TOP

地の四天王「光の勇者よ、俺は無力だった」

631:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 20:30:17.36 ID:CMkDw/X/o

光の勇者(以下、勇者)「地の四天王!? もう戻ってきたのか!?」

地の四天王(以下、地王)「……うむ」

勇者「無力だった、って……何があったんだ?」

地王「俺には……もう、何も出来ぬ状況だったのだ」


地王「……地の領地、水の領地、火の領地、風の領地」

地王「どこも、顔を出したら結婚せざるを得ない感じになっていたのだ!」


勇者「……」

勇者「はあっ!?」



632:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 20:32:39.34 ID:CMkDw/X/o

勇者「待て待て! どうしてそうなった!?」

地王「俺は、まず自らの領地――地の領地に向かった」

勇者「ああ……妹さんに、留守を頼むって話だったな」

地王「……ところがな」


地王「俺の留守中に、水の四天王が妹を懐柔していたのだ!」

地王「俺の屋敷に、何故か水の四天王の部屋があったのだ!」


勇者「滅茶苦茶入り込まれてるじゃねえか!?」



633:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 20:36:31.75 ID:CMkDw/X/o

勇者「それ、本当に水の四天王の部屋だったのか!?」

地王「間違いない! これを見るが良い!」

勇者「……ん? なんだコレ……?」

地王「うむ!」


地王「水の四天王の、お気に入りの下着なのだ!」

地王「見ろ! 水の魔力で編まれた、スケスケの下着だ!」


勇者「自宅で下着泥棒して帰ってきてんじゃねえええええ!!」



634:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 20:40:41.29 ID:CMkDw/X/o

地王「水の四天王はナイスバディな上、この下着……そそるぞ~?」

勇者「あ、ああ……って、そういう話じゃねえだろ!?」

地王「加えて、広場の俺の像の隣に……水の四天王の像が建っていたのだ」

勇者「……えっ?」


地王「なのでな? 見つかったらマズイと思い、撤退した」

地王「すまぬ……成果は、この下着しか無い」


勇者「お前、本当にそれは心の底から謝ってくれ!!」



635:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 20:51:08.00 ID:CMkDw/X/o

地王「そして、水の領地の――水の四天王だ」

勇者「!? 水の四天王に会ったのか!?」

地王「はっはっは! そんな訳が無かろう!」

勇者「そうだよな! 外堀埋められまくってるもんな!」


地王「色々と、仕事の引き継ぎをしているようだったな」

地王「水の四天王は――嫁に来る準備を着々と進めているようだ」


勇者「なんか……本当に、地に足ついた生き方してんな」



636:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 20:54:14.18 ID:CMkDw/X/o

地王「まあ、なので……次に行ったのだ」

勇者「次って言うと――火の四天王だな」

地王「うむ」

勇者「火の四天王なら、割と話が簡単に行ったんじゃないか?」


地王「それがな? 火の領地に踏み入ったらな?」

地王「火龍王に決闘を申し込まれたのだ」


勇者「……」

勇者「はああっ!?」



637:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 20:59:40.43 ID:CMkDw/X/o

勇者「火龍王って、火の四天王の父親にか!?」

地王「うむ! 先代の、火の四天王なのだ!」

勇者「それで……ど、どうなったんだ!?」

地王「うむ!」


地王「――我を倒さねば、娘には会わせぬ!」

地王「……と、言われてな」


勇者「お前……それ、よくある‘アレ’じゃねえか!!」



638:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 21:08:23.19 ID:CMkDw/X/o

勇者「お前のような奴に娘はやれん、とか言われたんだろ!?」

地王「おおっ! 光の勇者よ、よくわかったな!」

勇者「やっぱり、プロポーズした事になってんじゃねえか!!」

地王「うむ……それには、俺も慌ててな」


地王「――ならば、帰る!」

地王「……と、一旦出直そうとしたのだ」

地王「火龍王には……幼き頃から、世話になっているからな」

地王「そんな、恩のある相手をボコる訳にもいくまい?」


勇者「いや……それ! それ、お前……!?」



639:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 21:12:43.37 ID:CMkDw/X/o

地王「すると、火龍王は怒り狂ってな……」

勇者「そうだろうな! 父親の立場なら、怒るよな!」

地王「プロポーズは誤解だ、と言おうとしたのだがな?」

勇者「言ったのか!?」


地王「……言えなかったのだ」

地王「――火の四天王と、その母君が突然現れてな」


勇者「……陰で見てたんだろうな」



640:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 21:23:13.54 ID:CMkDw/X/o

地王「もう怒る怒る……怒りに釣られて火山も噴火してな」

勇者「……妻と娘に怒られる父親、か」

地王「絶え間ない口撃に、火龍王も為す術が無かったぞ」

勇者「それで……お前は、どうしたんだよ?」


地王「――また今度、出直して来て!」

地王「……そう、二人に言われてな」

地王「助けを求めるような火龍王の視線を振り切り、撤退した」


勇者「その状況なら……まともに話も出来なさそうだしな」



642:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 21:32:02.07 ID:CMkDw/X/o

地王「そして、俺は風の領地――風の四天王を訪ねたのだ」

勇者「流石に、風の四天王は話がスンナリ行ったよな!?」

地王「まあ……話すには、話したぞ!」

勇者「? 何か、ひっかかる言い方だな」


地王「身を隠す間、風の領地に留まる事を条件に出された」

地王「風の四天王の狙いは、恐らく――事実婚なのだ」


勇者「いや……えっ、そうなのか!?」



643:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 21:40:36.91 ID:CMkDw/X/o

勇者「純粋に……善意とかじゃないのか?」

地王「残念だが、それは無いぞ」

勇者「いや、そんなのわからねえだろ!?」

地王「光の勇者よ、風の四天王を甘く見るな」


地王「奴は――風の結界を用意していた」

地王「地属性の俺では……その結界の出入りは出来ぬのだ」


勇者「……お前、さりげなく一番の危機だったのか!?」



644:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 21:49:29.15 ID:CMkDw/X/o

地王「ふはは! だが、みすみすやられる俺では無い!」

勇者「まあ……此処に居るってことは、逃げられたんだもんな」

地王「うむ!」

勇者「お前……どうやって逃げたんだよ?」


地王「――お前は、良い嫁になりそうだな!」

地王「と、そう言って照れている間に颯爽と撤退した」

地王「……死中に活を見出したのだ!」


勇者「お前……邪推だったら、自分で自分の首を締めただけだぞ!?」



645:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 22:02:22.46 ID:CMkDw/X/o

地王「しかし、まあ……風の四天王の協力は取り付けた……な?」

勇者「ああ、まあ……そうだな」

地王「水の四天王は顔を合わせられず……火の四天王は保留だ」

勇者「……それで、こんなにすぐ帰ってきたのか」


地王「……こんな成果では、おめおめと帰れなかった」

地王「己の無力を嘆いた俺は――酒場へと赴いたのだ」


勇者「……」

勇者「待て」



646:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 22:10:17.58 ID:CMkDw/X/o

地王「久々の酒は美味かった! ああ、美味かった!」

勇者「お前……飲んで、どうした!?」

地王「銘酒『竜殺し』! スルリとした飲み口で、カパカパいけた!」

勇者「酒の感想なんか聞いちゃいねえんだよ!」


地王「朝起きたら見知らぬ女がベッドに居たのだ!」

地王「薄らぼんやりと、ヤっちゃった記憶があるのだ!」


勇者「なんでお前はそうなんだよおおおおお!?」



647:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 22:17:32.98 ID:CMkDw/X/o

勇者「お前! それでどうしたんだ!?」

地王「うむ! その女が寝てる間に逃げてきたぞ!」

勇者「このクズ! んあああもう、このクズ!」

地王「大丈夫だ! 俺が、地の四天王とはバレていない! 多分!」


地王「それでな? 確か……」

地王「雷の――勇者だったか、女帝だったかと言っていたのだが……」

地王「光の勇者よ、どちらだと思う?」


勇者「俺に聞くんじゃねえよおおおおお!!」



648:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 22:26:47.51 ID:CMkDw/X/o

勇者「お前って奴は……どうしてだよ!?」

地王「うむ……俺も、自分で自分が恐ろしい」

勇者「いっそ、全部話した方が早いんじゃねえか!?」

地王「光の勇者よ、何を言っている!」


地王「和平など、有り得ぬ!」

地王「――全滅か!」

地王「――先延ばしか!」

地王「既に……和解など出来ぬ状況なのだ!」


勇者「お前のせいでな!」



649:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 22:33:03.42 ID:CMkDw/X/o

地王「それでな? 先延ばししている間に、なっ?」

地王「良い感じに、時が解決してくれると……俺は信じているのだ」


勇者「クソッ……どうして、こんなにややこしくなったんだ!」


地王「――光の勇者よ、すまぬな」

地王「俺が、酔ってヤっちゃったばかりに、迷惑をかけている」


勇者「本当にな!?」


地王「だが……そのおかげで、こうして気安く話せる仲になれた」

地王「その点に関しては、俺に感謝しても良いのではないか?」


勇者「うるせえよ!……うるせえよ!!」



650:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 22:45:30.57 ID:CMkDw/X/o

地王「何にせよ、あまり時間は残されていない」

勇者「まあ……そうだな」

地王「祝福の聖女のお腹が目立つ前に、何とかせねばな!」

勇者「……本当にな!」


地王「さて……それでは」

パァァ……ァァァ

大地の魔女「――明日に備えて、今日はもう寝るか!」


勇者「くそっ……どうしてこうなったんだ……!」



651:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 22:53:21.75 ID:CMkDw/X/o

  ・  ・  ・

祝福の聖女(以下、聖女)「……という訳なんです」

剣の乙女(以下、乙女)「……なるほどね」

聖女「すみません……迷惑をかけちゃいますよね」

乙女「何を言ってるのよ、水臭い」


乙女「――赤ちゃんと、光の勇者との結婚」

乙女「祝福の聖女……本当に、おめでとう」



聖女「ふふっ……ありがとうございます」



652:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 23:01:59.10 ID:CMkDw/X/o

乙女「旅が中断している間……私達が、貴女も守るわ」

聖女「剣の乙女さん……」

乙女「光の勇者と、私と……大地の魔女のお姉様の三人で、ね」

聖女「本当に……ありがとうございます……!」


乙女「猶予は三年、でしょう?」

乙女「それだけあれば……私も、お姉様との子供を授かれると思うの」

乙女「だから、私も感謝してるわ」


聖女「……はい?」


乙女「ふふっ! きっと――奇跡が起きると思うのよね!」


聖女「……」

聖女「えっ!?」



おわり



元スレ
地の四天王「光の勇者よ、助けてくれ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540900012/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (9)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月29日 20:48
          • 5 正直ここ最近の楽しみだから1年くらい続いて欲しいと思うくらいには好き
            諦めないで書いてくれよ〜
          • 2. 知の歴史
          • 2018年11月29日 20:49
          • 収束しそうで安心しました。
            物語って本当に難しいですよね。
            求められる内容と書きたいこと、色々エネルギーが使われますから。
            楽しませるにせよ、驚かせるにせよ。
            人と人の繋がりあっての作品ですから。
            宇宙の暗闇の中で私達が光明を見出だせるのなら、その終わりにこそ続きがあります。
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月29日 20:59
          • 登場人物が多いと新規には話が読めない。
            骨格として勇者がいるなら魔王の対立構図。
            会話主導による話の展開。どれも簡単そうに見えて、その実、作品の難しさや批判点もあります。単発ならば流される話も継続することで、要求や疑問も飛ばされます。
            それを受けて困惑されることもよくある話。
            話の着地点が見えなくなると、主旨からそれますし。そもそも元々テンプレートがあるからこそ、王道も邪道もスピンオフも発想もハードルが高くなりますよね。
            たとえ、一見、無様な吐血の後悔でも。
            鮮血の華が雪の白さを覆えば、それは時に紅化粧となることもあります。
            作者自身も物語として時に受け手は影響されることだってあるわけです。この人の作品だから応援しようと、と人の心は変化するわけですから。もちろん吐血するにしても、美しく散るように倒れないと伝わらないので、そう至るこおもまた難しいものですが。
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月29日 23:02
          • もうやめたれや
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月29日 23:59
          • 長文きmすぎ
            これ作者かいてんじゃねーの?
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月30日 00:05
          • 作者はまとめも消してくれって言ってるのに

            ttps://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540900012/704

            >まとめも全部消してくれると嬉しいです
            >これは載って良いレベルじゃない
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月30日 02:57
          • 「起きないから奇跡って言うのよ。」
            不意にこの台詞を思い出した。結末にしろ、剣の乙女にしろ。しかし魔族側の領地平和だなオイ。
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月30日 04:03
          • 奇跡も魔法もあるんだよ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月30日 12:23
          • 絶対悪は糞ssをまとめる管理人ってことでFA?

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【モバマスSS】千秋「魔女っ子雪美が刺さった」
        • 【モバマスSS】千秋「魔女っ子雪美が刺さった」
        • 【モバマスSS】千秋「魔女っ子雪美が刺さった」
        • 【モバマスSS】千秋「魔女っ子雪美が刺さった」
        • 彡(^)(^)「せや!異世界転移したろ!」
        • 彡(^)(^)「せや!異世界転移したろ!」
        • 彡(^)(^)「せや!異世界転移したろ!」
        • 彡(^)(^)「せや!異世界転移したろ!」
        • 妹「ねぇー、なんで兄ちゃんのゴミ箱ティッシュだらけなのー」 俺「ーは?何でもねーよ」
        • 白菊ほたる「運命の輪」 【ウルトラマンジード×シンデレラガールズ】
        • 彡(゚)(゚)「やきう応援もできるし、女子たくさんおるから吹奏楽部入ったろ!」
        • 【バンドリ】白鷺千聖「フィクション」
        • 女騎士「くっ、すぐに殺せ!」敵「え?くすぐり殺せ?」
        • 後輩(実は淫魔♀)「せんぱぁい……魔物の巣に入り込むなんて食べられに来てるような物ですよぉ……♥」
        • 俺「月曜日やだぁ。>>4(おえかき)して現実逃避しよう…」妹「お兄ちゃん…」
        • 俺「月曜日やだぁ。>>4(おえかき)して現実逃避しよう…」妹「お兄ちゃん…」
        • 獣耳娘「ふふーん、どうですか?この世界って。」
        • 俺「暇だし>>4(腹パン)するか」妹「うん!」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ