TOP

隊長「魔王討伐?」【その1】

1: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 21:27:03.47 ID:/7dOb1Om0

一次創作です、よろしくおねがいします。



2: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 21:29:19.73 ID:/7dOb1Om0


~~~~


「──ったく、クリスマスが近いってのに...」


「聖なる夜の前に、ドラッグに溺れた若者をひっ捕らえなければならないのか...」


「CAPTAIN、もうすぐ着きますよ」


「...あれ?」


「CAPTAIN?」


隊長「──ッ! すまない...返事を忘れていた...」


CAPTAIN、その言葉の意味は隊長というモノ。

そのような男が部下の声かけに応じずにいた。

数秒のラグがあったものの、ようやく返事を行うと部下が心配そうに投げかけた。


「考え事ですか?」


隊長「あぁ、少しな...」


「...また、あの事件のことを考えていたんですか?」


隊長「...着いたようだ、外にでるぞ」


ここは冬のアメリカ合衆国某所。

隊長と呼ばれている者の指示で、車両からぞろぞろと人が降りていく。

黒色のミリタリー、特殊部隊であろう彼らは合計で10人ほどいた。



3: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 21:32:09.26 ID:/7dOb1Om0


隊長(...寒いな)


隊長「状況説明を簡潔に頼む」


そういうと、ある隊員の肩をポンッと叩いた。

その隊員は口を開く、いまどのような状況に置かれているかを。


隊員「Yes sir」


隊員「薬物を所持している学生5人が、この建物に立てこもっています」


隊員「学生らは薬物の禁断症状か、軽く錯乱」


隊員「それぞれ、銃を武装しており大変危険な状態」


隊員「さらに、不幸なことに1人の人質がいる模様」


隊員「現状ケガ人はいますが、死者はいないみたいです」


隊員「とてもじゃないが地元警察では手に負えないので我々が出動」


隊長「状況説明は以上です」


隊長「...」


隊員A「どうしますか」


説明を行った者とは別の隊員が隊長の指示を仰ぐ。

期待を背に、顎に手を添えながらも素早く判断をする。


隊長「...建物には俺を含め少数3人で潜入」


隊長「残りは潜入が悟られないようにここで陽動だ」


隊長「銃の発砲は許可されているが、極力控えろ」


隊長「準備が整い次第、作戦開始をする」


隊長「以上だ」


~~~~



4: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 21:35:39.75 ID:/7dOb1Om0


~~~~


──カシュッ!

その音と同時に車両の中は濃い香りで満たされる。

彼はコーヒーを飲みながら、銃器の最終セッティングをする。


隊長「...ふぅ」ガチャガチャ


隊長「...」チラッ


隊員「...」


隊長が視線を送っているのはこの部隊で密かに一目を置いている隊員という男。

先ほどの急なプレゼンを求めても毅然として行う姿はどう見てもエリートだ。

顔つきも髪型もいかにも優等生、しかしその実態はとんでもないものだった。


隊員「はぁ...この子萌えるわ...」


隊長「...」


隊長(...これさえなければなぁ)


隊員「Wooooooooo...Wonderful...」


先ほどの仕事用の顔つきとは一転して、とても緩んだ表情をしていた。

そのギャップに頭を悩ませながら、少し躊躇ったが一声をかけた。



5: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 21:37:29.42 ID:/7dOb1Om0


隊長「...おい」


隊員「なんでしょう」


隊長「仕事場にそんなものを持ち込むな」


隊員「この仕事で死ぬかもしれないんです、最後まで肌身離さずいたいんです!」


隊長「はぁ...Jokeにならんぞ...」


隊員「ほら、Captainも日本語わかるんでしょ、オススメですよ」


隊長「...確かに大学時代に履修したけどな」


隊員「見てください、この犬っ子ちゃん、可愛くないですか!?」


隊長「"アーソウダナ"」


この時、隊長が放った言葉は日本のモノであった。

大学時代に履修したとはいえ、それは数十年前の話。

英語になれた舌も影響してか、とても訛っている風な日本語であった。


隊員「日本語で答えてくれるなんて、まんざらでもないですね」


隊長「...」


隊員「ほらほら、萌えますでしょ」


隊長(萌えとか言う感情、40手前の俺にはわからん...)


適当な返事を、わざわざ日本語にしたのが間違いだった。

そんな中、隊員の苦手なところに苦悩する隊長に他の隊員が近寄る。


隊員A「CAPTAIN、警察をお連れしましたました」



6: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 21:39:34.47 ID:/7dOb1Om0


隊長「あぁ...通してくれ」


警官「すまない...特殊部隊がわざわざ駆けつけてくれて」


隊長「しかたないことだ、軽い錯乱状態で銃を持たれてはな」


警官「このハンドガンだけじゃ、少々な」


警官「幸い、時間が限られてるわけではない」


警官「頼んだぞ」ポン


隊長「...あぁ」


肩を叩かれ、コーヒーをアサルトライフルに溢しかける。

悪意があるわけではない、そのことを咎めることもなく彼は会話を続ける。

するとこの警官は世間話を投げかけてきた。


警官「君の評判は聞いてるよ...人を吹っ飛ばすパンチを使える、ヒーローだってな」


隊長(...誰が流したんだその情報)


隊員「それだけ筋肉が付いてれば、そうなりますね」


隊員「子どもにも優しいですし、コミックブックのヒーローですね」


隊長「あのなぁ...」


警官「まぁ話はここまでにしよう...一応、こちらも拡声器を使っての交渉を続けてみる」


隊長「あぁ...なるべく、刺激を与えないようにな──」ピクッ


≪──CAPTAIN!≫

そんな矢先、耳元に走る切羽の詰まった声。

別の隊員から通信が入った、それと同時に各々がヘルメットとゴーグルを装着した。


隊長「──行くぞ!」


隊員「はいッ!」


~~~~



7: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 21:41:13.44 ID:/7dOb1Om0


~~~~


??1「てめーらぁ!!! 殺されてーかッッ!!!!」


??2「助けてぇぇっっ!!」


──バババババババババッッッッ!!!!

怒声とともに銃の乱射音が聞こえる。

そしてその激しい音に続くのは、恐らく人質であろう女性の叫び声。


隊長「──何があった?」


隊員A「特にコチラから何もッ! おそらく錯乱状態からの行動ですッ!」


隊長「...」ピッ


隊長≪全員そのまま陽動、俺達に注意を向けさせるな≫


耳のインカムを起動させ、指示を促す。

隊長が隊員全員に無線を使って通信を行った。

隊長、隊員、そして隊員A、この場にいる3人の顔つきが変わる。


~~~~



8: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 21:42:29.58 ID:/7dOb1Om0


~~~~


隊長「...」


隊員「裏口は死角のようですが...」


隊員A「ドアを蹴破るにしろ、ガラスを割るにしろ音がでてしまいます...」


隊長≪...陽動をしてくれ、なるべく大きな声で≫


隊員「...なるほど」


隊員Z「──犯人に告ぐッッ!! 今すぐ抵抗をやめろッッ!」


すぐさまに聞こえてきたのは、拡声器のノイズと別隊員の警告。

これにより得ることができるのは注意を一定の箇所へ向けさせること。

それだけではない、その大きな音自体が隊長らを有利に事を運ばせる。


隊長「...Now」


隊員「Ok」


──ガシャンッ...

拡声器による陽動、それに反応する犯人の怒声により、ガラスが割れた音など簡単にかき消される。

割れたガラスから扉の鍵を開け潜入、すぐさまにクリアリングを行う。


隊長「Go go go go go...」



9: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 21:43:54.29 ID:/7dOb1Om0


隊員「...Clear」


隊員A「1階には誰もいないようですね...」


隊員「...2階にいきましょう」


隊長「...そうだな──」


──ギシ...ギシ...

その時だった、わずかに聞こえたこの床の鳴る音。

それを聞き逃すはずがない、隊長がジェスチャーを送り隠れるように指示する。


隊員A「CAPTAIN、これを...」サッ


隊長「...」ギュッ


ギシ...ギシ...ギシ...

ギシ...ギシ...ギシ...ギシ...ギシ...ギシ...

ギシ...ギシ...ギシ...ギシ...ギシ...ギシ...ギシ...ギシ...ギシ...


犯人A「──なッ!?」ビクッ


隊長「──ッ!」バッ


───バチィンッ!!

隊長は受け取ったのはスタンガン、即座に犯人との間合いを詰めて使用した。

階段から降りてきて直ぐ、しかも死角からソレを当てられてしまえば一溜まりもない。

犯人の1人である彼はそのまま静かに倒れ込んだ。


隊員「お見事です」


隊長「...あと4人だな、返すぞ」


隊員A「は、はい!」


隊長「お前はこいつを拘束、ここからは隊員と二人で行く」


新たな指示を仰ぐ、これから先には犯人の本拠地があるというのに。

だがこのような狭い屋内での状況、かえって少人数のほうがヤりやすいの確か。

隊長と隊員は、彼1人をここに残し階段を登っていった。



10: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 21:45:44.53 ID:/7dOb1Om0


隊長「...ここか」


隊員「どうしますか」


隊長「...合図をしたらだ」


隊員「Ok」


難なくたどり着いた扉の前。

おそらくここに、奴らが潜んでいる。

タイミングを見計らい突入する、彼らは極限まで耳を澄ます。


隊長「...」


隊員「...」


隊長「...」


よく注意をすると、奴らの声が聞こえる。

どうやら、仲間の1人がいつまでたっても戻って来ないことに苛立ちを覚えている。

そして誰かが向こうの扉の前にたった、その確信を得たときに隊長は声を上げる。


隊長「──Nowッ!」


隊員「うおおおおおおおおおッッ!」


──バキィッッ!

二人でドアを蹴破る、これは木造の扉だ。

大の男、それも特殊部隊で鍛え上げられた者たちだ。

それを蹴破ることなど容易いもの、そしてその衝撃に巻き込まれドアの下敷きになる者が1人。


犯人B「──ぐへぇッッ!?」


隊長(──残りは二人かッ!)



11: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 21:47:22.99 ID:/7dOb1Om0



犯人C「う、うごk──」スチャ


隊長「──遅いッ...!」ドガッ


隊長が一気に近寄り、構えようとしたショットガンを蹴飛ばす。

犯人BとC、早くもその2人を無力化させる。

そしてその隙を隊員は見逃さなかった。


隊員「──CAPTAINッ! 人質確保ォッッ!!!!」


犯人D「──な...」ポカーン


隊長「──動くな」スチャ


そして犯人Dが銃を構える前に隊長はアサルトライフルを構えていた。

瞬時の出来事であった、扉を蹴破られたと思えばすぐに2人は潰される。

そして気づけば人質が開放されている、口をあんぐりとさせるしかなかった。


隊員「おら、手を出せ」


犯人C「ちくしょう...」


犯人D「くそッ...」


ジャランッ、そう音を立てて手錠を付けられる。

犯人Bは完全に伸びている、手錠をかける必要すらない。

立てこもり事件はこれにて終了、だが1つの違和感が彼を襲った。


隊長「...一人足りないな」


隊員「...警察側の報告に間違いなければ、この事件の犯人は5人いるはずです」


隊長「...?」


そんな矢先、隊長に違和感を感じる。

人の気配のような、何者かの視線を感じた。


犯人E「──あああああああああああッッッ!!!!」ガバッ



12: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 21:48:46.61 ID:/7dOb1Om0


隊長「────ッ! クソッ!!」ガバッ


そんな矢先であった、犯人Eがナイフをもって襲い掛かってくる。

隊長はなんとかそれを持ちこたえ、取っ組み合いの状態になる。

だが少しばかり反応の遅れたせいか、隊長側が不利な状態であった。


隊員「──CAPTAINッッ!?」


隊長「グッ...ッ!!」グググ


隊員「──ッ、クソッッ!!!」スチャ


隊員がアサルトライフルを構える。

だが、犯人は隊長と共に動きを止める気配は一切なかった。

それに彼らは取っ組み合いをしている、身体の密着率がとてつもない。


隊員(だめだ、下手に撃ったらCAPTAINに当たるッ!)ダッ


───カランカランカランッ...

隊員が射撃を諦めて隊長たちに近寄ろうとする。

その矢先、どこかしらからそんな音が聞こえた。

隊長の足元だ。


隊長「──グ、グレネード...」



13: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 21:49:50.23 ID:/7dOb1Om0


犯人5「道連れにしてやる...」


犯人は意地でも隊長に取っ組み合い、剥がれようとしない。

完全にリミッターが外れてる上に、薬物に依存している人間の力は恐ろしい。


隊長「クソッッ!!!」ゲシッ


隊長がなんとかグレネードを蹴飛ばす。

しかし、結果はよろしくないものであった。

あれではまだ爆発の範囲内、とてもじゃないが重症は避けられない


隊員「──CAPTAINッッ!!!!」ダッ


隊長「────ダメだ来るなッッッ!!!!!!!」


──バコンッ!

その時、手榴弾の音が炸裂する。

その音はとても大きく、残酷なまでに激しいモノであった。

とてもじゃないが助からない、隊員は急いで隊長の無事を確認する。


隊員「──CAPTAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAINッッッ!!」


隊員「...チッ、呆けてる場合じゃないッ!」ピッ


隊員≪クソッ! CAPTAINがグレネードに吹き飛ばされたッッ!≫


隊員≪爆風で建物の外に吹き飛ばされてる! 急いで救護しろッッ!!!!≫


隊員X≪なんだって!? おい、急げッッ!!!≫


建物に大きな穴が出来上がってしまう。

隊員が急いで隊長が吹き飛ばされたであろう外を覗いてみる。

隊長の具合を確かめるべくはずの行動が、予想外の展開へと繋がる。


隊員「──いない...ッ!?」


~~~~



14: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 21:51:20.53 ID:/7dOb1Om0


~~~~


(くそ...やられた...)


(急いで...急いで状況を確認だ...)


(くっ...視界が開かない...)


(ここは...)


(なにか...なにかがおかしい...)


(どうなっているんだ...何が起きたんだ...)


(...視界が晴れてきた)


隊長(ここはどこだ...夢か...?)


目を開けると、そこには綺麗な紅葉が見える。

グレネードで出来た鈍い痛みは未だに走っている。

痛みに耐えながらゆっくりと見渡してみると、そこには建物は愚か装甲車や隊員達もいない。


隊長(ぐっ...どうなっているんだ...?)


隊長(...)


隊長「Damn it!!」ドン


――ズキンッ

なにが起きてるか全く理解できず、苛つく。

つい、木に八つ当たりをしてしまう。

だがそれが行けなかった、まだ傷は癒えていない。


隊長(──ぐっ...くそ...)フラッ


隊長(グレネードの傷が...このままでは倒れてしまう...)


隊長(立てない...木に寄りかかって...いや、それすらできない...)ドサッ


隊長(...眠い)


隊長(...)


隊長(......)


~~~~



15: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 21:52:20.29 ID:/7dOb1Om0


~~~~


隊長(...)


隊長(なんだ...?)


隊長(口が冷たい...これは...水か...?)


隊長「...」パチリ


口元に感じる違和感、冷たい何かが口の中に入れられている。

隊長がゆっくり目を開ける、ゴーグル越しに見えたそこには。

見覚えないない女の子がそこにいた。


???「ひっ...」


隊長(お、女の子...?)


隊長「Who...are...you...?」


???「な、なんですか...?」


隊長(Japanese...?)


隊長「ダ、ダレダ...?」


少女「え、えぇっと...私は少女です...」


隊長「少女...ノマセテクレタノカ? ミズヲ」


少女「は、はい...大丈夫ですか?」


隊長「アァ、タスカル」ゴソゴソ


とても不慣れな日本語ではあるが、それが幸いしている。

なんとか目を合わせようとするために、ゴーグルをヘルメットに移動させる。

すると少女の顔つきが変わる、不安そうな顔から一変して少しばかり笑顔を見せてくれた。


少女「──よかった...人間ですね」



16: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 21:54:13.98 ID:/7dOb1Om0


隊長(...人間?)


少女「家からお薬持ってきますね、待っててください」


隊長(まだ今すぐ聞きたいことは山の様にある...)


隊長「ツイテク、オレモ」


少女「えっ...立てますか?」


隊長「コウスルトタテル」


隊長は手元にあったアサルトライフルを杖代わりにする。

立て銃、それに近い使い方で彼は歩行を可能にした。


少女「大丈夫ですか?」ギュ


隊長「──ッ! カタヲ...タスカル」


少女「それじゃ行きましょう」


隊長「...」スタスタ


少女「......」スタスタ


隊長「.........」スタスタ


少女「............」スタスタ


隊長(緑色の髪、肌はどうみても白人、それなのに言語はジャパニーズ...)チラッ


隊長(それに格好はどこかしらの民族衣装っぽいな...)


隊長(アメリカにそんな地域あったか...?)


隊長(それに、この紅葉の木...)


隊長(今は冬のはずだ...どうなっているんだ...?)


少女「あ、あの」



17: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 21:55:50.96 ID:/7dOb1Om0


隊長「...ナンダ?」


少女「お、お名前は...?」


隊長(...すまない、疑ってる訳じゃないが...今は名前は伏せさせてもらうか)


とっさに嘘をつこうとしたら、隊員たちが思い浮かんだ。

むしろこちらのほうが呼ばれなれている、己の名前などしばらく使っていない。

隊長という意味の言葉、それを少女に告げる。


隊長「...CAPTAINッテヨバレテル」


少女「きゃぷてん...???」


隊長(...どうやら英語は通じなさそうだな)


少女「どうして倒れてたんですか?」


隊長(...それは仕事の内容だ、話せないな...誤魔化すか)


隊長「アァ...ワルイヤツ、ヤッツケタ」


隊長「ケド、シッパイシタ...スコシ」


少女「──!」パァッ


隊長「ン...?」


少女「そ、それなら...」


気のせいか、少女の表情がかなり和らいだ。

何かを言おうとしたが、隊長たちは建物へ到着した。


隊長「...ツイタカ?」


少女「あっ、ちょっとここでまっててください」タタタ


隊長(これは村か...? この時代に?)


隊長(建物だって、中世のヨーロッパみたいだぞ...)


少女「きゃぷてんさん、どうぞ」


隊長(世話になるか...)


~~~~



18: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 21:57:55.96 ID:/7dOb1Om0


~~~~


隊長「ド、ドウモ」


隊長(...少女の母だろうか、それとも姉か...?)


少女母「あらあら、こんにちわ~」


少女「お母さん、怪我してるんだって」


少女母「じゃあこれをすり潰しておいで」


少女「うん」


隊長「タスカル」


少女母「こういう時は、お互い様ですよ~」


少女母「よかったら、夕ご飯もどうですか~?」


隊長(あぁ...俺も結婚してたら今頃、この少女のような娘がいるんだろうな...)


隊長(っていかんいかん、人の妻に手を出したら犯罪者の屑共と一緒だ...)


隊長「アリガトウ、イタダク」


少女「きゃぷてんさん、痛いところどこですか?」


少女が塗り薬を完成させたようだ。

ヘルメットを外し、首を露出させる。

湿布のようなものだろうか、そう認識隊長はあまり効果を期待視していなかった。


隊長「アァ、クビダ」スッ


少女「よいしょ...」ヌリヌリ


隊長「──ッ!?」


すると突然、首から痛みが消え失せる。

まるで鎮静剤を打ったかのような、急激な変化に隊長は驚く。

しかしそれよりも先にやらなければならないことがある、それは礼節を重んじること。


隊長「アリガトウ、ラクニナッタ」


少女「えへへっ」



19: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 21:59:35.91 ID:/7dOb1Om0


少女母「それじゃ、ご飯の準備してくるのでゆっくりしててくださいね~」


隊長「トテモタスカル...」


隊長(...今はこの傷を治して貰おう、質問は後回しにしよう)


~~~~


~~~~


少女母「それでは、どうぞ~」


少女「いただきます!」


隊長「...イタダキマス」


隊長(ポトフのようなものか...懐かしいな)


隊長(しかし休息をした結果、いろいろ聞きたいことを聞きそびれてしまったな...)ムムム


少女母「...おいしくないですか?」


隊長「──ッ! チガウゾ、マンゾクダ、コレデ、トテモ」


少女母「あらあら、嬉しいですわ~」ニッコリ


少女「私も手伝ったんですよ」


隊長「ソウカ、ジョウズダ」


少女「えへへっ」


隊長(...独身には辛いな)


隊長(......)ピクッ


隊長(父親はいないのか?)


隊長「アノ」



20: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 22:00:54.11 ID:/7dOb1Om0


少女「なんですか?」


隊長「チチオヤハ?」


少女「あっ...」シュン


隊長(...しまった)


隊長「ス、スマナイ、マズカッタ...?」


少女母「いえ...別れたとか、死んでしまったわけではないんです...」


少女「......」


隊長「ドウイウコトダ...?」


少女母「少女...おいで?」


少女「...うん」トテテ


少女母が少女のあたまを撫でる、状況が状況なら和やかな景色だったはずだ。

少女のこの表情を見たことがある、これはとても悲しい出来事の顔つきだ。

無念にも犯罪者に抵抗され、射殺されていまった部下の家族がする面持ちであった。


少女母「実は...」


少女「おとうさんは、山にいってから帰ってこないんです...」


隊長(...登山家かなにかだろうか)


少女「そこの大きな山があるですが...」


窓から外を眺めるだけで見える、確かに大きな山がみえる。

しかし、隊長は次のワードで思考が固まってしまう。

日常的に使うことのない固有名詞が、そうさせてしまった。


少女「そこに、悪い魔女が現れたんです...」



21: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 22:02:38.46 ID:/7dOb1Om0


隊長(魔女...? 魔性の女ってことか...?)


少女「そしたら山が凍っちゃたんです...」


隊長(凍った...?)


隊長(...確かに、雪山のようだがそれにしては標高が低いぞ...?)


少女「そして、山を元通りにするために村人の男の人たちが集まって...」


少女「山に向かったんですが...それから帰ってこないんです...」


少女「一度だけ魔女が村に降りてきて...抗議したんですが、すぐにいなくなっちゃって...」


隊長(──あぁ、だから、あの言葉に反応したのか)


いろいろと疑問が残る中、あることを隊長はいち早く察した。

とっさに誤魔化した、悪いやつをやっつけてるという言葉を思い返す。

その言葉に揺さぶられたのか、少女が隊長に縋る。


少女「...きゃぷてんさん、お願いです」


少女「どうか...どうか、お父さんを助けて下さい...っ!」


少女母「だめよ...あの山は危険なのよ」


少女「でも...でも...」


隊長(...正直意味がわからない、だが)


隊長(子どもの泣き顔...俺がもっとも見たくないものだ)


隊長(...これじゃ、ヒーローって情報が流れるわけだな)



22: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 22:03:33.13 ID:/7dOb1Om0


隊長「少女」


少女「...?」


隊長「ソノハナシ、ノッタ」


隊長「タスケテクレタ、オンガエシダ」


少女「────っ!」パァ


少女の表情が明るくなる。

だが少女の母は比例せず、険しい表情をみせた。


少女母「──だ、ダメ!! あの山は本当に危険なんですよ!!」


少女「──っ!」ビクッ


隊長(少女母...怒らすと怖いタイプだな...)


隊長「ダイジョウブ、オレハガンジョウダ」


隊長「ソレニ、ナミダハミタクナイ」


少女母「ですがっ...」


隊長「──スマナイ、キョウハトマラセテクレ」


話を強引に切る、とても失礼であるがこうするしかない。

少女母はまだ納得していない、しかしそれでその瞳の奥底には渇望が宿る。

それを見抜いた隊長は強行的に話を進める、正義感の強い彼は己の質問よりも少女の涙を選んだ。


~~~~



23: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 22:05:12.95 ID:/7dOb1Om0


~~~~


隊長(今のうちに装備を点検しよう)


隊長(...)


隊長の装備には以下の物があった。

装弾数30発のアサルトライフル、装弾数15発のハンドガン、3つのグレネードにミリタリーナイフ

備品としてアサルトライフルのマガジンが7つ、ハンドガンのマガジンが6つ、軍用サイリウムにライト。

そして腕時計に通信機、チョコレートのレーションが2つに水筒を備えていた。


隊長(...防弾チョッキの収納にレーションと水筒を入れっぱなしだったか...あとで水を入れ替えておこう...)


隊長(アサルトライフルは総計240...ハンドガンは105発か)


隊長(腕時計...問題なく動いてる...時差がなければな)


隊長(通信機...だめだ、電源は入るが電波が届いてない)


隊長(...寝るか、いま深くモノを考えても無意味だ)


隊長(今は前に進むしかない...俺を助けてくれた少女の気を晴らせたら、改めてここについて質問しよう...)


~~~~


~~~~


少女母「本当に、いってしまうのですね...」


隊長「アァ、シンパイスルナ」


少女「気をつけてくださいね...」


隊長「ダイジョウブ、ウマクイク」ナデナデ


少女「わっ...えへへっ」


少女母「これを、持ってってください」スッ



24: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 22:06:07.56 ID:/7dOb1Om0


隊長(...これは酒か? ずいぶんキツそうだな)


少女母「これである程度の寒さは大丈夫なはずです...ですが飲み過ぎ注意ですよ」


隊長「タスカル」


少女「...お父さんをおねがいします」


隊長「ソンナカオスルナ、ワラッテオケ」


少女「...はい」ニコ


隊長「...ジャアイッテクル」


少女「気をつけてください!」


隊長「...」スッ


静かに親指を立てる。

心配そうに見つめる少女、どこかまだ納得をしていない少女母。

そんな負の感情をもつ彼女らを背に、彼は進み始める。


~~~~


~~~~


隊長(...麓の時点で雪が積もってるな)


隊長(支給品のミリタリー服だが...それがブーツでよかったな...)


隊長(このアルコール...大分度がきつそうだな...)


隊長(凍死寸前まで飲むのは控えとこう...)


隊長(雪山での仕事は...いままでなかったな)


隊長(いい経験になればいいが)


隊長(...登ろう)


~~~~



25: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 22:07:36.99 ID:/7dOb1Om0


~~~~


隊長「ハァハァ...」


隊長(大分登ってきたな...麓の村がすごく小さく見える...)


隊長(...ん? あれはなんだ...?)


ゴーグル越しに、目を細めるとかすかに建物が見える。

建物に向かって歩き出すと、異変を感じる。


隊長(な、なんだあれは...ッ!?)


トカゲ「...」


隊長(かなりでかいトカゲだな...凍りついているみたいだが、生きているのか...?)


トカゲ「暇だな...」


隊長(喋ったッ!?)ガサッ


その時だった、思わず足音を強くしてしまう。

野生動物にそれは禁忌、人間よりも遥かに優れる聴覚がそれを捉える。


トカゲ「あん...? てめぇ人間じゃねぇかっ!」


隊長(チッ、厄介なことになりそうだ)


隊長「ナンダオマエハ」スチャッ


この世の出来事とは思えないことに遭遇する。

思わず、トカゲ相手にアサルトライフルを構えてしまう。


トカゲ「てめぇはあの建物に向かってんのかぁ?」


隊長「ソウダ」


トカゲ「だめだなぁ、通すわけにはいかねぇ」


隊長(...面倒だ、迂回するか)


トカゲ「おっとぉ、逃すわけにもイカねぇなぁ...」ニタニタ


隊長「...ダッタラトメテミロ」


トカゲ「へっへっへ...久々の獲物だ...仲間には黙っておくか...独り占めだ...」


トカゲ「ブツブツ...」


隊長「...!」


なにか、雰囲気が変わる、空気から嫌な予感がする。

まるで空気が凍ったような、雪山特有の自然由来の凍てつきではない。


トカゲ「──喰らえっ! "氷魔法"」



26: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 22:09:07.13 ID:/7dOb1Om0


隊長「──Whatッ!?」


トカゲがブツブツものを言った後、魔法陣が出現した。

しかもそこから、恐らく殺傷能力のある速度で氷が飛び出してきた。


隊長「──クッ!」ダッ


────どさっ...!

非現実的な光景をみて行動が少し遅れるが、横にダイブをすることで直撃を回避する。

雪まみれになった装備、それを払いつつ彼は考察を開始する。


隊長(なんだあれは!? いやそれよりも...)


冷静に状況を確認する。

トカゲに向けていたアサルトライフルの銃身が凍ってしまっていた。

その氷は局部的だが、かなりぶ厚くできていた。


隊長(...これでは発砲はできんな)


トカゲ「オラオラァ! もう一発!」ブツブツ


トカゲ「"氷魔法"!!」


隊長「──ッ!」チラッ


隊長(どうやら、何かつぶやかないとあの攻撃はできないようだな)


考察しながらも動きづらい雪の上で走ることで、攻撃を回避する。

こんな状況でも冷静に判断を行い、弱点を見極めていた。

これが隊長という男、部下の命を預かり任務を遂行する役職持ち。


トカゲ「チィ! もう一発──」ボソボソ



27: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 22:11:05.30 ID:/7dOb1Om0


隊長「――――NOWッ!!」ダダダ


トカゲ「──なっ!?」


慣れない雪の上で、無理やり猛ダッシュをしてトカゲに接近する。

その速度は人間にしては早いが、野生動物相手に通用するとは思えない。

しかしこのトカゲは違っていた、幸いにも反応が鈍いようだ。


隊長「──ウオオオオオオオオオオオオオオッッッ!!!!」ドガッ


トカゲ「げはっっっ!?」


トカゲの腹に思い切り蹴りを入れる。

その衝撃でトカゲは少しばかり吹き飛ばされ、距離を置かれてしまった。


トカゲ「て、てめぇゆるさn──」


──ダンッ...!

トカゲには聞いたことのない音が頭を貫く。

隊長はトカゲの頭にハンドガンを発砲していた。

右足に装備していたサイドアームをすばやく引き抜き、凍ったオオトカゲを射殺する。


隊長「...」


隊長(1発ですんだか...節約になったな)


隊長(戦闘中におしゃべりか...)


隊長「...You're second」


トカゲ「―――」ガクッ


トカゲが力尽きると、大きさが縮こまった。

まるでなにかの効力がなくなり、元の姿に戻ったような。



28: ◆O.FqorSBYM 2018/11/18(日) 22:12:42.25 ID:/7dOb1Om0


隊長(...縮こまった、なぜだ?)


隊長(これがもとの大きさだとしても、でかすぎる、コモドドラゴンよりでかいぞ...)


隊長(動物を傷つける趣味はないんだがな...先に殺意を向けたのはお前だ、許せ)


隊長(しかし...ここは俺が住んでいる世界と違うのかもしれない...)


隊長(少なくとも、喋るトカゲなんか聞いたこともないな)


隊長(中世ヨーロッパのような世界、Japanese、さらにはいまのMagic...)


隊長(...深く考えるのは後だ)


しかしその説しかありえない、彼はなにかの拍子で別世界へと移った。

非現実的ではあるがこれが一番の説、しかしそれを証明できるモノなどない。

考えても無駄、ならば前に進むことに専念するしかない。


~~~~


~~~~


隊長(ついたな...)


隊長(扉は凍ってて開かない、窓から突入するか)


隊長(...まだ凍っているな)


隊長(ハンドガンだけで乗り切れるだろうか...)


アサルトライフルを鈍器のように扱い、窓を破る。

そのような使い方しかできない、銃口が氷に包まれている現状発砲すると己に危険が及ぶ。

少し不安がよぎるが、頼りにならないアサルトライフルを背負いハンドガンを握り潜入を開始する。


~~~~



31: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 19:03:33.45 ID:wphTWll60


~~~~


隊長(魔女とやら...俺の勘が正しければこの屋敷にいる...少なくとも野外で活動しているとは思えない)


隊長(それにしても...ここは書斎か?)


隊長(手にとってみるか...)パラパラ


隊長(ご丁寧にひらがなで読みが書かれている)


隊長(これならたぶん読める、何か参考になる本はないか...)


隊長(これは...?)


適当に手にとった本には、錬金術と表紙に描いてあった。

そのキャッチーなフレーズに響かない人間などいるわけがない。

彼は魔女という存在を探しているのにもかかわらず、少しばかり熟読する。


隊長(...)ペラッ


隊長(......)ペラッ


隊長(...これは...これが本当だったら)


隊長(俺の世界だったら大変なことだな...)


隊長(価値がありそうだ、一応借りていくか)


隊長(この本は...?)スッ



32: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 19:07:52.31 ID:wphTWll60



隊長(基礎魔法学?)ペラ


隊長(............ほう、こういうことだったのか)ペラ


本にはこう書かれていた。

魔力を込めた言語を唱えると魔法陣が現れる。このことを詠唱と呼ぶ。

魔法を使うに当たって詠唱は必要不可欠である。

詠唱には様々な種類があり、さらには個人で開発した自分だけの魔法も存在する。


隊長(あのトカゲがつぶやいてたのは詠唱とやらだったのか?)ペラ


魔法には相性がある。

例えば、炎魔法には水魔法が有効である。

強力な炎魔法でも、弱い水魔法、もしくはただの水をぶつけることで相殺できる。


隊長(...マジックにも相性があるのか)ペラッ


隊長(石・紙・はさみみたいなものか...)ペラッ


魔法には大雑把に2つの種類が存在する。

魔力を何らかしらの形状にして、実体化させる”攻撃魔法”

魔力を何らかしらの物質に放ち、その物質内で変化が起きる”補助魔法”

炎を実体化させ攻撃する”炎魔法”は”攻撃魔法”に属する。

物質の瞬間移動が可能になる”転移魔法”は”補助魔法”に属する。

なお、”補助魔法”は自分の他、様々な物にも作用する。


隊長(...覚えておいて損はなさそうだな)ペラッ


隊長(持ち主...誰だかわからん、悪いが借りるぞ)スッ


~~~~



33: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 19:09:27.69 ID:wphTWll60


~~~~


隊長(寒い...)


隊長(でかい暖炉だな)


隊長(ん、これは...)


隊長(ベーコン...いや、ただの干し肉か)


隊長(それとマッチがあるな...これで暖でもとるか)


~~~~


~~~~


隊長(一通り探索はしてみたものの...なにもなかったな)


隊長(...本でも読むか)


隊長(この本は...?)スッ


隊長(盗賊が来たときの対処策・防衛策?)


隊長(あまり必要がなさそうだな)ペラ


隊長(...暖炉に隠し部屋への入り口を作るべき?)


隊長(そういえば大きな暖炉がある部屋があったな...)スッ


隊長(...まぁ、ありえないだろう)


隊長(こんな山奥に隠し部屋つくる技術を持ってくるのは難しいしな)


~~~~



34: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 19:12:53.64 ID:wphTWll60


~~~~


隊長(まさかな)


隊長(...中、のぞいてみるか)


暖炉に顔を入れてみると、床にあたる部分が大きな穴となっていた。

隠し通路、まるで映画の中のような出来事に隊長は軽く困惑する。


隊長(...はぁ、この本は侮れんな)


隊長(さぁて、飛び降りるか...ん?)ピクッ


隊長が暖炉にある通路に飛び降りる覚悟を決めた瞬間に気づく。

凍っていた銃身が治っている、氷が溶けたのだろうか。

どちらにしろ都合がいい、彼はハンドガンからアサルトライフルへと装備を持ち直す。


隊長(なんだがよくわからんが、運が向いてきたな)


隊長「...よし!」ピョン


隊長「──ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!」ビュー


~~~~



35: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 19:14:36.25 ID:wphTWll60


~~~~


隊長「オオオオオオオオオオオオ...」ドサッ


隊長(着いた...下手なジェットコースターよりきついな...)


隊長(ここまでのGを感じたのはヘリコプターから緊急脱出したとき以来だな)


隊長(それにしても...なんだこれは...)


隊長が己の武勇伝を思い返していると、ある光景に目を奪われた。

床・天上・壁が氷でできている。そこまでは理解できた。

しかし、その氷の中に沢山の人が埋まっていた。


隊長(...男だらけだな、この格好といい少女がいってた村人たちのようだな)


隊長(...進むしかないか)


隊長(...)サッ


隊長(......)ササッ


クリアリングを淡々と熟していく。

だが、全くといって良いほど手応えはなかった。


隊長(...びっくりするほどなにもないな)


隊長(魔女とかいうやつ...なにか罠でも仕掛けてあると思ったが...)


隊長(...また、下に飛び降りなければいけないみたいだな)


隊長(音は極力ださないようにするか...)ピョン


──ズサアアアァァァァ...

飛び降りた先、そこにはあったのは1つの感覚。

人間誰しもが備わっている、人の気配を微かに感じ取れるソレ。

答えは1つしかない、奴がここにいる。


隊長「──!」ドサッ


???「も~、どこにあるのよ~...」



36: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 19:19:36.57 ID:wphTWll60


隊長(...誰かいる)


隊長(...)


後ろ姿しか見えないが、体つきは女。

彼女はローブを羽織っていた、もう如何にも魔女。


隊長(あいつが魔女か...?)


隊長(...思ったより、雰囲気は若いな)


隊長(女相手に乱暴にしたくはないが...仕方ない)


隊長(...)


???「はぁ...寒いし戻ろうかしら...」


隊長(...今だッ!)スッ


隊長「──Freez...」スチャ


隊長は魔女の背中にアサルトライフルを押し付ける。

しかしこれは明らかに失敗であった、果たしてこの言語が伝わるかどうか。

背中に何かを押し付けられた魔女らしき女は慌てふためく。


魔女「──へ? な、なに!?」


隊長「ウゴクナ!」


魔女「な、なんなのよっ!」バッ


もちろん、魔女はアサルトライフルなど知らない。

なのであっけなく動いてしまう、これが非常に危険な行為だと知らずに。

だが隊長は引き金を引けずにいた、その原因は彼女の見た目の若さ故に。


隊長(...まだ成人もしてなさそうな女だな)


隊長(...くっ、躊躇してしまった)



37: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 19:22:49.76 ID:wphTWll60


魔女「なによあんたっ!」


隊長「コレイジョウウゴクナッ!」


魔女「──っ...!」ビクッ


隊長の気迫に押される、その表情はかなりのモノであった。

それは当然である、彼は特殊部隊の隊長を担っている。

日々犯罪者を相手にしている、このような脅しが苦手なわけがなかった。


隊長「...オマエガ魔女カ?」


魔女「...そうよ、悪い?」


隊長(...おかしい)


隊長(どうみても、犯罪者の面ではない...)


隊長(それにさっき、寒いとかいってたな...)


長年犯罪者を捕まえてきた経験からか、この魔女に違和感を覚える。

凍らせた本人が寒いといってるなら、ちゃんちゃらおかしい話だ。

疑問が彼の中で巡る、ならもう彼女に答え合わせをしてもらうしかない。


隊長(...聞いてみるか)


隊長「コノヤマコオラセタノカ?」


魔女「...は?」


隊長(...やはりか...面倒なことになりそうだ)



38: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 19:25:45.21 ID:wphTWll60


魔女「私はそんな魔力もってないわよ...」


隊長「...ジャア、ダレガコオラセタ」


魔女「...知ってるけど、教えてあげない」


隊長「ナラ、クチヲワッテモラウ」


魔女「教えてほしければねぇ...謝りなさいよっ!」


隊長(...ぐうの音も出ない)


隊長「...スミマセン」


魔女「はぁ...あんたなんなのよ...名前は?」


隊長「...CAPTAINダ」


魔女「きゃぷてん? 変な名前ね」


魔女「変なのは格好、武器、言葉遣いだけじゃないのね」


隊長(...顔は可憐だが...性格は難ありだな)


魔女「私の名前は...魔女よ」


隊長「ハァ...」


隊長(少女にどう説明するか...いやその前に真犯人を見つけなければ)


隊長「タノム、ダレガコオラセタカオシエテクレ」


魔女「う~ん、じゃあ探しもの手伝ってよ」


隊長「...ワカッタ、ナニヲサガセバイイ」


魔女「錬金術って本なんだけど」


隊長(...どうやら、本当に運が向いているみたいだな)ゴソゴソ


隊長「コレカ?」



39: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 19:27:39.76 ID:wphTWll60


魔女「なんでもってるのっ!?」


隊長「カリタ」


隊長(勝手にな)


魔女「それを渡せば、教えてあげるわ」


隊長「ハァ...ショウガナイナ」


──グラグラグラグラグラグラグラグラッッ!!!!

本を渡そうとした瞬間、山が揺れた。

それは自然的に発生したものではなく、何者かが起こしたような妙な揺れ方であった。


隊長「──ジシンッ!?」


魔女「きゃあっ!?」


???「──地震ではない、猿共」


奥の方から、なにか巨大な影が近づく。

その見た目は隊長も見たことがある姿であった。

過去に存在していた恐竜、それに翼を生やしたこの姿は間違いない。


隊長(あれは...いよいよファンタジー地味てきてるな...)


魔女「あ、あいつよっ! あの竜が凍らせたのっ! 犯人よっ!」


隊長「──ナニッ!?」



40: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 19:31:02.35 ID:wphTWll60


魔女「あいつは氷竜っ!! 危険よっ!」


氷竜「我の巣に近づくなど愚かしい」


隊長(あいつを倒せばいいわけだな...)


隊長「オイッ、サガッテロッ!」


魔女「言われなくても逃げるわよっ!」


氷竜「逃がさん...」ドンッ


──グラグラグラグラッッッ!!!!

足を思い切り踏みつける、それだけでこの揺れが発生する。

その揺れに反応して様々な場所が震え、落盤を起こす。


隊長「クッ、ヤッカイダナ...」ヨロ


魔女「あぁー...最悪、今ので出口が塞がれたわ...」


隊長「...クソッ」


隊長(氷のドラゴンか...この現代兵器が通じればいいが...)


氷竜「貴様か、我の下僕を殺したのは」


隊長(あのトカゲのことか...?)


隊長「...ダッタラドウシタ?」


氷竜「都側に下僕を集中させたのが間違いだったか...まぁいい」


氷竜「死ね」


氷竜「この氷竜の息吹、受けてみろッッ!!!」


――ヒョオオオオオオオオオオオオオオンッッッ!!!!

氷竜の口から特大の吹雪のようなものがゆっくりと襲い掛かる。

それがどれほどの威力を誇るのか、急速に凍てつき始める空気感がそれを醸し出す。


隊長「SHITッ!!」ダダッ


氷竜「ふん、見極めたか...」


氷竜「だが、休ませはしないぞ」


――ヒョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオンッッッ!!!!!

安置になり得るであろう場所を判断し、そこに向けて走る。

一度目はそれでなんとかなった、しかし二度目は許されなかった。


隊長「クソッッ!!!」



41: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 19:34:25.78 ID:wphTWll60


隊長(次はあたってしまうッッッ!!!)


次は避けられない、氷漬けにされてしまう。

そんな悪いことを考えてると彼女が箒にまたがり、飛んできた。

その姿はまさしく魔女、微笑ましい光景だが極めて重要な役割を担ってくれた。


魔女「──ほら、捕まってっ!!」


隊長「──タスカル!!」ギュッ


魔女「────おっっっもいっ!!!!!!」フラフラ


隊長(箒で飛行する魔女...ハロウィンだな...)


氷竜「ちょこまかと...」


魔女「...」ブツブツ


隊長(──これが詠唱か、魔女も魔法を使えるようだな)


魔女「"雷魔法"」バチバチ


―――バチバチバチバチッッッ!!!

魔女の魔法が氷竜に襲いかかる。

その威力は明らかに高い、1つの稲妻が竜に向かう。


隊長(軍用のスタンロッドより威力がありそうだ...)


氷竜「ぐぅ...効かんわッッッ!」


魔女「う、うっそー...」


隊長「──オリルゾ!」パッ


魔女「あ、ちょっと! どうするつもりよっ!!」


隊長「ヨウドウシテクレッッ!!」


魔女「はぁっ!? まったく...」ブツブツ



42: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 19:37:12.67 ID:wphTWll60


魔女「"雷魔法"! "雷魔法"!! "雷魔法"!!!」


―――バチバチバチバチバチバチバチバチバチィッッッッ!!!!!

連続した雷が次々と氷竜に襲いかかる。

しかしそれはあまり効果的ではなかった。

あの竜の様子からするとまだ余裕のある、すこし油断をしている風にも見える。


氷竜「ハッハッハッハッ!!!! 無駄だァ!!!!!!」


隊長「──EAT THISッッッ!!」スチャ


氷竜「──いつのまに近くにッ!?」


──ババババババババババババババババババババババババババババババッッッッッ!!

油断が招いた、魔女による魔法に気を取られすぎた。

気づけば肉薄を許していた氷竜、大きな口を開き傲慢な言葉を吐いていたツケがこれだ。

アサルトライフルのマガジン1本分をお見舞いされる、その威力は魔法と同等。


氷竜「────ッッ!?!?!?!?!?!?!?!?」


氷竜「──グアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッッッ!?!?!?!?」


魔女「うわぁー、そんな威力のある武器なのねそれ...」


隊長(意外と効いてるな...)


魔女「──危ないわよっ!!!」



43: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 19:39:20.09 ID:wphTWll60


氷竜「猿ゥ...! コロスッッッ!!!!!」ガシッ


隊長(──しまったッッ!?)


痛みに耐え、氷竜は前足を使って隊長を掴む。

その様子には理性などない、激痛がこの竜の逆鱗に触れている。

やはりドラゴンなだけはある、その圧倒的な体格差に敵う人間などいない。


隊長「──グッ!」


氷竜「そのまま潰れろ!!」グググ


隊長「──グゥッッ...ガァァァァァ...ッ!?!?」


魔女「"雷魔法"!!」バチバチ


氷竜「効くかァァァァッッッ!!!!!! そんなものォッッッ!!!!」ブンッ


魔女「──きゃっっ!?」


──ドガァァッッ...!!

氷竜の尻尾が魔女にたたきつけられ、吹き飛ばされる。

それに耐えられる乙女などいない、凄まじい苦痛が彼女を襲った。

吹き飛ばされた先に壁、そこに魔女の身体がめり込む、威力が伺える。


魔女「────っ...」ガクン


隊長「──魔女ッ...!」


隊長(まずい...このままじゃ死ぬ...わけにはいかないんだッ!)


なんとか氷竜の前足から自分の右腕を解放する。

そして取り出すことのできたのは、原始的なこの武器。

比較的刃渡りのあるナイフ、近接攻撃に限るなら銃よりも優秀。


氷竜「ハハハハハハハハハ!! 潰れろ!! 潰れろ!!」グググ


隊長「アアアアアアアアアアアァァァァァ...ッ!」



44: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 19:43:36.43 ID:wphTWll60


隊長「...フッッッ!!」スッ


隊長「──オラァ!!」グサッ


氷竜「ガアアアアアアアアアッ...!?」


その刃はかなり深く刺すことができた。

どのような強靭な身体の持ち主でも、ここまで深い切り傷を浴びたらどうなるか。

その鋭い激痛のあまり怯むことは確実、だからこそ隊長を離してしまう。


隊長「グッ...」ドサッ


隊長(どうやら...魔法より物理的な攻撃に弱いみたいだな...)


隊長(しかし、どうする...立てない...このままじゃ死ぬぞ...)


氷竜「貴様ぁ...! 調子にのるなよ...!!!!」


氷竜「────ガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッッッ!!!!」


隊長(──ッ、なんて叫び声だ、耳がおかしくなる)


氷竜「フハハハ、我を殺すなら火ぐらいもってくるんだったな」ズシン


隊長(...ここにきてから随分と運が向いてるな)


氷竜「さぁ...潰れろ!!」スッ


隊長「──ッ!」スチャ


──ダンッ!

氷竜が後ろ脚をおもいきり持ち上げ振り下ろそうとする。

同時に隊長がなにかを投げ、そして再び同時にそれを狙う。

ハンドガンで見事撃ちぬいたソレの中身が氷竜の傷口あたりに撒き散る。


氷竜「悪あがきだな、まぁいい潰れろ」ズシン


隊長「──フッ...!」クルリ


氷竜「かわすんじゃない! 猿が!!」スッ


隊長が横に転がることで攻撃を回避する。

氷竜はイライラしながらも、もう一度脚を振り下ろそうとする。


隊長「Hey...eat it...」スッ


隊長(拾っておいて正解だったな...)ボッ



45: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 19:46:35.13 ID:wphTWll60


氷竜「──なッ!?」


隊長「A single match can start fire...」ポイッ


氷竜「貴様なにをいって────」


英語でつぶやきながらも、箱のやすりを使い着火を行う。

火のついたマッチが撒き散らされた極めて度数の高い酒に引火する。


氷竜「──あっちいいいいいいいいいいいいい!!」バタバタ


氷竜「クソオオオオオオ!! だがこれくらいじゃ死なん────」


──ダンッ!

火達磨になりながら威嚇をする氷竜の眉間をハンドガンで撃ちぬく。

先程まで意外にも動き回っていたこの竜、ようやく狙いをすまし射撃することができた。

眉間、それは生物共通の弱点である、その先には大事な機関が備わっているからだ。


氷竜「くそ...たれ...猿が────」


──ズシィィィィィンッッッ!!

竜の倒れる音は凄まじく、先程の地震とは比べ物にならないモノだった。

ターゲットの沈黙を確認すると、彼はアサルトライフルのマガジンを代え、またも立て銃で杖代わりにする。


隊長(空のマガジン...一応持っておくか)



46: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 19:48:37.23 ID:wphTWll60


隊長(合計でアサルトライフル30発、ハンドガンは3発使ったか...)


隊長(...まぁよく節約したほうだろう)ウンウン


隊長(っと...魔女は大丈夫か)


隊長「オイ、ダイジョウブカ?」ユサユサ


魔女「うっ...だ、大丈夫...」


隊長(意識を取り戻したか)


魔女「ブツブツ」


隊長「...?」


魔女「"治癒魔法"」


──ぽわぁっ...!

すると、魔女から優しい光が現れる。

その明かりは隊長と彼女を包み込み、心地の良い感覚を与える。

これは傷を癒やす魔法、骨を折ったとしても簡単に治せてしまう驚愕の性能であった。


隊長(身体が、少し楽になった...これも魔法か)


魔女「うぅ...あ、あんた氷竜倒しちゃったの?」


隊長「アァ、ヒニヨワカッタナ」


魔女「凄いわね...私じゃ無理だったよ...」


隊長「...アイツガハンニンナラオマエハ?」


魔女「うーん...あんたはどうしてここにきたのかを説明してくれる?」


隊長は少女に言われたことを説明した。

どのような経緯でこの山を上り、魔女という存在をどうするつもりだったかを。

彼女と出会ってから薄々感じていたことが確証となる。


魔女「それ...勘違いね」



47: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 19:50:27.85 ID:wphTWll60


隊長「...ヤハリカ」


魔女「そういえば村に降りた時にすごい剣幕で迫られたわ...そのせいかしら?」


隊長「タブンナ」


魔女「私は錬金術の本だけが目当てだったんだけど」


魔女「ちょうどここら辺に探しに来た時、不幸なことに氷竜が住み着いたのよ」


隊長(...どっちにしろ誤解は解けにくそうだな)


隊長「オマエハムラニチカヨラナイホウガイイ」


魔女「...そうね、そもそも目当ては手に入れたしね」


隊長「...ホラ、ヤル」スッ


魔女「ふふっ、ありがとっ」ニコ


隊長「──ッ!」ピクッ


魔女が妖艶に微笑む、多分本人はただの笑顔のつもりだ。

それが以外にも彼に響いてしまう、男という者は意外と単純であるからこそ。


魔女「ん、出口が開いてるわ」


魔女「それじゃ、帰るわね」


魔女「ばいば~いっ」



48: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 19:52:09.45 ID:wphTWll60


隊長「...ハァ、戻るか」スタスタ


??1「な、なんだこれ!」


??2「どうなってるんだ!」


隊長(どうやら、みんなの氷がとけたようだな...)


隊長「オマエラ、オレハ少女ニタノマレテタスケニキタ」


村人1「た、たすかりました!!」


村人2「気づいたら凍らされてたんだ...」


隊長「コオリガトケハジメテキケンダ、イソイデゲザンシヨウ」


村人2「は、はいっ!」


隊長「デグチはコッチだ」


~~~~


~~~~


村人3「ひぇ~氷がとけてもう本来の山になってる」


村人4「ほら、さっさと帰るぞ」


隊長「...サキニカエッテロ」


村人1「は、はぁ...」


隊長(......この建物、何のためにあったんだ?)


隊長(...少女母にでも聞いてみるか)


隊長(朝日がまぶしい...と、いうより朝帰りか...)


氷漬けにされていた村人は多数、それらと共に下山をする。

この出来事で勝ち得たモノは以外にも多い。

まずは第一目標を達成できたことがなりよりであった。


~~~~



49: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 20:54:37.08 ID:wphTWll60


~~~~


少女「おがえりなざああああああああい」グスグス


隊長「アァ、タダイマ」


少女母「ほんとうに...おかえりなさい、きゃぷてんさん」


???「──本当に助かりました!!」


少女の家に、新たな人物がそこにいた。

緑髪の少女母とは対象的に、見事なまでに金髪の男。

地毛なのだろうか、とにかく男ということは間違いなくあの関係性である。


隊長「ン...?」


少女父「私は少女父といいます、本当にありがとうございました」ペコリ


隊長(あぁ...無事でよかった...)


隊長「キニスルナ」


隊長「コレガオレノシゴトダ」


少女「おとーさん! きゃぷてんさんがね! 悪い魔女をやっつけてくれてね!」


少女父「はは! そうだな!」


娘と父親の談話が続く。

少女のその表情はとても柔らかく、出会ったばかりの頃とは比べ物にならない。

その笑顔を見ることができた隊長、とても微笑ましくその光景を眺めていた。



50: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 20:55:51.65 ID:wphTWll60


少女母「ほんと、いい笑顔ですわね」


隊長「...ソウダ」


少女母「なんですか?」


隊長「サケノオカゲデタスカッタ」


少女母「あらあら~うれしいですわ~」


隊長「...サテ、オレハイクヨ」


少女母「どちらにですか?」


隊長「ソウダナ、タビニデルッテコトダ」


少女「──え...っ!?」


少女母「...本当はもっとおもてなしをしたいのですけど、そういうわけにはいかないみたいですね」


隊長「アァ、スグニデヨウトオモッテイル」


少女「や、やだ...きゃぷてんさん! もっと一緒にいましょうよ!」


隊長「ソウシタイケド、オレハヤルコトガアルンダ」


隊長(色々情報がほしいからな...)


隊長(旅をしながらの情報収集が一番手っ取りはやそうだ)


隊長(本当は少女たちに聞きたいことは山のようにあるが)


隊長(小難しい質問より...今は家族団欒してもらう)



51: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 20:58:26.81 ID:wphTWll60


少女「そ、そんな...」ポロポロ


少女母「少女、きゃぷてんさんは救世主なのよ?」


少女母「いろんな人がきゃぷてんさんを待っているのよ」


隊長(少女母...それは大げさすぎる...)


少女「う、うん...」グシグシ


少女母「きゃぷてんさん、気をつけてください」


少女母「あなたのおかげで村と山は蘇り、少女も元の明るい性格になりました」


少女母「感謝しきれないほど、助けてもらいました」


少女母「あなたのたびに不幸がないことを神にお祈りします」スッ


その祈り方はとても神々しいものであった。

まるで教会にいるシスター、このような華麗な人に迫られては入信せざる得ない。

彼の居たアメリが合衆国はキリスト教国である、その光景に抵抗感はなかった。


隊長「...アリガトウ」


少女「...そうだ、これどうそ!」スッ


隊長「...コレハ」


隊長(マフラーか...よくできているな)


少女「はい! わたしの髪の毛と同じ色なんですよ?」


少女「きゃぷてんさんが山にいってる間に編みました!」


隊長「...アリガトウ! トテモウレシイ!」ダキッ


少女「わわっ、えへへ...これをわたしだと思って、大切にしてくださいねっ!」


隊長「...Thank you」


少女「ふぇ?」


隊長「オレノフルサトノコトバダ」


少女「せんきゅー?」


隊長「ソウダ」


少女「せんきゅー!」


少女父「ははは、こんな明るくなったのか」


少女母「あらあら、ヤキモチ焼かないでね?」


~~~~



52: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 21:04:13.69 ID:wphTWll60


~~~~


隊長「それジャ、またドコカでな」


村人5「ありがとうございましたー!」


村人6「こまったらいつでもきな!!」


少女母「旅をするならまず都に向かうといいですわ~」


少女「凍ってた山の方角にいけば都につきますよっ!」


少女母「それでは、お元気で~♪」


隊長「アァ、ありがとう」


少女「がんばってください!」


少女父「ご武運をー!」


隊長「...」スッ


隊長は静かに腕を上げ、親指を立てた。

そして振り返ることもなく前に進み始めた。

黒のミリタリー、そして首元には深緑のマフラーが風に煽られる。


少女母「いっちゃったわね」


少女「またあえるといいな...」


少女母「そうねぇ」ニコ


村人1「さぁて戻るか!」


村人2「ひさびさに宴でもすっか!」


村人たち全員が久々の平和に盛り上がる。

こうして集まることに感謝をしながら、彼らは喜びを表現する。

突如として現れた大柄な男、彼の旅の無事を祈って。


???「......ふふ」


~~~~



53: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 21:14:21.12 ID:wphTWll60


~~~~


隊長(すこしJapaneseが流暢になったな)


隊長(つい英語を喋ってしまう時があるが...日本語にも慣れてきたな)


隊長「...」モフ


だがまだ思考中の言語は英語である、しかしそれでいて徐々に日本語に適応し始めている。

そんなことを考えながらも、彼は少女にもらったマフラーを撫でていた。

その質感はとても柔らかく、首元の寒さを防いでくれていた。


隊長(緑色のマフラー...肌触りがいいな)


隊長(...あの建物、そういえば少しばかり保存食があったな)


隊長(何か役立つものがあるかもしれない、もう一度探索してみるか)


~~~~


~~~~


隊長(あのときは雪や氷で見れなかったが...)


破れた窓から景色を眺める。

そこには麓の村と、その近辺を彩る紅が。

紅葉がとても美しく、思わず視線を奪われてしまっていた。


隊長「...Beautiful」


隊長(...そうだ、借りていた本を返すか)スッ



54: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 21:15:44.28 ID:wphTWll60


隊長(返す前に読んでなかったページを読むか)


隊長(...)ペラ


隊長(...なるほど)ペラ


本にはこう書かれていた。

魔法の詠唱を唱える時、術者の体に存在する魔力が消費される。

詠唱に使う魔力は任意で消費量を操作することができる。

魔力の消費量が多ければ多いほど、魔法の威力が上がる。

さらに、詠唱の時に感情をこめることで威力が上がる場合がある。

例えば殺意をもって詠唱すれば、魔法の威力があがったりする。

逆にその人を心から敬愛していたら、瀕死から蘇らせることもできる。



55: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 21:17:13.33 ID:wphTWll60


隊長(...俺にも魔力は存在するのだろうか)ペラ


魔力には潜在的に属性が存在する。

基本的な属性は4つ、炎・水・風・地が存在する属性である。

炎←→水 風←→地 が相性である。その優劣は後出しのほうが有利である。

魔力の所有者にも潜在的に属性が存在する。

炎の魔力の所有者が唱える炎魔法は、通常より威力が高く相性も良い。

なお、炎属性の魔力の所有者が水魔法が使えないということは起きない。

しかし、炎属性の魔力の所有者が水魔法には弱いということは起きる。

1つの属性の中に、さらに2つの属性がある。

炎は炎と爆の属性、水は水と氷の属性、風は風と雷の属性、地は地と衝の属性。

同じ水属性でも、水魔法や氷魔法といった性能差がでる。

基本的に、炎属性の魔力を持っていれば、炎性と爆性の魔法が両方使える。

上位属性として、光・闇が存在する。

相性は互いに強くもあり、弱くもある。その優劣は質の差で変わる。

そして、光や闇属性内には1つの属性しか存在しない。

未だ光と闇属性の研究は進んでおらず謎が多い。

なお、属性が適応されるのは”攻撃魔法”だけである。

”補助魔法”には属性が存在しないが一応、無属性という扱いになる。


隊長(...よくわからんな)



56: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 21:18:34.96 ID:wphTWll60


隊長(ん...魔法の効果時間?)ペラ


魔法の効果時間は詠唱の時にきまる。

膨大な魔力を詠唱に消費すれば、死してなおも魔法を発動し続けることができる。

また、感情をこめたりしても同じことができる。

なお、使い魔召還魔法は魔力関係なく術者が死亡すると解除され、元の形へと戻る。


隊長(アサルトライフルの先端がしばらく凍ったままだったのはこれか...)


隊長(トカゲに殺意があったのか魔力が多かったのかわからんが...)


隊長(これでは有利な状況でも魔法の差で圧倒的に不利になってしまうな)


隊長(...だが)


(氷竜「都側に下僕を集中させたのは間違いだったな...」)


隊長(使い魔も解除されるようだし、下山は楽になるな)


隊長(...こんなものか、役に立ったぞ)パタン


本を読み終えて、本棚に返却しようとする。

すると、気になる本を見つける。


隊長(これは...動物・植物・魔物図鑑?)ペラ



57: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 21:22:58.36 ID:wphTWll60


隊長(...)ペラ


隊長(これは...前に戦ったドラゴンが載っている)


隊長(つまりこの世界の図鑑か...役に立ちそうだ、もっていくか)


隊長(危険度も記載されているのか...あのドラゴンは高いほうだったようだな)


隊長「ワルイが、コレはモラウぞ」


隊長(...深く考えるのはよしていたが、やはり俺は別世界に来てしまったのかもしれない)


隊長(一体どうすればいいのだろうか...ひとまず前に進むことでしか現実に直面することができない...)


隊長(...考えていても仕方がない、それに腹が減ったな)


隊長(たしか干し肉があったな、貰っていこう──)ピクッ


誰もいない本棚に一方的に話しかける。

ようやく腰をあげて建物から出発しようとすると。


??1「ここを越えるとふもとの村につきますね」


??2「うん! もうちょっとがんばろう!」


??3「特に魔物はいないようだな」


隊長(...)


気づかれないように窓からちらりと確認する。

そこにいたのは、動物ではなく人。

仕事柄か不意な接触に過敏、思わず身を潜めてしまっている。


隊長(3人組みの男女か...)


隊長(女が2人...剣と盾を持っている奴と、もう1人は槍か?)


隊長(ともかく凄い装備だ、それに男のほうは禍々しい格好だな...)


隊長(...戦闘になったら面倒だ、時間をここで潰して接触を避けよう)


隊長(今のうちに干し肉でも食うか)


どこで食べても肉は美味であった。

その味を堪能した後に彼はこの建物から去っていた。

隊長の思惑は当たり、下山中に誰にも遭遇することはなかった。


~~~~



58: ◆O.FqorSBYM 2018/11/19(月) 21:24:25.40 ID:wphTWll60

今日はここまでにします、近日また投稿します。
下記はTwitterIDです、日常的な投稿は皆無なのでお知らせBOTとしてご活用ください。

@fqorsbym



59: ◆O.FqorSBYM 2018/11/20(火) 19:32:47.15 ID:s2j1zj4E0


~~~~


隊長「Wow...」


雪山を越えるとそこには緑が一面。

目の前に広がった雄大な草原地帯を見て思わずつぶやく。

そんな矢先、何者かの声が聞こえた。


???「──いたたた...誰か助けてぇ~」


隊長「...!」


隊長(女の声...? 助けを求めているな、向かうか)ダッ


苦しげなその声、たとえ見ず知らずの者だとしても気になるのは当然。

ましてはこの男、正義感が強めの方である、動かないわけがなかった。

声のする方向へと向かう、しかしそこにいたのは想像していた人物とはかけ離れたモノだった。


隊長(...水のかたまり?)


???「いたいよぉ...」


隊長(さっきの図鑑にのっているか?)スッ


隊長(...あった、人型スライムのメスか? 危険度は低そうだ)ペラッ


隊長「...おい、オマエ」


スライム「に、人間!? にげないと...いたたた」



60: ◆O.FqorSBYM 2018/11/20(火) 19:35:00.30 ID:s2j1zj4E0


隊長「マテ、オレはキガイをクワエン」


スライム「そ、そんなうそに...っ、いてて...」


隊長「ダイジョウぶか? ナニがあった」


スライム「怪我をしちゃって...って、ちかよるなぁ!」


隊長(...結構まぬけだな、図鑑によると水が生命線らしい...たしか水筒があったな)


隊長「おい、ミズいるか?」


スライム「に、人間の世話になんか...」


その言葉を最後に、彼女は固まった。

このまま自然に治るまで苦痛を味わうか。

それとも彼の好意を受け取るのか、そして選ばれるのは。


スライム「...ちょうだい」


隊長「ホラ」スッ


水筒を手渡すと、スライムは背中に水をかけた。

見た目ではわからないが怪我をしたのは背中らしい。

なんとも奇妙なその光景に隊長は視線を奪われる。


スライム「ふぃ~...た、たすかったよ...」


隊長「あぁ、コマッタときはオタガイさまだろ?」


スライム「へんな人間...」ジー


スライム「まったく、こっちは平和に寝ていたのに...」


隊長(もう大丈夫そうだが...この様子だと誰かにやられたようだな、さっきの3人組か?)


隊長「ジャアな、キをつけろよな」


スライム「...あ、まって!」


隊長「ン?」


スライム「こ、これ...一応お礼」スッ


隊長(なんだこれは...ボールか?)


スライム「じゃあね、ありがとうねっ!」


隊長(...一応取っておくか)


手のひらサイズのボールみたいなものをしまいながら先を進みはじめる。

そんなことをしているうちに、レンガでできた巨大な塀のようなものがみえる。


~~~~



61: ◆O.FqorSBYM 2018/11/20(火) 19:48:25.76 ID:s2j1zj4E0


~~~~


???「とまれ」


隊長「...」ゴソゴソ


レンガでできた巨大な塀、どうやら都全体のすべてを覆っている様子だった。

当然入り口は限られる、槍と甲冑を装備した門番らしき人物がそれを物語る。

とまれと言われ、大方察しがついた隊長は、ヘルメットとゴーグルをはずすともう一人の門番が近寄ってきた。


門番2「...その人に魔力はないようだ」


門番1「人間のようだな、入っていいぞ」


隊長(...セキュリティーが甘いな)ゴソゴソ


門番を攻略し都に入ることができた。

自分の世界との差を感じながら、ヘルメットとゴーグルを装備しなおす。

しかしそこまで甘いわけではなかった、彼の仕事着にツッコミを入れられてしまう。


門番1「まて、その頭の装備ははずしておけ、不審者のようだ」


隊長「...」


~~~~


~~~~


隊長(...すごい数の人だ)


隊長のその表情は、まるで初めて訪れた外国に心を奪われる少年のようだった。

アサルトライフルを背にヘルメットを抱えながらも街中を歩いていく。

雑踏を掻い潜っていると、紙のたばが道端に落ちていた。


隊長(...コレは新聞か、これもJapaneseだ)



62: ◆O.FqorSBYM 2018/11/20(火) 19:55:27.16 ID:s2j1zj4E0


隊長(...)バサッ


隊長(女勇者御一行、この塀の都に滞在?)


隊長(塀の都の王子、病気のため長期的に休暇?)


隊長(...流し読みじゃよくわからんな、後でじっくり読もう)


1面にはそう書いてあったがよくわからない、新聞紙を束ね再び雑踏を歩き始めた。

隣には町民だろうか、同じ歩幅で歩く人物が2人、なにやら世間話をしているようだった。

盗み聞きをしなくとも耳に入る、ましては会話の内容が彼の好奇心を煽る。


町民1「そういえばあの凍っていた山の氷、とけたみたいだね」


町民2「凍っていた山の魔女が死んだんじゃねぇか?」


町民1「勇者の出発と共にとけたみたいだし、よかったじゃないか」


町民2「あの山、魔物が居なくてもヘタな装備でいくと簡単に逝っちまうしな」


隊長(...仕事着の優秀さに感謝しないとな)


己の仕事着、冬用のミリタリーによる防寒性能に助けられていた。

そうこうしているうちに彼はベンチに遭遇する。

少しばかり歩き疲れた隊長は素直に座り込んだ、するとある心配事が浮かび上がった。


隊長(ここの通貨、ドルでもいいのか...?)


隊長(いや、そもそもドルすら持ってないぞ...)


隊長(まずい...このままじゃ絶対にまずいな...といっても何も持っていないしなぁ)ゴソゴソ


途方にくれて、なんとなくスライムからもらったボールを取り出していた。

緑のマフラーに顔をうずめながらボールを見つめる。

その幻想的な色合いをした貰い物に惹かれていた。


隊長(よくみたら綺麗だな...光の当たり加減で水晶にも見える。)



63: ◆O.FqorSBYM 2018/11/20(火) 20:03:29.71 ID:s2j1zj4E0


???「おや、それは...」


このボールのような物、なかなか魅力的であることが伺える。

妙に身なりのいい男が1人、新たに惹かれてしまった。

思わずその持ち主に話しかけてしまう程に。


???「それ、綺麗ですね」


隊長「ン? あぁ...ソウだな」


???「どこで手に入れたんですか?」


隊長(...一応伏せておくか)


隊長「さぁな...シリアイからモラッタ」


???「...それにしても素敵だ」


隊長(なんだこいつ...)


???「私はそういう不思議な物が好きでね」


隊長「そ、ソウカ...」


???「よかったら買い取らせてくれないか?」


隊長「...」


思ってもいないことだった、一応もらい物なので悩むが背に腹は変えられない。

ボールを失っても、あのスライムの顔を忘れることはない。

そのような綺麗事を思いながらも彼はしてしまう。


隊長「...わかっタ、イイぞ?」


???「金貨5枚でどうだい?」


隊長(価値がわからんが、まぁないよりは...)


隊長「ホラ、ドウゾ」スッ


???「ありがとう...ふふ、綺麗だな、ではまたどこかで」スタスタ


隊長「オウ」


隊長(よくわからないが運が良かった...)


隊長(とりあえず...図鑑と新聞でも読み直すか)スッ


~~~~



64: ◆O.FqorSBYM 2018/11/20(火) 20:11:25.22 ID:s2j1zj4E0


~~~~


隊長(...図鑑の詳細はともかく、ある程度の定義がわかった)


隊長(動物・植物は俺の認識と大体同じだったが...)


隊長(この新たな項目...魔物)


図鑑によると、先天性に魔力をもっている動物・植物を魔物と総称している。

後天性に魔力を得た動物・植物は魔物には分類されないと。

なお、神により選ばれた勇者は魔物には分類されないと書かれている。


隊長(俺が出合ったトカゲ、ドラゴン、スライムは魔物ってことだな...)


隊長(で、問題はこの新聞だ...)


隊長(塀の都の騎士団、草原の魔物を駆逐する準備...か)


隊長(つまり...この都では魔物は害悪って考えなのか?)


新聞によると草原にいる魔物を駆逐するなど、恐ろしいものが書かれていた。

彼はふと出合った魔物を思い返してみる、その行為がどれほど理にかなうモノなのを。

確かに危険な目にはあった、だが一概にはそうとも言えない存在がいた。


隊長(スライムは危険じゃなかったな)


隊長(あいつは加害者というより被害者のようだったが...)


隊長(魔物にも好戦的なものと、そうでないものがいるのか?)


隊長(...今は深く考えないで置こう、これは俺ではどうすることもできん)グー


隊長(...通貨もあるし飯でも食うか)スクッ


考え事をして頭を働かせたせいか、おなかも働かせてしまっていた。

ベンチから立ち上がり、彼は飯屋を探すことにした。

たとえ自分の知らない場所だとしても、嗅覚は裏切らない。



65: ◆O.FqorSBYM 2018/11/20(火) 20:17:52.82 ID:s2j1zj4E0


隊長(飲食店はこっちだな...って、あいつは...?)


???「おや?」


隊長(さっきの奴か...)


???「お食事ですか? よかったらどうです?」


隊長(この都の都合は分らん...誰かと居たほうが良さそうだ)


隊長「...あぁ、タノむ」


???「それでは入りましょうか...すみません、2名で」


店員「はいよー! こっちの席にどうぞ!」


~~~~


~~~~


???「私はオススメの料理とオススメお酒を」


隊長(...いるよなこういう奴、俺も少し真似してみるか)


隊長「...オレもベツのオススメを...それとミズをタノム」


???「おや? お酒は嫌いかい?」


隊長「...サケはハンダンリョクがニブる」


???「なるほど...フフ」


クスリ、と帽子を被った男は笑う。

なんというか掴めない、底の見えないようなこの男。

彼は質問を投げかけてきた、それは核心を突かれそうになるモノだった。


???「君はどこから来たんだい?」


隊長「ン...」


隊長(あの山は噂になっていたな...伏せるか)


隊長「ワルイが、コタエルキはない」


???「フフ、君は面白いね」


???「身なりは変だし、言葉は訛っているし、体格もやたらといいし」


隊長(いきなり買取を持ち出す奴にいわれたくないな...)


???「そういえば名前は?」



66: ◆O.FqorSBYM 2018/11/20(火) 20:20:23.51 ID:s2j1zj4E0


隊長「...CAPTAINとヨバレテる」


???「きゃぷてん?」


隊長「あぁ」


???「フフ、面白いな...私も真似てみるか」


帽子「私の名前はそうだな...帽子だ」


隊長「...ギメイをオシエテくれてありがとう」


帽子「フフ、うらむなよ?」


店員「お水と葡萄酒です」スッ


帽子「あぁ、ありがとう」


隊長「...」


隊長(よく見ると目元が隠れるまで深く帽子をかぶるっているな)


隊長(...カマをかけてみるか)


隊長「...ダレかにオワレテるのか?」


帽子「...君の冗談は面白いね」


隊長(一瞬、沈黙をした...怪しいな)


隊長(まぁ...触れないでやろう)


隊長「オレのジョウダンはオモシロカッタようだな」


帽子「...君のこと気に入ったよ」ゴクゴク


そんなことをいいながら豪快に酒を飲みはじめた。

身なりの良さ、そして華奢と言えるほどにスタイルのいい男がする飲み方ではなかった。

早くも酔ったのか、帽子という男は突拍子もない事を言い始めた。


帽子「君にお願いがあるんだ」


隊長「...ン?」




67: ◆O.FqorSBYM 2018/11/20(火) 20:24:58.05 ID:s2j1zj4E0


帽子「私は塀の外の草原に行きたいんだ、一緒についてきてくれないか?」


隊長「ナゼオレにタノム」ゴク


帽子「君、外からきた人間だろう?」


隊長(訛りにこの格好ときたらバレるよな...)


店員「料理をお持ちしましたー」カチャ カチャ


隊長「オマエがカリにオワレテるタチバなら...モンからデルのはムリジャナイか?」


隊長(少なくとも、門番はいたしな)


帽子「...フフ、お見通しのようだね」


帽子「私はある理由で追われていてね...でも大丈夫」


隊長「...」モグモグ


帽子「実は塀の一部に穴が開いててね」


帽子「早くしないと埋められちゃうから急いでいるんだ...どうだい?」


隊長「...ニゲルためか?」


帽子「違うよ、ただ外に興味があるだけさ...また都に戻ってくるよ」


帽子「もちろん、都に戻るまで一緒にいてもらうよ」モグモグ


隊長「...」モグモグ


帽子「報酬もあるさ、ここの食事代も持ってあげよう」


隊長「はぁ...ワカッタ、ヤル」


帽子「...よし!」ニコ


隊長「アシタ、イッショにいく」


帽子「じゃあ、この店の近くにある宿に泊まっていてくれ」


隊長「あぁ...」モグモグ


帽子「いろいろ準備があるから明日また会おう」ゴクゴク


料理と果実酒を急いで消化して帽子は先に店をでた。

まるで遊びの予定が入った子どものように忙しなかった。

見間違えじゃなければ支払いを済ませていない。


隊長(あの野郎...俺に飯代持たせたな)


隊長(...店員に水筒に水をいれさせてもらえるか聞いてみるか)


~~~~



68: ◆O.FqorSBYM 2018/11/20(火) 22:12:10.74 ID:s2j1zj4E0


~~~~


隊長「...この金貨、かなり価値があったな」


意外なことに、帽子から受け取ったこの貨幣はなかなかの代物。

金貨一枚だけで2人分の飯代と宿代が支払えてしまった。

さらにお釣りとして銀貨3枚と銅貨6枚をもらっていた。


隊長(金貨1枚で100ドルくらいか?)


隊長(あいつ...金持ちだな)


隊長(ふぅ...このベット、柔らかいな)


隊長(まだ夕方だが...いまのうちに眠るか)


3日、恐らく異世界へ訪れてしまっての日数。

初めて誰の気もかけずに寝ることができる、自分勝手な睡眠をとることができる。

それは日が沈み切る前の就寝すら許されてしまう。


~~~~


~~~~


??3「ほう...そのような者がこの山の魔女を倒したのか」


口を開いたの女性、その見た目は甲冑に大きな槍を所持している。

ここは麓、少女たちの住む村であった。

そして彼女らは隊長と接触し損ねた人物。


少女母「そうなんですのよ~」


??2「すごいね! その人が山を治していなかったら大変だったかもね!」


??3「あの山の噂は聞いていた、攻略は厳しいとな」


??3「それを1人で制圧したのか...凄いな」


少女「入れ違いになっちゃいましたね...」


女勇者「うーん、会ってみたかったな」


??1「...気になりますね」


??2「どんな人なんだろうね!」



69: ◆O.FqorSBYM 2018/11/20(火) 22:29:24.61 ID:s2j1zj4E0


??1「いえ...そうではなく」


??1「魔力の気配がします...それも膨大な」


??2「え...どうして」


魔力の気配、それはどのようなモノなのか。

常人には理解のできない、だからこそ気づけずにいた。

この人物らを見つめる彼の眼差しの異様感に。


少女父「...」


少女「おとうさん?」


少女母「...あなた?」


少女父「.........」ボソボソ


勇者...勇者...勇者...勇者...勇者...勇者...勇者...勇者...勇者...

勇者...勇者...勇者...勇者...勇者...勇者...勇者...勇者...勇者...

勇者...勇者...勇者...勇者...勇者...勇者...勇者...勇者...勇者...


??2「...え?」


少女父「──"自爆魔法"」


??1「──女勇者様! あぶない!!」


父の唱えた魔法、それはあまりにも残酷なモノだった。

それを喰らえば一溜まりもない、だが彼女たちは違った。

彼自身が爆破する直前、女勇者という者は盾を構えていた。


女勇者「──下がってっ!」スッ


少女母「────少女っ!」


少女「──お母さんっ!?」


────カッッッッ!!!

音として捉えることのできない轟音、とても鋭い炸裂音があたりに響き渡った。

瞬時の出来事だった、村を消し去るほどの威力の魔法が襲い掛かる。

おびただしい砂ホコリや、家だったものが散乱している。


??1「...ゲホッ」


??3「こ、これは...一体...」


女勇者「...村がないよ」


女勇者は盾で人を守った。

しかしそれが出来たのはわずか2人。

彼女にできたのは仲間を危機から護ることだけであった。



70: ◆O.FqorSBYM 2018/11/20(火) 22:31:39.30 ID:s2j1zj4E0


女勇者「...どうしよう、女騎士、魔法使いくん...」


魔法使い「...」


女騎士「...」


勇者一行、それはこの3人。

剣と盾を持つ女勇者、甲冑に槍を持つ女騎士、魔法に長けている魔法使い。

仲間2人に投げかけるそのか細いつぶやき、ようやく口を開けたのは彼であった。


魔法使い「...進みましょう、ここにいては追っ手が来るかもしれません」


女勇者「...うん」


女勇者「...でもそのまえに、せめて謝りたい」


魔法使い「...そうですね」


女勇者「ごめんなさい...僕がここに寄らなければ...こんなことには...」


魔法使い「女勇者様...」


女勇者「...いこう」


女騎士「......あぁ」


女勇者が謝罪を終え、村だった場所を足早に去っていた。

罪悪感で彼女の精神が壊されないように。

しかし気づくことができなかった、彼女はもう1人を救っていたことに。


少女「うぅ...」


少女「おかーさん...? おとーさん...?」


???「あの爆風で村人が生き残っているとはな」


少女「誰...?」


???「ふむ...こいつは側近様が洗脳させた人間の娘だな」


???「この前は面白い奴が捕まえられたし、ここはいい実験台が多くて素晴らしい」


少女「誰なの...?」


???「可哀想に...目が見えないのか」


少女「助けて...きゃぷてんさん」


その悲痛な叫びは誰にも届かない。

彼女のその身は、突如として現れた顔もわからない者に預けられる。

家族を取り戻した昨日から一変、彼女は地獄に叩き落とされる。


~~~~



71: ◆O.FqorSBYM 2018/11/20(火) 22:49:22.28 ID:s2j1zj4E0


~~~~


隊長「帽子...ハヤすぎるぞ...」


早く寝た代償か、外はまだ薄暗い程の時間に起きてしまっていた。

そしてたまたま外の様子を窓から見たとき、彼に見つかってしまった。

隊長は帽子に向かってジェスチャーを送る、すると帽子は親指を立てる。


隊長(...意味は通じたか?)


隊長(...着替えるか)


隊長(...)


隊長(......)


──コンコンッ

仕事柄慣れない早起き、絶妙に身体がだるい。

そして伝わらなかったジェスチャーに少しばかり苛立ちを覚える。

半ば迷いながらも、隊長は扉を開けた。


帽子「やぁ、おはよう」


帽子「って、なんだいその顔は...ちゃんと宿主に許可をもらってから入ったよ?」


隊長(俺はそこでまってろって伝えたつもりなんだがな...)


隊長「...シタクするからマッテロ」


帽子「すごい装備だね、みたことないよ」


帽子「特にこの武器、どうやってつかうんだ」ジーッ


隊長(最先端の技術で出来てるからな)



72: ◆O.FqorSBYM 2018/11/20(火) 22:52:58.78 ID:s2j1zj4E0



帽子「この服? とてもおもたいんだね」グググ


隊長「カエセ」


着替えながらも、窓の様子を伺う。

先程は帽子に邪魔をされてしまったが、今度こそはその景色を楽しむ。

するといささか違和感のある光景が目にはいる。


隊長(...朝早くなのにさっきから人が走りまわってるな)


隊長(こいつの追手だろうか)チラッ


帽子「うん?」


隊長(...よくて万引きくらいの悪さしかしそうにないな)


隊長(たかが泥棒相手にこんな大勢で追うわけないか)


そんなしょうもないことを思いながら、着こなしを終える。

着慣れてしまったこのミリタリー、そして緑のマフラーを忘れずに。

少しばかり早いが、彼らは宿を出発した。


隊長(...よく見たらコイツ、腰に剣をつけてるな...この形状はレイピアか)


帽子「その武器、どう使うんだい」


隊長「...ネラッテ」


帽子「狙って?」


隊長「ヒキガネひく」


帽子「引き金引いて?」


隊長「...オワリ」


帽子「...そんなにつよそうな武器じゃないみたいだね」


隊長(撃ってやろうか...)


帽子「着いたよ」


隊長「オウ...」


そこにあるのは壁、そしてやや大きい箱があった。

帽子がそれをどかすと見事なまでの出入り口が現れる。

この穴はどのようにして作られたのか、もしかして彼が開けたのだろうか。


隊長「...」


帽子「ほら、行くよ?」


~~~~



73: ◆O.FqorSBYM 2018/11/20(火) 23:00:49.76 ID:s2j1zj4E0


~~~~


帽子「おお、ここが草原地帯か」


隊長「...キをツケロ」


帽子「うん?」


隊長「...チジンがここでケガをシタ」


帽子「...そうか、気をつけるよ」


帽子「それにしても、塀の外はこんなにも綺麗だったのか...」


隊長「...あぁ、キレイだな」ゴソゴソ


思わずゴーグルをはずし肉眼で景色を楽しむ。

そして鼻に香る草原の香り、とてもさやわかな気持ちになれる。

その時、帽子があるモノを発見する。


帽子「おや、向こうに森があるね」


隊長「...ホントウだな」


隊長(この森、俺が初めてここにきたときはこの塀が邪魔で見えていなかったのか)


帽子「いってみないかい?」スタスタ


隊長(すでに足が動いてるぞ...)


隊長「あぁ...イクか」


~~~~



74: ◆O.FqorSBYM 2018/11/20(火) 23:01:57.94 ID:s2j1zj4E0


~~~~


隊長(そういえば、あいつは元気だろうか...)


???「あぁ~! あのときの人間!!」


隊長(...はぁ)


噂をすればなんとやら。

出会ったときよりも声の調子がいい。

どうやら怪我は完治したようだ、その水の身体がそれを証明する。


スライム「なんでわたしの住処の近くにいるの!」


帽子「おや、きゃぷてんの知り合いかい?」


隊長「...あぁ、ケガをしてたチジンだ」


帽子「...へぇ、この子か」


スライム「ちょっと無視しないでよ」


隊長「ヨウ、ゲンキか?」


スライム「あーはいはい、あなたのおかげで元気ですよ~」


帽子「この子、君が売ってくれたこの玉みたいに綺麗な体してるね」サッ


彼が取り出したのは、買い取った例のアレ。

よほど気に入ったのか常備していた模様。


隊長「ン?」


隊長(よく見てなかったが...確かに似ているな)


スライム「あぁー!? それ売ったの!?」


隊長「あぁ、コイツがウッテくれって...」


スライム「それはスライム族の盟友の証よ!!」


スライム「なんで売っちゃうの!?」


隊長「カネにこまってな」


スライム「し、しんじられない...」



75: ◆O.FqorSBYM 2018/11/20(火) 23:03:25.47 ID:s2j1zj4E0


帽子「しかし、ボールも君も綺麗だな」


スライム「え...あ、ありがとう...」


帽子「──やはり間違っている」ボソッ


その言葉はあまりにもか細く、そしてあまりにも早かった。

この場にいた者たちには聞き取ることができなかった。


スライム「はぁ...まぁ売った奴も悪そうな奴じゃないしいいか」


隊長「ナンカ、すまんな」


スライム「もういいわよ...それ、持ってればスライム族に襲われないわよ」


帽子「へぇ...素敵なモノをありがとう、きゃぷてん」


隊長「うるせェ」


スライム「...もしかして森に入るの?」


帽子「まずいのかい?」


スライム「そこ、野良魔物の中であんまり評判よくないわよ」


隊長(野良魔物...新聞に載ってたな)


帽子「ふぅむ...どうする?」


隊長(帽子の野郎、俺に決定権をぶん投げやがったな...仕返ししてやるか)


隊長「オレはヤトワレだ、オマエにツイテくだけだ」


帽子「...結局私が決めるのか」


隊長「あぁ」


隊長(...少しだけスカッとした)


帽子「じゃあ...行こうか」


隊長「オウ」


スライム「...付いていっていい?」


帽子「別にかまわないよ?」


~~~~



77: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 21:00:13.04 ID:pE3Q1RjV0


~~~~


帽子「森の中は暗いね」


スライム「魔物の目にかかれば暗闇もへっちゃらよ」


隊長「...シズカニしろ、オソワレルかもしれん」


帽子「実は私には剣術の嗜みがあってね」


スライム「まもってね?」


隊長(襲われる前提で話をするな)


隊長(...歩いた道にナイフで印を付けておこう)


木々が生い茂り、お日様の光を遮る。

早朝特有の強い日差しがこの森には届かない。

この暗い雰囲気の中数時間歩く、帽子とスライムはひたすらに喋り続けた。


隊長(...)ピクッ


隊長「...イルな」


スライム「えっ?」


帽子「...よく気がついたね」


魔物の分際で未だに気づくことができずにいた。

そんな彼女を放置して、男2人は身構える。

隊長はアサルトライフルを構え、帽子は鞘からレイピアを抜く。


隊長(...8人くらいか?)



78: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 21:02:04.60 ID:pE3Q1RjV0


スライム「え? え? どういうこと?」


隊長「...クルぞ!」


帽子「──来たね」


??1「──なんだてめぇら!」


??2「なんでこんなところに人が...いや魔物もいるな」


ズボラな格好、しかしそれでいて首元や指には豪華な装飾が。

その姿を見ればわかる、彼らの職業についてだ。

確信を得た帽子は思わずつぶやいた。


帽子「...盗賊か」


スライム「び、びっくりした!」


盗賊1「くく、悪いが盗賊様と出会っちまったら最後」


盗賊2「身包みはがさせてもらうぜ!!」


隊長(...全員で7人か)


盗賊1「ホラ! くらい────ゲフゥ!!」


──バキィッ...!

先陣をきった盗賊が彼に向かって飛びかかった。

短いながらも刃物を持っている、とても危険な場面であった。

しかし、隊長という男が飛びかかりをしてくる犯罪者を想定した訓練を怠るわけがなかった。


帽子「うわ...いい拳が入ったね」


隊長「...オイ、ウシロはまかせたぞ」


帽子「わかったよ...見た目に違わず、すごい怪力だね」


隊長と帽子が背中合わせになる。

もう1人いたはずだが、彼女はいつの間にか姿を隠していた。

逃げたかどうかなど些細な問題、今は続々と押し寄せてくる盗賊共の相手をしなくてはならない。



79: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 21:03:08.23 ID:pE3Q1RjV0


盗賊2「おらおら!!」シュッ


帽子「──よっと」


──キィンッ...!

鳴り響く、金属が金属に接触する不快な音。

盗賊2が突き出してきた刃物、しかしそれは無謀であった。

圧倒的なリーチの差に敵うはずがない、帽子の剣が盗賊の武装を解除する。


盗賊2「げっ!」


帽子「これでどうだいッ?」ブンッ


盗賊2「──ぎゃッ!」


──ガンッッ!

剣の柄には豪華な装飾は付けられている。

それで殴られれば、たとえ大の男だとしても素っ頓狂な声を上げてしまう。


帽子「...殺すなよッ!」


隊長「ワカッテる...」ダッ


盗賊3「う、うわあああ」


隊長「────ッ!!」ガシッ


まさか返り討ちに合うとは思ってもいなかったようだ。

次々とやられていく仲間たちの姿を見て、棒立ちする盗賊の1人。

そんな彼を持ち上げる、そしてなにをするかと思えば。


隊長「──フッ!!」ブンッ


盗賊3「──ひえええええええええええ」ピューン


盗賊4「こ、こっちにくるぞッ!」


盗賊5「うわああああああ────」


──ズドンッ...!

大きな音とともに、2人の盗賊が下敷きとなる。

当然、投擲武器として使われた盗賊3もそのまま気絶をしてしまう。


帽子「わぁ...もう半分以上片付けてる」


盗賊6「余所見してると死ぬぜ? 坊や」


盗賊7「オラオラッ! くたばりやがれェッ!」



80: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 21:04:14.96 ID:pE3Q1RjV0


帽子「おっと...よそ見をしてしまったかな?」


わざとらしいセリフであった。

彼の目線は2人の盗賊、よりも先であった。

迫ってくる彼らの背後には彼女が、それも大きな水の流れもおまけとして。


スライム「──"水魔法"っ!!」


──ばしゃばしゃっ...!

水の流れが彼ら盗賊たちを洗い流した。

声も上げる暇もなく、人間は水という絶対的な存在に敵うはずがない。

襲ってきた8人の盗賊をすべて処理し終えていた。


帽子「やるね、魔法だなんて」


スライム「へへん」


隊長「...さテ、どうするか」


帽子「うーん、特にここには何もなさそうだね」


隊長「こイツら、メをサましたらメンドウだ」


帽子「じゃあ、もう戻ろうか...ってだいぶ時間が過ぎたんじゃないか?」


スライム「歩いてるときはずっとおしゃべりしてたもんね」


帽子「って、出口はどっちだ?」


隊長「...コッチだ」


彼は案内する、まるで自分の庭のように。

木々につけてきた傷を頼りに、帰り道を進んでいく。

帰り道も彼と彼女の口が塞がることはなかった、よほど喋ることが好きらしい。


帽子「印をつけてくれたおかげで楽にでれたよ」


隊長「コレはキホンだ」


帽子「さて...もう日が傾いているな」


帽子「私は都に戻るとしようかな、君はどうする?」


隊長「...オレはオマエをオクッタあと、タビをススメル」



81: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 21:05:35.75 ID:pE3Q1RjV0


帽子「...そうか」


スライム「...」フヨフヨ


沈黙がしばらく続く妙な空気の中、スライムが揺れる。

短い時間ではあったが、彼と彼女といた時間がとても有意義に感じていた。

よほど窮屈な生活をしていたのだろう、帽子は口を開いた。


帽子「...よかったら君の旅に着いていってもいいかい?」


帽子「君のこと、気に入りすぎたみたいだ」


唐突に告げてきた、しかも顔つきは真剣そのもの。

初めて帽子と目が合った、その目を見せられれば言葉などいらない。

この先孤独を楽しむか、それとも適切な距離で接してくれる人物を得るか。


隊長「...オレにはコトワルりゆうはない」


隊長(あんな目をされては、断れないな...入隊したての隊員を思い出した...)


帽子「...フフ、何回か断られると思ったよ」


スライム「よ、よくわからないけどがんばってね」


帽子「...君はついてこないのかい?」


スライム「え、でも...魔物の私じゃ迷惑だよ」


隊長「メイワクなヤツならすでにいる」


帽子「ちょ...」


スライム「...ぷっ!」


スライム「あはは! あなたたちみてると楽しいよ♪」


スライム「これからよろしくね♪」


隊長「あぁ...ヨロシク」


帽子「そういえば、どこにいくんだい?」


隊長(元の世界に戻りたいだけなんだがな...)



82: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 21:06:15.32 ID:pE3Q1RjV0


隊長「ワカラン、キメテない」


スライム「なにもきめてないの?」


帽子「それなら西南の荒野に賢者の塔がというのがあってね」


帽子「そこにいる大賢者って人はこの世のすべてを知ってるらしいよ」


隊長("すべて"を知ってるか...試してみる価値はありそうだな)


隊長「じゃあ、ソコにいくか」


帽子「やった! 実は前からいってみたかったんだよね」


スライム「草原以外の場所なんて、わたしはじめてだな」


いざ旅へ出発しようと足を進めると、目にあるものが差さる。

その光は紅く、とても心が落ち着く色合いをしている。

夕焼けが彼ら3人を照らしていた。


隊長(ここ、丁度丘になっていて...絶景だな)


スライム「夕日...きれいだね」


帽子「綺麗だな...墓はここに立てたいね」


隊長(...縁起でもないな、こいつ)


~~~~



83: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 21:24:41.47 ID:pE3Q1RjV0


~~~~


帽子「今日はここに野宿だね、よっと」ギシッ


スライム「ふぃー、つかれた...」モニョモニョ


日は完全に沈み、あたりは暗闇に包まれる。

帽子は近くにあった木に寄りかかり、楽な姿勢をとった。

スライムは少しだけ人の身体の形状を崩していた。


帽子「私は野宿が始めてだ、貴重な体験になるな」


隊長(...犯人確保のために下水道で一晩過ごした時よりマシだな)


帽子「野宿は嫌いかい?」ゴロン


隊長(いつ襲われるかわからないからな)


隊長「さぁな...」


スライム「ぐぅ...」


隊長(もう寝ているのか...)


帽子「ふむ、今日は疲れてるみたいだしもう寝るよ」


そういうと彼は、首元だけ木によりかからせる。

そして被っていた帽子を視線避けにさせる。

はじめての野宿だというのに、妙にこなれていた。


隊長(...野宿か)


隊長(この場合見張りは必須だろうな)


隊長(起きてるしかないな...まぁ1日くらいの徹夜なら仕事柄慣れている)


~~~~



84: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 21:25:32.57 ID:pE3Q1RjV0


~~~~


帽子「...」スピー


スライム「すぅ...すぅ...」ムニャムニャ


隊長「...」ペラ


隊長(この世界の月夜は明るいな、満月なのも影響してか余裕で図鑑が読める明るさだ)


???「おなかすいたぁ...」ガサガサ


その時だった、聞き間違いではない。

声色からして女、スライムはすでに就寝中。

ならば考えられるのは部外者、隊長は警戒をする。


隊長(...草むらになにかいるな)


目標の位置を捉えた、あとはただ待機するのみ。

向こうがこちらに仕掛けてくるのなら、応戦するしかない。

彼はアサルトライフルのグリップを握りしめた。


???「くんくん...人間のにおいだぁ」ガサガサ


隊長「...おい、おきろ」


帽子「...ん?」


スライム「ふぁぁ...なぁに?」


隊長「敵襲だ」


帽子「──おっと、それはいけないね」カチャ


スライム「ふぇ?」




85: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 21:26:42.64 ID:pE3Q1RjV0


隊長「...」スッ


帽子の目が瞬時に覚めた、即座に彼は剣を握った。

そして隊長は静かに指を向けた。

そこは草むら、奴はここにいる。


帽子(ここにいるようだね)


帽子「...」コクリ


隊長(どうやら、今回はジェスチャーが伝わったな)


???「ふっふっふ...ばぁ!!」バッ


草むらから魔物が飛び出した、が。

その飛び出し方はとても安直でみえみえ。

隊長は愚か帽子ですら目で追えた、つまりは簡単に組み伏せることができた。


隊長「──フッ!」ガバッ


???「──いたたたたたたっ! ごめんなさぁいぃぃっ!」バタバタ


隊長(女...それも子どもか?)パッ


あっけなく組み伏せた。

しかし、そこから発せられるのは幼い声。

罪悪感が彼の手を話した、いくらなんでも非情になれない。


スライム「...魔物?」


???「うぅ~そうだよぉ」


帽子「名前をおしえてくれるかい?」



86: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 21:27:51.30 ID:pE3Q1RjV0


ウルフ「あたしはウルフだよぉ」


帽子「...随分と可愛らしい見た目だね」


隊長(白い毛並みのハスキーみたいだな...)


スライム「お手」スッ


ウルフ「わん」ポス


スライム「うひゃぁ...かわいい」


隊長「で、ナンのようだ」


ウルフ「おなかすいちゃって...」


ウルフ「人間は食べないしゅぎなんだけど、いいかなぁって思って...」


立てていた耳を垂らすその仕草。

それは無意識で行われていた、しかしそれに心を奪われない者などいない。

すこしばかり砕けた声色で帽子は問いかける。


帽子「できれば勘弁してほしいな...」


隊長「はぁ...」


隊長(腹が減ったというわけか...)ゴソゴソ


隊長(そういえば確かいくつかレーションが...ってチョコレートだなこれ)ゴソゴソ


隊長(いや、犬にチョコレートはダメだろ)


ウルフ「──っ!」ピクッ


取り出したのがまずかった。

その甘い匂いを嗅いで、待てをできる野良犬などいない。

先程とは大違いの速度で隊長の手に持った食べ物が盗まれる。



87: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 21:28:56.93 ID:pE3Q1RjV0


隊長「──ちょ...はけッ! どくだぞッ!」


ウルフ「──あまぁ~いっ!」


しかしその表情に危険性はなかった。

犬とは言っても、彼女も人の形をなしている。

その影響か、時間が経ってもウルフの顔つきが悪くなることはなかった。


隊長(...そういえば少年時代、犬を飼っていたな...それを思い出した)


帽子「スライムは綺麗だったが、ウルフは愛らしいな...」


スライム「な、なにいってるの...照れちゃうよ...」


隊長(寝起きでおかしくなっているのか、この帽子は)


ウルフ「ふぅ~...ごちそうさまでしたっ!」


帽子「ふむ、私もおなかがすいたな」チラッ


隊長「クサでもくってろ」


スライム「ふぁぁ...もうひとねむりしよう」


ウルフ「ねぇ、あそんでぇ」


隊長(...昔を思い出すな、少し遊んでやるか)


帽子「私も寝るよ...」


~~~~



88: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 21:36:43.79 ID:pE3Q1RjV0


~~~~


ウルフ「おはようございますご主人!」ハッハッハッ


帽子「なにをしたんだい?」


隊長「アソビすぎた」


隊長(まさか、木の棒でフリスビーみたいなことをしてたら...夜が明けていただなんて...)


ウルフ「どこまでもついていきますっ!」ハッハッハッ


スライム「あたらしい仲間だね」


ウルフ「おんなのこどうし、なかよくしてね!」


スライム「よろしくね」


帽子「ふむ、食事はどうするか」


スライム「わたしは水があればだいじょうぶ」


ウルフ「おなかへったぁ...」


隊長(俺も流石に腹が減ったな...)


ウルフ「...みずがながれるおとがするよ?」ピコピコ


隊長「...!」


耳をかなり集中をさせて、ようやく確認できた。

人間にはそれが限界、だが犬や狼なら朝飯前の行動。

近くに水の流れる川がある、そこには当然魚もいるだろう。


隊長(流石、犬なだけあるな...)


~~~~



89: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 21:37:39.29 ID:pE3Q1RjV0


~~~~


スライム「うひぃ~きもちぃ~」プカプカ


帽子「魚がいるみたいだね」


ウルフ「うぅ...すばしっこくてとれない」


しばらく歩くとやはり川が存在していた。

そしてそこには魚影、今朝の食事はこれしかない。

だが問題点が1つ、それは魚を取る道具がなかった。

そんなこともつゆ知らずか、スライムは川に入り浮かんで遊んでいる。


隊長(...魚か、いいエナジーになるな)


隊長(どうやって取るかが問題だな)


スライム「──うひゃぁ!!」バチャ


帽子「ど、どうしたんだい? って...」


スライム「く、くすぐったい」プルプル


スライムの身体、それは水である。

川に入れば自身はそれと同化する、そう言っても過言ではない。

スライムの身体を川の一部と勘違いした魚が彼女に入り込んでいた。


帽子「だいじょうぶかい?」スッ


スライム「ちょ、わたしの中に手を入れないで...///」


帽子「す、すまない...そんな価値観だとは思わなくて...」


隊長(...案外、こいつらは足手まといではないようだな)


隊長(...はぁ、これから先どうなることか)


ウルフ「わぁい、ごはんだぁー!」


隊長(まぁ...今は飯にしよう)


~~~~



90: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 21:40:10.23 ID:pE3Q1RjV0


~~~~


帽子「ふむ、焼いただけの魚もいけるものだね」


ウルフ「やっぱりおさかなは生のままだぁ!」


隊長「やかないとオレはくえん」


隊長(マッチを拾ってなかったら生で食うハメになったな)


スライム「わたしなんて水以外必要ないよ」


隊長(食生活はこの世界も様々だな)


帽子「よし、食べたことだし進もうか」


~~~~


~~~~


帽子「川から大分歩いたね...」ゼェゼェ


隊長「ソウだな」


スライム「すずしい顔してるねぇ...」ハァハァ


ウルフ「ご主人すごい!」


帽子「そろそろ休みたいものだね...」ゼェゼェ


隊長「...どうやら、ヤスめるみたいだぞ」


スライム「あれは...村...?」ハァハァ


ウルフ「わぁい! いこういこう!」ハッハッハッ


隊長「まて、オレがようすをみてくる」


隊長(魔物に良い印象をもっていないかもしれんしな)


帽子「わ、私も行くよ」ゼェゼェ


隊長「オマエもまってろ」


~~~~



91: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 22:57:34.12 ID:pE3Q1RjV0


~~~~


???「はぁ...よっこらしょ」


村に入ると、女性が1人。

なにやら大きな荷物を運んでいる。

当然、人の気配などに気づいているわけがない。


隊長「すまない...キキタイことが──」サッ


???「えっ!? あ、うわっとっとっとっと!」


──ガッシャンッ!

死角から現れた大柄の男、村の者でもないのが相まってか。

女性はビックリして荷物を落としてしまう。

それどこか尻もちをつかせてしまう、隊長は申し訳ない気持ちで一杯になってしまった。


隊長(...確かに、物陰から急に現れれば驚くだろうな)


隊長「すまん...テをとれ」スッ


???「いや...大丈夫だよ...いてて」ガシッ


隊長「...カワりにニモツをもとう」


???「なんかすまん...あぁ、それおもたいからな」


隊長「なれている、ドコまではこべばいい?」


???「そこの私んちまでだ、よろしく」


隊長「オウ」


重い荷物の運搬など、彼にとって些細なことだった。

迷惑をかけてしまった分を取り戻そうと、隊長は女性の家に招かれた。

そして無事に荷物を運び終えることができた。



92: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 22:58:29.95 ID:pE3Q1RjV0


???「いやーたすかったよ」


隊長「レイにはおよばん」


???「ちょっとあがっていきなよ、聞きたいことあるんだろ?」


隊長「すまない、タスかる」


???「座って待ってなー」


隊長(...外にあいつら置いてきたが大丈夫だろうか)


隊長(とりあえず座ろう)スッ


??1「お姉ちゃん、お風呂あがったよー」


その時、先程の人物とは違う声が聞こえた。

正確に言えば違う、違う声とはいってもどこか似たようなモノだった。

他人の空似だったのなら、どれだけよかったことか。


魔女「ふぅーいい湯だった...ってあれ...」


???「あっ、いま客きてるから裸でうろつくなよー?」


隊長「...」


魔女「...」


???「きいてるかー? っておそかったか...」


隊長(女が戻ってきたか...時間も戻ればよかったのにな)



93: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 22:59:41.11 ID:pE3Q1RjV0


魔女「...し」


隊長「...シ?」


???「し?」


魔女「しねええええええええええええええええええっっ!」


──バチバチバチバチッッッ!!

人を軽く殺せる威力の雷が隊長の顔を掠めた。

どうして、彼女との再開がこのような茶番になってしまったのか。


隊長「──ま、まて!」


???「ちょ、まてまてまて!!」


魔女「なんでいるのよおおぉぉぉぉぉぉぉっっ!」バチバチ


隊長「トリあえずかくせ!!」


???「いい加減にしろ! 落ち着けっ!」


~~~~


~~~~


ウルフ「ご主人おそいなぁ...ふぁ~あ」


スライム「あくびをすると眠くなっちゃうよ」


帽子「...」スピー


スライム「って、この人寝てるし...」


ウルフ「くぅ...」スヤスヤ


スライム「2人ともねちゃった...」


スライム「...そういえばこの人の顔ってどんなんだろ」


スライム「...みちゃお」


帽子「zzz」スピー


スライム「...そぉ~っと」ドキドキ


その時だった、あと少しで彼の帽子を剥ぐことができたというのに。

後ろから声をかけられてしまった、その声は間違いなく隊長。

しかしなぜだろうか、少しばかり疲れているような。


隊長「...オイ、オマエら」


スライム「──ぴゃっ!! ごめんなさいごめんなさい! ってあれ...?」



94: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 23:01:03.61 ID:pE3Q1RjV0


帽子「...ん、眠ってしまってたか...おや?」


ウルフ「くぅ...くぅ...」スヤスヤ


魔女「...」ムッスー


隊長「...ムラにはいるぞ」


露骨に不機嫌な魔女と、目が若干虚ろな隊長がそこにはいた。

一体どのような関係性なのだろうか、とても気になった帽子。

しかし声をかけることはできなかった、そのあまりの剣幕に。


~~~~


~~~~


帽子「なるほど、ここは魔物の村なのか」


テーブルには食事がならんでいる、無事招待された模様。

帽子はそんな話を聞きながら、オークが馬小屋の馬を世話している光景を凝視する。

この女性の話、その真偽をその眼で確かめた。


???「そうさ、おっと自己紹介がまだだったな」


魔女姉「私は魔女姉、こいつの姉貴さ」


魔女「...」ムス


魔女姉「そんな機嫌悪くするなよ」


魔女「お姉ちゃんのせいじゃん!」


魔女姉「そもそも裸でうろつく癖がな...」


魔女「ぐぬぬ...」


帽子「...裸?」


魔女「な、なんでもないっ!」


隊長(...はぁ)



95: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 23:02:49.36 ID:pE3Q1RjV0


魔女姉「ここは普通、見つからない秘境みたいな感じなんだけどな」


帽子「そうなんですか?」


魔女姉「まぁ魔物自体の存在を許してない奴も多いからな」


魔女姉「襲われたらイヤだろ?」


帽子「そうですね...」チラッ


再び、帽子は外の光景を眺めた。

庭だろうか、そこには村の魔物の子と戯れるスライムとウルフ。

早くも打ち解けている、同じ魔物だからだろうか、そんな光景が彼の心を奪う。


帽子「──こんなに綺麗で美しい光景なのに」ボソッ


魔女姉「...ん? なんかいったか?」


帽子「...いえ」


魔女姉「まぁ、私が魔法をつかって見つからないようにしてるんだがな」


帽子「その魔法とは?」


魔女姉「...悪いがよそ者には教えられんな」


帽子「フフ、それもそうですよね」


魔女姉「あんたら悪そうな奴じゃなさそうなんだけどな、村の掟みたいなもんさ」


帽子「ですが...なぜ私たちはこの村に気づいたんだろう」


魔女姉「うーん...魔物と一緒にいたからじゃないか?」


魔女姉「この魔法、魔物には目視ができるからな」


魔女姉「認識されちまったら、一緒にいる奴らも見えちまうだろうね」


帽子「ふむ...」


隊長(...話が盛り上がってるな、俺も参加したいところだが)


魔女「じー」ギロリ


隊長(視線が鋭い、俺の部隊にもこんな奴はいないぞ)



96: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 23:04:20.33 ID:pE3Q1RjV0


ウルフ「こっちだよぉー!」バタバタ


村の子1「ま、まっていぬのおねえちゃん」


スライム「ほら、お花のかんむりができたよ」パサッ


村の子2「わぁ~ありがと!」ニコニコ


隊長(みんな楽しそうだが俺だけ地獄のようだ)


魔女「じー」ギロ


隊長「...ナンだ」


魔女「ふんだ」


帽子「この村の人間はあなたたちだけみたいですね」


帽子があたりを確認しながらつぶやく。

周りの村民、姿形はほぼ人に近いがやはり違う。

だが彼女ら姉妹は人間と遜色ない、むしろそのモノである。


魔女姉「あー...いや、この村に人間はいないぞ」


帽子「おや、あなたたちは...どうみても人間のようだが?」


魔女姉「私たちの魔力は後天性じゃなくて、先天性なんだ」


帽子「...人間と魔物の子ってわけですか」


隊長(...ハーフか)



97: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 23:05:26.60 ID:pE3Q1RjV0



魔女姉「母が人間で父が魔物の魔術師で...」


ある疑問が彼には浮かんでいた。

持って生まれたのか、そうでないのかの差。

この世界の住民でないからこそ、その僅かな差に引っかかる。


隊長「...そこまでさべつされるノか?」


帽子「...後天性の魔力は神からの贈り物と言われ、浄化されていると認識されてるんだ」


帽子「逆に先天性の魔力は神を通してないから穢れていると認識されてるんだよ...」


魔女姉「そうだな...」


隊長「...なるホド」


魔女姉「そういえば...あんたら旅してるんだってね、目的地とかあるのか?」


帽子「一応目的地は、賢者の塔ですね」


魔女姉「──け、賢者の塔だって!?」


それは魔物だからこそのツッコミであった。

あそこがどれほど危険な地域であるか。

人間の彼ら、ましては野良の魔物にはわからない。


帽子「どうしました?」


魔女「...あそこは危険だからあんたたち人間が近寄ると死んじゃうよ」


魔女姉「こら、言い方がひどいぞ...まぁ実際そうなんだが」


帽子「ふむ、そこまで言われると逆にいってみたいな」


隊長「どちらにしろ、オレにはしりたいことがアルんでな」


魔女姉「まぁ止めはしないよ...だが気をつけろよ?」



98: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 23:06:30.04 ID:pE3Q1RjV0


魔女「ふんだ、死んじゃえ」


魔女姉「おい、流石に口が悪いぞ」


隊長「イヤ、オレはきにしていない」


魔女「...私は部屋に戻るわよ」


そう言うと、彼女は足早に去っていた。

露骨に嫌悪感を醸し出されている、流石に応えるものがある。

しかし、偶然とはいえ乙女の身体を見てしまったこの中年男性が悪い。


隊長「...だいぶキラわれてるな」


魔女姉「なんか、すまん」


魔女姉「...ってもう暗いな、今日はうちに泊まりな」


隊長「タスかる...」


魔女姉「いいってことよ、魔物を連れて旅する奴に悪いやつはいないさ」


~~~~



99: ◆O.FqorSBYM 2018/11/21(水) 23:07:26.47 ID:pE3Q1RjV0


~~~~


魔女姉「さて、寝床どうするか...」


村のもてなしを受けた、その密度は濃い。

ここに訪れたのは朝だというのに、すでに日は沈みかけていた。

窓から夕焼けの紅が差し込む中、魔女姉は2人に問いかけた。


隊長「オレはイスでいい」


帽子「私もイスで大丈夫」


魔女姉「じゃあ、スライムとウルフは私の部屋においで」


スライム「はーい」


ウルフ「がうっ!」


魔物の仲間2人が、魔女の姉に連れられた。

昨夜は野宿だったが、今夜は屋根のある場所で就寝できる。

地味に徹夜をしていた隊長、今日こそはぐっすりとできるだろう。


帽子「...」スピー


隊長(早いな...)


~~~~



102: ◆O.FqorSBYM 2018/11/22(木) 21:36:12.26 ID:HupzCDNi0


~~~~


魔女姉「──だから無理だっ! かえってくれ!!」


???「そうはいかん、魔王様の命令だ」


隊長(...ん?)


帽子「...起きたかい? なにやらもめているね」


早朝、外から聞こえてき大声。

なにやら魔女の姉が誰かともめている様子だった。

ただの喧嘩だろうか、そう思った矢先にとても不穏な言葉が発せられる。



魔女姉「──この村に人間と戦争するような奴はいない!!」


帽子「──...ッ!?」


隊長「...」


寝ぼけているわけではない、確実に耳にしたのは戦争というワード。

それがどれだけ重みのある言葉なのか、魔女姉の意見に賛同する村民たちの声が沸き立つ。

困惑気味の彼らの背後に、彼女が訪れる。


魔女「あいつの刺青を見て...あれ魔王軍の証だよ」


隊長「...まおう?」


魔女「魔王もしらないのね...人間の敵の王様よ」ハァ


???「ふん、手を貸さないなら...こんな村、この暗躍者が消してやろう」


魔女姉「──や、やめろ!!」


魔女「────っ」ダッ


隊長「──まてッ!」


彼女は走り出してしまった。

隊長の静止は虚しく、止まることはなかった。

首根っこを掴んででも止めるべきであった。


帽子「これ...まずいんじゃない?」


~~~~



103: ◆O.FqorSBYM 2018/11/22(木) 21:38:05.42 ID:HupzCDNi0


~~~~


魔女姉「たのむ、もう帰ってくれ...」


暗躍者「...死んでもらおうか」


魔女姉「──おまえら、離れろ!」


魔女姉の一声で、集まっていた村民は離れていった。

この男の腕には大きな入れ墨、魔女が言うには魔王軍の証らしい。

彼の名は暗躍者、一体なぜこのような者がこんな辺鄙な村に。


暗躍者「...あんまり時間を掛けさせないでくれ」


魔女「──お姉ちゃん!!」


魔女姉「──魔女! くるな!!」


暗躍者「...妹殿、我らの魔王様に仕える気はないのか?」


魔女「あるわけないじゃん!! お姉ちゃんから離れろ!」


暗躍者「...チッ、魔物モドキの分際で調子に乗るなよ」


魔女姉「────なんだって?」ピクッ


その時、空気が変わる。

なにか言ってはいけない単語を放ってしまったかのような。

彼女の周りに焔が纏う、これは彼女の得意な魔法。


暗躍者「...人間などの下等生物の血を半分も受け継ぐなど考えられん」


魔女姉「母を侮辱することはゆるさんぞ...」


暗躍者「チッ、クズが」ブツブツ


──バチバチバチバチィッ!

しかし、怒りに誘われたのは彼女だけではない。

感情の込められた雷が、暗躍者に襲いかかる。


暗躍者「...チッ、雷魔法か」


魔女「お母さんを...馬鹿にするなぁっっっ!!!!」


魔女姉「...魔女、下がってろ」


暗躍者「どちらにも死んでもらう...下がらなくてよいぞ」ブツブツ


しかし、雷魔法で怯む彼ではなかった。

彼は魔王の名を口にした、そのようなことは下等な者には許されない。

この男、かなりの実力を誇っている、それを証明する威力の魔法が飛び出した。


暗躍者「──"風魔法"」



104: ◆O.FqorSBYM 2018/11/22(木) 21:39:40.16 ID:HupzCDNi0


魔女姉「────あぶない!」ガバッ


──ヒュンッ!

その単純な音が、彼女の身を痛めつける。

風の魔法、それは目で捉えることのできない強烈な魔法。


魔女姉「──ぐあぁっっ...」


魔女「──お姉ちゃん!? お姉ちゃん!?」


魔法が魔女姉の頭部に直撃し、そのまま気絶をしてしまう。

あまりの出来事に魔女は動転してしまい、姉の名前を呼ぶことしかできずにいた。


暗躍者「...安心しろ、まだ死んでない」


暗躍者「魔王様の命令を断った罰だ、この剣で逝かせてやろう」スッ


魔女「くっ..."雷魔法"!!」


──バチッ...!

先程のモノと比べると、弱々しい。

気が動転している、考えられる要因は1つしかなかった。

それは隊長が読んでいた本にも記載されている項目。


暗躍者「詠唱がめちゃくちゃだぞ、そのような魔法など食らわん」


暗躍者「...クズよ、逝け」スッ


魔女「ひっ」


彼女の得意な魔法は通用しなかった。

そして暗躍者は見せしめのように、剣を見せつけてきた。

わざわざ剣で惨たらしく殺す気だ、魔女は無意識に姉を庇おうとした。


魔女「────っ!」


──ダンッ!

そして聞こえたのは、未知の音。

まるで何かが弾けたような、そして香るのは独特な匂い。


隊長「──Scum...」


帽子「...なにをいってるんだい?」


隊長「オレのフルサトのことばだ」



105: ◆O.FqorSBYM 2018/11/22(木) 21:48:07.98 ID:HupzCDNi0


暗躍者「ぐっ...なんだこの威力はッ...!?」


手のひらに感じるのは激痛。

何かが貫通した後が残る、その手で剣を握ることなどできない。

暗躍者は思わず剣を弾き落としてしまった。


暗躍者「俺に傷をつけるのは困難なはず...!」


隊長「帽子、魔女姉をタノム」


帽子「よしきたね」


魔女「ま、まって!」


隊長「ココはオレにまかせろ、オマエは魔女姉についてやれ」


暗躍者「ま、まてぇ! "風ま──」


──ターンッ!

詠唱によって魔法陣が現れ、そこから風が生まれようとする。

だがそのような目に見えた行動、彼が許すわけがなかった。


隊長「...いけ」


暗躍者「グッ...ガハァッ...!?」


魔女「で、でも...」


帽子「魔女さん、行きましょう」


帽子は気絶した魔女姉を背負い、動揺する魔女の腕を強引に引っ張った。

ここに残ったのは、隊長と暗躍者の2人。

場は整った、しかし彼は忘れ物をしていた。


隊長(慌てずに、アサルトライフルをもってくればよかったな...)


暗躍者「貴様...人間か、その武器さえどうにかすれば余裕だな」


隊長「ドウにかしてみろ、クズ」


暗躍者「──貴様ぁ!! 今に見ていろ!!」スッ


彼は懐から何かを取り出した。

微かに見えたのは小瓶、そしてその中身を飲み込んだ。

すると、暗躍者の身体は消え始める。


隊長(ステルスか...なんでもありだな...)



106: ◆O.FqorSBYM 2018/11/22(木) 21:48:53.84 ID:HupzCDNi0


暗躍者「──"風魔法"」


──ヒュンッ!

そして早くも仕掛けてきた、見えないところから見えない魔法が襲いかかる。

防弾チョッキで守られているとはいえ、腹部に直撃した。

その威力は絶大、思わず嗚咽してしまうほど。


隊長「──ッ!? ガハァッ...」


隊長(なんて威力だ...車にぶつかったような痛みだ...)


隊長(...厄介だ)


暗躍者「"風魔法"」


──ヒュンッ

再び襲いかかる突風。

隊長が比喩した、車にぶつかったような痛み。

それが連続すれば、確実に死に至ってしまう。


隊長「──グフゥッ...!」


隊長(落ち着け...耳を澄ませ...)


暗躍者「"風魔法"」


隊長(──いまだッ!)スッ


──ヒュンッ!

隊長が突然屈み込んだ、それどころかほぼ寝そべりの状態に移行した。

彼には耳がある、たとえ見えない相手でも確実に捉えることのできるモノがある。

魔法には詠唱が必要、ならば必ず声を発するはず。



107: ◆O.FqorSBYM 2018/11/22(木) 21:57:23.95 ID:HupzCDNi0


暗躍者(な、なにぃ...かわしただと...)


暗躍者(チィ...偶然だろう、もう一度頃合いを測って...


隊長「...」


隊長「......」


隊長「.........」


暗躍者「..."風ま──]


隊長「──ッ!」スチャッ


──ダンッ!

彼は寝そべりながらも射撃した。

ハンドガンのエイム、それはなにもない場所を捉えていた。

だがそれは虚空ではなかった、その足元に紅が飛び散る。


暗躍者「──ゲホッ...な、なぜだ...ッ!?」


隊長(口ほどにもないな...)


手応えあり、彼の射撃精度が悪くなければ確実に胸元を貫いているはず。

そうしたのであれば、あの暗躍者という男はもう動くことができない。

勝敗が白黒つけられる、そんな中心配してきた彼女が戻ってきてしまう。


魔女「...た、たおしちゃったの?」


隊長「...あぁ」


隊長(現代兵器は頼れる...頼れすぎるのが原因で社会問題にもなるがな)


魔女「...氷竜も倒しちゃうし...あんた何者?」


しかし、不可視の恐ろしさはまだ終わらない。

なにも見えないからこそ、その行動を許してしまった。

目視することができない、それが隊長の油断を招いてしまった。



108: ◆O.FqorSBYM 2018/11/22(木) 22:04:06.65 ID:HupzCDNi0


暗躍者「──まだだ...」ゴク


隊長(──しまったッ!? まだ息があったかッ!?)


暗躍者「くく...これは側近様が作られた魔力薬...」ボコッ


暗躍者「──側近様の魔力が俺の中にぃいいいいいいいいいいいいい」ボコッ


彼の油断、それは見えないことだけではない。

頼れすぎてしまう銃の威力を盲信してしまっていたからであった。

胸を打たれ心を貫かれても、魔物という生き物はすぐには死なないのであった。


魔女「な、なにあれ...変異してる...」


隊長「...なんだアレはッ!?」


暗躍者の体が膨らんでゆく、それは次第にある形をなし始めていた。

その見た目はまるで巨大な花のような。

この出来事を許してしまったことが悔やまれる。


暗躍者「──ガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッッッ!!」


魔女「──うぅ...耳がぁ...っ!」


隊長(クソッ...)


花の分際で、耳を破るような大声を出していた。

一体どこからその音がなっているのか。

それは明白であった、花弁の中央に。


魔女「なにあれ...花の中におっきな口が」


隊長「...Fuck」


魔女「...え?」


隊長「さがってろ!」


暗躍者「ガアアアアアアアアアアアアアッッ!!!」


──ヒュンッ ヒュンッ ヒュンッ!

その時だった、花弁から魔法が放たれる。

それはまだあの男が人の形をなしていた時に使っていた魔法。

突風、疾風、烈風、多数の風が無軌道に放たれる。



109: ◆O.FqorSBYM 2018/11/22(木) 22:26:47.85 ID:HupzCDNi0


魔女「風魔法っ!? それも同時にたくさんっ!?」


隊長「──こっちだ! こい!!」


隊長が見つけたのは大きな木。

少なくとも身を隠せることができる、ある程度は風避けになってくれるはずだ。

そう考えた彼は走り出す、そして偶然にも風にあたることはなかった。


魔女「ぐ...きゃあぁっ!」バタッ


しかし、彼女は違っていた。

不幸にも魔女は転んでしまう、それは一体何故か。

風は無差別に放たれている、風が地面に当たればそこには穴ができてしまう。


魔女(...転んだ...もうだめだ)


足が穴に引っかかり、体勢を大きく崩す。

そして感じるのは風の音、確実に被弾することは間違いない。

恐怖からか、彼女は瞳を閉じる、瞼の暗闇が彼女の最後の光景。


魔女「...?」


しかし彼女の身体に異変はなかった。

一体なぜ、あの軌道は確実に魔女の身体を捉えていたのに。

恐る恐る視界を開いてゆくと、目の前には彼が。


魔女「な...なんで...?」


隊長「...ツギはあきらめるな」


隊長が魔女に覆いかぶさることで護っていた。

しかしそれもつかの間、花から触手が生み出されていた。

そしてそれが隊長の足を掴む。



110: ◆O.FqorSBYM 2018/11/22(木) 22:36:25.41 ID:HupzCDNi0


隊長「しまっ────」


──ふわっ...

そして、無理やり上に持ち上げ


隊長「──うおおおおおおおッッ!?」


──ドスンッ!!

そこから地面へと叩き落とされる。


隊長「──ガハぁぁ...ッ!?」


背中には鈍い痛み、それ故に脱力してしまう。

抵抗する間もなく隊長は大きく上に持ち上げられる。

触手は彼を逆さまに吊るしている、そして花は大きな口をあける。


隊長「クッ...」スチャッ


──ダン ダン ダン ダン ダン ダン ダン ダン

抵抗虚しく、この小さな銃では太刀打ちできない。

花という化物が口を開いている、この後に続くのは間違いなく捕食行動。


隊長(だめだ...ハンドガンではまったく怯まない)


隊長(...ここまでか、食われておわる人生か)


魔女「──"雷魔法"っ!!」


暗躍者「ガアアアアアアアアアアアアアアアアアッッ!!」


立場が逆転してしまった。

先程は彼女に諦めるなと伝えたはずなのに。

今度は彼女が、隊長に向かってそう伝えてきたような。


隊長(...まだ死ねないみたいだな)スッ


隊長「──フッッ!!」ズバッ


最後の力を振り絞る、隊長はナイフを取り出した。

みなぎるのは気力、腹筋を利用することで逆さまに吊るしている触手をめがける。

そして彼は憎たらしい植物の一部を切り裂いた、すると当然真っ逆さまに落ちる。


隊長「──うおおおおおおおおッ!!」


隊長(これはヘリからの緊急脱出よりも怖いぞッ...!)



111: ◆O.FqorSBYM 2018/11/22(木) 23:00:39.67 ID:HupzCDNi0


隊長「──って、スライム!?」


スライム「ほいきた! "水魔法"っ!」


その時だった、真っ逆さまの先にいたのは彼女。

そして何を思ったのか、スライムは自分に水魔法をぶつけた。

すると、スライムの体に変化が見られた。


隊長(──大きくなったッ!?)


隊長「うおおおおおおッッ!!」


──バシャーンッッ!!

隊長が直撃したのは、水の塊。

地味に鈍い痛みが走るが、地面に直撃するかよりはマシ。

どうやらスライムは自らの体積を水で増やしたようだった。


隊長「...」ゴボボ


隊長(マット代わりになったのか...助かった)スイスイ


あとは簡単、泳いでスライムの中から脱出した。

驚くほどに水はさらさらしている、理由はわからないが身体や銃は水浸しにならなかった。


隊長「──ぶはッ! スライム、たすか...」


スライム「...うっぷ、吸収しすぎた」オロロ


隊長「...やすんでてくれ」


スライム「は、はぁい...うっぷ」オロロ


魔女「大丈夫だったっ!?」


隊長「あぁ...オカゲさまでな」


暗躍者「ガアアアアアアアアアアアアアアッッ!!」


隊長「...じゃくてんとかナイか?」


魔女「...あんた、マッチとかもってなかったっけっ!?」


隊長「そうか...もやシテミルか...ホラ」


暗躍者「ガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッッ!!」


隊長「...きくのか?」


魔女「試してみなきゃわからないってば! えいっ」ボッ


適当になげたマッチが、茎部分に火が移る。

それは以外にも軽く燃え広がった。

この暗躍者という男、乾燥肌のようだ。



112: ◆O.FqorSBYM 2018/11/22(木) 23:12:42.08 ID:HupzCDNi0


暗躍者「──ガアアアアアアアアアッッ!?!?!?!?」


魔女「効いてる! やっぱ弱点は火!」


隊長「──うしろだッ!」スチャ


──カチッ! カチッ!

弱点を見つけ喜ぶ魔女の背後に触手がせまる。

それを銃撃により撃墜しようとしたが、トリガーの音がそれを拒否する。


隊長(た、弾切れ...くそッ!)バッ


魔女「え!?」ドン


彼は魔女を強く押した、その影響で彼女は倒れ込む。

そして隊長は身代わりとなる、その身を犠牲にして。


魔女「あ、あんたっ!?」


隊長「──オぉうッッッ!」


──ザッシュッ...!

隊長の右肩に細い触手が貫通する、非情にもソレは激しく貫通したまま動く。

そのあまりの激痛に悶えるしかない、手が震えるなか彼はナイフを取り出した。


隊長「ガァ...ぐぅ...」スッ


隊長(よりにもよって利き腕のほうか...)


帽子「──ほら!」ズバッ


帽子「...大丈夫だったかい?」


隊長「あぁ...タスかった」


魔女「..."治癒魔法"」


──ぽわぁっ...

明かりが隊長を癒やす、そして帽子が触手を払ってくれた。

しかし彼の限界は遠くない、これ以上長引くと危険だ。


隊長「たすかる...」



113: ◆O.FqorSBYM 2018/11/22(木) 23:14:29.00 ID:HupzCDNi0


魔女「無茶しないで...なんであんたは...」


隊長「はなしはコイツをたおしてからだ...」


帽子「フフ、そうだね」


帽子「ところでこれ、君の武器だろ?」スッ


隊長「あぁ、たすかる」スチャッ


──ババババババババババッッッ!!

帽子が持ってきてくれたのは、彼の忘れ物。

これさえあれば、短期決戦に持ち込めるかもしれない。

今の乱射で多数に出来上がった銃痕がそう思わせた。


帽子「うわっ、すっごい威力」


暗躍者「──ガアアアアアアアアアアアアアッッ!?!?!?」


隊長「魔女!」


魔女「わかってるって!、えいっ!」ボッ


──ババババババババババッッッ!!

──ズバッ!! ザシュッ!!

大量の弾痕がある茎にマッチをぶつける。

それを阻止しようと大量の触手が襲い掛かる。

だがそれも阻止しようと、2人の男が抵抗する。


帽子「触手は私たちにまかせて、君は火をぶつけまくれ!」


隊長「はやくシテクレッ!」


──ババババババババババッッッ!!

──ザシュッ!! グサッ!!

触手を薙ぎ払う音、だがそこにもう1つが加わる。


???「"炎魔法"」ゴォ


──ゴオオオオォォォォウッ...!

その炎はマッチなどと比べ物にならない。

魔法により生まれたその大きな炎は植物を果てさせる。


暗躍者「ガアアアァァァァァァ────」


隊長「──Target destroyed」


戦いはこれ以上長引くことはなかった。

アサルトライフルが、帽子の剣が、魔女の火が。

そして魔女姉の炎が暗躍者だったモノを滅する。



115: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 16:25:32.60 ID:yoc9Ddbc0


隊長「おわったな...」


魔女姉「ふぅ...いいとこどりしちゃったな」


ウルフ「わふっ」


魔女姉「おぶってもらってわるいね、ウルフ」


帽子「いやー、つかれたね」


魔女「お姉ちゃん、もう大丈夫なの?」


魔女姉「あぁ、まだ頭が痛いがな」


スライム「うぅ...やっと体型もどった...」


帽子「よくがんばったね」


魔女姉「とりあえず私んちにきな、腹減っただろ」


隊長「...あぁ」


~~~~


~~~~


魔女姉「ごちそーさん」


ウルフ「ふぁーおなかいっぱい」


スライム「ここの水はおいしいね」


帽子「そういえば、水を含むと体が大きくなるんだね」


スライム「うん、スライム族の特技だよ」


魔女姉「そうなのか、しらなかったなぁ」


食卓の料理を平らげる、6人もいればぺろりといけてしまう。

その後に始まるのは雑談、先程の出来事のことで話題は持ちきり。

しかし彼だけは会話に参加ぜず俯く、それはなぜか。


隊長(...アサルトライフルが残り180発、ハンドガンが残り90発か)


隊長(まだ残ってはいるが...次第に底をついてしまうな...どうしたものか)



116: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 16:26:32.94 ID:yoc9Ddbc0


魔女「...ねぇ、あんた」


隊長「ん...?」


魔女「きゃ、きゃぷてん...」


隊長「なんだ?」


魔女「...た、助けてくれてありがとね」


隊長「...めのまえでしなれてはこまる」


魔女「私のことじゃなくて!」


隊長「...?」


魔女「あんたがいなかったら...この村はたぶんなくなっていたよ」


隊長「...」


あの暗躍者とかいう男、銃を前に手も足もでなかった。

しかしそれはあの武器がどのような代物なのか全く知らなかった為。

奴は十分に実力を保持していた、このような村を滅ぼすなんて些細なことだったのかもしれない。


隊長「...おれはただしいとおもったことをしただけだ、れいはいらん」


魔女「...そっか」


隊長「...帽子、そろそろいくぞ」


帽子「おや、それでは行きますか」


スライム「もうちょっとやすみたかったな」


ウルフ「ご主人のいうことをきけぇ!」ワン


スライム「ひゃわっ! 急にほえないでよっ!!」


魔女姉「もういくのかい? 積もる話はまたの機会にしておくか!」


~~~~



117: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 16:28:40.58 ID:yoc9Ddbc0


~~~~


帽子「フフ、またあいましょう」


スライム「またね~」


ウルフ「わふっ」


隊長「じゃあな、魔女」


魔女「...ばいばい」


魔女姉「気をつけろよー!」


帽子とスライムが手を振る、その相手はここの村の住民たち。

村の危機を救ってくれた者たちを出迎えるために、集まっていた。

旅の出発を見送る、やがて彼らの姿が見えなくなるまで村民たちは見守っていた。


魔女姉「...よかったのかい?」


魔女「...なにが」


魔女姉「賢者の塔、いってみたいんじゃなかったのか?」


魔女「...今度ひとりでいくもん」


魔女姉「...村のことは心配するな、魔王の奴らが村に報復にくるとかおもってんだろ?」


魔女「う...」


魔女姉「大丈夫だ、結界は強くするし...この村には力自慢の奴らとかいるだろ?」


魔女「い、いかないってば...」


その言葉のあと、彼女は数秒沈黙をする。

魔女の葛藤、そこには興味のあった場所に行けるという理由。

しかしそれだけではなかった、妙な感情が魔女を揺らぐ。


魔女「...ごめん、やっぱり行ってくるよ」


魔女姉「あぁ、楽しんでおいで...あいつらならあんたを任せられる」


魔女姉「餞別だ、姉ちゃんの帽子をやるよ」スッ


魔女「うん! ありがとねお姉ちゃん!」


魔女姉「気をつけろよ...魔女」


彼女は駆け足で彼らの方向へと向かう。

その様子を最後まで見届ける、魔女の姉。

少しばかり寂しい感情が残るが、それでよかったのである。


~~~~



118: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 16:29:50.42 ID:yoc9Ddbc0


~~~~


隊長「...なにかうしろからちかよってくるぞ」


いち早く気がついたのは彼であった。

後方から草原をかき分けていく音が注意力を刺激する。

少しばかりか日本語が上達している、訛りが少なくなった隊長が帽子たちにそう伝えた。


魔女「──まって!」


隊長「...どうした?」


スライム「あれ、なんできたの?」


魔女「はぁ...はぁ...ごめん、私も付いていっていい?」


帽子「えっと...私は構わないけど...」


ウルフ「...?」


皆に不思議そうな顔つきをされる。

なので彼女は説明をした、前々から賢者の塔に興味を持っていたことを。

上辺だけを述べる、だがそれだけで彼らの信用を得ることができていた。

旅の仲間に新たな1人が加わる、隊長が異世界にきて6日。


~~~~


~~~~


スライム「やっと草原地帯を抜けた...」

ウルフ「きれいなうみだなぁー」


草原地帯を抜けると、そこには大海原が見えた。

ここは海岸地帯、海に隣接した崖が有名な観光地でもある。


帽子「この海岸地帯を抜けると、賢者の塔のある荒野地帯につくみたいだね」


魔女「よくお姉ちゃんに連れてってもらったなぁ、ここ」


隊長「...」


各々が海原の雄大さに心を奪われている。

そんな中、彼だけは違っていた、その表情はかなり強張っている。

無意識なのか、首元に巻いた深緑のマフラーを触りこんでいる。


隊長(なんだ...この胸騒ぎ...)


~~~~



119: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 16:32:06.69 ID:yoc9Ddbc0


~~~~


??1「──ちゃん、あなた、ご飯よ~」


??2「お、今日もおいしそうだ」


??1「あらあら、あなたってばいつもおいしそうって言ってくれるじゃない」ニコ


??2「──ちゃん、早くきなさぁ~い」


??3「はーい、いまいくよお母さん」


??3「わぁ! おいしそうな料理!」


??4「ソウだな、オイシそうだ」


??3「──さん! きてたんですね!」


??1「あらあら、ずっと一緒にくらしてたじゃない」


??2「──さんとお父さんどっちが好き?」


??3「うーん...──さん?」


??2「ば...ばかな...娘をよろしくおねがいします」


??4「オイオイ、キヲオトスな」


??2「お父さんは──さんに勝てる所がないようだ...」


??3「そんなことはないよね? お母さん」


??1「ふふふ、そうねぇ~、お父さんは素敵ねぇ~」


??2「おまえっ!」ガバッ


??1「あらあら、子供の前よ」


??3「ふふ、変なの」


??4「ソウダな」


??3「──さんが魔女を倒して平和ですね」


??4「アア」


??3「こんな平和な時間、ずっと続きますように!」


~~~~



120: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 16:34:25.52 ID:yoc9Ddbc0


~~~~


少女「あっ...あっ...あっ...あっ...」


???「側近様、入ります...」


今まで見せられたのは、彼女の夢。

ここはどこかの部屋、そこに入り込むのは少女を連れてきた者。

そしてその者が畏まる、その相手の名前は側近と呼ばれる者。


側近「おぉ偵察者か、入れ」


偵察者「ハッ...早速、実験台を使っているようですね」


側近「お前の連れてきたこの少女、なかなかいい物になりそうだ」


少女「あっ...あっ...あっ...あっ...」


──ちゅぷっ ちゅぷっ くちゅっ ぴちゃっ

白い花から大量の触手が伸び、少女の耳から体内への侵入を繰り返す。

その音はあまりにもエグく、まるで脳がかき混ぜられていると勘違いできるほどに激しかった。


偵察者「...草原の村に向かった暗躍者が倒されたようです」


側近「...あの村にあいつを倒せるような奴はいないはずだが」


偵察者「それに、氷竜も女勇者ではない誰かが倒していたようです...」


側近「なに...では氷竜を倒した者が暗躍者を倒した可能性があるな」


側近「...たしかこの少女、氷竜がいた山の麓の村人だよな」


偵察者「はっ、そのとおりでございます」


側近「なにか知ってるかもしれん、頭の記憶を覗いてみよう」


側近「なにか見つかったらまた呼ぶ、もどっていいぞ」


偵察者「はっ、失礼します」


~~~~



121: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 16:35:11.55 ID:yoc9Ddbc0


~~~~


帽子「...この看板って?」


帽子が訪ねた看板、そこには角の生えた人が描かれていた。

これは海岸地帯の港町の入り口、そこに表示されている。

これが何を意味するのか、魔女が答えをくれた。


魔女「これは魔物が入っても大丈夫って意味の看板よ」


魔女「ここは商業主義の町だから、お金さえ払ってくれれば人間も魔物も関係ないってことよ」


帽子「...そうだったのか、知らなかった...このような町があるだなんて」


隊長「あぁ、これでらくにやすめるな」


ウルフ「おいしいものがたべたい...」


帽子「私はお酒が飲みたいね」


魔女「私は別に...」


スライム「水がほしいな」


隊長「おまえら...」


ウルフ「くんくん...このにおいっ!」バッ


スライム「あっ! まってウルフちゃん!」ダッ


帽子「まて! 流石に1人は危険だ!」ダッ


なにかの匂いを嗅ぎつけ、ウルフは1人飛び出してしまった。

それを止めるべく、スライムと帽子も後を追う。

だが犬相手にかけっこで勝てる者などそうそういない、ウルフは早くも匂いの根源にたどり着く。


ウルフ「おかしだぁ!」ハッハッハッ



122: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 16:36:10.44 ID:yoc9Ddbc0


商人「1つ銅貨2枚だよ」


ウルフ「はっ...おかねもってないぃ...」


商人「わるいね、魔物の嬢ちゃん」


スライム「ま、まって...はぁっ...はぁっ...」


帽子「1人で行動は危険だ...ウルフさん」


ウルフ「う...ごめん...」


スライム「なんで走り出したの...ってこれか」


帽子「お金がないみたいだね、買ってあげよう」


ウルフ「いいの!?」ヘッヘッヘッ


帽子「フフ、スライムさんもどうだい?」


スライム「わ、わたしは固形物たべれないから...」


帽子「ふむ...1ついくらですか?」


店員「1つ銅貨2枚だぜ、金髪の兄ちゃん」


帽子「では、2枚で1つ貰おうか」スッ


店員「まいどありぃ!」スッ


帽子「はいどうぞ、ウルフさん」


ウルフ「わぁ! ありがとぉ!!」モグモグ


帽子「さて、きゃぷてんたちと合流しないと」


~~~~


~~~~


魔女「...ごめん」


隊長「...まよったな」


隊長「こうなってはしかたない、どこかみはらしのいいところにいくぞ」


魔女「それならあれはどう?」スッ


ウルフたちに追いつこうと、彼たちも町を進んだのは良かったが。

どうやら道に迷ってしまったらしい、見知らぬ土地でこれは仕方ない。

すると、魔女が遠くにある高台を指差す。


隊長「...よさそうだな、あそこにいこう」


~~~~



123: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 16:36:51.58 ID:yoc9Ddbc0


~~~~


帽子「ふむ、いないようだね」


スライム「こ、こまったね」


ウルフ「おいしい♪」モグモグ


帽子「きゃぷてんのことです、きっとどこか見晴らしのいいところに行ったはず」


スライム「おぉーそうかもね」


ウルフ「♪」モグモグ


帽子「あの高台、いそうだね」


スライム「いってみようよ」


帽子「フフ、そうだね」


~~~~


~~~~


魔女「日が傾いてきちゃった」


隊長「あぁ、そうだな」


魔女「...ねぇ、あんた」


隊長「ん?」


魔女「あんた、変な防具してるから顔みたことないよ」


魔女「...よかったらみせてよ」


隊長「あぁ、べつにかまわんが...」ゴソゴソ


日常的に装備していたせいか、もはや身体の一部といっても過言ではない。

そんな彼の素顔、いつもは部隊で支給されたヘルメットとゴーグルをつけていた。

まじまじと隊長の顔を見たことない彼女は、その素顔を見つめた。


隊長「...ふぅ、あたまがかるいな」


魔女「...」


隊長「...どうした?」


魔女「な、なんでもないわ...」


隊長「そ、そうか...」


~~~~



124: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 16:37:48.29 ID:yoc9Ddbc0


~~~~


ウルフ「くんくん...ご主人はどこだぁ!」


帽子「フフ、ウルフさんの鼻はたよれるみたいだね」


スライム「はやく合流できるといいね」


ウルフ「──いたぁー!」ダッ


スライム「ちょ、またどっかいっちゃった...」


帽子「高台も近くだし、大丈夫だよ」


スライム「そ、そっかぁ」


帽子「...おや、これは?」


帽子が気になったのは、地べたに座り込んでいる人物。

そしてそこには商品だろうか、いろいろと妙な代物を並べている。

かなり怪しい見た目、だが帽子という男には偏見など備わっていない。


行商人「この商品に目をつけるなんて、お兄さんやるねぇ」


スライム「どれどれ、わぁ! きれい」


帽子「綺麗な指輪だね」


行商人「この指輪、今なら金貨1枚で2つ買わせてやるよ」


スライム「たかっ!」


帽子「ふむ、それはお得だね」スッ


行商人「まいどあり、いい事あるぜ?」


スライム「お、お金もちだね」


帽子「ほら、あげるよ」スッ


スライム「えっ、な、なんで...」


帽子「さっき、ウルフさんにチョコ買った時に物欲しそうな顔をしていたからね」


帽子「食べ物はダメなようだし、この指輪が似合うとおもってね」


スライム「あ、ありがとう...大事にするね♪」



125: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 16:38:37.59 ID:yoc9Ddbc0


帽子「もう1つおまけに貰ってしまったな...私がつけようかな」


スライム「そ、それって...」


帽子「フフ、まるで恋人同士みたいだね」


スライム「...///」


夕日に染まるより、顔が紅くなる。

くさいセリフを下心で言ったつもりではない、彼なりの冗談であった。

だがスライムという魔物はそのような言葉に慣れていない、のでまともに受け取ってしまう。


帽子「じょ、冗談だったんだけど...そこで照れられるとこっちも照れてしまうよ」タハハ


スイラム「...いこっ♪ 帽子さん」


帽子「あ、あぁうん...」


スライム(...はじめて誰かから贈り物もらっちゃった♪)


~~~~


~~~~


ウルフ「ご主人~!!」


隊長「ウルフか...やっと見つかったな」


魔女「帽子とスライムは?」


ウルフ「すぐそこにいるかなぁ?」


帽子「おーい!」


隊長「...合流できたな」


帽子「すまないね、いろいろ時間をかけて」


隊長「1りになるのはきけんだ、きをつけろ」


ウルフ「う...ごめんなさい...」


隊長「なに、つぎしないならいい」


帽子「暗くなってきたね、宿を探そう」


スライム「~♪」


ウルフ「...? スライムがなんかよろこんでる!」


スライム「なんでもないよ~♪」


~~~~



126: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 16:39:24.96 ID:yoc9Ddbc0


~~~~


帽子「ではまた明日」


スライム「おやすみなさい♪」


ウルフ「うぅ...ご主人...」ウル


隊長「...」


魔女「ほら、女の子はこっちの部屋よ」グイ


ここは港町のどこかの宿。

どうやら男女で2部屋を借りたようだ。

その資金はどこからでたのか、言うまでもない。


帽子「とくになにも障害はなくてよかったよ」ゴクゴク


隊長「...そうだな」


隊長(...こいつ、もう酒を飲んでやがる)


帽子「君も一杯どうだい?」


隊長「さけはのまん...ねる」


帽子「おやすみ...ぷはっ、おいしいな」


隊長「...」


まるで倒れ込むように、彼は眠りに入った。

そんな隊長の様子を見ながら、帽子は1人つぶやく。


帽子「...フフ、疲れが溜まってるみたいだね」


帽子「君は常に周囲を警戒してるからしかたないね」


帽子「...独り言はこれくらいにしておこう」


帽子「ん、大浴場があるのか...はいってみるか」


~~~~



127: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 16:40:39.69 ID:yoc9Ddbc0


~~~~


ウルフ「わふぅ、ふかふかぁ...すぅ...」ゴロゴロ


スライム「寝るのはやっ!」


魔女「あ、いいものじゃん」


スライム「なにそれ?」


魔女「お酒よ、お、さ、けっ!」


スライム「へ、へぇ~」


魔女「あんたは飲まないの?」


スライム「私は水いがい口にできないから...スライムだし」


魔女「難儀な性質ね...」


スライム「色物の水を飲んだら、からだが染まっちゃうしね...」


魔女「そうなんだ...それにしても...」


スライム「...なに?」


魔女「綺麗な身体ね、スライムなのにすべすべしてる」


スライム「ぬめぬめにもねばねばにもできるけど、さらさらだと周りの物をぬらさないし楽なんだよね」


魔女「へぇ~、まぁぬめぬめだと布が大変なことになるしね...」


スライム「ふふっそうね♪」


~~~~


~~~~

隊長「...ん」パチッ


帽子「...」スピー


隊長「...まだ暗いな」


隊長「...」


隊長「大浴場...?」


部屋に張ってあったのは、案内図。

どうやらこの宿泊施設には大浴場があるらしい。

現代社会を生きてきた彼にこの殺し文句はあまりにも卑怯であった。


隊長(温泉か...あんまり経験はないが入ってみるか)


~~~~



128: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 16:42:14.86 ID:yoc9Ddbc0


~~~~


隊長「あぁぁ...ふぅ...」


隊長(温泉...いいものだ...)


隊長(...今度Japanに旅行でもしてみるか)


見上げると吹き抜けになっていて、月がよく見える。

しかし、その月は自分が見てきたものとは大きさが違う。

温泉の影響で安らいでいるせいか、その事実をようやく受け止めることができた。


隊長(月...綺麗だな...)


隊長(改めて認識した...この世界はやはり異世界のようだ)


隊長(いったいなぜ、俺はこの世界にきてしまったのか...)


隊長(あの時、犯人のグレネードに巻き込まれて、気づけばこの世界に...)


隊長(...大賢者とやらは、このことも知っているのだろうか)


隊長(...わからないことに悩んでも仕方ないな)


隊長(今はこの湯を堪能しよう)


~~~~


~~~~


魔女「...ん」パチッ


魔女「はれ...私...毛布?」モゾッ


魔女(...そうか、お酒飲みながらおしゃべりしてたんだっけ)


魔女(きっとスライムが毛布をかけてくれたのね...)


スライム「くぅ...くぅ...」スピー


ウルフ「むにゃ...」スピピ



129: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 16:43:43.68 ID:yoc9Ddbc0


魔女「...あったまいたい」


魔女「...お風呂はいろ、たしか大浴場があったんだっけ」


魔女「えーっと...代えの下着っと...」ガサゴソ


ウルフ「──わひゃっ!?」ビクッ


魔女「ご、ごめん...起こしちゃった?」


ウルフ「うぅ...おはようごじゃます...」


魔女「ごめんね? 起こしてあれだけど一緒にお風呂入る?」


ウルフ「...うん」


~~~~


~~~~


魔女「よいしょっと...」


ウルフ「...おっぱいおおきい」ジー


魔女「ちょ、なにみてんのっ!」サッ


ウルフ「あたしのはちいさい...」


魔女「そのうち大きくなるって...」


ウルフ「うぅ...あたし魅力ないかも...」


魔女「あんたのその犬耳とか尻尾とか可愛いわよ」


ウルフ「ほんとぉ?」うるうる


魔女「うっ...」


魔女(か、可愛いわね...)


涙目で上目遣いで犬耳をたれさせて、尻尾がゆっくり振っている。

その様子を見て心を奪われないモノなどいない、たとえ同性であっても。


魔女「ほ、本当よ、ほら行くわよ」


ウルフ「わぁい!」


──ガララッ

それが地獄の始まりであった。



130: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 16:44:40.54 ID:yoc9Ddbc0


魔女「わぁ、吹き抜けなんだ」


ウルフ「うっ...なんか臭い...」


魔女「温泉の匂いよ、身体に悪いわけじゃないから安心して」


ウルフ「そうなんだ...って、温泉のなかに岩がある!」


魔女「結構広いわね...」


ウルフ「うひぃ~いいおゆぅ~」ホワーン


魔女「んっ...あぁ~そうねぇ」


ウルフ「わふっ」バチャバチャ


魔女「あははっ、きれいな犬かき」ケラケラ


魔女「よいしょっと...」サッ


魔女が湯の中にあるオブジェのような岩に寄りかかる。

置物にしては少々大きい、誰かが身を隠していても気づくことができない程。

はたして、その裏側には誰がいるのか。


隊長「...」


隊長(な、なぜ魔女たちが...いや、この状況...)


隊長(入り口のドアは開いたままだ...)


隊長(しかし、入り口までにこの岩以外に遮蔽物はない...)


隊長(チャンスは魔女たちがこの岩より奥に行ったときしかない...)


隊長(早く奥にいけっ!)



131: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 16:45:49.86 ID:yoc9Ddbc0


ウルフ「わふっわふっ」ジャバジャバ


魔女「ふぅ...私ももうちょっと深いところにいこっと」ジャバジャバ


隊長(...この波の動き、誰かが移動している)


隊長(魔女であってくれ...いまだ!)スッ


──バシャバシャッ!

お湯をかき分けていく音が響く。

その音に気づかないわけがない、魔女が反応する。


魔女「...え? なにいまの音?」


ウルフ「わぁい♪」バシャバシャ


魔女「...なんだ、ウルフか」


~~~~


~~~~


隊長「...ふぅ」ホカホカ


隊長(どうやらまだ衰えてないな、久方ぶりの隠密行動だった...)


類まれに見る脱出劇であった。

もし失敗すれば信用を失うことになる、2度も乙女の身体を見ては弁解もできない。

成功してよかった、そのような余韻に浸りながら彼は置いてあった椅子に座る。


ウルフ「──あ、ご主人!」ホカホカ


魔女「あれ、どうしたの?」ホカホカ


すると現れたのは、先程見かけた彼女たちであった。

ウルフの白い髪と魔女の淡い栗色の髪が濡れている。

いつもと違う風にみえる彼女たちに、少しばかり吃ってしまう。


隊長「...いや、べつに」


魔女「あぁ、風呂に入りにきたのね」


魔女「いまなら誰もいないわよ、よかったわね」


隊長「い、いやそういう...」


魔女「ほら、いったいった」


~~~~



132: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 16:46:35.28 ID:yoc9Ddbc0


~~~~


隊長「...二度目だな」


隊長(...)


(魔女「あれ、どうしたの?」ホカホカ)


隊長(...)


隊長(......ハッ!俺は何を考えてるんだ)


隊長(これじゃそこらへんの性犯罪者共と変わらん...)


隊長(...水を浴びてあがろう)


~~~~


~~~~


スライム「くぅ...くぅ...」スピピ


魔女「それじゃ、おやすみ」


ウルフ「むむ...あたしもねよ」


ウルフ「あれ? なにこの本」ヒョイ


備え付けてあった雑誌を手に取る。

しかしそこには文字、文字、文字のオンパレード。

あまり賢いとは言えないウルフには難しい内容であった。


ウルフ「う...よくわかんない...」ペラ


ウルフ「あ、占いだーこれだけはわかる!」


スライム「ん...zzz」


魔女「シーッ、うるさいよ」


ウルフ「ご、ごめん...」


ウルフ「この月の1位はくろかぁー、ビリはきんいろ...」


ウルフ「...これおとこのひとへんだった」


ウルフ「おんなのこは...1位はしろ? ビリはみどりかぁ」


ウルフ「やったぁ、わたしのかみのいろはしろいや♪」


魔女「へぇ~茶髪は...なんで茶色は載ってないのよ...」


~~~~



133: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 16:47:13.47 ID:yoc9Ddbc0


~~~~


ウルフ「おはようございます! ご主人!」ハッハッハッ


帽子「おはよう、きゃぷてんさん」


スライム「ふぁぁ~...おはよ」


魔女「おはよ...ってどうしたの?」


隊長「...いや、べつに...?」


帽子「目の下にクマができているよ」


隊長「だいじょうぶだ、なれている」


~~~~


~~~~


帽子「ふむ、この料理は絶品だな」


スライム「ごくごく...」


ウルフ「わふっ」ガツガツ


魔女「朝は軽めがお腹に優しいわって、あんたは凄い量ね...」


隊長「あさはえいようがひつようだからな」モグモグ


帽子「ふむ、一理あるね、おかわり」


隊長「たべたらいくぞ」


~~~~



134: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 21:23:11.49 ID:yoc9Ddbc0


~~~~


隊長「さて...」


宿を出発し港町を出た、彼らは再び野外を歩み始めた。

崖から見える大海原の迫力に目を奪われているとウルフが尋ねてきた。


ウルフ「ご主人、ご主人」


隊長「ん?」


ウルフ「ご主人のその武器って、つよいよね!」


魔女「...確かに」


帽子「あの巨大な花の攻撃を蹴散らしたよね」


隊長「そうだな...」


ウルフ「その小さい方も強いの?」


隊長(ハンドガンのことか?)


隊長「あぁ、そうだな」


隊長「これなら、ウルフでもつかえるかもな」


ウルフ「かしてっ!」


隊長(...マガジンを抜けば安全か)スッ


隊長「ほら、おとすなよ」


ウルフ「やった! みてみてスライムちゃんっ!」


魔女「えっ、大丈夫なの? 危なくない?」


隊長「これをぬいておけば、だいじょうぶだ」


スライム「へぇ~...なんかすごいね」


帽子「その抜いたやつ、見してくれないか?」


隊長「...? いいぞ」スッ



135: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 21:24:11.94 ID:yoc9Ddbc0


帽子「ふぅん...あぁ、これが飛び出してたんだね」


魔女「こんなの見たことない...どこで手に入れたの?」


隊長「ひみつだ」


魔女「けちっ!」


ウルフ「これ、どうやってつかうの?」


隊長「こうやって、ねらいをつけるんだ」


ウルフ「こう?」


隊長「そうだ、で、そのひきがねをひけばおわりだ」


ウルフ「かんたんだねっ!」


帽子「その大きい方も、そんな感じなのかい?」


隊長「まぁそんなところだ」


ウルフ「はいっ、ありがとね!」スッ


隊長「あぁ」スチャ


帽子「...なんか、それを入れる動作かっこいいな...」


隊長「...わからんでもない」


スライム「それじゃいこうよ」


隊長「おう」


帽子「ここ、崖になっているね」


ウルフ「わぁ、したにすなはまがある!」


スライム「砂は肌につくからいやだなぁ...」


魔女「降りる? 魔法でなんとかするわよ」


隊長(特に周りにはなにもないな)


隊長(...なんだ?)ピクッ


突如として襲った違和感、それは空、

隊長の付近には影、しかし今は快晴、雲ひとつない。

ならば考えられるのは1つしかない。


隊長(──上か...ッ!?)



136: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 21:25:25.33 ID:yoc9Ddbc0


隊長「みんな! きをつけろ!!」


――ドスゥゥゥゥゥゥゥゥゥンッッッ!!!!

なにか、巨大なものが落ちてきた。

その衝撃で大地にはクレーターが、そしてその轟音は計り知れない。

塵芥が舞い散る中、そこには大きな男が1人。


???「──てめぇらか、暗躍者を倒したのは」


魔女「──魔王軍の刺青っ!」


帽子「...どちらさまだい?」


追跡者「俺の名前は追跡者だ、暗躍者の仇をとらせてもらう」


隊長「スライム! ウルフとかくれていろ!」


追跡者「悪いが、戦力を分けさせてもらうぜ..."分身魔法"!」スゥッ


分身「...」スゥッ


スライム「きゃっ!」


帽子「危ない! スライム!!」


突如現れた男、その名は追跡者。

そしてさらに突如に現れたのはその分身。

偽物の彼がスライムめがけ地面を殴る、すると大地に異変が起こる。


魔女「──崖が崩れるっ!?」


帽子「うわッ!?」


分身「...」グラグラ


ここは海岸地帯の崖、このようなことをすればそこは崩落する。

スライム、帽子、魔女、そして追跡者の分身が巻き込まれた。

彼らの無事を確認するために、隊長はそこへ向かおうとする。


隊長「──おまえら!!」ダッ


ウルフ「──みんなぁ!」ダッ


追跡者「──いかせねぇよ!! "転移魔法"!」


その時だった、追跡者が突然として彼らの前に立ちふさがる。

唱えられた魔法、それは瞬間移動を可能にする。



137: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 21:27:51.49 ID:yoc9Ddbc0


ウルフ「──!?」ビクッ


隊長(...今度はテレポートかッ!?)


追跡者「俺の体術は、ちと人間にはきついぜぇ?」


追跡者「たおせるかなぁ!?」ブンッ


隊長「──フッッ!!」


──ドサッ!

大男による基本的な殴りかかり。

それを回避するべく、隊長は背中向きで思い切り後ろへと飛び込んだ。


追跡者「かわしてんじゃねぇぞ!」


~~~~


~~~~


帽子「まずい! このままじゃ地面にぶつかる!」


スライム「ふぁあああああああ!」


魔女「..."風魔法"っ!!」


──ふわっ...

崖から転落した彼らの様子。

魔女が唱えたのは風魔法、その威力は圧倒的に暗躍者より弱い。

だがそれでも十分であった、地面から向かい風吹く、彼らを少しばかり持ち上げた。


帽子「──これで着地ができる!」トサッ


スライム「あ、あわわわわ」ヒュー


帽子「──スライム!」ダキッ


スライム「あ、ありがとう」


魔女「お姫様だっこなんて、まるで王子様ね」トサッ


帽子「...フフ、素敵な冗談だね」


分身「...」


魔女「そんな中あいつは...普通に着地してるし...」


帽子「肉体派みたいだね」


分身「...」ダッ


魔女「きたわよ!!」


~~~~



138: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 21:28:54.78 ID:yoc9Ddbc0


~~~~


追跡者「──オラァ!!」ブン


隊長「────ッ!!」


──サッ...!

素早い身のこなし、あのような大ぶりの殴りかかりなど容易に避けることができる。

だがそれが狙いであった、追跡者は構えを変更する。

先程まで腕力でねじ伏せようとしていた彼だが、次に扱うのは脚力。


ウルフ「──ご主人っ! あぶないっ!」


追跡者「隙ありぃ!!」


隊長「──まずい!」


追跡者が繰り出してきたのは、脚。

そこから放たれるのは無形の足技。

チンピラのような蹴りが放たれる、だがその威力は計り知れない。


ウルフ「──わっ!」サッ


隊長「ウルフ────!?」


隊長(まずい、ウルフが俺を庇ってしま────)


刹那であった、ウルフが隊長と追跡者の合間に割り込んできた。

主人を護ろうとする健気な忠犬、このままでは彼女が身代わりになってしまう。

そのはずであった、そのウルフの構えを見るまでは。



139: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 21:29:43.44 ID:yoc9Ddbc0


ウルフ「──がうっっっ!」シュッ


──バギィィッッッッ!!!!!

人間がこれを喰らえば、確実に骨がやられている。

ウルフが放ったそのカウンターハイキック、それが追跡者の顔面に命中し怯ませる。

軽やかな身のこなし、背丈が倍以上あるというのに持ち前の跳躍力がそれを可能にした。


追跡者「──ぐぅ...いてぇな...!」


隊長「...やるなウルフ」


ウルフ「おなかは空いてないから、いっぱいうごけるよっ!」


隊長(...どうやら、ウルフは戦力になりそうだ)


追跡者「...野良魔物のわりにはなかなかいい蹴りだったぜ」


追跡者「だが...なめんなよッッッ!!」ダッ


隊長「ウルフ、ひきながらたたかえッ!!」ダッ


ウルフ「はい! ご主人!」ダッ


追跡者「にげてんじゃねぇぞ! 鬼ごっこなんてしたくねぇんだよ!!」


~~~~


~~~~


分身「...」ブン


スライム「──あっ」


──バシャッ...!

追跡者の分身、それから放たれる殴りかかりに被弾した。

まともに喰らえばひとたまりもない、足の遅いスライムでは避けることができなかった。


帽子「──スライムっ!?」


魔女「バカっ! もろに喰らって────」


もろに喰らったはずなのに、スライムは悲鳴をあげなかった。

それも当然であった、彼女は水である。

水を殴ったところで、一体何が起こるというのか。



140: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 21:30:40.44 ID:yoc9Ddbc0


分身「...!」


スライム「ふふふ...わたしに拳はくらわないよ!」ドヤァ


帽子「...そうか! そもそも水みたいなものだからね」


魔女「スライムは大丈夫そうね...」


分身「...」


魔女「...最悪、スライムを盾にしてればなんとかなりそうね」


スライム「...えっ!?」


帽子「でも、倒さないと先に進めないね...」


~~~~


~~~~


──ダンッ ダンッ ダンッ ダンッ ダンッ

崖の上、そこに響くのはハンドガンの発砲音。

しかしそれは効果的ではなかった、一体なぜか。


隊長(くそっ...かれこれ30分は経つか?)


隊長(ジリ貧だ...奴の弱点はないんだろうか...)


ウルフ「──えいっ!!!」バシッ


追跡者「くらわねぇよ、ワン公!」ブンッ


ウルフ「おっとっと!」スッ


隊長「──ッ!」スチャ


──バババババッッッ

狙いを済ませたその照準。

それは間違いなく追跡者を捉えていた。

これで勝負は決まるはず、だがすでに30分も経過している理由が明らかとなる。


追跡者「──"転移魔法"ッ!」スッ


隊長(...ダメだ、当たらん...それに大分弾を消費している...)


隊長が狙いをつけ、発砲する間に彼は逃走経路を確保できる。

よく噛まずにいられるモノであった、とてつもない早口が可能にするのは瞬間移動。

そして目の前に現れるのは当然彼であった。


追跡者「よう、死ね!!」ブンッ



141: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 21:31:21.75 ID:yoc9Ddbc0


隊長「──ハッッ!」ドサッ


追跡者「また避けられたか、ちょこまかと...もういい、飽きた」


追跡者「最初から、てめぇらなんか簡単に殺せるんだよ...!」


隊長(何がくる...?)


追跡者「..."爆魔法"ッ!」


──バコンッ!

1つの爆発音、それがどれだけ広範囲を削るモノか。

あたりに強烈な圧力が襲いかかった、その威力はとてつもない。

まるでナパーム爆撃を食らったかのような衝撃が彼らを襲った。


ウルフ「────っっ!」


隊長「──ガハ...ッ!?」


それを喰らって立てる者などいない。

気づけば2人は倒れ込み、血反吐を吐いていた。

30分にも渡る戦闘、疲労も相まってしまったか。


追跡者「...死んだか?」


追跡者「あっけねぇな...分身のほうを手伝うか」


隊長(だめだぁ...いかせはしない...)スチャ


~~~~



142: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 21:32:17.61 ID:yoc9Ddbc0


~~~~


帽子「はぁ...はぁ...まずいね」


魔女「はぁ...はぁ...くどすぎる...」


分身「...」


スライム「..."水魔法"!」


分身「...」スッ


──ぴちゃぴちゃ...

へろへろな水流は呆気無くかわされてしまった。

帽子たちは果敢にも攻撃を仕掛けるが、すべてあしらわれていた。

スライムという防御策があっても、奴を負傷させる攻撃策がないのがまずかった。


スライム「だ、だめ...もう...動けない...」


魔女「あいつ...戦闘能力はそれほどないけど...」


帽子「...体力がありすぎる」


魔女「じわりじわりと体力と魔力を奪ってるわね...」


帽子「そういうことですか...」


魔女「あいつは私たちを疲れさせて、本体がくるのを待ってるのね」


帽子「フフ...まるで弱った獲物を見つけた烏だ...きゃぷてんさんには是非止めて貰いたい」


魔女「...いまのところきてないってことは止めてくれてるみたいね」


分身「──!」ダッ


その時、ついに動いた。

弱った獲物、それを確実に仕留められると思ったのか。

魔女を目掛けて奴が走り出してきた。


帽子「──魔女さん! あぶない!」フラッ


帽子(──しまった...走れるほど私には体力が...)


帽子「魔女さんっっ!!!」


魔女「──きゃっ!」


~~~~



143: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 21:32:54.43 ID:yoc9Ddbc0


~~~~


──バババババッッッ!!

背後から不意打ち。

流石にこれを予期することは不可能。

ようやくまともに当たった、その威力に仰天する。


追跡者「──グアアアアアアアアアッッ!?!?」


追跡者「いてぇなぁ!! てめぇッ!!」ダッ


隊長(...うごけないな、立つのが精一杯だ)


追跡者「────しねぇ!!」ブン


ギリギリの状態で立ち尽くす隊長。

追跡者の殴りかかりが目で追える、あたりの時間の流れが遅くなる。

それが意味するのは、己の最後。


隊長(時間の流れが遅いな...これがよくいわれていたヤツか)


隊長(死の直前はスローに感じる...本当だったな)


隊長(俺が死んだら...隊員たちが困るな)


隊長(...俺がここでこいつを倒さんと)


隊長(魔女たちは殺されてしまうのか)


隊長(魔女が殺される...どうしてだ)


隊長(そのフレーズを考えるとすごく腹が立つ...)


隊長(...)


隊長「――ッハアアアアアアアアアアアアッッッ!!」ダッ


最後の力を振り絞る、彼は突然走り出す。

そして殴りかかってきた追跡者の腕を避け、懐に入った。

いったいどこにそんな力が、思わず追跡者は困惑する。



144: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 21:33:49.66 ID:yoc9Ddbc0


追跡者「──な」


隊長「──デヤッッッ!!」


──グサッッ!

聞こえたのは、己の肉体に傷が付く音。

その音はあまりにも深く、思わず悶絶せざる得ない痛み。


追跡者「──ぐああああああああああああ!?」


隊長「テヤッッッ!! ハァッッ!!」ガシッ


そして彼は殴り続ける、腹に刺さったナイフを。

絶対に殴られることを想定していないナイフの柄、拳に血が滲み始める。


隊長(痛みなんて、しるかッッッ!!!!!)


隊長「──フッッッ!! デヤッッッ!!」


──ドゴォッ...!

トドメの一撃、それは文字通り蹴りのつく一撃。

ブーツのそこでナイフの柄を蹴る、それがどれほどの威力か。

あまりに痛みに追跡者はついに倒れ込む。


追跡者「──いでえええええええええええ!!」ドサッ


ウルフ「──うわああああああああぁぁぁぁっっっ!」


──ぐちゃああああっっ!!!

半ば発狂しながらも、彼女も起き上がる。

そして放ったのは、全体重を込めた強烈なネリチャギ。

彼女もナイフの柄を蹴り上げ、そしてその痛みに悶絶する。


追跡者「──ああああああああああああああッッッッ!!!!!!!!!!!!!」


隊長「──OPEN FIREッッッッッ!!」スチャッ


──ババババババババババババババババババババッッッッッ!!

完全なるトドメ、マガジンに込められたすべてを放つ。

それは追跡者の身体にすべて被弾する。

氷竜や暗躍者を抹殺したその威力、追跡者も同様である。


追跡者「あああああぁぁぁぁぁぁぁぁ.....」


追跡者「────」


隊長「...Target down」


~~~~



145: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 21:34:54.55 ID:yoc9Ddbc0


~~~~


魔女「...あれ」


手応えはない、殴りかかられたというのに。

その答えは明白であった、奴の姿を見てみれば。


分身「────」スゥ


スライム「消えてる...?」


帽子「ど、どうやら、本体を倒したみだいだね...」


魔女「た、たすかったぁ...」


帽子「この崖...どうしましょう...」


魔女「..."風魔法"」フワッ


スライム「わぁ」フヨフヨ


帽子「...フフ、魔法は使いようだね」


魔女「小細工ならたくさん勉強したわ...みっちりとね」


~~~~


~~~~


帽子「よっと...」


スライム「よいしょ」


魔女「──えっ!?」


ウルフ「ご主人...」


隊長「だ、だいじょうぶだ...」



146: ◆O.FqorSBYM 2018/11/23(金) 21:35:57.11 ID:yoc9Ddbc0


帽子「...すごい戦いだったみたいだね」


スライム「う、うん...」


帽子「私たちは体力を消耗させられただけか...」


無数のクレーターや爆発跡、そして血まみれの隊長とウルフさらに追跡者の死体を見た。

それを見れば自分たちの戦いなどぬるすぎる、そう実感できた。


魔女「あちこちの骨が折れてるじゃない...」


隊長「あぁ...」


魔女「..."治癒魔法"」ポワッ


隊長「はぁ...らくになった」


魔女「まったく...」


隊長(...こいつは銃弾を避ける分、時間がかかったな)


隊長(ただ、攻撃が決まれば案外脆かったな)


隊長(現代兵器はこの世界でも強い武器ではあるが...)


隊長(...こいつが倒せたからといって、これから先の障害に勝てるだろうか)


隊長(アサルトライフルが60発、ハンドガンも消費して残り60発...)


隊長(大分使ってしまったな...追手がこないことを祈ろう)


帽子「...少し休もうか?」


隊長「...いや、すすもう」


~~~~



148: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 01:32:26.92 ID:vwcOn1nA0


~~~~


帽子「ついに、荒野地帯になったね」


海岸地帯を抜けた先、そこは少しばかり見栄えの悪い場所であった。

ここは荒野地帯、生物が暮らす環境としては少しオススメできない。

それはスライムの様子をみればわかることだった。


スライム「うぅ...水気がたりない...」


魔女「...頑張りなさい」


ウルフ「ご主人...だいじょうぶ?」


隊長「すこしいたむくらいだ、だいじょうぶだ」


魔女「...あんたの戦い方って危なっかしいわね」


隊長「なれてるからな...」


魔女「心配する身にもなりなさい」


隊長「...すまんな」


帽子「...遠くに賢者の塔らしきものがみえるね」ジー


スライム「ほんとだ」


魔女「塔の周りに...建物?」


帽子「...あれは遺跡っぽいね」


隊長「...なんにせよ進むぞ」


~~~~


~~~~


隊長(...まるでギリシャのパルテノン神殿みたいだな)


魔女「いい感じに魔力に満ちてるわね、ここらへん」


スライム「なんか元気になってきた」


ウルフ「わふっ!!」


帽子「...私にはわからないね、魔力」


隊長「あぁ...そうだな」



149: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 01:33:50.92 ID:vwcOn1nA0


帽子「ここ、よく見ると崖みたいになってるね」


──ガササッ

荒野の遺跡、これが隊長の世界なら間違いなく世界遺産に登録されている。

その神秘的な景色に気を取られていると、どこからか物音が聞こえた。

風や自然現象が起こしたモノではない、これは明らかに何者かが歩いた音。


隊長「──ッ!」スチャ


帽子「うん? どうしたんだい?」


ウルフ「おとがした!」ピコピコ


隊長(...確認できんな)


隊長「はなれるな、きをつけてすすむぞ」


スライム「う、うん」


帽子「...わかったよ」


魔女「後ろは私が見ておくよ」


ウルフ「くんくん...あまいにおいがする...もも? みたいな...」


隊長「もも?」


ウルフ「うん...ももっぽいにおい...」


隊長(...香水かなにかか? だとしたら女か────)ピクッ


ウルフが核心を突きそうな発言をした。

その時に仕掛けられてしまった、そして遅れてしまった。

先程の戦闘での疲労が抜けきっていない、隊長の反応速度はいつもの半分以下に。


???「──"封魔魔法"」


隊長「──魔女!」


魔女「きゃっ──」


だが気がついた隊長ですら遅かった。

魔女が魔法にあたり一瞬黒い光に包まれる。

彼女を庇おうとしたが、それは失敗に終わる。



150: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 01:35:22.82 ID:vwcOn1nA0


???「..."衝魔法"」


──ズシッ...!

これは地属性による衝撃の魔法。

その威力に大地は悲鳴をあげる、すると起こるのは。

またも彼らは、崩落を味わってしまう。


帽子「──また地面が崩れるぞ!」


隊長「────うおおおおおおおおおおおおおッ!?」


魔女「──きゃああああああああッ!?」


崩落の面子、今度は彼ら2人が選ばれてしまった。

魔法の影響で地面が崩れ、隊長と魔女が落ちていってしまった。

そんな彼らを追おうと3人が動こうとすると、奴が姿を現す。


???「...行かせません」


スライム「魔女ちゃん! きゃぷてんさん!」


ウルフ「がうがう! においはこいつからだぁ!」クンクン


帽子「くそっ...もう戦闘かっ!」


???「魔物が2匹、そして1匹は人間と落ちて死にましたね」


帽子「...何者だ?」


???「魔物...魔王軍ですね?」ギロッ


スライム「...!」ビクッ


ウルフ「うぅ~~...」


帽子「違う! 私たちは──」


???「...消えてもらいますね」


弁明の余地もない、彼女の視線から感じるのは殺意。

どこか切羽詰ったような様子も伺えるがそれどころではない。

先程の魔法の威力、見た目は人間でかつ女性だが、油断はしてはならない。


帽子「──来るぞッ!」


ウルフ「わふっ!」


スライム「むむむ...」


~~~~



151: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 01:36:12.86 ID:vwcOn1nA0


~~~~


隊長「──うおおおおおおおお!?」


魔女「────"風魔法"っ!!」


──ヒュウウウウウウウゥゥゥゥゥゥゥゥ...ッ!

聞こえるのは風の音だが、そうではない。

魔女の魔法はなぜか不発に終わる、我が身に感じるのは地面が迫る焦燥感。

落下する際に発生する風がソレを煽る。


魔女「あれっ!? なんで!?」


隊長「どうしたッ!?」


魔女「ま、魔法が使えないのっ!」


隊長(くっ...このままじゃ地面と...)


隊長「──魔女」ガバッ


魔女「──な、きゃっ!?」


身に受ける風を利用して宙を移動する、スカイダイビングでよく見る光景。

そしてそのまま魔女に接近し、彼女を抱き寄せた。

それはまるで包み込むような、魔女の頭を優しく手で包み込む。


隊長「...ッ!」


ぐるり、隊長は身体をひねらせ仰向けの状態に。

背中を地面に向けさせた、彼はこのまま着陸姿勢に入り込んだ。


魔女「──ちょっとっ!?」


────ドガァッ!!!!!

その音は、奇跡的にもあまり大きくなかった。

だとしても、身体に掛かる負担は決して侮れない。

隊長自身がクッションになることで、魔女への負荷を大幅に減らした。


隊長「──ゲハッ...!?」


魔女「ぐっ...うっ...」


魔女「あ、あんたまた..."治癒魔法"」


しかし、魔法は発動しなかった。

あの優しい明かりが、血反吐を吐いている彼を癒やすはずだったのに。

死ぬかどうかギリギリの高さから落ちた、こうして会話ができるだけ幸いである。



152: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 01:39:49.36 ID:vwcOn1nA0


隊長「だ、だいじょうぶだ...ゲホッ...」スッ


立て銃、アサルトライフルを杖代わりにすることで立ち上がる。

背中には嫌な違和感、痛みをそこまで感じることはなかった、それが逆に恐ろしい。


隊長(...10mくらいの高さから落ちたようだ)


魔女「口から血が...私は魔法を使えないし役立たずじゃん...」


隊長「...うえにはあがれないな、みちなりにすすむぞ」


魔女「う、うん...肩持ってあげるね」ソッ


隊長「...たすかる」


~~~~


~~~~


帽子「──よっとッ!」


──キィーンッッ!

帽子の剣は、彼女に命中したというのに。

なぜこのような音がなるのか、それは事前に彼女が魔法を唱えていたからであった。


???「...無駄です、この防御魔法には通用しませんよ」


帽子「...まいったなぁ」


スライム「"水魔法"!!」


──バシャンッ!

巨大な水鉄砲、消防隊が消火活動に使う水の勢いと同じ。

人間が受ければひとたまりもない、だが彼女は平気な顔をして立ち尽くす。


ウルフ「うぅ...どうすれば...」


???「...魔物め」


帽子「...いい加減、名前ぐらいおしえてほしいな」


それは戯言のつもりであった。

少しでも彼女の素性を知ることがこの戦いに必要なのか。

現状としては全く必要ない、しかし以外にも彼女は答えてしまう。


女賢者「...女賢者です、言いたいことはわかりますよね?」


帽子「...?」


賢者という名前から察するに、間違いなく賢者の塔に関係する人物である。

しかし名乗りの意味は全く理解できない、一体何のために。


~~~~



153: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 01:41:03.70 ID:vwcOn1nA0


~~~~


魔女「はぁっ...はぁっ...」


負傷した隊長に肩をかして、歩行を続けている。

しかしそれはあまりにも無謀であった、彼女は魔物であるが乙女でもある。

隊長という男、人をふっとばすパンチを行えるということはかなりの筋力量を保持している。

そのような者を長時間支えることなど難しい。


隊長「ぐっ...」


隊長(早く帽子たちと合流しないとまずいな...)


魔女「はぁっ...はぁっ...」


隊長「...すこしやすむぞ」


魔女「はぁっ...だ、だめ...」


隊長「つかれてるだろ?」


魔女「すこしでも...はぁっ...はぁっ...役に立たないと...」


隊長「...いいか、いけ」


魔女「...」


隊長「やくにたつとかはもんだいではない」


隊長「どういきのこるかがだいじだ」


隊長「ここでたいりょくをしょうひしてはしぬぞ」


隊長「それに...」


魔女「うん...?」


隊長「魔女のおかげで、らくになったさ」


空元気であった、精一杯のごまかしの微笑み。

それを素直に受け取るしかない、ここまで言われてしまったのであれば。

万が一に備え、隊長は魔女の体力を温存する方向へと持っていった。


魔女「...分かったわよ」


隊長「...おう」



154: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 01:41:51.24 ID:vwcOn1nA0


魔女「──っ!」ハッ


しかしこの女、気づくのが遅すぎた。

罪悪感によって少しの間、隊長に肩を貸していたがようやく気づいた。

お互いの身体が密接していることを、それは彼の匂いを嗅げてしまう程に近い。


隊長「...どうした?」


魔女「...なんでもない」


隊長「...」


妙な沈黙、流石に疲れたのだろうか。

そう納得した隊長は深く追求しなかった、すると訪れる沈黙。

その沈黙が鍵だった、周囲になにもないはずなのに、答えは下。


隊長「...したからこえがしないか?」


魔女「え?」


隊長「...」ガバッ


隊長と魔女が地面に耳をあてる。

ものすごく滑稽な光景ではあるが、こうすることでしか確認できない。

すると聞こえてくるのは、老いた男と女々しい口調の男の声。


??1「ゲホッ...老体を傷つけるなんて、ひどいじゃないか」


??2「ふふふ、いいからつかまれよ..."拘束魔法"」


??1「──"解除魔法"」


聞こえてしまったその会話。何者かが何者かに襲われている。

襲われているのは初老の男性の声、それを聞いて彼の正義感が煽られないわけがなかった。


魔女「ほ、本当だ!」


隊長「──魔女、さがってろ」ピン


身体の不調、それにムチ打ってした行動彼が投げたのはピンの抜けたグレネード。

現代で作られた爆弾が地面に大穴を開ける、あとは簡単だ。

その大穴に向かって飛び込めばいい。



155: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 01:43:43.64 ID:vwcOn1nA0


隊長「...!」スタッ


魔女「──きゃっ」ドテッ


??1「なんじゃ!?」


??2「──な、なにがおこったッ!?」


隊長「...ぜんいんそのばからうごくな」スチャ


捕縛者「...ふふふ、人間か...この魔王軍の捕縛者に勝てるとでも?」


彼の腕には魔王軍の入れ墨、その名は捕縛者。

暗躍者が剣を、追跡者が拳を、そしてこの男は何を使うのか。

彼の持っているモノは原始的かつ、それでいて確実性のある武器。


??1「い、いかん逃げるんじゃ!」


捕縛者「ふふふ..."水魔法"ッ!」


──ゴシャァァァッッッ!!

激流、まるで滝が落ちてきたかのような威力。

スライムのモノとは比較にならない、とてつもない水魔法。


魔女「──すごい威力よっ!?」


隊長「...ッ!」ダッ


捕縛者「ふふふ、さぁ...大賢者ッ! つかま────」


──ババババババババババッッッ!!

油断をしすぎていた、彼をただの人間だと認識したのがまずかった。

水の流れほど読みやすいものはない、挙動が読めるなら簡単に安置を見つけることができる。

身体に軋む痛みを我慢しながらも、隊長は安全地帯に急行し発砲した。


捕縛者「──ぐああああああッッ!?!? ぐッ..."防御魔法"ッ!」


──ガキンッ! ガキンッ!

その音が意味するのは、銃弾がなにか硬いモノに当たり弾かれた。

捕縛者の身体を見てみると、透明ななにかが存在していた。

最もそれも、すぐさまに銃で破壊されてしまったが。



156: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 01:44:54.70 ID:vwcOn1nA0


隊長(...半分ははじかれたな)


??1「...な、なんという威力じゃ...防御魔法を簡単に崩すとは」


魔女「お爺さん、大丈夫っ!?」


??1「──お主呪われておるな..."解除魔法"」


老人が唱えた魔法は、単純でいて強力な魔法。

それを扱える人間はそうそう居ない、なのになぜ。

身体の違和感が消えた魔女は思わず訪ねた。


魔女「──お爺さん何者っ!?」


大賢者「...ワシは大賢者じゃ」


魔女「...えぇっ!?」


捕縛者「...おしゃべりなら僕もまぜてくれないか?」


隊長「おまえのあいてはおれだ」


捕縛者「ふぅん、人間の癖に...武器と口だけは一丁前だね」


捕縛者「...喰らいなよ」スッ


──ヒュンッ!

何かが風を切り裂く音、これは風魔法ではない。

彼の持つ武器、それは矢という代物を射出するモノ。

かつて銃が普及するまで第一線を担ってきた、遠距離武器。



157: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 01:46:04.44 ID:vwcOn1nA0


大賢者「──いかん! 奴の弓は魔力でできていて危険じゃ!」


──バッ!!

その警告は虚しく砕け散った、単発の射撃、それが撃ち落としたのは彼の矢。

捕縛者の弓はまっすぐ前に向けられている、ならばこちらも真っ向から放てば狙いをつけることなど容易。

銃撃戦に目が慣れている彼には、矢の速度など見えてしまっている。


隊長(アーチェリーか...原始的だな)


捕縛者「...打ち落としたか、やるねぇ」


大賢者「な、なんじゃあの人間...魔力で強化されてるわけではないみたいじゃな...」


魔女「今のうちに..."治癒魔法"」


──ぽわぁっ...!

彼女の明かりが、隊長を包み込む。

大賢者により呪いは解かれた、いつもどおりの治癒魔法が彼を癒やす。

折れた骨はまだ完治していない、だがこれなら十分動ける。


隊長「たすかったぞ、魔女!」


捕縛者「参ったなぁ、治癒魔法持ちか...これは長引きそうだねぇ」


~~~~


~~~~

帽子「...」


女賢者「...」


お互いが睨み合う、恐らく次で決着がついてしまう。

帽子が彼女の防御を崩すか、彼女が彼らに強力な魔法を放つか。

だが、その緊迫した空気感をさらに強張らせる出来事が起こる。


ウルフ「うぅ...このにおい...」


ウルフの鼻、それは犬並みであるのは当然。

彼女が捉えてしまったのは、あの嫌な匂い。

血の匂いに混じるのは、何かが焦げたような匂い。



158: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 01:47:02.65 ID:vwcOn1nA0


???「みつけたぜ...」


その男はくどかった、驚異の生命力であった。

魔王軍の一員なだけはある、この匂いは爆破の際に付着した焦げの匂い。

血まみれの男が彼たちに追いついてしまった。


帽子「──お前はッ!?」


スライム「つ、追跡者っ!?」


ウルフ「がるるる...」


追跡者「...俺としたことが、痛みで気絶しちまったぜ」


追跡者「あの人間はいねぇな...まぁいい、お前らを殺してあいつも殺す」


女賢者「くっ...また魔物が...」


帽子「...なぁ君」


女賢者「...共闘ですか?」


帽子「状況判断が早くて助かるよ」


女賢者「...いいでしょう、それに何となく察してました...謝罪は後ほどに」


彼女が先程まで帽子を睨んでいた理由。

本当なら即座に魔法でトドメをさせれていたというのに。

思いとどまってよかった、どうやら彼女が目の敵にしているのは魔物ではなく魔王軍だった。


追跡者「ごちゃごちゃうるせぞ! オラァッ!!」ダッ


帽子「くるぞっ!」


女賢者「..."衝魔法"」


──ズシィッ...!

その音を聞けばわかる、当たってはいけないということに。

女賢者が放つ魔法はかなり洗練されている。

それを察知した追跡者は十八番の魔法を唱え、彼女の背後へ移る。



159: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 01:48:48.80 ID:vwcOn1nA0


追跡者「"転移魔法"」ヒュン


女賢者「...転移魔法持ちですか、それにずいぶんと早口ですね」


追跡者「──なんたって、魔王軍だからなぁッ!」


追跡者「"爆魔法"だッ!! 吹き飛びなッ!!」


女賢者「..."地魔法"」


隙のない詠唱により現れた魔法陣から、土石流が襲いかかる。

それは爆発が起こる前に無理やり、そして物量で飲み込こんだ。


追跡者「──"転移魔法"」シュン


──ドッッッッゴォォォォォンッッ!!

そして土石流がそのまま追跡者の方向へと進む。

彼が転移魔法を唱えていなければそのまま飲み込まれていただろう。

彼女の地魔法はそのまま進み遺跡の一部を削り取った。


帽子「──うわッ!?」


帽子(あれだけで、遺跡の一部が簡単に砕けた...)


追跡者「へっ、威力は認めるが...当たるわけにはいかねぇぜ」


女賢者(どうにかして当てさえすれば...)


スライム「..."水魔法"」バシャー


追跡者「あたんねぇよ!」サッ


帽子「そこだっ!」


──グサッ...!

水魔法は囮、絶妙なコンビネーションで帽子が追跡者に接近する。

まさか人間と野良魔物の戦術がここまで熟されているとは思わなかった。

肉薄を許した追跡者の腹部に、帽子の剣が刺さりこんだ。


追跡者「ぐッ...てめぇ!」


帽子「ウルフさん!」


ウルフ「────がうっ!」


──バキィィッッッ!

当然ウルフも接近していた、そして海岸地帯でのトドメを再現する。

腹部に刺さった剣の柄を思い切り蹴り込んだ。

その影響でその傷は更に深まる。



160: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 01:50:50.53 ID:vwcOn1nA0


追跡者「ぐっ...二度目もこれで倒れるわけにはいかねぇんだよ!」ガシッ


ウルフ「──わっ!?」


女賢者「"衝魔法"」


──ズシィッッ...!

追跡者という大男、その腕は愚か手のひらも常人のソレではない。

ウルフという小さめの子を掴むなど簡単、そのまま潰すことだって可能。

しかしそれは防がれた、犬に気を取られすぎたこの男はまともに魔法を受けてしまう。


追跡者「──グハゥッ...」グラッ


ウルフ「──うおおおおおおっ!!」パッ


追跡者「チッ...逃げられた..."爆──」


スライム「──"水魔法"」バシャー


彼女は察知する、次にくる魔法がどのようなモノか。

あの時、隊長やウルフの身に何が起きたのかを聞いてたお陰か。

スライムは自らに水魔法を当て、自身の体積を大幅に増やし彼らの前に出た。


追跡者「──魔法"ッッ!」


──ドッッッガァァァァァァンッッ!!!!!

追跡者が魔法を唱え終わる前に、水が仲間を護り抜いた。

魔法の相性、それは後出しのほうが有利のはずなのに、なぜ護れたのか。


女賢者「...スライムの固有能力は侮れませんね」


帽子「どういうことです?」


女賢者「あとで説明します、それより助かりました」


帽子「おしゃべりは戦闘の後だ...って彼なら言うでしょうね」


スライム「そ、そうだね...」オロロ


ウルフ「わふっ!」


帽子「あいつも傷を負ってる、こっちが優勢だ!」


追跡者「くそっ...」


追跡者「..."炎魔法"ッッッ!!!!!」ゴゥ


スライム「へ、へへーん! 炎なんか怖くないよっ!」


帽子「──違う、まずいぞッッ!」



161: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 01:52:16.74 ID:vwcOn1nA0


追跡者「俺ぐらいになるとォ! 魔法はこうやって、自在に操作できんだよォッ!!!!」


繰り出された炎はスライムだけ綺麗に避けて、帽子たちに襲い掛かる。

女賢者は急いで対処をする、まるで気を取られたかのように。


女賢者「..."防御魔法"」


帽子(──そうかッ! これも陽動...ッ!)


気づけば、追跡者はすぐそこにまで迫っていた。

判断が遅れた、もう少し早く気づいていれば。

炎魔法は揺動、そして女賢者に魔法を唱えさえ判断を遅れさせるのが目的。


追跡者「..."転移魔法"ッッ!」シュン


帽子「──し、しまった!」


案の定だった、魔法が頼りにならないのなら。

絶対に持ち前の体術で仕掛けてくる、なぜ気づけなかったのか。

そして反則じみたその転移魔法が追跡者の接近を許してしまった。


追跡者「──オラァッ!!」ブンッ


帽子「――ッッ!?!?」


──メキメキィッ...!

ただの殴りかかりで、骨が悲鳴を上げる。

モロに受けてしまった帽子はその衝撃で吹き飛ばされる。


スライム「帽子さん!?」


追跡者「...まずは1人」


ウルフ「──がうっっ!!!」


──バキィッ!

追跡者の顔面に跳び蹴りが入る。

しかしそれだけであった、この男相手にまともな体術は得策ではなかった。


追跡者「...いてぇじゃねぇか!」ガシッ


ウルフ「わふっ!?」フワッ


追跡者「くらいなぁ!!」ブンッ


──ガッッッッシャアァァァァァンッッ!!

大きな手で足を掴まれたと思えば、そのまま地面に叩きつけられた。

そのような痛みに耐えられるはずもなく、ウルフはそのまま気を失う。


ウルフ「────っ...」ガクッ



162: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 01:53:22.19 ID:vwcOn1nA0


スライム「うぅ...どうしよう」


女賢者「...あなた、合図をしたら──」ゴニョゴニョ


スライム「──え...うん..."水魔法"!」バシャー


追跡者「きかねぇぞッ!」ダッ


スライム「ひゃっ、こっちきた!」


女賢者「..."地魔法"」


追跡者「だからよ...あたんねぇよぉッ!!!!!」


追跡者「──"転移魔法"ッ!」シュン


女賢者「────今ですっっ!!」


スライム「──"水魔法"っ!」


合図をしたら、女賢者の出した指示はこれだった。

スライムは追跡者を狙わず、はたまた自らも狙わず。

空に向かって水を放つ、それは雨のように広範囲に水をばらまいた。


追跡者(...何が狙いだ?)


追跡者「なにがしてぇか、わからねェが...こんなんじゃ...!」


──ぴちゃっ...!

雨のせいか、身体に水が付着する。

しかしの水は、雨粒の大きさとは違う。

その違和感はすぐに解消する。


スライム「──つかまえたっっっ!!!!」



163: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 01:54:09.03 ID:vwcOn1nA0


追跡者「なッッ...!?」


気づけばスライムが追跡者を拘束していた。

始めこそは上半身のみだったが、雨が次第に集まり元の身体を形成し始めていた。


追跡者(これはスライム族の固有能力の水化...水魔法は陽動ッッ!?)


女賢者「雨という水に身体を同化させ、彼女自身が雨となり...あなたに近寄ったってわけです...」


追跡者「ぐッ...はなせェッッッ!!!」


スライム「──死んでもはなさいっっっ!!」


追跡者(くそッッ! 足が粘ついて動かねェッ!!!)


女賢者「...どうやら、足が不安定で力が入らないみたいですね」


追跡者「くっ..."転移──」


スライム「──させないっっ!!!」


追跡者「ごぼぼぼぼっぼッッ...!」


女賢者「...詠唱できなければ、魔法は使えませんよ」


追跡者(まじィッッッ!!! このままじゃッッ!!!!)


女賢者「..................」ブツブツ


追跡者(わざとらしくッッ!! 詠唱の質を上げてやがるッッッ!!!!)


女賢者「..."地魔法"」


長ったらしく唱えられたその魔法。

そこから生まれるのは、まるで大地そのもの。

とてつもない規模の地魔法が追跡者を飲み込む。


追跡者「──があああああああああああああッ!?!?」


~~~~



164: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 01:55:14.52 ID:vwcOn1nA0


~~~~


捕縛者「喰らいなッッ!」


──ヒュンッ!

それはわずか一瞬であった、少しばかり視線を逃したが為に放たれた。

先程とはまるで違う、隊長という男を警戒したからこその一撃。


隊長「──ぐはぁッ!?」


隊長(は、はやすぎる...)ガシッ ポイッ


自分に刺さった矢を抜きながら、先ほどの矢の速度の違いに驚く。

これまでは人間という種族だからこそ、魔物相手に油断を誘えていた。

しかしこの捕縛者という男、なかなかにキレ者であった。


捕縛者「悪いけどさっきみたいにふざけないで、本気でいかせてもらうね」ヒュン


捕縛者「..."分身魔法"」スゥッ


再び彼が弓を射ると、そのまま射出した矢に魔法をかけた。

それは何重にも重なる、矢が分身を行えばどのようなことになるのか。

初めは1本だったモノが、瞬く間に数10本に。


隊長(これじゃまるで弓の雨だな)


隊長「...」スチャ


──ババババッッッ!!

銃で一箇所だけを集中して狙う。

狙われた箇所は、やや下方向の軌道を持つ矢数本。


隊長「──ハッッ!!」スッ


あとは屈めば簡単に避けることができる。

瞬時の状況判断が可能にしたのは、最低限の動きでの回避術。

だがそれは読まれていた、捕縛者は魔法を続ける。



165: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 01:56:09.12 ID:vwcOn1nA0


捕縛者「..."転移魔法"」シュンッ


隊長「──ッ!?」


捕縛者「──ほらっ! もらったね!」


──ゲシッ...!

捕縛者が接近してきたと思えば、なにかを蹴飛ばした。

それは彼の主力武器、今まで見たことのない何かを飛ばしてくる武器を解除する。

アサルトライフルを失った隊長、そんな彼に矢の刃を向ける。


隊長「──そこだ!」スッ


捕縛者「────なッ!?」


──ザシュッ...!

矢を刃物代わりに使ってきた捕縛者、ならばこちらも刃物で対抗する。

素早い判断で彼はナイフを取り出し、矢を握っている彼の腕に斬りかかる。


捕縛者「ぐっ...人間の分際で!」


隊長「──おまけだ!」スチャッ


──ダンッ!

未曾有の武器はもう1つあった。

サイドアーム、彼はハンドガンをすばやく取り出し、そのまま射撃する。


捕縛者「──ぐはぁッ!?」スッ


隊長(速いッ...!)


だが彼は抵抗した、軽やかな身のこなしですぐさまに離脱を試みる。

結果的には足を撃たれてしまったが、もともとの照準は眉間を狙われていた。

離脱は比較的成功、隊長はトドメのチャンスを逃されてしまった。


隊長(くそっ! 女々しい口調だがあいつ、やるな...)


捕縛者「ふふふ、君も軍人みたいな者のようだね」


隊長「...」


お互いに武器を構え、睨みあう。

軍人ではないものには何が起きているのか目が追いつかない。

ハンドガンと弓、どちらが先に動きを見せるのか。


魔女「す、すごい...」


大賢者「ふむ...ワシの老いた目にはちと速すぎる戦いじゃ」 



166: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 01:57:02.61 ID:vwcOn1nA0


捕縛者「...武器、拾いに行かないのかい?」


隊長(誘導のつもりか...ここは動かしやすいハンドガンの方が有利だ)


隊長「...」


捕縛者「...へぇ、いかないのか」


捕縛者(...あの人間、武器だけじゃなくて判断力も凄いね)


捕縛者(歴然の軍人なのかな? しかし人間界にいる実力者一覧表には載ってなかったな)


捕縛者(...大賢者拉致の仕事が大変なことになっちゃったな)


隊長「...」


隊長(...魔法があるからといって)


隊長(詠唱を唱えるとき、一瞬隙があるみたいだな)


隊長(...ほんの、一瞬だがな)


隊長(それを恐れて、派手に動けないみたいだな)


隊長(...俺も動けないんだけどな)


お互いにお互いを解析する、大賢者と魔女はただ眺めることしかできない。

流れ弾を食らわないような場所から戦いを見ていることでしか隊長を援護できない。

下手に魔法で援護をすれば、逆に隊長の戦略が崩れるかもしれないからだ。


大賢者「次に動いたら決着が決まるようじゃな」


魔女「...そうなの?」


大賢者「...あの人間は負けるぞ」


魔女「そ、そんな...」


大賢者「...落胆するな、ここままの話じゃ」チラッ


魔女「えっ...?」


~~~~



167: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 01:57:57.38 ID:vwcOn1nA0


~~~~


女賢者(スライム...本来は強力な種族なのを改めて思わされる...)


スライム「よ、よくわからないけど...やったの?」


女賢者「..."治癒魔法"」


──ぽわぁっ...!

優しい明かり、それは魔女のモノよりも遥かに。

彼女の唱えた魔法が2人を癒やす。


ウルフ「う...うん?」ピクッ


帽子「──げほッ...死んだかと思ったよ」ピクッ


追跡者「...」ピクッ


ちょうどその時だった、まだ意識を保つ者がもう1人。

大地をひっくり返したかのような魔法を受けても、まだ息がある。

しかし身体は地面に埋まっている、まともに動けることはできない。


追跡者「残念だったな...俺は頑丈なんでな...」ボソッ


追跡者(だが...このままじゃ不利だ)


追跡者(...もう、側近様から頂いた魔力薬を飲むしかない)


追跡者「...」ゴクッ


追跡者「──ぐぁあッッ!?」


追跡者「──ぐおおおおおおおおオオオオオオオオッッ!?!?」


うめき声から、大きな声へと変貌する。

それだけではない、身体中が熱く、そして何かが蠢く。

それは地上の者にも伝わる轟音であった。


女賢者「──瓦礫の下からっ!?」


帽子「そんな...まだ生きていたのかっ!?」



168: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 01:59:21.80 ID:vwcOn1nA0


追跡者「──グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!」


──ガッッッッッシャアアアアァァァァァァンッ!!!!

自分の身体を埋めていた大地を掘り起こした。

身体中から植物が生え、触手が筋肉の繊維のように体にまとわりつく。

この光景、暗躍者とほぼ同じであった。


スライム「な、なにこれっ!?」


ウルフ「がるるるる...」


女賢者「...厄介です、物凄い魔力」


帽子「...人間の私でも、殺気というものを身に感じるよ」


ウルフ「さっきよりおおきいし...こわい...」


追跡者「──グオオオオオオオオオオオオオ!!」ダッ


帽子「──きたよッ!」


女賢者「..."防御魔法"」


先に狙われたのは、人間2人。

それに備え、彼女は防御魔法とやらで自分と帽子を包み込んだ。


追跡者「グオオオオオオオオオオオオオオッッ!!」


──ドゴンッ! バキィ!! ドガァッッ!!

しかし追跡者はそれにかまわず殴りはじめる。

防御魔法、それは見えない鎧を着込むようなモノ。


追跡者「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」


──バゴッッ!! ガッッ!! ベキィッッ!!

女賢者の防御魔法はかなりのモノだ、これが通常時の追跡者であるならば。

殴ったときの衝撃が自らに跳ね返り負傷させることができる、だが今は違う。

見た目でわかるその光景、確実に理性を失っているものに痛みなど伝わるだろうか。


女賢者「ま、まずい...もの凄い攻撃力...」


帽子「...ひび割れているね」


──バゴッ!! ピシッッ...

────パリィィィィィィン!!

彼女の得意魔法、防御魔法があっけなく砕かれる。

それは魔法だけではない、彼女の心を砕くのと同じであった。



169: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 02:00:50.69 ID:vwcOn1nA0


追跡者「グオオオオオオオオオオオオオオ!!」


女賢者「うそ...」


追跡者「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」


帽子「ぐっ! 逃げろっっ!!!!」


女賢者「...あっ?」


そう声をかけても、彼女は反応できなかった。

以外にもこの女賢者という者、見た目は若い。

たとえ強力な魔法を唱えることができても、まだ精神は未熟であったのかもしれない。


帽子(まずい...彼女は動けないみたいだ...)


帽子「くそッ!」


ここで見捨てればどうなることか。

彼は思わず前に出る、その圧倒的な実力差を感じつつも。

恐怖で足が震える、だが男である以上護らねばならぬ、彼は紳士的すぎたのであった。


追跡者「グオオオオオオオオオオオオオオオ!!」ガシッ


帽子「ぐぁああああああああああああああッッ!?!?」グググ


ウルフ「──帽子をはなせ!!」


──バシッ! ドカッ! 

ウルフが果敢にも蹴りを入れるが全く怯まない。

巨大化した追跡者に握りしめられた帽子、このままでは非常にまずい。


スライム「"水魔法"っ!!」バシャー


追跡者「グオオオオオオオオオオオオオオ!!」ブン


────ドッッッッン!!!!!!!!!!

渾身の水魔法ですら怯むことはなかった、そして追跡者は帽子を地面にたたきつけた。

子どもが人形を乱雑に扱うが如く、帽子は横たわり動けなくなってしまう。


帽子「────ぁ...」


女賢者「だ、だめ...もう勝てない────っ」フラッ


女賢者は追跡者の恐怖に負けて、座り込んでしまう。

するとウルフがへたれてしまった女賢者を背負い、隊長たちが落ちたところを指差す。

まだ魔物の2人は理性が残っていた。



170: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 02:01:54.34 ID:vwcOn1nA0


ウルフ「...下におりよう!」


スライム「で、でも!」


ウルフ「ご主人ならなんとかしてくれるよっっ!!」


スライム「...わかった、けどその前に帽子さんを助けなきゃ」


追跡者「グオオオオオオオオオオオオ!!!!」


ウルフ「グスッ...あたしがおびきよせるから帽子をおねがい!!」ダッ


スライム「──ウルフちゃん!!」


ウルフ「──おにさんこちらっ!」ヒラヒラ


追跡者の前で尻尾をうざったらしく振る。

足元にたたきつけた帽子を無視してウルフと背負ってる女賢者のほうに向かう。

ウルフが一番危険性を察しているというのに、とてつもない勇気であった。


追跡者「グオオオオオオオオオオオオ!!」ダッ


スライム「──帽子さん!」ダキッ


帽子「...」ピクッ


ウルフ「スライムちゃん! とびこむよっ!」ダッ


スライム「うんっ!!」ダッ


ウルフとスライムは人間2人を背負って崩れていた場所に飛び込む。

そして当然ながら、彼も追跡することは間違いない。

恐怖で振り返ることはできないが、巨大な足音がついてきていた。


~~~~



172: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 11:10:14.42 ID:vwcOn1nA0


~~~~


隊長「...」


隊長(...このままじゃ埒が空かん、どうするか)


捕縛者「...」


捕縛者(先に動いたほうが死ぬね、これ)


隊長が動けば、彼は引いている矢を放つだろう。

捕縛者が動けば、彼は引き金を引くだろう。

お互いにソレを理解している、だからこそ動けなかった。

しかしそれは当人らの話、第三者が介入するなら話は別。


魔女「..."雷魔法"」


大賢者「"炎魔法"」


──バチバチバチッ...!

────ゴォォォォオォオオオオオオオウッッ!

2つの魔法が重なり合う、特に炎魔法が顕著であった。

これは捕縛者に向けられたモノではない、では一体なにか。

魔法の規模がやたら大きい、それが彼を包み隠すことなど簡単であった。


魔女「──こっちだよ!!」


隊長「──すまん、たすかるッ!」ダッ


捕縛者「────そこだぁっっ!!」


──ヒュンッ...!

軍人としての勘が捕縛者を駆り立てる。

決して適当に放ったわけではない、なにか感覚を掴んだからこそ彼は試みたのであった。

炎と雷を貫き、そしてその矢は獲物を捉える。



173: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 11:11:57.59 ID:vwcOn1nA0


隊長「──ッッ...!?」


──グサァッ...!

防弾チョッキを着ているのにも関わらず。

彼の放った矢は凄まじいモノであった、見事にソレを貫通し隊長の腹部を射抜いていた。

その光景に思わず援護をした彼らは硬直してしまう、そして捕縛者は追撃を行う。


捕縛者「..."拘束魔法"」


大賢者「──な...んじゃと...」


魔女「きゃぁっっ...なにっ!?」


魔法陣が大賢者と魔女を縛り上げる。

拘束魔法、それは戦況を整理するのにもってこいな魔法。

だが大賢者には対抗策があった、それを行おうとすると。


大賢者「"解除魔──」


捕縛者「──いい加減邪魔だよ、それ」ヒュンッ


大賢者「ぐぁ...」グサッ


捕縛者「...なるべく無傷で連れてこいとはいわれたけど、これはもう無理だね」


魔女「お爺さんっ!! きゃぷてんっ!!」ジタバタ


捕縛者「...君も下手に動くなよ、治癒魔法は戦いが長引いて面倒なんだ」


隊長「はぁ...ぐゥ...」


やがて炎が弱まり、隠れ蓑はなくなってしまった。

そこにいたのは腹を射抜かれた痛みで立っているのがやっとな状態の隊長であった。

勝負あった、最後の一撃が決め手であった。



174: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 11:13:13.06 ID:vwcOn1nA0


捕縛者「僕の勝ちだね...君、名前は?」


隊長「おまえになのるなまえはない...」ギロッ


捕縛者「そうかい...じゃあ、痛めつけてあげるよ」ヒュン


隊長「──ぐぁああああ...ッ!?」グサッ


矢が肩に刺さる、刺さった矢を抜き投げ捨てる。

それがやっとの行動、魔力で強化された矢の威力を侮っていた。


魔女「──やめてぇ!!」


魔女(ここままじゃ...あいつが死んじゃう!!)


捕縛者「...人間にしてはよくやったよ」ヒュン


隊長「ぐぅ...ッ!?」グサッ


矢が掌に刺さる。

矢を抜いて放り投げる。

それが限界、そのまま蹲るしかなかった。


捕縛者「ふふふ、その声もっときかせてよ」ヒュン


隊長「...あぁ...あああああッッ!?」グサッ


矢が腿に刺さる。

絶叫しながら、矢を抜いて握りしめる。

隊長という男が悲鳴をあげる、その光景を楽しむために捕縛者は近寄る。


捕縛者「...ふふふ、トドメをさしてやる」スッ


捕縛者がトドメを決めるため弓を大きく構える。

この一撃は彼の頭部を捉えている、死に直結する最後の攻撃。

だがそれが命取りであった、不屈の隊長は最後の余力を全てぶつける。


隊長「────はぁああああああああああッッ!!」ダッ


捕縛者「──な、まだこんな力がッ!?」


──グサッッッ!!!!!!

残念なことに、矢が肉体を貫く音が響いた。

先程述べたように、この矢は魔力で強化されている。

人間の骨を砕くだなんて容易なことであった。


魔女「──だめえええええええ!!」



175: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 11:14:28.92 ID:vwcOn1nA0


捕縛者「────ッ...!?」ドカッ


隊長「ぐっ...はぁ...」ドサッ


捕縛者は急接近してきた隊長を蹴っ飛ばす。

彼はそのまま力が入らずに横たわってしまう。

勝負あったかと思われた、だが絶叫した魔女の声は無駄であった。


捕縛者「────ッ...ッ...!?」


魔女「え...あいつの喉が...っ!?」


人を骨を砕くのは用意、それが彼の矢。

ならば彼自身を貫くのはどうなのだろうか。

答えは出ている、彼の喉を貫くのは、他でもない彼の矢。


捕縛者(喉を刺された...クソッ! 詠唱ができない...ッ!?)


隊長「──This is over...」スチャ


──ダンッダンッダンッダンッダンッダンッダンッダンッダンッダンッダンッダンッダンッダンッダンッ!

寝そべりながら彼は射撃をする。
 
マガジンにある残りの銃弾を捕縛者の頭をお見舞いする。

容赦のない射撃、たとえ魔物であっても耐えられるわけがない。


捕縛者「──────っ...」ドサッ


魔女「──"治癒魔法"っ!!」


──ぽわぁっ...!

捕縛者が倒れると同時に、魔女が動く。

拘束されてはいても口は動かせることはできる。

先程は警告されできなかったが、彼女は魔法で大賢者を癒やした。


大賢者「た、たすかるぞい..."解除魔法"...これであの男を癒やしてやるのじゃ...」


そして大賢者が拘束魔法を解除した。

魔力も取り戻し身体の自由も取り戻した。

そして彼女は急いで彼の方へと向かい、魔法を連発させる。


魔女「..."治癒魔法"っ! "治癒魔法"っ!」



176: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 11:15:44.84 ID:vwcOn1nA0


隊長「──ゲホッ..,はぁ...はぁ...さすがにしぬかとおもったぞ...」


魔女「"治癒魔法"! "治癒魔法"っ!」


大賢者「..."治癒魔法"」


必死に治しても、治しても彼の傷はなかなか塞がらなかった。

少し理性を失いかけた魔女、その様子を見かねた大賢者がつい手を差し伸べた。

彼の治癒は魔女の比ではない、隊長の身体を完全に癒した。


大賢者「...よくやった、見知らぬ者たちよ」


隊長「あぁ...ありがとう...」


魔女「...ぐすっ」


隊長「...魔女?」


魔女「...ひっく、もぉう目の前で死に掛けないでぇぇ」ポロポロ


隊長「...」


彼女は泣いてしまっていた。

その涙を前に、ただ黙ることしかできなかった。

そんな微妙な空気、それを少し晴らそうと大賢者が口を開く。


大賢者「...あの魔力でできた強力な矢は捕縛者すら死においやる威力だったのぅ」


隊長「...そうだな」


魔女「ひっく...うぇぇぇぇぇぇぇぇん」ポロポロ


大賢者「...おなごを泣かすでないぞ、若者」


隊長「......そうだな」


彼は魔女の背中を、優しすくさすった。

そんなことしかできない、とても不器用な男であった。

彼女が少し落ち着くと、彼は蹴飛ばされたアサルトライフルを回収した。



177: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 11:17:26.05 ID:vwcOn1nA0


捕縛者「────ッッ!!!!」ゴクッ


その時だった、あそこまで頭を撃ち抜かれてもまだ息があった。

驚異の生命力、ほぼ意識が消えかけた状態でも彼は動く。

彼の手に握られいてたのは小さな瓶。


大賢者「──いかんあれは魔力薬じゃ!」


捕縛者「────っっっ...ぎゅろろろろロロロロロロロロロロロ!!」


隊長「まだ息があったのか...ッ!?」


魔物相手に常識は通用しない、初めの氷竜が一撃で仕留められてしまったのが災いした。

染み付いたヘッドショットという概念、本来は即死が可能だというのに。

そのような固定観念に足を引っ張られる中、ある声が響いた。


??1「──はぁ...はぁ...この穴って...!」


??2「この穴からにおいがする! ご主人! たすけてぇ!!」


??3「────グオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」


上だった、先程グレネードでこじ開けた大穴。

そこにいたのは我らが仲間、その後ろからは叫び声が。

大きな足音と登場したのは魔物の2人だった。


隊長「スライム! ウルフ! だいじょうぶかッ!?」


魔女「なんか、凄いのに追いかけられてない...っ!?」


ウルフ「あ、あいつがどうしてもたおせなくて...」


スライム「...って! そっちにも怖いのがいるよっ!?」


大賢者「おぉ...女賢者...大丈夫かの?」


隊長「話は後にしてくれ...逃げるぞッ!!」


捕縛者「ロロロロロロロロロロロロロッッ!!」


捕縛者の身体、そのいたる所から植物の触手がまとわりつく。

だがそれはまだ変異の段階、今すぐに動く気配はなかった。

ならば今一番気をつけなければならないのは、ウルフたちを追跡している者。



178: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 11:18:57.05 ID:vwcOn1nA0


隊長(まだ、捕縛者は変化し終わっていない...)


追跡者「──グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッ!!」


隊長(...追ってきてる奴は知らんが危険そうだな...こっちしかない)


隊長「こっちだ! 走れッッッ!!」ダッ


魔女「うんっ!」


大賢者「...久々に走るとするかいのう」


ウルフ「わふっっっ!!」ダッ


彼の指示で皆がまとまって走り出した。

だがそれは無計画であった、今はあの怪物共から距離を離さなければならない。

しかしそれは意外にも功を奏する、それはなぜか。


大賢者「...この通路の方角は、賢者の塔につなっているぞい」


魔女「それって本当!?」


隊長(...こっちで正解だったな)


老人が全力疾走するなか、答えを教えてくれた。

すごく不可思議な光景、それでいて大賢者は息も切らせていない。

こちらの答えも彼が教えてくれる、それは魔力を利用したモノであった。


スライム「はぁっ...はぁっ...」


ウルフ「スライム! 大丈夫!?」


大賢者「お主、コレを飲め」ポイッ


スライム「うわっ! っとと...はぁっ...なにこれ...はぁっ...」


大賢者「それは魔力が補充できる、魔法薬じゃ」


大賢者「魔力が力の源である魔物につかえば、元気溌剌になるじゃろう」


大賢者「老体であるワシが全力で走れているのも、魔力のおかげじゃ」


スライム「はぁっ...なんだかしらないけどっ、ありがとっ!」ゴク


スライム「...だいぶ楽になったっ!」


薬を飲んだスライムに、効果が現れる。

青い顔をしていた彼女が、より一層健康的な青色の顔つきへと変わる。


ウルフ「──あれって、でぐち!?」



179: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 11:20:26.18 ID:vwcOn1nA0


隊長「────ッ!」スチャ


──バババババババババババババババッッッ!!

すると見えてきたのは、大きな木製の扉。

彼は走りながらも、背負っていたアサルトライフルを構え射撃する。

扉を手で開けている暇などない、このマスターキーでこじ開けるしかない。


隊長「──デヤッッッ!!」ダッ


──ベキベキッ...!

弾幕により脆くなった扉にタックルをすることで、扉を開ける作業を短縮する。

そのまま前のめりになった身体を前転させることで受身を取る。

今ので大幅に時間を短縮できた、扉を越えるとそこにあったのは。


隊長(地下広間か...)


魔女「...ここは!?」


大賢者「賢者の塔の地下広間じゃ」


ウルフ「へっへっへっへっ...わふん」


スライム「つ、ついたの...?」


隊長「──立ち止まるなッ!」


──グオオオオオオオオオオオオオオッッ!!

──ロロロロロロロロロロロロロロロッッ!!

背後から聞こえてくるのは、怪物の鳴き声。

それは決して近くもないが遠くもない、どちらにしろ立ち止まるべきではない。


大賢者「あそこの階段を目指すのじゃ」


魔女「わかった!!」


──ガッッッッッッシャアアアアアアアアアアアン!!

扉が化物サイズにこじ開けられた、それは周りの壁も破壊された。

ついに追いつかれてしまった、塵芥とともに現れたのは。

元の姿を彷彿とできない、変わり果ててしまった魔物共。



180: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 11:21:42.63 ID:vwcOn1nA0


捕縛者「...ロロロロロロロロロロロロロロッ!!」


追跡者「グオオオオオオオオオオオオオオオッッ!!」


捕縛者の姿、それはまるで大蛇のようなモノに。

そして追跡者は巨大な猩々、植物の触手で出来た筋繊維が恐怖感を醸し出す。


隊長(...クソッ!)


大賢者「...あの階段までいけばワシに策がある!!」


魔女「えっ...!?」


スライム「ほんとう!?」


隊長「──ッ!」クル


──スチャ...!

隊長が振り向いた、そして同時に行ったのはリロード作業。

大賢者の言葉を信じる、自分にはこの状況を打破できないからだ。

望みを彼に託し、己のやるべきことを瞬時に担う。


隊長「──すすめぇッ!!」


──ダンッ ダン ダダンッ

弾がきれたアサルトライフルを背負い、素早く準備ができるハンドガンで足止めにはいる。

射撃音が始まるの合図、隊長は時間を稼ぐことにした。

そのおかげか、彼以外の者は早くも階段へと到着する。



181: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 11:23:09.09 ID:vwcOn1nA0


ウルフ「わふっ!!」ドサッ


スライム「はぁっ...やっとやすめる...」


魔女「策ってなによっ!?」


大賢者「...この地下ごと結界魔法をかけるのじゃ」


魔女「...封印みたいなことをするの?」


魔女「でも...それって物凄い魔力の量が必要なんじゃ...」


大賢者「大丈夫じゃ、ワシは大賢者じゃ」


大賢者「若いの、もう少しだけ時間稼ぎを頼むぞ...」ブツブツ


大賢者が詠唱をはじめる、少し困惑気味の魔女はその光景を眺めることしかできない。

ウルフは女賢者を、スライムは帽子の身体をゆっくりと地面に置いた。

彼女らもまた、彼の姿を見つめることしかできない。


追跡者「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」


捕縛者「ロロロロロロロロロロロロロロ!!!!」


隊長「...ッ!」


──ダンッ ダンッ ダンッ ダンッ ダンッ ダンッ ダンッ ダンッ ダンッ ダンッ ダンッ 

やはりハンドガンで正解であった、追跡者と捕縛者は理性を失っている。

その影響で魔王軍同士が対峙している、彼という小さな者に牙は向かれることはなかった。

しかし怪物同士が争っている余波は激しかった。


大賢者「...」ブツブツ


追跡者「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」


──スチャッ ダンッ ダンッ ダンッ ダンッ ダンッ

奴らの攻撃の余波を回避しつつ攻撃するのは、片手で持てるこの銃ではないと無理であった。

素早くリロードを行い、そしてまた攻撃に移行する。


大賢者「...」ブツブツ


捕縛者「ロロロロロロロロロロロロロロ!!!!」


──ダンッ ダダンッ ターン ダンッ ダダンッ ダンッ ダンッ ダンッ

ハンドガンの小さな射撃が、奴らを地味に負傷させ始めていた。

この化物共に理性などない、ハンドガンという未曾有の武器を解析することはできない。

どこから飛んできているかも理解できない者が、その要因である隊長に気づけるわけがなかった。



182: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 11:24:01.15 ID:vwcOn1nA0


大賢者「──"結界魔法"」


そして時は訪れた、隊長が時間を稼がなければなし得なかった。

ブチ破れた扉のほうから魔法陣が広がり始める。

その色は透明、そしてソレが徐々に辺りを無色に染め上げる。


大賢者「若いの、早くこっちにくるのじゃ」


隊長「あぁ...わかっ──」


捕縛者「──ロロロロロロロロロロ!!!」


──ブンッ...!

蛇の一撃、その大きな尻尾がムチのように襲いかかった。

先程までこれを回避することができたのに、最後の最後で油断をしてしまう。

そこまでの激痛は走ることはなかった、しかし隊長は大きく吹き飛ばされた。


隊長「──うおおおおおおおおおおッッッ!?」ズサァ


魔女「──あんたっ!!」


ウルフ「ご主人!!」


スライム「"水魔──」


大賢者「──やめろ!!」


大賢者「下手に手を出すでない!! 奴らがこっちにきたら終わりだッ!!」


大賢者「急げ! 一緒に封印されたら二度と帰ってこれないぞ!!」


隊長「ぐッ...!」ダッ


再び階段に向かって走り出す。

走っている足元ギリギリに魔法陣が迫ってくる。

しかし奴らも抵抗をする、その余波が再び彼に襲いかかる。



183: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 11:25:15.66 ID:vwcOn1nA0


捕縛者「ロロロロロロロ!!」ブン


魔女「危ないっっ!! なぎ払いがくるわよっ!」


隊長「──フッッ!!」


──ズサァァァッ...!

走っている最中に姿勢を下げる。

スライディングが可能にしたのは移動中の回避であった。


追跡者「グオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」ドゴン


スライム「きゃっ」グラ


大賢者「な、なんということじゃ...」グラッ


ウルフ「ご主人っ!!」グラッ


追跡者が結界魔法に飲み込まれかけていた。

その際に奴は地面を殴ることで奴は大地を揺らしたのであった。

それが何になるのか、抵抗虚しく追跡者という魔物は完全に姿を失った。

だがそれが隊長を煩わせる。


隊長「Damn it...」グラッ


揺れる大地、そしてその背後には結界魔法。

彼は体勢を崩し倒れ込んでしまった。

すぐに起き上がりはするが、もうどう見ても厳しいモノであった。


大賢者「もうだめじゃ...間に合わん...」


魔女「...あきらめないでっっ!!」


隊長「────ッ!!」ダッ


隊長「──うおおおおおおおおおおおおおおっっ!!」


ウルフ「ご主人!!」


隊長(あと少し!)


スライム「がんばってっっ!!」


隊長(あと少しだ!!)


隊長(飛び込めば間に合うかもしれん!!)バッ


魔女「──っっっ!!」スッ


階段に向けて、隊長は思い切り飛び込んだ。

すると魔女は無意識だろうか、手を差し伸べた。

そして隊長も同じく手を伸ばした。



184: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 11:26:23.21 ID:vwcOn1nA0


──ガシィッ...!

強く握りしめられたその音。

これがなければ、彼は僅かに間に合わなかった。


隊長「はぁッ...はぁッ...はぁッ...はぁッ...」ギュ


魔女「よかった...」ギュ


ウルフ「ご主人っっ!!」ダキッ


スライム「本当に...だめかとおもった...」


隊長「はぁッ...はッ...はッ...」ギュ


スライム「...あいつら、どうなったの?」


大賢者「あの化物共は結界空間でお互いが果てるまで戦い続けるじゃろう」


大賢者「それより..."治癒魔法"」ポワッ


帽子「──うっ...ん...ここは...?」ムクッ


スライム「帽子さん!!」


女賢者「──うぅ...だ、大賢者様...」パチリ


大賢者「話は後じゃ、ワシはこの結界魔法にさらに結界魔法をかけるぞい」


大賢者「女賢者、お前はみなを広間に連れて休ませておれ」


女賢者「は、はい...」


~~~~



185: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 14:14:10.78 ID:vwcOn1nA0


~~~~


女賢者「皆さん、ここで休んでいてください」


隊長「...」


スライム「帽子さん、だいじょうぶ?」


帽子「もう大丈夫だ、心配かけてすまない」


帽子「きゃぷてんさんも、君の活躍に感謝だよ...ってあれ?」


隊長「...」


ウルフ「ご主人、よくわからないけどかたまっちゃってるの...」


魔女「...だいじょうぶかな」


女賢者に連れられて彼たちは広間に案内させられた。

そこに並べられた椅子に座ることでようやく休息を得ることができた。

しかしこの男の様子は変わらず、あの時魔女の手を握って以来、沈黙を続けていた。


隊長「...」


隊長(...あの時、魔女の声が聞こえたら...力がみなぎった)


隊長(魔女と手を握った時は、どこか満足感があった)


隊長(この歳の俺がこんなにも若い魔女のことを...いや、そんなはずはない...)


女賢者「...一種の放心状態ですかね」


帽子「...しばらく1人で考えさせておいたほうがいいね」


ウルフ「わふっ」


スライム「あれだけの戦いだったからしかたないね...」


心配そうに見つめるが、今はそっとさせておいた方がいい。

そう考えた皆は、適切な距離で彼を見守った。

しばらくして階段から大賢者が上がってきた。


大賢者「──ほっほっ、皆よく戦ったのう」


女賢者「大賢者様っ!!」


大賢者「うむ、まずはなにが起こっていたかを整理じゃ」


~~~~



186: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 14:15:06.16 ID:vwcOn1nA0


~~~~


女賢者「───と、言うわけです」


帽子「なるほど、魔王軍の捕縛者とやらに奇襲を掛けられたんだね」


女賢者「私は魔法を受け、拘束されてしまいました...」


女賢者「なんとか魔法を脱出して、大賢者様を探していたら...」


帽子「...たまたま訪れた私たちに出会ったわけだね」


大賢者「ワシは地下の隠し通路で逃走をはかったのじゃが...」


大賢者「追いつかれてしまったわけじゃ、その時に若物に助けてもらったのじゃ」


女賢者「...その、魔物を連れていたのでつい誤った解釈をしてしまいました...」


女賢者「申し訳ございません」


ぺこりっ、と聞こえるようなきれいなお辞儀をする。

あの時のあれは牽制であった、自ら名乗りあげることで大賢者の存在を匂わせる。

捕縛者がわざわざ拉致をする程だ、並大抵の魔物は彼の名前を聞いただけで萎縮する。


帽子「...状況が状況さ、仕方ないさ」


スライム「それでね、私たちと女賢者さんがたたかってる時に追跡者が乱入してきて...」


魔女「それで帽子とあんたが戦闘不能になって、ウルフたちに運ばれたのね」


大賢者「...それで今に至るわけじゃな」


帽子「そうみたいですね」


大賢者「...恐らくじゃが」


大賢者「奴らが巨大化した原因は"魔力薬"じゃな」



187: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 14:16:12.29 ID:vwcOn1nA0


帽子「...魔力薬?」


スライム「それってさっきお爺さんがわたしにくれた...」


(大賢者「お主、コレを飲め」ポイッ)


大賢者「それは魔法薬じゃ」


大賢者「魔法薬は飲んだ者の魔力を回復するものじゃが」


大賢者「魔力薬は誰かから抽出した魔力を飲んだ者に与えるのじゃ」


帽子「...なるほど」


スライム「...どういうこと?」


女賢者「...つまりですね?」


女賢者「スライムさんの魔力が100だとしますね?」


女賢者「で、私の魔力が200だとします」


女賢者「スライムさんが疲れて魔力が50になります」


女賢者「その時に魔法薬を飲めば魔力は回復するだけで、100以上にはなりません」


女賢者「ですが、私から抽出した魔力薬を飲めば...」


女賢者「一時的にスライムさんの魔力は200になります」


スライム「な、なるほどぉ...?」


大賢者「そんな感じじゃ...じゃが、あの魔力の量は凄かったのう」


女賢者「そうでしたね...」


帽子「そうだったのか」


スライム「怖かったよね...」


魔女「...そうね」


大賢者「恐らくじゃが...」


大賢者「あの凶悪な魔力薬は魔王軍の最上位の者からできたものじゃな」


帽子「ってことは...魔王から?」


大賢者「それはわからぬ...」



188: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 14:17:31.95 ID:vwcOn1nA0


大賢者「...ワシを拉致しようとしたってことはじゃな」


その時、場の雰囲気が変わる。

大賢者が次に発する言葉に、どれだけの意味が込められているか。

それをまともに受け取れる者など、はたしているのだろうか。


大賢者「魔王は人間界に本格的な侵略を吹っかけてくるじゃろう」


女賢者「...」


スライム「な...」


魔女「...」


ウルフ「くぅ~ん...ご主人...」


隊長「...」


帽子「そ、そんな...」


大賢者「ワシはこれでも強いからな、早めに潰そうとしたんじゃろ」


女賢者「...大賢者様」


大賢者「...お主らに頼みがあるのじゃ」


大賢者「魔王を倒せるのは勇者の強力な存在だけじゃ」


大賢者「現在、勇者一向は魔界に向かっておるようなのじゃが...」


大賢者「...捕縛者を怯ませるほどの強力なその武器」


大賢者「もしかしたら、その武器は勇者の存在に匹敵するかもしれん」


帽子「──なっ、そんなにかいっ!?」


魔女「...そんなに強い武器なのね」


隊長「...」


大賢者「そのような武器、この大賢者のワシでさえ存在を知らぬ...」


大賢者「お主は...何者じゃ?」


隊長「...」


沈黙を続けていた彼だがついに口を開いた、それはいままで内に秘めたある事実。

自分がどこから来て、そしてどのような人間なのか。

これ以降の彼の言葉は真っ直ぐに、とてもしっかりとした日本語へと変わる。



189: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 14:19:02.48 ID:vwcOn1nA0


隊長「...俺は」


魔女「...」


隊長「────俺は...異世界の人間だ」


沈黙、困惑、驚愕、そして理解の拒絶。

この場にいた者たちの反応は各々違っていた。

当然であった、あまりにも唐突で突拍子のない発言であるからこそ。


スライム「ふぇ...?」


ウルフ「...よくわかんない」


女賢者「ば、馬鹿げている...そんな...」


帽子「ど、どういうことだい?」


大賢者「説明してもらおうかの...」


魔女「...」


だが彼自身もわからないことだらけであった。

おそらく納得はできない説明しかできない、だがありのままを話すしかない。


隊長「...俺は気づけばこの世界にいた」


隊長「なにもわからず...旅をしていたらこの仲間たちと出合った」


隊長「そして、大賢者にこの世界のことを聞きにここに来た」


隊長「ただ...それだけだ、とにかく情報がないんだ」


隊長「逆に聞きたい...なにか、わかることはあるか?」


大賢者「異世界...か...」


大賢者「...確か、古代の魔法で世界を跨ぐといわれる魔法があったのう」


隊長「...それは本当かッ!?」


思ってもいない事実であった、そのような魔法が存在していたなんて。

やはりここに来たのは大正解であった。

しかし大賢者は申し訳なさそうに返答する。



190: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 14:20:05.55 ID:vwcOn1nA0


大賢者「じゃがその魔法は本当に実在しているかわからんのじゃ...それに詠唱の仕方も知らん...」


大賢者「使えるとしたら魔王と...いや、魔王くらいかのう」


隊長「そうか...魔王か...」


隊長(...今すぐに元の世界に戻れないのは致し方ないが...情報を得られただけでも御の字だ)


帽子「...それで、頼みとは?」


大賢者「そうじゃ、話は逸れたが...実は勇者と共に魔王討伐をしてほしいのじゃ」


隊長「魔王討伐?」


帽子「──ッ!」ピクッ


先程は世界をまたぐ魔法とやらに過剰反応をした隊長。

だが次は、討伐という言葉に彼は反応した。

それと同時に帽子はスライムたちの方を少しだけ見た。


スライム「...?」


帽子「...ま、まってくれ...もっと他の案はないのか?」


女賢者「...ないですね」


帽子「このまま単純に魔王を倒せば、魔物たちは残党狩りされるだろう...他の案を考えないか?」


女賢者「...平和にするなら、そうするしかないです」


帽子「残党狩りを受け入れろと...罪もない魔物を殺すのか...人間はッ!!」


女賢者「...魔物だって人間を散々殺してきたじゃないっ!!」


帽子「──それは人間も同じだろっ!! 魔物にだって平和を求める者もいるっ!!」


思わぬところで口論が始まってしまう。

帽子がここまで声を荒げるところを始めてみた。

その豹変にも近い彼の様子を見て、スライムとウルフは怯えてしまう。


スライム「ど、どうしたの...?」


ウルフ「わふぅ...」



191: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 14:23:28.05 ID:vwcOn1nA0


大賢者「落ち着いてくれ...ワシの耳にはちとキツイ...」


女賢者「...しかし、大賢者様っ!!」


大賢者「...女賢者の両親は魔物に殺されているのじゃ...汲んでやっておくれ」


帽子「────ッ...!」


大賢者「お主の言い分も十分にわかる」


大賢者「人間界には魔物を毛嫌いしている者もおる...女賢者には偏見を持たさずに育てたが...それが世の事実じゃ」


大賢者「...みなは言わん」


大賢者はスライムたちの方を見る。

これ以上は酷であった、この場には魔物が3人もいる。

大賢者はそのまま口をつぐんだ。


帽子「......」


納得行くはずがない思考が帽子を悩ませていた。

しかし、帽子にはもう一つ口を塞いでいる事情があった。

今は魔王云々のことで悩んでいるわけではなかった、しばらくの沈黙の後、ついに彼は口を開いた。


帽子「...私の母親は魔物と仲良くしていた」


帽子「その魔物はいつも笑顔だった、それはとても...今の世じゃ絶対に見れないような」


帽子「私は当時、人見知りだったのであまり関わりはなかった...」


帽子「そんな私からみても、母親と魔物はとても友好的だったのを覚えている」


帽子「だが...たまたま魔物と一緒にいるときに暗殺されてしまった」


帽子「その魔物は"女王"暗殺の罪を着せられ、処刑された...」


帽子「本当に魔物が犯人だと、絶対的な証拠がなかったというのにだ」


帽子「だが、何も事情を知らない当時の私は魔物を憎んだ...しかし...」


帽子「ある日、母はいつも私にこう言っておられたのを思い出した」


帽子「"この世を魔物と人間が一緒に暮らせる平和な世界にしたい"」


帽子「この言葉とあの笑顔がなければ、私は今も魔物が犯人だと疑っていただろう」


大賢者「..."女王"とな?」


大賢者が引っかかったのは女王という単語。

なぜそれが今出てくるのか、帽子の母の話をしていたというのに。

その答えは簡単であった、彼が帽子を取るとそこには。



192: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 14:25:06.95 ID:vwcOn1nA0


帽子「────私は」スッ


帽子「...私は塀の都の"王子"だ」


帽子「母のやり残した平和な世界を作るべく、色々な魔物と出会うために旅を決意した」


女賢者「...病気で休養していると報道されていましたが...まさかあなたが」


スライム「ほ、ほへぇ...」


大賢者「塀の都か...魔物への偏見がとても強い所じゃのう...」


帽子「...父は元々魔物が嫌いなわけじゃありませんでした」


帽子「しかし、母が死んでからは...」


帽子「...そのため、魔物は悪だと広められました」


隊長「...なるほどな」


隊長(...あの都の新聞が魔物に対して攻撃的だったのはそのためか)


帽子「...今まで黙っていてすまない」


帽子「キャプテンに連れられ、塀の外にでて...」


帽子「...とても美しい魔物をみて、私は母の言葉を再認識をしたんだ」


大賢者「...魔物と人間が平和に暮らすのは難しい」


大賢者「魔物が悪く見られることの発端は、歴代の魔王による攻撃的な政策じゃな」


女賢者「歴史書によるとなにかあるたびに侵略行動をしてきますからね」



193: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 14:26:26.00 ID:vwcOn1nA0


大賢者「今世代の魔王はおとなしいと思っていたが、どうやら動き出しているようじゃし...」


そんな時であった、異世界の男が口を開く。

討伐でだめなら何をすればいいのか、そんなことは彼の国では茶飯事だ。


隊長「──なら話は早い、Recallをさせればいい」


大賢者「...り、りこーる? なんじゃそれは」


隊長「魔王を無理やり解雇せざる状況にして、新たな魔王に平和的交渉をすればいい」


隊長「その時は帽子が魔王にでもなればいい」


帽子「──なるほどッ!! それはいい考えだッ!」キラキラ


隊長(今のはほんの一例で言ったんだがな...)


帽子「そういうことなら、魔王に会いにいこうじゃないかっ!」


隊長(...魔王か)


隊長(世界を跨ぐ魔法...魔王なら使える可能性が...なら、答えは1つだな)


隊長「────俺は帽子についていく」


魔女「──っ...」


その言葉がどれほど魔女を揺さぶるか。

一体なぜ魔女は傷ついてしまったのか、その答えは後にスライムが述べてくれる。

彼女の口からはとても言い出せなかった、その事実を認めたくなかったからだ。


ウルフ「あたしはご主人がいくならいくぅ」


スライム「...わたしは...きゃぷてんさんみたいに強くないから...」


スライム「わたしはいけないよ...」


魔女「...」


これだった、魔女も同じことを考えていた。

今の実力では魔界につけばすぐに死んでしまうことを実感していた。

それに死んでしまっては二度と、姉には会えない。



194: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 14:28:31.95 ID:vwcOn1nA0


魔女(でも、ここで行かなかったら...)


魔女(もうあいつに会えないかもしれない...)


魔女「...」


大賢者「ほむ...なら、ここで修行すればいいじゃろう」


そんな魔女の葛藤だが、この老人の言葉によって救われる。

その発言はとても軽々しい、だがソレが魔女の心を晴れさせる。


大賢者「勇者一行はすでに魔界へ向かっているはずじゃ、ある程度は時間があるじゃろう」


大賢者「ワシも今すぐいけっ! という訳じゃないのじゃ」


女賢者「──大賢者様っ! それは...っ!?」


大賢者「うむ...ワシの修行は本来、選ばれた賢者にしかやらなんじゃが」


大賢者「命を救ってくれたお礼じゃ...どうじゃ? 女賢者のように強くしてやるぞい」


スライム(女賢者さん...そのくらい強くなれれば...)


スライム「お、おねがいしますぅ...」


ウルフ「あたしもいいのぉ?」


大賢者「うむ、いいぞい...」


魔女「...私もお願いします」


女賢者「...はぁ、そんな軽々しく言って...大賢者様の修行はきついですよ?」


大賢者「ほっほっほっ、久々にしごいてやるんじゃい」


願ってもいない、先程の女賢者は精神を割られてしまった為に動けなくなっていた。

だがその前は、帽子たちは愚か暴走する前の追跡者すらと対峙できる程の実力。

もし修行で彼女並みの力を得ることができたのなら、期待値はかなりのモノ。


隊長「そのまえに、待ってくれ」


大賢者「なんじゃ若者」


隊長「...俺は37だ...それで、この武器なんだがな?」


魔女(さ、37なんだ...17歳年上なのね...)


女賢者「武器ですか?」


隊長「...弾がもう残り少ない」


アサルトライフルは残り30発、ハンドガンも15発程度である。

正直、これだけではテロリストの鎮圧すら不可能。

これでは魔王は愚か道中の魔物相手にすら敵わない。



195: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 14:30:49.56 ID:vwcOn1nA0


大賢者「...弾?」


隊長「魔法でいうなら魔力がない」


大賢者「ふむ...」


隊長「これが、必要なんだが...」カランカラン


そういいながら、マガジンからそれぞれ1つずつ弾丸を取り出す。

そしてそれをナイフで器用に分解することで、中の造りを見せた。

どうにかしてこれを、この世界の技術で作ることはできないだろうか。


女賢者「...これは金属?」


隊長「まぁ、そんなもんだ...これを作れる魔法とかはないか?」


大賢者「ふむぅ...」


大賢者「構造が分かれば、ワシの複製魔法でなんとかなるんじゃろうな」


隊長「本当か?」


大賢者「じゃが、その魔法は同じ質量の金を変化させて複製するのじゃ...」


大賢者「...ここには金はない」


隊長(Goldか...えらく高い弾薬になりそうだ)


大賢者「錬金術で金を生産できるのじゃが」


大賢者「...錬金術の本をなくしてしまってな」


隊長(錬金術...? どこかで聞いたな)


魔女「もしかして...これ?」スッ


凍った建物で泥棒りた、本を取り出す。

奇跡であった、もともとこれは魔女が資金を得るために所持した代物。

隊長もその価値に魅了されて、一時的に持ち出した業の深い本。



196: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 14:38:59.61 ID:vwcOn1nA0


大賢者「お...それはなくしていた錬金術の本じゃ! どこでこれをっ!?」


魔女「へ、塀の都近くの山の建物で...」


女賢者「あぁー...そこは大賢者様の避暑地ですね...」


大賢者「あぁ...あそこにあったか...数十年放置してた罰が当たったか...」


魔女「あそこお爺さんの家なんだ...」


隊長「...解決しそうか?」


大賢者「解決じゃな」


帽子「解決したね、ところで私も修行できるのかい?」


大賢者「...すまんが、賢者の修行は魔力を持たないお主と若者はできぬぞ...」


隊長(...帽子のほうが若者じゃないか)


帽子「そうですか...仕方ありませんね」


大賢者「3人が修行している間は暇になってしまうな...どこかで息抜きをしているといいぞい」


大賢者「ともかく今日はもう遅い、風呂にでも入って泊まっていくといい」


隊長「あぁ...そうさせてもらう」


~~~~



197: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 14:43:51.57 ID:vwcOn1nA0


~~~~


帽子「はぁ~、身体が生き返るなぁ」


隊長「それにしても...まさか、王子だったとはな」


帽子「...すまないね、隠していて」


隊長「いいや、気にしていない」


帽子「...そういえば、君の言葉に訛りがなくなったね」


隊長「流石に周りの言語になれたからな...俺以外全員がスラスラと喋っていれば自然と身につく...」


お湯に浸かりながらも雑談を交わしていく。

それが一度区切られると、2人は沈黙を満喫する。

しかし帽子にはどうしても口にしたことがあった、例え声色を変えてまでも。


帽子「...この世界は醜い」


隊長「...」


帽子「人間が罪のない魔物を憎み、魔物も罪のない人間を憎み返している」


帽子「...どうしていいかもどかしいくらいだ」


帽子「...自分でもなにをいってるか分からないときもある」


隊長「...」


風呂場の湯気が濃い、帽子の表情は見えなかった。

隊長はただ彼の発言を受け止める、それが一番適切であった。

帽子が毒を抜くと、次は隊長が言葉を投げかけた。


隊長「世界とはそんなものだ...」


隊長「身体の色でもめたり、くだらないことで憎みあう」


隊長「...だが、それを1人で解決するのはむりだ」


帽子「...」


隊長「...まぁ、俺が相談にはのってやる」


帽子「...フフ、相変わらず面白いね」


隊長「...ふっ」


帽子「そうだ...君の世界のこと、教えてくれないか?」


隊長「...俺の世界はくだらんぞ、娯楽は多いがな」


~~~~



198: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 14:45:00.96 ID:vwcOn1nA0


~~~~


女賢者「...」ジー


ウルフ「ふぃーあったかい...」


女賢者(同じくらい...だが、幼い体つき...)


魔女「んぅーっ、気持ちいい♪」


女賢者(大きい...しかも私と同じくらいの身長...)


スライム「お風呂はじめてだけど...だいじょうぶそう...」


女賢者「でかい...」


スライム「へ...?」


女賢者「...なんでもありません」


女賢者(はぁ...世の中は不公平ですね...)


~~~~


~~~~


女賢者「お2人はここで、本来は男の人用の修行者部屋なんですが...」


女賢者「生憎、今は誰も使っていませんので」


隊長「おう...助かる」


帽子「フフ、それではおやすみなさい」


女賢者「...おやすみなさい」


ウルフ「くぅ~ん...ご主人...いっしょにねようよぉ...」


魔女「はいはい、ウルフはこっち...おやすみ、また明日ね」


スライム「からだがお湯になってる...」ホワホワ


女賢者「女性の皆さんはあっちの部屋で、私と一緒に寝ますよ」


そういいながら女3人を連れて行った。

野郎2人は疲れていたので特に会話もなく就寝した。

風呂場で話し尽くしたのだろうか、お互いの声はやや掠れていた。


~~~~



199: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 22:05:55.37 ID:vwcOn1nA0


~~~~


大賢者「それでは修行をはじめるぞい」


ウルフ「わふっ、いってきますご主人」


スライム「どんな感じなんだろ...」


魔女「...」


大賢者が3人を連れて修行部屋に連れて行く。

大量の荷物がそこにあった、その中身は食料や何かしらの薬品。


大賢者「数日は部屋に篭る、女賢者は2人についておれ」


女賢者「はいっ」


魔女「...」チラッ


隊長「...」


──ガタンッ...!

とても重厚そうな扉が閉まるまで、彼らは見つめ合っていた。

お互いになにも言わず、無言のままであった。


女賢者「さて、お2人はどうしますか?」


帽子「そうだね、私たちも修行するかい?」


隊長「...なにをするつもりだ?」


女賢者「...では私も混じりましょうか」


~~~~



200: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 22:07:36.94 ID:vwcOn1nA0


~~~~


隊長「...」


帽子「まずは、基礎的な体術だけで戦おうか」


女賢者「体術...ですか」


帽子「女賢者さんは見ててくださいね」


女賢者「そうさせてもらいます」


隊長「...」


帽子「いくよっ!」


なにも策もないまま、帽子が飛びかかる。

しかし、その修行は数分もしないうちに終わってしまった。


帽子「──つ、つよすぎる...はぁ...はぁ...」


隊長「動きに無駄が多いぞ、5分も経ってない」


帽子「はぁ...はぁ...流石異世界人...」


女賢者「それは関係ないような...」


隊長「...暑いな、すまんが服をぬぐぞ」


女賢者「ど、どうぞ」


──ゴソゴソ...

緑マフラーと防弾チョッキ、それらは脱ぐのに一苦労を要する。

徐々にその肉体が顕となる、日々犯罪者を相手に戦う男の身体は凄まじかった。


女賢者「す、すごい筋肉ですね...」


帽子「...昨日風呂場では湯気でよく見えなかったが...すごいね」


隊長「あぁ...そうだな...我ながらそう思う」


女賢者「凄い二の腕ですね...私の腕周りの4倍はありそうですね」ジー


帽子「取っ組み合っても、簡単に組み伏せられるわけだ...」


隊長「ほら、もう一度やるぞ」


帽子「くっ...いくぞ!」


~~~~



201: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 22:09:07.93 ID:vwcOn1nA0


~~~~


女賢者「そういえば、それはどんな武器なんですか?」


隊長「ん...これか...」


帽子「...音速で鉄を飛ばす武器だよね?」


傷だらけの帽子が代わりに説明をしてくれた。

その様子を見たのか、それとも武器としての性能になのか。

思わず女賢者は引いてしまう。


女賢者「え...」ヒキッ


隊長「...まぁまちがってはないな」


帽子「はぁ...少し打たれ強くなったきがするよ」


女賢者「本当に王子様なんですかね...?」


帽子「身体中が痛い...」


隊長「...そろそろやめよう、女賢者が手持ち無沙汰だ」


女賢者「次はどうしますか?」


帽子「...剣なんてどうだい?」


女賢者「剣ですか...それなら私にも嗜みはあります」


帽子「それなら、早速始めようか」スッ


女賢者「刺突用の細剣...先日は苦戦を強いられましたね」


帽子「女賢者さんは普通の片手剣だね」


~~~~



202: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 22:10:27.97 ID:vwcOn1nA0


~~~~


──カキーンッ!!

帽子の攻撃によって片手剣が弾かれ、手から離れてしまった。

勝負あり、体術ではコテンパンにされたがやはり剣術には光る物がある。


女賢者「ぐっ...! 参りました...」


帽子「フフ、剣では負けないよ」


隊長(女賢者は攻める剣の使い方だったな)


隊長(帽子は相手の力を利用した受け流しの剣の使い方...相性の問題だったな)


隊長「...やるな、帽子」


帽子「君もどうだい?」


隊長「...俺は刃物をあまり使わんしなぁ」


女賢者「よければ、私の剣をお使いください」


~~~~


~~~~


帽子「か、かんべんしてくれ!!」


隊長「──はっ! テヤッッ!!」


隊長(こいつが受けきれなくなるのが先か、俺がバテるのが先か)


──キィンッ! カキンッ!

このような金属音が何度も、何度も響き渡る。

隊長のそのゴリ押しにも近い剣術、受け流しをする際の負担が尋常ではない。

さすがの帽子も苦戦をしている模様であった。


女賢者「...すごい体力ですね」


女賢者「めちゃくちゃな剣捌きだけど、体力で補助してる」


隊長「──うわッ!?」


帽子「うわっっ!! 君の剣が折れたよ!!」


そんな矢先であった、限界を迎えたのは彼女の剣であった。

経年劣化も一因ではあるが、やはり無理やり扱ったのがいけなかった。



203: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 22:12:06.07 ID:vwcOn1nA0


女賢者「わ、私の剣が...」ショボン


隊長「...すまん」


帽子「どんだけ力をいれたんだ...」


女賢者「いえ、もともと古い剣でしたから...もう夜ですね、そろそろやめましょうか」


帽子「そうだね...少し眠くなってきたな」


隊長「...そうだな、というより大分身体を動かしたな」


異世界にきて7日目が終わる。

まさかこのような人物らと友好関係を結ぶとは当初は思いもしなかっただろう。

妙な居心地の良さを隊長は感じていた、これも縁なのだろうか。


~~~~


~~~~


隊長「ん...あさか...」


隊長「...」ボリボリ


下着一枚で背中をかく姿は37歳相応の雰囲気である。

思えばヒゲの処理を怠っている、完全に中年の朝の様子である。

そんな隣ベッドには美青年である帽子が眠っている。


帽子「...」


隊長「...起きろ、朝だぞ」


帽子「...」


隊長「...」


なかなか目を覚まさない、どうやら朝は弱い様子であった。

今は間借りをしている身分である、それに女賢者が朝食を作ってくれているはず。

寝坊することはとても失礼、それを危惧した隊長は帽子の布団を引っ剥がした。



204: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 22:13:40.72 ID:vwcOn1nA0


隊長「...起きろ」


──ばさぁっ...!

しかしそこにいたのは意外な人物であった。

なぜ彼女がここに、修行をしている最中ではないのか。


魔女「...うぅん」


隊長「──なッ...!?」


魔女「...きゃぷてん?」


隊長「な、なんでここにいる...んだ?」


魔女「...ふふっ」


隊長「...お、おいどうした」


魔女「────好き」


~~~~


~~~~


隊長「...夢か」


帽子「ぐぅ...ぐぅ...」スピー


隊長「...最悪だ」


遥か年下を相手に、なんというモノを見てしまったのか。

なぜこのような夢を、欲求不満だというのだろうか。

そんな隣で爆睡をしている帽子に腹を立てるしかなかった。


隊長「...起きろッッ!!」


帽子「────うわっ! びっくりした...」


~~~~



205: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 22:14:40.49 ID:vwcOn1nA0


~~~~


女賢者「おはようございま...どうかしましたか?」


帽子「なんか、朝から機嫌が悪いんだよ...」


隊長「...」


(「────好き」)


隊長(クソッ、なにを思い出しているんだ...俺は...)


隊長「はぁ...」


女賢者「だ、大丈夫ですかね」


帽子「さぁね、彼にも色々あるんだろう」


女賢者「それより、料理ができたので運んでください」


帽子「ん、わかったよ」


帽子「ほら、君も運んだ運んだ」


隊長「あぁ...」


~~~~


~~~~


帽子「ふぅ...ごちそうさまでした」


隊長「うまかったぞ」


女賢者「お粗末様です」


帽子「さぁて、2日目はなにをするんだい?」


女賢者「そうですね...いや、まってください今日は確か────」


???「──ごめんくださ~い」


その声が聞こえてきたのは、窓からであった。

おおよそ玄関、考えられるのは来客である。



206: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 22:15:41.02 ID:vwcOn1nA0


女賢者「...客人が来るんでした」


帽子「ふむ、どうするか」


女賢者「とりあえず迎えにいってきます」


隊長「あぁ」


~~~~


~~~~


???「──うわっ、おっきな人っ!?」


女賢者「申し訳ありません、男性は苦手でしたっけ...?」


???「い、いえ...あまりにもおっきな人だったんで...」


隊長「...」


帽子「それはすまなかったね、私たちは退散するよ」


???「あ、いえ大丈夫です...こちらこそすみません」


隊長「...」


女賢者「ご紹介します、この方は女僧侶さんです」


女僧侶「は、はじめまして」


そう紹介されたのは、女僧侶という名前。

背はかなり低く、ウルフよりも幼子に見えてしまう。

そんな彼女だが帽子はいつもどおり紳士的に対応を行った。


帽子「私は帽子と呼んでくださいね」


女僧侶「はい、素敵なお帽子ですね」


隊長「...Captainだ」


女僧侶「先ほどは失礼しました...よろしくおねがいします!」



207: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 22:17:06.61 ID:vwcOn1nA0


女賢者「ところで、今日はどのような用事で?」


女僧侶「あぁ、そうでした実は...」


女僧侶「最近、教会の畑が何者かに荒らされていて困っているんです」


女賢者「なるほど、それでここに原因解決を頼みにきたんですね」


女僧侶「そうなんですよ...お願いできますか?」


女賢者「いいですよ、案内してください」


女賢者「帽子さんたちも、よかったら付いて来ますか?」


隊長「...そうだな、このままだと1日退屈だしな」


女僧侶「心強い仲間が増えましたね!」


帽子「ところで、貴女はどういった...?」


女僧侶「あぁ、私はここから遠くはない村の教会の者なんです」


女賢者「私はそこの村の生まれなんですよ」


帽子「そうなんですか」


女僧侶「時々、私たちじゃ解決できない事が起きてしまうんです」


女賢者「そんな時は、魔法が使える私に頼みに来るんです」


女僧侶「いつもお世話になっていますっ!」


女賢者「いえ、村の作物を頂いておりますからこちらもお世話になってますよ」


隊長「...で、その畑に問題がおきたのか」


女僧侶「そうなんですよ」


女賢者「...そろそろ行きましょうか」


帽子「よろしく頼むよ」


女僧侶「終わったら村を案内しますね!」


隊長「...あぁ」


隊長(...残り弾数が少ないが...まぁ、なんとかなるだろう)


~~~~



208: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 22:19:15.06 ID:vwcOn1nA0


~~~~


女僧侶「つきましたぁ」


そこは荒野地帯にある、少しばかり寂れた村。

だが決して暗い雰囲気ではない、それなりに豊かな生活を送ってそうな村人が多数いた。

賢者の塔から歩くこと2時間、彼の息は切れていた。


帽子「はぁ...み、水をくれ...」


女賢者「体力がないですね、きゃぷてんさんを見習ったらどうですか」


隊長「...ほら、水筒だ」スッ


帽子「あ、ありがとう...少し体力をわけてくれよ」


隊長「ぬかせ」


女賢者「...ところで、畑はどこですか?」


女僧侶「こっちですよ」


そう言われ、案内されたのは教会近くの畑。

その光景は見るも無残であった、土は掘り返され作物は荒らされている。

これでは農作物を作ることはできない。


帽子「...うわぁ、凄い荒らされてるね」


女僧侶「そうなんですよ...それも毎日酷くなっていって困っているんです...」


隊長(...獣の仕業か?)


その荒らされ具合は間違いなく、人為的なモノではない。

畑に成った作物が食い荒らされている、これは間違いなく獣。

だが女賢者はもう1つの可能性を導きだした。


女賢者「...幽かにですか、魔力の気配がします」


女賢者「恐らくですが、魔物の仕業かと」


女僧侶「そうですかぁ...」


帽子「魔物...か...」


女賢者「...」


隊長(...帽子)


女僧侶(え...? な、なんですかこの重たい空気は...)


先日に口論をしたばかりである。

魔物と共に平和と掴み取りたい、それが彼の目的。

だがこのような場合はどうすればいいのか、その答えはまだ帽子の中で見つかってはいなかった。



209: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 22:20:36.52 ID:vwcOn1nA0


女賢者「...あなたの言うとおり、良い魔物もいます」


帽子「...」


女賢者「ですが...悪い魔物もいるのも確かです」


女僧侶「あ、あの...?」


女賢者「...ここは我慢してください」


帽子「仕方ないさ...人間にも悪事を働く奴はいる...」


帽子「...本来、私が助けたいのは平和を望んでる魔物だ」


女僧侶「...」


なにが起きているのは分からないが。

だが女僧侶は、帽子がなにかに悩んでいることは確認できた。

そんな重苦しい雰囲気をはらうために、隊長が彼女に質問をする。


隊長「...畑が荒らされるのはいつだ?」


女僧侶「え、えぇっと...夜、みんなが寝ている時ですね」


女賢者「ということは...今日は朝まで張り込む必要がありますね」


女僧侶「ご、ごめんなさいっ!」


女賢者「いいんです、いつもお世話になってますから...それに」チラッ


女賢者「今日は話相手がいますから、退屈はしませんよ」


帽子「...フフ、悪いけど私は一度喋り出したら止まらないよ?」


女僧侶「...ふふ、今のうちにゆっくり休んでいてくださいね?」


隊長「あぁ、そうさせてもらう」


~~~~



210: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 22:22:12.62 ID:vwcOn1nA0


~~~~


──スパァーンッ!!

見事な縦割り、隊長が持っているのは斧。

そしてそこには大量の巻が、どうやら彼は薪割りを担っているようだ。


隊長「ふぅ...」


女僧侶「きゃぷてんさまー、夕食ができましたよ~」


隊長「あぁ、すぐに行く」


隊長(薪割り...意外とトレーニングになるかもな)


隊長(...隊員と帽子に勧めてみるか)


~~~~


~~~~


隊長「おぉ...多いな」


帽子「フフ、私も手伝ったんだ」


女賢者「見事な包丁捌きでしたね」


女僧侶「私はお祈りをするので、どうぞお先に」


彼女は神に仕える者、胸元の十字架を握りしめ天に祈りを捧げる。

その宗教的な光景、これは隊長の世界でもよく見るモノであった。

彼女の祈りは数分にも及んだ。


隊長「...」


帽子「...」


女賢者「...」


女僧侶「...」


女僧侶「......あれっ? 皆さん召し上がらないんですか?」


帽子「いや、先に食べるほどお腹は減ってないよ」


女賢者「そうですね」


隊長「終わったようだな」


女僧侶「えぇ! それでは頂きましょうか」パクッ


女賢者「食べ終わったら畑に行きましょうね」


帽子「そうだね」



211: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 22:23:32.57 ID:vwcOn1nA0


女僧侶「あ、私もいきますね」モグモグ


隊長「大丈夫か?」


女賢者「いえ、女僧侶さんは教会で待機しててください」


女僧侶「で、でも...」


女賢者「相手は魔物です、見習い修道女にはキツイですよ」


女僧侶「うぐぐ...わかりました」シュン


隊長(...この野菜は絶品だな、食べる手が止まらん)モグモグ


女僧侶「あ、それは荒らされてた畑で作られてるんですよ」


隊長「...もう荒らさせるわけにはいかないな」


女僧侶「ふふっ、そうですよねっ♪」


~~~~


~~~~


隊長「...すこし冷えるな」


女賢者「そうですね...飲み物がなければちょっと厳しいかもですね」


荒野の今宵は冷える、首元のマフラーがなければ厳しい温度。

暖を取るために、女僧侶が温かい飲み物を提供してくれた模様であった。

3人は草むらの影から畑を監視する。


女賢者「...さて、あとは犯人がくるまで待機ですかね」


帽子「暇になってしまうね」


隊長「...」


帽子「...」


女賢者「...」


帽子という男、たしかにお喋りであることは間違いない。

だがこの2人、あまりにも口下手であった。

話題がなければ流石の彼も話すことはできない。



212: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 22:25:16.69 ID:vwcOn1nA0


帽子「...暇を潰せるものはないのかい?」


女賢者「生憎、娯楽には疎いもので」


隊長「...」


帽子「...」チラッ


女賢者「...」ジー


隊長「......」


夜の静寂に時は過ぎていく中、37歳の男に視線が集まる。

だが彼が場を和ませる面白話を持っているとは思えない。


~~~~


~~~~


女賢者「もうすぐ、日が昇りますね」


帽子「ボッーっとしてるだけであっという間だったね」


隊長「...」


女賢者「彼はボッーっとしてるのではなくて、集中してるんだと思います」


帽子「...えぇっ!? そうなのかい?」


隊長(うるさい...)


──ガサガサガサッ!

怒りを顕にしとうとした瞬間、物音が鳴り響く。

その音は対面側の草むらから、まるで獣が草木を通ったような音であった。


隊長「──ッ...」


女賢者「...きましたね」


帽子「...そのようだね」


???「...」


隊長(...姿は確認できないが何かがいるな)


隊長「...合図したら一斉に行くぞ」ボソッ


帽子「...」コクリ


女賢者「...わかりました」


頃合いを待つしかない、奴の動きが確認でき次第。

奴がこちらに背を向けるその瞬間を、待望のその時を。

それは数分後に訪れた、隊長は指を向ける、これが合図であった。



213: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 22:27:05.05 ID:vwcOn1nA0


???「──...!」


隊長「──動く...な?」スチャッ


帽子「こ、これは...?」


彼らは草むらから飛び出した、そこにいたのは角の生えた馬のような獣。

奴の足が畑の土を荒らしている、そして餌を求めているのか。

わずかに成った農作物を食い荒らしている、やはり犯人であることは間違いない。


女賢者「...ユニコーンですか、やはり魔物ですね...」


隊長(ユニコーン...神聖なイメージがあったが、この世界では魔物扱いか)


女賢者「...近づかないほうがいいです、非常に危険です」


隊長「今の所は...向こうに戦意はないみたいだぞ」


帽子「...それにしても、随分傷だらけだね」


ユニコーン「...」


ユニコーンはこちらをじっくり見ている。

普通の馬でさえ不用意に近づくのは危険だというのに。

だが彼はつい言葉にしてしまう、これも帽子という男の優しさである。


帽子「...傷を治してやらないか?」


女賢者「...ユニコーンは自尊心が高い魔物です」


女賢者「向こうから襲うことは少ないですが...近づくと八つ裂きにされます」


隊長「...まて」


やや否定的な女賢者の論。

だがそれとは関係なく、隊長は新たな発見をする。

ユニコーンの後ろ足、そこに刺さっていたのはあるモノであった。



214: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 22:28:13.96 ID:vwcOn1nA0


女賢者「矢が刺さっていますね、それもかなり深く...」


帽子「...せめて矢は抜いてあげよう」


隊長「...同感だな」


女賢者「でも、近寄ると暴れだしますよ?」


帽子「...どうしようか」


近寄るのは危険、だがどうしても傷を見てやりたい。

矛盾を生み出す2つの要素が帽子を悩ます。

それを見かねた男がついに動く。


隊長「...俺が抑える」


女賢者「抑えるって...!? いくら怪力の貴方でも無理ですよっ!?」


帽子「...頼めるかい?」


隊長「こうするしかないからな...」スッ


女賢者「...どうなっても知らないですからね」


帽子「...大丈夫、彼ならきっと大丈夫だよ」


これまで様々の困難を乗り越えてきた。

その信頼が帽子の中で渦巻く、どう考えても危険な策だというのに。

万が一に備え女賢者は魔法の準備を行う、そして隊長は徐々に距離を詰めた。


隊長「...」


ユニコーン「...」


隊長(大分警戒されているな...こんなプレッシャーは初めてだな)


隊長「......」


ユニコーン「......」


隊長(...なんだ? やけに静かだぞ)


不気味なほどに、静かであった。

まるで嵐の前の静けさとでも言うのか、そんな様な雰囲気を感じ取る。

だが次の瞬間、この馬は鳴く、その鳴き声はとても不気味なモノであった。


ユニコーン「──■■■■■■■■■■■■ッッッ!!」



215: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 22:29:41.44 ID:vwcOn1nA0


隊長「────なにッ!?」


女賢者「──あぶないっ!」


ユニコーン「■■■■■■■ッッ!!」ダッ


隊長「────ッ!」スチャッ


遠くから女賢者の忠告が聞こえる。

このままではヤラれると察した彼は思わずアサルトライフルを身構える。

だがそんな時、彼は思わず帽子の言葉を思い返してしまった。


隊長(──駄目だ撃てないッ!?)スッ


撃つことはできなかった。

身を屈ませることで、最低限の防御策にでる。

だがこの馬の脅威はその程度では避けることはできない。


ユニコーン「■■■■■■■■■■■■■■■■■ッッ!!」


──バギィィィィッッッ!!!!!!!

ユニコーンの強烈な蹴りが隊長の頭に入る。

そのあまりの威力に吹き飛んでしまう、それを追いかけるように女賢者が動く。


女賢者「だ、大丈夫ですかっ!? "治癒魔法"っ!」ポワァ


隊長「──だ、大丈夫だ...怪我自体はしていない...」


隊長(ヘルメットが無ければ即死だった...おかげでヘルメットとゴーグルが完全に壊れたが...)


隊長(インカムは無事だな...とりあえず直に耳にかけておこう...)


ユニコーン「■■■■■■■■■■■■ッ!」


ユニコーンは不気味な音を出しながら、鼻息を荒くする。

とてもじゃないが危険、打開策は現状見つからない。

時間があの馬を落ち着かせることを祈って、彼は撤退を命じる。



216: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 22:31:16.80 ID:vwcOn1nA0


隊長「危険だ、下がるぞ」


女賢者「...そうですね、一旦距離をとりましょう」


帽子「...」


女賢者「...?」


隊長「帽子、どうし────」ピクッ


隊長には、次に帽子がとる行動がなんとなくわかった。

彼の部隊にもいた、打破することのできない状況に直面したときの新人に見られる光景。

彼は飛び出すつもりだ、無理とわかっていながらも。


帽子「────ッ!」ダッ


隊長「────まてッッ!!」


女賢者「──帽子さん戻ってっっ!」


ユニコーン「...■■■ッ!」ピクッ


ユニコーンの鋭い角が帽子を狙う。

いままで一緒に旅をしてきた仲間の悲惨な姿を見たくない

つい、ぶつかるだろうという瞬間に目を塞いでしまう。


女賢者「──っっ!!」


隊長「──ッッ...」


隊長「......」


だが訪れたのは静寂であった。

あの角で八つ裂きにされたのであれば、悲鳴の1つはあがるはず。

おかしいと思えた彼はようやく瞳を開くことができた、そこには。


隊長「...」パチリ



217: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 22:32:15.66 ID:vwcOn1nA0


女賢者「な...」


ユニコーン「...」


帽子「あ、あはは...なんとかなった...」


王子様は馬を従えている、そのような画になる光景であった。

先程まで警戒心を高めていたユニコーンは非常に落ち着いていた。

一体なぜ、だが原因究明よりも浮かび上がったのは安堵。


隊長「...ふっ」


女賢者「し、死んでしまうかと思った...」


帽子「フフ...私もそう思ったよ」


隊長「...早く矢を抜いてやれ」


帽子「あ、あぁ...」


ユニコーン「...」


帽子「...痛いけど我慢してくれ」ギュッ


──ぐにっ

深く刺さった矢は、肉を抉る。

それは決して簡単に抜くことができない、だからこそこの馬は暴れていた。

人の手によりゆっくりと優しく、彼の処置がユニコーンを安らがせる。


帽子「...抜けた」


帽子「...女賢者さん、頼みます」


女賢者「はい...と、いうよりも...私は近寄っても大丈夫ですかね?」


ユニコーン「...」


帽子「...大丈夫...かな?」


女賢者「..."治癒魔法"」


──ぽわぁっ...!

若干怖がりながら近寄り、魔法をかけてあげる。

その魔法がユニコーンの傷を完全に癒やす。



218: ◆O.FqorSBYM 2018/11/25(日) 22:34:50.52 ID:vwcOn1nA0


女賢者「...傷は塞がりました、もう大丈夫でしょう」


帽子「よかったな、ユニコーン」


隊長「...日が出始めたな」


荒野地帯の地平線から日が昇り、隊長が手で日差しを妨げる。

そして、ユニコーンからは先ほどとは違う嘶きが聴こえた。

不気味で黒い印象のあった鳴き声は、とても綺羅びやかで白い印象のあるモノへと。


ユニコーン「...□□□□□□」


女賢者「綺麗な声...」


隊長「...身体が消えてくぞ」


ユニコーン「...」スゥー


ユニコーンはお日様に紛れながら姿を消した。

そして残ったのは光であった、まるで今までが幻想のように。


帽子「...いっちゃったね」


隊長「...そうだな」


女賢者「まぁ、解決ということで...」


帽子「万事解決だね」


隊長「いいや、まだ終わっていない」


女賢者「...なにか問題でもありました?」


隊長が問題に指を向ける。

それを見た女賢者も納得の表情。

問題大アリ、この男がどれほど危険な行動にでたのか。


帽子「うん?」


隊長「そうだな、差し詰め反省会...といったところだな」


女賢者「あぁ~...そうですね」


帽子「な、なんでだい? 全員無事じゃ...いや君は装備が壊れたけどさ...」


すると、近くの教会から可憐な声が聞こえた。

この声を目覚ましとして活用している村民は多数いるだろう。

朝を告げる女僧侶の挨拶が、朝の村に響き渡る。


女僧侶「──おはようございまぁすっ~!」


~~~~



220: ◆O.FqorSBYM 2018/11/26(月) 22:40:46.82 ID:HaEGZX9A0


~~~~


女僧侶「──えぇっ!? 犯人はユニコーンだったんですかっ!?」


女賢者「えぇ、無事に退治? というより帰っていただきました」


隊長「...あの様子じゃ、ここには二度と現れんな」


朝食を囲みながら、彼たちは会話を進めていた。

女僧侶が作ってくれた料理がすごい勢いで消化されていく。

3人とも朝の食が太いタイプであった、ただ1人を除いて。


帽子「あ、あの...反省会やるのかい...?」


女僧侶「...反省会ですか?」


女賢者「あ、その料理取ってもらってもいいですか?」


帽子「あ、はい...どうぞ...」スッ


食が細いのは、体質ではない。

これから始まる説教に緊張をしているからであった。

思わず敬語を使ってしまう程、彼の心情が伺える。


隊長「じゃあ、反省会を始める」


帽子「うぅ...」


隊長「...俺が言いたいのは2つだ」


女賢者「...」


女僧侶「...」


隊長「1つ目、あの行動は危険すぎだ」


帽子「う、ぐ...」


女賢者「...まぁ、そうですよね」


女賢者「もし、ユニコーンに敵意があったままなら...わかりますよね?」


言葉を濁した、どうやら女僧侶に気を使ったらしい。

だがあの場面、彼女の言う通り敵意が残ったままならどうなっていたか。

どうして彼は突撃したのか、その理由はあまりにも理にかなわないモノであった。



221: ◆O.FqorSBYM 2018/11/26(月) 22:41:53.67 ID:HaEGZX9A0


隊長「...なんで突っ込んだ」


帽子「...ユニコーンの声が聞こえたような気がしたんだ」


女賢者「それって...鳴き声ってことですか?」


帽子「いや、人の言葉だったんだ...」


隊長「...」


帽子「辛そうな声だった...なんとかしてやりたい、と思ったら」


帽子「足が先に動いてしまってね...」


お花畑、そう言われても仕方ない。

隊長と女賢者はつい黙り込んでしまう、どのようにして彼を諭させるかを。

だが彼女は違う、神に仕える女は帽子の発言に対して言葉を交わした。


女僧侶「...ユニコーンは、純潔な人には心が通じ合うって聞いた事があります」


女僧侶「きっと、心の底からユニコーンのことを助けてあげたかったんですね...」


女僧侶「その心にユニコーンは理解してくれたんですね」


女僧侶「それって...とっても素敵なことだと思いますっ!」


彼女の笑顔は輝かしかった。

僧侶のその屈託のない言葉、それを聞いて隊長と女賢者は顔を合わせる。

ここは彼女に免じてやる、そのような意図を伝心する。


帽子「...いやぁ、照れるな」


女賢者「はぁ...」


隊長「まぁ...死なずにいれたからこの事は不問にしてやる」


帽子「次から、無茶な行動は慎むy──」


隊長「────2つ目」



222: ◆O.FqorSBYM 2018/11/26(月) 22:43:48.60 ID:HaEGZX9A0


帽子「まだあるのか...」


隊長「...お前にはやるべき事がある、そしてそれを望む者たちがいる」


帽子「...っ!」


隊長「最後に...お前のことを大事に思ってる者がいることを忘れるな」


やや不貞腐れていた帽子の表情、それは彼の言葉をきっかけに消え失せた。

なぜこのようなことを頭に入れておかないのか。

隊長の言葉を聞いて初めてそれを認識した自分を恥ず、そのような顔つきに変わる。


隊長「慎むじゃない、無茶な行動は"しない"...だな」


帽子「そうだね...」


隊長「...どうしても、って時には」


帽子「...?」


隊長「俺や仲間を頼るんだな、そうすれば何でもうまく行くさ」


帽子「...フフ、相変わらず面白いね」


女僧侶「ふふっ、素敵ですねっ!」


女賢者「...そうですね」


隊長「早く食え、料理が冷めるぞ」


帽子「フフ、そうだね...そうだよね」


~~~~


~~~~


隊長「世話になったな」


女僧侶「いえ、こちらこそ!」


女賢者「もし、また何か起きたら遠慮なく」


女僧侶「よろしくお願いしますねっ!」


帽子「それじゃ、行きましょうか」


女僧侶「また会いましょうねぇ~っ!」


ふりふり、と彼女は手を振った。

荒野の畑はもう荒らされることはないだろう、それに帽子が精神的に成長することができた。

とても有意義な経験であった、そう彼は帽子を深く被りながら道を歩んでいく。


~~~~



223: ◆O.FqorSBYM 2018/11/26(月) 22:45:16.65 ID:HaEGZX9A0


~~~~


女賢者「もう少しでつきますね」


帽子「そうだね...はぁ...はぁ...」


隊長「相変わらず体力がないな...」


既に息を切らしていて、限界が近い帽子。

先程は精神的に成長できたが、次は身体的な成長が必要のようだった。

そんな彼に思わず笑みを浮かべていると、彼女はある気配に気がついた。


女賢者「──これは...」


帽子「うん?」


それは彼女にしか気づくことができない。

気配、それは人の気というよりかは、魔力に関する気配。

遠くからこちらに向かってくる、ナニかを察知する。


女賢者「...膨大な魔力がこっちに迫ってきてます」


帽子「そ、それって...」


隊長「────ッ! もうそこにいるぞッ!?」


ここまで来れば魔力云々の話ではない。

とてつもない覇気のようなモノを感じる、それは左方から。

彼らはゆっくりとそちらを向いた、するとそこにいたのはあの入れ墨をした男。


???「貴様ら...だな?」


やや大柄の男が、鬼のような形相で此方を睨んでいた。

その睨みだけで足がすくんでしまう程に、臆することを我慢しながら女賢者が返答する。


女賢者「...なにがですか?」


???「貴様らが我が同胞を...殺したのか?」


帽子「...魔王軍か?」


復讐者「そうだ...我は魔王軍の...復讐者だ」


隊長「────ッ!」スチャッ


男の名は復讐者、彼が背負う気配とてつもないモノ。

今まで遭遇してきた相手の中で一番かもしれない。

隊長の中で警鐘が鳴り響く、この男は非常に危険だと、有無を言わさずに彼は武器を構えた。


復讐者「...貴様らが暗躍者、追跡者、捕縛者を殺した者に違いないな」



224: ◆O.FqorSBYM 2018/11/26(月) 22:46:20.91 ID:HaEGZX9A0











「死んで詫びろ...」












225: ◆O.FqorSBYM 2018/11/26(月) 22:47:30.82 ID:HaEGZX9A0


隊長(こいつ...いままでの奴らよりかなり強いな...)


隊長「...離れろ、絶対に油断をするな」


帽子「──わかったよ...私にも感じるよ...嫌というほどの殺気を...」


女賢者「..."防御魔法"」


見えない鎧が纏われる。

彼女の唱えた魔法が彼らの生命線を確保する。

これである程度の負傷は肩代わりしてくれるはず、準備は万端だ。


復讐者「────"雷魔法"」


────ドッッッッゴオオォォォォォォォォォンッッッ!!!!

荒野の地に強烈な雷が落ちる。

その威力は凄まじく、地割れが各所に起きていた。

そして聞こえたのは落雷の音だけではない、身近なモノが割れる音も。


女賢者「けほっ...大丈夫ですかっ!?」


帽子「あぁ、なんとか...君の魔法でね」


女賢者「くっ...もう防御魔法が破られた...凄まじすぎる...っ!」


隊長「ぐっ...」


帽子「大丈夫かいっ!?」


隊長「...今は自分の身を第一に優先しろッ!」


復讐者「──ここだ」


女賢者「あ、あぶないっっ!!」


帽子「っ...!」スッ


復讐者「ほう、剣を抜いたか...それで断罪の斧を受けてみろ...」


魔法を使わずに、復讐者という男はいつの間にか肉薄してきた。

ただならぬ緊張感が、彼らの平常心を煽り注意力を散漫にさせる。

巨大な斧を手に取り帽子に向かって振り下ろす、気が動転して細い剣で受け流そうとする。



226: ◆O.FqorSBYM 2018/11/26(月) 22:48:40.70 ID:HaEGZX9A0


隊長「──受けるなッッ! 避けろッッ!」


帽子「────っ...!!」ダッ


──ガッッッッッシャアアアアアァァァアンッッッ!!

隊長の一声で我を戻し、横に飛び込むことで攻撃を回避する。

空振りした斧をみていると、大地が尋常じゃないほどえぐれている。

これを受けていたらどうなっていたか。


女賢者「な...なんて威力ですか...」


復讐者「──貰った...」


女賢者「────なっ!?」


──ガッッシャン...!

先程よりは威力が抑えられた斧の一振り。

帽子の一幕に気を取られていると、背後まで取られていた。

しかし相手は斧、その攻撃発生速度はお世辞にも速いとは言えない。

彼女はなんとか回避に成功した、回避は成功したのであった。


復讐者「..."属性付与"、"雷"」


──バチバチバチバチバチバチッッ!!

回避は成功した、しかし復讐者の狙いはコレだった。

新たに唱えられたこの魔法、それを聞いた彼女は思わず度肝を抜かれる。


女賢者「属性付与っ!? しまっ────」


その魔法は、斧に纏わりつく。

すると起こるのは、神の鳴り音と呼ばれる稲妻の唸り声。

属性付与、その文字通り斧に雷の属性が付与される。


女賢者「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っ!?!?」



227: ◆O.FqorSBYM 2018/11/26(月) 22:50:01.12 ID:HaEGZX9A0


隊長(──感電しただとッ!? なんだ今の魔法はッ!?)


隊長「...まずいッ!」スチャッ


──バババババババババッッッ!!

魔法が当たったわけでもない、斧が当たったわけでもない。

だというのに、女賢者は感電して身体の身動きができずにいる。

これ以上の負担は危険だ、そう察知した隊長は復讐者に向けて弾幕を放つ。


復讐者「ぐうぅ...そう何度も喰らうべきじゃないなこれは...」


隊長(そう言っている割には顔色一つ変えていない...先に女賢者をどうにかしたほうがいいな)


隊長「...チッ、悪いが蹴飛ばすぞッッ!!」ダッ


──ドガァッ...! ドサァッ...!

隊長が女賢者のもとに走り出す、そして鈍い音を彼女にぶつけた。

これは感電している者に対しての一般的な対処法、それを行った隊長は地面に叩きつけられる。

ドロップキックなんてモノは女性に向けて行うものではない、彼女は吹き飛ばれた。


女賢者「──あ...げほっ...ぅ...」


帽子「大丈夫かッ!?」


復讐者「...まずは1人...あと2人だ」


彼女は潰された、とてつもなく強い電気が気絶に追い込んだ。

ドロップキックを早急に行っていなかったら、感電死をしていたかもしれない。

起き上がった隊長は帽子に耳打ちをする。


隊長「...帽子」


帽子「...なんだい?」


隊長「女賢者を守っててくれ...今の俺には守りながら戦うことはできん」


帽子「...わかった、すまない...役に立てなくて」


隊長「...ッ! とにかく下がっててくれ」


言葉を濁したというのに、彼には伝わってしまった。

接近戦は控えたほうがいい、そう予感した隊長は剣術しか扱えない帽子を退避させる。

勝負の鍵は、やはりこの現代兵器でしかない。



228: ◆O.FqorSBYM 2018/11/26(月) 22:51:10.00 ID:HaEGZX9A0


隊長(あの地割れは...)チラッ


復讐者「...」


──ブンッ、バチバチバチバチッッ!!

斧を振り回すと同時に、雷の轟音が鳴り響く。

やはりあの斧に近づくだけで、あの稲妻の餌食になることは間違いないようだった。


隊長「二度も同じ手にはやられん...」スチャッ


──バババババッッッ!!

銃撃、まともに喰らえば負傷することは間違いない。

復讐者は弾幕を巨大な斧を盾代わりにして身を守った。

しかし斧を盾代わりにすることによって、それは遮蔽物にも変貌する。


復讐者「...なに?」


復讐者「...見失っただと?」


辺りを見渡しても遠くに女賢者と帽子が見えるだけ。

ここは荒野地帯、木々など存在せず、隠れる場所などないはずなのに。


隊長「...」


しかし彼は隠れていた、ここは先程の地割れの箇所。

大地の僅かな溝にに身を潜めて、様子を伺っている。

衣服が泥だらけになろうと構うものか。


復讐者「...そこだな?」


隊長「──ッ...!?」


──グイッ、ガシィッ...!

しかし、その策は刹那で破られた。

僅かな溝には逃げ場などない、見破られれば袋のネズミであった。

完全に息を潜めていたはずなのに、この男の洞察力は凄まじかった。

ネズミは首を掴まれ、そのまま外に引きずり出された。



229: ◆O.FqorSBYM 2018/11/26(月) 22:52:19.82 ID:HaEGZX9A0


隊長「────がァッ...グッ...は、離せェ...ッ!!」


復讐者「...我が同胞の復讐...晴らさせてもらうぞ」


隊長「ゲハッ...ゴホッ...」


隊長(アサルトライフルは...地面...に落ちている...)


隊長(ハンドガン...駄目だ、両手で抵抗しないと首の骨が持ってかれる...)


復讐者「審判の雷...贖罪してもらおうか...」


復讐者「..."雷魔法"」


──バシュンッッ

1つの閃光が隊長の身体を貫いた。

人は雷に打たれると、どのようなことになるのか。

鍛え抜かれた隊長の身体、それを支える力が徐々に失われていく。


隊長「────ッ」


復讐者「...2人目だ」


~~~~



230: ◆O.FqorSBYM 2018/11/26(月) 22:54:42.19 ID:HaEGZX9A0


~~~~


帽子「はぁっ...はぁっ...はぁっ...」


女賢者「ぁ...ぅ...」


帽子(女賢者さん...無事でいてくれ...)


女賢者を背負い、この王子は退避を行う。

きっと彼が解決してくれる、今は彼女の安全を確保するのが先決だ。

そう自分に言い聞かせる、しかし背後から迫る者がをソレを許してくれなかった。


???「──残りは貴様だ...覚悟しろ」


帽子「────彼はどうしたんだ...ッ!?」


復讐者「...贖罪してもらった...次は貴様だ」


帽子「くそっ...ここで終わるのかっ...」


強い絶望が彼の中で生まれる。

この鬼のような男と対峙してしまった、余所見をすれば死に繋がる。

彼に目線を合わせ、どのような行動をしてくるかを予期する、それが最後の抵抗策であった。


復讐者「...貴様の心は綺麗だな」


しかし、彼が第一に発した言葉は唐突だった。

一体なぜこのタイミングなのか、確かに初めて目線を合わせたのは事実だが。


帽子「...どういうことだ?」


復讐者「楽に逝かせてやる...」


帽子「...」


帽子(...すまない...みんな...スライム)


最後に思い浮かべた顔は、あの魔物。

それにどのような意味が込められているのか。



231: ◆O.FqorSBYM 2018/11/26(月) 22:55:59.43 ID:HaEGZX9A0


復讐者「これで...最後だ────」


──ブンッッ、バチバチバチィッ...!

雷を伴う斧が振りかざされた。

もう終わり、このまま首をはねられて彼は果てるしかない。

そんな時だった、眼の前から白き音が鳴り響く。


復讐者「────なッ!?」


──□□□□□□□□□□□□□□□ッッ!

どこかで聞いたことのある、懐かしささえ覚えるこの未知の音。

だが何色と尋ねられれば、白と答えることができる。


帽子「...」


帽子「...へ?」


帽子「...あれ...生きている...?」


復讐者「...貴様の出る幕か?」


???「...□□□」


その見た目、不気味なほどに神々しい姿。

頭には角が生え、その毛並みは絶するほどに美しい。

そこにいたのは先程助けた、あの馬がいた。


帽子「──ユニコーン...?」


復讐者「なぜ、庇う...魔物の仇だぞ...」


ユニコーン「...」


復讐者「...邪魔をするなら、どうなるか分かっているな?」


ユニコーン「...」


復讐者「貴様がいかに魔力のある種族であるが、我は倒せんぞ...」


ユニコーン「...」スッ


復讐者の脅し、そのような雑言には耳を貸さず。

ユニコーンはそのまま、後ろにいる帽子と目線を合わせた。

すると彼には声が聞こえてしまった、これからなにをしてくれるかを知らせてくれる声が。


帽子「...」


帽子「......わかったよ」


ユニコーン「...□□□」



232: ◆O.FqorSBYM 2018/11/26(月) 22:57:13.27 ID:HaEGZX9A0


復讐者「──これはッ!? させんぞッッ!」


──ブンッ......!

何かを察知した復讐者は雷の斧で帽子とユニコーンに襲いかかる。

しかしなぜだろうか、稲妻が走ることはなかった、まるで魔法が封じられたかのように。

しばらくして、彼は馬から生まれる輝きに包まれる。


復讐者「────光か...厄介な...ッ!」


復讐者がこれ以降、斧を振り回してくることはなかった。

まるでその行為が無駄だとわかりきっているような。

やがて光は消え失せた、すると帽子にはある感覚が芽生えていた。


帽子「──これは...魔力って奴か?」


復讐者「...魔剣か」


帽子「魔剣?」


復讐者「──答えてはやらん...死ねッ!」


──ブンッッ!

────キィィィンッッ!

一体何が起きたのか、まるで細い彼の剣が復讐者の大きな斧を受け止めたような。

しかしそれは現実の出来事であった、その通りのことが起きていた。


復讐者「な...」


帽子「す、すごいなこれ...よっとッ!」


──グググッ...!

か弱そうな剣で斧を押し返す。

その剣をよく見てみると、先ほどとは若干変化していた。

豪華な装飾がついた柄、その周りにはとても奇妙な紋章のようなモノが。


復讐者「────この力...ッ!」


帽子「──今だッッ!!」


──キィンッ! カンッッ!! カッ!!

帽子の最も得意とする、受け流しの型。

そしてそこから派生させられる連続の刺突と切りかかり。

この猛攻に、復讐者は思わず臆してしまう。


復讐者「──クッ...」


復讐者(この攻撃、隙間がない...かと言って反撃しても弾き返される...)



233: ◆O.FqorSBYM 2018/11/26(月) 22:59:08.67 ID:HaEGZX9A0


帽子「────そこだぁッッ!!」


──ズバッッ!!

一撃が決まる、斧を持つ腕に一筋の切り傷が生まれる。

血が止まらない、銃撃すらある程度は耐えられていたはずなのに。


復讐者「ぐはぁ...ッ!?」


復讐者(ユニコーンの魔力か...あの細い一撃が重い...)


復讐者「く...ッ!」


──バチバチバチッッ!!

なけなしの反撃、それは意外にも成功する。

淡い雷が帽子の顔面に当たりかける、それを反射的に避けようとすると当然生まれるのは。


帽子「──うわッッ!?」


復讐者(どうやら光は扱えていないようだな...隙は逃す訳にはいかない...)


復讐者「..."雷魔法"」


──バシュンッッ...

隊長を葬りさった一撃、その稲妻が帽子に襲いかかる。

これが当たれば、当たりさえすれば形成は逆転するはず。


???「"地魔法"」


──ぐちゃっ...

しかし、あたったのは泥。

どこからか声が聞こえると同時に、魔法陣から弱々しく泥が飛んできた。

それは復讐者の魔法に当たり、稲妻を消し去っていった。


復讐者「...貴様ぁ」


帽子「──女賢者さんッ!?」


女賢者「風属性にはっ...地属性ですよ...っ...」


風属性に含まれる雷、それに反するのは地属性。

魔法の相性、それは反する属性を後出しでぶつければ勝ることができる。

例えそれが圧倒的な稲妻でも、後出しの泥には勝てない。



234: ◆O.FqorSBYM 2018/11/26(月) 23:00:27.66 ID:HaEGZX9A0


復讐者「────ッ!」ピクッ


帽子「──はぁッッ!!」


──グサァッッ!!

魔法に気をとたれた瞬間、懐に剣が刺さる。

このままでは勝負がつくのは時間の問題であった。


復讐者「ぐうううううううううぅぅぅぅ...」


復讐者「な...舐めるなっ...」


──ガシィッ!!

最後の抵抗、彼は帽子の首を掴んだ。

たとえ絶対的な力を持つ剣を持っていても、所有者はただの人間。


帽子「──ぐぅ...ッ...けほッ...!?」


女賢者「まずい...首を絞められてる...」


復讐者「死ねっ...!」


???「────NOT A CHANCEッ!」


──バババババババババババババババッッッ!!

すると遠方から聞こえた、謎の言語と激しい音。

それをまともに受けれる者など存在しない、想像を絶する激痛が襲いかかる。


復讐者「ぐううううううぅぅぅぅ...貴様ぁ...」


帽子「キャプテンッ!!」


隊長「──NOWッ!」


帽子「────うおおおおおおおおおおおおおおおおっっ!!」


言語は分からないが、チャンスを与えてくれたことはわかった。

グググググッ、徐々に剣がが深く沈んでいく。

力を振り絞る、ここで勝てなければ後はない。



235: ◆O.FqorSBYM 2018/11/26(月) 23:01:55.44 ID:HaEGZX9A0


復讐者「ぐっ...くそっ...」グッ


復讐者が最後の力をこめて殴りかかろうとする。

しかし、彼はそれを許してはくれなかった。


隊長「────ッ」スチャ


──ダンッ!

それが決め手であった、彼の放った1つの銃撃が復讐者の手のひらを貫く。

力はもう湧かない、彼を支えていた身体は崩れるしかなかった。


復讐者「あああああっ...」


復讐者「あああぁぁぁぁ...っ...」フラッ


帽子「はぁ...はぁ...やったのか...ッ!?」


隊長「...まだ注意しろ」


帽子「...わかった」


隊長「一先ず...女賢者のところに運んでくれ」


帽子「うん」


帽子に肩を貸してもらい、立ち上がる。

ハンドガンの照準を合わせたまま、女賢者のもとへ運ばれる。


帽子「大丈夫かい?」


女賢者「ちょっと...休めば大丈夫です...すみません、まだ魔法を使える程落ち着いていなくて...」


隊長「...水筒だ、飲め」スッ


女賢者「ありがとうございます...」ゴクッ


隊長「...あの電流は、女の身体にはきつかったな...俺も死にかけたぞ」



236: ◆O.FqorSBYM 2018/11/26(月) 23:03:14.17 ID:HaEGZX9A0


帽子「...」


帽子が2人の元を離れ、復讐者の所へ向かう。

倒れ込んだ彼はもう立つ気配がなかった。

微かに息があるだけの存在へと成り果てていた。


隊長「気をつけろ...」


帽子「...」


復讐者「...ッ...ッ」


復讐者「────ッ...!」スッ


女賢者「──っ!」


そして取り出したのは小瓶。

女賢者はそれがなにかがわかっていた。

暗躍者、追跡者、捕縛者を正真正銘の化け物に変えた代物。


女賢者「──それは魔力薬ですっっ!!」


隊長「──なにッ!?」


隊長(飲まれるとまずい!!)スチャ


──バキィンッ

瓶が割れる音がした。

ただそれだけであった、発砲音はしなかった。

それが意味するのは、彼の強さであった。


帽子「...どうしてだい?」


復讐者「...我は誰にも縋らんッ!」


復讐者の手が、割れた瓶の破片によって真っ赤になる。

そして帽子は、心の底から思っている事を口にする。

紅の液体、それには見覚えしかなかった。


帽子「...同じ血の色なのに...どうして魔物と人間は争うんだろうね...」


復讐者「...」


復讐者「...貴様がユニコーンに好かれる理由がわかった」


帽子「...」


復讐者「...別の出会い...なら気があったかもしれんな...」


帽子「...ありがとう」



237: ◆O.FqorSBYM 2018/11/26(月) 23:04:39.89 ID:HaEGZX9A0


復讐者「...殺せ、俺を良く思ってしまったならな」


帽子「あぁ...わかったよ」


奇妙な模様の剣を掲げ、首を狙う。

帽子のその目、どこか据わっていた。

そんな彼に、復讐者は言葉を残した。


復讐者「...気をつけろ」


帽子「...?」


復讐者「魔王はここ数年の内に戦争に近い侵略を起こす気だ...」


復讐者「今はまだ、計画段階だ...我らを殺したからといってすぐに戦いをふっかけることはない...」


復讐者「だが...魔界の体制は着々と強化されていっているだろう...」


復讐者「魔界にいくのなら...精々足掻いてみせろ...」


帽子「そうか...忠告ありがとう...」


復讐者「...最後に...だ...」


復讐者が隊長を見つめる。

その目、復讐者という男は見覚えがった。

過去の自分と同じ目をしている、そんな彼に忠告を促した。


隊長「...」


復讐者「貴様の瞳...復讐に襲われるだろう...」


隊長「...そうか」


復讐者「...先に逝っております」ボソッ


復讐者「────殺せッッッ!!!!!!!!!」


──ズバッッッ! ゴロンッ...

形容することができない。

とても残酷で、それでいて彼の為の行動。



238: ◆O.FqorSBYM 2018/11/26(月) 23:06:06.39 ID:HaEGZX9A0


隊長「...」


帽子「...」


女賢者「...」


隊長「...行くぞ」


帽子「...キャプテン」


隊長「...どうした?」


帽子「...今までの敵は全て君が殺してきた」


帽子「私はそれに目を向けず、私のやったことではないからと目を背けていた...」


帽子「だけど...この前、魔王の件で決心して...今は殺し殺さずに敏感になっている」


帽子「そして今日...初めてこの手で魔物を殺した」


帽子「私がやっていることは...間違ってるかい?」


女賢者「...」


隊長「...戦争とはこんなものだ」


隊長「どちらかが勝つまで、争いは終わらん...」


帽子「...」


隊長「...平和にするには、戦争相手をいち早く倒さないといけない」


隊長「それが...戦争だ...」


帽子「...そう...だよね」


~~~~



241: ◆O.FqorSBYM 2018/11/27(火) 21:55:16.38 ID:SoEFle0w0


~~~~


??1「はぁ...はぁ...うぅ...」


誰かが、暗いどこかを逃げ惑う。

その者たちは深手を負っている、そして魔法を唱えている余裕もない。

いったいなにが起こったのか、彼女たちは優れた人物であるのに。


??2「...大丈夫か? 女勇者...?」


女勇者「う、うん...はぁ...はぁ...女騎士は...?」


女騎士「私は大丈夫だ...それより魔法使いが見当たらん...」


彼女たちは、勇者一行の選りすぐり。

魔王を討つべく、平和を掴み取るために冒険に旅立つ者たち。

そんな彼女らが追い詰められている、風は正面に、向かい風が彼女らに直面する。


女勇者「魔法使いくん...一体どこに...?」


女勇者「まだ...人間界にいるのに魔物によく襲われるね...」


女騎士「...そうだな、まさか魔界に突入する直前であのような規模の魔法を扱う奴に遭遇するとは」


女勇者「...あっ! あれって、魔法使いくんじゃないっ!?」


魔法使い「...」


どうやら彼女らは、思わぬ強敵に遭遇したようだった。

そして逸れてしまった味方と、奇跡的にも遭遇することができた。

だが彼の面持ちは、とても妙なモノであった。


女騎士「──まてっ! なにか様子がおかしいぞっ!?」


女勇者「えっ...?」


魔法使い「────"拘束魔法"」


彼が唱えたのは、彼がその魔法を向けた先は。

そして彼の背後には、一体どれほどの業を背負うのか。

最後に響いたのは、彼女らの叫び声であった。


~~~~



242: ◆O.FqorSBYM 2018/11/27(火) 21:57:00.11 ID:SoEFle0w0


~~~~


女賢者「はぁ...疲れましたね」


帽子「...」


隊長「...あぁ、そうだな」


復讐者との戦いが終わり、彼らは賢者の塔に到着した。

旅の疲れを癒やしたい、だがこの空気感がソレを許してはくれなかった。

重荷に耐えきれない女賢者は、都合のいい言葉を残す。


女賢者「...少し、大賢者様の様子を見てきます」


隊長「あぁ...」


帽子「...」


やはり、彼の中ではまだ納得をしていない。

初めて殺めた魔物、それはよき理解者になりえる存在だったかもしれない。

とてつもない罪悪感が帽子に襲いかかっていた、その様子を見かねたのは彼であった。


隊長「...なぁ、帽子」


帽子「...なんだい?」


隊長「...俺の仕事はな、犯罪者...罪を犯したものを捕まえることだ」


帽子「...」


隊長「聞こえはいいかもしれないが...どうしようもなく犯罪者を殺したりする場面もある...野蛮な仕事だ」


帽子「...!」


隊長「...俺は犯罪者には一切の容赦はしない、そう決めてある」


帽子「それは...どうしてだい?」


隊長「...それは、その容赦が時として俺の仲間に襲いかかるからだ」


帽子「...」


隊長「...例えばだ、俺が犯罪者に情けをかけて見逃したりするとしよう」


隊長「だがそいつは恩を仇で返すかもしれない...それで俺の仲間が死んでしまったらどうなるか...」


帽子「それは...」


隊長「もちろん、情けをかけた全ての奴がそうじゃないってことはわかっている」


隊長「だけど仇で返すような奴に殺されて、俺はいったいどの面をしてその仲間の墓に行けると思うか?」



243: ◆O.FqorSBYM 2018/11/27(火) 21:58:07.01 ID:SoEFle0w0


帽子「...」


隊長「俺にも殺すという選択には抵抗がある...だが仲間が俺のせいで殺されるのはもっと嫌だ」


隊長「俺が罪悪感に襲われるだけで仲間が助かるなら、俺は情けを捨てる...」


隊長「復讐者...俺は奴に殺されかけた...意識を取り戻した後も、女賢者の治癒魔法がなければ歩行は困難のままだった」


隊長「...あの時、俺が意識を取り戻せなかったら...もし自力での歩行が全くもって不可能だったら...みなは言わない」


帽子「...」


隊長「...Captainという名前は...隊長って意味だ」


隊長「お前は人間と魔物の平和を護る隊長になるわけだろ?」


帽子「────あ...」


隊長「...俺はお前は間違えていないと思っている」


あの時に復讐者を殺したのは間違えではない、もし奴が、あの時に魔力薬を飲んでいたのなら。

敵と対峙する以上は情けをかけてはならない、修羅の道を通らずに人間と魔物の平和など勝ち取ることはできない。

仲間の為なら、人殺しと言われようとも彼は任務を遂行するだろう。


帽子「キャプ...テン...」


隊長「覚悟を決めろ...泣くのは、平和を勝ち取ってからにしろ」


帽子「────あぁ...あぁッ...!!」


隊長(調子が戻ったか...)


目元は帽子で隠れている、そこを覗くような野暮なことはしない。

彼の中の罪悪感は完全に消え去った、隊長の強すぎる正義の観念により。

そんな様子を後ろから見届ける彼女が話しかけてきた。


女賢者「...あなたは、強い人ですね」


隊長「...これは受け売りだ、それよりも大賢者の様子はどうだった?」


女賢者「伝言をあずかりました...1週間以内には終わる、だそうです」


隊長「一週間か...早いのか?」


女賢者「早すぎです、普通は1年程度かかります」


隊長「...なるほどな」


女賢者「恐らく...基礎的な部分を全て飛ばしてますね」


女賢者「ここまで早いと、体力が心配ですね...習得は疲れますし」



244: ◆O.FqorSBYM 2018/11/27(火) 22:00:37.63 ID:SoEFle0w0


帽子「...大丈夫さ...彼女らなら」


呼吸を整え、彼が会話に参加した。

なんの根拠もない信頼、だがそれは女賢者も同意見であった。


女賢者「...私も、なぜか大丈夫な気がします」


女賢者「それと...これをきゃぷてんさんに」ガシ


女賢者「ふっ...お、重い...」ヨロヨロ


帽子(...こういうところは普通の女の子だな)


隊長「...これは」ガサガサ


隊長「凄い...もう出来たのか...」


隊長(今まで消費したのを補充できる...いや、もっとあるな)スッ


その荷物に詰められていたのは、弾丸であった。

隊長はナイフで弾丸を解体する、それが本物と遜色ないモノであるかを確認する。

黄金で作られたこの代物、果たして彼の御眼鏡に適うか。


帽子「へぇ...中身はそうなってるんだ」


女賢者「これは...粉ですか?」


隊長「それは火薬だ、これを発火させて先端の部分を発射させる」


女賢者「異世界の武器...興味深いですね」


隊長(...というか、これ全部Goldからできてるのか)


隊長「完璧な仕上がりだ...早速、補充させてもらうぞ」


帽子「...さて、これからどうしようか」


女賢者「よろしければ、買い出しを手伝ってもらってもいいですか?」


隊長「かまわんが...足りないのか?」


女賢者「ええ...大賢者様が数日分の食料もって篭もられたので...」


帽子「なるほどね...どこにいくんだい?」


女賢者「港町ですね」


隊長「あそこか」


女賢者「きゃぷてんさん、期待してますよ」


隊長(...荷物持ちか)


~~~~



245: ◆O.FqorSBYM 2018/11/27(火) 22:01:51.11 ID:SoEFle0w0


~~~~


隊長「着いたか」


風が潮の香りを運ぶ、この町は海岸地方の港。

時刻は昼過ぎ、早朝はユニコーン、朝は復讐者戦となかなかの密度な一日。

治癒魔法で身体は健康そのものだが、その気分はすでに疲弊の極みであった。


帽子「買いものが終わったら、しばらく寝て過ごそうよ...」


女賢者「正直、今日はそうしてたかったですけど...さすがに食べ物がないとなると...」


帽子「さっさと済ませようか」


女賢者「まずは、紙を調達しましょう、あれがないといろいろ困ります」


隊長(どの世界も、紙は必需品のようだな)


帽子「あとは何を買うんだい?」


女賢者「そうですね...水は賢者の塔に井戸があるので」


女賢者「紙と物持ちのいい食べ物を大量にってところですかね」


隊長「...了解」


~~~~


~~~~


帽子「紙、なかなか見つからないね」


女賢者「どこも品切れですね...もう少し粘りましょう」


隊長「もうすぐ夕暮れだな」


──ぐぅ~...

時間の経過を告げる音が響き渡る。

思えば朝食である女僧侶の手料理以来、なにも食べていない。

鳴ってしまうのは当然であった。


女賢者「...す、すみません///」


帽子「仕方ないさ...それより、どこかで遅めの昼食でもどうだい?」


隊長「...賛成だ」


女賢者「は、はい...///」


帽子「...ん、あの人に聞いてみようか」


隊長(時々、帽子の行動力には驚かされる...)



246: ◆O.FqorSBYM 2018/11/27(火) 22:02:49.78 ID:SoEFle0w0


帽子「そこの方」


???「...ん? なんだ?」


帽子「ここらでオススメの料理店はあるかい?」


???「お、それなら俺がやってる店にきな!」


帽子「おぉ! それはいいねっ!」


店主「そんじゃ、ついてきな!」


隊長「...強運だな」


女賢者「もしかしたら、固有能力かもしれませんね...」


帽子「うん? 早くいこう」


隊長「あぁ...」


~~~~


~~~~


帽子「お、葡萄酒...」チラ


隊長「...好きにしろ」


女賢者「え、いいんですか?」


帽子「すみません、私はとりあえず葡萄酒で」


女賢者「私は桃酒で」


隊長(...女賢者も向こう側だったか)


店主「あいよ、で、ガタイのいい旦那は?」


隊長「...俺は水────」


偶然にも出会うことのできたこの隠れ家的な料理店。

当然彼はいつもどおり、効率的に水分を得ることができる水を選ぼうとした。

しかしそれは少数意見であった、民主主義が彼を追い込む。



247: ◆O.FqorSBYM 2018/11/27(火) 22:03:35.45 ID:SoEFle0w0


帽子「──キャプテン、飲まないのかい?」


女賢者「おいしいですよ?」


隊長(アルハラか...腹をくくるか)


隊長「...林檎酒で」


店主「あいよ! ちょっとまってな!」


帽子「いまのうちに、食べ物を選ぼう」


女賢者「あっ、これおいしそうですね」


隊長(...えぇい、もうやけくそだ)


店主「はいよ、飲み物お待ちどう!」


帽子「きたきた、楽しみだね」


女賢者「ふふっ...これだけは堪りませんね」


隊長「あぁ...どうにでもなれ」


──かんぱ~いっ!

3人の声が重なる、1人はここまで元気ではないが。

隊長は大学生活振りに酒を摂取するハメとなってしまった。

それがどれ程の地獄を生み出すか、帽子はまだ知らない。


~~~~



248: ◆O.FqorSBYM 2018/11/27(火) 22:04:18.40 ID:SoEFle0w0


~~~~


帽子「...」


女賢者「わたしなんてっっっ!!! どうせよわいですよっっ!!!!」


隊長「そんなことはないッッッ!!!! おまえはつよいッッ!!!」


女賢者「うそですっっっ!!!! あのときだってあんまりやくにたてなかったですもんっっ!!!!」


隊長「おまえのまほうがなければしんでいたッッッ!!!!」


帽子「ほら、店の方に迷惑になるよ...」


店主「...なんだかしらねぇが、面白いから別にかまわねぇぜ、今は他の客もいないし」


帽子「そんな...」


帽子(しまった...2人ともかなり弱いみたいだな...)


女賢者「きゃぷてんさぁん...」キラキラ


隊長「...つよくなりたいなら、おれについてこいッッ!!」


女賢者「はいっ!!」


帽子「...どーしよっか」


帽子(でもまぁ、キャプテンの面白い姿みれて良しとするか)


~~~~



249: ◆O.FqorSBYM 2018/11/27(火) 22:05:12.89 ID:SoEFle0w0


~~~~


女賢者「...うぅん」


女賢者「...へっ?」


女賢者「どこ...ここ...」


???「...起きたかい?」


目がうまく開かない、町の街灯が眩しく感じる。

酒というものは恐ろしい、先程まで一緒にいた人物を把握することができない。

帽子を被ったこの金髪の男、彼以外の何者でもないというのに。


女賢者「...だ、誰ですかっっ!?」


帽子「誰って...帽子だよ」


女賢者「ぼ、帽子さん...? 何が起きたんですか?」


帽子「...ふたりとも酔いつぶれたんだよ」


帽子「もう夜になっちゃったから、今日は宿に連れてきたってとこさ...」


隊長「グォオオオオ...」スピー


女賢者「な、なんかすみません...」


帽子「いや、構わないさ」


帽子(キャプテンの面白いの見れたし)


女賢者「...」


女賢者(まさか...私のだらしない寝顔見られた...?)


女賢者「...///」


帽子「うん? まだお酒抜けてないならお風呂入ってきたら?」


女賢者「だ、大丈夫ですっ、おやすみなさいっ!///」


帽子「...うん? さぁて、私も寝るか」


~~~~



250: ◆O.FqorSBYM 2018/11/27(火) 22:06:19.20 ID:SoEFle0w0


~~~~


隊長「頭が痛い...」


女賢者「...奇遇ですね、私もです」


帽子「...ふたりとも弱いね」


隊長「俺は滅多に飲まないからな...」


女賢者「私は、強くありませんからね...お酒は好きですけど」


帽子「まぁまぁ、ところで朝一番なら紙が簡単に手に入るんじゃないかい?」


女賢者「そ、そうですね...いきましょうか」


隊長「あぁ...あとなるべく大きな声をださないでくれ...」


帽子(弱々しいキャプテン、面白いな)


女賢者「さぁ、いきましょうか」


~~~~


~~~~


女賢者「紙は買えましたね」


帽子「あとは食料だね」


隊長「Oh...jesus...」フラフラ


帽子「...キャプテン、ほらいくよ」


隊長「Okay...」


帽子「...異世界語はわかんないよ」


女賢者「...なにか人だかりができてますね」


帽子「本当だ、なんだろうね...いってみるかい?」


女賢者「まぁ...時間はありますしね、いきましょう」


思わず異世界語を漏らしてしまう隊長、そんな彼と共に帽子は前に進む。

そこにはなにやら人だかりが、まるでなにかを心配しているような声が聞こえる。

いったいそこに何があるのか、帽子は手前側にいた漁師に話しかけた。



251: ◆O.FqorSBYM 2018/11/27(火) 22:08:27.16 ID:SoEFle0w0


帽子「やぁ、何かあったのかい?」


漁師「いやそれがよ、空から女の子が降ってきたんだよ」


帽子「...空から? ちょっと通してくれ」グイッ


女賢者「ほら、きゃぷてんさんも」


隊長「Understand...」フラフラ


帽子「──こ、これは...」


雑踏を掻い潜る、そこには確かに女の子が寝転がっていた。

よく見ると傷だらけ、なにか暴行された後なのかもしれない。

だがそこではなかった、帽子が思わず息を呑んだのは彼女の足であった。


帽子「...足がない、まるで魚のような下半身だ」


女賢者「...人魚ですかね」


女賢者「とりあえず..."治癒魔法"」ポワァッ


漁師1「なんだ、ねぇちゃん魔法使えるんか」


漁師2「じゃああとは任せたぞ~、仕事が始められねぇからな」ゾロゾロ


帽子「あ、ちょっと! ...もうみんな行ってしまったか」


帽子(まぁでも魔物の心配をしていたみたいだし...ここの人たちは温厚だな)


さすが商業主義、魔物に対しての偏見などない。

そんな理想にも近い光景を彼は目に焼き付ける。

彼女の魔法がこの子を癒やす、すると彼女は目を覚ました。


人魚「────うん...? ここは...?」


女賢者「こんにちは」


人魚「──に、にんげんっっ!?!?」


帽子「まってくれ、別に悪さをするわけじゃないんだ」


人魚「そ、そんなこといわれてもしんじられないっっ!!!」


女賢者「...わかりました、せめて海まで連れて行ってもいいですか?」


人魚「へっ...? ってここ陸っ!?」


帽子「...よければ、何があったか教えてくれるかい?」


帽子「私たちは君がここで倒れてたのを発見して、そこで彼女が魔法を使って治癒させただけなんだ」


帽子「...ただ、それだけさ...信じてくれるかい?」



252: ◆O.FqorSBYM 2018/11/27(火) 22:10:02.49 ID:SoEFle0w0


人魚「...ありがとうございます...でも、何があったかは喋れません」


女賢者(...ユニコーンといいこの方、魔物との協調性が高いですね)


帽子「そうか...ねぇ、やっぱり海に戻したほうがいいのかい?」


女賢者「そうですね、基本的にお魚と一緒なので、長時間の陸活動は身体に悪いみたいですよ」


帽子「だ、そうだ...せめて海まで連れてってもいいかい?」


人魚「...おねがいします」


帽子「よしキャプテン、出番だ...って...」


隊長「────」


女賢者「...死んでますね、よっぽどお酒に弱いみたいですね」


帽子「...女賢者さんは人魚さんを、私はキャプテンを運ぶよ...」


女賢者「わかりました、さぁ安心してくださいね」


人魚「は、はいっ」


~~~~


~~~~


隊長「...なるほどな、そんなことがあったのか」


浴びるほどに水を飲む、乾ききった喉が癒えていく。

これで二日酔いがマシになるだろう、久々に襲いかかった頭痛は隊長をボコボコにしていた。


帽子「...そういえば自己紹介をしてなかったね、私は帽子」


女賢者「女賢者です」


隊長「...Captainだ」


人魚「わ、わたしは人魚です...」


帽子「そんなことをいっているうちに、綺麗な砂浜についたね」


女賢者「港町ですからね、海は近いです」


女賢者「...それじゃ、放しますね」


人魚「あ、ありがとうございましたっ!」


人魚「このご恩は一生忘れませんっ!」


淡々とした会話、この程度の距離感が丁度いい。

深く介入することはこの子にとって不都合である、そう察知した帽子。

せっかくの奇縁だがここは手放すしかない、女賢者が海に彼女を戻そうとしたその時。



253: ◆O.FqorSBYM 2018/11/27(火) 22:10:57.34 ID:SoEFle0w0


隊長「──待てッッ!!!! 放すなッッッ!!!」


女賢者「──えっ?」


???「ミツケタミツケタ...ニンギョヒメミツケタ...」


――――バシャッッッン!!!!!

聞こえたのは、辿々しい言葉。

そして巨大な魚影とともに現れたのは、赤き悪魔。


帽子「で、でかいぞ!?」


人魚「ひっ...いやぁッ!!!」


女賢者「──ク、クラーケン...っ!?」


隊長(今度はクラーケンか...本当になんでもいるな...)


クラーケン「ソイツヲヨコセ、ニンゲン」


人魚「ひっ...」ブルブル


帽子「...どうやら、迎えに来たってわけじゃないみたいだね」


女賢者「同感です、これでは渡すことはできません」


クラーケン「ソレジャ...ッ!!!」


―――シュウウウウゥゥゥゥゥゥゥゥ...

吹き付けられたのは黒い何か。

タコだろうがイカだろうか、この手の軟体生物はこれを仕掛けてくる。

墨が地上の空気に馴染む、それが目くらましになることは必然であった。


女賢者「──きゃあっ!?」


帽子「煙幕ッ!? 女賢者さんと人魚さんがッ!!!」


隊長「女賢者ッ! 海から離れろッッ!」


女賢者「しまったっ────」


煙幕に包まれたのは、女賢者と背負っている人魚。

そして感じたのは背中が軽くなる感覚、それが何を意味しているのか。

あの海洋生物の触手が、彼女だけを拉致する。


隊長「──クソッ!」ダッ


帽子「キャプテンッ!?」


隊長が煙幕の中に突っ込む。

未だ二日酔いが冷めていないというのに。

頭痛に苦しめられた怒りを込めて、彼は奇策に身を委ねる。



254: ◆O.FqorSBYM 2018/11/27(火) 22:13:18.62 ID:SoEFle0w0


隊長(――――見えたッッ!!!)スッ


──グサァッッ!

何かが刺さる音、そして続くのは痛みに悶える大声。

一体何が起きたのか、その様子は直に明るみになる。


クラーケン「────アアアアアアアアアアアアアアアアアアッッ!?」


隊長「帽子ィッッ!! 手伝えッッ!!!!」グググ


帽子「わかったッ!」ダッ


女賢者「...めちゃくちゃですね、あの小さな刃物であのデカブツを止めてるのですか」


人魚はクラーケンに捕まってた、そこまでは理解ができた。

しかし隊長はうつ伏せの状態、ナイフでクラーケンの足を地面ごと串刺しにしていた。

文字通りの足止め、とても人間技には思えないが、意外にもこの魔物は非力であった。


クラーケン「ハ、ハナセェ...!」


隊長(まずい、ここは砂地だ...もうもたない...!)グググ


帽子「──はぁッッ!!!」グサッ


帽子も続いて、奇妙な柄の剣で足を串刺す。

その剣はナイフよりも深い地盤に刺さり、支えの強い泥の部分まで到達していた。

そして更に拘束を補助する、それは彼女の魔法。


女賢者「ブツブツ..."拘束魔法"」


女賢者(拘束魔法は苦手なんですけど...詠唱が長く出来た分なんとかなりましたね...)


クラーケン「クッソッオ...」


隊長「──!」スチャッ


──ダンッ ダンッ ダダンッ

足をハンドガンで狙い撃ち、足を千切る。

その足が掴んでいたのは人魚、彼女の身体は開放されそのまま落下し始めた。

落下地点にいるのは彼女、先程拉致を許してしまったせめてもの償い、落下する人魚を受け止めようとする。


クラーケン「ギャアアアアアアァァァ...」


人魚「──きゃっ!?」


女賢者「おっと、大丈夫でしたか?」グイッ


人魚「は、はいぃ...」



255: ◆O.FqorSBYM 2018/11/27(火) 22:14:46.46 ID:SoEFle0w0


隊長「帽子、もう離していいぞ」


帽子「ふぅ...意外と貧弱だったね...見掛け倒しか」


クラーケン「クソォ...オボエテロォ!!!!」ザブン


クラーケンは拘束魔法をうけつつ、器用に足を駆使して海へ逃げていった。

命を奪うまでもない、そう判断した彼らはその様子を眺めるだけであった。


隊長「なんだったんだ...?」


帽子「さぁね...よかったら教えてくれるかい?」


人魚「...じ、実は」


女賢者(どうやら、話す気になってくれたみたいですね...)


人魚「わ、わたしは人魚姫なんです!」


帽子「そ、そうなのか」


女賢者「詳しくは知らないですけど、たしか海底に人魚の王国があるらしいですね」


隊長(大層な話だな...)


人魚「それで...今は王国と反乱軍とで戦争状態なんです...」


帽子「──!」ピクッ


人魚姫と称する彼女の話。

そこには反応せざる得ない言葉が存在していた。

帽子の雰囲気が変わる、それは当然であった。


人魚「だから、外出も制限されていて...とてもさみしかったんです...」


人魚「出来心だったんです...今日、無断でお城の外に...」


人魚「そしたらわたしは、さっきのくら、くらー...クラーケンに...ひっく...」


帽子「...落ち着いて、ゆっくりでいいからね」


人魚「は、はい...野生のクラーケンに追われて...攻撃されて...その衝撃でふきとばされて...」


隊長「...なるほどな」



256: ◆O.FqorSBYM 2018/11/27(火) 22:16:01.70 ID:SoEFle0w0


女賢者「状況はつかめましたね...どうしますか?」


帽子「ど、どうしようか...」


帽子「うーん...」オロオロ


人魚「ぐすっ...」


隊長(...悩んでいるな、一押ししてやるか)


隊長「...帽子、俺は雇われだ」


帽子「...キャプテン?」


隊長「だから、なにがあろうとお前に着いて行く」


帽子「...ありがとう!」


多くの言葉はいらない、それが彼を支えてくれる。

一見ドライに見えて、その中には熱きナニかが秘められている。

そんな関係性、とても魅力的と思えてしまった彼女も動く。


女賢者「...私も、ここで去るのはひどいですからね」


帽子「決まりだね! よし、人魚さん?」


人魚「な、なんですかぁ...? ひっく...」グスグス


帽子「私達をその王国に連れてってくれないかい?」


人魚「──で、でもいま戦争中であぶないんですよ...っ?」


帽子「大丈夫、彼らならきっと、"慣れてる"」


隊長「...そうだな」


女賢者「ですね」


人魚「でも、でも...」


???「良いのではないですか?」


会話に突然参入する、第三者。

その声の主は、聞き間違えではければ海の方から聞こえる。

声色は女のもの、そこにいたのは間違いなく、この子と同じ種族の者。



257: ◆O.FqorSBYM 2018/11/27(火) 22:17:34.37 ID:SoEFle0w0


隊長「...誰だ」


???「申し訳ありません、立ち聞きしてしまいました」


人魚「人魚衛兵っ!? どうしてここにっ!?」


帽子「...味方か」


衛兵「先ほどの闘い、助かりました...あなた方がいなければ今頃、姫は...」


衛兵「...そこで、こちらから頼みがあります」


帽子「...なんだい?」


衛兵「恐らく、戦争はここ数日で終わるでしょう」


衛兵「ですが、その数日はどうしても人員が足りなくなる...ので、あなた方に姫を護衛してもらいたいのです」


願ってもいない、姫を護る王国側からそうお願いされるのなら話は早い。

だが彼には1つ気がかり、疑問に思うことが芽生えていた。

なぜ戦争という複雑な代物を、数日で終わらせることができると豪語するのか。


隊長「なぜ、終わると確信できる?」


衛兵「...王国側の最終兵器の発動許可が下りたからです...これで、反乱軍は壊滅でしょう」


隊長「...」


帽子「...わかった、その要求は飲もう」


女賢者「思ったより、大事なことになりそうですね」ヒソッ


隊長「なにがあれ、俺は帽子に着いて行く」ヒソヒソ


女賢者「...私も、大賢者様にあなた達に着いて行けと言われてるので」


隊長(最終兵器とやら、気になるな...まさか核みたいなモノじゃないだろうな...)


大事になる、そう女賢者は隊長にだけ囁いた。

そんな中、彼はその最終兵器の危険性を妄想し始める。

だが危険なのは隣りに居た、彼女は海に散らばったモノを見てしまった。


女賢者「──って...ああああアァァァァ!!!!!!」


隊長「ど、どうしたッ!?」


女賢者「か、紙が...海に...」ガーンッ


帽子「あ、あちゃー...」


女賢者「...クラーケン...許されません...!」メラメラ



258: ◆O.FqorSBYM 2018/11/27(火) 22:18:42.44 ID:SoEFle0w0


衛兵「...ではいきましょう、さぁ姫こちらに」


人魚「まって! 人間は海じゃ息ができないよ!」


帽子「あ」


隊長(...異世界ならなんとかなると思っていたが...だめなようだ)


衛兵「しまった...すっかり忘れてました、どうしますか?」


女賢者「...ちょっとまっててください」


隊長「なにか策があるのか?」


女賢者「単純な調合でなんとかなりますよ」


帽子「さ、さすが賢い者...」


~~~~


~~~~


女賢者「この魔法薬...そしてこの欠片を調合して、瓶にいれれば...」


女賢者「...完成です」


彼女が作り出したのは、液体の入った瓶に何かしらの欠片を入れた物であった。

これで一体、どうすれば海に突入できるのか。

心底疑問に思った帽子は尋ねた。


帽子「なんだいコレは?」


女賢者「この欠片は、魔法を一定時間維持できる代物なんです」


女賢者「厳密に言うと特殊な鉱石なんですが...魔法の欠片と呼ばれています」


隊長「...ほう」


女賢者「それに..."防御魔法"」


瓶の欠片に防御魔法をかけた。

これがどのようにして、効能を見せるのか。

彼女は説明を続ける、不思議そうにこちらを見ている人魚たちを尻目にして。


女賢者「防御魔法は、いうなれば身体の周りの環境が固定されるものなんです」


隊長「...なるほどな」


帽子「えっ、わかったのかい?」


女賢者「まぁ、実際海にはいればわかります」


~~~~



259: ◆O.FqorSBYM 2018/11/27(火) 22:21:01.45 ID:SoEFle0w0


~~~~


女賢者「全員もちましたか?」


帽子「...本当に大丈夫かい?」


隊長「さっさといくぞ」スッ


女賢者「そうですね」


帽子「ちょ、ちょっと! ってあれ...?」


隊長「...つまりは防御魔法で、周りの空気を固定したってことだ」


隊長(身体全体が1つの大きな気泡に包まれている...子ども向けの映画で見たことあるな)


女賢者「砕けた言い方をするなら、海水を防御しているってところですかね」


女賢者「まぁ、陸地にいるようなものなので、水の影響を受けないので泳いだりはできませんが」


帽子「な、なるほどね...でもこれ、時間制限あるんだろ?」


女賢者「まぁ、防御魔法なら半日もちますかね」


帽子「は、半日すぎたらどうするんだい?」


女賢者「そのときは、瓶に魔法薬をいれれば引き続いて欠片が維持してくれます」


女賢者「ほら、こんなにたくさん買ってきましたよ」


隊長「重そうだな、持とう」


女賢者「ありがとうございます、優しいですね」


帽子「いやぁー...なんか新鮮な気分だよ」


見えない鎧が、海水を防御する。

太陽に照らされる海面、魚はいつもこの神秘的な光景を見ているのだろうか。

人間たちが海底を歩く様をみて、人魚たちも新鮮な気分に陥る。



260: ◆O.FqorSBYM 2018/11/27(火) 22:21:54.84 ID:SoEFle0w0


衛兵「...すごいな」


人魚「人間が海の中を歩いてる...」


女賢者「おや、これは...」


隊長「海藻?」


海藻からは気泡が多くでている。

隊長の世界でも見ることができるその光景。

光合成をする海の植物、こちらの世界のソレは排出量が多いようだった。


女賢者「これは、新鮮な空気を作ってくれる海藻ですね、すこし採取しておきましょう」


隊長(...酸素の問題も大丈夫そうだな)


衛兵「さっ、こちらについてきてください」


隊長(...しかし、弾丸はどうしても水中に放つことになるな)


隊長(...威力は期待できないな)


水中に向かって銃弾を放てばどうなるか。

それは過去にも軍事訓練で行われていた、どうやっても無残な結果になる。

彼が強敵と対峙してしまったら、どうすればいいのか。


~~~~



262: ◆O.FqorSBYM 2018/11/28(水) 22:31:01.47 ID:UeIGh+A90


~~~~


女賢者「...綺麗ですね」


帽子「そうだね...とても美しい」


隊長(俺の世界じゃ見ることはできないな...この光景は)


そこにあったのは、太陽光が微かに届く海底世界。

綺羅びやかな海底都市の繁華街を歩いてく中で、その幻想的な光景に思わず視線を奪われる。

そして彼らは都市中心の城門へとたどり着く、すると近寄ってくるのは。


???「──姫様ッ!? お戻りですかッ!?」


人魚「はいっ!」


???「おぉ...なんということでしょう...」


???「む...なぜ人間がここにッ!?」ジャキッ


塀の都でも見たことのある役職。

彼はこの都市の警備を担っている。

人魚の門番、そのエモノはとても鋭い槍であった。


衛兵「...彼らは姫をお救いくださりました...なので客人です」


人魚門番「そ、そうでございますか...失礼」


衛兵「さぁ、いきましょう...いつ戦闘になるかわかりませんのでお早く」


帽子「あ、あぁ...」


隊長(しかし、海底を歩くのはなれないな...)


女賢者「いきましょう」


そして彼らは門を通ることを許された。

そこはとても荘厳な造りをしている、海中でこのような建築技術をどのようにして得たのか。

そのような事を不思議に思いながらも城内廊下を歩いていく、すると到着したのは。



263: ◆O.FqorSBYM 2018/11/28(水) 22:33:41.03 ID:UeIGh+A90


衛兵「こちらに」


帽子「...本当に入って大丈夫なのかい?」


女賢者「ここは...王室じゃないですか」


衛兵「姫を助けていただいたので王が直々に話をしたいと...」


隊長「...帽子、頼んだぞ」


帽子「...え!?」


女賢者「すみません、私はこういった場になれていないので...」


隊長「まかせたぞ、王子」


帽子「...仕方ないなぁ」


衛兵「では、あなた方はあちらから傍聴席へと...帽子殿はこの扉から...」


──ガチャッ...

重々しい扉が開く、そしてそこに鎮座するのは当然。

この海底世界を統べる最高責任者、人魚の王がそこに。


衛兵「王よ、彼の者達を連れてまいりましたっ...!」


人魚王「...ほう、貴殿らが我が娘を...」


帽子「お目にかかれて光栄です...」


彼は跪く、それが王に対する最大の礼儀。

その佇まいは正しく王子、徹底的に叩き込まれた所作に育ちの良さが伺える。

そんな様子を彼ら2人は傍聴席で眺めていた、眺めることしかできなかった。


人魚王「...よい、貴殿らの活躍は聞いておる」


人魚王「是非、我が軍に力を貸してくれ」


帽子「...わたくし共でよければ、喜んで」


帽子「ですが...失礼ながら、いくつか質問をしてもよろしいでしょうか?」


その瞬間、海中だというのに空気が張り詰める。

ややピリついたその雰囲気、王室の周りで警護する者がたちがざわめいた。

衛兵たちから無礼であるぞ、とそのようなヤジが聞こえたが王がそれを受理する。



264: ◆O.FqorSBYM 2018/11/28(水) 22:35:11.50 ID:UeIGh+A90


人魚王「...よい、質問を許可する」


帽子「...ありがたき幸せ...では早速」


帽子「1つめ...なぜ、戦争が起きているのですか?」


人魚王「ふむ、それはだな...少し前にこの城を襲ったものがいる」


人魚王「其奴は今の反乱軍の"統率者"と言う者だ」


人魚王「そして統率者を英雄視してる奴らが集まり、戦いを吹っかけてきておる」


帽子「...なぜ襲われたのですか?」


人魚王「知らぬ、だが許しがたいことが起きたのだ」


人魚王「それは城が襲われた時に、我が妻にケガを追わせたことだ」


帽子「...話し合いはしたのですか?」


人魚王「...奴らの話は聞きとうない」


帽子「...」


これ以上は深く追求することは許されない。

周りの衛兵どもがざわついている、自分の好奇心でソレを煽れば問題だ。

気持ちを切り替える、そのために彼は質問を飲み込んだ。



265: ◆O.FqorSBYM 2018/11/28(水) 22:36:49.12 ID:UeIGh+A90


帽子「...わかりました、次の質問で最後です...最終兵器とは?」


人魚王「それを聞いてくるか...それは秘密だ」


人魚王「しかし、これで反乱軍を根絶やしにできるのは確かだ」


帽子「...一方的な虐殺は、遠慮したいですね」


まずい、自分でそう思ったときには遅かった。

思わず口に出てしまった、その不敬極まりないその発言。

衛兵たちの顔を伺うことができない、そんな俯いたままの彼に王は問いた。


人魚王「では、問おう...なにが正解なのかを」


帽子「...」


人魚王「...どちらかが勝つまで、争いは終わることはないだろう」


人魚王「平和にするには、戦争相手をいち早く倒さねば...国民がそう望んでいる」


隊長(...)


帽子「...失礼致しました」


人魚王「よい、若い者はいろいろ考えるだろう」


人魚王「皆の者、そう目くじらを立てるな...丁重に饗せ、我が娘の恩人だぞ」


謁見はこれにてお開き、王は彼らに猜疑心を抱く衛兵を宥めた。

帽子はここまで連れてきてくれた衛兵に導かれ、王室から退室した。

そんな彼の様子をみて、女賢者は吐露する。


女賢者「...大丈夫ですかね」


隊長「...今、あいつは同じ壁にぶつかっているな」


女賢者「...そうですね」


~~~~



266: ◆O.FqorSBYM 2018/11/28(水) 22:38:26.86 ID:UeIGh+A90


~~~~


衛兵「では、こちらの部屋をお使いください」


女賢者「はい、ありがとうございます」


隊長「...」


衛兵「それでは、呼ばれるまで待機をお願いします」


彼女に連れられたのは、客間だろうか。

そこで待機を命じられる、おそらく戦いが始まるまで待たされるだろう。

だが時間の経過などどうでもいい、今は帽子で目線を伏せている帽子が気がかりであった。


帽子「...はぁ」


隊長「...言いたいことをここでぶちまけろ」


女賢者「貯めこむのは身体に毒です、私たちがしっかりと聞きますよ」


帽子「...そうだね」


帽子「私たちの今の目標は、魔王を倒して新たな魔王に云々...ってことなんだけど」


帽子「それが、この王国とかぶちゃってね...」


帽子「この王国側からすれば、統率者とかいう人たちは魔王軍みたいなモノさ」


帽子「だけど王は...その人たちを根絶やしにすると言った、先日まで私が悩んでいたことをしようとしている」


悩んでいたこと、それは魔王をただ討てばどうなるか。

統率する人物を失えば魔王軍は壊滅するどころか、敵意のない魔物まで残党刈りされるだろう。

それがこの海底世界でも起こり得ようとしている、それが帽子の懸念であった。



267: ◆O.FqorSBYM 2018/11/28(水) 22:42:16.42 ID:UeIGh+A90


帽子「同族同士ですら戦争をするだなんて...本当に、魔王を倒して魔物と平和に共存できるんだろうか」


隊長「...どうだかな」


帽子「...うん?」


隊長「たぶん、逆だ」


帽子「逆?」


隊長「...妻を傷つけられたことに激昂しているんだろうな」


隊長「恐らく何度かは話し合いに応じる場面はあっただろう...だがここの王はそれに応じなかった」


隊長「確かに向こうから仕掛けられた戦いだ、非はあちらにある」


隊長「...だがそれを考慮しなければ人魚王のやっていることは魔王と同じだ」


帽子は統率者が魔王と同じことをしていると思っていた。

だがその事実は逆であった、この王国側が魔王と同じことをしているに違いない。

そう睨んだ彼はここがその本拠地であることを憚らずに言い放ってしまった。


女賢者「先程の謁見で私も思いましたが...侵略こそはしていませんが、攻撃的な部分は魔王に似たものを感じましたね」


帽子「...なおさらこの戦争を放置はできない」


帽子「でも、どうするか...」


隊長「そうだな、反乱軍の"帽子"みたいな奴の話を聞いてみたらどうだ?」


帽子「────ッ!」ピクッ



268: ◆O.FqorSBYM 2018/11/28(水) 22:44:18.57 ID:UeIGh+A90


隊長「...いいか、気をつけろ」


隊長「お前の目標は殺しではない、聞く耳を持たない魔王を倒し無理やり説得させることだ」


隊長「だが反乱軍のお前は人魚王を殺そうとしているに違いない」


扉の外から、何やらドタバタと音が鳴り響く。

だがそれを厭わずに彼は話を進めていく。

そして彼らも、ただ、隊長の話を聞くのみであった。


隊長「...言いたいことは1つだ」


隊長「お前の力でこの戦争を平和にできれば、魔物との共存を勝ち取る為の経験値になるはずだ」


帽子「...やってやろうじゃないか!」


──ガチャッ!

客間の扉が突然開かれた、そこにいたのは顔なじみのあの衛兵。

一体何が起きたのか、そんなことは言わずともわかる。

もう準備は完了だ、彼ら人間3人はすでに立ち上がっていた。


衛兵「──失礼します! って...あれ?」


女賢者「...お呼ばれのようですね」


隊長「...行くぞ」


帽子「...あぁ!」


~~~~



270: ◆O.FqorSBYM 2018/11/29(木) 21:54:11.43 ID:A+drxOym0


~~~~


衛兵「──では、私と共に姫をお守りください」


城の中が慌ただしい、状況は切迫した模様であった。

様々な兵たちが槍を構え外に飛び出しているなか、彼女だけは違っていた。

この衛兵の職務は姫を護衛すること、そのためにこの人間たちを誘致したのであった。


隊長「今はどういう状況だ?」


衛兵「反乱軍が攻めてきました...が、どうやらこの戦いで最終兵器を使うみたいですね」


帽子「──ッ!」ピクッ


女賢者「...姫はどこに?」


衛兵「こちらです! 急いで!」


隊長「...反乱軍はどこから攻めてきている」


衛兵「西の方向です! さぁ早くっ!」


急いでいるというのに、彼女は質問攻め合っていた。

少しばかり口調が乱暴に、それに伴うのは集中力の欠如。

隊長は彼女に聞こえない程度の小さな声で指示を仰ぐ。


隊長「...お前と女賢者は反乱軍に迎え」


帽子「...キャプテンは大丈夫なのかい?」


隊長「まかせろ、絶対になんとかしてみせる」


女賢者「...任せましたよ」


隊長「衛兵が扉を開けたら行け...」


女賢者「...」


帽子「...」


衛兵「ここの部屋に姫がいる! 今扉を開けますね!」


──ガチャッ

いち早く姫を安全な場所へと誘導しなければならない。

そんな焦燥感が許してしまったのは、逃走者であった。

何が起きたのかわからない、突然この場から去っていった2人に目を丸くする人魚が1人。


人魚「────へ?」



271: ◆O.FqorSBYM 2018/11/29(木) 21:55:45.57 ID:A+drxOym0


衛兵「──どこに行くつもりだっ!?」


隊長「...まて、姫のほうを優先しろ...どうやら重荷に耐えきれなくなって逃げたようだな...腰抜け共め」


衛兵「...くそっ! この忙しいときにっ!」


隊長のその言葉、味方を蔑むことで妙な信頼感を産ませていた。

腰抜け共め、そのような言葉に共感してしまった彼女は納得してしまう。

いやこの場合は納得せざる得ない、真偽を確かめている暇などないからであった。


人魚「な、なにがあったんですか?」


衛兵「反乱軍が来ました! 私たちと逃げましょう!」


~~~~


~~~~


帽子「──はぁッ...はぁッッ...!」


帽子「...くッ、水中だとうまく走れないな!」


女賢者「我慢しましょうっ! 急いで反乱軍と話をしなければっ!」


帽子「──いたぞッッ!!」


そこにいたのは、衛兵たちに食って掛かる野蛮な者共。

身なりはお世辞にも、良いとは言えない。

それはなぜか、衣服に意識を向かせる余裕がないからであった。


反乱軍1「王国軍めェ! 人魚王を解雇させろォッ!!!」


反乱軍2「貧民の現状を無視しやがって!!」


女賢者「...原因は貧富の不満ってところですね」


帽子「原因がしっかりしてて助かるよ...それより統率者を探そう!!」


反乱軍3「人間がいるぞッ!?」


反乱軍4「王国側のようだ!! 構わずに殺せ!!!!」


帽子「...海中でどこまでいけるか...頼むぞユニコーン...ッ!」スッ


女賢者「ブツブツ..."地魔法"」


帽子は剣を抜き、女賢者は魔法を唱えた。

海底の砂底から大地がめくり上がり、襲いかかる。

その威力は怪我をしない程度に、絶妙に調整されていた。



272: ◆O.FqorSBYM 2018/11/29(木) 21:56:51.36 ID:A+drxOym0


女賢者「...足止めはまかせてください」


帽子「ありがとう! さぁ統率者と話がしたい!!」


衛兵1「な、なにをいってるんだッ!? 貴様ら王国側だろ!!」


衛兵2「反乱軍に耳を貸すな! 人間!!!」


女賢者「混沌としてきましたね...」


帽子「これでいいッ! 戦況を掻き乱して時間を稼げればッ!!」


~~~~


~~~~


隊長「...どこに向かっているんだ?」


衛兵「王国から少し離れた...! あの塔です!」スッ


人魚「──あ、あれ!」


彼女が指さしたのは隔離された塔、その見た目はとても堅牢な造りをしている、

これなら戦火がこちらに向いても一安心と言えるだろう。

だがこの人魚が反応したのはそこではない、目に前に現れた奴に反応したのであった。


クラーケン「──コンドハニガサンゾ...!」


隊長「...またか」


衛兵「く、クラーケン...お前を相手にしている暇はないんだぞっ!?」


クラーケン「オマエニヤラレタアシ、イタカッタゾ」


クラーケン「...コロシテヤル、ゼンインコロス」


人魚「ひっ...」


隊長(見事に治ってやがる...治癒能力持ちか?)


隊長「恨むなよ...先に仕掛けてきたのはお前だからな」


顔つきが変わる、彼の正義とは敵に一切の容赦をしないということ。

殺すまでもないと先程はリリースした、だが向けられた殺意がこの軟体動物を敵として判断させる。

この場にいる護衛対象を狙っていなければ、動物みたいな相手にこのような睨みを効かせることはないだろうに。


~~~~



273: ◆O.FqorSBYM 2018/11/29(木) 21:57:31.83 ID:A+drxOym0


~~~~


帽子「はぁッ...はぁッ...」


反乱軍1「この人間...つえーぞッ!!!!」


衛兵1「貴様らァ...人間の分際で王国に歯向かうつもりかッッ!」


女賢者「まずいですね...キリがありません...」


女賢者(私たちは地面から足を離して動くことはできない...)


女賢者(一方で人魚たちは海中を自由自在に...対等に戦えてるだけで凄いというのに...)


帽子「頼む...もう少しだけ頑張ってくれ...私の身体...ッ!」


女賢者「ぐっ..."衝魔法"」


──ガッシャアアアアアアァァァンッ!!!!!

絶妙に調整された魔法、というわけではなかった。

疲労感が隠せない、鎧のみを丁寧に破壊してのではない。

鎧しか破壊できなかった、もうそれほどの力しか残っていない。


衛兵2「──鎧が砕けたッ!!!」


衛兵3「クソォ! 邪魔するなァ!!」


反乱軍2「統率者はまだか!? あいつがいればここを打開できるッ!」


帽子「──女賢者ぁ! 耐えるぞ!!」


女賢者「わかってますっっ!!」


~~~~



274: ◆O.FqorSBYM 2018/11/29(木) 21:58:33.68 ID:A+drxOym0


~~~~


隊長「──ッ!」スチャ


──バババババッ

発砲音とは裏腹に、その弾速は申し訳程度のものであった。

水中での弾速は鈍みの極み、その一方でクラーケンの動きは機敏であった。

ここは奴の環境、海洋生物相手に人間が勝る要素などない。


クラーケン「アタラナイ...アタラナイヨ...」


隊長(クソ...水中じゃ速度も威力も期待できない)


クラーケン「──クラエ!!!」


──ヒュンッ!

その音は風を切る音、ではなく海を切る音であった。

鞭のようにしなるクラーケンの足が、なぎ払い攻撃をしてきた。

被弾はしなかったが、その動きで発生した水圧に隊長が吹き飛ばされてしまう。


隊長「──うおおおおおおおおおおッッ!?!?」フワッ


隊長(足が地面から離れ...踏ん張りが効かない...ッ!)


衛兵「大丈夫ですか!?」ガシッ


まるで無重力空間、宇宙で身を投げるとどうなるか。

それ最も近い表現であった、妙な浮遊感で彼は動けずにそのまま吹き飛ばされかける。

その様子を察知した衛兵が素早く泳いで隊長を受け止めてくれた。


隊長「あぁ...助かる」


隊長(はやり、人間ってだけで圧倒的に不利だ...どうする...)


衛兵「まずいですね...」


~~~~



275: ◆O.FqorSBYM 2018/11/29(木) 21:59:36.77 ID:A+drxOym0


~~~~


帽子「──ほらほら、そんなんじゃ、止められないよッッ!!!」


──キィンッ カンッ ガギィンッ!!

帽子の華麗な剣撃に、対抗していた者は為す術なし。

一体その細身の身体のどこに、その体力が眠っているのか。

長時間に渡る戦況は、未だに人間にかき乱されたままであった。


衛兵3「こ、降参だ...」


帽子(...統率者はまだかッ!?)


女賢者「──帽子さん後ろっっ!!!」


反乱軍4「──オラァッ!」


──ガギィーンッ!

その音は直撃した音ではなく、弾かれた音。

一瞬意識をそらしたが為に許してしまったその攻撃。

それは魔法によって守られる、だがそれが女賢者の顔色を青くする。


帽子「──ッ!?」


反乱軍4「なッ!? どうなってやがる!?」


帽子(欠片の防御魔法か...助かるが...)


女賢者「──喰らわないで!! 防御魔法が壊れたらあなたはっ!!」


帽子「...やっぱりね、じゃあ気をつけないとねっ!」


彼たちは防御魔法によって、海中での行動を得ている。

それが破れてしまえばどうなるか、ここは海底、すぐさまに浮上など不可能。

呼吸ができなければ待っているのは暗い海、もう二度と攻撃を受けることは許されない。

そんな時であった、ついに目的の人物が現れる。


???「...お前が場を乱している人間か」


帽子「あれはッ!」


衛兵5「──統率者が現れたぞ!!! "アレ"をもってこいッッ!!!」



276: ◆O.FqorSBYM 2018/11/29(木) 22:02:58.39 ID:A+drxOym0


女賢者「統率者...っ!」


統率者「...お前ら、何がしたいんだ?」


帽子「...聞けッ! 王国側と話し合って、この戦争を終わらせてくれ!」


統率者「...それができんから、実力行使をしているわけだ」


帽子「私がッ! 私が仲介役になるさッ!! だから戦いをやめてくれッ!!!」


衛兵4「貴様、王国を裏切るのかッッ!?」


帽子「黙れッ! 貴様らがやろうとしてることは魔王と同じだ!!!」


帽子「とにかく話を聞いてやってくれ...ッ! 貧富の差の現実をッ!」


全くの部外者である帽子という男、それはまるで当事者のような口ぶりであった。

魚は熱に弱い、この水温以上の熱を見せる偽善者に告げる、それは反乱軍たちの覚悟。


統率者「...お前の熱意は伝わった、だがもう引くことは出来ん!!」


統率者「────お前らッッ!!!! 一斉にかかれェェェッッッ!!!!!!」


女賢者「くっ..."地魔法"」


統率者の号令により、反乱軍は一斉に突撃し始める。

それを阻止しようと女賢者は海底の大地を荒らし、目くらましをする。

だが泳ぎだした反乱軍はもう止まることはない、そんな彼らに用意されたモノとは。


衛兵7「──最終兵器をもってきたぞッッッ!!!!」


帽子「...なんだあの巨大な大砲みたいなのはッ!?」


女賢者「...あれはっ!?」


帽子「知っているのかッ!?」


女賢者「いいえっ! でも、あれからとてつもない魔力を感じますっ!」


女賢者「あれを使われては、どんな魔法でもとんでもないことにっ!?」


帽子「くそッ! なんとしても止めないとッ!」


統率者「恐れるなッッッ!!!! 押し通れええええェェェェェェッッ!!!!」


帽子「────とまれえええええええええええええええええええええええ!!!!!!!」


──□□□□□□□□□□□ッッッッ!!!!!

戦場の轟音は、白に包まれる。

そして海底世界に響き渡るのは、存在しないはずの生物の声。

聞き間違えでなければ、馬の嘶きのような音が聞こえた。


~~~~



277: ◆O.FqorSBYM 2018/11/29(木) 22:04:22.91 ID:A+drxOym0


~~~~


クラーケン「ヒヒヒ...ニンゲンヨワイナァ...」


隊長「クソッ...銃弾が当たらん...」


衛兵「...クラーケンには前々から手を焼かされていましたが...今日は特にですね」


クラーケン「クッチマウゾ...」


隊長(銃器も役に立たん...かと言ってあの巨体相手にナイフや体術は...)ピクッ


隊長(...そうだ、まだこれがあるッ!)


アサルトライフルやハンドガンでは遅すぎる。

そもそもあたったところで致命傷すら与えることはできない。

ナイフも当然だめ、だが彼にはもう1つ選択肢がある。


隊長「...あいつの動きを数秒でもいいから止められるか?」


衛兵「なにか、策があるんですか?」


隊長「一か八かだ...このままジリ貧のままよりはいいだろう?」


衛兵「私が命に変えても止めてみせます...っ!」


長くに渡る戦闘で、彼たちにあらたな信頼が芽生えていた。

どちらにしろここでクラーケンに殺されてしまえば、後ろで隠れている人魚もヤラれてしまう。

自分には策など思い浮かばない、ならばこの赤の他人であるこの男に賭けるしかない。


衛兵「...クラーケン、私が相手だ!」


クラーケン「ニンギョガカテルカナァ...?」


衛兵「──やぁっっっっ!!!!!!」ダッ


──ブンッ! ブンッ! シャッ!

彼女が得意とするのは、突撃型の槍術。

海水の中だというのに、その槍捌きは見事なものであった。

短距離水泳と伴うその攻撃が、クラーケンを思わず怯ませる。


クラーケン「グッ...」


―――シュウウウウウウウウウウウウウウウゥゥゥゥゥゥゥ...

そんな危機を感じ取れば、行ってくるのは生物としての習性。

海の水が墨と馴染む、とてつもない精度の目くらましが彼たちを襲う。



278: ◆O.FqorSBYM 2018/11/29(木) 22:05:52.11 ID:A+drxOym0


隊長(また蛸墨かッ!)


──ババババババッッ

闇雲に墨の中を射撃する。

だがお粗末な速度の銃撃など当たるわけがなかった。


クラーケン「アタランヨ...アタラン!!」


衛兵「...軟弱者のお前が窮地になるとそれを行う、ずる賢い者ということは知っている」


衛兵「私が唯一できる魔法...受けてみろっっ!!!」


衛兵「全ての魔力を...」


衛兵「"属性付与"..."水"っっ!!!」グッ


隊長「──今だッッ!!!」


──ババババババッ

だがこの射撃の真意は別物であった。

闇雲に発射していた訳ではない、クラーケンの行動を誘発させるために行っていた。

あの軟体は銃撃を一度我が身に受け威力を知っている、必ず回避しようとする臆病さを逆手に取った策。

アサルトライフルからの攻撃を避けようと動き回る、それが墨の範囲外へと誘導しているとも知らずに。


クラーケン「────!?」


衛兵「──そこだああああああああああああッッッ!!!!!」ブンッ


隊長(──速いッッ!?)


──グサァッッッ!!!!!!!

彼女の投げた槍は、とてつもない速度。

まるで水と同化したようにも見えた、槍はクラーケンの足の付け根を捕らえ深く地面に突き刺さっている。

砂浜で見せたあの足止めを、この海底でも行なったのであった。


衛兵「──今ですっっ!!!」


隊長「──ッ!」ダッ


クラーケン「クッ...ナメルナァ!!!!」グググ


衛兵「まずい...槍が抜けそうだっ! 急いでっ!!」


隊長(間に合わんッッ!!!)


──□□□□□□□□□□□ッッッッ!!!!!

その時だった、クラーケンに何かを施そうと走り出す。

だが逃げられるかもしれない局面、隊長の背後からとてつもない光が差した。



279: ◆O.FqorSBYM 2018/11/29(木) 22:07:12.32 ID:A+drxOym0


クラーケン「──グッ!? ナンダッ!?」


隊長「────今だッ! これでも喰いなッッ!!」ピンッ


衛兵(何かを口の中にいれたっっ!! あれが策なのかっ!?)


隊長「...離れろッ!!」


衛兵「──っ!」


―――――――――ッッッッ!!!!

音にならない何かが起きた、彼が蛸の口の中に入れたのは手榴弾であった。

爆発はせずとも、とてつもない衝撃がクラーケンの身体の内部から生まれる。

その魔物の最期は物凄く惨たらしいモノであった。


クラーケン「────」グチャァッ


隊長「...Yuck」


衛兵(破裂...食べさせたのは爆弾だったのか...)


衛兵「...姫様、もうでてきて大丈夫ですよ」


人魚「もう平気...?」


衛兵「えぇ...大丈夫です、クラーケンは仕留めました」


衛兵(あの死に様は、見てないようですね...よかった)


隊長「...悪いが俺は仲間と合流する...状況を乱して済まなかった」


衛兵「...お好きにどうぞ、私はあの塔の中で姫を護衛します」


衛兵「ありがとうございました...乱されたとはいえあなたが居なければクラーケンに殺されていましたから」


隊長「...あぁ」


不貞腐れてはいても、隊長という男に助けられた。

なんとも言えない絶妙な空気感、それを背中に彼は城の方へと向かっていった。


衛兵「...」


~~~~



280: ◆O.FqorSBYM 2018/11/29(木) 22:08:23.51 ID:A+drxOym0


~~~~


統率者「...なにが起きたんだ」


帽子「はぁッ...はぁッ...」


女賢者「はぁっ...はぁっ...あ、あなたの剣...」


帽子「凄い輝いているね...はぁッ...よくわからないけど...」


帽子「も、もう立っていられない...」バタン


女賢者(今のは...もしかして魔法...?)


女賢者(でも帽子さんは魔力をもっていない...もしかして、この剣が...)


女賢者(魔剣の資料は少ない...謎が多いですね...それもユニコーンのだなんて...)


女賢者(深く追求したいですけど...私も体力が限界みたいですね...)


光りに包まれたとと思えば、殆どの者が倒れている。

意識を失っているわけではないが、立つことが困難なようだった。

なんとか立ち上がっているのは統率者という実力者のみであった。


帽子「はぁッ...はぁッ...軍が戦闘不能になっても...まだ闘いを続けるのかい?」


統率者「...それでも、闘う、弱き者たちのためにっ...!」


???「...本当にそれでいいのか?」


立ち上がっているのは彼だけではなかった。

この海の世界を統べる、その王が君臨しておられた。

その面持ちはどこか震えている、先程の光による影響なのだろうか。


統率者「...人魚王」


人魚王「...最終兵器が出たのでな、ついてきてみれば...周りの者は全員倒れてしまっていた」


統率者「...今更、話し合いなど許されないぞ」


人魚王「...許す許されないを一旦置いてくれ」


人魚王「あの光を見て、不思議とこう思った...一度、話を聞かせてくれないか?」


帽子が創り出したあの光、その眩しさが一度己を冷静にさせたのだろうか。

話し合いなどしないと言っていた王が、自らの発言を撤回した。

応じる機会は今しかない、こんな単純なことをなぜ今まで意気地になっていたのか。



281: ◆O.FqorSBYM 2018/11/29(木) 22:11:37.56 ID:A+drxOym0


統率者「...いいだろう」


統率者「話は簡単だ...貧民街は実在している、しっかり見てくれ...」


人魚王「...」


統率者「知っているか?貧しい者たちは、1日の食い物すらとれない日がある」


統率者「頼む、彼らの...生きる姿を見てくれないか?」


人魚王「...前々から、どうするか悩んでいた」


人魚王「この国民たちが、貧民街の者たちに暴力的な事件に巻き込まれることが多発していた...」


人魚王「私は制裁として、そこを見ないことにした...まるで、餓鬼の仕返しのようだ」


統率者「...こちら側に非があることを、俺は目をつむっていた...更には最愛の妻にケガが起きれば、激怒するのも...」


統率者「...王よ、お互いに見直さないか? この国を」


人魚王「...そうだな、より良い国を作ろう」


──わあああああああああああああああああああああっっっっ!!!!!

海底に歓喜の雄叫びが轟く、どこにその様な力が残っているのか。

例え立つことができなくとも、彼らは喜ぶことができる。

人も魔物も関係ない、喜べば自然と腹から声を出すことができるだろう。


人魚王「なんだ、お前たち、起きてたのか」


統率者「...ハッハッハッ!」


女賢者「凄い...まるで物語の結末みたい...」


帽子「はは...身体を張った甲斐があったよ...」


人魚王「帽子殿...貴殿の行動に我は心を撃たれたのだ」


統率者「...そうだな、お前があんなに叫ぶからつい喋っちまったよ」


人魚王「貴殿のその優しさ、そしてあの温かい光がなければ統率者を理解できなかっただろう」


人魚王「単純な原因でも、意地になって耳にしなかっただろう」


統率者「...人間に借りができたな」


帽子「はははは! やったね!」



282: ◆O.FqorSBYM 2018/11/29(木) 22:12:38.68 ID:A+drxOym0


???「Happy end?」


喜びでこの戦場が満ち溢れている。

様々な声がかき乱されているなか、異世界の言葉が聞こえた。

そこにいたのは当然彼であった。


帽子「──キャプテン戻ってたのか!」


隊長「あぁ」


女賢者「今の言葉は?」


隊長「いい結末になったか? って意味だ」


帽子「それはもちろん! そのはっぴーえんどってやつさ!」


衛兵「...ついてきてみれば、凄いことになってますね」


人魚「お父さん!」


人魚王「おぉ、我が娘よ...もう争うことは永遠にない」


人魚王「もう厳重な鍵のかかった部屋にいる必要もないのだ」


人魚「うん!」


隊長「...帽子、やったな!」


帽子「あぁ! やったよ!」


女賢者(...人魚...魔物の国を人間が平和にするだなんて)


女賢者(...これなら...本当にこの世界を平和にできるんじゃ)


~~~~


~~~~


帽子「はぁ...疲れたな、ひっく」


当然行われたのは宴である、時はあっという間に過ぎ去っていた。

王や統率者の仲間たちに囲まれ、さらにはお礼を受け取れと要求された。

したがって彼は隊長や女賢者と一緒に飲めずにいた、英雄というものは忙しい。


帽子(お礼なんか、いらないんだけどなぁ...)


帽子(っと...この部屋だっけ)ガチャ


隊長「おう、帰ってきたか」


女賢者「おかえりなさい」



283: ◆O.FqorSBYM 2018/11/29(木) 22:13:39.88 ID:A+drxOym0


帽子「おや、ふたりとも飲んでないのかい?」


隊長「弱いからな」


女賢者「ですね」


帽子「そうか...しょうがないね」


隊長「だからいまから飲むぞ」


帽子「...へっ?」


女賢者「今日は帽子さんも悪酔いしてもらいますからね」


帽子「げぇ...」


隊長「お前が人魚たちに大量に飲まされるのは予測できた」


隊長「さぁ覚悟しろ」


帽子「まってくれ...もう私は既に飲み過ぎてるんだ」


女賢者「問答無用です」


──ガチャっ

それだけではない、彼を落とすために追加されたのは。

偶然が帽子を追い込む、まさかこの堅物衛兵も酒の魔力には抗えないようだった。


衛兵「失礼します、今日はこの部屋で泊まってくださ...なんだ二次会ですか? 私もまぜてくださいっ!」


人魚「わっ! 楽しそう!」


帽子「はは...どうにでもなれ」


~~~~



284: ◆O.FqorSBYM 2018/11/29(木) 22:14:27.12 ID:A+drxOym0


~~~~


隊長「やりやがったなッッ!!! これで魔王もなんとかなるなッッ!!!!」


帽子「あっはっはっはっはっ!!!! まかせろっっ!!!」


衛兵「ぐすっ...もっと魔法が使えるようになりたいんですっ...」


女賢者「うふふふふ...私が教えてあげますよ...」サワサワ


衛兵「あっ...どこさわっているんですか...」


隊長「...PORNOは許さんッッ!!!!」クワッ


女賢者「うわっ!! ごめんなさいごめんなさいっ!!」


衛兵「きゃぷてんさぁん...」キラキラ


帽子「あっはっはっは!!」


人魚「...地獄だ」


お酒を飲むことが許されなかった人魚の姫。

その言葉通り、この光景は地獄であった。


~~~~



285: ◆O.FqorSBYM 2018/11/29(木) 22:15:39.01 ID:A+drxOym0


~~~~


人魚王「...もういってしまうのだな」


帽子「...そうですね」


帽子(頭痛いし)


隊長「だな」


隊長(二日酔いが厳しいし)


衛兵「本当はもっと一緒に痛かったんですが...」


衛兵(頭痛がひどいし)


女賢者「申し訳ありませんが、時間が迫ってるんで」


女賢者(帰って寝たい)


人魚王「ふむ...せめて、我が妻を一目見てくれ」


人魚「ふわぁ~あ」


人魚王「コラ、客人の前であくびなどするな」


人魚「ごめんなさい...」


???「ふふ、楽しそうですね」


昨夜の1件の影響で、この場にいる者たちの大体が二日酔いを患っている。

正直言って、帰りたい、だが王様を無碍にすることはできない。

そんな絶妙な感情を抱いていると、透き通るようなキレイな声が聞こえた。



286: ◆O.FqorSBYM 2018/11/29(木) 22:17:41.78 ID:A+drxOym0


人魚王「調度良かった、あれが我が妻だ」


人魚妃「初めまして、人魚妃です」


帽子「...どうも、お初にかかります」


人魚妃「このたびは多大な恩を...」


帽子「いえいえ、私は正しいとおもった行動をしたまでです」


人魚妃「...あなたのような人が、たくさんいれば良いですね」


帽子「...どうもありがとうございます」


人魚王「ふむ、時間が限られているみたいだな」


人魚王「また、時間があるときに訪ねてくれ、そのときは大歓迎をする」


帽子「ええ! ではまたっ!」


衛兵「帽子さん、きゃぷてんさん、女賢者さん...本当にありがとうございました!」


隊長「...あぁ、またな」


人魚「また会いましょうねっ!」


王室を出るとそこには、大量の衛兵や元反乱軍、そして民間人が並んでいた。

それは海底都市の出口まで続く、未来永劫において忘れることのできない光景であった。

彼らは語り継がれるだろう、人間3人が険悪だったこの都市を和合したことを。


隊長「ん...? あれは」


統率者「...待っていたぞ」



287: ◆O.FqorSBYM 2018/11/29(木) 22:19:38.35 ID:A+drxOym0


帽子「どうしたんだい?」


統率者「急いでいるようだが...せめて、これだけでも貰ってくれ」


女賢者「これは...?」


統率者「それだけだ、じゃあな! お前らのことは忘れないぞ」


統率者は気を使ってくれたのか、早く去っていった。

彼から渡されたのはボール状のなにか。

これはどこかで見たことのある代物であった。


帽子「なんだいこれは?」


女賢者「...微かに、魔力を感じますね...水属性の」


隊長「貰っておいて損はないだろう」


帽子「...これ、スライムの奴とちょっとだけ似てるな」


女賢者「コレは?」


隊長「あぁ、たしか盟友の証だったか?」


女賢者「これも、魔力を感じますね、水属性の」


帽子「綺麗だな、大事にとっておこう」


隊長「しかし...ここから港町までどのくらいだったか?」


女賢者「......いまのうちに魔法薬と海藻を補充しておきましょうね」


隊長(長距離に備えろってことか...)


帽子「...賢者の塔に戻ったら、大賢者さんたちが出て来るまで寝てようか」


女賢者「賛成ですが、そのまえに買い物が残っています...」


隊長「...はぁ、荷物持ちか」


~~~~



隊長「魔王討伐?」【その2】
元スレ
隊長「魔王討伐?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1542544023/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 女「すいません…カレー作りすぎちゃって……!」
        • 父「父さんな>>5(ペプシマン)になろうと思うんだ」
        • 【とある】佐天「ツァーリ・ボンバを落とす能力か~」
        • 【グランベルム】満月「最近私の私物がなくなってる気がする…」
        • 彡(゚)(゚)「ワイは空条J太郎やで」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ