TOP

【モバマス】池袋晶葉「進学、ライラとのルームシェア」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:18:56.53 ID:drz3oU/MO

アイドルマスターシンデレラガールズの二次創作です。
本家から数年後の設定です。それに伴いキャラクターの年齢をあげています。
書き溜め済みです、地の文あり。
次から投下していきます。



2:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:22:48.79 ID:drz3oU/MO


「この部屋も殺風景になったものだな」

 以前は物で溢れかえっていた事務所のラボ。今となってはただの空き部屋。

 低い駆動音を唸らせるコンプレッサーも、机の上に散らばっていた-晶葉にとっては効率的に並べられていてた-工具類も、部屋の端に押し込まれた自作のロボットたちも綺麗さっぱりなくなった。

 わずかに残る油と鉄の匂いだけがこの部屋の役割を保ち続けている。だがそれも時間の問題だろう。

 部屋がスッカラカンなのは泥棒に入られたわけではない。この部屋の主、池袋晶葉が望んだ結果だ。

 荷物を全てまとめて綺麗にする理由など、持ち主が亡くなるか引越しをするかのどちらかだろう。

 池袋晶葉の場合は後者。

 大学院への進学を期にアイドルを辞め、この事務所を出ることになった。



3:>>1 2019/02/19(火) 18:25:24.11 ID:drz3oU/MO

(間違えてRに立てちゃった。エ口グロなしの作品です。期待してた人はごめんなさい)



4:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:25:59.97 ID:drz3oU/MO


 プロデューサーにスカウトされたのが14歳、中学生の頃。そして今は22歳、大学の四年生。

 過ごした時間はあっという間だった。アイドルとして8年近く活動していたなんて自分でも信じられない。それぐらいに充実した素晴らしい日々だった。

 でも今の私はそんな華やかな世界の住人ではない。先月に行われた引退ライブが私のアイドルとしてのエンドロール。

 最後に盛大な拍手をもらった以上。この世界から退かなければならない。

 アイドルを続けるという選択肢もあった。長年活動することができたぐらいにはファンもいた。

 ダンスも得意ではない、歌もそれほど上手ではない、演技ができるわけでもない。

 それでも私をアイドルたらしめていたのはロボットだろう。

 ロボットのおかげでスカウトされて、ロボットのおかげで友達ができて、ロボットのおかげでファンを楽しませることができた。

 新人アイドルだった頃はイロモノ扱いも受けたが、少しずつ私のロボ愛と知識が受け入れられて私というアイドルを確立できた。

 成長とともにトレードマークのツインテールをポニーテールに変えるなどのマイナーチェンジは沢山あったが、ロボットアイドルという芯だけはずっと変わらなかった。



5:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:26:52.46 ID:drz3oU/MO


 しかし私がアイドルを辞める理由もまたロボットだ。

 アイドル活動を通して、ロボットで人を喜ばせられることを知った。一人でロボットを作っていては絶対に気がつけなかった。

 私はこの感情の虜にされた。

 ロボットをもっと知り、さらにファンを楽しませることに没頭した。そんな私が進学先の大学に機械系の学部を選んだのは当然のことだった。

 講義や実験で独学では得られない沢山の知識を吸収し、それをロボットを通してファンに伝える喜びに変換する。

 大学生とアイドルの二足の草鞋は大変だったが、苦ではなかった。どちらも自分のやりたいことだったから。

 しかし、そんな無茶が長くは続かなかった。

 精神よりも先に体が悲鳴をあげた。3年生の寒い冬のことだった。

 学業、ロボット、それにアイドル業。これは私にとってキャパオーバーだった。

 ある日のレッスンの途中に私は倒れたらしい。

 医者によると疲れと寝不足が原因の貧血だそうだ。

 病院のベッドで目を覚ましたときに見たプロデューサーの表情は今でも覚えている。

 死にそうなほど青い顔が、私が目を覚ましたことに気づくと少年のような笑顔になり、それから鬼のような形相で叱られた。

 このときに私はアイドルかロボット、どちらかを選ばなければならないと漠然と考えていた。

 こんな生活を続けていたら、またこの人を心配させてしまうから。




6:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:27:23.91 ID:drz3oU/MO


 それからしばらくは久しぶりの何もしない日々が続いた。

 直近に大きな仕事もなく、すでに受けていた仕事は他のアイドルに出演を代わってもらうようにプロデューサーが手配してくれた。

 大学も真面目に通っていた分、多少休んだところで問題はなかった。

 プロデューサーに決められた一週間の自宅での療養。

 安静にしてろとプロデューサーから口を酸っぱくして言われていたのだが退屈はしなかった。

 ある日は志希が体をリラックスさせるアロマをお土産に家に来た。

 ある日は頼子がお気に入りの美術書を持ってきて、それを一緒に眺めた。

 ある日は菜々が家に来てテキパキと家事を片付けてくれた。

 ある日は、というかほぼ毎日のようにライラが来て話し相手になってくれた。

 忙しく来られない人たちからは引っ切り無しに携帯にメッセージが届いたり、お見舞いの品を送られてきたり。

 みんなアイドルになってできた宝物だ。

 だからもう、みんなに心配はかけられない。



7:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:27:58.27 ID:drz3oU/MO


療養の最後の日の夜。プロデューサーがお見舞いに来た。

この前まで毎日のように会っていたのに、なんだか久しぶりに声を聞く。

これまでお見舞いに来なかったのも私に考える時間をくれるためだろう。

しばらく療養中の思い出話をして。そして私から切り出した。

「助手よ…… いやプロデューサー! 私はアイドルを辞めようと思う」

「別にアイドルを続けるのが嫌になったわけじゃない…… だけどな潮時だと思うんだ」

 プロデューサーの返事を待たずに続ける。

「ロボもアイドルの今の私を構成する大切なパーツだ。だけど…… 」

「このまま続けていたら、また友達や助手を悲しませることになるのは私にもわかってる」

「今回はレッスン中だから最悪にはならなかったが、これがもしライブの途中だったら、もし工具を扱っている途中だったら」

「それにこれから本格的にゼミが始まる。卒論、院進、さらに忙しくなるだろう」

「でも、それでも私はアイドルを続けるなら自分が納得出来るレベルでやりたい。私はそういうヤツだ。助手にもわかるだろう」

「だから、ここでアイドルかロボットかどちらかを選ばないといけない」

「これでも結構悩んだよ…… 悩むより手を動かす主義の私が悩んだ。それだけ真剣ってことだ!」

「それでやっぱり、私はロボットを選んだ」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:28:29.13 ID:drz3oU/MO


 それからは的を一つに絞ってひたすら突っ走る日々。

 第一の壁は卒論の提出と発表。

 最低限のアイドル業だけこなして、あとは研究室にこもっていた。

 そのおかげで自分でも納得のいくものができたと自負している。

 そして第二の壁、卒業ライブ。

 卒論の発表から院への入学までの約1ヶ月で準備をして公演する弾丸スケジュール。

 普通のアイドルとしてのレッスンの他にステージで披露するロボも作らなければならない私には本当にギリギリのスケジュール。

 それでも諦める気は毛頭なかった。

 私に夢と友達をくれたアイドル生活。そして私をアイドルでいさせてくれたファンに全力で "ありがとう"と言うためのライブ。

 一分も手を抜けるわけがなかった。

 結果。ライブは大成功だった。

助手からチケットが完売したこと、ライブ後のsns等の口コミ評価が良かったことは聞いていた。だがそれ以上に自分自身で納得のいくパフォーマンスができたことが誇らしかった。



9:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:29:13.27 ID:drz3oU/MO


 いかんいかん、一人になるとすぐアイドルの思い出に浸ってしまう。

 ここはステージの上ではなくて、鉄と油の匂いがかすかに残るだけのがらんどうな部屋だ。

 アイドルを卒業してからというもの、こんな回顧録がなにかあるたびにフラッシュバックしている気がする。

 やっぱり私はアイドルと言うものが大好きなのだろう。何回も何回も思い出に浸ってしまうほどに。 

 それでもアイドルをやめることに未練はあっても、後悔はしていない。

 ただ一つを除いて。

 ただ一つ、アイドルを通してできた友達と離れてしまうことが今の私の心残り。

 もちろん、私がアイドルを止めたところで縁が切れるわけではないのはわかっている。

 でも、

 志希と麗奈で協力してのプロダクションを巻き込んだイタズラも、もうできない。

 光と紗南とゲームをしながら事務所でだべることも、もうできない。

 頼子とウサミンとプロダクションの屋上でお月見をすることも、もうできない。

 それに、

 ライラとこのラボで遊ぶことも、もうできない。



10:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:29:44.43 ID:drz3oU/MO


 ライラ。

 このプロダクションに入って最初にできた友達。

 変な喋り方で、いつもニコニコしていて、おしゃべりが好きで。

 私と全然似てないのに、気づけば唯一無二の友達になっていた。

 このラボでロボットを作る際の助手になってもらったり。全くロボットとは関係ない話で笑いあったり。

 ライラのパーカーのフードにお菓子を入れるイタズラをしてみたり。お古の白衣をプレゼントしたり。

 この個性だらけの事務所で一息つける存在。それが私にとってのライラ。

 アイドルという非日常の中で見つけた日常の象徴。

 非日常を卒業することに踏ん切りはついた、でも染み付いた日常を引き剥がすのはまだ時間がかかりそうだ。

「やっぱり、ずっとライラと一緒にいたいな」




11:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:30:13.42 ID:drz3oU/MO


「アキハさんも、ライラさんと同じ気持ちだったのですねー」

 ラボの入り口から聞こえる穏やかな声。

「ライラさんもアキハさんと離れてしまうのはイヤでございます」

「……。 ライラ、いつからそこにいたのだ」

「ついさっきでございます。アキハさん、何か考え事中だったです。なのでライラさん待ってました」

「一応確認だが、私がつぶやいたの聞こえたのか……?」

「はいでございます。ライラさんもアキハさんとずっと一緒にいたいですね」

 不思議と私のつぶやきがその本人に聞かれたことはそれほど恥ずかしくなかった。

 疎いようで目ざといライラには私の心なんてお見通しだろう。言葉にしなくたってばれている。

 それにライラも同じ気持ちでいてくれているだろうと私にもわかっていたから。



12:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:30:50.75 ID:drz3oU/MO


一緒にいたい気持ちは今もここにあって、今後もずっと消えないだろう。

でもそれに甘えては駄目。私はロボットを選んでしまったのだ、アイドルを手放してしまったのだ。

「きっとライラならそう言ってくれると思ってたよ。でも、もう私はアイドルを卒業してしまったからな。一般人とアイドルがずっと一緒にいたら駄目だろう。アイドルは非日常の象徴なんだから」

「それに進学したらライフスタイルも変わってくるだろう。私は学校の方に引っ越すつもりだし今みたいに毎日のおしゃべりもできなくなる」

「そうでございますか。……ライラさん寂しくなりますです」

「……大丈夫だ。ライラにはたくさん友達がいるんだ、すぐ慣れるさ。それに今生の別ってわけでもないんだ。休みを合わせてどっか遊びに行こう」

「……! 良いことを思いつきましたです」

 何かに納得がいったのか、ポンと手を打つ動作。つくづく日本人らしい。

「アキハさんとライラさん。一緒に住めばいいのでございます」

「ライラさんのメイドさんはアイドルではございません。でもずっとライラさんと一緒に居ますです。それと同じでございますねー」




13:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:31:33.38 ID:drz3oU/MO

 
「それは面白そうだ。でもそれは無理だろう。そもそもライラはメイドさんと暮らしているじゃないか」

「実はライラさん、メイドさんにお暇を出そうと思っていますです。メイドさんはライラさんの自由のために付いて来てくれました。今度はライラさんがメイドさんに自由を渡す番でございます。今なら少しまとまったお金も渡せますので」

「そうだったのか…… でも駄目だ。ライラにもライラの生活があるだろう。学校から事務所まで少し距離がある」

「ライラさんはいつも歩きなので長い移動時間も慣れっこでございます。それに今のライラさんは自転車にもお車にも乗れますので大丈夫でございますねー」

「えーと、引っ越す先の家は一人暮らし用だ。ライラと二人だと窮屈だ」

「それなら二人で少し大きなお部屋を借りましょー、これなら一人の時よりお家賃もお安くなりますですね。ルームシェアでございます」

「それじゃあ…… 私と二人暮らしなんて苦労するぞ? 知っての通りライラが掃除してくれないとラボ一つ綺麗にできないヤツだ。ご飯も作れないし、お洗濯も面倒くさがりだ」

「ライラさん晶葉さんのお部屋のお掃除好きでございますよ。お料理もメイドさんに習っていますです。それにお洗濯も楽しいでございますねー」

「むー。それじゃ…… ライラは私でいいのか? メイドさんとみたいに二人で楽しく暮らせるかも分からないんだぞ」

「アキハさんはアキハさんです。メイドさんとは違います。でも同じぐらい大好きでございます」

「それにライラさん日本語にも詳しくなりましたです。スメバミヤコ、と日本では言うそうですねー」

「……まったく、こういう時のライラは頑固だな」

「わかった。それじゃあ、今までありがとう。そしてこれからもよろしくだ。ライラ」

「こちらこそよろしくおねがいしますですねー、アキハさん」



14:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:33:15.01 ID:drz3oU/MO


 アイドルはやめるけどライラと一緒に住む事になった。二人とも大学のそばに引っ越す。

 その事を話すとプロデューサーには思いっきり笑われた。ちひろさんはいつも通りの柔らかい笑顔で事務処理をしてくれた。

 忙しいなかで少しずつ計画していた引っ越しは全部白紙になって、新たな手続きとの格闘。

 そこに噂を聞きつけたアイドル達の質問攻めが加わり息をつく暇もなかった。

 それでも噂を聞きつけてやってきたみんなのおかげで新居の手配も引っ越しの段取りもその他諸々の取り決めもどうにか片付いた。

 そんな中で一番大変だったのはやっぱりメイドさんへの説明。

 初めて会った時こそ無表情だった彼女。今ではよく笑う頼れるお姉さん、そんなメイドさんがあそこまで慌てふためくのは初めて見た。

 それもそうだろう。ライラが小さな時から一緒で全てを捨てて日本まで寄り添った、まさしく人生を捧げた相手との別れ。

 ……でもまあ、あれはライラの説明が悪かった。

 ライラも緊張していたのだろう。自分の家に何故か手土産のアイスケーキを持って参上し、ちゃぶ台の前にメイドさんを座らせてそれから数分間そわそわした後突然「メイドさんはクビでございます」宣言。

 人の顔ってあそこまで青ざめるものなのだな。

 それからメイドさんが正座しているライラの膝に飛びついた。多分縋りつこうとしたんだろうけど勢いが強すぎてタックルにしか見えなかった。

 アパートに響く大の大人のマジ泣き。

 ライラも動揺して手をわたわたしているだけ。必死に私にアイコンタクトを送ってくるけど私にもどうしようもなかった。

 それでもどうにかメイドさんに説明して、結局は一年の長期休暇と言う形に収まった。

 メイドさんは一度国に帰って、それからどうするか決めるそうだ。




15:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:34:00.16 ID:drz3oU/MO


-別の日-

「ここが新居か…… 当たり前だが何もない、殺風景だな」

「立派なお部屋でございますねー、さあまずはお掃除でございますよー」

 ライラと一緒に住む事が決まって三日後。まだ新築と言って差し支えないメゾン、ここが私たちの新居。

 朝の日差しが白い壁に反射して少し眩しい。

「ふふふ…… こんな事もあろうかと、お掃除ロボをもってきたのだ! この家をツルツルのピカピカにしてくれるぞ!」

 プラグをコンセントに差し込んでスイッチオン!!

「動きませんねー」

「ふむ、そういえば電気が通るのは手続きが終わってからだったな!!」

「水はもう出るみたいなので雑巾で頑張りますですねー」

「仕方がないな。まあ始めぐらい自分の手で綺麗にしよう、これから世話になる部屋へのお礼だ」

「それでは始める前に…… アキハさん、これからよろしくお願いしますです」

「……ああ、よろしく頼むライラ」

 親しき中にも礼儀あり。二人でやけに形式張ったお辞儀をする。

 もうライラは顔を上げただろうと目線を上げると、同じようにお辞儀のポーズのまま目線だけ上げたライラと視線がぶつかる。

 どちらともなく吹き出して、クスクスと笑う声が春の部屋に響いた。

「そういえばお隣さんにもご挨拶をしなくてはいけませんねー」

「私はそういうの苦手なんだけどな…… お願いだ、ライラが対応してくれ。私は後ろにいるから……」

「でも家主はアキハさんでございますねー。それにライラさんはアキハさんの助手でございますので……」

「仕方ないな。シロクマアイス一つでどうだ」

「仕方がありませんねー。でもアキハさんもお隣さんと仲良くでございますよー」

「……善処する」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:34:41.75 ID:drz3oU/MO


「どうにかひと段落ついたな……」

「お疲れ様でした、アキハさん」

 まだ段ボールが残る部屋で食べる遅めの夕食は響子が持ってきてくれたお弁当。

「この響子のお弁当もそうだけど、アイドルになって本当にいい仲間に恵まれた」

 部屋の掃除も、荷解きも、事務所のみんなが手伝ってくれた。

 みんな仕事の関係で長くはいれなかったけど、そのかわり代わる代わるいろんなアイドル達が顔を見せてくれた。

「今度、みなさまにお返しをしないといけませんねー」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:35:37.52 ID:drz3oU/MO


-次の日-

 目が覚めた、その眼に映るのはいつもと違う天井。寝ぼけたままの頭を左右に振って辺りを見渡す。

 私をつかんで離さない布団と枕、いつもと同じ。枕元のうさちゃん目覚ましとアンダーリムの赤縁眼鏡、いつもと同じ。

 起き上がって見えた周りの風景、いつもと違う。

 ああ、思い出した引越しをしたのだった。実家の自分の部屋より明るい雰囲気の今の部屋。

 さすがに一日目から自堕落な生活をするのもどうかと思い、ぐっと腕を上に伸ばして意識を覚醒させる。うさちゃん時計の短針は八の位置を示している。まあ休日にしては早いほうだろう。

 そういえばライラはどうしているのだろうか。名前の由来と違って朝に強くて夜に弱いライラのことだからきっともう起きて活動しているのだろう。意識を部屋の外へと向けると、かすかに生活音が聞こえた。

 アンダーリムの眼鏡を装着、一つ大きくあくびをしてベッドから降りた。遮光カーテンのおかげで薄暗い部屋を、まだ荷ほどきしていない荷物にぶつからないように横切ってドアを開ける。

 薄暗い廊下。右手が玄関で正面が洗面所と風呂場、そして私の行く先はのは左側、リビングへと繋がっているドア。これも開ける。

 眩しい太陽の光と、同じ色で輝くライラの髪が眼に飛び込んできた。

「……おはよう、ライラ」

「おはようございますです、アキハさん。もしかして起こしてしましたですか?」

「いや、大丈夫だ。自然に眼が覚めただけだよ」

 ライラは荷ほどきの続きをしていたようだ。

「すまないな、リビングは共有スペースだから私も協力しないといけないのに」

「ライラさんは荷物が少ないので自分の部屋はもう片付いてしまったですねー、手持ち無沙汰なのでやっていただけなので気にしないでくださいです」

「すまないな。それじゃあ身支度を整えたら私も参加するよ」

 入ってきたドアから出て、洗面所へと足を進める。顔を洗い歯を磨き、腰まで伸びた髪をポニーテールにまとめる。

「そういえばライラ、朝ごはんはどうした?」

リビングにいるライラに聞こえるように少しだけ大きな声で尋ねる。

「まだ食べてないですねー、作ろうにもまだ食器もダンボールの中でございます」

「それじゃあコンビニで済ませようか、ライラは出かける準備は大丈夫か?」

「ライラさんは大丈夫でございますよ」

「了解だ。着替えるからもう少し待っててくれ」

 ここからなら大学の正門に続く道のコンビニが近いだろう。

 それから二人で外に出た、三月の終わりの温かい朝。羽織ったアウターも少し邪魔に感じる。

 お惣菜系のパンを二つと甘いパンを一つ、それからコーヒーを二つ買って家に戻った。




18:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:36:16.64 ID:drz3oU/MO


 太陽が真上から少し落ち始めて、部屋の空気も大分暖かくなったお昼過ぎ。

 ダンボールに入った荷物も着々とあるべき場所に収めれて、少しずつ足の踏み場が増えている。

「そういえば、ライラは今日お仕事はないのか?」

「今日は夕方から雑誌のインタビューがございますです、時間になったらP殿が迎えに来てくださるのですよー」

「そうか。 ……毎回助手に迎えに来てもらえないし、ライラの足も何か用意しないとな」

「ライラ、その仕事終わってから時間あるか?」

「たぶん、お夕飯前には帰って来れますですよ」

「それじゃあ夜ご飯の前に、自転車屋に行こう」

 プロデューサーがライラを迎えに来てからは一人で荷ほどきを続けていた。

 まあ、私は実家からの引越しなので持ってきたものといえば自室のもの程度。それにライラの持ってきた家財も驚くほどに少なかったので、夕暮れ時にはほどんど終わった。

 それから、綺麗に片付いた部屋を眺めて心地よい疲労感に浸っていたらいつの間にかウトウトしていたようだ。

 玄関の鍵を開ける音で目が覚めた、それからワンテンポ遅れてドアの開く音。

「ただいまかえりましたですよー」

「ああ、おかえりライラ」

 これから幾度となく繰り返すはずの挨拶がやけにくすぐったかった。

「それじゃあ自転車、買いに行こうか。ついでに晩御飯も外で済ましてしまおう」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:37:03.13 ID:drz3oU/MO


 たしか通りを少しそれたところに自転車屋があったはず。夕暮れの道を記憶を頼りに二人で歩く。

「アキハさんはこの辺りに詳しいのですねー」

「まあ学部生として4年間通った場所だからな、美味しい料理のお店もたくさん知ってるぞ」

「それは楽しみでございますねー」

 しばらく歩いて、目的地にたどり着いた。小さな店の軒先に自転車とバイクが窮屈そうに並べられている。

 店の奥で原付を修理していた店員に、挨拶をして店の中を見て回る。

「ライラはどんな自転車がいいとか希望はあるのか?」

「特に考えていないでございますねー」

「それじゃあクロスバイクなんてどうだ? 早くてかっこいいし、何より改造しがいがある!」

「そうですね…… あ、ライラさんこれがいいです」

「どれどれ…… ってこれ原付じゃないか」

「なんだかティンっと来たのでございますです」

「まあ確かに、ここから事務所まで距離あるし原付の方が楽かもしれないな」

 それから店の中を一通り見て、結局ライラがティンと来た原付に決めた。

 年齢を重ねてスタイルの良くなった今のライラには、この小さな車体は少し窮屈そうだが、まあ本人が気に入ってるなら。

 私としてもMTの原付はいじりがいがありそうで楽しみだ。



20:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:37:34.72 ID:drz3oU/MO


-別の日-

 ライラと生活を始めて早くも二週間が過ぎていた。

 慌ただしかった引越しの後片付けと新生活のための準備もあらかた終わり、なんとなくお互いの生活リズムが掴めてきた。

 アイドルをしていた時からわかっていたけれど、ライラの朝はやっぱり早かった。

 聞いてみると朝6時過ぎには起きて家事を始めているそうだ。おかげで私は毎日暖かいご飯を食べて、美味しいお弁当を持って登校できいる。

 胃袋を掴まれると逆らえない、というのは本当のようだ。朝に弱い私が毎日早起きできていることがその証左である。

 朝から焼き魚を食べたなんて何年ぶりだろう、と思った次の日には聞きなれない名前のトマトスープとパンが食卓に上がったり、朝から退屈しない。

 一緒に朝食を食べてからは大抵ライラが先に家を出て事務所に向かう。それを見送ってから身支度を済ませて私も家を出るのがいつもの朝。

 引っ越してきてすぐ、部屋の雑貨があらかた揃いライラがキッチンに立ち始めた日のことだった。

 まだ大学は始まっていないけど、ライラは朝からお仕事が入っている、そんな日。

 私は早起きをするつもりはなかったのだが、ライラの生活リズムにつられたのか8時には目が覚めた。

「おはよう、ライラ」

「おはようございます、アキハさん」

 リビングのテーブルの上には和風な朝食が並んでいる。

「まだ寝ていると思ったので先に頂いていましたですねー」

 テーブルの反対側には同じメニューがラップに包まれて置かれている。

「ライラはよくこんな朝早くから活動できるな。私には無理だな!!」

「アキハさんは朝が苦手でございますねー。ライラさんはもう習慣になっているのでー」

「そうか、なら朝食とか朝の家事はライラに任せていいか? その分他のことは私がやるから、……できるかぎりは」

「無理して頑張らなくてもいいのでございます、ライラさんお洗濯もお掃除も得意でございますよー」

「一緒に暮らしてるのに任せっきりはまずいだろう……」

「それでは一緒に覚えていきましょー」




21:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:38:07.73 ID:drz3oU/MO


-別の日-

 四月も終わりかけの、よく晴れた暖かい日。

 春眠暁を覚えず、とはよく言ったものだ。ライラと暮らし始めて早起きするようになった私が久しぶりに寝坊した。

 寝起きの感覚で違和感を覚えて目覚まし時計を確認すると既に8時を過ぎている。

 大丈夫だ、研究室のコアタイムは9時から。まだ間に合う、少しもったいない気もするけどライラの作ってくれた朝ごはんを急いで食べて学校へ向かおう。そんなことを考えながら着替えを済ませてリビングへ向かう。

 しかしリビングにライラはいなかった。

 ああ、そうか。昨日ライラから仕事が長引いて遅くなるって連絡があった。

 昨日、私が寝るまでには帰ってきてなかった。かなり遅くまで仕事だったのだろう。

 仕方ない。朝ごはんは無しにして学校へ向かおう。



22:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:38:33.63 ID:drz3oU/MO


 今日は午前中を全部使って実験の日だった。

 まだ慣れてない実験器具の操作に四苦八苦しながら結果をメモしていく。

 結局、研究室の仲間にかなり迷惑をかけてしまった思う。お腹が鳴る音も聞こえてしまったと思う、恥ずかしい。

 散々だった実験もどうにか終わった。長めの昼休憩を挟んで、午後からは結果をレポートにまとめる予定。

 なにか美味しいものでも食べて気持ちを切り替えねば、だが今日はライラのお弁当もない。

 久しぶりに学食へ行こうか、それとも学外へ出てなにか食べようか。

 なんにせよ一度研究室へ財布を取りに帰らないといけない。焦っていたせいで実験棟に持っていくの忘れてしまっていたようだ。

 研究室棟のゼミ室のあるフロアに上がると、なにやら騒がしいのがドアの向こうからでもわかった。

「失礼します……」

「アキハさん、こんにちはでございます。なんだか白衣のアキハさんは久しぶりに見た気がしますです」

「……どうしてライラがここにいるんだ!?」



23:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:38:59.75 ID:drz3oU/MO


「今朝はライラさんお寝坊さんだったので、お弁当つくって持ってきましたですよ」

「わざわざ悪いな…… しかしよく私のゼミ室まで来れたな……」

「大学にはいっぱい人がいますですねー、いろんな人に尋ねてみたらすぐに来れましたですよー」

 ほんとにライラのコミュニケーション能力はとんでもない。私には到底無理だ。

「でもダメだろう。勝手に大学のそれもゼミ室に入ってきたら……」

「でもそこのオジ様が入っていいと仰ってくれましたので、お言葉に甘えてこの部屋で待たせていただきました」

 ライラの目線の先にいるオジ様、うちの教授だ。

「……とりあえず外に出よう、今日は天気もいいしお弁当は外で食べよう」

「ライラさん、もう少しここの人たちとおしゃべりしたいですねー」

「いいから早く」

 この後みんなから絶対いじられるだろうな。居座りたがるライラの手を取って早足でゼミ室を出た。



24:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:39:34.10 ID:drz3oU/MO


 昼休みの中庭は結構混み合っていた。みんな暖かくなって外が恋しくなったのだろう。

 二人で座れる場所を見つけて並んで座る。昼になってさらに日が強くなって心地よい陽気になっていた。

「今日はありがとう、やっぱり私はライラのご飯を食べないとダメなようだな!!」

「ライラさんも、なんだか寂しくなってしまってつい来てしまいましたね」

 たった数週間一緒に暮らしただけなのに、もうライラとご飯を食べることが当たり前になっている。それがなんだかくすぐったい。

「それでは早速いただきましょー。ライラさんアキハさんとお弁当食べたいので朝ごはん抜きでした、なのでおなかぺこぺこでございますねー」

 ライラが脇に抱えていたトートーバッグから包みを二つ取り出す。引っ越してきてから買ったお揃いの俵型お弁当箱。

「私もお腹ぺこぺこだ、朝ごはん抜いてきたからな。やっぱりライラが居ないと直ぐに自堕落になってしまう」

「やはりそうでございましたか、アキハさんお腹空いてると思ってお弁当いっぱい作ってきましたですよ」

 いつものお弁当箱を開けるといつも以上におかずが詰まっている。

 左上に二つの小さなカップ。片方はミニトマトと茹でたオクラ。その隣のカップにはきんぴらごぼう。

 その右側には一口大に切られた鶏の照り焼き。

 左手前には定番の卵焼き三片。以前はどちらかといえば出汁巻き党だったが、ライラの作る甘い卵焼きが最近の定番。

 そして右端にブロッコリーとウインナーのチーズ焼き。

 それからライラに手渡された三角おにぎり。いつもは一つのおにぎりが今日は二つ。お腹がいっぱいになりそうだ。

 左手のおにぎりははおかかを和えたもので、もう片方は外からではわからない。でも多分梅干しだろう。いつもそうだから。

 ライラのトートバックからはまだ物が出てくる。今度はスープジャーと水筒。これも色違いでお揃いにしたもの。

 中にはお味噌汁とお茶が入っている。



25:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:40:04.60 ID:drz3oU/MO


「「いただきます」」

 二人で手を合わせて食べ始める。空っぽだったお腹と胸がゆっくりといっぱいになっていく。

 それに伴ってライラとの会話も弾む。美味しいご飯には楽しいお話が付き物だ。

「アキハさんの学校は楽しそうでございますねー、ゼミ室のお友達方もオジ様もみなさん良い方でございました」

「ああ、楽しいよ。アイドルを辞めてでもやりたかったことだし、ゼミ仲間も同じ趣味の人たちが集まってるしな。だがライラ…… あのオジ様は教授であの部屋で一番偉い人だからな。変なこと話してないよな?」

「あの方は教授さんでございましたか。とてもフレンドリーな方でございましたよ。たまたま大学の入り口の側でお会いしまして"アキハさんをご存知ではございませんか?"と尋ねたら快く案内してくれましたですね」

「教授に案内させたのか…… 後でお礼言っておかないとな」

「コーヒーとお茶菓子おいしかったです、またお話したでございます、と伝えておいてくださいですねー」

「ライラはだれとでも仲良くなれるな。 ……お話って何を話してたんだ?」

「普段のアキハさんのことですね…… あ、このことは内緒でございました。ライラさんお茶菓子で口止めされてましたです」

「……変なこと話してないよな?」

「それは秘密でございますねー」

「こら、ライラ目をそらすな!!」

「……それにしても学校には人がいっぱいでございますね」

「露骨に話をそらすな、まあいいか。そうだなウチは学部も複数あるし大きいほうだな」



26:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:40:36.84 ID:drz3oU/MO


「ライラさん校内を歩いていてびっくりしましたです。おっきな建物がたくさんあって。コンビニがあったりカフェがあったり」

「まあ最初は驚くよな、ちなみに床屋さんなんかもあるぞ! 人が入ってるのはあんまり見たことないがな!!」

「なんでもございますねー。それに人もいろんな人がいますです、お勉強をしている人もいればアキハさんみたいに白衣を着ておられる方もいます。ガラス張りの建物の前でダンスの練習をしている方もいましたし、海外から来られてる人もいましたですねー」

「留学生か。確かにアジアの人は多いな。人数は少ないけどライラと同じ地域の人もいたと思うぞ。前に見たことがある」

「ほー。おやアキハさんごちそうさまですか? デザートにりんごもございますよー」

「ありがとう、頂こうか!」

「アキハさんの大好きなうさぎさんにカットしましたですねー」

「ほう、かわいらしいな」

「アキハさんも今度挑戦してみますですか?」

「……失敗しても笑わないよな?」

「もちろんでございます」

「それじゃあ頑張ってみるか。……ごちそうさま。おいしかったよ」

「お粗末さまでございます」

「ライラと大学で話すのも新鮮で楽しかったな」

「ライラさんもたのしかったですねー。大学をお散歩するのも、大学の方々とお話するのも楽しかったです。 ……また来てもよろしいですか?」

「もちろん大歓迎だ。でもその時はスマホで連絡してくれよ?」

「またこっそりゼミ室でアキハさんをお待ちしていますですねー」



27:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:41:09.74 ID:drz3oU/MO


「そうだライラ。今日はこの後もお仕事なかったよな?」

「今日は一日中おやすみでございますねー」

「それじゃあ夕方からどこか遊びに行かないか?」

「もちろんオッケーでございますよ」

「それじゃあまた夕方に。午後は実験レポートだけど、ライラのおかげで頑張れそうだ」

「えへへー」

「ライラはどこか行きたいところはあるのか?」

「そうですねー。公園に行きたいですねー、公園のお知り合いの方にアキハさんを紹介したいです」

「少し恥ずかしいな……」

「ライラさんは一度家に帰って家のことを済ましてしまうので、アキハさんのレポートが書き終わったら連絡くださいです。また大学まで来ますですよ」

「了解。なるべく早く終わらせることにしよう!!」

「がんばってくださいですねー」



28:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:42:02.07 ID:drz3oU/MO


-別の日-

「はぁ……」

 今日何度目かわからないため息をついた。ぴったりと閉じられた窓から見える空には分厚い梅雨の雨雲が広がっていて、降ったりやんだりを繰り返している。

 せっかくの休日もこんな曇天では台無しだ。ここ三日ほどまともに太陽を見ていないような気がする。

 私のいるリビングの窓は南向き。昼過ぎのこの時間なら窓から燦々と太陽が照らしてくれるのだが、ここ最近は蛍光灯の出番が多くなっている。

 久しぶりの予定のない週末。もとから家から出るつもりもなかったが雨と言うだけで気が滅入ってしまうのは不思議なものだ。

 同居人がいればあの溌剌とした笑顔が太陽の代わりに私の心を照らしてくれるのに、今日は朝から事務所に行っているようだ。雑誌の取材がある、と昨日の晩御飯のときに言っていたはずだ。

 蛍光灯の白い光の下で読んでいる文庫本の内容はさっきからなんだか上手く頭に入っていかない。

「気分転換するか……」

 無意識に口からこぼれた言葉、しかし何をしようか。

 TVを見るような気分ではないし、外を散歩する、というのもこの天気だと気分が乗らない。せっかくの休みに勉強をすると言うのも何か違う気がする。

 そんなことを考えていると、ぐうと腹の虫が騒ぎ始めた。

 そうだ料理をしよう。最近はライラと一緒にご飯を作るようになったし、そろそろ一人でも作れるはず。

 台所に立ちエプロンを身につける。引っ越してから買ったライラとお揃いの黒いシックなエプロン。

『明日はお昼過ぎに帰って来ますです。それから一緒にお昼ご飯つくりましょー。明日はオムライスですかねー』

 昨日の晩、ライラは確かこんなことを言っていた。よし、ライラが帰ってくるまでにオムライスを完成させてやろう!!



29:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:42:44.95 ID:drz3oU/MO


「以外と簡単にできたな……」

 心の中で少し"砂糖と塩を間違える"や"火加減を誤って炭化した何かができる"みたいなベタな失敗も考えていたが。特に何もなく完成した。

 まあ何回かライラと一緒に作ったことのある料理だし。手際を考えなければちゃんと作れるか。

 オムライスだけだと物足りないのでインスタントのスープを淹れようとお湯を沸かし始めたところでライラが帰ってきた。

「ただいま帰りましたですねー、なんだかいい匂いがしますですねアキハさん」

「おかえりライラ。お昼ご飯出来てるから一緒に食べよう!!」

「アキハさんが作ったのですか? 楽しみでございますねー」

 ライラが自室に荷物をおいて食卓に着く。その間にライラのオムライスにケチャップでうさぎの絵を描いてやった、アイドルを引退してしばらく経ったが腕は落ちていなかった。

「「いただきます」」

「えへへー、アキハさんのオムライスおいしいですねー」

 机の下でガッツポーズ。ライラのレシピで作って試食もしたのでわかっていたが、ライラにこう言ってもらえるとやっぱり嬉しい。




30:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:43:11.59 ID:drz3oU/MO


「「ごちそうさまでした」」

「アキハさん、食後にコーヒーはいかがです? 記者さんからお土産にコーヒー豆をいただいたのですよー」

「ああ、あの記者さんか。相変わらず用意がいいな、あの人は」

「記者さん、"あのロボフレンズがもう見れないのは悲しい"っとおっしゃってましたねー」

「そうか…… 辞めた事を惜しんでくれる人がいてくれるのは嬉しいな。ライラ、ミルはどこだったか?」

「台所の戸棚にございますねー。フィルターとポットも一緒に出しておいてくださいです。ライラさんはその間に食器を片付けておきますです」

「わかった、コーヒーの方は任せてくれ」

 電動ケトルに水を入れてスイッチを入れる。

 ライラがもらってきたコーヒー豆の紙袋を開けると、部屋に豊かな香りが溢れてくる。

 計量スプーンで2杯、3杯と掬ってミルの口へと豆を注ぐ。それから蓋を閉めてハンドルを握る。

 普段はインスタントで済ますことが多いコーヒーだが、手間をかけて淹れるのも私は好きだ。

 ガリガリと豆を挽く音と手触り。電動のミルを使えば楽なのだが、私は手動のミルを回すのがいい。なんだかとても落ち着く。

 次第にハンドルを回す手も軽くなって、そして全てを挽き終えたようだ。さらさらとハンドルが空回りするようになる。

 漏斗にフィルターをセットしてコーヒーポットの上にセット。小さい頃はコーヒーを淹れる一連の動作が科学の実験のように見えてよくやっていた事を思い出した。

 ミルの下段に溜まった粉をフィルターに移す。より強く香りが鼻腔をくすぐる。

 ちょうどお湯も沸いたようで、ケトルからカチっと気持ちのいい音が聞こえた。その熱湯を一度陶器のヤカンに移して少し冷ます。

 粉をしっかりと蒸らしてから、さらにお湯を注いでいく。陶器の漏斗からガラス製のポットへと透明な水が褐色になって落ちていく。




31:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:43:39.94 ID:drz3oU/MO


「ライラー、コーヒー入ったぞ」

「こちらも終わりましたのでいきますですよー」

 コーヒッカップからゆらゆらと登る湯気を眺めながらライラを待つ。ドリップしたコーヒーでもインスタントでも、登る湯気は同じ水の粒子なのに印象が違うのはなぜなのだろうか。

「お待たせしましたです。アキハさん何か考え事でございます?」

「いや、認識ってなんなんだろうなって」

「難しいですねー。頭を使うなら糖分でございます」

ライラが差し出したのはチョコレート。ライラの好きなデーツの入ったやつだ。だいたいいつも冷蔵庫に入ってる。

「ありがとう。何かお茶請けが欲しかったところだ」

「えへへー。デーツチョコとコーヒーはよく合いますです。でもライラさんのお国のコーヒーが一番合いますですよ」

「そうなのか。アラビックコーヒーって確か香辛料とかが入るんだったか? 一度飲んでみたいな」

「今度作ってみましょう。メイドさんが作り方しってますです」

「さすがメイドさんだな。メイドさん最近遊びに来てないし、今度のお休みに呼んでみようか」

「きっと喜びますですねー」




32:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:44:18.18 ID:drz3oU/MO


「なんだか、こうやってアキハさんとゆっくり過ごすのは久しぶりですねー」

 ここしばらくライラは仕事、私のゼミの教授の付き添いで帰りが遅くなる事が多かった。

「そうだな。アイドルをしていた時は毎日こんな時間を過ごしていたような気がするな」

「懐かしいでございますねー。少し寂しいですけど、アキハさんの夢のためでございます」

「……アイドルを辞めた事に未練はあるけど。やっぱり進学してよかったと思っている、結局ライラとはまだ一緒にいられているしな」

「えへへー。ライラさんもアキハさんと一緒に暮らせて毎日楽しいです。アキハさん、大学はそんなに楽しいのですか?」

「そうだな。独学で学べない事を学べるし。特にゼミなんかは周りに同志の好しかいないから何気ない会話が楽しいな」

「ほー。確かに、ゼミの皆様は楽しそうでございましたねー」

「ライラはすぐに仲良くなってたからなあ。そういえばこんな事がこの前あってだな……」

 気付いたら雨の日の憂鬱なんて吹き飛んでいた。

 私の前に座っているおしゃべり好きな同居人といれば、どんな状況も笑って過ごせる。

 二人で一緒に年を重ねて、ライラはびっくりするぐらいに美人さんになったけど。そのコロコロ変わる表情は、昔出会った頃から変わらずに愛くるしくて。

 ライラにも私にも、いつからまた人生の転機があって。いつか離れる事があるのだろうけど。

 その時まで、そしてそれからも形を変えて。ずっとライラと一緒にいたい。

 きっとライラもそう思っている。

 私たちは二人でロボフレンズなのだから。



33:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:44:50.21 ID:drz3oU/MO


「……結構長い事話してたな。もうコーヒーが切れてしまった」

 いつの間にか雨も上がって窓から夕日が差し込んでいた。

「もう一回いれませんか? ライラさんまだアキハさんとゆっくりお話ししたいです」

「ふふ、そうだな。しかしもうお茶請けがないぞ」

「じゃあ二人でなにかお菓子作りですねー」

「それはナイスアイデアだ」

「では、今夜はコーヒーとお菓子で"サマル"でございますねー」

「サマル……? どう意味なんだ?」

「ライラさんのお国の言葉で、おー、一言では難しいですねー。お友達と夜更かしておしゃべり、です」

「ふふ、いい言葉だな。なら今晩はサマルと洒落込もうか」

 二人の夜はゆっくりと更けていく。



34:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/19(火) 18:49:35.14 ID:drz3oU/MO

以上です。立てる板を間違えたのはダサいな。
ここまで読んでくださった方、いらしゃったらありがとうございます。
感想などいただけると喜びます。

以前に書いたライラさん
楓「ライラちゃんとお友達になりました」

ライラさんのお誕生日パーティー

武内Pとライラさんと小梅ちゃんでゴハンもの

ライラ「ライラさんがmonkeyをレストアするですよー」

月を隣に夜を歩く



元スレ
【モバマス】池袋晶葉「進学、ライラとのルームシェア」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1550567936/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (4)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年02月20日 02:09
          • あーmonkeyレストアの人かぁ
            この人の書くライラさんは雰囲気が良いので好き
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年02月23日 16:37
          • ロボフレンズはいいよな……なんのつながりもなさそうに見えるのに。
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年03月06日 22:56
          • 4 とってもよかった
            ただ“同志の好”ではない
            “同好の士”な
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月26日 18:01
          • MTの原付かぁ。。。
            ライラさんにはモペットとかに乗って欲しい気持ちがある

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 彡(゚)(゚)「ワイは空条J太郎やで」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ