマ 提督の台詞、行動他



968:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 23:46:36.13 ID:mhLq2CCu0

映しちゃいかん場所は撮るなよ



969:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 23:46:57.71 ID:O0ZTCsbG0

まあ漣だし…今更驚かないさ



970:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 23:46:59.63 ID:LBvsr0+WO

仕方無い…
お仕置き、だな



972: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 23:56:41.96 ID:T04H7ZO50

提督「まあ漣だし…今更驚かないさ」


伊168「へぇ!?」


龍驤「コイツ司令官とヤってる所のDVD売り捌いとったんやで」


伊168「ふぁっ!?」


漣「だから…あれはこの子の責任でもあるって…」


提督「ま…そういうことだから驚いたりはしないな」


龍驤「プライベートな空間は見たらあかんで?」


漣「十分わかっております…」


伊168「な、なんで…イムヤの感覚がおかしいの…?」


龍驤「ここでは盗撮くらいデフォルトなんやで」


伊168「意味わかんない…司令官、この鎮守府大丈夫なの……?」


提督「…大丈夫なはずだ」


伊168「私が居なくなったあと何があったっていうの……?」


ーー



973: ◆I4lwDj9Dk4S2 2018/08/19(日) 23:57:21.42 ID:T04H7ZO50

このスレはここまでです


それではまた次スレでお会いしましょう



元スレ
【艦これ】龍驤「まだ、足りないもの」その5【安価】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1533298246/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (5)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月17日 17:07
          • 艦これSS無さすぎてついに終わらない安価スレを掲載か
            管理人さん乙、無理に探さなくても大丈夫ですよ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月17日 17:30
          • ↑必死すぎて草
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月18日 00:28
          • まぁ前になんか不具合があってSS板?だっけ?
            が完全に吹っ飛んでデータ修復も不可能になって大量のSS書きが消えてったって話聞いたし単純にSS板かなんかで書く人が少なくなったって事だろ

            それはそうとしてこれまだ続いてたんだな
            正直終わったかあるいはもう更新途絶えるのかと思ってたよ、地味に好きだったから嬉しいわ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月18日 11:29
          • どうせ安価スレをまとめるなら、ラディッツスレとかポケモンスレまとめてくれよ
            これ最近はもうグダグダやり過ぎて、問題は増える一方で仲間内でもいがみ合う殺伐スレになってて面白くも何ともなくなったよ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月26日 10:48
          • 1 もう長過ぎて面白くない

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 家出少女「なんでもするので泊めてください」俺「>>4(就職)」
        • キモオタデブ男「彼女欲しいからマッチングアプリ使うことにしたお。まずはプロフィール画像が必要みたいだから>>3にするお」
        • キモオタデブ男「彼女欲しいからマッチングアプリ使うことにしたお。まずはプロフィール画像が必要みたいだから>>3にするお」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ