TOP

【ミリマス】高坂海美「えっ、待ってこれ母乳!!??」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 22:22:38.12 ID:3P4vhNDmo

 
──────

…………ナーオー…………




……ナーオー……!!



奈緒「ん?」


  ナーオー!!!!!!


海美「なーおーーーーーーーーー!!!!!!!!」

奈緒「うるさい!!!!!!!」




2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 22:26:02.54 ID:3P4vhNDmo

 
横山奈緒「どないしたんや海美……朝からえらいやかましいなぁ」

海美「大変なの!!!!!」

奈緒「どないしたんやって」

海美「大変!!!!」

奈緒「だからどないしたん」

海美「大変なのぉ~!!」

奈緒「言え!!!!!」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 22:28:17.07 ID:3P4vhNDmo

 
海美「あぁっ、ごめんごめん! 実は……出たの!!」

奈緒「出た? 何が?」

海美「昨日の夜!! 寝てて!! 起きたら!!!!」

奈緒「だから何が出たんや。 幽霊か?」

海美「出ちゃったの!!!」

奈緒「だから言え!!!!!」

海美「母乳」






奈緒「は?」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 22:31:50.14 ID:3P4vhNDmo

 
奈緒「母乳?」

海美「うん」

奈緒「ぼにゅう?」

海美「そう!」

奈緒「ははのちち?」



海美「しつこいなぁ!!」

奈緒「しばくぞ! 誰が信じるか!! 母乳やと!!??」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 22:36:37.73 ID:3P4vhNDmo

 
海美「だってホントなんだもん!!」

奈緒「いや、そんなわけないやろ……」

海美「昨日さ、夜寝てて、すっごく暑いなーって思って夜中に起きたの」

奈緒「話を勝手に進めんといて。 ……まあ、うん、起きたんやな?」

海美「でさ、それで、なんか服の中が……っていうか、ブラの中が? やたらびしょびしょだなーと思ったの」

奈緒「昨日結構寒かったで……? 言うてまだ3月やし」

海美「それでね、触って確かめたら……その、先端? がヌルヌルしててさ」

奈緒「お、おう……ヌルヌルとか言うたらあかんで……」

海美「舐めたら甘かったの!!!!」

奈緒「……」



奈緒「なんで舐めたん!!!???」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 22:40:43.09 ID:3P4vhNDmo

 
海美「いや、だって、 気になるじゃん」

奈緒「気にするな!!」

海美「だって母乳だよ?」

奈緒「決め付けるな!!」

海美「いやー出るときは出るもんだね! ビックリだよ」

奈緒「出ない!! 普通は!! 出ません!!」

海美「それにね! 昨日恵美が言ってたの!!」

奈緒「……なんて?」



  『いやー、海美さ、知ってる?』

  『ん、なになに、どうしたの?』

  『例えばさ……将来アタシが結婚して、赤ちゃんできてさ、ママになるとするじゃん?』

  『うん』

  『そしたらさ、出るじゃん、母乳』

  『そだね』

  『そしたらさ、アタシの母乳じゃん? アタシのミルクじゃん?』



  『それって“メグミルク”だなーってさ』アハハ




奈緒「関っ係あらへん!!!!!!!!」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 22:49:13.46 ID:3P4vhNDmo

 
奈緒「怒られろ!!! 二度とタイアップ来るな!!!!」

海美「でもさ、そこで母乳をどうしても意識しちゃったワケ!!」

奈緒「すな!!」

海美「だから出ちゃったんだと思う!!!」

奈緒「出ない!! 出ません!! 母乳なぞ普通は!!!」

海美「じゃあ私のこれはどう説明してくれるの!!??」

奈緒「知らんがな!! ありえん!!! ありえんのです!!!」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 22:51:15.14 ID:3P4vhNDmo

 
海美「……そんなこと言われたって……私だってショックだったんだもん……グスッ」

奈緒「ちょっ、いきなりベソかかんといてや……」

海美「これでもずっと悩んでるんだよぉ……グシュッ……」

奈緒「あぁ、悪かったって。 ごめんな? 知らんかってんて……そんな悩んどるとは思わへんやん……」

海美「だって……だってさ……なおー……恵美に昨日言われたんだもん……ヒック……」

奈緒「……なんて?」



  『えっ、待って。 ……プッ、クスクス……』

  『なになに、どしたの!?』

  『だってさ、だって……海美がママになったら“ウミミルク”じゃん?』




  『それって牡蠣じゃん! って思ってさ』アハハ




奈緒「アホか!!!!!!」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 23:03:21.44 ID:3P4vhNDmo

奈緒「アハハ ちゃうわ!!!!!!」

海美「すっごく傷ついたの!!」

奈緒「もうやめよう! このお話! はいしゅーりょー!」

海美「牡蠣って……!! 生だとアタるじゃん!!」

奈緒「要らん! 広げな!! 話を!!!」

海美「とにかく、 悩んでるんだよぉ~……実際気持ち悪いし……」

奈緒「…………いや、でもなぁ……まずホンマに出とるんかわからんのやし……」

海美「確かめてみる?」ヒョイッ

奈緒「ヒョイってすな!!! 何しよるんや!! やめて!! やめてつかぁさい!!!」

海美「いや、あっちに行って他の人にも話し聞いてみようよっていう意味で……」

奈緒「ぇぁ? ご、ごめん……」

海美「今は出てないよ?」

奈緒「その情報も要らん……」



海美「とにかく、行こう!」グイグイ

奈緒「わっ、わかった、わかったから!!」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 23:11:14.41 ID:3P4vhNDmo

 
──────

田中琴葉「えっ、 今なんて?」

海美「母乳が出たんだけど、琴葉はこういうときどうする?」

奈緒「ごめんな、こんな話巻き込んで……」


琴葉「えっ、海美……本当に? 本当の本当に母乳なの?」

海美「え、う、うん……」

琴葉「本当の本当に?」

奈緒「めっちゃ食いつく」

海美「……たぶん……」

奈緒「自信なくなってきよるやん」


琴葉「でも母乳って、妊娠してからじゃないと出ないんじゃないの?」

海美「……うっ、そ、それは確かに……」

琴葉「まさか、海美」

海美「それはない!! それはない!! 大丈夫!! 私まだだから!!」

琴葉「だったら、出ないんじゃない? 母乳」

海美「……えぇ~…………?」

奈緒「(ハタから見たら、母乳について語り合うアイドル3人組って色々と最悪やな)」



11:>>10訂正 2019/03/13(水) 23:14:32.06 ID:3P4vhNDmo

 
──────

田中琴葉「えっ、 今なんて?」

海美「母乳が出たんだけど、琴葉はこういうときどうする?」

奈緒「ごめんな、こんな話巻き込んで……」


琴葉「えっ、海美ちゃん……本当に? 本当の本当に母乳なの?」

海美「え、う、うん……」

琴葉「本当の本当に?」

奈緒「めっちゃ食いつく」

海美「……たぶん……」

奈緒「自信なくなってきよるやん」


琴葉「でも母乳って、妊娠してからじゃないと出ないんじゃないの?」

海美「……うっ、そ、それは確かに……」

琴葉「まさか、海美ちゃん」

海美「それはない!! それはない!! 大丈夫!! 私まだだから!!」

琴葉「だったら、出ないんじゃない? 母乳」

海美「……えぇ~…………?」

奈緒「(ハタから見たら、母乳について語り合うアイドル3人組って色々と最悪やな)」



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 23:19:44.52 ID:3P4vhNDmo

 
奈緒「でも、ええ調子や! さすが委員長、理屈で攻めよる」

海美「でも! 味も確かめたんだよ? ちゃんと甘かったし……」

琴葉「うーん……母乳の味なんて覚えてないし……本当に甘いの? 本当の本当に?」

奈緒「確かに、覚えとらんわ。 分からんもんな、うん、さすが琴葉」

海美「……うん……」

琴葉「それは、私も確かめてみないことには分からないわね」

奈緒「せやなぁ……」



奈緒「うん?」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 23:26:03.68 ID:3P4vhNDmo

 
琴葉「あ、いえ、ちがうの。 今のは別に、味を確かめてみたいって言う意味じゃなくて……」

奈緒「うん、わかっとる。 わかっとる……わかっとるよ……」

海美「ごめん琴葉、今は出てないから」

琴葉「そ、そうなの……そっか……」

奈緒「…………琴葉?」

琴葉「いえ、本当に、なんでもなくて。 がっかりしてなんかないから……」

奈緒「誰もそんなこと聞いとらへん……」


琴葉「あ、 もし母乳じゃなければ、血じゃないかしら?」

奈緒「血!!??」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 23:30:46.01 ID:3P4vhNDmo

琴葉「ほら、血と母乳の成分ってほとんど同じって言うでしょう?」

海美「へー。 初めて知った!」

奈緒「そうなんか……もっと別のタイミングで知りたかったけど、さすが琴葉は物知りやなぁ」

琴葉「そこんとこ言うと、母乳って言うのはお母さんが赤ちゃんに分け与える愛の血ってところかしら」

奈緒「……へ?」

海美「……?」


琴葉「まあとにかく、私は母乳ではないと思う。 それ以上は分からないから、ごめんなさい、後は他の人に聞いてみて」

海美「う、うん……とにかく、ありがとう?」

琴葉「どういたしまして。 それじゃ!」スタスタ


奈緒「……琴葉、疲れとったんかな? 今の例えそこそこキモかったで」

海美「ますますわかんなくなったね」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 23:35:26.37 ID:3P4vhNDmo

──────

奈緒「……お、あそこにおるんは……」


桃子「あれ、奈緒さん海美さん。 何してるの?」

海美「あ、桃子ちょうどよかった!!」

奈緒「待てまてぇい!!!」


桃子「どうしたの? ビックリさせないでよ……」

奈緒「海美! 今桃子に聞こうとしたんか?」

海美「だって、聞ければ誰でもよかったから……」

奈緒「通り魔か!!」

桃子「なになに、何の話? 桃子がアドバイスできることなら何でも言って!」

海美「母乳出たことある?」



桃子「は?」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 23:41:23.21 ID:3P4vhNDmo

 
奈緒「そらそうなるわ」

桃子「……海美さん、何の冗談? 桃子これでも忙しいんだけど」

海美「いや、それが冗談じゃなくてさ! 私も悩んでるの!!」

桃子「悩……って、海美さんまさか!!」

奈緒「だからそうなるやろて!!!」





奈緒「……でな、ホンマにその……母乳なんか確かめよるんやわ」

桃子「……何やってるの? 二人して……」

奈緒「いや、私もありえんと思っとんやで?」

海美「劇場歩き回ったからちょっと暑いね!」

奈緒「またすぐ汗かく」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 23:44:05.26 ID:3P4vhNDmo

 
桃子「だとして、桃子に聞きに来る理由がわかんない」

奈緒「やんな、ごめんな」

海美「母乳出たことないなら、母乳が出た気持ちになったことはある?」

桃子「……はぁ?」

奈緒「なんやその質問」



桃子「まぁ……それは、あるけど」

奈緒「あるんかい!!!!!!」



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 23:46:59.11 ID:3P4vhNDmo

 
桃子「も、もちろん、演技の話! 桃子こう見えて色々経験してるんだから」

奈緒「いや、演技って……ヤバない? それ」

桃子「お母さん役ももちろんやったことあるよ。 子役時代に」

奈緒「子役時代に!!!???」

海美「わー、すっごい!! さすがももちん!!」

奈緒「あかん!!! それホンマもんの危ないビデオやん!!!」

桃子「そんなことないよ? 監督さん普通の人だったと思うし。 覚えてないけど」

奈緒「誰向けのやつやねん……」


海美「ねえねえ、それって映像今も残ってるの?」

桃子「へっ? し、知らない」

海美「それ、どのくらい売れたの? ねえねえ教えて!」

奈緒「怖い怖い怖い食いつきが!!」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 23:49:36.94 ID:3P4vhNDmo

 
桃子「いや……それは、秘密」

海美「えー、なんで?」

桃子「秘密ったら秘密!」

海美「えー、教えてよー。 何本売れたの?」

奈緒「なんなんこの子急に……」


海美「……ももちん」

桃子「教えないって!」

海美「……百獣戦隊ガオレンジャーのシール、いる?」スッ

桃子「!!」



奈緒「いや『!!』ちゃうやん」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 23:52:56.78 ID:3P4vhNDmo

 
桃子「……ぇー…………そん……そんな…………」チラッ


海美「…………何本?」ピラッ


桃子「………もう、ほんと………だめって…………うぅ……」チラッ


海美「…………何本?」パタパタ


桃子「…………ほんっと……大人ってずるい……ブツブツ……でも、ぅぅ………」チラッ



海美「カクレンジャーも付ける」ピラッ

桃子「750本~~~~!!!」バッ


奈緒「折れるな!!!!!!」



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 23:57:44.82 ID:3P4vhNDmo

 
奈緒「シールならなんでもええんか!!?? 何処にカワイイ要素があるんや!!??」

桃子「ホワイトとピンク」

奈緒「その可愛いは桃子の目線ちゃうやん!!」


海美「なかなか売れたんだね~」

奈緒「ニッチ過ぎるやろ……ロリコン向けのビデオちゃうん……」

桃子「桃子はあんまり覚えてないんだけどね。 小さかったから」

奈緒「アイドル業界の闇や……」


海美「ふぅ……なんか、色々おしゃべりしてたからまた暑くなっちゃった!」パタパタ

奈緒「そうなん……?」


海美「!」



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 00:01:48.28 ID:LcYTMigCo

 
海美「あっ! なおー!」

奈緒「今度はどないしたんや?」

海美「出たかも! 出たっぽい!!」

奈緒「何が? ……あぁ、母乳(仮)か」

海美「やっぱり! ちょっと甘いかも!!」

奈緒「だからやめぇい!!!!」



桃子「海美さん、大丈夫? すっごく汗かいてる」

海美「へ?」

奈緒「へ? やあらへん。 あのな、私は最初からそういうことちゃうかと思っとったんや」



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 00:07:31.64 ID:LcYTMigCo

 
琴葉「海美ちゃん、 私分かったかも! あのね、それって母乳じゃなくて……」

桃子「琴葉さんまで、どうしたの?」

海美「へ? へ?」

奈緒「ほらな、やっぱり」



奈緒「ただの汗やん。 先っちょから出てるだけの」

海美「そなの?」

奈緒「海美、オデコの汗舐めてみ」

海美「えぇ~? 汚いよ」

奈緒「今更何を言う!!??」


海美「……」ペロッ

海美「! あ、甘い!」



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 00:10:49.20 ID:LcYTMigCo

 
奈緒「な? 自分の汗がもともと甘かっただけやねん」

海美「そうだったんだ……なーんだ、心配して損した!」

桃子「……桃子、帰っていい?」

奈緒「うん、ありがとうな」


琴葉「聞いたことある。 母乳と血はほぼ同じ……そして血と汗もほぼ同じ」

琴葉「つまり母乳と汗もほとんど同じ成分だって」

奈緒「うん……そうなんか」

琴葉「さしずめ私たちアイドルが日々のレッスンやステージで流す汗は、青春の母乳ってところなのかも」

奈緒「琴葉はなんで今日いちいち例えがキモイん?」



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 00:11:51.30 ID:LcYTMigCo


海美「みんなー、ごめんね。 大丈夫だって分かったらのどかわいちゃった!」

奈緒「はいはい。 琴葉も何か飲みに行く?」

琴葉「そうしようかな」

海美「メグミルク飲みたいな!」

奈緒「この流れでそれいく?」

琴葉「じゃあ、私は海のミルクこと牡蠣にしようっと」

奈緒「飲みもんちゃう!!!」

終わり



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/14(木) 00:12:26.75 ID:LcYTMigCo

メグミルクおいしいよね
お付き合いありがとう



元スレ
高坂海美「えっ、待ってこれ母乳!!??」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1552483357/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (9)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年03月14日 06:16
          • いやいやまだ分かんないし母乳吸わせてよ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年03月14日 07:31
          • 社会を舐めるなよ小僧
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年03月14日 08:40
          • 乳腺の病気かもしれないから恥ずかしからず産婦人科に行こう(マジレス)
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年03月14日 10:02
          • 甘い汗って糖尿じゃん…
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年03月14日 11:13
          • なんでアイマスPの汗はいつも甘いん?
            しかも同月にネタ被りとか。繰り返し書き込むけど、糖尿だけじゃなくて膵臓の病気の可能性もあるから病院へ
            ふつうの人間の汗は甘くないんです!
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年03月14日 15:49
          • 妊娠してないのに母乳が出るのは乳がんの症状だし、
            汗が甘い(匂いな)のは糖尿病です。病院行って、どうぞ
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年03月14日 18:35
          • 母乳にしろ甘い汗にしろ異常だし病気かどうか軽く確かめるためにウミミルク飲みたい
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年03月15日 05:07
          • 今まで恵美のメグミルクのことは考えついたことはあったが
            海美のウミミルクからの牡蠣という発想に至ったことはなかった
            プロデュースの視点が広がった気がするよ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年03月22日 12:45
          • 雪印牛乳

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 勇者(♀)「よかったね、またボクに守ってもらえてさぁ。」
        • 妹「>>4しよっか」俺「えっっ」
        • 電車ガキ「マンマ゛ァア゛ア゛ア゛ァァ!!!」母親「おーよしよし……」おじさん「」スッ
        • 電車ガキ「マンマ゛ァア゛ア゛ア゛ァァ!!!」母親「おーよしよし……」おじさん「」スッ
        • 電車ガキ「マンマ゛ァア゛ア゛ア゛ァァ!!!」母親「おーよしよし……」おじさん「」スッ
        • 電車ガキ「マンマ゛ァア゛ア゛ア゛ァァ!!!」母親「おーよしよし……」おじさん「」スッ
        • 電車ガキ「マンマ゛ァア゛ア゛ア゛ァァ!!!」母親「おーよしよし……」おじさん「」スッ
        • 電車ガキ「マンマ゛ァア゛ア゛ア゛ァァ!!!」母親「おーよしよし……」おじさん「」スッ
        • 電車ガキ「マンマ゛ァア゛ア゛ア゛ァァ!!!」母親「おーよしよし……」おじさん「」スッ
        • 母「そろそろ働いたら?」俺「>>3(だが断る)」
        • 母「そろそろ働いたら?」俺「>>3(だが断る)」
        • ロリ「>>3」お姉さん「ロ…ロリちゃん!?」
        • ロリ「>>3」お姉さん「ロ…ロリちゃん!?」
        • 彡(_)(_)「アカン、給料日まで食うもんがないわ…」ブリリ
        • 彡(_)(_)「アカン、給料日まで食うもんがないわ…」ブリリ
        • 妹「>>4(お兄ちゃんにつく悪い虫を掃除)してあげるね」俺「えっ」
        • 【ゾンビランドサガ】フランシュシュ「……アメリカ旅行?」
        • 【とある】御坂「アベンジャーズ!アッセンブル!」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ