TOP

火の四天王「剣の乙女よ、私はどうすれば良い?」

286:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/09(金) 21:59:02.19 ID:zozdBxOjo

剣の乙女(以下、乙女)「急に現れて、何?」

火の四天王(以下、火王)「私には……もう、わからない」

乙女「だから、何が?」

火王「奴に……婚約者に、何と言えばいいのだ!」


乙女「酔って、朝起きたら剣の乙女がベットに居た」

乙女「どっちも裸で、覚えてないけどヤっちゃったらしい」

乙女「……じゃない?」


火王「……うわあああ!!」



287:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/09(金) 22:02:44.40 ID:zozdBxOjo

乙女「大きな声を出さないで、うるさいわよ」

火王「私は! 私は、裏切ってしまった!」

乙女「ねえ、聞いてるの?」

火王「浮気……しかも、事もあろうに敵とだ!」


乙女「あのね、声を抑えてくれない?」

乙女「そんなだから、あの時も声が大きいのよ」


火王「どの時――」

火王「――……言うな! 頼む、言わないでくれ!」



288:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/09(金) 22:05:48.46 ID:zozdBxOjo

乙女「だったら、声を小さくして頂戴」

火王「……わかった」

乙女「そうそう、良い子ね」

火王「私は……どうすれば……!」


乙女「……あのね、火の四天王」

乙女「あまり、被害者ぶらないで貰えるかしら?」


火王「……」

火王「えっ?」



289:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/09(金) 22:08:57.15 ID:zozdBxOjo

乙女「覚えてないみたいだけど、貴女……ノリノリだったわよ?」

火王「ばっ、馬鹿な! 有り得ん!」

乙女「……何? 本当に、覚えてないの?」

火王「覚えていたら、正気を保てているものか!」


乙女「――んー、ちゅ~っ! ちゅ~う~っ!」

乙女「って、貴女――」


火王「わ――っ!?/// わ――っ!?///」



290:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/09(金) 22:11:56.08 ID:zozdBxOjo

火王「う……嘘だろう!?///」

乙女「良かったわね、火の四天王」

火王「! やはり嘘か! 驚かせる――」

乙女「いえ、そうじゃなくて」


乙女「結婚していなくても、ブレスは出なかったわよ」

乙女「もんのすごいディープなキッスをしても」


火王「ひああああ!?(ボワッ)/// ひああああ!?(ボワッ)///」



291:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/09(金) 22:15:42.36 ID:zozdBxOjo

火王「有り得ない!/// そんな、ふしだらな!///」

乙女「まあ、最初のキスは恐る恐る……チュッって感じだったわね」

火王「だろう!? そこから、無理矢理――」

乙女「ええ」


乙女「チュッとしたら、目を見開いてね」

乙女「そこからはもう、スリスリベタベタ……」

乙女「言葉遣いも、なんだか幼くなっちゃって、もう」


火王「おぶっふ!?(ボワァッ)///」



292:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/09(金) 22:19:25.00 ID:zozdBxOjo

乙女「それで、やっと会えただの……」

火王「そんな! そんなっ……!」

乙女「ずっと、探してただの……」

火王「探してなどいなかった……!」


乙女「――本当に、見せつけてくれたわ」

乙女「恋人の私が見てるっていうのに」


火王「……」

火王「えっ?」



293:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/09(金) 22:24:32.30 ID:zozdBxOjo

火王「私は、お前と……その、しっ、しちゃった訳では無いのか?」

乙女「当たり前でしょう?」

火王「なっ、何だと!?」

乙女「……はあ、本当に何も覚えてないのね」


乙女「……貴女としたのは、私の恋人」

乙女「大地の魔女のお姉様よ」


火王「おっ……お姉様……?」



294:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/09(金) 22:30:56.36 ID:zozdBxOjo

火王「だが、待て……待ってくれ……!」

乙女「一対一の決闘じゃなく、集団戦闘だったの」

火王「はっ……ほっ……!?」

乙女「まあ、結果は私達の惨敗だったけれど、ね」


乙女「交互でも、一対二でも……凄かったわ、お姉様///」

乙女「……ふふっ!」

乙女「今度は、二人がかりででも、一矢報いましょうね?」


火王「……すまない、少し時間をくれ」

火王「は、破廉恥すぎて……理解が追いつかない……!」



296:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/09(金) 22:36:11.06 ID:zozdBxOjo

乙女「あの夜、一番破廉恥だったのは貴女だけれどね」

火王「ういっ!?(ボワッ)///」

乙女「あと……一つ、お願いがあるんだけど」

火王「おっ、お願い……!?///」


乙女「貴女、盛り上がると龍の翼が出るみたいなの」

乙女「ただ、あまりパタパタされると邪魔なのよね」


火王「つっ……つつつ、翼まで出ていたのか!?(ボワァァッ)///」



297:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/09(金) 22:45:15.96 ID:zozdBxOjo

乙女「何? そんなに驚くこと?」

火王「わ……私の魔力の源は、喜びの感情なんだ……」

乙女「ふぅん、そうだったのね」

火王「強者と戦える喜びが溢れた時、龍の翼が出るんだが……」


乙女「性の喜びが溢れて、翼が出たのね」

乙女「戦闘狂かと思いきや、色情狂だったって事かしら」


火王「っ……!(ボワッ)/// っふぅっ……!(ボワァッ)///」



298:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/09(金) 22:53:00.35 ID:zozdBxOjo

火王「私が、そんなっ……!」

乙女「残念だけど、事実は変えられないわ」

火王「う……うあぁっ……!」

乙女「……ふふっ」


乙女「――ようこそ、火の四天王」

乙女「貴女はもう……私と同じ」

乙女「――お姉様の、妹なのよ」


火王「やめろ……! やめてくれぇっ……!」



299:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/09(金) 22:57:08.57 ID:zozdBxOjo

火王「私には――婚約者が居る!」

乙女「それは、運命の相手じゃなかったのよ」

火王「そんな……そんな事……!」

乙女「いいえ、貴女の体は知っていたわ」


乙女「貴女の運命の相手は――大地の魔女」

乙女「これは、何があろうと揺るがないわ」


火王「う……ううっ……!」

…ガクッ!



300:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/09(金) 23:06:23.12 ID:zozdBxOjo

乙女「……火の四天王」

火王「……」

乙女「私は、貴女のあの時の喜び様が忘れられないわ」

火王「……」


乙女「大地の魔女のお姉様と、唇が触れ合った時」

乙女「あの時の貴女は、とても嬉しそうな顔をしていたわ」


乙女「――まるで、探し求めていたものを見つけたみたいに」


乙女「……ね」


火王「……剣の乙女」



301:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/09(金) 23:11:23.37 ID:zozdBxOjo

乙女「認められないなら、お願いしてみなさいよ」

火王「お願い……?」

乙女「私も、貴女だから……許してあげるんだから」

火王「何をだ……?」


乙女「酔っていない状態で、大地の魔女のお姉様とキスをするの」

乙女「その時、貴女が感じた想いに……素直になれば良いわ」


火王「……少し」

火王「少しだけ……考えさせてくれ」



302:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/09(金) 23:18:24.99 ID:zozdBxOjo

  ・  ・  ・

乙女「……はぁ、本当に世話が焼けるんだから」

乙女「……」

乙女「――そこに居るのは、わかってるわよ」

乙女「隠れてないで、出てきなさい」


風の四天王(以下、風王)「……」


乙女「御機嫌よう、とは言わないのかしら?」


風王「……ああ、まあね」



303:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/09(金) 23:28:34.47 ID:zozdBxOjo

乙女「それで? 貴女の探しものは見つかったの?」

風王「……ああ、見つけるには見つけたよ」

乙女「あら、良かったじゃないの」

風王「だけど、まだ戻れないと……言われてしまったんだ」


風王「――女の僕を選ぶ、と」

風王「……そう、言ってくれはしたんだけどね」


乙女「……」

乙女「ん?」



304:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/09(金) 23:41:44.24 ID:zozdBxOjo

乙女「貴女の想い人って、男性よね?」

風王「ああ、そうだよ」

乙女「……そうよね、私の勘違いよね」

風王「勘違い?」


乙女「貴女の想い人が――」

乙女「――私の恋人、大地の魔女のわけないものね」


風王「……」



305:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/09(金) 23:49:24.22 ID:zozdBxOjo

風王「……少し、意地悪をしようかな」

乙女「何? 意地悪?」

風王「僕と君は、元々敵同士だからね」

乙女「……何を勿体ぶってるのかしら」


風王「――僕と、大地の魔女は……ある秘密を共有している」

風王「それも……とてもとても、重大な秘密を」


乙女「……何なの、それは」



306:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/09(金) 23:56:10.26 ID:zozdBxOjo

風王「ははっ、さあてね!」

フワッ…


乙女「っ、待ちなさい! 話は終わってないわ!」


風王「気になるなら、直接本人に聞いてみると良いさ」

風王「――私に、何か隠し事をしてませんか?」

風王「ってね! ははははっ!」


乙女「風の四天王! 待ちなさい!」

乙女「……」

乙女「……逃げ足の早い……!」



307:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/10(土) 00:04:17.12 ID:Dg3S28BXo

  ・  ・  ・

大地の魔女(以下、地女)「光の勇者よ、気付いているか?」

光の勇者(以下、勇者)「……ああ、二人の様子がおかしい」


地女「剣の乙女は――最近、剣筋に迷いが見られる」


勇者「祝福の聖女は――近頃、何か思い悩んでるみたいだ」


地女「どうするのだ、リーダー」


勇者「……」



308:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/10(土) 00:10:10.47 ID:Dg3S28BXo

地女「聖女の悩みとは、恐らく……」

勇者「……」


地女「光の勇者よ」

地女「お前との、恋の行方に関する事だろう」


勇者「……多分、そうなんだろうな」

勇者「そして、剣の乙女の迷いってのは……」


地女「……うむ」

地女「……サッパリわからんなぁ」


地女・勇者「……」



309:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/10(土) 00:18:29.69 ID:Dg3S28BXo

地女「……よし! ここは任せて貰おう!」

勇者「何?」

地女「なぁに、お前には世話になっているからな!」

勇者「まあ……本当にそうだな」


地女「今の俺は、見た通り美少女だ!」

地女「つまり、ガールズトークすらお手の物よ!」


勇者「……今みたいな状況は、初めてなんだ」

勇者「だから……何だ、その……」


地女「ええい、皆まで言うな! 光の勇者よ!」

地女「大船に乗ったつもりで――」


地女「地の四天王に、全て任せておけ!」



おわり



元スレ
地の四天王「光の勇者よ、助けてくれ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540900012/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (17)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月16日 21:17
          • 5 あっ...(察し)
            グッバイ血の四天王
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月16日 21:19
          • 火の四天王のライフゼロどころかブラジルまで突き抜ける勢いでマイナスになってんぞ……。
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月16日 21:21
          • わかんないけどこれシリーズ化してんの?
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月16日 21:48
          • ワロスケピーポー笑笑
          • 5. 知の歴史
          • 2018年11月16日 22:09
          • 今回は祝福の乙女いないじゃないですが。
            剣の乙女といい、風の四天王といい、火の四天王といい紛らわしい呼称の上に敵なのか味方なのか上下関係なのかさえわからないフレンドリーっぷり。
            勇者との関係もそうですが、魔王は元気そうですね。良かった。
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月16日 22:47
          • あれ?これもしかしてガールズナイトトークに発展して勇者禿げ上がる流れ?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月16日 23:05
          • ちじょ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月17日 00:00
          • ※3
            シリーズ化してるっていうか、まだ終了してない
            一つのスレでいまだに続いてるのを細切れでまとめてる
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月17日 00:46
          • >>3
            タグ付けされてる
            結構な長編になってる
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月17日 00:46
          • >>3
            続きものですぜ。めっちゃ笑えるから追いかけてみてよ
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月17日 00:46
          • 割と本気で、最初なんで敵対してたの?ってレベルで女子間の交流がパナい
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月17日 01:06
          • 一応勇者と魔王だから政治的に敵対はしてるけど個人的な仲はいいんでしょ

            舞台裏ってやつよ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月17日 01:12
          • 隠し事してるのは剣の乙女だけじゃないんだよな…
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月17日 01:19
          • 風の四天王も地の魔女の正体分かってたよな?
            あれこれ詰み完成やんけ
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月17日 02:16
          • 風王と聖女には完全にバレたな...
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月17日 06:43
          • >地女「大船に乗ったつもりで――」


            地女「地の四天王に、全て任せておけ!」

            待て、その舟は泥舟だ
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月17日 08:10
          • >>7
            言いたいことが凄くわかるww

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • ガヴリール「仮面ライダージオウ?」
        • ガヴリール「仮面ライダージオウ?」
        • 【モバマス】猫垣楓「猫になっちゃいましたにゃん」 モバP「えぇ……めっちゃ落ち着いてる……」
        • 【モバマス】猫垣楓「猫になっちゃいましたにゃん」 モバP「えぇ……めっちゃ落ち着いてる……」
        • 【一人ぼっちの〇〇生活】アル「つけ忘れた・・・」
        • 【シャニマス】P「ぶつかって落とした夏葉のバッグからタバコの箱が出てきた…」
        • 【モバマス】佐藤心「ついにソロ曲だぞ☆」千川ちひろ「おめでとうございます」
        • 女「君はロックなんか聴かない」
        • モバP「加蓮、ちょっと今いいか?」
        • モバP「加蓮、ちょっと今いいか?」
        • GAYS GONE[DAYS GONE SS]
        • 【デレマス】たわいもない少女達の休み時間
        • 【デレマス】たわいもない少女達の休み時間
        • 【アイマス】やよい「ピコピコプラネッツのガチャガチャ?」
        • (´・ω・`)「ぼくがADHD………?」
        • 【るろうに剣心】志々雄「この包帯には全財力の五分の三をつぎ込んだ」方治「何やってんですか!?」
        • 【モバマス】高垣楓「風向き良し」
        • 【モバマス】高垣楓「風向き良し」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ