TOP

大地の魔女「光の勇者よ傍を離れるな!」

491:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 21:01:34.82 ID:dDW5kg4Eo

光の勇者(以下、勇者)「くそっ、離しやがれ!」

大地の魔女(以下、地女)「ええい、離すものか!」

勇者「離せっつってんのがわかんねえのか!」

地女「離れるなと言っているのがわからんのか!」


風の四天王(以下、風王)「……僕は、二人まとめででも構わないよ」

風王「さあ、始めようか……!」


地女「! 来るぞ、勇者!」

地女「……――説教だ!」

勇者「だから、なんで俺を巻き込むんだよおおおおお!?」



492:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 21:05:36.76 ID:dDW5kg4Eo

風王「僕が、どうして怒っているかわかるかい?」


地女「光の勇者よ、油断するな!」

地女「あれが、奴のいつもの手なのだ!」


勇者「お前、そんなに風の四天王に説教されてんのか!?」


地女「うむ! 領地が隣だからな!」

地女「……ああやって、ポロッと自白するのを誘っているのだ!」

地女「あの手に、何度してやられた事か!」


勇者「そりゃあ、心当たりが多ければしてやられるだろうよ!」


風王「……」



493:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 21:10:17.05 ID:dDW5kg4Eo

風王「それじゃあ、単刀直入に聞くよ」

風王「火の四天王の婚約発表の場をぶち壊したのは――」


地女「光の勇者が指示した事だ!」

勇者「オイコラてめえええええ!?」

地女「俺は、最初は反対していたのだ!」

勇者「いや、そりゃしてたけど……!」

地女「ぬうう、光の勇者め! 人の幸せを妬むなど!」

勇者「違うからな!? いや、そうだけど……違うぞ!?」


風王「……」



494:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 21:14:30.46 ID:dDW5kg4Eo

風王「方法は、勇者が決めたのかい?」


勇者「違う! コイツが決めた!」

地女「かぁっ! 一回、パス!」

勇者「……なんだよ、それ?」

地女「パスした事により、方法を決めたのはお前になったのだ」

勇者「ふっざけんなよ!? 一回って事は――」

地女「察しが良いな! 俺は、あと二回パスを残している!」

勇者「コイツだ! コイツが決めた!」


風王「……」



495:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 21:18:56.45 ID:dDW5kg4Eo

風王「……じゃあ、方法を決めたのも勇者で良いさ」


勇者「はあっ!? おい、なんだよそれ!」

地女「むっ!? 裁定に文句をつけるつもりか!?」

勇者「ったりめえだろ!? 俺じゃねえからな!」

地女「ええい! 光の勇者よ、見苦しいぞ!」

勇者「風の四天王! 裁きは公平に行え!」

地女「風の四天王! 人生は平等では無い!」


風王「……」

風王「…………そろそろ、良いかな?」


地女・勇者「……はい」



496:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 21:24:35.00 ID:dDW5kg4Eo

風王「君達、バレないとでも思ったのかい?」

風王「僕が――風の四天王が、見逃すとでも?」


勇者「いや、だけど……」

地女「その……なあ?」


風王「事が公にならず、今も呑気にしてられるのは……」

風王「……一体、どこの四天王のおかげだい?」


地女「……」スッ…

勇者「っふ!……っくく、おい……手ぇ上げるなよ……!」


風王「この僕が! 風の四天王が、隠蔽工作をしたからだよ!」



497:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 21:29:35.53 ID:dDW5kg4Eo

風王「方法は、他にいくらでもあっただろう!?」

風王「どうして、赤龍王を襲ったりしたんだ!」


地女「その、な?……つい、カッとなって」


風王「そもそも! 上手くいっていた筈だろう!」

風王「放っておけば、火の四天王は君から離れた!」

風王「――光の勇者、どうして彼を煽ったんだ!?」


勇者「いや、なんか……つい、と言うか」


風王「つい、じゃないんだよ! つい、じゃ!」



498:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 21:37:14.31 ID:dDW5kg4Eo

風王「僕の苦労がわかるか!?」

風王「……ああ、言ってもわからないだろうね!」

風王「本当に……これだから、男ってやつは!」


地女「……」

勇者「……」

地女「……なっ、恐ろしいだろう?」ボソボソ

勇者「ああ……何も言い返せない」ボソボソ


風王「っ!」キッ!


地女・勇者「……何でもありません」



499:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 21:42:27.25 ID:dDW5kg4Eo

風王「……僕が、どうしてそこまでしたかわかるかい?」


地女・勇者「……」


風王「……」


地女「……」

勇者「……おい」ボソッ

地女「……何だ」ボソッ

勇者「……何か言えって」ボソボソ


地女「――サッパリわからん!」


風王「君に、死んで欲しくないからだよ!」

風王「あのね、そのくらい分かって貰えるかな!?」



500:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 21:52:52.23 ID:dDW5kg4Eo

風王「だから……死なれちゃ、困るんだ」

風王「そのためなら――何だってするさ」


地女「あー……つかぬ事を聞くがな?」

地女「……アレも見ていたのか?」


風王「……見たくなんてなかったさ!」

風王「けど、火の四天王の魔力があんなに高まったら……」

風王「……意識を集中せざるを得なかったんだよ!」


勇者「お前……凄いな」


風王「……うるさい、黙れ」



501:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 21:58:52.35 ID:dDW5kg4Eo

風王「アレが露見――水の四天王にバレていたら」

風王「水の四天王の事だ……」

風王「……きっと、火の四天王を手にかけていただろうね」


地女・勇者「……」


風王「そして――怒り狂った君は、水の四天王を殺しただろう」

風王「その怒りを鎮める事は……きっと不可能だ」

風王「それこそ……殺してしまわない限り」

風王「白羽の矢が立つのは……まあ、僕で間違いないかな」


地女・勇者「……」



502:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 22:07:07.52 ID:dDW5kg4Eo

風王「僕に……君は、殺せない」

風王「かと言って、殺されるのも御免だ」

風王「だって――僕は、君を手に入れたいんだから」


勇者「なあ……コイツが、何人に手を出してるか知ってんのか?」

地王「うむ!」

地王「俺が言うのも何だが……他に、良い男は居るぞ?」


風王「……かも知れない」

風王「いや……きっと、そうなんだろうね」


風王「――けど、僕は君が欲しいんだ」


地女「……風の四天王」


勇者「な、なあ……すまん、物凄く居辛いんだが……!?」



503:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 22:14:18.43 ID:dDW5kg4Eo

風王「終わり良ければ全て良し、って言うだろう?」

風王「……魔族の生は長いんだ」

風王「意中の相手に、過去に別の相手が居たなんて当たり前の事」

風王「……今は、それが偶然近い時期なだけ」


風王「――最後に、僕を選んでくれればそれで良い」


地女「……むう」


勇者「……!」

勇者(なんで俺が居るのにこういう空気出すんだよおおおお!!)



505:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 22:22:11.04 ID:dDW5kg4Eo

風王「……こんなに心の内を晒したのは、初めてだよ」

地女「あー……まあ、何だ」


地女「お前が、そこまで俺にこだわるのは……」

地女「――‘あの時’の事が、きっかけか?」


風王「……そうだね、‘あの時’からだよ」

風王「でなければ……体を許したりはしなかったさ」


地女「……むうう」


勇者「……!?」

勇者(‘あの時’って何だよ!?……なんて聞ける空気じゃねえ!)



506:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 22:32:58.81 ID:dDW5kg4Eo

  ・  ・  ・

地女「……風の四天王め」

地女「……」

地女「まさか……‘あの時’の事をそこまで……」

地女「……むううっ!」


地女「――答えは、いつまででも待つ」

地女「……と言われても! 俺は、どうしたら良いのだ!」

地女「光の勇者よ、助けてくれ!」


勇者「‘あの時’って何なんだよおおおおお!?」



507:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 22:46:35.29 ID:dDW5kg4Eo

  ・  ・  ・

風王「……」


風王(風を自在に操り、地に縛られた者達を蔑んでいた……あの時)

風王(僕は――君に破れた)

風王(気付いた時には……僕は地に転がり、君に見下されていた)

風王(敗北の屈辱を――恥辱を受けた)


風王「風が……地に負ける」


風王(有り得ないと信じられず……死を覚悟した)

風王(……いや、みっともなく……怯えた姿を見せた)

風王(そんな僕に……君は、手を差し伸べたんだ)


風王(――四天王として、俺と共に魔王様に仕えんか?)


風王(……なんて、満身創痍の姿で……笑いながら)



508:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 22:54:11.85 ID:dDW5kg4Eo

  ・  ・  ・

地女「光の勇者よ、俺が教えたとは……絶対に言うなよ?」

勇者「良いから、さっさと教えろ!」

地女「良いか? 絶対に言うなよ!?」

勇者「良いから言え! 気になるだろうが!」


地女「四天王になっての最初の命令が、奴の討伐だったのだ」

地女「もう、本当に運良く勝ててな! あれは豪運だった!」

地女「そうしたら、奴め……殺されると思ったのか、な?」

地女「まあ、なんだ……オシッコちびっちゃってな?」


勇者「あっ! これ、聞かない方が良かったやつだな!?」



509:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 23:19:04.30 ID:dDW5kg4Eo

  ・  ・  ・

風王「……!」ゾクッ!


風王(……ああっ、思い出すだけでも体が震える!)

風王(僕に、この感覚を与えてくれるのは君しか居ない!)

風王(……だから、絶対に君は死なせない)

風王(……生きて、僕に――)

  ・  ・  ・

地王『あー……なんだ……これで拭け、遠慮するな?』

  ・  ・  ・

風王「……!」ゾクゾクッ!


風王(――恥辱と、生の実感を与え続けてくれ!)



510:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 23:31:36.05 ID:dDW5kg4Eo

  ・  ・  ・

地女「……変に真面目で、プライドが高かった分……な?」

勇者「……歪んだのか」

地女「趣味嗜好は自由だが、奴は特殊でなぁ」

勇者「……まともな奴だと思ったのに……!」


地女「だからな……いくら俺でも、ちょっと責任を感じるのだ」

地女「まあ……これ以上は、な?」

地女「プライバシーというものは、大切にしなければいかん」


勇者「……ああ、そうだな」



511:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 23:47:18.28 ID:dDW5kg4Eo

地女「……だが、奴のお陰で助かったのだ!」

勇者「……まあ、今後は十分気をつけよう」

地女「うむ!」

勇者「風の四天王に関しては……まあ、頑張れ」


地女「……光の勇者よ」

地女「地属性の俺では……風属性の奴に、今はもう対抗出来ん」

地女「……いざという時は、頼むぞ」

地女「本当に責任は感じるが……ちょっと、本当に勘弁なのだ」


勇者「物凄くお似合いな気がしたが……」


勇者「……苦手属性は、しょうがねえよな」



おわり



元スレ
地の四天王「光の勇者よ、助けてくれ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540900012/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (7)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月20日 14:20
          • 最初の奴で終わらせとけばよかった
            クッソつまんねえ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月20日 14:34
          • もうやらなくていいんじゃない
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月20日 17:16
          • 読み切りがうけたから連載化したけど練り直さなかったからグダった少年漫画のようだ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月20日 19:08
          • でも俺は好きだぞ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月20日 20:07
          • ※4
            俺も何だかんだ毎回見てる
            ただ、何だかんだ丸く収まったエンドを迎えそうで、そこが何だかんだ残念
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月20日 22:24
          • 男装の麗人かつドM属性持ちとかなんて俺得
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月22日 19:48
          • >>6
            是非参考画像が欲しいところだよな!

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【モバマス】ありす「総選挙のお祝いにいちごパスタを作りました!」
        • ガヴリール「仮面ライダージオウ?」
        • ガヴリール「仮面ライダージオウ?」
        • 【モバマス】猫垣楓「猫になっちゃいましたにゃん」 モバP「えぇ……めっちゃ落ち着いてる……」
        • 【モバマス】猫垣楓「猫になっちゃいましたにゃん」 モバP「えぇ……めっちゃ落ち着いてる……」
        • 【一人ぼっちの〇〇生活】アル「つけ忘れた・・・」
        • 【シャニマス】P「ぶつかって落とした夏葉のバッグからタバコの箱が出てきた…」
        • 【モバマス】佐藤心「ついにソロ曲だぞ☆」千川ちひろ「おめでとうございます」
        • 女「君はロックなんか聴かない」
        • モバP「加蓮、ちょっと今いいか?」
        • モバP「加蓮、ちょっと今いいか?」
        • GAYS GONE[DAYS GONE SS]
        • 【デレマス】たわいもない少女達の休み時間
        • 【デレマス】たわいもない少女達の休み時間
        • 【アイマス】やよい「ピコピコプラネッツのガチャガチャ?」
        • (´・ω・`)「ぼくがADHD………?」
        • 【るろうに剣心】志々雄「この包帯には全財力の五分の三をつぎ込んだ」方治「何やってんですか!?」
        • 【モバマス】高垣楓「風向き良し」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ