TOP

祝福の聖女「火の四天王が、婚約発表するそうです」

436:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/13(火) 19:39:25.50 ID:2zdbHm1Go

剣の乙女(以下、乙女)「えっ? それは本当なの?」

祝福の聖女(以下、聖女)「はい、確かな情報です」

乙女「成る程……だから……」

聖女「あ、あの……大丈夫ですか?」


大地の魔女(以下、地女)「なんっ、ななななんっ、何がだ!?」

地女「これは……ちょっと床板の触り心地を確かめてな! うむ!」


光の勇者(以下、勇者)「……触り心地はどうだよ?」



437:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/13(火) 19:42:51.86 ID:2zdbHm1Go

乙女「火の四天王の婚約者というのが、誰か知ってる?」

聖女「赤龍王……という方みたいです」

乙女「ふぅん? 聞いたこと無いわね」

聖女「あ、あの……大丈夫ですか?」


地女「うむ!! うむ!! 大丈夫だ!!」

地女「いやぁ! この床板は触り心地が最高だな!」


勇者「……そいつは良かったな」



438:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/13(火) 19:46:50.91 ID:2zdbHm1Go

  ・  ・  ・

地女「――焦った! 本当に肝が潰れるかと思ったぞ!」

勇者「二人は不審がってたけどな」

地女「だが! これで完璧に、火の四天王に関しては解決だ!」

勇者「……」


地女「いやぁ、大地の魔女の姿の――俺に惚れてると思いきや!」

地女「赤龍王と婚約発表など、想像以上に良い結果だぞ!」


勇者「……」



439:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/13(火) 19:49:27.07 ID:2zdbHm1Go

勇者「どうして、火の四天王の魔力は急激に弱まったんだろうな」

地女「恐らく……マリッジブルーというやつだな」

勇者「そうか?」

地女「うむ!」


地女「火の四天王の魔力の源は――喜びの感情」

地女「結婚を前に、不安になっているだけだろう」


勇者「……」



440:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/13(火) 19:52:47.19 ID:2zdbHm1Go

勇者「赤龍王ってのは、どんな奴なんだ?」

地女「出来た男だぞ! 顔も、性格も良い素晴らしい奴だ!」

勇者「そうなのか?」

地女「うむ!」


地女「火の領地は、火の四天王の父――火龍王」

地女「そして、赤龍王の大きな二つの勢力が存在していた!」

地女「その二つが一つになれば――繁栄は約束されたようなものだ!」


勇者「……そうか」



441:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/13(火) 19:58:38.08 ID:2zdbHm1Go

勇者「お前は、それに関してどう思う?」

地女「予想以上に、最高の結果だ!」

勇者「どうしてだ?」

地女「うむ!」


地女「まあ、火の四天王もな?」

地女「俺の様な男よりも、赤龍王と一緒になった方が幸せだと思うのだ」

地女「さらに、領地は栄える!」

地女「――これを最高と言わずして、何と言う!」


勇者「――‘らしく’無い事言ってんじゃねえええええ!!」


地女「ゆ……勇者?」



442:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/13(火) 20:04:12.94 ID:2zdbHm1Go

地女「ど、どうしたのだ? 男の子の日か?」

勇者「なんだそれ!? そんなもんねえよ!」

地女「ええい! ならば、一体何だと言うのだ!」

勇者「わかんねえなら言ってやるよ!」


勇者「俺の知っている、地の四天王は!」

勇者「自分の都合で女を振り回す、どうしようも無いクズだ!」

勇者「それが、何だ!? 何だ、今のお前は!」

勇者「今のお前は、最高に気持ち悪いんだよ!」


地女「ぬうう……! どう反応して良いかわからん……!」



443:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/13(火) 20:11:18.07 ID:2zdbHm1Go

地女「……しかしなぁ、今更どうも出来んぞ?」

勇者「糞が! 俺だって、こんな事言いたくねえんだよ!」

地女「では、この話は終わりということで……」

勇者「終わるな!」


勇者「――大地の魔女!」

勇者「お前の言葉が本当なら――」


勇者「――火の四天王と、赤龍王の結婚は認められない!」


勇者「俺達パーティーにとって、大きな障害になる可能性がある!」


地女「……光の勇者?」



444:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/13(火) 20:17:30.39 ID:2zdbHm1Go

地女「お前……何を言っているのだ?」

勇者「一枚岩になった火の領地は勢いを増す……そうだな?」

地女「うむ……まあ、そうだろうな」

勇者「だったら、決まってるだろうが!」


勇者「光の勇者は!」

勇者「魔王軍の勢力の一つが、勢いを増すのを止める!」

勇者「婚約発表だぁ? させるかよ、そんなもん!」


地女「光の勇者よ、正気か!?」

地女「お前それは……人として、かなり最低だぞ!?」



446:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/13(火) 20:25:30.65 ID:2zdbHm1Go

勇者「俺が、どうして気を遣わなきゃならねえんだ!」

地女「気遣いを覚える事が、大人への第一歩なのだ」

勇者「そういうこっちゃねえんだよ!」

地女「むう……?」


勇者「お前は……地の四天王はクズだ!」

勇者「そのくせ、変におせっかいを焼いてきやがって……!」

勇者「それで、大地の魔女はパーティーメンバーで……!」

勇者「ああもう! 俺にも、よくわかんねえんだよ!」

勇者「――わかれ!!」


地女「……」



447:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/13(火) 20:35:02.14 ID:2zdbHm1Go

地女「……光の勇者よ、相わかった」

勇者「……」


地女「お前は、俺を心配してくれているのだな」

地女「婚約者――火の四天王が、俺から離れていく」

地女「その事を聞き、俺の様子が普段とは違ったので、だ」

地女「うむ……確かに、少し前から‘らしく’無かったかも知れんな」

地女「そんな俺を――敵である俺を気遣ってくれた」

地女「敵ではあるが、旅の仲間として過ごしてきたのだ……」

地女「だが……それを素直に言うのは、気恥ずかしかったのだろう?」


勇者「……そこまでわかれとは言ってねえんだよおおおお!!」



451:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/13(火) 20:42:54.34 ID:2zdbHm1Go

勇者「何なんだよ! お前、本当さぁ!?」

地女「だがなぁ……それでもなぁ……」

勇者「……何だよ」

地女「うむ」


地女「せっかく、良い感じに出来たのにだな?」

地女「婚約発表を止めに行くとなると……な?」

地女「それに、光の加護があってもバレるかも知れん」

地女「そうなっては……俺の命が危ない!」


勇者「……」



452:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/13(火) 20:47:37.55 ID:2zdbHm1Go

勇者「……成る程、わかった」

地女「おお、わかってくれたか!」

勇者「お前は、今の時点から――」


勇者「俺の、パーティーメンバーじゃねえ」


地女「? 光の勇者よ、何を言って――」

地女「――っ!?」

地女「ぬうう! この身を包んでいた、聖なる力を感じぬ!?」


勇者「えっ……いや、マジで?」

勇者「光の加護って、こんなんでオフになるのか!?」



454:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/13(火) 20:54:33.55 ID:2zdbHm1Go

地女「光の勇者よ、助けてくれ!」

地女「光の加護が無いと、色々とバレてしまう!」

勇者「だったら、条件がある」

勇者「火の四天王に関して、お前の本音を聞かせろ」


地女「火の四天王は可愛い!」

地女「魔族の生は長いので、結婚なんぞ御免だが!」

地女「他にバレずにヤれるなら、ヤっちゃいたい所だ!」

地女「他の男にくれてやるなんぞ、勿体無い感が凄い!」

地女「――ほれ、パーティーに入れてくれ!」


勇者「予想以上にクズで入れたくねえええええ!!」



456:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/13(火) 21:01:41.49 ID:2zdbHm1Go

地女「早く! 早く入れてくれ! 早ーく!」

勇者「……駄目だ!」

地女「ひっ、ひどいではないか!? 騙したのか!?」

勇者「……入れて欲しきゃ、さっさと行ってこい!」


勇者「クズは、クズらしく!」

勇者「火の四天王の婚約発表をぶっ潰して来い!」


地女「ぬうう……ぜ、絶対だぞ!?」

地女「戻ったら、絶対入れてくれ!」


勇者「……ははは!」

勇者「光の加護が欲しいなら、急ぐんだな!」


勇者「……ま、たまには俺が振り回すのも悪くねえだろ?」



457:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/13(火) 21:07:28.19 ID:2zdbHm1Go

  ・  ・  ・

乙女「――逃げるなクズがあああああっ!」

聖女「――勇者様? どうして逃げるんですか?」


勇者「誤解だああああっ!!」


乙女「おっ、おおっ、お姉様に!」

乙女「入れてくれと……おっお、おねだりさせるるるるううるうるううう!?」

聖女「勇者様のあの時の誓いは嘘だったんですか?」

聖女「ねえ、答えてください……答えて、答エテ、こタエテ、コタエテ……?」


勇者「怖い怖い怖い怖い!!」



458:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/13(火) 21:17:49.13 ID:2zdbHm1Go

  ・  ・  ・

地女「……ふっ、光の勇者め」

地女「婚約発表の場を壊しに行けなど……」

地女「はっはっは! 勇者らしからぬ言葉よな!」

地女「……」


地女「やはり、俺が見込んだ通り……天晴な奴だ」

地女「まさか、この俺に使いっ走りをさせるとはな!」


――キランッ!


地女「流れ星……か」


地女「……光の勇者よ」

地女「お前の出した条件――見事果たして見せよう!」



おわり



元スレ
地の四天王「光の勇者よ、助けてくれ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540900012/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (4)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月19日 19:56
          • 本当に流れ星か?死兆星と見間違えてないか?
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月19日 19:59
          • >>勇者「火の四天王に関して、お前の本音を聞かせろ」
            地女「火の四天王は可愛い!」
            地女「魔族の生は長いので、結婚なんぞ御免だが!」
            地女「他にバレずにヤれるなら、ヤっちゃいたい所だ!」
            地女「他の男にくれてやるなんぞ、勿体無い感が凄い!」
            地女「――ほれ、パーティーに入れてくれ!」
            勇者「予想以上にクズで入れたくねえええええ!!」
            このやりとり、勇者に完全に同意
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月19日 20:34
          • その流れ星勇者じゃない?
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月19日 20:37
          • らしくない役回りで奮起させようと思ったら相手は想像以上のクズだったでござる
            そして慣れないことしたから余計な問題までくっついてきて

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 喜多見柚「冬がはじまるよっ」
        • 喜多見柚「冬がはじまるよっ」
        • ワイ「ここがおんJか……」ドアヒラキー
        • 武内P「笑顔です……変身ッ!」
        • 武内P「笑顔です……変身ッ!」
        • 武内P「笑顔です……変身ッ!」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 妹「働けやクズニート!」俺「あぁん!?>>4」
        • 妹「働けやクズニート!」俺「あぁん!?>>4」
        • 美少女委員長「鞄の中に入ってる物はなんですか!」俺「>>4(バーチャルボーイ)です」
        • 美少女委員長「鞄の中に入ってる物はなんですか!」俺「>>4(バーチャルボーイ)です」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ