TOP

水の四天王「祝福の聖女よ、何かありましたの?」

255:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 20:52:12.13 ID:nWRwErPCo

祝福の聖女(以下、聖女)「わ……わかりますか?」

水の四天王(以下、水王)「ええ、落ち着きがありませんもの」

聖女「じ、実は……勇者様に、キスしちゃいました///」

水王「まあ! とうとう、一歩踏み出したんですのね!」


聖女「はいっ!///」

聖女「なので……私達、結婚しますっ!///」


水王「大きな一歩すぎやしませんこと!?」



256:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 20:57:19.69 ID:nWRwErPCo

聖女「えっ? 何か、おかしな事言いましたか?」

水王「ええと……キスしただけ、ですのよね?」

聖女「えっ? ええっ?」

水王「……祝福の聖女?」


聖女「私の――祝福の聖女がキスしたんですよ?」

聖女「ええと、これはもう……結婚しか無いんですけど……」


水王「どっ、どういう事ですの!?」



257:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 21:01:23.89 ID:nWRwErPCo

聖女「正確には、結婚せざるを得ないと言うか……」

水王「キスしただけで!?」

聖女「愛の女神に使える私が、あ……愛を捧げたわけですから///」

水王「女神教の戒律……ではありませんのね」


聖女「結婚しなかった場合は……えへへ!///」

聖女「全身の、毛穴という毛穴から血が吹き出ちゃいますけどね!」


水王「笑い事じゃありませんわよ!!」



258:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 21:06:19.30 ID:nWRwErPCo

聖女「えっ? 結婚すれば、大丈夫ですよ?」

水王「結婚しなければ、死んでしまうのでしょう!?」

聖女「だっ、大丈夫ですよ! 死にはしません!」

水王「けれど……無事では済みませんわよ!?」


聖女「地獄の苦しみで、精神が崩壊するらしいです!」

聖女「だから、何の問題もありませんよ!」


水王「廃人になってしまうだけでしょうに!!」



259:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 21:10:12.75 ID:nWRwErPCo

水王「ひっ、光の勇者はこの事を知って!?」

聖女「あっ、ゆ……勇者様には言わないでください!」

水王「何故!?」

聖女「だ……だって……」


聖女「重い女だ……なんて、思われたくありませんし」

聖女「だから、勇者様には内緒にしてくださいね!」


水王「知らぬ間に、命を背負わせているのに!?」



260:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 21:17:20.35 ID:nWRwErPCo

聖女「でも、大丈夫ですよ! 絶対に結婚しますから!」

水王「……随分と、自信があるんですのね」

聖女「だ、だって……勇者様の事……好きですから///」

水王「私も……貴女程素直になれたら」


水王「――友人の結婚式はとても素敵だった」

水王「――花嫁衣装には、とても憧れる」

水王「……と、遠回しな言い方をせずに済みましたのに」


聖女「あの……かなり、直接的だと思うんですけど」



261:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 21:24:31.07 ID:nWRwErPCo

水王「あら、私達は何度も体を重ねましたのよ?」

聖女「……私達がまだキスだけって、からかってます?」

水王「ふふっ! さあ、それはどうでしょうね」

聖女「もーっ!……ふふふっ!」


水王「子供が出来やすい日を狙っていたのですけれど……」

水王「恋と言うのは、中々うまくいかないものですわね」


聖女「あ、あの! 私には……は、早すぎる話題です!」



262:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 21:33:47.54 ID:nWRwErPCo

水王「避妊魔法は知っているでしょう?」

聖女「愛の無い魔法ですが……はい、知ってます……」

水王「けれど、時に奇跡が起き、子供を授かる事がある……」

聖女「そうです!! それこそ、愛の奇跡です!!」


水王「――大丈夫だから」

水王「こう言うと、殿方は勘違いしてしまうんですのよ」

水王「……魔法を使ったなどと、一言も言っていないのに」

水王「そして……奇跡が起こるのですわ」


聖女「……うぁ……ぁ、愛のなせる業ですね!!」



263:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 21:42:26.91 ID:nWRwErPCo

水王「まあ……奇跡は、起きませんでしたけれどね」

聖女「まだ、戻って来てないんですか?」

水王「先日貴女に諭されましたし、気長に待ちますわ」

聖女「……早く、帰って来ると良いですね」


水王「ええ……耐えきれず、零れた涙が湖にならぬ内に」


聖女「……水の四天王さん」


水王「その湖の水が溢れ、津波となって街を飲み込まぬ内に」


聖女「水の四天王さん!?」



264:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 21:47:30.55 ID:nWRwErPCo

水王「ああ……早く、帰ってきてくださいまし……!」

聖女「私も、祝福の聖女として、平和のために祈ります」

水王「今頃、どこで何をしているの……!」

聖女「あ、あのー……水の四天王さん?」


水王「愛しの、地の四天王……!」


聖女「……」

聖女「えっ?」



265:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 21:49:58.70 ID:nWRwErPCo

聖女「みっ、水の四天王さん!?」

水王「……えっ?」

聖女「いっ、今の……今のって!?」

水王「す、すみません……自分の世界に入ってしまって……」


聖女「水の四天王さんの想い人って――地の四天王だったんですか!?」


水王「……」

水王「ちっ――違いましゅわにょ!?」



266:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 21:57:32.19 ID:nWRwErPCo

聖女「同僚って……あー! あー、そういう事ですか!」

水王「ちっ、違……違いましてよ!」

聖女「確かに……はー! 職場恋愛って、はいはい!」

水王「……くううっ!/// 迂闊でしたわ!///」


水王「ぜ、絶対!/// 誰にも言わないでくださいまし!///」

水王「祝福の聖女よ、お願いしますわ!///」


聖女「……」

聖女「えー?」ニマニマ



267:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 22:02:07.49 ID:nWRwErPCo

聖女「どうしてですか?」ニマニマ

水王「そ、それは……魔王様と、他の四天王の前では、ですね……」

聖女「はいはい?」ニマニマ

水王「……バレないように、振る舞っているのです」


水王「だって……ねえ?」

水王「水と、地の四天王がだなんて……うふふっ!///」


聖女「もーっ!/// も――っ!///」



268:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 22:10:51.98 ID:nWRwErPCo

水王「絶対……絶対、内緒ですわよ?///」

聖女「ふふっ、勿論ですよ!///」

水王「やだもう、どうして貴女まで顔を赤くしてるの///」

聖女「わかりません/// なんか、うつっちゃいました///」


水王「……あの人が、帰ってきたら」

水王「私と貴女……そして、地の四天王と光の勇者の四人で――」


聖女「っ!?」ゴクリ…


水王「精霊の湖の側にある、別荘に遊びに行きません?///」


聖女「行きます!/// ぜ~ったい行きます!///」



269:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 22:17:33.04 ID:nWRwErPCo

聖女「凄いです……なんか、世界が輝いて見えます!」

水王「うふふっ! 当然、貴女と勇者の部屋は一緒でしてよ!」

聖女「えっ……えー?/// ええ~っ?///」

水王「……ゴホンッ!」


水王「……祝福の聖女よ」

水王「私の想い人の事は、誰にも言わない」

水王「……誓って、頂けますか?」


聖女「……水の四天王」

聖女「私は、貴女の想い人の事は、決して口外しません」

聖女「愛の女神様と――」


聖女「――私達の、友情にかけて!!」



270:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 22:22:09.18 ID:nWRwErPCo

  ・  ・  ・

闇の魔王(以下、魔王)「祝福の聖女よ、今日は機嫌が良いな」

聖女「……えへへっ、わかっちゃいますか?」

魔王「ああ、余と其方の仲では無いか」

聖女「……魔王さん」


魔王「例え、人間を全て滅ぼしたとしても……」

魔王「そ……其方だけは、生かしておこう」


聖女「えっ、あの……」

聖女「はあ……あ、ありがとう……ございます……?」



272:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 22:30:51.89 ID:nWRwErPCo

魔王「ふむ……あまり、嬉しそうでは無いな」

聖女「いっ、いえ!」

魔王「何なりと申せ、其方は何が望みだ?」

聖女「えっ?」


魔王「其方の、今の上機嫌な様子」

魔王「それは……勇者と、誓いの口付けを交わしたから」

魔王「――だけはあるまい?」


聖女「それは……」



273:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 22:34:49.86 ID:nWRwErPCo

聖女「その……内緒なんです」

魔王「何?」

聖女「ええ、と……内緒の話を聞いて……」

魔王「……ふむ」


魔王「秘密の共有、か」

魔王「確かに、それは互いの絆を深めるものだ」


聖女「だから……言えないんです」

聖女「……ごめんなさい」


魔王「……」

魔王「構わん、許す」



274:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 22:40:11.17 ID:nWRwErPCo

魔王「だが、面白くは無いな」

聖女「えっ?」

魔王「どれ……余も、其方だけに秘密を明かそう」

聖女「ど、どうしてですか……?」


魔王「余が、闇の魔王だからだ」

魔王「そして、祝福の聖女……其方が――」


聖女「私が……?」


魔王「……いや、それは明かせぬ」



275:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 22:47:01.67 ID:nWRwErPCo

魔王「――余が、明かす秘密」

聖女「……」

魔王「それは――余が恋をし、愛を育んでいる者の事だ」

聖女「えっ!? それって……」


魔王「その者の名を……其方に教えよう」

魔王「どうだ? 知りたくはないか?」


聖女「それは……知りたいです!!」

聖女「だって、ずっと『内緒だ』って言ってたんですもん!!」



277:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 22:51:25.85 ID:nWRwErPCo

魔王「その者の所在は明かせぬが……」

聖女「構いません! ええ、構いませんとも!」

魔王「ふふっ……其方は、コイバナには食いつきが良いな」

聖女「はいっ!」


聖女「だって私は――祝福の聖女ですから!」

聖女「それに……私達が、こうして話すきっかけ」

聖女「それも――恋の話でしたからね!」ニコッ!


魔王「……ならば、聞くが良い」ニコリ

魔王「余の、愛する者とは……」


聖女「とは!? わぁ~っ!/// ドキドキします!///」ニコニコ!


魔王「地の四天王だ」



おわり



元スレ
地の四天王「光の勇者よ、助けてくれ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540900012/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (18)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月15日 20:13
          • えらいこっちゃ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月15日 20:21
          • ジャッジメントタイムが近づいてきたな
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月15日 20:23
          • さすが闇の魔王、死の宣告が使えるとは…想い人に
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月15日 20:39
          • おわり

            の末文がかつてこんなに重たいSSがあっただろうか……
          • 5. 知の歴史
          • 2018年11月15日 20:42
          • まさか続いちゃったんですね。
            祝福といい、水といい、どういう関係なのだろ。
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月15日 20:54
          • あー、これ、聖女ちゃんからぽろっと溢れるな
            剣の人と火がどうなるかはわからんが、地の八つ裂きカウントダウンが始まった
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月15日 21:37
          • 逃げ切ってるならまだしも魔王には身バレしてるしな
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月15日 22:00
          • 恥の四天王を五等分にすればよくね?
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月15日 23:09
          • >>8
            これが今流行りの五等分の花婿ですか
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月15日 22:27
          • いい加減過去作のリンク貼っとけよ
            そもそもずっと一つのスレで続いてるものを分割してまとめるなよ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月15日 22:27
          • 血祭りが始まるまで秒読みだなこれ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月15日 23:33
          • 四人(場合によっちゃ五人)で争奪戦になるにしろ、まずは奴を〇ろう、話はそれからだってなるにしろ、魔王と四天王の内三人の全力の総攻撃が待ち構えてる訳だ。神話に出てくるような世界の終末みたいな状態になりそう。
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月15日 23:44
          • 終わりの始まり
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月16日 01:02
          • 終わったな(確信)
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月16日 01:26
          • 思わず、終わったと言ってしまう程に状況が切羽詰まって来たな。
            友情の板挟みに苦しんでしまうのか?
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月16日 01:39
          • やべぇ…
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月16日 01:54
          • これ一括にまとめてくれんかなあ
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月16日 06:49
          • 4 ちょっwwwこれはww

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 家出少女「なんでもするので泊めてください」俺「>>4(就職)」
        • キモオタデブ男「彼女欲しいからマッチングアプリ使うことにしたお。まずはプロフィール画像が必要みたいだから>>3にするお」
        • キモオタデブ男「彼女欲しいからマッチングアプリ使うことにしたお。まずはプロフィール画像が必要みたいだから>>3にするお」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ