TOP

喪黒福造「至高の味のラーメンはすでに存在していますよ」 雑誌編集者「どこにあるんですか、それ!?」

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/21(水) 17:15:03.665 ID:vwL6OJlYD

喪黒「私の名は喪黒福造。人呼んで『笑ゥせぇるすまん』。

    ただの『せぇるすまん』じゃございません。私の取り扱う品物はココロ、人間のココロでございます。

    この世は、老いも若きも男も女も、ココロのさみしい人ばかり。

    そんな皆さんのココロのスキマをお埋めいたします。

    いいえ、お金は一銭もいただきません。お客様が満足されたら、それが何よりの報酬でございます。

    さて、今日のお客様は……。

    北野伸幸(41) 雑誌編集者

    【至高の味のラーメン】

    ホーッホッホッホ……。」



2:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/21(水) 17:17:19.682 ID:vwL6OJlYD

喫茶店。とあるテーブルに、ライターと雑誌編集者がいる。ライターが、編集者・北野に原稿を渡す。

ライター「これが、来月号の原稿です」

北野「ありがとうございます。これで来月号の特集記事は面白い内容になりますよ」

テロップ「北野伸幸(41) 出版社『宝船社』社員、『月刊宝船』編集者」


出版社「宝船社」。『月刊宝船』編集部。編集長と、北野を含む編集者たちが仕事の話をしている。

編集長「よし、来月の『月刊宝船』はこの内容で行こう!」

編集者たち「はいっ」

机に置かれたノートパソコンを見つめる編集長と編集者たち。

ノートパソコンの画面には、来月号の『月刊宝船』の表紙の案が映っている。

オフィスで机に向かい、ノートパソコンを操作する北野。



3:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/21(水) 17:19:14.289 ID:vwL6OJlYD

深夜。街の中を歩く北野。

北野(よし……、今日の仕事はこれで一段落ついた!仕事を終えた後は、久々にあれを楽しむか)

彼が向かったのは、とあるラーメン屋のようだ。カウンター席に座り、ラーメン職人に食券を渡す北野。

ラーメン職人「麺の硬さは?」

北野「普通で」

ラーメン職人「分かりました」

店に入り、自動券売機で食券を買う喪黒福造。喪黒は、北野の隣の席に座る。

喪黒「あなた、こんな遅くまでお仕事をしていたのですか?」

北野「そうです。今日の仕事を終えたので、そろそろ食事でもしようかと思って……」

喪黒「1日を通して働き続けると、お腹がすきますからねぇ」

北野「ええ」



4:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/21(水) 17:21:18.495 ID:vwL6OJlYD

ラーメンをすする喪黒と北野。北野はラーメンの汁も飲み干し、完食する。

喪黒・北野「ごちそうさまでしたーー!!」

ラーメン職人たち「ありがとうございまーーす!!」


ラーメン屋を出て、夜の街を歩く喪黒と北野。

喪黒「おいしかったですなぁ」

北野「やはり、夜食にラーメンを食べるのは最高ですよ」

喪黒「あなた、ラーメンがお好きなのですか?」

北野「ええ。ラーメンは私の好物であり、ある意味、趣味と言っても過言ではありません」

喪黒「ラーメンが趣味……。おそらく、あなたはラーメン店の食べ歩きを重ねてきたのでしょう」

北野「はい。ラーメンファンの端くれとして、店の食べ歩きはいろいろしてきましたね」

喪黒「どのラーメンが一番おいしかったのですか?」



5:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/21(水) 17:23:14.483 ID:vwL6OJlYD

北野「それはその……。私はまだ、至高の味のラーメンに巡りあっていませんから」

喪黒「至高の味のラーメン?」

北野「ええ。私を含めたラーメンファンの人間は、心の奥底に『あるもの』を求めているんですよ」
   「そう……。至高の味のラーメンというものを……」

喪黒「ならば……。いつか出会うであろう『至高の味のラーメン』が、一番おいしいラーメンになるというわけですね?」

北野「そうです。でも、私はまだそれに出会っていませんけど……」

喪黒「分かりました……。実は、それについていい話があるんですよ」

喪黒が差し出した名刺には、「ココロのスキマ…お埋めします 喪黒福造」と書かれている。

北野「……ココロのスキマ、お埋めします?」

喪黒「私はセールスマンです。ただし、他のセールスマンとは一味違っていますが……」

北野「セールスマン?もしかして、あなたはラーメン業界のセールスマンなんですか?」



6:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/21(水) 17:25:14.475 ID:vwL6OJlYD

喪黒「いいえ、私は心を扱うセールスマンです。ボランティアでやっているから、お金は一銭もいただきません」

北野「そうなんですか……。変わったお仕事ですね……」

喪黒「いい店を知っていますから、そこでゆっくり話でもしましょうか」


BAR「魔の巣」。喪黒と北野が席に腰掛けている。

喪黒「北野さんは、昔からラーメン店の食べ歩きとかをしてきたのですか?」

北野「はい。私は大学時代から今に至るまで、時間を見つけてはラーメン店の食べ歩きをしてきました」
   「もちろん、日本列島の各地を巡って……」

喪黒「ほう……、あなたは筋金入りのラーメンマニアというわけですなぁ」

北野「まあ、その……。一般人に比べると、私はラーメンに詳しいんでしょうけど……」
   「ラーメン評論の関係者に比べると、私のラーメンの知識や食べた量なんてアマチュアもいいとこ……」

喪黒「ラーメン関係者の人たちは、ラーメンが仕事や生活そのものになっているわけですから……」



7:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/21(水) 17:27:15.110 ID:vwL6OJlYD

北野「あの人たちはプロですよ。ある意味、尊敬に値します」

喪黒「でも、ラーメン関係者の人たちは早死にをする人が多いでしょう?」
   「いくらラーメンがおいしいからと言っても、毎日食べると身体に影響が出ますからねぇ」

北野「問題はそれなんですよ……。だから、私も今ではラーメンを食べる頻度が減りました」

喪黒「それでも、ラーメンの虜になる人は後を絶ちませんねぇ。なぜなら、ラーメンは今や国民食の一つですから……」

北野「それだけじゃありません。さっきも言ったように……」
   「ラーメンファンの人たちは、至高の味のラーメンというものを求め続けているのです」

喪黒「それなんですが……。至高の味のラーメンはすでに存在していますよ。当然、いい店も知っています」

北野「どこにあるんですか、それ!?」

喪黒「それは秘密です。今日はもう夜中ですから、時間ができたらまたお会いしましょう」
   「その時、あなたに教えますよ。至高の味のラーメンが何かを……」

北野「その話、本当ですよね?冗談はよしてくださいよ!」

喪黒「ホーッホッホッホ……。本当に決まってますよ」



8:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/21(水) 17:29:14.291 ID:vwL6OJlYD

数日後、夜。とある駅の改札口近く。腕時計を見ながら、喪黒を待つ北野。北野の前に、喪黒が姿を見せる。

喪黒「やぁ、北野さん」

喪黒と北野は、いつの間にか電車に乗っている。

喪黒「次の駅を降りた近くに、いい店があるんですよ」

北野「その店のラーメンこそが、至高の味のラーメンというわけですよね?」

喪黒「そうです」

電車を降り、駅の周囲を歩く喪黒と北野。

喪黒「着きましたよ」

北野「ここですか……」

ラーメン店の前にいる喪黒と北野。店の暖簾には、「らーめん有頂天」と書かれている。

喪黒「入りましょう、北野さん」



9:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/21(水) 17:31:13.867 ID:vwL6OJlYD

らーめん有頂天。店に入り、自動券売機で食券を買う喪黒と北野。2人はカウンターの席に座る。

白石「やぁ、喪黒さん」

テロップ「白石巌(58) 『らーめん有頂天』創業者」

食券を白石に渡す喪黒と北野。

喪黒「オヤジさん、お久しぶりです」

北野「喪黒さん、この人と知り合いなんですか」

喪黒「ええ。白石さんは、らーめん有頂天の創業者なんです」

北野「創業者!?至高の味のラーメンを作っていたのは、この人だったんですか……」

喪黒「そうです。彼は、料理の腕は確かですよ」

北野「じゃあ、楽しみですね……。ここのラーメンの味がどんなのか……」

喪黒「この店のラーメンの味は、一級品ですよ。しばらく待ちましょう」



10:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/21(水) 17:33:19.039 ID:vwL6OJlYD

喪黒と北野の前に、ラーメンが置かれる。

白石「へい、お待ち!!」

割り箸を割り、ラーメンを食べ始める北野。

北野「おいしい!」

喪黒「この店のラーメンは、無添加の麺を使っているんですよ」

北野「えっ、そうなんですか?」

白石「ああ。もちろん、化学調味料も全く使用していませんよ」

北野「化学調味料も使用していないんですか……。健康志向なんですね……」

陶製のレンゲで、ラーメンの汁を口にする北野。

北野「魚介類の出汁をベースにしたこの味……。おおっ!!」
   「まるで……。口の中に海がいっぱい広がって、魚が泳いでいるような感じ……」

喪黒「化学調味料に、このおいしさは出せませんよ。『有頂天』のラーメンは、他の店とは一味違うんです」



11:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/21(水) 17:35:38.455 ID:vwL6OJlYD

さらに、箸を使ってラーメンの具を食べる北野。

北野「卵、ノリ、野菜、チャーシュー……。具の味もいい!産地を丁寧に選びぬいているようだ!」
   「特に、ラーメンの中に入っているキノコがまた何ともいえない!」

夢中になってラーメンを食べ続ける北野。喪黒と北野は、ラーメンの汁も飲み干す。

喪黒・北野「ごちそうさまでしたーー!!」

白石「ありがとうございまーーす!!」


らーめん有頂天を出て、夜の街を歩く喪黒と北野。

北野「喪黒さん、さっきの店のラーメンは本当に最高でしたよ!!この世に、こんなにおいしいものがあったのか……と」

喪黒「ほら!『有頂天』の店のラーメンは、至高の味のラーメンなのですから……」

北野「はい……!あの店のラーメンこそは、まさに至高の味のラーメンと言ってもいいでしょう!!」
   「言葉では言い尽くせないほどのおいしさ……!あれを食べている時は、心のからの快感を覚えましたし……」
   「それに、食べ終わった後は……。身体の中から力がみなぎってくるような感じさえするんです!!」

喪黒「ほう……。北野さんは、『有頂天』のラーメンにすっかりハマり込んでしまったようですなぁ」



12:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/21(水) 17:37:23.668 ID:vwL6OJlYD

北野「ええ……!もう、あの店の味がすっかり癖になってしまいそうで……」

喪黒「そうですか。ならば、北野さん……。あなたには、私と約束していただきたいことがあります」

北野「約束!?」

喪黒「はい。らーめん有頂天に行くのは、今回の一度きりにしておいてください。あの店には頻繁に行くべきではありません」

北野「どうしてですか!?あんなにおいしいものの存在を知ってしまうと、また店に行きたくなりますよ!!」
   「特に、ラーメンファンの私としては……」

喪黒「だからなのですよ。あの店のラーメンは、至高の味のラーメンなのですから……」

北野「なるほど。どんなに極上のものであっても、頻繁に味わうと慣れますからね……」
   「めったに味わえないからこそ、ありがたみが増すってことでしょう」

喪黒「まあ、私の言いたいことが何かはいずれ分かりますよ。とにかく、約束は守ってください」

北野「わ、分かりました……」



13:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/21(水) 17:39:18.727 ID:vwL6OJlYD

宝船社。『月刊宝船』編集部。編集長と会話をする北野。

北野「編集長、今度の『月刊宝船』はラーメン特集をやりましょうか?」

編集長「ラーメン特集か……。うちの雑誌はマニアックな内容の話題が多いし、読者もサブカル層が目立つ」
     「だがな……。あんまりマニアな内容にすると読者に受けないんだよ。もう少し、普遍的で社会派のテーマの方がいい」

北野「で、ですが……、ラーメンを好きな人は多いですし……。私もその一人……」

編集長「君の好みで雑誌を左右されては困る」

北野と編集長を見つめる他の編集者たち。

編集者A「北野の奴、前に比べると何か変わったな」

編集者B「ああ。昔の北野は、もう少し聞き分けがよかった気がする」

夜。あるラーメン店。カウンターでラーメンをすする北野。

北野(確かに俺はラーメンが好きだ。しかし、『有頂天』の店のラーメンを知ってからは……)
   (別のラーメン屋でのラーメンが、物足りなく感じるようになった。俺はもう一度、『有頂天』に行きたい……)



14:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/21(水) 17:41:18.463 ID:vwL6OJlYD

翌日、宝船社。机に向かいながら、貧乏ゆすりをする北野。落ち着きのない北野を、奇異な目で見つめる編集者たち。

北野(らーめん有頂天に行きたい……。行きたい……。行きたい……)

夜。らーめん有頂天の店の前に立つ北野。彼の頭の中に、喪黒の言葉が思い浮かぶ。

(喪黒「らーめん有頂天に行くのは、今回の一度きりにしておいてください。あの店には頻繁に行くべきではありません」)

北野(構うもんか……!)

店の中に入る北野。


宝船社。『月刊宝船』編集部。編集長が北野を説教している。

編集長「北野君。最近の君は、勤務態度がなっていないぞ」

北野「すみません……」

編集長「遅刻をするわ……。原稿のチェックでミスを行うわ……。連載陣の一人のライターと喧嘩をするわ……」
     「前の君はこんなんじゃなかった。しっかりしてくれよ!」

北野「は、はい……」



15:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/21(水) 17:43:12.497 ID:vwL6OJlYD

夜。線路を走る電車。電車の中には、吊革を持った北野がいる。

北野(チクショーッ!!編集長の奴、俺をクソミソにけなしやがって!ストレス解消のために、あそこへ行くしかないな)

らーめん有頂天。店のカウンターでラーメンをすする北野。彼がレンゲで、ラーメンの汁を飲むと……。

北野(おおっ……!!周りにあるものの輪郭がくっきりとして、世界が輝いて見える……!!)

毎日のように、らーめん有頂天に通い続ける北野。

テロップ「次の日――」「その次の日――」「さらに次の日――」「そして――」


宝船社。『月刊宝船』編集部。編集長と罵りあう北野。北野のげんこつが、編集長の顔面に命中する。

編集長「北野、お前はクビだ!!」

編集長にクビを宣告され、我に帰る北野。北野を見つめる編集者たち。

宝船社を飛び出し、駅へ向かう北野。

北野(くそっ……、どいつもこいつも……)



16:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/21(水) 17:45:16.241 ID:vwL6OJlYD

切符を買い、駅の地下を歩く北野。彼の前に、喪黒が姿を現す。

喪黒「おや、北野さん?あなたどこへ行くのですか?」

北野「決まってるでしょう、あの店に行くんですよ!今では、毎日のように通っていますから!」

喪黒「そうですか。北野伸幸さん……、あなた約束を破りましたね」

北野「……ああっ!!」

喪黒「私は言ったはずですよ。らーめん有頂天に行くのは、一度きりにしておけ……と」
   「それにも関わらず、あなたはあの店に何度も通っているようですねぇ」

北野「だ、だって……!ここまでおいしいものを知ってしまったせいで、私はもう……」

喪黒「もはや手遅れです。約束を破ったのだから、あなたにはペナルティーを受けて貰います!!」

喪黒は北野に右手の人差し指を向ける。

喪黒「ドーーーーーーーーーーーン!!!」

北野「ギャアアアアアアアアア!!!」



17:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/21(水) 17:48:28.637 ID:vwL6OJlYD

らーめん有頂天の前に辿りつく北野。店の周りに集まる野次馬。店の扉には、張り紙が貼ってある。

北野「『都合により、当店は閉店することになりました』だと……!?一体、どういうことだ!?」

通行人「帰って、テレビを見れば分かりますよ。あの店の人、やらかしたそうですから……」

夜。マンション。部屋でテレビを見る北野。テレビのニュースが、白石の逮捕を報道している。

テレビ「逮捕されたのは、ラーメン店経営者の白石巌容疑者です」
    「警視庁は白石容疑者の自宅から……。LSD、コカイン、マジックマッシュルームを押収しました」
    「警察の調べによると白石容疑者は、『店のラーメンに入れるために、薬物を購入した』と供述し……」
    「容疑を認めているということです……」

北野「そ、そんな……!!あのラーメンが薬物まみれだったなんて……!!」


とあるラーメン店の前にいる喪黒。

喪黒「日本のラーメンは、国内で独自の進化を成し遂げ……。今や国民食の一つとして扱われるようになりました」
   「全国には豊富な種類のラーメンが存在していますし……。ラーメンは日本人に人気のある料理の一つでもあります」
   「ただ、おいしいラーメンも毎日食べるのは身体によくないですから……。たまに味わうのがいいかもしれません」
   「ましてや、薬漬けのラーメンを毎日食べるなんて怖いですよ。おいしいものには気をつけるべきですねぇ、北野さん……」
   「オーホッホッホッホッホッホッホ……」

                   ―完―



元スレ
喪黒福造「至高の味のラーメンはすでに存在していますよ」 雑誌編集者「どこにあるんですか、それ!?」
https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1542788103/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (4)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年12月01日 08:14
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年12月01日 12:49
          • 「至高」=「薬物」という締め方はどうなんだろ?
            今まで喪黒福造の手法はグレーはあってもブラックは無かった気がする
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年12月03日 19:42
          • ラーメンの具にされるオチだと思ったが違ってた
            むしろ店主がお客でドーンされた場合のオチの方が違和感ないかも
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年12月03日 21:00
          • ※3 手首ラーメンって実際に食わせたか不明な事件がありましてね・・・。

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 村人俺「さて、どう落とし前つけてもらうかな」 けも耳幼女「がうぅ……」
        • 村人俺「さて、どう落とし前つけてもらうかな」 けも耳幼女「がうぅ……」
        • 【FF7】ジェノバ「セフィロス!!いつまで寝てんの!!」
        • 【シャニマス】灯織「モンスターハンター……?」
        • 【ミリマス】エミリーが忘れた日
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【後半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【後半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【後半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ