TOP

彡(゚)(゚) 「…ほんの一晩のユメやった」(ある物語)

1:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)05:54:03 ID:nD8

彡(゚)(゚) 「…ヒマですな、今夜は」

master「今夜、「も」だ」

彡(^)(^) 「まーそう自虐的にならんでも」

master「キミ、友人に会いに来たんじゃないの?」



2:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)05:54:36 ID:nD8

彡(`)(´) 「ええんや、あんなやつ!」

master「ケンカしたのかい?良くないね、サッサと仲直りしたほうがいい」

彡(`)(´) 「余計なお世話やでっっ今日は会いとうないんやで」



3:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)05:55:05 ID:nD8

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と、なんとなくふらりと入ったバアでワイは常連になっていたんや
ほんの少し前に待ち合わせの時間つぶしに入ったことがきっかけで
と言ってもほとんど他にお客もいないような閑古鳥鳴いてる感じの店やがな



4:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)05:55:24 ID:nD8

彡(-)(-)「…しかし古今東西、イヤ~な事件がはびこってるわな」

master「どうした?」

彡(-)(-)「…いや、ワイの住んでる付近でなアパートメントで監禁されてたんやと
      子供がな、親族に」



5:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)05:55:51 ID:nD8

master「へえ」

彡(-)(-)「…トッモに言うたらそんなん最近よくあることじゃん言うからな
      よくあってたまるか!おまいはバンドの事しか考えてない奴やさかいなと
      ケンカになったんやそれで今会いとうないんや」


master「ハハハ、しょうがないな」

彡(-)(-)「は~、なんなんやろうねもう気がめいるわな」



6:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)05:56:09 ID:nD8

master「監禁、という形じゃないけど今読んでる書籍も似た様な感じの物語だな」

彡(゚)(゚) 「は?なんや」

master「あるお姫さんが自分の一族と何十年もの間山の中のお屋敷に蟄居させられる物語だ」

彡(゚)(゚) 「はァ蟄居?」



7:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)05:56:31 ID:nD8

★ 蟄居(ちっきょ)とは、中世から近世(特に江戸時代)武士または公家に対して科せられた刑罰のひとつで、
  閉門の上、自宅の一室に謹慎させるもの。
 
  幕府や領主などから命じられて行う場合と、命じられる前などに自発的に自宅で謹慎する場合もあった。
  江戸時代には蟄居・蟄居隠居・永蟄居(解除なし)などに分けられていた。また、減封などが付加される場合もあった。



8:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)05:56:53 ID:nD8

master「蔵所の整理していたら古い書籍を見つけてつい読みだしたんだよ」

彡(゚)(゚)「そんなんあるんか?」

master「これでも文学青年だったからねェ…昔はハハハ」

彡(゚)(゚)「でどういう話なんや?」



9:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)05:57:09 ID:nD8

master「まぁ店閉めてから始めるか、今夜はもう客も来そうもないしな」
    「なんか飲む?」

彡(^)(^) 「そうさな、や、それよりまず腹ごしらえをば」

master「ハハハ図々しいやつだな、まいいかなんか作るか俺も腹が減ってきた」

彡(^)(^) 「ここの焼うどんでええで、ワイ好きなんやあれ」



10:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)05:57:40 ID:nD8

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


土佐藩家老野中兼山が失脚して死ぬと、藩政を握った政敵たちは
当時わずか四歳であったヒロイン婉たち一族を兼山の遺族を宿毛へ閉じ込めた

その時婉(4歳)、弟(5か月)、妹(3歳)、姉(7歳)、姉(18歳)、次兄(15歳)、
三兄(8歳)、長兄(16歳)、母と乳母で子女8人、母4人であった…
赤ん坊の弟はかごに入れられて婉は乳母に手を引かれての道中であった

一族の入る獄舎は本成寺の麓にあった
茅葺の孤屋は周りを高塀と竹やりに囲まれてその外に警備の番氏が小屋に詰めてい、
竹やりは軒端を覆うほど高く組まれ、何年かたって朽ちてくると新しく組み替えられた…

人里は遠く離れてい、罪人の住むこの谷あいを皆は恐れて誰も通らなかった…
男子の係累が死に絶えるまでの40年の間、赦免が解かれることはなかったのだ



11:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)05:58:08 ID:nD8

彡(○)(○) 「よ、40年~?!!」

master「そう、婉エンさんは4歳から実に44歳までの間、一歩もその屋敷から
     出してもらえなかったというわけだ…その家族もみんな」

master「男は全員死んで女だけ生き残ったんだ、一度嫁に出たことのある長女を除いて」



13:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)05:58:25 ID:nD8

aster「「仕置き」、は男兄弟のち全てが耐えるまで終わらなかったんだ…
    だから最後の一番下の弟が亡くなるまで続けられたわけだ
    残ったのは女だけその時ヒロインはもう44歳で乳母は65歳」

彡(゚)(゚) 「…すると乳母さんは入った時はまだ若かったんやね」



14:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)05:58:43 ID:nD8

master「そうだ、婉エンさんのためについて来てくれたんだよ…彼女もまた
     幽閉時もその後も主人公のために最後まで尽してくれる偉い女性なんだ」

彡(-)(-)「なるほどなぁ…その乳母さんがいるからこそ耐えられたんかもしれへんのな」

master「しかもこれは作者の郷里が舞台の実話に基づいて書かれているからなぁ…」



15:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)05:59:11 ID:nD8

彡(○)(○)「はぇぇ~、そうなんか!スゴイわな」

彡(゚)(゚)「次兄(15歳)、 三兄(8歳)、長兄(16歳)…コイツらもずっと一緒に居ったんやろ? 」
    「なんか問題とか起きんかったんか?」

master「あった、長男は皆に学問を教えて理性的だったけど次兄が抑えが利かなくなって
    妹たちに襲い掛かっちゃったんだなぁこれが」

彡(^)(^)「お エ口まんがやんけ♪(不謹慎)」



16:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)05:59:38 ID:nD8

master「ま、彼はすぐに座敷牢がしつらえられてそこに閉じ込められたんだけどね死ぬまで」

彡(゚)(゚)「はぇぇなんやつまらん」

master「まぁこれはそういう内容じゃないからね」
    「でもヒロインは理性などなくなってみないっそそうなってしまえばいいと
    心の中では成長するにあたって願っていたようだけどね」



17:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)05:59:56 ID:nD8

彡(゚)(゚) 「ほぇぇ…他の女共はどうやったん?」

master「芯のしっかりしたヒロインにほぼまかせていたよーなもんだよ
     放免にされた後も、お婉エンさまにまかせますって」

彡(゚)(゚) 「ま○こは頼りないもんやねやっぱ」
     「で、放免された後はどないしたんや?」



19:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)06:00:33 ID:nD8

master「姉たちとは別れ母亡きあとは自分を見守る乳母とふたりでひっそりと
     薬剤などを拵えながらつつましく暮らしたのさ…生きる強さがある人だから
     彼女につかえる使いの若い男だとかもいろいろと出て来てたけど」

彡(゚)(゚)「ほぅ…若い男?」

master「蟄居時から外界の人間との手紙などを通達してくれる百姓出の青年もいたんだよ」



20:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)06:00:58 ID:nD8

彡(゚)(゚)「へぇ、ソイツはお婉エンさんをどー思うていたんやろうね?」

master「年はかなり離れてはいたけれどうすうす憧れてはいたんじゃないかと」

彡(゚)(゚)「…へぇ、マザコン的な?かな」



21:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)06:01:41 ID:nD8

master「いや、彼女はそれなりに美しかったし…身分の差もあるからそこんところは
     隠していたけどヒロインもこの青年にそういう思いはあったと思うが」

彡(゚)(゚)「ウマくいかなんだか?」

master「ああ、その後もいわば師弟関係のようなものは続いていたようだがな」



22:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)06:02:03 ID:nD8

彡(゚)(゚)「無論、お婉エンは生涯独り身のままやったんやろ…?」

master「ああ、乳母もね…でも蟄居中一度はどこぞのお偉い人から声をかけられてた話もあるけど」

彡(゚)(゚)「ほえ?!受けなかったんか?!」



23:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)06:02:24 ID:nD8

master「間違えた、放免されて獄舎を出た後でだったな、青年の登場も確か」

master「病弱なお殿様の跡継ぎを生まさせようと考えていたらしいけど…」

彡(゚)(゚)「断ったんか?」

master「ああ、お断りしたんだ」



24:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)06:02:44 ID:nD8

master「お婉エンさんは獄舎を出て新しい住居に何とか移りそこで地元の百姓たちに
    乳母と丸薬など拵えながらひっそりとした慕われながら生きつづけたのさ」

彡(゚)(゚)「で妹たちはどーなったん?たしかふたりいたようだけど」

master「風の頼りで何年か後、亡くなったようだけど…」



25:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)06:03:07 ID:nD8

彡(゚)(゚)「ほぇぇ…で最後はどんなんや?」

獄中を出て18年、私はそして61歳になった
こうしてここに独り生きている、これからも生きてゆく

master「と、終わるんだ…」



26:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)06:03:27 ID:nD8

彡(゚)(゚)「哀しなぁ」グビグビ

master「結構飲むんだな、氷いる?」 カラカラン

彡(゚)(゚)「ノド乾いてな、いらんで」



27:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)06:04:03 ID:nD8

~~~~~~~~~~~~~~~~~~



彡(゚)(゚)「ふぁぁ、結局朝までいてしかったなや」

master「いいよ別に、この後買い出しに行くから付き合うか?」

彡(゚)(゚)「…いや、いいトッモんとこ寄ってくわ」



28:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)06:04:24 ID:nD8

master「ハハ、なんだ仲直りするのか?」

彡(゚)(゚)「…い、いやまぁ用があったからンゴゴ」

彡(゚)(゚)「…マスター、世話んなったなまた来るで!」



29:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)06:04:49 ID:nD8

master「ああ、今度は友達もつれておいで」

彡(゚)(゚)「…あ、ああまぁ気が向いたら~な」



30:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)06:05:29 ID:nD8

彡(゚)(゚)「一歩出ると相変わらず汚い通りやな、滅入るわな」

master「そういうな、皆ここでそれなりに生きてるんだし俺も」

彡(^)(^)「ま、それもそうやねじゃ行くわなばいなら」

通りにはゴミ溜めによくみるワンコがウロついていた
アイツもここの常連なんやろうと思いながら歩いた


        -fin-



31:名無しさん@おーぷん 2018/10/16(火)06:06:49 ID:uGX

!?



元スレ
彡(゚)(゚) 「…ほんの一晩のユメやった」(ある物語)
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1539636843/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (5)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月17日 01:12
          • !?
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月17日 03:46
          • !?
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月17日 10:25
          • ! !
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月17日 15:02
          • !?
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月17日 16:52
          • 最後よくみるウンコに見えた。

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ