TOP

【ラブライブサンシャイン】鞠莉「野球拳……ねえ」曜「(来た!)」チラッ 善子「……」コクッ

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 10:43:57.89 ID:QgzOA+HvO

【曜宅・午後11時】


鞠莉「面白そうね、やってみましょうよ!」

善子「確かにそうね、することもないし」

曜「そうだねー……」

鞠莉「どう?曜、そのマンガ読み終わってからにする?」

曜「あー……うん、ゴメンちょっと待ってね」

善子「私も、もうすぐでこの巻終わるから」

鞠莉「オッケー!分かったわ!」

曜「…………」




曜「……善子ちゃん、ちょっと」

善子「……ええ」



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 10:45:39.63 ID:QgzOA+HvO

曜「野球拳、ジャンケンの勝敗で衣服を剥いでいく単純な遊戯」

善子「ただこれ、誰かが脱ぎきるまで永遠に続くのよね」

曜「まあ、狙うは一点だよね」

善子「ブレないわね……あなた」

曜「別に、私だって善子ちゃんの裸見たくないわけじゃないんだよ? その、ちっちゃ……つつましいのも良いと思うし」

善子「今そのフォロー要る?」

曜「ごめん」

善子「まあ、でもそうねえ……気持ちは分からないでもないわ」

曜「そうだよねえ……」

善子「ええ……」






曜、善子「見るならおっぱい大きい方が面白い…!!!」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 10:46:49.39 ID:QgzOA+HvO

鞠莉「何話してたのよ、二人で」

善子「ああ……まあ、ちょっとね」

曜「あ、ごめん!下に行ってくるからちょっとだけ待っててくれる? すぐ帰ってくるから!」

鞠莉「え、ええ……」



ドタドタドタ……




鞠莉「どうしたのかしら? 急に」

善子「さあ…?」



ザバザバザバザバザバザバ!!!!



鞠莉「なにかしら…水の音?」

善子「……うーん、分からないわね」

善子「(ロクでもない事だとは思うけど)」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 10:47:45.23 ID:QgzOA+HvO

曜「いやー、お風呂沸かしてたの忘れててさ…冷めちゃいそうだから早めに入った方がいいかな」

鞠莉「あら、そうなの?」

善子「(絶対今全力で湯を張ったわよね)」

曜「じゃあ、年長者の鞠莉ちゃんから!どうぞ!」

鞠莉「あら、悪いわよ…ここはお家の主の曜からじゃない?」

曜「私は最後に入ってお湯抜いたり、色々後処理しないといけないから!ほら、早く!」

鞠莉「そこまで言うなら…善子、先いい?」

善子「あ…え、ええ」

鞠莉「じゃあお風呂頂きマース!!」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 10:48:14.42 ID:QgzOA+HvO

曜「ふっふっふ……」

善子「どうしたのよ、急に鞠莉を風呂なんか入らせて」

曜「分かってない、野球拳を全然分かってないよ、善子ちゃん」

曜「先手でライフを削るのが勝負の鉄則!そして、野球拳のライフは衣服!即ち!風呂上がりのパジャマ姿で戦えばこちらの負けは無いと言っても過言でも無い!!!」

曜「そのままなら靴下、下着、シャツ、上着、スカートの所を、戦わずにして上下のパジャマとパンツまで脱がす妙手!!!」

善子「テンション高いわね」


曜「それに鞠莉ちゃんはお風呂上がりは下着とか付けない気がする、なんか欧米とかそうっぽいし」

善子「情報がふわっとしすぎてる…」





曜「とにかく、このライフ差があれば余裕だよ…絶対に勝ってみせる」

善子「(着替えなり風呂なりを覗けば一発なのは言わない方がいいのかしら)」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 10:49:07.87 ID:QgzOA+HvO

鞠莉「お風呂いただいたわよー!」

曜「おかえりー鞠莉ちゃん!」

鞠莉「なにやってたの?」

曜「いや、ちょっと善子ちゃんと込み入った話を……そんな事より、野球拳しよっか!!」

鞠莉「え、二人も入ってからでしょ?」

曜「…………え?」

鞠莉「いや、お湯冷めちゃうんでしょ? 夜遅くに掃除する事になったら曜も大変だろうし」

曜「あー、はい…うん、そうだね……あはは……」

鞠莉「……? とにかく、次は善子よね?」




善子「……お風呂もらうわよ」

曜「……いってらっしゃーい」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 10:49:48.74 ID:QgzOA+HvO

【風呂場】

曜「善子ちゃんはどっちの味方なの!!」

善子(風呂上がり)「どうしたのよ、急に」ホカホカ

曜「私が散々計画を話してたのにそそくさとお風呂に入ってさあ!もうちょっと粘ってくれても良かったんじゃないの!?」

善子「あー…なんていうか、そうなるでしょって感じだったから」

曜「もう!善子ちゃんは鞠莉ちゃんの裸見たいの?見たくないの!?」

善子「確かに私も賛成したけど思いの外がっつき過ぎて引いてる」

曜「正直なところをありがとう」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 10:50:21.10 ID:QgzOA+HvO


曜「とにかく!これでトントンに条件が戻ったからまた計画を練り直さないと……」

善子「…………」

曜「何かしらの…結局の所じゃんけんの勝敗が全てだから……出す手を固定して…でも……」

善子「……こういうのはどうかしら」

曜「何々!?なんかいい事思いついた?」

善子「ちょっと、耳貸しなさい」

曜「耳弱いから息ふきかけないでね」

善子「早くしなさい」

曜「…………はい」

善子「…………ごにょごにょ」

曜「…………うん、うん」





善子「……どう?」

曜「なんで息ふきかけないの!」

善子「雑なフリには答えたくないのよ」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 10:51:03.63 ID:QgzOA+HvO

曜「でも、妙案だよ!これで勝てる!!!」

善子「あとは合図だけど…忘れるんじゃ無いわよ?」

曜「もちろん、ちゃんと覚えてるよ!」

善子「そう、ならいいわ……そこを忘れたらこの作戦終わるから」

曜「いやー…しかし、善子ちゃん頭いいね? こんな事思いつくなんて……」

善子「別に、じゃああなたはさっさと風呂に入っちゃいなさい…鞠莉が怪しむわよ」

曜「りょーかい!また後でね!!」



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 10:51:40.70 ID:QgzOA+HvO

曜「お風呂あがったよーそろー!」

鞠莉「お、やっと来たわね!!」

曜「それでは長らくお待たせしました……お待ちかねの……」

鞠莉「…………」

善子「…………」




曜「野球拳をしたいと思います!!!!」

善子「い、いえい!!!」

鞠莉「待ってました!!」



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 10:52:16.87 ID:QgzOA+HvO


曜「ルールは単純、負けた人が人数関係なく全員脱ぐ、脱げるものがなくなった人が負け!!OK!?」



鞠莉「はーい!!勝った人に商品はあるのかしら!?」

曜「うーん……でも、勝った人って…どういう基準で決めれば……」

善子「普通に、残ってる2人でいいんじゃ無いの、商品は知らないけど」

鞠莉「じゃあ……ここはベタに負けた人が勝った人の言うことを聞く、で!!」

善子「まあ……そういうのよね」

鞠莉「全裸で」

曜「全裸で!?……い、いいよ!!」






曜「(条件が…良い方向に転がり続けている…!まだだ……まだ笑いを堪えるんだ……)」

善子「口元が明らかに高速移動してるわよ」



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 10:52:55.86 ID:QgzOA+HvO

鞠莉「さっそく行きましょ!!!!」

曜「行くよーーーーーー!!!!」

善子「お、おー!!!」




曜「いっせーの!!最初はグー!じゃんけん!!!!!」






善子「ポン!」グ-


曜「ポン!!」チョキ


鞠莉「ポンっ!」グ-



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 10:53:33.84 ID:QgzOA+HvO

鞠莉「はーい!曜の負けデーース!」


曜「あー……もう、負けたかぁ………」


善子「はい曜、お約束よ」


曜「はーい……」ヌギヌギ





曜「(なんてね……ここで負けるのは別にいい、肝心なのは"ここから"だよ)」








────────────────

────────────

────────

─────

───



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 10:54:33.22 ID:QgzOA+HvO

善子「いい?私たちが干渉できるのは私達が出せるジャンケンの手、それだけよ」

曜「うん……でもそれじゃあ鞠莉ちゃんに勝てるかどうかは分かんないし……」


善子「……ちょっと想像してごらんなさい、もしも、私がパー、曜がチョキを出すとするじゃない」

曜「うんうん」

善子「この状況で、鞠莉はパーなら負けで私と鞠莉が脱ぐ、グーならあいこ、チョキは勝ちで脱ぐのは私……これで、なんか気づいた事ある?」

曜「えー……そんな事言われても、普通にじゃんけんしてるだけじゃ……」

善子「いい? この出し方をすると『曜は絶対に脱ぐ事はない』のよ。私に勝ってる時点で、勝負に負ける事はないの」

曜「あ……」

善子「私達は四枚脱いだらゲームオーバー、一方鞠莉を三枚脱がせばこっちの目標はクリア……」

善子「つまり、私達は負けそうになる方を庇い合えば、合計六枚のライフがあるの、しかも勝負自体は勝ち負け二分の一よ」


曜「つまり……互いに守りあって、七回負ける前に三回勝てばいいってこと…?」


善子「その通りよ、流石にここまで分を良くすれば負けないでしょう!」



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 10:55:03.45 ID:QgzOA+HvO

善子「とりあえず、一つ前に負けた方がじゃんけんに勝てる手を出し続ければいいわ…私達が同じ手を出して共倒れになる方が悪手よ」


曜「合図はどうやってやるの?」

善子「それはまあ…最初はグー!の前になんかつければ良いんじゃない? いっせーの、って言ったらチョキを出すとか」

曜「なるほど……善子ちゃんかしこい!!!」


善子「それほどでもないわ……後、ヨハネ!」


曜「いまさらそこに突っ込んだね」



────────────────

────────────

────────

─────

───



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 10:55:39.70 ID:QgzOA+HvO

曜「(だから、次私は絶対に負けないんだよねー)」ヌギヌギ


曜「(……あれ)」



鞠莉「ワオ!曜のブラジャー、キュートね!」

曜「あんま見ないで、鞠莉ちゃん!!」

善子「……」パシャッ

曜「善子ちゃん!!!なんで写真撮ってるの!!!」

善子「記念にと思って」

曜「なんの記念!?」




曜「(一枚脱ぐとすぐブラだからその……普通に恥ずかしい)」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 10:56:14.10 ID:QgzOA+HvO

曜(上半裸)「はい!!次行くよ!!」


善子「よおっ!!!!」

鞠莉「ドンドン行きましょ!!!!!」




曜「いくよーー!!!最初はグー!じゃんけん!!!」






善子「ポン!」チョキ


曜「ポン!!」グ-


鞠莉「ポンっ!」チョキ



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 10:56:49.19 ID:QgzOA+HvO

善子「えーっとこれは……」

鞠莉「私と善子が脱ぐ、ね…」

曜「よしっ!やったあ!!!!」




鞠莉「まあ、しょうがないわ…甘んじて受け入れましょう……」ヌギヌギ

善子「……そうね」ヌギヌギ

曜「ふーっ……なんとか助かったよ」


曜「(……なんてね! 分かってたよ!)」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 10:57:18.84 ID:QgzOA+HvO

曜「(それにしても……ねえ、善子ちゃん)」

善子「(ええ、そうね……)」





鞠莉「うーん…面と向かって脱ぐのって、なんか恥ずかしいわね、善子」

善子「ええ……そうね、練習前後にはいつも着替えてる筈なのにね」


鞠莉「不思議よねー……おっとっと……ボタンが下でひっかかっちゃった……」




バインバイン




善子・曜「(でっか……)」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 11:00:03.44 ID:QgzOA+HvO

曜「(このようにして、私達の夜は野球拳で夜が更けていった)」





善子「ポン!」グ-


曜「ポン!!」パ-


鞠莉「ポンっ!」チョキ






曜「(企みを悟られる事は無かった。そもそも普通にじゃんけんしている様に見えるのだ、気付くのは無理だろう)」






曜「いっせーの!!最初はグー!!!!!」






善子「ポン!」グ-


曜「ポン!!」チョキ


鞠莉「ポンっ!」チョキ





曜「シャオラッ!!!!!!!!!」


鞠莉「……なんで負けて喜んでるの?」


曜「あ……いや、その………」


善子「バカ……」





曜「(善子ちゃんの立てた計画のまま、私達の野球拳は進行していった)」



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 11:00:44.79 ID:QgzOA+HvO

鞠莉(上下下着)「はぁ…はぁ…だんだん残りライフも少なくなってきたわね」


曜(上下下着)「う、うん……そうだね」


善子(上半裸)「ええ、ヨハネはまだ少し余裕があるけど」



曜「(下着でいるの……思ったより恥ずかしい…)」



曜「(でも、こっちのライフは善子ちゃんの二枚と私の一枚……一方で鞠莉ちゃんは後一枚で前が捲れる)」

鞠莉「いやーしかし、割と均等に勝ってるわねー? 私、善子の一人負けかと思ったわ」

善子「なんでよ!!」




曜「(四回負けるまでに一回勝てばいい、均等に見えてこちらの有利は決定的!!)」



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 11:01:40.32 ID:QgzOA+HvO

曜「よーし!じゃあ行くよ!!!」


鞠莉「おっ、ここに来て元気ね!いいわよ!!!」

善子「来なさい!!!この堕天使ヨハネが衆愚を蹂躙してやるわ!!!!」

曜「善子ちゃんもテンション上がってきてるね」



曜「(なんにせよこの勝負…勝った!)」




曜「いっせーの!!!!最初はグー!!!!!」






善子「ポン!」グ-


曜「ポン!!」チョキ


鞠莉「ポンっ!」グ-



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 11:02:14.92 ID:QgzOA+HvO

曜「…………え?」

鞠莉「はーい!曜、上裸けってーーーい!!!」

善子「イエーーーイ!!!!!!!」



曜「(アレ、私負けないはずじゃ……)」



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 11:02:52.04 ID:QgzOA+HvO

曜「(ええと、負けないのは……私がチョキを出して善子ちゃんがそれに負けてくれるから……から……)」

曜「……………」





曜「よしこちゃん!!!!!!!!」


善子「フフフ……堕天使の導きはあらゆる物を見通すのよ……」

曜「ちょっと!!!」

鞠莉「……?」





曜「(騙された!騙された!!最初からこっちが削れて来たタイミングで裏切るつもりだったんだ!!!)」



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 11:03:26.68 ID:QgzOA+HvO

鞠莉「ほーら!早く脱ぎなさい!!」

善子「そうよ、曜!往生際が悪いわよ!!」

曜「わかった、分かったから!今脱ぐから!!」

曜「(くそう……くそう……)」









曜(パンティーのみ)「うぅ……」


鞠莉「ヒュー!!!ヒュー!!!」

善子「……」パシャッ


曜「善子ちゃん!!!!!!それはやめて!!!」



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 11:04:42.39 ID:QgzOA+HvO

曜「(あれ……もしかしてこの状況って……)」


鞠莉(上下下着)「いやー…ついにリーチね!」

善子(上半裸)「ええ、でもまあ…運だからここから逆転することもあるかもしれないわ」

曜(パンティーのみ)「そ、そうだね」


曜「(普通に私、めちゃめちゃ不利なんじゃ……)」

善子「……ふふっ」







善子「(曜、あなたは私の戦法に従うのみで、私の思考まで辿り着いていなかった)」

善子「(この戦法、『負け役は必ず脱ぐことになる』のよ、あなたのライフ、減らすのは随分と簡単だったわ)」

善子「(先手でライフを削るのが勝負の鉄則、そうでしょう?)」



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 11:07:03.62 ID:QgzOA+HvO

鞠莉「ほら、なにやってるの曜? 続きやりましょう!」

曜「う、うん……」


善子「前を隠したままじゃ、ジャンケン出来ないわよ」

曜「で、でも……」


鞠莉「ほら、手を下して!早く!」

曜「う、うう………」







曜「えー…もう!!!はい!!じゃあいくよ!!!」バッ


鞠莉「オッケー!!いいわよ曜!!!!」

善子「いくわよ!!!!」



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 11:09:24.27 ID:QgzOA+HvO

曜「いくよー!!!!!!」

鞠莉「イエス!!!」

善子「オーーー!!!」




曜「(善子ちゃんに裏切られた今、頼れるものは無い……!イヤ、違う)」



曜「いっせーーーのーーーで!!!!」



曜「(自分自身!己を信じて、道を開くんだ!!)」


曜「( 1人で、必死になって考えるんだ、思考の果てに勝利を見いだせ。運に頼るんじゃない、確率を引き寄せて勝利を導くんだ!!)」


曜「(考えろ……考えるんだ!!!!捻り出した光明に私自身の全てを賭ける!!!)」


曜「最初はグー!ジャンケン!!!!!!!!!」








善子「ポン!」パー


曜「ポン!!」グー


鞠莉「ポンっ!」グー



29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 11:10:06.10 ID:QgzOA+HvO

曜「」

鞠莉「ええと…これは……」

善子「……ゲーム終了ね」

鞠莉「ふふっ…!曜、全裸決定ね!」

曜「あぁ…………」





鞠莉「じゃあ、早いとこ曜には脱いでもらおうかしらね!」

曜「…………もだ、よ……」

鞠莉「へ?」




曜「鞠莉ちゃんも、だよ……」



30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 11:10:43.08 ID:QgzOA+HvO


鞠莉「え……でも……ゲームはもう」

曜「2人負けたんだから…同時に脱ぐのがルールの筈だよ……」

善子「……そうね、一緒に脱ぐのがルールよね」





鞠莉「あー……ええ、分かったわ」



曜「……」ニコッ

善子「……ふふっ」



31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 11:12:49.85 ID:QgzOA+HvO

曜(全裸)「(私は、善子ちゃんを恨んでません。彼女も、勝ちに真剣だったはずだったから。なにより、勝てると流れに身を任せ続けた自分自身が、未熟だったから)」



鞠莉「………はい!脱いだわよ!!」


曜「まだ!手を下してない!!」

鞠莉「もうジャンケンしないからいいじゃない!」

善子「そんなことないわ、ブラを外したら手を下すまでがルールよ」

鞠莉「そんなルール無かったわよ!!」

曜「いいから!ずるいよ鞠莉ちゃん!!」

鞠莉「ええ…………」



32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 11:13:24.49 ID:QgzOA+HvO

曜(全裸)「(もしかしたら、善子ちゃんはこれを見越していたのかもしれません。私を巻き込んででも、結果的に、鞠莉ちゃんのおっぱいを見ることに私達は成功しました)」




鞠莉「あーー!もうはい!!これでどう!?」パルン

曜「よっし!!!よし!!!」

善子「いいわね、とても綺麗よ」パシャパシャパシャパシャパシャパシャ

鞠莉「そのスマホは後で貸しなさいね」



曜(全裸)「(だとしたら、私は善子ちゃんに……適わないなぁ)」



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 11:14:17.32 ID:QgzOA+HvO

曜(全裸)「さて……お楽しみも終わった事だし…パジャマ着て寝よっか!」

鞠莉(パンティーのみ)「待った、私達の勝利報酬がまだよ」

善子(上半裸)「『負けた人が勝った人の言うことを聞く』最初に決めたことよ」

曜「そ、そんなこと言ったっけ……」

鞠莉「だいじょうぶ、だいじょうぶ……悪くはしないから!!」

善子「そうよ、ズルしてまで負けたんだから、潔く負け認めなさい」

曜「そんなの……善子ちゃんが途中で裏切るからじゃん!」

鞠莉「あー!何!二人結託してたの!?ずるいそれ反則よ!野球拳シップに反するわよ!」

曜「野球拳シップって何」



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 11:15:22.58 ID:QgzOA+HvO

善子「とにかく、甘んじて受け入れなさいよ」

曜「いや!それを言ったら私とズルしてた善子ちゃんも受けるべきじゃない?ねえ!?」

善子「はあー!?意味分からないわよ!私圧勝したもん!!」

鞠莉「反則は別枠で罰ゲームとして、とりあえず曜に何させるかを考えましょう…何がいいかしら、なるべくネタになりそうで面白そうな…」

曜「ほら!善子ちゃんが余計な事言うからなんか罰増えたじゃん!」

善子「うるさいわね!罰ゲームそのまま全裸で家の周り三周にするわよ!!」

曜「勘弁して下さい」



35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 11:16:05.97 ID:QgzOA+HvO

「深夜テンションだった」

次の日の朝、3人はお互いに同じ事を言い合って笑い合った。

反則の罰として何が来るか善子と曜は震えていたが、一週間部活終わりに肩もみすることで鞠莉は許したそうな。

それとは別に、負けた曜は鞠莉に指示され「ダイヤのスカートを捲る」を実行し、当然の如く曜は大目玉をくらった。更に、結局柱の陰で見ていた善子と鞠莉も見つかり、浦の星には壁を揺るがす程の怒号が響き渡った。

その日休み時間、般若の様な形相でスカートの裾を抑えて座るダイヤと、それに見下ろされる様に正座をさせられた三人の姿が生徒会室にあったそうな。



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 11:16:36.59 ID:QgzOA+HvO

おわり



元スレ
鞠莉「野球拳……ねえ」曜「(来た!)」チラッ 善子「……」コクッ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1548726237/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (4)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月29日 13:50
          • ルビィ「その日お姉ちャはせっかくだからと冒険して購入したスケスケセクシーおパンツだったので怒りもすごかったの…」
            ルビィ「学校に履いていく時点でどうなのって気はするけど希さんは常にスケスケパンツだったっていう極めて怪しい情報を信じてたみたいで…」
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月29日 15:48
          • 全裸で言うことをきくって言ったよなぁ!?
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年02月03日 00:53
          • スケスケおパンツという言い回しはみさえを連想するのでNG
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年02月04日 07:00
          • これは絵が欲しいな

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • アスカ「かぐや様は告らせたい?」 弐
        • アスカ「かぐや様は告らせたい?」 弐
        • 【アズレン】指揮官「裏切るのか、アークロイヤル」
        • 村人俺「さて、どう落とし前つけてもらうかな」 けも耳幼女「がうぅ……」
        • 村人俺「さて、どう落とし前つけてもらうかな」 けも耳幼女「がうぅ……」
        • 【FF7】ジェノバ「セフィロス!!いつまで寝てんの!!」
        • 【シャニマス】灯織「モンスターハンター……?」
        • 【ミリマス】エミリーが忘れた日
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ