TOP

喪黒福造「まさに、ここは夢のパチンコホールなのです」 元会社員「そ、その話がもしも本当ならば……」

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/30(火) 17:33:26.242 ID:j2llxG4QD

喪黒「私の名は喪黒福造。人呼んで『笑ゥせぇるすまん』。

    ただの『せぇるすまん』じゃございません。私の取り扱う品物はココロ、人間のココロでございます。

    この世は、老いも若きも男も女も、ココロのさみしい人ばかり。

    そんな皆さんのココロのスキマをお埋めいたします。

    いいえ、お金は一銭もいただきません。お客様が満足されたら、それが何よりの報酬でございます。

    さて、今日のお客様は……。

    谷村東吉(45) 元会社員

    【パチンコ依存症】

    ホーッホッホッホ……。」



2:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/30(火) 17:35:20.709 ID:j2llxG4QD

昼。ビジネス街。とある会社。執務室の中で、中年の会社員が管理職に叱られている。

部長「谷村君。私は君のことを信頼していたんだぞ。それなのに、よりによって横領を行うとはな……」

谷村「も、申し訳ありません……。会社のお金は、全てパチンコで使い果たしてしまいました……」

テロップ「谷村東吉(45) 会社員」

部長「一時は、君を警察に告発することも考えた。しかし、それは我が社のイメージダウンにつながる恐れもある」

谷村「は、はい……」

部長「だから……。君が自発的に会社を辞めることを条件に、告発はしないでおく」
   「その方が、君にとっても我が社にとってもベターな解決策になる」

谷村は無言のまま、部長に頭を下げる。


夕方。落ち込んだ表情で街の中を歩く谷村。

谷村(パチンコ依存症がたたり、とうとう俺は会社をクビになってしまった……)

谷村の目の前に、パチンコ屋の建物が見える。自動ドアのガラス越しから、スロットを打つ客たちを目にする谷村。



5:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/30(火) 17:37:23.905 ID:j2llxG4QD

谷村(ううう……)

谷村の手が震え始める。迷った表情になる谷村。

谷村(スロットを打ちたい……。傷ついた俺の心を、パチンコを打つことで癒したい……)

例の男――喪黒福造が街の中を歩いている。パチンコ屋の側を通りかかる喪黒。

ふらふらとした足取りで、パチンコ屋の中に入る谷村。喪黒は谷村の姿を目にする。

喪黒「…………」

パチンコ店。パチンコ台の前に座り、スロットを打つ谷村。谷村はハンドルを握りながら、目から涙を流している。

谷村(ちくしょう……。ちくしょおおおお!!)


夜。パチンコ店を出る谷村。彼はしょぼくれた表情で街の中を歩く。

谷村(また負けた……。今の俺は金がないから、飯代をケチろう……)

コンビニ。カップラーメンと野菜ジュース、菓子パンをレジ前へ運ぶ谷村。

谷村(よし……。これは今日の晩飯と、明日の朝飯にしよう……)



8:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/30(火) 17:39:13.726 ID:j2llxG4QD

自宅マンション。廊下を歩き、自分の部屋の近くへ到着する谷村。

彼の部屋の玄関のドアには、数え切れないほどの張り紙が張られている。張り紙はどれも罵倒語が書かれている。

張り紙「金返せ」「ドロボー」「全財産売れ」「クソ野郎」「腎臓売ってでも返済しろ」「人間のクズ」「社会人失格」……などなど。

谷村はドアの前の張り紙を一つ一つ剥がし、部屋の中に入る。室内で、カップラーメンにお湯を注ぐ谷村。

谷村(くそっ……!!俺がこうなったのも、元はといえばパチンコのせいだ……)

割り箸を割り、カップラーメンをすする谷村。

谷村(だが、俺はパチンコをやめたくてもやめられない……。どうすることもできない……)


翌朝。駅の近くのあるパチンコ店。店の前に、客たちが行列を作っている。

列の中には、谷村の姿もある。ヨレヨレのスーツ姿で、疲れ切った表情の谷村。

テロップ「谷村東吉(45) 無職・元会社員」

パチンコ店の側を通る喪黒。喪黒はまたしても、谷村の姿を目撃する。

パチンコ店が開店し、一斉に店の中に入る客たち。



9:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/30(火) 17:41:13.711 ID:j2llxG4QD

当然のことながら、いつものごとく谷村もパチンコ台の前に座る。

谷村(たとえ会社をクビになっても……。今日、パチンコで勝てば収入は取り返せるんだ!)

ハンドルを握りしめ、一心不乱でスロットを見つめる谷村。

谷村(よ、よしっ……!!今日は久しぶりに勝てるかもしれない……)

液晶の画面に映るアニメキャラ。鳴り響くBGM。ある程度時間が経った後、谷村はがっかりした表情になる。

谷村(せっかく勝てると思ったのに……)


昼。パチンコ店を出る谷村。上の空で道を歩く谷村は、前の方にいる喪黒と身体がぶつかる。

谷村「うわっ……。す、すみません……」

喪黒「あのぅ……」

谷村「な、何ですか?」

喪黒「ちょっと気になることがありましてねぇ……」

谷村「え!?」



12:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/30(火) 17:43:12.912 ID:j2llxG4QD

喪黒「そういえば、今朝……。あなたが朝早くからパチンコ屋に入るところ、私、見ましたよ」

谷村「そ、そうですか……。よく気がつきましたね」

喪黒「昨日の夕方も、あなたはパチンコ屋の中に入っていましたねぇ」

谷村「私のこと、見ていたんですか……。そんな場面まで覚えているなんて……」

喪黒「それどころか、今のあなたはスーツもヨレヨレ……」
   「仕事をしている様子には見えないし……。もしかすると、お金に困っているのではないですか?」

谷村「そうですよ……。現在の私は食事代にも困っているんです」

喪黒「それはお気の毒ですなぁ。何なら、あなたの昼食は私がおごりましょう」


とある大衆食堂。店の中で昼定食を食べる喪黒と谷村。

谷村「ありがとうございます。あなたのおかげで、私は飢えをしのぐことができました」

喪黒「どういたしまして……。しかし、あなたの根本的な問題は何も解決していないでしょう」



14:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/30(火) 17:45:13.495 ID:j2llxG4QD

谷村「どういうことですか?」

喪黒「食事代にさえも困っているということは……。おそらく、今のあなたは多額の借金があるはずではないですか?」

谷村「おっしゃる通りです。今の私は、サラ金に借金を抱えているんです」

喪黒「なるほど……。私の仕事柄、あなたを放っておくわけにはいきませんねぇ」

喪黒が差し出した名刺には、「ココロのスキマ…お埋めします 喪黒福造」と書かれている。

谷村「ココロのスキマ、お埋めします!?」

喪黒「実はですねぇ……。私、人々の心のスキマをお埋めするボランティアをしているのですよ」

谷村「は、はあ……」

喪黒「あなたのような人を救うのが、私の仕事なんです。食事が終わった後、相談に乗りましょうか?」


BAR「魔の巣」。喪黒と谷村が席に腰掛けている。

喪黒「そうですか……。谷村さんは、典型的なパチンコ依存症のようですなぁ」

谷村「はい。パチンコにのめり込んだせいで、私は多くのものを失いました」



15:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/30(火) 17:47:14.714 ID:j2llxG4QD

喪黒「金銭だけでなく……。家庭も、仕事もすっかり失ったのでしょうねぇ」

谷村「その通りです。パチンコで生活費を使い込んだせいで、妻は息子を連れて家を出て行きましたし……」
   「パチンコのために会社の金を横領したせいで、私は仕事をクビになりました……」
   「それどころか、複数の消費者金融に金を借りたせいで……。私には多額の借金があるんです」

喪黒「ほう……。谷村さん。あなたの借金の総額は、どれくらいになるんですか?」

谷村「600万円は超えていますよ」

喪黒「600万円を超える借金……!さすがにそれは、あなた自身も危機感を覚えるはずでしょう?」

谷村「もちろん、何とかしたいと思ってますよ!でも、私にはどうにもなりません」

喪黒「借金を返す当てがないし、おまけにパチンコをやめたくてもやめられないから……というわけでしょうなぁ」

谷村「そうです……。まさに、今の私は八方ふさがりの状態なんです!」

喪黒「ねぇ、谷村さん。あなたはパチンコの負けを、パチンコの勝ちで取り返そうとしたでしょう?」

谷村「ええ。私も典型的なギャンブル依存症の人間ですから、そういう心理状態になりましたよ」



17:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/30(火) 17:49:15.304 ID:j2llxG4QD

喪黒「でも……。パチンコの負けが重なり続けた結果、今のあなたは借金まみれになったのですよねぇ」

谷村「はい。見ての通りですよ……。弁解の余地は、一切ありません」

喪黒「大丈夫です。ある方法を使えば、あなたの借金は何とかなりますよ」

谷村「えっ!?」

喪黒「谷村さん、あなたにぴったりの所へ案内しますよ。交通費も私が負担しますから」

喪黒に誘われ、外に出る谷村。2人はいつの間にか、高速バスに乗っている。

谷村「ずいぶん遠くまで行っていますね」

喪黒「次のバス停を降りたすぐ近くに、とってもいい場所があるんですよ」

バスを降り、歩道を歩く喪黒と谷村。歩道の側には、高速道路といくつかの大型店舗が見える。

喪黒「着きましたよ、谷村さん」

喪黒が指し示した場所は、オレンジ色の建物のパチンコホールだ。敷地内には、『異世界 PACHINKO & SLOT』の看板が見える。

谷村「ここはパチンコ屋じゃないですか……。一体、こんなところで何をしようって言うんですか?」



18:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/30(火) 17:51:11.630 ID:j2llxG4QD

喪黒「谷村さん。この店で、好きなだけパチンコをやってください」

谷村「何ですって!?」

喪黒「『パチンコ異世界』は特殊な店なんです。つまり、このパチンコ屋はいくらでも大出血サービスをしてくれますよ」

谷村「ええっ!?」

喪黒「いや、それどころか……。『パチンコ異世界』では勝ちがあっても負けることは一切ありません」
   「まさに、ここは夢のパチンコホールなのです」

谷村「そ、その話がもしも本当ならば……」

喪黒「あなたはお金を稼ぎたい放題稼ぎ、気がついたら借金を完済しているというわけです」
   「どうです、悪い話ではないでしょう?」

谷村「ゴクッ……」

喪黒の話を聞き、唾を飲む谷村。

喪黒「さあ、『パチンコ異世界』に入りましょう。谷村さん」

喪黒に誘われ、谷村は『パチンコ異世界』の中に入る。



20:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/30(火) 17:53:13.169 ID:j2llxG4QD

『パチンコ異世界』。店内の中を歩く喪黒と谷村。

谷村「あれ?この店はお客さんが少ないですね……」

喪黒「ここは開店して間もないですし、高速道路の近くにありますから……」

谷村「なるほど。それで、一般人に店の存在があまり知られていないんですね」


4円パチンココーナーにいる喪黒と谷村。

喪黒「谷村さん。お好きな台を打ってみてください」

谷村「ど、どうも……」

パチンコ台の前に座る谷村。

喪黒「じゃあ、私は控室でゆっくり休みますよ。用があったら呼んでください」

谷村の元を去る喪黒。

谷村「よーーーし!!この台で、思う存分稼いでやる!!」

引き締まった表情で、パチンコ台のハンドルを握る谷村。



21:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/30(火) 17:55:11.186 ID:j2llxG4QD

パチンコ台。液晶の画面に映るアニメ映像。鳴り響くBGM。巨大ロボットを操縦する主人公。

主人公が必殺技を叫ぶ。巨大ロボットが持つ剣により、真っ二つに切られる敵のロボット。敵のロボットが爆発する。

谷村(いいぞ……!調子が出てきた……!)

パチンコ台の中を勢いよく動き回る数多くの銀玉。スロットに表示される「777」の数字。

谷村(やった!!とうとうやったぞ!!)

谷村の椅子の後ろに、パチンコ玉が入ったドル箱がいくつも積み重なっていく。

控室。テーブルに向かい、ゆっくりと漫画を読み続ける喪黒。喪黒の前に、興奮した様子の谷村が現れる。

谷村「喪黒さん!!」

喪黒「これはこれは……。谷村さん」


夜。パチンコ店を出て、バス停の前にいる喪黒と谷村。谷村の顔は、充実感のある表情をしている。

谷村「喪黒さん……!『パチンコ異世界』で、私は27万円稼ぎましたよ……!!」



23:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/30(火) 17:57:14.394 ID:j2llxG4QD

喪黒「ね?だから言ったでしょう。『パチンコ異世界』は勝ちがあっても負けがない、夢のパチンコホールなのだと……」

谷村「いやぁ、まさかこんな店があるとは……。久しぶりに気持ちのいい思いをしましたよ!」

喪黒「ギャンブルで勝つというのは、脳内麻薬を大量に分泌するものなんですよ」

谷村「ねぇ、喪黒さん。これからも、この店に通い続けていいですか?」

喪黒「もちろん……と言いたいところですが、あなたには約束していただきたいことがあります」

谷村「約束!?」

喪黒「そうです。谷村さんが『パチンコ異世界』に通うのは、今の借金を返済するためだけにしておいてください」
   「借金を全て返し終わった後は、『パチンコ異世界』には2度と通ってはいけません。いいですね、約束ですよ!?」

谷村「わ、分かりました……。喪黒さん……」


テロップ「1か月後――」

とある消費者金融。窓口と女性社員と会話する谷村。彼の表情は、1か月前と違い余裕に満ちたものとなっている。

谷村「今日で私の借金は、返済完了ですよね?」

女性社員「はい」



24:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/30(火) 17:59:29.183 ID:j2llxG4QD

自宅アパート。コタツに向かい、ノートパソコンを見つめる谷村。

谷村(借金を返し終わったなら、新しい仕事を探すしかないが……。この年で再び正社員になるのは、難しそうだな……)


夜。居酒屋チェーン店。若いバイトリーダーに命令される谷村。

バイトリーダー「谷村さーーん!!モタモタしないでくださいよーー!!」

谷村「す、すみません!!」

和風のユニフォームを着た谷村が、料理を積んだお盆を慌てて運ぶ。機械の呼び出し音を聞き、とあるテーブルへ向かう谷村。

部長「おお!谷村じゃないか!」

テーブルの前には、谷村が働いていた前の会社の上司と社員たちが座っている。

社員「谷村係長、こんなところで働いていたんですね……」

谷村「あの、ご注文は……」

一同から注文を聞き、テーブルを離れる谷村。しばらくして、テーブルから前の会社の関係者たちによる嘲りの声が聞こえる。

一同「ざまあみろ!!」

谷村(くそっ……!!あの店に通いさえすれば、俺はお前らよりも稼げるんだぞ……!!)



26:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/30(火) 18:02:37.573 ID:j2llxG4QD

翌日。高速バスに乗る谷村。谷村はバスを降り、『パチンコ異世界』の中に入る。

谷村(そうだ……!俺には『パチンコ異世界』があるんだ!)

パチンコ台の前に座り、ハンドルを操作する谷村。液晶の画面に、筋骨隆々のアニメキャラの3D映像が映る。

スロットの中を、多くの銀玉が元気よく泳ぎまわる。谷村の椅子の後ろに積み重なるドル箱。

谷村(この店に通い続ければ、勝ち続けて気持ち良くなれるし……。俺はいくらでも金を稼げるんだ……!)

自信に満ちた表情になる谷村。彼は、このまま順調に勝ち続けているかのように見えたものの……。

パチンコ台の液晶の画面が、突然切り替わる。アニメの3D映像が消え、喪黒の顔が表示される液晶の画面。

喪黒「谷村東吉さん……。あなた約束を破りましたね」

谷村「も、喪黒さん……!!」

喪黒「私はあなたに言ったはずですよ。借金を完済した後は、『パチンコ異世界』には2度と通ってはいけない……と」
   「それにも関わらず……。谷村さんは今、この店に入ってスロットを打っていますねぇ」

谷村「そ、それがどうしたと言うんだ!!パチンコは俺の人生の全てなんだーーっ!!」



28:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/30(火) 18:05:02.593 ID:j2llxG4QD

喪黒「ほう……、それがあなたの答えですか。約束を破った以上、あなたには罰を受けて貰うしかありません!!」

液晶の画面の中の喪黒が、谷村へ右手の人差し指を向ける。

喪黒「ドーーーーーーーーーーーン!!!」

谷村「ギャアアアアアアアアア!!!」


喪黒のドーンを受け、椅子から倒れる谷村。彼が再び起きあがった時……、店の中は異様な状態となる。

谷村を除いて、客が一人もいなくなった店内。店中のパチンコ台から、一気に溢れ出る無数の銀玉。

いつの間にか、谷村の足元も銀玉で埋まっている。慌てて逃げようとしたものの、銀玉に足を取られて転ぶ谷村。

店にある全てのパチンコ台から、銀玉はなおも溢れ続ける。店内に響き渡る轟音。ゴオオオオッ!!!

谷村の身体は、胸元まで銀玉に埋もれていく。増え続ける銀玉を目にし、絶望した表情の谷村。

谷村「た、助けてくれーーーーっ!!!」


しばらく時間が経った後……。高速道路近くにあった『パチンコ異世界』は、空気の中へ溶けるように消えていく。



29:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/30(火) 18:08:26.559 ID:j2llxG4QD

翌朝。駅の近くのパチンコ店。店の前の歩道に、変わり果てた姿の谷村が突然姿を現す。

耳の穴、両目の穴、鼻の穴、口にパチンコ玉が詰まった状態の谷村。谷村は首が垂れており、完全にこと切れている。

谷村の遺体を目にし、パニックを起こす通行人たち。

通行人たち「ウワアアアアアアアアアアアア!!!」


とある市街地。別のパチンコ店の前にいる喪黒。

喪黒「現在の日本では……、成人人口の3.6%に当たる約320万人が、ギャンブル依存症の疑いがあると言われています」
   「何しろ……。日本はパチンコ店や公営競技が全国各地に存在しており、ギャンブルが非常に身近な環境にあります」
   「ギャンブルによる勝ちは一時的な快感をもたらしますが……。その後で待っているのは、深刻な依存症との戦いです」
   「やめたくてもやめられず、破滅に気がついたときはもう手遅れ……。それがギャンブル依存症の怖さと言えましょう」
   「ギャンブルが人生の全てになったら、人間、おしまいですよ。例えば、パチンコ玉に埋もれて死んだ誰かさんのようにねぇ……」
   「オーホッホッホッホッホッホッホ……」

                   ―完―



元スレ
喪黒福造「まさに、ここは夢のパチンコホールなのです」 元会社員「そ、その話がもしも本当ならば……」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1540888406/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (4)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月02日 17:53
          • まあ喪黒さんもパチになっちゃったんですけどね
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月02日 17:58
          • そんな笑ゥせぇるすまんは好評稼働中!
            皆打ってくれよな!
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月02日 23:59
          • ソシャゲのガチャもこれと同じよなぁ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月05日 01:31
          • 1 これ増えてるけど人気なん?
            読まんけど

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【バンドリ】今井リサ「友よ、末永い希望を」
        • 【バンドリ】今井リサ「友よ、末永い希望を」
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • メカゴジラ「オイ、アンギラス」 アンギラス「なんだい?」
        • メカゴジラ「オイ、アンギラス」 アンギラス「なんだい?」
        • メカゴジラ「オイ、アンギラス」 アンギラス「なんだい?」
        • アバッキオ「ジョルノ君だっけ?まあ座って話でもしようや(ジョロロロロ)」 店員「キャアア!この人ティーポットに小便してるわァァ!!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイがエスパーダに!?」藍染「そうだ」
        • ヴェノム「なぁエディ」エディ「なんだよ?」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ