TOP

水の四天王「祝福の聖女よ、式が中止になりましたわ」

521:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 15:54:58.37 ID:ua+8PPg4o

祝福の聖女(以下、聖女)「えっ、婚約発表の式が……ですか?」

水の四天王(以下、水王)「ええ、何者かが侵入して……」

聖女「そ、それって一大事じゃないですか!?」

水王「……そうですわね」


水王「この私――水の四天王の顔も潰してくれましたの」

水王「犯人を捕らえたら……ふふっ、どうしてくれましょうね!」


聖女「と、とりあえず落ち着きましょう! ねっ!?」



522:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 15:58:42.55 ID:ua+8PPg4o

水王「はぁ……全く、事後処理も大変でしたのよ」

聖女「水の四天王さん……お疲れ様です」

水王「うふふっ、貴女のその言葉だけでも癒やされますわ」

聖女「そ……そうですか?///」


水王「ええ、貴女のお陰でこれからも頑張れそうですわ」

水王「彼の――地の四天王の領地を侵略するのを!」グッ!


聖女「それは良かった……」

聖女「……って、侵略!?」



523:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 16:01:16.01 ID:ua+8PPg4o

聖女「えっ!? 四天王同士で……戦争ですか!?」

水王「うふふっ、まあ……ある意味ではそうですわね」

聖女「だっ、大丈夫なんですか!? そんな事して!」

水王「勿論、抜かりはありませんわ」


水王「地の四天王の領地の民達も……ええ」

水王「とても、感謝してくれているんですのよ」


聖女「か……感謝……?」



524:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 16:04:33.89 ID:ua+8PPg4o

聖女「し、侵略で……戦争なんですよね?」

水王「貴女は、私と地の四天王の領地が隣なのはご存知?」

聖女「はい……知っています」

水王「それで……彼は、今不在でしょう?」


水王「その隙を突いて、ね?」

水王「――水の四天王が居ると、地の領地はとても助かる」

水王「……と、地の領地の民達が思う様に行動してるんですの!」


聖女「それって……どういう事ですか?」



525:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 16:08:23.71 ID:ua+8PPg4o

水王「具体的には、上下水道設備の充実ですわね」

聖女「は、はあ……」

水王「あとは、農耕に必要な河の流れを操作したり……」

聖女「……えっと、つまり」


水王「地の領地の民達に、感謝の言葉と共に聞かれますの」

水王「――水の四天王様は、地の領地のためにどうしてここまで……?」

水王「……うふふっ! なんてね!」


聖女「……外堀を埋めてるってことですか!?」



526:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 16:13:49.75 ID:ua+8PPg4o

水王「私、聞かれたらこう答えるようにしてますの」

聖女「な、何て答えてるんですか……?」

水王「……うふふっ!」

聖女「……!」


水王「――貴方達は、彼の愛する領地の民達ですもの」

水王「――ならば、彼が不在の時に私が動くのは当然ですわ」

水王「……ってね! うふふっ!」


聖女「物凄く色んな憶測が飛び交いそうな返しですね!?」



527:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 16:20:36.19 ID:ua+8PPg4o

水王「この間も、街を視察していたら言われましたの……」

聖女「なっ、何て!? 何て言われたんですか!?」

水王「小さな子供と言うのは、時に驚くような事を言いますわよね……」

聖女「えっ?」


水王「――地の四天王様と、水の四天王様っていつ結婚するの?」

水王「……ですって! うふふふっ!」

水王「私、驚いてしまって! もう! うふふっ!」


聖女「小さな子供まで、そういう風に思ってるんですか!?」



528:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 16:31:02.51 ID:ua+8PPg4o

水王「周囲に居た大人達は、慌ててしまって……」

聖女「他の領地を収める四天王相手……ですもんね」

水王「けれど、小さな子どもに罪はありませんわ」

聖女「水の四天王さん……」


水王「だから、ね?」

水王「その子の頭を撫でながら――」

水王「――残念ですけど……水の四天王の私でも、わかりませんの」

水王「――地の四天王様に、聞いてくださいな」

水王「……と、微笑み、許してあげましたわ」


聖女「……想像しただけで和やかになります!」



529:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 16:38:42.87 ID:ua+8PPg4o

水王「それを見ていた、伝統の職人の方が居ましてね?」

聖女「地の領地で、伝統と言うと……」

水王「石工や、彫刻ですわね」

聖女「そうでした! 本当に、見事な細工ですよね!」


水王「その……職人の方達がね?」

水王「広場に建っている、地の四天王の像の隣に……」

水王「私の――水の四天王様の像を立てる……と、盛り上がってしまって」

水王「……うふふっ! 困ってしまいましたわ!」


聖女「……」

聖女(すみません、魔王さん……今だけは……!)


聖女「……もおおおお! 困ってる顔じゃないですよー!」



530:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 16:47:45.56 ID:ua+8PPg4o

水王「けれど、彼の像よりも大きく作ると言っていたんですの!」

聖女「えっ? それって……良い事じゃないんですか?」

水王「……いいえ、そんな事はありませんわ」

聖女「えっ?」


水王「――私は、支えに来たのです」

水王「――決して、あの方より目立とうとは思いません」

水王「……ねっ? わかるでしょう?」


聖女「すっ、凄いです! えっ、あっ、あっ、わっ!」

聖女「わ、私も……その台詞、どこかで使って良いですか!?」



531:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 16:57:53.53 ID:ua+8PPg4o

水王「……結局、そのお話はお断りしましたわ」

聖女「えっ!? どうしてですか!?」

水王「……言い出した職人の方達が、ね?」

水王「地の四天王の像を作った方達だったみたいで……」

聖女「……どう断ったんですか?」


水王「――腕の悪い職人には、頼めませんわ」


聖女「ええっ!? そんな事言っちゃったんですか!?」


水王「――広場の、地の四天王の像を見れば……腕はわかります」

水王「――地の四天王は、もっと凛々しい顔立ちですわ」


聖女「うう――っ!?/// 聞いてるこっちが恥ずかしいです!///」



532:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 17:04:53.87 ID:ua+8PPg4o

水王「なので、今は……地の四天王の像を作り直してますの」

聖女「えっ、と……出来はどうなんでしょう?」

水王「私も、その原因なので見に行きはするんですけれど……」

聖女「その言い方だと、見られてないんですか?」


水王「私の意見を全て聞いたら、別人になってしまう、って」

水王「……うふふっ! だから、出来てからのお楽しみなの!」


聖女「もーっ、水の四天王さんったら!///」

聖女「ふふっ……似てない様に見えても、怒っちゃ駄目ですよ?」



533:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 17:14:23.11 ID:ua+8PPg4o

水王「けれど……彼の妹が問題なのです」

聖女「えっ? 地の四天王に……妹さんが居たんですか?」

水王「ええ、とても可愛らしい子ですのよ」

聖女「へええ……でも、問題って?」


水王「――義姉上、と」

水王「‘まだ’そう呼んではいけないと、何度も言うのに……うふふっ!」


聖女「もう、妹さんも攻略済みなんですか!?」



534:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 17:26:25.17 ID:ua+8PPg4o

水王「彼の両親は、もう遠方でご隠居なさってますし」

聖女「えっ、それじゃあ……」

水王「彼が不在の今、留守を預かっているのは彼の妹ですの」

聖女「それは……大変そうですね」


水王「当然、不慣れな事もありましたわ……」

水王「けれど、水の四天王の私もフォローしましたもの」

水王「……あの兄には勿体無い――と、言われていますわ!」


聖女「……」



535:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 17:32:58.01 ID:ua+8PPg4o

聖女「水の四天王さん、あのっ……!」

水王「? どうかしましたの?」

聖女「……!」


聖女「もし! もし……恋敵が出てきたら、どうしますか!?」


水王「……祝福の聖女?」


聖女「お願いします、答えてください!」


水王「……」

水王「――当然、戦いますわ」


聖女「……!」



536:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 17:40:46.96 ID:ua+8PPg4o

聖女「ま……魔法の撃ち合いとか、ですか」

水王「えっ!? そ、そんな事しませんわよ!?」

聖女「えっ!? そ、そうなんですか!?」

水王「もうっ! 貴女は、とんだ勘違いをしていますわ!」


水王「――水の四天王の戦いは、とても静か」

水王「それは……恋の戦争と言えど、同じ事ですわ」

水王「……うふふっ!」

水王「陣地の形成は……もう、済んでいましてよ?」


聖女「……水の四天王さん」


水王「まあ、最悪の場合は武力行使をしますけれどね?」


聖女「やっぱり、勘違いじゃなかったじゃないですかー!」



537:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 17:46:29.37 ID:ua+8PPg4o

  ・  ・  ・

光の勇者(以下、勇者)「おい」

大地の魔女(以下、地女)「んー?」モグモグ

勇者「寝転がって菓子を食いながら返事をするな!」

勇者「お前……そういえば、自分の領地は良いのか?」


地女「うむ!」

地女「俺の配下の者達は、出来る者達が揃っているからな!」

地女「ふはは! それは、俺を見ればわかるだろう?」


勇者「ああ……お前が頭でも、うまく機能してたんだもんな」



538:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 17:53:27.72 ID:ua+8PPg4o

勇者「気になったりはしないのかよ?」

地女「それは、まあ……多少はな?」

勇者「たまには、見に行かなくて良いのか?」

地女「大丈夫だろう」


地女「俺の――地の四天王の領地の民達」

地女「奴らは、心配せずとも大丈夫だ」

地女「ふっ……何せ、俺が帰るべき場所の者達だしな!」


勇者「……早く問題を片付けて、帰ってくれよな」



539:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 18:04:58.07 ID:ua+8PPg4o

地女「ふむ……その時は、お前も遊びに来い!」

勇者「勇者を遊びに招く四天王が何処に居る!」

地女「ふはは! 罠の可能性を恐れているのか!」

勇者「罠の方が気分的にマシだよ!」


地女「俺の妹は、この姿の俺に似て美少女だぞ!」クネッ!

地女「お前が祝福の聖女にフラれたら、紹介してやろう!」


勇者「余計なお世話だ!」

勇者「地の四天王! 俺は、お前とは違う!」

勇者「……って、お前妹居たのかよ!?」


地女「……はっはっは!」


地女「何にせよ、領地に戻る時が楽しみだな!」



おわり



元スレ
地の四天王「光の勇者よ、助けてくれ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540900012/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (13)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月20日 23:20
          • ああもうどんどんややこしく
            誰か、一回三行でまとめてくれ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月20日 23:27
          • 勇者・聖女・風→知ってる
            魔王・剣・火・水→知らない

            これでいいんだよな
          • 3. 知の歴史
          • 2018年11月20日 23:50
          • 長期連載ですね。
            祝福の聖女の動転ぶりがメインでしょうか。
            個人的には領民設定であることに驚きました。
            自称とか軍統括以上の意味合いだったのですね。四天王同士が俗物的というか何と戦っているのか? 寧ろ、役職はオマケというか。

            ある意味終わりが見えてきませんが。
            勇者と魔王が共倒れしたら解決しそうですね。
            大地の魔女といい、初めの頃から、随分と関係性も広がってきましたね。
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月20日 23:55
          • わからん……、今回の話見る限り少なくとも地と水の領地は人間界に侵攻するような事情が無けりゃ攻撃性もあるように見えんし、この世界の人間と魔族は何で戦ってるんだ?
            人間界から侵略とも考えたが、んな事する連中に愛の女神が祝福をするとも考えられんし……
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月21日 00:03
          • もういいんだよ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月21日 00:51
          • 5 勇者 全部知ってる
            風王 全部知ってる
            聖女 魔王と水王の二股だと思ってる
            魔王 地王と地女が同一人物という事は知ってる
            水王 何も知らない 地王と関係
            火王 何も知らない 地王と婚約者だが地女と関係
            剣乙 何も知らない 地女と関係
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月21日 00:59
          • >>4
            ドラクエだとロトの子孫(王国が派遣する勇者)VS竜の女王の子孫(世界征服を目論む竜王)
            だけどその前と後の世代では特に争ってないし、片方が侵略しなければ争わないんじゃね?
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月21日 01:15
          • 勇者と魔王は争ってるっていうのがいつもの話だけどこれは違うから面白い。敵同士なのに裏では仲がよかったりしてるから見てて飽きない
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月21日 01:34
          • 正直かわいそうなのは作者だな
            作者本人もグダってるの認識してまとめから消してほしいとまで言ってるし
            ただですらグダってるのにこんなに細切れでまとめたら印象さらに悪くなるわ
            終わった後一気にまとめとけばアンチが湧くようなこともなかっただろ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月21日 01:56
          • >>7
            だからわからないんだよ。今回のとか過去のまとめ読んでも、どうにもどっちからも攻める理由が無いように感じるし、人間界と魔王側でそこまで争ってるようにも見えないし。
            魔王討伐部隊の勇者パーティーが送り出される程の争いにしちゃどっちの世界も穏やかで余裕があるように見えるし、だけど地の四天王いわく勇者達の旅の終わりは魔王と四天王か勇者達の全滅と、典型的なRPGみたいな状態っぽい事も言ってるし。
            ま、このお話の本筋と全く関係ない疑問なんだがね。
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月21日 02:23
          • そんなにクソ真面目に考えるような作品でもあるまい
            ギャグ作品でそんなこと考えるとかナンセンスだわ
            まだまとめられてないかもしれんが作中でも魔王は良くても他の魔族が黙ってないみたいな話もあったし
            個人の思想なんぞ国同士の戦いの前にはどうしようもできんとでも思っとけ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月21日 08:26
          • これ本編ぶん投げて終わってたけど細々纏めずに全文載せればいいのに
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月21日 10:23
          • つまんないって意見を都合よく解釈するな

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ミリマス】中谷育と、ワケあり女性P
        • 【ミリマス】中谷育と、ワケあり女性P
        • 【ミリマス】中谷育と、ワケあり女性P
        • 【ミリマス】中谷育と、ワケあり女性P
        • 【ミリマス】中谷育と、ワケあり女性P
        • 【ミリマス】中谷育と、ワケあり女性P
        • 【ミリマス】中谷育と、ワケあり女性P
        • 【ミリマス】中谷育と、ワケあり女性P
        • 【ミリマス】中谷育と、ワケあり女性P
        • 【ミリマス】中谷育と、ワケあり女性P
        • 【ミリマス】中谷育と、ワケあり女性P
        • 【ミリマス】中谷育と、ワケあり女性P
        • 【ミリマス】中谷育と、ワケあり女性P
        • 【ミリマス】中谷育と、ワケあり女性P
        • 【ミリマス】中谷育と、ワケあり女性P
        • 【ミリマス】中谷育と、ワケあり女性P
        • 【ミリマス】中谷育と、ワケあり女性P
        • 【ミリマス】中谷育と、ワケあり女性P
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ