TOP

【古見さんは、コミュ症です。】 只野 「妹の体育祭です。」

71:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 01:07:30 ID:JvwVK0Nk

………………「体育祭前です。」

瞳 「では、今から体育祭の種目決めを行います」

オオオーーーー!!!

笑介 「………………」

瞳 「……と、その前に、副級長の笑介くんから一言があります」

!?

笑介 「………………」

瞳 「………………」

シーーーーーン

「何を言うんだ……」 ゴクリ 「いや、笑介くんのことだ。きっとすごいことを言ってくれるんだろう……」 ゴクリ

笑介 「………………」

瞳 「……みんな、体育祭がんばって優勝目指そうぜ(イケボ腹話術)」

笑介 「!?」

ウオォォオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!

「俺、笑介くんのためにがんばるよ!」  「私も!」  「僕も!」



72:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 01:08:31 ID:JvwVK0Nk

………………

瞳 「……さてさて、大体決まったね。まだ一種目も入ってない人いるー?」

シーーーン

笑介 「………………」

瞳 「うん。まぁあとは笑介くんだけだよね。どうする? やりたい種目ある?」

笑介 「………………」

瞳 「まぁ、笑介くんはシャイだからね。あんまり目立つのは嫌だよね」

瞳 「……じゃ、私とふたりで二人三脚やろっか」

笑介 「!?」

笑介 「………………」

カツカツカツ……

瞳 「……うんうん。順当に楽そうな奴を選んだね。玉入れね。オッケーオッケー」

瞳 「ま、せっかく運動神経すごいのに、もったいないと思うけどね」

笑介 「………………」



73:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 01:10:24 ID:JvwVK0Nk

………………

瞳 「めでたく全種目が決まりました。ご協力ありがとうございます」

瞳 「当日の選手変更は可能だけど、一人一種目は出ないと失格になっちゃうから注意してね」

瞳 「じゃ、今日から早速放課後練習があるから、はりきっていこー!」

オオオーーーー!!!

男子 「笑介くん玉入れだけかぁ。足速くて何でもできるのに、もったいないなぁ」

瞳 「いいのいいの。笑介くんはいざっていうときのピンチヒッターだから」

屈強な男子 「なるほどなぁ。しかし、只野は女子の種目ほぼすべてに出るんだな。大丈夫か?」

瞳 「私? 私は大丈夫だよ。こういうの大好きだからさ」

笑介 「………………」

瞳 「……? どったの、笑介くん?」

笑介 「………………」



74:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 01:11:27 ID:JvwVK0Nk

瞳 「? ああ、もっと色々な種目をやらされると思った?」

笑介 「………………」

瞳 「笑介くん、あんまり体育祭とか好きじゃないでしょ?」

瞳 「好きじゃないことを無理にさせたりはしないよ」

瞳 「玉入れだけだったら放課後練習はしないし、楽でしょ?」

笑介 「………………」

瞳 「だから、当日休んだりしないでよ? あと、玉入れだけは絶対出てよ? 約束だよ?」

笑介 「………………」 プイッ

笑介 「………………」 スタスタスタスタ……

瞳 「笑介くん!」

笑介 「………………」 ……ピタッ

瞳 「……体育祭、楽しもうね!」

笑介 「………………」

笑介 「………………」 スタスタスタスタ……



75:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 01:12:08 ID:JvwVK0Nk

………………放課後

笑介 「………………」

ワーワーワーワーーー

笑介 「……?」

瞳 「よーし! 女子リレー次行くよ次ー!!」

瞳 「バトンパスは素早くね! バトンゾーンから出たらアウトだからねー!」

瞳 「男子もがんばってるし、私たちもがんばって点数稼ぐよー!」

笑介 「………………」

笑介 「………………」 スタスタスタスタ……

瞳 「……ん?」

笑介 「………………」

瞳 「笑介くん……?」

瞳 「………………」 クスッ

瞳 (少しは周りに興味出てきてくれたのかな……)



76:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 01:12:54 ID:JvwVK0Nk

………………数日後 古見家

古見さん 「………………」 ノンビーーリ

秀子 「ねえ、硝子。明日、笑介の学校の体育祭なのよ」

古見さん 「?」

秀子 「あの学校の体育祭は父兄が見に行くのが普通みたいなの」

秀子 「でね、お父さんとお母さん、応援に行くんだけど、アンタも一緒に行く?」

古見さん 「!?」

フルフルフル……!!!

古見さん 「………………」 ←他校の体育祭に行くなんて恐ろしいという顔。

古見さん 「………………」 ←加えて弟の体育祭を両親と見に行くなんて恥ずかしいと言う顔。

秀子 「あらそう? 残念ね」

古見さん 「……?」



77:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 01:13:45 ID:JvwVK0Nk

秀子 「ほら、笑介と只野さん家の瞳ちゃん、同じクラスじゃない」

秀子 「だから、只野さんご一家と一緒に行こうって約束したのよ」

秀子 「……そしたら、只野くんも来るんですって。だから、残念ね、って」

!?

古見さん 「………………」 ←考えている。

古見さん 「………………」 ←葛藤している。

古見さん 「………………」 ←只野くんも来るなら、

古見さん 「………………」 ←行ってもいいかな。

古見さん 「………………」 ←むしろ、行きた――

古見さん 「――!?」 ブンブンブンブン

秀子 (無口だけどせわしない子よねぇ……)

古見さん 「………………」

秀子 「……行く?」

古見さん 「………………」 コクリ……



78:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 01:14:23 ID:JvwVK0Nk

………………幕間

只野母 「仁ちゃーん、明日瞳の体育祭の応援に行くんだけど一緒に行かない?」

只野 「!? いやいや、妹の体育祭とか応援に行くわけないでしょ!」

只野母 「あら残念。古見さん家と一緒に行く約束してるのに」

只野 「……へ?」

只野母 「硝子さんも一緒に行くそうなのに」

只野 「………………」

只野 「……行く」

只野母 「あら、そう? じゃあお弁当たくさん用意しないとね」

只野母 (古見さんの奥様に聞いたとおりの台詞を言ったらすぐなびいたわね……)

只野母 (さすがコミュ力お化けだわ……)



82:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 19:34:16 ID:JvwVK0Nk

………………「体育祭です。」

男子 「うおおおおおお!? ふ、父兄席にすごい美人さんがいらっしゃるぞ!?」

屈強な男子 「何!? どこだ……って探すまでもないな!? そこだけ光り輝いているぞ!?」

古見さん 「………………」 ←注目されていて落ち着かない。

瞳 「? ああ、硝子さんのこと? 笑介くんのお姉さんだよ?」

!?

「さすが笑介くんのお姉さん……」 「笑介くんに勝るとも劣らない美しさ……」

男子 「……ん? いや、でも、その隣になんか冴えない男もいるぞ?」

屈強な男子 「話しているから知り合いのようだが、なんか不釣り合いな人だな……」

只野 「………………」 (……視線がいつもより痛い気がする)

瞳 「? ああ、あの人? 私のお兄ちゃんだよ?」

!?

男子 (……ああ、なるほど)

屈強な男子 (なんか納得だな)

 [みんな納得した。]



83:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 19:34:51 ID:JvwVK0Nk

………………

瞳 「よっしみんな行くぞー!!」

オオオオオオーーーーーー!!!!!

ドドドドドドドド……!!!!!

只野 「うわぁ……」 (よく統制の取れた軍隊みたいになってる……)

只野 (ときどき思うけど、うちの妹はやっぱりただ者じゃないよな……)

古見さん 「………………」

カリカリカリ……

古見さん [瞳ちゃん、すごいですね。抜群のリーダーシップです。]

只野 「ん……まぁ……」 テレッ 「そういうところは、本当にすごいんですよ、あいつ」

古見さん [それに比べて……]

キョロキョロキョロキョロキョロ

古見さん [うちの笑介はまたどこかでサボっているんだと思います。]

古見さん [少し、瞳ちゃんを見習ってほしいです。]

只野 (たしかに、笑介くん見当たらないな。どこ行ったんだろ……?)



84:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 19:35:33 ID:JvwVK0Nk

………………木陰

笑介 「………………」

笑介 「………………」

笑介 「………………」

アナウンス 『続いての競技は、玉入れです。出場選手は、入場門に集合してください』

笑介 「………………」

笑介 「………………」


―――― 『だから、当日休んだりしないでよ? あと、玉入れだけは絶対出てよ? 約束だよ?』


笑介 「………………」

笑介 「………………」 ムクリ

スタスタスタスタスタ……



85:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 19:36:21 ID:JvwVK0Nk

………………

笑介 「………………」

瞳 「お、来た来た」 ニコッ

瞳 「よかったよ。サボるんじゃないかと心配してたんだ」

笑介 「………………」

瞳 「ふふっ……」

瞳 「そうだよね。約束したもんね」

笑介 「………………」 プイッ

瞳 「……そろそろ入場だよ、笑介くん」

クスッ

瞳 「がんばってくれないと、怒るからねっ」

笑介 「………………」



86:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 19:36:54 ID:JvwVK0Nk

………………

古見さん 「………………」 クスッ

秀子 「あらあら、笑介、なんか今までと違って少し楽しそうじゃない?」

古見さん 「………………」 コクリ

秀子 「瞳ちゃんのおかげね」

古見さん 「………………」 コクコクコク

秀子 「で、硝子が楽しそうなのは、」

古見さん 「……?」

秀子 「カレのおかげかしら?」

古見さん 「……!!」

只野 「ん……?」 (あれ、なんか僕のほう指さしてる……?)

只野 (な、なんかやっちゃったかな、僕……) ドキドキドキ……



87:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 19:37:30 ID:JvwVK0Nk

秀子 「ふふふ、顔真っ赤よー? 硝子?」

古見さん 「~~~~~!!!」

ポカポカポカポカ

秀子 「ふふふふ……」

只野 (何をしているんだろう。謝った方がいいんだろうか……) ドキドキドキ……

只野 (ん……?)

将賀 「………………」 ゴゴゴゴゴゴゴゴ……!!!!!!

!?

将賀 「………………」 グヌヌヌヌ……!!!!

只野 (古見さんのお父さんまで!? 僕何しちゃったんだろ!?)



88:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 19:38:11 ID:JvwVK0Nk

………………

瞳 「よっしゃー! 玉入れもなんとか勝ったぞー!」

瞳 「このまま行けば、私たち優勝間違いなしだよ!」

瞳 「みんな、残りもがんばろーねー!」

ウォォォオオオオオオ!!!!

瞳 (……うんうん。笑介くんもちゃんと参加してくれたし、みんな楽しそうだし)

瞳 (このまま優勝できたら、みんなにとって良い思い出になるよね)

ガクッ

瞳 「……あ、あれ?」

ペタン

女子 「? 只野さん、大丈夫? 疲れた?」

瞳 「え? あ、あはは、平気平気。ちょっと気が抜けただけだよ」

瞳 「さー、次の種目もがんばろー!」

笑介 「………………」

笑介 「………………」 プイッ……スタスタスタ……



89:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/08(月) 19:38:43 ID:JvwVK0Nk

………………幕間 玉入れの様子

笑介 「………………」

ワーワーワーワー

笑介 「………………」

男子 「し、笑介くんも、玉、入れない?」 オソルオソル

笑介 「………………」


―――― 『がんばってくれないと、怒るからねっ』


瞳 「……玉集め班! 急いでー! 玉投げ班! 準備はいいー!? せーの!」

笑介 「………………」

スッ……ポイッ……スポッ スッ……ポイッ……スポッ……スポッスポッスポッ

男子 「!?」 (す、すごい! そこら辺にある玉を適当に放っているようにしか見えないのに……)

男子 (全部カゴの中に入っている……!)

笑介 「………………」 ←あくまで怒られては敵わないと思っているだけ。

笑介 「………………」 ←あの面倒な女に怒られたくないだけだと自分に言い聞かせている。



92:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 00:12:43 ID:5Eqcd.BQ

………………「二人三脚です。」

アナウンス 『続いての種目は、保護者の皆様による二人三脚レースです』

アナウンス 『保護者の皆様、振るってご参加ください』

古見さん 「!」 ピョコン

只野 (あっ、ネコミミ。古見さん、二人三脚に興味あるのか……)

古見さん 「………………」 ピョコピョコピョコ

只野 (出たいのかな……?)

只野 「………………」

只野 (……誘った方がいいのかな)

!?

只野 (い、いやいやいや!!!! 二人三脚って言ったらアレだぞ!? めっちゃ身体くっつくぞ!?)

只野 (そんなの、僕なんかとじゃ嫌だろ!? うんうんうん!!)

古見さん 「………………」 ピョコピョコピョコ……

只野 「………………」



93:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 00:13:44 ID:5Eqcd.BQ

只野 「……あ、えっと、古見さん?」

古見さん 「……?」

只野 「……で、でで……出ます? 二人三脚……」

古見さん 「!!」

古見さん 「………………」 カァアアアア…… 「………………」 コクリ

只野 「あっ……じ、じゃあ……行きましょうか」

古見さん 「………………」 コクリ……

只野 (……ど、どうしよう……本当に行くことになってしまったぞ)

只野 (こ、こうなったら、できるだけ古見さんに不快感をもたれないように乗り切るしかない……)

只野 (そして、絶対古見さんにケガをさせたりしないように、細心の注意を払って……――)

教員 「あ、父兄の参加者ですね? では、女性はこっち、男性はこっちへお願いします!」

只野 「………………」

只野 (……いやそりゃそうだよな!!) ←自分で自分にツッコんでいる。

古見さん 「!?」 ←唐突に一人になって混乱している。



94:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 00:14:17 ID:5Eqcd.BQ

………………

只野母 「あっ……硝子さん?」

古見さん 「!?」

只野母 「どうも、私たちがペアみたいね……ですね」 ←つい丁寧語になってしまう母。

古見さん 「……!!!」 ←少なくとも知り合いとペアになれて嬉しい。

只野母 (だ、大丈夫かしら? 嫌じゃないかしら……?) ←思考が息子と似ている母。

古見さん 「………………」 ←レースが始まるまで話題がなくて気まずい

只野母 「………………」 ←同上

只野母 「あっ……えっと、息子といつも一緒にいてくれて、ありがとう……ございます」 ←つい丁寧語になってしまう。

古見さん 「……!!」 アタフタアタフタ ←ノートがなくて混乱している。

只野母 「息子みたいな没個性な男の子、一緒にいても面白くないでしょう?」

古見さん 「……!」 フルフルフル!!!



95:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 00:15:08 ID:5Eqcd.BQ

只野母 「そもそも、硝子さんみたいな素敵な女の子が、どうしてうちの息子なんかと……」

古見さん 「………………」 フルフルフル!!!

只野母 「………………」 ←自分の言葉を反すうしている。

只野母 「………………」 ←全くその通りだと思っている。

只野母 「………………」 ←まさか、息子が良からぬことをして硝子さんを脅してるのでは?

只野母 「………………」

古見さん 「………………」

只野母 「……あ、あの、硝子さん? つかぬことを伺うのだけど、」

古見さん 「?」

只野母 「うちの仁人に、脅されていたりしませんか?」

!?



96:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 00:15:48 ID:5Eqcd.BQ

………………

古見さん [只野くんは、入学式で私に話しかけてくれて、] ←手近にあった小さな枝で地面に書いている。

古見さん [それで、私の友達になってくれたんです。]

古見さん [脅されるなんて、そんなこと全くありません。]

只野母 「そ、そうだったんですね……」 ホッ

古見さん [私は、本当に只野――仁人くんに感謝しています]

古見さん [だから、仁人くんのお母さんにも、感謝しています]

只野母 「そんな、私なんて……」

古見さん 「………………」 ←どう感謝したらいいか考えている。

古見さん 「………………」 ←考えている。

古見さん 「……!」

カリカリカリ……

古見さん [仁人くんを産んでくれてありがとうございます。]

!?

只野母 (……あの子を産んで感謝されたのは、あの子が生まれたとき以来のことだわ)



97:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 00:16:20 ID:5Eqcd.BQ

………………

只野 「………………」

将賀 「………………」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ……!!!!!!

只野 (よ、よりによって、古見さんのお父さんとペアとは……)

只野 (ぼ、僕は生きて保護者席に戻れるのだろうか……)

将賀 「………………」

只野 (いやいやいや、あんまりネガティブになるな。まずはコミュニケーションだ……)

将賀 「………………」 ゴゴゴゴゴゴゴゴ……!!!!!!

只野 (いや無理だよ怖いよ)



98:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 00:17:06 ID:5Eqcd.BQ

将賀 「………………」 ←娘の学校での様子を聞きたい。

将賀 「………………」 ←娘との関係を聞きたい。

将賀 「………………」 ←娘のことをどう思っているのか聞きたい。

将賀 「………………」 ←バレンタインデーに何をもらって、

将賀 「………………」 ←ホワイトデーに何を返したのか聞きたい。

将賀 「………………」

将賀 「っ……あ……」

只野 「……ひっ!?」 ビクッ

将賀 「………………」 ビクッ

只野 (あ、あれ? ひょっとして今、僕に話しかけようとしてくれた……?)



99:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 00:17:51 ID:5Eqcd.BQ

………………幕間 二人三脚後

只野父 「いやー、がんばって一位取ってきたよ」

只野父 「活躍見ててくれたか?」

只野母 「………………」 ←心労でそれどころじゃなかった。

只野 「………………」 ←同上

只野父 「何で二人ともそんなに疲れ果ててるんだ……?」

将賀 「………………」 ←自分も結構がんばったつもり。

秀子 「……あら」

ニコッ

秀子 「あなた、カッコ良かったわよ」

将賀 「……///」



102:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 22:43:04 ID:5Eqcd.BQ

………………「お昼のお弁当です。」

秀子 「只野くんも瞳ちゃんもいるから、たくさん作ってきたわ」

秀子 「みんないっぱい食べてね!」

只野母 (ひぇっ……!! オシャレで色とりどりのお弁当……!!)

只野母 (うちはいつも通り真っ茶色のオカズしか詰めてきてないわ……)

古見さん 「………………」 ジーーーッ

只野母 「あっ……もしよかったら、どうぞ?」

古見さん 「!」 パァアアアアアア……!!!

古見さん [いただきます。]

ヒョイッ……パクッ

只野母 (だ、大丈夫かしら。お口に合うかしら……) ドキドキドキドキ……



103:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 22:43:54 ID:5Eqcd.BQ

古見さん 「!!!」 パァアアアアアア……!!!

カリカリカリ……

古見さん [この煮物、とても美味しいです。]

只野母 「!?」

古見さん [おにぎりもいただいてもいいですか?]

只野母 「も、もちろん、どうぞ」

古見さん 「………………」 モグモグモグ……

古見さん 「!!!!!」 パァアアアアアア……!!!

古見さん [炊き込みご飯のおにぎりですね。これもすごく美味しいです。]

只野母 「………………」

ダキシメッ

古見さん 「!?」

只野母 (本気で娘にしたい……)

古見さん 「!? !? !?」

只野 「母さん、古見さんが混乱してるから放してあげて」



104:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 22:44:25 ID:5Eqcd.BQ

笑介 「………………」

モグモグモグ……

瞳 「笑介くん、運動した後のお弁当は美味しいねぇ?」

笑介 「………………」 モグモグ……

瞳 「ん、それサバの塩焼き? 本当に好きなんだね、サバ」

笑介 「………………」

瞳 「………………」

瞳 「……あのさ、ありがとね」

笑介 「………………」

瞳 「ちゃんと玉入れ出てくれて。嬉しかったよ」

瞳 「しかも結構がんばってくれてたじゃん? やるときはやるね、笑介くん」

笑介 「………………」

瞳 「午後もがんばって優勝狙うからさ」

瞳 「たまにでいいから、応援してよ?」

笑介 「………………」 プイッ



105:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 22:45:02 ID:5Eqcd.BQ

古見さん 「………………」 ニヨニヨニヨニヨニヨニヨ

只野 (また古見さんめちゃくちゃニヤニヤしてる……)

古見さん 「………………」 ピョコン

只野 (あ、何か思いついたな?)

古見さん 「………………」 ピッ

只野 (携帯電話を取りだして、カメラを起動して……)

カシャッ

只野 (撮った……)

只野 (瞳と笑介くんを撮ったのか……?)

ピロリン♪

只野 「?」 (古見さんからメール?)

只野 「あっ……」

  [いい写真が撮れました。]

古見さん 「………………」 クスッ

只野 「……ほんと、良い写真ですね」 クスッ 「いい、ツーショットです」



106:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/10(水) 22:45:40 ID:5Eqcd.BQ

………………幕間

古見さん 「………………」 ニヨニヨニヨニヨニヨニヨ

ピッ

古見さん 「………………」 ムフー ←笑介にも写真を送って満足げ。

只野 「古見さん……」

只野 「………………」

ピッ……ピピッ……

只野 「………………」 ムフー ←自分も瞳に写真を送った。



109:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/11(木) 21:06:33 ID:OjoH8.BU

………………「午後です。」

瞳 「………………」

ゼェゼェゼェ……

瞳 (あー、さすがに出る種目数増やしすぎたかなー……)

瞳 (もう少し他の子に振れば良かった……)

瞳 (でも、あと少しだもんね。大丈夫、大丈夫……)

瞳 (笑介くんだって最低限自分の種目には出てくれたわけだし……)

瞳 (ここで私がへばるわけにはいかないよね)

男子 「すごいな、うちのクラス。結構な点差で単独一位だぞ」

屈強な男子 「うむ。残りの種目、棄権無しでゴールさえすれば、逃げ切れる点数だ」

男子 「おお! もう優勝したようなもんだな!」

「只野級長のおかげだー!」  「終わったら胴上げだー!」

瞳 「あはは……。ま、優勝したらお願いしちゃおっかな」

「あと笑介くんのおかげだー!」  「笑介くんも胴上げだー!」

笑介 「!?」



110:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/11(木) 21:07:31 ID:OjoH8.BU

………………

瞳 (あとは、この女子の選抜リレーのアンカーだけ……)

瞳 (さすがに、陸上部とかの女子もいるから、一位なんて取れないだろうけど……)

瞳 (ま、とにかく完走だけ目指してがんばろう)

女子 「只野さーん!」

瞳 (お、来た来た。よし、じゃ、がんばって走りきりますかね)

パシッ……タタタタ……



111:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/11(木) 21:08:03 ID:OjoH8.BU

………………

笑介 「………………」

笑介 「………………」


―――― 『午後もしっかりやって優勝狙うからさ』

―――― 『たまにでいいから、応援してよ?』


笑介 「………………」

笑介 「………………」

ムクリ……スタスタスタスタ……

笑介 「………………」



112:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/11(木) 21:08:47 ID:OjoH8.BU

………………

古見さん [瞳ちゃん、アンカーなんですね。]

只野 「はい。運動は苦手ではないですけど、そこまで早くはないと思うんですけど……」

只野 「まぁ、あいつああいうの好きですからね」

只野 「あっ、瞳にバトンが回った……」

古見さん 「!!」

古見さん 「………………」 ジーーッ

只野 「えっ……」

只野 「いやいや! さすがに恥ずかしいですよ!!

古見さん 「………………」 ジーーーッ

只野 「……わ、わかりました」

只野 「………………」

只野 「ひ……瞳ーーー!!! がんばれー!!!」



113:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/11(木) 21:09:44 ID:OjoH8.BU

………………

瞳 (……うわぁ)

ガンバレーーーーーーー!!!

瞳 (お兄ちゃん、恥ずかしいってば……)

瞳 (まったくもう……)

クスッ

瞳 (でも、なんか元気出た気がする。もうちょっと早く走れるかな……っと)

グラッ

瞳 (とと……?)

フラフラ……

瞳 (あれ……?)

瞳 「……あ、あれ?」

ズサァアアアアア……!!!!!



114:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/11(木) 21:11:43 ID:OjoH8.BU

………………

古見さん 「!?」

只野 「ひ……瞳!?」

只野 (それは、唐突なことだった)

只野 (フラついたと思った次の瞬間には、瞳はもう倒れていた)

只野 (ただ、そのこけた様子から、間違いなく言えることは、)


只野 (瞳がゴールすることは、もう不可能だろうということだ)



115:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/11(木) 21:12:30 ID:OjoH8.BU

………………幕間

笑介 「………………」

笑介 「………………」

笑介 「………………」

笑介 「………………」

笑介 「………………」

笑介 「………………」

クルッ……スタスタスタスタ……

笑介 「………………」



118:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:07:25 ID:znc07UPI

………………「最後のリレーです。」救護テント

瞳 「いやー、ミスったミスった!」

瞳 「みんなごめんねー。ちょっとバランス崩しちゃってさー」

瞳 「立ってゴールだけでもできたら良かったんだけど、足ひねっちゃったからさ」

瞳 「……女子選抜リレーの点数、0かぁ。こりゃ痛いねぇ。私のせいだ」

男子 「いやいや、点数のことなんか気にしなくていいよ」

屈強な男子 「そうだそうだ。只野のケガのほうが心配だ」

女子 「只野さん、大丈夫? 痛いよね」

瞳 「はは、大丈夫だよ。それよりほら、そろそろ男子の選抜リレーでしょ」

瞳 「出場する人もいるんだから、行った方がいいよ」

瞳 「他の子たちも、応援しにいきなって」



119:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:07:56 ID:znc07UPI

………………テント外

男子 「はぁ……優勝はなくなっちゃったか。残念だな……」

屈強な男子 「いいじゃないか。只野のケガが大したことなかっただけで良かったと言うべきだ」

女子 「それに、まだ分からないよ。男子の選抜リレーで一位を取れば優勝だよ!」

男子 「いや、無茶言うなよ。俺アンカーだぜ? 周りは陸上部ばっかりなのに……」

屈強な男子 「始まる前から諦めてどうする!」



120:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:08:40 ID:znc07UPI

………………救護テント

瞳 「………………」

瞳 「……はぁ」

瞳 「まずったなぁ……」

瞳 「がんばりすぎちゃったかな。自業自得だね……」

瞳 「自分で疲れて自分でケガしちゃってるんだから、世話はないよね」

瞳 「………………」

瞳 「……ねぇ、笑介くん?」

!?

笑介 「………………」

瞳 「何で外にいるのが分かったかって? そりゃ分かるよ」

笑介 「………………」



121:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:09:18 ID:znc07UPI

瞳 「で、何しに来たの? 笑いに来た?」

瞳 「ま、笑えるよね。一番はしゃいで楽しんでた奴がケガしてるんだからさ」

瞳 「笑ってくれていいよ?」

笑介 「………………」

瞳 「……って言って笑えるようだったら、コミュ症やってないよね。はは」

笑介 「………………」

瞳 「……はぁ。ほんと、何やってんだろね、私」

瞳 「めずらしく落ち込んでるんだ。恥ずかしいんだ」

笑介 「………………」

瞳 「……こういうときくらい何とか言ってくれたら嬉しいんだけどなぁ」

笑介 「………………」

瞳 「ま、無理か……――」


笑介 「――……優勝したいのか?」


瞳 「へ……?」



122:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:09:52 ID:znc07UPI

瞳 「………………」

笑介 「………………」

瞳 「………………」

瞳 「……そ、そんなの……」

瞳 「そりゃ、優勝したいよ。だって、せっかく、みんなと……笑介くんと、がんばったんだからっ」

瞳 「でも……」

笑介 「………………」

笑介 「………………」

コクッ

笑介 「………………」

スタスタスタスタ……

瞳 「……笑介、くん……?」



123:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:10:24 ID:znc07UPI

………………入場門

男子 「………………」

ドキドキドキドキ……

男子 (うぅ……緊張してきた……)

男子 (一位なんか無理だよ……うぅ~……)

トントン

男子 「ん?」

笑介 「………………」

男子 「!? し、ししししし、笑介くん!?」

笑介 「………………」

グイッ……スッ……

男子 「へ? そ、それ、アンカーのたすきだよ?」

笑介 「………………」

男子 「ひ、ひょっとして……」 ゴクリ 「笑介くん、俺の代わりに、アンカー走ってくれるの!?」

笑介 「………………」 コクリ



124:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:10:54 ID:znc07UPI

………………

古見さん [瞳ちゃん、大丈夫でしたか?]

只野 「ええ。いつも通り元気でしたよ」

只野 (まぁ、ちょっと落ち込んでたけど……)

只野 「松葉杖を借りれば歩けるみたいですし、体育祭が終わったら病院に連れて行くので大丈夫です」

古見さん [それなら良かったです。私も後でお見舞いに行ってもいいですか?]

只野 「もちろんですよ。瞳も喜ぶと思います」

古見さん [はい。]

只野 「……ん?」

古見さん 「?」

只野 「次、最後の種目……男子の選抜リレーみたいですけど……」

只野 「あの、アンカーの位置にいるのって……笑介くんじゃないですか?」

古見さん 「!?」

秀子 「あれ? おかしいわね。あの子、玉入れにしか出ないって言ってたのに……」



125:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:11:41 ID:znc07UPI

………………

笑介 「………………」

アンカー陸上部1 「ふふ、さすがは古見笑介くん。すさまじいオーラだ……」

アンカー陸上部2 「しかし所詮は帰宅部。我々には勝てんさ……」

アンカー陸上部3 「ふふ……」

笑介 「………………」

1&2&3 (((り、リレーが終わった後電話番号とか聞いたら嫌がられるかな……?)))

笑介 「………………」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ……!!!!!!

笑介 「………………」



126:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:12:19 ID:znc07UPI

笑介 「………………」


―――― 『うん。まぁあとは笑介くんだけだよね。どうする? やりたい種目ある?』

―――― 『じゃ、今日から早速放課後練習があるから、はりきっていこー!』

―――― 『だから、当日休んだりしないでよ? あと、玉入れだけは絶対出てよ? 約束だよ?』

―――― 『……体育祭、楽しもうね!』

―――― 『バトンパスは素早くね! バトンゾーンから出たらアウトだからねー!』

―――― 『がんばってくれないと、怒るからねっ』

―――― 『ちゃんと玉入れ出てくれて。嬉しかったよ』


笑介 「………………」


―――― 『ま、笑えるよね。一番はしゃいで楽しんでた奴がケガしてるんだからさ』

―――― 『そりゃ、優勝したいよ。だって、せっかく、みんなと……笑介くんと、がんばったんだからっ』


笑介 「………………」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ……!!!!!!



127:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:13:01 ID:znc07UPI

………………

パーーーーン!!!!

只野 「あっ……は、始まりました!」

古見さん 「………………」 ジーーーーッ

只野 「瞳のクラスは……三番手につけてますね。まずますです」

古見さん 「………………」

只野 「……はい。一位じゃないと、優勝はないそうです」

古見さん 「………………」

古見さん 「が…………ん……」

古見さん 「…………ば……って……」

只野 「………………」



128:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:13:43 ID:znc07UPI

只野 (……古見さんが、がんばって応援しようとしてる)

只野 (だったら……)

只野 「が……がんばれーーー!!!!」

只野 「………………」 ハッ ←これでは誰を応援しているか分からない。

只野 「………………」 ←しかし妹のクラスメイトの名前なんてしらない。

只野 「………………」

只野 「……が、がんばれーーー!!! 瞳のクラスメイトの人ーーー!!」

!?

古見さん 「………………」

只野 「あ、やっぱり変ですかね……?」

古見さん 「………………」 フルフルフル

古見さん [すごいです。さすがは、お兄ちゃんですね。] ニコッ

只野 「あっ……///」

只野 「……が、がんばれーーーー!!! 瞳のクラスメイトーーーー!」 ←恥ずかしいので応援に戻った。



129:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:14:22 ID:znc07UPI

………………

笑介 「………………」

パシッ……

アンカー陸上部1 「ふふふ。では、古見笑介くん。先に行かせてもらうぞ」 タタタタ……

パシッ……

アンカー陸上部2 「ふふ、悪く思うなよ、古見笑介くん!」 タタタタタ……

パシッ……

アンカー陸上部3 「これは勝負! 手加減はしないぞ!」 タタタタタ……

笑介 「………………」

屈強な男子 「……っ……はっ……」 タタタタ……

屈強な男子 「し、笑介くん! バトンを……――」

――――……パシッ……ズドン!!!!!

屈強な男子 「……!?」

笑介 「………………」 トトトトトトトトトト……!!!!

屈強な男子 「ば、バトンを渡して、間もないのに……もうあんなところに……!?」



130:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:15:28 ID:znc07UPI

………………

只野 「す……すごっ……」

只野 (な、なんだ、あれ……?)

只野 (笑介くん、めちゃくちゃ速いぞ……!?)

古見さん 「………………」 スッ

只野 (……あっ、古見さんが口に手を添えて……)

古見さん 「……ば……れ」

只野 (応援しようとしている!!)

只野 (……がんばれ! がんばれ古見さん! あと少しで大きな声が出そうだ!)

古見さん 「し……笑介……がんば……――」


秀子 「――――笑介ーーーーー!!! がんばってーーーー!!」


!?



131:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:16:03 ID:znc07UPI

………………

瞳 「………………」

瞳 「……へー。すごいじゃん、笑介くん」

瞳 「あんなに足速いなら、もっと色んな種目出てもらえば良かったかな」


―――― 『……優勝したいのか?』


瞳 「……っ」

カァアアアア……

瞳 (あ、あれ? おかしいな……)

瞳 (何で、顔が熱いんだろ……)



132:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:16:38 ID:znc07UPI

………………ゴール後

笑介 「………………」

男子 「す、すごいよ笑介くん! 3人ぶち抜きで一位だよ! 優勝だよ!」

笑介 「………………」

屈強な男子 「さすがだ、笑介くん! 笑介くんを胴上げだ!」

笑介 「………………」

屈強な男子 「あ、えっと……」


  「お手柔らかに頼むぜ(イケボ)」


笑介 「!?」

瞳 「……軽くやってあげたら?(フツボ)」

男子 「只野! ケガは大丈夫なのか?」

瞳 「大丈夫大丈夫。松葉杖あれば歩けるから」

ニヤリ

瞳 「……ほら、本人もやってほしいみたいだし、笑介くんの胴上げ、してあげなよ」



133:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:17:56 ID:znc07UPI

………………

ワーッショイ

笑介 「………………」

ワーッショイ

笑介 「………………」

ワーッショイ

古見さん 「………………」

笑介 「!?」

古見さん 「………………」 ニヨニヨニヨ

古見さん 「………………」 スッ ←無言で携帯電話を取り出した。

古見さん 「………………」 スッ ←無言で動画を撮り始めた。

笑介 「!?」



134:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:18:37 ID:znc07UPI

………………

笑介 「………………」

瞳 「……や、おつかれ」

笑介 「………………」

瞳 「そう恨みがましい目で見ないでよ。今日のヒーローは笑介くんなんだから」

笑介 「………………」

瞳 「……あのさ、笑介くんがアンカー走ってるの、見てたよ」

笑介 「………………」

瞳 「……ありがとね」

笑介 「………………」

笑介 「………………」 プイッ

古見さん 「………………」 ニヨニヨニヨニヨニヨニヨ ←まだ動画を撮っていた。

!?



135:以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/13(土) 01:19:13 ID:znc07UPI

………………幕間 後日 「完治です。」

男子 「只野、もう足は治ったのか?」

瞳 「え? うん。元々ちょっと捻っただけだったからね」

屈強な男子 「よし、じゃあ……」

屈強な男子 「今日は只野を胴上げだーーーー!!!」

瞳 「えっ。な、何で?」

男子 「只野は体育祭優勝の立役者だからね。ケガが治ったらやろうってみんなで話してたんだ」

瞳 「……ん、じゃあ、お願いしようかな」

笑介 「………………」

瞳 「………………」 ボソッ 「……あー、俺ももう一回胴上げされたいなぁ(イケボ)」

笑介 「!?」

屈強な男子 「笑介くん!? よし、じゃあ只野の後でもう一回笑介くんを胴上げだ!!」

!?

おわり



元スレ
【古見さんは、コミュ症です。】 なじみ 「これも秘密です。」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1554483100/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (3)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月10日 10:39

          • なんで途中でまとめたん?
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月10日 10:50
          • おい!体育祭パートはどうした!?
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月13日 21:07
          • 5 やっぱり瞳ちゃんと笑介くんカップルいいね

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【モバマス】ありす「総選挙のお祝いにいちごパスタを作りました!」
        • ガヴリール「仮面ライダージオウ?」
        • ガヴリール「仮面ライダージオウ?」
        • 【モバマス】猫垣楓「猫になっちゃいましたにゃん」 モバP「えぇ……めっちゃ落ち着いてる……」
        • 【モバマス】猫垣楓「猫になっちゃいましたにゃん」 モバP「えぇ……めっちゃ落ち着いてる……」
        • 【一人ぼっちの〇〇生活】アル「つけ忘れた・・・」
        • 【シャニマス】P「ぶつかって落とした夏葉のバッグからタバコの箱が出てきた…」
        • 【モバマス】佐藤心「ついにソロ曲だぞ☆」千川ちひろ「おめでとうございます」
        • 女「君はロックなんか聴かない」
        • モバP「加蓮、ちょっと今いいか?」
        • モバP「加蓮、ちょっと今いいか?」
        • GAYS GONE[DAYS GONE SS]
        • 【デレマス】たわいもない少女達の休み時間
        • 【デレマス】たわいもない少女達の休み時間
        • 【アイマス】やよい「ピコピコプラネッツのガチャガチャ?」
        • (´・ω・`)「ぼくがADHD………?」
        • 【るろうに剣心】志々雄「この包帯には全財力の五分の三をつぎ込んだ」方治「何やってんですか!?」
        • 【モバマス】高垣楓「風向き良し」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ