TOP

阿良々木暦「吸血鬼の尻穴って、何の為にあるんだ?」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/10(木) 21:34:25.51 ID:LRcZnrqO0

「おい、忍」
「なんじゃ、我が主様よ」

今や国民的幼女と成り上がった、忍野忍こと、鉄血にして熱血にして冷血の吸血鬼、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの成れの果てが、常時ノーパンであることなど、既に全世界に知れ渡る共通認識なのは、わざわざ言うまでもなく明白なことなのだが。

「見えてるぞ」
「見せているのじゃ」

こうも堂々と見せつけられては、目のやり場に困る……と、思いつつも、ガン見してるけれど。

「流石にガン見するのは感心せんな」
「別に、減るものじゃないだろ?」
「それはそうじゃが、対価は貰うぞ」
「対価?」
「見合った価値ある物を献上して貰おうかの」

絶世の美幼女の局部に見合う価値ある物。
そんなものがこの世に存在するのだろうか。
いや、誤解や語弊がないように補足すると、この美幼女の局部には、絆創膏が貼られている。
ノーパンに絆創膏が忍野忍流のお洒落なのだ。

「うーむ。絆創膏と同価値となると……」
「ミスタードーナツで決まりじゃな」

どうやら結論ありきの既定路線だったらしい。



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/10(木) 21:38:34.99 ID:LRcZnrqO0

「こんなこともあろうかと」
「なんじゃお前様、用意が良いのう!」

伊達に長くペアリングを通わせているわけではない。全ては想定内の範疇に収まっている。
そろそろ催促される頃合いだと見越して、事前に用意していたミスタードーナツが入った箱を差し出すと、忍は目を輝かせて、掻っ攫った。

「うむ。ちゃんとゴールデンチョコレートを2つ買ってきておるようじゃな。大義であった」
「お前の望みなんて僕にはお見通しなんだよ」
「穴の空いたミスタードーナツだけにか?」
「見通しの良さを無理矢理こじつけるな」
「かかっ」

チョコレートで顔やら手が汚れることなどお構い無しに、上機嫌でゴールデンチョコレートにかぶりつく忍に目を細め、僕は局部に貼られた絆創膏を凝視していたのだけど。
そんな微笑ましい光景よりも、気になる疑問がふと浮かび、忍に質問してみることにした。
穴は穴でも、ミスタードーナツの穴ではなく。
尋ねるのは絆創膏で隠し切れない、穴のこと。

「吸血鬼の尻穴って、何の為にあるんだ?」
「はえ?」

僕の問いかけに、忍は可愛らしく首を傾げた。



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/10(木) 21:41:55.88 ID:LRcZnrqO0

「そもそも、吸血鬼って、排泄しないだろ?」
「まあ……そうじゃな」

これは紛れもない事実であり、実体験だ。
吸血鬼だった僕が身を以って体験済みの事実。
そもそも、食物を食べる必要がないのだ。
吸血鬼は文字通り、血を吸う鬼、なのだから。

「だから、何の為に尻穴があるのかと思って」
「理由が必要かの?」
「物事には全て、理由があって然るべきだ」

根が真面目すぎる僕は、万物の理を解こうと試みた。神は、サイコロを振らないのである。

「うーむ……そうじゃのう」
「心当たりがあるのか?」
「あるにはあるが、お前様よ」
「なんだ?」
「食事時にする話ではなかろう。暫し、待て」

そう言われては、黙るしかない。沈黙した。
たしかに、食事時には不適切な質問だった。
ましてや、色合いが似ているゴールデンチョコレートを食べている、今この時には、尚更だ。



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/10(木) 21:44:06.32 ID:LRcZnrqO0

「はあ~! 美味しかった!」

待つこと、数分。ついに、その時が訪れた。
忠犬よろしく、食べ終えるのを待ちに待った僕は、満足そうな美幼女に詰め寄り、急かした。

「さあ! 早く尻穴の真相を教えてくれ!」
「そうせかせかするでない、お前様よ」
「せかせか!」

せかせかするなと言われると、余計に急く。

「やれやれ、困った主様じゃのう。そんなに儂の見目麗しい尻穴が気になるか?」
「俄然、気になる!」
「気に入ったのか?」
「俄然、気に入った!」
「ならば、良かろう。話してやる」

忍は語る。怪異の王、吸血鬼の尻穴の真相を。

「これはあれじゃ、人間だった頃の名残じゃ」
「名残?」
「なごり尻、と言ったところかの」

なごり雪みたいに、尻穴をなごまれても困る。



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/10(木) 21:47:42.29 ID:LRcZnrqO0

「儂が元人間であったことは知っておろう?」
「それは知ってる」
「じゃから、その尻穴が残ったのじゃろうよ」

言われてみれば、なんのことはない。
僕だって吸血鬼化しても尻穴は存在していた。
600年を生きた吸血鬼とはいえ、元は人間。
その名残が身体に残っていても不思議はない。
しかし、疑問は残り、僕は追求を重ねた。

「でも、600年間、使ってないんだろう?」
「まあ、排泄はしておらんな」
「なら、退化してもおかしくない筈だ」

不要な尻穴が600年も残ったことに進化論の観点から疑問を投げかけると、忍は呵呵と嗤い。

「儂は、排泄はしておらんと言っただけじゃ」

その意味深な言い回しに僕の興味が惹かれた。

「排泄以外の使い道があるのか?」
「ないことはない。試したことはないがの」
「たとえば?」
「そうじゃの。心渡を取り出したり、かの?」

ハートアンダーブレードの愛刀。妖刀、心渡。
刃渡り2メートルはあろうかという、長刀だ。
それを尻穴から取り出せると、忍は豪語した。

「マジで!?」
「本気と書いて、マジと読むそうじゃの」
「そんなことが可能なのか!?」
「儂に不可能はない」

僕は初めて心から、忍さんぱない! と思った。



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/10(木) 21:49:59.57 ID:LRcZnrqO0

「是非、見せてくれ!」
「そんなに見たいのか?」
「是が非でも!」
「ならば、儂の尻を撫でろ」

その交換条件は見抜いていた。尻を撫で回す。

「尻穴をほぐすようにじゃ、この下手くそ」
「そうは言っても、忍」
「なんじゃ?」
「世の中には厄介な条例や規制があってだな」
「何を今更。この絆創膏が目に入らぬか!」

そうだ。絆創膏が貼ってある。ならば無問題。

「よしきた! 念入りにほぐほぐしてやる!」
「ほじほじの方が適切ではないのか?」
「その表現は品性に欠けるから性に合わない」
「お前様に品性が備わっていたとは驚きじゃ」

お上品なこの僕を、なんだと思っているのだ。

「それにしても、流石に締まりが良いな」
「かかっ。そうじゃろう、そうじゃろう」

忍の尻穴は、締まりが良すぎて隙がなかった。



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/10(木) 21:56:50.28 ID:LRcZnrqO0

「なあ、忍」
「ん?」
「お前、褒められると嬉しいか?」
「なんじゃ、藪から棒に」
「いいから、YESかNOかで答えてくれ」

糸口を見出すべく、忍にそう尋ねてみると。

「答えはYESでもあり、NOでもあるな」
「どういう意味だ?」
「愛と真心がこもっていれば、儂は嬉しい」

なるほどな。あい、わかった。愛、わかった。

「お前と出逢えて本当に良かったと思ってる」
「月並みじゃな」
「月よりも、お前は美しい」
「ふぇっ!? な、なにゅを言っておる!?」

その、一瞬の尻穴の緩みを、僕は見逃さない。

「隙ありだ、忍!」
「んあっ!?」

一気に第二関節まで差し込むと、固い感触が。

「今じゃ! 指を引き抜け! お前様よ!」
「あ、ああ!」

指を引き抜くと、抜き身の柄が、出現した。



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/10(木) 21:59:28.88 ID:LRcZnrqO0

「うわぁ~! すっげー!」

僕は童心に返り、心渡の柄の先を突っついた。

「これ、あまり乱暴にするでない」
「あ、悪い……痛かったか?」
「痛みよりも、むず痒いのう」
「感覚は人間と同じなのか?」
「恐らく。何せ、600年前のことじゃからな」

よく覚えておらんわいと、忍は嗤った。
600年ぶりに使用した尻穴から柄が出ている。
それはなんとも、シュールな光景ではあるが。
僕にはとても、神聖な神技のように思えた。
だって、すごく綺麗だ。付着物は一切ない。
排泄をしない吸血鬼ならではの芸当。見事だ。
底冷えする地鋼の怪しい煌めきに胸が高鳴る。

「もう少し触ってもいいか?」
「優しく触れるのじゃぞ」
「こんな感じか?」
「んっ……これまた、懐かしい感覚じゃな」

尻穴から伝わる感覚を、忍は懐かしんでいる。
なにせ、600年間も未使用だ。当然だろう。
しかし、人間だった頃の、思い出の尻穴だ。
せめて、幸せな思い出を思い出して貰いたい。
そんな一心で、一心不乱に心渡の柄を弄んだ。

「んっ……あっ……ふぁっ」
「痛くないか?」
「い、痛みはない……むしろ」
「その続きは、言わなくていい」

言葉は不要。僕たちは心を通わせ、渡らせた。



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/10(木) 22:02:05.95 ID:LRcZnrqO0

「あ、主様よ……」
「どうした?」
「そろそろ、出そうじゃ」

忍は排泄をしない。出るのは、妖刀、心渡だ。

「でも、尻穴が切れるんじゃないのか?」
「切れてもすぐに治せる」

刃の部分まできたら、間違いなく裂傷する。
その懸念を、忍は一笑に付したのだけど。
僕としては、どうしても、容認出来なかった。

「お前の尻穴が傷つくところを見たくない」
「しかし、尻穴はいずれ傷つくものじゃ」
「そんなことさせない。僕が守ってみせる」
「傷物は、趣味に合わんということか?」
「違う。傷物にしたくないという、決意だ」

尻穴が傷つくのは、痔と同義。絶対阻止する。

「もう充分だ。だから、仕舞え、忍」
「ここまで出てしまっては、どうにもならん」
「大丈夫。僕が優しく押し込むから」
「ひぅっ!?」

ぐっと柄を押し込むと、ズブズブ奥に入った。



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/10(木) 22:04:35.91 ID:LRcZnrqO0

「む、無茶じゃ!」
「無茶じゃない。僕に任せろ」
「んああっ!? 口からなんか出る!?」

その言葉通り、口から刃先が飛び出してきた。

「忍、飲み込めるか?」
「んぐっ」

ゴクンと飲み込むと、再び尻から柄が生えた。

「なにこれ、超愉しい!」

僕が柄を押し込むと、忍の口から刃先が出て。
忍が刃先を飲み込むと、尻から柄が飛び出す。
その繰り返しなのだが、一向に飽きがこない。
一生、この遊びを続けたいと、本気で思った。

「この……いい加減に、せい!」
「あっ」

忍が心渡を、ペッと吐き出して、遊びは終了。

「まったく、儂は手品の道具か何かか!」
「そ、そんなつもりは……」
「言い訳は聞きとうないわ! この、女の敵!」
「女って、今のお前は幼女だろ?」
「ならば、幼女の敵じゃ! 近づくでない!」

幼女の尻穴を弄んだ僕は、嫌われてしまった。



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/10(木) 22:07:15.28 ID:LRcZnrqO0

「悪かったよ、忍」
「ふんっ。お前様はいつもそうじゃ」
「いつもそうって、なんだよ」
「謝れば儂が許してくれると思っておる」

忍はカンカンで謝っても許してくれなかった。

「じゃあ、どうすればいいんだ?」
「……キスじゃ」
「えっ?」
「じゃから、儂の尻にキスを……」
「わかった」

最後まで聞かずに、僕は忍の尻にキスをした。

「……そんなに、儂が尻が好きなのか?」
「ああ、好きだ。お前の尻穴を愛してる」
「イタリア男でも、そんなことは言わんぞ」
「他の国では言われたことがあるのか?」
「あるわけなかろう。初めての言葉じゃ」

尻に対する愛の言葉は、600年の生涯で初めての経験だったらしく、珍しく頬を染めながら。

「じゃから……とっても、嬉しい」

心底嬉しそうにはにかんだ忍を、抱きしめた。

「と、突然どうしたんじゃ、お前様よ」

突然の抱擁に動揺する忍の耳元で、懇願する。

「忍、僕の血を吸え」
「なにを……言っておるんじゃ?」
「僕もお前と同じ、不死身の尻穴になりたい」

不死身の尻穴となり、添い遂げたいと願った。



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/10(木) 22:09:51.48 ID:LRcZnrqO0

「何を言ってるか、わかっておるのか?」
「お前と同じ尻穴になりたいんだ」
「その為に、人間の生を諦めると?」
「諦めるわけじゃない。僕は、捧げるんだ」

人間の生を、忍に捧げ、不死身の尻穴となる。

「つまりは、対価というわけじゃな?」
「違う、これは進化だ。いや、真価だ」
「真の価値か。不死身の尻穴に相応しいのう」

決して傷つかず、穢れず、緩まない、尻の穴。
それはまさしく、理想の尻穴であり、終着点。
その為に、人間の生を捨てろと言うのならば。

「僕の命は、尻穴に捧げたっていい」

その覚悟を読み取った忍は頷いて、促した。

「ならば、尻を出せ」

命じられるがまま、ズボンを脱ぎ、尻を出す。

「尻から血を吸うのも、初めてじゃな」
「それは、光栄だ」

僕は今日、人間をやめて、吸血鬼に戻る。
全ては不死身の尻穴のため。全てを捧げる。
全てを失い、全てを手に入れようとして。

「フハッハー!」

予期せぬ乱入者によって、全てを邪魔された。



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/10(木) 22:12:10.32 ID:LRcZnrqO0

「やあ、阿良々木くん。久しぶり」
「忍野……メメ」
「ああ、覚えててくれた? それは嬉しいな」

唐突に。突然に。突拍子もなく、現れた忍野。

「相変わらず、阿良々木くんの尻穴は元気な尻穴だね。何か良いことでもあったのかい?」
「ひ、人の尻穴を見るなよ!?」

何しに来たんだとか、どこから来たんだとか。
聞きたいことは、山のようにあったけれども。
兎に角、ともかく、ズボンを上げようとして。

「おっと、動くなよ」

火の点いていないタバコの先を差し込まれた。

「おい、小僧。主様に何を……」
「忍ちゃんも、大人しくしてて」

手を拳銃の形にして、忍の額に突きつける。

「……なんのつもりじゃ、小僧」
「僕のスキルが本物だって、知ってるよね?」
「それがどうした?」
「少しでも動けば尻穴から心臓を引っこ抜くっつってんだよ。僕はそんなことをしたくない」

言葉とは裏腹に、忍野の口調は、真剣だった。



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/10(木) 22:14:37.47 ID:LRcZnrqO0

「お、忍野……」
「ああ、ほったらかしでごめんね」
「別に、それはいいんだけどさ……」
「ん? なんだい?」
「僕の尻穴から、タバコを抜いてくれ」

僕の尻穴にはタバコの先を差し込まれている。
このままでは、ズボンを上げられない。
そのような状態で、動くなと言われても困る。

「気に食わないね」
「気に食わないって、何がだよ」
「被害者ヅラが気に食わないっつってんだよ」

被害者ヅラも何も、尻穴が被害を受けている。

「君がそれを望んだんだろう?」
「僕はこんな辱めを望んじゃいない」
「なら、火を点けて入れてあげようか?」

何を言ってるんだ。火傷してしまうだろうが。

「不死身の尻穴ならば、へっちゃらかい?」
「ああ。だから僕は、それを求めた」
「人間じゃなくなるよ?」
「それで理想の尻穴が手に入るなら、僕は……」
「だが、感覚や痛覚は、元のままだ」

言われて気づく。自らの、過ち。愚かしさに。

「君がそれを望むなら何度でも焼きを入れる」
「……やめてくれ」
「だから、やめておけって、言いにきたんだ」
「悪かった。反省してる。だから助けてくれ」
「助けない。君が僕の忠告に耳を傾け、自分の愚かさを省みて、独りで勝手に助かるだけさ」

何もかもを見透かしたような、嘆息をされた。



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/10(木) 22:17:48.43 ID:LRcZnrqO0

「小僧、今一度問おう。貴様は何者じゃ?」

忍の誰何に、忍野メメは肩を竦めて答えた。

「僕は専門家さ」
「専門家である貴様の仕事とはなんじゃ?」
「あちらとこちらの橋渡し」

忍野メメは専門家であり、橋渡しが生業だ。

「あちらとは?」
「化物」
「こちらとは?」
「人間」
「つまり、貴様は人間の味方というわけか」
「いいや? 僕はバランスを取るだけだ」
「相変わらず、日和見主義のどっちつかずか」
「荒事は苦手でね」
「ふん。食えん奴め」
「幼女の癖に好き嫌いはいけないな」
「食えぬものに好きも嫌いもあるか」
「そりゃあ、ごもっともで」

煮ても焼いても食えそうにない男。忍野メメ。

「忍野、お前の専門は尻穴じゃないだろう」
「僕は手広くやらせて貰ってるものでね」
「尻穴の開発と、怪異は関係ない」
「ところがどっこい、そうでもない」
「どういうことだ?」
「一説によると尻穴は暗闇に通じているとか」

暗闇。くらやみ。思い出しくもない、記憶だ。

「暗闇は、関係ないだろ」
「暗闇の別の名は、規制とも言われている」
「……絆創膏がある」
「それで防げると本気で思っているのかい?」

何も、言えない。怖くて、何も言いたくない。

「危うく呑まれて飲み込まれるとこだったね」

危うい、危ない橋を、僕は渡ろうとしていた。



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/10(木) 22:20:14.49 ID:LRcZnrqO0

「まあ、地上波でも放送していたわけだし」

気を取り直すように、忍野は太鼓判を押した。

「絆創膏があれば、呑まれずに済むだろうさ」
「だったら……!」
「でも君の絆創膏なんざ誰も望んじゃいない」
「ぐぬっ」

まるで、羽川のような、正しすぎる正論。
美幼女の忍だからこそ、絆創膏に価値がある。
反論の余地はない。僕の絆創膏に価値はない。
むしろ、価値があった方が困る。怖すぎる。

「ちなみに我が主様は絆創膏サイズなのか?」
「いいえ! 隠し切れませんとも!」
「それならば、小僧に従うより他ないな」

余計な確認をしてくる忍に全力で否定すると。

「それじゃあ、決まりだね」

忍野が手を打ち鳴らし、僕たちは解放された。

「早いとこパンツを穿きなよ、阿良々木くん」
「急かすなよ」
「せかせかしないと、焼き入れるよ?」
「せかせか!」

忍野に急かされ、せかせかとパンツを穿いた。



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/10(木) 22:22:44.10 ID:LRcZnrqO0

「小僧」
「なんだい? 忍ちゃん」
「よくも儂の邪魔をしてくれたな」

僕がズボンを穿いている最中、忍は忍野に対して恨み節を炸裂させていた。ご立腹なようだ。

「フハッハー! 君も相変わらず、元気で可愛い尻穴だね。何か良いことでもあったのかい?」
「良いことも何もせっかくの好機を潰された」
「物は考えようさ。忍ちゃんは忘れているかも知れないけど、人間も捨てたものじゃない」

そう言って忍野は、すっと、タバコの先端を、あろうことか、忍の鼻先に近づけた。すると。

「フハッ!」

前触れなく、いきなり、忍は愉悦を漏らした。

「これぞ、生きとし生ける者の醍醐味だよ」

したり顔で、人間の素晴らしさを説く、忍野。
そのタバコはまさしく僕の尻に入ったもので。
生きとし生ける者の僕の尻穴には、もちろん。
ゴールデンチョコレートが潜んでいたわけで。

「フハッ!「フハハッ!「フハハハハッ!!」

独りで嗤い。愉悦を重ね、ハーモニーとなる。
高らかな忍の高笑いは、やがて哄笑となりて。
糞で彩られた物語に花を添え鼻で悦に浸った。



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/10(木) 22:26:27.06 ID:LRcZnrqO0

後日談というか、今回のオチ。

あの後、忍野メメは忽然と姿を消した。
立ち去る姿は、誰も目撃していない。
何故ならば、僕たちは目を閉じていたから。
閉じずにはいられない、放屁を、置き土産に。
目に染みるような、臭いオナラを、かまして。
忍野は別れの言葉も告げずに、立ち去った。

閑話休題の暇もなく、あいつは消えた。

忍野が何故、どうやって眼前に現れたのか。
それはついぞ聞くことは出来なかったけれど。
なんとなく、そのトリックは読めていた。
恐らく、同居人、斧乃木余接の手引きだろう。
100年生きた死体が付喪神となった彼女なら。
忍野に連絡を取ることも、招くことも可能だ。

「いえーい、ピースピース! 後期高齢者がまた鬼のお兄ちゃんを誑かしているよと、僕はしたり顔で密告したりしてみたりしたりして」

なんて、如何にも無表情で言いそうである。

ちなみに、忍野が最後に残した、放屁の意味。
それはきっと、間違いなく、さよ『オナラ』。
実にあいつらしい別れの挨拶だったのだろう。
そんなわけでキザで臭い忍野のオチはついた。

それでは僕のオチはどうつくのかと言うと。

「要するに、私を捨てようとしたわけね?」
「誤解です、ひたぎさん」

戦場ヶ原ひたぎに、お灸を据えられていた。



22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/10(木) 22:29:18.72 ID:LRcZnrqO0

「全てを捨ててもと、そう思ったのよね?」
「あれは一時の気の迷いというか……」
「だまらっしゃい」

僕の彼女であるひたぎさんは、手厳しい。
一時期よりは、毒舌は控えめになったけれど。
生地や下地は元のまま、変わることはない。
それでも、怪異絡みの隠し事はしない約束だ。
だから僕は怒られるとわかって、打ち明けた。
しかし、正直者だから許すほど、甘くはない。

「土下座」
「えっ?」
「頭が高いと言っているのよ。ひかよろー」
「ははぁーっ!」

どこの黄門様だと、思いつつも、頭を垂れて。

「面をあげい」
「おっ?」

顔を上げると、眼前にひたぎさんの肛門様が。

「フハッ!」
「自分の彼氏が尻穴好きというのは、存外、彼女としては嬉しいものなのよ。だから、見て」
「フハハハハハハハハハハハハハッ!!!!」

こちらに尻を向け、スカートをたくし上げて。
満更でもなさそうな、ひたぎさんに、心から。
僕はあの、忘れられない思い出の言葉を贈る。

「戦場ヶ原ひたぎの尻穴……蕩れ」

ひたぎさんの尻穴に見蕩れた裏切り者の僕が。
その後、忍に叱られ、拗ねられたことなんて。
その物語は語るだけ、野暮というものだろう。


【糞物語】


FIN



元スレ
阿良々木暦「吸血鬼の尻穴って、何の為にあるんだ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1547123665/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (26)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 00:22
          • 脳内再生余裕 面白かった!
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 00:30
          • スレタイで吸尻鬼が浮かんで頭から離れない…






            ssは脳内再生余裕で素晴らでした
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 00:36
          • よくこんなとんでもないものを書き上げたものだね阿良々木君
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 00:37
          • こんな尻穴のssなのになんでこんな完成度高いの?
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 01:24
          • 最後の糞物語で爆笑してしまった。悔しいけど面白かったわ。
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 01:30
          • 本家レベル
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 02:41
          • もう言葉遊びとか関係なしにクッソ面白かったで。
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 02:42
          • 安定のフハッ
            文章は本当に上手いんだよなぁ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 04:11
          • フハの人すこ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 07:16
          • 先にコメント見なきゃよかった
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 07:50
          • なんでこんな糞みたいというか糞な話に本気を出してしまったんだ…
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 08:38
          • 5 相変わらず糞クオリティ高いな。今季アニメでも過去の名作でもなんでもいいからもっといっぱい書け!
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 08:56
          • 最近のエレ速の尻SSブームなんなんw
            あ、エレファントってそういう…
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 09:03
          • 神はサイコロを振らないという言説は量子論の登場により否定されて・・・なんてツッコミをしようと思っていたが、あまりにシュールな展開にどうでもよくなった
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 10:04
          • 血を飲みだけでも小便はするやろ
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 10:11
          • なんであんたはそんなに後ろの穴に関わる話が好きなんだ!!!
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 10:29
          • ハルヒ以外も書くんやな……
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 11:09
          • フハッで分かるいつものやつ
            ハルヒSS書けこの野郎
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 11:29
          • 汚いくせに再現度高い
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 14:05
          • めちゃくちゃレベル高い傑作だった
            最近のエレ速では珍しいレベルの良作
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 14:15
          • エレ速の希望
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月11日 14:21
          • ジャンル広いなこの作者
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月12日 23:45
          • 5 昔のVIPPER並みのクオリティ
            こんな奴らがゴロゴロ居たなぁ
            懐かしい全盛期の雰囲気だ

            天晴れ!
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月13日 00:19
          • ま た お ま え か!!(歓喜)
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月15日 11:25
          • おいこいつギアスの奴じゃ
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月17日 13:36
          • 5レス目辺りでおやっ?と思って
            15レス目で確信

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 生徒指導「人を叱ることができないから辛い」
        • 【グラブル】グラン「しんしんしーん! シルヴァでーっす!!」
        • 【グラブル】グラン「しんしんしーん! シルヴァでーっす!!」
        • 【グラブル】グラン「しんしんしーん! シルヴァでーっす!!」
        • 【グラブル】グラン「しんしんしーん! シルヴァでーっす!!」
        • 【グラブル】グラン「しんしんしーん! シルヴァでーっす!!」
        • 【グラブル】グラン「しんしんしーん! シルヴァでーっす!!」
        • 【グラブル】グラン「しんしんしーん! シルヴァでーっす!!」
        • 【デレマスSS】雪美「千秋……ドレス姿……綺麗……」
        • 【デレマスSS】雪美「千秋……ドレス姿……綺麗……」
        • 【デレマスSS】雪美「千秋……ドレス姿……綺麗……」
        • 【モバマス】渋谷凛「連れていってほしい」
        • 盗賊「魔物募集?」
        • 盗賊「魔物募集?」
        • 盗賊「魔物募集?」
        • 【ミリマス】琴葉「夜風と共に」恵美「出掛けようよ!」
        • 【ミリマス】琴葉「夜風と共に」恵美「出掛けようよ!」
        • 【ミリマス】琴葉「夜風と共に」恵美「出掛けようよ!」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ