TOP

仕事一辺倒で遣り甲斐が無いわけじゃないけどあの頃は本気で好きな人がいたよなあと思ってるエリートちゃん「……○○、か?」

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:04:22.288 ID:8Fspu3Ys0

それなりに閲覧注意



2:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:05:00.987 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……ひ、久しぶりだな」

エリートちゃん「いや、驚いたよ、まさかこんなところで……」

エリートちゃん「……あ、ごめん。後がつかえているのに」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……ん、レシートはいい」

エリートちゃん「……あー、その」

エリートちゃん「混んでる中悪いんだが、何時に上がる?」

エリートちゃん「あ、こ、これ、私の連絡先だ。終わったら連絡くれないか? 私も今日は早く終わらせるから」

エリートちゃん「で、できたら仕事終わりに、あ、す、すみません、すぐどきます、あ、じゃ、じゃあ○○、また後で連絡くれ!」

エリートちゃん「……ふー」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……本当に、○○だ」

エリートちゃん「……」



3:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:05:50.615 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……ん? ああ、すまん。これから打ち合わせか」

エリートちゃん「すぐ行くよ……」

エリートちゃん「……? どうした? 私の顔に何か?」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……わ、悪い。すまん、勤務時間中にスマホ気にしてるなんて、不真面目だったな……」

エリートちゃん「……い、いや、まあ、ちょっと、母が怪我をしたので、まあ経過が気になっているというか」

エリートちゃん「い、いや、軽い怪我だから心配いらないし、大丈夫だ」

エリートちゃん「いやいや、いい加減、仕事に集中しないとな……ふう……」

エリートちゃん「プロジェクトも順調に進んでいるんだろう? いいデータも取れてると聞いているが」

エリートちゃん「うん、うん、そうか……それは期待できそうだな。詳しい内容は打ち合わせで聞くよ、よろしく頼む」

エリートちゃん「ああ、それはそうと、今日は早く帰らせてもらうよ。急用ができてね」

エリートちゃん「……」



4:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:06:33.568 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……あ」

エリートちゃん「○○! おい、○○!」

エリートちゃん「……い、今、帰るところか?」

エリートちゃん「……今日連絡、くれなかったな。忙しかったか?」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……あ、おい……待てって」

エリートちゃん「……○○……○○!」

エリートちゃん「……な、何でここにって、お前が連絡くれないから、ここで待ってたんだよ……」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「なあ、今時間あるか? どこかでちょっと話を……」

エリートちゃん「……っ、ま、待てって言ってるだろ!」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……何でそんなことを言うんだ?」

エリートちゃん「……私たち、友達だろう?」

エリートちゃん「しばらく会ってなくても、変わらないよ……」

エリートちゃん「……○○」



5:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:07:26.334 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……好きなものを頼んでいい。私が払うから」

エリートちゃん「気にしなくていいよ、大した額でも無いし。それに、どうせ他に使うこともないしね」

エリートちゃん「……私が無理に誘ったんだから、奢らせてくれ」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……仕事、忙しいのか?」

エリートちゃん「いや、コンビニ。今日連絡くれなかったから……」

エリートちゃん「そうか……」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……今日までどうしてたんだ? 卒業してから全然連絡取れなくて心配したんだぞ」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……そうか」



6:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:08:28.471 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……あの、あの子はどうした? なんか、付き合ってただろ、高校の頃。イチャイチャしてた、動作が大袈裟な可愛い感じの子」

エリートちゃん「……何年も連絡を取っていない?」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……ふうん……よくわからないな」

エリートちゃん「……そうか」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「料理が来たな。先に食べてていいよ」

エリートちゃん「……」



7:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:09:22.728 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……最近こっちに?」

エリートちゃん「本当に驚いたよ。偶然コンビニに立ち寄ったら○○がいて」

エリートちゃん「……あれからずっと連絡なくて。まあ、お前のことだから、元気にやっているとは思っていたんだが」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……どうして自分を卑下するんだ。いいだろう、別にコンビニで働いてても」

エリートちゃん「夢だって、叶えられる方が少数さ。それでも、生きていくのに恥ずかしいことなんてない」

エリートちゃん「お前はお前だ。私の大切な、友人のままだ」

エリートちゃん「……ただ、困っているのなら、私を頼って欲しい。お前の力になれると思う」

エリートちゃん「いいよ、じゃない。頼って欲しいんだ。高校の頃は、お前に随分助けられただろう? 力になりたいんだ」

エリートちゃん「……いや、余計な世話だったなら、すまん。でも、私は……」

エリートちゃん「……」



8:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:10:17.638 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……この辺りに住んでいるのか?」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……いつからここに? しばらくはここにいるのか?」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……連絡先」

エリートちゃん「連絡先、まだお前のをもらっていないな。交換しないか?」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……美味しいか、それ?」

エリートちゃん「……美味しいならいいよ」



9:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:11:35.058 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……家まで送るよ」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……おい」

エリートちゃん「○○。待て」

エリートちゃん「連絡先」

エリートちゃん「……連絡先、教えてくれ」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……教えてくれるまで、離さない」

エリートちゃん「○○……」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……! お、教えてくれるか……! ああ、ちょっと待ってくれ……!」

エリートちゃん「すまんな、無理を言って……」

エリートちゃん「……いつ連絡してくれても全然かまわない。ご飯だって何回もおごってやる」

エリートちゃん「だから、また連絡してくれ……○○。私からも連絡するよ……」

エリートちゃん「……」



10:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:12:37.497 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……ん? どうした」

エリートちゃん「……移動時間くらいいいじゃないか」

エリートちゃん「……いや、責めていないのはわかっている。こちらこそ、妙に口答えをしてしまった」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……いや、友達に」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……最近、久しぶりに会えたんだ。高校時代の友人に」

エリートちゃん「……とても仲のいい友人だよ」

エリートちゃん「不思議と魅力のある人間でね。目立つ人間ではなかったが、人を惹きつけるところがあった」

エリートちゃん「彼には大きな夢があってね。それを叶えるために上京したんだが……」

エリートちゃん「……そのまま何年も、疎遠になってしまっていた」



12:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:13:25.046 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……連絡は、積極的には取っていなかったな」

エリートちゃん「どうにも、気まずくて……」

エリートちゃん「……なんでって、ハッキリとした理由はなかったけど」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……まあ、この話はもういいだろう。私が勝手に、気まずく思っていたんだ」

エリートちゃん「いろいろあったのさ。いろいろね……」

エリートちゃん「……そう言えば、話は全然変わるが、何年も連絡を取っていない恋人同士って、それはもう恋人と言えるのだろうか?」

エリートちゃん「……いや、私のことじゃない。邪推はやめてくれ」

エリートちゃん「……はあ」



14:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:14:19.979 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……ん? ……!」

エリートちゃん「……も、もしもし!」

エリートちゃん「○○か!? ど、どうした! いや、別にどうしなくても連絡してくれていいんだけど!」

エリートちゃん「うん、うん……い、いいね! ご飯か、うん、うん、是非! 是非行こう!」

エリートちゃん「うん? お金? ああ、いいよ、いいよ、私が払うから……うん、うん、大丈夫、大丈夫」

エリートちゃん「じゃあ詳しい話は後で……うん、ばいばい」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「は~……」

エリートちゃん「……ん? どうした」

エリートちゃん「……何だその目は」



15:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:15:19.651 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……! あ、○○!」

エリートちゃん「いや、今来たところだ」

エリートちゃん「仕事? 大丈夫だ、お前と一緒にご飯食べるためなら、いくらだって都合をつけるさ」

エリートちゃん「……ありがとう、私の都合を考えてくれて、嬉しいよ」

エリートちゃん「……それに、○○からご飯に誘ってくれて、本当に嬉しい……」

エリートちゃん「……あ、は、はやく入るか……ははは……」



16:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:16:08.401 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「じゃあ、乾杯……」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……はぁ、うまいな」

エリートちゃん「……なんか、新鮮だな、こういうの」

エリートちゃん「いや、○○がこうやって酒を飲んでるのが、ね」

エリートちゃん「だって、高校のころから全然会ってこなかったから」

エリートちゃん「なんだか、急に大人になったお前に会っている気がしてくるよ」

エリートちゃん「……昔はよく、酒じゃなくて、そこらの店で適当にご飯食べてたよな」

エリートちゃん「……懐かしい」

エリートちゃん「……たくさん遊んだな」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……私はそれほど遊ぶのを好む性格ではなかったが」

エリートちゃん「お前にたくさん連れられて、遊ぶのも悪くないと思うようになったよ」

エリートちゃん「……娯楽施設とか、そういう類の、時間の浪費でしかないと思ってたけど、そういう余裕も必要だったんだよな」

エリートちゃん「……ふふ」



17:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:17:20.578 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……また、時間の空く時に、二人で遊ばないか? また、昔のように」

エリートちゃん「……! あ、ああ、いつにする? あ、いや、今決めなくてもいいな。そうだな、後で決めよう……」

エリートちゃん「……な、なんだ、今日はやけに私に好意的じゃないか。前は、なんか、その、私を避けているようだったが」

エリートちゃん「……あ」

エリートちゃん「……そ、そうだな。友達だもんな」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……お、おいしいな、この店……ふふふ……」



18:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:18:34.534 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……お待たせ、会計済ませてきたよ」

エリートちゃん「じゃあ帰ろうか、それとも、もう一軒くらい行くか?」

エリートちゃん「私明日休みだし、遅くなっても大丈夫、だ、から……え?」

エリートちゃん「……へ? わ、私の家?」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「み、見てみたい、って、へ、へえ? い、今から?」

エリートちゃん「あ、う、あ、え、と……」

エリートちゃん「い、いや、だ、大丈夫、だけ、ど」

エリートちゃん「……うん」



19:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:19:26.352 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……ど、どうぞ」

エリートちゃん「……一応、綺麗にしてるから」

エリートちゃん「あ、何か飲む? あ、うん。じゃあ、適当に取ってくる」

エリートちゃん「……そこに座ってていいよ」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……ん? どうした? 待ってていいのに」

エリートちゃん「……何か、用か?」



20:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:24:15.083 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……どういう、意味だ?」

エリートちゃん「簡単に上げても良かったのかって、まあ、ええと」

エリートちゃん「いや、まあ、まあ、お前のことは信頼しているし、それに、まあ、あ、でも、うん……」

エリートちゃん「……あ、いや、ええと、それよりも、お前何が言いたいんだ? やけに怖い声色じゃないか」

エリートちゃん「……私がどうしてお前を信頼しているかって? そんなの、○○が○○だからだよ。当たり前じゃないか」

エリートちゃん「……何だよその間」

エリートちゃん「昔とは違う? 何が言いたい?」

エリートちゃん「……! あ、お、おい……な、何で後ろから抱きしめてくる……」

エリートちゃん「……へ、あ、え、あの、か、彼女、いいのか……? いくら、連絡取ってないからって……」

エリートちゃん「は、え? あ、す、好き……? え? あ?」

エリートちゃん「わ、私を……?」

エリートちゃん「あ、う、え? あ、いや、その……」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……今日、誘ってくれた理由? 理由って……それって、それって……」

エリートちゃん「……え、お金?」



21:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:26:00.017 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……お金に困っているのか? 借金?」

エリートちゃん「たかりに来たって……ええ……? 笑い事じゃないだろ……」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……いやまあ、それくらい構わないけど。別に」

エリートちゃん「○○ならいい。いくらだ? 私でよければ、いくらでも力になる」

エリートちゃん「……なんだよ、この間は」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……あの、いい加減、腕の力を緩めて……」

エリートちゃん「……150万円?」

エリートちゃん「そうか」

エリートちゃん「まあいいよ。○○のためなら、はした金だ」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……○○?」

エリートちゃん「……どうしたんだ、その、腕の力が、強くなってる、けど」

エリートちゃん「い、いたた……苦しい、○○……」

エリートちゃん「あ、え? ○○? あ、ちょ……っと……!」



22:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:27:21.017 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……はあ、はあ」

エリートちゃん「……や、止めてって、言ったら、やめてよ……」

エリートちゃん「……はあ、ん、はあ」

エリートちゃん「……? どう、したの?」

エリートちゃん「……初めて、だとは、思わなかった? うる、さい、な……」

エリートちゃん「何、その顔。ここまで、しておいて」

エリートちゃん「……怒って、ない」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……嫌いに、なんか、ならない」



23:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:28:21.193 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……立て、ない……なんで、こんなに、上手いの……」

エリートちゃん「……才、能? ばか、いえ……」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……行く、の?」

エリートちゃん「……いや、お金」

エリートちゃん「いつ、渡せば、いい?」

エリートちゃん「……え? すぐに、でも、渡せるけど」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……どうして、また私の、両手」

エリートちゃん「……黙って、ろ?」



24:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:29:32.992 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「ん……く……」

エリートちゃん「……は、あ」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「うる、さい、な」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……もう」

エリートちゃん「……好きに、動けば」



25:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:30:53.625 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「ふわあ……」

エリートちゃん「あ、すまん……ここ数日寝不足で……」

エリートちゃん「いや、別に、大した理由もないんだがな。本当に」

エリートちゃん「……まあ、それより、いい具合にブラッシュアップされてきたじゃないか」

エリートちゃん「これなら十分戦えるな。リリースしてからもいろいろやらなきゃならないけど」

エリートちゃん「もしかしたらわが社にとってこれからの主要な武器になるかもな」

エリートちゃん「そうなればお前も私も高い評価を貰えて、給料も上がって、嬉しい事尽くめだな」

エリートちゃん「あ、すまん、携帯が……」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……ふう。それで話の続きだが……え?」

エリートちゃん「何もない。何でもない」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「ところで今日も私は早く帰ろうと思うんだが」

エリートちゃん「いいよな?」



26:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:32:04.489 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……○○?」

エリートちゃん「……ああ、いてくれたか」

エリートちゃん「別に悪いことはない。鍵だって渡してるんだから、好きにいてくれて構わない」

エリートちゃん「……むしろ」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……なあ」

エリートちゃん「……良かったら、その、ここに住んでくれても」

エリートちゃん「……いや、住まわせてやるとか、別に、上から言ったつもりはない」

エリートちゃん「……」



27:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:33:07.654 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……まだ、コンビニで働いているのか?」

エリートちゃん「いや、馬鹿にしてるつもりは全然ない」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……なあ」

エリートちゃん「……どうして、お前はいつも、私を見ると傷付いたような顔をするんだ?」

エリートちゃん「……いいじゃないか、昔の夢なんて。それより」

エリートちゃん「……っ」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……動けなくて苦しいし、少し痛いんだが」

エリートちゃん「……どうして、そう余裕が無いんだ。私はお前を」

エリートちゃん「……ん、ぐ……んっ……」

エリートちゃん「……はぁっ……止めて、くれ」

エリートちゃん「……あ、う」

エリートちゃん「あ……」



28:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:34:11.885 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「はぁ……はぁ……」

エリートちゃん「……何を、ニヤニヤ、笑ってる」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……今日の分、お金、足りたか?」

エリートちゃん「……そう、か」

エリートちゃん「……もう、帰る、のか?」

エリートちゃん「……じゃあ、明日の分、渡すよ」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……そんな顔、しないで」

エリートちゃん「……どうして」

エリートちゃん「私は……私は……お前を……」



29:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:35:14.356 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……やっぱり、おあずけだ」

エリートちゃん「おあずけ、だ。言ってる意味、分かるか?」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「まだ、ここで、じっとしてろ」

エリートちゃん「……明日になったら、くれてやるよ。好きな、だけ」

エリートちゃん「……怒った、か?」

エリートちゃん「っ……」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「いいさ、そうやって、押さえつけて……」

エリートちゃん「……いつものように、気が済むだけ、腰を振ってれば、いい」

エリートちゃん「……ん、」



30:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:36:17.407 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……」



31:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:37:23.731 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……ん? ああ、おはよう……いや、ぼーっとしてた」

エリートちゃん「考え事だ。まとまらないがね……」

エリートちゃん「……それより、例のやつ、出だし好調じゃないか。想定以上にな」

エリートちゃん「苦労した甲斐があった……ん? どうした、その所在なさげな目つきは」

エリートちゃん「……首元?」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「! ……は、ははは……こ、これは、まあ」

エリートちゃん「ははは……あの……」

エリートちゃん「……絆創膏持ってる?」



32:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:39:14.271 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……お熱い? それは……どうかな」

エリートちゃん「……なかなか、仕事みたいには上手くいかないよ。何でこんなに上手くいかないんだろう」

エリートちゃん「……偶然出会えた。神様が、私の後悔を晴らそうと仕組んでくれたのかと思うくらいに」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……私は、あいつを見てるのに」

エリートちゃん「……ずっと見てるのに」

エリートちゃん「……あいつは、どこか別の方を見てる」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……私のことを、ずっと見ていて欲しいのに」

エリートちゃん「折角のチャンスなのに」

エリートちゃん「もうずっとかみ合わなくて、ずれてしまって」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……なんでだろうなあ」

エリートちゃん「……こんなに、好きなのに」

エリートちゃん「……このまま」

エリートちゃん「……このまま、また、私から……」



33:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:40:47.443 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……すまんな。変なことを言って」

エリートちゃん「コンビニで絆創膏を買ってくる……」

エリートちゃん「……大丈夫だよ、大丈夫」

エリートちゃん「……」



34:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:41:54.511 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……」



35:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:43:07.096 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……ん?」

エリートちゃん「……おいおい、どうしてついてくるんだ」

エリートちゃん「なんか心配? ……心配ないって言ってるのに」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……まあ、ならついてくるといいよ」

エリートちゃん「……」



36:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:44:22.451 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……絆創膏はこっちか」

エリートちゃん「……お前は何を買いに来たんだ?」

エリートちゃん「……飲み物か。じゃあ、私も買おうかな」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「…………」

エリートちゃん「………………」

エリートちゃん「やあ、○○!」

エリートちゃん「ん? ああ、彼がね、さっき言った」

エリートちゃん「私の相手なんだよ」

エリートちゃん「コンビニで働いているんだ、偉いだろう?」



37:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:46:10.176 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……っつ」

エリートちゃん「……そんなに腕を強く握られると、痛いよ、○○」

エリートちゃん「……どうして? どうしてって何が?」

エリートちゃん「私はただ、私の部下に○○を紹介しただけだ」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……馬鹿にしたつもりはないさ」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……お前が、そう思うのなら」

エリートちゃん「……お前が、自分で、そう思っているだけなんじゃないのか?」

エリートちゃん「自分が、どうしようもない馬鹿だって」



38:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:55:32.574 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……それほど怒っても、女に暴力は振るわない」

エリートちゃん「……そこは、昔のままのお前らしく、好ましいところだと思うよ」

エリートちゃん「……でも、だからと言って、女を犯してマウンティングするのは、お前の中で許されることなのか?」

エリートちゃん「だから……」

エリートちゃん「……無理矢理組み敷いて、一方的に腰を打ち付け続けて、力ずくで私の尊厳を奪うのは、楽しいのかと聞いているんだ」

エリートちゃん「普段余裕ぶっている私が、動けないまま肉を打ち付けられて、湿った音がする度にみっともない声を上げるのを見て、お前は何を感じる? 罪悪感か? 快楽か? 優越感か?」

エリートちゃん「……お前が毎回ここに来るのは、私を凌辱するためだ。私に対して劣等感を抱いているからだ」

エリートちゃん「お前は、卑怯な人間だよ」

エリートちゃん「食べるために、生活のために私から金を出してもらっているくせに、オスらしく振舞っているつもりでいる」

エリートちゃん「……働かなくていいように私の金があるのに、まだコンビニで働いているのは矜持のつもりか?」

エリートちゃん「……どうしようもなく情けなくて、惨めな、見下し甲斐のある人間だ」



39:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:57:27.605 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「あっ、あっ、うあっ!」

エリートちゃん「はぁ、やぁ、もう、むりぃ……そんなに、ぃあっ」

エリートちゃん「ご、ごめんなさい、あやまる、あやまるからっ、ぅあっ、もう、ゆるして、ゆるしっ、ひあっ」

エリートちゃん「な、なまいきいってごめんなさ、あっ、あっ、だめっ、だめっ、あうっ、おっ」



40:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 01:59:13.920 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「はぁっ、あっ!」

エリートちゃん「……はぁっ、はぁっ、はぁっ、はぁっ」

エリートちゃん「……はぁ……はぁ……」

エリートちゃん「……はぁ」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……どうして」

エリートちゃん「泣いているの……?」



41:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 02:05:23.483 ID:8Fspu3Ys0

エリートちゃん「泣いてるよ……ぽろぽろ泣いてる」

エリートちゃん「悔しい? 情けない? 私の言っている通りで?」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……本当に……○○は情けないなあ」

エリートちゃん「……惨めに腰を振って、果てて、なんだか悲しいことを考えちゃった?」

エリートちゃん「……く、くくく」

エリートちゃん「……いいんだよ」

エリートちゃん「……私がお金をたくさん稼いで、○○の生活を保障してあげるから」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「情けない○○のために、ちゃんと働いていて、高給取りで、部下にも慕われてる私が、お金を稼いであげるから」

エリートちゃん「私がずっと、可哀想な○○を、養ってあげるから」

エリートちゃん「だから……」

エリートちゃん「……心配しなくていいんだよ、○○」

エリートちゃん「……」

エリートちゃん「……○○は、好きなようにしてて、いいんだよ」



43:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 02:08:28.276 ID:8Fspu3Ys0

終わりです
最近エ口ばっかり考えててヤバいなあと思う
あと関係ないけどアニメの邪神ちゃんドロップキック見て面白かった



元スレ
仕事一辺倒で遣り甲斐が無いわけじゃないけどあの頃は本気で好きな人がいたよなあと思ってるエリートちゃん「……○○、か?」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1544285062/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (11)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年12月09日 14:59
          • 何で○○にしたん?
            題名部分は仕方ないかもしれんけど、それ以外は「お前」とか「キミ」でいいだろ。
            ○○だと何かもにょもにょするんだよ。
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年12月09日 15:49
          • 悲しいなぁ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年12月09日 23:28
          • 5 どうよから変な電波受信したりしてない????
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年12月09日 23:41
          • エロも載せるんだな
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年12月10日 00:15
          • もうちょい……こう……手心みたいなものを、加えていただけると、ありがたいんですが
            いやまぁ好きだけどね?
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年12月10日 01:39
          • 5 男は何も話してないのに、
            150万よこせって言って断らせて遠ざけようとした→でも快諾されてどうしようもなく罪悪感を覚えている
            とかそういう心理描写がはっきりわかるようになってて明らかに書くの上手くなってると思った
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年12月10日 02:11
          • ダメ男に利用される話かと思ったらエリートちゃんの方が歪んでる感じで

            救いようのない感じの共依存好き
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年12月10日 02:15
          • 5 名前が長いシリーズで元高貴なお嬢ちゃまに次ぐくらいに好き
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年12月10日 03:38
          • これ、部下君もダメージデカイのでは?
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年12月10日 08:34
          • 絶望の共依存〇〇攻ーめたい愛
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年12月12日 21:59
          • 5 描写と世界観が上手くなってきてるよね
            最近特に凄い
            このままもっとやれ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 彡(゚)(゚)「やきう応援もできるし、女子たくさんおるから吹奏楽部入ったろ!」
        • 【バンドリ】白鷺千聖「フィクション」
        • 女騎士「くっ、すぐに殺せ!」敵「え?くすぐり殺せ?」
        • 後輩(実は淫魔♀)「せんぱぁい……魔物の巣に入り込むなんて食べられに来てるような物ですよぉ……♥」
        • 俺「月曜日やだぁ。>>4(おえかき)して現実逃避しよう…」妹「お兄ちゃん…」
        • 俺「月曜日やだぁ。>>4(おえかき)して現実逃避しよう…」妹「お兄ちゃん…」
        • 獣耳娘「ふふーん、どうですか?この世界って。」
        • 俺「暇だし>>4(腹パン)するか」妹「うん!」
        • 俺「暇だし>>4(腹パン)するか」妹「うん!」
        • 俺「暇だし>>4(腹パン)するか」妹「うん!」
        • 俺「暇だし>>4(腹パン)するか」妹「うん!」
        • 【ミリマスSS】未来「静香ちゃんの!」翼「晩ごはんを!」静香「当てる?」
        • のび太「独裁者…?」
        • ジャイアン「皆さん、ぼくと一緒にお勉強しませんか?」
        • 俺「店長、俺…今月でバイト辞めたいンすけど?」店長「えっ」
        • 【仮面ライダージオウ】ウール「す、スウォルツ!勝手にアナザーライダー作らないで!」
        • 【ウルトラマン×艦これ】吹雪「ジーッとしてても、ドーにもなりません!」
        • citrus 柚子「芽衣!」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ