TOP

大地の魔女「光の勇者よ、状況を整理しよう」

230:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 21:21:22.66 ID:eXgVFMmJo

光の勇者(以下、勇者)「……まあ、そうだな」

大地の魔女(以下、地女)「どうした、嫌そうな顔をして」

勇者「お前な……楽しい話じゃないだろ」

地女「では、早速だが!」


地女「大地の魔女という美少女は仮の姿!」

地女「この俺は、魔王軍四天王が一人――地の四天王なのだ!」


勇者「楽しそうに話すんじゃねえってんだよ!!」



231:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 21:26:26.05 ID:eXgVFMmJo

地女「本来の姿は、鍛え上げられた鋼の肉体を持つ男の中の男!」

勇者「女の敵の間違いだろうが」

地女「何を言う、光の勇者よ」

勇者「……あん?」


地女「俺は、ただ酔ってヤっちゃっただけなのだ」

地女「あまり人聞きの悪い表現はやめて貰おう」


勇者「どう聞いても人聞きが悪いわ!!」



232:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 21:29:48.11 ID:eXgVFMmJo

勇者「酔って色々と手を出して逃げて来た奴が、よくもまあ……」

地女「まあ、何とかなるだろう!」

勇者「お前、どうしてそんなに前向きなんだよ!?」

地女「知れたことよ」


地女「……光の勇者」

地女「敵とは言え、頼りにしているぞ」


勇者「お前の、その俺への信頼は何なの!?」



233:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 21:34:35.98 ID:eXgVFMmJo

勇者「姿を変えてるとは言え、魔王にはバレたんだろ?」

地女「ああ、魔王様の魔眼は欺けなかったのだ」

勇者「……お前、よく殺されなかったな」

地女「バレて影に引きずり込まれた時は、肝を冷やしたぞ!」


地女「だがまあ、今後はちょこちょこ会いに来るそうなのだ」

地女「――余とお前、二人だけの秘密だな」

地女「……と、嬉しそうに笑っていた」

地女「魔王様もお喜びのようで、俺も鼻が高いわ!」


勇者「勇者パーティーと魔王城で遠距離恋愛すんじゃねえよ!!」



234:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 21:40:23.38 ID:eXgVFMmJo

勇者「っていうか、剣の乙女と火の四天王はどうするんだ!」

地女「どう、とは?」

勇者「なんでキョトンとしてるんだよ!?」

地女「何を言っている」


地女「酔っていて、俺もほとんど覚えていないのだ」

地女「それに、どちらもヤっちゃった時、俺は女の姿だった」

地女「加えて、俺が地の四天王だとは気付かれていない」

地女「まあ……女同士なら、セーフだろう! うむ、セーフ!」


勇者「放ったらかしにしとくつもりかよ!?」



235:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 21:45:38.21 ID:eXgVFMmJo

勇者「それに、他にもまだ居るだろう!」

地女「ああ、だが……水の四天王ならば心配ないぞ」

勇者「いや、お前……この状況を知ったら怒り狂いそうだって」

地女「まず、間違い無く俺の命を狙ってくるだろう」


地女「――だが、案ずるな! 光の勇者よ!」

地女「お前の聖剣と光の加護!」

地女「祝福の聖女の支援と回復!」

地女「剣の乙女の圧倒的な剣技!」

地女「そこに! この俺が加われば……恐るるに足りん!」


勇者「お前、その発言最悪すぎるぞ!!」



236:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 21:51:17.79 ID:eXgVFMmJo

地女「地は水に有利とは言え、万が一もあるからな!」

勇者「絶対に手は貸さないからな!?」

地女「何!? 仲間を見捨てるというのか!?」

勇者「そもそも、属性の有利不利なら風の四天王はどうするんだよ!」


地女「……あー……風の四天王か」

地女「奴はなぁ……うむむ、どうするか……」


勇者「……ん?」



237:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 22:01:53.07 ID:eXgVFMmJo

勇者「なんだ、妙に歯切れが悪いじゃないか」

地女「風の四天王は、男の格好をしていただろう?」

勇者「まあ……俺達は男だと思ってたんだけどな」

地女「それでな……少し、悪いと思っているのだ」


地女「風の四天王は……体は女、心は男だったのかも知れん」

地女「だが、酔った勢いでヤっちゃってだな?」

地女「体は女、心は男……しかし、目覚めさせてしまったのだろう」

地女「この責任は……どう取るべきか……!」


勇者「お前、気遣う所おかしいぞ」



238:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 22:05:53.77 ID:eXgVFMmJo

地女「おかしくはないぞ、光の勇者よ!」

勇者「いや、おかしいっての!」

地女「ええい、わからんのか!?」

勇者「わかんねえっつってんだろうが!」


地女「酔った勢いで、お前が今の俺をヤっちゃってだな」

地女「俺が、目覚めてしまったとしたら……どう思う?」


勇者「それは……なんか申し訳なくなるな」

勇者「……」

勇者「いやお前、変な想像させんじゃねえよ!!」



239:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 22:13:12.40 ID:eXgVFMmJo

地女「だが、俺の言いたい事はわかっただろう」

勇者「……まあ、何となく」

地女「勇者よ……もしそうなった時、お前ならばどうする?」

勇者「……一つ、無かったことに」


「――出来ると思うかい?」


勇者・地女「!?」


風の四天王(以下、風王)「やあ、御機嫌よう」


勇者・地女「!!?」



240:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 22:18:03.87 ID:eXgVFMmJo

勇者「か、風の四天王!?」

地女「ど、どうして此処に!?」


風王「僕は、捜し物が得意でね」

風王「君を見つけた方法は……教えられないな」

風王「だって……また、逃げた時に困るだろう?」

風王「そうは思わないかい?」

風王「――地の四天王」


地女「くっ……勇者よ、どうする!?」

勇者「ここで俺に振るんじゃねえよ!!」



241:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 22:25:13.72 ID:eXgVFMmJo

風王「それと、勘違いを訂正しておくよ」

風王「僕は、元々身も心も女さ」

風王「男の格好をしていたのは……ちょっとした趣味かな」

風王「だから……ふふっ、君が気に病む必要なないよ」


地女「おおっ、そうだったのか!」

地女「ならば、良し!」

地女「感謝するぞ、風の四天王よ! 心が軽くなった!」


風王「……」


勇者「空気が重くなってんだよおおおおお!!」



242:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 22:31:52.35 ID:eXgVFMmJo

風王「……地の四天王」

風王「このまま、僕と一緒に戻ろう」


地女「すまんが、それは出来ん」


風王「どっ、どうしてだい?」

風王「何か、理由でもあるのかい!?」


地女「それは……」チラッ

勇者「……」

地女「すまんが、それは言えん」


風王「っ……!」ギロッ!


勇者「……えっ?」



243:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 22:38:28.92 ID:eXgVFMmJo

風王「そうか……君が、地の四天王を……!」ギロッ!


勇者「いや! いやいや待て待て! はっ!?」

地女「違う! 光の勇者は、悪くないのだ!」


風王「っ!? ゆ、勇者を庇うのかい……!?」


地女「そうではないのだ、風の四天王よ!」

勇者「そっ、そうだ! 風の四天王、勘違いはよせ!」


風王「……ふ……ふふふ」

風王「君たち……随分と、仲が良いじゃないか!」


地女「うむ、仲は良いな」

勇者「お前ちょっと黙っててくんない!?」



244:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 22:45:40.31 ID:eXgVFMmJo

風王「……もう一度だけ聞くよ」

風王「地の四天王、僕と一緒に戻ろう」


地女「俺の答えは変わらん」

勇者「いやもう、帰れって! 頼むから!」


風王「ふふ……あははははっ!」

風王「こんな屈辱、生まれて初めてだよ!」

風王「……!」ギロッ!


勇者「ほらああああ!! 俺を睨んでるじゃねえかあああ!!」



245:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 22:52:11.31 ID:eXgVFMmJo

風王「そうか……地の四天王、君は……」

風王「……女の、僕よりも――」


勇者「おいコラ、テメエ! 早く誤解を解け! 早ーく!!」


風王「――そこの……男の、光の勇者を選ぶんだね」


地女「む? いやいや、何を言っているのだ?」

地女「そういう意味で選ぶなら、女のお前を選ぶぞ?」

地女「それに、お前は美人だしな!」


風王「……」

風王「えっ? はっ……えっ?」



246:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 23:03:02.26 ID:eXgVFMmJo

  ・  ・  ・

地女「――ふはは! 光の勇者よ、風の四天王を退けたな!」

勇者「呑気に笑ってんじゃねえよ!!」

地女「……ふっ、慌てるな」

勇者「あん?」


地女「奴は、引き際に言っていた」

地女「――君が此処に居る事は、僕の胸の中に閉まっておこう」

地女「……とな! ふっはははは!!」


勇者「お前がしでかした事がバレる心配はしてねえ!!」



247:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 23:11:57.50 ID:eXgVFMmJo

地女「やはり、お前を頼って正解だったぞ!」

勇者「……腹が立つ位、お前に都合良く行ってるな」

地女「お前のお陰だ、光の勇者よ」

勇者「ぶっとばすぞ?」


地女「光の加護は、仲間をも災いから守る」

地女「……言い伝えは、やはり真実だった」


勇者「……は?」


地女「でなければ、とっくに俺の首は飛んでいるだろうからな!」


勇者「……ま、待て待て! 待て!」

勇者「この状況は、マジで俺のせいでもあるのか!?」



248:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 23:24:20.94 ID:eXgVFMmJo

地女「頼りにしているぞ、光の勇者!」

勇者「やめろ! 今、俺をそう呼ぶな!」

地女「リーダー!」

勇者「! お前をパーティーから外せば――」


地女「ふはは! そうはさせんぞ!」

地女「……状況が良い感じになるまで!」

地女「この、地の四天王!」

地女「お前を道連れにしてくれるわ!!」


勇者「お前を殺――したら……俺が恨まれるもんな!!」


地女「うむ! だから、これからも――」


パァァ……ァァァ


地の四天王「光の勇者よ、助けてくれ!」



おわり



元スレ
地の四天王「光の勇者よ、助けてくれ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540900012/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (12)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月14日 19:22
          • 地に責任を取らせるには光の勇者が邪魔なのか…
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月14日 19:51
          • 光の加護ェ…
            ただのデスエンカを死亡選択肢のある負けイベントにする様なモノか…
            にしても決定打を無意識で回避しつつ爆弾をばら撒くとは流石恥…もとい地の四天王と言った所だな(白目)
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月14日 19:53
          • 勇者が全部バラしてしまえばいいだけなのでは?
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月14日 20:45
          • 5 勇者よ…この際全部ゲロっちまえ…そうすれば血を流すのは血の四天王だけになるぞ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月14日 20:58
          • 終わり……か?
            ずっと見ていたかったが、落とし所見つけるのも大変そうだしなぁ……乙
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月14日 21:36
          • このシリーズ本当好き
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月14日 23:14
          • これで完結かなぁ
            少し悲しい
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月15日 00:39
          • 終わるわけないよな?
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月15日 01:12
          • 元スレ見るとまだ続いてるな
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月15日 01:31
          • 地の四天王が魔王と他の四天王と剣の乙女に地/の/四/天/王にされるのと勇者がストレスでハゲるか胃に穴があくの、どっちが先かな?

            ※3
            このテの話はほんっっっとややこしくてめんどくさい話になるみたいよ……。昔のバイト先でとんでもなくめんどくさい話になってた事あったし。巻き込まれる前に辞めたからどうなったか知らんけど。
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月15日 05:25
          • 光の加護パネェ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月15日 08:39
          • ※5
            管理人さんが閲覧数稼ぐために細切れにしてるだけでまだ続いている
            昨日も続きの投稿があった安心するといいぞ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 喜多見柚「冬がはじまるよっ」
        • 喜多見柚「冬がはじまるよっ」
        • ワイ「ここがおんJか……」ドアヒラキー
        • 武内P「笑顔です……変身ッ!」
        • 武内P「笑顔です……変身ッ!」
        • 武内P「笑顔です……変身ッ!」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 由里子「初期のトリコ良いじぇ~」比奈「っスね~」まゆ「…?」
        • 妹「働けやクズニート!」俺「あぁん!?>>4」
        • 妹「働けやクズニート!」俺「あぁん!?>>4」
        • 美少女委員長「鞄の中に入ってる物はなんですか!」俺「>>4(バーチャルボーイ)です」
        • 美少女委員長「鞄の中に入ってる物はなんですか!」俺「>>4(バーチャルボーイ)です」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ