TOP

少女「魔女! 今日こそ倒してやるわ! 覚悟しなさい!」 魔女「どうじゃ小娘? 今日は茶でも飲まんか? お菓子もあるぞ?」

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/10(水) 22:50:47.471 ID:ieesrE450

魔女「……ふふ。来おったか」

バーン!

少女「魔女! 今日こそ倒してやるわ! 覚悟しなさい!」

魔女「どうじゃ小娘? 今日は茶でも飲まんか? お菓子もあるぞ?」

少女「子供扱いしないで!」

魔女「事実子供じゃろうに……」

少女「ぐぬぬぬぬ……! いいわ、すぐに撤回させてあげる! 私の実力っ! 思い知りなさい!」チャキッ

魔女「やれやれ……。剣を向けるからには命を賭ける覚悟がある、と受け取って良いのじゃな?」

少女「当然! ……行くわよっ!」ダダッ

魔女「……ふん」パチン

少女「ぐっ……!? う、動けない……!」

魔女「いい加減に学習せんか。これで何度目じゃよ」

少女「……」

魔女「はぁ……。寝込みを襲うなり油断させて隙を突くなりすればよかろう」

少女「そんなのっ……! そんなの卑怯だもん……」

魔女「……やはりまだまだ子供よのう」

少女「うぅ……」

魔女「さて……。小娘、先程命を賭けると言ったな?」

少女「……」



2:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/10(水) 22:53:48.268 ID:ieesrE450

魔女「小娘よ、覚悟は良いな?」

少女「ふ、ふんっ……!」

魔女「妾は魔女じゃ。命を奪うと言ってもあっさりと殺したりはせぬ」

少女「……」

魔女「とても痛くて、とても苦しくて。涙を流す余裕すら存在せぬ。そんな責め苦が三日三晩絶え間なく続くのじゃ」

少女「……」プルプル

魔女「心配せずとも気が触れることはない。妾の魔法で死に至る瞬間まで──」

少女「……や」

魔女「んー? なんじゃって?」

少女「イヤ……イヤぁ……! たすけてぇ!」ポロポロ

魔女「嫌? 助けて? 何甘えたこと言っておるのじゃ。泣けば許すとでも思っておるのか?」

少女「ごめ゛っ、ごめんなさい゛っ……! ごめんなさい……! うぇぇ……ごめんなさいぃ……」ポロポロ

魔女「……謝るなら、まあ、許してやらんこともない」

少女「ゔぇぇぇぇ……! ん゛ぇぇぇぇん……!」

魔女「まったく、仕方のないやつじゃのう……。うるさくて敵わん」パチン

少女「……すやぁ」

魔女「少し脅かしすぎたかの……。ふふ、大人しくしておれば愛らしいのにのう。……ゲフンゲフン。さて、魔法で家に送り返してやるか」

少女「すー……すー……」

魔女「……おやすみ」チュッ

シュン──

魔女「やれやれ。はぁ……まったく……」



4:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/10(水) 22:57:39.981 ID:ieesrE450

~数日後~

魔女「ふんふーんふんふんふーん」

少女「魔女ー!」

魔女「む……」

少女「魔女ー?」

コンコン

魔女「……」

少女「魔女ー? おーい!」

コンコンコンコンコンコン

魔女「……留守じゃよ」

少女「いるじゃない! お邪魔するわよ!」

ガチャッ

魔女「はぁ……」

少女「お掃除をしに来たわ!」

魔女「この前の負け分か」

少女「そうよ。勝負に負けて、見逃してもらって……。その借りはきっちりと返すわ。じゃないと次に挑めないもの」

魔女「律儀じゃのう……。もう妾のもとへは来ないと言ってくれるのが一番なんじゃが」

少女「それは無理ね」

魔女「せめて、そこまで妾を殺したいと思う理由を聞かせてほしいのう」

少女「……魔女を倒して実力を示す。それだけよ」

魔女「さっぱりわからん」

少女「いいわよ、分からなくて。さ、掃除を始めるわね」

魔女「むぅ……」



5:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/10(水) 23:01:12.996 ID:ieesrE450

少女「それにしても毎回毎回よくこんなに散らかせるわね……」

魔女「あー……片付けは苦手でのう……」

少女「だらしのない魔女ね! やっぱり早く倒さなくちゃ!」

魔女「どうしてそうなる……」

少女「あっ、そろそろお昼にしましょうか」

魔女「その辺に転がってるパンでも食べるかのう」

少女「……」

魔女「お菓子の方が良かったかの?」

少女「もうっ! いつもどんな食生活してるのよっ!」

魔女「食事なんてつまらんし」

少女「いっつも一人で寂しく食べてるからでしょ? ……今日は私と二人よ。きっとつまらなくはないわ」

魔女「そういうものかのー」

少女「しょうがないから私が作ってあげる。簡単なものしか作れないけど」

魔女「怪我などせぬようにな?」

少女「子供扱いしないで!」

魔女「子供じゃろうて……」

少女「すぐに撤回させてあげるわ! そのヘボ舌を唸らせてあげる!」



7:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/10(水) 23:04:41.502 ID:ieesrE450

少女「……ぐすっ」

魔女「そら、出来たぞ。いい加減に泣き止むがいい」

少女「うー……!」ゴシゴシ

魔女「ふふ、それでは食べるとするか」

少女「……いただきます」パクッ

魔女「どうじゃ? かなり久しぶりじゃが上手いもんじゃろう?」

少女「おいしい……」パクパク

魔女「実は毒を盛ってあるのじゃが」

少女「んぐっ……!? ゴホッゴホッ!」

魔女「嘘じゃよ。ほれ、水」

少女「んくっ、んくっ、んくっ……ぷはっ! はぁ……はぁ……」

魔女「実は今の水に毒が」

少女「ひぃっ……!?」

魔女「嘘じゃよ」

少女「……」ジトー

魔女「単純すぎて逆にからかい甲斐がないのう」

少女「魔女めぇ……!」パクパク

魔女「ふふふ、そこまで美味そうに食べてもらえると作った甲斐はあったの」

少女「くそぅ……くそぅ……! こんなに料理が上手だなんて……!」ムシャムシャ

魔女「おかわりもあるぞ」

少女「……おかわりっ」



8:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/10(水) 23:08:21.880 ID:ieesrE450

魔女「ふぅ、食べた食べた」

少女「ごちそうさまでした。……どうだった?」

魔女「どう、とは?」

少女「ご飯、つまらなかった?」

魔女「……悪くはなかった、かの」

少女「えへっ」

魔女「そなたの慌てふためく顔も見られたしのう。むふふ」

少女「そ、それは忘れなさいよ!」

魔女「いーやーじゃー」

少女「ぐぬぬぬぬ……!」

魔女「力尽くで言うことを聞かせたらどうじゃ? ん?」

少女「ぐぬぬぬぬぬぬぬぬぅ!」

魔女「ふふははは! 無理じゃったな! そうじゃそうじゃ! 妾に勝てぬから今こうしてここにいるんじゃもんなあ!」

少女「ムキーッ! いつか絶対倒してやるんだからーっ! もう帰るっ! さよならっ!」

魔女「うむ、じゃあの。もう来なくて良いぞ」

少女「また来るわよ! ベーッだ!」

ドタドタ バタン

魔女「ふふ……またの」



9:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/10(水) 23:12:10.181 ID:ieesrE450

~数日後~

ドンドンドンドン!

魔女「な、なんじゃなんじゃ!? 小娘か!?」

男「魔女さん! 大変なんだ! 魔女さんっ!」

ドンドン!

魔女「そなたか。血相を変えてどうしたのじゃ?」

男「ああ、よかった……! 魔女さん、大変なんだ……! 娘が……娘がっ……!」

魔女「小娘が……? 詳しく話せ!」

男「街で流行病が蔓延してて……む、娘がそれに……」

魔女「なんじゃ、病か。驚かせおって」

男「ただの病気じゃないんだ! 四日で死んでしまう恐ろしい病気で──」

魔女「わかったわかった。薬を作ってやるから。それで? 今何日目なんじゃ?」

男「……今日で四日目に」

魔女「なっ……!? ばっか、小僧、どうしてもっと早く来ないんじゃ!?」

男「ただの風邪だと思って……! お願いします! どうか娘を助けてください!」

魔女「当たり前じゃ! すぐに家に行く! 薬なんぞ作っておったら間に合わん! 妾が直接治す!」



11:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/10(水) 23:15:33.588 ID:ieesrE450

少女「……」

女「ああ……神様……」

シュン──

魔女「小娘っ!」

女「きゃあっ!?」

魔女「むっ……これは不味い……! もう一刻の猶予も残っておらぬ……!」

少女「……」

女「ま、魔女さん……! 娘が──」

魔女「わかっておる! 退け! ……あとしばし向こうを向いておれ」

女「は、はい……」ソソクサ

魔女「妾には病の仕組みが理解出来ぬ故、魔法では治せぬが……」

女「……」チラチラ

魔女「……今治してやるからの」チュッ

少女「……」ピクッ

魔女「じゅるるるるるるっ!」

少女「ふあっ……!?」ビクン

女「む、娘が目を覚ました……!」

魔女「じゅるり……。ふぅ、これでひとまず安心じゃな。病は妾が残らず吸い出した。あとは栄養をつけて休養すれば大丈夫じゃ」

女「娘がちゅーで回復した……」

少女「ま……」

女「はいはい、ママはここにいますよ」

少女「ち、が……」

魔女「では妾は帰る。あとで小僧に薬を持たせるから、街の皆に配ると良い」パチン

シュン──



13:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/10(水) 23:18:57.069 ID:ieesrE450

~三日後~

魔女「けほっけほっ……あぅ……」

少女「魔女ー……? いるー……?」ソローリ

魔女「うーん……うーん……」

少女「……!」

魔女「けほっ……けほけほっ……ずびー……」

少女「魔女っ……!」

魔女「んー……」

少女「大変っ……すごい熱……!」

魔女「小娘か……。たいしたこと……ない……けほっけほっ!」

少女「バカッ! 大したことあるわよ! 待ってて、今お医者様を──」

魔女「待て……」ガシッ

少女「ど、どうしたの? 早くお医者様に診てもらわなくちゃ!」

魔女「無駄……なのじゃよ……。なに、寝ていれば治る……だから……けほっけほっけほっ!」

少女「ダメよそんなの! すぐに連れて戻ってくるから寝てなさい! いいわね!?」

バタバタバタ……

魔女「ずびー……。あぅぅ……」



14:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/10(水) 23:22:25.341 ID:ieesrE450

少女「先生……どうですか……?」

医者「儂にはどうにもできねえな」

少女「そんなっ!」

魔女「じゃから言ったろ。寝てれば治る。寝るくらいしかできぬのじゃよ」

医者「まーた無茶しやがって。今度は誰の肩代わりしたんだ? え?」

魔女「……」プイッ

医者「ま、いいけどよ。お人好しも程々にしねえと、いい加減くたばっちまうぞ」

少女「あの、先生……それってどういう……」

医者「こいつはな、他人の──」

魔女「なんでもない。……なんでもないよ」

医者「……なるほどな」チラッ

少女「先生?」

医者「悪いけど儂はもう帰るぜ。何もできなくてすまねえな。栄養剤くらいは置いてってやるからよ」

魔女「ふふっ、すまんの。けほっ」

少女「……」

医者「お嬢ちゃんもあんまり遅くならねえようにな。また身体壊したら目も当てられねえぞ?」

ガチャッ バタン

魔女「……」

少女「……」



15:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/10(水) 23:26:33.521 ID:ieesrE450

少女「私のせい、なんだね……」

魔女「違う」

少女「お母さんから聞いたわ。私の病気、『吸って』くれたんでしょ? だから……代わりに……」

魔女「……妾がしたくてしたことじゃ。そなたが気に病む必要はないよ」

少女「うぅ……ぐすっ……」

魔女「ふふ、妾を殺すなら今じゃぞ?」

少女「あなたっ……! 冗談でもそんなこと言わないで!」

魔女「冗談なんぞ言わぬよ。これは千載一遇の好機じゃ。こんな機会、おそらく二度とはない」

少女「やめなさい! 本気で怒るわよ……!」

魔女「あれだけ殺したがっておったじゃろ。それが、今、叶う……。だから──」

少女「あなたを殺したいと思ったことなんて一度だってないっ!」

魔女「む……?」

少女「私は! あなたを倒して、私の実力をあなたに認めさせたいだけ! 殺すなんて……そんなこと絶対にしない!」

魔女「い、いや……意味が……」

少女「……」

魔女「……」

少女「……ずっと昔。あなたが領主様の息子に言い寄られた時のこと、覚えてる?」

魔女「うむ……。なんとなくじゃが……」

少女「その時のことよ──」



16:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/10(水) 23:29:23.838 ID:ieesrE450

~十年前~

クズ男「ねえ、君。君だよ君」

魔女「……」

クズ男「ちょっとー。無視しないでよ。俺のこと知らないの?」

魔女「知らぬわ。たわけめ」

クズ男「たわけ(笑)」

魔女「ふん、くだらん。やはり宴席なぞ来るんじゃなかったわ」

クズ男「つまんないよねー。だからさ、俺と遊ぼうよ。ね? 俺の親父、ここの領主だからさ。なんでも好きなことできるんだよ」

魔女「失せよ。妾は貴様のような奴が嫌いじゃ」

クズ男「えー? いいじゃん(笑) 俺といると絶対楽しいよ? 一晩かけて最高の気分にしてあげるからさ」

魔女「……チッ」

クズ男「はぁ……ったく、この俺が下手に出てりゃいい気になりやがって……。オラァ! 来いよ!」グイッ

魔女「ふふっ、力づくとは。腐った奴じゃのう。手を離せ」

ざわざわ……

クズ男「はあ? お前もう俺のおもちゃ決定だから(笑) 言っとくけど誰も助けてなんてくれねーからな? 俺偉いから(笑)」

魔女「助けなんぞいらぬわ。そもそも偉いのは貴様ではなく、貴様の父親であろう。……最後じゃ。手を離せ」

クズ男「ククク……痛い目見ないと分からないかなあ!?」

幼女「やめなさい!」



17:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/10(水) 23:33:17.557 ID:ieesrE450

クズ男「……あ?」

幼女「いやがってるでしょ! やめなさい!」

魔女「おい小娘、妾は大丈夫じゃ。お子様は退がっておれ」

クズ男「そうだよガキ。ぶっ殺されたくなかったらすっこんでろ!」

幼女「ひっ……!」

魔女「子供相手に怒鳴るでない。……小娘、気持ちは買うがそなたには関係のないことじゃ。わざわざ怖い思いをすることはない」

クズ男「チッ。ほらさっさと行くぞ。グズグズしてるとそのガキぶん殴るからな」

幼女「!」ビクッ

魔女「わかったわかった。やれやれ、とんだ厄日じゃのう……」

クズ男「へへっ、俺の部屋に行こうぜ(笑) 楽しいことたくさん教えてやるよ(笑)」

幼女「ま、まちなさい……!」プルプル

ざわざわ……ざわざわ……

幼女「おねーさん、いやがっています……! だから、やめ──」

バキッ!

幼女「あぐっ……!」ズサーッ

クズ男「うるっせーよ……なあ……おい……」

シーン……

幼女「い、たい……。うぅ……ぐすっ……」

魔女「……自業自得じゃ」

幼女「うぅ……うぅーっ……! おねーさんから……はなれなさいよ……!」ヨロヨロ

クズ男「んだよオラァ! 死んどけクソガキがぁ!」

ゴスッドカッボコッ

幼女「かはっ……ゔっ……おぇぇっ……」ビチャチャ



19:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/10(水) 23:36:40.674 ID:H6vEOW3Or

幼女になにしてんだ



20:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/10(水) 23:36:45.834 ID:ieesrE450

クズ男「うっわ、きったねえ! 靴が汚れちまったじゃねえか……」

幼女「おね、さん……にげて……」ガシッ

クズ男「離れろガキ! ゲロまみれでくっついてくんじゃねえよ! オラッ! クソッ!」

ゲシッゲシッ

魔女「お、おい……。死んでしまうぞ……。妾ならついて行くと言っておるじゃろ……。だからもうやめてやってくれ……」

クズ男「いいや、ダメだ! 絶対に許さねえ! クソガキの家族ごと地獄に叩き落としてやる!」

幼女「にげ……て……」ガクガク

クズ男「テメェいい加減に──」

魔女「……いい加減にするのは貴様じゃ」

クズ男「あ゛ぁ!? へぶぁっ……!?」ドサッ

魔女「ほれ、立たぬか。どうした? 何を這いつくばっておる」

クズ男「あ……あ……?」ガクガク

魔女「たった一発引っ叩いただけで戦意喪失か? ふん、妾と共に居たいのなら、妾より強くなければのう」ニヤリ

クズ男「バ、バケモンかよこいつぅ!?」

魔女「あー、貴様。たしか地獄に叩き落とすとか言っておったな。折角じゃ、地獄がどんな所か見てくると良い。妾がしっかりと送り届けてやろう」

領主「ま、待ってくれ!」ドタドタ

クズ男「お、親父ぃ……! 助けてくれぇ……!」

領主「魔女さん、うちの馬鹿息子が申し訳ないことをした! この通りだ!」

クズ男「親父ぃ……」

領主「お前も謝れ! この馬鹿野郎が!」ベシッ

クズ男「ご、ごべんな゛さい゛ぃ……」

魔女「はっ。そなたら、何を愉快なことをしておる?」

領主「……はい?」



21:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/10(水) 23:41:45.365 ID:ieesrE450

魔女「今この場を見て、妾に許しを請うことが大事なことだと思うのか?」

領主「も、もちろんだとも! 私は領主だ。この領地を守ることは何よりも大事なこと! だから魔女さん、どうか……!」

魔女「子が子なら親も親、か。この幼子は目に入らぬのか?」

幼女「コヒュ……カヒュッ……」

領主「こ、こんな子供などに構ってる場合では……」オロオロ

魔女「そうか。……そうか」

領主「そんなことよりも魔女さん……」

魔女「少し黙っておれ。小娘、少し身体を触るぞ? ……ふむ、体内までボロボロじゃのう。人外の術でもなければ治せぬのう」

幼女「ぅ……ぁ……」

魔女「幸運であったな、小娘。妾なら治せる。ふふ、妾を救ってくれた恩、返さなければの」パチン

幼女「ぁ……れ……? いたく、ない……?」

領主「お、おお……まさに奇跡だ……! やはり魔女は凄い……」

クズ男「い、今のうちに逃げ──」

魔女「……」パチン

フッ──

領主「ヒィィッ!? 息子が消えてしまった……!」

魔女「親子共々、人の心というものを学んでくると良い。生きて帰ってこられたら、きっと素敵な人間になっておることじゃろう」

領主「私もぉ!?」

魔女「当然じゃ、馬鹿者」パチン

領主「ぎぇぇぇぇ──」

フッ──

幼女「し、しんじゃったの……?」

魔女「まさか。ちょっぴりお灸を据えるだけじゃよ。ふふ、なんであれ奴らは謝ったのじゃ。少しは手心を加えてやらねばならぬ」

幼女「おねーさんはだいじょぶ?」ジーッ

魔女「なんと、妾の心配とは。ふはは! 大丈夫大丈夫。怪我なんてしておらんよ」

幼女「おケガもそうだけどね、おねーさん、ずっとさみしそうにしてたから。だから、だからね? だいじょぶかなって」

魔女「……!」

幼女「おねーさん?」

魔女「……ああ、大丈夫じゃよ。慣れておるからの」



22:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/10(水) 23:44:50.865 ID:ieesrE450

~現在~

少女「その時にね、思ったの。そばに居てあげたいって」

魔女「あの時から、何も変わらないんじゃな……。そなたはずっと……大馬鹿者じゃよ……」

少女「えへへ……。だからお願い……死なないで……」ギュッ

魔女「けーほっけほっ! く、苦しいぞ……」

少女「あっ、ご、ごめんね……」

魔女「けほっ、ふぅ……。はぁ、まったく。死んだりせんから安心せい」

少女「でも……私の病気を吸ってあなたが……」

魔女「妾は魔女じゃぞ? 人が死に至る程の病故にこうして、けほっけほっ! ……寝込んではおるがの、そう簡単に死んだりはせぬよ」

少女「そ、そうなの……? 本当? いつもみたいに嘘ついてない?」

魔女「妾そんなに嘘ついておるかの……。ついておったわ……」

少女「心配だからそばに……いや、駄目だわ……。そばに居たいならもっと強くならなくちゃ……」ブツブツ

魔女「堅物じゃのう……」

少女「……私、帰るね。ご飯は作っておくし、お着替えも用意しておくわ。お水はここに、お医者様から頂いた栄養剤はこっちに──」

魔女「ふふ、わかったわかった。……ありがとうの」

少女「きっと、きっとあなたを倒すから。だから……早く元気になりなさいよ! またね、魔女!」

魔女「ふん、生意気な。もう来るでないわ阿呆め」



23:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/10(水) 23:47:48.100 ID:ieesrE450

~ひと月後~

魔女「……ふふ。来おったか」

バーン!

少女「魔女! 今日こそ倒してやるわ! 覚悟しなさい!」

魔女「どうじゃ小娘? 今日は茶でも飲まんか? お菓子もあるぞ?」

少女「子供扱いしないで! ……用事が先よ」

魔女「ほう?」

少女「行くわよ! すぐにケリをつけてあげる!」ダダダッ

魔女「剣すら構えず正面切って特攻か……。学ばんのう……。妾が指を鳴らせば決着じゃというに」

少女「とりゃあぁぁぁぁっ!

魔女「終いじゃ──」スッ

少女「……大好きっ」ニコッ

魔女「なっ、なななっ……!? あっ、指が……」スカッ

少女「捕まえ……たーっ!」ガバーッ

魔女「のわっ!?」

ガラガラガシャーン

少女「えへへ! 私の勝ちだよ!」ギューッ

魔女「い、今のは反則じゃ! 無し!無ーしー!」

少女「えー? じゃあもう一回やる? ……やっとあなたと一緒に居られると思ったのに」

魔女「ぐぬ……。仕方ないのう……。あー、わかったわかった! 妾の負け! むぅ……こんな小娘にたった50回で負けるとは……」

少女「回数……」

魔女「あっ、いや」

少女「ちゃんと覚えててくれたの!?」

魔女「……た、偶々頭に残っておっただけじゃ! 別に数えてた訳では……! そなたが来てくれて喜んでたなんてこと……あっ」

少女「んぅ~っ! もうっ! かわいいんだからっ!」

魔女「うぬぅ……妾の威厳が……」



24:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/10(水) 23:50:28.735 ID:ieesrE450

魔女「ほれ、茶のおかわりじゃ」コトッ

少女「ありがとう! お茶もこのお菓子も、とっても美味しいわね!」モグモグ

魔女「よく食べるのう。それな、妾が作ったんじゃよ。隠し味にジェコが入っておる」

少女「じぇこ? なにかしら?」パクパク

魔女「森に住むヤモリじゃ」

少女「んぐっ……!?」

魔女「嘘じゃよ」

少女「ゴホッゴホッ! もうっ! やめなさいよ!」

魔女「反応が愛おしくてのう。つい」

少女「今日こそは許さないわ! 私、もう帰るからっ!」

魔女「えっ、あのっ、ちょっとした冗談で、その……」

少女「えへへ、なんちゃって♪ 冗談よ♪」

魔女「なぁっ……!?」

少女「お返しですー。でも、たしかにかわいい反応ね……。私もクセになりそう……」

魔女「こ、小娘ぇ……!」

少女「ふふーん、やめてほしかったらね、言うことを聞いてもらうわよ」

魔女「……言ってみよ」

少女「小娘じゃなくて、名前で呼んで?」

魔女「む……。な、名前で……?」モジモジ

少女「私もあなたのこと、名前で呼んでもいいかしら?」

魔女「では……お互い名前で呼ぶことにしようかの……?」チラッチラッ

少女「うん♪ えへへ……私の名前、呼んでみて?」

魔女「あぅ……。で、ではいくぞ……?すー……はー……」

少女「……」ニコニコ

魔女「──」



おしまい



元スレ
少女「魔女! 今日こそ倒してやるわ! 覚悟しなさい!」 魔女「どうじゃ小娘? 今日は茶でも飲まんか? お菓子もあるぞ?」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1554904247/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (6)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月11日 10:43
          • 5 良い。
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月11日 11:15
          • オリジナル書く人好きだわァ
            またかいてほしい
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月11日 13:59
          • 魔女って婆ちゃんだと思ってたら違った
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月12日 02:44
          • ババア口調が…
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月12日 13:11
          • 竜胆尊と鷹宮リオンで脳内再生された
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月12日 20:07
          • 5 ええやんb……こういうの好きやで

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 女「すいません…カレー作りすぎちゃって……!」
        • 父「父さんな>>5(ペプシマン)になろうと思うんだ」
        • 【とある】佐天「ツァーリ・ボンバを落とす能力か~」
        • 【グランベルム】満月「最近私の私物がなくなってる気がする…」
        • 彡(゚)(゚)「ワイは空条J太郎やで」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ