TOP

【ガウドロ ポケモン SS】 今日はレート最終日よ!

1:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 01:38:44 ID:HGh.wwYk


ガウドロ×ポケモンUSMのガチ対戦SS

最後まで作りましたがゆっくり投下します

需要はどこにあるのでしょうか…

主にサターニャ視点



2:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 01:39:34 ID:HGh.wwYk

サターニャ「グラサン覚えてなさい…! レート最終日なのに補習というSS級悪魔的行為をするとはね!」

サターニャ「おっと、こんなこと言ってる場合じゃないわ、早く帰ってレート潜らないと。…全く、1時間も無駄にしちゃったじゃない」


サタニキア城


サターニャ「今は…5時ね。とりあえず、あと50上げて2000にいくまでご飯を食べないことにするわ。そのくらい自分に課さないと駄目よね」

サターニャ「さてと、早速マッチングしたわ──」



3:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 01:40:42 ID:HGh.wwYk

『ガヴリン レート2012』


サターニャ「って、ガヴリールじゃない! それにもう2000乗ってるし! ……いいわ、吸い取ってやるんだから!」

サターニャ「えっと、パーティは…」


サターニャ

ゲンガー
霊獣ボルトロス
カバルドン
カプ・レヒレ
ポリゴン2
リザードン


ガウリン

カバルドン
ギルガルド
カプ・テテフ
ハピナス
キノガッサ
ボーマンダ



4:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 01:41:57 ID:HGh.wwYk

サターニャ「カバマンダガルド、よく見るヤツね。でもあまり見ないハピナスが気になるわ。持ち物何かしら…」

サターニャ「相手のメガはマンダで確定で、ガッサは恐らく襷よね」

サターニャ「うーん、ガッサ重いのよね…。それにパーティ負けしてる…」

サターニャ「どうしよう…」


--------------------------------------------


ガヴリール「うげっ、サターニャかよ。1週間前戦った時とパーティ変わってるし」

ガヴリール「そうだな、リザードンは…多分X。レヒレいるし物理も少ないから、間違いないだろ」

ガヴリール「…だがゲンガーの型がわからん。こっちの刺さってないハピはお休みだな」



5:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 01:43:18 ID:HGh.wwYk

ガヴリール「それにしてもテテフとガッサ刺さりすぎだろ。どうやって対策してんだ?」

ガヴリール「ま、とりあえずこっちはテテフガッサマンダでいこ──いや、それは先発ステロ欠伸カバからのニトチャリザXで負ける可能性が高い…」

ガヴリール「ガッサは初手ボルトと対面した時択になるから、出さなくてもいいか」

ガヴリール「よし、先発テテフで裏にカバマンダにしよう」


--------------------------------------------


サターニャ「先発はボルトにするとして裏よね」

サターニャ「メガだからリザードンは出したいし…」

サターニャ「…ってヤバい! 時間ないじゃない! ラス1はえぇと、レヒレでいいや!」



6:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 01:48:50 ID:HGh.wwYk

--------------------------------------------


『ポケモントレーナーのサターニャが勝負を仕掛けてきた!』

ガヴリール「始まったな。…そうだ、サターニャにLI○Eしとくか。たいよろー、っと」

『サターニャはボルトロスを繰り出した!』

ガヴリール「ん、先発ボルトか。カバは裏にいる感じかな」

ガヴリール「眼鏡ヘドウェ以外なら耐えるけど、こっちはギルガルドいるから持ってても撃たないだろうな」

ガヴリール「こっちのテテフは眼鏡だし、とりあえずサイキネでいいか。ポリ2もこれは受けれないぞ」

ガヴリール「さて、サターニャどう来る」



7:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 01:50:20 ID:HGh.wwYk

--------------------------------------------


『ポケモントレーナーのガヴリンが勝負を仕掛けてきた!』

サターニャ「…ん、ガヴリールからLI○E来てる。こっちもたいよろ、っと」

『ガヴリンはカプ・テテフを繰り出した!』

サターニャ「先発は…テテフね。ガッサは裏? まあガッサじゃないだけまだマシな方ね」

サターニャ「サイコフィールド展開されてっと、コイツがZなのかしら。ガルドと、一応ハピもいること考えると断定は出来ないわね」

サターニャ「HDベースだけどさすがに眼鏡だとキツイかしら…。ここは何にせよ、ヘドウェもないし素直にボルチェンね」

『ボルトロスのボルトチェンジ!』

サターニャ「それで、ガヴリールのテテフは…っと、こっちが先に動いたわ。テテフはスカーフじゃないのね」

サターニャ「んー、少しHに振ってるのかしら。こっちもCはあまり振ってないからわからないけど、ダメはそこそこね」

サターニャ「ボルトは戻って、ここはレヒレに交代よ」



8:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 01:51:00 ID:HGh.wwYk

--------------------------------------------


ガヴリール「ボルトは眼鏡ではないな。…スカーフ? だとしてもCに降って無さすぎだし、HS半分回復実の可能性が高そうか」

ガヴリール「さて、サイキネは誰も受けられないぞ」

『サターニャはカプ・レヒレを繰り出した!』

ガヴリール「ん? レヒレ即決か。だとすると裏はゲンガーかリザだな」

ガヴリール「さあ、テテフのサイキネだ。フィールドは取られたけどどこまで削る?」

『カプ・テテフのサイコキネシス!』

ガヴリール「…あ? 6割持ってったか。流石に柔らかすぎる…。こいつがZか?」

ガヴリール「だとすると次のターンは耐えられんな…」



9:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 01:52:16 ID:HGh.wwYk

--------------------------------------------


サターニャ「…痛いわね。これはテテフ眼鏡確定ね。ということはレヒレは確実に上から動けるわ」

サターニャ「今のダメージ的に、ガヴリールはレヒレをCS振りのZだと思ってるはず。だから、恐らく交代してくるんだけど、…やっぱりハピ?」

サターニャ「でもそうなったらリザXの起点になるから別にいい、か…」

サターニャ「問題はここでマンダが来ることよね。そうなったら負け確になっちゃう」

サターニャ「だからってそれを呼んでムンフォ撃ったら、テテフ居座りから倒されてのガッサで終わりそうだし…」

サターニャ「あー、もう後10秒しかない…! 」

サターニャ「どっち道ドロポンじゃテテフ落とせないし、願望プレイになっちゃうけど、ここはZ読みマンダ交代読みのムンフォを選択するわ!」



10:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 01:53:39 ID:HGh.wwYk

--------------------------------------------


ガヴリール「ラス1を考えるか。ボルトレヒレだとハピが重すぎるからゲンガーかリザは確定。Yならリザは来ないからその時はゲンガー」

ガヴリール「ゲンガーならピンの滅ゲンの可能性もあるよな…。でも恐らくリザはXだろうから、その時はリザなんだよな…」

ガヴリール「テテフが水Zで落とされて、マンダ出す。竜舞する、ムンフォ食らう、八つ当たりで落とす。リザX出てきたら1舞八つ当たりじゃ振ってないし、多分落とせないだろ…。だからそのターンは択か」

ガヴリール「困ったぞ…。なんかいつの間にか不利になってる気がする」

ガヴリール「待て待て、とりあえずダメ計を…ってヤバい! 時間ねぇ! 水Z撃たれたら流石にH降ってるとはいえ、3割削られてたらテテフ倒されるっしょ」



11:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 01:54:23 ID:HGh.wwYk

ガヴリール「ここは水Z読みでマンダに交代だな!」

ガヴリール「さて、サターニャ何してくる…!」

『カプ・テテフ戻れ! ゆけっ、ボーマンダ!』

『相手のカプ・レヒレのムーンフォース! 効果は抜群だ!』

ガヴリール「うわっ!? マジかよ! 読まれた…!」

ガヴリール「メガ前とはいえ、赤ゲージまで持ってかれたか。コイツやっぱほぼCSぶっぱだな」

ガヴリール「くっそ、一気に辛くなった…」

ガヴリール「まぁいい。過ぎたことはしょうがないし、とりあえずここは八つ当たりでレヒレ落とすしかないよな」

ガヴリール「こいつ落とさないとテテフもカバも上から倒されちまうし」



12:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 01:55:27 ID:HGh.wwYk

--------------------------------------------


サターニャ「やった! ほとんど願望だけど上手くいったわ!」

サターニャ「でもメガ前なのに一撃で倒せないとは、やっぱりレヒレは火力がないわね…」

サターニャ「ふっふっふ、でもまあいいわ! なぜならガヴリール、あんたの負けが決まったんですもの!」

サターニャ「私のレヒレの持ち物はZなんかじゃないってこと、教えてあげるわ!」

『ボーマンダのボーマンダナイトとガヴリンのキーストーンが反応した!』

『ボーマンダはメガボーマンダにメガ進化した!』

サターニャ「メガ進化なんて意味ないわ!」

『カプ・レヒレのムーンフォース! 効果は抜群だ!』

『メガボーマンダは倒れた!』

サターニャ「よしっ! メガポケモンを無償突破よ!」

サターニャ「あぁ、ガヴリールの驚きと憤怒に満ちた表情が目に浮かぶ…! 残念だったわねガヴリール。この大悪魔、胡桃沢=サタニキア=マクドウェルの方が上ってことを証明してしまったようね!」



13:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 01:56:21 ID:HGh.wwYk

--------------------------------------------


ガヴリール「はぁ!? このレヒレスカーフ!? サターニャのヤツ、意味わかんねぇポケ使うんじゃねぇよ!」

ガヴリール「んがぁぁああ! くっそ、ムカつく! Zじゃないならドロポンでもテテフ倒されなかったし、交代しなきゃよかったのかよ!」

ガヴリール「……本当にまずいぞ。これ負けたらまた2000から落ちちまうのに。」

ガヴリール「こうなったらリザいる場合はHSリザXが1番マシか。私のカバはHBだし、Yだったら負けだ」

ガヴリール「それにボルトがスカーフじゃないってことは、アイツはやっぱり半分回復実だろうな。Zは…ボルチェン持ってたし、あっても格闘Zか?」

ガヴリール「とりあえずレヒレは確実に処理したいし、テテフからだな」

『ゆけっ、カプ・テテフ!』

ガヴリール「でまぁ、半減できる奴いないしサイキネでいっか」



14:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 01:59:02 ID:HGh.wwYk

--------------------------------------------


サターニャ「随分長考してたようね」

サターニャ「レヒレはカバがいるかもしれないから取っておきたいけど、テテフが眼鏡なのよね…」

サターニャ「HBベースの眼鏡テテフならリザは持ってかれるし、ボルトも9割くらい削られちゃうわ」

サターニャ「そう考えると、仕方ないけどレヒレにはここで落ちてもらいましょう」

サターニャ「ムンフォで削ればボルトのボルチェンで落とせそうだけど…」

『カプ・レヒレのムーンフォース!』

サターニャ「うわぁ…めちゃくちゃ微妙ね。さっきのボルトの乱数だとギリ落ちそうかな」

『カプ・テテフのサイコキネシス!』

『カプ・レヒレは倒れた!』

サターニャ「レヒレ、よくやったわ。…さて、どちらから出そうかしら」



15:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 01:59:56 ID:HGh.wwYk

--------------------------------------------


ガヴリール「ふぅ、とりあえず忌々しいレヒレは倒したか」

ガヴリール「スカーフで奇襲するレヒレ…。私も後で作ろうかな」

ガヴリール「技構成どうなってたんだろ。ドロポン、ムンフォにあと2つ…。めざ炎とシャドボ?
いや、安定の波乗りもあるな」

ガヴリール「うーん、シーズン終わってから聞いてみよ──お、ボルトから来たか」

ガヴリール「さっきのダメからするとテテフが落ちるか微妙だよな…」

ガヴリール「上から動かれるのはわかってる。どうせ電気技かヘドウェだろうし、カバに交換するか」

ガヴリール「交換読まれてリザYとか来たら諦めよ…」



16:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 02:01:06 ID:HGh.wwYk

--------------------------------------------


サターニャ「ダメ計したけどボルチェンで落ちる確率は6割くらい…。どうしましょ」

サターニャ「それにガヴリールのラス1は何かしら」

サターニャ「テテフマンダだとボルトが少し重めね。ということは裏はカバ?」

サターニャ「一応結び持ってるからカバでスカされても問題はないわ」

サターニャ「でもここでテテフが居座ってボルチェン耐えられたら──、いや、それでも最後のボルトカバ対面は有利ね」

サターニャ「ガッサがいた時だけそれは負けるけど、それはもう切って良さそうだと思う」

サターニャ「ここは素直にボルチェン撃ちましょうか」

『ガヴリールはカプ・テテフを引っ込めた!』

『ガヴリールはカバルドンを繰り出した!』

『ボルトロスのボルトチェンジ』

『カバルドンには効果はないようだ…』

サターニャ「やっぱりラストはカバだったのね。ボルチェンは通らなかったけど、まあいいわ!」

サターニャ「このターン、こっちは草結びよ!」



17:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 02:02:15 ID:HGh.wwYk

-------------------------------------------


ガヴリール「ここはオッケーだな」

ガヴリール「さて、ここは…欠伸でいいかな」

ガヴリール「だれが来ても通るし、ボルトに氷の牙撃ってもあんまダメ入んないし」

ガヴリール「それにラス1見てから考えた方が展開が見えるはず」

ガヴリール「ボルチェン持ってたし、技スペ的に結びなんかないだろ」

『ボルトロスの草結び! 効果は抜群だ!』

ガヴリール「はぁ!? このボルトどんな技構成してるんだ!」

ガヴリール「てか草結びなんて誰に撃つんだよ…。いや今カバに撃ったけどさぁ…」



18:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 02:03:36 ID:HGh.wwYk

『カバルドンの欠伸! カバルドンは眠気を誘っている!』

ガヴリール「……いよいよヤバいな。ラストがゲンガーかリザなら負け確。ポリ2カバなら勝てそうだけど、どうせメガだろうしなぁ」

ガヴリール「ゴツメと砂で削れたけどどうするか…。サターニャは恐らく次も草結び撃ってくるよな」

ガヴリール「それに合わせてテテフに交換した所で眼鏡バレしてるだろうから、メガのどっちかなら意味ないし…」

ガヴリール「……いや、ダメだぞ私。こっから勝ち筋を探さないと」

ガヴリール「もう裏がポリ2かカバにかけて動こう。それしかない」

ガヴリール「だからサターニャが変な勘違いでボルトを交代させてくれることに期待しよう。だからここも欠伸だな」



19:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 02:05:01 ID:HGh.wwYk

--------------------------------------------


サターニャ「欠伸ねぇ…。こっちとしてはここテテフに交換されてボルトが寝ても問題ないわよね…」

サターニャ「一応交換されて最長眠りからカバに怠けられて、起きたタイミングで氷の牙撃たれて凍ることだけが負け筋だけど」

サターニャ「まさかそんなこと起きないわよね?」

サターニャ「……ダメダメダメ! なに自分でフラグ立ててるのよ! そんなこと起こるはずがないわ!」

サターニャ「ここは交換されてもいいから素直に草結びを撃ちましょう!」

『ボルトロスの草結び! 効果は抜群だ!』

『カバルドンは倒れた!』

サターニャ「よしよし、よかったわ! 全く、自分で変な事言うもんじゃないわね!」

『ボルトロスは眠ってしまった!』

サターニャ「ボルトロスは寝ちゃったけど、テテフは眼鏡確定だしこれは貰ったわ!」



20:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 02:06:07 ID:HGh.wwYk

--------------------------------------------


ガヴリール「ま、普通カバ落としてくるよな」

ガヴリール「…これは負けたかなー」

『ゆけっ、カプ・テテフ!』

ガヴリール「一応ラス1は拝むか。ここもサイキネだな」

『ボルトロスは眠っている!』

『カプ・テテフのサイコキネシス!』

『ボルトロスは倒れた!』

ガヴリール「さて、ラスト誰だ…」

『サターニャはリザードンを繰り出した!』

ガヴリール「やっぱリザかー。負け確だけどXかYのどっちか見たいから降参しないでおこ。こっちはまあサイキネっと」



21:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 02:07:32 ID:HGh.wwYk

--------------------------------------------


サターニャ「ついにガヴリールに引導を渡す時が来たわね!」

サターニャ「あんたも強かったけれど、どうやら私の方が1枚上手よ!」

サターニャ「さぁ、リザードン。メガ進化よ!」

『リザードンのリザードナイトXとサタニキアのキーストーンが反応した!』

『リザードンはメガリザードンXにメガ進化した!』

サターニャ「やっちゃいなさい!」

『メガリザードンXのフレアドライブ!』

『カプ・テテフは倒れた!』

『ガヴリンとの勝負に勝った!』

サターニャ「やったわ! 勝った!」

サターニャ「これでガヴリールとの通算成績は4勝2敗ね。ふっふーん♪ さらに差を広げてやったわ!」

サターニャ「んー♪ ガヴリールの悔しがる表情が思い浮かぶ…。最高の気分ね!」

サターニャ「…さてと、勝利に浸るのはここまでにして、この調子で一気に2000まで駆け上がるわよ!」



22:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 02:10:16 ID:HGh.wwYk

○パーティ紹介○

サターニャ

ゲンガー@電気Z
シャドボ ヘド爆 10万 道連れ

霊獣ボルトロス@ウイの実
ボルチェン めざ氷 草結び 挑発

カバルドン@フィラの実
地震 欠伸 ステロ 怠ける

カプ・レヒレ@スカーフ
ドロポン ムンフォ めざ炎 波乗り

ポリゴン2@輝石
冷B イカサマ 毒 再生

リザードン@メガ石X
フレドラ ドラクロ 竜舞 羽休め



23:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/23(日) 02:11:24 ID:HGh.wwYk

ガウリン

カバルドン@ゴツメ
地震 氷の牙 欠伸 怠ける

ギルガルド@残飯
シャドボ 毒 影うち キンシ

カプ・テテフ@眼鏡
サイキネ ムンフォ 10万 ショック

ハピナス@氷Z
文字 吹雪 卵産み アロマセラピー

キノガッサ@襷
マッパ 種ガン 岩封 胞子

ボーマンダ@メガ石
八つ当たり 竜舞 身代わり 羽休め



25:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/24(月) 00:23:10 ID:mnR8RbDQ

--------------------------------------------


そしてサターニャはレート対戦を繰り返し、一時期レートの闇を彷徨いながらも2000に到達した。

しかしその頃にはすっかり夜の帳が降りていて、時計の短針は11を指していた。


サターニャ「よ、ようやく2000になったわ…!」

サターニャ「ほんとレート終盤になると湧く害悪ポケモン達、どうにかならないのかしら」

サターニャ「…まぁいいわ。とりあえずお腹ペコペコだから何か食べないとね」

サターニャ「何作ろうかしら。冷蔵庫の中身は……あれっ!? なによ、すっからかんじゃない!」

サターニャ「どうしよう、この時間だともうスーパーは開いてないわ。……仕方ない、コンビニに行きましょう」

サターニャ「夜のコンビニ飯なんて、悪魔の食事に相応しいわ…!」



26:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/24(月) 00:27:29 ID:mnR8RbDQ

セブ○イレブンにて


サターニャ「こんな遅くに来たことなかったけど、まだ色々あるのね。ハンバーグにとんかつ、パスタなんかもいいわ。うーん、これは迷う──」

ガヴリール「ん、サターニャじゃん」

サターニャ「うわっ!? ガヴリール!? びっくりしたじゃない、驚かさないでよ!」

ガヴリール「別に驚かせてないだろ。つかこんな時間に何してんの?」

サターニャ「何って、ご飯買いに来ただけよ」

ガヴリール「こんな時間にか? ……さてはお前、あれからずっとレートやってたの?」

サターニャ「そ、そうよ! 悪い?」

ガヴリール「別に悪くねぇよ。それにしてもお前、さっきはよくもやってくれたな」

サターニャ「ナーッハッハ! ガヴリール、あんたがこの胡桃沢=サタニキア=マクドウェルに勝とうなんざ100年早いってことよ!」

ガヴリール「うざっ。んで、お前今どこまで行ったんだよ」



27:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/24(月) 00:28:34 ID:mnR8RbDQ

サターニャ「えっ!? そ、それは… 。ガヴリールこそ今レートいくつよ!」

ガヴリール「私は2100ちょいだ」

サターニャ「嘘!? ……あ。さ、さすがガヴリール、私のライバルね! 褒めてあげるわ!」

ガヴリール「褒めんでいいからお前のレートを教えろ」

サターニャ「……2003」

ガヴリール「え、マジ?」

サターニャ「大マジよ! 悪かったわね、雑魚で!」

ガヴリール「そこまでは言ってないんだけど…。ま、お互い最終日だし頑張ろうぜ」

サターニャ「フンっだ! あんたには絶対負けないわよ!」

ガヴリール「私だって負けんぞ。……それよりヴィーネとラフィエルとは戦ったか?」

サターニャ「いえ、今日はまだ見てないわ。2人とも今頃やってるのかしら。アンタは戦ったの?」

ガヴリール「いや、私もまだ見てないんだ」

サターニャ「そう。でも家出るときはオンラインになってたし、きっと今頃潜──」



28:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/24(月) 00:29:55 ID:mnR8RbDQ

ヴィーネ「あれっ? ガヴ、それにサターニャも」

ラフィエル「あらあら、ガヴちゃんにサターニャさん、学校ぶりですね♪」

ガヴ「おっ! 噂をすればなんとやら、だな」

サターニャ「女子高生が深夜に4人もコンビニにいるなんて、そうそう起きないわよね…」

ヴィーネ「偶然ね、2人も夜食を買いに?」

ガヴリール「あぁ」

サターニャ「私は晩御飯よ!」

ラフィエル「サターニャさん、まだ夜食べてないんですか?」

サターニャ「うっ…。レ、レート潜ってたらつい、ね…」

ラフィエル「ふむふむ、…なるほどです♪」

サターニャ「何勝手に納得してんのよ!」

ガヴリール「そんなことより2人はなんで一緒に来たんだ?」

ヴィーネ「さっきそこで会ったのよ」

ラフィエル「そうです♪」



29:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/24(月) 00:32:17 ID:mnR8RbDQ

ヴィーネ「今日だけは仕方ないの。ガヴには日頃注意してるけど、徹夜するつもりだからね」

ガヴ「お前なぁ……」

ヴィーネ「わ、私は最終日以外、節度を守ってゲームしてるんだからいいの!」

ガヴリール「はいはい」

サターニャ「それで全員、レートに夢中になってたらお腹が空いてコンビニに来たって訳ね」

ガヴリール「まあな」

ヴィーネ「うん」

ラフィエル「そうです♪」

ガヴリール「ヴィーネとラフィエルは今レートどのくらいなんだ? 今日まだ見てないからわかんないわ」

ヴィーネ「確かに、今日はラフィと対戦しただけでガヴとサターニャは見てないわね」

ラフィエル「私もガヴちゃんとサターニャさんは知らないですね」

サターニャ「それならもう一度自分のレート教え合いましょう!」



30:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/24(月) 00:33:28 ID:mnR8RbDQ

ガヴリール「別にいいぞ。私は今2100ちょいだ」

ヴィーネ「私は2140ね」

ラフィエル「2050くらいでしょうか」

サターニャ「うえっ!?」

ヴィーネ「サターニャはどのくらいなの?」

サターニャ「えっ!? そ、それは…」

ガヴリール「サターニャは2003だ」

サターニャ「ちょっと! 勝手に言うんじゃないわよ!」

ヴィーネ「ま、まあまだ時間あるし大丈夫よ。今季は2100目指してるんでしょ?」

サターニャ「そ、そうよ」

ラフィエル「サターニャさんなら出来ますよ♪」

サターニャ「ありがとう…」



31:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/24(月) 00:34:52 ID:mnR8RbDQ

ラフィエル「でも2000に到達するまで夜ご飯食べないという縛りは体に良くないと思います」

サターニャ「そうね。来季はさすがにやめようかしら──って! なんでアンタがそんなこと知ってるのよ!」

ラフィエル「うふふふふ。秘密です♪」

サターニャ「もう! アンタたち覚えてなさい! 今季は絶対、4人の中でトップになってやるんだから!」

ガヴリール「おう、頑張れよ」

サターニャ「言われなくても! それじゃ、私はお弁当買って帰るわね」

ヴィーネ「レートで会ったらよろしくね」

ラフィエル「同じくです♪」

サターニャ「えぇ!」

ラフィエル「行っちゃいましたね」

ガヴリール「……アイツ、悔しがってたな」

ヴィーネ「そうね。でも、半年前に初めてもうあれだけ強くなったんだから、サターニャが一番になる時も遠くないわ」

ラフィエル「3人ポケモンやってて仲間外れにされたと思って、半泣きでしたものね♪」

ガヴリール「別に示し合わせて買った訳じゃなかったのにな」



32:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/24(月) 00:35:50 ID:mnR8RbDQ

ヴィーネ「でもサターニャもハマってくれたようで嬉しいわね」

ガヴリール「だな」

ラフィエル「そうですね♪ ……そういえばガヴちゃんは今日、サターニャさんと対戦しましたか?」

ガヴリール「したよ。負けた」

ヴィーネ「そうなんだ。やっぱりあの子強くなってるのね」

ガヴリール「ヴィーネとラフィエルはどっちが勝ったんだ?」

ラフィエル「私です♪」

ヴィーネ「……私はラフィともう二度と戦いたくないわ」

ラフィエル「何故ですかー? 私はヴィーネさんとまたやりたいです♪」

ヴィーネ「い・や! とにかく、パーティバレすることは言わないけど、ガヴもラフィに会ったら気をつけなさいよ」

ガヴリール「ん、わかった」

ラフィエル「楽しみです♪」

ガヴリール「それじゃ、私たちも暇じゃないし買い物して帰るか」


-------------------------------------------



33:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:16:53 ID:ymdjYBnc

サタニキア城

サターニャ「やっぱりみんな強いわね…! 私もヴィネットみたいに今日くらいは徹夜しようかしら」

サターニャ「……さてと、ハンバーグ弁当とサラダも食べ終わったことですし、再開するとしましょう」

サターニャ「あれからパーティちょっといじったのよね。これが吉と出るか凶と出るかだけど…」

サターニャ「っと、マッチングしたわね──」


『てんしラフィ レート2051』


サターニャ「あ、ラフィエルだ。いつ見ても思うけど、てんしってTNに入れるかしら…」



34:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:18:41 ID:ymdjYBnc

サターニャ「まぁいいわ。えっと、パーティは…」


サターニャ

ゲンガー
霊獣ランドロス
カプ・コケコ
カプ・レヒレ
カミツルギ
リザードン


てんしラフィ

ゲンガー
グライオン
アーゴヨン
化身ボルトロス
メタモン
オニゴーリ



35:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:20:25 ID:ymdjYBnc

サターニャ「って害悪じゃない!」

サターニャ「もう! このパーティのどこに天使要素があるって言うのよ! 特に右下!」

サターニャ「…まあそう言っても始まらないわ。とりあえず選出を決めないと」

サターニャ「まずゲンガーは確定ね。こういうパーティの為に入れてるんだから」

サターニャ「後の2体はどうしましょ。コケコが悪巧みボルトとかだったら出してたのに、変えちゃったからね…」

サターニャ「カミツルギの刺さりは悪くないわ。メタモンが怖いけれど…」

サターニャ「これだと相手のゲンガーが重いから、最後はランドロスかしら」

サターニャ「蜻蛉で上手く対面操作してこっちのゲンガーでキャッチ出来ればって感じね」

サターニャ「よし、それじゃ先発ゲンガーで裏にツルギとランドよ!」


--------------------------------------------



36:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:22:57 ID:ymdjYBnc

ラフィエル「あらっ? サターニャさんではないですか♪」

ラフィエル「これは大悪魔様に神のお導きをしなくてはなりませんね」

ラフィエル「さて、選出はどうしましょう」

ラフィエル「サターニャさんは私のパーティを見て、きっと害悪だと思ってるでしょう」

ラフィエル「でも残念ですが、オニゴーリ以外はアタッカーなんですよね♪」

ラフィエル「ヴィーネさんの時は気の迷いでオニゴーリを出してしまいましたが、今回はどうしましょう」

ラフィエル「私のパーティはリザが重いので、先発はステロ要因のグライオンで確定でしょうか」

ラフィエル「メタモンがいるのでリザが来ない可能性もありますが、こちらとしてはコケコとレヒレがいるのでメタモンは出したくないんですよね…」



37:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:23:56 ID:ymdjYBnc

ラフィエル「積みポケモンに強い点は素晴らしいですが、スカーフだとやはりこういう時に困りますよね…」

ラフィエル「ステロ撒いたらランドロス以外はゲンガーで行けそうですよね…」

ラフィエル「まぁ、サターニャさんのパーティにスカーフ持ちがいれば話は別ですけど」

ラフィエル「だからグライゲンガーで、あと1枠を誰にするかですね…」

ラフィエル「……オニゴーリ」

ラフィエル「……ハッ! ダメです、私ったら! ついつい癖でオニゴーリに手が伸びてしまいました」

ラフィエル「玩具……いえ、友達にそんなことする天使などいるはずありません!」

ラフィエル「それにサターニャさんのパーティにはピン滅らしきゲンガーと、鋼必中技持ちのツルギがいます」

ラフィエル「オニゴーリは残念ながらお休みです」

ラフィエル「あ、残念って言っちゃいました…」

ラフィエル「とにかくここは、1度悪巧みすれば全抜き出来そうなボルトロスがいいですね」

ラフィエル「それではサターニャさん、負けませんよー♪」


-------------------------------------------



38:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:24:59 ID:ymdjYBnc

『ポケモントレーナーのてんしラフィが勝負を仕掛けてきた!』

サターニャ「ガヴリールの時も送ったし、LI○Eしとこうかしら。たいよろっと」

サターニャ「害悪はほんとに困るのよね。先発誰かしら」

『てんしラフィはグライオンを繰り出した!』

サターニャ「グライオンね。こっちはゲンガーよ!」

『ゆけっ! ゲンガー!』

サターニャ「さてと、このグライオンは何覚えてるのかしら。最近だと守る切って羽休めとか入ってる型もいるから、初手難しいわよね」



39:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:27:51 ID:ymdjYBnc

サターニャ「とりあえずこっちはメガ進化して滅びでいいのかな」

サターニャ「一般的な型だと、まもみが地震であと1枠って構成よね」

サターニャ「害悪にゲンガー出したってことは滅びってバレてる可能性もあるから、交代もあるのかしら」

サターニャ「うーん…、やはりこういうところは経験の差が出るわね。ラフィエルの行動が読めないわ…」

サターニャ「滅び撃って地震飛んできてもH252振りだから高乱数で耐えるはず…」

サターニャ「それに鬼火も怖いだろうし、ここは滅びの歌を選択するわ!」

サターニャ「さて、ラフィエルの行動は…」


--------------------------------------------



40:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:28:42 ID:ymdjYBnc

ラフィエル「あ、サターニャさんからLI○E来ましたね。こちらもたいよろですっと♪」

ラフィエル「さてと、初手ゲンガーということはメガして滅びでしょうか」

ラフィエル「仮にこご風撃たれても襷があるので大丈夫ですし♪」

ラフィエル「でもゲンガーなら裏にリザいないことが分かりましたね。だからここは素直に地震で行きましょう♪」

『ゲンガーのゲンガナイトとサターニャのキーストーンが反応した!』

『ゲンガーはメガゲンガーにメガ進化した!』

ラフィエル「やはりメガでしたか」

『メガゲンガーの滅びの歌!』

ラフィエル「滅びは関係ないですね♪ さぁ、A252振りの地震はH252振りでもピッタリ確定1発ですよ♪」

『グライオンの地震! 効果は抜群だ!』

『メガゲンガーは倒れた!』

ラフィエル「うふふふ♪ どうですかサターニャさん。こちらはポイヒじゃないですよ、そろそろ気づきましたかね♪」


--------------------------------------------



41:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:29:52 ID:ymdjYBnc

サターニャ「えっ!? なんで倒されたの!?」

サターニャ「た、確かに乱数ではあるけれど、運が悪いわね…」

サターニャ「どうしよう…。ツルギから行くしかないのかな──ってあれ?」

サターニャ「今、ポイヒ発動したかしら。……いや、してないわよね」

サターニャ「ということはコイツ、ステロ要員の襷持ちってこと!?」

サターニャ「くっ…! やられたわね。グライオンの襷持ちは見たことあるけれど、まさか害悪の中に紛れさせるなんて」



42:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:30:54 ID:ymdjYBnc

サターニャ「とても天使の行うことだとは思えないわ」

サターニャ「でもそれなら、ツルギじゃなくてランドロスから行くのはありね」

サターニャ「グライからランドに通る技って、氷の牙くらいか」

サターニャ「うわぁ、持ってそう…」

サターニャ「……でも滅びも入ってることですし、ランドの身代わりは通るかもしれないわね」

サターニャ「よし、ランドロスを出して身代わり置きましょう!」


--------------------------------------------



43:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:32:40 ID:ymdjYBnc

ラフィエル「サターニャさん、随分長考していますね」

ラフィエル「うふふふ。お困りのようで私は嬉しいですよ♪」

『サターニャはランドロスを繰り出した!』

ラフィエル「っと、ランドが来ましたね。威嚇は貰いますが、まぁ関係ないですね」

ラフィエル「さて、ランドから来たってことは裏はコケコでしょうか…」

ラフィエル「こちらからランドに通る技はないですし、ここは襷も残ってるので交換した方が良さそうですね」



44:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:34:13 ID:ymdjYBnc

ラフィエル「ステロが来たら仕方ないです。ボルトに引きましょう♪」

『戻れ! グライオン!』

『ゆけっ! ボルトロス!』

ラフィエル「さて、サターニャさんのランドは何してきますかね」

『ランドロスの身代わり!』

ラフィエル「……あら、そういう型ですか」

ラフィエル「滅びとのシナジーもあって強いですね」

ラフィエル「そこまで思考が及ばなかったのは私のミスですが、グライが居座っても何も出来なかったので、交換の選択はよかったです♪」

ラフィエル「さてと、こちらはとりあえずめざ氷で身代わりを剥がすしかないですね」

ラフィエル「岩Zなら吹き飛ばされてしまいますが仕方ないです」

ラフィエル「うーん…。まだダメ貰ってないのに負ける予感がしてきました…」

ラフィエル「下手したらランドロスに3タテされてしまいますけど、ランドの型を見誤った結果ですからね…」


--------------------------------------------



45:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:36:04 ID:ymdjYBnc

サターニャ「よしよし、上手く身代わりは置けたわね」

サターニャ「問題はここだけど、舞った方がいいのかしら?」

サターニャ「グライオンの型と言い、ボルトも害悪仕様とは限らなくなってしまったわ」

サターニャ「もしかしたらアタッカーかもしれない、そうなったら素早さが劣ってるこちらは悠長に舞えないわね」

サターニャ「エッジだとH振りは中低乱ね。命中も考えると舞わないなら岩Z撃った方がいい、か…」

サターニャ「それにもしSが勝ってるなら、身代わり残したままボルトを突破できる」



46:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:37:20 ID:ymdjYBnc

サターニャ「そう考えると、ここは岩Zの選択が1番良さそうね!」

『ボルトロスの目覚めるパワー! 効果は抜群だ!』

『身代わりは姿を消してしまった…』

サターニャ「Sはやはり負けてたのね。なら選択は間違えてなかったわ! ランドロス、岩Zをお見舞いしなさい!」

『ワールズエンドフォール!』

『ボルトロスは倒れた!』

サターニャ「よしっ! まずは1体ね。グライの襷が気になるけれど、まぁいいわ」

サターニャ「グライはランドから引いたし、3体目が見れそうかしら」


--------------------------------------------



47:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:38:13 ID:ymdjYBnc

ラフィエル「岩Zでしたか。飛行か地面ならよかったのですけれど、恐らく技構成は地震エッジ剣舞身代わりっぽいことがわかりましたね」

ラフィエル「さて、ランドはH無振りでもここから祟り目じゃ落ちませんね…」

ラフィエル「かと言って、グライオンは出せません」

ラフィエル「……ということは、これはもう眠らせるしかないみたいです♪」

『ゆけっ! ゲンガー!』

ラフィエル「サターニャさん♪ 闇のゲームを始めましょうか♪」

ラフィエル「こちらは勿論、催眠術です!」


--------------------------------------------



48:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:39:21 ID:ymdjYBnc

サターニャ「3体目はゲンガーだったのね」

サターニャ「メガっぽいけど何してくるのかしら…。こご風撃たれたら落ちちゃうけど、持ってるのかな」

サターニャ「パーティ的にランドはキツそうだからありそうね」

サターニャ「だからってツルギに引く訳にもいかないし…」

サターニャ「ここは地震で突っ張るしかないわね!」

サターニャ「さて、ラフィエルはどう来るのかしら」



49:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:40:50 ID:ymdjYBnc

『ゲンガーのゲンガナイトとてんしラフィのキーストーンが反応した!』

『ゲンガーはメガゲンガーにメガ進化した!』

サターニャ「ま、当然メガよね」

『メガゲンガーの催眠術!』

サターニャ「うえっ!? やっ、ちょ──」

『ランドロスは眠ってしまった!』

サターニャ「この悪魔!」

『ランドロスはぐうぐう眠っている』

サターニャ「嘘でしょ…! ま、まずいわね…」

サターニャ「まさか3体目にして害悪ポケを出してくるなんて、やっぱりポケモンは運ゲーじゃない!」

サターニャ「どうしましょう…。どうせこの後祟り目とかで落とされるし、ツルギに全てを託すしかないわ」


--------------------------------------------



50:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:43:21 ID:ymdjYBnc

ラフィエル「あらっ? 当ててしまいましたね♪」

ラフィエル「これで次のターンは祟り目を撃って処理出来ますね」

ラフィエル「状況はもうこちらが有利なはずです。サターニャさんの表情が見られないことだけが残念ですね」

ラフィエル「さて、とりあえず祟り目で処理しましょう」

『メガゲンガーの祟り目!』

『ランドロスは倒れた!』

ラフィエル「サターニャさんのラストは誰でしょう。多分誰が来てもこちらの勝ちだと思いますけど…」

『サターニャはカミツルギを繰り出した!』

ラフィエル「あー、ツルギですか」

ラフィエル「これは粉じゃなければ勝ちですね♪」

ラフィエル「とりあえず特殊が紙耐久のツルギは祟り目すら耐えられませんし、ここは即決です」

ラフィエル「……サターニャさん。この勝負、貰いました♪」


-------------------------------------------



51:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:45:47 ID:ymdjYBnc

サターニャ「H振ってなかったら辻斬りはちょうど確定1発ね」

サターニャ「そしてグライオンの地震は補正ありA252でも中低乱2発、大してこちらはAが1段階上昇して中高乱2発!」

サターニャ「しかも2発の内、どちらか急所に当たることも考えればかなりの確率でグライを落とせる…」

サターニャ「これもツルギがスカーフを持っているお陰よね!」

サターニャ「ここは勿論辻斬りを選択よ」

サターニャ「……ラフィエル。この勝負、貰ったわ!」


-------------------------------------------



52:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:46:33 ID:ymdjYBnc

ラフィエル「さて、こちらが先に動い──」

『カミツルギの辻斬り!』

『メガゲンガーは倒れた!』

ラフィエル「あっ、スカーフでしたか。これは1本取られましたね」

『カミツルギはビーストブーストで攻撃が上がった!』

ラフィエル「祟り目で終わりだと思っていたのに、サターニャさんはまだ楽しませてくれるんですね♪」

ラフィエル「本当に強くなりましたよ、サターニャさんは。でも──」

『ゆけっ! グライオン!』

ラフィエル「──私の方が上ですけどね♪」


--------------------------------------------



53:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:49:34 ID:ymdjYBnc

サターニャ「やったわ! これで1on1よ!」

サターニャ「万が一炎の牙があっても耐えるし、焼けなければ大丈夫!」

サターニャ「……あっ、フリじゃないわ!? お願いだから火傷しないでよ!?」

サターニャ「さて、カミツルギ。念の為急所に当ててくれると助かるわ!」

『カミツルギの辻斬り!』

『急所に当たった!』

サターニャ「やるじゃない! これで次の攻撃で確実に倒せ──」

『グライオンのカウンター!』

サターニャ「えっ」



54:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:51:12 ID:ymdjYBnc

『カミツルギは倒れた!』

『てんしラフィとの勝負に負けた』

サターニャ「か、カウンター!? 嘘でしょ、見たことないわよそんなグライオン!」

サターニャ「というかカウンターなんて覚えるの!? 知識不足だったわ…」

サターニャ「あ、調べたらほんとに覚えるじゃない…!」

サターニャ「しかも電光石火まで覚えるし、襷持ってたらタイマン強いのね…」

サターニャ「はぁ…。負けちゃった」

サターニャ「また2000から落ちたわ。私って才能ないのかしら…」

サターニャ「……いえ、落ち込んでたらダメよね。時間は限られているわ。

サターニャ「そんなことしている暇があったら早くレートを取り戻さないとね!」

サターニャ「よしっ、次よ!」


--------------------------------------------



55:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:53:41 ID:ymdjYBnc

○パーティ紹介○

サターニャ

ゲンガー@メガ石
シャドボ 滅び 守る 道連れ

霊獣ランドロス@岩Z
地震 エッジ 剣舞 身代わり

カプ・コケコ@マゴの実
10万 瞑想 身代わり 毒

カプ・レヒレ@カプZ
波乗り ムンフォ 挑発 自然の怒り

カミツルギ@スカーフ
リフブレ スマホ 辻斬り 聖剣

リザードン@メガ石X
フレドラ ドラクロ 竜舞 羽休め



56:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/26(水) 00:55:45 ID:ymdjYBnc

ラフィエル

ゲンガー@メガ石
祟り目 気合い玉 催眠術 道連れ

グライオン@襷
地震 カウンター 石化 ステロ

アーゴヨン@ドラゴンZ
流星 ヘドウェ 文字 巧み

化身ボルトロス@カムラ
10万 めざ氷 ヘドウェ 巧み

メタモン@スカーフ
変身

オニゴーリ@残飯
フリドラ 地震 身代わり 守る


--------------------------------------------



58:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 20:35:04 ID:zBCoRofY

ラフィエルに負けたサターニャだったが、その後は更にパーティを改良し、7連勝の快進撃を見せる。
自身の前シーズンの最高レートであった2048も超え、気付けば2091まで自身のレートを伸ばしていた。


サターニャ「調子がいいわ…! ここまで来ると、1戦ごとに緊張で手汗が凄いわね」

サターニャ「次勝てば、目標の2100に届きそう…」

サターニャ「鼓動が早くなっているのがわかるわ…。1度落ち着きま──」


prrrrr...


サターニャ「きゃっ!? な、何、電話? 誰から、ってガヴリールじゃない。どうしたんだろ」



59:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 20:36:22 ID:zBCoRofY

サターニャ「もしもしガヴリール? 何か用かしら?」

ガヴリール「あー、悪いな忙しい時間に。まだオンラインになってるから電話してみただけだ。用事は特にない」

サターニャ「何よそれ…。あ、そうそう聞きなさいガヴリール! 私、あと1勝で2100に到達できそうなの!」

ガヴリール「おっ、やるじゃん」

サターニャ「さっきラフィエルに負けちゃったんだけど、そこから連勝してここまで来たのよね」

ガヴリール「ふーん。ラフィエルは強かったか?」

サターニャ「そうね、強かったわ。もう少しで勝てそうだったんだけどね」

ガヴリール「そっか。私はまだ会ってないから楽しみだな」



60:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 20:38:07 ID:zBCoRofY

サターニャ「そうなの? そういえば、私はヴィネットとまだマッチングしてないのよね」

ガヴリール「あー、ヴィーネね」

サターニャ「あんたはヴィネットとやったの?」

ガヴリール「やったよ。負けた」

サターニャ「へぇ、やっぱりヴィネットが1番強いのね」

ガヴリール「頭がいいからなんだろうな。それに本当に強い人って訳分からんポケモン使ってることあるし」

サターニャ「確かにそうね。ヴィネットもそうなの?」

ガヴリール「まあな、詳しくは言えんが」

サターニャ「それは楽しみね」

ガヴリール「ま、お互い頑張ろう。最終日だしな」

サターニャ「勿論よ。今回こそは4人の中でビリにならないんだから!」



61:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 20:39:48 ID:zBCoRofY

ガヴリール「シーズンでビリだった奴は、ファミレスで反省会の時奢りだからな」

サターニャ「知ってるわよ! だから負けないわよ」

ガヴリール「私も負けんぞ。……さて、んじゃそろそろ切るわ」

サターニャ「うん、もしまた当たったらその時はよろしくね」

ガヴリール「あぁ、それじゃ」

サターニャ「うん」



62:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 20:41:09 ID:zBCoRofY

サターニャ「……よしっ、いい感じに気分転換になったわね」

サターニャ「それにしてもガヴリールから連絡くれるのは珍しいわね…」

サターニャ「まぁいいわ、レートに戻りましょ」

サターニャ「さてと、マッチングしたわ──」


『Vignette レート2192』


サターニャ「来た…! この海外ROMはヴィネットね!」

サターニャ「しかも私との対戦が2200チャレンジ…! こっちも2100チャレンジとして負けられないわ!」



63:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 20:43:45 ID:zBCoRofY

サターニャ「えぇと、パーティは──」


サターニャ

ゲンガー
霊獣ランドロス
カプ・コケコ
ゲッコウガ
カミツルギ
カビゴン


Vignette

ガルーラ
霊獣ランドロス
ミミッキュ
テッカグヤ
プクリン
カプ・レヒレ



64:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 20:45:30 ID:zBCoRofY

サターニャ「……ん?」

サターニャ「あのポケモン名前なんだっけ?」

サターニャ「ヤバ、ド忘れしちゃった。えっと、プリンが進化したやつで……そう! プクリンだわ!」

サターニャ「初めてみた…。アイツ何してくるの? そもそも私のパーティに刺さってるのかしら」

サターニャ「これがさっきガヴリールが言ってた変なポケモンね」

サターニャ「プクリンってノーマル・フェアリーよね。特性は何かしら……あ、勝ち気なんだ。意外と侮れないわね」

サターニャ「選出どうしましょう…」


--------------------------------------------



65:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 20:47:16 ID:zBCoRofY

ヴィーネ「あ、サターニャだわ」

ヴィーネ「あの子2100チャレンジだなんて成長してるじゃない」

ヴィーネ「っと、関心してる場合じゃないわ。選出決めないと」

ヴィーネ「パッと見だとランドカグヤレヒレのサイクルで勝てそう…」

ヴィーネ「でもそれだとカビゴンの突破が厳しい気がするわ」

ヴィーネ「プクリンを入れてランドカグヤで回すのもいいけれど、それだとゲッコウガが水Zだと辛い…」

ヴィーネ「うーん、中々いいパーティ組んでるのね」

ヴィーネ「落ち着きましょ。……1番面倒なのはコケコランドで回されてからゲンガー、ゲッコ、ツルギの誰かに全抜きされること」

ヴィーネ「だから無理にサイクル回すんじゃなくて、対面で処理するルートが得策かもしれない」

ヴィーネ「だから先発プクリンに遊んで貰って、裏にガルーラとミミッキュね。これで行きましょう」


-------------------------------------------



66:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 20:49:00 ID:zBCoRofY

サターニャ「まずいわね…。プクリンの勝ち気が怖くてランドを出す勇気がない…」

サターニャ「しかも技範囲が無駄に広いから、何してくるのか本当にわからないわ」

サターニャ「誰を出しても中途半端に終わる予感がする…」

サターニャ「ヴィネット、やはりあなたは私たちの中で1番ポケモンマスターに近いわ」

サターニャ「でも、ここで負ける訳にはいかないの。私だって目標に向かって頑張っているんだから」

サターニャ「……決めた。ランドはいなきゃダメね。そして残りはコケコとゲッコウガよ」

サターニャ「先発はそうね、とりあえずコケコなら安心かしら」

サターニャ「よしっ、勝負よヴィネット!」


--------------------------------------------



67:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 20:51:39 ID:zBCoRofY

ヴィーネ「サターニャに個体値やら努力値を教えてた頃が遠い昔みたい…」

『ポケモントレーナーのサターニャが勝負を仕掛けてきた!』

ヴィーネ「あ、始まったわね。サターニャにLI○Eしておこ。たいよろーっと」

『サターニャはカプ・コケコを繰り出した!』

『ゆけっ! プクリン!』

ヴィーネ「先発はコケコね。うーん、微妙な対面ね…」

ヴィーネ「あ」

ヴィーネ「……身代わり瞑想型なら負けよね、これ」

ヴィーネ「……まずいわ! お願いサターニャ! 瞑想から入るのは止めて!」

ヴィーネ「なんてこと、すっかり忘れてた…! 私のバカ! こんな大事な試合で凡ミスするなんて…!」

ヴィーネ「と、とりあえずミミッキュの皮を盾にして交換するしかないわ…」


--------------------------------------------



68:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 20:53:34 ID:zBCoRofY

サターニャ「出たわね…!」

サターニャ「ん、ヴィネットからLI○E来てたわ。こっちもたいよろっと」

サターニャ「それにしてもコイツ、ほんと何するのかしら…」

サターニャ「訳わかんない奴は早めに処理するのがいいわよね」

サターニャ「プクリンはミラーコートを……覚えないわ」

サターニャ「よしっ、それじゃここは電気Zをぶっぱなしましょう。一撃で倒されることはないはずよ!」

『Vignetteはプクリンを引っ込めた!』

サターニャ「交換…。ミミッキュかしら」

『Vignetteはミミッキュを繰り出した!』

サターニャ「皮で防がれちゃうけど仕方ないわ。剥がせただけでも良しとしましょう」

『全力のZ技! スパーキングギガボルト!』

サターニャ「さて、ミミッキュね。コイツがZっぽいけど、フィラとかの可能性もあるわ」

サターニャ「ランドはいなさそうだから、ここはボルチェンを撃てばいいわね!」


--------------------------------------------



69:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:01:09 ID:zBCoRofY

ヴィーネ「よかったZだったのね…」

ヴィーネ「フィールド10万は耐えるから、ここはこっちもミミZを返しましょう」

ヴィーネ「ツルギがいたら出てくるけれど、どうなんだろう」

ヴィーネ「こっちのカグヤ以外にはまぁまぁ有利だし、居てもおかしくなさそうけど…」

ヴィーネ「それともランドで受けに来る…?」

ヴィーネ「もしそうならここは剣舞したいけど、リスクが大きすぎるわね」

ヴィーネ「でも後手に回ってばかりだから劣勢だわ」

ヴィーネ「それならここは勇気の剣舞をするターンかもしれない…」

ヴィーネ「最悪、ガルーラで全員倒せば問題ないものね」

ヴィーネ「そうよ、ポケモンは強気で行かなきゃ…!」


--------------------------------------------



70:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:02:42 ID:zBCoRofY

サターニャ「ヴィネット考えてるわね。これは私が追い詰めてるってことでいいのかしら…」

『カプ・コケコのボルトチェンジ!』

サターニャ「っと、ようやく決まったようね」

『ボルトロスはサターニャの元へ戻っていく!』

サターニャ「ダメは6割くらい…。ASミミッキュかしら」

サターニャ「……考え通り、ここはランドで行くわ!」

『ゆけっ! ランドロス!』



71:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:04:19 ID:zBCoRofY

サターニャ「さて、ヴィネットは何をして──」

『ミミッキュの剣の舞!』

サターニャ「剣舞…!? 随分強気な選択じゃない」

サターニャ「さすがヴィネット、私たちの中でも…、いえ、世界でも最強クラスのポケモントレーナーだわ…!」

サターニャ「ランドを読まれたのかしら…。こっちにツルギがいないことをわかってやったのなら、恐ろしいわね」

サターニャ「もしミミッキュがAぶっぱなら、私のランドはミミZで飛ばされちゃう…」

サターニャ「ラス1は受けで来てなさそうだし、恐らくガルーラよね」

サターニャ「ミミZでランド落とされてから、ミミッキュの影うちとガルーラの猫不意で一体持っていかれることを考えたら、相当こちらが不利ね…」

サターニャ「これは今のターンで形勢が逆転したと言っても過言ではないわ…!」


--------------------------------------------



72:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:05:45 ID:zBCoRofY

ヴィーネ「……通ったわ!」

ヴィーネ「多分だけどこれでこっちが有利、かな…?」

ヴィーネ「ここでランドが来たってことは、ツルギはいない可能性の方が高そう…」

ヴィーネ「でも補正ありHBぶっぱのランドもいなくはないから、何とも言えないわね」

ヴィーネ「サターニャのポケモンにはまだ1ダメージも与えていないけれど、ここから反撃よ!」

ヴィーネ「まずはここのZで、一体倒すわ!」

ヴィーネ「……でも純粋にこのランドがスカーフ持ちとかSが早かったらお通夜ね」

ヴィーネ「まあ、そこは割り切って考えましょう! 初手からミスしてるんだもの、しょうがないことよね」


--------------------------------------------



73:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:07:30 ID:zBCoRofY

サターニャ「一体持っていかれることは確定してる状況で、誰を生け贄にするかね…」

サターニャ「ミミッキュはゲッコウガでもコケコでも倒せるわ。ガルーラはランドで威嚇を入れなきゃ正直厳しい…」

サターニャ「プクリンは…全くわからないわ。まだ技とか持ち物とか何も見てないものね」

サターニャ「ゲッコウガのダストシュートで倒せそうだけどむりなのかしら」

サターニャ「ダメ計だと、えぇと……えっ!? HBぶっぱだと確定で耐えられるじゃない!」

サターニャ「ゲッコウガを無邪気で採用してるのが仇になったわ…」



74:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:08:29 ID:zBCoRofY

サターニャ「まあでも、プクリンがHBとは限らないわよね。そうなるとミミッキュの影うちを半減できるし、最後に刺せるゲッコウガの方が大切だわ!」

サターニャ「ここは仕方ないけど、コケコを切りましょう」

『戻れ! ランドロス!』

『ゆけっ! カプ・コケコ!』

サターニャ「多分ここZよね?」

『全力のZ技! ぽかぼかフレンドタイム!』

『カプ・コケコは倒れた!』

サターニャ「予想通りね、これはいいわ」

サターニャ「さあここからが勝負よ!」


--------------------------------------------



75:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:09:31 ID:zBCoRofY

ヴィーネ「コケコを切ってきたわね。ということはあのランドは、スカーフやS振ってるタイプではなくHBでもない」

ヴィーネ「恐らくHDベースのマゴの実とかかな」

ヴィーネ「しかもラス1がコケコより大事なポケモン。……やっぱりツルギいるのかな」

ヴィーネ「だとしたら、全然負けはあるわ」

ヴィーネ「範囲を広く取ってる回復実ツルギだと、特にキツいかも…」

『サターニャはゲッコウガを繰り出した!』

ヴィーネ「っと、ラストはゲッコウガだったのね。ツルギじゃなくてよかったわ」

ヴィーネ「さて、どんな型なんだろう…」


--------------------------------------------



76:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:10:30 ID:zBCoRofY

サターニャ「このミミッキュ蜻蛉で絶対落ちないわよね…」

サターニャ「冷B撃つしかない…。裏のガルーラを考えたら岩雪崩かしら?」

サターニャ「それともプクリンを出させないためのダスト?」

サターニャ「こっちはスカーフだから技を固定されるのがキツいわね」

サターニャ「劣勢なんだから、こうなったらズルしなきゃ勝てないのかも…」

サターニャ「1番確率が高いのは……ダストでガルーラを毒にすることかしら」

サターニャ「……こういう時確率の勉強を疎かにしてたから、よくわからないわね」

サターニャ「まあいいわ。ここはダストシュートで行くわよ! 当てて頂戴、ゲッコウガ!」

--------------------------------------------



77:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:11:59 ID:zBCoRofY

ヴィーネ「ゲッコウガのZはないのよね」

ヴィーネ「それなら今の環境だとスカーフか襷が濃厚…」

ヴィーネ「どちらにせよ先に動かれるんだから、影うちは撃ち得だわ」

ヴィーネ「ここは影うちでミミッキュを切りましょう」

『ミミッキュの影うち! 効果はいまひとつのようだ…』

ヴィーネ「襷だとしたらいい感じに削れたわね」

『ゲッコウガのダストシュート!』

『ゲッコウガは変幻自在で毒タイプになった!』

ヴィーネ「……ダスト?」

『ミミッキュは倒れた!』

ヴィーネ「ここで命中不安は態々撃たないわよね…」

ヴィーネ「てことはこのゲッコウガはスカーフかな」

ヴィーネ「それならここはガルーラを出すわ」

『ゆけっ! ガルーラ!』


--------------------------------------------



78:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:13:24 ID:zBCoRofY

サターニャ「よく当てたわゲッコウガ、褒めてあげる!」

『Vignetteはガルーラを繰り出した!』

サターニャ「っと、ラス1はやっぱりガルーラね」

サターニャ「6世代の女王にして、現環境の老害…! 増田の遺産、DQN親子め!」

サターニャ「何が何でも、こいつは突破するわよ!」

サターニャ「ま、意気込んだところでダストを撃つかランドに引くかなんだけど…」

サターニャ「何覚えてるのかしらね…」

サターニャ「猫と恩返しはありそうで、後は炎パン、冷パン、地震、不意打ちの中から2つがメジャーよね」

サターニャ「コイツの技次第で私の動きを変えなきゃいけないけど、どうすればいいの…」

サターニャ「ヴィネットのパーティ的には、一見、氷技を使えるポケモンが見当たらないのよね」

サターニャ「フェアリーが三体いるからわからないけれど、それでもサイクルの中でランドとかグライオンを処理するのはキツそうよね」



79:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:14:25 ID:zBCoRofY

サターニャ「……ん? それよりもカグヤどうしてるのかしら」

サターニャ「このパーティだとカグヤミラーは不毛だし、ガルーラが炎技持ってないと詰んでない…?」

サターニャ「ミミッキュはゴーストZじゃないし、キツいわよね」

サターニャ「だとすると炎パンはあるわね。だから不意打ちと冷パンのどっちかはないわ」

サターニャ「不意打ちがなくて冷パンある場合はゲッコウガはダストを1度撃ってから倒されるわ」

サターニャ「そしてそこから冷パン2発でランドが落ちて──」

サターニャ「って、それは負けよね…」

サターニャ「不意打ちがあって冷パンかない場合はランドに交代して猫受ける。そしてそこからまだ展開できるわね」

サターニャ「そもそも面倒臭い考え方しないで、冷パン持ってたら負けってことだよね」

サターニャ「それならここは勝ち筋を見据えて、1度ランドに下げましょう──」


--------------------------------------------



80:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:15:55 ID:zBCoRofY

ヴィーネ「──って、今のサターニャならきっと考えたつくはずだわ。あの子は凄く真剣にポケモンやってるんだもの、きっとそこまでの考えに辿り着くわ…」

ヴィーネ「だからこっちはそれを読んでプクリンに交換するわよ」

『サターニャはゲッコウガを引っ込めた!』

『サターニャはランドロスを繰り出した!』

ヴィーネ「やっぱり交換ね」

--------------------------------------------



81:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:17:24 ID:zBCoRofY

サターニャ「ヴィネットは何してくるかしら。とりあえずガルーラはメガ進化し──」

『Vignetteはガルーラを引っ込めた!』

『Vignetteはプクリンを繰り出した!』

サターニャ「うえっ!? 交換読み交換!? なんで!?」

サターニャ「こっちが先に交換できたから勝ち気は発動しなかったけど、ヴィネットの意図が読めないわ…」

サターニャ「プクリンってランドに強いの?」

サターニャ「少なくともゲッコウガのダストを見て出てこれるようなポケモンじゃないわ。ヴィネットはスカーフって気づいているだろうし…」

サターニャ「プクリン、怖いわ…」

サターニャ「地震とか撃っていいのかしら。カウンターは……覚えないわね」

サターニャ「どうしよう…。シャインがありそうだから蜻蛉でゲッコウガにも引けないわ」

サターニャ「ステロはほとんど意味ないし岩封は勝ち気が発動しちゃうし…。こうなったら消去法で地震ね」

サターニャ「……なんで私、プクリンにこんな怯えてるのかしら」


--------------------------------------------



82:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:18:19 ID:zBCoRofY

ヴィーネ「さてと、上手く交換読み交換が決まったところで、サターニャはゲッコウガに交換は出来ないはずよ」

ヴィーネ「只でさえ低耐久のゲッコウガがシャインを食らえば倒れるもの」

ヴィーネ「だからここで、プクリンの冷Bが刺さるわ!」

『ランドロスの地震!』

ヴィーネ「ダメは4割程度ね。これはAは4振りくらいかな」

『プクリンの冷凍ビーム! 効果は抜群だ!』

ヴィーネ「うん、丁度半分回復実が発動しないくらい削れたわ」

ヴィーネ「本当はこご風がいいんだけど、火力低すぎてびっくりしちゃったのよね」

ヴィーネ「けど冷Bはこれで、勝ち気が発動したらマンダとランド落とせるくらいは火力出るしいいかも」

ヴィーネ「……さて、サターニャ。私は悪魔だから次のターン、冷Bなんて撃たないわよ♪」


--------------------------------------------



83:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:19:37 ID:zBCoRofY

サターニャ「冷B持ってるなんて驚いたわ…。それとプクリンの持ち物は残飯か」

サターニャ「……もう! あの場面でゲッコウガに交換できる訳ないじゃないの!」

サターニャ「はあ…。ヴィネットはほんとに上手いわね」

サターニャ「ここはまた冷B撃たれたらランドが落ちて負けよね。ゲッコウガに戻すしかない──」

サターニャ「──まさか10万とか持ってないわよね?」

サターニャ「ま、まあ! 仮に持ってたとしても、さすがにこの対面じゃ撃てないはず」

サターニャ「……そうよね?」

サターニャ「ヤバいわ、さっきので一気に動揺してるわね。落ち着きなさい、私は大悪魔よ…!」

サターニャ「ここはゲッコウガに戻す。10万が来たらもう降参するわ」

サターニャ「もう試合も終盤ね…。負けが決まりかけてたとしても、私は最後まで諦めないわよ!」


--------------------------------------------



84:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:20:46 ID:zBCoRofY

ヴィーネ「サターニャは絶対に交換してくる」

ヴィーネ「だからここは冷Bを押すターンじゃないわ」

ヴィーネ「問題は私も交換読み交換をするか、願い事をするかだけど…」

ヴィーネ「まずありえないんだけど、万が一ランドロスが居座ってこっちがガルーラに交換した時は、負け筋を作ることになるわ」

ヴィーネ「だからプクリン居座りで願い事が安定択のはず…」

ヴィーネ「ふぅ…。頭は冷静だけど、どうしても心臓がバクバクするわ。2200がかかっているから仕方ないことよね」

『サターニャはランドロスを引っ込めた!』

『サターニャはゲッコウガを繰り出した!』



85:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:22:04 ID:zBCoRofY

ヴィーネ「オッケー。大丈夫」

『プクリンの願い事!』

ヴィーネ「よしっ、これでゲッコウガはスカーフだから、次のターンの守るは安定──」

ヴィーネ「──あれっ? 安定じゃない、かも…」

ヴィーネ「よくよく考えたらどうしても1度だけ、ガルーラとプクリンが冷Bを撃たれる瞬間が来るのよね…」

ヴィーネ「撃たれても凍らなければ問題はないんだけど、でも怖いわよね」

ヴィーネ「だってポケモンは1%でも可能性があれば、どっちに転ぶかわからないゲームだもの…」

ヴィーネ「それなら今、ガルーラに交換するのがいいかもしれないわね」

ヴィーネ「願い事もあるから、HPはほとんど減らないでしょ」

ヴィーネ「残飯込みならプクリンはここからランドの地震を2耐えできるし、交換しましょうか」

ヴィーネ「まだ余裕はあるから大丈夫だわ」


--------------------------------------------



86:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:23:26 ID:zBCoRofY

サターニャ「願い事なんかなんで覚えてるの…。ブラッキーみたいなことするんじゃないわよ…」

サターニャ「というか寧ろ、プクリンって攻撃範囲が広くて耐久が低いブラッキーって感じなのかしら」

サターニャ「……よくわからないけれどね」

サターニャ「それにしても厄介な技覚えてるわね。これじゃ守るも当然覚えてるだろうし、スカーフ持ちのゲッコウガは相当不利ね」

サターニャ「ここはでも、ダストシュート撃つしかないわよね。ppが切れたらその時点で負けだけど、スカーフだから駆け引きも儘ならないわ…」

『Vignetteはプクリンを引っ込めた!』

『Vignetteはガルーラを繰り出した!』

サターニャ「また交換ね…」

サターニャ「でもこれはチャンスだわ! メガ前のガルーラに攻撃を当てれば──」



88:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:26:55 ID:zBCoRofY

『ゲッコウガのダストシュート!』

『ゲッコウガは変幻自在で毒タイプになった!』

サターニャ「おっ! ラッキー! 半分くらい削れたわね!」

『プクリンのお願いが叶った!』

サターニャ「あっ、忘れてた…」

サターニャ「もう! 結局ガルーラ全回復してるじゃないの!」

サターニャ「……あれっ? もしかして負け確定しちゃったかな」

サターニャ「ガルーラの猫恩返しでゲッコウガもランドロスも縛られてるわ…」

サターニャ「勝ち筋…。何か勝ち筋はないかしら…」

サターニャ「……このターンランド捨てて、ゲッコウガで冷Bを撃って全員倒す」

サターニャ「私はもうこれしか思いつかないわ」

サターニャ「それならそうするしかないわよね…」


--------------------------------------------



89:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:29:26 ID:zBCoRofY

ヴィーネ「今撃たれなくてよかったわ。後はガルーラが凍らなければ勝ちね」

ヴィーネ「万が一凍っても、プクリンを凍らせて突破するのは時間がかかるから大丈夫だわ」

ヴィーネ「サターニャ凄く強くなったのね。ほんとに、最後まで負けるかと思ったわ」

『サターニャはゲッコウガを引っ込めた!』

『サターニャはランドロスを繰り出した!』

『ガルーラのガルーラナイトとVignetteのキーストーンが反応した!』

『ガルーラはメガガルーラにメガ進化した!』

ヴィーネ「ここで猫撃つ意味はないけれど、一応撃った方がいい──」



90:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:30:44 ID:zBCoRofY

『メガガルーラの猫騙し!』

『ランドロスはマゴの実で体力を回復した!』

ヴィーネ「あ」

ヴィーネ「す、すっかり油断してたわ! ダメよ、本当に!」

ヴィーネ「でもさすがに地震急所でも倒されないし、こっちは2発で落とせるから大丈夫よ──」

『メガガルーラの八つ当たり!』

『急所に当たった!』

ヴィーネ「あ」

『ランドロスは倒れた!』

ヴィーネ「……サターニャ、なんか色々とごめんなさい」


--------------------------------------------



91:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:32:18 ID:zBCoRofY

サターニャ「ちょっと何よ、今の怒涛の展開は!」

サターニャ「っていうか、私もすっかりランドのマゴの実忘れてたわ」

サターニャ「もっと考えてたら違う勝ち筋あったかもしれないのに、結局最後に諦めたってことなのかしらね…」

サターニャ「とりあえず最後にゲッコウガ出して潔く散りましょうか」

『ゆけっ! ゲッコウガ!』

サターニャ「ほぼ負け確だけど、私は最後まで勝てるプレイングをするって心掛けてるの」

サターニャ「だから悪いけどヴィネット、ここは冷Bを選択させて貰うわ」

『ゲッコウガの冷凍ビーム!』

『ゲッコウガは変幻自在で氷タイプになった!』

『メガガルーラは凍りついた!』

サターニャ「……えっ! ほんと!?」



92:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:34:00 ID:zBCoRofY

『メガガルーラの氷が溶けた!』

『メガガルーラの炎のパンチ! 効果は抜群だ!』

サターニャ「ちょっと! 期待させるんじゃないわよ!」

『ゲッコウガは倒れた!』

『Vignetteとの勝負に負けた』

サターニャ「絶対の絶対いらないでしょ…。凍った時勝てるかもって思ったじゃない…!」

サターニャ「でもま、純粋に勝負で負けたのよね。やっぱりヴィネットは強いわ」

サターニャ「2200超えおめでとうってLI○Eしとこ」

サターニャ「はぁ…。なんか一気に疲れが来たわね…」

サターニャ「ちょっと休もうかしら…」

サターニャ「う、ん…ちょっとだけ…」


Zzz...


--------------------------------------------



93:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:36:59 ID:zBCoRofY

○パーティ紹介○

サターニャ

ゲンガー@メガ石
シャドボ 滅び 守る 道連れ

霊獣ランドロス@マゴの実
地震 岩封 蜻蛉 ステロ

カプ・コケコ@電気Z
10万 シャイン ボルチェン めざ炎

ゲッコウガ@スカーフ
ダスト 冷B 岩雪崩 蜻蛉

カミツルギ@襷
リフブレ スマホ 聖剣 剣舞

カビゴン@バンジの実
炎パン 欠伸 呪い リサイクル



94:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:38:45 ID:zBCoRofY

Vignette

ガルーラ@メガ
猫騙し 八つ当たり 炎パン 不意打ち

霊獣ランドロス@マゴの実
地震 めざ氷 ステロ 毒

ミミッキュ@ミミZ
じゃれつく 影うち 剣舞 鬼火

テッカグヤ@バンジの実
ヘビボン 放射 宿り木 守る

プクリン@残飯
文字 冷B 願い事 守る

カプ・レヒレ@カプZ
波乗り ムンフォ 自然の怒り 挑発


--------------------------------------------



95:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:42:00 ID:zBCoRofY



対戦はこれで終わり

最後に4人での絡みが少しありますが、それはまた後日



96:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/27(木) 21:43:44 ID:zBCoRofY



ガヴドロをガウドロと間違えるのはご愛嬌



97:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/28(金) 23:29:14 ID:5qEkyQRc



続き載せます



98:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/28(金) 23:30:26 ID:5qEkyQRc

反省会inガ○ト

ガヴリール「そんじゃまあ、シーズン11もお疲れさんだったな。そしてヴィーネはシングル最終2位おめでと、1位まであと2って惜しかったな。そしてそしてサターニャは3連続ビリおめでとう。という訳で、みんなの頑張りを祝して、乾杯」

ヴィネラフィ「「かんぱ~い♪」」

サターニャ「ちょっと!? 余計なこと言わなくていいわよ!」

ガヴリール「あー、腹減った。今日は食うぞー」

サターニャ「話を聞きなさいよ! そしてちょっとは遠慮しなさいよね!」

ガヴリール「はぁ? なんでお前の金なのに遠慮する必要があるんだよ。第4位のサターニャさん?」

サターニャ「うぐっ…! しょ、しょうがないわね! 別に好きなだけ頼めばいいじゃない! 今日は私の奢りなんだし!?」

ヴィーネ「こーらガヴ、ちゃんと食べられる分だけにしなさいよ」

ガヴリール「わかってるっての。あ、すいませーん山盛りポテト追加で!」

ラフィエル「あらあらガヴちゃん、そんなに皆さんでお出かけするのが楽しみだったんですか?」

ガヴリール「あー? 別に…。暇だったからな」

ラフィエル「もう、素直じゃないんですから♪」



99:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/28(金) 23:31:42 ID:5qEkyQRc

サターニャ「ヴィネットもラフィエルも好きな物頼みなさい! 今日はこの大悪魔、胡桃沢=サタニキア=マクドウェルが全て支払ってあげるわ! 感謝しなさい!」

ヴィーネ「私は1つで十分だから大丈夫よ」

ラフィエル「私もです♪」

サターニャ「えっ? あ、そう。ならいいけど」

ガヴリール「それよりさ、またサターニャがビリなんだな」

サターニャ「うっさいわね! しょうがないでしょ! だって、その……寝落ちしちゃったんだもん」

ヴィーネ「私はてっきり学校にまで遅刻してきたものだから、それまでずっとレートに潜ってるかと思ってたわ」

ラフィエル「さすがに朝まで潜ってたのはヴィーネさんくらいじゃないですか?」

ヴィーネ「えっ!? な、なんでラフィが知ってるのよ!?」

ラフィエル「秘密です♪」

ガヴリール「んな話より、とりあえず食べようぜ。早くしないと冷めちまうぞ」

ヴィーネ「いや、私にとっては結構大事なことだったんだけど…。まあいいわ。まずは一旦お腹を満たしてから話しましょ」


--------------------------------------------



100:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/28(金) 23:33:10 ID:5qEkyQRc

ヴィーネ「──それで結局3回もラフィに負けたのよ」

ガヴリール「そうか。……正に本当にあった怖い話だったな」

サターニャ「あんたってほんと悪魔よね」

ラフィエル「たまたまマッチしただけですよー? 仕方のないことです♪」

ヴィーネ「だからって害悪偽装と本物の害悪を交互に使い分けないで…。3戦目当たった時なんて鬱になるかと思ったのよ?」

ラフィエル「ごめんなさい♪」

ガヴリール「まあまあ過ぎたことだからいいじゃん。それよりみんなはこの中の誰かと戦った時の戦績はどんな感じだ?」

サターニャ「シーズン戦績で言うと、私はガヴリールに1勝1敗、ラフィエルに1敗、ヴィネットに1勝2敗ね」

ラフィエル「私はガヴちゃんに1敗、サターニャさんに1勝、ヴィーネさんに5勝です♪」

サターニャ「えぇ…」

ガヴリール「ヴィーネキラーかよ」

ヴィーネ「ガヴに1勝1敗、サターニャに2勝1敗ね」

ガヴリール「あとラフィエルに5敗だろ」

ヴィーネ「……言わないで頂戴」



101:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/28(金) 23:34:59 ID:5qEkyQRc

ガヴリール「悪かったって。ま、ヴィーネVSラフィエル以外はいつも通りの戦績だな」

サターニャ「待ちなさい。あんたの戦績をまだ聞いてないわよ」

ガヴリール「は? みんなが言ったからもうよくない?」

サターニャ「なんでそうなるのよ、私達も言ったんだからあんたも言いなさい。不公平じゃない」

ガヴリール「……はぁ。お前ほんと馬鹿だな」

ヴィーネ「うーん。サターニャがポケモン上手くなってるからって頭は良くならないものなのね」

ラフィエル「まだまだサターニャさんで遊べるみたいで嬉しいです♪」

サターニャ「えっ、何? どういうこと? もしかしてガヴリールってもう話してたかしら」

ガヴリール「もうそういうことでいいよ」

サターニャ「それなら私聞き逃しちゃったからもう1回言ってほしいわ」

ガヴリール「めんどくせぇ」

サターニャ「なんでよ! いいから教えなさい!」

ヴィーネ「私が教えてあげるわよ…。サターニャと私とは1勝1敗、ラフィエルに1勝よ」

サターニャ「ヴィネットありがとう。感謝するわ!」



102:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/28(金) 23:36:35 ID:5qEkyQRc

ラフィエル「それより、何か面白いポケモンの型とかありませんか? シーズン序盤は暇なので」

ガヴリール「そうだよな。どうせ本気出すのはラスト1週間くらいだし」

ヴィーネ「別に面白い型とかじゃないんだけど、私は今シーズン、ヘルガーを使おうと思ってるわ」

サターニャ「それって強いの?」

ガヴリール「弱いだろ」

ラフィエル「強くないと思います」

ヴィーネ「えぇ!? きっと強いはずよ! プクリンも強かったし、何よりメガ進化できるのよ! 多分使い道があるはず!」

ガヴリール「リザYの劣化だろ? 絶対弱いって。それに話してること全部自分の希望じゃん」

ラフィエル「でもヴィーネさんはマイナーポケモン使うの上手ですからね。わかりませんよ?」

サターニャ「確かに、プクリンは強かったわ」

ヴィーネ「でしょ!?」

ガヴリール「いやいや、だからってヘルガーは強くないって、ほんとに」

ヴィーネ「そこまで言うなら今シーズン見てなさい! ヘルガー使いになってやるんだから!」

ガヴリール「へいへい、頑張ってな」



103:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/28(金) 23:38:38 ID:5qEkyQRc

サターニャ「面白い型なら、ヴィネットのランドロスはめざ氷覚えてたみたいじゃない。あれは何でなの?」

ラフィエル「確かに、あれは驚きました。メタモンでコピーしたらめざパがあったんですからね。しかも案の定氷でした」

ガヴリール「そういえば私も、ヴィーネのランドにマンダ出したらめざ氷飛んできたな」

ヴィーネ「ふふーん、強かったでしょ? あれは正に、マンダとランドついでにグライオン対策のめざ氷よ」

ガヴリール「しかも毒々とステロも持ってるし、単純な攻撃技が地震しかないって使いにくくないの?」

ヴィーネ「うーん、慣れれば余裕だったかな。岩封とか結局マンダに身代わりされて負けるから必要なかったわ」

サターニャ「やっぱり強い人と凡人の考えは違うわね…」

ヴィーネ「面白い型を使うのは楽しいわよ。サターニャも慣れてきたらやってみるといいかも」

ガヴリール「私はどうも向かんわ」



104:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/28(金) 23:40:14 ID:5qEkyQRc

ラフィエル「話は変わりますけど、ヴィーネさんとの害悪対受けサイクルという試合が面白かったんですよ♪ ね、ヴィーネさん?」

ヴィーネ「その話はもう嫌!」

サターニャ「ヴィネットの反応からして何が起こったか何となくわかるわ…」

ラフィエル「100ターン以上続いた激闘でしたからね♪」

サターニャ「100!? 何すればそんなに行くのよ…」

ヴィーネ「そうね、簡単にいえば私のパーティが鈍足だったが故ってことかな…」

ガヴリール「もしかして私に半泣きで電話してきた時って…」

ヴィーネ「仕方ないじゃない。心が折れるかと思ったんだもの…」

サターニャ「悪魔ね」

ラフィエル「天使ですよ?」

ガヴリール「なんか今日は怖い話ばっかりだな…。まあいいや、今日はこの辺でお開きにしようぜ」

サターニャ「そ、そうね! ヴィネットは徹夜したみたいだし、早く家に帰って休まなきゃだわ!」

ヴィーネ「……うん、そうするわ」

ラフィエル「それではまた明日学校で、ですね♪」



105:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/28(金) 23:41:14 ID:5qEkyQRc

ガヴリール「だな。さて、今日の支払いも勿論、サターニャだからな」

サターニャ「わ、わかってるわよ! 今シーズンは絶対に3人の内の誰かに奢ってもらうんだからね!」

ヴィーネ「その意気よ、またお互い頑張りましょ」

ラフィエル「望むところですよ、サターニャさん♪」

ガヴリール「ふん、お前は最下位がお似合いだ」

サターニャ「何よガヴリール! 絶対の絶対に負けないんだから!」

ガヴリール「わかったってば、いいから早く行くぞ」

サターニャ「ちょっと待ちなさいよ! あ、お会計お願いします」

『ありがとうございました。お会計、8508円です』

サターニャ「えっ!? 高っ!」



終わり



106:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/28(金) 23:43:08 ID:5qEkyQRc

--------------------------------------------


○最終成績○

ガヴリール 『ガヴリン 2137』 28位

ヴィーネ 『Vignette 2193』 2位

サターニャ 『サターニャ 2075』 59位

ラフィエル 『てんしラフィ 2096』43位


--------------------------------------------



107:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/28(金) 23:50:23 ID:5qEkyQRc


誤字脱字結構あるから申し訳ない

専門用語、略語が多々あって読む人少なそう

ポケモンは面白いので、よかったらやってみては如何でしょうか

以上、ガヴドロの4人がポケモン対戦をガチでやってみたSSでした

ありがとうございました



元スレ
【ガウドロ ポケモン SS】 今日はレート最終日よ!
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1545496724/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (2)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年12月31日 03:32
          • ポケモンまったく分からんが4人の雰囲気はええね
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年12月31日 18:58
          • レートたっか

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【このすば】カズマ「アクア達を救出する」
        • 女「俺くんが可哀想だから>>4(介錯)してあげるよ…」
        • 生徒指導「人を叱ることができないから辛い」
        • 【グラブル】グラン「しんしんしーん! シルヴァでーっす!!」
        • 【グラブル】グラン「しんしんしーん! シルヴァでーっす!!」
        • 【グラブル】グラン「しんしんしーん! シルヴァでーっす!!」
        • 【グラブル】グラン「しんしんしーん! シルヴァでーっす!!」
        • 【グラブル】グラン「しんしんしーん! シルヴァでーっす!!」
        • 【グラブル】グラン「しんしんしーん! シルヴァでーっす!!」
        • 【グラブル】グラン「しんしんしーん! シルヴァでーっす!!」
        • 【デレマスSS】雪美「千秋……ドレス姿……綺麗……」
        • 【デレマスSS】雪美「千秋……ドレス姿……綺麗……」
        • 【デレマスSS】雪美「千秋……ドレス姿……綺麗……」
        • 【モバマス】渋谷凛「連れていってほしい」
        • 盗賊「魔物募集?」
        • 盗賊「魔物募集?」
        • 盗賊「魔物募集?」
        • 【ミリマス】琴葉「夜風と共に」恵美「出掛けようよ!」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ