TOP

闇の魔王「祝福の聖女よ、何かあったのか?」

183:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/05(月) 21:55:46.67 ID:JcT9AcbUo

祝福の聖女(以下、聖女)「……闇の魔王さん」

闇の魔王(以下、魔王)「ひどく憔悴しているようだが……」

聖女「……聞いて、貰えますか?」

魔王「敵とは言え、其方には世話になっているからな」


聖女「勇者様が……勇者様が!」

聖女「無理矢理、女性をヤっちゃおうとしてたんです!」


魔王「……」

魔王「……すまぬ、あまり力になれそうにない」



184:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/05(月) 22:00:47.55 ID:JcT9AcbUo

魔王「しかし、何かの間違いではないのか?」

聖女「人は、誰しも間違いを犯すものです!」

魔王「聖女よ、落ち着くのだ」

聖女「私は冷静です! ええ、冷静ですとも!」


聖女「今も、冷静に神に祈りを捧げていたんです」

聖女「貴女の与える試練は、あまりにも過酷すぎます、って」


魔王「……」



185:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/05(月) 22:04:21.37 ID:JcT9AcbUo

魔王「だが……英雄色を好むという言葉もある」

聖女「……魔王さん」

魔王「許すのもまた愛……そう言っていたではないか」

聖女「……」


聖女「……闇の魔王」

聖女「貴女の想い人がそうしているのを見たら、どう思いますか?」


魔王「許せ、軽はずみな発言だった」



186:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/05(月) 22:09:38.73 ID:JcT9AcbUo

魔王「して……勇者は、何処に居る?」

聖女「……逃げたんです」

魔王「逃げただと?」

聖女「……はい」


聖女「剣の乙女さんが、無表情で……」

聖女「その……斬り落とすと言って襲いかかったので」


魔王「……成る程な」



187:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/05(月) 22:15:10.42 ID:JcT9AcbUo

聖女「勇者様には光の加護があるので……」

魔王「まあ、生きては居るだろうな」

聖女「聖剣と魔法も駆使し、秘めた力も覚醒していましたからね」

魔王「余の関わらぬ所で、決戦が行われていたか」


聖女「……もし、斬り落とされて帰ってきたら」

聖女「私……ちゃんと回復させる自信がありません」


魔王「案ずるな、祝福の聖女よ」

魔王「そうだとしても、剣は振るえる」



188:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/05(月) 22:20:54.52 ID:JcT9AcbUo

魔王「しかし、光の勇者め……我が軍だけでなく……」

聖女「……」

魔王「…………ゅ……ゅぅ、う~……じ……んっ、んんっ!」

聖女「……魔王さん?」


魔王「……其方まで苦しめるとは!」

魔王「ふふっ……罰として、奴の故郷を滅ぼしてくれよう」


聖女「あの……同郷なので、私の故郷でもあるんです」

聖女「なので、はい……お気持ちだけ、ありがたく」



189:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/05(月) 22:29:39.34 ID:JcT9AcbUo

魔王「しかし……光の勇者と、剣の乙女め」

聖女「えっ? 勇者様はともかく……」

魔王「今の其方を捨て置くなど、看過出来るものではない」

聖女「あっ、いえ……私だけじゃなく――」


ガチャッ!

大地の魔女(以下、地女)「祝福の聖女よ、お菓子を持って来たぞ!」


聖女「新しい仲間の、大地の魔女さんも居ますから!」

魔王「ふむ……成る程」


地女「……」

バタンッ!


聖女「へっ?」

魔王「む?」



190:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/05(月) 22:39:09.45 ID:JcT9AcbUo

聖女「あっ、あの……大地の魔女さん?」

魔王「どうした……闇の魔王の、余が恐ろしいか?」

聖女「大丈夫ですよ! その……可愛い所もありますから!」

魔王「……祝福の聖女よ、それは他言無用だと言っただろう」


……しんっ


聖女・魔王「……」

聖女「あれ……?」

魔王「……ふむ」



191:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/05(月) 22:43:39.93 ID:JcT9AcbUo

  ・  ・  ・

地女「……!」

地女(祝福の聖女と……魔王様が、裏で繋がっていただと!?)

地女(ぬうう! いかん! これは……いかん!)

地女(どこまで……どこまでバレちゃっているのだ!?)


地女「今は……今は、此処を離れねば!」


…ズブッ!


地女「しまっ!? 影に呑まれ――」


…とぷんっ!



192:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/05(月) 22:49:17.88 ID:JcT9AcbUo

  ・  ・  ・

聖女「――わあっ! このお菓子、美味しいですね!」

魔王「人の作った嗜好品なれど、中々のものだ」


地女「うむ!」

地女「では……歯を磨いて寝ることにするのだ」


魔王「――待て」


地女「!? な、何か……?」


魔王「……其方とは、ゆっくり話がしたい」


地女「し、しかし……その、もうねむねむなのだ、すまぬな……!」

地女(バレているのか!? ええい、どっちなのだ!?)



193:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/05(月) 22:58:23.55 ID:JcT9AcbUo

聖女「でも……眠いのなら、寝た方が良いですよ」

聖女「……あんな事があった後ですし」


地女「!」

地女(祝福の聖女よ、素晴らしい支援だ!)

地女(やはり、頼れるものは仲間というものよ!)


魔王「ならば、此処で眠れば良いだろう?」

魔王「剣の乙女は、勇者を追って居ないのだから」


地女「!?」

地女(……それすらも上回るか!)

地女(ぬうう! 希望を砕き、絶望を与えるとは……!)



194:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/05(月) 23:10:48.85 ID:JcT9AcbUo

聖女「ええ、と……どう、しますか?」

地女「いや、遠慮しておこう!」

魔王「何? 余の命に逆らうと?」

地女「っ……!?」


地女「……こればかりは、聞けぬ!」

地女「例え……誰に命じられようとも!」


聖女「えっ、は……はい……」

魔王「……」



195:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/05(月) 23:16:44.71 ID:JcT9AcbUo

  ・  ・  ・

地女「……」

地女(せえええええふ! 離脱に成功した!)

地女(後は、魔王様が帰ったら……姿を消すだけだな!)

地女(どこか遠く……俺の魔力を隠してくれる、聖なる……)


地女「……安息の地へ!」


「――行かさぬ」


地女「へっ――?」


…とぷんっ!



196:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/05(月) 23:19:46.48 ID:JcT9AcbUo

地女「――ぬうっ、おお……!?」


魔王「ようこそ、大地の魔女……」

魔王「……いや」


地女「……!」


魔王「魔王軍、四天王が一人――」

魔王「――地の四天王よ」


地女「……」


魔王「……」



197:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/05(月) 23:23:45.61 ID:JcT9AcbUo

魔王「……余の魔眼を欺けると思ったか?」

地女「……」

パァァ…


…ァァァ

地の四天王(以下、地王)「……」

地王「……お久しぶりです、魔王様」


魔王「……」


地王「……」



198:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/05(月) 23:26:00.07 ID:JcT9AcbUo

魔王「……地の四天王よ」

地王「……はっ」

魔王「……」

地王「……」


魔王「――俺より強いやつに会いに行く」

魔王「それは……光の勇者の事だったのだな」


地王「……」

地王「…………」


地王「その通りでございます!!」



199:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/05(月) 23:33:18.62 ID:JcT9AcbUo

魔王「確かに……前よりも、力をつけている」

地王「お褒めに預かり、恐悦至極!!」

魔王「だが……其方の勝手な振る舞いは、不快極まりない」

地王「そ、それは……!」


魔王「許してほしくば……」

魔王「……」


魔王「……――強く、抱きしめよ」


地王「っ……!」



200:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/05(月) 23:41:23.79 ID:JcT9AcbUo

  ・  ・  ・

地王『――というわけでな!?』

地王『引き続き、お前のパーティーに居続ける事になったぞ!』

地王『力を付け、必ず戻って来いとのご命令だ!』

地王『俺は……俺は、命の危機を乗り越えたのだ!』


地王『……だが、問題は全て解決した訳ではない』

地王『素面の状態で……影の中で、三回ヤっちゃったのだ!』


光の勇者(以下、勇者)「ゴミみてえな思念波飛ばしてくんじゃねえよ!!」



201:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/05(月) 23:50:13.45 ID:JcT9AcbUo

地王『仕方あるまい! 俺も……男なのだ!』

勇者「お前のせいで、俺は追われてるんだぞ!?」

地王『魔王様は、ちょこちょこ会いに来ると言っていた』

勇者「だったらお前もう帰れよおおおおお!!」


―ヒュッ!


勇者「っ、うおおおっ!?」


剣の乙女(以下、乙女)「避けるな……!」


勇者「まっ、ままっ、待て! 頼む、話し合おう!」


地王『あ、結局の所、俺は剣の乙女とヤっちゃってたか?』


乙女「女の敵め!」



勇者「――どっちも、今話し中だ!!」



おわり



元スレ
地の四天王「光の勇者よ、助けてくれ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540900012/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (9)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月13日 19:22
          • ここまでとばっちりしか受けない勇者も珍しい
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月13日 19:26
          • 勇者は、乙女を守ろうとして地を攻撃して疑われているのか?
            どうか、聖女さんは無事でありますように。聖女と魔王樣の友情も無事でありますように。
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月13日 19:43
          • >>2
            多分、四天王どうこう別として、男として切り捨てた方がいいから実行したら「勇者が女の子に襲いかかってる」って図式ができたんだろ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月13日 19:43
          • ※2
            前回ヤっちゃったみたいだしそれを知った勇者がキレてるとこを襲おうと勘違いした乙女が追っかけまわしてるってとこだろ

            しかし宿敵のパーティーにスパイでもなんでもなく入り込んで力を付けて来いとかすごい状況だ、実際はもっとすごいが
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月13日 19:44
          • 酒の勢いで勇者に襲いかかったのを誤解されたんだろう
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月13日 19:53
          • これ勇者と地の話を一つ飛ばしてるな
            地の四天王な美少女「光の勇者よ、話とは何だ?」
            があったんだけミスってまとめてる
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月13日 21:18
          • さっくす
            よそのまとめにあったからそっち見よう
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月14日 05:22
          • 魔王も帰ったし勇者と乙女はどっかで騒いでる、聖女と地王の2人きりか…
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月15日 01:58
          • ねむねむなのだ可愛すぎだろ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • J( ’ー`)し「この子を屑人間にしてやるわ…」彡(>)(<)「オギャー!オギャ―!」
        • 【デレマスSS】乃々「どろぼうねこ…」梨沙「どっちが!」まゆ「うふふ…」
        • 【デレマスSS】乃々「どろぼうねこ…」梨沙「どっちが!」まゆ「うふふ…」
        • 【デレマスSS】乃々「どろぼうねこ…」梨沙「どっちが!」まゆ「うふふ…」
        • 【デレマスSS】乃々「どろぼうねこ…」梨沙「どっちが!」まゆ「うふふ…」
        • 【デレマスSS】乃々「どろぼうねこ…」梨沙「どっちが!」まゆ「うふふ…」
        • 【デレマスSS】乃々「どろぼうねこ…」梨沙「どっちが!」まゆ「うふふ…」
        • 【デレマスSS】乃々「どろぼうねこ…」梨沙「どっちが!」まゆ「うふふ…」
        • 彡(゚)(゚)「中国のゴキブリ養殖場に見学に行く?」
        • 彡(゚)(゚)「中国のゴキブリ養殖場に見学に行く?」
        • 彡(゚)(゚)「中国のゴキブリ養殖場に見学に行く?」
        • 彡(゚)(゚)「中国のゴキブリ養殖場に見学に行く?」
        • 彡(゚)(゚)「中国のゴキブリ養殖場に見学に行く?」
        • 彡(゚)(゚)「中国のゴキブリ養殖場に見学に行く?」
        • 美少女委員長「俺さん、実は私>>4」俺「えっ」
        • 【安価】彡(^)(^)「サンタさんにお願いするで!」
        • 【安価】彡(^)(^)「サンタさんにお願いするで!」
        • 【安価】彡(^)(^)「サンタさんにお願いするで!」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ