TOP

勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「>>4」

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 19:41:55.472 ID:rdBCRO4Y0

長老「いや剣が喋るわけがなかろうて……」

勇者「いや確かに何か言ってるって。この声聞こえてないのか?」

長老「……まあ聞くだけ聞いてやろう。何と言っておる」

聖剣「>>4



4:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 19:42:45.872 ID:QTy1fJ250

アバダケダブラ



6:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 19:45:25.753 ID:rdBCRO4Y0

勇者「アバダケダブラって言ってる」

長老「なんじゃそれは……古代の呪文か何かか……?」

勇者「俺に聞かれてもな」

長老「この剣が確かにそう言ったのじゃな?」

勇者「ああ」

長老「……少し文献を漁って調べてみる必要があるな」

勇者「さっきまで信じてなかったくせにわざわざ調べようとするとかどうしたんだよ」

長老「……」



7:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 19:46:25.356 ID:rdBCRO4Y0

長老「まあお前が聞こえたと言うのなら……つまりそう言うことなんじゃろな」

勇者「なんだよ、さっきまで信じてなかったくせに」

長老「実はこの村でも限られた者にしか聞かされないとある言い伝えがある」


長老「この台座に刺さった剣ははるか昔、古の魔王を倒した勇者が使ったとされる聖剣じゃ」

勇者「何でそんな剣がこんな田舎の村に刺さってるんだよ」

長老「まあ聞け」



8:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 19:47:38.309 ID:rdBCRO4Y0

長老「この剣はとてつもない斬れ味と頑丈さ、聖属性を備えたとんでもない名剣じゃが、その本質は別にあるという」

勇者「本質?」

長老「天界の女神の声を選ばれし者へと届けるという力じゃ。その声を聞けるのは聖剣に選ばれし真の勇者ただ一人という」

長老「古の勇者も、かつて魔王を葬る際にはこの聖剣の声……その勇者はアンカだかナンカだかとか言うとったな。その声に従い魔王を倒したとかなんとか」

勇者「なんか急にフワッとした話になってきたな」

長老「わしだって剣の声とか聞いたことないし」



10:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 19:49:52.832 ID:rdBCRO4Y0

長老「とにかくそんな言い伝えから、真の勇者を騙る偽物が現れないように「剣の声」の話は限られた者にしか伝えられていなかった」

長老「しかしその言い伝えを知らないお前さんが声を聞いたと言うのなら騙りということはあるまい……お前さんが真の勇者なのやもしれぬ」

勇者「そんな大層な声だけど、何言ってるかわからないぞ。アバダケダブラってなんだよ」

長老「……やっぱりちょっと怪しいかも」



11:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 19:50:36.106 ID:rdBCRO4Y0

長老「いや、とにかく台座から剣を抜いてみろ。その剣が抜けたのならやっぱりお前さんが真の勇者じゃ」

勇者「えぇ……まあいいけど」


ズボッ


長老「ほら見ろ!! やっぱり抜けた!! やっぱりお前さんが勇者じゃん!!」

勇者「なんかその勝ち誇った顔すんのやめてくれないか」



13:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 19:53:07.768 ID:rdBCRO4Y0

長老「とにかく、聖剣に選ばれし者が現れたことを王宮に報告せねば」

勇者「そんなに一大事なのか?」

長老「最近魔物の動きが活発化しとるじゃろ。何か災いの前兆やもしれぬ。聖剣が勇者を選ぶことも何かの知らせと思う」

長老「今日はもう家に帰れ。これからわし忙しくなるから」

勇者「なんかよくわからないけどわかったぜ」



14:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 19:53:31.119 ID:rdBCRO4Y0

長老「あ、聖剣は持っていくんじゃぞ。聖剣に選ばれし者は常に肌身離さず聖剣を持っておく必要があるからな」

長老「聖剣がいつ天の声を届けるかわからん。声が聞こえたならば必ずその声に従うように」

長老「よいか。安価は絶対。これだけは覚えておくんじゃぞ」

勇者「はいはい」



17:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 19:54:24.578 ID:rdBCRO4Y0

帰り道

勇者「なんか胡散臭い話に巻き込まれちまったな」

勇者「こんな古臭い剣が聖剣ねぇ……」

聖剣「……」

勇者「……」


勇者「よし、一丁試してやろうか」



18:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 19:55:20.625 ID:rdBCRO4Y0

勇者「聖剣よ。ここから俺の家に帰るまでに分かれ道がある」

勇者「右は遠回りで橋を渡っていく道」

勇者「左は教会とか畑とかがある道」

勇者「どっちから帰ればいいと思う?」

聖剣「>>21



20:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 19:55:44.773 ID:grIy8oP3d

kskst



21:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 19:55:46.965 ID:STPJIXPf0

お前に帰る場所などない



25:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 19:57:00.098 ID:w0Vp1EHY0

宿無しになったか



26:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 19:57:23.615 ID:ovhFYdUA0

勇者はホームレスみたいなもんだしな



27:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 19:57:58.389 ID:dQOdnGtE0

いきなり重いわwwwww



28:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 19:58:58.089 ID:rdBCRO4Y0

聖剣「お前に帰る道などない」


勇者「何言ってんだこいつ」

勇者「……え? 帰るなってこと?」

勇者「日も暮れてるし腹減ったしここ何もないし、嫌だよ。帰るわ」

勇者「長老は安価は絶対とか言ってたけどな。俺はまだお前を信用してないんだぜ?」

勇者「いいか。お前が俺を試してるんじゃなくて、今は俺がお前を試しているんだ」

勇者「お前の声が本当に信用できるかどうかは俺が決めるからな」



29:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 20:00:18.887 ID:rdBCRO4Y0

勇者「じゃあそう言うわけだから」スタスタ

グチャッ

勇者「……ん?」


ニチャァ


勇者「犬のウ○コ踏んだ……」



32:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 20:03:52.104 ID:rdBCRO4Y0

翌朝

勇者「結局あの後は犬のウ○コ踏んだ以外に特に何も起こらなかったな」

勇者「……別に、ウ○コ踏んだのだってただの偶然だろうし。気にしてねえし」

勇者「今日はとりあえず村の広場にでも行ってみるかな」



35:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 20:06:35.987 ID:rdBCRO4Y0

広場

ワイワイガヤガヤ

勇者「……なんか騒がしいな。何が起こった?」


勇者「おーい。どうしたんだよこの騒ぎは」

村人A「ゆ、勇者……!!」

村人B「あれを見るんだ」

勇者「ん? 領主の娘の美少女ちゃんとブサメンくんじゃん」



36:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 20:09:50.302 ID:rdBCRO4Y0

勇者「……あれ? なんか二人、距離近くね?」

勇者「つーか、なんか、美少女ちゃん。顔赤くね」

村人A「あの二人、付き合い始めたらしいぜ」

勇者「……は?」



37:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 20:13:28.329 ID:rdBCRO4Y0

勇者「ど、どういうことだよ。美少女ちゃんが? あのブサメンくんと!?」

村人A「俺らに聞かれても困る」

勇者「なあ二人とも、一体何があったんだ?」

ブサメン「あ、勇者くん」

美少女「実はね。昨日の夕方、わたし、あの分かれ道のある池の前で盗賊に誘拐されそうになったの」

勇者(俺が聖剣に問いかけた道のことか)



39:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 20:14:12.374 ID:rdBCRO4Y0

勇者「領主の娘だもんな……危ないよな」

美少女「それで、たまたまその場に居合わせたブサメンくんがわたしを助けてくれて……」ポッ

ブサメン「そんな、僕はただ……」

美少女「いいのよブサメンくん。あのとき、とってもかっこよかったわ」

ブサメン「美少女ちゃん……」

勇者「…………」

勇者「まさか……」



42:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 20:17:37.473 ID:rdBCRO4Y0

その夜

勇者「なあ聖剣。俺がもしお前の言う通り、あのとき帰らずにあの場に留まり続けていたのなら」

勇者「もしかして、ブサメンくんの代わりに俺が美少女ちゃんを助けて、その、いろいろと……?」

聖剣「……」

勇者「……」

聖剣「……」

勇者「…………うそだろ」

勇者「ぐあああああああああああああ!! 美少女ちゃん、密かに憧れていたのにいいいいいい!!」ゴロゴロゴロゴロ



43:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 20:20:16.354 ID:rdBCRO4Y0

回想

長老『よいか。安価は絶対じゃぞ』



勇者「……ハッ!」

勇者「安価は……絶対……」

勇者「安価は絶対だったんだ」

勇者「そうすれば美少女ちゃんのときだってそうだし、あのとき犬のウ○コも踏まなかったんだ」

勇者「安価は絶対……」



45:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 20:27:12.578 ID:rdBCRO4Y0

翌日、長老の家

勇者「長老!」

長老「おお、どうした勇者よ」

勇者「長老……俺、俺……!」

長老「……いや、皆まで言うな。顔を見ればわかる。安価を守らず、何か痛い目にあったな?」

勇者「!」

長老「よい。過ちは誰にでもある。大事なのはそれを次にどう活かすかじゃ」

長老「して、どうやらハラは括ったみたいじゃの」

勇者「……」

長老「勇者よ。まずは王都へ向かうのじゃ。そして、選ばれし勇者として、その使命を果たしてくるのじゃ」

勇者「ああ。わかった。俺、行ってくるよ長老」



46:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 20:30:07.964 ID:rdBCRO4Y0

勇者「ところで俺、まだ何すればいいのかわかってないんだけど、王都に行って何をすればいいんだ?」

長老「……ん?」

勇者「いや、俺に何か使命があるのはわかったけどさ。別に昔の魔王が復活したとか何か急な用事があるわけでもないし。王都に行って何をすればいいんだ?」

長老「……」

勇者「……」

長老「……ふむ」

長老「聖剣の声に従い、使命を果たすがよい。迷ったときは聖剣に頼るのじゃ」

勇者(長老もよくわかってなかったんだな)



47:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 20:34:06.860 ID:rdBCRO4Y0

旅立ちの日

勇者「じゃあ俺、行ってくるよ」

長老「気をつけるんじゃぞ。わしは王都に手紙出しとくからの」



48:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 20:35:26.429 ID:rdBCRO4Y0

勇者「旅立ちはいいけど、徒歩なんだよなあ」

勇者「田舎すぎて馬車とか通ってないし。貧乏な村だから馬すらねえし」

勇者「あ、そもそも馬買うお金もなかったわ」

勇者「……」テクテク

勇者「そうだ、困った時の聖剣頼りだ」

勇者「聖剣よ。俺は今から王都へ向かう。せっかくだし何か修行っぽいことしながら行きたいんだが、何か良い案はないか?」


聖剣「>>51



53:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 20:41:26.470 ID:rdBCRO4Y0

聖剣「>>56



55:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 20:43:42.067 ID:YfjgM8ala

逆立ちで行け



56:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 20:44:48.071 ID:Ct1bVb/z0

野盗や雑魚モンスターで実戦訓練



59:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 20:49:59.847 ID:rdBCRO4Y0

勇者「野盗やモンスターで実戦訓練しながら行け、か」

勇者「俺はまだお前を振るうのには未熟だってことかよ」

勇者「まあ確かにその通りだがな」

勇者「いいさ、やってやる。実戦訓練だ!」



60:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 20:50:35.996 ID:rdBCRO4Y0

一時間後

勇者「この辺、モンスターとかいなくない?」



61:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 20:52:04.778 ID:rdBCRO4Y0

勇者「まあ、ここ田舎だし。魔物が活発に動いてるのももうちょい栄えた街の周辺らしいし」

勇者「村の周りが平和なのはいいことだけどさ」

勇者「なんというか、拍子抜けだ」


勇者「……」テクテク


勇者「……」テクテク


勇者(……あれ、これこのままだと安価達成できなくないか?)



63:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 20:55:04.764 ID:rdBCRO4Y0

勇者「……」

勇者「……」

勇者「……」チラッ


聖剣「……」シーーーーン


勇者「ま、魔物とか野盗に遭遇しないのは別に俺のせいじゃないからなっ」

聖剣「……」

勇者「こんな安価だしたお前が悪いんだからな」

聖剣「……」

勇者「……」


勇者「…………………」ガタガタガタガタ



66:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 21:03:25.457 ID:rdBCRO4Y0

勇者「嘘だろおい、こんな初っ端からつまづくって言うのかよ」

勇者「な、なにか別の安価を……」

聖剣「……」

勇者「一度出したものは取り下げないのか」

勇者「このままだと、また何かペナルティが……!?」

勇者「いや、落ち着こう。一度出したものを取り下げることは出来なくても、また追加で出したものを達成すれば1-1交換で帳消しにならないか?」

勇者「いや、なるだろ。多分」

勇者「追加安価をくれ」

聖剣「……」

勇者「……」

聖剣「……」

勇者「ああいや、別に一度目のやつを諦めたわけじゃないから。念のためのあれだから。一度目のやつも絶対達成するつもりで頑張るから。あくまでも追加だから」

聖剣「…………>>69



68:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 21:06:35.569 ID:STPJIXPf0

……



69:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 21:06:46.804 ID:STPJIXPf0

……



74:なんか重くね 2018/11/02(金) 21:24:55.353 ID:rdBCRO4Y0

聖剣「……………………」

勇者「駄目かぁーー!!駄目なのかよ!!」

勇者「こうなったら王都への回り道になってでも野盗やモンスターを探さなければ」

勇者「野盗、モンスター、野盗、モンスター……!!」ダダダダダッ!




一週間後

勇者「野盗……モンスター……」ハァハァ…



75:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 21:26:26.913 ID:rdBCRO4Y0

勇者「やばい。一度王都が見えるところまで辿り着いたけど、王都近くの魔物とか騎士団に駆除され尽くしてたし」

勇者「王都近辺とか治安良すぎて野盗とか全然出ないし」

勇者「ついには王都西門にまで来たけど、まだ入るわけにはいかないから、結局一旦離れて南の方に向かって二日経ったけど未だ何とも出くわしてないし」

勇者「なんかもう水とか食料とか尽きそうだし」

勇者「……」

勇者「誰か……助けて……野盗……モンスター……」



76:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 21:28:14.128 ID:rdBCRO4Y0

南の平原
商人の荷馬車


商人A「さて、次の取引は王都だったか」

商人B「しっかし、平和ですなあ。せっかく高い金を払って護衛さんを雇ったって言うのに特に何とも出くわさないときたもんだ」

商人A「ははっ。まあ平和なのは良いことじゃないですか」

商人B「北や東の方ともなるとモンスターやらが活発に動いてると聞いたが、西と南は平和そのものですな。こちらに来るのに護衛なんて不要だったかもしれませんねぇ」



77:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 21:37:38.158 ID:rdBCRO4Y0

護衛の傭兵「……」

商人B「よう、傭兵さん。良い天気だな。こうも平和だとその立派な武器も泣いてるんじゃないかね」

傭兵「……」

商人A「Bさん、傭兵さんに当たるのはやめましょうや。出番がないとは言え、こっちのお願いを聞いてもらってついてきてもらってるんだ。失礼なこと言っちゃいけないよ」

商人B「ちっ、まあいいや」

護衛「……」



78:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 21:38:24.472 ID:rdBCRO4Y0

商人B「さぁて、川もあるしこの辺りで休憩としましょうや」

傭兵「……商人、あまり気を抜くな」

商人A「ん?」

傭兵「この辺りは新興の盗賊団が現れたという。金を貰っているからにはこちらも尽くすが、護衛対象に気を抜かれすぎるとこちらも困る」

商人A「へぇ」

商人B「なに言ってんだか。俺はそんな話聞いたこともありませんぜ」

商人B「Aさん、こいつ、仕事が回ってこないからってとりあえずそれっぽいこと言ってるだけだから、あまり間に受けちゃいけませんよ」

商人A「はぁ」

傭兵「……」



80:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 21:45:11.689 ID:rdBCRO4Y0

物陰

盗賊「お頭、商人らしき一団を発見しやした。荷馬車三つ。王都の方に向かってるんじゃないですかね」

お頭「護衛は?」

盗賊「さあ。特に目立った奴がいるわけでもねえし、いたとしても少数でしょう」

お頭「南の方の治安の良さに油断してるのか。この辺にアジトを作ったのは正解だったかもしれんな」

盗賊「おっと。一団、休憩に入ったようで」

お頭「荷を降ろして全員が出るまで待ってろ」

お頭「了解でさぁ」



81:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 21:51:42.872 ID:rdBCRO4Y0

商人C「と、盗賊だぁーー!!」

商人A「なんだって!」

商人B「ひ、ひぃ! この辺りに出るなんて聞いてないぞ!」

商人A「さっき傭兵さんが言ってたじゃないですか!」

商人B「傭兵! 傭兵! くそっ、あのやろう肝心な時にぃ!」

盗賊「あん? 傭兵雇ってんのかよ」

商人B「ひっ」

盗賊「まあ留守みたいだしさっさと終わらせてズラかるとするか」シャキン

商人B「ひゃあーー!!」



82:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 21:54:29.200 ID:rdBCRO4Y0

ズバッ!


盗賊「……がふっ」ドサッ


傭兵「だから言っただろうに」

商人A「傭兵さん!!」

商人B「傭兵! このやろ……! 出番だ! 高い金払ってんだからさっさとこいつらを追い払え! お前の仕事だろうが!」

傭兵「……」



84:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 21:58:25.864 ID:rdBCRO4Y0

ズバッ! ズバッ!

傭兵「……数が多いな」

盗賊「ちっ、あいつ鬼のように強いぜ!」

盗賊「一人で挑むな! 囲め!」

傭兵(一人ひとりは大したことはなくてもこの人数は厳しいな。私一人ならまだしも、休憩でこうも無防備に広がった荷馬車や商人たちを守り切るのは……)



??「おい!! あんたら!!」

傭兵「!」

商人AB「!!?」



86:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 22:03:17.534 ID:rdBCRO4Y0

傭兵「新手か……?」

勇者「なあ、あんたら、野盗だよな? どう見ても野盗だよな!?」

商人A「な、なんだあの男は……」

商人B「ボロボロの身なりに、痩けた頬……剣で武装している……その上、あの血走った目……!」

商人C「きっとやばい奴に違いない」

勇者「お前らには聞いてねえ! 俺はそこのやばそうな奴らに聞いてるんだ。野盗だよな?」

盗賊「お前にやばい奴とか言われたくないんだが」



88:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 22:10:36.430 ID:rdBCRO4Y0

傭兵「奴らは最近ここらを荒らしている盗賊団だ。商団の荷を狙い襲撃してきた」

勇者「盗賊団……?」

傭兵「ああ。そしてお前は何者だ?」

勇者「盗賊って野盗だよな。通行人を狙って追い剥ぎやら何やらしてくる奴らは野盗と呼んでいいはず。
盗賊に野盗は含まれないけど野盗に盗賊は含まれるわけだからつまりこいつらを倒せば安価である野盗や
モンスターを倒しながら実戦練習を達成できるはず。数は指定していないよな?だから一人でも倒せれば
俺は王都に入る権利を手に入れられるはずなんだよ。安価は「野盗やモンスターを」であって「野盗と
モンスターを」ではないのだからこいつらさえ倒せれば万事解決というわけだ」ブツブツブツブツ

傭兵「なんだこいつは……」



90:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 22:20:29.972 ID:rdBCRO4Y0

盗賊A「一人で何をゴチャゴチャ言ってやがる、キモいんだよ、死ねぇ!」

勇者「うるさい!!!」ズバッ!

盗賊A「ぐわぁ!」


傭兵「!」


勇者「あ。ノルマ達成?」

盗賊B「こいつ、Aの剣をまっぷたつにしながら斬りやがった!」



91:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 22:20:52.719 ID:rdBCRO4Y0

勇者「お前ら……」

勇者「ありがとう!!」

盗賊B「おんっ!!」ズバッ!


盗賊C「ひぃっ、こいつやべぇよ! 目とか頭とか!」


傭兵「……」サササッ



92:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 22:24:45.907 ID:rdBCRO4Y0

お頭「何をちんたらやってやがる。護衛は一人じゃなかったのかよ」

盗賊「お頭……それが、その一人が相当腕の立つ奴でして」

お頭「それでも一人だろうが!」

盗賊「そ、その上、なんだか頭のおかしい奴が加勢に来たみたいでして」

お頭「はぁ?」

盗賊「おかしいのは頭だけじゃなくて、どうやら俺らの鉄の剣ごとまっぷたつに切り裂いてくるようで、どうにも手が付けられず……」

お頭「一人だか二人だかにいちいち手こずりやがって……もういい! 俺が出てやる!」

傭兵「その必要は無い」

お頭「!」

盗賊「ひっ、出た!!」



93:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 22:30:53.794 ID:rdBCRO4Y0

盗賊「あ。でもこいつ、頭のおかしい奴じゃないですぜ。もともといた普通に強い奴でさぁ」

お頭「普通に強い、ねぇ」

傭兵「彼の目的が何かはわからないが、狙いはお前達のようだからな。彼が暴れている隙に頭を叩かせてもらおう」

お頭「けっ、普通に強い程度の奴が俺に勝てると思うのか?」

お頭「俺はこれでも昔は王都の騎士団に所属してたんだ。そんじょそこらの奴に負けはしねえよ」

傭兵「盗賊に堕ちた騎士崩れか。よほどの落ちこぼれだったのだな」

お頭「てめぇ……!」

傭兵「昔話はいい。手短に済ませよう」

お頭「っ! うおおおおおお!!」



94:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 22:31:17.126 ID:rdBCRO4Y0

ズバッ


お頭「……バカな……」ドサッ


盗賊「お頭ぁ!!」


傭兵「お前も余所見している暇があるのか?」

盗賊「……あ?」

ズバッ



95:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 22:37:40.765 ID:rdBCRO4Y0

その後

商人A「いやぁ、助かりました! ありがとうございます傭兵さん。あんたを雇って良かったですよ」

商人B「へっ、高い金払ってんだからこれくらい当然だろうぜ」

商人A「……お礼くらい素直に言いましょうよ」

傭兵「いや、その男の言う通りだ。仕事だからな。礼はいらない。報酬さえきっちり貰えればな」


商人A「それと、そこのあなたも」

勇者「いやなに、当然のことをしたまでです。むしろこっちがお礼を言いたいくらいで」

商人B(なんでスッキリしたような顔をしているんだ……)

商人A(まるで憑き物が落ちたかのようですね)



98:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 22:44:04.472 ID:rdBCRO4Y0

傭兵「……その剣」

勇者「ん?」

傭兵「……」

勇者「……な、なんだよ」

傭兵「いや。良い剣だと思ってな」

勇者「あ、ありがとう?」

傭兵「だが、技が拙い。盗賊どもの安物の剣だったから良かったものの、強者と戦うには使い手が幼すぎる」

勇者「……褒めるか貶すかどっちかにしろと言いたいけど、これは俺が貶されてるんだよな」

傭兵「ほう。怒らないのだな。戦士が技を貶されているというのに」

勇者「まあ、事実だからいいよ。これから強くなればいいんだし」

勇者「安価達成して気分がいいし」

傭兵(安価……?)



99:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 22:47:23.315 ID:rdBCRO4Y0

商人A「少ないですけど、謝礼を支払わせていただきたく」

勇者「謝礼? あぁ、いいですよそんなの。何度も言うけどこっちがお礼を言いたいくらいなんだ。困った時はお互いさまってことで……」

グギュルルルルル

勇者「……」

商人A「……おなか、空きませんか?」

勇者「はい」



100:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 22:50:34.614 ID:rdBCRO4Y0

商人A「ほう、勇者さんは王都へ向かっているのですな」

勇者「はい。一度王都の西門についたんですけど安価ができてないので王都に入れないくて南に行ったんです」ムシャムシャ

商人A(安価……?)

商人A「ええと、安価というのは通行証とかのことですかな?」

勇者「ああいえ、安価はもう達成したので王都に入れます。バッチリです」

商人A「???」



102:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 22:55:41.634 ID:rdBCRO4Y0

商人A「こほん。まあ問題が解決したのなら何よりですな」

商人A「ところで、これから王都へ向かうと言うのならば一緒にどうですか?」

勇者「一緒に?」

商人A「勇者さんの腕はこの目で確かめましたから。一緒にいてくだされば心強い」

商人B「おいおい、また穀潰しを増やすんですかい。一回来たんだからもう盗賊も出ないでしょうよ」

商人A「もう出ないという保証はないでしょう。勇者さん、どうです? もちろん、相場の報酬は支払います」

勇者「……うーん」


聖剣「>>105



104:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 22:57:36.978 ID:VYfXiEdA0

一緒に着いてゆけ 但し魔物を1匹以上倒せ



105:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 22:58:52.895 ID:I1kpLYM90

適当に荷物を一つ斬れ



107:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 23:04:32.308 ID:rdBCRO4Y0

聖剣「適当に荷物を一つ斬れ」

勇者「えっ」

聖剣「適当に荷物を一つ斬れ」

勇者「……おいおいおい」

商人A「どうされましたかな」

勇者「ああ、いえ、ええと」

勇者(何でよりによってこんなタイミングでこんな安価が出るんだよ)

勇者(何考えてんだこの聖剣)ダラダラダラダラ…



108:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 23:07:04.625 ID:rdBCRO4Y0

商人A「ゆ、勇者さん。なんだか酷い汗が……どこか体調でも悪いのですか」

勇者「いや、あの、はい。大丈夫です」ダラダラダラダラ…

商人A「もしや、先ほどの戦闘でどこか怪我を……!」

商人A「誰か! 傷薬と解毒薬を持って来てくれ! 大至急だ!」

勇者「あの、本当大丈夫ですから」ダラダラダラダラ

勇者(これからしようとすることを思うとこの純粋な心遣いが痛い)



111:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 23:12:18.309 ID:rdBCRO4Y0

勇者「……」

勇者(……別に、どの荷物を切れとか指定はないよな?)

勇者(い、一番安そうなやつ……なんか小さめの……)

勇者(……あの荷馬車から見えてるちっこい箱のやつにしよう)

勇者(別に指定とかないもんな。ちょっと手元が狂ったとか、なんとか言い訳して。安いやつなら最悪弁償できるし)



112:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 23:12:44.992 ID:rdBCRO4Y0

勇者「……」

商人A「勇者さん? 急に立ち上がってどこに……」

勇者「えいっ」スパッ

商人A「あ」

傭兵「!」



勇者「あ、あはは。なんかちょっと手元が狂っ……」


商人A「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!」

勇者「!!?」



113:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 23:14:33.812 ID:rdBCRO4Y0

商人A「それはっ!! 王都の貴族との取引で使う品物!!」

勇者「えっ」

商人A「何やら偉く欲しがっていたものすごい貴重品!!」

商人A「それを手に入れるためなら金を惜しまないとすら言われたものすごい貴重品!!」

勇者「……」



114:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 23:20:19.071 ID:rdBCRO4Y0

商人A「これで貴族との取引は台無しだぁ!! ウチの商団の信用も地に落ちる!!」

勇者「……あの」

商人A「これは私の首が飛ぶどころでは済まないかもしれない!!」

勇者「……」

商人A「ああああああああああああ!!!!」



115:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 23:20:56.747 ID:rdBCRO4Y0

勇者「……ごめんなさ」ドンッ

勇者(……あれ?)

フラッ


傭兵「……」

勇者「傭……兵……!」

傭兵「これでも人を見る目はあったつもりなのだがね」

傭兵「君の狙いは最初からこれだったと言うことか」

勇者「……ぐぅ」ドサッ

傭兵「安心しろ。殺しはしない。ただ、王都の警備隊に引き渡し、罪相応の処罰を受けてもらうだけだ」

勇者「……」

勇者(意識が……)



117:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 23:24:02.509 ID:rdBCRO4Y0

王都、牢獄

ガシャァァン!!

警備「罰が決まるまでそこで大人しくしてろ」


勇者「……」

勇者「……」



勇者「……あれぇ?」



118:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 23:27:09.490 ID:rdBCRO4Y0

勇者「俺、安価守ったよな」

勇者「なのに意識奪われて、いつの間にか王都に連れてかれて牢獄に入ってる」

勇者「これっておかしくないか?」

勇者「……」

勇者「おい、聖剣!」

勇者「……」

勇者「……」

勇者「そう言えば牢に入れられるときに取り上げられてたわ」



122:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 23:34:22.202 ID:rdBCRO4Y0

勇者「……」

勇者「これ、もしかしてあれか」

勇者「俺は切る荷物の指定は無いものと思って切ったつもりだったけど、よく考えたら「適当な荷物」って指定が入ってたんだよな」

勇者「それなのに、俺は……。「一番被害が少なそうなやつを選んで」切ってしまった」

勇者「ああ……これは……俺の甘さが招いた結果だったって言うのか」

勇者「くそ、くそ、くそぉっ!!」ガシャン、ガシャン、ガシャン!

勇者「安価は絶対だと! そう誓ったはずなのに!!」ガシャン、ガシャン、ガシャァン!!



囚人A「おい、今入ってきた新入りちょっとやばくね?」

囚人B「ああ、やばい。なんか独り言ブツブツ呟きながら牢に頭を打ちつけてやがる。絶対やばい奴だ」



124:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 23:42:54.386 ID:rdBCRO4Y0

勇者(あぁ……頭の打ちつけすぎで、意識が……)フラッ


回想
長老『過ちは誰にでもある。大事なのはそれを次にどう活かすかじゃ』



勇者「……ハッ!」

勇者「……」

勇者「長老……そうだよな。失敗に拘るよりも、次に活かすかどうかだよな」

勇者「ありがとう、長老」

勇者「俺、絶望しないで、もうちょっと頑張ってみるよ」


囚人A「おいおい、頭打ちつけんのやめたと思ったら急にキラキラした目で立ち上がってきたぞ」

囚人B「やばいな。絶望やばいわあいつ」



125:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 23:45:44.342 ID:rdBCRO4Y0

勇者「とにかく、この状況をどうにかしないとな」

勇者「商人さんの話だと、俺の処罰って結構重そうなんだよな……首が飛ぶとかなんとか言ってたし」

勇者「……」

勇者「……」

勇者「脱獄するか」



127:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/02(金) 23:50:49.866 ID:rdBCRO4Y0

勇者「問題はどうやって脱獄するかだけど、安価……は出来ないな。聖剣無いし」

勇者「聖剣……そうだ聖剣だよ」

勇者「俺、聖剣に選ばれた勇者とか言われたけど、そもそも聖剣ないと何も出来ないじゃん」

勇者「傭兵にもそんな感じのこと言われたし」

勇者「……」

勇者「けど、そんな泣き言も言ってられないよな」

勇者「長老は、聖剣に選ばれた者は聖剣を肌身離さず持っておくようにと言ってたし、第一優先は聖剣を取り戻すことだな」

勇者「聖剣があれば脱獄だって問題ないはずだ。安価できるし」

勇者「聖剣の在り処をまずは調べないと」



128:日跨ぎそうだしトリップ付けとく ◆XoiMTUEsXEGh 2018/11/02(金) 23:57:33.456 ID:rdBCRO4Y0

勇者「なあ、あんたら」

囚人A「な、なんだよ」

勇者「? 何をそんなにビクビクしてるんだ」

囚人A「そりゃあお前……」

囚人B「おい、あんまり受け答えすんな。汚染されるぞ」

囚人A「お、おう」

勇者「汚染? どういうことだよ」

囚人A「……すまねえな。お前と話すことは何もない」

勇者「え、おい!」

囚人B「うっせえ! 喋りかけんな!」

勇者「俺が何をしたって言うんだよ……」



129: ◆XoiMTUEsXEGh 2018/11/03(土) 00:04:57.095 ID:tZXhEQ1I0

勇者「取り上げられた荷物がどこに行くか、知っておきたかったんだけどな……」

勇者「こんな薄情な奴らだったとは思わなかったぞ」

勇者「……」

勇者「牢獄に入ってる時点で悪人だったなそう言えば」


看守「ほら、就寝時間だ! さっさと寝ろ囚人ども!」


勇者「……今日は一旦休むとするか」

勇者「……思えば、こうしてゆっくり眠るのも久しぶりな気がする」

勇者「ここしばらく、野盗やモンスターを追ってギリギリを攻め続けていたからな……」

勇者「今夜くらいは……よく眠れそうだ……布団、固いけど」



130:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 00:13:23.614 ID:tZXhEQ1I0

勇者「……」パチッ

勇者「目が覚めた。朝か?」

勇者「……ああ、まだ夜か」

勇者「結構寝たと思ったんだがな……」

勇者「ん?」

カツ、カツ、カツ…

勇者(夜間の見回りか。寝たふりでもしておくか……)



132:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 00:14:22.359 ID:tZXhEQ1I0

看守A「しかし、あの大臣様も相当だな。いくら囚人の物とは言え、勝手に自分の物にしてしまっていいのか?」

看守B「ダメに決まっているだろう。ただ、まあ良いってことになるんだろうな。あの人の権力なら。偉く気に入ったみたいだし、結構な値打ち物みたいだぞ、あの剣」

看守A「でも鞘から抜けないんだろう? そんな剣持ってて意味があるのか?」

看守B「ただのコレクションだろ。そもそもあの大臣じゃあ剣が抜けても使えねえよ」

看守A「まあ、これはどうあれ、あの囚人の刑も決まったようなもんかね。まだ若いのにかわいそうに」

カツ、カツ、カツ…


勇者(……)



133:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 00:25:46.853 ID:tZXhEQ1I0

勇者「タイミング的に考えても、俺の聖剣のことだよな。今の話」

勇者「大臣が持ってるのか……厄介だな」

勇者「そして、俺の刑も決まったようなものだと」

勇者「これはいよいよ脱獄しなきゃならない訳だが、どうする……!」


ズキッ!

勇者「痛っ!」

勇者「……なんだこれ。額の傷……」

勇者「ああ、牢に頭を打ちつけた時のやつか」

勇者「よく見たら牢にも血がこびり付いてら。額からの出血って結構血が出るんだよな……」

勇者「……」

勇者「……これ、行けるか……?」



134:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 00:26:19.670 ID:tZXhEQ1I0

ガシャン!!ガシャン!!ガシャァァン!!


看守A「!?」

看守B「なんだ、この音は!」

看守A「地下牢からだ……行くぞ!」



135:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 00:28:36.945 ID:tZXhEQ1I0

囚人A「ひ、ひええ……!」

看守A「どうした! 何があった!」

囚人A「お、俺は知らねえ! 知らねえよお!」

看守B「落ち着いて話せ」

囚人B「そ、そこの牢のそいつが……」

看守A「そこの牢……?」

看守AB「なっ!!?」


勇者「…………」ドクドクドクドク…


看守A「血まみれ!?」

看守B「し、死んでる……?」

囚人A「そいつが、夜中に急に起き出して、頭を牢に……!」

囚人B「見てるこっちの気が狂いそうだったぜ……」



136:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 00:34:41.410 ID:tZXhEQ1I0

看守A「と、とにかく。囚人とは言え勝手に死なれるわけにはいかん。お前、救護を呼んでこい」

看守B「あ、ああ……こんなケースは初めてだ」
タタタッ

看守A「くそっ、おい。大丈夫かっ! しっかりしろ!」ガチャガチャ

ギィ…

看守A「まだ生きてるかっ? 脈は……」

ガシッ!

看守A「……へ?」


勇者「捕まえた」ドロドロヌチャァ


看守A「ぎゃあああああああ!!!」



137:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 00:37:56.449 ID:tZXhEQ1I0

看守A「あっ、あっ、」

ツルッ

ゴチーン!


勇者「あれ」



138:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 00:38:26.807 ID:tZXhEQ1I0

勇者「床の血に足を滑らせて勝手に転んで気絶してくれたか」

勇者「……まあ、俺のこと本気で心配してくれてたみたいだし、悪い人じゃなさそうだったし、こっちから危害を加えるのも気が引けてたからこれでいいか」

勇者「いやぁ、よかったよかった」ドクドクドクドク


囚人A「いや、血ぃめっちゃ出てるじゃねえか。やっぱ怖いよお前」



139:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 00:57:11.486 ID:tZXhEQ1I0

王城、中庭

姫「……」

姫「星が綺麗ね」

女騎士「姫、探しましたよ。こんなところにいましたか」

姫「あら、女騎士」

女騎士「もう夜も遅いです。早くお休みになってください」

姫「もう子供じゃないんだから、少しくらい起きていても良いじゃない」

女騎士「ダメですよ。大人でも、もう寝る時間ですからね」

姫「……けち」



140:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 00:58:36.293 ID:tZXhEQ1I0

姫「……」

女騎士「……何か、あったのですか?」

姫「ううん、何も。……ただ……」

女騎士「ただ?」

姫「少し、胸騒ぎがするの。何だか、近いうちに良くないことが起こりそうな、そんな気がしてしまって……」

女騎士「……」

姫「……何でもないわ。今の言葉は忘れてちょうだい」

女騎士「……はい」



141:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 01:01:24.275 ID:tZXhEQ1I0

姫「もう大丈夫。部屋に戻るわ」

女騎士「お供します」

姫「いいから。もう、子供じゃないんだからって言っているでしょう? 自分の部屋に戻るくらい、ひとりでできます」

女騎士「しかし……」


カンカンカンカン!!

脱獄者だぁーー!!


姫「!」

女騎士「!」



142:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 01:07:07.046 ID:tZXhEQ1I0

女騎士「姫、今度こそ我儘はいけませんよ。早く部屋に戻りましょう」

姫「……ひとりで戻れるってば」

女騎士「しかし……」

姫「女騎士もお仕事があるでしょう? ほら、緊急事態みたいだし」

女騎士「ですが、だからこそ姫の傍を離れる訳には……」

姫「もうっ。こんなにうるさくては眠れないわ。わたしのことは良いから、早くこの問題を解決してくださいっ」

女騎士「……絶対に戻ってくださいね? 寄り道をせず、真っ直ぐに寝室にお戻りください」

姫「わかってるってば」

女騎士「では、失礼します」

タタタッ


姫「……」



144:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 01:20:52.230 ID:tZXhEQ1I0

警備「そこの物陰にいるぞぉーー!! 追えーー!!」

バタバタバタバタ

勇者「くそっ、また見つかったのかよ!」

勇者「村の中では駆けっこも隠れんぼも圧倒的に一番だった俺がこうまで簡単に見つかるなんてな」

勇者「くそっ、悔しいが、王都の騎士は優秀だな! これで国も安泰か!」ビチャビチャビチャビチャ



警備「脱獄犯は血を垂れ流しながら逃走している! なかなかの遣り手だが、見失った時は床の血痕を探せぇ!」



145:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 01:30:34.031 ID:tZXhEQ1I0

勇者「はぁ、はぁ……地下牢から、随分と離れたみたいだけど、階段上りすぎたかこれ!」

勇者「大臣っつーから上の階にいるんだろうけど、このままだと見つける前に捕まっちまう!」

勇者「一旦外に逃げるか……!」

タタタッ

警備B「そこにいるぞぉーー!!」

勇者「!」

警備A「挟み撃ちだ!」

勇者「やばやばやば……!!」


勇者「ここは三階くらいかっ? こうなったら……」

勇者「窓から逃げる!!」

ガシャァァン!!


警備A「なっ!?」



146:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 01:31:44.326 ID:tZXhEQ1I0

勇者「ああああああああ!! 高い高い高い!! けどこれくらいなら何とか生きる!」

勇者(一旦城の外に出て、また後日取り返しに行くしかないか!)


警備A「窓から逃げたぞ! 中庭への窓だ!」


勇者「えっ、中庭?」

勇者「……あ、これ外に逃げられないじゃん」


ヒューーーーーー……



147:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 01:54:16.879 ID:tZXhEQ1I0

姫「……さて。そろそろ本当に戻ろうかしら。女騎士たちにもあまり心配をかけすぎても良くないものね」

ガシャァァン!!


姫「!?」

ヒューーーーーー……

ドチャッ!


姫「ひ、人が……!」



148:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 01:55:12.054 ID:tZXhEQ1I0

姫「大丈夫ですか!?」

勇者「うーん……」

姫「血がこんなに……大変! すぐに医者を呼びましょう!」

勇者「ああ、大丈夫だよ。心配いらない。この血は元々流れてたもんだし、落ちたことでのケガは無いよ」ムクリ

姫「元々そんな怪我をしながら窓から飛び降りたのですかっ。そちらの方が問題なのではと思うのですが!」

勇者「いやまあ色々事情があったんだよ……」



149:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 01:55:58.386 ID:tZXhEQ1I0

勇者「それより、そっちこそ怪我はないのか? ごめんな。下に人が居るなんて思わなくてつい窓から飛び降りちまった。ガラスで切ってたりしないか?」

姫「わたしは大丈夫ですけど……それより、下に人がいなかったとしても、つい窓から飛び降りてしまうというのはおかしいと思うのです」

勇者「他に方法がなかったんだから仕方ないだろ……」

姫「……? あの、ひとつ聞きたいのですが」

勇者「なんだよ。ちょっと今忙しいんだ」

姫「あなたは誰ですか? わたし、この城に居る者の顔は覚えているのですが、あなたに見覚えがありません」

勇者「あ」



153:早く安価出したいけど出せるところまで行けなくて俺も困ってる 2018/11/03(土) 02:04:43.642 ID:tZXhEQ1I0

勇者「……」

姫「……」

勇者「……け、」

姫「はい」

勇者「決して怪しい者ではないとだけ言っておこう」

姫「いえ、とっても怪しい人だと思います」



155:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 02:05:42.847 ID:tZXhEQ1I0

勇者「ぐ。さっきも言ったけど、色々と事情があるんだよ……俺には、やらなきゃならないことが……」

勇者「ッ!」バッ!

姫「? 急にしゃがみ込んで、どうしたのですか?」

勇者「……!! ……!!」

姫「……」



159:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 02:13:56.993 ID:tZXhEQ1I0

中庭だー! 中庭に急げー!

姫「!」



バタバタバタバタ

警備「ひ、姫!? このような所で何を!?」

姫「……少し、星を見ていたの。すぐに部屋に戻るわ」

警備「は、はぁ……。あの、こちらで怪しい男を見かけませんでしたか?」

姫「怪しい男?」

警備「はい。顔から血を垂れ流しながら駆け回り、あの窓から飛び降りた気の狂った男なのですが」

警備「姫が中庭にいらっしゃったのなら、見かけていないかと」

姫「……」

姫「……」チラッ

勇者「……!!」ブンブンブン!!

姫「……そうね」



163:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 02:23:39.493 ID:tZXhEQ1I0

姫「見かけました」

勇者「……」

姫「その男なら、窓から飛び降りたあと、そちらの扉へ走って行きましたよ」

勇者「……!」

警備「は! ご協力ありがとうございます!」

警備「ところで姫、このような事態です。身の安全のため、部屋までお送りいたしましょう」

姫「わたしのことなら大丈夫です。もう子供じゃないのですから……あなたも女騎士のようにわたしを子供扱いするの?」

警備「い、いえ! そのようなことは決して!」

姫「それより、早くその不審人物を捕らえてください。こんなに騒ぎ続けられてしまうと、眠ることもできません」

警備「……はい。では、失礼しますっ!」

バタバタバタバタ



164:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 02:24:25.869 ID:tZXhEQ1I0

姫「もう、行きましたよ」

勇者「……ええと。頼んだ俺がいうのも何だが、良かったのか? 俺、確かに怪しい人物だと思うんだけど」

姫「いいんです。みんなわたしのこと子供扱いするんだから。たまには仕返しだってしたくなります」

勇者「お、おう」

勇者(と言うかこの人、お姫様だったんだな)


姫「それに、あなたは確かに怪しい人ですけど、悪い人には見えませんので」

勇者「……ありがとう」



165:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 02:31:11.900 ID:tZXhEQ1I0

勇者「……あ! そう言えば聞きたいんだけどさ。じゃなくて、聞きたいことがあるんですけども!」

姫「?」

勇者「えーと、大臣の部屋の場所って、わかるか?」

姫「大臣の部屋……?」

勇者「そう。そこに、俺の大事な物があるはずなんだよ。ちょっとしたゴタゴタで取り上げられちゃってさ……取り上げられちゃいまして」

姫「言い直すくらいならそのままの話し方でいいですよ。周りの目がある時はやめてほしいですけど」

勇者「……悪いな。敬語、出来ないわけじゃないんだが、今急いでてさ」

姫「それで、大臣の部屋ですか? 確かにわたしもあの大臣のことはあまり好きではないですけど、さすがにそこまで教えるのは……」

勇者「そっか。助けてもらった上に答えづらいことまで聞いちゃってごめんな。あとは自力で何とかしてみせるさ」

姫「……ちなみに、その大事な物とは?」

勇者「聖剣」



169:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 02:45:57.263 ID:tZXhEQ1I0

大臣の部屋

大臣「まったく、騒がしい……地下牢からの脱獄者だと? 看守は一体なにをやっとるのだ」

大臣「これが終わったら責任者はクビ、看守も警備も全員減給だな」

大臣「脱獄者が場内を駆け回るわ手に入れる筈だった例の品は真っ二つの状態で届けられるわで散々だ」

大臣「特に、アレを斬ったとかいう小僧は絶対に許さん。死刑だ死刑」

大臣「……しかし、この剣を手に入れられたのは幸運だったな」

大臣「何でも、例の品を一振りで叩き斬ったとか」

大臣「あの小僧には勿体ない。わしが管理してやろう」

大臣「……しかし、鞘から抜けんな。何か強力な魔法が掛かっているんだろうが……」

大臣「まあいい。王宮の魔法使いに解析させればそのうち解除できるだろう」



176:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 03:55:21.016 ID:tZXhEQ1I0

……


勇者「……あれが大臣の部屋か」

勇者「姫があのとき警備を誘導したのが大臣の部屋側じゃなくて助かった。けど、ここから先はやっぱり偉い奴の部屋の周りだからか警備が厳しいな」

勇者「ここまでは割とすんなり来れたが、見つからずに部屋に侵入するのは難しそうだ……」


姫「どうしますか?」ヒョコッ


勇者「どうするって言ってもなあ」



177:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 03:55:56.400 ID:tZXhEQ1I0

勇者「と言うか、こんな所まで一緒に来ちゃって本当に大丈夫なのか? 一応、お姫様だろ?」

姫「一応じゃなくても姫です。乗りかかった舟ですから」

勇者「……なんか楽しんでない?」

姫「…………」

勇者「楽しんでるんだ」

姫「……この国を思うがゆえの行動ですので」

勇者「はーん。立派だな」

姫「なんですかその言い方」



178:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 03:57:13.236 ID:tZXhEQ1I0

姫「聖剣を守ること。そして聖剣に選ばれし勇者を守ることはこの国を守ることに繋がりますので」

勇者「俺の話を割とあっさり信じてくれてしまって、嬉しいやら心配やらで少し複雑だよ俺は。大丈夫かよお姫様」

姫「……このところ、胸騒ぎを覚えていたのは本当です。この国に災いが降りかかるような、漠然とした不安というか、なんというか……うまく言葉に出来ないのですけれど」

姫「そして、あなたと聖剣が目覚めたこと。それは、その災いを打破することに繋がると、わたしは感じました」

姫「わたしの勘はよく当たるんです」

勇者「姫……」



179:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 03:58:00.409 ID:tZXhEQ1I0

姫「それはそうと、大臣の部屋への侵入作戦ですよね! わたし、良い案があるのですが!」

勇者(やっぱりちょっとワクワクしてるだろこの人)

勇者「何ですかね」

姫「わたし、姫ですから」

勇者「うん」

姫「本当はこんな時間にこんなところをうろついていてはダメなのです」

勇者「そうだろうな」

姫「だから、こう……囮作戦というやつです」



180:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 03:58:51.193 ID:tZXhEQ1I0

警備A「はぁ……くそ。俺、今日非番だったのになあ」

警備B「俺もだよ。まったく、脱獄とか。看守は何をやってんだか。こりゃあ明日は大臣のいつものアレでクビだの減給だのが飛び交うぞ」

警備A「うへぇ。……はぁ。どうせ部屋の警備するんならこんな大臣じゃなくて姫様の所の方が良かったよ。そうすりゃやる気も出るんだがなあ」

警備B「おい、ここ部屋の前だぞ。聞こえっちまったらお前のクビも飛ぶっての」

警備A「どうせ聞こえねえよ。今ごろグースカ寝てるんじゃないかね」

警備AB「わはははは」



姫「誰かー」


警備AB「!!!!」



181:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 03:59:53.516 ID:tZXhEQ1I0

警備A「ひ、姫の声だぞ!」

警備B「バカな。こんな時間のこんな所に姫がいるはずが……」


姫「きゃー。誰かー。助けてー」


警備A「……」

警備B「……」

警備AB「姫! 今行きます!!」

バタバタバタバタ


勇者「……お姫様ってすごい」



183:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 04:17:28.264 ID:tZXhEQ1I0

バン!

大臣「!!」

大臣「誰だ!!」

勇者「大臣様。その剣を返してもらいに来ました」

大臣「貴様……! そうか、脱獄犯とは貴様のことだったか、小僧!」


大臣「と、と言うか、何だその顔は! 血塗れの格好で、わしを脅すつもりか! その程度の脅しで屈しはせんぞ!」

勇者「あ、いえ。これは止むにやまれぬ事情がありまして」



184:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 04:18:34.083 ID:tZXhEQ1I0

大臣「衛兵! ここに来い! 脱獄犯を引っ捕らえろ!」

大臣「衛兵!!」


勇者「衛兵ならしばらくはここに来ませんよ。ちょっとどこかに行ってもらいました」

大臣「くっ……どいつもこいつも使えん奴ばかりよ……!!」



185:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 04:19:23.298 ID:tZXhEQ1I0

大臣「しかし、元はと言えばわしの品を破壊した貴様が悪い。この剣が元は貴様の物であろうと関係なかろう。弁償代と考えても足らんわ!」

勇者「あ。あの荷って大臣の品物だったんですね」

勇者「……」

大臣「その上、脱獄し、王城を駆け回り、あまつさえわしの私室にまで侵入して来おって……貴様は死刑だ! もう絶対に許さん!」

勇者「……」


勇者(……あれ、これ何も言い返せないや。これ大臣の言うことが最もだわ)



186:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 04:20:23.603 ID:tZXhEQ1I0

勇者「け、けれども! その聖剣はとても大事なもの。荷を斬ってしまったことは謝ります!」

勇者「ですからどうか、その聖剣は返してください!」

勇者「ついでに俺の死刑も取り消して!」


大臣「貴様、自分がどれだけ滅茶苦茶なことを言ってるのかわかってるのか?」



188:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 04:31:22.945 ID:tZXhEQ1I0

勇者(だ、大臣のご機嫌を取らなきゃ……何かないか。何かないか……何か……)キョロキョロ

勇者「!」


勇者「あ。これ、俺が斬った箱ですね」


大臣「!!!!」



189:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 04:34:18.799 ID:tZXhEQ1I0

勇者「あー……よく見たらお札みたいなのいっぱい貼られてるんですね。結界か何かかな?」

勇者「俺が斬った後にも貼り直してある。そんなに保護しなきゃならない貴重な品だったのか」

大臣「……」

勇者「そんな高級品とは知らず本当にごめんなさい」

勇者「ちょっと、中身が何か確認してもいいですかね。弁償とか、代わりになるもの探したりとかしますんで!」

大臣「……待て」



190:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 04:34:57.089 ID:tZXhEQ1I0

勇者「いいえ待ちません! 俺の罪滅ぼしのためです! せめて自分が何を壊したのかくらい確認させてください!」

大臣「待てと言っている! その箱に触れるな!」

勇者「いや本当ごめんなさい。マジで、許してもらうためにどうすればいいのかわからないんで! 謝るためにも見せてください!」

大臣「やめろ、開けるなァ!!」

勇者「許してください許してください許してください許してください」


カポッ


勇者「……へ?」



192:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 04:40:24.355 ID:tZXhEQ1I0

勇者「なんだこれ。……腕?」

勇者「何の腕だよこれ。なんか真っ黒だし。なんか人間の腕っぽい形をしてはいるけど、人の腕はこんなにデカくないし」

勇者「爪も長いっつーか、鋭いっつーか、毒々しいっつーか……」

勇者「え?」

腕「……」ワシャワシャワシャ


勇者「うわっ! 動いてるよこれ! 腕だけなのに!」



193:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 04:41:23.136 ID:tZXhEQ1I0

勇者「聖剣で斬られた断面同士でくっつこうとしてるのか……? けど、くっつきたくてもくっつけないようにも見える」

勇者「……と言うかこれ」

勇者「俺も実物は見たことないけど、まさか……」


大臣「……貴様の死刑は取り消してやろう」

勇者「!」


大臣「死刑まで待ってはおれん。今すぐこの場で殺してやる」



194:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 05:27:22.219 ID:tZXhEQ1I0

城内、廊下


警備A「姫ー! どこですか!」

警備B「おのれ脱獄犯め! まさか姫を攫い利用するとは!」

警備A「ぶっ殺してやる!」

バタバタバタバタ…


姫「……」

姫「い、行ったようですね」



195:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 05:29:07.101 ID:tZXhEQ1I0

姫「警備さん。わたしのために本気で怒ってくれていましたね」

姫「なんだか悪いことをした気がしてきました……」

姫「……それにしても。警備さんから逃げ切るだなんて、なかなかやるじゃないですか、わたし」

姫「ちょっと自信が付いたかもしれません」

姫「もしかして……才能があるのかも」

姫「ふふっ」

女騎士「気は済みましたか、姫」

姫「ええ。とっても」

女騎士「……」

姫「……」


姫「……あ」



196:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 05:35:05.704 ID:tZXhEQ1I0

女騎士「はぁ……。あれほど部屋に戻っていただくよう、約束しましたよね」

姫「……はい」

女騎士「私との約束は、守れないですか?」

姫「そ、そんなことありません」

女騎士「では何故、こんな時間まで城内をうろついているのです。警備の者をからかったりまでして」

姫「……ごめんなさい」



197:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 05:35:35.189 ID:tZXhEQ1I0

女騎士「事態が事態です。城内を危険人物が駆け回っている中、姫が一人で出歩くなどと。状況がわかっているのですか?」

姫「ゆ、勇者様は危険人物などでは…………あっ」

女騎士「……」

姫「……」

女騎士「会ったのですね。その者に」

姫「……はい」

女騎士「詳しくお話を聞かせてください」



199:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 06:12:46.102 ID:tZXhEQ1I0

大臣の部屋


大臣「……」ガチャ

勇者「大臣……そんな物騒な物構えてどうしたんですか。そもそも何で私室にボウガンなんか置いてあるんですかね」

大臣「護身用だ。……それを見られたからには生かしておけん」

勇者「……この腕、魔物の……と言うか、悪魔の腕ですよね」

勇者「俺も悪魔は伝聞や絵でしか見たことないし、詳しくなんかないですけど、何となくわかります」

大臣「ふん。わしが何を集めていようと貴様に関係なかろう」

バシュッ!

勇者「ッ!」バッ

ドスッ

ジュウウゥゥ…!

勇者「……なんで矢が刺さった程度で壁が溶けるんだよ……!」

大臣「この矢には劇毒スライムの身体を刻み、濃縮したものを塗り込んでおる。掠っただけでも命は無いと思え」

バシュッ!

勇者「くそッ! それ絶対違法なやつだろ!」バッ



200:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 06:14:48.746 ID:tZXhEQ1I0

勇者「せめて何か武器があれば……」

バシュッ!

勇者「あぶなっ!!」ドスッ

大臣「貴様、その机を盾にしたな!? その机がいくらしたと思っている! それも貴様の命で払いきれる物ではないぞ!」

勇者「知るかよ!」

バシュッ、バシュッ、バシュッ

勇者「くそ、この机が溶けてグズグズになるのも時間の問題か……!」

勇者「大臣の腕がへっぽこだから今は何とか避けきれているけれど、それでもいつかは当たっちまう」

大臣「さっさと死ねぇ!」バシュッ、バシュッ!

勇者「それに、こうも連射されちゃあ近づけないぞ。近づいたとしても、あの毒矢を持って振り回されたりしたら、掠っただけでも死んでしまう」



201:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 06:15:57.271 ID:tZXhEQ1I0

勇者「せめて、聖剣があれば安価で打開策を得られるかもしれないのに……!」

勇者「……」

勇者「ん?」


大臣「ああああああああ!!」バシュッ、バシュッ!



勇者「……あるじゃん、聖剣。大臣の手元に」



202:こんな時間に安価出して、踏んでくれる人っているんだろうか 2018/11/03(土) 06:17:39.541 ID:tZXhEQ1I0

勇者「剣に直接触れていなくても安価は貰える」

勇者「台座の剣を引き抜く前にも聞こえたんだ。今ここで聞こえない道理はない……!」

勇者「聖剣よ、力を貸してくれ! 大臣を倒す方法を!」

聖剣「>>205



204:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 06:23:00.638 ID:k9wLGlr/d

びっくりするほどユートピア!!



205:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 06:27:28.914 ID:RBe14clF0

魔物の腕を使え



209:>>207 それ相応の特殊な素材を使ってるとかそんな感じで 2018/11/03(土) 06:45:15.184 ID:tZXhEQ1I0

聖剣「魔物の腕を使え」


勇者「魔物の腕を……使う……!?」

勇者「使うって、どうやって!」

聖剣「……」

勇者「……自分で考えろってことか。相変わらず不親切な剣だよ」



210:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 06:46:20.346 ID:tZXhEQ1I0

勇者「けど確かに、これを利用するのはアリだな……」

勇者「この爪とか普通に凶器みたいなもんだし。大臣はこれを大事そうに扱ってたから、もしかしたら盾にするだけで攻撃を遠慮してくれるかも……!」

勇者「よし、そうと決まれば!」

大臣「!、それに触るな! 何をするつもりだ!」

勇者「なに、ちょっと借りるだけだよ!」

ガシッ!

腕「……!」ビチビチッ、ビクンビクンッ!


勇者「うわ、動いたっ、キモッ!!」ブンッ!

ビュッ!

大臣「えっ」



グサッ!

勇者「あっ」



211:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 06:48:37.032 ID:tZXhEQ1I0

大臣「ぐあああああ!?」

大臣「痛い! 痛いぞぉ!!」ジタバタジタバタ!

大臣「腹に! わしの腹に悪魔の右腕がぁ!!」ゴロゴロゴロゴロ!

勇者「……」


勇者「計算通りだ」



215:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 06:59:40.125 ID:tZXhEQ1I0

大臣「ぐああああああああ!!」

勇者「……えぇと。とりあえず聖剣は回収させてもらうけど」

大臣「ああああああああ!!」

勇者「……」

大臣「助けてくれえええええ!!」

勇者「……いくら悪い奴だからって、このままにしておく訳にも行かないよな」



216:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 07:00:20.925 ID:tZXhEQ1I0

勇者「大臣、少しジッとしていてくれ。いま引き抜くから」

大臣「早く! 早くせんか!!」

勇者「大の大人がそんなに痛がるなよ。腹の脂肪が厚いんだから少しくらい我慢しろって」

勇者「よっと」

グイッ、グイッ!


勇者「……あれ?」

グググググッ…!


勇者「ぬ、抜けない……」



218:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 07:03:15.992 ID:tZXhEQ1I0

腕「……」ズリュ…


勇者「抜けないどころか、これ……」

腕「……」ズリュズリュズリュッ!


勇者「こいつ、大臣の身体に入り込もうとしてやがる!」


ズリュズリュズリュズリュズリュズリュッ!!



219:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 07:05:21.325 ID:tZXhEQ1I0

ズリュンッ!

勇者「か、完全に入り込んじまった」

勇者「……」

大臣「……」

勇者「……大臣?」

大臣「……」

勇者「おい、どうしたんだよ。さっきまで元気にのたうち回ってたってのに」

大臣「……」


大臣「……」



220:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 07:13:52.101 ID:tZXhEQ1I0

ズズズズズズ……!!

カッ!!

大臣「……」バサッ!


勇者「立ち上がった……けど」


勇者「肌が黒く変色して、翼まで生えちまって。これじゃあまるで悪魔じゃねえか!」



221:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 07:22:38.053 ID:tZXhEQ1I0

バン!

女騎士「大臣! ご無事ですか!」

勇者「!」


大臣悪魔「……」


女騎士「……これは……どういうことですか」

勇者「ええと、あんたは?」

姫「わたしのお付きの女騎士です」

勇者「姫!」

姫「しかしこれは……勇者様、いったいなにがあったのですか!?」

勇者「……」



222:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 07:23:38.442 ID:tZXhEQ1I0

勇者「……これ、説明するの時間がかかりそうだし後にしてくれないか」

女騎士「いいから答えてください! この悪魔……大臣の面影があります! この方は大臣なのですか!?」

勇者「……うん。端的に言うと、そうなる」

女騎士「どうしてこのような姿に!」

勇者「だから、それを話せば長くなるんだって! こいつはそれを待ってくれるのか!?」

大臣悪魔「……」ズズズ…!

女騎士「ッ!」



224:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 07:51:21.152 ID:tZXhEQ1I0

女騎士「姫! 退がってください! 私の後ろに。決して離れないように!」

姫「は、はいっ」

女騎士「あなたは……ああもうっ、後でちゃんと説明してもらいますからね!」

勇者「……来るぞ!!」

女騎士「わかっています!」



225:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 07:53:05.576 ID:tZXhEQ1I0

大臣悪魔「グオオオオオオオオ!!」

ジャッ!

女騎士「くっ!」

ギィン! ズバッ!

大臣悪魔「グオオ……!」

シュウウゥゥ…

女騎士「斬った筈なのに……この再生力、本当に悪魔のような……!」

女騎士「けど、後ろには、行かせません!」

ガァン!

大臣悪魔「……!!」ズザァッ!



226:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 07:53:51.750 ID:tZXhEQ1I0

女騎士「勇者さん!」

勇者「ああ!!」ブンッ!

スパッ


勇者「くそっ、浅いか!」


女騎士「なんですかそのへっぴり腰は! そんな振りで当たる訳がないじゃないですか! あなた、本当に姫が言っていた言い伝えの勇者なのですか!?」

勇者「うるさいなちくしょう! 俺だって気にしてるんだ! こっちはまだ修行中なんだよ!」



230:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 08:25:04.227 ID:tZXhEQ1I0

大臣悪魔「グ……グオオオオ……!!」

勇者「……あれ? 意外と効いてる……?」

女騎士「えぇっ!?」

勇者「ああ、確か長老が言ってたな。この剣ってなんかすごい聖属性があるらしいぞ」

勇者「聖属性って悪魔に効くんだろ?」

女騎士「……その剣、私が使うことはできますか!?」

勇者「いや、どうだろ。なんか俺意外だと鞘から抜くことも出来ないみたいなんだけど。抜き身の状態で誰かに渡してどうなるかは試したことないし全然わからない」

女騎士「選ばれし者のみが使える聖剣……! くっ、もどかしいですね!」

勇者「俺を睨むんじゃないよ!」



231:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 08:25:32.141 ID:tZXhEQ1I0

女騎士「とにかく、私は姫の傍を離れる訳にはいきません。最低限のサポートしか出来ないのであなたががんばってください」

勇者「頑張るっつっても……!」ブンッ!

スカッ

勇者「く、」

女騎士「ものすごく警戒されているじゃないですか。さっきのチャンスで仕留めていれば……!」

勇者「……あの。ちょっと本格的に傷つくので俺への口撃を少し緩めてほしいかな」



232:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 08:27:22.263 ID:tZXhEQ1I0

勇者「このままじゃジリ貧だ……!」

勇者「聖剣、頼む! この悪魔を倒す方法を!」


聖剣「>>235



234:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 08:30:41.822 ID:0tHcMXZe0

啜れ羊頭の奴隷、鎖せ峻拒の天蓋。
黒鷺、標、射干玉、普く王座の簒奪者。
九泉を巡りて錆色に染まりし顎門よ。
歓喜せよ。
狂乱せよ。
地上に蔓延りし幽けき定命の者共、我が慈悲により苦痛なき死を賜う。
滅びよーーーー【獄闢分命・道断躑躅】



235:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 08:31:25.562 ID:3nVXOw3ra

>>234



237:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 08:56:02.361 ID:tZXhEQ1I0

聖剣「啜れ羊頭の奴隷、鎖せ峻拒の天蓋。
黒鷺、標、射干玉、普く王座の簒奪者。
九泉を巡りて錆色に染まりし顎門よ。
歓喜せよ。
狂乱せよ。
地上に蔓延りし幽けき定命の者共、我が慈悲により苦痛なき死を賜う。
滅びよーーーー【獄闢分命・道断躑躅】」


勇者「……」


勇者「……!」


勇者「…………!!」



勇者(なにいってんだこいつ)



239:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 08:58:17.000 ID:tZXhEQ1I0

勇者「いやいや待て待て。諦めるな。思考を止めちゃダメだ。一旦整理しよう」

勇者「これパッと見、指示というより何かの詠唱か? つまりこの詠唱で発動する何らかの魔法があって、それをこいつに打ち込めば効くってことか!?」

勇者「思えば、これと似たような謎の呪文っぽいのを一度聞いてるんだよな、俺。確かアバダナンタラだったか」

勇者「あの呪文の意味も結局わからず仕舞いだったが、こう、魔力的な何かを込めて叫んでいたらあの時何かが発動していたのかもしれない」

勇者「これは何かのチャンスの筈だ! ぶっつけ本番だけど、やるしかねえ!」



240:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 08:58:57.875 ID:tZXhEQ1I0

勇者「ええと、確か……!」

勇者「––––啜れ羊頭の」

大臣悪魔「グオオ!!」

ジャッ!

勇者「あぶなっ!」

ギィン!



241:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 08:59:20.068 ID:tZXhEQ1I0

勇者「くそ、もう一度……! ––––啜れ羊頭の鎖す」

大臣悪魔「グオオ!!」

ジャッ!

勇者「邪魔すんなって!」

ガァン!



242:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 09:01:43.071 ID:tZXhEQ1I0

勇者「もう一度だ!」


勇者「––––羊頭啜る鎖せ……」

勇者「……」

勇者「……あれ、啜る羊頭がだったっけ」


勇者「––––啜る羊頭が啜れ鎖し……」

勇者「……」

勇者「……ええと」

勇者「……なんとかの天蓋が……」

勇者「……」



勇者「……やべ、何言ってたか忘れたわ」



243:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 09:04:37.125 ID:tZXhEQ1I0

勇者「もっかい!! もっかい言ってくれ!! 次こそちゃんと覚えるから!!」

聖剣「……」

勇者「……」

聖剣「……」

大臣悪魔「グオオ!!」

ドガァ!


勇者「ぐわー!!」


女騎士「ひとりでブツブツ何言ってるんですかさっきから!?」



244:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 09:14:12.942 ID:tZXhEQ1I0

女騎士「真面目に戦ってください!」

勇者「真面目にやってるよ! でも安価が!!」

女騎士「それならまださっきのへっぴり腰剣術の方がまだマシです!」

勇者「だって安価が!!」

女騎士「前を向いて、剣を振ってください!」

勇者「けど安価は守らなきゃ!!」

女騎士「安価安価って、さっきから何なんです!?」



245:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 09:19:44.210 ID:tZXhEQ1I0

大臣悪魔「グオオオオオオオオ!!!」

ガシャァァァン!!

女騎士「ああっ、悪魔が窓を突き破って外に!」

勇者「くそっ、俺が安価を守れなかったばっかりに!」

女騎士「もういいですから、それ!」

女騎士「それより、あんなものがこの部屋の外へ……王都はパニックになりますよ!」

勇者「ごめんなさい!!」

女騎士「本当ですよ!!」



247:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 09:41:01.621 ID:tZXhEQ1I0

大臣悪魔「グオオオオオオオオ!!」

ドッカンバッガンバキバキグシャア!!

姫「ああ、お城が壊されていく……」

勇者「な、なんとかしなきゃ……そうだ、また安価で!」

女騎士「それ一旦やめてください!」

勇者「何でだよ!」

女騎士「見てわからないんですか!?」



248:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 09:41:44.803 ID:tZXhEQ1I0

大臣悪魔「グオオッ!?」

バチバチバチバチバチ!!


勇者「な、なんだ……!? あの悪魔、空中で何かにぶつかったように……捕らえられているのか?」

女騎士「あれは……! そう、あなたが脱獄してから張られた、城の周囲の結界です!」

女騎士「まさかこんな形で使えることになるなんて」

勇者「俺の脱獄のおかげか」

女騎士「……」

勇者「……いや、ごめん。今のは俺が悪かった」



249:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 09:42:30.056 ID:tZXhEQ1I0

女騎士「悪魔、墜落します!」

勇者「倒したのか!?」

女騎士「いいえ、あの結界はあくまでも身動きを封じるためのもの。攻撃的な性能はそれほどありません……」

勇者「……なら、とどめを刺しに行かないとな」

ガッ

女騎士「えっ?」



250:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 09:43:09.162 ID:tZXhEQ1I0

姫「ゆ、勇者さま? 窓枠などに足を掛けて、どうするおつもりですかっ」

勇者「……自分の尻は自分で拭うよ。あいつは、俺が始末する」

女騎士「ちょっと! そんな所から飛び出したら……! ここ、何階だと思っているんですか!?」

勇者「大丈夫だ。……なんか、この聖剣を引き抜いてからちょっとばかり身体が頑丈になった気がする」

勇者「これくらいなら、平気だと思うんだ」

ググッ…


勇者「あの位置で結界に掛かってくれてよかった。もうちょい遠かったら、届かなかったかもな」

勇者「……行くぞっ!」

ダッ



251:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 09:48:04.343 ID:tZXhEQ1I0

大臣悪魔「グオオオオオオオオ……!!」

ヒューーーーーーーー……


勇者「うおおおおおお!!」バッ!

大臣悪魔「!?」


勇者「悪いな、大臣さん。俺も本当は、あんたをどうにかしてやりたかった」

勇者「……俺の、力不足だ」



ドシュッ!



325:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:26:07.087 ID:tZXhEQ1I0

翌日、病室

姫「勇者さまは身体が強いんですね」

女騎士「あの高さから落ちて何でそんなにピンピンしてるんですかね」

勇者「さあ、俺にもさっぱり」



327:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:29:06.596 ID:tZXhEQ1I0

女騎士「さて……あなたは今、王城では悪魔を倒した英雄扱いされていますが」

勇者「はい」

女騎士「昨日の経緯を話してもらいましょう。大臣の身にいったい何があったんです?」

勇者「……」


……


勇者「––––と言う訳なんだ」

姫「勇者さま、すごい」

女騎士「……頭が痛くなってきました」



330:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:29:54.912 ID:tZXhEQ1I0

女騎士「護衛していた商団の荷にある悪魔の気配を感じ取ったのは見事と思います」

勇者「う、うん」

勇者(たまたまだったとは言わないでおこう)

女騎士「そこから脱獄までの流れもまあ、良いでしょう。……城内を荒らし回ったのは本当はダメですが」

勇者「はい」

女騎士「しかし、大臣との戦闘の流れ……」

女騎士「正直に話しすぎでは? これは上にどう報告したものか……」



331:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:30:30.792 ID:tZXhEQ1I0

勇者「や、やっぱり?」

女騎士「特に、悪魔の腕を大臣に投げつけたあたりがダメです」

勇者「そうだよなぁ……悪魔の腕を使えと言っていたけど、もっと別の使い方をするのが正しい安価だったか」

姫「安価?」

勇者「なんでもないです」



333:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:32:33.917 ID:tZXhEQ1I0

姫「しかし、良いではないですか。聞けば大変なピンチじゃないですか。勇者さまは無手だったようですし、仕方ないのでは」

女騎士「しかし……」

姫「それに、聖剣とそれに選ばれし勇者。国を守るため、これらを失う訳には行きません」

姫「あの後行われた大臣の部屋の調査で、違法な物品が沢山出て来たとか。あれらを放置していれば、本当はもっと大変な事態になっていたかもしれないのですよ」

女騎士「ですが……」

姫「お願いです」

女騎士「……」

姫「……ダメですか?」

女騎士「う」



337:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 21:59:02.246 ID:tZXhEQ1I0

女騎士「……良いでしょう。確かに大臣の諸行を野放しにすることはできませんでしたし、それを見抜けなかった我々にも責任があります」

女騎士「それを暴いていただいたのです。姫のお言葉もありますし、上への報告は私がなんとかしておきます」

姫「ありがとう女騎士!」

女騎士「……それにしても、姫がここまで肩入れするなんて」ジロッ

勇者「な、なんだよ。急にこっちを睨んできて」

女騎士「なんでもありません」



338:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:03:14.921 ID:tZXhEQ1I0

女騎士「それと、王宮へあなたの故郷の村から手紙が届きました」

勇者「長老か。すっかり忘れてたな」

女騎士「あなたのその剣が、伝説の聖剣であることは間違いないようですね。その力も、昨夜この目で見たことですし」

女騎士「最近急に活発になってきた魔物の動きに対するための覚醒したのでしょうか……」

勇者「……」



339:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:03:45.046 ID:tZXhEQ1I0

姫「勇者さまはこれからどうするつもりなのですか」

勇者「うん?」

姫「聖剣を携え、故郷を出てきたのです。何か使命があるのではないでしょうか」


勇者「俺は……」



340:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:04:19.492 ID:tZXhEQ1I0

勇者(大臣との戦いで感じたのは、自分の力不足だ)

勇者(昨夜、女騎士にも散々言われたけど、剣の腕も大したことないし、完全に聖剣頼りの戦いになっている)

勇者(今後、あれ以上の敵と戦うことになるなら、もっと力を付けなきゃならないと思う)

勇者(けど、魔物の動きが活発になってきてるって言うのもきになる。勇者として魔物退治とかした方がいいのかな?)


聖剣「>>344



343:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:07:15.480 ID:JScqz/0cd

姫と幸せなキスして終了



344:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:07:22.258 ID:fAajUC1Ta

女騎士を斬れ



346:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:11:50.742 ID:Cc0Nq2FDd

うわぁ



351:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:22:11.707 ID:tZXhEQ1I0

聖剣「女騎士を斬れ」

勇者「は?」

聖剣「女騎士を斬れ」

勇者「……」

聖剣「女騎士を斬れ」

勇者「まーたこいつはこういう場面でそういうこと言う」



357:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:41:14.395 ID:tZXhEQ1I0

勇者「……」

女騎士「どうしたのですか。急に黙り込んでしまって」

勇者「……」ジーーッ

女騎士「……」

勇者「……」ジーーッ

女騎士「?」

女騎士「あの。黙ってこっちをジッと見られても。どうかしましたか?」

勇者(マジでこの人斬るの?)



358:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:41:59.033 ID:tZXhEQ1I0

勇者(いや、でも安価は絶対だし)

勇者(けど……)

勇者(……「すいませんが斬らせてもらってもいいでしょうか」とか、ダメかな。ダメだよな)

勇者(……)

勇者(……)



360:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:43:43.146 ID:tZXhEQ1I0

姫「勇者さま、さっきからどうしたと言うのですか」

勇者「……女騎士」

女騎士「はい」

勇者「俺と戦ってくれ」

女騎士「……はい?」



361:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:54:55.635 ID:tZXhEQ1I0

訓練場


女騎士「……私、忙しいんですけど」

勇者「悪いな」

姫「まあまあ、良いではないですか」

女騎士「姫がそう言うなら……」



363:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 22:57:25.474 ID:tZXhEQ1I0

女騎士「まあ、これも良い機会かもしれませんね。正直、聖剣の力は認めていますが、私はあなたの力を認めていませんし、昨日のへっぴり腰を忘れたわけではありません」

勇者「へっぴり腰言うな」

女騎士「でも、これはこれで感心しているんですよ。昨夜の戦いで自分の力不足を感じたから、こうしてお願いしてきたんでしょうし」


女騎士「じゃあ。はい、これ」

勇者「……これは?」

女騎士「訓練用の木剣です。まさか実剣で戦うなんて言わないでしょう」


勇者「えっ」

女騎士「えっ」



370:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 23:35:23.316 ID:tZXhEQ1I0

女騎士「……え。まさか実剣使うつもりだったんですか? 失礼ですけど、勇者さんの腕前で実剣を使った訓練をするのは非常に危険なのですけど」

勇者「木剣だと意味がないんだよ」

女騎士「どういう理屈ですか」

勇者「頼むよ」

女騎士「……むぅ」



371:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 23:36:32.238 ID:tZXhEQ1I0

女騎士「よくわからないですけど、その剣を馴染ませたいとか、そう言う意図なんですかね」

勇者「!」

勇者「そうそう、それそれ」

女騎士「……」

女騎士「意思も固いようですし、いいでしょう。私も早く終わらせて仕事に戻りたいですから」

女騎士「ただし、実剣を使うからには私も手加減はできませんので、そのつもりで」

女騎士「ちなみに私は木剣を使います」

勇者「? 実剣だと手を抜けないのに、お前は木剣を使うってことか?」

女騎士「私が実剣を使うと、やりづらいんですよ。まさか言い伝えの勇者を何かの間違いで斬るわけにも行きませんし」

女騎士「これなら遠慮なく振り抜けますので」

勇者「……なんか舐められてるのだけはよくわかった」



372:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 23:36:58.347 ID:tZXhEQ1I0

勇者「後悔するなよ!」ダッ!

ブンッ!


女騎士「はい、隙だらけです」

バキッ!


勇者「あだっ!?」ゴロゴロゴロ



373:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 23:37:15.712 ID:tZXhEQ1I0

勇者「おりゃあ!!」

スカッ


女騎士「いきなりそんな大振りが当たるわけないでしょう」

ズガッ!


勇者「ごばぁ!」



374:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 23:37:35.511 ID:tZXhEQ1I0

姫「……あ、あの。女騎士。もう少し手加減というか、なんというか」

女騎士「手加減など。それこそ勇者さんは望んでいないのでは? それに相手は実剣ですから」

姫「そういうものですか」

勇者「別に手加減してくれてもいいんだけどな」ボソッ

女騎士「は?」

勇者「なんでもないです」



376:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 23:38:04.159 ID:tZXhEQ1I0

ドカッ、バキッ、ドスッ、ベキッ、ボカッ

……

……


勇者「……まさか一太刀も当てられないなんて……」

ドサッ

勇者「……」ピクピクッ

女騎士「気絶してしまいましまか」

姫「まあ大変。勇者さまのお顔が……」

女騎士「思っていたよりもひどい腕前ですね……」



379:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 23:45:34.981 ID:tZXhEQ1I0

翌日

勇者「また頼むよ」

女騎士「仕方ありませんね」



380:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 23:45:52.214 ID:tZXhEQ1I0

三日後

勇者「も、もう一度……」

女騎士「まだやるんですか」



382:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 23:46:17.702 ID:tZXhEQ1I0

五日後

勇者「今日こそは……!」

女騎士「私も仕事とかあるんですけど」



384:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/03(土) 23:47:16.287 ID:tZXhEQ1I0

一週間後

勇者「よっしゃ、今日も頼むわ」

女騎士「あの、これ他の人に頼むことは出来ないんですか? 何なら騎士団の教官とか紹介しますし」

勇者「お前じゃなきゃダメなんだよ!!」

女騎士「なぜっ!?」



387:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:03:14.845 ID:yPJSp8Ix0

一ヶ月後

勇者「おっと」
ガァン!


勇者「だぁっ!」

ビュッ!

女騎士「ッ!」サッ


ズザァ…!

女騎士「……そろそろ時間ですね」

勇者「っ、今日もダメだったか」



388:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:03:47.191 ID:yPJSp8Ix0

女騎士「最後のは少し危なかったです」

女騎士「それと、こちらの攻撃も捌けるようになってきていますね。意外と筋が悪くないようで何よりです」

勇者「おかしいなぁ……盗賊と戦った時とか、鉄の剣でも叩き斬ることができてたのに、あんたの木剣で何で受け切られちゃうんだよ」

女騎士「実力差です」



391:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:08:34.971 ID:yPJSp8Ix0

女騎士「……あの、そろそろ上達もしてきましたし、あなたも木剣を使った方が」

勇者「ダメだよ。それじゃ安価達成できないじゃないか」

女騎士「またそれですか! 何なんですかそれは!」



警備「勇者様、女騎士様!」


勇者「ん? なんか呼ばれてるみたいだぞ」

女騎士「何かあったんでしょうか」



399:ちょっとソシャゲのログインだけしてた 2018/11/04(日) 00:36:57.955 ID:yPJSp8Ix0

警備「王様が勇者様にお会いしたいとのことです」

女騎士「王様が!?」

勇者「そう言えば王城に居たのに一回も王様のこと見てなかったな」

女騎士「当然です。そう簡単に会える人ではありませんから」

警備「姫もお待ちです。どうぞ、こちらへ」



401:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:51:09.030 ID:yPJSp8Ix0

王の間

王「勇者殿、よく来てくれた」

勇者「ははーっ」

王「本当はもっと早く会いたいと思っていたのだが、なにぶん、大臣の件の影響が大きくてな」

勇者「王様も大変ですね」

ビシッ

勇者「あ痛っ!?」

女騎士「……」ジロッ

勇者(な、なんだよ)

女騎士(この国の王様ですよ! 発言は気をつけてください!)



402:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:51:31.909 ID:yPJSp8Ix0

王「良い。女騎士」

王「勇者殿もそう固くならずに結構だ」

勇者「……だってさ」

女騎士「その勝ち誇ったような顔をするのやめてください」



403:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 00:54:16.870 ID:yPJSp8Ix0

王「して、勇者殿。まだ修行中の身とのこと。最近は何やら女騎士と訓練をしているようだな」

勇者「訓練というか」

王「ん?」

勇者「あ。訓練です」

王「女騎士よ。勇者殿の具合はどうか」

女騎士「はい。最初は目も当てられない有様でしたが、筋は悪くなく。最近は動きも良くなっています」

王「ふむ……」



405:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 01:16:06.044 ID:yPJSp8Ix0

王「聖剣に選ばれし勇者よ。そなたを見込んで一つ頼みがある」

勇者「?」

王「最近、魔物の動きが活発化しているのは知っているな?」

勇者「噂には聞いてます」

王「特に北と東の方面の動きが激しく、その地方の都市との連絡は密に取っていたのだが」

王「最近、北の都市との連絡が途絶えたのだ」

王「何かがあったのだろうが、無闇に騎士隊を派遣するよりは、身軽なそなたにその役目をおってもらいたい」

王「どうか?」

勇者「無理です」



407:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 01:19:15.016 ID:yPJSp8Ix0

警備「!」

姫「!」

女騎士「!」

王「……」



王「……理由を聞いてもいいか?」

王「正直、断られるとは思わなんだ」

勇者「理由は、まだ女騎士を倒してないからです」

女騎士「ちょっと! 何を言ってるんですか! そんな理由で王の依頼を断らないでくださいよ!」

勇者「いや、だってさ! まだ安価達成できてないし王都を離れる訳にはいかないじゃないか!」

女騎士「また訳のわからないことを!」



408:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 01:24:49.153 ID:yPJSp8Ix0

王「……安価、か」

姫「知っているのですか、お父様」

王「なに、限られた者にだけ伝わる、聖剣の勇者にまつわる話だ」

姫「限られた者……?」

王「まだお前には教えられんな」

姫「そんなぁ」



409:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 01:25:20.096 ID:yPJSp8Ix0

王「そうか……安価か」

王「勇者よ。今そなたにどのような安価が出ているのかは知らないが、安価は重複できるものであろう」

勇者「はい」

王「ならば。今この時こそ、安価を使うべきタイミングではないのか?」

勇者「!」



412:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 01:29:33.695 ID:yPJSp8Ix0

勇者「……」

勇者「……」

勇者(ぶっちゃけ、王様の目の前で安価出すのすごくこわいんですけど)

勇者「……」


勇者「わかりました。聖剣よ、答えを聞かせてくれ。俺はこの後どう動くべきだ?」



聖剣「>>415



414:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 01:30:41.817 ID:PR1ys9VYa

姫にキス



415:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 01:30:44.015 ID:fUaoMhECd

お姫様と赤ちゃんプレイをしなさい…



419:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 01:35:06.548 ID:pDJBLO4Xr

これにはお姫様もベタ惚れ



421:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 01:37:13.202 ID:yPJSp8Ix0

聖剣「お姫様と赤ちゃんプレイをしなさい…」

勇者「……」

勇者「…………」

勇者「………………」



勇者「………………………………」ダラダラダラダラ


王「ど、どうした勇者殿」

女騎士「ものすごい冷や汗が出てるんですが」



423:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 01:40:41.825 ID:yPJSp8Ix0

勇者(ひ、姫様と赤ちゃんプレイ、だと……!?)

勇者(これはお前、どうなんだ?)

勇者(今ここでそんなふざけたこと言ったら首刎ねられるんじゃ……)


姫「勇者さま、大丈夫ですか?」

勇者「!!!」

姫「なんだか、顔色が悪いようですけど……」

勇者「あ、ああ。いや、これは……」



426:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 02:00:55.225 ID:yPJSp8Ix0

勇者「……」

勇者(考えろ……考えるんだ……)

勇者(安価を遂行するからと言って、それをここで公言する訳にはいかない)

勇者(ここでそれを言ってしまえばそれこそ達成が不可能になるだろう)

勇者(ここは一時様子を見てチャンスを伺うべきだ)

勇者(赤ちゃんプレイをどう実行するかはまた後で考えればいい)

勇者(とにかく今は、ここを乗り切るべきだ)



427:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 02:01:23.552 ID:yPJSp8Ix0

勇者「……」


スゥーーーーハァーーーー……


勇者「姫、俺は大丈夫です。少し目眩がしただけで何ともありません」

姫「そうですか」



428:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 02:03:37.948 ID:yPJSp8Ix0

勇者「王様」

王「ふむ」

勇者「申し訳ありません。俺にはまだ、王都で果たさなければならない使命があります」

勇者「今ここで、王都を離れる訳には行かないのです」

勇者「北の都市の件、お力になれず申し訳ない」

王「……」

王「……わかった。その、お前のまっすぐな目を見ればわかる。何をやらねばならんのか、ここでは敢えて問うまい」

王「勇者よ、そなたはそなたの使命を果たせ。北の都市の件はこちらでなんとかしておこう」



432:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 02:13:34.624 ID:yPJSp8Ix0

その夜

勇者「率直に言って、正攻法は無理だと思うんだ」

勇者「まず第一に、俺と姫が会う機会」

勇者「姫に赤ちゃんプレイを要求するとして、その場に第三者が居合わせていると、まず間違いなく大問題になる」

勇者「それが女騎士だった場合、まず間違いなく俺をボコボコにするだろう。……木剣ではなく実剣で」

勇者「二人きりで会う機会を作らなければならないけど、そもそもとしてそんなに会う頻度が高いわけじゃないんだよな」

勇者「ここ一ヶ月ほど王城に通い詰めてはいるけれど、姫と会うのは三日に一回ほど」

勇者「女騎士との戦いを見に訓練場に顔を出すくらいだ」



433:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 02:20:21.272 ID:yPJSp8Ix0

勇者「第二として、姫が赤ちゃんプレイを受け入れてくれること」

勇者「……これが一番の問題か」

勇者「聖剣に選ばれた勇者と言えど、俺はまだ大きな功績を残したわけじゃあない。一国の姫君がそんな俺と赤ちゃんプレイをすることを了承するだろうか?」

勇者「姫との関係は悪くはないと思うけど、それは難しいだろうな」

勇者「けど、赤ちゃんプレイなんてものは、まず双方の合意が無きゃ成り立たないだろうし、ここが突破できなきゃ話にならない」



434:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 02:21:32.427 ID:yPJSp8Ix0

勇者「……」

勇者「……」


勇者「くそっ、もうこんな時間か」

勇者「女騎士との決戦も手を抜くわけにはいかない。休養は取っておかなきゃな」

勇者「……」

勇者「明日、図書館に行ってみるか。何か良い案が浮かぶかもしれない」



436:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 02:32:10.936 ID:yPJSp8Ix0

訓練場

ガァン! ギィン!

勇者(そういや赤ちゃんプレイとか言ってたけど、どっちが赤ちゃん側になるかの指定はなかったよな)

女騎士「……」

女騎士「そこ!」

バギッ!

勇者「痛ぇっ!?」


女騎士「身が入ってないようですね。鍛錬中に上の空になるとは何事ですか」

勇者「うぅ」

女騎士「……まったく、最近少しはマシになったと思ったらこれなんですから」



443:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 02:37:56.110 ID:yPJSp8Ix0

女騎士「なにか、悩みがあるのですか?」

勇者「!」

女騎士「剣を合わせているのですから少しはわかります。最近考え事が多いみたいですし」

女騎士「私でよければ、話を聞くくらいのことはできますが」

勇者「いや、いい。大丈夫だ」

女騎士「……」



444:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 02:38:26.520 ID:yPJSp8Ix0

勇者「これは、俺一人で解決しなきゃならない問題だ。お前を頼るわけにはいかない」

女騎士「……あなたがそう言うのなら、わかりました」

女騎士「けれど、あまり抱え込みすぎないように。どうしてもと言う時には相談に乗りますから」

勇者「ああ。ありがとう」


勇者(これ、女騎士に相談したら叩き斬られるだろうなあ)



446:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 02:42:36.596 ID:yPJSp8Ix0

図書館

勇者「参考になるもの……参考になるもの……」

勇者「やはりここは恋愛小説のようなものを読むべきか」

勇者「……赤ちゃんプレイが載ってる恋愛小説とかないかな?」

勇者「無いよな。そりゃそうだ」

勇者「ぐぬぬ……」

テクテク


勇者「こっちは……魔導書のコーナーか。俺には関係ないな」



447:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 02:43:05.609 ID:yPJSp8Ix0

勇者「……」

勇者「……」

勇者「……」


勇者「…………魔法?」



500:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 12:12:11.701 ID:yPJSp8Ix0

街中

勇者「おお……重い……借りたものと買った物で結構な量になったな」

勇者「まずはこの件に使えそうなやつを調べることから始めないと」

テクテク…

ドンッ

勇者「痛っ」

バサバサッ


勇者「む。すまない」

傭兵「いや。こちらこそ前方不注意だった。拾うのを手伝おう」

勇者「悪いな」



501:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 12:12:57.098 ID:yPJSp8Ix0

傭兵「……魔導書と指南書が多いな」

勇者「まあ、ちょっとな」

傭兵「……ほら」

勇者「サンキュー」

傭兵「……ではな」

テクテク

勇者「あの人は北の城門の方に向かってるみたいだな。旅人か何かか」

勇者「……なんかどっかで見たことあるような気がする奴なんだが」

勇者「……」

勇者「まあいいか」



503:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 12:13:59.097 ID:yPJSp8Ix0




ペラ…ペラ…

勇者「……」

勇者「……」

勇者「……」

勇者「……これだ。……これを使えるようになればいける気がするぞ」

勇者「あんまり難しすぎるやつは無理な気がするけど、これくらいならなんとか……!」

勇者「そうとわかれば早速練習だ」



504:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 12:14:37.919 ID:yPJSp8Ix0

翌日、訓練場

勇者「おはよう」

女騎士「おはようございま……ひっ!?」

勇者「……どうした?」

女騎士「どうしたって……すごい隈ですけど大丈夫ですか?」



505:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 12:19:34.129 ID:yPJSp8Ix0

勇者「ん。大丈夫だ。気にしないでくれ」

勇者「少し本を読んでいてな」

女騎士「……まあ本人が大丈夫と言うなら……」

テクテク


勇者「……」

勇者「すまない女騎士……練習台になってくれ……」

勇者「……赤ちゃんになぁれ!」クワッ!



506:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 12:19:50.087 ID:yPJSp8Ix0

女騎士「?」

女騎士「何か言いましたか?」クルッ

勇者「ん。なんでもない」

女騎士「そうですか」

テクテク

勇者「……くそっ、やっぱりそう簡単にはいかないか」



509:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 12:31:01.433 ID:yPJSp8Ix0

数日後

勇者「あれから何度か試したけどなかなか上手くいかないな」

勇者「おかしいなあ。発動したらパーッって光みたいなのが出るみたいなんだけどそういう気配が全然ないぞ」

勇者「赤ちゃんになぁれ! 赤ちゃんになぁれ!」

シーーーーン

勇者「独学じゃあ限界があるか」



510:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 12:32:08.275 ID:yPJSp8Ix0

翌日


女騎士「え? 魔法を覚えたい?」

勇者「そうなんだよ。誰かそういうの詳しい人を紹介してくれないか」

女騎士「心当たりが無い訳ではないですが」

女騎士「私としては色々な物に手を出すよりも、まずは目の前のこと。一先ず剣を磨くことに集中するべきと思うのですが」

勇者「いいや。これはとても重要なことなんだ」

女騎士「別にあなたが使えるようにならなくとも、誰か使える人にお願いしてみるというのは?」

勇者「それは絶対ダメだと思う」



511:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 12:33:31.455 ID:yPJSp8Ix0

勇者「とにかく誰か紹介してくれ。独学で行き詰まってるんだ」

女騎士「はぁ。そこまで言うなら」



515:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 12:57:49.781 ID:yPJSp8Ix0

ガチャッ

勇者「たのもーっ!」

魔法使い「うるさいわね。そんな大声を出さなくても聞こえてるから」

勇者「あんたが魔法使いか?」

魔法使い「そうだけど。あなた、女騎士が言っていた聖剣の勇者ね。話は聞いているわ」

魔法使い「出来るだけ協力してほしいとは言われたけど、それはあなた次第ね」



516:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 12:58:00.188 ID:yPJSp8Ix0

勇者「……」

魔法使い「……なによ」

勇者「いや。凄腕の魔法使いって聞いてたからもっと年食った爺さんみたいなの想像してたんだけど」

魔法使い「期待に応えられなくて悪かったわね」

勇者「この間、悪魔を拘束してた王城の結界もあんたが張ったって聞いたぞ。凄いな」

魔法使い「はぁ。お世辞のつもり?」

勇者「そんなつもりはない」



517:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 12:58:20.683 ID:yPJSp8Ix0

魔法使い「それで。魔法を覚えたいみたいだけど」

勇者「ああ」

魔法使い「どんな系統の魔法を覚えたいのかしら」

勇者「ああ」

勇者「……えぇと」

魔法使い「なにをゴニョゴニョしてるのよ。まさかやましい事情があるわけじゃないでしょうし」

勇者「…………」

魔法使い「何でそこで黙るのよ」



518:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 13:11:48.990 ID:yPJSp8Ix0

魔法使い「はぁ。とりあえず今のあなたの腕前を見ておきたいわ」

魔法使い「何か使える魔法はある?」

勇者「ないぞ」

魔法使い「そう。何も使えないのね」

魔法使い「……」


魔法使い「何も……」

勇者「どうした。頭を抱えて」

魔法使い「いえ。何か面倒な頼みを引き受けちゃったかなって」

勇者「へへっ、よろしく頼むぜ師匠」

魔法使い「笑ったって誤魔化されないからね」



520:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 13:42:45.953 ID:yPJSp8Ix0

数日後

魔法使い「––––それで、この発動の理論だけど……」チラッ

勇者「……………………」カリカリカリカリ

魔法使い(一生懸命勉強してるわね。「座学なんて嫌だ! 実践練習!」とか言いそうな顔してたからちょっと意外かも)

魔法使い(そんなこと言い出したら叩き出すつもりだったけど)

魔法使い(才能はからっきしみたいだけど素直だし、家に帰っても自主練してるみたいだし。ここまで真面目なら修得も早いかもね)


勇者「……これを応用すれば……いやもう少し……この式が……魔力を…………赤ちゃん魔法……」ブツブツブツブツ



522:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 14:08:46.535 ID:yPJSp8Ix0

訓練場

女騎士「今日はそろそろお終いにしましょうか」

勇者「うごごご……」ボロボロ

姫「あ。勇者さま」

勇者「姫。来てたんですね」

姫「いえいえ。順調なようで何よりです」

勇者「いやぁ、かっこ悪いところ見せちゃったかな」

女騎士「今更でしょう」



523:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 14:11:10.011 ID:yPJSp8Ix0

姫「最近は剣だけでなく、魔法使いさんの下でも修行しているとか」

勇者「ど素人なのでね。今は基礎からみっちり教えてもらってるけど、家に帰って応用できないか考えてます」

姫「熱心ですね。何か魔法に思うところがあったのですか」

勇者「ああ。うん。ちょっと色々あって」

勇者(まさか魔法使いの前で赤ちゃん魔法の練習するわけにもいかないし、結構苦労してるんだよな)

女騎士(なんだか魔法使いさんに苦労かけてそうですね……今度ケーキでもご馳走しましょうか)



524:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 14:11:26.057 ID:yPJSp8Ix0

姫「そう言えば、北の都市の件。調査隊が派遣されたようですよ」

勇者「北の都市って……」

勇者(俺が断ったやつか)

勇者「なんかすいませんね」

姫「いえ。勇者さまには何やら使命があるとのこと。まずはそちらに集中してくださいね」

勇者「は、ははは……」



525:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 14:11:56.073 ID:yPJSp8Ix0

数日後

勇者「……ぐむむ」

魔法使い「どうしたの?」

勇者「ああいや、少しな」

魔法使い「ふーん。まあ、何に悩んでるかは聞かないでおいてあげるけど」

魔法使い「……ねぇ、ちょっとその聖剣見せてもらってもいい?」

勇者「構わないぞ」



526:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 14:12:24.138 ID:yPJSp8Ix0

魔法使い「……凄いわね」

魔法使い「私は剣の良し悪しとかはわからないけれど、魔法使いとしての視点で見ても、この剣が相当なものとわかるわ」

勇者「そうなのか」

魔法使い「ええ。これだけ内包された力があるのなら、剣としてだけじゃなく、杖としても素晴らしい力を発揮すると思うの」

勇者「へー」



527:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 14:12:40.796 ID:yPJSp8Ix0

勇者「……」

勇者「……いま何て?」

魔法使い「杖としても優秀ってこと。あなたが魔法を覚えようとしてるのも、この剣をより引き出すためなんでしょ?」

勇者「それをもっと早く知りたかった」



529:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 14:17:41.163 ID:yPJSp8Ix0




勇者「赤ちゃんになぁれ!」

ぺかーっ


勇者「……お、おお!!」

勇者「ついに発動できた!! 今までスカッスカだったのに!!」

勇者「光が出たぞ!!」

勇者「理論が出来てればあとは聖剣がブーストしてくれるんだな……」

勇者「多分俺の素の才能とか魔力とかがへなちょこだったから今までなかなか発動できなかったんだろう」

勇者「聖剣ってすごい」

勇者「これなら……」



530:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 14:18:04.565 ID:yPJSp8Ix0

勇者「いや一旦落ち着こう。まずは効果を確認せねば……」

勇者「……」

勇者「……」

勇者「そうだな。試しに自分に向けてやってみるか」



531:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 14:18:45.163 ID:yPJSp8Ix0



チュンチュン


勇者「……………………」

勇者「……………………はっ!?」

勇者「俺は一体、何を……」

勇者「……」

勇者「……もしかして赤ちゃんになってたのか?」

勇者「でもこれじゃあ成功したかわからないな……」

勇者「ぐぬぬ」



534:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 14:28:56.837 ID:yPJSp8Ix0

訓練場

女騎士「遅いですよ」

勇者「す、すまん」

女騎士「私もこの後は仕事があるんですからね。ずっとあなたに構ってる訳には行かないのです」

勇者「……うぅ」

女騎士「もう中途半端な時間ですし、今日はヤメにしましょうか」



535:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 14:30:09.418 ID:yPJSp8Ix0

勇者「あっ、ちょっと待ってくれ」

女騎士「?」

勇者「ちょっとそこの休憩所に行かないか。話したいことがあるんだ」

女騎士「……まあ少しくらいなら」


ガチャッ

女騎士「それで、話とは?」クルッ


勇者「赤ちゃんになぁれ!!!」ぺかーっ


女騎士「!!?」



女騎士「…………」

勇者「…………」


女騎士「あーうー」

勇者「完璧な結果じゃないか」



538:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 14:41:30.752 ID:yPJSp8Ix0

女騎士「だぁ、だぁ」

勇者「あの真面目でプライドのたかそうな女騎士が完全に幼児退行している」

女騎士「あーうー」

勇者「どう見ても演技ではないし、成功だろうな」

女騎士「きゃっきゃっ」

勇者「……」


勇者「ん? 今なら安価ひとつ達成できるんじゃないか?」

女騎士「あうー?」



539:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 14:41:58.607 ID:yPJSp8Ix0

勇者「今なら無防備で隙だらけだし、何やっても問題なさそうだ」

勇者「この状態の時の記憶が失くなるのは実践済みだし、あとは斬るだけ」

女騎士「きゃっきゃっ」

勇者「……」



540:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 14:42:39.390 ID:yPJSp8Ix0

勇者「……どこを斬れとか指定があるわけじゃないからな」

勇者「ほら、女騎士。少し手を貸してくれ」

女騎士「?」

ニギニギ


勇者「よーし偉いぞ。良い子だなー」

女騎士「きゃっきゃっ」

勇者「なんか罪悪感あるなこれ」



541:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 14:43:16.594 ID:yPJSp8Ix0

勇者「……ちょっとだけ痛いよー。我慢しようなー」

しゅぱっ

勇者「はい達成!! 手の甲少し斬ったけど、これで文句ないだろ聖剣!! わはは」

勇者「一石二鳥だな。あれだけ苦労した安価もこれで解決とか」

女騎士「……」

勇者「さて。もう戻ってもいいぞ女騎士。 ……あれ、どうやって戻すんだろ」

女騎士「う……ううぅ」

勇者「ん?」


女騎士「びええーーーーーーん!!!」

勇者「!?」



544:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 14:46:59.788 ID:yPJSp8Ix0

勇者「こ、こんなことで泣くなよ……大して痛くもないだろ」

女騎士「えーーん!!」

勇者「ほらほら、いい子だから泣き止みなさい」

女騎士「ええーーーーん!!」

勇者「……いないいないばあ!!」

女騎士「うわあああーーーーん!!」

勇者「あわわわわわわ」



546:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 14:52:20.343 ID:yPJSp8Ix0

勇者「どうすんだよこれ、こんな所だれかに見られたらタダじゃ済まないぞ!」

女騎士「うえーーーーん!!」

勇者「ほら泣き止んで! 早く泣き止んで!」

女騎士「うえーーーーん!!」

勇者「誰か助けてくれぇ!!」



549:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 14:54:54.616 ID:yPJSp8Ix0

勇者「ほら、いい子だなー。女騎士はいい子でちゅねー」

ギュッ

女騎士「……うぅ?」

勇者「!」

勇者「よしよしいい子だねー。痛かったでちゅねー」

女騎士「うぅ……ひっく……」

勇者「もう痛いことないからねー。よしよし」サスリサスリ

女騎士「…………」



552:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 14:57:08.994 ID:yPJSp8Ix0

数十分後

女騎士「すぅ……すぅ……」

勇者「手強い相手だった……」



561:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 17:25:02.550 ID:yPJSp8Ix0

勇者「俺、意外と子守の才能あるかもしれない」

勇者「あとは姫を相手に同じことをすればいい訳だな」

勇者「女騎士が姫の傍にいるとごちゃごちゃうるさそうだし、無力化した今は絶好のチャンスなんだが。今日は姫が見に来てないんだよなあ」

勇者「身分の高い人はそれっぽい理由が無いと会うのも大変で困る」

勇者「……城に忍び込むか」

勇者「脱獄の時に城内のことは大体覚えたし行けるだろ、たぶん」



562:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 17:26:30.841 ID:yPJSp8Ix0

夜、城の前

勇者「正面の扉は警備で固められてるな。正面突破は難しそうだ」

勇者「どうやって潜入したものかね」


聖剣「>>565



564:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 17:27:31.255 ID:ZwelrqhJ0

屋根から窓へ



565:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 17:27:57.229 ID:/n6xZgV80

窓から



567:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 17:39:17.280 ID:yPJSp8Ix0

聖剣「窓から」

勇者「窓からぁ?」

勇者「……一口に窓からっつってもお前、結構な高さだぞこれ。どうやって登るんだよ」

聖剣「窓から」

勇者「……」

勇者「よじ登るか。ちょっとロープとか買ってくるわ」



568:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 17:39:58.963 ID:yPJSp8Ix0

数分後

勇者「なんとか警備の目を盗んで城壁まで辿りついたぞ」

勇者「あとはロープ引っ掛けて登るだけだな」


シュルシュルシュル

勇者「大臣が暴れてくれたおかげで壁に補修跡がある……ナイスだ大臣。足を引っ掛けやすいぞ」



569:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 17:40:19.562 ID:yPJSp8Ix0

シュルシュルシュル

勇者「なんだ。意外と楽勝じゃねえか」


勇者「後はこの窓を……」

ガタガタッ

勇者「……あっ、鍵掛かってますね」



570:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 17:47:50.622 ID:yPJSp8Ix0

勇者「この時間だしそりゃそうか」

勇者「しかし安価は窓からの侵入。ぶっちゃけここまで来ておいて窓の鍵程度で引き返すつもりもない」

勇者「……」

勇者「……」

勇者「えいっ」パリーン


ジリリリリリリリリリリリリ!!!!

勇者「えっ」



571:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 17:48:45.318 ID:yPJSp8Ix0

侵入者だ!! 侵入者感知の結界が反応したぞー!!


勇者「何でこんなところにまで結界があるんだよ!! 魔法使いか!! 優秀だな!!」


勇者「一旦退いてプランを立て直すか?」

勇者「……いいや安価に変更はない。こうなれば行く所まで行ってやるさ!」



575:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 18:10:45.970 ID:yPJSp8Ix0

城内

ダダダダダッ

勇者「はぁ、はぁ、はぁ……!」

勇者「あれ、姫の部屋ってどこだっ!?」

勇者「やべぇ肝心なこと知らないままだったわ!」


警備「侵入者はどこだ!!」


勇者「!」

ササッ



576:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 18:11:10.212 ID:yPJSp8Ix0

警備A「……くそ、見当たらないな」

警備B「結界が反応したのはあの部屋の窓なんですよね?」

警備A「ああ。確かに窓が割られていた」

警備B「何かの間違いだったりしないんです? ほら、子供が投げた石だとか」

警備A「子供がこんな時間に外にいるものか。第一、外の警備の者にも見つかっていないのだ。どんな肩力だその子供は。くだらないことを言ってないで身を入れて探せ!」

バタバタバタバタ


勇者「………………」



577:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 18:11:44.130 ID:yPJSp8Ix0

勇者「なんか思ったよりも見つからなかったな。前回はどこに隠れてもすーぐ見つかってたのに」

勇者「あの時はたまたま警備の人の質が高かっただけか? よくわからんな」



578:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 18:29:47.274 ID:yPJSp8Ix0

勇者「そんなことより姫の居場所を探して早く赤ちゃんプレイしないと!」

勇者「どこにいるんだ? 自分の部屋か? それともこの前みたいに中庭か?」

勇者「手当たり次第に探してみるか、それともこのまま警備が薄くなるまで隠れ続けるのもアリだろうか」


聖剣「>>582



581:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 18:30:46.909 ID:cjm/jPgPa

服を脱げ



582:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 18:31:01.929 ID:Sm+Y8pmI0

今こそ合体だ



584:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 18:32:59.998 ID:yPJSp8Ix0

聖剣「今こそ合体だ」

勇者「合体!? なんだその機能、初めて聞いたぞ!」

勇者「合体って何のことだ!?」


聖剣「……………………」


勇者「ダンマリかぁ!! 察しろってことかよ!!」



585:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 18:34:48.588 ID:yPJSp8Ix0

勇者「……」

勇者「……が、合体!!」ビシィ!

勇者「……」

勇者「くそ、ポーズ決めて叫んでみても何も起こらない。どういうことだ」



588:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 18:43:00.970 ID:yPJSp8Ix0

タタタタッ

勇者「はぁ、はぁ、あれからいろいろ試してみたけど、結局合体の意味がわからんままだ!」

勇者「聖剣と合体とか言われても意味わからんし。そもそも肌身離さず持ってる時点で合体してるようなもんだろ……!」


バタバタバタバタ

勇者「! 警備が来たか!」

勇者「とりあえずあの部屋に避難するか!」



591:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 19:06:42.907 ID:yPJSp8Ix0

ガチャッ、バタン!

勇者「……」

勇者「……足音が遠のいていく。行ったみたいだな」

勇者「それにしても合体……合体ねぇ……」

勇者「ガキの頃に読んだ絵本の中で見たことならあるが」

勇者「確か、こう。英雄だか神様だかが忘れたけど、何か別の物とくっついて姿が変わってパワーアップするんだよな」



592:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 19:07:14.813 ID:yPJSp8Ix0

勇者「……おや?」

勇者「ここ、適当に入ってみたけど、倉庫的なところか」キョロキョロ


勇者「掃除用具やら壊れた彫像っぽい物やら余興に使われそうな物までなんか色々置いてあるな」

勇者「……」

勇者「……まてよ」



593:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 19:07:40.144 ID:yPJSp8Ix0

廊下

警備A「……ん?」

警備B「どうした」

警備A「いや、これ見てみろよ」

警備B「……うわ、なんだこれ。床が白いペンキでベタベタじゃねえか」

警備A「汚いな……それと、何か引きずったような跡が」

警備B「追ってみるか」



594:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 19:08:54.637 ID:yPJSp8Ix0

警備A「…………」

警備B「…………」

奇妙なオブジェ「…………」

警備A「なんだこれは」



595:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 19:09:24.902 ID:yPJSp8Ix0

奇妙なオブジェ「……」

警備B「……上は人間の半裸で、下半身は馬。頭はこれ、牛か?」

警備A「両手には剣とモップを掲げているぞ。趣味の悪いオブジェだ……誰だこんな物置いた奴は」


テクテク

奇妙なオブジェ「…………」



警備B「待て!!」

奇妙なオブジェ「!!」



596:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 19:09:59.266 ID:yPJSp8Ix0

警備A「どうした」

警備B「それ、ペンキ塗りたてみたいだ。下手に触ると白いのが移るぞ」

警備A「うわ、本当だ。テカってヌラヌラしてる。危ないな」

警備B「床の白いのもそのペンキだろ。大方、誰かが運んでる途中で警報が鳴ったから放置してどこか行ったとかそんな感じじゃないかね」

警備A「いずれにせよ床にペンキ落としながら運ぶのはダメだろ……」



597:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 19:11:06.897 ID:yPJSp8Ix0

警備C「おいお前ら! 何をそんな所で油を売っている!」


警備A「やべ、急ごう」

警備B「ああ……怪しいオブジェだけど、さすがに今回の件には関係ないだろ」

バタバタバタバタ


奇妙なオブジェ「…………合体成功かな?」

奇妙なオブジェ「下半身がちょっと動きづらいけど、これなら落ち着いて城内を移動できそうだ」

ズリ……ズリ……



600:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 19:24:41.741 ID:yPJSp8Ix0

奇妙なオブジェ「余興用の被り物と、モップと。あとあそこにあった大量の白いペンキは大臣が壊した城壁の補修用の奴かな」

奇妙なオブジェ「まったく、大臣さまさまじゃないか」

ズリ……ズリ……

奇妙なオブジェ「! 誰か来たか」

奇妙なオブジェ「…………」



警備D「はぁ、はぁ……これだけ探し回っても侵入者なんて見当たらないし。本当にそんな奴いるのか?」

警備E「俺に聞くなよ……って、なんだこのオブジェは。趣味悪いな」

警備D「……まあいい。とにかくこれだけ探し回っても見当たらないんだ。一旦持ち場に戻るぞ」

警備E「お前の今日の担当って確か姫の部屋の前だっけ」

警備D「ああ。今日は何故かお付きの女騎士と連絡が取れないらしくてな」

警備E「サボりか? 珍しいな、そんなことするような人じゃないと思ってたんだが」


奇妙なオブジェ「………………」



605:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 19:55:31.249 ID:yPJSp8Ix0

奇妙なオブジェ「あいつの後を付いていけば姫に会えそうだな」

奇妙なオブジェ「……よし。待っててくれよ姫。今行くからな」

ズリ……ズリ……



606:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 19:55:52.642 ID:yPJSp8Ix0

姫の部屋の前

警備D「…………」


奇妙なオブジェ「……見張りはあいつ一人か」

奇妙なオブジェ「今回は前みたいに姫の手も借りられないし、自分で何とかするしかないな」

奇妙なオブジェ「代わりに、こっちも強力な手札があるんだ。一人くらいならどうにかできる……!」



607:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 19:57:04.659 ID:yPJSp8Ix0

警備D「……」

ズリ……ズリ……


警備D「……ん?」

ズリ……ズリ……

警備D「何の音だ?」

ズリ……ズリ……

警備D「……だ、誰かそこにいるのか?」



奇妙なオブジェ「こんにちは(裏声)」ヌッ


警備D「ひぃっ!?」



609:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 19:57:36.075 ID:yPJSp8Ix0

奇妙なオブジェ「突然だけど、赤ちゃんになぁれ!」

ぺかーっ

警備D「うわぁぁぁ」

……



警備D「だー。ばぶばぶぅ」

奇妙なオブジェ「よし」



611:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 19:58:15.204 ID:yPJSp8Ix0

奇妙なオブジェ「無力化したはいいけど、こいつどうすっかな。通路に置いといても変に目立っちまうし」

警備D「ばぶぅ。きゃっきゃっ」

奇妙なオブジェ「馬の下半身とかもう要らないし、これで包んでトイレにでも放り込んでおくか」ヌギヌギ

警備D「ばぶばぶ」



613:>>612 説明不足だったけど、赤ちゃんになるのは精神だけです 2018/11/04(日) 20:17:11.691 ID:yPJSp8Ix0

姫の部屋

姫「まったく、女騎士ったらどこにいるのかしら」

姫「侵入者が出たみたいだし……今回も勇者さまのような良い人とは限らないし……」

姫「少しだけ、心細いかも……」


コンコン

姫「!」

扉の向こう「……」

姫「……だれ?」

扉の向こう「……」



614:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 20:18:15.334 ID:yPJSp8Ix0

姫「もしかして、女騎士……?」

扉の向こう「……姫。俺です」

姫「ゆ、勇者さま!? どうしてここに……」

扉の向こう「このような時間に申し訳ありません。ですが、どうしてもお話があり、参上しました」

姫「と、とにかく今、鍵を開けます。待っていてください」

タタタッ

カチャカチャ


奇妙なオブジェ「こんにちは(裏声)」ヌッ


姫「きゃあああああああああああ!!?」



615:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 20:19:53.585 ID:yPJSp8Ix0

奇妙なオブジェ「あっ、ちょっと。あんまり叫ばないでっ」

姫「いやあああ!! 来ないでぇっ!!」

奇妙なオブジェ「いたっ、いたっ! 物を投げないで!」ゴツンゴツン


奇妙なオブジェ「くっ、本当はもっと平和的に掛けたかったが仕方ない!」

奇妙なオブジェ「赤ちゃんになぁれ!」

ぺかーっ



617:文中で説明する機会がなかったので 2018/11/04(日) 20:30:06.066 ID:yPJSp8Ix0

現在の奇妙なオブジェ

頭:牛(白)。被り物を脱ごうとしたら後ろ髪と被り物が固まったペンキでくっついていて、脱ごうとすると痛かった

上半身:裸。ペンキで白く塗られている。ガビガビに固まっている

下半身:パンツ一丁。合体していた馬の下半身を分離したためペンキが塗られていない

服は全部倉庫に置いてきた



618:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 20:35:57.898 ID:yPJSp8Ix0

姫「あー。だー。きゃっきゃっ」

奇妙なオブジェ「……ついに。ついに成し遂げたぞ」

奇妙なオブジェ「感慨深いものがあるが、手早く安価を済ませよう」

奇妙なオブジェ「赤ちゃんプレイの内容にケチを付けられたくないからな。準備は万端だ」ゴソゴソ

奇妙なオブジェ「おしゃぶり。哺乳瓶。よだれかけ。ガラガラ」

奇妙なオブジェ「完璧な装備だ……」

姫「あうー」ヨチヨチ



620:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 20:47:47.024 ID:yPJSp8Ix0

城内

女騎士「くっ……私としたことが、休憩所でこんな時間になるまで眠りこけてしまうなんて」タタタタッ

女騎士「前後の記憶が思い出せない……疲れていたのでしょうか」

女騎士「よりによってこんなタイミングで城に侵入者だなんて、最悪です」

女騎士「姫……今日こそは大人しく部屋に戻っていてくださいよ……!」



621:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 20:48:16.657 ID:yPJSp8Ix0

バンッ!

女騎士「姫っ!」



奇妙なオブジェ「おー、よちよち。姫は良い子でちゅねー」ガラガラ

姫「あうー。きゃっきゃっ」

奇妙なオブジェ「おなか空いてないかな? いまミルクを用意ちまちゅからねー」

姫「あー。ばぶばぶ」

奇妙なオブジェ「あだだ。ちょっと、頭引っ張んないで。被り物ズレる。視界がズレるから」

姫「きゃっきゃっ」


女騎士「……」



624:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 20:56:45.508 ID:yPJSp8Ix0

女騎士「……」


姫「!」

姫「あー! だうだう!」

奇妙なオブジェ「うん? どうちたのかなー? ちょっと待ってね。今頭のポジション元に戻すから」

奇妙なオブジェ「よいしょっと」ゴソゴソ


奇妙なオブジェ「ふぅ。これでようやく前が見れ」


女騎士「……」

奇妙なオブジェ「……」



625:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 20:57:33.258 ID:yPJSp8Ix0

奇妙なオブジェ「……」

女騎士「……」

奇妙なオブジェ「……………………」


奇妙なオブジェ「やあ。ボク、ウシッピー(裏声)」


奇妙なオブジェ「よいこの姫のところへ遊びにきた、かわいい妖精さんだよ(裏声)」


女騎士「姫から離れろ変態!!!!」



631:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 21:14:30.596 ID:yPJSp8Ix0

シャッ!

奇妙なオブジェ「おわぁっ!?」


奇妙なオブジェ(こ、こいつ。いきなり実剣で首を落としに来やがった! 危ねえ!)

奇妙なオブジェ「ウ……ボクは、暴力はキライだよ(裏声)」

奇妙なオブジェ「どうしてそんなことをするのかな。悲しいよ(裏声)」

姫「あうあう」

女騎士「姫に何をした!!」ビュッ!

奇妙なオブジェ「ひいっ!?(裏声)」



632:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 21:16:07.341 ID:yPJSp8Ix0

奇妙なオブジェ(マズイ! 剣を振って来るからせめて剣で防御したいけど、ここで聖剣使うとさすがにバレる! 白く塗っといて良かったけど、抜いたらバレる! 毎日見られてるもんな!)

奇妙なオブジェ(どうしよう、そうだ安価を……!!)


姫「だぁーー」ガシッ

女騎士「なっ!?」


奇妙なオブジェ「!」



633:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 21:16:50.231 ID:yPJSp8Ix0

女騎士「姫っ、離してください! 私はあの変態をっ……!」

姫「うぅーー……」ウルウル

女騎士「ッ!!!」


女騎士「こ、こんなの振りほどけるワケないじゃないですか! この卑怯者っ!」

奇妙なオブジェ「そ、それはウシッピーのせいじゃないもん!(裏声)」



634:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/04(日) 21:17:15.162 ID:yPJSp8Ix0

ガチャッ!

ダダダダダッ……


女騎士「あっ! 待ちなさい!」

姫「あうー」スリスリ

女騎士「………………くっ!!」



717: ◆XoiMTUEsXEGh 2018/11/05(月) 18:26:50.365 ID:hOiq6uPg0

その頃
北の都市の調査隊

傭兵「……」

冒険者「おう、あんちゃん。見張りの番、交代の時間だ」

傭兵「もうそんな時間か」

冒険者「しっかしアレだねぇ。お前さんも公務員の騎士さんってツラはしてねえな」

傭兵「それはお互い様だろう」

冒険者「わはは。違いねえ」



718:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 18:27:13.920 ID:hOiq6uPg0

冒険者「お前さんもあれか。調査隊募集の依頼を受けてきたクチか」

傭兵「報酬が良かったのでな」

冒険者「定期連絡が途絶えっちまったんだってな? 向こうの方は魔物の暴れ方もすげえらしいし、都市ごと魔物に乗っ取られちまってたりしてな」

傭兵「……」

冒険者「国の正規の騎士は監督役で数名いるだけで、あとは俺たちみたいな非正規ばっかりだ。こうもあからさまだと……なぁ?」

傭兵「……話は終わりか? 番の引き継ぎ事項は特になしだ。何も無いなら私は休ませてもらおう」

冒険者「なんでぇ、ちょっとくらい付き合ってくれてもいいじゃねえか。道中くらい楽しんで行こうや」

傭兵「話し相手なら他を当たってくれ」



719:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 18:27:45.841 ID:hOiq6uPg0

王城

タタタタッ

奇妙なオブジェ「はぁ、はぁ……」

奇妙なオブジェ「終わった! 赤ちゃんプレイやり遂げたよ聖剣! これで満足だろ!」

奇妙なオブジェ「あとは帰って寝るだけだな! わはは」

奇妙なオブジェ「……てか、どうやって脱出するんだこれ。お城完全に警戒体制じゃん」



720:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 18:28:20.193 ID:hOiq6uPg0

タタタタッ…


警備「ん?」

奇妙なオブジェ「あ」バッタリ


警備「不審者発見!! 捕まえろぉ!!」

奇妙なオブジェ「ああああああああ!!」



721:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 18:29:20.148 ID:hOiq6uPg0

警備ABC「待てぇーー!!」

奇妙なオブジェ「追っ手増えてる! 増えてるって!!」


奇妙なオブジェ「! この先、正面は行き止まりか!」

奇妙なオブジェ「左手には外へと続く窓! 右手には通路!」

奇妙なオブジェ「窓から飛び降りるか? 落ちたら結構痛いが多分逃げられる!」

奇妙なオブジェ「それとも通路へ行って逃げ道を探るか!? これ、城の内側に入り込むような道だけど!」

聖剣「>>726



725:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 18:31:35.911 ID:W/SO66Go0

kskst



726:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 18:31:40.390 ID:l5yW20nl0

思うままに往け



729:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 18:34:56.397 ID:hOiq6uPg0

聖剣「思うままに往け」


奇妙なオブジェ「思うまま……!?」

奇妙なオブジェ「それって指示としてどうなの!」

聖剣「……」

奇妙なオブジェ「なるほど」



732:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 18:47:23.418 ID:hOiq6uPg0

奇妙なオブジェ「思うまま……これって意外と難しい」

奇妙なオブジェ「目を瞑り、一度全ての邪念、雑念を取り払い、無垢なる気持ちでこの選択を大事に選びとりたい……」


タタタタッ…

奇妙なオブジェ「……まず第一として、早く帰りたい。上半身がペンキでガビガビしてて気持ち悪い。お風呂入りたいなあ」

タタタタッ…

奇妙なオブジェ「けど、今の宿舎の風呂って狭いんだよな。こう、思う存分足を伸ばせないっつーか。ボロいし。たまには銭湯でも行くか」

タタタタッ…

奇妙なオブジェ「おなかも空いてきた。帰りにいつものパン屋でピザでも買っていくかな」

タタタタッ…

奇妙なオブジェ「あんまり遅くなると、銭湯もピザも閉まっちまう。やはりここは一刻も早く帰るために、さっさと窓から飛び出すのが正解か」

タタタタッ…

奇妙なオブジェ「……」



奇妙なオブジェ「……あ。窓、通り過ぎたわ」



735:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 18:59:17.755 ID:hOiq6uPg0

奇妙なオブジェ「こっちに逃げるしかねえ!」

警備ABC「待てぇーー!!」

バタバタバタバタ



736:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 18:59:33.780 ID:hOiq6uPg0

数十分後

奇妙なオブジェ「はぁ、はぁ、はぁ……。撒いたか……?」

奇妙なオブジェ「逃げるのに必死で、どこをどう来たのかさっぱりわからん」

奇妙なオブジェ「方向的に、出口から遠のいてるのは間違いないと思うけど」

奇妙なオブジェ「……ん? ここは……」


奇妙なオブジェ「……浴場か」



737:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 19:00:26.999 ID:hOiq6uPg0

奇妙なオブジェ「王宮の浴場とか。さぞ豪華な風呂なんだろうなあ」

奇妙なオブジェ「……」

奇妙なオブジェ「……だめだ、何を考えているんだ俺は。風呂とか入ってる場合じゃあないだろう」

奇妙なオブジェ「確かに汗だくだし、ペンキ気持ち悪いし、ついさっき風呂入りたいと思ったところだけどさ」

奇妙なオブジェ「時と場合ってもんがあるだろう。思うままに動いてちゃあ流石に……」

奇妙なオブジェ「……」

奇妙なオブジェ「思う……ままに……」


回想

聖剣『思うままに往け』



奇妙なオブジェ「……!!」



739:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 19:19:26.822 ID:hOiq6uPg0

脱衣所

奇妙なオブジェ「ここまで来たらもう入るしかないだろう」

奇妙なオブジェ「いやぁ、もともとパンツ一丁だったから服脱ぐのも一瞬だな」スッポンポーン

奇妙なオブジェ「それにしても広い。さすがは王城の脱衣所か。これは風呂のデカさにも期待できるな」

奇妙なオブジェ「マーライオンとかあったりするのかな」



740:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 19:20:55.478 ID:hOiq6uPg0

奇妙なオブジェ「誰か先客居たりするかな……?」

奇妙なオブジェ「でも一応、侵入者騒ぎってことで緊急事態だし。さすがにこの状況で風呂入ってる奴とかいるわけないよな」

奇妙なオブジェ「居たとしたらそいつの神経疑うわ。わはは」

ガララッ



王「……」

奇妙なオブジェ「……」


王「誰だお前は」



743:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 19:33:37.095 ID:hOiq6uPg0

奇妙なオブジェ「お、王様……だと……!」

王「王の入浴時間に何の用だ。まさか、この王の首を獲りに来たと言うのか」ギロッ

奇妙なオブジェ「めめめめ、滅相もない! 俺はただ、お風呂に入りに来ただけです!」

王「……ん? 貴様、その声」

奇妙なオブジェ「!」

王「まさか……」


バタバタバタバタ

奇妙なオブジェ「!!」



744:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 19:33:59.485 ID:hOiq6uPg0

ヤツハコッチニニゲタゾ!
イヤサスガニフロニハイナクネ?
一応カクニンスルカ


奇妙なオブジェ「あわわわわわわ」

奇妙なオブジェ「王様! 俺は決して怪しい者ではありませんので!!」


ドボーン!

王「うわ、風呂に飛び込むな!」



745:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 19:34:21.069 ID:hOiq6uPg0

ガララッ

警備「侵入者! どこだ!」


王「騒々しい……入浴中だぞ」

警備「お、王様!! これは大変失礼しました!!」

王「何の騒ぎだ」

警備「は、はい! 城への侵入者です! 牛の覆面をし、上半身を真っ白に塗りたくってパンツ一丁で駆け回る不審者です!」

王「……」

王「……」チラッ


奇妙なオブジェ「ゴボゴボゴボゴボ」



748:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 19:46:55.214 ID:hOiq6uPg0

王「はぁ……」

王「見ていないな。少なくとも浴場には来ていない」

警備「は! 貴重な情報ありがとうございます!」

王「もう行きなさい。私は一人でも大丈夫だ」

警備「ですが、王に何かがあれば……」

王「私が、たかが不審者一人に遅れを取るとでも?」ムキッ

警備「め、滅相もございません!」

警備「では、入浴中のところ、失礼いたしました!」

ピシャッ!


王「……もう行ったぞ」


奇妙なオブジェ「ぷはぁっ!」



749:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 19:48:12.415 ID:hOiq6uPg0

奇妙なオブジェ「お、王様……あの、俺が言うのもアレだけど、どうして……」

奇妙なオブジェ(と言うか前にもこんなことがあったような)


王「ふぅ……そなた、勇者殿であろう」

奇妙なオブジェ「!」

王「今さら隠そうとするな。なに、罰したりはせんよ。……というか、覆面、脱げてるぞ」

勇者「……あ。お湯に入ってペンキが剥がれたから脱げたのか」

王「……あと、湯舟から上がりなさい。自分の周りのお湯が白く濁っているのに気付かないのかね」

勇者「し、失礼しました!」バシャァ!



752:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 20:18:41.877 ID:hOiq6uPg0

王「……場所を移そう。その身体を流してから、向こうの湯舟に来なさい」

勇者「は、ははぁーっ!」



753:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 20:19:32.819 ID:hOiq6uPg0

向こうの湯舟

王「今さら問うまでもないことだが、侵入者とは勇者殿のことだな」

勇者「は、はい……止むに止まれぬ事情がありまして」

王「……安価か」

勇者「!」

勇者「わ、わかるんですね……」

王「なに、聖剣の伝承を正しく伝えられている者は一握りだが。この国の王もその一握りの内というだけのことだ」

勇者「王様こそ、正しく知っておくべき者の一人ということですね」

王「その通りだ。……古の勇者も、一般には煌びやかな面しか語られていないらしいが、実際は突飛な行動や気の狂った一面を持ち合わせていたと聞かされている」

勇者「うわ、なんか幻滅ですね」

王「……」



754:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 20:22:04.173 ID:hOiq6uPg0

王「して、どうかね勇者殿」

勇者「え?」

王「この城でここまでの騒ぎを起こしたのだ。当然安価は達成したのだろう?」

勇者「安価は完璧に遂行しました。バッチリです」

王「それは何よりだ」

王「ちなみにその内容を聞いても?」

勇者「…………………………………………いやどうだろ聖剣に無許可で安価の内容を人に教えるとかなんとなくそういうのダメな気がするんです俺」

王「そういうものなのか」



755:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 20:22:45.921 ID:hOiq6uPg0

勇者(言えるわけねえ)



756:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 20:25:41.338 ID:l5yW20nl0

そりゃそうじゃ



757:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 20:26:24.286 ID:WKAJY0dqa

裸の王様の状態なんだよな、、、ゴクリ



758:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 20:27:02.952 ID:hOiq6uPg0

王「ともあれ、達成したのならば、今度こそ考えてはくれんかね」

勇者「え?」

王「北方の件だ」

勇者「…………ホッポーの……」

王「既に調査隊を派遣してはいるが、何ともな。こちらへの報告も少し遅れている」

王「あちらで何があったのか、まるでわからんのだ。用心に越したことはない」

王「後発になるが、勇者殿も一緒に行ってくれると心強いのだが」

勇者「…………」

王「…………」

勇者「…………」

王「……まさか忘れたのか?」

勇者「……」

勇者「いいえ。王様の話を忘れるわけがないじゃないですか。バッチリ覚えてますよ」

王「引き受けてくれるかね」



759:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 20:27:38.531 ID:hOiq6uPg0

勇者(……あ。聖剣、脱衣所に置きっぱなしだから安価取れないじゃん)

勇者「うーん……」

王「これでも、今回のことで恩を売ったつもりなんだがね」

勇者「!」

王「あぁ……なんだか無性に衛兵を呼びたいような気分になって来た。特に理由はないけど呼んでしまおうかなぁ」

勇者「俺が王様の頼みを断るわけがないじゃないですか。二つ返事でオッケーです。何なら背中だって流しますよ」

王「うむ。では宜しく頼もうか」



761:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 20:29:01.996 ID:hOiq6uPg0

その頃

姫「ばぶばぶ。だぁだぁ」

女騎士「おーよちよち。姫はかわいい良い子でちゅねー」ガラガラ



767:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 21:29:42.041 ID:hOiq6uPg0

勇者「あ、王様」ゴシゴシ

王「何かね」

勇者「俺ここに来るまでパンツ一丁だったんですけど、どうやって帰ればいいですかね」ゴシゴシ

王「……」

勇者「さすがにパンイチでまた城内を脱出するのはまずいかなって」

王「……まったく、君という奴は」



768:一瞬寝てた 2018/11/05(月) 21:30:12.922 ID:hOiq6uPg0

翌日、中庭

姫「うぅん……ねぇ、女騎士。わたし、昨日の記憶が少し曖昧なのだけど、何があったのかしら」

女騎士「いいえ。特段変わったことはありませんでした」

姫「朝起きたらベッドにあなたが居てびっくりしたのだけど」

女騎士「たまたまですね」

姫「そういうものかしら」



769:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 21:30:48.103 ID:hOiq6uPg0

勇者「おはようございます、姫」

姫「あ。勇者さま」

女騎士「……ちょっと待ってください。なぜあなたがここに居るんですか?」

勇者「昨日城に泊まったからだけど」

女騎士「そんな話は聞いていませんが」

勇者「ちゃんと王様の許可もらったから大丈夫だって。と言うか、女騎士こそ昨日は行方不明だったらしいじゃん。サボってたから聞き逃したんじゃないか?」

女騎士「う。……」


女騎士(何でしょう。この人にこれを言われるのだけは何故か無性に腑に落ちません……)



770:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 21:31:29.670 ID:hOiq6uPg0

勇者「それと、今までありがとうな」

女騎士「え?」

勇者「俺、今度王都出るから。訓練場通いも今日でおしまいだ」

女騎士「……そうですか」


女騎士「まあ、腕前はまだまだと言ったところですが、前よりは大分マシになったでしょう。行って来ればいいんじゃないですか?」

勇者「何だその言い方。もうちょっと素直に褒めてくれたっていいじゃないか」

女騎士「事実です。今まで私に一太刀でも浴びせられたことがありましたか?」

勇者「ぐぬぬ」

姫「まあまあ」



773:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 21:47:02.122 ID:hOiq6uPg0

街中

勇者「さて」

勇者「ようやく旅に出ることだし、旅らしく荷物をまとめるとするか」

勇者「王様から旅支度用にお金もらったし、早速準備をしよう」

勇者「何を買おうかな」



聖剣「>>776-781



775:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 21:48:38.452 ID:+uzDLfmsa

木彫りの熊



776:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 21:48:57.502 ID:l5yW20nl0

おぱんつ



777:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 21:49:08.407 ID:W/SO66Go0

替えのパンツ



778:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 21:49:18.154 ID:jPQRD5tOa

ぱんつ



779:メルピス ◆IQg215swWs 2018/11/05(月) 21:49:25.318 ID:Rky9ey2P0

メロンパン職人



780:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 21:49:42.777 ID:jPQRD5tOa

ぱんつ



781:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 21:49:44.411 ID:npRj5hdB0

食料



783:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 21:57:55.899 ID:hOiq6uPg0

勇者「おぱんつと替えのパンツとぱんつとメロンパン職人とぱんつと食糧か……」

勇者「…………今なんて?」

勇者「ぱんつって二回言わなかったか?」

勇者「いや、おぱんつと替えのパンツを含めれば四回だけど……」

勇者「おぱんつとぱんつと替えのパンツと違いってなんだ?」

聖剣「……」

勇者「……自分で考えろと」



788:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 22:17:01.820 ID:hOiq6uPg0

市場


勇者「おっさん、食糧売ってくれ」

おっさん「あいよ。なんだい兄ちゃんその格好、旅にでも出るのかい」

勇者「ああ。ちょっと北の都市までな」

おっさん「へぇ。あんたも物好きだねぇ。北の都市と言えば最近話題の危険な所じゃねえか」

勇者「ちょっと頼まれごとでね」

おっさん「仕事か。まあ、あそこまで行くんならこんだけあれば十分だろ」ドサッ

勇者「サンキューな」チャリーン



790:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 22:17:53.266 ID:hOiq6uPg0

おっさん「……なあ、ところでよ」

勇者「ん?」

おっさん「さっきから気になってたんだが、何でアンタ、そんなに腰回りがもっこりしてるんだい?」

勇者「……ああ、これ?」モッコリ

勇者「元から履いてるパンツの上におぱんつとぱんつとぱんつを履いてるからな」

おっさん「……はぁ?」



792:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 22:20:17.690 ID:hOiq6uPg0

勇者「考えたんだけどさ。ぱんつとおぱんつと替えのパンツが分けられていることには意味があると思うんだよ。例えばおぱんつを一枚買って履く。これは良い。そして替えのパンツを一枚買って、
替えのパンツとして取っておく。これも正しい使用法だな。ならばもう二組買わなければならないぱんつはどうなる? これを履かなければ、それは最早「第二、第三の『替えのパンツ』」と
言えるのではないだろうか。これはいけない。安価と違う。俺は安価を正しく守らなければならない。替えのパンツと指定された物は一つしかないのだから、替えのパンツが一つある段階で替えの
パンツが他に存在していてはならない。ならば答えは一つ。買った複数のぱんつを同時に履いてしまえば、それは替えのパンツと言えなくなるのだ。
だから俺は替えのパンツ一つを除いた全てのぱんつとおぱんつを、今同時に履いているんだ」

おっさん「お、おう」



793:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 22:20:38.797 ID:FBoNrw7w0

誰も履けとは言ってないだろwww



794:メルピス ◆IQg215swWs 2018/11/05(月) 22:21:44.065 ID:Rky9ey2P0

中々思いつけない理屈だ



795:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 22:23:55.995 ID:l5yW20nl0

やっぱり発想が違うぞこいつwww



796:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/05(月) 22:30:09.051 ID:hOiq6uPg0

おっさん「なんだか良くわからねえが、そいつが一人の男のポリシーだって言うンなら俺は何も言わねえよ」

勇者「理解してもらえたのならありがたい」

おっさん「まあ、頑張ってくれや」

勇者「おう。ありがとうな」

勇者「あ、おっちゃん。ここらで腕のいいメロンパン職人を知らないか?」

おっさん「はぁ?」

勇者「どうしても必要なんだ、メロンパン職人」

おっさん「……メロンパンならここにも売ってるが」

勇者「それじゃあダメなんだ。俺が探してるのはメロンパンじゃなくてメロンパン職人だから」

おっさん「……まあ、王都で腕の良いパン屋っつったら、あそことあそことあそこだな。……メロンパン職人かどうかは知らねえけどよ」

勇者「サンキュー。行ってみるよ」

テクテク



おっさん「変わった兄ちゃんだなぁ……」



865: ◆XoiMTUEsXEGh 2018/11/06(火) 18:06:18.594 ID:Bd7INRMo0

チリンチリーン

勇者「たのもーっ!」

パン屋A「いらっしゃいませー」

勇者「ここにメロンパン職人はいないか?」

パン屋A「? メロンパンならありますよ」

勇者「メロンパン職人を探しているんだが」

パン屋A「うちはパン屋だしメロンパンも取り扱ってはいるけど、別にメロンパン専門ではないかなあ」

勇者「パン屋であっても構わないが、あなたはメロンパン職人という自負はあるか?」

パン屋A「いや別に」

勇者「……そうか。邪魔したな」

チリンチリーン


パン屋A「なんだったんだあの人は」



866:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:07:10.232 ID:Bd7INRMo0

チリンチリーン

勇者「メロンパン職人はいないか?」

パン屋B「なんですか藪から棒に」

勇者「メロンパン職人を探しているんだが」

パン屋B「そもそもウチはメロンパン取り扱ってないよ」

勇者「……それを早く言ってくれ」



867:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:08:02.341 ID:Bd7INRMo0

勇者「あれから何軒か回ったけど、なかなかメロンパン職人と出会えないな」

勇者「どいつもこいつも自分をパン屋と名乗りやがる……いや、別にパン屋でもメロンパン職人ならいいんだけどさ」

勇者「メロンパンに自信のあるパン屋とかいないかな」

勇者「……アプローチの仕方を変えてみるか」



869:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:12:53.917 ID:Bd7INRMo0

とあるパン屋

パン屋の倅「これ、自信作なんだけど」

パン屋のオヤジ「……はん。てんでダメだな。生地の練り込みから焼きの加減まで、まるでなっちゃいねえ」

パン屋オヤジ「まだまだ半人前以下のヒヨッコだな。味見とか生意気言う前にさっさと表に行って客の相手でもしてきやがれ」

パン屋の倅「……」

パン屋の倅(何もそこまで言わなくたっていいじゃないか)



870:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:13:24.176 ID:Bd7INRMo0

チリンチリーン

パン屋の倅「いらっしゃい」

勇者「店長、ここのおすすめは何だ?」

パン屋の倅「いや、俺は店長じゃないっすけど」

勇者「いいから答えてくれウェイター」

パン屋の倅「パン屋にウェイターがいるわけないじゃないっすか」



872:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:13:45.530 ID:Bd7INRMo0

パン屋の倅「はぁ……うちの商品はどれもおすすめっすよ」

勇者「……うーん。そういう答えは求めていないんだよなぁ」

パン屋の倅(なんだこの客めんどくさいな)

パン屋(なんか腰回りモッコリしてるし)


勇者「うーん」モッコリ



874:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:14:37.570 ID:Bd7INRMo0

パン屋の倅(適当に俺の焼いたパンでもおすすめしてあしらっておくか)

パン屋の倅「そうっすね……このメロンパンとかいいんじゃないっすかね」


勇者「!!」



877:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:19:06.447 ID:Bd7INRMo0

勇者「それはまことなのか?」

パン屋の倅「え?」



878:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:20:13.552 ID:Bd7INRMo0

勇者「このパン屋には多種多様、様々なパンが置いてある。王都の数多くのパン屋を回ってきたが、ここの充実具合は俺が保証しよう」

パン屋の倅「はぁ」

勇者「しかし、その数々のパンを差し置いて、わざわざチョイスしたのがこのメロンパンだって言うのか?」

パン屋の倅「……うっ。」

勇者「本気で言っているのか? 大事なことだから答えてくれ」


パン屋の倅(まずい。半人前が焼いたパンだってのがバレたのか……?)

パン屋の倅(……どいつもこいつも、俺のことを半人前とバカにしやがって)



879:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:21:03.418 ID:Bd7INRMo0

パン屋の倅「だ、だったら何だって言うんすか。おすすめ聞いてきたのはアンタでしょ。味の好みとか人それぞれだし、それにとやかく言われる筋合いはないっすね」

勇者「……」

パン屋の倅「とにかく。俺のおすすめはメロンパン。買うか買わないかはアンタ次第。別に買わなくたっていいんすよ」

勇者「……」



880:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:21:46.444 ID:Bd7INRMo0

勇者「ちなみに、そのメロンパンを焼いたのは君か?」

パン屋の倅「……だったら何だって言うんすか」

勇者「……」

パン屋の倅「……」

勇者「……すばらしい」

パン屋の倅「は?」



881:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:23:07.801 ID:Bd7INRMo0

勇者「君こそ、俺が求めていたメロンパン職人だ」

パン屋の倅「メロンパン職人?」

勇者「俺は今、あえて試すような発言をした。ともすれば、メロンパンを見下すとも言える発言だ」

勇者「あれで「やっぱりクリームパンがおすすめですー」などと発言を転がすようなことを言うようならば俺は君を見限っていた」

勇者「だが、そうならなかった。君が自分の焼いたメロンパンに誇りを持っている証だ。そして少し頑固っぽいところがまた良い。これぞ職人ってかんじがするし」

勇者「他の誰が認めなくても俺が認めよう。君こそ、真のメロンパン職人だ」

パン屋の倅「あ、ああ」

パン屋の倅(なんだか良くわからないけど褒められてるのか?)

パン屋の倅(オヤジにも認めてもらえなかった、俺のパンを……)



883:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:26:14.152 ID:Bd7INRMo0

パン屋の倅「……わかってくれる人はいるんだな」

勇者「ん?」

パン屋の倅「周りは、俺のことを評価してくれない人間ばかりだった。けど、アンタは違う」

パン屋の倅「アンタだけは、俺のメロンパンを褒めてくれた。認めてくれた」

勇者「……」

パン屋の倅「今までパン屋の倅をやってて、これほど嬉しいことは無かったよ」

勇者「……」



885:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:26:58.313 ID:Bd7INRMo0

勇者「……それは、なんだか、もったいないな」

パン屋「……」

勇者「……」



勇者「……なあ、俺と一緒に来ないか?」

パン屋の倅「……えっ?」



886:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:28:27.175 ID:Bd7INRMo0

勇者「お前の腕を、俺に買わせてくれと言っている。俺には、お前のような人材が必要なんだ」

パン屋の倅「……」

勇者「給料は少ないかもしれないけどさ。俺が今払えるだけ払ってやる」

勇者「他の誰が文句を言おうと、俺だけはお前のメロンパンを認める」

勇者「頼む。絶対に後悔はさせない! 俺についてきてくれ!」


パン屋の倅「……俺が……必要……」



890:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:31:22.735 ID:Bd7INRMo0

パン屋の倅「……へへっ。これって引き抜きってやつなのかな?」

パン屋の倅「俺なんかにそんなお声が掛かるとは思っちゃいなかったけど、一人の男にそこまで言わせたんだ。これで黙って返したんじゃ男が廃る」

パン屋の倅「いいよ。俺は、アンタについていく」

勇者「!!」

パン屋の倅「どうかこの腕、存分に使ってくれ。いや、使ってください!」

勇者「ありがとう! メロンパン職人!!」



パン屋の倅(新規のお店の立ち上げかな? うちの店のライバル店になるかもしれないけど。悪く思うなよ、オヤジ)

パン屋の倅(俺は、この人についていく。そう決めたんだ!)



891:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:32:04.708 ID:Bd7INRMo0

パン屋の倅→メロンパン職人



892:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:33:04.198 ID:Bd7INRMo0

書き置き『探さないでください 倅より』

パン屋のオヤジ「……バカ息子が」



895:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:47:51.090 ID:Bd7INRMo0

出発の朝

メロンパン職人「あの。持ってくるものって本当にこれだけで良かったんですか?」

勇者「変なことを聞くな。メロンパン職人なんだからメロンパンの材料くらい常備しておくものだろう」

メロンパン職人「そういうものですか」

テクテク



896:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:48:21.422 ID:Bd7INRMo0

メロンパン職人「……あの。だんだん街の方から外れてくんですけど。もうすぐ外門じゃないですか」

勇者「そうだな」

メロンパン職人(どんな所に店を開くつもりなんだ?)

テクテク



897:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:50:40.096 ID:Bd7INRMo0

王都、北門前


姫「あ。勇者さま」

勇者「姫じゃないですか。どうしたんですか」

メロンパン職人「ひ、姫!?」

女騎士「姫が、どうしても勇者さんのお見送りしたいとのことです」

姫「せっかくの門出ですからね。勇者さまにはお世話になりましたし」


メロンパン職人「た、たかがパン屋の門出で王族にここまで言わせるのか……勇者さん、一体何者なんだ」



898:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:52:16.211 ID:Bd7INRMo0

姫「……そちらの方は?」

勇者「新しい仲間です」

メロンパン職人「メ、メロンパン職人です! これからしっかり、勇者さんを支えられるように頑張ります!」

姫「まあ。勇者さまに新しい仲間が」

勇者「ははは。こいつの腕は俺が保証しますよ」

女騎士(……なぜパン屋?)

女騎士(あと、何で勇者さんの腰回りはモッコリしているのでしょう)


勇者「ははは」モッコリ



901:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 18:59:50.472 ID:Bd7INRMo0

女騎士「まあ、とにかくお気をつけて。北の方は魔物の動きが活発な上、都市との連絡も取れません。何があるかわからない、危険な旅であることは間違いないでしょう」

女騎士「あなたの剣の腕も大分マシにはなりましたが、まだまだ修行は必要なんですからね。決して調子に乗らないように」

勇者「わかってるよ」

女騎士「お仲間さんも、よろしく頼みますね」

メロンパン職人「は、はい! 頑張ります!」


メロンパン職人「…………ん? 魔物? 危険? 北?」



902:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 19:00:34.885 ID:Bd7INRMo0

勇者「じゃあ、名残惜しいけどそろそろ行くよ」

姫「はい! がんばってくださいね!」

メロンパン職人「ちょっと待って」

勇者「ん?」

メロンパン職人「え、どこ行くんです?」

勇者「あれ、言ってなかったっけ。北の都市だよ」

メロンパン職人「は?」

勇者「ちょっと今いいところなんだから水差さないで」

メロンパン職人「あ、はい」



904:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 19:01:49.678 ID:Bd7INRMo0

勇者「よーし。じゃあ、出発だ!!」

姫「お元気でー!」



906:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/06(火) 19:03:17.858 ID:Bd7INRMo0

キリがいいし900も越えたしそろそろ次スレに行こうと思う



元スレ
勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「>>4」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1541155315/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (25)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月06日 22:43
          • 読み始めてすごく苦痛
            無理やり安価達成しづらい展開にするなら安価スレなんかやるんじゃねーよ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月06日 22:44
          • 話の根幹はしっかり作られてるんやし、安価無しの方が良かったと思うわ

          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月06日 23:01
          • 個人的には面白かった
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月06日 23:42
          • 適当な安価要素と3レス目見てからコメ欄にワープした
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月07日 00:10
          • これは正直安価なしのほうが良かったわ
            話の根幹がしっかり作られてるかどうかはわからんが結構面白いのにもったいない
            前半は微妙だけど後半は面白かったわ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月07日 00:15
          • けっこう好きだけどなぁ。個人的には魔物の腕を(そうとは知らず?)運んでいた商人のその後が気になるけど。
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月07日 00:58
          • 盛大に何も始まらないってこういうことか…
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月07日 01:19
          • ソーディアンかと思った
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月07日 01:50
          • 俺は星辰剣かと思ったわ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月07日 03:57
          • 安価の言いなりになって他作品のパロギャグに走ったりカオスになって即終了が見たいだけの※1みたいなクソガキのお気に召さなかったみたいだし、確かに安価にする意味があんまり無いな
            安価取りも変なのばっかだし
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月07日 06:18
          • 5 良いと思う
            王様のキャラとか好きだわ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月07日 06:35
          • 安価が話の展開に後々効いてくるのが他と違って結構好きだな
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月07日 10:08
          • なかなか良いのでは?
            安価連発して話し進まなかったり、ゴミになるよりはマシかな
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月07日 10:21
          • 安価捌きが上手くて草
            安価が後々の展開に生きてるのも十一ヶ月
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月07日 17:36
          • 安価が足引っ張ってる感がものすごい。
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月07日 20:08
          • 作者の技量に感服したわ
            プロが息抜きに立てたのかな
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月08日 00:26
          • おー乗ってる乗ってる
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月08日 03:14
          • やっぱりインテリジェンスソードは持ち主に不幸をもたらしてこそだろ
            エターナルチャンピオンシリーズのエルリックに於けるストームブリンガーしかり
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月08日 03:23
          • ↑うゎ変換ミスった
            本当はインテリジェンスソードじゃなくてインテリジェントソードね
            マイケル・ムアコックのエターナル・チャンピオンシリーズの魔剣ストームブリンガーとかモーンブレイドみたいなヤツ
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月08日 21:15
          • 続きないのか?
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月09日 10:22
          • コンセプトが「無茶安価にも一所懸命応えようとする勇者のコメディー」だろ
            読めばわかるが、もちろんこの作者は安価無しできちんと話を組み立てられる技量はある

            ただ、最近のSSが、ネタも技量もないのに安価SSやって「クソ安価→即終了」とか「話もろくに考え付かなくて安価繋げてるだけのカオス」とかばっかなんで、それに対してのアンチテーゼとして書いていると推測する
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月09日 20:29
          • これ続ける気あんのがすげえわ
            勇者が安価SS作者の心情を代弁してそうで面白かった
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月09日 20:39
          • 安価がクソみたいな内容なのに上手く捌くな
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月12日 12:46
          • 確かにクソ安価だが、作者本人にいきなり赤ちゃんプレイとかぶちこまれても困るし安価がなけりゃここまで笑えなかったと思うわ
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月13日 05:55
          • 792でおっさんと同じ反応したわw

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【バンドリ】今井リサ「友よ、末永い希望を」
        • 【バンドリ】今井リサ「友よ、末永い希望を」
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • メカゴジラ「オイ、アンギラス」 アンギラス「なんだい?」
        • メカゴジラ「オイ、アンギラス」 アンギラス「なんだい?」
        • メカゴジラ「オイ、アンギラス」 アンギラス「なんだい?」
        • アバッキオ「ジョルノ君だっけ?まあ座って話でもしようや(ジョロロロロ)」 店員「キャアア!この人ティーポットに小便してるわァァ!!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイがエスパーダに!?」藍染「そうだ」
        • ヴェノム「なぁエディ」エディ「なんだよ?」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ