TOP

【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」 響 「うんっ!」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 02:58:02.59 ID:rKGtikYd0

こちらは、アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズのSSです。

深く考えずにお読みください。

次から始まります。



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 03:15:23.70 ID:rKGtikYd0


──カァーン。


ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」

響 「うんっ、そうだね!」

ジュリア 「ダンスがヤバいくらい上手いのはみんな知ってるし、それに歌だって、かわいい曲もカッコいい曲もどっちもイケるしな!」

響 「まぁね、自分カンペキだし!」

ジュリア 「確かに背はちょっと低いけど、そこがまたかわいいというか、え~といわゆる萌えポイント(?)だろ? 全然気にならないよ。それに、そう……結構出るとこ出てるしな。まさにカンペキなアイドルだよ!」

響 「う、うん、そう……だぞ!すごいでしょ、えっへん!」

ジュリア 「ああ、ホントに大したもんだ。しかも、料理はプロ級で、掃除に洗濯だってお手のもの。まったく、ビッキーの爪の垢でも煎じて飲ませてやりたいよ。チハのヤツに、うんとたっぷりね!」

響 「うん、まぁね……なんたって自分、カンペキだし……」ゴニョゴニョ

ジュリア 「それに何より、とびっきり明るくて優しいときたもんだ。きっと、すぐにでも良いお嫁さんになれるよ。あたしが保証する」

響 「う、うぅ~~……」

ジュリア 「いや~、ホントのホントにカンペキだよな~、ビッキーってさ!他にも──」

響 「うぅ~~……うぎゃ~っ!もうっ、面と向かってそんなに褒められたら、テレるぞ……///」



──カンカンカンカンカン!




3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 03:18:08.35 ID:rKGtikYd0


恵美 「──はいっ!『照れる』って言った!ジュリアの勝ち~♪」

ジュリア 「へへ、やったね!」

恵美 「うん、でもちょっと時間かかったね。もっと効くかと思ったけどな~、褒めゴロシ作戦」

ジュリア 「確かにな~。ちょっとわざとらしかったかな」

響 「……ねぇ、もうおしまいにしない?」

ジュリア 「あれ?さっき、あんなに大口叩いてたのに、もう降参すんの?」

響 「う、ううん!まだ負けてないよ!負けてない、けど……せめて、もっと違う所の方がいいんだけど……」

恵美 「えーなんでよ?」

響 「だって劇場の控え室だと、もし他のみんなが来たら丸見えだし、レッスン室とかに移動して──」

恵美 「そっか~……でもダーメ♪ そういう周りの環境も全部こみこみでやるゲームなんだからね。だいたい響も、その条件でオッケーしたんじゃん」

響 「それは、そうなんだけどさ~……あと、ゴングの音が結構うるさいから、余計にみんな来ちゃいそうなんだけど」

恵美 「その文句は、ゴングを叩いた人に言ってよね。んじゃ、次は──」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 03:20:55.35 ID:rKGtikYd0


千早 「次は私の番ね」バーンッ

ジュリア 「って事は、あたしが次のゴング係だな」

響 「うぅ、やっぱり千早か……なんか、やな予感しかしないゾ」

千早 「大丈夫よ、我那覇さん。痛くしたりしないから、全部私に任せて……ね?」

響 「もうすでに不安しかないんだけど……」

恵美 「ま、とりあえず響は、顔でも洗って落ち着いてきなよ。このまま始めたんじゃフェアじゃないしね」

響 「はぁ~……わかった、ちょっと頭冷やしてくるね……はぁ~」トボトボ

恵美 「いってらっしゃ~い♪」

千早 「じゃあ、私もちょっとトイレに行ってくるわね。少し、その……そう、ついでに作戦を練ってくるから。遅くなるかもしれないけれど」

ジュリア 「はは♪ あたしと被んないように、しっかり考えてこいよな!」

千早 「うるさいわ」スタスタ



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 03:22:49.15 ID:rKGtikYd0


恵美 「……ねぇ、千早は何すると思う?」

ジュリア 「わかんないけど、変な事はしないだろ……多分」

恵美 「釘さしとかなくて平気かな?」

ジュリア 「う~ん、まだ思いついてなさそうだったしな~。一応、戻って来たら注意しといた方が──」


──ガチャリ。


春香 「…………ねぇ。みんなは、いったい何やってたの?」

恵美 「あ、春香。おはよー」

ジュリア 「よぉ、来たのか。おはよ」

春香 「おはよう……じゃないよ!ドアの隙間からちょっと覗いてたけど、あの、あれ……あれって、なんだったの!?」

ジュリア 「覗いてたのかよ」

恵美 「あぁ、あれはね──」


────(恵美、説明中)─────
────────
────
──




6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 03:26:13.40 ID:rKGtikYd0


春香 「……ふ~ん、なるほど。響ちゃんとゲームをね」

恵美 「そうそう!制限時間は五分くらいで、響に『照れる』って言わせたらアタシ達の勝ち、言わなきゃ響の勝ち」

春香 「簡単に言えば、響ちゃんをトコトン照れさせるゲームなんだね」

恵美 「ま、そゆ事。別に方法とかルールとかは決めてないけど『響のイヤがる事はダメ』ってくらいかな?それ以外は基本なんでもオッケー。アタシが審判としてしっかり判定するよ」

春香 「ふ~~ん……でもそれって、あんまりいい趣味じゃないよね」ジトー

ジュリア 「いい趣味じゃないとか、そんな事わかってるよ。でもさ、成り行き上仕方なく、というか……」

春香 「はぁ……でも、本当にどうなっても知らないよ?特に貴音さんとかに見られたら……」

恵美 「春香、なに怒ってんの?」

春香 「……別に、怒ってないよ。呆れてるだけ」

恵美 「いや、元々アタシらもそこまでする気はなかったんだけど──ねぇ?」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 03:27:45.34 ID:rKGtikYd0


ジュリア 「ああ。ビッキーが『自分はそんなにすぐ真っ赤になったりしないぞ!』って、あんまり意地を張るもんだからさ。こっちも引っ込みがつかなくなっちゃって」

春香 「……ま、いいや。次は千早ちゃんの番なんでしょ?──私もみてようっと」

恵美 「うんうん、そうこなくっちゃ!」

春香 「いや、みんなが変な事しないか見張るためだから。変な意味じゃないよ」

ジュリア 「どっちでもいいさ。審判はいくら多くたっていいんだ……でも、遅いな~チハもビッキーも。何してんだろ──」


「たっだいま~!」
「戻ったわ」


恵美 「お、やっと帰ってきたね~……あれ、意外と元気だね、響?」

響 「まぁね!さっきはついつい照れちゃったけど、要は『照れる』って言わなきゃ負けないんだぞ。それくらい、自分ならきっと楽勝さー!」

恵美 「おぉ~、強気じゃん♪」



8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 03:29:04.96 ID:rKGtikYd0


春香 「でも無理はしちゃダメだよ、響ちゃん」

響 「あれ、春香?いつの間に……」

千早 「おはよう、春香」

春香 「おはよう千早ちゃん、響ちゃん」

響 「……え、もしかして春香もやるの?」ジー

春香 「ううん、私は見てるだけ。審判みたいなものだよ」

響 「そっか~、よかったぁ……春香は何しでかすか、わかんないからな」ホッ

春香 「むっ……いくら私でも、そこまで言われると傷つくんだけど」

響 「あはは、ごめんごめん♪」



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 03:38:59.39 ID:rKGtikYd0


ジュリア 「にしても結構長いトイレだったけど、チハはちゃんと作戦練れたのかよ?」

千早 「えぇ、ばっちりよ。たまたま通りがかった音無さんに、しっかり教えてもらったから」グッ

ジュリア 「ピヨ姉に?なんか、あたしもイヤな予感が……」

春香 「千早ちゃん。くれぐれも、あんまり変な事しちゃダメだよ?いい?」

千早 「もぅ、わかってるわよ。心配性ね、春香は」ブスッ

春香 「本当に、わかってるのかな……」ヒソッ

恵美 「とりあえず、今は千早の言葉を信じようよ。これが終わればちょうどキリがいい感じだしさ。そこでお開きってことで」ヒソヒソ

春香 「そうだね。それが無難かもね」ヒソヒソ

響 「二人とも、ひそひそと何を話してるの?」

春香・恵美 「なんでもなーい」

響 「え~気になるぞ~……ま、いいか」

春香・恵美 (あまり気にしない性格で良かった……)



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 03:45:04.17 ID:rKGtikYd0


恵美 「んじゃ、そろそろいっちゃおっか!二人とも、そこのソファーに座って──準備はいい?」

響 「よしっ、今度は負けないぞ~!」ポスッ

千早 「ちょっと待ってね。えっと、確か最初に……」ジー

響 「あはは、今更カンペ見てて大丈夫?降参するなら今の内だぞ?」

千早 「──うん、もう大丈夫よ。手順は覚えたから」ストッ

響 「よし来い、受けて立ーつ!アハハ!」

千早 「あ、初めにこれだけは言っておくわ」

響 「え?なぁに?」

千早 「まず春香達は、何があっても黙っててちょうだい──大丈夫、本当にすぐすむから」

恵美 「え?うん、わかった……?」
ジュリア 「なんだよ、すごい自信だな」

千早 「それに危ない事も絶対にしない。約束するわ──だから、我那覇さんも安心してね?」

響 「う、うん、わかったぞ……」ゴクリ

春香 (何をする気なんだろう、千早ちゃん……不安だなぁ)

千早 「──さぁジュリア、ゴングを鳴らして」

ジュリア 「お、おぅ……」


──カァーン!



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 03:47:31.12 ID:rKGtikYd0


千早 「それと……ごめんね、我那覇さん」ポツリ

響 「……え?」

千早 「────」スゥゥ

響 「え、なに、ちょ近いって……」

千早「──」スゥ

響 「な、なぁ、ちは……やぁぁ!?」トサッ

千早 「……ふふ、これでもう逃がさないわ」

響 「え、え……えぇっ!?」パチクリ


春香 (えぇっ、あの千早ちゃんが……!?)
恵美 (響をソファーに押し倒したの!?)




12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 03:49:27.96 ID:rKGtikYd0


千早 「ごめんね、我那覇さん……いえ、“響”」

響 「え、今自分の事──むぐッ!?」

千早 「ちょっとだけ……ほんのちょっとだけ、静かにしていてね」

響 「んンッ────!?!?」


恵美 (わぁ、指で唇を抑えちゃって……)
春香 (もう、そんなジゴロみたいな事、どこで覚えたの、千早ちゃん……)


千早 「いつも、いつも思っていたの──私は貴女の全てがほしい」

響 「ッ!?~~~……!」ゾクゾクゾク


ジュリア (耳元で囁くとか、考えただけで……くぅっ!)ゾクゥ
春香 (もう、千早ちゃん!……もうっ!)ゾクゥ



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 03:53:26.60 ID:rKGtikYd0


千早 「その証を今、立てるわ……存在を、証明して──」スッ


春香 (……えぇぇぇ!?)
ジュリア (おい、おいおいおい!近すぎじゃないか!?)
恵美 (え、マジで?マジでいっちゃうの~?)


響 「ッッ~~~……///」ギュッッ


──コツン。


響 「……ふぇ?」パチクリ



14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 03:56:59.73 ID:rKGtikYd0


千早 「おしまい……ふふ、びっくりしたかしら?」ムクッ



「「「……………」」」ポカーン



春香 「……あ、恵美ちゃん!ジュリアちゃん!」

恵美 「え?……あぁっ、おわりおわり!千早の勝ち!」


──カンカンカン!



15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 03:57:52.62 ID:rKGtikYd0


恵美 「ほら、終わりだって!千早は早く離れて!」グイッ

千早 「きゃ!?……ちょっと所さん、痛いわ。どうしたの一体?」

恵美 「いや、それはコッチのセリフだって!」

千早 「でも、我那覇さん『照れる』って、まだ言ってないのに……」

恵美 「いいからおしまい!審判がそう言ってるんだから、いいの!」

千早 「……そうなの?」

ジュリア 「おい、チハ!何やってんだ!?」

千早「何って、今見てたでしょ。おでことおでこをコツンとくっつけて、あれは……そういえば何て言うのかしら?」キョトン

ジュリア 「あ、あのなぁ……!」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 04:00:21.06 ID:rKGtikYd0


響 「…………」ホケー

春香 「だ、大丈夫?響ちゃん?」

響 「…………うぅ」ジワァ

ジュリア 「……ビ、ビッキー?」

響 「うぅぅ~~~……」ポロポロ

恵美 「え?えぇ?」



響 「ふぇぇ~~~ん……」ブワァ




17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 04:02:01.16 ID:rKGtikYd0


千早 「が、我那覇さん!?いったい、どうして……?」オロオロ

恵美 「ちょ、ちょっと響!?大丈夫?どうしちゃったの?」アタフタ

響 「うわぁぁぁ~~~~ん……」

ジュリア 「お、おいチハ!どうすんだよ!?」

千早 「どうって、これ……私のせいなの?」

ジュリア 「当たり前だろうが!」



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 04:03:26.90 ID:rKGtikYd0


春香 「あ~あ、泣かしちゃった……私、知~らないっと」

恵美 「あ、春香ズルい!」

春香「ズルいも何も、私は元々無関係だし……よしよし、もう大丈夫だよ、響ちゃん」ナデナデ

響 「うぇぇん、はるかぁ~……ぐすっ、ひっく……」ヒシッ


──ガチャッ。


貴音 「──これは、一体どうしたというのですか?」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 04:05:31.31 ID:rKGtikYd0


貴音 「──これは、一体どうしたというのですか?」

ジュリア 「げぇ、ヒメ!?」
恵美「た、貴音!待って、これにはワケが──」

貴音 「いいから答えなさい。響を泣かせたのは、誰なのですか?」

春香 「それは千早ちゃんです」

千早 「は、春香!?どうして──」

春香 「ごめんね、千早ちゃん。でも、ごまかしはダメだよ」

貴音 「──本当なのですか、千早?」

千早 「そ、それは……はい、春香の言う通りです」

貴音 「そうですか……真に残念です、千早。貴女がこのような狼藉を働くとは」

千早 「ですが四条さん、これはその、違うんです──」

貴音 「お静かに。申し開きは、後で聞きましょう」

千早 「は、はい……」シュン



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 04:07:32.52 ID:rKGtikYd0


春香 「あと、ジュリアちゃんと恵美ちゃんも関係してます……なんでも、響ちゃんでゲームをしてたみたいですよ」

貴音 「ほう、それはそれは……」ゴゴゴゴ

恵美 「いやいやいや、ちょっと落ち着いてよ!あと言い方が悪いって!」

ジュリア 「そうだよ、これには本当に深いワケが──」



「もはや問答無用!」カッ!



「「「ひぃっ……!」」」


貴音 「これから貴女達には、みっちりと説いて差し上げましょう──仁義を尊ぶ、人の道というものを」

恵美 「待って、本当に誤解なんだってば……」

貴音 「もはや貴女達が何を言おうと、響が泣いているのは動かしようのない事実。申し開きはもはや必要ありません……みな大人しく縛につきなさい!」ババーン

「「「は、ははっーー……」」」フカブカー


春香 (……みんな、なんでちょっと時代劇チックなんだろう)



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 04:21:15.46 ID:rKGtikYd0


貴音 「では改めて──まずは場所を変えて、経緯の説明からと致しましょう。なぜこのような事態に陥ったのか──包み隠さず話してもらいます」

恵美 「アタシは別に、今すぐここで話してもいいんだけど……っていうか、ここでやってもいいんじゃない?」

貴音 「それは……確かにそうですね」

恵美 「なら、ここでやろうよ」

貴音 「い、いけません!」

恵美 「なんで?理由は?」ジトー

貴音 「理由は、ですね……えぇと、その──」オロオロ

ジュリア「まさか、場所を変えるのに、深い意味はないんじゃないのか?」シ

貴音 「と、とにかく!場所を変えると言ったら変えるのです!そうお代官さまも仰っていたんですから──」

恵美・ジュリア 「……お代官さまぁ~?」ジロー

貴音 「な、なんでもありません!」プイッ

春香 (……なんか時代劇でも観てきたのかな、貴音さん)




22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 04:23:22.93 ID:rKGtikYd0


春香 「あ、貴音さん!そういえば音無さんも関わってます──というか、どうやら千早ちゃんに変な事を吹き込んだ張本人みたいですよ」

貴音 「なんとっ!……わかりました、共に捕らえておきましょう。ですから、響の事は……」

春香 「大丈夫です。私に任せておいてください!」

貴音 「恩に着ます──さぁ、行きますよ!事と次第によっては、月に代わって折檻致します!」グイッ

「「「はぁ~~い……」」」ゾロゾロ



23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 04:25:17.92 ID:rKGtikYd0


春香 「行っちゃった……なんかもう色々ごちゃごちゃに混ざってたなぁ」ハァー

春香 「なんだか告げ口みたいで、すっごく嫌だったけど……ごめんね、三人とも。でもやっぱり、やりすぎはよくないと思うから──少しだけお灸を据えてもらってね。後で響ちゃんと一緒に説明に行くから」

春香 「ともかく、こうして765プロに平和が戻ってきたのでした。めでたしめでたし」チャンチャン♪

響 「……なんで、そんな時代劇みたいな事言ってるの?」



おしまい。



24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 04:28:04.99 ID:rKGtikYd0



はい、これにて一旦一区切りです。
読んでくださった方、ありがとうございました。

この後に、おまけが続きます。



25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 04:44:30.95 ID:rKGtikYd0


おまけ ~あふたーとーく~



春香 「──そろそろ落ち着いた?大丈夫、響ちゃん?」ヨシヨシ

響 「……ぐすっ。うん、もう大丈夫──春香、ありがとね」

春香 「ううん、気にしないでってば。ああいう時はお互い様だよ」

響 「それに自分、急に泣き出しちゃって、そのまま春香に抱きついちゃったし……服、汚れてない?」

春香「大丈夫、全然汚れてないよ」

響 「それにそのせいで、千早達にも悪い事しちゃった……みんな、怒ってるかなぁ」

春香 「そんな事ないよ。だって、あれは響ちゃんのせいじゃないもん。あれは……うん、きっと不幸な事故だったんだよ。だから誰も悪くない、誰も怒ってないよ」

響 「……ありがと、春香」



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 04:47:43.56 ID:rKGtikYd0


響 「あのね、別にね、さっきのがイヤだったからとか、そういうのじゃないんだ。ただ、その、いきなりあんな事になっちゃって、それで──」

春香 「うん、わかってる。響ちゃんも、少しびっくりしちゃったんだよね……私だってそういう事あるよ。驚き過ぎて、自分でも何で泣いてるのかわからない事」

響 「そっか、うん……聞いてくれてありがと。少しは元気になったぞ──春香は優しいね、えへへ///」

春香 「さぁ、それはどうだろうね」フイッ///

響 「えへへ、春香は優しいよ。それに千早達も変な事したりしなかったし、貴音だって……みんな、やっぱり優しいよ。自分はそう思う」

春香 「まぁ、響ちゃんがそう思ったんなら、そうなのかもね♪──さ、そろそろみんなの所に行ってあげよ?貴音さんの誤解を解いてあげないと」

響 「うんっ、そうだね!自分がちゃんと説明してあげないとね!」フンスッ

春香 「──こうして、すぐに訪れるであろう平和な時間に、思いをはせる春香さんなのであった。ちゃんちゃん♪」

響 「……だから、どうしてさっきからそんな時代劇みたいな事言ってるんだ?」

春香 「それはその~……秘密なのであった。ちゃんちゃかちゃん♪」

響 「え~っ、何それ~!」



今度こそ、本当におしまい。ちゃんちゃん。




27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 04:50:12.71 ID:rKGtikYd0


はい。これにて本当の本当におしまいでございます。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。
少しでも楽しめていただけたのなら、幸いです。

では、依頼を出して参ります。



29: ◆NdBxVzEDf6 2018/10/16(火) 07:43:13.35 ID:AZGu01350

響はかわいいな、乙です

>>2
我那覇響(16)Da/Pr

no titleno title


ジュリア(16)Vo/Fa

no titleno title


>>3
所恵美(16)Vi/Fa

no titleno title


>>4
如月千早(16)Vo/Fa

no titleno title


>>5
天海春香(17)Vo/Pr

no titleno title


>>18
四条貴音(18)Vo/Fa

no titleno title



元スレ
【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」 響 「うんっ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1539626282/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (5)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月16日 15:30
          • 響は麻薬じゃぁ〜
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月16日 15:54
          • はらしょー
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月16日 17:01
          • ビッキーって聞くと不幸な星の下に産まれた変身ヒロインを思い出す。
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月17日 04:38
          • え?これで終わり?
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年10月17日 17:24
          • こういう定着しない渾名を勝手に
            付ける系のキャラって大抵人気ないよね

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 飛鳥「ドン・キホーテは旅に出る」
        • モバP「楓さんも敬語を崩したりするんですか?」
        • モバP「楓さんも敬語を崩したりするんですか?」
        • 勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「……」
        • 彡(゚)(゚)「ワイがこの国を変えたるわ」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 女神官(マッチョ)「ゴブリンスレイヤーさん、トゥットゥルー♪」
        • テッラ「ほう…私が禁書キャラと戦うスッドレですか」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ