TOP

地の四天王「光の勇者よ、いざ出陣の時!」

380:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 20:27:18.76 ID:bWcFzkNHo

光の勇者(以下、勇者)「いや……お前、出陣とか言うなって……」

地の四天王(以下、地王)「ええい、なんだその腑抜けた顔は!」

勇者「いや、だからな……」

地王「気合を入れろ! 歯を食いしばれ!」


地王「祝福の聖女と、熱い口付けをしに行くのだろう!」

地王「この俺自ら、歯の磨き残しが無いかチェックしてくれるわ!」


勇者「余計な気を回してんじゃねえええええ!」



381:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 20:30:09.44 ID:bWcFzkNHo

勇者「そもそも! なんでそう思うんだよ!?」

地王「ふん! わからぬと思ったか!」

勇者「だから、何でだっての!」

地王「知れたこと!」


地王「――今晩、大事な話があるんだ」

地王「……そう言われたと、祝福の聖女に相談されたからよ!」


勇者「筒抜けじゃねえか糞があああああ!」



382:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 20:34:27.21 ID:bWcFzkNHo

地王「ふはは! 普段の俺は、大地の魔女だからな!」

勇者「ああ、そうだな! お姉ちゃんとか呼ばれてるもんな!」

地王「うむ! 色々アドバイスしておいたぞ!」

勇者「お前、本当余計な事ばっかしてくれるよな!」


地王「光の勇者よ、お前はもう逃げられぬ!」

地王「祝福の聖女の愛と――」

地王「――この俺の! お姉ちゃんパワーからはな!」ムキムキッ!


勇者「姉ぶるのは、せめて女の姿の時にしてくれ!」



383:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 20:38:58.01 ID:bWcFzkNHo

勇者「そもそも! なんでその姿で居るんだよ!」

地王「何? わからんのか?」

勇者「……魔王が来てたんだな! ああ、そうだろうよ!」

地王「む? それは違うぞ、光の勇者よ」


地王「女の所へ行く男を見送るのに、女の姿では締まらんだろう」

地王「仲間として……男として、決戦に赴くお前を送り出すためだ」


勇者「……変な気遣いすんなよな」



384:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 20:43:48.41 ID:bWcFzkNHo

地王「そもそも、何が不満なのだ」

勇者「あん?」

地王「宗教関連? 女神に見られている気がする?」

勇者「……」


地王「そんなもの、女神教を滅ぼしてしまえば良いだろう」

地王「女神には、まあ……なんだ」

地王「見せつけてやれば良いのだ! 余す所なくな!」


勇者「大雑把過ぎるアドバイスをありがとうよ!!」



385:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 20:48:16.51 ID:bWcFzkNHo

地王「何か、他に気になることでもあるのか?」

勇者「……言いたくねえ」

地王「ふむ、ならば当ててやろう」

勇者「……」


地王「お前達――光の勇者、祝福の聖女、剣の乙女は三人」

地王「二人が付き合うと、残った一人が非常に気まずいから……だろう?」


勇者「……まあ、それはある」



386:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 20:51:40.80 ID:bWcFzkNHo

地王「今は、俺が居るではないか」

勇者「お前は地の四天王で敵だけどな!」

地王「ええい! いい加減、腹をくくれ!」

勇者「お前には言われたくねえ台詞だよ!」


地王「祝福の聖女は、今日は薄化粧をしてくる!」

地王「照れていないで、褒めるのを忘れるなよ!」


勇者「お前……お前本当さあああああ!?」



387:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 20:57:35.23 ID:bWcFzkNHo

勇者「なんでそこまで詳しいんだよ!?」

地王「無論! 俺が、聖女のお姉ちゃんだからだ!」

勇者「なんでそこまで親身になってんだよ!?」

地王「……ふっ」


地王「愛の女神の祝福とは……恐ろしいな」

地王「お姉ちゃん、と呼ばれるとな?」

地王「任せなさい! という気分になってしまうのだ」


勇者「祝福関係あんのかそれ!?」



388:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 21:03:20.44 ID:bWcFzkNHo

  ・  ・  ・

闇の魔王(以下、魔王)「祝福の聖女よ、其方に力を授けよう」

祝福の聖女(以下、聖女)「!? な、何を言って……!?」

魔王「この宝石には、余の闇の魔力が込められている……」

聖女「闇の魔力が!? う、受け取れません!」


魔王「この宝石に、影よ、と念じるのだ」

魔王「さすれば……三時間は女神の目すら欺けるだろう」


聖女「さ、三時間!? それに……どんな意味が!?」



389:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 21:09:17.89 ID:bWcFzkNHo

魔王「其方は、今宵……光の勇者と口付けを交わすのだろう?」

聖女「ふえっ!?/// ど、どうしてそれを!?///」

魔王「余の魔眼は、其方の考えなど全て見通している」

聖女「ま……まさか、心を!?」


魔王「普段は、男では気付かぬ……肌の色を整える程度」

魔王「だが、今日は――色付きのリップもしているのでな」


聖女「はいっ! 街で見かけた、唇がプルプルに見え――」

聖女「……心を読まれた方がマシな感じです!///」



390:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 21:15:22.68 ID:bWcFzkNHo

聖女「だけど……どうして、そんな物を?」

魔王「……先日、余の発言が其方を不快にさせてしまったからな」

聖女「あ、あれは……魔王さんが悪いんじゃありません!」

魔王「ならば、ただの贈り物として受け取るが良い」


魔王「……次の機会には十四時間のものも用意しよう」

魔王「今後、必要になってくるだろうからな」


聖女「ですから、どうして女神様の目を欺く必要が!?」



391:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 21:20:19.32 ID:bWcFzkNHo

聖女「私達は、女神様にやましい事はありません!」

魔王「……ふむ」

聖女「キスだって、その……神様の前で、誓いのキスもしますし!///」

魔王「……祝福の聖女よ」


魔王「其方は、甘いな」

魔王「光の勇者と言えども……奴は男なのだぞ?」


聖女「男だから何だって言う……」

聖女「……」

聖女「あっ」



392:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 21:32:07.83 ID:bWcFzkNHo

聖女「いや……いやいやいや!/// えっ、ええっ!?///」

魔王「祝福の聖女よ、其方は……深い口付けを侮っている」

聖女「いやっ、でも!/// そんな……えー!?/// ええーっ!?///」

魔王「余とて、あれには抗う術を知らぬ」


魔王「闇の魔王の言葉が信じられぬか?」

魔王「ふふっ……どうする?」

魔王「――祝福の聖女よ」


聖女「……」

聖女「…………」


聖女「……わあっ、とっても素敵な宝石ですね!」

聖女「ありがとうございます、魔王さん!」



393:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 21:42:12.31 ID:bWcFzkNHo

聖女「やましい事は……やましい事は、ありませんけど!」

魔王「見られながらと言うのも、な」

聖女「ほ、他に……何か、気をつける事ってありますか?」

魔王「……ふむ、そうだな」


魔王「祝福の聖女よ、流れに身を任せすぎるな」

魔王「――相手は、光の勇者」

魔王「――其方は、祝福の聖女」

魔王「今、愛の奇跡が起きては……困るであろう?」


聖女「きっ、気をつけます!」

聖女「その奇跡に関しては……二人で相談して……」

聖女「けっ、計画的に!/// 計画的にミラクルします!///」



394:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 21:53:18.72 ID:bWcFzkNHo

  ・  ・  ・

地王「――ふはは! 思い通りに事が進んだわ!」

地王「光の勇者……そして、祝福の聖女!」

地王「――なんと、御しやすい!」

地王「今日のこの状況が――」


地王「この、地の四天王と!」

地王「闇の魔王様の狙い通りだとも知らずに!」

地王「……ふはははっ! ふっはははははっ!」


地王「……この旅が終わったら、なーんぞ認められるものか!」

地王「その時は、奴らか俺たちのどちらかが倒れているではないか!」


地王「光の勇者と、祝福の聖女に――幸あれ!」


地王「はっはっは! はぁっはははははっ!」



396:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 22:02:20.85 ID:bWcFzkNHo

地王「……さて、今宵はもう何の予定も無い」

地王「魔王様も、城に戻り……静かに応援すると言っていたからな!」

地王「――むん!」


パァァ……ァァァ


大地の魔女(以下、地女)「――ならば、この大地の魔女は!」

地女「昼に買っておいた、菓子を食べるまでよ!」


地女「……いや、待つのだ」


地女「――今は、飲みに行くなという勇者が居ない」

地女「つまり……」


地女「……完全に自由だな?」



397:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 22:10:52.51 ID:bWcFzkNHo

地女「……」

地女「――ぬうう! リーダー不在とは!」

地女「ええい! 光の勇者め、面倒をかけさせてくれる!」

地女「こうなったら、各々が判断し行動する他あるまい!」

地女「……ならば!」


地女「――いざ、酒場♪」

ぴょいんっ♪


ガチャッ!


火の四天王(以下、火王)「――大地の魔女よ」


地女「ぬおおおおっ!?」



398:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 22:15:44.48 ID:bWcFzkNHo

火王「す……すまない、驚かせてしまったな」

地女「な、何なのだ!? 急に現れて……」

火王「それは……お前に、頼みがあって来た」

地女「頼み?」


火王「……理由は聞かず――」

火王「――私と、きっ、キスをして欲しい!」


地女「何故だ!?」


火王「いや、即座に聞き返さないでくれるか!?」



400:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 22:21:39.13 ID:bWcFzkNHo

地女「しかしだな……突然現れて、キスをねだるなど……」

火王「いっ、言いたいことはわかっている!///」

地女「あまり……そのな? 良くないぞ? わかるか?」

火王「わかっていると言っているだろう!?///」


地女「……火の四天王よ」

地女「ストレスが溜まっているのなら、飲みに行くか?」

地女「奢るぞ? どうだ? 遠慮はするな?」


火王「優しさで畳み掛けて来ないでくれ、頼むから!///」



401:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 22:29:19.12 ID:bWcFzkNHo

地女「悩みでもあるのか? ん?」

火王「そのっ! 飲んだあとの事が悩みだ!」

地女「飲んだ後?……あー……あーあーあー……」

火王「私は、未だに信じられん!」


火王「お前ときっ、キスしただけで翼が出たなど!」

火王「婚約者を差し置いて、体がお前を選んだなどと!」


地女「……まあ、なんだ」

地女「……体は正直だったと言うことで、一つ」

地女(何だ!? バレたのか!? バレているのか!?)

地女(キスして、俺が地の四天王だとバレるなど、あるのか!?)



402:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 22:33:45.78 ID:bWcFzkNHo

火王「私の心は、奴のものだ!」

火王「私の精神は……肉体なんぞには負けない!」

火王「むしろ――心の力で!」

火王「この体を御し切ってみせる!」


地女「うむ! その心意気、天晴!」

地女「……それでは、もう行くな?」


火王「待て待て待て待て!」

火王「話を聞いていなかったのか!? 行くな!」



403:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 22:44:01.14 ID:bWcFzkNHo

火王「行かせんぞ、大地の魔女!」

がしっ!

地女「ふん! そんな細腕で、止められると思ったか!」

火王「お前の方が腕は細いぞ!」

地女「ぬおお!? そうだったのだ!」


火王「暴れるな! 大人しくしろ!」

火王「チュッとするだけだ! それで済む!」


地女「それだけで済まぬかも知れんではないか!!」



404:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 22:48:53.82 ID:bWcFzkNHo

火王「……ぬぐぐううっ!」

地女「……ふんぎぎぎっ!」


火王「……!」

火王(私に……私に力を貸してくれ!)

火王(お前への愛が、本物であると証明させてくれ!)


火王「――出るな、龍の翼よ!」

チュッ!

地女「んむっ!?」


火王「!」

―バッサァッ!



405:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 22:52:19.19 ID:bWcFzkNHo

火王「……」バサバサッ!

地女「で、出たな! もう離せ! なっ!」

火王「……」タシンッ! タシンッ!

地女「し、尻尾も出ているな! なっ!」


地女「――火の四天王よ!」

地女「もう、大地の魔女に用は無いな!?」


火王「……ああ、無い」

火王「私が、話があるのは――」


火王「――地の四天王だ」


…タシンッ!



おわり



元スレ
地の四天王「光の勇者よ、助けてくれ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540900012/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (5)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月19日 10:06
          • ようやく地の四天王も年貢の納め時か?
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月19日 10:43
          • 光の加護が無い今がチャンス(ピンチ)
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月19日 11:21
          • これ前回の前の話か
            順番間違えたり飛ばしたり、もうブツ切りでまとめ見るより
            終わった後に他のとこでまとめて読んだほうがいいな
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月19日 15:09
          • 勇者いないということはつまり、、、
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月19日 17:10
          • いつにもましておわりがおわりだった。

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 母「そろそろ働いたら?」俺「>>3(だが断る)」
        • 母「そろそろ働いたら?」俺「>>3(だが断る)」
        • ロリ「>>3」お姉さん「ロ…ロリちゃん!?」
        • ロリ「>>3」お姉さん「ロ…ロリちゃん!?」
        • 彡(_)(_)「アカン、給料日まで食うもんがないわ…」ブリリ
        • 彡(_)(_)「アカン、給料日まで食うもんがないわ…」ブリリ
        • 妹「>>4(お兄ちゃんにつく悪い虫を掃除)してあげるね」俺「えっ」
        • 【ゾンビランドサガ】フランシュシュ「……アメリカ旅行?」
        • 【とある】御坂「アベンジャーズ!アッセンブル!」
        • 【まちカドまぞく】シャミ子「桃桃桃桃桃桃桃もんも桃桃桃もも桃桃桃桃もも桃桃桃桃もんも桃桃桃もんも桃桃桃もも桃桃桃桃!!!!!!」
        • 息子「早く避難所に行こうよ!」父親「大丈夫大丈夫」
        • 息子「早く避難所に行こうよ!」父親「大丈夫大丈夫」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはトマト」
        • 【まちカドまぞく】シャミ子「ふははは!出たな魔法少女!トリックオアトリート!お菓子くれなきゃイタズラしますよ!」
        • 【まちカドまぞく】シャミ子「ふははは!出たな魔法少女!トリックオアトリート!お菓子くれなきゃイタズラしますよ!」
        • 【まちカドまぞく】シャミ子「ふははは!出たな魔法少女!トリックオアトリート!お菓子くれなきゃイタズラしますよ!」
        • 【マギレコ】八雲みたま「第2回ミラーズカップ開催よ~♪」
        • 霊能者「0時まで何があっても振り向いてはなりません」彡(゚)(゚)「おかのした」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ