TOP

【ポケモン】リーリエ「デスゲーム…ですか?」

1: ◆p25DcWXHRg 2019/01/01(火) 17:02:28.43 ID:yYMP9r2No

???

オキテリーリエ……

リーリエ(……頭の中で誰かの声が響いてる……)

オキテ……

リーリエ(……もう朝なんですか?今日はスクールがお休みですし、もう少し寝かせ……)ゴシゴシ

リーリエ「……うーん…」ムクリ

リーリエ「…………え?」パチクリ



2: ◆p25DcWXHRg 2019/01/01(火) 17:11:38.93 ID:yYMP9r2N0

リーリエ「……ここは…?お花畑?」

ヒュオオ…

リーリエ「……確か私は家で寝ていたハズ……何故お花畑に?」ウーン

リーリエ「……見たところ周り一面黄色いお花が敷き詰められていますね?これは……百合の花?ですか?」ヒョイッ

リーリエ「……うぅ…どちらにせよ気味がわるいです…悪い夢なら早く醒めて……!」ブルッ

ヒュオオ…

リーリエ「……と、とにかくただ待ってずっと立っていたって始まりません!誰かいないか探してみないと!」グッ



3: ◆p25DcWXHRg 2019/01/01(火) 17:22:08.76 ID:yYMP9r2N0

リーリエ「誰かー!誰かいませんかー!」キョロキョロ

シーン……

リーリエ「……返事がない……じゃあ…私はこの不気味な世界で一人きり…!?」ブルッ

リーリエ「うぅ……怖いです……誰か助けてよ……!会いたいよ…シロン…お母様…お兄様……!」グスッ

オーイ

リーリエ「! え……?」ピクッ

リーリエ「い、今人の声が……」ドキドキ

オーイ

タッタッタ

サトシ「おっ!やっぱりリーリエだったぜ!」

スイレン「リーリエもこのよくわかんない世界に……」

リーリエ「サトシ!スイレン!」



4: ◆p25DcWXHRg 2019/01/01(火) 17:35:45.58 ID:yYMP9r2N0

リーリエ「あ、あの!何故二人がここに!?」

サトシ「ん?いやさー…俺昨日、家で寝てたハズなんだけど、気づいたらこのお花畑?にいてさ」

サトシ「ピカチュウもロトムも博士たちもいないし参ったよ。どこなんだここ?」

リーリエ「わ、私も同じです!昨夜は家で寝ていたハズなんですが…いつの間にかここに……」

スイレン「私も同じ。それで…アシマリやナギサを探しながら出口がないか探索してたら途中でサトシに会ったの」

サトシ「そういうこと!」

リーリエ「そうですか……では、論理的結論からいいますと、サトシやスイレンにもここが何処かわからないということですか…」

スイレン「残念ながら…」

リーリエ「ですが二人と会えて良かったです…この場所にいるのは私一人だと思っていましたから…」ホッ

スイレン「うーん…この状況で良かったかと言われたら複雑」

サトシ「ははっ、でもさ!リーリエがいたのはラッキーかもな!リーリエは頭いいし、心強いよ!」

スイレン「サトシ!それって私と二人だけじゃ心細かったってこと?」ジトー

サトシ「あ……いや、そうじゃなくってさ?」ハハハ

ギャー ギャー

リーリエ「……ふふっ」クスッ



5: ◆p25DcWXHRg 2019/01/01(火) 17:52:12.96 ID:yYMP9r2N0

サトシ「お、おいリーリエー!急に笑ってどうしたんだよー」

リーリエ「いえ、こんな状況にも関わらず、夫婦漫才をする二人を見ていたらおかしくって…」クスクス

サトシ「へ?」

スイレン「めっ、夫婦!?////」ボフン

リーリエ「ふふっ」ニコニコ

スイレン「うぅ……と、とりあえず!ここどこなのか!誰か他に居ないかを探索しなきゃ……!」

サトシ「お、おう!そうだな!」

リーリエ「……そうですね!がんばリーリエです!」

ダカラサー

リーリエ「! また誰かの声が……」

マオ「なんなのよここー!」

カキ「いや…俺に聞かれても……」

サトシ「カキ!?」

スイレン「マオちゃん!?」

マオ「え!?スイレン……?」

カキ「サトシにリーリエまで……まさかお前らもここに居たとは…」

リーリエ「それはこちらのセリフですよ!」

マオ「良かったよスイレンー!リーリエー!カキと二人っきりだと思ってたから安心したよー!」ウルウル

カキ「おい、どういう意味だ」

スイレン「………このパターンなら…」ウーン

リーリエ「はい、恐らく…」

マカセテヨー

サトシ「ん?」

カキ「また声が……」



6: ◆p25DcWXHRg 2019/01/01(火) 17:58:43.10 ID:yYMP9r2N0

マーマネ「僕と一緒ならどんなポケモンが襲いかかってきても平気さ!」

アセロラ「ふふっ、頼りにしてるよー」

マーマネ「う、うん!任せてよ!」

カキ「マーマネ!」

サトシ「アセロラまで!」

マーマネ、アセロラ「!」

リーリエ、スイレン、マオ「やっぱり」

アセロラ「サトシー!………と、みんな」

マーマネ「リーリエとみんなもこのよくわからない場所に飛ばされてたんだね!」

スイレン、マオ「私たちはついでか」

リーリエ「と、とにかく…全員集合したみたいですね……?」ハハハ



7: ◆p25DcWXHRg 2019/01/01(火) 18:26:21.01 ID:yYMP9r2N0

リーリエ「……みなさんの情報を整理してみますと……」ウーン

リーリエ「みんな昨晩は家で寝ていたハズなのに、気づいたらこのお花畑にいた。ということでいいでしょうか?」

サトシ「うん!そうだよ!」

マオ「………本当にここ、どこなのよー?」

マーマネ「僕……寝る前はトゲデマルと一緒だったハズなのに僕だけ…ああ…トゲデマルに会いたいよ」グスッ

カキ「マーマネ、それはみんな同じだ。だからこそ、頑張ってここから脱出する方法を考えようぜ?」ニッ

マーマネ「カキ………うん!」

アセロラ「……でも本当にここ、何処なのかな?見渡す限り黄色い百合が咲いてるだけだし……アセロラとマーマネでここを歩いてた時は、人や建物どころかポケモンも見なかったよ?」

スイレン「……寝て気づいたらここにいたってことは、お化け屋敷の時みたいに、また誰かの夢の中………とか?」

マオ「みんな別々の場所で寝てたのに?」

スイレン「……そんなこと言われても…これは一つの可能性だし…」

サトシ「だったら平行世界とかかな?」

カキ「平行世界?」

サトシ「うん、そう!ほらっ、言っただろ?俺、前に俺たちが住んでるとことは違うアローラの平行世界に言ったことあるって!」

マーマネ「だとしても、誰が何の為に?そうなったら…僕たち、みんな別々の場所に居たんだし、誰かが作為的に、何らかの方法で僕たちをここに誘ったことになるよ!」

サトシ「え?いや……それは、えーと……」ウーン

リーリエ「……夢…平行世界…どちらにせよ、今の段階では情報が少なすぎます!やはりここを歩き回って少しでも手がかりを……」

カーンカンカカカカン

リーリエ「………ん?何の音でしょうか……?」

アセロラ「何かの鐘を鳴らす音、に聞こえたけど……」

マーマネ「……ねぇ、今の音って……」

マオ「………うん…」ゴクリ

スイレン「……いつも聞き馴染んでる……あの音に聞こえた…」タラッ

カキ「……いや、そんなまさか……」

サトシ「……とにかく、今は何でもいいから情報が欲しいんだ」スクッ

サトシ「……行ってみようぜ!鐘の音が聞こえた方に…!」



8: ◆p25DcWXHRg 2019/01/01(火) 19:17:39.09 ID:yYMP9r2N0

カキ「お、おい……」

マオ「まさかとは思ったけど…」

スイレン「嘘…ここって……」

ポケモンスクール『』オオオ…

リーリエ「………ポケモンスクール……」ゴクリ

マーマネ「な、なんでポケモンスクールが!?」

アセロラ「ねぇ、サトシ。スクールがあるってことは、ここはやっぱりアローラなのかな?」

サトシ「……うーん……」

マオ「でも……何だか私たちが知ってるスクールとは少し違うカンジがするよ」

スイレン「うん。上手くは言えないけど…おどろおどろしいカンジ…」ムウ

サトシ「何か手がかりがあるかもしれない!とにかく入ってみようぜ!」

アセロラ「うん、だね!」

リーリエ「待ってください!サトシ!アセロラ!」

サトシ、アセロラ「!」

リーリエ「迂闊に入っては危険です!マオやスイレンの言うとおり、ここは私たちが知っているスクールとは少し違うカンジがします!」

サトシ「で、でも……」

リーリエ「それに……私たちの通っているスクールの鐘はいつもネッコアラが叩いてくれているんです!」

リーリエ「論理的結論からいいますと、恐らくこのスクールの中には、先程スクールの鐘を鳴らした"誰か"がいることになるんですよ!」

全員「!」

カキ「……言われてみれば確かにな…」

マオ「"誰か"って……?」

スイレン「……きっと、私たちをこの世界に誘った"誰か"」

マーマネ「ヒエッ」ゾクッ

サトシ「……だったら丁度いいじゃん!そいつに会って俺たちをここに呼び出した理由と、元の世界に戻る方法を教えてもらおうぜ!」

リーリエ「ですが…その方がいたとして、大人しく教えて貰えるとは思いませんが…」

マーマネ「僕たちをこんなとこに連れてきたやつだよ!悪いやつに決まってるよ!」

サトシ「……だとしても、ジッとしてたって何にも始まらないよ!」

アセロラ「うん!サトシの言うとおりだよ!」

アセロラ「サトシ!アセロラはサトシと一緒に行くよ!」

サトシ「おう!行こうぜ!」

スイレン「サトシ!アセロラ!待ってよ!」

タッタッタ

マオ「あー………スイレンまで…」ハァ

カキ「……たくっ…」

マーマネ「ま、まさかスクールの中に入る気…?」ビクビク

リーリエ「………もうサトシとスイレンとアセロラが行ってしまいましたし…それしかないようですね…」ハァ

マーマネ「ヒェー…」



9: ◆p25DcWXHRg 2019/01/01(火) 19:36:49.16 ID:yYMP9r2N0

ポケモンスクール???

カキ「……うーん…見たところ、俺たちが知ってるスクールと大して違いはないな」キョロキョロ

マオ「誰もいないところ、以外はね」

サトシ「おーい!誰かいないのかー!」

マーマネ「ちょ、ちょっとやめてよサトシ!悪いやつが来ちゃったらどうするのさ!」バッ

サトシ「モガ」

アセロラ「……あと違いって言ったら……スクールの中にまで咲いてるこの黄色い百合の花くらいかな?」ヒョイッ

リーリエ「何故スクールの中にまで百合の花が…」

スイレン「うぅ…黄色ばっかで目がチカチカしてきた…」

『あーあー…聞こえていますか?みなさん』

全員「!!」

カキ「な、なんだ!?」

マオ「急に声が……」

マーマネ「ヒエッ」

リーリエ「! みなさん!声は黒板の方から聞こえてくるようです!」

スイレン「黒板!?」

アセロラ「みんな!見て!黒板がテレビみたいになってるよ!」

???『アローラ。ようこそ私のスクールへ』

カキ「私のスクールだって!?」

サトシ「誰なんだお前!」

???『そう急かさないでくださいよ。今からこの状況を説明しますから、ゆっくりしていってくださいよ』

???『オモチャのみなさん』

全員「!?」



10: ◆p25DcWXHRg 2019/01/01(火) 20:00:38.32 ID:yYMP9r2N0

サトシ「オモチャだって!?」

カキ「何様だ!!」

マーマネ「ちょ、ちょっと!あんまりアイツを刺激しないでよ二人とも!」オロオロ

???『フフフ…いくら大声で喚いたところで、私はモニターの中ですよ?』クスクス

マオ「なんなのよアイツ……黄色いお面に黄色い服…」

スイレン「おまけにバックには得意の黄色い百合の花の黄色人間……黄色ばっかで目がイタイ…」ウウ

???『黄色人間とは失礼ですよ!この美しい銀髪が見えませんか?』ファサッ

リーリエ「……声は変声機?のようなもので変えているようですが……見たところ、どうやら女性のようですね?」

アセロラ「キミは誰なの!?キミがアセロラたちを無理矢理こんなところにつれてきた犯人なの?」

???『…………………』

???『まぁ、恐らく察しのよい方ならば気づいていると思いますが……』

全員「!!」

???『まず、ここはアローラでポケモンスクールに違いありません。とは言っても……あなた方の知るアローラやポケモンスクールとは少し違いますが……』

カキ「ここがアローラ!?」

サトシ「じゃあやっぱり、ここは俺たちが住むアローラやポケモンスクールとは違う、平行世界なのか!?」

リーリエ「あなたは誰で、いったい何の目的で私たちを呼び寄せたのですか?」

???『………………まずは…』

???『私は今現在、この空間の支配者であり、あなた方の運命は私の手の中にいると言うことを心に留めておいてください』

全員「!!?」

???『…そうですね…私はあなたたちから見れば別世界の住人ですので…以後、私の名を呼ぶ時は……』

アナザー『"アナザー"とでもお呼びください』




11: ◆p25DcWXHRg 2019/01/01(火) 20:52:43.85 ID:yYMP9r2N0

カキ「アナザーだと……?」

リーリエ「………アナザー、話を戻します。あなたはいったい何が目的で私たちをこんな世界に呼び出したのですか?」

マーマネ「僕たちをオモチャ呼ばわりする人だよ?絶対にロクな目的じゃないよ…」ガタガタ

アナザー『………………』

アナザー『かつて私もあなたたちと同じように……このポケモンスクールに通う生徒でした』

リーリエ「!」

アナザー『………ですが、ある事情により…アローラは滅び…』

アナザー『豊かだったアローラの自然は見る影も無くなり、やがてポケモンたちが住める環境ではなくなりました』

サトシ「アローラが……滅びた……?」

アセロラ「ある事情……?」

スイレン「……まさか、ここまで来るのに、ポケモンを一匹も見なかったのって…」ゾクッ

アナザー『………………』

マオ「待ってよ!見かけなかったはポケモンだけじゃないよ!」

マオ「私たちは……ここに来るまでにアイツ以外の人間も見かけなかったよ!」

全員「!!」

アナザー『当然ですよ。だって言いましたよね?"アローラは滅びた"と』

アナザー『ここに住んでいた人間はみんな死にました』

アナザー『大好きだった母や兄も……共に笑い、遊び、学んだ友人や先生も……いつも一緒だったポケモンたちも』

アナザー『みんな……みんな死にました』

アナザー『私だけを残して』

リーリエ「そんな……」



12: ◆p25DcWXHRg 2019/01/01(火) 21:11:05.77 ID:yYMP9r2N0

アナザー『だから私はここに大好きだった黄色い百合の花を植えることにしたんです。寂しくないようにと』

アセロラ「寂しくないようにって……なら、キミがアセロラたちをここに呼んだ理由は………」

マーマネ「てか、ポケモンが住めないような環境なのに、百合の花は育つものなの……?」

サトシ「さぁ……?」

アナザー『ですがやはり花は所詮花。花なんかでは私の寂しさを埋めることはできません……なので……』

アナザー『……あなたたちには私の寂しさを埋める為の"オモチャ"として、遊び相手になってもらうよう、ここに呼んだんですよ』

スイレン「……オモチャ……?」

サトシ「おいアナザー!お前やアローラに起こったことには同情するよ!実際、俺も前に似たような平行世界を見てきたし、自分の身に同じようなことが起こったらと思うとすっげーゾっとする!」

リーリエ「サトシ……」

アナザー『………………』

サトシ「……今、いっつも隣にいたピカチュウと離ればなれにされてすっげー寂しい!早くピカチュウに会いたいよ。だからさ……少しだけピカチュウと離れただけでもこんなに寂しいのに……家族や友達、ポケモンともずっと会えないお前の気持ちはきっと想像できないくらい、寂しいんだと思う」

アナザー『………………』

サトシ「でもさ……だからって……自分が寂しいからって、無理矢理人を呼びつけて…オモチャ呼ばわりして遊ぼうだなんて間違ってるよ!」

カキ「……ああ、サトシの言うとおりだ!」

マオ「アナザー!あなたが寂しいなら、ここで会ったのも何かの縁!これからどうするか、私たちが相談に乗ってあげるよ!だから、こんなこと……」

アナザー『……あなたたちはまだ自分の立場がわかっていないようですね……』ヤレヤレ

マオ「……え?」

アナザー『……先程も言いましたよね?あなた方オモチャの命は私の手の中にあると思った方がいいと』

全員「!!!」



13: ◆p25DcWXHRg 2019/01/01(火) 21:27:26.58 ID:yYMP9r2N0

アナザー『同情だかなんだか知りませんが…そんなものはいりませんよ?あなた方はただ、私を楽しませるオモチャになって頂ければそれでいいんです』クスクス

サトシ「なんだって……!?」

スイレン「……どうやら話し合いは無理そう」スッ

アセロラ「だね」スッ

マーマネ「あわわ…!や、やめなよ!スイレン!アセロラ!」

リーリエ「マーマネの言うとおりです。今、ポケモンもいない…この何も出来ない状況で彼女に逆らうのは得策ではありません」

アセロラ「リーリエ…」

スイレン「……ごめん…」

リーリエ「………アナザー。あなたを楽しませるオモチャと言いましたが……具体的にあなたからの要望は何ですか?いったいどうすれば私たちを元の世界に戻して頂けるのですか?」

アナザー『……』

カキ「おいリーリエ!アイツの条件を飲むのか!?」

リーリエ「………今はそれしか方法がありません。そして…条件を聞きつつ、アナザーの様子を探りましょう」

カキ「だが……」

アナザー『……何も難しいことはありません。あなた方には……あるゲームを毎日やって頂くだけです』

サトシ「あるゲーム?」

アナザー『そうです。そこにある箱に名前を書いた紙を投票して頂くだけの簡単なゲームです』チラッ

箱「」オオオ

マオ「いつの間に箱が!?」ビクッ

サトシ「……?名前を紙に書いて投票って……いったい何の名前を書くんだ?」

アナザー『ふふっ、決まっているじゃないですか?あなた方の中で……』

アナザー『……"こいつはいらない"と思う子の名前ですよ』

リーリエ「………な!?」

アセロラ「……いらないと思う子の名前……?」



14: ◆p25DcWXHRg 2019/01/01(火) 21:49:28.93 ID:yYMP9r2N0

アナザー『不人気投票とでも言った方が早いでしょうか?あっ、ご心配なく。誰が誰に入れたとか……誰が何票だったとかはナイショにしますから』クスクス

カキ「ふざけるな!誰がそんなゲームやるか!」

スイレン「私たちの中に……いらない子なんていない!」

アナザー『……話を続けます。これを毎日続け……一人ずつ削っていき……』

マーマネ「け、削るって……なに?」

アナザー『……そのまんまの意味ですよ?その日の不人気一等賞に選ばれた方には罰ゲームがあるだけです』

マーマネ「罰ゲーム……」ゾクッ

アナザー『……そして、最後まで残った一人は…元の世界に戻す+何でも好きなお願いを叶えてあげます。私を楽しませ、ゲームを勝ち抜いたご褒美です』

マオ「……最後まで残った一人だけが元の世界に戻れる……?そんなのって…」

リーリエ「………まるで、デスゲーム……」

アナザー『……デスゲームだなんて物騒な……安心してください。脱落者を殺すなんて物騒な真似をするつもりはありません』

マーマネ「よ、良かった……死ぬわけじゃないんだ…」ホッ

カキ「いや、全然良くないぞマーマネ」

アナザー『……ただ……』ゴロッ

アセロラ「え……?それは……」

スイレン「………すっごく禍々しいけど……でも……」

サトシ「……モンスターボール……?」

アナザー『禍々しいモンスターボールだなんて失礼な!これは私が来るべき日の為に集めた自慢のボールです!』プンプン

アナザー『……右から…サタンボール、ルシフルボール、ベルフェボール、ゼブルボール、デウスボール、レヴィボール、マモンボール……あなた方の世界ではオシャボにあたる物でしょうか…?どれも超レアなボールなんですよ?』エッヘン

マオ「ちょ、ちょっと待ってよ!モンスターボールって…」

リーリエ「まさか…」タラッ

アナザー『……ふふっ、そのまさかです。最後に残った一人以外は、毎回投票で脱落度に……』

アナザー『このモンスターボールでゲットしていき、私の手持ちポケモンになって頂きます!これで私も寂しくない!まさにWin-Winの関係ですね♪』



15: ◆p25DcWXHRg 2019/01/01(火) 22:15:30.90 ID:yYMP9r2N0

マオ「人間をゲットだなんて……そんなのメチャクチャだよ!」

アセロラ「でも……今この状況自体がメチャクチャだし…絶対にありえないってことは…」

スイレン「あ、アセロラ!恐いこと言わないで!」

サトシ「ふざけんな!誰がそんなゲームやるもんか!!」

アナザー『…………』

マーマネ「さ、サトシ……!あんまりアナザーを刺激しない方が…」

サトシ「……だって!こんなの絶対に間違ってるよ!いくら自分が寂しいとは言え、俺たちの仲が悪くなるようなゲームを無理矢理……」

カキ「……サトシの言うとおりだ」ツカツカ

サトシ「! カキ…」

カキ「…………」ツカツカ

マオ「ちょ、ちょっとカキ!何するつもり!?」

カキ「……フンッ!」ブンッ

バキッ

箱「」ボロッ

アセロラ「! カキが投票箱を…」

スイレン「ぶっ飛ばした…」

サトシ「いいぞー!カキー!」

アナザー『………………』

カキ「これが俺たちの答えだアナザー!!」

アナザー『………………』

カキ「いいか!俺たちはお前の考えたくだらないゲームも、暇潰しに付き合ってやるつもりもまったくない!!」

サトシ「そうだ!カキの言うとおりだ!!」

カキ「モニター越しでコソコソやってないで、話があるんなら直接……」

アナザー『………あーあ………その箱………折角カッコいいデキだったのに……』

カキ「………は?」

アナザー『………すぐカッカするような人、私、嫌いです。これは……』

アナザー『罰ゲームが必要ですね?』

カキ「………なに?」

マーマネ「ね、ねぇ!何か様子がおかしいよ……?」

手『』ヌッ

スイレン「! な、なにあれ!」

アセロラ「モニターから手が……?」ゾクッ

リーリエ「! カキ!今すぐその場から逃げてください!!」



16: ◆p25DcWXHRg 2019/01/01(火) 22:44:53.19 ID:yYMP9r2N0

手『』ヌッ

ムンズ

カキ「お、おい!何すんだ……!放せ!」ジタバタ

マーマネ「ひ、ヒェ……モニターから出てきた手がカキを掴んで…」ゾクッ

アナザー『さぁ!その怒りんぼを不思議な世界へご招待しちゃってくださーい♪』

手『』グイッ

カキ「お、おい!………やめ……

ヌプッ

リーリエ「………そのままモニターの中に……」ゾクッ

マオ「イヤァァァァァァ!!」

サトシ「……くそっ!どうなってんのかわかんないけど、カキ!今助けるぜ!!」ダッ

スイレン「! サトシ、やめ……」

アセロラ「やめて!サトシ!」ギュッ

サトシ「! 何すんだよアセロラ!放せよ!カキを助けにいけないだろ!!」

アセロラ「でも…今行ったらサトシだってアイツに罰ゲーム受けちゃうよ!!」

サトシ「構うもんか!!返り討ちにしてカキを助けてやる!!だから放せよアセロラ!」

アセロラ「……イヤ!アセロラ、絶対にサトシを放さないよ!」ギュッ

サトシ「……何言ってんだよアセロラ!!このままじゃカキを……!」

アセロラ「……お願いだからやめてよ……サトシ…」グスッ

サトシ「……アセロラ……」

スイレン「………………」



17: ◆p25DcWXHRg 2019/01/01(火) 23:09:06.33 ID:yYMP9r2N0

カキ『………ううっ……クソ!ここは何処だ……?』キョロキョロ

ジュウウ……

カキ『………熱いな……それに…』チラッ

火山『』ゴゴゴ

カキ『あれは火山……?何となくヴェラ火山に似ているような……』

カキー

カキ『!』

サトシ「カキー!くそっ!これどうなってんだよ!!」

カキ『………サトシ?それにみんなも……何で窓?みたいなのの向こう側にいるんだ?』

アナザー『違いますよカキ。サトシたちが"向こう側"にいるのではなく……』

アナザー『あなたが"こちら側"に来たんです』

カキ『………!アナザー……!!』ギリッ

アナザー『ふふっ、あなたの要望通り、直接会いに来てあげましたよカキ』

アナザー『アローラ!ようこそ不思議な世界へ』

カキ『……不思議な世界だかなんだか知らないが、俺をこっちに呼んだのは失敗だったなアナザー!』スクッ

カキ『今すぐ取っ捕まえて……』

アナザー『…………そんなことを言っている場合ですか?』

カキ『………なんだと?』

マーマネ「カキー!後ろー!!」バンバン

リーリエ「早く逃げてください!カキ!」バンバン

カキ『………後ろ?マーマネとリーリエは何を言って……』クルッ

火山『』ドドドド

カキ『! 火山が!?』

アナザー『フフフ……今にも噴火しそうですね?お友達の言うとおり、すぐに逃げた方がいいですよ?』

カキ『! アナザー!お前、いったい何をし……』

ドカーン!!

カキ『な!?』

アナザー『…………あーらら、言わんこっちゃありません。見事に火山が大噴火してしまいましたねー』クスクス

ドドドド

カキ『……くそっ!マグマがこっちに!!』ダッ

ドドドド

アナザー『……カキ、これはあなたへの罰ゲームだと言うことをお忘れなく』

ドドドド

カキ『うぅ……!くそっ!このままじゃマグマに飲まれ……』タッタッタ

ドドドド

アナザー『……アローラの自然の怒り、その身で思い知ってください』

ドドドド

カキ『……くっ……

ドドドド……



18: ◆p25DcWXHRg 2019/01/01(火) 23:23:44.34 ID:yYMP9r2N0

マオ「ぁ……あ……カキ……」ヘタッ

マーマネ「そ、そんな…カキがマグマにのまれて……」

スイレン「う、嘘……」ガタガタ

サトシ「うぅ……くそっ……!!」グスッ

サトシ「よくもカキを……!!絶対に許さないぞアナザー!!」

アセロラ「サトシ……」

リーリエ「! ま、待ってください!みなさん!」

サトシ「なんだよ!リーリエ!もう止めたって無駄……」

リーリエ「あのマグマのところ…」スッ

全員「!」

『うぅ……』ムクリ

カキガラガラ『俺は確かマグマにのまれたハズ……生きてるのか……?』キョロキョロ

カキガラガラ『……てか、この姿は……』

サトシ「……何でガラガラが……?」

マーマネ「……い、いや……ちょっと待ってよ……あれってまさか……」

リーリエ「………アナザーは死人は出さず、脱落者は自分のモンスターボールでゲットすると言っていました……」

アセロラ「……ゲットってまさか……?」

マオ「! カキ!逃げて!!」バンバン

アナザー『どうですかカキ?ポケモンになった気持ちは』ザッ

カキガラガラ『! アナザー!』ギリッ



19: ◆p25DcWXHRg 2019/01/01(火) 23:37:27.48 ID:yYMP9r2N0

カキガラガラ『おいアナザー!これはどういうことだ!!今すぐに元の姿に戻せ!!』

アナザー『それは無理なお願いですね。これはあなたの罰ゲームですし、それに…』スッ

アナザー『今からあなたは私のポケモンになるのですから。このサタンボールでゲットされてね?』クスクス

カキガラガラ『なんだと!?』

アナザー『ふふっ、それにしても……色違いのガラガラなんてラッキーですねー』スッ

スイレン「! やっぱりアイツ…カキをゲットする気だ!」

マーマネ「色違いのガラガラって……アナザーは何を言ってるの?どう見ても普通のガラガラじゃ……」

マオ「そんなこと言ってる場合じゃないよ!このままじゃカキがアイツにゲットされちゃう!」

マオ「何とか助けないと!サトシ!」

サトシ「ああ!そうだな……!今……」

アセロラ「……サトシ…ダメだよ…」グイッ

サトシ「アセロラ……」

マオ「うぅ……スイレン!」チラッ

スイレン「…………………」

マオ「……マーマネ!……リーリエ……!」

マーマネ「……………ごめん…」

リーリエ「……………」

マオ「な、なんなのよみんな……?このままじゃカキがアイツにゲットされちゃうんだよ……?」

マオ「………もういい!だったら私が……」

リーリエ「! やめてくださいマオ!このままではマオまで……!」ガシッ

マオ「は、はなしてよリーリエ!!」

アナザー『ふふっ、いっけー!!サタンボール!』ポイッ

カキガラガラ『ぐあっ!』ゴツン

サタンボール『』ウニウニウニウニ ポーン

マオ「ぁ……あ……カキ……」

アナザー『…………ふふっ』ヒョイッ

アナザー『ガラガラ!ゲットです♪』キラン

マオ「ぁ……あ………」ガタガタ

マオ「イヤァァァァァァ!!!」



20: ◆p25DcWXHRg 2019/01/02(水) 00:05:51.85 ID:tIGOOV3J0

マオ「うぅ……カキ…」グスグス

サトシ「……くそっ!」

リーリエ、スイレン、アセロラ、マーマネ「………………」

アナザー『はーいみなさん!ご覧いただけたでしょうか?ルール違反を犯した者の末路を?』

サトシ「アナザー…!」ギリッ

マオ「……何がルール違反よ……」スクッ

リーリエ「マオ……」

マオ「ふざけないで!!今すぐカキを返してよ!!」

アナザー『……返して欲しかったら見事ゲームに勝ち抜いてみてください』

マオ「!」

アナザー『……今ご覧頂いた通り……ルール違反を犯した者は不人気投票で脱落しなくても罰を受けて頂くことになります』

アセロラ「……ルール…?」

アナザー『そうです。ゲームを円滑に進める為のルールです』

アナザー『ルールと言っても…何も難しい者ではありません』

アナザー『ここにいる間は一切の暴力行為は禁止。当然あなた方同士でも……私に対しても』

スイレン「……カキは、ルールを破ったらどうなるかの見せしめになったってこと……?」ギリッ

アナザー『……見せしめだなんてとんでもない。私の目的としては、ゲームに興じるあなたたちオモチャで遊びたいのが第一』

アナザー『くだらないルール違反で脱落するのはナンセンスです。楽しみが減りますので』

サトシ「楽しみだって…?」

アセロラ「……悪趣味すぎるね…」

アナザー『………続けますよ?その他のルールとしては…』

アナザー『まず、私の言うことは絶対です。そして、投票は必ずすること』

アナザー『ゲーム開始の鐘が鳴ったら10分以内にここに集まること』

アナザー『…………ゲームは基本1日に1回です。ゲームの時間以外ならば何処にいようと構いません。生きるのに必要な水や食料も支給します』

全員「…………………」

アナザー『あっ、くれぐれも自殺なんて考えないでくださいね?そんなことしたら、連帯責任で全員罰ゲームですから』ケラケラ

全員「………………」

アナザー『…………っと、今日のところはこれくらいですかね?みなさん、今日はお疲れでしょう。明日のゲームに備えてゆっくり休んでください』

アナザー『…………私はいつでもあなた方を見ていますよ……?あなた方の命は私の手の中の意味もわかって頂いたでしょうし……』

アナザー『…………それではまた、明日のゲームの時間に……』

ブチッ

全員「………………」



21: ◆p25DcWXHRg 2019/01/02(水) 01:20:12.91 ID:d2pJSJJnO



マーマネ「これが支給された食料と水かぁ…」グー

サトシ「……………」

アセロラ「……これ、大丈夫なやつかな?」

リーリエ「………アナザーの言うことを信じている訳ではありませんが…彼女が自ら、ゲームを楽しむ為のルールを設けたんです」

リーリエ「……恐らく…私たちを殺すような真似はしないと思います」

アセロラ「うーん……」

マーマネ「だったら大丈夫なやつだよね!僕、もうお腹ペコペコなんだよ!いただきまーす!」モグモグ

リーリエ「………ハァ……マーマネは……」

スイレン「緊張感皆無」

サトシ「……………」スクッ

スイレン「! サトシ、何処行くの?」

サトシ「……ここからの脱出方法と、カキを助ける手がかりがないか探してみるよ」

リーリエ「サトシ、アナザーも言っていました。私たちのことはずっと監視していると」

リーリエ「あまり迂闊に動かずに、ゲームの攻略法をみんなで相談した方が……」

スイレン「うん、そうだよサトシ!」

サトシ「……大丈夫だって!無茶はしないからさ?少しその辺見てくるだけだって!」

サトシ「マーマネ!俺の分の食料も食べていいよ!アイツから貰った物なんて食べたくないしさ」

マーマネ「本当?ありがとう!サトシ!」モグモグ

サトシ「ハハハ」

スイレン「……ねぇ、サトシ。サトシが行く気なら止めない……でも、だったら私も一緒に…」

アセロラ「スイレン、きっとサトシは少し一人になりたいんだよ」ポンッ

スイレン「え?」

サトシ「……そういうこと、悪いな?心配してくれてサンキューな!スイレン」

スイレン「う、うん……」

アセロラ「スイレン!サトシなら少しくらい一人でも平気だよ」ニコッ

スイレン「………………」

マーマネ「リーリエ!これ、すっごく美味しいよ!」

リーリエ「まったく、マーマネは…」ハァ



22: ◆p25DcWXHRg 2019/01/02(水) 01:43:54.75 ID:tIGOOV3J0

マオ「………………カキ…」グスッ

スイレン「……マオちゃん……」

スイレン「……マオちゃん、元気出して」ポンッ

マオ「………………」

スイレン「人をポケモンに変えるチカラがあるんなら、戻す方法もきっとある!」

アセロラ「それに……こっから帰る方法だってね?」

スイレン「だから……みんなで協力してアナザーをやっつけて…カキを元に……」

マオ「……なんなのよ…」

スイレン「………え?」

マオ「……なにが必ず元に戻す方法はある……よ…無責任なこと言わないでよ……」

スイレン「…マオ……ちゃん……?」

アセロラ「ま、マオ……!落ち着いてよ!カキがアイツに捕まって悲しいのはアセロラたちも同じだよ!だから……」

マオ「なにが悲しいのは同じよ!!だったら何でそんな冷静でいられるのよ!」

スイレン「……マオちゃん、アセロラの言うとおり、私たちだって悲しい!でも、カキも死んだ訳じゃないし……こんな時こそ冷静に……」

マオ「……じゃあスイレンとアセロラは今日アイツに捕まったのがサトシだったとしても冷静でいられるの…?」

スイレン、アセロラ「………え?」

マオ「……あの時……カキがアイツに捕まりそうな時に……私、みんなにカキを助けようって……呼び掛けたよね……?」グスッ

マオ「……でも、誰も動いてくれなかった……」グスッ

スイレン「そ、それは……」

アセロラ「………………」

マオ「……あの時……アイツに捕まりそうなのが……カキじゃなくてサトシだったら……きっとスイレンもアセロラも死に物狂いで助けに行ってた……」

マオ「……アンタらは……サトシじゃなかったから見捨てたんだよ……!」

アセロラ「そ、そんなこと……」

スイレン「ま、マオちゃん!落ち着いて……!そんなことない!」

マオ「……だったら何でカキを見捨てたのよ……」ギロッ

スイレン、アセロラ「………………」

マオ「……ほら答えられない…」グスッ

スイレン、アセロラ「………………」

リーリエ「……あの……何かあったんですか?」

マーマネ「大声出してどうしたのさー?」

アセロラ「…………いや…その……」

スイレン「………………」

マオ「……ごめん、少し言いすぎたよ」クルッ

リーリエ「……マオ!何処に行くんですか!?」

マオ「……少し頭を冷やしてくるよ。一人になりたいからついてこないで」スタスタ

スイレン「マオちゃん……」



23: ◆p25DcWXHRg 2019/01/02(水) 16:13:17.50 ID:tIGOOV3J0

翌朝

百合の花畑

リーリエ「マオー!何処ですかー!」

スイレン「マオちゃーん!」

サトシ「スイレーン!リーリエー!」タッタッタ

リーリエ「! サトシ!アセロラ!マーマネ!」

サトシ「どうだ!?マオは見つかったか!?」

リーリエ「ダメです……見つかりません…」

スイレン「そっちはどうだった!?」

アセロラ「こっちもダメだったよ…サトシとマーマネと一緒に色んな場所探してはみたんだけど…」

マーマネ「もぅー!こんな時に何処行っちゃったのさマオー!」プンプン

スイレン「……私のせい…」ボソッ

リーリエ「……スイレン…」

スイレン「……私のせいだ……私、マオちゃんの長い付き合いなのに……全然マオちゃんの気持ち、わかってなかった…」ウルッ

スイレン「……私が……無責任なことばっかり言ったから……」グスッ

アセロラ「……スイレン、一人で抱え込まないでよ…それを言うならアセロラだって同じだよ…アセロラもマオを元気づけようとして…逆に傷つけちゃって…」

スイレン「アセロラ……」

リーリエ「……スイレン、アセロラ……昨日の話は聞きました」

スイレン「リーリエ……」

リーリエ「……マオも昨夜はあんな態度をとってしまったのかもしれませんが…今はこんな状況です、みんな精神が不安定になっているので仕方ありません……」

リーリエ「マオは本来、いつも私たちを見ていてくれて、気遣いが出来る子です。マオだって本当はスイレンやアセロラの優しい心遣いに気づいていますよ」ニコッ

スイレン、アセロラ「!」

サトシ「そうだよ!リーリエの言うとおりだ!友達だったらケンカして当たり前だよ!」

サトシ「……だからさ!マオを見つけて………ちゃんと直接話し合って仲直りしようぜ!」ニッ

スイレン「サトシ……」

アセロラ「……うん、そうだね!」スクッ

アセロラ「スイレン!早くマオを見つけて、しっかり話し合って仲直りしようよ!」

スイレン「う、うん!」

マーマネ「……アナザーが作ったルールの中にはゲームの遅刻は厳禁もあったからね」

マーマネ「……どのみちマオを見つけないと、マオが大変なことに……」

カーンカンカカカン

サトシ、リーリエ、スイレン、アセロラ、マーマネ「!」

アセロラ「い、今の鐘って……」タラッ

リーリエ「……恐らく…今日のゲーム開始を告げる鐘の音です…」

スイレン「そ、そんな……!?まだマオちゃんが見つかってないのに……」

マーマネ「……で、でも……10分以内に集まらなきゃみんなアナザーに罰ゲームを受けちゃうよ…」

マーマネ「……僕たちみんな全滅しちゃったら本末転倒だよ!!」

リーリエ、スイレン、アセロラ「………………」

リーリエ「……後は……マオが時間以内にスクールに来ることを祈るしかないですね…」

サトシ「……くそっ!!」ガンッ



24: ◆p25DcWXHRg 2019/01/02(水) 16:40:07.12 ID:tIGOOV3J0

ポケモンスクール

アナザー『ふむふむ。みなさん、ルール通りに時間内に集まって頂けたのですね?感心感心』

リーリエ(マオが……)キョロキョロ

アセロラ(まだ来てないよ…)キョロキョロ

スイレン「マオちゃん…早く来て!時間切れになっちゃう…!」

サトシ「お、おい!アナザー!ちょっと待ってくれ!マオがまだ来てな……」

アナザー『……実は今日はみなさんに悲しいお知らせがあります』ガクッ

サトシ「……え?」

アセロラ「悲しい……お知らせ……?」

アナザー『………実は……今日の楽しい楽しいゲームは明日に延期になってしまいました』クスン

スイレン「今日のゲームが中止!?」

マーマネ「ほ、本当!?わーい!やったー!」

リーリエ「アナザー、ゲームが中止とはどういう意味ですか?」

アナザー『はい…実はですね……昨晩私の大切なポケモンを盗もうとする不届きな輩が出てしまいまして…』

サトシ「泥棒?」

アセロラ「まさか……」

アナザー『ゲームをするまでもなく、罰ゲームを受ける方が決まってしまったんですよ』ヒョイッ

マオ『ちょ、ちょっと!ここどこなの!?出してよ!!』バンバン

スイレン「マオちゃん!?」



25: ◆p25DcWXHRg 2019/01/02(水) 17:07:08.45 ID:d2pJSJJnO

マーマネ「あ、あれどうなってるの!?マオがモニターの向こう側で鳥籠?みたいなのに入れられてるよ!」

サトシ「おい!アナザー!マオを解放しろ!」

アナザー『それはできませんよー。マオは昨日、私が散々忠告したのにも関わらず、ルールを破った極悪人ですから』

アナザー『……まったく、私はゲームを楽しみたいだけですのに……ルール違反ばかりで、いつまでもゲームを始められない私の身にもなって頂きたいものです』ハァ

リーリエ「……論理的結論からいいますと、あなたの様に他人をオモチャ扱いするような人のキモチなんてわかりたくもないです」

アナザー『…………』

スイレン「マオちゃん!」ダッ

アセロラ「マオ!」ダッ

マオ『スイレン……アセロラ……』

スイレン「待ってて!今助けるから!」バンバン

アセロラ「……うぅ…このモニター…どれだけ叩いても割れないよ!」バンバン

スイレン「…こうなったら、私が向こう側に行って………」

マオ『…………』

マオ『もういいよ……』

スイレン「え?」

アセロラ「な、なに言ってるのマオ!?諦めちゃダメだよ!必ず何か助ける方法が…」

マオ『…………もういい、やめて…このままじゃ、スイレンとアセロラも私の巻き添えでアイツに罰ゲームを受けちゃうよ…』

スイレン「な、なに言ってるのマオちゃん!そんなのマオちゃんらしくない!」

アセロラ「そうだよ!今からアセロラとスイレンもそっちに行くからね!3人でアナザーをやっつけちゃおうよ!」

マオ『…………昨日はごめんね』

スイレン「…マオちゃん……?」

マオ『…………昨日はあんなこと言っちゃったけどさ?本当は……私を元気づけてくれようとした二人の言葉…嬉しかったよ』ニコッ

アセロラ「や、やめてよ!そんな最後の言葉みたいなの…アセロラ、聞きたくないよ!」

マオ『…………ありが……』

アナザー『…………人の物を盗ろうとする強欲な泥棒には……それ相応の罰か必要ですね?』

アナザー『………その身で知りなさい。奪われる悲しみを』スッ

マオ『……え?』

マーマネ「! アナザーは何をしてるの!?」

リーリエ「わ、わかりません……マオの頭を撫でているように見えますが…」

アナザー『…………フフフ』ナデナデ

スッ

マオ『?』

アナザー『盗れました』ニコッ



26: ◆p25DcWXHRg 2019/01/02(水) 17:29:47.97 ID:tIGOOV3J0

リーリエ「………?見たところマオは何も盗られたように見えないですが……」

マオ『???』

サトシ「アナザー!マオに何をしたんだ!」

アナザー『……見ていればわかります。今から面白いものが見れますよ?』

アセロラ「マオ!大丈夫!?」バンバン

スイレン「マオちゃん!何されたの!?アイツに!」バンバン

マオ『…………えーと……』

マオ『…………あなたたち……誰……?』

スイレン「……え?」

サトシ「……?な、なんだ?どういうことだ……?」

リーリエ「……まさかアナザー……あなた……」

リーリエ「マオの記憶を奪ったんですか!?」キッ

サトシ、アセロラ、マーマネ「!?」

アナザー『フフフ』

マオ『あなたたち誰なの?ここは何処…?なんで私、こんなとこにいるの???』

スイレン「ま、マオちゃん!何それ……」ハハハ

スイレン「全然面白くないよ、その嘘…」グスッ

マオ『???』

アセロラ「スイレン……」ウルッ

アナザー『さぁ、そろそろお別れの挨拶はよろしいですか?』

スイレン「………アナザー…」ギロッ

アナザー『そんな怖い目で睨まないでくださいよスイレン。これは強欲な盗人である、マオに対する罰ゲームなんですから……もっとも…』チラッ

マオ『??? 私はだれ??』

アナザー『…………嫌なことも全て忘れて空っぽになったマオは…ひょっとしたら幸せかもしれませんよ?』

スイレン「マオちゃんを返せ!!」

アナザー『返しませんよ?マオは今から……』ブンッ

マオ『ぁっ』ブチッ

サトシ「マオ!」

マーマネ「ヒッ……マオが潰され……」

マオアマージョ『』フシュシュゥ

リーリエ「カキの時と同じです……マオがアマージョに……」

アナザー『このマモンボールでゲットされて私のポケモンになるんですから』キラン

マオアマージョ『うぅ……』ヨロッ

スイレン「マオちゃん!逃げて!!」



27: ◆p25DcWXHRg 2019/01/02(水) 17:51:32.24 ID:tIGOOV3J0

アナザー『フフフ…色違いのアマージョ、ゲットです♪』キラン

スイレン「うぅ……」グスッ

アセロラ「……マオ…」ウルッ

アナザー『さて、みなさん。もうルール違反とかは勘弁してくださいよ?明日こそちゃんとゲームをしたいんで』

サトシ「……アナザー!おま…」

リーリエ「待ってくださいサトシ!」

サトシ「! リーリエ…」

リーリエ「アナザー、いくつか質問があります」

アナザー『……どうぞ』

リーリエ「まず一つ、あなたは生き残った優勝者には何でも願いを叶え、元の世界に戻すといいましたね?」

アナザー『はい。約束は守りますよ?ただし、願いについては一つだけですが』

サトシ「願いって……何言ってんだよリーリエ!」

マーマネ「リーリエ……まさかアイツのゲームに乗るつもり!?」

アセロラ「待って!サトシ、マーマネ!リーリエには何か考えがあるみたいだよ」

サトシ、マーマネ「!」

リーリエ「では、みんなを元の姿に戻し、元の世界に帰すという願いならばどうなりますか?」

アナザー『……それだと"みんなを元の姿に戻す"と"みんなを元の世界に戻す"の二つになりますね。どちらかしか叶えられません』

リーリエ「………」

アセロラ「そっか……そうなると"みんなを助けるお願い"についても少し考えなくちゃいけなくなるんだね…」

サトシ「え?つまり、どういうこと???」

マーマネ「サトシ、後で説明するからさ!今はリーリエに任せようよ」

リーリエ「………次の質問です。不人気投票をやった場合ですが……」

リーリエ「もし、みんなの票が同列の場合はどうなりますか?」

アセロラ、マーマネ「!」

アナザー『…………その場合はその日のゲームはドローとなり、次の日に流れますね』

アナザー『……もっとも…最後の一人になるまでゲームは永久に続きますが』

リーリエ「そうですか…わかりました」

アナザー『他に質問はありませんか?』

リーリエ「ありません」

アナザー『そうですか。では、今日はここでお開きです。みなさん、お疲れ様でした』

アナザー『明日、またゲーム開始の時間を鐘の音で伝えますので……それでは、明日のゲームの時間に会いましょう』

ブチッ

アセロラ「……全員同票ならドロー…」

マーマネ「これは……」

リーリエ「………………」



28: ◆p25DcWXHRg 2019/01/02(水) 21:23:31.80 ID:Cjw9b22x0

百合の花畑

サトシ「……………」

スイレン「………………」

アセロラ「……………」

マーマネ「………………」

リーリエ「………………」

サトシ「……………」スクッ

リーリエ「何処に行くんですかサトシ?」

サトシ「辺りの探索だよ。カキやマオを助ける方法や元の世界に戻る方法の手掛かりがないか探してくる」

サトシ「マーマネ、今日の俺の分のご飯も食べていいぜ」

マーマネ「本当?ありがとうサト……」

アセロラ「サトシ!探索もいいけど、ご飯はちゃんと食べなきゃダメだよ!」

サトシ「アイツの用意した食べ物なんていらないよ」

アセロラ「……サトシ…昨日だって何にも食べてないでしょ?そのままだとサトシ、死んじゃうよ!」

サトシ「大丈夫だよ。俺が餓死する前に、アナザーをやっつけてみんなで帰る方法を見つけるからさ」

アセロラ「が、餓死って……サトシ…何言ってるのよ!冗談でもそんなこと言うのはやめてよ!」

サトシ「………………」

スイレン「………………」

リーリエ「………ピリピリするのもわかりますが…サトシもアセロラも落ち着いてください」

サトシ「………ごめん…」

アセロラ「……謝るくらいならしっかりご飯食べてよ」

サトシ「…………」

マーマネ「………………」モグモグ

リーリエ「………サトシ、アセロラの言うとおりです。死んでしまっては元も子もありません。それに……食料も食べていない体力のない状態でのアテの無い探索なんか何の意味もありません」

リーリエ「それは……アナザーの言う"自殺"と同じようなものですよ」

サトシ「……うっ…」グサッ

スイレン「………私はもう泣かない」ゴシゴシ

サトシ「スイレン……」

スイレン「………アナザーを倒して……マオちゃんもカキも助けて……みんなで元の世界に戻る!」グッ

アセロラ「………うん!」グッ

サトシ「………ああ、そうだな。変な意地張ってる場合じゃなかったな」

リーリエ「………みなさん、聞いてください」

サトシ、スイレン、アセロラ、マーマネ「!」

リーリエ「必勝法……とまではいきませんが、私に考えがあります」



29: ◆p25DcWXHRg 2019/01/02(水) 21:36:14.96 ID:Cjw9b22x0

翌日

ポケモンスクール

アナザー『えー、みなさん。"いらないと思う子"の名前を書いた紙は投票箱にいれましたね?』

リーリエ「はい」

アセロラ「うん」

マーマネ「………………」ドキドキ

サトシ「入れたよ!だから早く結果発表しろよ!」

スイレン「こっちはそっちのルールに乗っ取ってやった!だからそっちも正々堂々不正はしないで!」

アナザー『不正だなんてそんなゲームが詰まらなくなるようなことはしませんのでご安心を』

アナザー『さーて、運命の結果発表です………本日のいらない子は………』

サトシ、スイレン、アセロラ、マーマネ、リーリエ「」ドキドキドキドキ

アナザー『………なんと……全員同率!よって、ドロー!ゲームはまた明日にお流れです!』

リーリエ「………」ガッツ

サトシ「よっしゃー!」グッ

スイレン「リーリエの作戦、大当たり!」

アセロラ「良かったぁ…」ホッ

マーマネ「ふぅー……寿命が50年は縮まったよ~」



30: ◆p25DcWXHRg 2019/01/02(水) 21:56:20.95 ID:Cjw9b22x0

百合の花畑

サトシ「いやぁ!なんとかなるもんだなー!」

マーマネ「僕、アナザーにイチャモンつけられるんじゃないかってハラハラしたよ~」

スイレン「でもリーリエ、あんな作戦思いつくなんてすごい!」

アセロラ「今思えば、一昨日のアナザーへの質問はこの為だったんだね?」

リーリエ「……ふふっ、ありがとうございます」

リーリエ「いらない子一等賞が消える不人気投票。一等賞が決められなければ次の日に持ち越し……でしたら…」

リーリエ→マーマネ

マーマネ→スイレン

スイレン→サトシ

サトシ→アセロラ

アセロラ→リーリエ

リーリエ「このように名前を書いておけば、とりあえずは全員同率一位。根本的な解決にはならないですが……とりあえず、時間は稼げます!」

スイレン「時間稼ぎ……全然充分!」グッ

サトシ「ああ!その稼いだ時間で、探索とかに当てられるしな!」

アセロラ「でも……自分で自分の名前を書くってのはダメだったの?」

マーマネ「サトシはこの方法を理解するのに時間かかったからねー……確かにその方が楽だったかも」ジトー

サトシ「うっ……」

リーリエ「それは私も考えましたが……自分で自分の名前を書くことは即ち、自分で自分をいらない子と判断し罰ゲーム対象になること」

リーリエ「アナザーの言う"自殺"にカテゴリされてしまうかもしれませんし、試すのにはリスクが大きすぎます」

アセロラ「確かに……」

サトシ「そうそう!そういうこと!」

マーマネ「サトシ、絶対によくわかってないでしょ」

スイレン「まぁまぁ、今は成功を喜ぼう!この永久機関作戦!」

リーリエ「……一見簡単そうにみえますが……この作戦はこの中の誰も裏切らないということが大前提で成り立つものです!」

リーリエ「私たちが…お互いがお互いを信じあったからこそ、成功させることの出来る作戦なんです!」ニコッ



31: ◆p25DcWXHRg 2019/01/02(水) 22:16:58.64 ID:Cjw9b22x0

マーマネ「お互いがお互いを信じることで成り立つ作戦……」

サトシ「へへっ!何言ってんだよリーリエ!だったら俺たちには楽勝だろ!」

アセロラ「うん、そうだね!」

スイレン「私たちのキズナは磐石!裏切る人なんかいない!」

リーリエ「ふふっ、そうですね?」ニコッ

サトシ「うしっ!んじゃあ!早速稼いだ時間で探索に向かうか!」

リーリエ「サトシ、探索と言いましても……何かアテはあるんですか?」

サトシ「んー……俺もあれから考えたんだけどさ?アイツの話からすると、ここは一度滅んだとは言え、アローラのメレメレの可能性が高いと思うんだ!だからさ」

サトシ「カプ・コケコを探してみようと思うんだ!」

リーリエ「! カプ・コケコですか?」

サトシ「そう!前に俺が平行世界に飛ばされた時もカプ・コケコが関係してた!だからさ、カプ・コケコを見つければ何かこの状況を抜け出すヒントになると思って!」

リーリエ「なるほど……確かに試してみる価値はあります!」

マーマネ「でも……アナザーはここはポケモンの住めない環境になってるって言ってたよ?カプ・コケコだって死んでないにしても、ここにいない可能性が高いんじゃ…」

サトシ「そんなの探してみなきゃわからないだろ?」

スイレン「カプ・コケコはメレメレの守り神!"もしも"の可能性は充分にある!」

アセロラ「うん!ジッとアナザーのゲームにビクビクしてるよりはずっとマシだよ!」

リーリエ「それに…私たちはまだこの世界に来たばかりです……探索を続ければ有力な情報が見つかるかもしれません!」

マーマネ「うーん……まぁ…」

サトシ「へへっ!よーし、そうと決まったら探索に出発だー!!」

スイレン、アセロラ「おーっ!!」

マーマネ「ぼ、僕はここで食料の見張りを……」

リーリエ「マーマネ、働かざる者食うべからずですよ?」ジトー

マーマネ「うへー……」



32: ◆p25DcWXHRg 2019/01/02(水) 22:33:03.49 ID:Cjw9b22x0

サトシ「………とは言ったものの……」キョロキョロ

サトシ「………さっきから見渡す限り百合の花畑しかない……カプ・コケコはどこにいるんだろうな?ピカチュ……」チラッ

シーン……

サトシ(……そっか……ピカチュウはいないんだったっけ……)

サトシ「………弱音なんてらしくないぜ俺!」ブンブン

サトシ「折角みんなで稼いだ時間なんだ!諦めなきゃ必ず何か手掛かりはある!カキやマオを助けて……アナザーをぶっ飛ばして……それで……」

サトシ「元の世界に戻って、ピカチュウに会うんだ!!」グッ

サトシ「おーい!カプ・コケ……」

「サートシー!」

サトシ「!」

アセロラ「へっへー♪」フリフリ

サトシ「アセロラ……どうしたんだよ?」

アセロラ「えへへ、サトシが無茶しすぎないか見にきたんだよ」

サトシ「大丈夫だって!もう変な意地張ったり、無茶したりしないよ」

アセロラ「ホントかな~?ご飯はしっかり食べてる~?」ジトー

サトシ「ご飯もちゃんと後で食べるよ」ハハハ

アセロラ「…はい!これ!」スッ

サトシ「! それ……支給された食料?」

アセロラ「一緒に食べようよ」ニコッ



33: ◆p25DcWXHRg 2019/01/02(水) 22:52:19.18 ID:d2pJSJJnO

サトシ「…………」モグモグ

アセロラ「……………」ジーッ

サトシ「な、なんだよアセロラ……ジーッと見て……」

アセロラ「んー?いやー……サトシ、ちゃんと食べてるかなー?と思って」ニコニコ

サトシ「言っただろ?もう変な意地を張るのはやめたって」モグモグ

サトシ「確かに今もアイツの用意した食料食べたり、ゲームやったりはアイツの言いなりになってるみたいで気にくわないよ!でもさ……?」

サトシ「………リーリエやアセロラの言うとおり、それで死んでちゃ元も子もない!生きて……いつかくる反撃のチャンスを狙うんだ!」モグ

アセロラ「…………うん、そうだね!」ニコッ

アセロラ「…………でも……折角作った時間なんだよ?ゼンリョクで頑張りすぎるだけじゃなくって、たまには休憩するのも大切!」

サトシ「!」

アセロラ「…………サトシは頑張りすぎなんだよ…ここにいるのはサトシだけじゃない、リーリエやマーマネやスイレン……それにアセロラだっているんだよ?一人で頑張ろうとしないで……みんなで助け合って頑張ろうよ!」

サトシ「…………うん、そうだな」ニッ

アセロラ「ふふっ、よろしい」ニコッ

アセロラ「あーあ……サトシの頑張りすぎなところ、クチナシおじさんと足して二で割ったら丁度い………」

アセロラ「………………」

サトシ「? アセロラ?」

アセロラ「な、何でもないよ……ごめんね?」ニコッ

サトシ「…………………」

サトシ(アセロラ……今一瞬すっげー寂しそうな顔したな…きっとクチナシさんやミミたんのことを思い出したんだ……)

サトシ(そりゃそうだよな……アセロラにとってミミたんやクチナシさんは俺にとってピカチュウや博士たちみたいなもんだよ……)

アセロラ「………さ、ご飯食べたらもうひと頑張りしよっか!」ニコッ

サトシ(……アセロラだってしっかりしてるようで、女の子なんだ……きっと寂しいのを我慢して強がって……それで俺たちみんなを励まそうと……)

サトシ「…………………」

アセロラ「? どうしたのサトシ?」

サトシ「…………なぁ、アセロラ」

アセロラ「………え?」



34: ◆p25DcWXHRg 2019/01/02(水) 23:17:11.98 ID:Cjw9b22x0

サトシ「…………えーと、そのさ……上手く言えないんだけど……」ポリポリ

アセロラ「?」

サトシ「アセロラこそあんまり無理すんなよ」

アセロラ「え?」

サトシ「その……アセロラもさっき俺に言ってくれたみたいにさ?ここにはアセロラだけじゃなくて、俺やみんなもいるわけだし…」

アセロラ「…………」

サトシ「…………アセロラが不安な気持ちだってわかるつもりだよ。だからさ?泣きたい時や辛い時は我慢しないで……」

アセロラ「サトシ……」ウルッ

サトシ「!」

アセロラ「うぅ……うわぁぁぁぁん!!」

サトシ「アセロラ……」

アセロラ「……うぅ……ごべんね……?ヒッグ……!」

アセロラ「さっぎは……サトシに偉そうなごと言っちゃったけど……ヒッグ」

アセロラ「アセロラ……ここに来た時からずっと……不安で……怖くって……」グスッ

サトシ「………」

アセロラ「…………カキもマオもアイツに捕まっちゃって……次はアセロラの番なんじゃないかって……」グスッ

アセロラ「もう……ミミたんにも……クチナシおじさんにも……サトシにも会えないんじゃないかって……ヒッグ……!」

サトシ「………大丈夫だよアセロラ」ポンッ

アセロラ「……サトシ……」グスッ

サトシ「…へへっ、確かに今はまだアイツに勝つ方法もカキやマオを助けて元の世界に戻る方法も見つかってないけどさ?絶対に何とかなる!……いや、何とかする!」

アセロラ「!」

サトシ「…………って、ハハ……またこんな無責任なこと言ったらリーリエやマーマネに怒られるかもな?でも……」

サトシ「必ずみんなで元の世界に戻れる!そして、またみんなに会える!俺はそう信じてるよ」ニッ

アセロラ「………………」グスッ

サトシ「それにもしアセロラがアイツに捕まりそうになったら俺が助けて……」

アセロラ「……本当だ……感情論ばっかりで何の根拠もないね…」ゴシゴシ

サトシ「うっ………」グサッ

アセロラ「……でも」スッ

サトシ「!」

アセロラ「ありがとう、サトシ。勇気は出たよ」ギュッ

サトシ「アセロラ……」

アセロラ「………ごめんね……もう少しだけ……」

アセロラ「……このままでいさせて?」ギュウ

サトシ「…………うん…」ギュッ



スイレン「…………………」

スイレン「…………………」クルッ



35: ◆p25DcWXHRg 2019/01/02(水) 23:37:26.95 ID:d2pJSJJnO

翌日

ポケモンスクール

アナザー『さぁ!みなさん投票は済ませましたね?それではお楽しみの……』

アナザー『不人気投票一等賞の発表でーす♪』

サトシ「誰も楽しみになんかしてないよ!」

スイレン「くだらない演出はいらない。さっさと結果だけ発表して」

アナザー『ちぇー!ノリの悪い方たちですねー』ブー

マーマネ「うぅ……あの作戦があるとは言え、この瞬間は生きた心地がしないよ…」ハラハラ

リーリエ「………………」

サトシ「アセロラ、大丈夫?」

アセロラ「うん!心配しないでサトシ!アセロラはもう大丈夫だよ!」

アセロラ「なんたって昨日、サトシに勇気をわけてもらったからねー?」ニコッ

サトシ「へへっ」ニッ

スイレン「………………」

アナザー『さぁ……栄えある不人気投票一等賞は……』

マーマネ「うぅ……」ドキドキ

サトシ「心配すんなよマーマネ!俺たちにはあの作戦があるんだし、今日もドローだよ!」

サトシ「それよりも、今日は何処を探索するか考えて…」

アナザー『…………おめでとうございますアセロラ』

アセロラ「…………え?」

サトシ「…………は?」

アナザー『あなたが今日の不人気投票一等賞です!』

アセロラ「…………アセロラが……一等賞……?」



36: ◆p25DcWXHRg 2019/01/02(水) 23:50:10.05 ID:Cjw9b22x0

アセロラ「え……?……え…?」

リーリエ「アセロラが一等賞!?」

スイレン「どういうこと!?」

マーマネ「作戦はどうなったのさ!?」

サトシ「アセロラが一等賞…?そんな……嘘だ……そんな訳ないよ…」

サトシ「おい!アナザー!もう一回しっかり集計しろよ!!アセロラが一等賞なわけないだろ!!」

アナザー『失敬ですねー……ゲームのルールは絶対です。私は集計ミスなんてしてませんよ?』

サトシ「そ、そんなハズない!だったら何かインチキを……」

アナザー『……相変わらず吠えることだけは一人前ですねーサトシ。イヤになります』ヤレヤレ

サトシ「なんだって!?」カチン

スイレン「サトシ!もうやめて!このままじゃ、サトシまで巻き添えになっちゃう!」

アナザー『さぁて、うるさいイワンコはさておき』パチン

ズズズ

リーリエ「! アセロラの背後に突然空間の亀裂のようなものが!?」

マーマネ「ヒ……」ガタガタ

アセロラ「ぁ……あ…」ガタガタ

アナザー『さぁ、本日の不人気投票一等賞のアセロラには罰ゲームを受けてもらいます』

アナザー『アセロラを不思議な世界へご招た~い♪』パチン

サトシ「やめろーー!!」ダッ

ズズズ

アセロラ「……サト……


ズン



37: ◆p25DcWXHRg 2019/01/03(木) 00:06:52.69 ID:OZbJ0vzo0

アセロラ『…いたた………ここは……』キョロキョロ

オオオ……

アセロラ『…………お化け……屋敷…?』

『ようこそアセロラ』コツンコツン

アセロラ『』ビクッ

アナザー『ゴーストポケモンの住む世界へ』

アセロラ『…………ゴーストポケモンの住む世界……?』

アナザー『ウフフ……太陽も月もポケモンもあのコも魅了してやまない人気者のプリンセスであるあなたを……』パチン

ゾロゾロ

アセロラ『!』ビクッ

ゴーストポケモン軍団『』ゾロゾロ

アナザー『彼らも首をアローラナッシーにして待っていましたよ?さぁ……』

アセロラ『ひっ……』

アナザー『………鬼ごっこの始まりです。ゴーストポケモンに捕まったらあなたもポケモンになっちゃいますからね?死ぬ気で逃げた方がいいですよ?』

ゴーストポケモン軍団『オオオ……』ダッ

アセロラ『……うぅっ……!』ダッ

サトシ「くそっ!アセロラ!今助けに行くからな!」ダンダン

スイレン「やめてサトシ!」ガシッ

サトシ「はなせよスイレン!!アセロラがピンチになったら助けるって約束したんだ!!」

スイレン「サトシ!サトシの気持ちもわかる!!でも、今行ったらサトシも……」

サトシ「構うもんか!!はなせよスイレン!!」

スイレン「……絶対にはなさない!!」ガシッ グググ

サトシ「うぅ……」グググ

マーマネ「あわわ……サトシ…スイレン……」オロオロ

リーリエ「………………」



38: ◆p25DcWXHRg 2019/01/03(木) 00:24:38.76 ID:2g7nb60mO

アセロラ『ハァ…ハァ………』

壁『』ズーン

アセロラ『………行き止まり……!?そんな……』

ゴーストポケモン軍団『オオオ』ゾロゾロ

アセロラ『ひっ……』ビクッ

アナザー『ハーイ残念賞♪』

アセロラ『い、いやだ…アセロラ、ポケモンになりたくないよ…』ガタガタ

アセロラ『助けてよミミたん……クチナシおじさん……』ガタガタ

アナザー『ウフフ……それでは……』スッ

アセロラ『サトシ……』グスッ

アナザー『ポケモンになっちゃえー♪』ビビビ

アセロラ『イヤァァァァ!!』

ボフン

アセロラミミッキュ『うぅ……』ヨロッ

リーリエ「! アセロラが色違いのミミッキュに!?」

サトシ「アセロラァァァァ!!」

アセロラミミッキュ『イヤ……助けて……サトシ……』グスッ

アナザー『ふふっ、最後まで男の名前を呼ぶなんて……醜いですねーアセロラ。まぁ……でも……』

アセロラミミッキュ『うぅ……』

アナザー『…………もうそんな姿になったら愛しい人にも声は届かないですね?』クスクス

サトシ「やめろアナザーー!!!」

アナザー『あーあ、折角色パで揃えたかったんですが……ノーマルカラーのミミッキュなんて残念です。人気者のあなたには期待してたんですよ?』ハァ

アセロラミミッキュ『……………』グスッ

アナザー『……まぁ、いいです』スッ

アナザー『いっけー!デウスボール!!』ポイッ

アセロラミミッキュ『ぁ……』ゴツン

デウスボール『』ウニウニウニウニ ポーン

アナザー『ふふっ、ミミッキュ!ゲットです♪』キラン

サトシ「……アセロラ…」ガクッ

サトシ「…………うぅ…!くそっ!!」ガンッ

リーリエ、スイレン、マーマネ「…………」



39: ◆p25DcWXHRg 2019/01/03(木) 00:55:33.20 ID:2g7nb60mO

リーリエ「…………」

マーマネ「…………」

サトシ「うぅ……アセロラ……」グスッ

スイレン「……サト…」スッ

マーマネ「…………スイレンでしょ」ボソッ

スイレン「……え?」

リーリエ「マーマネ……?」

マーマネ「………リーリエが考案した作戦なら誰かが不人気投票一等賞になることなんてないよ。誰かが裏切らない限りはね」ギロッ

リーリエ「マーマネ!何を言っているんですか!!」

マーマネ「何を言っている!?それはこっちのセリフだよリーリエ!だって誰かが裏切ってアセロラに票を入れない限りは、アセロラが一等賞になるわけないじゃん!」

スイレン「ち、違う……私じゃ……」

サトシ「…………」

リーリエ「マーマネ!スイレンを疑うのはやめてください!スイレンはそんなことする人ではありません!」

マーマネ「………そうかな?それに……スイレンにはアセロラを落とす理由だってあるよ」

リーリエ「!」

サトシ「…………」

スイレン「ち、ちが……」

マーマネ「だってスイレンはサトシのこと好きでしょ?」

スイレン「!」

マーマネ「それで……スイレンはサトシと仲良くしてるアセロラが邪魔だった」

マーマネ「このゲームって不人気投票だよね?だったらスイレンにとってアセロラを排除する絶好の機会じゃん」

スイレン「ち、違う!私じゃない!私、そんな卑怯な手を使ってまでアセロラに勝とうだなんて思わない!」

サトシ「…………」

スイレン「ち、違うのサトシ!私じゃない!信じてよ…」ウルッ

マーマネ「今度は泣き落とし?いい加減にしてよスイレン!」

リーリエ「マーマネ!いい加減にするのはあなたです!それ以上スイレンを疑うのはやめてください!」

マーマネ「僕だって友達を疑うなんて嫌だよ!でも……こうなった以上は誰かが裏切ったのは確実なんだよ!!」

リーリエ「そ、それは……」

マーマネ「…………明日は我が身なんだ……ここで誰が裏切ったかはっきりさせておいた方がいいと思うよ?」

マーマネ「それとも……リーリエが犯人なの……?」ギロッ

リーリエ「な、なにを!?」

スイレン「サトシ、私じゃない…!…信じてよ…」グスッ

サトシ「…………もういいよ…仲間割れするのはやめよう…」ゴシゴシ

スイレン「サトシ……」

マーマネ「…………」

リーリエ「………………」

リーリエ(……おかしいとは思っていました…こんな誰でも思いつく回避方法を…わざわざ"延期"というルールでアナザーが見逃すなんて……)

リーリエ(でもまさか……恐れていたことが……)タラッ

アナザー『フフフ……やっと面白くなってきましたね?』

アナザー『…………ではまた明日……ゲームの時間にお会い致しましょう』


ブチッ



41: ◆p25DcWXHRg 2019/01/03(木) 16:35:06.50 ID:2g7nb60mO



百合の花畑

リーリエ「…………」

マーマネ「…………」ガツガツガツ

リーリエ「……マーマネ…毎日食料が支給されているとはいえ……あまり食べすぎない方が……」

マーマネ「……明日またご飯を食べられる保証はないからね。僕の勝手でしょ……」ガツガツガツ

リーリエ「……せめてサトシとスイレンの分も残し……」

マーマネ「……リーリエはさ?今日の投票結果……どう思うの?」

リーリエ「え?」

マーマネ「……僕は教室でも言った通り、スイレンが裏切ったと思ってるよ」ガツガツ

リーリエ「マーマネ!まだそんなことを……!」

マーマネ「僕だって疑いたくないよ!!でも、誰かが裏切ったのは確実なんだ!!」

リーリエ「」ビクッ

マーマネ「……それとも……スイレンじゃないとしたら、誰が裏切ったの?サトシ?それとも……リーリエ?」

リーリエ「……マーマネ、確かに今日の出来事は想定外でした……ですが、こんな時こそ、協力をすべきです!明日からもまた、あの作戦で……」

マーマネ「ふざけないでよ!!明日自分が消えるかもしれないんだよ!?想定外とか、信頼とかじゃ済まされないんだよ!!」

リーリエ「……マーマネ…」

マーマネ「…………だいたい……みんなで時間を稼いでアナザーを倒す?今まで色々方法を探ってきたけど…そんな方法見当たらなかったじゃん!」

リーリエ「そ、それは……」

マーマネ「……僕は……元の世界に戻りたい……トゲデマルや家族に会いたい……」

リーリエ「………………」

マーマネ「……また…みんなで遊びたいんだ…」グスッ

リーリエ「で、でしたら……やはり、もう一度みんなで力を合わせ……」

マーマネ「……僕は明日、スイレンに投票するよ」

リーリエ「な!?」

マーマネ「……そして、次の日はサトシに投票するつもりだ」

リーリエ「マーマネ……」

マーマネ「……僕だって本当はこんなことしたくないよ……でもさ?」スクッ

マーマネ「……元の世界に戻るには……ゲームに勝ち抜くしか方法がないんだよ」

リーリエ「マーマネ……」

マーマネ「……リーリエも、考えておいてよ…」

リーリエ「………………」



43: ◆p25DcWXHRg 2019/01/03(木) 20:05:21.15 ID:n4eD5xMr0

サトシ「おーい!カプ・コケコーー!!出て来てくれー!!」

シーン……

サトシ「……頼むよカプ・コケコ……もしいるんなら力を貸して欲しいんだ……」

サトシ「……アセロラを…カキを…マオを…助けたいんだ…頼むよ……」

シーン……

サトシ「……うぅ…!くそっ!」ガクッ

サトシ「……俺……どうすればいいんだよ……?なぁ、教えてくれよ…」

サトシ「博士……ロトム…………ピカチュウ…!!」グスッ

スイレン「サトシ」ザッ

サトシ「」ビクッ

サトシ「うぅ……!」ゴシゴシ

サトシ「ど、どうしたんだよ!スイレン!」



44: ◆p25DcWXHRg 2019/01/03(木) 20:57:58.67 ID:n4eD5xMr0

スイレン「……サトシ…今、泣いてた?」

サトシ「そ、そんな訳ないだろ!」アセアセ

スイレン「本当?」ジトー

サトシ「ほ、本当だよ!それよりさ!聞いてくれよスイレン!今、カプ・コケコに繋がりそうな手掛かりが……」

スイレン「嘘だ。だって、サトシ…わかりやすいから」ジトー

サトシ「うっ…」

スイレン「ほらやっぱり」

サトシ「……ははっ、バレバレか…ごめ……」

スイレン「……サトシにあるの。伝えたいこと」

サトシ「……伝えたいこと?」

スイレン「………今日、アセロラに投票したのは私じゃない。これは信じてほしい」

サトシ「な、何言ってんだよスイレン!最初からスイレンのこと、疑ってないよ!」ニッ

サトシ「きっとアセロラの投票はアナザーの罠かなんかだよ!俺たちの中に裏切るやつなんて……」

スイレン「……それと…もう一つ、伝えたいことがあるの…」

スイレン「……もしかしたら……これが最後になるかもしれないから…」

サトシ「さ、最後!?何言ってんだよスイレン!」

スイレン「……私、何となくわかるの……きっと明日の投票で私は不人気一等賞に選ばれて……罰ゲームを受ける…」

サトシ「お、おい!スイレン!その嘘面白くないよ!諦めるなんてスイレンらしくないぜ?」ハハハ

スイレン「……」

サトシ「も、もしかして…今日のアセロラの投票を気にしてんのか!?大丈夫だよ!マーマネだってああ言ってるけど、本当はスイレンのこと、疑ってなんかいないよ!」

スイレン「……」

サトシ「それでも不安ならさ?俺がリーリエやマーマネと相談して、またあの作戦を使うよう説得するよ!……だから……」

スイレン「……」

サトシ「……何とか言ってくれよ……スイレン…」グスッ

サトシ「……うぅ……ヒッグ…!諦めるなんて……言わないでくれよ……」

スイレン「……サトシは優しいね…」

サトシ「……へ?」グスッ

スイレン「大好き」ニコッ



45: ◆p25DcWXHRg 2019/01/03(木) 21:11:18.39 ID:n4eD5xMr0

サトシ「……え?……好き?」

スイレン「うん、そう!もちろん"友達として"の好きじゃなくて"お嫁さんにしてほしい"の好き!」ニコッ

サトシ「……え?…え?」

スイレン「…………いっつも元気なサトシが大好き」

サトシ「!」

スイレン「優しいサトシが……ポケモン大好きなサトシが…ちょっとドジなサトシが…ゼンリョクで頑張ってるサトシが……」

サトシ「………」

スイレン「……楽しそうにバトルをしてるサトシが……太陽みたいなサトシが……」

スイレン「……ずっとずっと大好き!これは嘘じゃない!だから……」

スイレン「……離れたく…ない……!」グスッ

サトシ「スイレ………」スッ

スイレン「……ごめん…急にこんなこと言われても…困るよね?」ゴシゴシ

サトシ「あ……いや……」アタフタ

サトシ「……えーっと……その……」

スイレン「言わないで」ピト

サトシ「!」

スイレン「……答えは…」クルッ

スイレン「元の世界に戻ってからゆっくり聞くことにする」ニコッ

サトシ「スイレン……」


ヒュオオ……



46: ◆p25DcWXHRg 2019/01/03(木) 21:31:45.27 ID:n4eD5xMr0

翌日

ポケモンスクール

カーンカンカカカン

リーリエ「……………」スッ

アナザー『はーい!投票ありがとございます♪』

アナザー『さーて、最後は……』チラッ

サトシ「…………」

アナザー『サトシ、名前を書いた紙を投票箱に入れてください』

サトシ「…………」スッ

バンッ

アナザー『!』

リーリエ「これは……」

スイレン「え?サトシ……?」

マーマネ「な、何考えてるのさ……?」

アナザー『…………白紙?これはどういうことですかサトシ?』

サトシ「これが俺の答えだアナザー!!」

アナザー『…………答え?』

サトシ「これは…俺からお前に対する挑戦状だ!!」

サトシ「俺をモニターの向こうにつれていけ!俺とバトルしろアナザー!!」

アナザー『………………』

リーリエ「サトシ!何を考えているんですか!」

マーマネ「放っておきなよリーリエ。これで今日のゲームは終わり、一人減るんだ」

リーリエ「……マーマネ……」

マーマネ「…………」グスッ

リーリエ「…………………」

スイレン「サトシ!やめて!危険すぎる!」

サトシ「スイレン……」

スイレン「……もし、誰かの名前を書くのが嫌なら、私の名前を書いて!どうせ私は脱落だろうし、それでサトシが助かるなら……」

サトシ「大丈夫だよスイレン!俺に任せとけ」ニッ

スイレン「サトシ……」ウルッ

アナザー『ふふっ、相変わらず脳筋ですねー…サトシ?』

サトシ「!」

アナザー『…………いいでしょう…あなたの挑戦、受けてあげます』



47: ◆p25DcWXHRg 2019/01/03(木) 21:52:11.23 ID:n4eD5xMr0

サトシ『………ここがモニターの中か…』キョロキョロ

サトシ『………誰もいないけど……バトルスタジアム…なのかな?』

アナザー『アローラ、ようこそサトシ』ザッ

サトシ『! へへっ!やっと直接会えたな!アナザー!』

アナザー『…バトルのルールは……ポケモンバトルでよろしいですか?』

サトシ『ああ、いいぜ!俺が勝ったらみんなを解放しろ!』

アナザー『ふふっ、いいでしょう…その代わり……』スッ

ビビビ

サトシ『!』

ボフン

サトシピカチュウ『これは……』

マーマネ「サトシがピカチュウに!?」

スイレン「サトシ!!」バンバン

アナザー『私が勝ったらあなたは私のポケモンになって頂きます』

サトシピカチュウ『……へへっ、ピカチュウの姿か…』バリッ

サトシピカチュウ『ピカチュウ!お前と一緒にバトルしてるみたいで…むしろチカラがわいてくるよ…!』バリバリ

アナザー『………フフフ…このバトル……当然戦うのはサトシ、あなた自身です。そしてバトルのお相手は……』スッ

ボンッ ボンッ

サトシピカチュウ『!』

カキガラガラ『オオオ……』

マオアマージョ『ウウウ……』

リーリエ「あれはまさか………」タラッ

スイレン「カキと……マオちゃん!?」

サトシピカチュウ『カキ……マオ……』

カキガラガラ『オオオ……』

マオアマージョ『ウウウ……』

サトシピカチュウ『……あんなやつに言いようにされて……悔しいよな?』

サトシピカチュウ『……俺が今助けてやるぜ!!』バリバリ

アナザー『フフフ…それでは……』

アナザー『バトル!開始!!』



48: ◆p25DcWXHRg 2019/01/03(木) 22:09:25.83 ID:n4eD5xMr0

サトシピカチュウ『いくぜーー!!』ダダダ

アナザー『ガラガラ!ほねブーメラン!!』

カキガラガラ『オオオ!!』ブンッ

サトシピカチュウ『たぁっ!』ダッ

リーリエ「! うまい!避けました!」

スイレン「サトシ……」ハラハラ

サトシピカチュウ『へへっ!いくぜ!カキ!』ダダダ

カキガラガラ『!』

アナザー『………アマージョ、トロピカルキック』

マオアマージョ『ウウウ…』ブンッ

ドカッ

サトシピカチュウ『ごふっ!!』メキッ

マーマネ「そんな……!」

スイレン「サトシ!!」バンバン

サトシピカチュウ『うぅ……』ヨロッ

リーリエ「! サトシ!気をつけてください!後ろからほねブーメランが返ってきます!!」バンバン

サトシピカチュウ『……!?』ヨロッ

ブンブンブン

バキッ

サトシピカチュウ『ぐあっ!!』ドサッ

マーマネ「ヒィィ……サトシがやられた…やっぱり二対一なんて無茶だったんだ!」

サトシピカチュウ『うぅ……』

ザッ

カキガラガラ『………………』

マオアマージョ『………………』

サトシピカチュウ『カキ……マオ……』ヨロッ

ドカッ バキッ

マーマネ「ヒィィィィ!!」ブルブル

スイレン「…………やめて……やめてよ……」

リーリエ「カキ!マオ!目を覚ましてください!!今あなたたちが攻撃している相手はサトシなんですよ!!」バンバン

カキガラガラ『………………』ブンッ

サトシピカチュウ『』バキッ

マオアマージョ『………………』ブンッ

サトシピカチュウ『』メキッ

リーリエ「カキ!!マオ!!」バンバン

スイレン「ぁ……あ……」

アナザー『ウフフフフフ……アハハハハハハ!!』




49: ◆p25DcWXHRg 2019/01/03(木) 22:34:13.65 ID:n4eD5xMr0

サトシピカチュウ『うぅ…』

アナザー『ふふっ、気分はどうですかサトシ?』

サトシピカチュウ『……アナザー…』ギロッ

アナザー『…………まだ睨む元気がありましたか…相変わらず威勢だけは一人前ですねぇ、サトシ』クスクス

サトシピカチュウ『…………』

アナザー『……気合いと根性でいつもゼンリョク!のサトシも、憎い相手の私が目の前にいても何もできず、仲間を救うチャンスも弱すぎて棒にふる……実にカッコ悪いです…カッコ悪すぎです』ヤレヤレ

スイレン「やめて……」

アナザー『……サトシ、あなたはもう充分頑張りました。これからはこのベルフェボールの中でゆっくり怠けるといいです』スッ

アナザー『私の手持ちポケモンとしてね?』

サトシピカチュウ『…………』

スイレン「やめろ……」

サトシピカチュウ『………側にきて……わかったよ……』

アナザー『?』

サトシピカチュウ『……正直信じられないよ……何でそんなんになっちゃったんだよ………』

マーマネ「……?サトシがアナザーと何かを話してる?」

リーリエ「…………?」

サトシピカチュウ『アナザー……いや……』

アナザー『…………』スッ

スイレン「やめて……やめてよ…サトシをつれてかないで…」スッ

リーリエ「スイレン!何をする気ですか!?」

サトシピカチュウ『リ ゴツン

ベルフェボール『』ウニウニウニウニ ポーン

アナザー『…………』ヒョイッ

マーマネ「……サトシが……ゲットされちゃった…」ヘタッ

スイレン「……いや……いやだよ……サトシを返してよ…」ガンガン

リーリエ「スイレン!落ち着いてください!!」

スイレン「イヤァァァァァァァ!!」ガンガンガンガン



50: ◆p25DcWXHRg 2019/01/03(木) 22:58:34.18 ID:n4eD5xMr0

スイレン「……許さない!!アナザー!!」スッ

マーマネ「! スイレン!イスなんか持って何する気さ!?」

スイレン「モニターをぶっ壊す!!」

リーリエ「やめてくださいスイレン!あなたまで罰ゲームを受けるハメになりますよ!」ガシッ

スイレン「はなして!!」ドンッ

リーリエ「キャア!」ドサッ

マーマネ「! リーリエ!大丈夫!?」

リーリエ「……私は大丈夫です……それよりスイレンを……」イテテ

スイレン「たぁっ!!」ブンッ

イス「」バキッ

スイレン「! イスが!?」

マーマネ「……イスが逆に壊れるなんて……あのモニター…なんなの!?」

リーリエ(……あのモニター……やはり……)

アナザー『…………やれやれ、どうやら外にうるさいポケモンがいるようですねー…』ハァ

スイレン「!」

アナザー『……今日の罰ゲームはサトシに受けてもらいました。今ここで私に一言謝るのならば、そのルール違反も許してさしあげますよスイレン?』

リーリエ「……スイレン…スイレンの気持ちもわかりますが、ここは一旦引いてサトシたちを助ける対策を……」

スイレン「……いやだ!!」

リーリエ「スイレン……」

スイレン「サトシを返して!アナザー!」ギロッ

アナザー『…………お断りします。サトシはたった今ゲットしたばかりの私の手持ちポケモンですから』

スイレン「……うるさい!そんなの知らない!!サトシを返してよ!!」ガンガン

リーリエ「スイレン!やめてください!!」

アナザー『…………』

スイレン「うぅ……!サトシを返せ!!」ガンガン

スイレン「そっから出てこい!!卑怯もの!!」ガンガン

アナザー『…………やれやれ』スッ

スイレン「……お前なんか……水平線の彼方までぶっ飛ばしてやる!!!」グスッ

アナザー『…………せっかく見逃してあげようと思ったのに…本当に愚か者ですねぇ、スイレン』ヌッ

ガシッ

スイレン「!?」

マーマネ「……モニターの向こうからアナザーの手が出てきてスイレンを掴んで……」ヒェー

アナザー『………さぁ、罰ゲームの時間ですよ?スイレン』グイッ

スイレン「キャアァァァァ!!」

マーマネ「ヒッ…スイレンがモニターの中に引きずり込まれ…」ガクガク

リーリエ「スイレーン!!」



51: ◆p25DcWXHRg 2019/01/03(木) 23:13:56.69 ID:n4eD5xMr0

プワッ プワッ

スイレン『……ここは……バルーンの中?』プワン

スイレン『………うぅ…ここから出して!!』バンバン

バチン

スイレン『! バルーンが割れ…』

ヒュー

スイレン『………!下は海……』

ザパン

プクプク

スイレンナギサ『うぅ……』バシャッ

スイレンナギサ『! 私の体がナギサになってる!?』

スイレンナギサ『…………とりあえず、泳いで陸地に…』スイー



52: ◆p25DcWXHRg 2019/01/03(木) 23:31:39.32 ID:n4eD5xMr0

スイレンナギサ『…………何とか陸地に着いたけど……』キョロキョロ

スイレンナギサ『………また黄色いお花畑……相変わらず悪趣味…』

スイレンナギサ『…………とにかく、アナザーを探さなきゃ!待ってて!サト……いたっ』チクッ

スイレンナギサ『…………これは……トゲ……?この黄色い花、百合じゃなくて……』チラッ

スイレンナギサ『…………黄色い……薔薇……?』

ドサッ

スイレンナギサ『!』

サトシピカチュウ『』

スイレンナギサ『サトシ!』タッタッタ

サトシピカチュウ『』

スイレンナギサ『よかった…サトシ…』ウルッ

スイレンナギサ『サトシ、今つれて帰る』ヨイショ

サトシピカチュウ『』

スイレンナギサ『サトシ、一緒に帰ろ?それで……アナザーを倒して元の世界で……』

『普段は掴み所のないあなたですが……』

スイレンナギサ『!』

アナザー『……一旦頭に血が上ると感情的になる…』

スイレンナギサ『アナザー…』ギリッ

アナザー『ふふっ、あなたがいつも見つめている大好きな誰かさんに似たんですかね?スイレン』クスクス

スイレンナギサ『………ごめんサトシ、少し待ってて』スッ

サトシピカチュウ『』

スイレンナギサ『………今あいつを……水平線の彼方までぶっ飛ばしてくるから!』キッ

アナザー『…………また…同じことを繰り返す気ですか…あなたは本当に愚かですねスイレン』

スイレンナギサ『覚悟して!アナザー!』

アナザー『………私をぶっ飛ばしたいのでしたらまず…』スッ

スイレンナギサ『!』

マーマネ「ね、ねぇ……スイレンの後ろにいるのって……」

リーリエ「……惨いです……惨すぎです、アナザー」ギリッ

アセロラミミッキュ『キュー?』オオオ

アナザー『彼女を倒してからにしてください』

スイレンナギサ『アセロラ……』タラッ



53: ◆p25DcWXHRg 2019/01/03(木) 23:58:19.36 ID:n4eD5xMr0

ドカッ

バキッ

マーマネ「ヒッ…」ガタガタ

メキッ

リーリエ「……もう……もう…やめてくださいアセロラ…」フルフル

リーリエ「そのままでは……スイレンが死んでしまいます!!」グスッ

アセロラミミッキュ『キュー?』メキメキ

スイレンナギサ『』ドサッ

アナザー『……ストップですミミッキュ。イーブイはもう充分弱らせました。ご苦労様です』

アセロラミミッキュ『キュー』コク

スイレンナギサ『うぅ…』ボロッ

アナザー『……シツコイシツコイ……本当にウンザリする程シツコイですねースイレン』

スイレンナギサ『…………』ヨロッ

アナザー『そんなにその吠えるしか脳のない男が好きですか?』チラッ

サトシピカチュウ『』

スイレンナギサ『…………お前なんかには……一生わかんない…』

アナザー『……やれやれ』スッ

アナザー『まぁ、いいでしょう。私の手持ちになれば、全て忘れて私に忠実なポケモンになれるのですから』

スイレンナギサ『…………』

リーリエ「スイレン……」

アナザー『さぁ、お待ちかねのゲットタイムですよ?シツコイあなたはこの、レヴィボールでゲットしてあげます』

スイレンナギサ『ごめんねサトシ……守ってあげられなかった…』スッ

サトシピカチュウ『』

アナザー『いっけー!!レヴィボール!!』ポイッ

スイレンナギサ『…………サトシ…』

スイレンナギサ『大好き』ニコッ

ゴツン

レヴィボール『』ウニウニウニウニ ポーン

アナザー『ウフフ…』ヒョイッ

アナザー『イーブイ!ゲットです♪』キラン

マーマネ「あわわわわわ……スイレンが…」ヘナッ

リーリエ「スイレン……」ウルッ

リーリエ「スイレーーン!!」



54: ◆p25DcWXHRg 2019/01/04(金) 00:17:50.00 ID:f4J83/vD0



百合の花畑

マーマネ「……………」モグモグ

リーリエ「……………」モグモグ

マーマネ「……静かだね……」モグモグ

リーリエ「……みんな…いなくなってしまいましたからね…」モグモグ

マーマネ「……………」モグモグ

リーリエ「……マオは…美味しい料理を作ってくれました…」モグモグ

マーマネ「僕が料理を食べすぎたら……カキが食べすぎるなよって心配してくれるんだ」モグモグ

リーリエ「……スイレンは頑張り屋で……アセロラは優しくて……」モグ

マーマネ「サトシは何でもゼンリョクだったよ…」モグ

リーリエ「……うぅ…」グスッ

マーマネ「……美味しくないよ…」

リーリエ「……え?」グスッ

マーマネ「……うぅ…どんなに美味しいご飯を食べたって…」グスッ

マーマネ「……みんなと一緒じゃなきゃ美味しくないんだよ!」

リーリエ「マーマネ……」

マーマネ「……みんながいない世界じゃあ……戻ったって意味なんかないよ…!!」グスッ

マーマネ「……うぅ……ヒッグ…!…何でこんなことに……」

リーリエ「……………」



55: ◆p25DcWXHRg 2019/01/04(金) 00:37:26.04 ID:f4J83/vD0

翌日

ポケモンスクール

アナザー『さぁ……やってきました!待ちに待った最終日!』

アナザー『泣いても笑ってもこれが最後!今日、この日を生き残り…"何でも一つ叶えられる願い"と"元の世界に戻れる"権利をゲット出来るのはどちらか??』

リーリエ「……………」

マーマネ「……………」

アナザー『……最終決戦は二人しかいませんからねぇ……さすがに不人気投票とはいきません…なので…』スッ

ビビビ

リーリエ、マーマネ「!?」

ボフン

マーマネトゲデマル「えぇ!?なんでトゲデマルに!?」

リーリエウツロイド「……これは!?」

アナザー『フフフ…二人にはその姿でバトルして頂き……』

リーリエウツロイド「な!?」

マーマネトゲデマル「リーリエと……バトル!?」

アナザー『……見事勝った方は元の姿に戻し、優勝者とし……』

アナザー『……負けた方はそのまま、私のポケモンとなって頂きます♪』

マーマネトゲデマル「……………リーリエ…」

リーリエウツロイド「……………」

アナザー『……ちなみに、バトルしないってのはナシですよ?10分経ってもバトルをしない場合はルール違反とみなし、二人とも脱落です!』

マーマネトゲデマル「そんな…!?」

アナザー『さぁ……それでは……』

マーマネトゲデマル「……ごめんリーリエ……」スッ

リーリエウツロイド「……………」ウネウネ

アナザー『……ラストバトル……開始です!!』



56: ◆p25DcWXHRg 2019/01/04(金) 00:53:19.89 ID:f4J83/vD0

ガチャッ

「フフフ…意外も意外……私としては、はがね・でんきタイプのトゲデマルが有利と見ていましたが…」

マーマネトゲデマル「」ボロッ

リーリエウツロイド「……ごめんなさい…マーマネ…」グスッ

アナザー「何はともあれ……優勝おめでとうございます。リーリエ」パチパチ

リーリエウツロイド「……アナザー……」

アナザー「……ふふっ、まずは約束どおり勝者のリーリエを元の姿に戻し…」パチン

ボフン

リーリエ「! 元の姿に戻った…!?」

アナザー「そして敗者は…」チラッ

マーマネトゲデマル「」

アナザー「いっけー!ゼブルボール!!」ポイッ

マーマネトゲデマル「」ゴツン

リーリエ「マーマネ!」

ゼブルボール「」ウニウニウニウニ ポーン

アナザー「フフフ…トゲデマル!ゲットです♪」キラン

リーリエ「……くっ………」

アナザー「……さぁ、リーリエ……改めて優勝おめでとうございます」パチパチ

リーリエ「……やっと直接会えましたね?アナザー」

アナザー「……優勝者を称える為に、主催者が直接出てくるのは当然の義務ですから?」

リーリエ「……………」

アナザー「それで……どうですかリーリエ?」

アナザー「……少し前まで共に学び、遊び、冒険した友人たちの屍を乗り越え、たった一人生き残った気分は?」

リーリエ「……最悪の気分ですね」

アナザー「そうですか…では、聞きましょう…」

アナザー「リーリエ、あなたの願いはなんですか?」

リーリエ「……………」



57: ◆p25DcWXHRg 2019/01/04(金) 01:21:02.18 ID:f4J83/vD0

アナザー「……黙りですかリーリエ?それとも……あなたは散っていった友の意思も蔑ろして、ただ寂しいと泣くだけの……」

リーリエ「みんなを人間の姿に戻してください」

アナザー「!」

アナザー「……本当にそれでいいんですか?やり直しはききません。よーく考えた方が…」

リーリエ「いいです。早くしてください」

アナザー「…………」ポイッ

ボフン

サトシ「」

スイレン「」

カキ「」

マオ「」

マーマネ「」

アセロラ「」

リーリエ「みなさん……良かった…元の姿に…」ホッ

アナザー「…………」

サタン、マモン、デウス、ベルフェ、レヴィ、ゼブルボール「」ペキペキペキ

パリン

リーリエ「! やはりボールが砕け散りましたか!これでアナザーの呪縛は解けましたね!」ガッツ

アナザー「……何故この方法に気づいたのですか?」

リーリエ「……論理的結論からいいますと…その禍々しいボールたちは……一見すると"人間をゲットできるボール"に見えます……」

アナザー「…………」

リーリエ「私も最初はそう思っていました、ですが……あなたがみんなをゲットする為にわざわざポケモンの姿に変えるのを見て、そのボールも"ポケモンと認識したもの"しかゲットできないボールなんだと確信しました」

リーリエ「そして案の定、人の姿に戻ったみなさんをボールはポケモン以外のものをゲットしたと認識し……」

リーリエ「実質あなたが"みんなを逃がした"状態になったわけです」

アナザー「……正解です。良く見ていましたね」

アナザー「……ですが……みんなをポケモンから人の姿に戻したところでどうするのですか?」

アナザー「私が元の世界に戻すのは優勝者のあなた一人、他のみんなは、あなたがいなくなった後、私がまたポケモンの姿に変え、ゲットすることだってできるんです」

リーリエ「それも大丈夫です」

リーリエ「あなたが私たちをここに呼んだゲートの場所は把握済みですから」

アナザー「!?」



58: ◆p25DcWXHRg 2019/01/04(金) 01:34:56.45 ID:f4J83/vD0

リーリエ「あなたは言いましたね?ゲームの時間外ならば、何処にいようと構わないと」

アナザー「ええ…言いましたね」

リーリエ「そして……今ゲームは終了しました。でしたら、私はあなたが私のために開いてくれるゲートの前にみんなをつれていって、そして……一緒に元の世界に帰ります。これはルール違反ではないですよね?」ニコッ

アナザー「……あなた方をオモチャにし…ゲームで遊んだ私がそんな約束を守るとでも思っているのですか?」

リーリエ「……はい、思っていますよ?これは確信に近いです…」エッヘン

アナザー「…………いつから……?」

リーリエ「……あなたにならわかるんじゃないですか?」

アナザー「…………」

リーリエ「……ワガママで好奇心旺盛で泣き虫で……」

アナザー「…………」

リーリエ「……寂しがりやで……家族もポケモンも友達も大好きで……」

アナザー「…………」

リーリエ「……もうその仮面はいらないんじゃないですか?」

アナザー「…………」スッ

リーリエ「……そうだよね?」

アナザー「……そうだね」



「リーリエ」



59: ◆p25DcWXHRg 2019/01/04(金) 16:46:18.02 ID:f4J83/vD0

月曜日

ポケモンスクール

ワイワイ

リーリエ「アローラです」ガラッ

シロン「コーン!」

サトシ「でさー!」

ピカチュウ「ピカ一!」

マオ「あっ!リーリエ、シロン!アローラ!」

リーリエ「何やら盛り上がっていたようですが…何の話をしていたんですか?」ワクワク

ロトム図鑑「みんなで夢の話をしていたロトー」

リーリエ「夢の話??」

シロン「コン?」

スイレン「そう!日曜日に見た不思議な夢の話!」

アシマリ「アウ!」

ナギサ「イッブイ!」

マーマネ「それにしても……内容は違うとはいえ、みんな一斉に日曜日に変な夢みるなんてねー」

カキ「ちょっと気味悪いよな…」

トゲデマル「マキュキュ!」

ガラガラ「ガラッ!」

リーリエ「へぇー?どんな夢だったんですか?」ワクワク

シロン「コーン!」



60: ◆p25DcWXHRg 2019/01/04(金) 16:58:17.88 ID:f4J83/vD0

マオ「うーん……それがさー……夢だから曖昧にしか覚えてないんだけどー…」

カキ「……あんまりいい夢じゃなかったな…俺なんかマグマにのみこまれた夢だったよ…」ブルッ

マオ「私は何故か鳥籠?みたいなのに入れられる夢……そこしか覚えてないんだけどさ?」ハァ

アマージョ「マッジョ」

リーリエ「ほうほう…」

マーマネ「僕はウルトラビーストに襲われる夢だったよ…あー怖かった…」ブルッ

リーリエ「そ、そうですか…大変でしたねマーマネ…」ハハハ

トゲデマル「マキュキュ!」

サトシ「俺はさ!ピカチュウになって誰かとバトルしてる夢を見たぜ!」

ピカチュウ「ピカァ!」

マオ「へぇー?ピカチュウに?」

カキ「おっ!何か良さげな夢だな!」

リーリエ「それで……その誰かとのバトルには勝てたんですか?」

サトシ「えーと…それは……」

ロトム図鑑「ボクの推理によると、サトシはその晩うなされていたロト。よってバトルには負け……」

サトシ「言うなロトム」

ロトム図鑑「ロー」

ピカチュウ「ピカァ」

リーリエ「スイレンはどうでした?」

スイレン「私は……」チラッ

サトシ「?」

スイレン「わ、忘れた…!////」ボフン

リーリエ「おや?何故赤くなるのですかスイレン?」ニヤニヤ

アシマリ「アウ」

ナギサ「ブイブーイ!」



61: ◆p25DcWXHRg 2019/01/04(金) 17:36:45.20 ID:f4J83/vD0

マオ「ねぇ!リーリエは日曜日にどんな夢みたの?」

マーマネ「教えてよ!」

リーリエ「えーとですね……」

アセロラ「アローラ!えーと、本をとりに……って、あーっ!サトシー!」フリフリ

ミミたん「キュー」

サトシ「アセロラ!」

スイレン(絶対にいるってわかってて来たでしょ)

アセロラ「ねーねー!盛り上がってるみたいだけど何の話してたのー?」

サトシ「実はさー、俺たちみんな、日曜日に変な夢を見て…」

アセロラ「変な夢?あー……それならアセロラも見たよ…」ハァ

マオ「え!?アセロラも?」

サトシ「マジ?」

カキ「これはもう偶然じゃ済まされないんじゃないか?」

マーマネ「どんな夢だったの?」

アセロラ「うーん、それがね?ポケモンと鬼ごっこしてる夢でー…」

サトシ「鬼ごっこ?」

アセロラ「そうなの!しかも大量のポケモンがアセロラ一人を追い回す夢だったの!」

スイレン「おぉ!アセロラ、モテモテ!」

アセロラ「や、やめてよ!すっごく怖かったんだから!」プンプン

ミミたん「キュー!」プンプン

スイレン「ごめんごめん」

ナギサ「イッブイ」



62: ◆p25DcWXHRg 2019/01/04(金) 17:43:55.03 ID:C9dUP6OBO

ロトム図鑑「ちなみにその日、サトシはアセロラ~ってうなされてたロト」

サトシ「え!?マジ?」

アセロラ「へぇー?なになに?サトシは夢でアセロラの名前を呼ぶくらいアセロラに会いたかったの?」ニヤニヤ

ミミたん「キュー?」

サトシ「い、いや…それが……まったく覚えてなくて…」ハハハ

ピカチュウ「ピカピィ」

スイレン「アセロラ、"うなされてた"の部分を忘れちゃいけないと思う」ジトー

マオ「アハハ、スイレン……」

ワイワイ

リーリエ「……………」

リーリエ「明日は……」

リーリエ「…いい夢が見られるといいね?シロン」ニコッ

シロン「コン!」ニコッ





おわり



元スレ
リーリエ「デスゲーム…ですか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1546329748/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (25)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月04日 21:30
          • 新年初ポケモンSSはシリアス路線か
            いつものハチャメチャ系も面白いけどこういうのも読み応えあるね
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月05日 20:53
          • >>1
            今から丁度一年前のSSを調べてみたらサトシ達がモンハンやってるSSだったww
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月04日 22:12
          • おぉ…そっちのオチだったか…!
            伏線回収出来なくない?と思ってたら最後に全て詰まって驚いたw
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月04日 22:13
          • 主人公もラスボスもリーリエとかいう有りそうで無かった展開
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月04日 22:22
          • サトシが反撃する場面からスイレンまでのシーン好き
            素直にカッコ良いと思った
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月04日 22:26
          • アセロラに票入れたのリーリエだよねこれ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月04日 22:33
          • こう見るとムコニャってまだ可愛い方だった
            でもあいつらもタガ外れればサトシ達余裕で殺れるよね?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月04日 22:33
          • 辻村深月みたいなポケモンしやがって
            好きだぜ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月04日 23:03
          • アナザー=闇落ちしたアナザーリーリエ
            やっぱルザミーネっぽくなるのな
            そう考えたら納得できる
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月05日 01:07
          • カキさん最初に脱落しちゃったから仕方ないとはいえ、唯一活躍の場が無かったな
            マオと順番が逆だったらカキさんの良いところが見れた可能性
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月05日 11:43
          • いいね
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月05日 14:10
          • リーリエが傲慢ルシフェルボール担当か
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月05日 22:39
          • アナザーの正体は、アーマネだと思ったんだけどやっぱりリーリエなのかな?
            リーリエの最後の台詞が、アーマネな気がしたけど違うかな
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月05日 23:12
          • アナザーは異世界リーリエ以外ないやろ
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月06日 00:16
          • アナザー「友達もシロンも死んで寂しいから別の世界から呼んできてゲームして遊んだろでも自分(リーリエ)はイラネ」
            この究極理論なんだろうなぁ
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月06日 00:17
          • 黄色の百合の花言葉が偽り、陽気
            あと英語読みでイエローリリー(Yellow Lily)で逆にしてくっつけると、
            リリーイエロー→リリーエロー→リリーエー→リーリエ
            アナザー=リーリエ(かなり強引です)
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月06日 00:23
          • リーリエがシロンではなくウツロイド
            ウツロイドの色違い=黄色
            リーリエの由来=白百合
            黄色の百合=アナザー
            この世界は色違いの価値観が多分逆
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月06日 05:45
          • アセロラに票入れたの誰だ?と思ったけどやっぱりマーマネかな?リーリエの作戦ならマーマネは普通にスイレンに票を入れるはずなのにリーリエとの会話で「明日"は"スイレンに入れるよ」って言ってるし
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月06日 10:08
          • >>18
            リーリエはアナザーに質問したとこら辺で自分が勝ち抜くのがみんな助ける方法だと気付いてそうだし、作戦自体がリーリエが勝ち抜く為の囮な気がする
            アセロラ消したのはリーリエが怪しい
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月08日 23:56
          • >>18
            ・リーリエの作戦通りなら一票はサトシ
            ・マーマネ・スイレン・リーリエの中の誰かに裏切られる
            ・唯一不人気投票で脱落
            ・助けるって約束したサトシが助けてくれない
            ・いない間にサトシをスイレンにNTRれる
            アセロラ踏んだり蹴ったりで草 記憶引き継ぎ無しで助かったなww
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月06日 15:28
          • 寂しいなら俺がアナザーちゃんのポケモンになってあげるのに…
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月06日 17:36
          • >>20
            アナザー「お断リーリエ」
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月07日 09:02
          • 5 燃えたわ
            なかなかやるな
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月08日 10:43
          • 5
            良かったです!
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年01月14日 02:34
          • >>25
            ちょっと前まで恋愛面に関してスイレンがのび太でアセロラが出木杉って言われてたのに
            いつの間にか力関係が逆転してる

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 家出少女「なんでもするので泊めてください」俺「>>4(就職)」
        • キモオタデブ男「彼女欲しいからマッチングアプリ使うことにしたお。まずはプロフィール画像が必要みたいだから>>3にするお」
        • キモオタデブ男「彼女欲しいからマッチングアプリ使うことにしたお。まずはプロフィール画像が必要みたいだから>>3にするお」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ