TOP

ハム太郎「ロス:タイム:ライフ」

1:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:24:32 ID:0GqEWmyI

「サッカーが好き」。単純やけど、それが一番大事。
―――元日本代表 稲本潤一

※深夜ドラマ「ロス:タイム:ライフ」と「とっとこハム太郎」のクロスオーバーです。



2:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:25:02 ID:0GqEWmyI

―――――――――
――――――
―――

ロコちゃん「よーし、宿題終わった!」

ロコちゃん「さて、お昼だしそろそろ行かなきゃ…ハム太郎、今からカナちゃんの誕生日会に出かけてくるから、お留守番お願いね♪」

ハム太郎「へけっ!」

………

ハム太郎「さあ、僕も今日はハムちゃんずの皆とパーティーがあるのだ!」



3:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:25:35 ID:0GqEWmyI

―――――――――
――――――
―――

ヒューッ…ドンッ

ハム太郎「くしくし…どんちゃん、こんにちはなのだ!」

どんちゃん「ワン!」

ハム太郎「さあ、早速ハムちゃんずのいる地下ハウスへ出発なのだ!」

ハム太郎「てちてちてち…」

―――フミ
ハム太郎「えっ」



4:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:27:55 ID:0GqEWmyI

野良猫「…!」キラーン

ハム太郎(しまった…知らないうちに猫のしっぽを踏んでしまったのだ…!?)

野良猫「…。」ヒョイ

ハム太郎「えっ…」

野良猫「」シャア-

ハム太郎「!?」

ハム太郎(嘘…どうしよう…僕、食べられちゃうのだ…!?)



5:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:28:40 ID:0GqEWmyI

―――ピタッ

ハム太郎「……あれっ…?」

野良猫「――――――」

ハム太郎(猫の動きが止まってる…どうなってるのだ…!?)

<additional time ⇒ 08:06:00:00>

主審「…。」ピーッ!!

ハム太郎「!?」ビクッ

副審1「…。」ビシッ

副審2「…。」ビシッ

第4審判「…。」 [8:06]


実況「さあ表示されました!飼いハムスター、ハム太郎選手のロスタイムは何と8時間6分!」

解説「以前飼い猫にロスタイムということもありましたが、今回は何とハムスターですか…!」



6:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:29:21 ID:0GqEWmyI

<Profile>
ハム太郎 -HAMUTAROU-
年齢:1歳6か月
職業:ハムスター(ゴールデンハムスター)
飼い主:春名ヒロ子(Age:11/JPN)
好物:ヒマワリの種
死因:野良猫による襲撃

実況「残された時間は僅か、果たしてハム太郎選手は、ロスタイムで何を清算するのでしょうか!」

解説「見ての通り積極性のある選手ですからね、素晴らしいプレーが期待できますよ!」

実況「さあ、主審がハム太郎選手を促します!」



7:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:29:53 ID:0GqEWmyI

主審「…。」ピピッ

ハム太郎「お、お兄さん達は…一体誰なのだ…!?」

主審「…。」

ハム太郎「……もしかして、お兄さん達が僕を助けてくれたのだ!?」

主審「……」フルフル

ハム太郎「えっ、違うのだ…?」

審判団「「…。」」ササッ


実況「おっと、ハム太郎選手が上手く理解できていないのか、審判団がジェスチャーで状況を説明しています!」

解説「というか審判団、何でハムスターの言葉が通じてるんだ…?」



8:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:30:29 ID:0GqEWmyI

ハム太郎「つまり僕は、猫に食べられて死ぬ、ということなのだ…?」

主審「…。」コクッ

ハム太郎「そして、この時計が僕が死ぬまでの残り時間…!」

第4審判「…。」 [8:06]

ハム太郎「そんなの嫌なのだ!僕が死んだらロコちゃんやハムちゃんずの皆が悲しむのだ…」

副審1「…。」

ハム太郎「僕はどうしたらいいのだ…?」チラ

第4審判「…。」 [8:06]

ハム太郎「8時間…6分…」

副審2「…。」

ハム太郎「806、はちぜろろく、はむ…」



9:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:31:03 ID:0GqEWmyI

実況「…これはちょっと苦しい語呂合わせ!」

解説「806でハムは無理がありますね?真ん中の0をすっ飛ばしてますよ?」


ハム太郎「…そうだ!悲しんでる場合じゃないのだ!こういう時こそハムちゃんずがいるのだ!」

ハム太郎「…とにかく地下ハウスへ急ぐのだ!」ダッ

審判団「「!」」ダッ


実況「さあハム太郎選手が走り出しました!」

解説「死に直面しても積極的に行動に出るのは流石ですね!」

実況「ただ、もしかしたら状況を理解できてない可能性もあるのでは?」

解説「そうかもしれません。」



10:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:31:46 ID:0GqEWmyI

―――――――――
――――――
―――

ハム太郎「はあ…はあ…こんなに走ったら結構体力使うのだ…」ダッダッダッ

審判団「「……。」」タッタッタッ

こうし「あれっ、ハム太郎さん?」

ハム太郎「こうしくん…いい所にいたのだ!」

こうし「ハム太郎さん、急に慌ててどうしたんですか?」

ハム太郎「聞いてほしいのだ…どうやら僕、さっき死んじゃったみたいなのだ!」

主審「!!」ピピピピピピ!!

ハム太郎「!?」

主審「」イエローカードビシッ



11:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:32:23 ID:0GqEWmyI

実況「おおっと!ここでハム太郎選手、早くも1枚目のイエ口ーカードです!」

解説「死んだことを言ってしまうのはルール違反ですからね。」

実況「累積2枚で次の人生、生まれ変われなくなってしまいますよ?」

解説「そうなると次がハムスターからタニシですからね、これはちょっと嫌ですねー」


ハム太郎「えっ…死んだこと言っちゃダメなのだ…!?」

主審「…。」コクッ

こうし「ハム太郎さん、どうしたんですか?」

ハム太郎「いや、何でもないのだ…」

こうし「それより、皆が待ってるから早く行きましょう!」

ハム太郎「そ、そうなのだ…!」


実況「さてハム太郎選手、このまま地下の方へと入っていきましたが…審判団は外で待機という事でしょうか?」

解説「うーん、流石に審判団は中に入れないですね。」

実況「このままだと我々の試合実況にも影響が出てきてしまいますが…?」



12:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:33:06 ID:0GqEWmyI

ハム太郎「みんなごめん、お待たせしたのだ!」

リボン「あらハム太郎君、みんな待ってたでちゅわ!」


実況「おっと、どうやらカメラが『地下ハウス』の様子を捉えているようです!」

解説「しかしハムスターにしてはよくこんな部屋が作れるよなあ…」


タイショー「じゃあ今日は、ハムちゃんずで久しぶりのパーティーだ!思いっきり楽しもうぜ!」

ハムちゃんず全員「「おーっ!」」

ハム太郎「……。」



13:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:33:38 ID:0GqEWmyI

―――――――――
――――――
―――

主審「…。」ジーッ

副審1「…。」ジーッ

副審2「…。」ジーッ

第4審判「…。」ジーッ [7:33]


実況「さて一方で、地上にいる審判団ですが、どうやら小型のモニターを使って選手の様子を捉えているようです!」

解説「でも中でカメラ撮ってるのは誰なんでしょうね…」



14:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:34:11 ID:0GqEWmyI

―――――――――
――――――
―――

ワイワイ ガヤガヤ

ハム太郎(あっという間にハムちゃんずのパーティーが始まったのだ…)

ハム太郎(でも、さっきの黄色い服のお兄さんたちは、一体何なのだ…?)

ハム太郎(もし、あの時計が本当だとすると…僕が死ぬのはおそらくロコちゃんが寝る頃…?)

ハム太郎(その間に…僕には何が出来るのだ…?)



15:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:34:43 ID:0GqEWmyI

―――――――――
――――――
―――

リボン「タイショーくん、今日は色々とありがとうでちゅわ!」

タイショー「おう、みんなまた明日な!」


ハム太郎「……。」

タイショー「…どうしたハム太郎?今日はお前だけずっと浮かない顔してるな?」

ハム太郎「い、いや、何でもないのだ…」

タイショー「折角だし、少し外を散歩していかないか?何か相談があるなら俺が乗ってあげるからな!」

ハム太郎「タイショーくん……?」



16:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:35:24 ID:0GqEWmyI

―――――――――
――――――
―――

実況「おっと、ハム太郎選手がようやく地下から出てきますよ?」


タイショー「あぁー、やっぱり外の空気はうめえな…!」

主審「…!」

副審1「…!」

副審2「…!」

第4審判「…!」 [4:30]

ハム太郎(審判のお兄さん達…ずっと外で待っていたのだ…?)

タイショー「それにしてもいつも元気なお前が珍しいな?…何かあったのか?」



17:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:36:11 ID:0GqEWmyI

ハム太郎「僕…いま何だか寂しさを感じるのだ…」

タイショー「おい…それってどういうことだ?」

ハム太郎「もし、僕が突然いなくなったら…ロコちゃんやハムちゃんずの皆がどう思うかなって、ずっと考えてたのだ…」

タイショー「そうか…」

審判団「「……。」」

タイショー「でもなハム太郎、お前は今、寂しさを感じてるかもしれないけど、むしろお前は幸せ者だ…」

ハム太郎「…えっ?」

タイショー「ハム太郎の言う通り、俺達ハムスターは2~3年ぐらいの短い命…いつ死ぬかもわからない。」

ハム太郎「2、3年…」

タイショー「だから、俺達は1日1日をしっかり生きなきゃいけないんだ…」

ハム太郎「……。」

タイショー「俺は野良だから、人からの愛情というモノはあまり知らねーけど、お前にはちゃんと飼い主のロコちゃんがいる…」

タイショー「だから、生きている限り、飼い主からの愛情は、しっかり受け止めてあげるもんだ…!」

ハム太郎「タイショーくん…」



18:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:36:50 ID:0GqEWmyI

ハム太郎(そうなのだ…僕にはずっと可愛がってくれるロコちゃんがいたのだ…)

ハム太郎(やっぱり僕は、ロコちゃんのことが好きなのだ…!)


ハム太郎「何だろう…ちょっと元気が出てきたのだ…!」

タイショー「そうか…なら良かったぜ。」

タイショー「また何かあった時は相談してくれよ!俺だけじゃなくてハムちゃんずの皆がいるからな!」

ハム太郎「タイショーくん…いつもありがとうなのだ…!」

………

ハム太郎(さようなら、ハムちゃんずのみんな…)

主審「…!」ピピッ

ハム太郎「うん、分かってるのだ…」

第4審判「…。」 [4:23]



19:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:38:44 ID:0GqEWmyI

―――――――――
――――――
―――

ハム太郎「ロコちゃんの部屋に戻ってきたのだ…」

主審「…。」ジーッ

副審1「…。」ジーッ

副審2「…。」ジーッ

第4審判「…。」ジーッ [3:21]


実況「さてハム太郎選手、春名家のゲージに戻って参りましたが、そこから動きが無いですね?」

解説「これは飼い主の帰りを待っている状況ですね。まだロスタイムが3時間以上あるとはいえ、今から下手に動くことは出来ないと思います。」



20:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:39:19 ID:0GqEWmyI

ハム太郎「ところで、審判のお兄さん達も…今まで色んな人達を看取ってきたのだ…?」

主審「…。」コクッ

ハム太郎「もしかして、今まで生きてきたハムスターたちも…?」

主審「…。」フルフル

ハム太郎「ということは…僕がハムスターとしては初めて、ってことなのだ…?」

主審「…。」コクコクッ

ハム太郎「そうなのだ…いつもお勤めご苦労様なのだ。」

主審「…。」イエイエ

―――タッタッタッ…
審判団「「…?」」

ハム太郎「あれっ、この音は…?」



21:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:40:36 ID:0GqEWmyI

―――ガチャ
ロコちゃん「ただいま、ハム太郎!」

ハム太郎「…ロコちゃん、お帰りなのだ!」ワクワク

ロコちゃん「…どうしたのハム太郎?私と遊びたいの?」

ハム太郎「……!」ワクワク

ロコちゃん「…そうね、今日は中々面倒が見られなかったし、夕食とお風呂が終わってから、一緒に遊ぼうね♪」

ハム太郎(やった!思いが通じたのだ!)



22:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:41:17 ID:0GqEWmyI

―――――――――
――――――
―――

ロコちゃん「パパ、ママ、おやすみなさい。」

ママ「あら、珍しく今日は寝るのが早いのね?」

ロコちゃん「うん…今日はハム太郎と遊べなかったし、少しでも一緒に遊んであげようと思うの。」

―――――――――
――――――
―――

ハム太郎「ロコちゃんまだなのだ…?」

第4審判「…。」 [1:12]

―――ガチャ
審判団「「……!」」

ロコちゃん「お待たせ、ハム太郎♪」

ハム太郎(ロコちゃん、ずっと待ってたのだ!)



23:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:41:48 ID:0GqEWmyI

実況「さてハム太郎選手、飼い主・春名選手との最後のひとときを過ごしていますね。」

解説「ええ、微笑ましい光景です。あとで試合が終わったら、うちで飼っているワンコとも遊びたくなってきましたね。」


ハム太郎(やっぱり僕は、ロコちゃんと一緒に居る時が一番幸せなのだ…!)

ハム太郎(この時間が、ずっと続いてほしいのだ…!)



24:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:42:24 ID:0GqEWmyI

―――――――――
――――――
―――

ロコちゃん「あら、もうこんな時間…」

ハム太郎「…!」チラ

第4審判「…。」 [0:21]

ハム太郎(僕も残り時間が少ないのだ…)

ロコちゃん「さて、今日も日記付けなきゃね…」

ハム太郎(ロコちゃんの日記を見るのも、これで最後なのだ…)

ロコちゃん「……。」カキカキ



25:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:43:03 ID:0GqEWmyI

―――――――――
――――――
―――

ロコちゃん「…うん、これで日記終わり!」

ロコちゃん「…今日も楽しい1日だったね。明日はもーっと楽しくなるよね。ねっ、ハム太郎♪」

ハム太郎「…へけっ!」

ロコちゃん「それじゃあおやすみ、ハム太郎♪」

………

ハム太郎(でも…僕には明日はもうないのだ…)

主審「…。」

第4審判「…。」 [0:18]



26:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:43:39 ID:0GqEWmyI

―――――――――
――――――
―――

ロコちゃん「Zzz…」

ハム太郎「ロコちゃん…寝ちゃったのだ…」

主審「…。」ピッ

ハム太郎「…?」チラ

第4審判「…。」 [0:05]

ハム太郎「そろそろ…行かなきゃいけないのだ…?」

主審「…。」コクッ

ハム太郎「分かったのだ…でもやっぱり猫に食べられるのは怖いのだ…」

主審「…!」ピピッ

副審1・副審2・第4審判「「?」」



27:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:44:23 ID:0GqEWmyI

主審「…」ヒソヒソ

副審1「…」ヒソヒソ

副審2「…」ヒソヒソ

第4審判「…」ヒソヒソ [0:04]


実況「おっと、残り時間わずかですが、審判団が何か協議してますね?」


ハム太郎(審判のお兄さん達、何を話してるのだ…?)



28:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:47:08 ID:0GqEWmyI

主審「…。」ササッ

ハム太郎「あれっ…僕を何処に連れて行くのだ…?」

主審「…。」ソッ…

ハム太郎「ここは…ロコちゃんの枕元…?」

主審「…。」コクッ

ハム太郎「もしかして…ここで最期を迎えても良いという事なのだ…?」

主審「…。」コクッ

ハム太郎「……ありがとう、感謝しきれないのだ…!」


実況「なるほど、そういう事でしたか…」

解説「本来なら元の位置に戻らなければいけませんが、ここは審判団の裁量に拍手を送りたいですね。」



29:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:49:37 ID:0GqEWmyI

ハム太郎「それじゃあ審判のお兄さん達、本当にお世話になったのだ…」

主審「…。」

ロコちゃん「……ハム太郎?」ムクリ

ハム太郎「えっ…?」

ロコちゃん「ハム太郎、いつの間に枕元まで来てたのね…」

ハム太郎「……。」

ロコちゃん「そっか、いつもはゲージの中だよね…たまには私の側で一緒に寝ようか…!」

ハム太郎「ロコちゃん…!」

主審「…!」ニコッ

第4審判「…。」 [0:01]


ハム太郎(ロコちゃん……僕は、ハムスターとして生まれてきて、本当に幸せだったのだ…!)

ハム太郎(また生まれ変わっても、またロコちゃんのもとでずっと一緒に居たいのだ…!)



30:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:50:09 ID:0GqEWmyI

[0:00]

ピッ,ピッ,ピィーーーッ…


実況「ハム太郎選手のロスタイムが今、終わりました…!」



31:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:50:43 ID:0GqEWmyI

―――1か月後。

タイショー「ハム太郎が亡くなってから、もう1か月か…」

トンガリ「そうだな…」

タイショー「悪いな、旅の途中なのにわざわざ此処まで来てくれて…」

トンガリ「良いんだ、同じハムちゃんずの仲間だし…ハム太郎とは生前に何か話したのか?」

タイショー「ああ…丁度亡くなる前日だ…」

タイショー「もしかしたら、あの時ハム太郎は自分が死ぬことを悟っていたのかもしれないな…」

トンガリ「…まっ、俺達に今できることは、アイツの分まで精一杯生きる事だな…!」

タイショー「ああ…!」


タイショー(なあ、ハム太郎。そっちの世界では元気にやってるか…?)

タイショー(今はあえてサヨナラは言わねえ…俺達もいずれはそっちに行く。その時は、また一緒に遊ぼうぜ…!)



32:以下、名無しが深夜にお送りします 2018/10/27(土) 22:54:04 ID:0GqEWmyI

というわけで、今回はauオリジナルドラマ版で限定公開された「ロス:タイム:ライフ 猫編」をヒントに、いつもより少し短めですが即興で作ってみました。
今回は書いててすごく難しかったです…
最後の終わり方には賛否あるかもしれませんが、実際の猫編も大体こんな感じだったので、そこはご理解いただければ幸いです。

<過去作>
シャーリー「ロス:タイム:ライフ」

【ドキプリ】イーラ「ロス:タイム:ライフ・・・?」

【SchoolDays】言葉「ロス:タイム:ライフ…?」

ちなみに次以降ですが、現時点ではまだ何も考えてません。
「まどマギ」のマミさんがマミられるシーンでロスタイム、も考えましたが、色々システムが複雑そうなのでボツとなりました(汗)



元スレ
ハム太郎「ロス:タイム:ライフ」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1540646672/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (6)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月04日 11:35
          • 酒ぇ!
            金ぇ!!
            暴力ぅ!!!
            後、女ぁ!!!!

            ンギモヂィィィィィィッッッッ!!!!
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月04日 11:37
          • とっとこハム太郎のタグがある筈なのにその他タグにまとめられるハムSS
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月04日 11:57
          • ミ?キ?「ハハッ!ジダイオクレノネズコウハサッサトイキナヨ!!」

            ??チュウ「ピカピーピカ、ピ~カ~…。(一時は子供達の憧れだったのに、今となっては哀れなもんだな…)」

            ハ?蔵「ヂュヂュイヂュイヂュイ…。ヂュヂュヂュェェェ……。(お前はよく頑張った…。後の事は俺たちに任せてゆっくり眠るがいい……。)」
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月04日 12:26
          • 5 感動しました、ハムのファン辞めます
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月04日 18:37
          • マジキチじゃないハム太郎SSとか珍しいな
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月05日 00:13
          • ロスタイムライフ懐かしいなぁ
            友近の回好きだった

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【バンドリ】今井リサ「友よ、末永い希望を」
        • 【バンドリ】今井リサ「友よ、末永い希望を」
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • メカゴジラ「オイ、アンギラス」 アンギラス「なんだい?」
        • メカゴジラ「オイ、アンギラス」 アンギラス「なんだい?」
        • メカゴジラ「オイ、アンギラス」 アンギラス「なんだい?」
        • アバッキオ「ジョルノ君だっけ?まあ座って話でもしようや(ジョロロロロ)」 店員「キャアア!この人ティーポットに小便してるわァァ!!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイがエスパーダに!?」藍染「そうだ」
        • ヴェノム「なぁエディ」エディ「なんだよ?」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ