TOP

【はがない】志熊理科「だって僕たち、友達だろ?」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 21:21:52.40 ID:cHRv/WFs0

「小鷹先輩、お茶が入りました」
「ああ、ありがとう」

はい、どうもどうも。皆さん、こんにちは。
隣人部の白衣の天使こと、志熊理科です。
えっ? キモいですか? はい、知っています。
理科の容姿が相対的に、他の女性と比べて劣っていることは、自分でもよくわかっています。
ですが、統計にも例外があるものでして。
目の前に座っている、目つきが悪いくすんだ金髪のヤンキーこと、小鷹先輩は、こう評します。

曰く、野山に咲く一輪の花のようだ、と。

「ケッ。いつの時代の口説き文句だっての」
「ん? なんか言ったか?」
「いえいえ、こちらのことです。それよりも、理科が淹れたお茶は、お口に合いましたか?」
「ああ、美味いよ。茶葉は何使ってるんだ?」
「それは、企業秘密です」

きゃぴっ! と、柄にもなく、可愛こぶります。
理科の年頃の女の子とは、こういうものです。
なにぶん理科は他とはかなりズレているので。
そのように振る舞えば、おかしくありません。

「ていうか、本当に腹減ってないのか?」
「小鷹先輩と過ごしているだけで、満腹です」
「せっかく、お前の分も作ってきたのに」
「そのお気持ちだけで、理科は嬉しいですよ」

只今の時刻は昼休みで、場所は理科室です。
この部屋は、勉強に使う教室ではありません。
理科だけの特別な部屋で2人っきりの空間です。
面倒見の良い小鷹先輩はお弁当を作ってきてくれましたが、理科はそれを食べませんでした。
理科も本当は、一緒に食べたかったのですが、今日に限っては我慢をする必要がありました。

理科の壮大な実験は既に始まっているのです。



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 21:30:15.89 ID:cHRv/WFs0

「小鷹先輩、お茶のおかわりは如何ですか?」
「ん? ああ、今のところはいいかな」
「そんなこと仰らずに、沢山飲んでください」
「そんなに気を使わなくていいって」

空になった湯呑みに、お茶のおかわりを注ごうとすると、やんわりと断られてしまいました。
もしや、理科の謀略に感づいたのでしょうか。

「あれ? おかしいな……」

いえ、違います。小鷹先輩の顔色が悪いです。
ついに、待ちに待った反応が現れたようです。
理科は興奮を抑えつつ容態を確認してみます。

「小鷹先輩、体調が悪いのですか?」
「あ、ああ。ちょっと、腹が痛くてさ」
「フハッ!」

おっと、理科としたことが科学者失格ですね。
こうなることは、わかりきっていたのですが。
ついつい、愉悦という名の笑みが溢れました。

「理科……?」

怪訝な面持ちの小鷹先輩に早口で提案します。

「お腹が痛いのでしたらオマルがありますよ」
「オマル?」
「はい。理科の愛用のオマルをお使い下さい」

事前に用意していたオマルを勧めたのですが。

「い、いや、遠慮しとくよ」
「そうですか……では、どうするんですか?」
「普通にトイレで済ませてくる」

理科は天才ですのでその考えはお見通しです。

「やめておいた方がいいと、理科は思います」
「なんでだ?」
「校内のトイレットペーパーは回収済みです」
「えっ?」
「こちらをご覧ください」

回収したトイレットペーパーの山を見せます。

「なんで、こんなことを……?」
「小鷹先輩の排泄が見たかったからです」

理由を述べると、小鷹先輩は、青ざめました。



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 21:35:00.90 ID:cHRv/WFs0

「理科、冗談はよしてくれ」
「冗談ではありませんよ?」
「いくらお前だって校内のトイレ全部なんて」
「理科は授業中、とても暇ですので」
「まさか、本当に……?」
「はい。確認して頂いても構いませんけど?」
「……そんな余裕はない」
「そうでしょうね。間に合うとは思えません」

小鷹先輩にそんな時間的余裕は、ありません。

「……なあ、物は相談なんだけどさ」
「なんですか?」
「トイレットペーパーを1つ、貰えないか?」
「残念ながら、これは全部、理科のものです」
「そ、そこをなんとか……」
「小鷹先輩にあげるくらいなら、燃やします」

あらかじめ理科は灯油を用意しておきました。

「ま、待て! 早まるな! 話し合おう!」
「小鷹先輩に選択肢はありません」
「わかったから、火事だけは起こすな!」

ライターをちらつかせると素直になりました。

「理科の言うことを聞く気になりましたか?」
「言う通りにする前に、ひとつ聞かせてくれ」
「はい、なんでしょう?」
「どうして俺にこんなことをするんだ?」
「実験の一環……と言うより、前段階ですね」
「えっ?」
「さあ! ちゃっちゃと済ませましょう!」

半ば強引に小鷹先輩をオマルに座らせました。



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 21:40:17.36 ID:cHRv/WFs0

「小鷹先輩、いつでも出していいですよ」
「出せるか!」

オマルの中身を凝視していたら怒られました。

「やはり、見られていると、出ませんか?」
「当たり前だろ!」
「では、理科は背中に抱きつくことにします」

背後に回って小鷹先輩の背中に抱きつきます。

「お、おい! む、胸が当たって……!」
「理科に胸など存在しません。嫌味ですか?」

お仕置きにグリグリ擦りつけてあげましょう。

「あるから! ちゃんと胸あるから!」
「はて? 気のせいではありませんか?」
「そんなわけないだろ!」
「まあ、理科も一応、生物学的には女ですし」
「知ってる! 知ってるから!」
「たまにはそんな主張も必要かと思いまして」
「主張しなくてもわかってるから!」

小鷹先輩にわからせてから実験を続行します。

「小鷹先輩、耳をかじってもいいですか?」
「やめてくれ。頼むから」
「かじられると、出てしまいますか?」
「そんなこと、言わなくてもわかるだろ」
「怖いのですか?」
「……怖いよ」
「どうしてですか?」
「それは……」
「理科に嫌われるのが、怖いんですか?」
「……ああ、そうだよ」

俯く小鷹先輩を見て心拍数が跳ね上がります。



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 21:43:09.85 ID:cHRv/WFs0

「理科は決して、小鷹先輩を嫌いませんよ」
「本当か……?」

不安そうな小鷹を、僕は友達として、励ます。

「だって僕たち、友達だろ?」
「理科……!」

感激に打ち奮える小鷹先輩は隙だらけでした。

「あむっ!」
「ふぁっ!?」

耳をかじると小鷹先輩はすぐに漏らしました。

「ユ、ユニヴァァァアアアアアスッ!!!!」
「フハッ!」

特性の下剤入り粗茶の効き目は、抜群でした。

「フハハハハハハハハハハハハハッ!!!!」

はしたない哄笑を響かせて、愉悦に浸ります。
だって、小鷹先輩ったらユニヴァースなどと。
理科のツボにピッタリのワードを叫ぶなんて。
嗤ってしまうに決まっています。ズルいです。

「うぅ……俺は、汚れちまった……!」
「いいえ。小鷹先輩、それは違います」
「えっ?」
「先輩のお尻の中はこれで綺麗になりました」
「理科……?」
「早速、理科の実験に付き合って貰いますよ」

これにて準備完了。愉しい実験の始まりです。



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 21:46:06.67 ID:cHRv/WFs0

「まずはこちらをご覧ください」
「へっ?」

呆然とする小鷹先輩の前で制服を脱ぎました。

「うわっ! な、何やってんだよ!?」
「別に、見ても構いませんよ?」
「俺が構うんだよ! 早く服を着ろ!」
「平気です。服の下にスク水を着てますので」
「は?」

何を期待していたんですかね小鷹先輩ってば。

「もしかして、全裸だと思いました?」
「……からかうなよ」
「でも、スク水に白衣も良いものですよ?」

白衣を着ると小鷹先輩の顔が赤くなりました。

「……良い。すごく、良い」
「気に入って貰えて、理科嬉しいです」
「ていうか……そんなことよりも、理科」

その場で回ってみせると、気づいたようです。

「どうかしましたか?」
「そのスク水の尻のところ、どうしたんだ?」
「ちょっと通気性を改善してみました」
「穴が空いているように見えるんだけど……?」
「見えるのはお尻の穴だけなので、セーフです」
「これは、セーフ、なのか……?」

疑り深い小鷹先輩にわかりやすく説明します。

「理科のメスシリンダーは隠れてますので」
「メスシリンダー?」
「メス(女性)のシリンダー(円筒)です」
「ただの下ネタじゃねぇか!」

憤慨する小鷹先輩は初心でとても可愛いです。

「小鷹先輩はお尻の穴に興奮する人ですか?」
「そんな特殊な趣味はないけど……」
「でしたら、何も問題はありませんよね?」
「そう言われると……そうかも、知れないな」
「お尻の穴に興奮する方が、おかしいんです」
「そ、そうだな! うん! 理科の言う通りだ!」

これで理論武装は完璧です。チョロいですね。



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 21:49:09.42 ID:cHRv/WFs0

「というわけで、小鷹先輩」
「なんだ?」
「理科のお尻の穴をよく見てください」

よく見えるようにお尻のお肉をくぱぁします。

「何か入っているのが見えますか?」
「あ、ああ。たしかに見えるけどこれは……?」
「試験管です」

理科はお尻に、試験管を突っ込んでいました。

「なんでまた、試験管なんて……?」
「この試験管の中に、水素を注入します」
「ふむ」
「そして火をつけた線香を中に入れますと」

ポンッ! と、水素が燃焼して水になりました。

「おおっ!」
「この燃焼時の衝撃が癖になるんですよ」
「そうなのか?」
「気になりますか?」
「そう言われると、ちょっと気になるな」
「ちょうど、ここにもう1本試験管があります」
「用意がいいな」

白衣のポケットから、試験管を取り出します。

「もしよろしければ、試してみますか?」
「でも、試験管なんて挿れたことないし……」
「大丈夫です。理科に全て、お任せください」

順調且つ、快調に、実験は進行しております。



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 21:52:46.94 ID:cHRv/WFs0

「小鷹先輩、もっと力を抜いてください」
「んなこと言われたって……」
「怖がらなくても平気です。痛くありません」

幸い、小鷹先輩は痔持ちではなく健肛でした。

「理科はとっても幸せです」
「いきなりどうした?」
「だって、小鷹先輩の初めてを頂けるなんて」
「誤解を招くようなことを言うな!」
「えっ? ヴァージンじゃないんですか!?」
「ヴァージンだよ! 当たり前だろうが!!」
「てっきり、理事長に奪われたのかと……」
「そしたらすぐに学校を辞めてるっての!」

軽口を交わしながら気をほぐすのが大切です。

「理科に奪われても辞めないでくださいね?」
「……辞めるわけ、ないだろ」

なんですかこの人。可愛すぎてたまりません。

「素敵な思い出になるように、善処しますね」
「ああ、よろしく頼む」

僕は小鷹に、手を差し伸べて、優しく微笑む。

「手、繋ごっか?」
「っ……あ、ああ」

赤面して手を重ねる小鷹と、恋人繋ぎをした。

「僕とずっと友達でいたい?」
「お、俺は……理科、お前と……」
「おっと、そこまでだよ」
「ぬあっ!?」

小鷹が余計なことを言う前に試験管を挿れた。



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 21:55:38.78 ID:cHRv/WFs0

「り、理科! もっと優しくしてくれ!」
「今のは小鷹先輩が悪いんですよーだ」

まったく。小鷹先輩は油断も隙もありません。

「理科は男友達として一緒に居たいのに」
「んなこと言ったって……」
「それより、お尻の具合はどうですか?」
「ん? ああ、意外と平気みたいだ」
「では、もっと奥まで挿れちゃいますね」
「ぬあぁああぁあっ!?!!」

さっきの罰として、メリメリねじ込みました。

「よしっと。初めてならこんなものですかね」
「く、口からなんか出そうだ……」
「理科は口から何か出した経験はありません」

人体はそこまでやわには出来ていませんので。

「落ち着きましたか?」
「ああ……もう平気だ」
「では、水素を注入しますね」
「試験管が割れたりしないのか?」
「試験管は頑丈に出来ているので平気ですよ」

少なくとも、腹圧程度ではビクともしません。

「では、燃焼させますね」
「あ、ああ……頼む」
「怖がらなくても平気ですってば」

ゆっくり線香を試験管に挿入して、ポンッ!

「フハッ!」
「おっ?」

なんだ、小鷹。なかなか見込みがあるじゃん。



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 21:58:59.65 ID:cHRv/WFs0

「1発で愉悦を漏らすなんて、やるじゃん」
「そ、そうかな? ……へへっ」
「もっかいやる?」
「あ、ああ……やってみる」

水素を注入してから、線香を入れて、ポンッ!

「フハハッ!」
「どう? 愉しいでしょ?」
「たしかに、愉しいな、これは」
「何回でもやってあげる!」

ポンッポンッポンッ! と、何度も燃焼すると。

「フハッ! フハハハッ! フハハハハハッ!!」
「いい感じだよ、小鷹! ほら、もう一回!」
「フハハハハハハハハハハハハハッ!!!!」

素晴らしい哄笑だ。これにて免許皆伝ですね。

「さて、小鷹先輩」
「ふぅ……どうした?」
「試験管を抜くまでが、実験ですからね」
「ま、待ってくれ、理科」
「問答無用です! そりゃ!」
「ぬぐあっ!?」

一気に抜き取るとビクンビクン痙攣しました。



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 22:02:56.60 ID:cHRv/WFs0

「どうでしたか、女の子の気分は?」
「心底、男に生まれて良かったと思えた」
「ええ、そうでしょうとも」

僕だって、小鷹と同じ、男に生まれたかった。

「出産なんて、こんなものじゃないですよ」
「なんだか、経験があるような口ぶりだな」
「あ、あるわけないだろっ! 小鷹のバカ!」

想像に決まってる。僕は、ヴァージンだもん。

「小鷹」
「ん?」
「僕の代わりに、小鷹が産んでよ」
「はあっ!? そんなの不可能だろ!」
「今の医学は進んでるから理論上は可能だよ」
「どうやって男が産むんだよ!?」
「腹腔内に受精卵を入れて、育てるんだ」
「んな、無茶苦茶な……」
「まあ、結局は外科手術で取り出すんだけど」
「究極の難産じゃねぇか……」

残念ながら、小鷹に自然分娩は不可能なのだ。

「でも、それも1つの責任の取り方じゃない?」
「責任って?」
「難聴系、ハーレム主人公の、責任だよ」

意地悪く言うと、小鷹は苦い顔をして黙った。



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 22:07:59.05 ID:cHRv/WFs0

「とはいえ、隣人部には当て嵌まりませんが」
「どうして当て嵌まらないんだ?」
「だって理科以外は皆、産みたいでしょうし」

夜空先輩を始め星奈先輩も、幸村くんだって。
マリアさんも。もしかしたら小鳩さんだって。
皆、みーんな、小鷹先輩のことが大好きです。

「皆、小鷹先輩に孕ませて欲しいみたいです」
「その言い方だとまるで俺が最低みたいだな」
「小鷹先輩は最低の難聴野郎ですけど何か?」
「いえ……なんでも、ありません」

罵倒され落ち込む小鷹先輩に優しく諭します。

「だから、理科の赤ちゃんを産んでください」

すると、複雑そうな顔で、質問してきました。

「どうして、そこまで俺を孕ませたいんだ?」

鈍感な小鷹に対し、僕は呆れて、命令をする。

「小鷹」
「なんだ?」
「今だけは許すから、難聴になって」
「はあ? 意味がわからないぞ」
「いいから」

ポカンとする小鷹に、僕は本音を、告白した。

「小鷹のことが、好きだから、孕ませたいの」

すると小鷹はしれっとした口調でこう言った。

「えっ? なんだって?」

これでいい。理科は、そんな小鷹先輩が好き。
僕は、そんな小鷹みたいな男友達が大好きだ。
だからこそ僕たちは、ずっと友達で居られる。

孕ませたい程、好きな友達と、ずっと一緒に。


【僕は大好きな友達を孕ませたい】


FIN



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/17(木) 22:13:52.22 ID:cHRv/WFs0

この物語はフィクションです。
試験管をお尻の穴に挿れるのは、大変危険ですので絶対に真似をしないでください。
くれぐれも、お身体を大切に。



元スレ
志熊理科「だって僕たち、友達だろ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1547727711/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (2)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月18日 00:18
          • これまた懐かしいラノベを...
            だが最終巻は絶許
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月18日 02:00
          • フハるの早くない?

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ